【艦これ】古鷹「届かぬ声」 (219)

マルキュウマルマル

~執務室~

古鷹「て、提督! これ、明日までに提出する書類ですよね…?」

提督「…」

古鷹「…きちんと書いてくださいね」スッ

提督「ん? …あ、これ明日までの書類!? あー、じゃあこっち最初に終わらせなきゃ!」

古鷹「もう…」

提督「古鷹が言ってくれなかったら気付かなかった! ありがとう!」ニコニコ

古鷹「仕事なんですからちゃんと確認してくださいよ?」ムスー

提督「あはは、そんな顔するなよ! よし! じゃあやるぞー!」カキカキ

古鷹(大丈夫かな…一応他のも確認しとこう…)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1500090637

ヒトフタマルマル

古鷹「提督、もうお昼ですよ」

提督「...」カキカキ

古鷹「…はい」っ時計

提督「ん…?」

提督「あっ! もうこんな時間か! ごめんごめん! 食堂行ってきていいぞ!」

古鷹「ありがとうございます」

提督「俺もお腹空いたし食堂行ってこようかなー!」

~食堂~

提督「間宮さん! 今日のおすすめは!?」

間宮「はい。今日はこれとこれと…これですね♪」

提督「んー、じゃあこれで!」

間宮「分かりました♪」


加古「あぁ…ねむ…」モグモグ

古鷹「食べてる途中でそんな事言わないの」

加古「今日は出撃ないんだから良いじゃん~…」

古鷹「そういう問題じゃないと思うけど…」

古鷹「…」チラッ


金剛「ヘーイ提督ぅ! 今からLunchデスカー? 私も一緒に食べるネー!」ギュッ

提督「ああ、金剛! 一緒に食べるのか!? 良いぞ、隣に座るか!?」

榛名「榛名もご一緒にいただきます!」

金剛「えへへ、今日も提督と一緒デース!」


古鷹「…」ジーッ

加古「…ふ、古鷹?」

古鷹「! な、何…?」

加古「…すごい顔して提督の事見てたぞ?」

古鷹「そ、そんな事ないよ!? …ただあそこまで積極になれる金剛さんはすごいなぁって…」パクパクモグモグ

加古(動揺してる…成程、きっと嫉妬だな)

~執務室~

提督「すぅ…zzz」

古鷹「…昼食後に寝るなんて、子供じゃないんですから…」

提督「…zzz」

古鷹「…もう」

古鷹「枕がないと起きた時に首が痛くなりますよ…?」ソッ

古鷹「…」

古鷹(この台詞、何回目かな?)

提督「…ふる、たかぁ…」

古鷹「なんですか、提督?」

古鷹「…あっ、寝言ですか。確か寝言に返事してはいけないと聞いたことが…」

古鷹「…でも、提督には関係ないですか」



古鷹「…」




古鷹「…私の声なんか、届いてないんですから」

提督「んぁ…?」

古鷹「…」カキカキ

提督「ふる…たか…?」

古鷹「はい、古鷹です」

提督「はっ! うっかり寝てしまっていた! ごめん古鷹!」

古鷹「別に大丈夫ですよ?」

提督「あれ、この枕、古鷹がやってくれたのか!?」

古鷹「」ピクッ

提督「やっぱり! ありがとう古鷹! 本当に優しい子だな!」

提督「古鷹を秘書艦にして良かったよ!」

古鷹「そ、そんな事言って…起きたならちゃんと仕事してもらいますからね!」ドンッ

提督「…げっ、なんだこの書類の山! こ、これ俺がやるの!?」

古鷹「…」ジーッ

提督「わ、分かった! 古鷹が頑張ってくれてるんだから俺も頑張るぞ!」

古鷹(あとは提督の印だけで済む書類ばかりだけど…)


古鷹(優しい子…秘書艦にして良かった…)

古鷹「…♪」ニヘラ

古鷹「!///」ブンブン

古鷹「て、提督のばか!///」バシッ

提督「痛っ! なんで俺叩かれたの!?」

フタマルマルマル

古鷹「…」ウトウト

古鷹「!」バッ

古鷹「...」

古鷹「...」ウトウト

古鷹(午後8時…昨日はまともに寝れなかったせいか、すごく眠いなぁ…もうそろそろ部屋に戻りたいけど…)チラッ

提督「…」カキカキ

古鷹(提督も頑張ってる…お昼寝してたけど)

提督「んー! ずっと座って執務してると流石に辛いなー! …ってどうした古鷹!?」

古鷹「あ、いえ…なんでもな…」

提督「うわっ! もうこんな時間なのかよ!」

提督「没頭しすぎて全然分からなかった! 古鷹、もう終わりにするから部屋に戻っていいぞ!」

古鷹「いやでも、その…」

提督「俺も終わりにするから! こんなにやらせてごめんな!」

古鷹「…」

古鷹「…では、おやすみなさい」

提督「古鷹、おやすみ!」

ガチャッ

バタン

古鷹(…なんて)

古鷹「どうせまだやるんでしょう…?」チラッ

「よし! 昼寝した分頑張るぞ!」

古鷹(…やっぱり)

古鷹「…本当に仕方ない人です」

古鷹(加古、もう寝ちゃったかな…私はもうちょっと遅くなるね)

ガチャッ


「え、古鷹!?」

「提督、早く終わらせますよ」

「部屋に戻ったんじゃ…?」

「二人の方が早いですから…」

「古鷹ー!」

「あ、もう! 書類バラバラにしたら駄目じゃないですか!」

翌日

川内「提督ー! 艦隊が帰投したよー!」

提督「川内、昨日夜戦に行っただろ! 今日はちゃんと休みなさい!」

川内「えー! やだー! もっと夜戦したいぃー!」ジタバタ

川内「…って、私まだ何も言ってなかったよ!?」

神通「ね、姉さん…提督は…」

提督「ほら、駄々こねて神通を困らせるなって! 明日なら夜戦に行ってもいいからさ!」

川内「ほんとー!?」

提督「だから身体を休めるように! 無理は禁物だからな!」

川内「わーい! 提督大好きー!」ギュ-

古鷹「!」ガタッ

神通「あ、あの…提督…」チョンチョン

提督「そうだ神通、皆を補給させて損傷のある子は早く入渠させてやってくれ!」

神通「わ、分かりました…姉さん、早く行きますよ」

川内「明日、約束だよー!」

提督「どういたしまして!」

バタン

古鷹「…」

提督「古鷹、元気がないけどどうしたんだ!?」

古鷹「べ、別に何でもないです!」プイッ

ガチャッ

天龍「艦隊が帰投したぜー」

提督「お、天龍! 遠征は無事終わったみたいだな!」

天龍「オレがいるんだから当たり前だろ? だから次こそ出撃させろよな!」ビシッ

提督「ははっ、分かっているよ。ほら、間宮券! 駆逐艦の子たちの分もあるから行ってきな!」スッ

天龍「ってそっちじゃねぇ! まあ貰っとくが…ありがとよ」

提督「また頼むなー!」

天龍「し、仕方ねぇなぁ…どうしてもっつーんなら…ったく…」ゴニョゴニョ

ミーンミンミンミーン

提督「…あ、暑い!」ガバッ

古鷹「そ、そうですね…蝉が鳴き始めましたもんね…」

提督「古鷹も暑いよな!? よっしゃ、間宮さんの所行ってアイスでも食べよっか!」

古鷹「え、でも私…」

提督「あぁ、大丈夫大丈夫! 心配しなくても俺が奢るからさ!」

古鷹「執務の方は…」

提督「んじゃ行くかー!」ガチャッ

古鷹「あ! ま、待ってください提督ー!」

提督「こんにちは間宮さん!」

間宮「あ、提督。こんにちは♪」

提督「今日は暑いからアイス食べに来た!」

間宮「古鷹さんと一緒にですか…仲が良いんですね♪」

古鷹「ま、間宮さん!///」

間宮「照れなくてもいいのに…」

提督「んー、古鷹は何食べたい!?」

古鷹「え、えっと…」

漣「とぉ!」ガバッ

提督「!」

漣「ふっふっふー、今目を隠しているのは誰でしょうか!」

提督「…え? …?」

潮「さ、漣ちゃん…提督が困ってるよ…?」

提督「あー! 分かった! こんな事するのは卯月だな!」

漣「いや、漣ですよご主人様…?」パッ

提督「って漣か! …そうか、天龍と一緒に遠征行ってたから間宮にいるのか!」

漣「アイスごちそうさまです!」

朧「貰ったからいただいています」

提督「はは! 喜んでいるようで良かった良かった!」

曙「クソ提督! 人が食べてるのに騒がないでよ! 鬱陶しいなぁ!」

間宮「曙ちゃん、提督の事だから…」

曙「うっ…それは分かってるけど…」

提督「どうした曙!? 間宮券だけじゃ不満だったか!?」

曙「そうじゃないわ! とりあえず声量を抑えなさい!」

古鷹「…」ポツーン

提督「…! 古鷹、何か食べたいの決まったか!?」

古鷹「ふぇ!? あ、いえ…まだ…」

提督「…間宮さん! 俺はこれで!」

古鷹「じ、じゃあ私もそれでお願いします!」

間宮「はい、どうぞ♪」

提督「いただきます!」

古鷹「いただきます」パクッ

漣「…それで古鷹さん、ぶっちゃけご主人様とはどこまで進みました?」

古鷹「!」ガチャッ

漣「わわっ! 危ないなぁ古鷹さん…」

古鷹「だ、誰のせい!? それにどこまでって…別に提督とはそんな関係じゃないよ!」

漣「ほほう…?」

曙「やめなさい」ベシッ

漣「あぅっ!」

曙「間宮さん、アイス美味しかったわ。ご馳走様」

潮「提督もありがとうございました…」

漣「あ、待ってよー!」タッタッタッ

古鷹(もう…漣ちゃんったら…)

提督「…古鷹、どうした!?」

古鷹「あ、何でもないです!」フルフル

提督「そうか!」

提督「…それにしても、こうやってのんびり過ごすのも良いもんだな!」

古鷹「そうですね♪」

提督「特に古鷹相手だと、俺も楽しいしな!」

古鷹「そ、そうですか!? わ、私も楽しいです!」パァァ

間宮「…」ニコニコ

古鷹「あっ…///」

提督「…?」

間宮「お似合いですよ♪」

古鷹「あぅぅ…///」

提督「やっぱり暑い日にはアイスだよなぁ!」

古鷹「…は、はい///」

提督「…顔赤いけど大丈夫か!?」

古鷹「だ、大丈夫です!///」コクン

提督「うーん、あまり無理するなよ!?」

古鷹「はい…///」

古鷹(ど、どうしよう…漣ちゃんや間宮さんのせいでなんだか提督の事を意識しちゃって…)

古鷹「…///」チラッ

提督「…」スタスタ

古鷹(で、でも…私なんかが、提督と…いや、そんな事ないよね…)

提督「古鷹!」

古鷹「はい!?///」

提督「なんか具合悪そうだし、今日はもう休んでいいぞ!」

古鷹「い、いや本当に大丈夫ですって!///」フルフル

提督「大丈夫だから! 仕事だけでなく出撃にまで支障が出たら大変だろ!?」

古鷹「…はぁ…分かりました…」

ガチャッ

古鷹「…はぁ…」

加古「な、なんだよ帰ってくるなり溜息吐いて…今日はやけに早かったようだし…」

古鷹「あ、加古…起きてたんだ…」

加古「今気付いたのか…ってか私だって起きてる時ぐらいあるよ」

古鷹「ご、ごめん…」

加古「どうして早かったの?」

古鷹「実は提督に具合が悪そうって言われて…」

加古「あー…」

古鷹「な、何…そのあーって…?」

加古「んー、まあゆっくり休みなよ。提督も古鷹の事を気遣ってくれてるんだから」

古鷹「…うん」

大淀「提督、お手紙が届いています」スッ

提督「…あれ、これ誰からのだ!?」チラッ

提督「…」

大淀「え、えっと…」

提督「あ、あぁ! 別に大した事じゃないよ!」

大淀「…失礼しました…」ペコリ

提督「おう!」

バタン

提督「…」

~風呂場~

古鷹「ふぅ~…」チャポン

加古「あぁ~生き返る~…!」

青葉「あっ、ちょうど良いところに!」

古鷹「どうしたの青葉?」

青葉「古鷹さん、加古さん、明日時間ありますか!?」

古鷹「う、うん…私は秘書艦だけど…」

青葉「青葉、明日外出できる日なんで一緒に買い物に行きましょうよ!」

古鷹「え、買い物?」

加古「えー、明日とか絶対眠くなるよー」

青葉「まあまあそういわずに!」

古鷹「んー、それじゃ提督に迷惑がかかっちゃう…」

青葉「私から頼んでおきますから。それに司令官も明日は用事があるそうなんで、ちょうどいいじゃないですか!」

古鷹「えぇ!? 私そんな事聞いてないよ!?」

青葉「だってさっき大淀さんに聞いたばかりですし」

古鷹「…」

青葉「自分が知らない司令官の情報を聞いてびっくりしました?」

古鷹「い、いやそんなことは思ってないけど…」

青葉「じゃ! 明日はよろしくお願いしますね!」

古鷹「もう…」

~古鷹型の部屋~

古鷹(提督…どこに行くんだろ)

古鷹(私だけ楽しむ感じがしてちょっとやだなぁ…誘ってくれた青葉に感謝はしてるけど…)

加古「なぁ、古鷹。最近難しい顔ばかりしてどうしたんだ?」

古鷹「…ううん、なんともないよ」

加古「でも提督、一人で出掛けるなんて危ないよなぁ…古鷹も一緒に連れてけば良いのに」

古鷹「…私って頼りないのかなぁ」

加古「多分そうとは思ってないだろうけどね?」

加古「まあ休暇もらえてるだけありがたいし、深くは考えすぎないように」

古鷹「分かってるよ」

加古「ふぁ~あ…んじゃおやすみ」

古鷹「うん、おやすみ…」

翌日

古鷹「提督、おはようございます」

提督「あ、おはよう古鷹!」

提督「古鷹、体調はどうだ!」

古鷹「はい、もう大丈夫ですよ♪」ニコッ

提督「その笑顔なら大丈夫そうだな!」

翌日

古鷹「提督、おはようございます」

提督「あ、おはよう古鷹!」

提督「古鷹、体調はどうだ!」

古鷹「はい、もう大丈夫ですよ♪」ニコッ

提督「その笑顔なら大丈夫そうだな!」

誤送信ごめんなさい…

提督「…」カキカキ

提督「…そうだ、古鷹!」

古鷹「はい?」

提督「今日は青葉たちと出掛けるんだよな!? 昨日青葉が執務室に来たんだ!」

古鷹「あっ…青葉が…提督、ごめんなさい…」ペコリ

提督「大丈夫だよ! 俺も用事があるから金剛に俺の代理をしてもらうし! 秘書艦だって暇になるさ!」

古鷹「は、はあ…」

提督「よし! んじゃ今日はもう終わり!」

古鷹「えー!?」

提督「なんだそんな驚いた表情をして! 俺の用事は午後からだが、古鷹たちは早い方が良いだろ!」

古鷹「提督の用事が午後からなら別にこんな早く切り上げなくても…」

提督「古鷹、楽しんでこいよ! 俺も行くまで遊んでるから!」

古鷹(あぁ、遊びたいが為にでしたか…)

古鷹「…」スタスタ

青葉「あ、古鷹さん! もうお仕事終わったんですか?」

古鷹「うん。提督も用事があるからって…午後かららしいけど」

青葉「あはは、それにしては随分早いですね。まあ司令官の事ですし、早く自由になりたいだけだったんでしょうね」

古鷹「出ていくときにがっつり遊んでくるって言ってたもん…」

青葉「やっぱりですか! …でも秘書艦の仕事が早く終わったなら、私たちももう出掛けますか?」

古鷹「私は良いけど…加古は?」

青葉「部屋にいると思いますよ。仕度が出来たら言ってくださいね」

ガチャッ

加古「んぅ…?」

古鷹「あ、加古!」

加古「早かったなー、古鷹。提督は?」

古鷹「提督も忙しくなるからと、早めに終わらせてくれたの」

加古「へぇ~…」

古鷹「それより青葉も待ってるから、早く準備しよ?」

加古「うぅ~、ドタキャン無し~?」

古鷹「もう…無しだよ!」

今日はここまでで。
駄文すいません。

再開していきます

青葉「えへへ、出掛けるのなんて久しぶりですねぇ♪」

衣笠「休みはあっても、外出できる日は制限されてるからね」

古鷹「どこがいいかな? 加古は気になるところとかある?」

加古「あたしはどこでもー」

青葉「あ、じゃああそこ行きましょう! 服が沢山ありますよ!?」

加古「あそこ?」

古鷹「…別に良いけど…」

青葉「ほら、早く早くー!」

青葉「見てください見てください! この服…似合いますか…?」

衣笠「うん、可愛いと思うよ♪」

古鷹「青葉はなんでも似合うね」

青葉「そ、そんな事ないですって…それより、どうして皆は何も選ばないんですか…?」

古鷹「…」

衣笠「…」

加古「…zzz」

衣笠「じ、実は最近お腹が…あはは…」

古鷹「わ、私は人に見せられるような身体はしてないし…」

青葉「…」ブチッ

青葉「…ああもう! そういうなら私が勝手に選んじゃいますから! まずは衣笠、こっち来て!」グイッ

衣笠「あ、ちょっと…青葉…!?」

青葉「…着替え終わった?」

衣笠「う、うん…だけど…///」

青葉「とりゃっ!」シャ-ッ

古鷹「!」

衣笠「うぅ…やっぱ恥ずかしいよぉ…///」

青葉「おー!」パシャパシャ

古鷹「き、綺麗…それにお腹だって全然スラッとしてる!」

加古「おー、可愛いんじゃないかな?」

青葉「ふふん、だって私の妹ですから!」ドヤッ

衣笠「ほ、褒めないでよもう…///」

青葉「よし、次は古鷹さんですね! 古鷹はどんなのが…」グイー

古鷹「あ、青葉!? ちょ、勝手に連れてかないでー!」

青葉「わぁ…古鷹さんも似合いますねぇ…!」パシャパシャパシャ

古鷹「青葉…そんなに見ないで…///」

古鷹「ってあれ、今シャッター音…」

衣笠「人に見せられるような身体してないってどの口が言うか!」

古鷹「…あぅぅ…///」

青葉「隅に置けないですねぇ、このこのー!」

古鷹「も、もういいからぁ…///」

加古「…古鷹のその服、提督が見たら絶対に可愛いって言うんじゃないの?」

古鷹「加古まで!? って…ど、どうしてここで提督が…」

加古「え、だって…」チラッ

青葉「…まあ、そうですよね?」ニヤニヤ

衣笠「ねぇ?」

古鷹「…!///」カァァ

古鷹「べ、別に提督に対して特別な感情とかそういうのはないからね!? ただ信頼しているというだけだからぁ!///」

衣笠「へぇ、じゃあそういう事でいいよ」ニコニコ

青葉「はい♪」ニコニコ

古鷹「もう…!///」

古鷹「…」

古鷹(でも…い、一着くらいなら…買おうかな…)



提督「! やば、もうお昼か!」

時雨「? このあと何かあるの?」

提督「悪い、ちょっと出掛けてくる! 俺の代わりは金剛がやってくれるから!」

夕立「えー! もっと遊びたいっぽいぃ…」ショボーン

提督「夕立、そんな顔するなって! また暇な時にうんと遊ぼうな!」ナデナデ

夕立「むぅ…約束っぽい!」ギュ-

白露「気をつけてねー!」

村雨「特に提督は、きちんと周りを見るんだよ!」キョロキョロ

提督「? あぁ、まあ心配しなくても大丈夫だ! じゃあな!」



衣笠「お腹空いたね…レストランでも行こっか」

青葉「どこが良いかなぁ~」

加古「…青葉たちってなんだか、慣れてるんだな」

青葉「そうですか? まあ外出できる時は色々行ってますからね」

加古「ふぅ~ん…」

古鷹「…」

古鷹(け、結局…あの服、買っちゃった…でもいつ着ようかな…)

青葉「古鷹さん?」

古鷹「!」

青葉「古鷹さんは何か食べたいのとかあります?」

古鷹「わ、私は…なんでも…」

青葉「えー、もう…この二人はそればっかりです…もっと自分の意見を言っていいのに…」

加古「だって何も知らんし…」

古鷹「それに私たちは青葉が選んでくれたところならどこでも良いんだよ?」

青葉「…嬉しい事を言ってくれますね! それならそこのレストランに行きましょう!」

古鷹「うん♪」

青葉「わぁ、美味しそう! いただきます!」

衣笠「いただきます」

加古「いただきまーす」

古鷹「いただきます」

青葉「…美味しい! このハンバーグ美味しいですよ!」

衣笠「…あ、うん! 美味しいわね♪」

古鷹「あふっ…あ、熱い…」

加古「…古鷹、ちゃんとフーフーしなよ?」

古鷹「ふー、ふー…」

古鷹「…」パクッ

古鷹「…美味しい!」パァァ

青葉(かわいい)パシャッ

衣笠(かわいい)

加古(かわいい)

衣笠「あー美味しかった♪ また食べに行きたいね」

古鷹「私はもう満足したけど…また来れるなら皆で行けたらいいね…」

青葉「まだまだ早いですって♪」

加古「古鷹は提督と二人きりの方が良いんじゃないのかい?」

古鷹「! だ、だから提督は別にどうとか思ってないから!」

衣笠(反応分かりやすっ!)

青葉「分かってますよ古鷹さん。二人きりならきっと提督も大喜びします」

古鷹「全然分かってないよ!? もう青葉はいつもいつもそうやって…」ブツブツ

衣笠「指揮官が義兄になるってどんな感じなのかな?」

加古「…なってみないと分からないや」

衣笠(そう遠くない内になりそうだなぁ…)


ガヤガヤ ガヤガヤ


青葉「? なんだかあっちが騒がしいですね…」

古鷹「何をやってるのかな…?」

加古「…あれ、なんかこっちに来てね!?」

衣笠「…あ、あの大群のダンスは何だったんだろ…」

青葉「すごく賑やかだったね…結構人に流されて疲れちゃったけど…」

古鷹「いきなり道が開いたと思ったら始まるんだから…びっくりしちゃった…」

加古「なー…もう遅くなってきたし、そろそろ帰ろー?」

青葉「あ、ちょっと待ってください!」

衣笠「どうしたの?」

青葉「お土産買っていきたいんで、帰りに寄っていいですか?」

古鷹「うん、もちろん良いけど…」

青葉「ん~、どんなお菓子が良いかな…」

衣笠「これとか美味しそう…!」

古鷹(私も何か買おうかな…)

衣笠「古鷹も何か買うもの探してるの?」

古鷹「うん。まあ折角だから」

青葉「それなら古鷹さん! こんなのはどうでしょうか?」スッ

古鷹「ペアのストラップ…? 可愛いね♪」

衣笠「似合うと思うよ?」

古鷹「そうだね…加古とお揃いの…」

加古「提督とじゃないの?」

古鷹「えっ!?」

青葉「古鷹さんも気に入ったみたいですし、司令官にも渡してあげたらどうでしょう?」

古鷹「わ、私と提督で…お揃い…?///」

衣笠「絶対似合うね♪」

古鷹「うぅ…///」

加古「古鷹はいい買い物ができたね」

古鷹「はぁ…加古も皆、今日はやけに提督を押してくるね…」

青葉「こうでもしないと、古鷹さんは自分から踏み出していかないでしょう?」

古鷹「ど、どういう事?」

衣笠「…古鷹はもう自分の気持ちに気付いてるんじゃないかな? 」

古鷹「私の、気持ち…?」

青葉「…好きなんでしょう? 司令官の事…」

古鷹「!」

青葉「古鷹さん、知っていますか?」

青葉「司令官と話している時、とても楽しそうで、いつも笑っているんですよ? …それはもう、青葉たちが見た事のないような笑顔でした」

青葉「それって、もう好きになっているという何よりの証拠じゃないんでしょうか…?」

古鷹「…でも…」

衣笠「大丈夫、きっと良い返事が貰えるはずだよ。提督なら古鷹の気持ちを蔑ろになんかしないよ」


古鷹「…」

古鷹(そう、なんだ…この気持ちって…)

古鷹「…うん」ギュッ

古鷹(私は…提督の事が…)

「それで、何の御用でしょうか!」

「…君が一番よく分かってるだろうに」スッ

「? …っ!?」

「まあ、その紙に書かれてる通りさ。君も近い内にこうなるとは十分理解していると思うが…」

「…」

「猶予はそこに書いてあるように一ヶ月だ。半月が過ぎた頃には新しい提督がやってきて君の働きを見学する」

「そして一ヶ月が経った時…新しい提督は君の鎮守府を継ぐ」

「…」

「…聞こえてないか。まあ、その紙に全て書いてあるから良いが…」

「…」

「そう、君は解任だ」

提督「…」

「君は今まで本当によく頑張ってくれた。我々も十分感謝している」

「金も既にある。あとはゆっくり休め」

提督「…」

「…下げさせていいぞ」

「はい…」トントン

提督「!」

提督「あ、ありがとうございました!」ペコリ


スタスタ

「…むぅ、この治療は…少々、いや…かなり厳しいですね…」

提督「…」

「あ、書かないと分からないか…」カキカキ

提督「…そ、そうなんですか!」

提督「じ、じゃあ聴力を改善する事も厳しいと!?」

提督「あ、ある程度なら口を大きく動かしてくれればわかります!」

提督「はい、鎮守府の子たちもそうしてくれてるので!」

提督「…そう、ですか!」

提督「あぁ、はい! でもこんな自分ではもう役に立てなくて、もう解任されますけど!」

提督「そんな顔しないでください! 仕方のない事ですから!」

提督「…はい! ありがとうございました!」

提督「…」スタスタ

ドンッ

「あ!?」

提督「あ、すいません!」

「ったく…ボケが! どこに目ぇつけて歩いてんだよ!」

提督「…」スタスタ

「あはは! ガン無視じゃん!」

「チッ、この野郎!」

ドガッ

提督「っ!」ドシャッ

提督「えっ、え!?」キョロキョロ

「ははは、アホみてぇに転けやがった! しかも何が起こったか分からねぇ顔してやがる! もういい、行こうぜ!」

「だっさー!」

提督(いてて…外を歩くのはもう慣れたと思ったけど、やっぱ周りの音が聞こえないと危ないな…)

提督(あ、書類がバラバラだ…)

提督「…」ゴソゴソ

提督「…」

紙「」

提督「…はは! いつかは覚悟してたが、まあ遅いくらいだな! 俺も失聴してから今までよく頑張ったさ! うん!」

提督「…」

提督「っ…!」ギュッ

今日はこれでおしまいにします。
続きは明日やります。

~鎮守府~

青葉「じゃあ、おやすみなさい!」

衣笠「明日はちゃんと休むんだよ?」

古鷹「二人ともね」

加古「ふぁ~あ…じゃああたしたちも部屋に戻ろっか、古鷹」

古鷹「あ、ごめんね…このあと少し、用事が…」

加古「…提督の所?」

古鷹「…か、帰ってきてるか確認するだけだから…」

加古「へぇ、じゃああたしは先に行ってるよー?」

古鷹「うん…」

古鷹「…」スタスタ

古鷹「!」

古鷹(執務室の扉の隙間から明かりが漏れて…)チラッ


提督「…」


古鷹(て、提督…戻ってきてた…)

古鷹(…お土産、今渡そうかな…?)

古鷹「…///」ドキドキ

古鷹「ってやだ! 何で私、こんなドキドキして…///」

古鷹「い、いいからもう入ろう!」ガチャッ

古鷹「て、提督…」スタスタ

提督「…!」サッ

古鷹(? 今、紙みたいなのを隠して…)

提督「な、なんだ! 帰ってきたのか! どうした古鷹!」

古鷹「あ、いえ…ただ、これを…」スッ

提督「ん? なんだこれ! ストラップか!? へぇ、可愛いな!」

古鷹「は、はい…」

提督「こんなのを買ったんだな! 古鷹に似合いそうだ!」

古鷹「それは、提督の分ですよ?」スッ

提督「っと…あ、まさか俺に!?」

古鷹「…///」コクン

提督「…ありがとう! 大事にするよ!」ニコニコ

古鷹「は、はい…///」

古鷹「~!///」ジタバタ

加古「古鷹…大丈夫?」

古鷹「はっ! な、何でもないよ!?///」

加古「あぁ、やっぱり提督に喜んでもらえたんだ」

古鷹「! ど、どうしてそれ…!?///」

加古「良かったね」

古鷹「うぅ…///」

加古「…そうだ! この調子で今度デートに誘ってみたらどう!?」

古鷹「で、でででデート!?///」

古鷹「む、無理! 絶対無理だよぉ!///」

加古「いいや、今の古鷹ならできる! 古鷹頑張れー!」

古鷹「どうしてこんな時にだけ加古は張り切ってるの!?///」

伏線とか上手くできてて素直にすごいと思った 完結してくれることを切に願う

>>61 ありがとうございます。荒らしがいたようなので、一旦間を空けさせていただきました。

翌日

提督「…」カキカキ

古鷹「…」

提督「…」カキカキ

古鷹(…あ、あれ?)

古鷹(ど、どうしたんだろ…提督…なんだか今日は様子がおかしいような…)

古鷹(い、いや…多分私が変に意識してるだけよね…それより…)

古鷹「…」チラッ

手紙「」

古鷹「…///」カァァ

古鷹「…すぅ…はぁ…」

古鷹「て、提督…」チョンチョン

提督「ん、ああ! なんだ!」

古鷹「もうお昼ですよ」っ時計

提督「あっ、お昼か! あぁ、食堂に行ってきていいぞ!」

古鷹「はい…そ、それと…」モジモジ

提督「…?」

古鷹「こ、これ!///」バンッ

提督「!」ビクッ

古鷹「読んでおいてください! では!///」スタコラサッサー


手紙「」

提督「…て、手紙!?」

~食堂~

青葉「提督にデートのお誘い!? しかも手紙で!?」

衣笠「あ、青葉…声が大きいって…!」

青葉「あっ…失礼しました…」

古鷹「…///」カァァ

青葉「すいません…でも、失聴してる提督にはとても良い考えですね…」

衣笠「そうだね…♪」

古鷹「ちゃんと読んでくれてるかな…?///」

青葉「ええ、読んでいますとも!」

衣笠「絶対喜ぶぞ~?」

古鷹「え、えへへ…♪///」

ガチャッ

古鷹「…」チラッ

提督「あ、古鷹!」

古鷹「!」

提督「手紙読んだよ! 正直驚いたけど、俺と二人で良いのか!?」

古鷹(提督と二人…提督と…///)

古鷹「…て、提督が…決めてください…///」

提督「もしそれで良いんだったらぜひ行きたいなぁ!」

古鷹「えっ!?」パッ

提督「それで、大丈夫か!?」

古鷹(だ、だってそのつもりで手紙書いたのに…///)

古鷹「...///」コクン

提督「そうか! じゃあ今度予定空けとくな! ま、今更休暇なんていくらでも取れるけど!」

古鷹「それは流石に…夢の見過ぎですって…♪」

古鷹(やった、やった! 提督と…///)

古鷹(…約束はできた…そしてその日に…提督に伝えなきゃ…)



古鷹(貴方の事が好きです、と…)

古鷹「…」カチッ

加古「んん…古鷹ー、さっきから何やってるんだー?」

古鷹「あ、ごめんね加古。ちょっと懐中電灯で通信の練習してるの。手で塞いだり離したりして…眩しくない?」

加古「うん、見えるけど眩しくはないよ」

古鷹「本当? 良かったー♪」

加古「…提督と出掛ける時の為にか…」

古鷹「…う、うん…///」

加古「まあ鎮守府にいる時は大体紙に書いて済むことばかりだから良いけど…今回はデートだからね」

古鷹「私は兎も角、提督まで変な目で見られないかな…」

加古「大丈夫大丈夫。それに提督だって、間接的でも古鷹と話せたら楽しいって」

数日後

~鎮守府(外)~

古鷹「…」ソワソワ


青葉「司令官を待ちながらそわそわしている古鷹さん、可愛いなぁ…♪」

青葉「あの私服もとっても似合ってるし!」

衣笠「でも私たち、外出して良かったの?」

青葉「大丈夫大丈夫、バレないから!」

衣笠「そりゃバレたらいけないけど…今月の外出できる回数、もうないんじゃないのって」

青葉「司令官と古鷹さんのデートが見れるならそんな日数なんか捨てる!」

衣笠「えぇ~…まあ別に良いけど…」

青葉「あ! 司令官が来たよ!」

提督「古鷹、お待たせ!」

古鷹「いえ、待ってないです!」フルフル

提督「…えっ!? どうしたんだその私服!?」

古鷹「えっと…これは…」スッ

提督「…?」

古鷹(懐中電灯)『青葉さんと出掛けた時に買いました』カチッ

提督「! 成程! すごく似合ってるよ!」

古鷹「…///」テレテレ


青葉「懐中電灯を使って司令官と会話…大変だけど、優しい古鷹さんらしいね」

衣笠「提督だって、古鷹のその意図をすぐ理解するなんて流石としか…」

提督「おー! いっぱい人がいるなー!」

古鷹「皆さんも休日なんですね…」コクリ

提督「古鷹はどこ行きたい!?」

古鷹『提督と一緒ならどこでも』カチッ

提督「ど、どこでもか! 嬉しいが、ちょっと迷うな!」

古鷹「…」ニコニコ

提督「あ、じゃあ水族館に行かないか!?」

古鷹(提督、海の生物が好きなのかな…ちょっと可愛いかも…)

古鷹『良いですよ』カチッ

提督「ありがとう! イムヤやゴーヤ達から色んな話を聞いて気になってたんだよなー!」

古鷹「あぁ、そういう事でしたか!」

提督「こっちこっち!」

古鷹「あ、もう…はしゃいだら危ないですよー!」

早いですがここまでで。
また明日続きを書きます。

~水族館~

古鷹「思ったより広いなぁ…」

提督「古鷹! あれ見てあれ!」

古鷹「?」

提督「マンボウ! すごくでかいな!」

古鷹「そうですね、とても大きいです♪」

提督「あの水槽にはサメがいるのか! 色んな種類がいるなー!」

提督「おお、あのサメ面白い頭してる!」

古鷹「なんだか可愛いですね♪」


青葉「側から見るとただのカップルですね…」

衣笠「青葉青葉。このタコ、水槽のガラスに引っ付いてる…タコの口ってこうなってるんだね…怖…!」

青葉「き、衣笠! 司令官と古鷹さんが行っちゃうよ!」

提督「古鷹、ペンギンペンギン!」

古鷹「下に小さい子がいますね。親子なんでしょうか?」

提督「泳ぐのも速いんだな!」

古鷹「そうですね♪」

提督「そういえば古鷹は水族館では何の生物が好きなんだ!?」

古鷹「え、私ですか? えっと、あまり詳しくないんですけど…」

古鷹『本で見たイルカというのが、可愛くて好きです』カチッ

提督「あぁ、イルカか! …そういえば貼ってあったチラシで見たんだが、もうすぐでイルカのショーがあるって!」

古鷹「え、本当ですか!?」

提督「…ちょうどいい時間だな! 見に行くか!」

古鷹「はい♪」


青葉「イルカのショー…ふむふむ…」

衣笠「青葉…わ、私も見たい…!」

「はい!」

イルカ「」バシャーン!

提督「おー!」パチパチ

古鷹「初めてこんな近くで見ました…♪」

提督「すごいジャンプ力だな!」

「それじゃあ次は皆さんの中から一人出てきてもらって、イルカに指示を出してもらいます!」

古鷹「え、そんな事もできるんだー!」

「やってみたい人ー!」

ハーイハーイ! ヤリターイ! ヤッテミタイデスー!

提督「あ、あのイルカこっち見てる! おーい!!」フリフリ

「あ、そこのお兄さん! 元気いっぱいですね! それではこちらへ降りてきてください!」

古鷹「え、提督!? 提督の事ですか!?」

提督「? …??」

「どうぞー!」フリフリ

提督「な、なんかあのお姉さんこっち見て手を振ってるんだけど!」

古鷹「えぇ!?」

「あ、あれ?」

提督「こんにちは!」

古鷹「…///」カァァ

「え、えっと…一人と言ったんですけど…そちらの方は…?」

古鷹「あの、ちょっと離れたくなかったので一緒に来ちゃいました…///」

「そ、そうですか! ラブラブさんですね!」

古鷹「…ら、ラブラブ…!?///」

古鷹(うぅ…提督一人だと絶対困らせちゃうからついてきたけど…私が恥ずかしすぎて死んじゃいそう…///)

「それじゃあ予定は変わりましたが、この熱々のカップルさん二人でイルカに指示を出していただきます!」

提督「…?」

「さ、じゃあこうやって手を出して…」

古鷹「こ、こうですか…?」スッ

提督「?」スッ

「その手を振り上げたらイルカも一緒にジャンプしてくれますから! それじゃカウントダウンします!」

古鷹「え、カウントダウン!?」

「ゼロと言ったら二人で一緒に手を振り上げてくださいねー!」

古鷹「い、一緒に!?」

「サーン、ニー…」

提督「え、何で手を出したんだ!?」

「イーチ!」

古鷹「提督! 腕、失礼します!///」ギュッ

「ゼロー!」

古鷹「えい!」グイッ

提督「おっ!」

イルカ「」バシャァ!

提督「おー跳ねた跳ねたー!」

古鷹「はあ…///」

「一緒に手を握って振り上げるなんてやっぱり熱々ですねー!!」

古鷹「あぅぅ…///」


衣笠「ふ、古鷹ってば大胆…」

青葉「二人で前に出た時は驚きましたが、中々やるもんですね…」

提督「水族館、楽しかったな!」

古鷹「…はい♪///」コクリ

提督「また古鷹と行けたら良いなぁ!」

古鷹「わ、私とまた…!?///」

提督「…あ、もうそれは無理か! …あはは!」

古鷹(い、いえ…提督がよろしければ…また一緒に…私は…///)

提督「…」

「どうぞー♪」スッ

提督「ん? 何だこれ!? チラシ!?」

古鷹「? あ、花火大会…聞いた事あります!」

提督「へぇ~、今日の夜やるのかぁ~!」

提督「…よし、折角だし花火大会行ってみようか!」

古鷹「は、はい!」コクリ

ヒトキュウマルマル

提督「おー、浴衣着た人達がちらほら出てきたなー!」

古鷹「そうですね…」

提督「…古鷹も着てみたいか!?」

古鷹「えっ、私ですか!?」

古鷹「…///」

古鷹『私では勿体無いですよ…』カチッ

提督「えー! そんな事あるわけないだろ! ほら、あそこの店寄ろう! 浴衣着てる人がいっぱい出てきてるぞ!」ギュッ

古鷹「あ、提督!?///」

古鷹(提督が…手を握って…///)スタスタ

提督「お、この浴衣とか可愛くないか!?」

古鷹「可愛いですけど…///」

提督「これも古鷹に似合いそうだなぁ!」

提督「んー、迷う! 古鷹はどうだ!?」

古鷹「うぅ…///」

古鷹『やっぱり浴衣なんて大丈夫ですよ…』カチッ

提督「そんな事言うなって!」

「お困りでしょうか?」

提督「……あ、店員さん! 今彼女に似合うような浴衣を探しているんですが、ここで着付けとかってできますか!?」

「はい、勿論です♪」

提督「…?」チラッ

古鷹「…///」コクリ

提督「そうなんですか! ではおすすめの浴衣も含めて、早速お願いします!」

「お任せください♪ ではこちらへどうぞ…」

古鷹「あ、えっ…まだ心の準備が…!///」

「着付けが終わりましたよ?」トントン

提督「! 終わりました!?」

古鷹(浴衣)「…は、恥ずかしいです…///」

提督「あ、古鷹! …えっと、可愛い! すごく可愛いよ!///」

古鷹「ど、どうして提督まで顔が赤くなってるんですかぁ…///」

提督「これ買います!」

「かしこまりました♪ このまま近くの花火大会に行くんでしたら、その格好のままどうぞ♪」

古鷹「あ、ありがとうございます…///」

提督「俺が買うよ! プレゼントだ!」

古鷹「えぇ!? ですが…」

提督「はい!」

「お買い上げありがとうございました!」

古鷹「もう買ったんですか!? うぅ…もう…///」


青葉「うへへ、古鷹さんの浴衣…!」パシャパシャ!

衣笠「そんなに撮ると流石にバレるって…」

青葉「大丈夫大丈夫! それにこんなシャッターチャンス逃せないって!」

「お客様、何をなさっているのでしょうか?」

青葉「えっ!? あ、いえ何でもないですよ! あはは…」

衣笠「もー…」

続き書いていきます。

提督「なんかいっぱい店が並んでるなー!」

古鷹「皆楽しそうで、素敵ですね♪」

提督「…まだ花火は始まってないようだし、ちょっと見回るか!」

古鷹「良いですよ♪」

古鷹「…あ、あそこに金魚すくいがあります!」グイグイ

提督「お、なんだなんだ!? あれやりたいのか!?」

古鷹「はい♪」コクリ

古鷹「…」ジーッ

古鷹「えいっ!」バシャ

古鷹「あぅ…穴が空いちゃいました…」

提督「おぉ、黒いの取れた! 可愛いな!」

「彼氏さん金魚すくい上手だねぇ!」

古鷹「あっ、えっと…彼氏じゃ…///」

提督「古鷹! なんかでかいのも取れたぞ!」

提督「取れたやつ古鷹にあげるからな!」

古鷹「あ、ありがとうございます…///」


衣笠「ほらっ、もう一発!」パンッ!

お菓子「」ペチン!

「お、ナイスヒット!」

衣笠「やった! もう二個も貰えたよ! 射的なら衣笠さんにお任せ!」

青葉「ぐぬぬ…全く当たらない…こうなったら弾着観測射撃で…」



提督「焼きそばも良いなー!」

古鷹(あ、この綿あめとっても美味しい…♪)

提督「おぉ、大きい綿あめだな!」

古鷹「うん! はい、あーん♪」スッ

提督「ん?」

古鷹「? …あっ!///」

古鷹(つい加古との癖で思わずやっちゃった…///)

提督「あ、一口くれるのか! じゃあいただくよ!」

古鷹「えぇ!? あ、うぅ…///」

提督「…あむ」パクッ

古鷹「…///」

提督「うん、甘くて美味しいな!」

古鷹「はい…///」

ザワザワ ガヤガヤ

古鷹「あれ、どうしたのかな…?」

提督「? みんなもう空を見上げてるな!」

古鷹「…あ! 提督! もうすぐ始まるみたいですよ!?」

提督「もう始めるのかな!? ちょっと見やすい所に移動しよっか!」ギュッ

古鷹「!…はい、分かりました♪」ギュッ

古鷹(あぁ…今日みたいな日がずっと続けば良いな…)

提督「ここらへんでいいか! 人も少ないしよく見れそうだ!」

古鷹「ドキドキしますね…!」

「始まるぞー!」

「楽しみー!」

バンッ

ヒュゥゥゥ

提督「お、きたきた!」


ドーン!


提督・古鷹「「わぁぁ…!」」

ドーン! パラパラ...

ドーン! ドーン!

古鷹「凄く綺麗ですね…!」

古鷹「花火が打ち上がる音も迫力があって…」


古鷹「…あっ…」

提督「…」

バーン! ドーン!

ターマヤー! カーギヤー!


提督「…」

古鷹「…」

古鷹(私の、馬鹿…)

古鷹(…提督には、花火のこの音は…)


提督「綺麗だなー!!」

古鷹「!」

提督「とても綺麗だ! 色とりどりで、凄くでかくて圧倒されそうだ!」

古鷹「…提督…」

提督「こんなものを古鷹と見れるなんて俺は幸せものだな! あははは!」ニコニコ

古鷹「…はい、古鷹も…幸せです…」



青葉「綺麗だね…衣笠」

衣笠「うん…じゃあ、もう帰ろっか」

青葉「え?」

衣笠「これから多分、古鷹は提督に告白する気だよ。そこまでお邪魔しちゃ悪いでしょ?」

青葉「…」

青葉「そうだね! 今回ばかりは見逃してあげよっか! あとは鎮守府に帰った時に!」

衣笠「もしかしたら今日は帰ってこないかもね♪」

青葉「もー、衣笠ったらー!」

衣笠「あはは!」

青葉(古鷹さん…あとは頑張ってくださいね…)



提督「いやー、花火大会楽しかった!」

提督「にしてもこの道から見える海の夜景、月が反射してて綺麗だな!」

提督「花火もとても綺麗だったけど!」

古鷹「…はい、そうですね♪」

提督「…」

古鷹「…」

古鷹(…人が誰もいない…今、言わなきゃ…)

古鷹「…すぅ…はぁ…」ドキドキ

古鷹「あの、ていと…」

提督「古鷹!」

古鷹「は、はい!」ビクッ

提督「…」クルリ

提督「…」

提督「…俺は、お前達の提督になれて本当に良かった!」

古鷹「え…な、何ですかいきなり…」

提督「最初の頃は大変だったよな! まだ戦力も十分に揃ってなくて! 資源が枯渇したり、補給を忘れてしまう事もあった!」

提督「早い段階で古鷹が来てくれて嬉しかったよ!」

古鷹「…///」テレッ

提督「でも、そんな俺もみんなもさ! 今では立派になったもんだ! 鎮守府にも活気が溢れて、海もどんどん平和になっている!」

提督「それは他でもない、古鷹! お前達のおかげだ!」

古鷹「提督…」

古鷹『そんな事ないです。それは提督が居たから成せた事なんですよ』カチッ

提督「…はは! 古鷹ならそういうと思ったよ! でも俺のおかげなんかじゃない! お前達が強く、そして気持ち的にも成長したからなんだ!」

提督「心の底から感謝している!」

古鷹「も、もう…そんな事言って…///」

古鷹『私達だって提督には感謝しています』カチッ

古鷹『ありがとうございます』カチッ

提督「…どういたしまして!」

提督「それで、古鷹!」

古鷹「は、はい」

提督「俺の感謝の気持ちは伝わったか!?」

古鷹「…はい! とても伝わりました!」コクリ

提督「…そうか!」

提督「…古鷹!」

提督「…」ジーッ

古鷹「…な、なんでしょう…?///」

古鷹(真剣な眼差し…えっ、これってまさか…!///)

提督「…それじゃあ!」

古鷹(待って! まだ心の準備が全然…!///)





提督「俺が居なくても、もう安心だな!」


古鷹「…えっ…?」

古鷹「…あ、あの…提督…?」

提督「俺は! 提督をやめることになった!」

古鷹「…!?」

提督「俺の能力! というかこんな障害を抱えたままではこの先やっていけないらしい! だから俺は一ヶ月後に鎮守府を出ていく!」

古鷹「…て、提督! な、何を言ってるんですか!?」

古鷹(そんな…)

提督「半月が経った時に、俺の後継ぎの人がやってくるらしい! それから一ヶ月後、俺が出ていった後はその人が新しい提督になるんだ!」

古鷹「提督! いい加減にしないと怒りますよ!? 何でそんな嘘を言って…」

古鷹(言わないでください…!)

提督「さっき言ったようにお前達は成長した! お前達なら提督が変わってもしっかりやっていけるさ!」

古鷹「…」

古鷹(それじゃあ、まるで…)


古鷹「本当、みたいじゃないですか…!」ジワ...

提督「ふ、古鷹!?」

古鷹「嫌です! 提督、いつまでも一緒に居たいです! 提督と離れるなんて…絶対に嫌です!」


古鷹「…好きです! 提督…貴方の事が好きです!」

古鷹「いつも優しくて…誰にも隔てなく接し、弱音も見せず、私達に笑顔を振りまいてくれる…そんな提督が大好きです!」

古鷹「だから…提督をやめないでください…私の…私達の、ずっと傍に居てくださいよぉ…」ポロポロ

提督「…」

提督「古鷹! まさか、お前が泣いてまで止めてくれるなんてな!」

古鷹「! 違います! …いえ、止めてるのは違くないんですけど…今伝えたいのは…その事じゃなくて…」

古鷹(…そ、そうだ! 焦って口で言っちゃったけど…提督に伝えたい事は信号で送らなきゃ…!)

古鷹(大丈夫…この為にいっぱい練習して…)スッ

提督「…古鷹!」ギュッ

古鷹「っ!?」ポロッ

懐中電灯『』ガシャン!

提督「…今まで、ありがとう!」ギュゥ...

古鷹「…」

古鷹(…提督が、初めて私を抱きしめて…)

古鷹(でも、こんな状況で抱きしめられても…全然嬉しくないよ…)

古鷹「い、いやっ…離しっ…提督…」


提督「…俺には聞こえないんだ!」


古鷹「うっ…!?」ズキッ

提督「お前が必死に何かを話しても、俺には何も聞こえない! いくら懐中電灯で信号を送ってくれようが!」

提督「俺の声が古鷹に届いても、古鷹の声は俺に届かないんだよ!」

古鷹「…!」

提督「…実はさ!」

提督「俺は別に、元々耳が不自由だったわけじゃないんだ!」

古鷹「えっ…?」

提督「だがある日を境に俺の世界は無音になった!」

提督「その原因は今ですら分からない! 医者も様子を見ただけで一向に俺の無音の世界は変わらなかった!」

提督「…俺、曙や霞とか! 色んな子から五月蝿いってよく思われてるだろ!?」

提督「耳が聞こえなくなった最初の頃は、声を出す時の感覚がまだ分かっていたから、声量は普通だったんだと思う!」

提督「だけど毎日を過ごすうちに、段々とその普通の声量っていうのが分からなくなってきてさ!」

提督「俺の中では普通に話してるつもりでも、時々! 相手には俺の声が聞こえてないんじゃないかって不安になるんだ!」

提督「曙達の鬱陶しそうな顔を見れば声が届いているのは分かるが、それでも俺には普通の話す声量なんて分からない!」

提督「俺は、自分の声さえ聞けないんだから!」

古鷹「提督…」

提督「こんな事を古鷹に言っても何も変わらないのは分かっている!」

提督「…でも、ただ古鷹には俺の事を知ってほしかった!」


古鷹(賑やかな世界から、一転…無音の世界)

古鷹(それって、一体どれほど辛い事なんだろう…そして…)

古鷹(私の、声は…提督に届いていない…)

古鷹(そんなの分かっていた…でも、それでも…)

古鷹「うわあぁぁぁん!!!」ポロポロ

古鷹(…その事を提督の口からはっきり言われて、私は感情を抑えきれなかった)

古鷹「でいどぐざぁぁぁん!!」

古鷹(この声だって、届いていない…)

古鷹「うわあああん!!!!」

古鷹(この私の泣き叫ぶ声だって、提督には届いていない…)

古鷹(…だって)

提督「…」ギュッ



古鷹(提督は、耳が聞こえないから)

明日できれば続けます。

お待たせしました!
続きやっていきます。

~鎮守府~

ガチャッ

青葉「?」

古鷹「…」スタスタ

青葉「あ、古鷹さん!」

衣笠「お帰りー、今日は帰ってこないかと…」

古鷹「…」スタスタ

衣笠「…ってあれ…?」

青葉「ふ、古鷹…さん…?」

古鷹「…」スタスタ

衣笠「…行っちゃった…何だかとても暗かったような…」

青葉「だ、だって古鷹さんとあの司令官ですよ!? 一体…何が…」

衣笠「取り敢えず今は…関わったらいけなそうだね…」

青葉「…」

ガチャッ

加古「ん? あぁ、古鷹…おかえ…」

古鷹「…」

加古「…って、帰ってきて早々何で毛布に包まるんだ…? 何か話を…」

古鷹「…」

加古「…!」

加古「あ、えっと…あぁ~、寝てたら何かお腹が空いたな! ちょっと食堂行ってくる!」ガチャッ

バタン


古鷹「…」

古鷹「う、うぅっ…」グスッ

古鷹「嫌…だよぉ…!」

青葉「か、加古さん! 古鷹さん、どうでした…?」

加古「あー、あれはダメだね…」

衣笠「だ、ダメって…?」

加古「…暫く一人にさせておきたいよ」

青葉「…やっぱり、何かあったんですね…」

加古「…」

衣笠「フラれちゃったのかな…」

古鷹「ん…」パチッ

加古「…」

古鷹「加古…?」

加古「~…」

古鷹(あれ、加古…? 声が聞こえない…?)

青葉「…~…」

衣笠「…」

古鷹「あ、あおば! きぬがさ!」

古鷹「!?」

古鷹(声が出ない…いや、聞こえてない?)

古鷹(さっきから皆口を開けて何か話しているのに…声が聞こえない!)

提督「~! ~!」

古鷹「あっ! ていと…」

古鷹(嘘…提督の声も、私の声も…)

古鷹「あああー!」

古鷹(叫んでも、何も聞こえないよ…!)

古鷹(周りの音さえ、聞こえない…これが無音?)

………

……



古鷹(…怖い)

古鷹(怖いよ…嫌、助けて…加古…青葉…衣笠…皆…!)

古鷹「提督!!」

加古「…古鷹!」

古鷹「!」バッ!

古鷹「はぁ…はぁ…」

加古「だ、大丈夫か…すごくうなされてたけど…」

古鷹(…夢…?)

古鷹「…加古…?」

加古「う、うん…あたしだけど…」

古鷹「…!」ギュッ

加古「うおっ、え、何? どうしたの急に…」

古鷹「良かった…聞こえる…加古の声が聞こえるよ…」

加古「そりゃ提督じゃないんだからさ…」

加古「…成程、耳が聞こえなくなった夢かぁ…」

古鷹「…とっても、怖かった…独りで…本当に何にも聞こえなくて…頭がどうにかなりそうだった…」

加古「…そっか…」

古鷹「! そ、そういえば今何時!?」

加古「今? 今は…8時だよ。今日は早起きでしょ」

古鷹「朝…」

加古「…今日の朝会でさ、聞いたよ」

古鷹「…」

加古「提督が…解任になるって」

古鷹「…」

加古「そう言われた時には、みんなもう大騒ぎで…よっぽど好まれていたんだね…あたしも提督は好きだったけど」

加古「…古鷹は昨日聞いたんでしょ?」

古鷹「…」コクリ

古鷹「告白もしたけど…失敗しちゃった…」

加古「…」

加古「そっか…」

~執務室~

提督「…」

提督「…」チラッ

手紙の山「」

提督(みんなからの手紙…全部目を通したが、納得いかないとの声が全員…)

提督(普段厳しい霞や曙…俺の事が苦手だと思っていた山城や大井達なんかも、たくさん書いてくれていた…)

提督(こんなに俺の事を思っていてくれたなんて、俺としては嬉しいが…)

提督「…」

提督(…もう戻れない、か…)

~数週間後~

提督「俺があの鎮守府の提督だ! よろしく!」

新米提督(以下女提督)「よ、よろしくお願いします!」ペコリ

提督「それにしても新しい提督が女性だったとは! 立派だな!」

女提督「あ、ありがとうございます!」

女提督(この人が…優しそうな人だけど、ちょっとうるさいかも…でも、耳が聞こえていないらしいし…)

提督「じゃあ早速鎮守府に行こうか!」

女提督「はい!」コクリ

~鎮守府~

シーン...

女提督「な、なんだか静かですね…」

女提督(やっぱり、まだ新しい提督の私の事を認めてくれていないよね…この提督は好かれそうだし…多分私は嫌に思われてるんだろうなぁ…)

提督「古鷹!」

古鷹「…はい」

古鷹「こんにちは。古鷹です。貴女がこれからの私達の提督ですね? よろしくお願いします…」ペコリ

女提督「あ、はい! よろしくお願いします!」

提督「じゃあ早速で申し訳ないけど、古鷹に鎮守府の案内を頼んでいるから行ってきてくれ!」

女提督「わ、分かりました!」ビシッ

古鷹「ここが食堂です」

女提督「へぇ~、広いですね…」

古鷹「はい、艦娘は多いので…」

古鷹「…!」

女提督「え、何ですか? どうしました?」

古鷹「あ、ごめんなさい! ただ、提督の方と会話するのは初めてだったので…」

女提督「…あっ…そう、ですよね…」

古鷹「…会話できるってだけで、私達は幸せなんでしょうね…」

女提督「…」

女提督「あの人はいつから耳が聞こえなかったんですか? まさか…生まれつき?」

古鷹「いえ…生まれつきではないんですけど…突然だったようです。それで、私達の提督となった時にはもう…」

女提督「…突然…」

古鷹「それでも、提督は頑張ってきました。これからもそうだと思いましたが…」

古鷹「…あっ、ごめんなさい…女提督さんが悪いわけじゃないですよ?」

女提督「…はい」

提督「お疲れ様! 鎮守府はどうだった!?」

女提督「と、とても立派でした!」コクリ

提督「これからは君の鎮守府になるんだから、設備とかもよく確認しておくように!」

女提督「は、はい…」

古鷹「…」

提督「? どうした古鷹!? 調子悪いのか!?」

古鷹「あ、いえ…」フルフル

提督「そ、そうか! 辛かったら交代しても大丈夫だからな!」

古鷹「はい…」コクリ

女提督「…?」



女提督「古鷹さんって、あの提督の事苦手なんですか?」

古鷹「!? そ、そんな事ないですよ!」

女提督「あ…ごめんなさい…いきなり…」

古鷹「…あっ…わ、私もいきなり大声出しちゃってごめんなさい…」

女提督「…いえ…」

女提督「ただ…なんだか、提督との間に距離があるように見えて…」

古鷹「距離…」

女提督(普通だよね。提督の耳が聞こえないから、気遣ってるだけだよね…)

古鷹「…」

古鷹(…そっか)

古鷹(確かにあの時から私と提督の間には…距離が空いてしまったような気がする…)

古鷹(それでも提督は頑張って私に笑顔で接してくれるけど…こんな私はいつまでも過去を引きずっていて…)

古鷹「…はぁ…」

加古「でかい溜息だなーもう…」

古鷹「あ、ごめんね加古…」

加古「いや良いけどさ…どうせ提督絡みの事だし」

古鷹「うっ…」

加古「でもあまり悩んでたらいけないと思う。あたし…はちょっと得意じゃないから、青葉とか衣笠に相談するのもありだと思うし」

古鷹「うん…」

加古「…うじうじ考えてたら、もう終わっちゃうよ? 提督だってもう残り少ないんだから…」

古鷹「…分かってるよ…」

加古(本当かねぇ…)

フタフタマルマル

女提督(はぁ…疲れた…)

女提督(…やっぱり、なんだか艦娘の目線が痛かったなぁ…)

女提督「まあ仕方ないよね…これから信頼を得ていかないと…ふぁ~あ…」

女提督「確か私の部屋は…ん?」

女提督(誰だろ、こんな時間に明かりを点けて…)チラッ


提督「…」ペラッ

提督「…」


女提督(提督さんだ…何か書類を見てる…凄い人だなぁ、耳も不自由で解任も決められたのに遅くまで…)

女提督「…いや、書類はもう私に渡されて明日からやる筈だよね…?」

女提督「じゃあ今提督さんが見てるのは…?」

提督(…医者から受け取った俺の耳に関しての書類…)

提督(治療は困難とはいえ、これから改善されて音が聞こえるようになる可能性は0%、ではないと…)

提督(…受けるべきだろうか…)

トントン

提督「!」ビクッ

女提督「あっ、ごめんなさい! 驚かせるつもりは…」ペコリ

提督「あぁ、大丈夫だから顔を上げて! どうしたんだ!? もう遅いのに!」

女提督「えっと、ペンは…」ゴソゴソ

女提督「あった。これで...」カキカキ

『提督さんがまだ明かりを点けて仕事をしていたと思ったので』

提督「あはは、もう俺がやる仕事なんて全然ないさ! 今のはちょっとプライベートの予定を立てようとね!」

女提督(提督さんが気付いてないだけで、申し訳ないけど内容を見てしまったのは黙っておこう…)

女提督「そうでしたか♪」ニコッ

女提督「はい、お茶をどうぞ」コトッ

提督「ありがとう!」

提督「…女提督は不安か!?」

女提督「…はい…」コクリ

提督「…でも大丈夫さ! みんなは今戸惑ってるだけで、本当はとっても優しいから!」

提督「こんな俺を支え続けてくれたしな!」ゴクッ

提督「ん、美味しいな!」

女提督「…」

女提督(それは、貴方が素晴らしい人だからです)

女提督(…今自分でちゃんと話せているのか、それは届いているのか…そちらの方が不安で不安で、仕方ないのに…)

女提督(私なら到底、耐えられない困難なのに…)

提督「さて、やる事がないからって夜更かしは駄目だな! もうそろそろ寝るか!」

女提督(健気なこの人を、私も支えてあげたい)

女提督「! …ふふっ、なんだ…そういう事でしたか…この人が好かれる理由も分かるような気がします…」

女提督「あの、提督…」トントン

提督「? なんだ!」

女提督「…」カキカキ

女提督「…」スッ

『もう少しだけ、お時間を頂けますか?』

明日から続きをやります。
来週中には終わるかもしれません。

やっていきます。

翌日

古鷹「提督、おはようございます」

提督「…」ススッ

古鷹「…?」

提督「…」グッ!

古鷹「えと…何ですか、そのハンドサインは…?」

女提督「手話ですよ」

古鷹「あ、女提督さん。おはようございます」

女提督「おはようございます」

古鷹「それで、手話って…?」

女提督「あー、あまり馴染みがないですよね…軍なら他の信号とかもありますし…」

古鷹「?」

女提督「手話というのは、手で話すと書いて手話なんです。つまり耳が聞こえなくても、口で話さなくても相手に言葉を伝える事が出来るんです」

古鷹「…そ、そんな事が…」

女提督「軍に入る前に色んな事をやってまして。中でも手話は不自由な耳や口を持つ人に役立つと思ってたまたま練習してたんです♪」

古鷹「! 女提督さん…」

女提督「因みに今のは『おはよう』と言いました」

古鷹「成程…」

古鷹「…」

古鷹「あのっ、女提督さん! ぜひ私にもお教えください!」

女提督(そういうと思ってました)

女提督「ええ、良いですよ♪」ニコッ

女提督「…本当は手話のやり方の紙があったんですが、持っていかれちゃいましたしね」

古鷹「え、誰に…?」

女提督「青葉さんです♪」

古鷹「!」

~食堂~

青葉「皆さーん! 良い情報が手に入りましたよー!」

長門「全く、朝から賑やかなやつだな…」

陸奥「? なになに…えっ、手話…?」

長門「?」

陸奥「…」

陸奥「へぇ~…」

長門「な、なんだ? その顔は…」

陸奥「新しく来た提督も中々やるわね…♪」

長門「?」

時雨「…こう、かな?」

村雨「うーん…ちょっと難しいね…」

白露「えー、簡単だよー?」ススッ

時雨「わっ…流石姉さん…」

夕立「因みに今には何て言ったっぽい?」

白露「いちばーん!」


暁「わ、私だって…か、簡単よ! レディならこれくらい出来て…あ、あれ…?」

雷「意外と楽しいわね♪ これなら司令官と楽に話せるし、もっと頼ってくれる筈だわ!」

電「え、えと…えと…」

響「この文字はこうやって…うん、そうやるんだよ」

電「! ありがとうなのです!」

女提督(よ、予想以上に広まってる…!?)

女提督(みんなには新鮮で良かったのかな…)

トントン

女提督「! は、はい!」クルリ

漣「女提督さん、あの手話っていうの教えてもらえますかー?」

女提督「わ、私?」

漣「だって紙だけ見たって分からないんですもんー!」

潮「お、お願いします…提督の役に立ちたくて…」

曙「…わ、私は一応よ…ただ、手話を使って話せばあのクソ提督のうるさい声が聞こえなくて済むと思ったから…」

朧「…紙でも分かると思うけどなー…あ、でも私も一応…」

女提督「…はい、良いですよ♪」



提督「なんかみんな、徐々に手話っていうのを覚えてきているな!」

女提督「そうらしいですね…」

提督「でも確かに手だけで出来るって便利だもんなー!」ススッ

女提督「ふふっ、今のは言ってる事とちょっと違いますね。本当はこういう…」スッ

提督「あ、こうか!?」

女提督「はい、順調に出来てきてますね♪」ススッ

提督「えーっと…今の手は…出来てるってことか!?」

女提督「はい♪」

提督「ありがとう!」

提督「…でも、なんか申し訳ないな!」

女提督「?」

提督「女提督は、俺の為に手話を広めてくれたんだろ!?」

女提督「そう、ですけど…」コクリ

提督「みんなが覚えてきてくれたところで! 俺はもう行っちゃうからな!」

提督「みんなには申し訳ない!」

女提督「…そんな事…言わないでくださいよ…」スッ

提督「…! そ、そうだよな! すまなかった!」

女提督「…」

提督「…」

提督「じ、じゃあ早速仕事するか!」

提督「分からなかったら俺が教えるからな!」

女提督「はい…」コクリ

女提督「え、えーっと…ここは…」

提督「あっ、そこはここに名前を書いて! それからこっちには印を!」

女提督「は、はい…!」

提督「女提督の字って綺麗だな!」

女提督「え、普通ですよ…?」

古鷹「提督の字は…」スッ

女提督「ん?」

女提督「あ、あはは…元気いっぱいな字ですね…」

古鷹「仕事は出来るんですけどね…」

阿武隈「提督、艦隊が帰投しましたー」

提督「あ、ご苦労様!」

女提督「ご苦労様です」

阿武隈「あ、あぁ…えっと…はい、報告書です」スッ

提督「俺じゃないよ! こういうのは全部女提督に渡してくれ!」

阿武隈「あっ、すいません! ど、どうぞ!」

女提督「私こそごめんなさい…提督っぽくなくて…」

女提督「えっと…あぶくま、さん…?」

阿武隈「…あ、ちゃんと艦娘の名前は覚えてくれてたんですね…因みに漢字はどうですか?」っ紙

女提督「漢字? 漢字は…」カキカキ

『阿武隅』

阿武隈「違いますぅ! もぉー!」

女提督「えー!? ご、ごめんなさい…」

提督「? あぁ、阿武隈の字はこうだよ!」カキカキ

『阿武隈』

阿武隈「あっ、そうです! えへへ、流石ですね!」

提督「当たり前だ! お前の名前なんだからな!」

阿武隈「わ、私の名前…は、はい!///」

女提督「うぅ…もっと勉強しなきゃ…」

古鷹「だ、大丈夫ですよ? そんなに落ち込まなくても…」

提督「あ、そうだ!」

提督「ちょっと俺は用事があるからあとは頼んだ!」

女提督「え? あ、はい!」

古鷹「あ、あの…私もついて行って良いでしょうか…?」ススッ

提督「…大丈夫だ! 大した事じゃないから! それより古鷹は女提督の事よろしくな!」

古鷹「…はい…」

提督「んじゃ行ってくる!」

ガチャッ

バタン

女提督「…大体、予想はつきますね」

古鷹「…」

今日はここまで。
また明日出来たらやります。

ガチャッ

夕立「提督さん! 夕立…ってあれ?」キョロキョロ

時雨「あれ、居ない…?」

女提督「あ、夕立ちゃんと時雨ちゃん…どうしたんですか?」

夕立「夕立もちょっと手話を覚えたから、提督さんと一緒にやりたかったっぽい…」

時雨「どこに行ったのかな…?」

女提督「提督なら出掛けましたよ。何やら用事があるようで…」

夕立「…」ションボリ

女提督「あっ…」

女提督「…そうだ! 夕立ちゃん、覚えてきた手話を私に見せてくれますか?」

夕立「ぽい?」

女提督「提督が帰ってきたら一緒に出来るように、もっと練習しましょう♪」

時雨「…そうだね。女提督さんに教えてもらった方が上達すると思うし…提督も喜ぶかも」

夕立「! 夕立、頑張って練習するっぽい!」

女提督「ふふっ♪」



「へぇ、手話ですか! …新しく来た提督さんが…成程」

「う~ん…うちに手話が出来る子はいたっけか…」

「…ごめんね、また紙に書かせてもらうよ」カキカキ

「…そうだね。しかし…前にも伝えた通り、治療はやはり難しい…後遺症も残ってしまう可能性もある…」カキカキ

「…それでも受けるというなら、私も全力を尽くすよ」カキカキ

「…」

「…」

「…分かりました」コクリ

フタヒトマルマル

~執務室~

ガチャッ

提督「…」スタスタ

女提督「あっ…提督…」

提督「! あ! 女提督!」

女提督「!」シーッ

提督「…?」チラッ

夕立「ぽい…zzz」

時雨「すぅ…」

提督「…」ニコッ

女提督「…」ニコッ

女提督「ちょっと、移動しましょうか…」ススッ

提督「…! …」コクリ

~鎮守府(外)~

提督「…女提督!」

女提督「はい…?」

提督「…」ススッ

スッ

スッ

女提督「…!」

提督「どうだ!? 伝わったか!? この声も伝わってるか怪しいけど!」

女提督「…ええ、伝わりましたよ」ススッ

提督「…そうか! なんか、手話っていうのはすぐ覚えられるもんだな! それとも、自分の身の事だからかな!?」

女提督「…」

女提督(…提督…)


女提督(私はこの鎮守府に来て、日は浅いですが…ひとつだけ確信した事があります)

女提督(…この鎮守府には、貴方は必要です)

女提督(例え耳が不自由でも…上からの命令であっても…)

女提督(貴方は、ここにいるべきです)


女提督「…治療、頑張ってくださいね」



女提督「というわけで…提督は現在、鎮守府から離れ、聴覚の治療に専念しています」

ザワザワ

ガヤガヤ

古鷹「あっ、あのー! もう少しだけ静かにしてください!」

女提督「…なので、少し早いですがその間は私がここの提督となります。よろしくお願いします」ペコリ

パチパチ... パチ...

女提督「…」

漣「あのー!」

女提督「! は、はい…?」

漣「ご主人様って耳が聞こえるようになったら、ちゃんと戻ってくるんですかー!?」

女提督「…分かりません…そのまま解任される可能性の方が高いでしょう」

曙「はぁ!? 何でよ! その耳の治療が終わって無事だったなら解任は取り消しにならないの!? それに、私達は別に今のままでも良いじゃない!」

曙「どうして、今更解任なんか…!!」

潮「あ、曙ちゃん…落ちついて…?」

漣「…お、お騒がせしましたー…」

漣「…」

ザワザワ

女提督「…他に、質問のある方は…?」

シーン...

女提督「…では、以上となります」

女提督「はぁ…」

女提督(流石に、いきなりの報告過ぎたかな…)

女提督(あんな空気になるのも当たり前だよね…)

古鷹「女提督さん…お疲れ様です…」スッ

古鷹「良かったらお茶、飲んでください

女提督「古鷹さん…ありがとうございます」

古鷹「…いえ…」

女提督「…古鷹さんも、びっくりしましたよね」

古鷹「…はい…」

女提督「皆さんより先とはいえ、今日の朝でしたからね…」

古鷹「…はい」

古鷹「…」

女提督「あの、古鷹さん」

古鷹「は、はい」

女提督「少し変な事…聞いても良いですか…?」

古鷹「変な事…?」

女提督「…」

女提督「古鷹さんって…」


女提督「提督の事、好き…ですよね?」

古鷹「! …」

古鷹「…どうしてそう思ったんですか?」

女提督「…なんとなく、です…」

古鷹「な、なんとなく…?」

女提督「はい…女としての勘というか…提督との態度とか…様子を見てたら…そういう感じに、思えたんですけど…」

女提督「ま、間違っていたら…」

古鷹「いいえ」

女提督「!」

古鷹「…好きですよ、あの人が…」

古鷹「今も…いえ…これからも…きっと、ずっと…」

女提督「…」

古鷹「一度告白したんですが、失敗しちゃって…」

古鷹「…いや…失敗…?」

古鷹「…ふふっ」


古鷹「…あぁ…あの人の中では、私は告白した事にはなってませんでした」

女提督「…」

古鷹「…私ったら…本当にダメ、ですね…」

古鷹「私の声は、提督に届かなかったんです」

女提督「ち、違います! 大事なのは声ではなく、気持ちが届いているかで…」

古鷹「それも届かなかったんです!」

女提督「っ…」ビクッ

古鷹「声だけじゃないんです。想いも…届かなかったんです…」ジワッ

古鷹「私は女提督さんから手話を学びました。これで届く? 私の気持ちは届く…!?」

古鷹「…でも、もういないじゃないですか!!」

古鷹「提督は…もう…いないじゃないですかぁ…!!」ポロポロ...

女提督「…古鷹、さん…」

提督『みんなが覚えてきてくれたところで! 俺はもう行っちゃうからな!』

提督『みんなには申し訳ない!』

女提督(…)



古鷹「こんな別れ…嫌ですよぉ…!!」ポタポタ...

数日後

~執務室~

女提督(提督が居なくなってから、この鎮守府は少し…いえ、かなり寂しくなりました)

天龍「…ほらよ、遠征の報告書だ」

女提督「ありがとうございます」

天龍「…あのよ」

女提督「はい…?」

天龍「その…提督が治療? 受けてるっつー所から、何か…情報とかは入ってこないのか?」

天龍「聴覚の、様子とか…」

天龍「あっ、別に俺が気になってるわけじゃねぇぞ!? ただ駆逐艦のやつらがあいつに会いたいってうるさくてよ…」

女提督「…」

天龍「ったく…大人しく待ってろよな…って、もう戻って来ないんだっけか……くそっ」

女提督「…ごめんなさい」

天龍「…なんでお前が謝るんだよ…」

天龍「…それじゃあな」ガチャッ

天龍「…何かあったら…連絡頼む…」

バタン

女提督「はい…えっ!? あ、ごめんなさい! はい…以後気を付けます…はい…」

女提督「…失礼します」

ガチャッ

女提督(私が来て何週間かな…)

女提督(はぁ…失敗ばかり…私、やっぱり提督向いてないのかも…)

女提督(こんな時、提督が居たら何ていうか…)

女提督(って、そんな事考えてちゃダメ! 私はこの鎮守府を守っているんだから…自分で何とか頑張らなきゃ…)


トゥルルルル


女提督「あ、また電話…?」ガチャッ

女提督「は、はい…」


女提督「…えっ?」

~病室~

ガラガラ!

女提督「提督!」

提督「!」

女提督「あ、良かった…元気…そうではないですけど…」

「…こんにちは。あなたが提督さんが言っていた新しい提督さんかな?」

女提督「! どうも、こんにちは」

女提督「…それは私の事です…」

「…ちょっとこちらへ」

女提督「…分かりました」

女提督「…提督、数日間も空けちゃいましたが…手話はまだ覚えていますか?」ススッ

提督「!」コクッコクッ

女提督「あぁ、良かった…♪」

女提督「…では提督、ちょっと待っていてください」ススッ

提督「…」コクリ



女提督「お待たせしました」

提督「…」

女提督「…治療を受けている間に、声の出し方や口の動かし方が分からなくなってしまったらしいですね」ススッ

女提督「…余計なストレスを与えないよう、声を出さないように言われたからでしょうか?」

女提督「…提督の元気な声、聞きたかったんですけどね」ススッ

女提督「でも、今はこうやって手話がありますから…」ススッ

提督「…」

提督「…」チラッ

女提督「…?」

女提督「あっ、手や腕に点滴をさせられてるせいで上手く手話が使えないんですか…それなら…ペンとメモ帳を…」

女提督「はい、どうぞ。書くくらいなら大丈夫でしょう…」スッ

提督「…」

提督「…」カキカキ

提督「…」スッ

『ありがとう』

女提督「…お礼なんて、必要ありませんよ…♪」ススッ

提督「…」カキカキ

『鎮守府のみんなは?』

女提督「…とても良い子達ですが、やはり提督に会いたいようです…」ススッ

提督「…」ニコッ

提督「…」カキカキ

『俺も会いたいな』

女提督「治療が終わったらぜひ来てほしいです♪」ススッ

提督「…」

女提督「そ、そうだ! あの子達も随分と手話が上手になったんですよ!?」ススッ

女提督「私に出来る事はこれくらいですけど、提督の帰りを待っていますから」ススッ

提督「…」ニコッ

「すいません、そろそろ…」

女提督「あ、分かりました。それでは提督、また…」ススッ

提督「…」スッ

女提督「あっ、ペンとメモ帳。ありがとうございます」

提督「…」フリフリ

ガラガラ

バタン

女提督「…」ペラッ

女提督(声は聞けなかったけど、提督とは色々紙で話せた…)ペラッ

女提督「…今度、提督用の紙でも買ってこよう♪」

女提督「あ、その前に皆さんにこの事を教えてあげて…」

女提督「ふふっ、提督が帰ってくるのも時間のうちかな…♪」

女提督(皆さん、どんな顔するだろう…)ペラッ

女提督「ん…?」

女提督(メモ帳に一枚折り目がついてる…私何かメモしてたっけ…?)

女提督「…」

ペラッ


『あいつらを頼んだよ』

~鎮守府~

古鷹「!」

女提督「…」スタスタ

古鷹「女提督さん! どこに行ってたんですか…? いきなり留守したらダメですよ!」

女提督「あっ、ごめんなさい…」

古鷹「…急用でしたか? 次からはちゃんと言ってくださいね?」

女提督「はい…」

古鷹「…ここの提督は、あなたなんですから…」

女提督「…」

女提督(そんな事ないですよ)

女提督(あの人が提督です。治療が終われば帰ってきます)


女提督(…そう言いたい)

女提督(けど、そんな無責任な事…言えない…)

女提督(本当に…提督は帰ってくるのかな…)

女提督「…」チラッ

メモ帳「」

数時間前

女提督「お願いします! もう一度! もう一度だけ話させてください!」

「も、もう今日は終わりです!」

女提督「少しで良いです! 一分間でも!」

「提督さんは今治療中です!」

女提督「嫌…!」

「お願いします! 落ち着いてください…!」

女提督「…」ガクッ

女提督「…てい、とく…」

古鷹「女提督さん」

女提督「っ!」バッ

古鷹「…聞かせてください」

女提督「…」

古鷹「…提督の事…」

女提督「…どうして、それを…」

古鷹「…」

古鷹「…なんとなく、です」

女提督「!」

古鷹「勘ですよ…勘…」

女提督「…」

古鷹「…」ペラッ

『ありがとう』

ペラッ

『鎮守府のみんなは?』

ペラッ

『俺も会いたいな』

ペラッ

ペラッ

ペラッ

『あいつらを頼んだよ』

古鷹「…」

古鷹「なんですか、それ」

古鷹「私達は…まだ何も言えてないのに…」

古鷹「提督だけ、好き勝手に伝えたい事だけ伝えて…!」

古鷹「ズルいですよ…!」ポロッ

女提督「…明日、もう一度行ってきます」

古鷹「!」

女提督「私だって、納得いきませんしね」

女提督「…一緒に、行きませんか?」

古鷹「…ぐすっ…」グシグシ


古鷹「…はい」

女提督「治療が終わったら…あの人を連れて帰るんです」

古鷹「…はい!」

女提督「ふふっ…♪」ニコッ

古鷹「えへへ…♪」ニコッ

翌日

女提督「古鷹さん、準備は出来ましたか?」

古鷹「は、はい」

女提督「なら早速行きますか!」

古鷹「そうですね…」

金剛「女提督ー、代理はもう慣れてるからいいですケド、どこへ行くんデスカー?」

女提督「気にしなくて大丈夫ですよ。ちょっとした用事ですから♪」

金剛「…古鷹も?」

古鷹「はい…少しの間、お願いします」

金剛「まあ良いネ。気を付けて行ってらっしゃいデス!」

古鷹「…金剛さんに、言わなくていいのですか?」

女提督「…」

古鷹「代理もやってくれますし、やはり事情は話しておいた方が…」

女提督「…金剛さんに話したら、淡い期待を持たせちゃいますからね」

女提督「勿論提督が戻ってくるよう私も色々とするつもりですけど…もし、それが無理だったら…」

女提督「…もっと、悲しくなるじゃないですか」

古鷹「…」

女提督「だから言いませんでした」

女提督「…本当に提督が戻ってきたときは…その時に伝えるさけです」

古鷹「…そう、ですね…」

古鷹「…分かりました…」


ガラガラ

女提督「おはようございます、提督」ペコリ

提督「!」

女提督「…あのメモは…見なかった事にします」

女提督「あと今日はもう一人、お見舞いに来てくれましたよ♪」ススッ

スタスタ

古鷹「て、提督…」

提督「! ふぅ…あ!」

女提督「えっ!? な、何と言いました!?」

提督「ふう…たあー!」

古鷹「提督…!?」

女提督「…ずっと声を出していなかったせいか、口も回らず既にまともに話せる状態ではないそうです…」

古鷹「…!」

古鷹「…」

古鷹「…これは、私の名前を呼んでくれてるのでしょうか…?」

女提督「た、多分…」

提督「…」ニコニコ

「あー、女提督さん。すいません、少しお時間を…」

女提督「あ、はい…」

女提督「…古鷹さん」トントン

古鷹「は、はい。何ですか?」

女提督「私、少し席を外すので提督と話してあげていてください」

古鷹「…分かりました」

提督「ふぅ…あぁ~!」

女提督「あ、あとこれはメモ帳とペンです」

女提督「点滴をやってる今じゃ、碌に手話もできませんから…」スッ

古鷹「ありがとうございます」

古鷹「…提督。お久しぶりです」ススッ

提督「…」カキカキ

『久しぶり』

古鷹(女提督さんから聞いてましたが…提督、病人のようになって…)

提督「…」ニコニコ

古鷹「…」ギュッ

提督「!」

古鷹「…手、握らせてください…」

提督「…」

古鷹(なんで、この人がこんな目に遭っちゃうのかな)

古鷹(…この人は、悪くないのに…)

古鷹(一生懸命、頑張ってきただけなのに…)

提督「ふー! あー!」

古鷹「…!」

提督「…」ニコッ

古鷹「…大丈夫です…私は大丈夫ですよ…♪」ニコッ

古鷹「提督、治療の方はどうですか?」ススッ

提督「…」カキカキ

『よく分からないけど、このままだったら改善できるかもって』

古鷹「本当ですか!?」

古鷹「じ、じゃあ提督は戻ってくるんですね…?」ススッ

提督「…」

提督「…」カキカキ

『それは分からない』

提督「…」カキカキ

『完全には治らないらしいから』

古鷹「そ、そんな…」

提督「…」カキカキ

『それにこのままだとお前達にも迷惑がかかるからな』

古鷹「そんな事を言わないでください! …迷惑なんかじゃ、ありませんよ!」ススッ

古鷹「…それに私達は…それで頑張ってきたじゃないですか…!」ススッ

提督「…」

ガラガラ

女提督「お待たせしました」

女提督「ふふっ、提督! 素晴らしい回復らしいですね! まだ音は聞こえてないようですが、数日後には少しずつ…」ススッ

女提督「…って、あれ…?」

古鷹「…」

提督「…」

女提督「えっと…あと一週間くらいで退院できるという吉報だったんですけど…」



女提督「え、提督が鎮守府に戻らないかもしれない?」

古鷹「…」コクリ

女提督「ど、どうして…だって、提督だって皆さんに会いたがってたみたいですし…」

古鷹「…それでももう、自分のせいで迷惑はかけたくないそうです。女提督さんに、全て任せると…」

女提督「…」

女提督「迷惑をかけたくない、ですか…」

古鷹「…女提督さん、ごめんなさい」

女提督「は、はい…?」

古鷹「…やっぱり私は…提督と一緒に居たいです。あっ、女提督さんが嫌いなわけではないですけど…」

女提督「…分かっていますよ。誰だって好きな人とは一緒に居たいですから」

女提督「それに言ったでしょう? 提督を連れて帰ると…」

古鷹「…はい…!」

女提督「それにしても全く、古鷹さんの気持ちも知らないであの人は…」

女提督「大体、提督が居なくなった方が皆さんに迷惑がかかるというのに…」

古鷹「…ふふっ…」

女提督「ど、どうしました…?」

古鷹「あ、ごめんなさい…ただ、女提督さんが来てまだ数週間しか経ってないのに、ここまで私達の事で真剣になってくれてると思うと…嬉しくてつい…」

女提督「…そんな、私はただのお節介焼きですよ…♪」

古鷹「…それでも、ありがとうございます」

女提督「…じゃあ、どういたしまして♪」

加古「あ、古鷹ー。金剛が女提督と出掛けてたとかなんとか聞いたんだけど…」

古鷹「う、うん…ちょっとね」

加古「…?」

加古「まあ多分、提督の事でしょ?」

古鷹「うっ…」

古鷹(さ、流石に加古にはバレバレだなぁ…何でこういう時だけ鋭いんだろ…)

加古「それで、どうだった? 様子とかなんか…」

古鷹「…順調だそうだよ。少し聴力は改善されるようだし、一週間後には退院できるって」

加古「へぇ~! なら安心だな!」

古鷹「…でも、ここに戻ってくるかはまだ分からないけどね…」

加古「…そ、そうなんだ…」

古鷹「…心配しないで。きっと提督は…連れてくるから」

古鷹「それと、この話はくれぐれも言わないように。分かった?」

加古「…うん、分かったよ」

女提督「…」カキカキ

古鷹「お疲れ様です。休憩をとられたらどうでしょうか?」

女提督「あ、古鷹さん…そうですね。少し休憩しましょうか…」

女提督「…ん~!」ノビー

古鷹「…女提督さんって、少し提督と似ていますね…仕事に没頭しすぎるところとか…」

女提督「え?」

古鷹「あっ、いえ…何でもないです。仕事の方は慣れましたか?」

女提督「うぅ~ん、程々にですかねぇ…」

古鷹「焦らずゆっくりやっていきましょうね」

女提督「…はい♪」

女提督(そういえば、提督は古鷹さんの事をどう思っているのでしょうか)

女提督(…悪くは思ってないと思うけど…)

古鷹『…好きですよ、あの人が…』

古鷹『今も…いえ…これからも…きっと、ずっと…』

女提督(初めは苦手なのかと勘違いした。でも、古鷹さんは…)

女提督「…」

女提督(提督も、そこまで鈍感じゃないですよね…?)

数日後

「お待たせしました」

女提督「いえいえ、全然大丈夫ですよ」

古鷹「それで、提督は…」

「申し訳ありません、その前に時間を少し頂けますか?」

女提督「え、ええ」

「…今回はお二人とも来てください」

女提督「…はい」

古鷹「…分かりました」

「…というわけで、提督さんは予定通り退院は出来ます」

古鷹「! ではもう声や音が聞こえる状態なんですね!?」

女提督「ふ、古鷹さん」

古鷹「あっ…すいません…」

「いえ、大丈夫です。それでその聴力の事なんですが…確かに彼の耳は改善され、音を拾えるようになりました」

女提督・古鷹「!」

「しかし…やはり、それは何度も言いますが完全とは言えず…そこに問題があります」

「問題…それは何と言っても、後遺症でしょう」

女提督「後遺症…」

「耳鳴り…目眩…難聴…こればかりは対処しきれませんでした。何しろ治療を受けるタイミングが遅かったので…」

古鷹「…そうですか…」

「…少しでも耳が聞こえるようになっただけでも奇跡です。彼は頑張りました」

「そして、これからは彼だけでなく、あなた達も一緒に頑張らなければいけません」

古鷹「私達も…?」

「このような後遺症を負ってしまえば、これまで以上のストレスや不安で精神が持たないことでしょう。なので…あなた達が彼を見守り、彼を助けてあげてください」

古鷹「…はい」

女提督「分かりました」

ガラガラ

古鷹「提督!」タッタッタ

提督「!」

古鷹「提督、大丈夫ですか!?」

提督「…あ…」

古鷹「…?」

提督「…ふる、たか…?」

古鷹「は、はい! 私です、古鷹です!」

提督「…」

古鷹「てい、とく…?」

提督「…」ポロ...

古鷹「!?」

女提督「!」

提督「古鷹…古鷹!」

古鷹「…提督!」

提督「聞こ、える…古鷹の声が…聞こえる…!」ポロポロ

古鷹「…!」

提督「古鷹…!」ギュッ

古鷹「あっ…」

古鷹「提督…うっ…うぅ…」ポロッ

古鷹「うぁ…うわあああああん!!」

古鷹「ぐすっ…でいど、ぐぅ…!」

提督「なんだ、古鷹! なんだ!?」

古鷹「古鷹、の…声…届いで…ますか!?」

提督「ああ、届いている! 届いているよ!」ポロポロ

古鷹「うわぁぁぁぁん…!!」



提督「えっと、見苦しい所を見せたな。まさか俺が泣くなんて…」

古鷹「…仕方のない事です…寧ろ提督は、よくここまで一人で頑張れました…」

提督「え?」

古鷹「あっ…仕方のない事ですよ! 寧ろ提督はよくここまで頑張ってこれました!」

提督「…ははっ!」

古鷹「…?」

提督「…それが、古鷹の声なんだな」

古鷹「は、はい…?」

提督「…可愛い声だ」

古鷹「!///」

古鷹「も、もう! 何ですかいきなり!///」

提督「…」

提督「いつぶりか。こんなに感動したのは」

古鷹「…」

女提督「どうやらまだ問題はあるようですが、ひとまず聴力が回復して良かったですね!」

提督「! …女提督…ありがとう、これはお前のお陰でもある」

女提督「え!? い、いえ…べ、別にそんな事は!」

提督「…お前も綺麗な声をしているんだな」

女提督「っ!///」

提督「…まだ鮮明には聞こえないけど…分かるよ…少なくとも声は」

女提督「…もう。なら、良かったです…」

女提督「…それで、提督! 鎮守府には戻ってきて…くれるんですか…?」

提督「え?」

女提督「鎮守府には! 戻ってきてくれるんですか!?」

提督「…鎮守府に、か…」

提督「…いや」

古鷹「!」

提督「多少耳が聞こえるようになっても…完全ではないんだろう? …俺のせいで、みんなが危険に晒される事になるかもしれない…」

提督「だからさ、女提督…鎮守府の事、お前に任せても良いかな…?」

女提督「提督…!」

古鷹「何を今更怖がっているんですか!?」

提督「!」

古鷹「私達艦娘は、最初から危険なんて承知で戦っています!」

古鷹「提督は元々耳が聞こえない状態で頑張ってこれたじゃないですか!」

古鷹「それに…提督は、私達をそんな柔に育ててきたんですか!?」

提督「そんなことは断じてない!」

古鷹「なら! 私達にも提督の荷を積ませてくださいよ!」

提督「っ…」

古鷹「もう…これ以上離れるのは…嫌なんです!」

提督「古鷹…」

女提督「提督! 私からもお願いします!」

提督「女提督まで…」

女提督「お願いします! …あの鎮守府のみんなの為にも、戻ってきてください!」

提督「…」

提督「…お前達は、それで本当に…本当に良いのか…?」

提督「…こんな、俺でも…」

古鷹「…提督だから、ですよ」

提督「…」

古鷹「提督が! 良いんです!」

提督「…そうか…」

提督「…はぁ…はは、逞しくなったな…」

提督「それなら…」

提督「これからも、ずっと迷惑をかけるかもしれないけど…」


提督「…どうか、よろしく頼む!」ニコッ

古鷹「…はい!」ニコッ

女提督「今度またすぐ来ますからね!」

提督「ああ…」

ガチャッ

バタン

提督「…」

提督「…」ポロッ

提督「…ん…?」

提督「あ、あれ…俺…また泣いて…」グシグシ

提督「…」ポロポロ

提督「…何でだ…? 何で、泣いてんだ?」

提督「ははっ、こんなところ古鷹に見られたらどう思われるかな…」

提督「って、もう泣いてるところ見られてたか…」

提督「…戻ってきてほしい、か…こんな俺でも」

提督(…やっぱり、俺は幸せ者だな)

提督(あんな恵まれたやつらに会えて…)

提督「ははは! はは…」

提督「…」

提督「…うっ…うぅ…」ポロポロ...

女提督「提督の落ち着いた声…初めて聞きましたね」

古鷹「はい…」

女提督「…泣いたところも、初めて見ました」

古鷹「はい…」

女提督「…」

女提督「…大丈夫ですか、古鷹さん?」

古鷹「…」

古鷹「…ごめんなさい」

女提督「…良いですよ! これでみんなが喜んでくれるなら、私も嬉しいですから」

古鷹「これから、どうするんですか…?」

女提督「ん~…まだ考えてませんが…取り敢えず、提督が退院したら一緒に大本営の所へ行き、提督の再着任を要求します」

女提督「私の事は…まあ、流れに身を委ねます」

女提督「…後悔はしてませんから」

古鷹「…ありがとう…ございます」

女提督「…いいえ♪」

数日後

提督「…」

「…さ…」

提督「…」

「提督さん!」

提督「! あ、はい!」

「お迎えが来ましたよー!」

提督「お迎え…?」

ガラガラ

古鷹「提督!」

提督「古鷹! お、お前も来たのか!?」

古鷹「はい!」

提督「ありがとうございました」

「いえいえ。これから苦しい事もあるでしょうけど、その時はまた来てくださいね。お大事に!」

提督「…」ペコリ

女提督「ありがとうございます。では…」

提督「…」スタスタ

古鷹「…」ギュッ

提督「! …」ギュッ

女提督「ふふっ…♪」



女提督「では、古鷹さんはここで待っててくださいね」

古鷹「は、はい…」

提督「…行ってくるよ」

古鷹「はい…行ってらっしゃい、です…」フリフリ

スタスタ

提督「…女提督」

女提督「はい?」

提督「…ありがとうな」

女提督「…どういたしまして」

コンコン

ガチャッ

女提督「失礼します!」

提督「失礼します」

「ふむ…電話をもらったが、何の用だ?」

女提督「…提督を、連れてきました」

女提督「彼は聴覚の治療を続け、なんとか音を聞き取れるほどに回復しました」

「何?」

女提督「…お願いします! 彼を…もう一度提督に再着任させてください!」ペコッ

提督「お願いします!」ペコッ

「…急だな。聴覚が回復? では私の声も聞こえているというのか?」

女提督「…もう少し、大きく話していただければ…」

「…成程…な」

女提督「…」

「…それで、もし彼が戦線に復帰した場合だが…」

女提督「!」

「…君はどうするつもりだ?」

女提督「…」

「まさか、自分の後の事を考えずに言ってきたわけではないだろう? 彼が戻れば、君は提督じゃなくなる。どうするつもりだ?」

女提督「…」

女提督「…私は…」

女提督「…私は、あの鎮守府の提督として着任し、気付いた事があります」

女提督「…それは何といっても…彼が必要だという事です」

「…彼が必要? 確かに彼は指揮官として聴力が失われている割には優秀だが、提督なら代わりが…」

女提督「いません」

「!」

女提督「提督の指揮が優秀なのも、彼女達を想う気持ちがあるからです」

女提督「聴力が失われている割に優秀? …それは彼自身だけでなく、周りの艦娘達も提督と手を取り合っているからです」

女提督「…私では、あの鎮守府の中では彼以上の存在になる事は出来ませんでした」

女提督「きっと、他の誰もが出来ません…あの鎮守府の提督は…彼が適任なのです」

「…」

女提督「…私の事は…お任せします」

「…」

女提督「…以上です」

「そうか…」

「…提督!」

提督「! は、はい!」

「…本当に聞こえているのか!?」

提督「…聞こえてます!」

「…君はどう思う?」

提督「…自分も、戻れるなら戻りたいです」

提督「…そして艦娘達と、また共に歩んでいきたいです」

「…久しぶりだな。少しでも君との会話が出来たのは…」

「分かった。この件に関しては考えておこう。下がれ」

女提督「! ありがとうございます!」

提督「ありがとうございます!」

スタスタ

古鷹「あ、どうでした!?」

女提督「どうやら考えてくれるそうです♪」

古鷹「本当ですか!? 良かったー!」

女提督「はい♪」

提督「…じゃあ…戻ろうか」

提督「早く、みんなの所に…」

古鷹「はい!」

女提督「皆さんきっと、驚きますよー♪」

ヒトキュウマルマル

~鎮守府~

ガチャッ

金剛「あ、お帰りなさ…!?」

提督「…ただいま、金剛」

金剛「…て…」

金剛「てーとくー!!!」ビューン!

金剛「バーニングラァァブ!!」ダキッ!

提督「おっと! あはは、元気そうで良かった!」

金剛「あ、そうデス! えっと…手話は確か…」

提督「…大丈夫だ」

金剛「えっ?」

提督「…金剛…お前の声も…聞こえるよ」

金剛「…Really?」

提督「…」コクン

金剛「…っ!」ギュッ

提督「今までありがとうな…これからもよろしく」

金剛「…提督…あまり無理しちゃ、ノーなんだからネ…?」

提督「ああ」

テートクー! シレイカーン!!

ワイワイギャーギャー

古鷹「…」

女提督「行かなくていいんですか?」

古鷹「…皆の気持ちも分かりますから、私はちょっと大人しくしてます」

女提督「…取られないようにしてくださいね?」

古鷹「が、頑張ります…///」カァァ

衣笠「古鷹! ちょっと説明してよー!」

加古「なー、あっちで何があったんだ?」

古鷹「わ、私!? 提督が教えてくれるんじゃ…」

加古「あんな状態じゃあたしは無理だよ。古鷹に言ってもらった方が早い」

衣笠「本当にね…青葉はすっ飛んで行っちゃったけど…」

古鷹「…わ、分かったよ」

衣笠「耳が聞こえるように…かぁ」

古鷹「ちょっと大きな声で話さないと届かないけれどね」

加古「だから提督の声も落ち着いてたんだな。前までは声量がめちゃくちゃで話もたまに通じなかったのに」

衣笠「前までっていうか、あれが本当の提督だと思うけど」

古鷹「…でもね。まだ問題があるの」

加古「…問題?」

衣笠「提督に何か、あったの?」

古鷹「…それは…」

女提督「後遺症があります」

金剛「コーイショー?」

女提督「提督は少し音が拾えるようになりましたが、その後も耳鳴りや難聴、目眩が起こる事もあるんです」

長門「ふむ…それは何とかならないのか?」

女提督「そればかりは…」

長門「…そうか…」

女提督「なので、皆さんの力が今まで以上に必要になるとの事です。提督が辛い時は…支えてあげてください」

長門「元よりそのつもりだ…ありがとう、女提督」

女提督「…いえ♪」

陸奥「それでも勿体無いわね…こんな良い人が私達の提督の為に…何か出来たら良いのだけど…」

女提督「必要ありませんよ。それに私は、ここで大切なことを学べましたから♪」

長門「大切なこと?」

女提督「…はい。人にとって大切なことです」

女提督「だから私からお礼を言わせてください」

女提督「…ありがとうございました」

提督(はぁ、疲れた…病み上がりにはキツかったな)

提督(沢山驚かれて…抱きつかれて、泣かれて…)

提督(…だが…やっぱりここは心地が良いな)

古鷹「提督!」

提督「あぁ、古鷹…」

古鷹「…今日はお疲れ様です」

提督「…ああ」

古鷹「それで、疲れているところで申し訳ないんですけど…」

提督「え?」

古鷹「あっ、疲れているところで申し訳ないんですけど!」

提督「…あ! 全然大丈夫だ。どうした?」

古鷹「…少しだけ…」

古鷹「少しだけ、私と外を歩きませんか…?」

スタスタ

提督「この風景、花火大会に行った時みたいだな」

提督「星はないけど、月が綺麗だな」

古鷹「は、はい! そうですね…花火大会の時みたいで…」スタスタ

古鷹「…」

提督「…なあ、古鷹」

古鷹「はい…?」

提督「…ありがとうな」

古鷹「もう、何回目ですかそれ…またどこか行く気ですか?」

提督「そうじゃないよ! ただ…何回もお礼を言いたくてな。とてもお礼じゃ返せないが…」

古鷹「…いいえ、いつも世話になってる提督の為ですから!」

提督「…耳が聞こえない俺の方が世話になってるけどな」

古鷹「そんな事ありません!」

提督「…そ、そうか…?」

古鷹「…はい♪」

提督「古鷹」

古鷹「はい」

提督「お前と女提督には、特に感謝している…俺、正直ここにいるのがまだ信じられないほどだ」

古鷹「大袈裟ですよ…もう…」

提督「…本当に、恵まれたやつだよ、俺は」

提督「突然失聴して…戸惑って…解任と言われて…途方に暮れていた」

提督「でも、そこからお前達は俺を救い出してくれた」

提督「…全く、奇跡の連発だったな!」

古鷹「…」

古鷹「…いいえ、奇跡ではありません」

提督「えっ…?」

古鷹「…これは、奇跡ではないです!」

古鷹「…全部、全部…」

古鷹「提督だから、起きた事なんです」

提督「俺だから…?」

古鷹「提督が一生懸命で! いつも優しく、笑顔で! 皆を支えてくれたから起きた事なんです!」

古鷹「私達も、女提督さんも、提督を治療してくれた方も、大本営の方も…」

古鷹「提督の人柄に惹かれたから起こった事なんですよ!」

提督「…」

古鷹「だから、奇跡ではないです」

古鷹「これは…提督」


古鷹「貴方自身の力なんですよ」

古鷹「貴方の人に好かれるような人柄が、自分を救ったんです…」

提督「…」

提督「俺自身の、か…」

古鷹「…今日、誘ったのは訳があります!」

提督「訳…?」

古鷹「聞いてください」

提督「…あ、ああ…」

古鷹「…」

古鷹「……」

提督「ふる、たか…?」

古鷹(…言うんだ、私…今度こそ、告白を…)

古鷹「…」ガクガク

提督「だ、大丈夫か…?」

古鷹「…すぅ~、はぁ~…」

古鷹「提督! 私は…」

古鷹「…」

古鷹「っ!」


古鷹「貴方のことが!」


古鷹「好きです!!」

提督「…!」

古鷹「…ずっと好きでした!」

古鷹「…前は耳が聞こえてなかったので、もう一度言います」

提督「前…?」

古鷹「花火大会の日。提督が私に提督をやめると言った時です」

提督「え…」

古鷹「…いつも優しく、誰に対しても隔てなく接する…提督に惹かれました」

古鷹「弱音も見せず…病院に行った時は、見せてくれて嬉しかったですけど…私達に笑顔を振りまき、皆を明るくさせてくれる…そんな提督が大好きです」

古鷹「…提督とずっと一緒に居たい、私はそう思いました」

提督「…」

提督「…それが、古鷹の…本音なのか?」

古鷹「…はい」

提督(そうか…あの時、泣いていたのは…俺を止めようとしただけではなく、想いを伝えようとしたこともあったのか…)

提督「…」

提督「…ありがとう」

提督「…それじゃあ、俺も本当の事を言う」

古鷹「…」

提督「…正直、俺はこれからずっと一人だと思っていた」

提督「…それぐらい、耳が聞こえないというのは孤独だった」

提督「提督となった最初の頃は…酷い話だが、同情で俺に話してくれているとさえ思っていたんだ」

提督「…月日が経つ内に、同情なんかではないと気付いたけどな」

提督「中でも古鷹。お前は特に俺を気遣い、支えてくれた」

提督「…俺がお前を秘書艦にしたのも、そこに惹かれた事もあったからなんだろう…」

提督「…」

提督「…古鷹!」

古鷹「は、はい!」

提督「…」


提督「俺は、古鷹が好きだ!」

古鷹「!?」

提督「…耳も聞こえず、暗い中で独りでいる俺を助けてくれた…古鷹が好きだ」

提督「寂しく、冷えた感情に押し潰されそうな俺に温もりを感じさせてくれた…古鷹が好きだ」

提督「…古鷹とずっと一緒に居たい、そう思った」

提督「解任と伝えられた時には、俺の気持ちはもう一生届かないと思っていた」

提督「弱いやつだよな…自分の感情を隠したまま去ろうとしてたんだから」

提督「俺を連れ戻してくれたお前達の方が、よっぽど強い」

提督「…でも、古鷹がこうやって勇気を振り絞ってくれたお陰で俺も想いを伝えられた…」

提督「古鷹、ありがとう!」

古鷹「てい、とく…!」ポロポロ...

古鷹「…ありがとうございます…」

ギュッ

古鷹「っ!」

提督「…すまん、さっきのは声が小さくて聞こえない…それに今の俺には言葉より、行動で表してくれ…」

古鷹「…はい…!」ギュッ

提督「…本当にありがとう…!」

古鷹「はい…! …私、今…すっごく幸せです…」

提督「…俺も幸せだ」

古鷹(私の声は…ううん、私の気持ちは…)

古鷹(やっと…やっと、提督に伝わった)

提督「…古鷹、顔を上げてくれ」

古鷹「…はい」

提督「…はは、泣くなよ」

古鷹「ごめんなさい…提督とこうやっているのが、とても嬉しくて…」

提督「…」グシグシ

古鷹「あぅ…///」

提督「古鷹には笑ってほしいな」

古鷹「…///」

古鷹「…はい♪///」ニコニコ

提督「…うん、それが似合っているよ♪」

提督「…古鷹」

古鷹「…提督」

古鷹「…///」

提督「…」スッ


翌日

~執務室~

女提督「ええー!?」

長門「…声が大きいぞ」

女提督「あ、ごめんなさい! でも、えー!?」

女提督「提督がこの鎮守府に再着任出来たのは嬉しいですけど…」

女提督「私が新しい鎮守府の提督に着任!? ちょ、どういう事ですかこれ!」

陸奥「あら、案外近い鎮守府なのね。演習とかでお世話になりそう♪」

女提督「そんな事言ってる場合じゃないですよ! しかもその鎮守府が完成するまでここの提督の補佐って…」

長門「まあ二人とも提督を続けられるし、その補佐なんて良い機会ではないだろうか? あなたのような者を手放さなかった大本営の判断も正しいしな」

女提督「い、いきなり褒めないでくださいよもう…」

陸奥「一人の為にあそこまで本気になった事が、あっちにとっては結構好評だったらしいわね」

女提督「…そう、ですか…///」

長門「まあ何はともあれ、もう少しの間、よろしく頼むぞ」

女提督「は、はい…」

陸奥「それともこの鎮守府じゃ不満?」

女提督「そ、そんな事ないですよ! 寧ろ勿体無いくらいです!」

陸奥「そう? なら良かったわ♪」

衣笠「で、昨日はその後どうしたの?」

提督「? 特に何もなかったが…」

青葉「えぇ!? それはないですよ司令官! 告白して成功したその日の夜はですねぇ…」

古鷹「あ~お~ば~! 提督に余計な事言わないでよ~!///」

青葉「もぉ~、二人とも初心なんですから!」

古鷹「青葉の気が早すぎるのっ!///」

青葉「…因みにキスはしました?」

提督「キス? それは…」

古鷹「提督も言っちゃダメですぅ~!///」ダキッ

提督「うおっ!」ガタッ

ドシャーン

青葉「ひゃぁ、古鷹さんってば大胆!」パシャパシャ

衣笠「タチ悪いなぁこの姉は…」

古鷹「ごめんなさい提督…///」

提督「大丈夫大丈夫」

提督「…そうだ、みんな。折角の夏だし、鎮守府内でお祭りでもしようか!」

青葉「お祭り!?」

提督「ああ、屋台を開いたりしてさ。たまには良いだろ?」

青葉「おおー! なら早速広めましょう!」

提督「女提督も参加してくれよ?」

女提督「わ、私も!?」

提督「鎮守府を離れるまではここの一員だからな」

女提督「あ、ありがとうございます!」

提督「それと古鷹には確かあの時の浴衣が…」

加古「浴衣?」

古鷹「あー! まだ誰にも言ってなかったのに!///」

提督「そ、そうなのか?」

衣笠「えぇ~、可愛かったのにどうして…」

青葉「!」

古鷹「え?」

衣笠「…あ」

古鷹「…何で、衣笠が知って…」


衣笠「…って、青葉が…」

青葉「衣笠!?」

古鷹「…」

古鷹「あーおーばー!」

青葉「えー!?」

衣笠「…ごめん、青葉…」

加古「あはは! 人の事言えないなぁ衣笠も!」

青葉「ご、ごめんなさーい! でも浴衣を見たらすぐ帰りましたよ! 邪魔だと思って!」

古鷹「そういう問題じゃないの! もう…」

古鷹「大体ね、青葉はいつも…」ガミガミ

提督「まあまあ…古鷹もその辺で…」


衣笠「あらら、なんだか見た事あるような光景…」

加古「それくらい元に戻ってきたって事だよ、多分」

衣笠「それにしてもあの二人、相思相愛になってもまだまだ進展には時間がかかりそうだね…」

加古「んー、そう…かなぁ…?」

衣笠「え?」

加古「いや、よく分からないけどさ…吹っ切れたというか、提督と古鷹の間には今までの壁がなくなったというか…」

加古「…気持ちが届いたなら、あとはすぐだよ。きっと」

古鷹「じゃあ今度から気を付けてね!」

青葉「は~い…」

青葉「…では、次こそ皆さんにお祭りの事を伝えてきます!」

青葉「古鷹さんの浴衣の事はまた後で!」ビューン!

古鷹「あっ! もう…全然懲りてないなぁ…」

提督「…」クラッ

古鷹「!」ダキッ

提督「おっと…あぁ、ありがとう、古鷹…」

古鷹「…いえ、大丈夫ですか?」

提督「…ああ」

古鷹「…我慢しないでくださいね? …私が、支えてあげますから」

提督「…ありがとう」

古鷹「…いいえ♪」

提督「さて、お祭りの事を考えるのも良いが、取り敢えず間宮さんの所でも行くか!」

提督「いやー、こうも暑いとやる気も出ないしな!」ギュッ

古鷹「! はい!」ギュッ

スタスタ

衣笠「…確かに、加古の言う通りかもね…あーもう、暑いなら手を握らなくても良いのに! …なんて!」

加古「な? …あーあ、提督が兄になったら何してもらおうかなー!」

衣笠「もー、そんなんじゃまた古鷹に怒られるよー?」

提督「おーい、お前らも食べるかー!?」

衣笠「! 食べるー!」ビューン

加古「おぉ…速ぇ!?」

加古「ちょっ、待てってー!」


古鷹「…提督!」

提督「…なんだ?」

古鷹「…ちゃんと私の声、届いてますか!?」

提督「…ああ!」ニコッ

古鷹「えへへ♪」ニコッ



終わり

駄文でしたがここまで見てくださった方々、ありがとうございました!

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2017年08月10日 (木) 17:28:35   ID: hvKw4ExU

最高だ。

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom