提督「艦娘ドッキリ!まるゆ報告」【安価】 (41)

球磨「まるゆにドッキリを仕掛けるクマ?」

提督「いや違うそのまるゆじゃない、マル秘ってあるだろ?」

明石「ありますね、ドッキリの定番ですけど」

提督「様はそれの逆だ、ゆるーくやるってドッキリだよ、某番組で昔やっててな」

夕張「ゆるくって……どうするんですか?」

提督「マル秘は当然バレない様にやるのがマル秘まつまり」

球磨「……バレバレって事かクマ?」

提督「そういうこと」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1501246037

明石「バレバレってそんなのドッキリになるんですか?」

提督「例えばだ、ある日ここで球磨が刺されて倒れてたとする」

球磨「何で球磨なんだクマ?」

提督「俺が抱えながら衛生兵!衛生兵!と叫んでいたとして、その時明らかに俺と球磨が分かりやすくこちらをチラチラ見てたらどうなる?」

夕張「どうってそりゃ、イタズラだと思いますよ、そもそも艦娘に衛生兵って意味ないじゃないですか」

提督「しかも俺の後ろにドッキリ大成功の看板がはみ出てたら?」

球磨「あー、つまりそれに乗ってくるのを見るって事クマね」

提督「そうだ、他にも事前にドッキリを伝えておいて準備しててもらうとか、カメラが丸見えになってるとかだな」

明石「あからさま過ぎるからこそ、逆に気付かない振りをしながら乗ってくると」

提督「そうそう、それにこれなら単なるイタズラで済むから怒られる訳でもないしな」

夕張「単に怒る気になれないだけだと思いますよ?」

提督「まぁとりあえず早速だがドッキリを仕掛ける相手を選ぼう」ドン

球磨「わっかりやすいくじ引きだクマ」

提督「中に艦娘の名前が入ってるから適当に引いてくれ、そんでこっちはドッキリの種類だな」ドン

夕張「じゃあ艦娘は球磨さんが引いて下さい、こっちは私が引きますから」

明石「て言うかまだ私たち協力するって言ってませんよ?」

提督「でもやるだろ?」

明石「……やりますけど」

球磨「とりあえず引くクマ……↓2クマ」

夕張「ドッキリの内容は、↓4ですね」

無効なら下にずらします、まるゆなので鬼畜やグロはダメです

提督「由良に夕立に変装する時雨を見抜けるかか」

明石「普通ならバレない様な変装しますよね?」

提督「普通ならな、だがこれはまるゆドッキリだ、あーあー時雨、ちょっと執務室まで来てくれ、それと由良も二十分ほどしたら来てくれ」

球磨「ちょっ」

夕張「鎮守府内放送で纏めて呼ぶとか」

明石「あからさま過ぎますよ!」

提督「まるゆだからなー、さて準備準備」



二十分後

由良「提督さん、何かご用?」コンコンガチャ

提督「おう来たか由良」

夕立?「やあ由良さんっぽい、僕は夕立だよどこから見ても夕立さっぽい」

由良「え?」

undefined

由良(えっ?え?何?何なの?これ?)

提督「夕立と由良にちょっと相談があってな、どうした?」

夕立?「由良さんっぽいどうかしたかい?キツネにつままれた様な顔っぽいしてるよ?」

由良「だっ大丈夫ですよ?ね?」

由良(ぽいの使い方おかしい!じゃなくて!え?時雨ちゃんよね?カツラズレてて髪の毛が、て言うか三つ編みはみ出て見えてるし、え?何?)

提督「そうか?なら次の作戦なんだが」

時雨「僕は楽しいパーティーしたいっぽい」

由良(一人称なんて僕のままだし!何なのこれ?一体何が起こってるの?あら?タンスの影に誰か)

明石「……」チラッ

由良(明石さんはみ出てるから!ドッキリ大成功の看板丸見えになってるし!えっ?ドッキリなの?私に対するドッキリなの?)チラッ

提督「だからここをこうして」チラッチラッ

時雨「僕はもう突撃してもいいと思うよぽい」チラッチラッ

由良(すごくこっちをチラ見してる!)

提督「どうだ由良?この夕立の作戦どう思う?」

時雨「どうかな由良さん?ぽい」

由良「えっ?私?私はえっと……」

由良(……)チラッ

明石「……」ソワソワ

由良「私は、夕立ちゃんの作戦でいいと思うよ?ね?」ニコッ

提督「そうか由良がそう言うなら安心だな」ヘーイ

時雨「ぽーい」ヘーイ

明石「よしっ」グッ

由良(騙せてる感じでハイタッチしないでよぉ!明石さんなんて喋っちゃってるし)

ガタッ

由良(ん?音?)チラッ

球磨「……」ビデオー

由良(開いてるから!戸棚開いちゃって見えてるから球磨さん!)サッ

球磨「ふぅー危ない危ない、バレる所だったクマー」

由良(バレてますから、全部バレバレだから!ね!)

明石「球磨さん!隠れて!見えちゃってます!」ヒソヒーソ

球磨「え?何?何だってクマ?」

明石「だーかーらー見えちゃってますから隠れて下さい!」

球磨「おっと危ないクマ」

由良(そんな大声出しちゃダメだよぉ……まだ球磨さん見えてるし、明石さんも丸見えだからぁ)

提督「そんな訳で次の出撃は」

時雨「夕立とじゃなくて!時雨と一緒に出撃したいな……あっぽい!」

由良(まだ続けるの!?ぽい忘れないで時雨ちゃん!)

提督「さて由良、ちょっと聞きたいんだが」サッササッ

由良(何か合図出してる!丸わかりだけど!)

時雨「何か変な所とかあったかな?」

由良「えっと」

時雨「ぽい」

由良「ッ!」プルプル

由良「だ……大丈夫だと思いますよ、ね?」

提督「よおし!」

時雨「やったぁ!」

明石「いえーい!」

球磨「クマー!」

提・時・明・球「「「「ドッキリ大成功ー!」」」」パッパパーン

由良「ッ~ビックリしたぁ、どっドッキリですか?」プルプル

提督「実はな由良……」

由良「はい、ッ~」プルプル

時雨「ごめんね由良さん、実は僕……夕立じゃなくて時雨なんだ!」バサッ

由良「しっ時雨ちゃんだったの!気付かなかったわ!ね!」

球磨「いやぁ途中バレたかと思ってビクビクしてたクマー」

明石「私のファインプレーですね!」

由良「いやぁ皆さんひとが悪いですよ、ね?」

提督「はははすまんな由良、所でこれ」

由良「はい何ですか?」

提督「今度鎮守府内放送で使うから」

由良「えっ?」

提督「今夕張がバリバリ編集とかしてるから!」

由良「えっ?ちょっ?まっ待って提督さん!」

提督「それでは皆さん第二回でお会いしましょう!」

時雨「今度のターゲットは君かもしれない!」

由良「え?本当に?本当に使うの?ちょっと提督さん!待って!待って、ね?」

提督「いやぁ面白かったなぁ」

球磨「あの顔の反らし様は凄かったクマー」

明石「私の事も見てはいけないものを見たみたいに、見えない振りをしてましたね」

夕張「いいなぁ、私カメラ越しだったから、ねぇ提督今度は私もやりますからね!」

提督「おうおう分かってるって、そんじゃ次の艦娘とドッキリの内容引くか」

明石「では今度は私が艦娘を、↓2さんですね」

球磨「なら球磨がドッキリクマ……↓4クマー」

提督「飛龍に蒼龍と加賀が入れ替わったか」

球磨「どんな風にやるクマ?」

提督「そうだな、よしまずは二人を呼んでと」トントン

夕張「あれ?今度はLINEで呼ぶんですか?」

提督「ふふふ、それでお前たちはだな」

明石「ふんふんあーなるほど」

球磨「分かったクマー」

蒼龍「何の用ですか?提督」コンコンガチャ

加賀「失礼します」

提督「おっし来たか、ちょっと二人に手伝って欲しい事があってな」

明石「えっと針を」

飛龍「執務室に来てくれって何の用だろ?蒼龍は見当たらないし」スタスタ

飛龍「えっとヒトヨンマルマルだからそろそろよね?」スタスタ

デ……ダカラ

飛龍(あれ?執務室から声?扉少し開いて)チラッ

提督「いいか?あと十分程で呼び出した飛龍が来るはずだ、そのあとは打ち合わせ通りに頼む」

蒼龍「はいっ任せて下さい!」

加賀「流石に気分が高揚します」

蒼龍「でも飛龍ったらどんな反応するのかな?」

加賀「きっと面白い反応をするわね」

提督「何せお前たちがぶつかった拍子に中身が入れ替わったなんて言われたら驚く事必死だぞ?」

蒼龍「早く来ないかな飛龍」

加賀「焦りすぎよ、まだ五分以上あるのよ?」

提督「フッフッフッこのドッキリ大成功看板を出すのが楽しみだ」

蒼龍「あっそれ私出したい!」

加賀「ここは譲れません!」

飛龍(……えっ?)

飛龍(何?入れ替わった?ドッキリ?いやと言うかもう時間よね?あれ?)チラッ

提督「む、あと五分かそろそろ配置に着いてくれ、飛龍が早めに来るかもしれん」

蒼龍「了解しました!」

加賀「任せてちょうだい」

飛龍(時計が十分遅れてるー!?)

提督「そろそろ夕張が来るはずだが」

飛龍(えっ?夕張ちゃん?)

夕張「あれ?飛龍……さん?」

飛龍「あっ」

夕張「えっ?あれ?時間えっ?うそ!」

提督「ん?何だ?」

夕張「飛龍さん!お願い!合わせて!」ヒソヒソ

飛龍「えっええ?」

夕張「失礼します」

提督「おう夕張準備はどうだ?」

夕張「はい!完璧ですよ!」

提督「では配置に着いてくれ、もういつ来てもおかしくないからな」

夕張「はい」チラッ

飛龍(合わせてって……つまり……そういうこと?)

提督「そろそろヒトヨンマルマルになるな」

蒼龍「あーあー気分が高揚します」

加賀「あっ飛龍!お願い!」

飛龍(~ッかっ加賀さんが蒼龍の真似を!あの加賀さんが!ちょっこれ……もう)

提督「ん……ヒトヨンマルマルだな」

飛龍「しっ失礼します」コンコンガチャ

提督「来たか飛龍」

蒼龍「来たわね」

加賀「飛龍!」

飛龍「えっ?あの?二人の様子がちょっと」プルプル

提督「実はその事で呼んだんだ、ついさっきの事なんだがな、この二人が衝突してな」

飛龍「衝突ですか?」

提督「怪我は無かったが……そのな……」

蒼龍「問題が起きたのよ」

加賀「あのね?信じられないと思うけど、私蒼龍なの!」

飛龍「えっ?どういう事ですか!」プルプル

提督「そう思うのも無理はないな……俺もまだ驚いてるさ」

蒼龍「それは私たちもよ、ぶつかったと思ったら目の前に自分がいるんですもの」

加賀「すっごい慌てたよね?自分の服とか顔とか触ってみたりしてさ」

提督「とまぁこんな具合いでな、どうしたもんか」

飛龍(~ッかっ加賀さんの蒼龍の真似が!真似が面白過ぎる!表情とかいつもとそんなに変わらないし!)サッ

球磨「!」サッ

飛龍(あれ?今の球磨さん?とビデオかな?ドッキリだから撮影してるのかな?ってそうじゃなくて)

提督「んー飛龍!どこを見てるんだ!こっちを見てくれ!」

飛龍「はっはい!」

寝落ちしてすみませんでした、ちょっと眠いんで寝ます続きは今日のウチにまた来ます
安価の連取はありにしときます、ただし連投と同一回で両方は無しでお願いします、その場合ずらします

続きを少し

提督「まぁとりあえず元に戻るまで皆には内緒の方向で行こうと思ってるんだが」

蒼龍「蒼龍さんの真似をすればいいのよね?やっほー飛龍ー!こんな感じかしら?」

飛龍(普通の状態だよ蒼龍の!)

加賀「私出来るかな?あーあー上々ね」

飛龍(だめ……もう無理、笑うこれ)プルプル

夕張「……」ブンブン

飛龍(ん?夕張さん?)

夕張「……」パクパク

飛龍(口をパクパクさせて……えっと?あ、わ、せ、て?まだダメなの!?)

夕張「……」オネガイ

飛龍(わ、分かった頑張ってみる)コクコク

ガチャ

提督「ん?」

赤城「あっ加賀さんこんな所にいたんですね!間宮に行く時間ですよ!」

加賀「えっええっ?あっそうでした」

赤城「ほら行きましょう?」

提督「あーかぎー!」

赤城「何ですか?提督?」

提督「いや今ちょっと大事な話してるんだー!後で行かせるから先行ってて!な!」

加賀「えっええ!お願い赤城さん」

赤城「え?分かりましたけど、じゃあ先に行ってますね」スタスタパタン

提督「……ふぅー」

加賀「えっと、どっどうだった?飛龍?上手かった?加賀さんの真似」

飛龍「えっ?うんまぁ上手かったよ?」

飛龍(今の仕込みじゃないの!)

提督「おい加賀今の」ヒソヒソ

加賀「すみませんうっかりしてました」ヒソヒソ

蒼龍「えっと飛龍さん?とりあえずどうしたらいいと思うかしら?」

飛龍「えっ?あっあーとうんそうだなぁ」

提督「しょうがないからネタばらしするか?赤城待たせるのもあれだし」ヒソヒソ

加賀「えっええそうね、確かにあまりよくは無いわね待たせるのは」ヒソヒソ

飛龍「もっもう一度ぶつかってみるとか?」

蒼龍「そうねそれもありかもしれないわね」

加賀「それよ!さぁ加賀さん!」

提督「よっよし!やってみよう!」

蒼龍「えっ?えっええ分かったわ」

飛龍(何かもう色々とダメダメだよぉ)

蒼龍「行くわよ蒼龍さん」

加賀「はい!加賀さん!」

蒼・加「「えーい」」ドン

飛龍「ど……どう?」

蒼龍「……」

加賀「……」

提督「……」チラッ

夕張「……コクッ」

提督「ドッキリ!」

提・加・蒼・球・夕「「「「「大成功ー!」」」」」パッパパーン

飛龍「ええっ?ドッキリだったのー!?」

蒼龍「そんな簡単に入れ替わったりしないって」

加賀「中々楽しめたわ」

飛龍「あーもー二人とも演技力スゴいんだもん」

提督「はっははっまぁそう言うことだ悪かったな飛龍」

飛龍「本当ですよ提督!多聞丸も怒っちゃうんだから!」

加賀「では私はこれで、赤城さんを待たせるのも悪いですし」スタスタガチャパタン

蒼龍「私も間宮に行こうかな飛龍は?」

飛龍「私も行くー」

提督「あっ飛龍!」

飛龍「ん?何?」

提督「これ今度鎮守府内放送で使うから」

飛龍「えっ?えっ?」

提督「じゃっそういうことで!」

夕張「次のターゲットはあなたかもしれない!」

飛龍「夕張さん!?」

提督「いやー焦った」

夕張「赤城さんがいきなり来るとは」

球磨「ビックリだクマ」

明石「それでどうします?」

提督「次はああいうのは無しで行きたいな、とりあえず引くか」

夕張「じゃあ艦娘は私が」

明石「じゃあドッキリは私が」

球磨「あっごめんクマ、もう引いたクマ」

明石「何で!?」

夕張「えっと↓2さんで」

球磨「↓4のドッキリクマー」

了解です、今日はちょっとここまでで、明日時間取れたらやります、無理なら月曜日にではまた

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2017年08月03日 (木) 11:28:45   ID: sDanpmZS

とてもたのしみにしています!

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom