【安価・コンマ】貴方のヒーローアカデミア Vol.5 (591)


世界人口の約八割が何らかの“個性”を持ち、超人社会となった現在!
“個性”を悪用する者を圧倒的な力で取り締まる『ヒーロー』という職業は憧れの存在となっていた!

これは貴方が安価とコンマで雄英高校でヒーローを目指す物語である。


前スレ1
【安価・コンマ】貴方のヒーローアカデミア
【安価・コンマ】貴方のヒーローアカデミア - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474540380/)

前スレ2
【安価・コンマ】貴方のヒーローアカデミア Vol.2
【安価・コンマ】貴方のヒーローアカデミア Vol.2 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474903467/)

前スレ3
【安価・コンマ】貴方のヒーローアカデミア Vol.3
【安価・コンマ】貴方のヒーローアカデミア Vol.3 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1475929413/)

前スレ4
【安価・コンマ】貴方のヒーローアカデミア Vol.4
【安価・コンマ】貴方のヒーローアカデミア Vol.4 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1476629360/)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1498572156


基本ルール説明 その1

基本判定
基本は能力値(体、知、心)+2桁コンマになります。

ただし、個性を用いた場合の行動は個性練度+対応能力値+2桁コンマとなり、個性がない場合とは大きな差となります。
例:オールマイト(全盛期)は体:100の個性連度:100なので基本200からスタートとなる


目標値、相手の達成値を倍上回ると大成功。3倍、4倍となるとどんどんいい結果になっていきます。

例:目標値30の料理を作る場合、30以上で成功、60で大成功、90で大々成功、120で……


逆に目標値の半分以下になると大失敗になります。

例:目標値30の料理を作る場合、29以下で失敗。14以下で大失敗。※大失敗以下はありません


基本ルール説明 その2
負傷について

貴方の物語にHPなどは存在しない。
あるのは負傷の段階だ。
それは、敵の攻撃を受けるたびに状態が変化する。

負傷は、敵との判定に敗北し、攻撃を受けると一つずつ段階が上がっていく。
※戦闘は攻撃防御に関わらずコンマ判定に勝った方がダメージを与える方式

最初の1段階目はかすり傷。頬が切れたり、膝をすりむいたり。戦闘に影響はない。
次の第2段階目は軽傷。  痛い一撃を受けた。痛みはあるが、戦闘に影響はない。
そして3段階目は重傷。  骨が折れたりして動きが鈍ったが、戦闘に影響はない。
次の4段階目は致命傷。  アバラが折れたり腹に穴が開くが、結局戦える。
最後の段階は戦闘不能。  戦闘続行不可能なほどの傷を受け、もう動けない。

戦闘不能になるまで行動に戦闘に影響は無いが、負傷を得るたびその段階一つにつき一度、コンマ判定を1回プラスできる。
4段階まで負傷していれば、最大4回のコンマ判定をプラスできる(1回の判定につぎこんでもいいし、わけてもいい)

ちなみに、通常の判定と同じく相手の達成値の倍を出せば負傷は一気に+2、3倍なら+3と相手が弱けれ一撃必殺も狙えるだろう。
逆に同じレベルの戦いだと少しずつ段階を踏んで行くことになる。

早い話ポイントの取り合いだと思えばいい。
先に相手を5段階目に追いこめば勝ちだ。

とはいえ、敵によっては重傷を受けた時点で敗北を認めたり逃走したりする者もいるだろう。
逆に戦闘不能になるまで戦いをやめない者もいる。

それは貴方にとっても同じこと。どこで戦いをやめにするかは貴方次第だ。


ただし、貴方や他一部の特別な者には第6段階の負傷状態が存在する。
戦闘不能に陥った時、貴方はそれを選択できる。
そのまま戦闘不能になるか、再び立ち上がり、戦った後『死』ぬかだ。
死の段階に入った者は、戦闘が終わると死ぬ。ただし、それ以上負傷の状態が増える事はない。
いかような攻撃を受けようと倒れることはなくなるのだ。

なぜならその時、貴方はすでに死んでいるのだから……!

さらにこの状態になった場合、負傷のコンマプラスは無制限に行える(最大+4までだが)
まさに最後の灯火だ。

戦闘不能を選ぶか、『死』を選ぶかは貴方次第だ。
信念の元に、その時がきたら選んで欲しい。
※『死』ぬのは肉体とは限らない。個性、精神。その時好きな死を選ぼう。


基本ルール説明 その3
プレッシャーについて

強大なヴィランが現われた際、相手の迫力により貴方の体が自由に動かなくなる可能性があります。
さらに戦闘中威圧のコマンドを選んだ場合、相手にプレッシャーを与えることが出来ます(心VS心のコンマ対決)

負傷と同じくプレッシャーにも段階があり、1段階ごとにコンマにマイナスがつきます。

1段階目:-10 体が震えるがまだ動く
2段階目:-20 足がすくんでいるが、まだなんとか
3段階目:-30 股間からジョバアしたかも
4段階目:-40 逃げ出してもおかしくほど恐怖を感じる
5段階目: 気絶 貴方の心は耐え切れなかった

プレッシャーはターンごとに相手の達成値を目標に心で抵抗(プレッシャーの影響なし)し、それを上回れば回復することが可能。
※最低1ターン(1行動)はマイナスの影響を受けます
※プレッシャーを受けない相手もいます 例:脳無、ロボット


成長に関して

成長の場合、コンマ判定を行いその能力値、個性練度以上の値が出ればその能力、個性が1アップする。
それ以下の場合だったとしても、次の成長判定にはその数値にコンマをプラスする。

基本成長は1ずつだが、ゾロ目が出て成長した場合はそのまま数字が累積する。
※能力値8で11を出した場合残りの3(+その後のコンマ)は次の9の成長に使える。さらにコンマ判定が20で合計23残っていた場合、9(残14)→10(残4)と一気に成長が可能となる。


・能力値の目安

01~10  3が一般人。5が雄英入学者平均 10で入学トップ
11~20  ※1へ
21~30  プロヒーローの仲間入り
31~40  中堅ヒーロー
41~50  トップヒーロー  ←エンデヴァーがここ(心:50)
51~60 
61~70
71~80
81~90
91~
100    規格外      ←全盛期オールマイトがここ(体:100)

※個性偏重社会の世界観を考えて個性有利の環境になってます。
 逆に言えば多少個性が劣っても能力がやばいと逆転が可能となります。
 例:脳無(パワー型80)やステイン、あと相澤先生(45)

 その中で圧倒的なのがオールマイトになります(現在弱体化で90)

※1
11~ 10年に一人の逸材とか言われる(なぜか毎年出るアレ)
15  間違いなくスカウトの目が留まる
16~ 相棒として活躍可能 成長すればひとり立ちも
20  学生(大学ふくむ)トップ 野球で言えばドラフトで全球団1位指名必至


・個性練度の目安

01~10 1桁前半は覚えたばかりの子供のようなもの。 ←初期デク
11~20 少し慣れてきた。20前後が雄英入学平均。
21~30 
31~40 35前後で入学トップ。           ←爆豪とか
41~50 50で高校トップ。
51~60 プロヒーローの仲間入り           ←Mt.レディココ
61~70 中堅ヒーロー                ←インゲニウム(天哉兄)とか
71~80 一流ヒーローの仲間入り
81~90 トップヒーローの仲間入り。ランク二桁。
91~   トップオブトップの世界。ランク一桁。    ←貴方ココ


・二つ合計の目安

 55~    相棒の人達
 70~    プロが視野に入る
   ~100 若手ヒーロー
101~    実力派と呼ばれる人達 ←プロ一本で食っていける
120~    一流ヒーロー     ←逆に露出が増える
   ~150 トップオブトップ
200~    規格外        ←全盛期オールマイト(弱体化で180、制限時間)



戦闘

1 個性で攻撃    貴方の個性練度+能力値(体、知、心)と相手の強さと対決
2 威圧する     相手にプレッシャー>>4 を与える 貴方の心と相手の心で対決
3 負傷の効果を使う >>3 コンマ判定回数を1回増やす 残り0回 行動消費はありません
4 練度上昇     周囲の物体を消費しパワーを上げる。『練度+1』するごとに『目標値+10』の制御判定 行動消費はありません
5 攻撃を受ける   防御に徹する。相手の達成値がどれほど高くとも負傷は+1しかされない
6 その他      逃げるや降参、弱点を探る、他思いついた事を選ぶ場合はこちら

貴方の負傷 □□□□□←戦闘不能
敵の負傷  □□□□□←戦闘不能

敵の行動。このレスのコンマ+敵の能力値


戦闘の処理は、貴方の行動と敵の行動が双方攻撃の場合、そのまま戦闘開始。
貴方が威圧する場合、威圧の結果→敵の行動(攻撃の場合は対応選択でコンマ)→敵が攻撃ではなく特殊の場合貴方の抵抗→結果を適応し、次のターンへになります

まとめると『貴方特殊処理(2や6選択)』→『双方の攻撃、防御のぶつかりあい、ダメージ』→『敵の特殊処理』という流れ。

貴方が攻撃せずとも、敵が攻撃してくればカウンターでダメージが与えられる可能性もあります。双方特殊の場合、真ん中の処理がなくなります。


好感度表(友人)

01~29で 知り合い
30~59で お友達
60~89で 親友
90 以上で 命をかけてもいいレベルと考えてください。


好感度表(ライバル)

01~29で 眼中に無い
30~59で 気になる
60~89で ライバル(認めた)
90 以上で 絶対負けたくない相手(それでも背中は預けられる)


好感度表(女の子 友人)

01~29で 知り合い
30~59で お友達
60~89で 気になる人
90 以上で 考えるだけでドキドキする

100オーバーは愛デス


評価表(先生)

 01~29で 一応、見こみある?
 30~59で 普通の生徒
 60~89で コイツは次代を担う有精卵だ
 90 以上で 金の卵どころじゃねぇ!
150~    いつでもプロになれるな


評価表(プロヒーロー)

 01~29で うん。学生だね
 30~59で 少し見こみある。成長すればサイドキックになるかも
 60~89で 今のウチに目をつけとく人材だ! スカウト、スカウトー!
 90~    将来の一流ヒーロー! 俺より才能あるんじゃね?
150~    もうプロでもやれるよ サイドキック(相棒)にならんかね?


合体連携について

好感度が80を超えると共闘時に合体、連携攻撃が行えるようになる。
二人の個性練度を合計し、どちらか代表の能力値を足してコンマ判定を行うことができる。

同じように好感度が80以上ある者がいれば、三人、四人と同時連携ができる。

好感度が100を超えた場合、彼等はより強固な連携がとれる。100を超えた者と連携する場合、100をオーバーした分が攻撃の達成値に加算せされる。

例:好感度120の人と連携する場合、二人の個性練度+代表の能力値さらに100を超えた分の20が加算される。

どうしても勝てない強敵でも、心を通じ合わせた仲間と力をあわせれば勝利できるという、これぞまさにジャンプ! なシステムである。


※お助けポイント
 1ポイント消費し、その数字をゾロ目だったということにしてさらにコンマの値をプラスする。
 1ポイント消費し、判定をやり直す(自分でなくてもよい)
 他なにか有利なこと(思いついたら追加)

 などに使えます。


前スレの事
>>1000ならデクとオールマイトの秘密を知る


反応安価

デク コンマ75
透  コンマ11
梅雨 コンマ20
常闇 コンマ05

ゾロ目がいるので四人全員描写します。


20:00~20:10までに来なければ今日はお休みと思ってくだしい



……昨日は本当に疲れてたみたいですね。22:00のつもりでいた。それに気づかないとは。無理せず正解だったようです。

今日はやるよー。
でも短いケロ(多分)


21:30ごろを待て



≪貴方が来た!≫



デクの場合

デク(……僕達は魔獣が闊歩する森を、全員で協力し、なんとか切り抜けてきた。全員ボロボロで、個性も限界ギリギリの人も多かった。流石プロヒーローが作り上げた試練だと、僕はちょっと方向性の違うところに驚嘆していた。でも、それ以上に驚愕させられたのは……)


合宿所につき、クラスメイトが全員ヘロヘロになっている中、先行した一人のクラスメイトは疲れはてた仲間にスポーツドリンクを配り歩いている。


デク(疲れなんてなさそうなその姿。でも、その人は僕が驚嘆した試験を作り上げたプロヒーローをふくめたプッシーキャット全員と相澤先生の五人を相手に訓練をしていた。下手をすれば僕達以上のハードトレーニング。なのに、彼は疲れを表に出さず、僕達を出迎えた……)


その事実をその少年は自分では語らなかった。指導をした一人が教えてくれたから、デク達はそれを知ることができた。

デク達がどれだけ疲れを隠そうとしても隠し切れない状態だというのに、彼はその匂いさえ感じさせなかった。


デク(かっちゃんが対抗して背筋を伸ばしているけど、膝が笑ってる。僕も、やせ我慢さえ出来ない。相澤先生が彼一人だけ別にするわけだ。これが、僕と『貴方』君との差……っ!)


ずっとずっと感じていたが、こうしてはっきり目に見える形で示されると愕然とするほどだった。


デク(でもっ!)


デクは思わず、拳を握った。心が震える。

それほどの差を見せつけられたにも関わらず、デクは諦めようと折れたりしなかった。

むしろ、心が奮い立つのを感じた!


デク(君は、本当に凄い! 凄いからこそ、君に追いつきたい! いや、追い抜きたいっ!)


そう思いながら、デクは貴方の差し出したスポーツドリンクに手を伸ばした。



デクの好感度がさらに+1されました。

好感度 229 +3 +1 = 233



葉隠 透


透(すっごいなー)


もの凄い特訓をさせられていたというのに、平気な顔をしてスポドリを配る貴方を見て、透は驚嘆を通り越して感心してしまった。

ついでにスポドリを渡された時、笑顔もむけられ、思わずぽーっとしそうになったけど、かぶりを振って頭から追い出す。


透(いけないいけない。しっかりしゃっきりしないと!)


毎回毎回、レベルが違うと思っていたが、今回はっきりとそれを見せ付けられてしまった。


透(いや、期末試験とか、他のところでもたくさん差は見せつけられたけどさ)


だが、今まではつねに同じ土俵を用意され、同じレベルにあわせてもらっていた。

今回は違う。ここのレベルにあわせ、それぞれにあわせたカリキュラムが用意されるという。

その中で、彼は一人飛びぬけていた。


透(そこで、自分とは関係ない。『貴方』とは同じことは出来ない。無理だなんて言い訳はダメだ! なぜなら、私も彼と肩を並べたいから!)


はっきり言えば、このままではその背中にさえ追いつけないと理解したのだ。

体育祭の時のように、重りにしかならないと、気づいたのだ。


透(だから、もっと頑張らないと!)


とはいえ彼女の個性はなにげにレベルが高い。相澤先生でさえその透明は見通せないし、無効化は出来ない。マッパになれば、それこそ貴方の視線以外に捕らえられるものはいなくなるほどだった。


透(ううん。だからこそ、もっと個性のレベルをあげる。そう、『貴方』がまた私を見失うくらいに! そうすればきっと、また見つけてくれるよね?)


自分がレベルアップすれば、自分を見つけるため振り向いてもらえる。

彼女はそう、結論づけた!


透(だから、負っけないぞー!)


いろんな意味で。そう。いろんな。



透の好感度がさらに+1されました。

好感度 142 +3 +1 = 146



蛙吹 梅雨


梅雨(ケロケロ。さすがね、『貴方』ちゃん。森に落ちていたとしても、あの瞬間移動で一瞬だったし、先生方にしごかれても平然としている。私達とは一段も二段も違うわ)


ピクシーボブから真実を知らされ、自分達との差をはっきりと認識させられた事に、梅雨は驚きより納得を感じていた。


梅雨(それに、先生はあえて『貴方』ちゃんを別行動にしたのね。私達が、彼に頼るふしがあったから)


圧倒的な力を持つ貴方。

森に落とされた時、一緒にいれば間違いなく全員が頼っただろう。

それこそ、一瞬で終わる方法を持っているのだから。

きっと、当然のように。


梅雨(そう。私達はいつの間にか、彼の力に頼る事を当然のように思っていた。彼にやってもらえばいいとか、彼一人がいればいいんじゃないかと思ってしまっていた)


彼女はその事実に気づき、愕然とする。

それは、ヒーローが抱いてはいけない感情。

自らの成長を閉ざす、魔法の言い訳。


梅雨(きっと先生は、ソレに思うことがあったから、彼を省いて、私達だけにしたんだわ。いつまでも、彼に頼れないということを、わからせるために……)


だが、それがわかったからこそ、自分達はさらに成長出来たと確信が出来た。

自分はヒーローを目指していると思い出した。


梅雨(そうよ。私達は頼り、守られるんじゃなく、共に肩を並べるヒーローなのだから。『貴方』ちゃんはずっとずっと前を歩いているけど、差は広がる一方かもしれないけど、私は諦めないわ)


疲れも見せず、スポーツドリンクを配って回る貴方の姿を、梅雨は見る。


梅雨(だから、先を歩いて待ってて。いつか必ず、その背中に追いつくから……)


ケロケロ。



梅雨の好感度がさらに+1されました。

好感度 124 +3 +1 = 128



常闇 踏陰


常闇(そのたたずまい。流石なり)


平然とスポーツドリンクを配り歩く貴方を見て、常闇は大きくうなずいた。

ピクシーボブに真実を知らされ、今の貴方の姿を確認して、特別あつかいも当然と思ったからだ。

それと同時に、常闇はそれを羨むでなく、悔しいと感じた。自分が不甲斐ないと思った。


常闇(……これでは、俺はお前の隣に並ぶ資格さえないな)


この差では、魂の友と名乗るのもおこがましいと思った。

友とは対等の存在同士にて成り立つもの。こうまで圧倒的な力の差があっては、師と弟子に等しいとさえ思ってしまう。

しかし、それも受け入れなければならない。


片やマントゥーファイブの特訓を受け平然と、片や森を抜けるのも一苦労かつボロボロ。

この差を、目をそむけずしっかりと認識し、認めなければならない。


常闇(……)


思い出す。体育祭のおり、個性は強いが、身体能力が追いついていないと評されたことを。

同じく強力な個性を持つ貴方は、個性だけでなく肉体も強い。

個性に胡坐をかかず、心身も鍛える。


それは、この合宿の目的でもあった……!


常闇(差は開く一方かもしれんが、それでも……っ!)


貴方の姿を見て、常闇は気合を入れ直すのだった。



梅雨の好感度がさらに+1されました。

好感度 133 +3 +1 = 137


ステータスが更新されました

『貴方』 雄英高校1-A所属

体 :30( 0) 中堅ヒーローも夢じゃない身体能力だ! この年齢で!
知 :28(16) 十分プロとして通用する知性と観察力だ!
心 :40(27) トップヒーローにも届きえる心の強さだ!!

個性:重力操作
   その名の通り、重力を操る個性。重力を中和し重いものを持ち上げたり、自身の体を浮かしたり他人を浮かしたり、重力を増加させ押しつぶしたり様々なことができる。重力を用いて障壁を張り守ることも可能である。
   重力を一点に収束させ、いかなるものも消滅させる『孔』を精製できるようになった。
   重力の力場を利用し、物体を断てる棒を作れるようになった。体を使い剣道の補正と同時に使えます
   ワームホールが開けるようになった。座標さえわかればワープ可能。

練度:103(79) 人類の最高峰。貴方は今までいなかった人類未踏の領域に足を踏み入れた!

弱点:発動のために疑似恒星を作らなければならないため、常にいくらかの質量を要求される

    擬似恒星はサイズに応じた黒い重力制御の球体が現われる。貴方の周りに漂います。
    小石ほどの重量があれば発動は可能。重いものがあればあるほどパワーを上げられるが、同時にそれも消費される。
    人間などの生き物を触媒にする場合、大きな抵抗がある(不可能ではない)

    余分に10キロの質量を消費すると練度をさらに+1することが出来る。消費した分プラスが可能。ただし、パワーをあげて個性を発動させると『心』での制御判定が必要となる。
    制御判定は上昇に使用した質量の重さを目標値にして『心』判定(+1の10キロなら目標値10)
    制御に失敗するとしばらく個性が使えなくなります。大失敗すると個性に飲まれて貴方が擬似恒星になってしまうかもしれません。
    使うとリスクに従い髪の色が黒く染まる。

到達点:『擬似時間停止』

    人類未踏の領域に足を踏み入れた貴方は、重力を操る事により、対象、もしくは空間に流れる時の流れを極限まで遅らせる事が可能となった。
    今はほんの一瞬だが、その無防備となった対象に対し、貴方は個性練度の値を倍にして攻撃する事が出来る。
    これは、練度上昇と同時に使う事も可能である。
    ただし、一度使用すると1ターン強制的に1プレッシャー状態>>4 となる(1ターン適応後自動解除)
    ※連続で使用するとこのリスクは累積する。5段階まで行くと自動的に気絶となるので連続使用は注意が必要である
    ちなみに、この停止時間は貴方の個性練度が100を超えた値秒間持続させる事が出来る(現在3秒)
    ワームホールとは違い出入り口のポイントを確認する必要がないため、視界内ならば一瞬で発動可能

性格:どうやら貴方はカブいて中二病的なところがありますが、強大な「力」を持つ者として恥ずかしくない行動を心がけねば、という自負もあるようです。

    でも心の奥底には変態が眠っているのかもしれません。
    礼儀正しく、「力」を持つ者として恥ずかしくない行動を心がけましょう。

目的:単純に自分の能力を使うことが好きで、もっと経験と研究を重ねて凄い事を起こしてみたい。それでヴィランでなくヒーローを選ぶのは、人への礼節を弁えているから

一人称:私

趣味:剣道   個性を使わずとも肉弾戦の判定にプラスが可能です 体+2
   天体観測 個性つながりで色々話題に出来ます

容姿:若白髪にメガネ、そして学ランの上から白衣を着ている(雄英では制服の上に白衣)

スーツ:白銀のフルプレートメイル。裏地に銀河の描かれた白マント

     貴方のスーツはとてつもなく重いようですね。個性を使わないとまともに動くことは出来ない重さです。
     負傷+1を1度だけ無効化できる
     周囲になにも無い場合、個性使用の触媒として使用可能。最大+5まで出来る。

両親:普通の人

財力:64 平均より少し上のご家庭

家族仲 : 94 家族仲は最高のようだ。
妹がいる:200 もう愛してるってレベルじゃない

中学校:68。貴方、すげぇぇぇぇ! 尊敬のまなざしで見られている。貴方は多くの生徒から尊敬されているようだ。

入試:仮想ヴィランp34 レスキューp101 お邪魔ギミック撃破 一般入試実技1位、筆記ほぼ満点で1位

個性把握テスト 前半4種192p 後半4種230p 合計422p 永久に超えるもののいない記録を出した

捕捉:絵が超上手い(101)。料理も美味い(73)。重力操作の恩恵か、透(透明人間)の姿を意識せず捉えることが出来る。

お助けポイント:18


友好関係

知人:飯田 天哉  好感度  98 親友よ 兄を、ありがとう!!      初期 29 分類 友
    緑谷 出久  好感度 233 貴方のためなら命も棄てられるほど   初期161 分類 友
    葉隠  透  好感度 146 その気持ちが恋であると気づいた    初期 50 分類 女友
    蛙吹 梅雨  好感度 128 考えるだけでドキドキするわ      初期 54 分類 女友
    爆豪 勝己  好感度 155 絶対に負けたくない相手No.2!!  初期 96 分類 ライバル
    麗日 お茶子 好感度 142 理想のグラビティや!         初期 92 分類 女友
    芦戸 三奈  好感度  72 言ってる事難しいけど、やるじゃん   初期 24 分類 女友
    瀬呂 範太  好感度 135 お前のためなら命をかけるぜ!     初期 81 分類 友
    砂糖 力道  好感度  59 常識人に、貴方の相手はきついようだ  初期 15 分類 友
    青山 優雅  好感度 105 君は、僕の永遠のライバルだ!     初期 61 分類 ライバル
    常闇 踏陰  好感度 137 命を預けられる相棒を得た!      初期 90 分類 友
    峰田  実  好感度  62 お前を利用すれば女の子に! 興味でた 初期 24 分類 友
    上鳴 電気  好感度  91 俺とお前は親友だぜ!         初期 63 分類 友
    八百万 百  好感度 278 貴方のようになりたい!        初期248 分類 女友
    耳朗 響香  好感度 114 もっと早く仲良くなりたかったな    初期 90 分類 女友
    障子 目蔵  好感度 103 面白い男だ。だが、信頼できる!    初期100 分類 友 
    切島 鋭児朗 好感度 147 すっげぇヤツだ。心の友だぜ!     初期144 分類 友
    轟  焦凍  好感度 101 お前の隣に必ず立つ!         初期 98 分類 ライバル
    尾白 猿夫  好感度 132 背中を預けられるほど信頼できる友だ  初期129 分類 友

B組 :物間 寧人  好感度 109 絶対に負けたくない相手だ!      初期100 分類 ライバル
    鉄哲 徹鐡  好感度  78 入試の時世話になりました!      初期 56 分類 友
    拳藤 一佳  好感度 156 入試で助けてくれたの彼だった!    初期140 分類 女友

サポ科:発目  明  好感度 153 料理褒められたー!※プロ並の腕    初期128 分類 女友

先生:相澤 消太  評価度 200 金の卵どころか既に孵ってやがる!    初期155 分類 先生

    オールマイト 評価度 122 コイツは次代を担う見事な金の有精卵だ! 初期 76 分類 先生
    13号     評価度  92 時代を担う金の卵に出会えるなんてね  初期 62 分類 先生

プロ:インゲニウム  評価度 154 もう彼はプロでもやっていけるレベルだ  初期149 分類 ヒーロー
   シンリンカムイ 評価度 147 サイドキックに欲しいくらいだ      初期147 分類 ヒーロー
   マンダレイ   評価度 189 この子、すでに私超えてない?      初期189 分類 ヒーロー
   ピクシーボブ  評価度 188 3年後が楽しみ。            初期188 分類 ヒーロー
   ラグドール   評価度  60 将来有望な子がいたもんだねっ!     初期 60 分類 ヒーロー
   虎       評価度  82 将来が楽しみな漢(おとこ)だ      初期 82 分類 ヒーロー

ヴィラン:???  興味 190 個性どころか君そのものが欲しい!    初期189 分類 ヴィラン



無事全員集合したところで、バスから各部屋に荷物を運び、夕食。その後入浴で就寝となり、本格的なスタートは明日からとなった。

プッシーキャッツが用意してくれた夕飯を皆で食す。

疲れの成果、一部のクラスメイトに変なテンションを発症する子も出たが、五臓六腑に染み渡る楽しい食事であった。


そして、入浴。お風呂の時間である。


峰田「まぁまぁ。飯とかはね、ぶっちゃけどうでもいいんすよ。求められてんのってそこじゃないんすよ。そのへんわかってるんすよ、オイラぁ……」


カポーンと銭湯特有の音を響かせつつ、峰田は一人女湯と男湯を隔てる壁の前に立っていた。


峰田「求められてるのは、この壁のむこうなんすよ……」

デク「一人でなに言ってんの峰田君……」


峰田が壁に耳を当てる。

壁のむこう側からは、かしましいクラスメイトの声が聞こえた。


峰田「ほら。いるんすよ。今日日、男女の入浴時間ズラさないなんて。事故。そう。もうコレは事故なんすよ」

ダンスィ達「……っ!!」

天哉「峰田君やめたまえ! 君のしている事は己も女性陣も貶める恥ずべき行為だ!」

峰田「やかましいんすよ。壁とはこえるためにある!! Plus Ultra!!」


個性を使い、峰田は壁に張り付きそれをこえようと……!


↓2 貴方行動選択

1:紳士な貴方は重力操作で登壁阻止! 阻止自動成功
2:男なら、こえねばならぬ壁がある! 行くぜ友よ! 貴方も一緒にPlus Ultraじゃぁ! 協力して壁のむこうへ
3:どうせ誰かが阻止してくれるでしょ。高みの見物
4:自由安価


選択 1 重力で阻止!


貴方「やれやれ」


呆れるのと同時に貴方は個性を発動させ、峰田にそれを向けた。


峰田「プルス、うると……っ!?」


びたっ! 頭の個性をもぎって壁を登っていた峰田の動きが止まる。

貴方の個性により、体重が何倍にもなってしまったのだ。


峰田「くっ……くぬぬぬぬ……」


必死に踏ん張るが、貴方と峰田では地力が違う。

そのまま重力には逆らえず、床にぽてりと落ちてしまった。


天哉「峰田君! ダメじゃないかー!」


落ちた峰田を、天哉が確保する。


虎「キャァッツッ!!」


さらに壁の隙間から、プッシーキャッツの武闘派担当。虎が降りてきた。

壁の間にいる壁番は、虎姐さんだったのだ(ちなみに姐さんの性別は元女性)


確保された峰田の前に、立つ。


虎「プルス、ウルトラ、したいんだって?」むんず。

峰田「~~っ!!?」顔面蒼白

虎「ならば我が、ウルトラさせてやろう」


貴方「……」

天哉「……」

デク「……」


みんな、連れてゆかれる峰田を拝み、見送った。

見送るしか、出来なかった。


この日、峰田クンはPlus Ultraしたそうな。


温泉シーン、終わり。


ちくしょう。これじゃサービスシーン入れられねぇ!

女湯の光景は各員のイマジネイションに任せるぜ!

かわりにお助けポイントを1ポイントあげとくから。許すがいいさ!


お助けポイント18→19



合宿と言えば寝る前に布団に転がっての夜会話も醍醐味!

しかし、初日の今日は貴方を除いて全員ヘロヘロ。とてもじゃないけど話せるような状況ではない。


貴方は濃厚な特訓を受けてもまだまだ余裕はあるが、他に起きている人は……


↓1 ゾロ目あり 補正なし

 01~99 ……いない。全員泥のように眠ってる
100~   ……いたっ! 誰か一人元気余ってた。コミュ、遭遇判定に移行

↓3~5 多数決 お助けp>>10 を使用するか する場合、『ゾロ目に』か『誰の振りなおし』かを 判断不能なのは安価下
現在値:19



コンマ 16 いない。全員泥のように眠ってる


みんな「zzz……」

敷かれた布団に転がり、皆泥のように眠っていた。

これでは恋バナもY談も出来ようもない。


先生方も明日の準備に忙しそうで、とてもじゃないが雑談しに行ける雰囲気ではなかった。

流石に明日からが本番ということもあり、これ以上体力を消耗するのもなんかと感じた貴方は、皆に習い寝る事にした。


翌日。合宿二日目。

朝五時半。今日から本格的な林間合宿のはじまりである!

朝日が昇ったばかりの中、皆体操着に着替え、外に集合していた。


相澤「本日から本格的に強化合宿をはじめる。今合宿の目的は全員の強化および、それによる仮免の所得。前回USJの件もある。話したとおり、警戒を強めたが、お前達だ立ち向かうための準備でもある。心して望むように」


爆豪が体力テストで使用されたのと同じボールを渡され、同じようにぶん投げた。

結果に、大きな伸びはなかった。


相澤「確かに君等は成長している。だがそれはあくまでも精神面や技術面。あとは多少の体力的な成長がメインで、個性そのものは今見たとおりそこまで成長していない。だから、今日から君等の個性を伸ばす。それが、この林間学校の主な目的だ……!」


というわけで、各々の個性を伸ばす、限界突破の訓練がはじまった!

少し遅れてやってきた、B組の面々が地獄絵図と評するほどの、地獄の特訓が。


貴方「ところで相澤先生」

相澤「ああ。言いたい事はわかる」


貴方は例外で、これ以上個性が伸ばしようのないところまできている。

ゆえに、昨日も言ったとおり、様々な経験をつませる。というのが今合宿のメインなわけだが、昨日色々相手してくれたプッシーキャッツは貴方以外の四十人の面倒も見なければならず、昨日同様の、濃厚な訓練は行えないのでは?

という疑問だった。


相澤「安心しろ。虎やラグドールは他の生徒につきっきりとなるが、ピクシーボブの土流とマンダレイのテレパスはきちんと機能するし、ちゃんとお前の相手も用意してある」


相澤が、合図を送る。


相澤「他にお前の相手をするヒーローを呼んでおいた」

貴方「他に人が来るんですか?」


ヴィランの襲撃を警戒し、この場所もギリギリまで公表しなかったというのに、そこにさらに人を呼ぶとは危険ではないか。


相澤「安心しろ。信頼の出来るヒーローだ。お前のためだと声をかけたら、二つ返事で駆けつけてくれたよ。むしろこれで対ヴィランも安心できるというわけだ」

貴方「信頼出来るヒーローですか」

相澤「そうだ。絶対と言ってもいいだろう」

貴方「ですが来る人が増えると、ヴィランに位置がばれやすくなるのでは?」

相澤「それに関してはお前は気にしなくていい。ある意味、ついでと言ってもいいからな」

貴方「ついで?」

相澤(そう。気にしなくていい。生徒であるお前達は特にな)


すると、広場に新たな人影が現われた。


相澤「紹介しよう……」


↓2 選択 現われたヒーローは?

1:インゲニウム
2:シンリンカムイ
3:両方! ※二人の評価が同時に上がりますが、夜起きていられるか(コミュ移行)判定が厳しくなります

※誰が来ても成長は全能力成長判定にかわりはありません。


選択 3 二人が来た!


姿を現したのは、インゲニウムとシンリンカムイだった。


インゲニウム「よっ」軽く敬礼するように、指二本を額にあて、ぴっと振る。

シンリンカムイ「また会ったな、少年」

貴方「インゲニウムさん。シンリンカムイさん」

相澤「二人共、今日はよろしく頼みます」

インゲニウム「そんなにかしこまらないでください。こうして力になれるなんて、またとない機会なんで」

シンリンカムイ「そんな。自分にそこまでかしこまらないでください」


にっと笑うインゲニウムに対し、シンリンカムイは先生としての礼を尽くし頭を下げる担任相澤に、思わず恐縮してしまったようだ。

ヒーロー教会からも信頼が厚く、貴方を知っているシンリンカムイと、貴方に命を救われたインゲニウム。

確かにこの二人ならば、その敵となることは決してない!


ちなみに、弟の天哉は個性であるエンジンのパワーアップのため外周を走り回っているからここにはすでにいない。


インゲニウム「昨日の虎さんが出来なかったシチュエーションを任せてもらう。ビシバシ行くから、覚悟しろ」

シンリンカムイ「こちらは直接攻撃系ではないが、それゆえの対応が出来る。先輩として、手は抜かぬぞ」

貴方「はいっ!」


こうして貴方はプロヒーローを相手に、昨日同様様々なシチュエーションで討伐、救助、捕縛、逃走。たまにはお茶と、濃厚な訓練を行う事となる。

さて、今日は……


↓1 ゾロ目あり (体30+知28+心40)÷3=32 +練度103 = 135

~180 流石の貴方もボロボロヘロヘロ。夜、 とてもじゃないけど起きていられません  評価+2
~200 クラスメイト達と同じくらいに疲れる。体判定成功で夜起きていられる余裕がある 評価+3
201~ 昨日と同じくまだまだ平気。     体判定なしで夜起きていられる      評価+4
220~ ヒーローが先に参った。220を超えた分ヒーローの評価があがる。 夜↑と同じ 評価+4さらに

↓3~5 多数決 お助けp>>10 を使用するか する場合、『ゾロ目に』か『誰の振りなおし』かを 判断不能なのは安価下
現在値:19

※どの結果でも全能力成長判定があります。



コンマ 04 +135 =139 流石に撃沈っ!


インゲニウム  評価+2 154 =156

シンリンカムイ 評価+2 147 =149


午後四時。


相澤「今日の特訓はひとまず終了だ。あとは、夕飯を食い、補習組は補習。他の者は休め」


相澤先生の号令と共に、場の空気から緊張が抜けてゆく。

流石の貴方も、二日連続の濃厚特訓に体力は持たなかった。

他の生徒と同じように、地面に手をつきもうダメさを現している。


インゲニウム(いや、初日もってた方がすげぇだろ。俺でも二日目ここまでついてこれるなんて無茶だぞ)

シンリンカムイ(さすが雄英。これほどまでの試練を課すとは。ここから巣立つヒーローが強いわけだ)


ヘロヘロのボロボロになった貴方を見て、それでもヒーローは感心する。


相澤(流石にヒーロー二人相手は厳しかったか)

デク(ちょっとだけ安心する僕がいる。『貴方』君もやっぱり人間だったんだなぁ)



ピクシーボブ「さあ、昨日言ったね。『世話を焼くのは今日だけ』って!」

ラグドール「己で食う飯くらい、己でつくれ!」


ぐったりする皆に対し、二人のキャットが言ってのける。

食材だけはどーんとテーブルに置かれ、ヘロヘロの生徒達に圧倒的な圧迫感を与えた。


天哉「確かに、災害など避難先で消耗した人々の腹と心を満たすのも救助の一環! 流石雄英。無駄がない! 世界一旨いカレーを作ろう、皆!」

相澤(飯田、便利だ)

インゲニウム(我が弟ながら、単純な)

シンリンカムイ(そうものなのか!?)


疲れをおしながらも皆で夕食を作り、食べ、風呂に入り、寝る!

もちろん今日の風呂は時間がずらされた。


流石の貴方も、今日はベッドに入った瞬間、深い深い眠りに落ちてしまった……


二日目、終了。


合宿の特訓で貴方は成長しました。

全能力がアップします。

↓1 体 現在30( 0) ゾロ目あり

↓2 知 現在28(16) ↑ゾロ目の場合、適応が終わるまで下に移動

↓3 心 現在40(27) ↑ゾロ目の場合、適応が終わるまで下に移動

↓4 個性 現在103(79) ↑ゾロ目の場合、適応が終わるまで下に移動

↓5 お助けポイントの使用する? イエスの場合のち多数決 ↑ゾロ目の場合、適応が終わるまで下に移動


だからなぜ成長でゾロ目が出るだ!

ゾロ目が出たので体が累積して成長します。


1コンマ 55 17 体30(0) →体30(72)→31(42)→32(11)

2コンマ 37 知28(16) →知29(0)

3コンマ 41 心40(27) →41(0)

4コンマ 53 個性103(79)→104(0)


に成長しました。

また個性が成長しとる……


二日目が終わったところで、今日は終わりまーす。

三日目も同じ訓練ですが、ヒーローがもう一人増やせます。


なので、それを安価して終わりにしましょう。


↓2~4 選択 コンマが一番高かった人 ゾロ目の場合は……

1:グラントリノ                デクに聞いて興味がわいた
2:エンデヴァー                轟に以下同文
3:ベストジーニスト              爆豪に……
4:他絶対味方と太鼓判押されたヒーローを一人


オールマイトも、一応アリでした。
今サラですね。お助けポイントはあげませんよ!


選択1 コンマ 89

選択2 コンマ 69

選択1 コンマ 73


一番高いのは1番、グラントリノなので三日目の特別講師はグラントリノです。


それでは、今日はコレくらいで。

そろそろラストイベントも近づいてきました。

貴方が無事合宿から帰れるかは、私にもわかりません。


では、またー。



21:30ごろにはじめるつもり!



変更されたステータス 簡易版

体 :30→32(11) ひょっとして中堅ヒーローですか? いいえ、学生です!!
知 :28→29( 0) 十分プロとして通用する知性と観察力だ!
心 :40→41( 0) トップヒーローと呼んでも差し支えない心の強さを持っている!

練度:103104( 0) 人類の最高峰。貴方は今までいなかった人類未踏の領域に足を踏み入れた!


評価変化
インゲニウム  154→156

シンリンカムイ 147→149



≪貴方が来た!≫



夜。崖の上。

皆が寝静まった夜の闇の中、そこでうごめく影があった。


???「うずく、うずくぞ……早く、行こうぜ」

???「まだ尚早。それに、派手な事はしなくていいって言ってなかった?」

弔「そうだ。もう少し待て。血狂いのマスキュラー。決行は、そろってからだ……」

黒霧「明日には、皆、そろうでしょう」

マスキュラー「そうかい。明日か。ワクワクがとまらねぇな」

弔「どれだけヒーローを集め、固めても無駄だ。俺達にはお前達の動きが手に取るようにわかるんだからな。今度こそ、潰してやるぞ、オールマイト。そして、ヒーローども……っ!」


小さくあかりが漏れる合宿所の光を見て、弔は冷たい瞳を輝かせた。

悪意が、近づいて来ている。


流石の貴方も、疲れ、泥のように眠った状態では、その存在に気づきようがなかった。



特別講師選択
選択 1 グラントリノ


夜が明け、合宿三日目がはじまった。


相澤「さて、貴方。今日も特別講師をお呼びしてある。これから、三人体制だ」

貴方「ハードですね」

相澤「ああ。ハードだ。だからこそ、お前はより成長する。……お願いします」


相澤が新しい講師を招いた。

姿を現したのは、杖をついた小柄な老人。


グラントリノ「お前さんが、デクの言っていたトンでもねぇ友達ってやつかい」

貴方「デク君が……?」

デク「グラントリノ!?」


その姿を見たデクが我(虎)ーズブートキャンプをやりながら驚きの声をあげた。


貴方はその名に聞き覚えがあった。

デクが職場体験で行った先のヒーローだ。

そこでみっちりと鍛え上げられ、見違えるようになって帰って来た(フルカウル9%→28%)


それが、グラントリノ!


デク「どうしてここに!?」

グラントリノ「お前があまりに凄い凄い言うもんだから、俺まで興味を持っちまったんだよ」

グラントリノ(なにより、あの俊典まで俺に頼んできたくらいだからな。どれほどのもんか、見たくもなるだろうて)


相澤(目にもとまらぬ古豪。グラントリノ。オールマイトさんからの推薦だが、気難しい人と聞いている。その人まで来てくれるとはな)


グラントリノ「さて、時間もねぇことだし、早速はじめようか。小僧。俺の指導は厳しいぜ。げーげー吐いても知らねぇからな」

貴方「望むところです!」


また、昨日とは違うタイプを交え、異なるシチュエーションでの様々な訓練がはじまった!


↓1 ゾロ目あり (体32+知29+心41)÷34= +練度104 = 138

~150 またダメだったよ。今日もボロボロヘロヘロ。    初期評価+20
~180 昨日よりはマシ。クラスメイトも同じ。疲れたね   初期評価+30
181~ 初日と同じくらい余裕がある。全然元気!      初期評価+50
200~ ヒーローが先に参った。200を超えた分評価UP! 初期評価+50さらに

↓3~5 多数決 お助けp>>10 を使用するか する場合、『ゾロ目に』か『誰の振りなおし』かを 判断不能なのは安価下
現在値:19

※どんな低くとも今日は肝を試せます。
※今回他のヒーローの評価は上がりません



多数決 お助けポイント使用 19→18


コンマ 06 がゾロ目になりました

↓1 ゾロ目あり (体32+知29+心41)÷34= +練度104 = 138 +06

~150 またダメだったよ。今日もボロボロヘロヘロ。    初期評価+20
~180 昨日よりはマシ。クラスメイトも同じ。疲れたね   初期評価+30
181~ 初日と同じくらい余裕がある。全然元気!      初期評価+50
200~ ヒーローが先に参った。200を超えた分評価UP! 初期評価+50さらに

↓3~5 多数決 お助けp>>10 を使用するか する場合、『ゾロ目に』か『誰の振りなおし』かを 判断不能なのは安価下
現在値:18

だからなんでそんな両極端なの!?


コンマ 06 97 +138 = 241 ヒーロー達が先に参った


午後四時。


相澤「今日もこれで終了だ! あとは、昨日と同じく夕飯。その後、レクリエーションの肝試しを行うぞ」


相澤の号令で今日の合宿もひとまず終わりを告げた。

今日も皆が安堵と共に力を抜く。


グラントリノ「……」

貴方「あ、今日はもう終わりですね」


終わりの号令を聞き、貴方は力を抜いた。

その表情にはかなり余裕がある。


グラントリノ「ぜぇー、ぜぇー」

インゲニウム「はぁ。はぁ。ふー」

シンリンカムイ「……」(声を出す余裕もない)


グラントリノ(俺達はもう限界だってのに、まだ余裕があるってのかこの小僧は! 三人を相手に、完全に上回りやがった! トンでもねえ逸材だ。俊典が気にかけて欲しいと言うのも当然だぜ)

インゲニウム(や、やっと終わったっ……!)

シンリンカムイ(さ、流石『貴方』! これは、負けてられぬ!)


様々な状況で問答無用にプロが襲いきたり、それを捕まえたりしたというのに、貴方にはまだ余裕があった。

むしろ、相手をするプロヒーロー三人の方がもう限界だった。


相澤「……三日目。しかも三人を相手にここまで出来るようになるとは、成長の早さがとんでもないな」

監督していた相澤が呆れたように呟く。


インゲニウム「私達はとんでもないヒーローを育てているのかもしれません」

グラントリノ「まったくだぜ」


↓1 グラントリノ ゾロ目あり 初期評価補正+50 +41


評価表(プロヒーロー)

 01~29で うん。学生だね
 30~59で 少し見こみある。成長すればいいサイドキックになるかも
 60~89で 今のウチに目をつけとく人材だ! 将来が楽しみな男だ
 90~    将来の一流ヒーロー! 俺より才能あるんじゃね?
120~    もうプロでもやれるな。サイドキックに募集しようかな
150~    ……すでに、自分超えてるね。

↓3~5 多数決 お助けp>>10 を使用するか する場合、『ドレを』を『ゾロ目に』か『振りなおし』かを 判断不能なのは安価下
現在値:18



グラントリノ コンマ 64 +91 =155 ……すでに、自分を超えてるな

評価 155


グラントリノ「……こりゃ、俺も限界を超えて相手してやらにゃ太刀打ちできんな。アイツは間違いなく俺より強えぇ」


仲間と共に夕飯を作る貴方を見て、老人は思わずそう呟いた。


グラントリノ「くくっ。こんな老体をもう一度ワクワクさせるとは、こりゃ、俊典以来だぜ……! ヤツは。次代の平和を背負って立つ、ワンフォーオールと双璧をなすヒーローになるヤツだ!」


ワクワクが止まらないと言うように、笑う。

その表情は、昔、オールマイトをしごいた情熱を取り戻したかのようだった……!


貴方「……?」


ぶるるっと背筋が震える貴方なのでした。


グラントリノからの評価が155に決まりました。


合宿の特訓で貴方は成長しました。


全能力がアップします。

↓1 体 現在32(11) ゾロ目あり

↓2 知 現在29( 0) ↑ゾロ目の場合、適応が終わるまで下に移動

↓3 心 現在41( 0) ↑ゾロ目の場合、適応が終わるまで下に移動

↓4 個性 現在104(0) ↑ゾロ目の場合、適応が終わるまで下に移動

↓5~7 多数決 お助けポイントの使用する? 使うか使わないかを ↑ゾロ目の場合、適応が終わるまで下に移動
現在値:18

※今回が最後の成長の可能性があります。あくまで予定だけど。



どれかにお助けポイントは使うかね?

↓1~3 多数決 ゾロ目にするか、しないかを どこをは後で。
現在値:18


多数決によりお助けポイントを使用しゾロ目に変更

どこを?


↓3 番号を選択してください。複数化。やっぱやめも可。


1コンマ 18 体32(11)のところ →32(29)予定

2コンマ 47 知29( 0)のところ →30( 0)予定

3コンマ 26 心41( 0)のところ →41(26)予定

4コンマ 41 個性104(0)のところ→104(41)予定


一ヶ所につき1ポイント消費されます(最大4ポイント)
現在18ポイント

その後ゾロ目になったのを再判定するですよ。



選択 やっぱりやめる。 ゾロ目にするのは基本再判定です。


貴方は

1コンマ 18 体32(11) →体32(29)

2コンマ 47 知29( 0) →知30(0)

3コンマ 26 心41( 0) →心41(26)

4コンマ 41 個性104(0)→個性104(41)

に成長しました。


最後に夜の肝試しのパートナー安価を出して今日は終わろうと思います。


↓1から 多数決 先に3票入った人。


クラスメイトの中から一人選択してください

 1 緑谷出久
 2 麗日お茶子
 3 轟焦凍
 4 峰田実
 5 八百万百
 6 上鳴電気
 7 障子目蔵
 8 芦戸三奈
 9 尾白猿夫
10 砂糖力道
11 爆豪勝己
12 飯田天哉
13 蛙吹梅雨
14 切島鋭児朗
15 常闇踏陰
16 耳朗響香
17 瀬呂範太
18 青山優雅
19 葉隠透
20 口田甲司
21 なんと一人ッ!!


多分この組み合わせでラストイベント開始の幕開けに立ち会うことになるでしょう。

その時一緒にいる人を選ぶと言っても過言ではありません。ぶっちゃけけっこう危険かも。貴方一人ももちろん危険。


選択は慎重に。とは口にしますが、正直『おp』がこんだけあるのでなんとでもなるでしょう。
なので好きな人を選んでください!

だから誰が選ばれても恨みっこはなしだかんね!


安価投げっぱなしで今日は終わりー。


多数決 1 デク が選択されました


でも今日はお休みです。



21:40ごろ再開しようと思うの。

今日はコンマ、安価少な目になりそうです。


ステータスが更新されました

『貴方』 雄英高校1-A所属

体 :32(29) ひょっとして中堅ヒーローですか? いいえ、学生です!!
知 :30( 0) 十分プロとして通用する知性と観察力だ!
心 :41(26) トップヒーローと呼んでも差し支えない心の強さを持っている!

個性:重力操作
   その名の通り、重力を操る個性。重力を中和し重いものを持ち上げたり、自身の体を浮かしたり他人を浮かしたり、重力を増加させ押しつぶしたり様々なことができる。重力を用いて障壁を張り守ることも可能である。
   重力を一点に収束させ、いかなるものも消滅させる『孔』を精製できるようになった。
   重力の力場を利用し、物体を断てる棒を作れるようになった。体を使い剣道の補正と同時に使えます
   ワームホールが開けるようになった。座標さえわかればワープ可能。

練度:104(41) 人類の最高峰。貴方は今までいなかった人類未踏の領域に足を踏み入れた!

弱点:発動のために疑似恒星を作らなければならないため、常にいくらかの質量を要求される

    擬似恒星はサイズに応じた黒い重力制御の球体が現われる。貴方の周りに漂います。
    小石ほどの重量があれば発動は可能。重いものがあればあるほどパワーを上げられるが、同時にそれも消費される。
    人間などの生き物を触媒にする場合、大きな抵抗がある(不可能ではない)

    余分に10キロの質量を消費すると練度をさらに+1することが出来る。消費した分プラスが可能。ただし、パワーをあげて個性を発動させると『心』での制御判定が必要となる。
    制御判定は上昇に使用した質量の重さを目標値にして『心』判定(+1の10キロなら目標値10)
    制御に失敗するとしばらく個性が使えなくなります。大失敗すると個性に飲まれて貴方が擬似恒星になってしまうかもしれません。
    使うとリスクに従い髪の色が黒く染まる。

到達点:『擬似時間停止』

    人類未踏の領域に足を踏み入れた貴方は、重力を操る事により、対象、もしくは空間に流れる時の流れを極限まで遅らせる事が可能となった。
    今はほんの一瞬だが、その無防備となった対象に対し、貴方は個性練度の値を倍にして攻撃する事が出来る。
    これは、練度上昇と同時に使う事も可能である。
    ただし、一度使用すると1ターン強制的に1プレッシャー状態>>4 となる(1ターン適応後自動解除)
    ※連続で使用するとこのリスクは累積する。5段階まで行くと自動的に気絶となるので連続使用は注意が必要である
    ちなみに、この停止時間は貴方の個性練度が100を超えた値秒間持続させる事が出来る(現在4秒)
    ワームホールとは違い出入り口のポイントを確認する必要がないため、視界内ならば一瞬で発動可能

性格:どうやら貴方はカブいて中二病的なところがありますが、強大な「力」を持つ者として恥ずかしくない行動を心がけねば、という自負もあるようです。

    でも心の奥底には変態が眠っているのかもしれません。
    礼儀正しく、「力」を持つ者として恥ずかしくない行動を心がけましょう。

目的:単純に自分の能力を使うことが好きで、もっと経験と研究を重ねて凄い事を起こしてみたい。それでヴィランでなくヒーローを選ぶのは、人への礼節を弁えているから

一人称:私

趣味:剣道   個性を使わずとも肉弾戦の判定にプラスが可能です 体+2
   天体観測 個性つながりで色々話題に出来ます

容姿:若白髪にメガネ、そして学ランの上から白衣を着ている(雄英では制服の上に白衣)

スーツ:白銀のフルプレートメイル。裏地に銀河の描かれた白マント

     貴方のスーツはとてつもなく重いようですね。個性を使わないとまともに動くことは出来ない重さです。
     負傷+1を1度だけ無効化できる
     周囲になにも無い場合、個性使用の触媒として使用可能。最大+5まで出来る。

両親:普通の人

財力:64 平均より少し上のご家庭

家族仲 : 94 家族仲は最高のようだ。
妹がいる:200 もう愛してるってレベルじゃない

中学校:68。貴方、すげぇぇぇぇ! 尊敬のまなざしで見られている。貴方は多くの生徒から尊敬されているようだ。

入試:仮想ヴィランp34 レスキューp101 お邪魔ギミック撃破 一般入試実技1位、筆記ほぼ満点で1位

個性把握テスト 前半4種192p 後半4種230p 合計422p 永久に超えるもののいない記録を出した

捕捉:絵が超上手い(101)。料理も美味い(73)。重力操作の恩恵か、透(透明人間)の姿を意識せず捉えることが出来る。

お助けポイント:18


友好関係

知人:飯田 天哉  好感度  98 親友よ 兄を、ありがとう!!      初期 29 分類 友
    緑谷 出久  好感度 233 貴方のためなら命も棄てられるほど   初期161 分類 友
    葉隠  透  好感度 146 その気持ちが恋であると気づいた    初期 50 分類 女友
    蛙吹 梅雨  好感度 128 考えるだけでドキドキするわ      初期 54 分類 女友
    爆豪 勝己  好感度 155 絶対に負けたくない相手No.2!!  初期 96 分類 ライバル
    麗日 お茶子 好感度 142 理想のグラビティや!         初期 92 分類 女友
    芦戸 三奈  好感度  72 言ってる事難しいけど、やるじゃん   初期 24 分類 女友
    瀬呂 範太  好感度 135 お前のためなら命をかけるぜ!     初期 81 分類 友
    砂糖 力道  好感度  59 常識人に、貴方の相手はきついようだ  初期 15 分類 友
    青山 優雅  好感度 105 君は、僕の永遠のライバルだ!     初期 61 分類 ライバル
    常闇 踏陰  好感度 137 命を預けられる相棒を得た!      初期 90 分類 友
    峰田  実  好感度  62 お前を利用すれば女の子に! 興味でた 初期 24 分類 友
    上鳴 電気  好感度  91 俺とお前は親友だぜ!         初期 63 分類 友
    八百万 百  好感度 278 貴方のようになりたい!        初期248 分類 女友
    耳朗 響香  好感度 114 もっと早く仲良くなりたかったな    初期 90 分類 女友
    障子 目蔵  好感度 103 面白い男だ。だが、信頼できる!    初期100 分類 友 
    切島 鋭児朗 好感度 147 すっげぇヤツだ。心の友だぜ!     初期144 分類 友
    轟  焦凍  好感度 101 お前の隣に必ず立つ!         初期 98 分類 ライバル
    尾白 猿夫  好感度 132 背中を預けられるほど信頼できる友だ  初期129 分類 友

B組 :物間 寧人  好感度 109 絶対に負けたくない相手だ!      初期100 分類 ライバル
    鉄哲 徹鐡  好感度  78 入試の時世話になりました!      初期 56 分類 友
    拳藤 一佳  好感度 156 入試で助けてくれたの彼だった!    初期140 分類 女友

サポ科:発目  明  好感度 153 料理褒められたー!※プロ並の腕    初期128 分類 女友

先生:相澤 消太  評価度 200 金の卵どころか既に孵ってやがる!    初期155 分類 先生

    オールマイト 評価度 122 コイツは次代を担う見事な金の有精卵だ! 初期 76 分類 先生
    13号     評価度  92 時代を担う金の卵に出会えるなんてね  初期 62 分類 先生

プロ:インゲニウム  評価度 156 もう彼はプロでもやっていけるレベルだ  初期149 分類 ヒーロー
   シンリンカムイ 評価度 149 サイドキックに欲しいくらいだ      初期147 分類 ヒーロー
   マンダレイ   評価度 189 この子、すでに私超えてない?      初期189 分類 ヒーロー
   ピクシーボブ  評価度 188 3年後が楽しみ。            初期188 分類 ヒーロー
   ラグドール   評価度  60 将来有望な子がいたもんだねっ!     初期 60 分類 ヒーロー
   虎       評価度  82 将来が楽しみな漢(おとこ)だ      初期 82 分類 ヒーロー
   グラントリノ  評価度 155 こいつ、俺より強くね? 俊典以上か…… 初期155 分類 ヒーロー

ヴィラン:???  興味 190 個性どころか君そのものが欲しい!    初期189 分類 ヴィラン



≪貴方が来た!≫

多数決 1 デク が選択されました。


回想

今日の昼間。


ピクシーボブ「皆! 今日の晩はねぇ、クラス対抗肝試し決行するよ! しっかり訓練したあとは、しっかり楽しいことがある! ザ! 飴とムチ!」

訓練中、唐突にピクシーボブが宣言してきた。

ピクシーボブ「というわけで、今は全力で励むのだぁ!!」


というわけなので、全力で励んだ後、肝を試す時間がやってきた。

ちなみに、補習組も参加可能である。

貴方にひっぱられ、頑張ったらしい。


クラス対抗の肝試しということで、B組が先に脅かし役をやり、次A組が。という流れである。

創意工夫でより多くの人数を失禁させたクラスが勝者なのだ!


鉄哲「クラス対抗……!」

物間「A組と対抗ってのが気に入った」

鉄哲「せっかくだ、『貴方』さんを盛大に驚かしてやろう!」

物間「いや、それって……いや、いいな。最高だね。やってやろう!」

鉄哲「おう。物間もやる気か!」

物間(当たり前じゃないか。ヤツにほえ面かかせられるんだ。鉄哲も乗り気だし。コレに乗らなきゃ損だろ!)


物間は勝利を確信したように、はははと笑った。


拳藤(……なんつーか、相変わらず無謀な奴等だよ)


B組が、脅かすため森に散らばる!



一方。


天哉「兄さん達は肝試しには?」

インゲニウム「すまないな、天哉。俺達はやる事があるんでな」

天哉「そうですか」しゅん。

インゲニウム「そう残念がるな。お前は仲間とこの合宿を楽しめばいい。それが、学生の本分だ」

天哉「はいっ!」


天哉と別れ、歩き出した。


グラントリノ「さて、いくかい」

シンリンカムイ「夜、慣れてきた三日目。あるなら、そろそろですね」

グラントリノ「ああ。俺達も気合を入れないとな」

インゲニウム「そうだ、グラントリノ、これを」


インゲニウムがボタンのついたスイッチのようなものを渡す。


グラントリノ「なんだこれは?」

インゲニウム「ヴィランを発見したら押してください。電波、光、音、その他あらゆる方法でそこに異変があった事を知らせる装置です。すぐに援軍が駆けつけてくれるでしょう」

グラントリノ「へえ。便利になったもんだな」

インゲニウム「はい」

グラントリノ「さあ、行こうか」

シンリンカムイ「はいっ!」


後輩を守るため、先輩ヒーローは警護として歩き出した。



B組の準備も整い、あとはA組が肝を試すだけとなった。


補習組の参加も叶ったのはいいが、貴方をふくめてクラスは21人。二人一組となると、一人あぶれることになるが……


ピクシーボブ「ねこねこねこ。なんならおねーさんが加わってあげようか?」

みんな「……」

マンダレイ「……」


一人余ると聞き、ピクシーボブがぴょこっと出てきた。

その狙いは、明らかにある人にあるのがそのある人に好意を持つ者達にははっきりわかった。


マンダレイ「ピクシーボブ、さすがにそれは……」

ピクシーボブ「ダメ?」

マンダレイ「……さすがに、ね」

ピクシーボブ「ダメ?」

マンダレイ「……だから」

ピクシーボブ「ダメ?」

マンダレイ「ダメ」

ピクシーボブ「ねこねこねこ。じょーだんじょーだん」


そう言い、ピクシーボブはその場から去って行った。


みんな(目が、マジだった……!)


結局余った人は一人ということで、クジを引くことになった。

当然、貴方との好感度が高い子達は、貴方とペアになりたいと願い、クジを引く。


結果……!


デク「僕だ! ……ってえぇぇぇ!? 僕ぅ!?」


ひいたデクが一番驚いていた。

そして、周囲から突き刺さる羨望の眼差しに思わず身を小さくしてしまう。


しかし、クジはクジ。皆羨ましそうに見るが、変われとの言葉は口にしなかった。


爆豪「尻尾、変われ」(轟とペア)

峰田「青山、オイラと変わっておくれよ」(青山は八百万とペア)

尾白「俺は、なんなの……?」(峰田と)


むしろ原作どおり峰田とペアになった尾白君が心に傷を追っていた(パートナーにはお前じゃない方がいいと言われ、他ペアと交換しろと言われ)

ちなみに余ったのが誰かはあえて決めないでおこうと思う。


こうして、三日目夜の肝試しがはじまった……!



肝試し開始から約10分後。


すでに何人かの生徒は森に入り、B組のしかけた脅かしの洗礼を受けていた。

轟と爆豪はその仕掛けに「お」となり、耳朗は下から現われたそれに思わず目潰しをかましてしまった。

悲鳴と絶叫。そして笑い声が森の中に響き渡る。


そしてついに、デクと貴方のペアの番となった。


デク「つつつつつ、次は、僕達の番だね」

貴方「落ち着いてください。命をとられるわけではないのですから」

と言いつつ、貴方は……?


↓2 選択 コンマでやると間違いなく怖くないになるので、ここはあえて安価だ!

1:実はオバケ怖い ささやかな弱点発覚
2:オバケはまったく。真に怖いのは人です ただし、びっくりしないわけじゃない
3:オバケも人も怖くない。こういうので怖がる、驚くのがまったく理解できない。
4:自由安価 オバケや肝試しに関する反応、対応の仕方を



選択 2 全然怖くない


……平然としていた。


貴方「正直、人間の方がよっぽど怖いですよね。なので、驚かされるという点では楽しみです」


とはいえ、重力を操れる貴方からすれば、その動きも手にとるようにわかってしまうのだが。

よほど巧妙に隠され、不意をつかれない限り、驚くことも無いだろう。


デク「あ、あはは。さすがだね」

貴方「ですから、怖いというのなら、手を繋ぎましょうか?」

デク「い、いや。僕はいいや……」


???「じっ」


貴方の伸ばした手を向けられた自分に感じる視線──しかも複数から──を感じ取ったデクは、冷や汗をかいて断った。

手を伸ばして握りたいとは思ったが、生来の内気さと、男同士で手を繋ぐなんてというのもあいまって、その手をとることは出来なかった。


デク「と、ともかく行こうか!」

貴方「そうですね」


デクの言葉にうなずき、貴方とデクは、肝を試すため、森の中へ足を踏み入れるのだった……



その、同時刻……

※ここからしばらく貴方の出番はなくなります。ご了承下さい



弔「さあ、時間だ……」

黒霧「参りましょう」


黒霧の出したワープゲートを通り、彼等は崖の上からある地点へと跳ぶ。

そこは、この合宿所の警備の穴。

罠もヒーローもいない、攻めるには絶好の場所だった。


この場に集まった死枯木弔、黒霧、脳無、マスキュラー(筋肉)、マグネ(オカマ)、マスタード(ガス)、ムーンフィッシュ(歯)、コンプレックス(手品師)がそれを通り、その地点へとむかう。

そこから、自由に狩りをはじめるのだ。


あの日、USJで出来なかったことを改めて成すために……!



合宿所からほどよく離れた森の中。

そこに彼等は現われた。

森の隙間から、1年の合宿所の光がちらちらと見える。


マグネ「今日は肝試ししてるのね。いいわぁ。青春ねぇ」

マスキュラー「それが、ぶち壊される。さいっこうだな」

弔「全部は殺すな。オールマイトへの人質に使うのだから」

マグネ「わかってるわよ」

ムーンフィッシュ「肉。肉。お仕事……」

マスタード「本当に、ここ、見張りがいないみた……」


インゲニウム「……あ」ばったり。


弔「あ?」


インゲニウム「ヴィランはっけーん!」

直後インゲニウムは、手にしたスイッチを連打した。乱打した!


マスキュラー「おい、おかしいだろ。どうしてここにヒーローがいる!」

マグネ「ここは穴だったんじゃないの、リーダー?」

弔「バカ、な。ここにヒーローがいるなんて聞いていないぞ……!」


その弔も、驚きを隠せない。

情報では、ここは警備の穴だったはずだ!


ムーンフィッシュ「どうでも、いい。肉。肉!」

黒霧「そうです。相手は一人。まだ……」


インゲニウム「……いいや、もう遅いね」


きらりっ。

空から、流星が光った。


どぉん!


まるで隕石でも落ちたかのような音が、ヴィラン達とヒーロー達の間に落ちる。


大きな土煙が舞い上がり、一瞬互いの視界を塞ぐ。


ゴゴゴッ。

なにか圧力が、その落下したモノから感じられる。

そこで、なにかがゆっくりと動いている。


弔「まさ、か……」


そう。


オールマイト「私が、来た!」


舞い上がった土煙の中から現われたのは、オールマイトだった!



マスキュラー「はっ。ははは。オールマイト。ちょうどいいじゃねえか。最終目標がいきなりやってきてくれたんだ。手間が省けただろ。俺はな、お前と一度やりあってみたいと思っていたんだよ!」

一人のヴィランが飛び出す。

血狂いマスキュラー。
皮下におさまらないほどの筋繊維で力と速さを増強する、筋肉増強の個性を持つヴィラン。

オールマイトの持っていたオールフォーワンと同じく、パワー型の個性である。


マスキュラー「この、俺があぁぁ!」

ボコボコとふくらみ、巨大な筋肉の塊となったそれが、オールマイトへ突撃する。

オールマイト「……」


迫るマスキュラーに対し、オールマイトはゆっくりと拳を握った。

マスキュラーの個性、筋肉増強対オールマイトのワンフォーオール。


↓1 ゾロ目あり ワンフォーオールの一撃! 体90+ ワンフォーオール90 最終達成値1.9倍(90%)
~200以下  マスキュラーの一撃を軽々と受け止めた
201~300 マスキュラーにカウンター 重傷
301~    マスキュラー、地面に突き刺さり、戦闘不能!
400~    マスキュラー、星になる。どこかの山に突き刺さり、再起不能。

↓3~5 多数決 お助けp>>10 を使用するか する場合、『ゾロ目に』か『誰の振りなおし』かを 判断不能なのは安価下
現在値:18


コンマ 94+180×1.9= 520 マジで地形が変わりかねない一撃


ゴッ!!


光が、走った。


木々をなぎ倒し、烈風が吹き、マスキュラーが飛ぶ。

地面から発せられた流星は、そのまま小高くなった丘へ突き刺さる。


マスキュラー「……」

そこに、小さなクレーターを生み再起不能となったヴィランが突き刺さっている。

この男は、もう二度と大きな口を叩かないだろう。

自分では絶対に勝てぬ圧倒的な存在を心に刻まれてしまったから……


マスタード「い、一撃……!?」

弔「オールマイトぉっ!」

その圧倒的な一撃に、力なきヴィランは怯えさえ感じ、死枯木弔は苛立ちを覚えた。


ヴィラン連合の前に現われたのは、まさに平和の象徴そのものだった!


マスタード「こ、こうなったら……!」

この場にいる最年少と思われる、マスタードと呼ばれる少年ヴィランが個性を発動させた。

ガスを生み出し、視界を塞ぎ、さらに催眠や麻痺などを与えることが出来る。

これを使い、目の前の怪物から逃げようと……


グラントリノ「逸んなよ。大人しくしていた方が身のためだぜ」


パカンッ!

綺麗に顔面に入った蹴りが、ガスマスクの上からマスタードの脳を揺らし、気絶させる。


黒霧「これは……っ!」

ワープ能力の黒霧。こちらも同じく動き出そうと……


インゲニウム「そうはさせん!」


だが、ソレが逆に隙となった。

インゲニウムの一撃が腹に決まり、黒霧の意識はそのままロストする。


シンリンカムイ「残りは、我が! 先制必縛、ウルシ鎖牢!!」


そして、怪しいそぶりの無かったヴィランをまとめてシンリンカムイのウルシさろうが捕らえる。

伸びた木が、死枯木弔、マグネ、コンプレックス、ソードフィッシュ、脳無を捕らえる。


マグネ「他にもヒーローが!?」


ソードフィッシュ「肉っ、おしご……っ」

歯を伸ばそうとしたソードフィッシュであったが、それもオールマイトがあっさりと沈めた。


コンプレックス「囲まれている!?」


オールマイト「我々とて、いつも後手に回っているわけではない!」

根津「そうさ。君達は引っかかったんだよ!」

オールマイト「私の背中から、出た!」


言ったとおり、オールマイトの背中から、雄英高校校長、根津がひょこっと姿を現した。


根津「ここにヒーローが来た理由は簡単な話さ。発見したらすぐ来れるよう、準備していた。それだけのことだよ……」



某所


マウントレディ「……ちゃんと目標のポイントにいけたかしら!」

心配そうに空を見上げるのは、10メートルをはるかに超える巨大な体を持つマウントレディだった。

彼女の巨体と強大なパワー。それに人が乗れるほど巨大な槍投げ機の補助を得て、そのパワーをさらに踏み台にし、オールマイトはその場所へすっ飛んできたというわけである!

これにより、オールマイトとその背中にいた者は誰よりも早くこの現場に到着し、ヴィラン達の前に立ちはだかった!


コンプレックス「そんな、原始的なっ……!」


無茶苦茶である。しかし、着地の衝撃をものともしない頑強なオールマイトならば、空を飛ぶのと同じ理屈で現場に急行できる!


弔「だが、なぜ、こんなにも速い……!」


まるで、ここにくるのがわかっていたかのようだ。


根津「ここは候補の一つだよ。オールマイトと私は、離れた場所に待機し、どこが襲われても対処出来るようにしておいたのさ。君達は、子供達を囮になど使わないと侮っていたようだね。だから、見事におびき寄せられた!」

弔「なん、だと……?」

根津「そう。我々は、我々の中に裏切り者がいるという可能性を考慮していた。だから、罠をかけたんだよ。私が先生達に渡した警備情報。その一つ一つを、微妙に変えてね!」

弔「っ!」


それは、スパイをあぶりだすのに使われる、最も初歩的な方法。

与える情報を制限し、人に応じて与える情報を変えておくというものだった。


根津「だから、裏切り者がもたらしたその情報で、穴だと思ったところにもちゃんと警備もヒーローもいたのさ。警戒した場所に来るのだから、君達が見つかるのも当然だろう!」

弔「くっ……!」


裏切り者を警戒するということで、教師同士でさえ警備の情報を共有させなかったのもそういう理由からだった。


スパイが二人以上いればむしろ行幸だ。

なぜなら、それが罠だと看過されるからだ。そうなれば、この合宿中に襲撃はなくなっただろう。

それを逆に利用しようとしても、根津以外この警備の全貌を知るものはいない。
それさえ掌の上かもしれないと疑わざるを得なくなるからだ。

ヴィラン連合のリーダーは無謀な作戦を立てるかもしれないが、その黒幕は罠に飛びませるる愚か者ではないと、ヒーローは彼等を分析しているからだ。

だが、来た。ならば答えは……



根津「そして、この場所に君達が攻めてきたということは、その穴を記してあった情報を持つ者。それが、君達の仲間。我々の裏切り者ということ!」


ちなみに、二日目貴方が起きていて、ヴィランの監視に気づいていた場合、一人で特攻せず相澤に意見を求めていれば、この作戦のことは知らされていただろう。
そして、裏切り者をあぶりだすまで待て。と言われ、今日に至っていたはずだ


当然ながらその裏切り者は、根津からの連絡により、他の先生によってすでに確保されている(誰かは不明のままあいまいにしておくYO)

裏切り者が判明した。すなわち、それ以外の先生は……!


ずどん。
ずどんっ!


エクトプラズム「頑強なのは、オールマイトだけではない」

スナイプ「我等も、来た」

プレゼントマイク「いや、俺は、流石に無理……DAZE……」腰おさえ


裏切り者を確保し、次々とヒーローがマウントカタパルトにて到着する。


コンプレックス「これ以上、ヒーローが増えたら!」

シンリンカムイの木を脳無がぶち破っても、前と同じく援軍が来ても、これでは勝ち目がない!


根津「いつも一方的に襲撃をかけるのが君達側だけだとは思わないことだね! 二度目の襲撃を許すほど、我々は甘くないよ! USJで使ったもう一つのワープも対策済みだ。君達に、逃げ場はない!」

オールマイト「語ってもらうぞ。どこに、ヤツが隠れているのか! 確保ー!」


合図と共に、ヒーローが飛びかかった。


弔「くそおぉぉ!」


いくら精鋭を集めたといえども、オールマイトをふくめた百戦錬磨のヒーロー達が束になってかかれば、少数のヴィラン連合などに勝ち目などはなかった!


弔「終わりだと……? ふざけるな。はじまったばかりだってのに。正義だの平和だの、あやふやなもんでフタされたこの掃き溜めを、ぶっ壊す……そのためにオールマイトを取り除く。仲間も集まりはじめた。ふざけるな。これからなんだよ。だってのに……っ!」


死枯木弔は思い出す。

???『誰も、助けてくれなかったね。辛かったね。「ヒーローが」「そのうちヒーローが」皆そうやって君を見ないふりしたんだね。一体誰が、こんな世の中にしてしまったんだろう?』

それは、出会いの時。

???『君は、悪くない』



???「そう。君は、悪くない。弔」


弔「っ!?」

オールマイト「っ!」


???「もう大丈夫。僕が、いる」


その場に突然、一人の男が現われた。

その男を、オールマイトは知っている。


オールマイト「やはり、生きていたか……っ! 『オールフォーワン』!」


そこに現われたのは、すべての黒幕。オールフォーワンだった!



ヴィラン連合アジト


これは、オールフォーワンが現場に現われる少し前のことである。


ドクター「……やはり、こうなったか」

どこからともなく死枯木弔達ヴィラン連合の動向を見ていた老人が呟いた。

???「そうだね。ドクター。計算どおりだ」

ドクター「ああ。計算どおりよの。オールフォーワン」

オールフォーワン(以下AFO)「弔は本当にいい仕事をしてくれた。これで、僕の望みは叶う」

ドクター「では、行くのかね?」

AFO「ああ。行ってくるよ。次に会う時は……」

ドクター「うむ。次に会う時を楽しみにしとるよ」

AFO「歓迎会の準備をしておいておくれ」


男はそう告げると、その場からばしゃりと汚い泥のようなものを残し、消えた。


再び、カメラは肝試しの方へと戻る。



貴方とデクが肝試しで森に入り、すぐ。

ヴィラン連合とインゲニウムの邂逅があった直後。


肝試しの待機場所。

相澤の持つ通信機に、異変を知らせる合図が鳴った。


相澤(……どうやら罠にかかったようだな)


その合図は、ヴィラン連合が現われ、護衛のヒーロー達が発見、戦闘を開始したというものだった。


どぉん。

遠くで花火のような音が響いた。


ピピッ。

情報が更新される。


オールマイトが到着し、判明した裏切り者が確保されたという情報だった。


となれば、続々その場にヒーローが集結してくる。

数の面でも、オールマイトをふくめたヒーローに負ける要素は無い。


相澤「マンダレイ」

マンダレイ「なんだい?」


念には念を入れ、相澤はこのレクリエーションを中止させることにした。

生徒を集め、自分とB組担任のブラド。さらにプッシーキャッツで生徒の守りを固めるのだ。


マンダレイ『みんな! 森にヴィラン襲来! 警護のヒーローと交戦中よ。大事をとって皆、直ちに最初の集合場所へ引き返して頂戴! 万一会敵しても交戦せず撤退を!』

集合場所とは、今いるこの待機所のことだ。

指示に、近くにいた肝試し待機組の者がざわついたが、中止に文句を言うものは誰もいなかった。

その可能性は、ありえると示されていたからだ。


近くにいた生徒達が、森から姿を現す。入り口付近に待機していたB組生徒や、出口に近かった者達だ。


相澤(中間地点にはラグドールがいる。彼女の個性なら生徒の居場所も把握できるから、逃げ遅れている者を保護してこちらにむかってきてくれるだろう)

続々集まってくる生徒を確認しながら、彼はそう思った。


相澤「あとは、オールマイトさんが奴等を撃退するだけか……」


校長の考えた作戦は、順調である。


相澤(だというのに、なんだ、この言いようの無い胸騒ぎは! 皆、早く戻って来い!)


森の道は約15分かかる行程だ。

近い者はもう戻ってきている。誰もが本気を出せば、2、3分もかからず戻ってこれるはずだ。


だというのに……



そのころ。貴方。


貴方「……」

デク「……」


マンダレイ『みんな! 森にヴィラン襲来! 警護のヒーローと交戦中よ。大事をとって皆、直ちに最初の集合場所へ引き返して頂戴! 万一会敵しても交戦せず撤退を!』

これは、そう、マンダレイのテレパスが頭に響いた直後。


???「やあ。君が、『貴方』君だね……?」


森の道を歩く貴方とデクの前に、一人の男が現われた。

唐突に。貴方達を狙ったように、道を前から歩いてきた。


それは、肝試しの仕掛けではない。誰かのいたずらでもない。

それは、明らかに……!


貴方(なんだ、こいつは……)

デク(まさ、か……)


肝試しで恐怖するものはないと言っていた貴方だというのに、それを目の前にして、肌が総毛立つのを感じた。

同時にデクも、その雰囲気だけで、それがなんなのか、理解した。

体の内側に流れるその個性が、その存在がなにか、教えてくれたのだろう。


オールマイト『君はいつか、巨悪と対決しなければならないかもしれん』


かつて言われた、オールマイトの言葉がデクの中を駆け巡った。

デク(嘘だろ、オールマイト。こんな、唐突に。予兆も無く……!)


???「はじめまして。僕が、オールフォーワン。君を、いや、君の体を、迎えに来た」

スーツに不吉な仮面にも見えるマスクをつけた男がゆっくりと貴方を指差す。


貴方「っ!?」

デク「!!?」


そこに現われたのもまた、オールフォーワンその人だった!


今日はここまでー。


コンマ、安価ほとんどなくてもうしわけないだ。

次回から、ラストイベントに入ります。

さて、貴方の体はどうなるんでしょう?


……あ、ワンフォーオールとオールフォーワン間違ってるところがある。

オールマイトがオールフォーワンもってちゃダメでしょ。


お助けポイント上げますから見逃してねっ!

お助けポイント18→19


ふー。指摘される前に気づいたからノーカンだな。
……正直、たまにこんがらがるよね?


名前えぇぇぇぇぇぇ!

変換ミスとかッが多くて似てるってのはわかるけど、ソードフィッシュってなんなん? なんでカジキになっちゃったの? 自分でもわかりません。

なので詫びポイントじゃぁ!

お助けポイント 19→20

こんな事なら自己申告しないでもう少し待ってからにしとけばよかったよ。


今日はお休みなのん。



……ぶっちゃけずっとコンプレックスだと思ってました(ぼそっ



21:30~40ごろはじめたい所存。



≪貴方が来た!≫



ヒーローVSヴィラン


現われたオールフォーワンの力により、シンリンカムイの木は破られ、自由になったヴィラン連合とヒーロー達の戦いは混乱と激闘を極めていた。


脳無がそのパワーに任せ暴れ、弔は触れるもの全てを朽ちさせようとする。

しかし、多勢に無勢。続々と到着するヒーロー達の前に、ヴィラン連合は改めて一人。また一人と捕らえられてゆく。


その中で、オールマイトとオールフォーワンは他者が手出しできないほどの激しい戦いを繰り広げていた。


オールマイトの振るう拳の一撃が木々をなぎ倒し、オールフォーワンの一撃が大地を穿つ。

まきこまれればヒーローとてひとたまりも無い竜巻と噴火がぶつかり合うかのような戦い。


双方衰えたとはいえ、一人たりとも寄せつけぬ、圧倒的な戦いだった。


幾度もぶつかりあった結果、オールマイトの額から血が滴り、オールフォーワンの腕は一本折れていた。


オールマイト「これで、終わりだあぁぁぁ!」

AFO「そっくりそのまま、お返ししてやろう!」


二人の渾身の一撃がぶつかりあう。


結果は……


↓1 ゾロ目あり 限界突破のワンフォーオール! 体90+ ワンフォーオール90 最終達成値2.2倍(120%)



オールフォーワン すべての個性を発動! 420 +このレスのコンマ


オールマイト勝利で勝利
オールマイト敗北でオールマイト致命傷(もう一回攻撃可能)


↓3~5 多数決 お助けp>>10 を使用するか する場合、『ゾロ目に』か『誰の振りなおし』かを 判断不能なのは安価下
現在値:20


オールフォーワン コンマ29 +420      =449

オールマイト コンマ100 34 +180 = ×2.2 = 690! 本気も本気。とんでもねぇ数値出しおった


勝者、オールマイト!


交差する二つの影。


ずしゃぁ。

一人の男が、倒れる。


互角の戦いを制し、立っていたのはオールマイトだった。

勝利を確信し、額の血を拭う。


オールマイト「終わりだ。オールフォーワン!」


AFO「ふふっ。ははは」


オールマイト「なにが、おかしい!」

AFO「ここまで計画通りだと、笑いが止まらないというものさ」

オールマイト「なに?」

AFO「計画は、成った。君達一流に名を連ねるヒーローはここに足止めされた。すべては計画通り。この場にいる者はすべて、捨て駒に過ぎない。この僕も、そこの弔もね」


弔「っ!?」

その声を聞いた弔が、目を大きく見開いた。


弔「それは、どういうことだ、先生。先生は、俺を助けにきたんじゃ……?」


捕らえられ、地面に組み伏せられた弔がわけがわからないと聞き返す。


AFO「君は、本当によくやってくれたよ。弔。でも、君はもう、いらないんだ」


倒れたオールフォーワンは、淡々と語る。


AFO「本当に、本当によくやったよ。最後の最後まで、僕の期待に応え、この場にヒーローを足止めする役を全うしてくれた。おかげで、僕は新しい体を手に入れられる」

弔「なにを言っているんだ! わかるように言ってくれ!」

AFO「理解できないんじゃない。理解したくないんだね。でも、わかっているはずだよ。弔。僕はもう、君に用は無い。君はもう、必要ないと、言っているんだ」

弔「っ!?」

ショックの余り、彼は開いた目を、さらに大きく見開く。


弔「なにを、なぜ……? 先生は、俺を、悪の……」

AFO「ああ。言ったね。君は新たな僕になれると。それはね、そのままの意味なのさ」

弔「っ!!?」



AFO「将来、新たなカリスマとして君は僕の跡を継いで立つはずだった。そうなった君の体を、僕は奪うつもりだった。そう。君は、僕の体と、地位のスペアだったんだよ! その体を奪われるために、僕に育てられていたのさ!」


弔「……おれ、は……うそだ……」

唖然と、うつろな目でオールフォーワンを見る。


彼は思い出す。

あの時差し伸べてくれた手を。

差し伸べなかった者達を。
その者達がなぜ手を差し伸べなかったのか、わかった。

ヒーローが来なかったからじゃない。
無責任に見捨てたからじゃない。

すべては、すべてはっ……!


AFO「そう。君は結局、悪に弄ばれたんだよ! 真の邪悪を、見破れなかったのさ! 残念だ。あぁ残念だ。親に教わらなかったかね? 見知らぬ人についていってはいけないと。そういえば、君の親は、血縁は、誰もいなかったんだっけ。僕が、消したから!」

弔「……っ!」


死柄木弔。本名。志村転狐。それは、オールフォーワンに殺された、先代ワンフォーオールの孫。


AFO「残念だね。本当に残念だね! 全てに見捨てられたと勘違いする、君みたいな空っぽの悪い子は、こうも容易く本当の悪に騙される。格好の餌食にされる! 君は本当に、僕をよく楽しませてくれた!」

オールフォーワンの言葉は止まらない。
なぜか、誰にも止められない!

AFO「君がヒーローを憎み、のたうちまわる姿は、実に滑稽だった。それでも、僕の期待に答え、順調に成長してくれてはいた。だが、君を超える逸材が現われてしまった。だからね、弔」

ゆっくりと、男は最後の言葉を口にする。


AFO「君はもう、いらないんだよ」


弔「あっ……あっ、あぁぁぁぁぁ!!」


声にならない、声が漏れた。

彼はもう、なにも考えられない。


だってそうだろう。信じていたものすべてに、裏切られたのだから……!


弔の心が、折れた。

ヒーローに拘束されたまま、がくりと頭をたれる。

目は光を失い、ただ、ぶつぶつと言葉にならないなにかを呟き続ける。


オールマイト「オールフォーワン、貴様っ!」


AFO「やはり、人が壊れるサマを見るのは気分がいい。ここまで育ったモノを、ボロボロに壊す。トランプタワーを崩すより、快感だ。これぞ、育成者の醍醐味。そうは思わんか?」

オールマイト「この、外道が!」

AFO「おっと。茶番はもう終わりだよ、オールマイト」




ずずぅん。




肝試しをしている森で、大きな音があがった。


オールマイト「っ!?」

ヒーロー達「!?」


AFO「もう、遅いんだよ、オールマイト。この僕は、本物の僕じゃぁない。一つを二つにする個性があってね。そのおかげで、僕はここではないところに、もう一つ存在することが可能になった」

オールマイト「な、に……?」

AFO「真の目標がなにか、君にもわかっただろう? 次君と会う時は、新しい姿だ。君達が後継を育て、新たなワンフォーオールを作った事は、大いに僕を刺激してくれたよ。おかげで、体を変えるという発想にたどりつけた……これは、君達のおかげと言ってもいいだろう……」

オールマイト「そんなこと、させるも……」

AFO「残念だが、時間切れだ……」


オールフォーワンは、どろりと、崩れた。

残るのは、泥のような物体だけ……


根津「なんてことだ! ヤツの狙いは……」

インゲニウム「間違いない。彼です!」


オールフォーワンに踊らされる結果となったヒーローは、慌ててそちらへ向かうことにした!

彼等が現場に到着した時、そこで目にしたのは……



時は、少しだけ戻る。


貴方とデクが、もう一人の。本物のオールフォーワンと邂逅した直後のことだ。


デク(ただ、道を塞ぐようにして立っているだけなのに、どうしてこんなに、恐ろしいと感じるんだ!)


まだ目の前にいるヴィラン。オールフォーワンはなにもしていない。

だというのにデクの膝はガクガクと震え、恐怖が止まらなかった。

一瞬、視線をこちらに向けられただけで、死んだとさえ錯覚するほどだった。


デク(恐ろしい。オールマイトは、こんな怪物を相手に、命をかけて戦っているのか……!)


それほどに恐ろしいナニカがそこにいる。

目をそらし、安堵を得ることさえ出来ず、ただただ、その動きに注目するしか出来ない。

まるで蛇に睨まれた蛙のように、指一本さえうごかせなかった……!


AFO「さて……」


オールフォーワンがゆっくりと動き出す。

貴方に指を向けたまま……


AFO「最初に謝っておこう。君の体と僕の体を取り替える個性というのは見つけられなかった。だが、かわりに、体を奪う個性なら、あったんだ」


貴方「っ!?」

その一言で、貴方はオールフォーワンの目的がなんなのかわかった。理解した!


AFO「だから、その体は、僕のものだ……」


その指が、貴方に伸びたのがわかった!


問答無用である。

小ざかしい言い訳も説明も無い。目的のためだけに、最短でそれは放たれた!


貴方は……


↓1 貴方 恐怖判定 ゾロ目あり 心41
↓2 デク 恐怖判定 ゾロ目あり 心12

   ~40 AFOの圧倒的な威圧感に足がすくみ、まったく行動できない 行動不能
 41~60 股間からジョバアしそうになりながらも、必死に動く。体がかたい。次判定にマイナス30
 61~80 なんとか動けるが、足がすくみ判定にマイナス20の修正がくる
 81~99 恐怖を振り払い、行動可能! それでも完調でなく、マイナス10の修正が!
100~   恐怖を完全に振り払い、修正なしで行動可能!

↓4~6 多数決 お助けp>>10 を使用するか する場合、『誰のをゾロ目に』か『誰の振りなおし』かを 判断不能なのは安価下
現在値:20

※デクが行動可能な場合、連携で、放たれた『簒奪者の一撃』に対抗できます(双方のマイナスもつく)


お助けポイント使用 貴方をゾロ目に 20→19


貴方 コンマ 07

デク コンマ 42 +心12


デク 64 なんとか動けるが、足がすくみ判定にマイナス20の修正がくる


↓1 貴方 恐怖判定 ゾロ目あり 心41 +7

   ~40 AFOの圧倒的な威圧感に足がすくみ、まったく行動できない 行動不能
 41~60 股間からジョバアしそうになりながらも、必死に動く。体がかたい。次判定にマイナス30
 61~80 なんとか動けるが、足がすくみ判定にマイナス20の修正がくる
 81~99 恐怖を振り払い、行動可能! それでも完調でなく、マイナス10の修正が!
100~   恐怖を完全に振り払い、修正なしで行動可能!

↓4~6 多数決 お助けp>>10 を使用するか する場合、『誰のをゾロ目に※1』か『誰の振りなおし』かを 判断不能なのは安価下
現在値:19

※デクが行動可能な場合、連携で、放たれた『簒奪者の一撃』に対抗できます(双方のマイナスもつく)
※1 デクに追加判定を行わせる事も可能。その場合『デクをゾロ目に』『二人ともソロ目に(2ポイント使用)』とお書き下さい


4~6 多数決、お助けポイント使用

お助けポイント使用 デクをゾロ目に 19→18


貴方 コンマ7 53 +心41 = 101 恐怖を完全に振り払い、修正なしで行動可能!


↓1 デク 恐怖判定 ゾロ目あり 心12 +42 =63

   ~40 AFOの圧倒的な威圧感に足がすくみ、まったく行動できない 行動不能
 41~60 股間からジョバアしそうになりながらも、必死に動く。体がかたい。次判定にマイナス30
 61~80 なんとか動けるが、足がすくみ判定にマイナス20の修正がくる
 81~99 恐怖を振り払い、行動可能! それでも完調でなく、マイナス10の修正が!
100~   恐怖を完全に振り払い、修正なしで行動可能!

↓3~5 多数決 お助けp>>10 を使用するか する場合、『誰のをゾロ目に』か『誰の振りなおし』かを 判断不能なのは安価下
現在値:18

※デクが行動可能な場合、連携で、放たれた『簒奪者の一撃』に対抗できます(双方のマイナスもつく)



……おかしい。私の頭の計算機、おかしい。しかも連続で間違えてるし。
デクの数字は足して54ですね。

なのでちゃんとお支払いするよ! お助けポイントさぁ! 18→19 せっかく、減ったのに……

安価下が一杯でわかりにくいので改めて


↓2~4 多数決 デクのコンマをゾロ目にする?

デク現在 54 なんとか動けるが、足がすくみ判定にマイナス20の修正がくる

現在値:19

54はマイナス30だよ


>>198 ……ほんまや。なにを見てるんだ私は。

とりあえず、このゾロ目は消費なしじゃよ新一。


↓1 デク 恐怖判定 ゾロ目あり 心12 +42 +04 =58

   ~40 AFOの圧倒的な威圧感に足がすくみ、まったく行動できない 行動不能
 41~60 股間からジョバアしそうになりながらも、必死に動く。体がかたい。次判定にマイナス30
 61~80 なんとか動けるが、足がすくみ判定にマイナス20の修正がくる
 81~99 恐怖を振り払い、行動可能! それでも完調でなく、マイナス10の修正が!
100~   恐怖を完全に振り払い、修正なしで行動可能!

↓3~5 多数決 お助けp>>10 を使用するか する場合、『誰のをゾロ目に』か『誰の振りなおし』かを 判断不能なのは安価下
現在値:19

※デクが行動可能な場合、連携で、放たれた『簒奪者の一撃』に対抗できます(双方のマイナスもつく)

軒並み低い。デク君マジでオールフォーワン怖いんですね。

多数決、ゾロ目しない


貴方 コンマ7 53 +心41 = 101 恐怖を完全に振り払い、修正なしで行動可能!

デク コンマ42 04 10 +心12 = 68 なんとか動けるが、足がすくみ判定にマイナス20の修正がくる


貴方は圧倒的な恐怖を放つそれを前にしても、臆することなくその一撃に対処しようと動く事が出来た!


デク(怖い、怖い、怖い、怖い)

迫り来る死のイメージが、デクの動きを縛り上げる。

体だけでなく、心も折れそうなほど、震えているのがわかった。


デク(でも、でもっ……!)


隣で狙われている友人を、親友を、デクは放っておくことなど出来なかった!

怖くとも体を動す!


足を震わせながらも、貴方にあわせ、拳を握る!


貴方とデクは、力をあわせ、貴方に迫る一撃を……


↓1 抵抗判定! ゾロ目あり 心41+ 貴方個性104 デク個性+35 +デク好感度補正133 -プレッシャー20 ワンフォーオール発動(デクの修正値と↓1コンマが+10%される)- =308+コンマ(+10%)

~180 なすすべもない。しかし、決死のデクが貴方の間に割り込み、貴方の身代わりとなった。※3
~420 割り込もうとするデクを防ぐことは出来たが、なすすべはなかった。貴方は体を奪われた。
421~ 貴方達神がかる。オールフォーワンの放った『簒奪者の一撃』を退けた!

↓3~5 多数決 『擬似時間停止』※2を使用するか またはお助けp>>10 を使用するか する場合、『ゾロ目に』か『誰の振りなおし』かを 判断不能なのは安価下 ※1
現在値:19

※1『擬似時間停止』を使用してゾロ目にというのもありよ
※2擬似時間停止を使用した場合、個性が2倍(208)になりますが、>>4プレッシャー1を受け次の判定の達成値が-10されます
※3貴方単体達成値180以下の場合、決死のデクが貴方の間に割り込み、身代わりとなります
※4ちなみに体を奪われてもゲームオーバーではありません。復活は王道。しばらく貴方インオールフォーワンが猛威をふるうことになるけど。


多数決 ゾロ目 お助けポイント 19→18

コンマ 17(10%)=19 +308 = 327


↓1 抵抗判定! ゾロ目あり 補正327+コンマ(+10%)

~180 なすすべもない。しかし、決死のデクが貴方の間に割り込み、貴方の身代わりとなった。※3
~420 割り込もうとするデクを防ぐことは出来たが、なすすべはなかった。貴方は体を奪われた。
421~ 貴方達神がかる。オールフォーワンの放った『簒奪者の一撃』を退けた!

↓3~5 多数決 『擬似時間停止』※2を使用するか またはお助けp>>10 を使用するか する場合、『ゾロ目に』か『誰の振りなおし』かを 判断不能なのは安価下 ※1
現在値:18


※1『擬似時間停止』を使用してゾロ目にというのもありよ
※2擬似時間停止を使用した場合、個性が2倍(208)になりますが、>>4プレッシャー1を受け次の判定の達成値が-10されます
※3貴方単体達成値180以下の場合、決死のデクが貴方の間に割り込み、身代わりとなります
※4ちなみに体を奪われてもゲームオーバーではありません。復活は王道。しばらく貴方インオールフォーワンが猛威をふるうことになるけど。


コンマ 97(10%)=107 +327 =434 二人の力で退けた!


バチィン!

細長く尖った指先が貴方に迫った。

だが、それを貴方とデクは、はじき、退ける!


AFO「な、に?」


はじめて、オールフォーワンに戸惑いの表情が生まれた。


ここまですべて計算どおりだった。

あのオールマイトさえ出し抜いた。

だというのに……


AFO「ここで阻まれるというのは本当に予想外だよ。さすが、僕の見込んだ体。その君の隣に、後継もいるんだ。一度の失敗も当然というものか……」


はじかれた指先の行方を見て、オールフォーワンは呟いた。

デクを見て、その動きを認識して、それがなんの恩恵であるかも理解したのだ。

そこにいたデクこそが、宿敵の後継者であると……!


そして、納得する。

この一撃が、何故防がれたのかを!


AFO「まさか、ここで立ちはだかるとは。これもまた、宿命かね。オールマイトの後継。いや、ワンフォーオール」

デク「……」

貴方「……っ!」


後継という言葉を聞いた瞬間。貴方の中で様々なものが繋がったのを感じた。

が、自分の中だけで納得している場合ではない。


貴方「……ワンフォーオール。なんですかそれは?」


なので、あえて、聞く!


AFO「ふふっ。誰か聡い者が気づき、援軍が来る事を期待しているね?」

貴方「っ!」

AFO「残念だが、君が期待するオールマイトやプロヒーローは来ない。弔達にかかりきりになっているからね。万一弔達を最速で片付けたとしても、あそこには僕がいる」

デク「……ぼ、く?」


僕がいる。その言葉の意味は、その個性を知らない者にはわからないものだった。

しかし、対象を二倍にするという個性があるという事実を知っていれば、その答えは即座に出ることだった。


そう。本来この場にいるかもしれなかったトゥワイスというヴィランの個性。それを、この男は所有しているのだ!

オールマイト達の前に現われたのも、ここにいるのも、どちらもオールフォーワンなのである!


AFO「とてもじゃないが、ヒーローは間に合わない。一撃当たれば、僕の目的は達成される。つまり、君達の抵抗は無駄な努力というわけだ」


貴方「無駄でなんか、あるわけがないでしょう。そうでないことを、証明してさしあげます!」


決戦に入ります。

の、前に。



確かにヴィラン連合と激突しているオールマイトをふくめたヒーロー達は間に合わないでしょう。

しかし、近くにはクラスメイトも、B組の子等もいるはずです。

その彼等が、貴方達の異変に気づき、待機所に戻らず、助けに来るかもしれません。

逃げろと言われたのに、先生の言葉を無視し、近づくたびに強くなる恐怖を跳ね除け、貴方を助けに来る子が。


貴方のために命も賭けてやってくる子は、いるのでしょうか?


↓1 ゾロ目あり 勇気と友情判定 友情と恐怖で相殺し修正なし

   ~49 恐怖に打ち勝てた友人は誰もいなかった。
 50~59 好感度100を超えた子が一人来た
 60~69 好感度100を超えた子が二人来た
 70~79 好感度100を超えた子が3人来た!
 80~89 好感度100を超えた子が4人!
 90~99 好感度100を超えた子が5人!
100~   みんな神がかった! クラスメイトもB組も相澤先生も全員助けに来たよ!

↓3~5 多数決 お助けp>>10 を使用するか する場合、『ゾロ目に』か『誰の振りなおし』かを 判断不能なのは安価下
現在値:18

※到着には最低1ターンかかります。なので、誰が来るにしてももう一度耐えてください。
ちなみに好感度は>>126


多数決、ゾロ目に! お助けポイント18→17

コンマ 56


↓1 ゾロ目あり 勇気と友情判定 +56 今は一人来る!

   ~49 恐怖に打ち勝てた友人は誰もいなかった。
 50~59 好感度100を超えた子が一人来た
 60~69 好感度100を超えた子が二人来た
 70~79 好感度100を超えた子が3人来た!
 80~89 好感度100を超えた子が4人!
 90~99 好感度100を超えた子が5人!
100~   みんな神がかった! クラスメイトもB組も相澤先生も全員助けに来たよ!

↓3~5 多数決 お助けp>>10 を使用するか する場合、『ゾロ目に』か『誰の振りなおし』かを 判断不能なのは安価下
現在値:17

※到着には最低1ターンかかります。なので、誰が来るにしてももう一度耐えてください。


ちなみに好感度は>>126


コンマ 56 83 = 139! 100オーバー 全員来るよ!


ゾワッ!!


その気配は、待機所にいた者や森の中で隠れていた者にもはっきりと感じられた。

圧倒的な恐怖と脅威。

プロヒーローでさえぞっとする、強烈なプレッシャー。


それが、誰かがいる場所から感じられたのだ。


誰もが、そこに誰がいるのか直感的に理解した。

誰もが、自分ひとりじゃ勝てないと絶望するほどの差があることも理解した。


だがっ……!


八百万「行かなければなりません」

爆豪「あぁ。あいつらだけなんて、ふざんなって話だ」

切島「いや、それちょっと違うだろ。でも、行くのは賛成だ!」

透「うん。行かなきゃ」

お茶子「うん、だって、『貴方』君を助けたいもん!」

※今いるクラスメイト好感度トップ5


恐怖を振り切り、彼は、彼女は、一歩足を踏み出した……!


みんな、貴方の危機を感じ取ったようです。


でも、到着はもうちょっとかかります。

あと1回、オールフォーワンの攻撃を凌いでください。


さあ、今度こそ、決戦開始!

というところで、今日はおしまいです。


次回、いよいよラスボス戦になります。
一度でいいから。一度でいいから体自由にさせて! さきっちょだけ。先っちょだけでいいから!

だめ?


今日はいよいよ決戦! と言いたいところですが、準備が間に合わないので戦闘前に処理するデクの恐怖抵抗判定やろうと思います。

今日はそれだけになりますが、お休みよりマシということで!


21:30にやるよー。




≪貴方がちょっとだけ来た!≫



決戦開始。といきたいところですが、開始前にデクのプレッシャー跳ね除け判定を行います。

目標値100を毎回だと長くかかるので、今回は累計計算。


↓1 デク 抵抗判定 補正+68

   ~40 AFOの圧倒的な威圧感に足がすくみ、まったく行動できない 行動不能
 41~60 股間からジョバアしそうになりながらも、必死に動く。体がかたい。次判定にマイナス30
 61~80 なんとか動けるが、足がすくみ判定にマイナス20の修正がくる
 81~99 恐怖を振り払い、行動可能! それでも完調でなく、マイナス10の修正が!
100~   恐怖を完全に振り払い、以後修正なしで行動可能!

↓3~5 多数決 お助けp>>10 を使用するか する場合、『ゾロ目に』か『誰の振りなおし』かを 判断不能

なのは安価下
現在値:17



コンマ 26 +68 =94 まだ完全に打ち勝てない。それほどのプレッシャーを放つというのかオールフォーワン。むしろさすがと言っておきましょう


デク(怖い。本当に怖い。でも、『貴方』君が狙われているんだ。ここで動かず、いつ動くっていうんだ!)


戦いの中、デクは勇気を振り絞る。

それでも、相手の圧倒的な威圧感を跳ね除ける事は出来なかった。


デクの受けるプレッシャーが少し減りました。次回判定に-10の修正を受けます。


今日はこれだけー。
明日こそは。明日こそは!




21:30からはじめますよー。



≪貴方が来た!≫


貴方&デクVSオールフォーワン

決戦を、はじめます。


行動を選択してください

基本ルール>>7
負傷ルール>>3

貴方
体:32 知:30 心:41 個性練度:104


↓2 選択 ※練度上昇の場合は数値も入力してください 同時に発動判定も行います※1

1 個性で攻撃    貴方の個性練度+能力値(体、知、心)と相手の強さと対決
2 威圧する     相手にプレッシャー>>4 を与える 貴方の心と相手の心で対決
3 負傷の効果を使う >>3 コンマ判定回数を1回増やす 残り0回 行動消費はありません
4 練度上昇     周囲の物体を消費しパワーを上げる。『練度+1』するごとに『目標値+10』の制御判定(心判定) 行動消費はありません +4まで場合自動成功※2
5 攻撃を受ける   防御に徹する。相手の達成値がどれほど高くとも負傷は+1しかされない
7 連携攻撃     二人で力をあわせて攻撃する>>9 代表能力貴方心41 貴方個性104 デク練度35 好感度233(補正133)プレッシャー-10 ワンフォーオール発動(デクの修正値とコンマが+10%される)=319+コンマ(+10%)
8 その他      逃げるや降参、弱点を探る、他思いついた事を選ぶ場合はこちら

貴方の負傷 □□□□□←戦闘不能 ※負傷入った瞬間体が奪われます
敵の負傷  □□□□□←戦闘不能

オールフォーワン 『簒奪者の一撃』&オールフォーワン 420

※擬似時間停止はお助けポイント使用のタイミングで発動可能です
※2 +4までは判定なしで成功できるので、永続になります。それ以上になると行動毎維持判定が発生します

※1練度上昇が選択されていた場合
※1↓4~6 多数決 お助けp>>10 を使用するか する場合、『ゾロ目に』か『誰の振りなおし』かを 判断不能なのは安価下
現在値:17


自動成功なので多数決不要


選択 4 練度上昇 上昇値+4


貴方(……!)

迫るオールフォーワンに対し、貴方の髪の色が白から黒へ変わる。

周囲に浮く擬似恒星も強さを増し、貴方は限界を超え、個性の力を引き出したのだ。

制御を誤れば自分さえ重力に囚われ消滅するリミッターを解除した危険は解放。


それをしてもまだ届かぬ相手だと、貴方は確信している。


それでも、やらないわけにはいかない!


練度が+4されました。



行動を選択してください

基本ルール>>7
負傷ルール>>3

貴方
体:32 知:30 心:41 個性練度:108(+4)


↓2 選択

1 個性で攻撃    貴方の個性練度+能力値(体、知、心)と相手の強さと対決
2 威圧する     相手にプレッシャー>>4 を与える 貴方の心と相手の心で対決
3 負傷の効果を使う >>3 コンマ判定回数を1回増やす 残り0回 行動消費はありません
4 練度上昇     周囲の物体を消費しパワーを上げる。『練度+1』するごとに『目標値+10』の制御判定(心判定) 行動消費はありません +4まで場合自動成功
5 攻撃を受ける   防御に徹する。相手の達成値がどれほど高くとも負傷は+1しかされない
7 連携攻撃     二人で力をあわせて攻撃する>>9 代表能力貴方心41 貴方個性108 デク練度35 好感度233(補正133)プレッシャー-10 ワンフォーオール発動(デクの修正値とコンマが+10%される)=323+コンマ(+10%)
8 その他      逃げるや降参、弱点を探る、他思いついた事を選ぶ場合はこちら

貴方の負傷 □□□□□←戦闘不能 ※負傷入った瞬間体が奪われます
敵の負傷  □□□□□←戦闘不能

オールフォーワン 『簒奪者の一撃』&オールフォーワン 420

※擬似時間停止はお助けポイント使用のタイミングで発動可能です


選択 8 デクを鼓舞する


最初の一撃をしのいだ時、貴方は気づいた。

デクの動きが、鈍いと。

オールフォーワンの圧倒的な脅威の中、その体がすくんで実力を100%出し切れていないのだ。


貴方「デク君! 私達なら、出来る!」

デク「っ!」

その短い言葉は……


↓1 貴方からの抵抗判定 ゾロ目あり 心41 +デク心12

100を超えたらデクのマイナス消失

↓3~5 多数決 お助けp>>10 を使用するか する場合、『ゾロ目に』か『誰の振りなおし』かを 判断不能なのは安価下
現在値:17

※これは行動消費はしません



コンマ 85 +53 = 138 デクの 恐怖が 消えた!


デク(……不思議だ。『貴方』君に言われただけなのに、目の前のヴィランが怖くなくなった。それどころか、僕なら出来る。そうとさえ思ってしまった)

震えた足が、ぴたりと止まった。

デク(いけるっ!)


デクの受けた恐怖からのプレッシャーが消えました。


行動を選択してください

基本ルール>>7
負傷ルール>>3

貴方
体:32 知:30 心:41 個性練度:108(+4)


↓2 選択

1 個性で攻撃    貴方の個性練度+能力値(体、知、心)と相手の強さと対決
2 威圧する     相手にプレッシャー>>4 を与える 貴方の心と相手の心で対決
3 負傷の効果を使う >>3 コンマ判定回数を1回増やす 残り0回 行動消費はありません
4 練度上昇     周囲の物体を消費しパワーを上げる。『練度+1』するごとに『目標値+10』の制御判定(心判定) 行動消費はありません +4まで場合自動成功
5 攻撃を受ける   防御に徹する。相手の達成値がどれほど高くとも負傷は+1しかされない
7 連携攻撃     二人で力をあわせて攻撃する>>9 代表能力貴方心41 貴方個性108 デク練度35 好感度233(補正133)ワンフォーオール発動(デクの修正値とコンマが+10%される)=334+コンマ(+10%)
8 その他      逃げるや降参、弱点を探る、他思いついた事を選ぶ場合はこちら

貴方の負傷 □□□□□←戦闘不能 ※負傷入った瞬間体が奪われます
敵の負傷  □□□□□←戦闘不能

オールフォーワン 『簒奪者の一撃』&オールフォーワン 420

※擬似時間停止はお助けポイント使用のタイミングで発動可能です



選択 7 連携攻撃


貴方「デク君!」

デク「うん!」


迫るオールフォーワンに、貴方とデクはもう一度力をあわせ、対抗する!


『簒奪者の一撃』420 +このレスのコンマ


↓1 ゾロ目あり 貴方心41 貴方個性108 デク練度35 好感度233(補正133)ワンフォーオール発動(デクの修正値とコンマが+10%される)=334+コンマ(+10%)

オールフォーワンの達成値 以上 負傷+1
オールフォーワンの達成値 2倍 負傷+2

↓3~5 多数決 『擬似時間停止』※2を使用するか またはお助けp>>10 を使用するか する場合、『ゾロ目に』か『誰の振りなおし』かを 判断不能なのは安価下 ※1
現在値:

※1『擬似時間停止』を使用してゾロ目にするというのもありよ
※2擬似時間停止を使用した場合、個性が2倍(216で達成値+108)になりますが、>>4プレッシャー1を受け次の判定の達成値が-10されます
※3貴方単体達成値180以下の場合、決死のデクが貴方の間に割り込み、身代わりとなります
※4ちなみに体を奪われてもゲームオーバーではありません。復活は王道。しばらく貴方インオールフォーワンが猛威をふるうことになるけど。


多数決 擬似時間停止を発動!


AFO コンマ 32 +420 =452

貴方 コンマ50(ワンフォーオールで+10%)=55 +334 +擬似時間停止108 = 497

次回判定、達成値-10


貴方、勝利!


貴方とデク、すべての全力をそこに注ぎこみ……っ!


ピッ!

AFO「……」

男の頬に、小さな傷が浮かんだ。


体を奪おうとする一撃を退け、逆に一撃を返したのだ。


二人はまさに、限界を超えた一瞬を発揮したのである。


AFO「……この僕に、かすり傷を負わせるとは」


オールフォーワンが感心する。


AFO「君の体を求めた事。僕はやはり正しかった。誇るといい。君は、偉大な悪の礎となる」


???「いいや、そんなことはさせない」


しゅるるっ!

オールフォーワンの腕に、布が絡まった。


それは、我等が担任。相澤先生ことイレイザーヘッドのものだった!


相澤「いくら伝説の悪党だろうが、個性を消されれば……」


スパッ!

特殊合金を編みこんだ布が、唐突に切れる。

それは、明らかになんらかの個性が発動した証。


デク「相澤先生の視線を受けて、個性が使える!?」

AFO「君のソレは確かに素晴らしい。だが、一度に一人しか消せないのだろう? 残念だが、僕は一人のように見えて、一人ではないのでね」


オールフォーワンの中には、それこそ数え切れないほどの個性がうごめいている。

それは、表面だけでなく、体内にも存在し、『見る』ことを前提とした相澤の個性では、届かぬ力もあった。


相澤(ちっ。化け物め)


AFO「僕の計画にあぶれたプロヒーローが一人増えたところで、僕の計画を邪魔できると思ったのかい?」

相澤「いいや。来たのは俺だけじゃない」

AFO「……? 見たところ、プッシーキャッツはきているように見えないが……?」


???「いいや、いるぜ!」



八百万「ヴィランの好き勝手になど、させるものですか!」

爆豪「てめぇの相手は、俺だあぁ!」

切島「助けに来たぜェェ!」

透「大丈夫!?」

お茶子「みんなで、来たよっ!」

常闇「我等は、恐怖になど負けぬ!」

瀬呂「ひいぃ。マジこえぇ! でも、怖くねぇ!」

尾白「頼りなくても、きっとなにか力になれると思って……!」

梅雨「負けないで、『貴方』ちゃん!」

耳朗「待ってたかい?」

青山「きたよっ!」

障子「皆、恐怖に打ち勝ったぞ!」

轟「こいつが……」

天哉「『貴方』くんっ!」

上鳴「うぇーい!」

芦戸「いえーい!」

峰田「き、きちまったぁ!」

砂糖「逃げるわけにゃぁ、いかねぇからな!」

口田「……!」


クラスメイトだけではない!


拳動「助けにきたわ!」

鉄哲「『貴方』さーん!」

物間「……ふん」


相澤「ったく。先生の言う事を欠片も聞かないとは。あとで覚悟しておけ」


そう。



みんなが、来たっ!



しかし、皆の姿を見て、オールフォーワンはむしろ呆れた。


AFO「……学生が集まったところで、力になると本気で思っているのか? 未熟な君達に、一体なにが出来る?」


やれやれと、肩をすくめる。


貴方「ふふっ」


オールフォーワンの言葉に、貴方は笑みで答えた。


貴方「あなたには、わからない。これほど心強い人達が来てくれた事に。私にとって、これ以上ない援軍が来てくれたということに! 自分しか信用していないあなたには!」


学生が助けに来る。

確かに、普通に考えれば足手まといが増えるだけだ。

だが、肝心の貴方は、そうは思っていなかった!


なぜなら……!


AFO「なにが……っ!?」

オールフォーワンは気づいた。

あれだけフラフラだった貴方とデクが、復調していることに。

それどころか、今までにない力強さをその内側から発している事に!

オールフォーワンには見えた。

彼等との間につむがれた見えない糸が、大きく絡み合い、それが貴方に収束している事を。


見えないのに見えるナニカが、どんどん貴方に流れこんでいる事を!


AFO「なんだ、これは。ワンフォーオールではない? 力ではない。なんだこれは!?」


貴方「簡単な事です。これは、友情の力! 絆の証です!」


期末試験。オールマイトと戦っていた時、貴方は感じた。

デクから力が流れこんできたような感覚を。

それは最初、誰かの個性かと思った。勘違いかと思った。

だが、それは勘違いではなかった。誰かの個性では、なかった。


それは、デクからだけでなく、爆豪からも流れこんできていたと、あとから気づいた。

一人で戦うより二人で。二人で戦うより三人で戦う方が、より力が出せたと気づいた。


体育祭での障害物競走。
体育祭での騎馬戦。

そして、期末試験。


それは、個性などではない。心を通じ合わせ、みんなで協力し、限界を超えた力を出す、いわば、団結の力!、


三人で戦えば、オールマイトと互角に戦えた。

ならば、力をあわせるものがもっといたらどうなる?


みんながいたら、どうなる!?


貴方(みんながいる。これまでにないほどの力がわいてくる!)


貴方は口元をほころばせた。


貴方「皆が来た今、私は、いや、私達は、誰にも負ける気はしないっ!」


相澤「お前達、プロヒーローイレイザーヘッドの名において、戦闘を許可する! こいつを、力をあわせ、倒すぞ!」

みんな「はいっ!」


貴方は、仲間の力を纏め上げ、一致団結し、オールフォーワンへ戦いを挑んだ!


↓1 ゾロ目あり 団結の大連携! 貴方心41+ 個性108 プレッシャー-10 +みんなの好感度補正+821 +みんなの練度合計610 =1570 後ワンフォーオールで最終達成値+10%(計算めんどいので全体にやっちゃう!)

対 オールフォーワン 420 +このレスのコンマ

勝利でオールフォーワンダメージ+1 軽傷
達成値2倍で大勝利。ダメージ+2  重傷
達成値3倍でダメージ+3      致命傷
達成値4倍でダメージ+4      オールフォーワン戦闘不能!

↓3~5 多数決 『擬似時間停止』※2を使用するか またはお助けp>>10 を使用するか する場合、『ゾロ目に』か『誰の振りなおし』かを 判断不能なのは安価下 ※1
現在値:17

※1『擬似時間停止』を使用してゾロ目というのもありよ
※2擬似時間停止を使用した場合、個性が2倍(216)になりますが、>>4プレッシャー2を受け次の判定の達成値が-20されます


多数決 擬似時間停止を使い、さらにゾロ目!


AFO コンマ24 +420 = 444

貴方 コンマ04 +1570 +108 =1682 +10% =1850 (÷4ですでに4倍)

次回判定、達成値-20


これ以上の判定は無意味なのでゾロ目での判定はやりません。


オールフォーワン、戦闘不能!!


団結の一撃が、決まったッ!!


AFO(なん、だ……?)


オールフォーワンは違和感を覚えた。

一人一人は大したことはない。学生にしてはレベルは高いが、しょせんは学生レベル。

まさに学生。ヒーローの卵といったところだ。

一人プロヒーローが混じっているが、そんなのオールフォーワンにしてみれば、おまけレベルでしかなかった。

普段ならば、一瞬で蹴散らせる程度の集まり。

その程度の集団。


だというのに……


AFO(この僕が、押されている……?)


ありとあらゆる個性は複数の力をあわせた学生達の個性により潰され、カウンターを受ける。


AFO(バカな……っ)


一流ヒーローが幾人集まっても対処できないオールフォーワンの個性の使用が、ただの学生に阻止される。


AFO(バカなっ!)


まるでと生きた一つの生き物であるように、オールフォーワンに襲い掛かる!


AFO(バカなあぁぁぁぁぁ!!)


常に一人で戦い、全てを自分のものと認識するオールフォーワンには理解の出来ないことだった。

常にトップに立ち、他者を利用し、たった一人。自分のためだけにしか力を使おうとしない男には、絶対に理解できない領域の話だからだ。

いくつもの個性を一つに纏め上げ、力とする、おのが個性と同じであるというのに、まったく種類の違うモノ。

貴方を中心に集まった、一つの集団。


そう。さながら、重力によって繋がる、星々の集まりのように……!


それが、オールフォーワンに襲い掛かる!


ドゴォ!!


皆の一撃が決まり、オールフォーワンは膝をついた。



手ごたえはあった。

これ以上の戦闘は、不可能と確信するほどのダメージが入ったはずだ。


AFO「やるじゃないか。ただ人が集まっても、こうはならない。まるで、一人一人が繋がった、擬似的なワンフォーオール。いや、オールフォーオールとでも言ったところか。個性に頼らず、こんなことも出来るなんてね。若者を。いや、人間を侮っていたようだ……」


ゆっくりと、男は立ち上がる。

回復の力は間違いなくイレイザーヘッドによって無効化されている。
相手はもう戦えるような状況ではない。だというのに、どこか不気味な雰囲気が漂っていた。



──システム!──


オールフォーワンが負傷第6段階、肉体の『死』を選択しました。

戦闘不能が解除され、再び行動が可能になります!
負傷効果コンマプラスが4回使用可能になりました(合計5回判定可能。つまり、5倍じゃ)

※詳しくは負傷ルール>>3 を参照


──システム!──



AFO「僕にも、ワンフォーオールにもない、新しい力のあらわれと言ってもいいだろう。だが……」


くんっ。


二本の指をそろえ、オールフォーワンは手首を返した。


刹那。あたりを闇が包む。


貴方「っ!?」


闇に包まれた貴方の周りから、人の気配が消えた!

唯一重力にて上下のみがわかるなにもない闇の中。貴方はたった一人、そこに立っている!


AFO「ここは、いわゆる異界。すべてから隔絶され、何者も入れず、何者も干渉する事の出来ない場所だ」

貴方「な、にっ?」

AFO「ここに入れるのは、指定されたモノと、その個性を持つ僕だけ。つまり、君達の団結も、まったくの無意味となる」


暗闇の中、ずるりと傷ついたオールフォーワンが姿を現した。

光もなにもないというのに、貴方の姿とオールフォーワンの姿だけが浮かび上がっている。


AFO「君の体さえ得れば、君は実質消える。君が消えれば、あれほどの団結はあの子達だけでは不可能」


オールフォーワンは、理解は出来ないが、その力の源がなんなのかは見抜いていた。
オールフォーワンさえ超える力の源は、貴方を中心にしたナニカ(絆)

その全てを繋ぐ貴方が消えれば、あの力は失われる。

すなわち……


AFO「すべては、予定通りに戻る。さあ。最後の時だ。君の体を僕が奪うか、君がその体を守りきるか」


世界の未来は、この一瞬にかかっている!


オールフォーワンは、貴方の体を奪うため、最後の力を振り絞り、襲い掛かってきた!


貴方対オールフォーワン この一撃如何により、未来が決定するでしょう。


貴方
体:32 知:30 心:41 個性練度:104  練度上昇:+4


↓2 選択 ※練度上昇の場合は数値も入力してください

1 個性で攻撃    貴方の個性練度+能力値(体、知、心)と相手の強さと対決
2 威圧する     相手にプレッシャー>>4 を与える 貴方の心と相手の心で対決
3 負傷の効果を使う >>3 コンマ判定回数を1回増やす 残り0回 行動消費はありません
4 練度上昇     周囲の物体を消費しパワーを上げる。『練度+1』するごとに『目標値+10』の制御判定(心判定) 行動消費はありません
5 攻撃を受ける   防御に徹する。相手の達成値がどれほど高くとも負傷は+1しかされない
7 擬似時間停止使用 擬似時間停止を使用し、個性で攻撃する。個性(練度上昇ふくむ)が2倍になり、プレッシャー+1を受ける
6 その他      逃げるや降参、弱点を探る、他思いついた事を選ぶ場合はこちら

貴方の負傷 □□□□□←戦闘不能 ※1負傷入った瞬間体が奪われます
敵の負傷  ■■■■■←肉体の『死』

オールフォーワン 『簒奪者の一撃』&オールフォーワン 420 ※負傷効果によりコンマは5倍されます

※現在プレッシャー2 -20修正



選択 7 擬似時間停止を使用して攻撃!


AFO「くらいたまえ!」

貴方「だれがっ!」


オールフォーワンの『簒奪者の一撃』が貴方に迫る。『簒奪者の一撃』 420+このレスのコンマ×5倍


↓1 ゾロ目あり 貴方心41+貴方練度104+練度上昇4 ×2倍 プレッシャー-20 =237

オールフォーワン達成値以下 貴方敗北 オールフォーワンに体を奪われる
オールフォーワン達成値以上 貴方勝利 オールフォーワン再起不能

↓3~5 多数決 またはお助けp>>10 を使用するか する場合、『ゾロ目に』か『誰の振りなおし』かを 判断不能なのは安価下 勝つまでゾロ目にする気概がある場合は『ゾロ目 勝つまで』と入力下さい
現在値:17


多数決 お助けポイント使用 オールフォーワンのコンマを振りなおし! さらに貴方ゾロ目!

お助けポイント 17→16→15


貴方のコンマ 48 +237 =285


貴方に迫るその指先と、貴方の放った重力波がぶつかり、拮抗する。


貴方「くっ……!」

しかし、その優勢は、明らかにオールフォーワンに傾いていた。


じりじりと、貴方の元へその一撃が迫る。


このままでは……


『負けないで!』


貴方「っ!」


誰かの声が、聞こえた気がした。

貴方の中から、力が湧き出す!


↓1 ゾロ目あり 貴方補正+285


オールフォーワン達成値以下 貴方敗北 オールフォーワンに体を奪われる
オールフォーワン達成値以上 貴方勝利 オールフォーワン再起不能


↓3 選択 誰の声が聞こえた?

 1 緑谷出久
 2 爆豪勝己
 3 八百万百
 4 麗日お茶子
 5 瀬呂範太
 6 切島鋭児朗
 7 蛙吹梅雨
 8 上鳴電気
 9 飯田天哉
10 常闇踏陰
11 葉隠透
12 峰田実
13 青山優雅
14 轟焦凍
15 耳朗響香
16 障子目蔵
17 芦戸三奈
18 尾白猿夫
19 砂糖力道
20 口田甲司
21 拳藤一佳
22 鉄哲徹鐡
23 物間寧人
24 相澤消太
25 >>126 リストにある人ならOK

※ゾロ目にするごとの演出なので好きな子を選んでください


↓4~6 多数決 オールフォーワンの判定をもう一度振りなおすか
現在値:15

オールフォーワン 再判定。『簒奪者の一撃』 420+このレスのコンマ×5倍

オールフォーワンヤベェ。ラスボスの本領発揮しすぎ。楽勝かと思った? 世界はそんな甘くないってことね!
AFO コンマ 86×5=430 +420=850

多数決 お助けポイント使用 オールフォーワンのコンマを振りなおし! さらに貴方ゾロ目! お助けポイント 15→14→13

貴方のコンマ 30 +285 =315

選択 1 緑谷出久


声が、聞こえる……


『君は、僕が雄英に入ると言った時、笑いもせず聞いてくれたね。
君は、友達として夢を認めてくれた、初めての人だ。

あの時からずっと、僕は君を親友だと思ってきた。

そして友達としてだけじゃなく、ヒーローとしても君の背中を追いかけてきた。

もう一人の憧れと同じように、ずっとずっと、その背中を追ってきた。

なのに、こんなところで負けるなんて、そんなのダメだ!

君はヒーローなんだろう! ヒーローは、どんな時でも負けちゃいけないんだ!


だから……っ!』


デクの声が、貴方に届く!

不思議と、力が湧き出した!

貴方はここでも、一人ではない!!


ぐぐっ。


AFO「っ!?」

一瞬力が拮抗し、オールフォーワンの力が押し戻される。


AFO「その実力以上の力は、一体、どこから!?」


↓1 ゾロ目あり 貴方補正+315

オールフォーワン達成値以下 貴方敗北 オールフォーワンに体を奪われる
オールフォーワン達成値以上 貴方勝利 オールフォーワン再起不能

↓3 選択 誰の声が聞こえた?

 1 緑谷出久 済
 2 爆豪勝己
 3 八百万百
 4 麗日お茶子
 5 瀬呂範太
 6 切島鋭児朗
 7 蛙吹梅雨
 8 上鳴電気
 9 飯田天哉
10 常闇踏陰
11 葉隠透
12 峰田実
13 青山優雅
14 轟焦凍
15 耳朗響香
16 障子目蔵
17 芦戸三奈
18 尾白猿夫
19 砂糖力道
20 口田甲司
21 拳藤一佳
22 鉄哲徹鐡
23 物間寧人
24 相澤消太
25 >>126 リストにある人ならOK ※ゾロ目にするごとの演出なので好きな子を選んでください

↓4~6 多数決 オールフォーワンの判定をもう一度振りなおすか  現在値:13

オールフォーワン 再判定。『簒奪者の一撃』 420+このレスのコンマ×5倍

ぎゃあぁぁぁ! あげてあげて、おとされたあぁぁぁ!

AFO コンマ 5 ×5 =25 +420 =445

貴方のコンマ 63 +315 = 378

さらにゾロ目へ お助けポイント 13→12

選択 11 葉隠透


さらに、声が、聞こえる……!


『個性を使えるようになってから、私は誰にも見つけてもらえなくなった。
透明で、人に認識してもらえない孤独ってのは、きっと当人にしかわからないものだと思うんだ。

だから私は、必要以上に明るく振舞ってた。
わいわい騒げば、みんな私を見つけてくれるから。

見えなくても、声なら私がいるってわかってもらえるから。

でも、そんな私を、君は見つけてくれた。

その姿を、はっきりと認識してくれた。

今思い出すと、君は最初に助けてくれた時から、私の存在に気づいていてくれていたんだね。

私を見つけてくれる、世界でたった一人の男の子。


ねえ? また私を孤独に戻すの? 現われた希望を消して、より深い絶望に落とすの?


それがイヤなら、絶対絶対、戻ってくるんだよ!

勝って、また私の顔を見て、なんか一言言うんだよー!


わかった!?』


透の声が、聞こえた。

思わず口元がほころぶ。
絶対に帰らねばと、決意を固める!


貴方の力が増し、さらにその力を押し戻す!


↓1 ゾロ目あり 貴方補正+378

オールフォーワン達成値 445 以下 オールフォーワンに体を奪われる
オールフォーワン達成値 446 以上 オールフォーワン再起不能!


↓3 選択 誰の声が聞こえた?

 1 緑谷出久 済
 2 爆豪勝己
 3 八百万百
 4 麗日お茶子
 5 瀬呂範太
 6 切島鋭児朗
 7 蛙吹梅雨
 8 上鳴電気
 9 飯田天哉
10 常闇踏陰
11 葉隠透
12 峰田実
13 青山優雅
14 轟焦凍
15 耳朗響香
16 障子目蔵
17 芦戸三奈
18 尾白猿夫
19 砂糖力道
20 口田甲司
21 拳藤一佳
22 鉄哲徹鐡
23 物間寧人
24 相澤消太
25 >>126 リストにある人ならOK

※ゾロ目にするごとの演出なので好きな子を選んでください


貴方のコンマ 41 +378 = 419

さらにゾロ目へ お助けポイント 12→11


選択 24 相澤消太


今度は、誰の声だ?


『お前には、毎回毎度驚かされてばかりだ。

入試の時には試験だというのに、みんなで力をあわせて戦ったりもしたし、体力測定じゃいまだかつて無い記録をたたき出した。

USJじゃ一人で勝手に動き出して最善の結果を導き出すし

誰もが一生に一度のチャンスと気張る体育祭も、たった一人を助けるため平然と棒に振る。
平然と危険もするし、試験とはいえオールマイトさんも倒して見せた。

そんなお前がピンチだと知り、お前を救うため、全員があの恐怖の塊といえる存在に立ち向かった。

皆、お前を助けたいんだ。

お前はな、こんなところで消えていいやつじゃない。


だから……


……帰って来い』


それは、相澤先生の、本音だった。

そんな胸のうちを聞かされたなら、帰らないわけにはいかないだろう!!


貴方の力が、さらに、増した!


AFO「なぜだ。貴様と他のヤツは引き離したはずだ。なのに、なぜ。なにが起きている!」

貴方「それがわからないのなら、あなたは一生、私達には勝てない!」


↓1 ゾロ目あり 貴方補正+419

オールフォーワン達成値 445 以下 オールフォーワンに体を奪われる
オールフォーワン達成値 446 以上 オールフォーワン再起不能!


↓3 選択 誰の声が聞こえた?

 1 緑谷出久  済
 2 爆豪勝己
 3 八百万百
 4 麗日お茶子
 5 瀬呂範太
 6 切島鋭児朗
 7 蛙吹梅雨
 8 上鳴電気
 9 飯田天哉
10 常闇踏陰
11 葉隠透   済
12 峰田実
13 青山優雅
14 轟焦凍
15 耳朗響香
16 障子目蔵
17 芦戸三奈
18 尾白猿夫
19 砂糖力道
20 口田甲司
21 拳藤一佳
22 鉄哲徹鐡
23 物間寧人
24 相澤消太  済
25 >>126 リストにある人ならOK

※ゾロ目にするごとの演出なので好きな子を選んでください


AFO コンマ 5×5=25 +420 =445

貴方 コンマ 43 +419= 462


勝利ッ!!


オールマイトたちが現場に到着した時。

そこには黒いドーム上のなにかと、それをとりかこむ生徒達がいた。


聞けば、貴方が閉じこめられているのだという!

それはまずい。とオールマイトが拳を振りかぶったその時。


パキンッ……!


闇の殻にヒビが入り、中からなにかが姿を現した。

そこに現われたのは、貴方。


誰もが動きを止める。

オールフォーワンに体を奪われたかと警戒したからだ。


どさりっ。


少し遅れ、割れた暗闇の中。貴方の背後でなにかが倒れた音が響いた。

闇のドームが完全に消える。
そこには……


貴方「……勝ちました」


貴方はばばっっと決めポーズをとり、にっと笑った。

その無意味なポーズのキレ。
まさにそれは、貴方の証であった!


倒れたのは、紛れも無くオールフォーワン。

貴方は、貴方のまま、帰って来た!


わっと歓声があがり、貴方のクラスメイトが一斉に抱きついていく。


オールマイト「やれやれ、まさか、オールフォーワンを倒すなんてね」

倒れたオールフォーワンを確保しつつ、オールマイトは感心する。


オールマイト「彼等はまさに、新たな時代を作る、期待の新星だな」



こうして、激動の林間学校は終わりを告げた。

ヴィラン連合の再襲撃に対し、生徒の被害は再びゼロ。

対して襲撃したヴィラン連合は全員確保とのことだった。


この一件に関し、生徒を囮に使ったのではないかと穿った報道も一部で流れたが、そもそも生徒を人質にしようとする卑劣な手段をとろうとしたのはヴィラン側であり、それを予期した雄英が対応しただけという世論に押され、すぐにその説は消えていった。

生徒への被害も無く、主だったヴィランはすべて対応したヒーローに確保されていたからだ。


確保されたヴィラン連合の構成員から、そのアジトなどが即割り出され、家宅捜索が行われた。

脳無を生み出す工場が摘発され、非人道的な実験が明るみに出たことも、雄英批判でなく、ヴィラン批判が強まることに繋がった。

脳無製作に携わっていた、通称ドクターという人物も確保され、ヴィラン連合は完全に壊滅する事となる。


オールマイト「……終わりましたよ」


オールフォーワンは再起不能となり、二度と悪事を働く事は無い。

彼はその報告のため、ある墓にやってきたのだ。


もう、平和を脅かす巨悪は存在しない。

新たにまた人々を脅かす輩は現われるかもしれないが、それを退治する役目は、もう別の子達に受け継がれていた。

もっとも、その彼等を鍛える役目があるので、まだしばらくは引退は出来ないが。


様々な後始末も終わり、ヴィランからの襲撃を恐れる必要もなくなった貴方達は寮に入ることもなく、いつもどおりの学生生活へと戻る……


制服の上に白衣を着て、教室の扉を開ける。

その先には、心強い仲間達がそろっていた。


扉が開くのを感じた彼等は、一斉に貴方へ振り返る。


そして、貴方を見て、さらにその後ろにいる担任の相澤先生を見て、ちゃちゃっと席へ着いて行く。

もちろん貴方も。


相澤「さて、長々話すのも合理的ではないな。さっそく、授業をはじめよう」


そう。貴方のヒーロー生活は、まだはじまったばかりだ!



とりあえず、コレにて一区切り! 一区切りだ!

あとは蛇足にもなりかねないエピローグをやるくらいですが、なにか、リクエストがあったらどうぞだ!
他にも、忘れてそうなモノとか、残された疑問とか質問があれば。

おまけ
本編では使わなかったゾロ目中のセリフが聞きたいのがあったらどうぞ
↓2~6

全部

ダメならばくごー


>>355
はっはー。欲張りさんだなー。

だが、実は全員分は用意してないのだ。
用意してある分だけでよいのなら!

自分の好きなキャラのが無くても泣かないことね。ミーとの約束アル。

↓2 選択 

1:それでいいからよこせ
2:選択した子の分を書けー!
3:用意分出して、選択した子を出せば許す!


ちなみに、芦戸さんは用意してない子なのだ……


選択 3 OKならあとで芦戸さんのを追加しよう。

まずは、アル分を公開するよー。すでにオープンしたのも混じってても気にしないこと。


1緑谷 出久(デク)

君は、僕が雄英に入ると言った時、笑いもせず聞いてくれたね。
君は、友達として夢を認めてくれた、初めての人だ。

あの時からずっと、僕は君を親友だと思ってきた。

そして友達としてだけじゃなく、ヒーローとしても君の背中を追いかけてきた。

もう一人の憧れと同じように、ずっとずっと、その背中を追ってきた。

なのに、こんなところで負けるなんて、そんなのダメだ!

君はヒーローなんだろう! ヒーローは、どんな時でも負けちゃいけないんだ!


だから……っ!



2爆豪 勝己
テメェの名前を最初に聞いたのは、あのデクからだった。

デクに無駄な夢を見せて、希望をあたえ、そして俺の鼻っ柱をへし折った。

入学して、俺より凄いのがこんなにもいるのかと驚かされた。

どうにかしてテメェに勝つため、課外活動にもついていったし、体育祭ではデクとも力をあわせた。

それでも、勝てなかった。

いいか、テメェを倒すのは俺なんだよ。

だから、勝手に負けるんじゃねえ。


テメェ、負けたら、俺が殺す。だから、死ぬ気で勝て!



3八百万 百

あなたは言いましたよね。

失敗が怖いのでなく、やらずに後悔する事になるのが怖いと!
私も、今同じ気持ちです。

あなたを救いに行かず、怯えたままでいるなんて出来ませんでした。

だから、あなたを助けに来た。


なのに、あなたがここで負けてしまったら、私は来た事さえ後悔する事になります。


私にああ言ったあなたが、ここで散るなんてあってはなりません。

だから、勝って! そして、一緒に帰りましょう……っ!



4麗日 お茶子
君には、入学してすぐお世話になったね。

あの時は全然ダメだったけど、今は自分の体を浮かせても酔わなくなったんだよ。

こっそりと特訓して、超必殺技もただの必殺技になったんだ。

『貴方』君にはまだきちんと披露していないんだから、勝手にいなくなるなんてことはさせないよ!


聞いてる?

聞いていたら、答えてね。


私、信じてるから!


5瀬呂 範太
お前には、最初の演習の時から世話になりっぱなしだったな。

体育祭の時も、結局役に立てなかったしよ。

だからな、こんな時くらい、役に立たせてもらうぜ!

地味だからって、声がとどかねぇなんて事もないはずだ。

俺だってお前の親友の一人なんだからよ!


どっかにおっこっちまうってんなら言えよ。俺が、必ず引っ張りあげてやるからよ。俺の、瀬呂テープで!



6切島 鋭児朗
ダチを助ける。ここに来た理由はそれだけだ!

そのダチがまだ困ってる。なら、声だけでもとどけねぇわけもいかねぇだろ!

聞こえてるか、親友!

俺は、俺達はここにいる!


お前の帰りを待ってる。だからよ、負けるな! 絶対に、負けんな!!


俺は、お前が勝つって、信じているからよ!



7蛙吹 梅雨
雄英に入る前、落下しそうになった私を、『貴方』ちゃんは颯爽と助けてくれたわよね。

今回、その時の恩を返そうと思ってきたけど、まだきちんと返せていないわ。

それに、父のプレゼントを選んだ時のお礼も。

『貴方』ちゃんにはまだ、返しきれない恩がたくさんあるの。

だから、こんな所で倒れてはダメよ。

まだまだ、話す事も、やることも、一杯あるんだから……!



8 上鳴電気
あの崖から落ちた要救助者を助けに降りた時よ、怪我は無かったけど、実はかなり不安ではあったんだよ。

あそこでお前が颯爽と来てくれなきゃ、俺はどうなってたかわからねぇ。

あの時、降りてきたお前の姿を見て、俺はホント助かったと思ったんだぜ。

だから、今度はあの時と逆だ!

今度は、俺が、俺達が、お前を助ける!

聞こえてるか?

聞こえてんなら、返事しろ。うぇーい! 聞こえてるかー!?


うぇーい!!



9飯田 天哉
君には、いくつも世話になった。

兄さんの命を救ってもらったし、君がいなければ、僕は致命的な失敗を重ねていただろう。

でもまだ、兄さんの命を救ってもらった恩も返せていないし、君の背中に負いつけてもいない。

だから、こんな場所で君にいなくなられては困るんだ!


君は、僕のライバルだ。追いつくべき目標だ!

だから、だからだから!


こんな所で負けるんじゃない! 君なら、出来るはずだ。

不可能さえ可能にして、僕達の前に、帰って来い!



10常闇 踏陰
闇よりの使者が、ついに最後の手段をとったか。

闇の力を宿しながら、鮮やかな光を放つ『貴方』を狙う。力を求めるのなら必然と言えよう。

だが、我が魂の友を、そう易々と暗闇に捕らえさせるわけにはいかぬ!

『貴方』よ、お前は我が魂の片割れ! そのお前が、負けてよいわけが無い!


我が闇の波動を受け取れ!


そして、勝て!



11 葉隠透
個性を使えるようになってから、私は誰にも見つけてもらえなくなった。
透明で、人に認識してもらえない孤独ってのは、きっと当人にしかわからないものだと思うんだ。

だから私は、必要以上に明るく振舞ってた。
わいわい騒げば、みんな私を見つけてくれるから。

見えなくても、声なら私がいるってわかってもらえるから。

でも、そんな私を、君は見つけてくれた。

その姿を、はっきりと認識してくれた。

今思い出すと、君は最初に助けてくれた時から、私の存在に気づいていてくれていたんだね。

私を見つけてくれる、世界でたった一人の男の子。


ねえ? また私を孤独に戻すの? 現われた希望を消して、より深い絶望に落とすの?


それがイヤなら、絶対絶対、戻ってくるんだよ!

勝って、また私の顔を見て、なんか一言言うんだよー!


わかった!?


12峰田 実

オイラ、思うんだ。お前は絶対、敵だって!

温泉の時だって、なんで邪魔したんだよぉぉぉ!
お前だって、絶対見たいはずだったろ。リビドー感じたろ!

だから、戻ってきたらお前を唸らせてやる。

唸らせてやるから、絶対戻って来い!

戻ってこいよおぉぉぉ!!


13青山 優雅
僕と同じく、鎧のセンスを持つ君。

そんな君が、このまま消える?

そんなの、ナンセンスだね!

いつまでそんな真っ暗なところに閉じこもっているつもりなんだい?

必要なのは、おへそに力をこめることさ。

そうすれば、すぐ解決。

僕が言うんだから間違いない。

どうして教えるのかって? ふふっ。君は、僕のライバル。

君がいなくちゃ、なにもはじまらないからさっ!


14轟焦 凍
今思い返してみると、お前と話した覚え、ほとんどねえな。

だが、お前の強さ、凄さは知っている。

お前なら、こんな事態もなんとか出来ると知っている。

横からとやかく言うつもりはねえ。

言うことは一つだ。


負けんなよ。


15耳朗 響香
あんたと話しはじめたのは、学校がはじまってだいぶたってからだったね。

変なヤツ変なヤツと思っていたけど、話してみれば意外にいいヤツだったから驚いたよ。

他のクラスメイトと比べて、ウチとあんたはまだ全然話していないんだから、こんなところでいなくなられたら困るんだ。

だから、さ。


がんばれ!


16 障子目蔵
17 芦戸三奈
18 尾白猿夫
19 砂糖力道
20 口田甲司

↑実はこの五人は選択されたら即興で書く予定でした



21拳藤 一佳
入学試験の時、あのモンスターマシンに踏み潰されそうになったあたしを助けてくれたのは君だったね。

助けた事も言わず、普通に生活続けてカッコつけてさ。
しかも、自分の人生がかかった体育祭の時まで、人の知らないところで本物のヒーローまでしているんだから、聞いてホント驚いたよ。

それを知ってから、あたしはずっと、君を見ていたんだ。

ずっとずっと、見てたんだよ。

聞いた? 聞こえた?


なら、絶対帰ってきてよ。じゃないと、許さないんだから!


22物間
お前はホント気に入らないヤツだよ。ずっとずっと、話題を独占して。ホントに気に入らない。

気に入らないからこそ、そんなお前を倒すのは、僕なんだ。

だから、こんな所で消えてもらっちゃ困る。

じゃなきゃ、こんな怖いところ、来ないに決まってるよ!
お前じゃなきゃ、こなかったよ

だから、助かれェェェ!


23鉄哲
『貴方』さあぁぁぁん!

信じてます。信じてますから、絶対、勝つって!


信じてますからあぁぁぁぁ!



24相澤
お前には、毎回毎度驚かされてばかりだ。

入試の時には試験だというのに、みんなで力をあわせて戦ったりもしたし、体力測定じゃいまだかつて無い記録をたたき出した。

USJじゃ一人で勝手に動き出して最善の結果を導き出すし、

誰もが一生に一度のチャンスと気張る体育祭も、たった一人を助けるため平然と棒に振るし
平然と危険もするし、試験とはいえオールマイトさんも倒して見せた。

そんなお前がピンチだと知り、お前を救うため、全員があの恐怖の塊といえる存在に立ち向かった。

皆、お前を助けたいんだ。

お前はな、こんなところで消えていいやつじゃない。


だから……


……帰って来い。


以上。用意してたセリフ集でした。
意外に使わないもんなんですよねー。


とりあえず、今日はここまで。

エピローグの追加はするかどうかはわかりません。なにかリクエストとかください。
あと、他にも、忘れてそうなモノとか、残された疑問とか質問があれば。

芦戸ちゃんのはあとで追加しますのでー。

おやすみなさーい。


ちょっと今燃え尽きてます。

しばらく休憩してからIFルートとか個別エンディングとかやっていきましょう。のんびりと。

ところで、デクルートとか、個別ルートはちょっと未来でヒーローとして二人一緒に活躍してたりとかするのとか、女の子相手ならウエディングしてるとか、ちょっと未来で普通に青春してる風景とか、そういうのでいいのかな!?

いっそ安価してみるのもありかなー。と思ふ。

あとルミオの透過って重力も通り抜け可能なのだろうか。まあ、数値上できてもどうしようもないレベルなんですが。


とりあえず、こんなエンディングが見たーいというのは随時募集ですのでよろしくお願いします。


今回約束の芦戸ちゃんの応援セリフを発表しつつ、エピローグにむけて貴方の将来に関する安価をとるよー。
エピローグはやっぱりちょっと未来の予定なのよー。

具体的には進路に直接関わる二年、三年の体育祭の結果を。
これにより社会の注目度が変わってくるはずです。


22:00からやるぞな。

ストーリー作る時、どういう所に気使ってる?
話作るの上手いから純粋に気になります私。

>>391 気を使うのは、気をつけ……る。こう聞かれると難しいですね。とりあえず、自分で見たい。こうなると楽しい。と思えるものを目指してます。
このキャラならこれできるだろ。そういうシチュエーション見たい→そうなる場面を作る。
ポンと出てくるのはこんなところでしょうか。

とりあえず、はじめるよー!



≪貴方が来た!≫



芦戸三奈の応援


カブクためならなんでもする。君のその趣味、今でもさっぱり理解できないよ。

でも、その上で君は、その将来を捨ててでも人を助けようとしているのは、知ってる。

それを実現させちゃう実力があることも知ってる。

それでもわたしは、みんな君を心配してるって言うよ。

ヒーローとしての君は凄い。でも、友達だから、心配するんだ!

そんなみんなを心配させたままでいいわけないよね!


だから、負けるな!


わたし達は、ヒーローであり、友達なんだから!

絶対、帰って来るんだよー!



エピローグへ入る前に、いくつか決めておこうと思います。

時が立ち、どんな進路を選ぶのかとかを判断するための材料として。

ひとまず、ヒーローとしての進路に直接関わる二年次、三年次の雄英体育祭の成績を決めましょう。

これにより、指名が多ければ卒業後の進路の幅が変わってきますから。


というわけで……!


二年次の成績

↓3~ 多数決 先に3票入ったっもの
1:今年はハプニングもなくブッチギリで優勝。去年の逃走はなんだったのかと話題に
2:今年もまたハプニング。また途中で逃走し、今度は秘密裏に世界を救ってきた。※1
3:普通に誰かに負けた! のち最終トーナメントのどこで、誰に負けたのかを安価
4:いや、ここはコンマでいこう!(↑三つをコンマでやる)
5:その他 思いついた結果を

※1 今度は誰かと一緒にやってきたかもしれない。



多数決 選択 2 またやらかした! 今年も途中でいなくなり、今度は世界を救ってきたぞ!

知ったクラスメイトは呆れたに違いない。

誰かついてったかはエピローグで拾えたらその時に。


続いて3年次の体育祭を!

雄英体育祭
三年次の成績

↓3~ 多数決 先に3票入ったもの
1:今年はハプニングもなくブッチギリで優勝。ついに貴方の実力が世に示された!
2:今年もまたハプニング! またまた途中でいなくなり、今度は秘密裏に宇宙を救ってきた! ※1
3:普通に負けた! のち最終トーナメントのどこで、誰に負けたのかを安価
4:いや、ここはコンマでいこう!(↑三つをコンマでやる)
5:その他 思いついた結果を

※1 今度は誰かと一緒にやってきたかもしれない。むしろ今度は全員で行ったかも



多数決 選択 1 三度目の正直!!


二度の棄権を経て、ついに優勝した貴方。

これにはクラスメイトもにっこり。
ついにの優勝なので、マスコミの食いつきもよろしかろう。


ところで、二年次の優勝者は誰だったのかな?

↓2~4 コンマが一番高かった人

 1 緑谷出久
 2 爆豪勝己
 3 八百万百
 4 麗日お茶子
 5 瀬呂範太
 6 切島鋭児朗
 7 蛙吹梅雨
 8 上鳴電気
 9 飯田天哉
10 常闇踏陰
11 葉隠透
12 峰田実
13 青山優雅
14 轟焦凍
15 耳朗響香
16 障子目蔵
17 芦戸三奈
18 尾白猿夫
19 砂糖力道
20 口田甲司
21 拳藤一佳
22 鉄哲徹鐡
23 物間寧人
24 その他体育祭に参加した人


ついでに三年次の決勝の相手も決める? 決める決めないも記入してくれると助かるっす。



21 拳藤一佳 コンマ 81
 
 1 緑谷出久 コンマ 44
 
10 常闇踏陰 コンマ 33


数値的に拳藤さんだけど、ゾロ目のあつかいを決めていなかったっ……!

いつもならゾロ目の人も選択ってなるんですが、今回は一人だから、ここはいつもの累積ということで


↓1 ゾロ目あり デクのコンマ +44

↓2 ゾロ目あり 常闇のコンマ +33 ゾロ目が出たらさらに下を適応していくよ

お助けポイントは使えません
拳藤さんの81超えたら逆転優勝

優勝者決定したら、対戦相手を決めます



拳藤 コンマ 81

デク コンマ 30 +44 =77

常闇 コンマ 43 +33 =76


逆転ならず! 2年次の優勝者は拳藤一佳!

すげぇ。並み居る強豪をおさえ、まさかのダークホース。この体育祭もなにがあった。

想像するだけでワクワクしますね。


では、3年次、貴方の対戦相手。つまり準優勝者を決めます。

↓2~4 コンマが一番高かった人 ゾロ目あり ゾロ目の場合は 5~の数値が適応されていきます

 1 緑谷出久
 2 爆豪勝己
 3 八百万百
 4 麗日お茶子
 5 瀬呂範太
 6 切島鋭児朗
 7 蛙吹梅雨
 8 上鳴電気
 9 飯田天哉
10 常闇踏陰
11 葉隠透
12 峰田実
13 青山優雅
14 轟焦凍
15 耳朗響香
16 障子目蔵
17 芦戸三奈
18 尾白猿夫
19 砂糖力道
20 口田甲司
21 拳藤一佳
22 鉄哲徹鐡
23 物間寧人
24 その他体育祭に参加した人



21 拳藤一佳 コンマ 72
 
 1 緑谷出久 コンマ 98
 
 1 緑谷出久 コンマ 11 +46


最後の最後でこのコンマをだすとは、さすが本家主人公。

見ごたえのある戦いだったに違いない。


とりあえず、三年次優勝したので指名の心配もなく進路も安心ですね。


それでは、エピローグのための安価もとっておこうと思います。
好感度の高い人全員やれればいいんですが、さすがにそれは無茶なので勘弁な!

とりあえず、最初の一人から決めましょう

誰とのエピローグが見たい?


↓2~4 コンマが一番高かった人 ゾロ目の場合はその人もだ!

 1 緑谷出久
 2 爆豪勝己
 3 八百万百
 4 麗日お茶子
 5 瀬呂範太
 6 切島鋭児朗
 7 蛙吹梅雨
 8 上鳴電気
 9 飯田天哉
10 常闇踏陰
11 葉隠透
12 峰田実
13 青山優雅
14 轟焦凍
15 耳朗響香
16 障子目蔵
17 芦戸三奈
18 尾白猿夫
19 砂糖力道
20 口田甲司
21 拳藤一佳
22 鉄哲徹鐡
23 物間寧人
24 その他貴方と関わりを持った人

シチュエーションのリクエストとかあったら一緒にどうぞ。結婚式とか、決闘とか


11 葉隠 透 コンマ 98

21 拳藤一佳 コンマ 36

 3 八百万百 コンマ 17


透強し。

ひとまず彼女に決定したところで、本日は終了。

エピローグでコンマや安価があるかはまだ未定なので、その時はまたお付き合い下さい。


今日はここまでー。



21:30からエピローグ 葉隠透ルートやりますよー。

ちなみに、エピローグ中にコンマや安価はありません。



エピローグ 葉隠透


黒い闇が晴れ、オールフォーワンは倒れた。

最終決戦後、無事生還した貴方に、いの一番に抱きついてきたのは透だった。


透「よかった。よかったよー」


ぎゅっと貴方を抱きしめ、その無事を、確かに鳴る心臓の鼓動を確かめる。

その大胆な行動に、流石の貴方も一瞬驚くが、安心する彼女を見て、思わずぽんぽんと頭を撫でてしまった。


貴方「あの、光さえ届かない闇の中。君の声が聞こえました」

透「へ?」

貴方「最後、『勝って、また私の顔を見て、なんか一言言うんだよー!』そう言ってましたよね」

透「ええっ!? 届いてたの!?」

貴方「だから、言うよ」


貴方は抱きついた透を放し、その肩に手を置き、じっと彼女の顔を、目を見た。



貴方「どうやら私は、君の事が好きのようです」



透「……」

みんな「……」


貴方の発言に、みんな、固まった。


貴方「さっき、確信しました。愛していると言ってもいい!」


透「うえええええー!?」

みんな「ええええー!?」


透「わ、私、透明だよ?」

貴方「私には、瞳の色まではっきりわかります」


透「別に、かわいくないよ?」

貴方「私にとっては世界で一番かわいい人です」


透「テンション高くてうざいって言われるよ?」

貴方「おかげで私のノリについてきてくれるじゃないですか」


透「こんな私でいいの?」

貴方「そんな透がいいんです」


透「ううー」

次から次へと論破(?)され、透は言葉に窮してしまった。


貴方「私の事は、嫌いですか?」

透「そ、そんなことないよ! 私だって、大好きなんだから!」


貴方にだけ見える彼女が、顔を真っ赤にして、そう宣言した。


切島&上鳴「えんだー!」

ピクシーボブ「いやあぁぁぁぁ!!」(やっと来た)

良くあるノリで、場にいた人達が騒ぎ出した。


この時やっと、透は周囲にクラスメイトや他のヒーローがいたことを思い出す。


貴方「なら、問題ありませんね。これから、よろしくお願いします」

透「うー。もう。こうなったら自棄だよ。もう、私を一人にしちゃイヤなんだからね!」

貴方「させませんよ。一生、一緒にいましょう」


相澤「やれやれ。交際するなとは言わんが、学生のうちは控えろよ。不順異性交遊は退学対象だからな」

やれやれと、相澤先生は呆れたように忠告した。


透「透明だから大丈夫です!」

相澤「なにが大丈夫なんだ。おい」


皆の笑いが、場に木霊した。


それから。

色々なことがあった。
仮免所得でひと悶着あったり、インターンで事件にまきこまれたりもした。

雪山行ったら遭難も経験しただろう。

二年目の体育祭は世界を救うためまた途中で棄権したりもした。

最後の挑戦となる三年目の体育祭にてついに優勝し、貴方はその実力を世に知らしめた。

そこから一気に社会的な注目も集まり、サイドキックとしてどの事務所へ入るのか、それともヒーローとして個人

事務所を開くのか。
その年の目玉となった。

話のネタはまだまだ尽きないようだが、そろそろこの物語も締めに入らなければならない。



リンゴーン。
リンゴーン。


教会。

祝福の鐘が鳴り響く中、純白のウエディングドレスに身を包んだ透明な花嫁と、同じく曇りなき白のタキシードを

着た花婿がいた。

二人は教会にて。

花嫁は真っ赤なバージンロードを歩き。

その指輪の交換も、終わる……


神父「誓いのキスを」


ついにこの時がやって来た。二人の視線が、絡み合う。


近づいて行く唇と唇。

その、瞬間……



『緊急警報』
『緊急警報』

『ヴィラン出現の一報が入りました。ただちに現場へお願いします』



教会に、緊急警報が鳴り響いた。


二人の動きは直前で止まり、祝福に訪れていた招待客も、やれやれと席から立ち上がる。


天哉「このめでたい時に悪事を働くなど、言語道断!」

瀬呂「まったくだ。どんなバカが出たってんだ」

デク「むしろ、こんな日に限って出なくてもよかったろうに……」

梅雨「イベントごとには必ずハプニングに見舞われる。彼等らしいわね」

お茶子「せめてブーケトスまで待って欲しかったー」

青山「これは、ヴィランに同情するねっ!」

常闇「諸行無常となりえるな」

招待客が出現したヴィランに対して同情をする。


貴方「こうなったらしかたありません。披露宴での最初の共同作業は、予定変更ですね」

透「そうするしかないみたいだね!」


新郎新婦はおろか、この場にそろった者達はほとんどがヒーロー。

休憩はあれど、休日はあってはならない。

なぜなら彼等は、ヒーローだから!
助けを求める者がいるならば、必ずそこへ助けに行く。


ゆえに貴方達は、ウエディングドレスとタキシードのまま、現場へ急行することにした!



──そう遠くない未来。新たな平和な象徴と呼ばれるヒーローが現われるだろう。


そのヒーローは、助けを求める声があらば瞬時に駆けつけ、瞬く間に事件を解決してゆく。

その名を耳にするだけでヴィランは恐れおののき、その名を口にするだけで力なき人々は勇気と安心を得る。

それはまさに、平和を象徴とする、新たなヒーロー。


そのヒーローが颯爽とその場に現われた時、その場にいるすべての者はこう口にするだろう。



≪貴方が来た!≫



と──



その日、花嫁姿と花婿姿でヴィランを倒すというヒーローの姿が話題になったとかならなかったとか……



貴方のヒーローアカデミア おしまい


というわけで、ひとまず完結。


あと何人いけるかはわかりませんが、いけるとこまで個別ルートやるよー。

誰とのエピローグが見たい?


↓2~4 コンマが一番高かった人 ゾロ目の場合はその人もだ!

 1 緑谷出久
 2 爆豪勝己
 3 八百万百
 4 麗日お茶子
 5 瀬呂範太
 6 切島鋭児朗
 7 蛙吹梅雨
 8 上鳴電気
 9 飯田天哉
10 常闇踏陰
11 葉隠透   済
12 峰田実
13 青山優雅
14 轟焦凍
15 耳朗響香
16 障子目蔵
17 芦戸三奈
18 尾白猿夫
19 砂糖力道
20 口田甲司
21 拳藤一佳
22 鉄哲徹鐡
23 物間寧人
24 その他貴方と関わりを持った人


シチュエーションのリクエストとかあったら一緒にどうぞ。結婚式とか、決闘とか



21 拳藤一佳 コンマ 89

 1 緑谷出久 コンマ 44

24 発目明  コンマ 39


ここでゾロ目を出してくるとは。

ゾロ目補正で 拳藤とデクの個別ルートに決定です。


二人に決定したところで、今日はここまでー。



21:30からエピローグ 拳藤一佳ルートやりますのー。

ちなみに、今回もエピローグ中、コンマや安価はありません。


……しかし、前回からもう一週間。
忙しいと時間の経過が速すぎてびっくりします。



エピローグ 拳藤一佳


オールフォーワンと戦った林間学校から、色々な事があった。
仮免所得でひと悶着あったり、インターンで事件にまきこまれもした。

冬雪山に行ったら遭難も経験しただろう。


あれから約一年。年は巡り、舞台は再びの雄英体育祭である。


スケジュールは順調に進み、毎年恒例、決勝のトーナメントとあいなった。
貴方はもちろん、決勝進出者の一人だ。

次の試合が近いため、貴方は一人、控え室にいた。

学生生活も一年たち、皆手ごわく成長した。油断すれば負けるかもしれないと、集中するためだ。


貴方「……っ!」


しかし、その集中のおかげで、貴方はこの祭りの最中に起きようとしているある異変を感じ取ってしまった。

この星からはるかはなれたある場所。そこに、孔が生まれようとしている。

いわゆる重力異常。わかりやすく例えれば、宇宙の落とし穴。
突如として生まれる、ブラックホールにも似た、全てをすりつぶす巨大な孔。

そこに入ればいかなる存在も帰ってくることは出来ぬ重力の異常。

それが、この地球が進む公転軌道上に生まれようとしている!


重力を極め、極限まで集中力を高めた貴方だからこそ感じた異変。

他の者がこの異変を察知できるとすれば、それはその孔に落ちる直前。
回避不能の状態になってからだろう。

それはまさに、落とし穴に落ちるがごとく、その地点に到達した瞬間に孔が開き、星ごと全てがのみこまれてゆく!

貴方は確信する。
なにもしなければ、今から二時間後、この地球は消滅すると!

貴方(原因はまだわからない。でも、それを探っている暇はないし、それが起きることだけははっきりと予見できる……)

たとえ誰かに知らせたとしても、場所は宇宙。準備もなくそこで行動出来る者はほとんどいなかった。

やれやれと、貴方は控え室のベンチから立ち上がった。


貴方「今年もまた、優勝は御預けですか」

貴方はこれから試合であった。

しかし、それも諦めざるを得ない。
ここで見逃せば、地球ごと全てが滅んでしまうのだから当然だろう。


準備もなく宇宙で行動できる例外。
それに貴方は当てはまっていた。

今、貴方のスーツはサポート科の助けのおかげで、宇宙でも活動出来るよう改造されていた。

短い時間ならば、貴方一人で宇宙に出る事は可能なのである!

だから、一人で孔を塞ぎに行ってもなんの問題もない!


貴方(問題は、閉じたあと。ですがね……)


そんなことを思いつつ、貴方はワームホールを開き、今日は必要のない自身のヒーロースーツを取り出した。



コンコン。



一佳「いるー?」

ノックして控え室に入ってきたのは、同じく決勝トーナメントに残った拳藤一佳だった。


貴方「あ」

一佳「え?」


拳藤一佳が見たのは、ヒーロースーツ。白金のフルプレートに着替えた貴方の姿だった。

雄英体育祭のルールにおいて、ヒーロースーツは使えない。
なのにそれを着ているということは、それを着る必要があるなにかが起きている。

すなわち、貴方が次の試合に出るつもりはない。ということを彼女は即座に悟る。


一佳「一体、なにが起きているの?」

貴方「……しかたありません。時間がありませんから、聞いてください」


ここで押し問答するより、彼女ならば事態を理解してくれるだろうと判断し、貴方は先ほど感じ取った重力異常。宇宙の落とし穴が発生した事を説明した。


一佳「う、そ……」

貴方「時間がありません。私はこのままそこへむかい、孔を閉じてきます」

一佳「な、なら、私も……!」

貴方「いえ。他の人は連れて行けません。場所は宇宙ですし、なにより、今回ばかりは私でも帰ってこれる保証はありません」

一佳「え?」


貴方の言葉に、一佳は驚きを隠せなかった。

貴方が無理かもしれないなんて口にするなんて、一年近く一緒にいる彼女でも初めて耳にするレベルの言葉だったからだ。
すでに一流プロの実力があると言われている貴方がそんなことを口にするなんて、事態はかなり切迫していると彼女は悟った。


貴方「大丈夫。明日は普通にきます。だから、私の分もこのトーナメントで大暴れしてください」


貴方が一佳に向けた笑顔は、どこかなにかを悟ったような儚い笑顔だった。



一佳「……わかった。残るよ」

わがままを言わず、一佳はあっさりとひいた。



一佳「でもさ、約束して。私は不可能を可能にするから、君も不可能を可能にするって」

貴方「……はい?」

一佳「今、大暴れしてって言ったね。優勝を託すって言わなかったのは、君でも私が優勝するのは不可能だって思ってるって事だ」

貴方「……」


確かにその通りだった。いくら彼女が優秀なB組のクラス委員長だといっても、それ以上に優秀な個性を持った者達がごろごろといる。

彼女の個性は『大拳』

両の拳を巨大化させるというものだ。
この個性で爆破や炎の個性を持つ武闘派と渡り合うというのは正直言って厳しい。いや、不可能と言っていい。

それは一佳自身もわかっている。

わかっている……


だが。

だからこそ……!


一佳「絶対不可能だって思うそれを実現させるなら、君だって、それが不可能だなんて言ってられないよな?」


にこっと、一佳は貴方に微笑みかけた。


一佳「だから、約束。私、優勝するから。君も絶対、必ず、帰ってきて。この結果を確認しに来て。不可能なんてないんだって、証明するために!」

貴方「……」

貴方は、一瞬唖然としてしまった。


貴方「ふっ。ふふふ。ははは。その通りです。その通りでした。なにを弱気になっていたんでしょう。わかりました。約束です。私は必ず帰ってくる」

一佳「私は、必ず優勝する」


二人は突き出した拳を突き合わせ、その場から離れた……



今年もまた貴方が行方不明となり、小さな話題となったが、トーナメントの進行に支障は生じない。

解説席。今年もまた去年と同じ面子の二人が、貴方の時間切れ失格にあんぐりと口を開ける。

相澤「口を開けてんのはプレゼントマイクのヤツだけな」

プレゼントマイク「い、いや、今年もまーたいなくなっちまったんだぜ」

相澤「……マイク、ここ、少し頼む」


貴方の出るはずだった試合もなくなり、しばらく時間調整が行われる中、相澤が席から立ち上がった。


プレゼントマイク「オーケーオーケー。次の試合までには戻って来いよ」

相澤「ああ。すぐ戻る」


解説の部屋から出た相澤はまず貴方に電話をかけた。
当然、出ない。

ついで可能性のある場所へ、手当たり次第にかけてゆく。


相澤(今年こそ逃げ出した。なんてのはあり得ん。アイツが勝手にいなくなるということは、それ相応の事態がどこかで起きているということだ。校長あたりならなにか把握しているか……?)


そうして調査をお願いした結果、地球の公転軌道上で小さな重力異常が発生しようとしていることが判明する。

相澤は星の終わりが迫っている事を知る。
そして、貴方がそこへ向かったであろうことも……

しかしソレは、表に出す事は出来なかった。

もうじきこの星が滅ぶかもしれませんなど、どう公表しろというのだ……!

今各国の上層部が必至に対策を練ろうとしている。それまで今までどおり過ごして欲しいと校長に言われ、相澤は解説席に戻ってきた。


この事態を解決出来るのは重力を極めた貴方しかいないと理解し、出来ることは無事に戻ってくる事だけと、彼は気づいたからだ……


プレゼントマイク「おう、どうだった?」

相澤「なんでもなかった」

プレゼントマイク「お、おう」

プレゼントマイク(なんでもなかったわけねぇって面だな。こりゃ、口にも出せねぇヤベェ事態になってやがんな……)

だが、プロであるプレゼントマイクはそれをまったく表に出さない。

一見すると何事も起きていないかのように、トーナメントは進む。



貴方二度目の失踪!

それは、相澤だけでなく、貴方をよく知るクラスメイト達でさえまたなにか事件に首を突っ込んだな。とすぐ理解出来た。

ある者はトーナメントを放り出して貴方を追おうとし、またある者はなぜ共に行こうと告げてくれなかったと憤る。
貴方が逃げたわけではないと気づく者達は、このままではトーナメントで戦うような状態ではなかった。


そんな中、彼等の前に立った拳藤一佳は宣言する。


一佳「私は彼の行った場所と理由を知ってる。知りたいのなら、トーナメントで私を倒すんだね! そうしたら教えてあげるよ!」


この宣言により、トーナメントからそれた意識が、彼女を倒し、貴方の行方を知るということで戻った。

貴方不在で失われた目的が、いないことで復活したのである!


しかしそれは、貴方との約束を守る一佳にとって茨の道。

優勝を遠のかせる、無駄な宣言。

それでも、彼女は言わねばならぬと思った。貴方の意志を貫き通すためにも。不可能を可能にするという約束を守るためにも!


一佳に迫る強豪達。

誰もがA組の誰かならば彼女に勝利するだろうと思っていた。

そうして居場所がわかれば、彼のあとを追える。

個性の質と相性を考え、誰もがそう、考えていた……


しかし。
しかしだ。


今回ばかりは、そうはいかなかった。


拳藤一佳は、貴方を心配し、限界を超えて力を発揮した彼等の友情さえ超えてみせた。

たった一つの約束を守り、自身の限界さえこえ、まさに身を持って、不可能を可能にした。


彼女は常闇も、爆豪も、轟も、デクも退け、決勝の舞台の上で勝者として手を上げる!



プレゼントマイク「な、なんじゃこりゃぁ! まさか、まさかのダークホースだぜ。言っちゃあなんだが、並み居る強豪を蹴散らし、まさかこいつが優勝するなんて誰が想像した! 一体誰が、この子が勝つと考えた!」


決勝の舞台で勝者として立っていたのは、B組クラス委員長。拳藤一佳だった。
姿はボロボロであったが、その瞳には強い意志が宿り、その立ち姿には、勝者としての気品すら感じられた。


相澤「……戦いに鬼気迫るものがあったな。皆、気合が入っていたが、彼女一人は別格だった。絶対に負けられないという意志があったように見えた。それが、勝因だろう」

相澤(ひょっとすると、アイツがいないこととなにか関係があるのか……?)

相澤「その強い意志の力で、個性の相性差も跳ね除け、相手をすべて倒した。見事としか言いようがない」

マイク「ともかく、ともかくだ。今回の優勝は、まさかのダークホース。拳藤一佳だあぁぁぁ!」


わぁっ!!

客席から、大歓声があがった。


勝利の確定と共に、優勝者へインタビュアーとカメラが走る。
マイクを向けられた彼女は、自分をうつすカメラを見てにこりと笑った。


一佳「見てくれた? 私、勝ったよ! 約束は守った。今度は君の番! 聞こえた? ううん。届いているはずだよ。私の声が聞こえたのなら、今すぐ帰ってこーいっ!!」


マイクがきーんとハウリングするほどの声量。

なにも知らない観客は、この言葉が誰に向けられているのかはわからないだろう。
しかし、親しい者達は薄々気づいていた。その、意味に……

彼女の強い意志の裏に隠された、その『想い』に……


これは、祈りだ。



貴方「……」


そこは、なにもない空間だった。

宇宙。


人類というちっぽけな存在にとってそこは、そう思ってしまって不思議のない広大にして膨大に広がる、なにもない広さだった。

貴方「……」

そこに、ちっぽけな人影がゆらりゆらりと漂っている。


地球の公転軌道上に開くはずだった重力の落とし穴は、すでに閉じられている。
全身全霊をこめた貴方の重力操作により、その孔は開くことなく存在をひっそりと消されてしまった。

地球の危機は、はじまることなく終わりを告げていた。


しかし……


貴方(やはり、ダメか……)


体がピクリとも動かない。

その入り口を閉じた貴方は、今まさに力尽きようとしていた。

地球をのみこむほどの孔を閉じたのだ。限界の限界をこえ力を発揮し、全てを出し尽くしてやっと可能にした、まさに不可能を可能にした一事。

全てを出しつくし世界を救い、そこからさらに、もう一つの不可能を可能にするなど、到底出来るわけが……


一佳『私、勝ったよ!』


貴方「っ!?」


声が、聞こえた。

聞こえるはずがないその場所で、貴方の耳は確かに彼女の声をとらえた!


一佳『約束は守った。今度は君の番! 聞こえた? ううん。届いているはずだよ。私の声が聞こえたのなら、今すぐ帰ってこーいっ!!』


それはただの幻聴だったのかもしれない。

気のせいだったのかもしれない。


でも!


貴方「約束、した……!」

そう思った瞬間、体の奥底から力がわいた!

貴方「必ず、私も帰ると……! 約束、したっ!」


遠くから迫るその青い星を霞む視界にとらえながら、貴方は最後の力を振り絞る。


その、『おもい』を力に変えて!


地球。


どさりっ。

その出現は、唐突だった。


優勝者である拳藤一佳の表情が驚き、悲しみ、嬉しさとかわり、会場に唐突に落下したその少年に向かってかけてゆく。

彼女のための優勝賞品が、そこに現われたからだ……!



物間「えー、これが、お二人がお付き合いをはじめるきっかけであり、後に重力回天事件として語られる事となる
国際犯罪の序章だったのは、皆さんもご存知の通りでしょう」


今日は、その二人の結婚式。

よくある出会いから結婚までの軌跡を描いたスライドが、思い出の写真と共に流されている。


物間「どうして僕が、君等の結婚式の司会なのかなあ?」


次のスライドがはじまると、物間がマイクから口を離し、また文句を口にした。


一佳「あんたが一番適任だから。鉄哲じゃ司会なんて無理だし、A組じゃ私の方が関係薄いし」


鉄哲「『貴方』さーん! 拳藤のヤツ、頼みましたよー!」

ちなみに貴方は、友人からのお祝いの酒を次から次へとグラスに注がれていて、物間の愚痴を聞いてる暇はない。


物間「まあ、受けたからには完璧にこなすけどね」

やれやれと、物間は呆れたようにため息をついた。

物間「そうそう。いい忘れた事があった」

一佳「なにさ?」

物間「結婚、おめでとう。あいつは大っ嫌いだが、よい選択をしたのは間違いないよ」

一佳「当たり前じゃない。私が選んだ世界で一番いい男なんだから!」


その笑顔は、幸せ一杯に包まれた、まさに世界で一番幸せな花嫁の笑顔であった。


物間「もうお腹いっぱいだよ。お幸せに」



──そう遠くない未来。新たな平和な象徴と呼ばれるヒーローが現われるだろう。


そのヒーローは、助けを求める声があらば瞬時に駆けつけ、瞬く間に事件を解決してゆく。

その名を耳にするだけでヴィランは恐れおののき、その名を口にするだけで力なき人々は勇気と安心を得る。

それはまさに、平和を象徴とする、新たなヒーロー。


そのヒーローが颯爽とその場に現われた時、その場にいるすべての者はこう口にするだろう。



≪貴方が来た!≫



と──



貴方のヒーローアカデミア おしまい



エピローグ 拳藤壱佳はこれにて終了。
デクはまた別の日にー。


 あ、れ? もう8月も10日近くたってる? そろそろお盆?

 おかしいな。まだ8月入ったくらいじゃない? いや、7月の末のような気もする。
 言っても現実は変わらない悲しさ。

 エピローグのデク編はもうちょっとお待ち下さい。
 If編とか二周目とか楽しそうですが、ちょっとわかりません。


 あえて意味深にお助けポイントを。 11→12


いやー、まさか一ヶ月なにも……え? もう十月? アレから二ヶ月!? 今年残りもう2ヶ月ないの!? コレはじめて一年通り過ぎてた!!?
うっそだぁ……

時間がたつの早すぎてちょっと愕然としてます。

デクのエピローグは三年体育祭の優勝決定戦をコンマをもちいてやりたかったんですが、ちょっと安価、コンマを捌いている余裕がなさそうなので、非安価の今までどおりのエピローグにさせてください。

デクとの決勝は余裕が出来たらやるかもしれませんが、いつ余裕が出来るかさっぱりなので期待はしないようにお願いします。
せっかくの意味深が無駄になっちゃったけど、一応。お助けポイント12→13



22:22ごろからエピローグ デクをやりたいと思います。

今回安価、コンマはないと言ったな。あれは、嘘だ!
やり残して後悔するくらいなら、やって後悔しようと思う。だから、やっぱやるよ、決勝戦!

なので詫びおP13→14

今回はその準備と安価なしで用意したエピローグ部分じゃ。



エピローグ 緑谷出久


オールフォーワンとの決戦のあった林間合宿からしばらく。

貴方は、オールマイトに呼び出され、デクと共に学校の面談室へ来ていた。
そしてなぜか、デクは貴方の対面。オールマイトの隣に座った。


オールマイト「あの日、オールフォーワンから緑谷少年の持つワンフォーオールに聞かされたと聞いてね。このまま君に秘密にしておくよりは、全てを話しておいた方がいいと思い、ここに来てもらった」

貴方「ワンフォーオールとオールフォーワンの関係についてですね?」

オールマイト「そう。それと、私と緑谷少年についてもだ」


オールマイトは、デクと自分。そしてワンフォーオールとオールフォーワンの事について包み隠さず貴方に話した。


貴方「オールフォーワンから派生し、悪を倒すため受け継がれてきた力……」


オールマイトの説明により、貴方の中で色々な事が腑に落ちた。


デク「今回このことを『貴方』君に話したのは、事情を知ってもらうためだけじゃなく、万一を考えて、一つ頼みを聞いてもらうためなんだ」

貴方「頼み?」

デク「うん。僕が倒れるような事があった時、この力を受け継いで欲しいんだ」


デクの中にあるワンフォーオール。万一の時、それを受け継ぐ後継者になって欲しいとの事だった。

事情を知っていれば受け渡しの理解も楽だし、なにより実力は申し分ない。

それは、オールマイトも了承した事だった。

だが……



貴方「お断りします」



きっぱりはっきりと、貴方は断った。


貴方「二十年後、デク君が円満に引退を考えての話ならば考えましたが、デク君が倒れた時の保険の役目などお断りです」

オールマイト「ほ、保険というわけでは……」

貴方「いいえ、保険です。デク君にとってはね。デク君には、自分が倒れても私がいるなんて思われては困るんです。なぜなら、デク君なら、私を超える可能性さえあるのだから!」

オールマイト「な、なんだってー!?」

デク「え? それ、僕褒められてる?」

貴方「はい。デク君は自分の力を過小評価しすぎています。私があの時オールフォーワンに勝てたのは、私一人の力ではありません。デク君の。そして友の力があったからです。そして、デク君には私にはない強さと優しさがある」

デク「え? え?」

貴方「力がないところでその力を受け継いだと聞き、納得がいきました。デク君が挫折をしても、折れずに立ち上がるその心の強さの源がなんなのか。そして、それゆえに与えられる優しさがある」

オールマイト「……」

貴方「デク君。君は、誰よりも力を持たぬ人の気持ちがわかる人だ。それは、私にはない心構え。そして、最もヒーローに必要な心構えです。君は、私には手を差し伸べられない人達に助けの手を伸ばせるヒーロー。だから、自信を持って、私を超えて行ってください」

デク「……君は、本当に凄い人だと思う。でも、君があまりに凄いから、僕はなにかを見失っていたのかもしれない。そうだ。そうだよね。うん。わかったよ。むしろ君に渡す必要がない位、オールマイトと同じくらい、凄いヒーローに、僕はなる!」

貴方「その意気です」

デク「でも、それとは別に、決めたよ」

貴方「決めた?」

デク「うん。将来の事を!」


意を決したデクは、勢いよく立ち上がり、貴方を真正面から見つめた。


デク「僕もこれから負けないように努力する。でも、その万一がないよう、僕の隣に、君がいて欲しいんだ。そう、君が、欲しい!」

貴方「……」


デクの真摯な言葉に、隣にいたオールマイトが頭を抱え、両手で顔を覆った。
それはまるで、やっちまったと、過去のトラウマがえぐられたかのような行動だった。


貴方「いや、さすがにそれは……」

ノーサンキューの証として、手のひらを両方デクの方へ向ける。


デク「どうして! 君と一緒なら……って、そそそそそ、そういう意味じゃなくてね!」

意味に気づいたデクが大慌てで修正に走った。

デク「ヒーローとしての相棒というか、サイドキックにって意味で。コンビを組もうって事なんだ!」

貴方「ええ。わかってますよ。わかってますが、反応に困ります」


かつてその師匠。オールマイトにも同じような告白をされた記憶が甦った。
やっぱり師弟なんだなあ。そんな感想さえ浮かんでくる。



貴方「確かに、コンビを組む。というのはやぶさかではありません」

デク「やった!」

貴方「ですが、譲れない事が一つ!」

デク「え? な、なに?」

デク(リーダーが自分で、僕はサイドキックということかな? それならそれで一向にかまわないけど……)

貴方「それは、ポーズです!」

デク「……ぽーず?」

貴方「そう。ヒーローならば登場時一つや二つの決めポーズを持つもの。二人ならば左右に立ち、バッチリ決めるものです。でも、二人がどちらとも右側に立つのがいいと言ったら……!」

デク「……言ったら?」

貴方「この話はなかったことに!」

デク「ええーっ!?」

貴方「私は、見る者から見て右側に立つのだけは譲れないんです!」

デク「ええー?」


デクが、その違いがわからない。というような声をあげた。


オールマイト「いや、これは重要な事だぞ緑谷少年。私もかつて、意見の相違でサイドキックと喧嘩別れになった事がある」

デク「え?」

デク(オールマイトにサイドキックがいた!? 初耳だよ! しかも、喧嘩別れしていたなんて! 一体、どんな意見の相違が……)


オールマイト「いいじゃないか。風呂上りに裸で牛乳を飲んだって!」


デク「ずこーっ!」こけた


オールマイト「彼はヒーローならばパンツをはけと譲らず、私達の間には大きな溝が出来てしまった。君達には、そんな思いはして欲しくない! だから、よく考えるんだ緑谷少年!」

デク「い、いや、僕はそこまで立ち位置には拘りませんから」

オールマイト「そうか。なら、よかった」

貴方「ほっ」


デク(むしろ、ポーズをとることにこそ抵抗があるけど、ヒーローにとって決めポーズは決め台詞と同じくらい必須なものってのはわからないでもない。僕には難易度がとてつもなく高いけど!)


デク「だ、だから、『貴方』君。僕も、君の満足するポーズをとれるよう頑張るよ。だって僕達は、コンビになるんだから!」

貴方「わかってくれますか!」

デク「うん!」

貴方「では、二人で、私達で見ている人全てをしびれさせる完璧なポーズを完成させましょう!」

デク(……気持ちはわかるけど、僕には荷が重いかもしれないっ!)


こうしてデクの新たなヒーロー道ははじまったのだった!


オールマイト「私は、歴史も変えうる新たなヒーローコンビの誕生に立ち会ってしまったようだな……」

先輩は一人、涙ぐんでしまった。


とりあえず、ツッコミが不在である事はここに表記しておこう。


しかし、このコンビ宣言。この後他のクラスメイトも自分もコンビ組みたい騒動に発展することになるのだが、それはまた別の話。



それから。

色々なことがあった。
仮免所得でひと悶着あったり、インターンで事件にまきこまれたりもした。

雪山行ったら遭難も経験しただろう。

二年目の体育祭は世界を救うためまた途中で棄権したりもした。

そして、最後の晴れ舞台となる三年目の体育祭。貴方はついに、決勝トーナメントの決勝戦へとたどりつく。
対戦相手はもちろん、貴方の相棒にして、最大のライバル、デク。

この日、雄英体育祭で最も盛り上がり、その歴史に名を刻む戦いが、はじまる……!



というわけで、三年時決勝トーナメントの決勝戦やるよー!

そのために、まず貴方達がその3年間でどれだけ成長したのかを。


成長判定
3年分なので、コンマの値そのままがプラスされます

貴方 

↓1 体値 現在32  ゾロ目あり

↓2 知値 現在29  ↑ゾロ目の場合、適応が終わるまで下に移動

↓3 心値 現在41  ↑ゾロ目の場合、適応が終わるまで下に移動

↓4 個性 現在104 ↑ゾロ目の場合、適応が終わるまで下に移動

↓5~7 多数決 お助けポイントの使用する? 使うか使わないかを ↑ゾロ目の場合、適応が終わるまで下に移動
現在値:14


知は30だよ >>111


>>496 あ、ホントですね。30が正しいです。ご指摘サンクスのお助けポイントじゃぁ! 14→15 ちょっとそんなに必要ないと思うんですけど!


 体 コンマ 65 +32 = 97

 知 コンマ 47 +30 = 77

 心 コンマ 85 +41 = 126

個性 コンマ 66、48 +104 =218


……よりにもよってそこでゾロ目を出すとか、どうしてくれるんです! どうやったら彼に勝ち目があるんですっ!
個性以外の能力値は半分でもよかったかもしれないと思ったけど、そんなの吹き飛ばす成長なので、このままで行きましょう。



成長判定
3年分なので、コンマの値そのままがプラスされます みんな、頼み申したよ!

デク

↓1 体値 現在10 ゾロ目あり

↓2 知値 現在 9 ↑ゾロ目の場合、適応が終わるまで下に移動

↓3 心値 現在12 ↑ゾロ目の場合、適応が終わるまで下に移動

↓4 個性 現在35 ↑ゾロ目の場合、適応が終わるまで下に移動

↓5~7 多数決 お助けポイントの使用する? 使うか使わないかを ↑ゾロ目の場合、適応が終わるまで下に移動
現在値:15


デク、成長


 体 コンマ 06 +10 = 16

 知 コンマ 78 +09 = 86

 心 コンマ 94 +12 = 106

個性 コンマ 45 +35 = 80


デク君、体値は全然成長してませんが、フルカウルを使うの前提とすると全然問題ない成長でビックリ。
ここにワンフォーオールもあるので、ひょっとするとワンチャンあるかもと期待させてくれるのが主人公。の、はず。

ちなみに能力値の目安は>>6 貴方もデクもトンでもない能力値になりましたが、気にしない!


メモ代わりの個性説明

個性『ワンフォーオール』
体値を使ったいかなる行動の最終達成値を+n%することが出来る。
+nの値は任意に設定可能。

nの値が100ならば達成値が+100%。すなわち倍となる。

ただし、練度、もしくは素の体値以上の発動を行うと、その時設定した値を目標値に心による制御判定が必要となり、失敗すると素の体値と目標値との差に応じて負傷を受ける。
nの値と体値に開きがあればあるほど負傷は増え、いきなり100%をぶっ放せば当然行動不能となる。

nと体値の差が1~5でかすり傷6~10で軽傷11~20で重傷21~30で致命。31~行動不能となる。

練度が低くとも、体値が目標値より高ければ、そもそもダメージは受けない。

つまり、体が90あれば、制御判定を無視して+90%とか余裕となる。
もちろん。同じく心がそれだけあれば、制御判定が自動成功で発動し放題となる。

現在のデクの心は106なので、106%までは無判定でアップ可能。オールマイトもにっこり。


※フルカウル効果説明

デクが開発した、体全体にワンフォーオールの力で満たし全ての力をアップさせるというものである。

解放1%ごとに体の値が+1される。ただし、練度以上の体値になることはない(練度30で体15の場合、16%のフルカウルを行ったとしても体値30でストップということ)
肉体と練度が整えば、必要となくなる応用技である。

現在デクの個性練度は80なので、体の値もそれが上限となります。……十分だ!



よーし、やると宣言した。追いこまれた。
きっとやる。やってやるです!

……この連休でどうにかならなかったら、十二月を待ってて。

では、次回の決勝で!



メモがわりの個性説明2

貴方編

個性:重力操作
   その名の通り、重力を操る個性。重力を中和し重いものを持ち上げたり、自身の体を浮かしたり他人を浮かしたり、重力を増加させ押しつぶしたり様々なことができる。重力を用いて障壁を張り守ることも可能である。
   重力を一点に収束させ、いかなるものも消滅させる『孔』を精製できるようになった。
   重力の力場を利用し、物体を断てる棒を作れるようになった。体を使い剣道の補正と同時に使えます
   ワームホールが開けるようになった。座標さえわかればワープ可能。

練度:218 人類の最高峰。人類未踏の領域をさらにこえ、異次元に達する領域まで到達した

弱点:発動のために疑似恒星を作らなければならないため、常にいくらかの質量を要求される

    擬似恒星はサイズに応じた黒い重力制御の球体が現われる。貴方の周りに漂います。
    小石ほどの重量があれば発動は可能。重いものがあればあるほどパワーを上げられるが、同時にそれも消費される。
    人間などの生き物を触媒にする場合、大きな抵抗がある(不可能ではない)

    余分に10キロの質量を消費すると練度をさらに+1することが出来る。消費した分プラスが可能。ただし、パワーをあげて個性を発動させると『心』での制御判定が必要となる。
    制御判定は上昇に使用した質量の重さを目標値にして『心』判定(+1の10キロなら目標値10)
    制御に失敗するとしばらく個性が使えなくなります。大失敗すると個性に飲まれて貴方が擬似恒星になってしまうかもしれません。
    使うとリスクに従い髪の色が黒く染まる。

到達点:『擬似時間停止』

    人類未踏の領域に足を踏み入れた貴方は、重力を操る事により、対象、もしくは空間に流れる時の流れを極限まで遅らせる事が可能となった。
    今はほんの一瞬だが、その無防備となった対象に対し、貴方は個性練度の値を倍にして攻撃する事が出来る。
    これは、練度上昇と同時に使う事も可能である。
    ただし、一度使用すると1ターン強制的に1プレッシャー状態>>4 となる(1ターン適応後自動解除)
    ※連続で使用するとこのリスクは累積する。5段階まで行くと自動的に気絶となるので連続使用は注意が必要である
    ちなみに、この停止時間は貴方の個性練度が100を超えた値秒間持続させる事が出来る(現在118秒Dio様もびっくりだ)
    ワームホールとは違い出入り口のポイントを確認する必要がないため、視界内ならば一瞬で発動可能

    ただし、コレはあくまで時間を重力で押さえつけて実現している現象のため、規格外のパワーを持った存在は強引にその停止の中を動いてくる。ぶっちゃけ今回のデクは時間停止の中でも動くよってこと!(時間停止で一方的な勝利はないが、個性値2倍は有効。OK?)




21:30ごろからやる気ですよー。



ステータス 三年生になりました

『貴方』

体 :97  人類の最高峰を超え、規格外に足を踏み入れた。貴方を超える肉体は世界に一人いるくらいだ
知 :77  人類屈指の頭脳を誇る。貴方を出し抜ける悪党は存在しないと言ってもいいだろう
心 :126 貴方の心を折れる存在はこの世に存在しない。いかなる絶望も、貴方を前に裸足で逃げ出すほどだ
個性:218 人類の到達しえる最高点をさらに超えた。今の貴方は、出来ない事を探す方が難しい。

個性:重力操作
   その名の通り、重力を操る個性。重力を中和し重いものを持ち上げたり、自身の体を浮かしたり他人を浮かしたり、重力を増加させ押しつぶしたり様々なことができる。重力を用いて障壁を張り守ることも可能である。
   重力を一点に収束させ、いかなるものも消滅させる『孔』を精製できるようになった。
   重力の力場を利用し、物体を断てる棒を作れるようになった。体を使い剣道の補正と同時に使えます
   ワームホールが開けるようになった。座標さえわかればワープ可能。

弱点:発動のために疑似恒星を作らなければならないため、常にいくらかの質量を要求される

    擬似恒星はサイズに応じた黒い重力制御の球体が現われる。貴方の周りに漂います。
    小石ほどの重量があれば発動は可能。重いものがあればあるほどパワーを上げられるが、同時にそれも消費される。
    人間などの生き物を触媒にする場合、大きな抵抗がある(不可能ではない)

    余分に10キロの質量を消費すると練度をさらに+1することが出来る。消費した分プラスが可能。ただし、パワーをあげて個性を発動させると『心』での制御判定が必要となる。
    制御判定は上昇に使用した質量の重さを目標値にして『心』判定(+1の10キロなら目標値10)
    制御に失敗するとしばらく個性が使えなくなります。大失敗すると個性に飲まれて貴方が擬似恒星になってしまうかもしれません。
    使うとリスクに従い髪の色が黒く染まる。

到達点:『擬似時間停止』

    人類未踏の領域に足を踏み入れた貴方は、重力を操る事により、対象、もしくは空間に流れる時の流れを極限まで遅らせる事が可能となった。
    今はほんの一瞬だが、その無防備となった対象に対し、貴方は個性練度の値を倍にして攻撃する事が出来る。
    これは、練度上昇と同時に使う事も可能である。
    ただし、一度使用すると1ターン強制的に1プレッシャー状態>>4 となる(1ターン適応後自動解除)
    ※連続で使用するとこのリスクは累積する。5段階まで行くと自動的に気絶となるので連続使用は注意が必要である
    ちなみに、この停止時間は貴方の個性練度が100を超えた値秒間持続させる事が出来る(現在118秒)
    ワームホールとは違い出入り口のポイントを確認する必要がないため、視界内ならば一瞬で発動可能

    ただし、コレはあくまで時間を重力で押さえつけて実現している現象のため、規格外のパワーを持った存在は強引にその停止の中を動いてくる。ぶっちゃけ今回のデクは時間停止の中でも動くよってこと!(時間停止で一方的な勝利はないが、個性値2倍は有効。OK?)


おまけ

デク ステータス(三年)

体 :16  学生ならば十分合格点の体作りをしている。今すぐサイドキックデビューも可能だ
知 :86  世界最高峰の頭脳。その頭の中には、今まで出会ったヴィラン、ヒーローすべてのデータが詰まっている
心 :106 その心はきっと、諦めるという言葉は知らないのだろう。
個性:80  トップヒーローと肩を並べられるほどに成長している。すでに、学生のレベルではない

個性のデータは上>>512を参照




≪貴方が来た!≫



マイク「いよー、待たせたなおめーら。ついに、いよいよ、この決勝の時間がやってきたぜ!」

観衆「おおおぉぉぉ!!」

マイクの言葉に、スタジアムが揺れるほどの大歓声があがる。

マイク「いよいよこの激闘も、次で終わり。しかも、こいつらはもう三年。正真正銘、最後のガチバトルってやつだ!」

観衆「おおぉぉぉぉ!」


マイク「去年もおととしも決勝まで来て途中棄権! 今年もどうせと前評判もなんのその。すべての予想を覆し、今年はついにやってきた! 『貴方』だー!」

コールと同時に、会場へ貴方が姿を現す。


マイク「対するは、こっちはこっちで毎回毎回派手だがハラハラさせる試合運びに心配させられる、個性に振り回された感のある努力型主人公! 三年目にしてついにこの決勝へ出場だ! 緑谷出久ー!!」


観客「わあぁぁぁぁ!」

デクの姿も現れた瞬間、大歓声が二人を包んだ。

リングの上に立ち、貴方とデクは対峙する。


デク「ついに、きたね」

貴方「ええ。きましたね」

デク「いくらコンビを組むからって、加減は必要ないよ」

貴方「そのつもりはさらさらありません。全力でいかせてもらいます」


ヒーロー同士が本気でぶつかり合うのはご法度。
しかしこの場でなら、どちらも存分に力を振るうことが出来る!


デク「見てもらうよ。がどれだけ強くなったかを。そして、今日こそ君をこえさせてもらう!」

貴方「見届けましょう。ただし、そう簡単にはさせません!」


二人はにっと笑い、互いにかまえをとる。

貴方の周囲に擬似恒星が生まれ、同時に髪の色も黒く染まった。
対するデクも、その髪が逆立ち、体の周囲に稲妻のようなものを纏った


マイク「さあ、今日最後の戦いだ! 全員見逃すんじゃねえぞ!」

審判の合図と共に、戦いが、はじまった!



最後の戦いです。
試合なので、相手の致命傷マス(4マス目)を埋めた方の勝ち。


決戦を、はじめます。


行動を選択してください

基本ルール>>7
負傷ルール>>3

貴方
体:97 知:77 心:126 個性練度:218+12


↓2 選択 ※ノーリスクで出来る練度上昇はすでにしてあります

1 個性で攻撃    貴方の個性練度+能力値(体、知、心)と相手の強さと対決。選択がない場合最も高い能力
2 威圧する     相手にプレッシャー>>4 を与える 貴方の心と相手の心で対決
3 負傷の効果を使う >>3 コンマ判定回数を1回増やす 残り0回 行動消費はありません
4 練度上昇     周囲の物体を消費しパワーを上げる。『練度+1』するごとに『目標値+10』の制御判定(心判定) 行動消費はありません +12まで自動成功※2
5 攻撃を受ける   防御に徹する。相手の達成値がどれほど高くとも負傷は+1しかされない
6 その他      逃げるや降参、弱点を探る、他思いついた事を選ぶ場合はこちら

貴方の負傷 □□□□■←試合終了
デクの負傷 □□□□■←試合終了

デク ワンフォーオール・フルカウル! 160 最終達成値2.06倍(106%)

※擬似時間停止はお助けポイント使用のタイミングで発動可能です
※2 +12までは判定なしで成功できるので、永続になります。それ以上になると行動毎維持判定が発生します



選択 1 個性で攻撃


貴方とデク。しばしのにらみ合いの後、両者は同時に動いた。

互いの手の内は知り尽くしている。小細工は無用。真正面から、力と技でぶつかりあう!


デクの蹴りと貴方の重力拳が交錯した!


デク ワンフォーオール・フルカウル! 160 +このレスのコンマ のち最終達成値2.06倍(106%)


貴方の攻撃!

↓1 ゾロ目あり 貴方練度230+心126 = 356

デクの達成値 未満 貴方負傷+1 達成値半分以下の場合負傷+2
デクの達成値 以上 デク負傷+1
デクの達成値 2倍 デク負傷+2

↓3~5 多数決 『擬似時間停止』※2を使用するか またはお助けp>>10 を使用するか する場合、『ゾロ目に』か『誰の振りなおし』かを 判断不能なのは安価下 ※1
現在値:15

※1『擬似時間停止』を使用してゾロ目にするというのもありよ
※2擬似時間停止を使用した場合、個性が2倍(460で達成値+230)になりますが、>>4プレッシャー1を受け次の判定の達成値が-10されます。連続使用の場合プレッシャーは累積する

コンマ差ぁ! だ、大丈夫。まだ一回目だから。


デク コンマ 19+160 ×2.06 = 368

貴方 コンマ 98+356 = 454


貴方勝利! デク負傷+1 負傷1 かすり傷


速度のデクと、重力の貴方の攻撃がぶつかりあう。


チッ!


一瞬の交錯。

それにより頬が切れたのは、デクの方だった。


デク(まだだ! たかがかすり傷。畏れず、怯えず、もう一歩!)

頬の傷を親指で拭い、デクは貴方を睨む。
最初の攻防は貴方の勝利に終わったが、それはデクの闘志に火をつけただけだった。


デク(いけっ。僕の全てを、『貴方』君にぶつけるんだ!)

身を翻し、デクの一撃が貴方に迫る!



行動を選択してください

基本ルール>>7
負傷ルール>>3

貴方
体:97 知:77 心:126 個性練度:218+12


↓2 選択 ※ノーリスクで出来る練度上昇はすでにしてあります

1 個性で攻撃    貴方の個性練度+能力値(体、知、心)と相手の強さと対決。選択がない場合最も高い能力
2 威圧する     相手にプレッシャー>>4 を与える 貴方の心と相手の心で対決
3 負傷の効果を使う >>3 コンマ判定回数を1回増やす 残り0回 行動消費はありません
4 練度上昇     周囲の物体を消費しパワーを上げる。『練度+1』するごとに『目標値+10』の制御判定(心判定) 行動消費はありません +12まで自動成功※2
5 攻撃を受ける   防御に徹する。相手の達成値がどれほど高くとも負傷は+1しかされない
6 その他      逃げるや降参、弱点を探る、他思いついた事を選ぶ場合はこちら

貴方の負傷 □□□□■←試合終了
デクの負傷 ■□□□■←試合終了

デク ワンフォーオール・フルカウル! 160 最終達成値2.06倍(106%)

※擬似時間停止はお助けポイント使用のタイミングで発動可能です
※2 +12までは判定なしで成功できるので、永続になります。それ以上になると行動毎維持判定が発生します



選択 1 個性で攻撃


最初の攻防が終わっても、戦いは終わらない。

デクはその機動性を用い、動き回る。
狭いリングだというのに、その速さで彼を見失う観客が続出した。

ソレに対し、貴方は重力の罠を仕掛ける。
踏めば囚われる、重力の井戸。

そして、場外にむけ放り出す実践型ワームホールだ。


それを、リングのいたるところに設置した!

黒く、小さな罠がそこら中に生まれる


デク「踏む場所がないならっ!」


ドンッ!


なんとデクは、空気を蹴った!

空を駆け、貴方に迫る!


貴方(空中にも井戸は出せる。しかし、空を駆けるということは、ワームホールで場外に放り出しても戻ってくるということ……)

この時のために戦闘用の短距離ワームホールも用意しておいたが、その戦略は破棄された
場外は、この両者にとってなんの意味も持たない、無意味なルールと化したのだ!


デクの拳が、貴方に迫る……!


デク ワンフォーオール・フルカウル! 160 +このレスのコンマ のち最終達成値2.06倍(106%)


貴方の攻撃!

↓1 ゾロ目あり 貴方練度230+心126 = 356

デクの達成値 未満 貴方負傷+1 達成値半分以下の場合負傷+2
デクの達成値 以上 デク負傷+1
デクの達成値 2倍 デク負傷+2

↓3~5 多数決 『擬似時間停止』※2を使用するか またはお助けp>>10 を使用するか する場合、『ゾロ目に』か『誰の振りなおし』かを 判断不能なのは安価下 ※1
現在値:15

※1『擬似時間停止』を使用してゾロ目にするというのもありよ
※2擬似時間停止を使用した場合、個性が2倍(460で達成値+230)になりますが、>>4プレッシャー1を受け次の判定の達成値が-10されます。連続使用の場合プレッシャーは累積する

コンマ先生! 今日もこっちには味方してくれないんですか!?


デク コンマ 38+160 ×2.06 = 407

貴方 コンマ 80+356 = 436


貴方勝利 デク負傷+1 デク負傷2 軽傷!


貴方「甘い!」

デク「っ!」

空気を蹴り、自在に空を駆ける。
その動きに一瞬翻弄されかけたが、貴方は重力の支配者。

速度でかく乱しようとしても、重力を感じる貴方はかく乱されなかった。


迫ったデクに向かい、カウンターを放つ。

デクはそのカウンターを、なんとか腕を十字にしてガードする事が出来た。


デク(腕が、みしりと歪んだ。でも、痛みはあっても折れてはいない。まだ、戦える!)



行動を選択してください

基本ルール>>7
負傷ルール>>3

貴方
体:97 知:77 心:126 個性練度:218+12


↓2 選択 ※ノーリスクで出来る練度上昇はすでにしてあります

1 個性で攻撃    貴方の個性練度+能力値(体、知、心)と相手の強さと対決。選択がない場合最も高い能力
2 威圧する     相手にプレッシャー>>4 を与える 貴方の心と相手の心で対決
3 負傷の効果を使う >>3 コンマ判定回数を1回増やす 残り0回 行動消費はありません
4 練度上昇     周囲の物体を消費しパワーを上げる。『練度+1』するごとに『目標値+10』の制御判定(心判定) 行動消費はありません +12まで自動成功※2
5 攻撃を受ける   防御に徹する。相手の達成値がどれほど高くとも負傷は+1しかされない
6 その他      逃げるや降参、弱点を探る、他思いついた事を選ぶ場合はこちら

貴方の負傷 □□□□■←試合終了
デクの負傷 ■■□□■←試合終了

デク ワンフォーオール・フルカウル! 160 最終達成値2.06倍(106%)

※擬似時間停止はお助けポイント使用のタイミングで発動可能です
※2 +12までは判定なしで成功できるので、永続になります。それ以上になると行動毎維持判定が発生します



選択 1 個性で攻撃


貴方「今度はこちらから行きますよ」

すっと、貴方は手を翻す。

デク「っ!?」


すると、貴方の周囲に浮いていた擬似恒星の形が変わってゆく。
ぐねぐねと形を変え、等身大の人型となった。


瀬呂「あれはっ!」

特別出演の瀬呂が驚く。
あれに彼は覚えがあった。一年の最初、戦闘訓練の時にやった、鎧を操って囮とする方法。

あの時のあれにそっくりだったからだ。

透(ちょっとあとにもっと凄いこと出来るようになってたの知ってる)

その後鎧を複数操って戦わせるというので遊んだことのある透が思う。


貴方「あの時は鎧を維持するので精一杯でしたが、今は違います。人と同じ動きをする重力の影。それが八体。これを、捌ききれますか?」

デク「もちろんっ!」

だが、それを前にデクも怯まない。
体にワンフォーオールの力を満たし、にっと笑った。


デク ワンフォーオール・フルカウル! 160 +このレスのコンマ のち最終達成値2.06倍(106%)


貴方の攻撃!

↓1 ゾロ目あり 貴方練度230+心126 = 356

デクの達成値 未満 貴方負傷+1 達成値半分以下の場合負傷+2
デクの達成値 以上 デク負傷+1
デクの達成値 2倍 デク負傷+2

↓3~5 多数決 『擬似時間停止』※2を使用するか またはお助けp>>10 を使用するか する場合、『ゾロ目に』か『誰の振りなおし』かを 判断不能なのは安価下 ※1
現在値:15

※1『擬似時間停止』を使用してゾロ目にするというのもありよ
※2擬似時間停止を使用した場合、個性が2倍(460で達成値+230)になりますが、>>4プレッシャー1を受け次の判定の達成値が-10されます。連続使用の場合プレッシャーは累積する


デク コンマ 52+160 ×2.06 = 436

貴方 コンマ 76+356 = 432


擬似時間停止を使用しました。貴方の達成値が+230されます。
次回判定にマイナス10がきます


貴方 達成値 662


貴方勝利 デク負傷+1 負傷3 重傷!


デクの元に貴方の操る重力人形が殺到する。


貴方「っ!」

マイク「八体の重力人形全てを退け、その拳が『貴方』に届いたー!?」

しかしデクは、貴方の予測を超えた。
八体の重力人形を瞬時に退け、貴方に迫ったのだ。


貴方(ここまでとは!)


デクの反応に、貴方も驚きを隠せなかった。

しかし……


ビタッ!

あと一歩。というところで、デクの動きが止まった。

ほんの一瞬。力を持って打ち破るまで動けない、擬似的な時間の停止。


デク「っ!」


そして、感じる。デクの体に感じた、違和感を。

デク(なにかが、僕の体を掴んでいる……!)

それは、時間の停止ではない。
見えない、人型……!

デク(見えない重力の影があったのか!)

あまりの速度に振り切られかけたが、一瞬動きが止まったことで、デクに追いついてきたのだ。


最後の重力人形が姿を現す。


それはデクの体にからみつき、膨張、集束し、破裂するようにして周囲をまきこみ崩壊を引き起こした。

黒い球体がリングに生まれ、のみこまれてゆく。
リングの床が、丸くえぐれ、誰もがその威力に恐れさえ覚えた。

デクは欠片さえ残らないかもしれない。そう思うほどの威力。


デク「くっ……」

重力人形が消えた場所で、デクは片膝をついていた。
デクは生きているが、かなりの傷を負っているように見えた。


デク(……これ以上はレフリーストップがかかる。こうなったら……!)

貴方(手ごたえはあった。それでも闘志は衰えない。まだ、終わらないという事ですね!)


デクは覚悟を決め、ゆっくりと立ち上がる。


双方、次の一撃が、この試合の行方を決めると確信していた……!



行動を選択してください

基本ルール>>7
負傷ルール>>3

貴方
体:97 知:77 心:126 個性練度:218+12 議事時間停止の使用によるプレッシャー1(コンマ-10)


↓2 選択 ※ノーリスクで出来る練度上昇はすでにしてあります

1 個性で攻撃    貴方の個性練度+能力値(体、知、心)と相手の強さと対決。選択がない場合最も高い能力
2 威圧する     相手にプレッシャー>>4 を与える 貴方の心と相手の心で対決
3 負傷の効果を使う >>3 コンマ判定回数を1回増やす 残り0回 行動消費はありません
4 練度上昇     周囲の物体を消費しパワーを上げる。『練度+1』するごとに『目標値+10』の制御判定(心判定) 行動消費はありません +12まで自動成功※2
5 攻撃を受ける   防御に徹する。相手の達成値がどれほど高くとも負傷は+1しかされない
6 その他      逃げるや降参、弱点を探る、他思いついた事を選ぶ場合はこちら

貴方の負傷 □□□□■←試合終了
デクの負傷 □□□□■←試合終了

デク ワンフォーオール・フルカウル・フルブースト!! 160 最終達成値2.5倍(150%)

※擬似時間停止はお助けポイント使用のタイミングで発動可能です
※2 +12までは判定なしで成功できるので、永続になります。それ以上になると行動毎維持判定が発生します


修正
デクの負傷 ■■■□■←試合終了

このレスは安価、コンマとは関係ないので無視してください
ミスったのでお助けポイントプレゼントじゃぁ! 15→16



選択 1 個性で攻撃


デク「……」

すっと、デクが力を抜いた。

観客「ざわっ!」
あまりに無防備な姿に、見ていた者がざわめく。


貴方「っ!」

しかし、貴方は知っていた。これは、ヤバイと。
最大の必殺技。オールマイトでいう、スマッシュが飛び出す前兆であると!

フルカウルとは、全身にワンフォーオールの力を観たし、身体能力を大きく上昇させる技術である。
その完成形とはすなわち、オールマイトのマッスルフォーム。

肉体さえ変貌させる大きなエネルギーを一旦ゼロとし、後動きにあわせ、体に溢れさせる。
体全体を巡るワンフォーオールの力を、運動のエネルギーと共にある一点へと集束させる。

拳という、発射台に。

本来扇状に拡散されるエネルギーを一点に集め、相手へぶつける。
それは、ライバルにして親友がもっとも得意とする力からヒントを得た、デク最大の一撃!


貴方(この狭いリングの上で、あの一撃はかわせない。ワームホールで逃げても、そこへうちこまれれば同じ。ならっ……!)

貴方はとっさに、重力を自分の前に集めた。


デク(彼への飛び道具は諸刃の剣。生半可な攻撃では、逆にワームホールでこちらに返される。それを許さないほど強力なパワーを!)

貴方の事をよく知るデクは、この一撃を放った場合どうなるか、よく知っていた。
よく知っているがゆえ、それの破り方も知っていた。


圧倒的なパワーを持って、その威力を返そうとするワームホールを破壊する。
そうすれば、その一撃とワームホール崩壊により、貴方へは計り知れないダメージが入る。

デクの狙いは、それだった!


デクのパワーと貴方の技術。どちらが上か、それが勝敗を分ける!


デク ワンフォーオール・フルカウル・フルブースト!! 160 +このレスのコンマ のち最終達成値2.5倍(150%)


貴方の攻撃!

↓1 ゾロ目あり 貴方練度230+心126 = 356 -10

デクの達成値 未満 貴方負傷+1 達成値半分以下の場合負傷+2
デクの達成値 以上 デク負傷+1
デクの達成値 2倍 デク負傷+2

↓3~5 多数決 『擬似時間停止』※2を使用するか またはお助けp>>10 を使用するか する場合、『ゾロ目に』か『誰の振りなおし』かを 判断不能なのは安価下 ※1
現在値:16

※1『擬似時間停止』を使用してゾロ目にするというのもありよ
※2擬似時間停止を使用した場合、個性が2倍(460で達成値+230)になりますが、>>4プレッシャー1を受け次の判定の達成値が-10されます。連続使用の場合プレッシャーは累積する

気づくのが遅れましたが、多数決でも連取りは止めてくださいね


デク コンマ 61+160 ×2.5 = 552

貴方 コンマ 83+346 = 429


デク勝利 貴方負傷+1 負傷1 かすり傷


貴方「っ!」


ばきんっ!
貴方の作り出したワームホールが割れかけたのに気づいた。

とっさにデクへ返すのをやめ、空へとその一撃をそらす。


ゴゴッ!!

空にあった雲が一つ、消し飛んだ。

空を見上げた観客が、それを、唖然と見る。


ピッ。


その余波で、貴方の頬が切れる。

かすり傷。

だが、貴方の背筋はまだ震えている。
最大の一撃はそらしたはずだというのに、まだ、なにか、ある!


貴方は、見た。
デクが次の一撃を放とうとしている姿を。

そう。腕は、二本ある……!


行動を選択してください

基本ルール>>7
負傷ルール>>3

貴方
体:97 知:77 心:126 個性練度:218+12


↓2 選択 ※ノーリスクで出来る練度上昇はすでにしてあります

1 個性で攻撃    貴方の個性練度+能力値(体、知、心)と相手の強さと対決。選択がない場合最も高い能力
2 威圧する     相手にプレッシャー>>4 を与える 貴方の心と相手の心で対決
3 負傷の効果を使う >>3 コンマ判定回数を1回増やす 残り1回 行動消費はありません
4 練度上昇     周囲の物体を消費しパワーを上げる。『練度+1』するごとに『目標値+10』の制御判定(心判定) 行動消費はありません +12まで自動成功※2
5 攻撃を受ける   防御に徹する。相手の達成値がどれほど高くとも負傷は+1しかされない
6 その他      逃げるや降参、弱点を探る、他思いついた事を選ぶ場合はこちら

貴方の負傷 ■□□□■←試合終了
デクの負傷 ■■■□■←試合終了

デク ワンフォーオール・フルカウル・フルブースト!! 160 最終達成値2.5倍(150%)

※擬似時間停止はお助けポイント使用のタイミングで発動可能です
※2 +12までは判定なしで成功できるので、永続になります。それ以上になると行動毎維持判定が発生します



選択 1 個性で攻撃


貴方(今度こそ跳ね返す? いや、無理だ。なら……!)


貴方も自身の前に、すべての擬似恒星を集中した。

デクの一撃にあわせ、同じく全てを集束させた一撃を放つ。


力と力のぶつかりあい。


全てを破壊する拳と、全てをのみこむ孔。


全力をかけた一撃が、リングの中央でぶつかりあう……!



デク ワンフォーオール・フルカウル・フルブースト!! 160 +このレスのコンマ のち最終達成値2.5倍(150%)


貴方の攻撃!

↓1 ゾロ目あり 貴方練度230+心126 =356

デクの達成値 未満 貴方負傷+1 達成値半分以下の場合負傷+2
デクの達成値 以上 デク負傷+1
デクの達成値 2倍 デク負傷+2

↓3~5 多数決 『擬似時間停止』※2を使用するか またはお助けp>>10 を使用するか する場合、『ゾロ目に』か『誰の振りなおし』かを 判断不能なのは安価下 ※1
現在値:16

※1『擬似時間停止』を使用してゾロ目にするというのもありよ
※2擬似時間停止を使用した場合、個性が2倍(460で達成値+230)になりますが、>>4プレッシャー1を受け次の判定の達成値が-10されます。連続使用の場合プレッシャーは累積する



デク コンマ 84+160 ×2.5 = 610

貴方 コンマ 23+356 = 379


デク勝利 貴方負傷+1 負傷2 軽傷


ゴアッ!!

デクの一撃と貴方の一撃がぶつかり合い、激しい風が吹き荒れた


吹きすさんだ風が消えたあと、リングに膝をついていたのは貴方だった。


クラスメイト「っ!!」

その姿を見たクラスメイトが驚きの表情を見せる。
貴方が膝をついた姿を見るのは、初めてといってもいいからだ


だが、貴方はすぐゆらりと立ち上がる
その姿に、ダメージは見えない


貴方「さすが、デク君」


貴方は、にっと笑う。
その一撃はむしろ、貴方の闘志に火をつけた!

そして、肩で息をするデクもまた、同じように笑い、構えをとった。

体はボロボロだが、デクの目からも、闘志の火は消えていない!


歓声は、ない。
皆息を呑み、この戦いの行方を見守っている。

デクの一撃により、流れが大きく変わり、勝負の行方はわからないからだ。


しかし、皆、確信している。
この戦いもじき、終わると……


行動を選択してください

基本ルール>>7
負傷ルール>>3

貴方
体:97 知:77 心:126 個性練度:218+12


↓2 選択 ※ノーリスクで出来る練度上昇はすでにしてあります

1 個性で攻撃    貴方の個性練度+能力値(体、知、心)と相手の強さと対決。選択がない場合最も高い能力
2 威圧する     相手にプレッシャー>>4 を与える 貴方の心と相手の心で対決
3 負傷の効果を使う >>3 コンマ判定回数を1回増やす 残り2回 行動消費はありません
4 練度上昇     周囲の物体を消費しパワーを上げる。『練度+1』するごとに『目標値+10』の制御判定(心判定) 行動消費はありません +12まで自動成功※2
5 攻撃を受ける   防御に徹する。相手の達成値がどれほど高くとも負傷は+1しかされない
6 その他      逃げるや降参、弱点を探る、他思いついた事を選ぶ場合はこちら

貴方の負傷 ■■□□■←試合終了
デクの負傷 ■■■□■←試合終了

デク ワンフォーオール・フルカウル・フルブースト!! 160 最終達成値2.5倍(150%)

※擬似時間停止はお助けポイント使用のタイミングで発動可能です
※2 +12までは判定なしで成功できるので、永続になります。それ以上になると行動毎維持判定が発生します



選択 1 個性で攻撃


双方限界が近い。

貴方の周囲に浮かぶ擬似恒星の数も少なくなり、デクも二度のフルバーストで肉体的にも限界をむかえ、心で持っているようなものだった。

二人はゆっくりと近づいて行く。
そこに派手な動きはない。

しかし、その一歩一歩には意味があり、互いにフェイントや先読みをして最後の一撃を加えようとしているのがわかった。
個性と力と技だけではない。ここにきて、見えないところでの頭脳戦が繰り広げられていた。


静寂の中、二人の歩く足音だけが場に響く。

ここまできては、もう、その戦いの行く末を見守るしか出来ないからだ。


「ふふっ」
「ははっ」

いつしか戦っている二人の口元には、笑みが浮かんでいた。
全力で戦える相手。力を出し切り、共に高みを目指せるライバル。

そんなかけがえのない存在が目の前にいて、全力で力をふるえるのだ。笑みがこぼれないわけがなかった!


それをリングの外から見るライバル達も、時に悔しく、時に羨ましく、時に微笑ましいと思いながら、その戦いを見守る。
次は、自分がそこに立つと、心に決め。


二人はリング中央へ赴き、ついにその手が触れ合う位置までやって来た。


あと、やることはただ一つだ!


デク ワンフォーオール・フルカウル・フルブースト!! 160 +このレスのコンマ のち最終達成値2.5倍(150%)


貴方の攻撃!

↓1 ゾロ目あり 貴方練度230+心126 =356

デクの達成値 未満 貴方負傷+1 達成値半分以下の場合負傷+2
デクの達成値 以上 デク負傷+1 貴方勝利!

↓3~5 多数決 『擬似時間停止』※2を使用するか またはお助けp>>10 を使用するか する場合、『ゾロ目に』か『誰の振りなおし』かを 判断不能なのは安価下 ※1
現在値:16

※1『擬似時間停止』を使用してゾロ目にするというのもありよ
※2擬似時間停止を使用した場合、個性が2倍(460で達成値+230)になりますが、>>4プレッシャー1を受け次の判定の達成値が-10されます。連続使用の場合プレッシャーは累積する



デク コンマ 25+160 ×2.5 = 462

貴方 コンマ 85+356 = 441


擬似時間停止を使用しました。貴方の達成値が+230されます。

貴方 達成値 671


お助けポイント16→15


貴方の攻撃!

↓1 ゾロ目あり 貴方練度230+心126 =356 85+230

デクの達成値 未満 貴方負傷+1
デクの達成値 以上 デク負傷+1 貴方勝利!

勝ち確定なので、お助けポイント使用の多数決はありません。



デク コンマ 25+160 ×2.5 = 462

貴方 コンマ 85+72+356+230 = 743


貴方 勝利!!


互いの最後の個性が、ぶつかりあう
全てを出し切った、渾身の一撃

激しい衝撃と共に、貴方とデク。双方個性を放った状態で動きを止めていた


にっ。


笑ったのは、デクだった

そのまま彼は、膝から崩れ落ちて行く


どぉっ

デクが倒れたのを確認し、審判は貴方の勝利判定を下す


マイク「勝ちは、『貴方』だあぁぁぁぁ!!」

観客「わあぁぁぁぁ!!」


堰を切った大歓声が、広がった。


貴方は大の字に転がったデクに手を差し伸べる。
勝敗に関係なく、力を出し切り、悔いのない結果を出した双方に、わだかまりなどあろうはずもない。

デクは差し伸べられた手を握り、勝者となった貴方を称えるのだった。


雄英の歴史にも残る決勝戦を制し、貴方はついに、雄英体育祭の総合優勝を果たした。

貴方の実力が、世に認められる時が来たのである。

それは、新たなヒーローの歴史の産声。

一気に注目を集めた貴方に、スカウトは殺到し、卒業後どのような進路につくのか。どのヒーロー事務所に行くのか、それとも誰かのサイドキックとなるのか。注目の的となった。


そして貴方は、オールマイトの援助を受け、デクこと緑谷出久と共に、ヒーロー事務所を開設する。


それは、輝かしい伝説の、幕開けでもあった……



──その日、新たな平和の象徴と呼ばれる二人のヒーローがデビューした。


学生時代から様々な逸話を残した彼等は、デビューしたてにもかかわらず、多くの人を救い、多くの事件を解決する。

彼等は助けを求める声があらば瞬時に駆けつけ、瞬く間に事件を解決してゆく。

ヴィランはその名を耳にするだけで恐れおののき、力なき人々はその名を口にするだけで勇気と安心を得た。


それはまさに、平和を象徴とするヒーローであった。


彼等が颯爽とその場に現われる時、その場にいる者は畏れをこめ、こう口にするだろう。



≪貴方達が来た!≫



と──



貴方のヒーローアカデミア おしまい



これにて、エピローグデクもおわりっ!

続いて他の人のエピローグに……とか、二周目に……とかいきたいところなんですが、ちょっとリアルが色々あって手が回らないので一旦幕ひきいたします。

スレが残っている間に時間が出来たりしたらひょっこり顔を出すかもですが、あまり期待はしないで下さい。

この一年、飛び飛びですが、楽しい時間でした。
また、機会があればよろしくお願いします!

ではっ!

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom