【ラブライブ】千歌「曜ちゃんのわからず屋!」善子「落ち着いて」【サンシャイン】 (31)

ようちか
ゆるい百合
更新遅め。

以上のことが大丈夫な方はお付き合いください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1500277621


千歌「あー!! もう!!」

善子「落ち着いて、千歌さん!」

千歌「善子ちゃん!!」ガシッ

善子「は、はいっ!?」

千歌「ちょっと千歌の話聞いてくれる……?」ゴゴゴゴ

善子「っ」コクコクコク

千歌「……よーちゃんが……よーちゃんが……」



千歌「わからず屋なんだよ!!」バーンッ




善子「!?!?」

千歌「そう、あれは……二人で遊園地に遊びに行ったときの話だよ」

ーーーーーー



千歌「よーちゃん! 今度はあれ乗ろう!」

曜「……う、うん」ゲッソリ

千歌「ほら!」モギュッ

曜「あっ……///」

千歌「れっつごーなのだ!」



ーーーーーー



曜「……うぅぅぅぅ」グッタリ



千歌「ごめんね、よーちゃん……」シュン

曜「いいよ……体調悪かったって、言い出せなかった私が悪いんだし」

千歌「…………」

曜「ちょっとだけ、休んでもいいかな? ここのベンチで少し休めばよくなると思うから。その間、千歌ちゃんはお店とか回っててもいいからさ!」

千歌「…………むぅ」

曜「? 千歌ちゃん?」



千歌「…………ね、よーちゃん」トントン



曜「……へ?」

千歌「お詫びと言ってはなんなんだけど……」




千歌「千歌のお膝へどーぞ///」トントン




曜「っ///」

曜「い、いやいやいやいやっ///」

千歌「え、イヤなの……?」シュン

曜「そうじゃなくてっ!」



千歌「ね、よーちゃん」ウルウル



曜「……ちょ、ちょっとだけなら……///」

千歌「う、うん。きて?」

曜「……………………オジャマシマス」スッ

千歌「あっ」

曜「……お、重くない?」

千歌「ううん! ただ……」



千歌「よーちゃんの髪、くすぐったい///」エヘヘ

曜「う、うん……///」



千歌「…………///」

曜「…………ん///」

千歌「っ///」

曜「…………///」

千歌「ね、よーちゃん……///」

曜「な、なに? 千歌ちゃん///」

千歌「……よ、よかったらさ……こ、この……」

曜「?」




千歌「この先もずっと……膝まくらしてあげるねっ///」カオマッカ



曜「…………」

千歌「…………///」

曜「え、えっと……」




曜「それは流石に悪いよ!」

曜「だから、今度は体調悪くならないようにするね!」




千歌「」




ーーーーーー




千歌「そーゆーことじゃないじゃん!!」

千歌「この先もって、そーゆー意味じゃん!」

千歌「こうやっていつでも膝まくらしてあげられる関係になろうってことでしょ!!」

千歌「あー!! もう!!」




千歌「よーちゃんのわからず屋!!」バンッ




善子「!?」ビクッ

千歌「ね! 善子ちゃんもそう思うでしょ!」

善子「……だ、だから、ヨハーー」

千歌「ね!?」キッ




善子「……うん」コクッ




千歌「だよね!!」

千歌「まったくもー! これだからよーちゃんはっ!」



善子「………………」


善子(…………なるほど)



善子(これがリア充!)



善子(中学校での黒歴史を繰り返さないために、千歌さんから話を聞くことにしたのは正解だったわ!)

善子(千歌さんはAqoursのリーダーで、人から好かれてる。なにより、友達が多い!)

善子(曜さんはクラスの人気者で、掛け持ちしてる部での信頼も厚い。それに、友達多いし!)

善子(つまり、この二人のやりとりこそ! 真のリア充の行動!!)

善子(まずは、さっきの情報から分かることは……)




善子(仲のいい友達には、膝まくらをしてあげる!!)




善子(フッフッフッ、いいことを聞いたわ)

善子(よし! どんどん聞き出すわよ!)


善子「ち、千歌さん……?」

千歌「なに!!」

善子「ほ、他にもなにかあったら、聞くわよ……」

千歌「!! 聞いてくれる!?」

善子「えぇ……」

千歌「流石、善子ちゃん!! わからず屋のよーちゃんとは違うね!」

善子「だから、ヨハーー」

千歌「じゃあ、この間お泊まりをしに行った時のことを聞いてもらおうかな」

善子「…………はい」

ーーーーーー




曜「おまたせ! 渡辺曜特製! ふわとろオムライスだよ!」ドーンッ



千歌「おぉ!? ……って、あれ? オムライスって卵がこう、チキンライスを包んでるんじゃなかったっけ?」

曜「フッフッフッ! まぁ、見ててよ」スッ

千歌「包丁?」

曜「……こうやって……」




曜「は!」スパッ




ーー トローッ ーー




千歌「!?!?!?」

曜「これで、完成だよ」ニッ



千歌「半熟ッ! 半熟の卵がッ、チキンライスを包み込んでる!」

千歌「しかも、この半熟具合! 白身への火の通し加減……」

千歌「千歌の好みを完全にじゅくちしている!?」




曜「……そりゃ千歌ちゃんのためだし///」

千歌「よーちゃんっ///」トゥンク



曜「と、とにかく食べてよ! 冷めないうちに……!」

千歌「う、うんっ……あっ」

曜「はい。スプーン」

千歌「ありがと♪ えっと……」

曜「ケチャップは……このくらいだよね?」

千歌「うん! では……」



千歌「いただきます!」アー

千歌「んっ!」




ーー ズバァァァァ ーー

(服が弾ける音)




千歌「……っ、こ、これは……」

曜「ど、どうかな……?」




千歌「旨い!!」




千歌「なんかこう、卵がフワッとしてて! それからご飯がジュワッとしてて!」

千歌「卵があれだね! 生きてるよ! フワッと感がすごいよ!」

千歌「よーちゃん天才!」

曜「えへへ///」


千歌「……っ」

曜「……って、千歌ちゃん?」

千歌「こ、これはあれだねっ///」

曜「?」




千歌「毎日でも食べたいよね……///」チラッ




曜「………………」

千歌「よーちゃんのオムライス、毎日食べたいなぁ……///」チラッ

曜「……え、えっと」




曜「毎日オムライスは栄養バランス悪いよ、千歌ちゃん」アハハ




千歌「」




ーーーーーー



千歌「そーゆーことじゃないでしょう!?」

千歌「毎日でも食べたいってさぁ!!」

千歌「毎日食べたい=毎日作ってくれる=彼女=結婚でしょうが!!」

千歌「ま、まぁ、その後のあーんは……えへへ///」

千歌「って、違う違う!!」

千歌「とにかく!!」




千歌「よーちゃんのわからず屋!!」バンッ




善子「!?」ビクッ

千歌「ね! 善子ちゃん!!」

善子「だ、だから、ヨハーー」

千歌「よーちゃん、わからず屋だよね……」ゴゴゴゴ



善子「……」コクコクコク



千歌「だよね!!」

千歌「まったくもー! まったくもーだよ、まったくもー!」



善子「………………」

善子(これが……リア充同士の友達関係……)

善子(グヌヌ……流石ね)

善子(ハードルがかなり高いわ)

善子(でも、参考になるわね)

善子(友達を家に呼んだら……)




善子(相手好みのオムライスを作って、ケチャップで『LOVE』って書いて、あーんしてあげればいいのね!)




善子(フッフッフッ! これはかなりの高レベルリア充技ね! 必殺技と言っても過言じゃないはずよ!)

善子(ヨハネアレンジでケチャップをタバスコにすれば完璧じゃない!)

善子(フッ、勝ったわ)



善子(…………いえ、まだ勝利を確信するのは早いわね)

善子(更なる技を習得するわ!)

善子「ね、ねぇ、千歌さん?」

千歌「なに!?」

善子「……もっと印象に残ってるっていうか、ぐわーっと来た話とかない?」

千歌「……?」

善子「曜さんとの話で一番すごいやつ……とか」チラッ



千歌「!!!」



善子「い、いえ、話したくなければ、いいのよ! ただーー」

千歌「善子ちゃん」

善子「ヨハーー」



千歌「聞いてくれる!?」バンッ



善子「は、はい……」ビクッ

千歌「…………とっておきの話……そう。あれは、雨の日のことだよ」トオイメ

一旦ここまで。
また書きます。

ーーーーーー




ーー ザァァァァァ ーー




曜「うわぁ……本降りになっちゃったね」

千歌「う、うん」モジモジ

曜「傘もないし……バスの時間も過ぎちゃったし……うーん、どうしよう……」

千歌「あ、あのさ! よーちゃん!」

曜「んー? なに? 千歌ちゃん?」

千歌「うち、寄ってく?」

曜「え? いいの?」

千歌「うん! と、というか、バスもないんだし、泊まっていけばいいと思うよっ///」

曜「! ありがとう! 千歌ちゃん!」

千歌「う、うん……///」




ーーーーーー

ーーーーーー



曜「ふぅぅぅ……シャワーありがとう!」

千歌「う、うん……」チラッ




曜「んー!」ワキチラッ




千歌「っ///」メソラシ

曜「…………んー……ん?」

千歌「……///」ドキドキ

曜「…………」ソローッ



曜「ね、千歌ちゃん」ボソッ



千歌「ひゃっ!? な、なに///」ビクッ

曜「…………今日さ」

曜「雨のせいで、ほんとはすごく困ってたんだ。バスも行っちゃって、流石にあのなか歩いて帰るのはね……」アハハ

千歌「……よーちゃん家、そんなに近くないもんね……」

曜「うん。だから、「泊まってく?」って言ってくれて嬉しかった」

千歌「っ、と、とうぜんだよ! よーちゃんが困ってるんだもんっ」

曜「っ、う、うん……///」

千歌「……///」


千歌「……///」

曜「…………」

千歌「…………」

曜「ちかちゃん」スッ

千歌「ほ、ほぇ?」



曜「目、閉じて?」



千歌「!?!?」

曜「早く」

千歌「う、うんっ……///」スッ

曜「………………」ソーッ

千歌「……ん///」




曜「よし、とれた!」

千歌「……へ?」




曜「ほら、これ! どこかでついちゃってたんだね」



千歌「」



曜「って、千歌ちゃん?」

千歌「~~~~っ///」カァァァァ



ーー ドンッ ーー




曜「……ち、ちか……ちゃん?」

千歌「…………///」

曜「い、いきなり、どうしたの……?」

千歌「ね、よーちゃん」

千歌「今日ね、みと姉もしま姉もいないんだ……勿論、お母さんも……」

曜「! そ、それって……」

千歌「……うんっ///」

曜「そ、そっか……それじゃあ……」

千歌「うんっ、だ、だからっ///」




曜「それじゃあ、私は戸締まりしてくるよ!」

千歌「…………ほへ?」




曜「千歌ちゃん家、広いからね!」

曜「一人だけじゃ時間かかっちゃうよね!」

曜「じゃあ、私は客間の方から見てくるであります!」ビシッ

千歌「え、いや、ちがーー」アセアセ

曜「ちょっと、退いてねー!」

千歌「あ、うん……」

曜「それじゃ、行ってきます!」ビシッ




千歌「」




ーーーーーー




千歌「察してよ!!」

千歌「家族が家にいないんだよ!? それの上で、お泊まりだよ!?」

千歌「察しろよ!!」

千歌「キスしろよ!!」

千歌「そして、押し倒したじゃん!! 少女以上の恋がしたかったよ!!」

千歌「もー! あーもう!!」




千歌「よーちゃんのわからず屋!!!」バンバンバンッ




善子「!?」ビクッ

千歌「善子ちゃん!! そうおもうよね!」

善子「ヨハ……なんでもないです……そう思います」

千歌「よろしい!」フンス



善子「………………」




善子(家族がいない家にあげる!)

善子(シャワーを貸す!)

善子(押し倒す!)



善子(これがリア充系! 超絶奥義!!!)




善子(フッ、やはりこのヨハネの選択に間違いはなかった!!)

善子(そう! この二人の力を借り、このヨハネの糧とすることで、リア充に進化することができる!!)

善子(………………はっ!!)

善子(そういえば、今日はこれから雨が降るという予報だったわね!)

善子(そして、私はーー)




善子(ーー傘を忘れたわ!!)ババンッ




善子(……つまり、今こそ!!)




善子「千歌さん!!」



千歌「え、あ、うん? なに、善子ちゃん?」

善子「ちょっと急用を思い出したわ! 話に付き合ってくれてありがとう!」

千歌「あ、ううん。こちらこそ!」



善子「あ、ついでにリリーどこにいるか知ってる?」



千歌「? 梨子ちゃん? うーん? 音楽室にいるとかいってた気がするけど……」

善子「ありがとう! じゃあ、また!!」ピューーン

千歌「う、うん……?」


千歌「行っちゃった」

千歌「…………」ポツーーーーン




ーー ガチャッ ーー




曜「あれ? 千歌ちゃん?」




千歌「っ!? よ、よーちゃん!?」

曜「どうしたの? あれ? 先に帰ったんじゃ……?」

千歌「う、うん! そうしようかと思ったんだけどね。なんか善子ちゃんから話があるって……」

曜「……ふーん、それで今まで?」

千歌「う、うん!」

曜「…………そっか」

千歌「…………?」

曜「…………」

千歌「よーちゃん?」



曜「……」ギュッ



千歌「っ!?/// よーちゃん? い、いきなり手、握ってどーしたの!?」アセアセ

曜「……なんでもないであります」

千歌「ほ、ほへぇ///」

曜「…………」

千歌「……///」

曜「それより、これから雨降るんだって、早く帰ろう!」

千歌「う、うん……///」




曜「千歌ちゃんの鈍感……」ボソッ




千歌「え……? よーちゃん、今なんて……?」

曜「なんでもないであります!! それより、早く帰ろう!」ギュッ

千歌「う、うん!」




ーーーーーー

ーー 一方その頃 ーー




梨子「よ、よよよよ、よっちゃん!?」



善子「ね、リリー」スッ

梨子「ひゃ、ひゃいっ///」

善子「今日、家に誰もいないのよ」ボソッ

梨子「っ、そ、それって///」ゾクゾクッ


善子「ねぇ」ドンッ

梨子「キャッ……」ドサッ




善子「私と一緒に堕天しない?」ダテーン




梨子「堕天(意味深)…………って///」ドキドキ

善子「そう、堕天(コスプレ的な)よ」キリッ

梨子「だ、だめよ……」

善子「怖がることはないわ。新しい扉(コスプレ的な)を開きましょう」

梨子「新しい扉(意味深)……///」




梨子「」ハナジダクダク




善子「って、リリー!? 鼻血! 鼻血!!」アセアセ

梨子「ふ、ふふ……ユメノトビラ(意味深)……」

善子「えええ!? ちょ、ちょっと梨子さん!? しっかり!!」ユサユサ

梨子「見える、見えるわ……ユリの迷路が……」



梨子「ガクッ」



善子「梨子さぁぁぁぁんん!!!」




ーーーーーー



梨子はダイヤに輸血をしてもらい一命を取り留めた。



ーーーーーー fin ーーーーーー

以上で終了です。
かっとなって書いた。
ようちかもよしりこもいいよね。

かっとなって書いた前作です。
時系列的には今作の後の話
【ラブライブ】曜「千歌ちゃんが好きなんだよね」梨子「知ってる」【サンシャイン】
【ラブライブ】曜「千歌ちゃんが好きなんだよね」梨子「知ってる」【サンシャイン】 - SSまとめ速報
(https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498734234/)

以下過去作です。
【ラブライブ】千歌「テニスをしよう!!」【サンシャイン】
【ラブライブ】千歌「テニスをしよう!!」【サンシャイン】 - SSまとめ速報
(https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490169182/)
【ラブライブ】ダイヤ「必殺仕事人」【サンシャイン】
【ラブライブ】ダイヤ「必殺仕事人」【サンシャイン】 - SSまとめ速報
(https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486897851/)

お付き合いいただきありがとうございました。
では、また。

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom