茶柱「転子と!星さんの!ダンガン☆クッキーング!」星「おい」 (17)

茶柱「なんですかいきなり! 番組始まって数秒ですよ!?」

星「呼ばれて来てみりゃなんだこれは。説明してくんねーか」

茶柱「見てのとおり料理番組です!」

星「俺が聞きたいのはこうなった経緯なんだが」

茶柱「そういえば星さんはあの時いませんでしたね。実はモノクマが『なんか盛り上げることしたいから男女ペアで料理作ってそれを放送してくれ』と」

星「唐突だな……。ヤツらしいと言えばらしいが」

茶柱「でも星さんはこういったことに乗り気ではないから参加してくれるかどうか不安だったので……」

星「無理もねーな。実際その場にいたら断ってただろうよ」

茶柱「そこで適当に騙して釣ればいいのではないかという結論になりました!」

星「……もう少し言い方ってモンがあるだろうよ」

茶柱「適当にお騙してお釣りすればよろしいのではという結論になりましたわ!」

星「口調の問題じゃねーよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1497869312

茶柱「そもそも、転子だって男死と組むのは嫌なんですよ!? ルール上だから仕方なくなんです!」

茶柱「転子にはもっとふさわしいパートナーがいるはずです! 夢野さんとか、夢野さんとか、それこそ夢野さんとか!」

星「夢野、いるんだろ。代わってくれねーか」

茶柱「ああ、夢野さんと料理……。想像するだけで滾ってきますね!」

茶柱「夢野さんのかわいらしい小さな手から作られる料理……食べてみたいです!」

茶柱「その味には転子もイチコロ! 隠し味は恋の魔法に違いありません!」

茶柱「でも転子が本当に食べたいのは夢野さん、あなたなんです! ……なんて! キャー!」

星「ダメだ、完全にトリップしてやがる……」

茶柱「さて、軽快なトークで場を和ませたところで」

星「会話のキャッチボールどころかピッチングマシーンのように一方的だったけどな」

茶柱「今回作る料理を紹介します! それは……カレーです!」

星「言っとくが俺は料理はできねーぞ?」

茶柱「ふっふっふ……。こんなこともあろうかと東条さんから素人でもできるレシピをもらってきたんですよ!」

星「東条のお墨付きか。レシピ通りに作れば失敗することもねーか」

茶柱「では早速このレシピにアレンジを加えたいと思います」

星「俺の話聞いてたか? わざわざ改変する理由がねーだろうよ」

茶柱「ダメですよ星さん! 料理は独創性です! 新しい味を生み出し、食べてくれる人を楽しませられるかが大事なんですよ!」

星「そ、そうなのか。悪りぃ、なんでも頭ごなしに否定するのはクールじゃなかったな」

茶柱「まあ転子も料理に関心が無いのでこれが正しいのかどうか分かりませんけどね!」

星「じゃあ何で俺は今怒られたんだ……」

茶柱「ではまずは野菜を洗って皮を剥きます! 星さんはこちらの半分をお願いしますね」

星「ま、このくらいなら俺でも出来るか」

茶柱「ちょっと厚く切りすぎじゃないですか? それでは食べれる量が減ってしまいますよ」

星「慣れてねーんだ、少しは見逃してくれ。そういうお前は……ほう、よくできてるな」

茶柱「コツがあるんですよ、コツが」

星「ほう」

茶柱「全ての野菜を夢野さんだと思えばその扱いも丁寧になるというものです!」ハアハア

星「少しでも感心した俺が馬鹿だったぜ……」

茶柱「まるで夢野さんの服を剥いてるみたいで……いいんでしょうか、こんな!」

星「少なくとも人としてはよくないな」

茶柱「さて、全ての夢野さんを剥き終えたところで次は夢野さんを切りたいと思います!」

星「いい加減夢野に例えるのはやめたらどうだ。字面がひでえことになってるぞ」

茶柱「確かに、夢野さんを切ると言うのは転子にはできません……。くっ、ここで転子の挑戦は終わってしまうのでしょうか!」

星「いや、普通に切れよ」

茶柱「包丁に慣れていないので形が不気味になってしまうんですよ」

星「お互い料理に関しては素人だ。誰も咎めはしねえさ」

茶柱「そうです! 嫌いな男死を思い浮かべれば自然と力が入るというもの!」



茶柱「これは最原さん!」ザクッ


茶柱「これは百田さん!」ザクッ



星「よくできてやがる。男が関わるだけでこうも違うとはな」



茶柱「そしてこれは星さん!」ザクッ



星「せめて本人がいないところでやってくれねえか」

星「こんなもんか」

茶柱「やってみれば案外なんとかなるものですね! 転子と星さん、意外といいコンビなのかもしれません! ……男死なのがあれですが」

星「しかし、番組と言っちゃいるが誰が見るんだこんなもん」

茶柱「AVルーム辺りで思い出として流すのではないでしょうか? 転子たちの活躍を流せば視聴率ウツボ登りも間違いなしですけどね!」

星「それを言うならウナギだろ」

茶柱「では土用丑の日に食べる魚は!」

星「……ウナギだな」

茶柱「体の部分で特に首筋の後ろの名称は!」

星「うなじ」

茶柱「……!」

星「『なぜ分かった』みたいな顔されてもな。むしろなぜ引っかかると思ったんだ」

茶柱「夢野さんは引っかかりましたよ」

星「夢野……」

茶柱「アンジーさんは最初のフリの時点で同意されてしまいました……」

星「お前も変なところで苦労してるんだな……」

っカンペ


茶柱「ふむふむ……えっ!?」

星「どうした」

茶柱「大変です! もう尺が少ないらしいので急いでほしいとのことで!」

茶柱「ぐぬぬ……何が原因だったのでしょうか」

星「9割方お前のおしゃべりだと思うが」

茶柱「仕方ありません。どうやら転子の本気を見せる時がきたようですね……」





茶柱「はあああああ……!!」






茶柱「今の私は……スーパー転子ゴッドです!」





茶柱「スーパー転子ゴッドはネオ合気道を極めた転子だけがなれる最終形態なのです!」

星「つまり料理には一切影響がないのか」

茶柱「安心してください! スーパー転子ゴッドには特殊能力があります!」

茶柱「スーパー転子ゴッドの特殊能力……それは夢野さんの気を探知し居場所を当てることができるのです!」

星「やっぱり料理関係ないのか」

茶柱「見えます……AVルームで皆さんと番組を視聴している夢野さんの姿が!」


茶柱「そして当てられて驚く夢野さん!」


茶柱「顔を青くして震えている夢野さん!」


茶柱「……こんなものですかね。能力に異常なし! これでいつでも夢野さんを守れます!」

星「能力が故障してたほうが夢野のためになると思うがな」

>>8ミス
× 茶柱「今の私は……スーパー転子ゴッドです!」

◯ 茶柱「今の転子は……スーパー転子ゴッドです!」

茶柱「さっきから小言が多いですね! そこまで転子に冷たくする必要はないでしょう!」

星「いや、お前の言動に文句が多くなるのも無理はないだろ」

茶柱「いいコンビだと思っていましたが……やはり星さんも男死! 転子とは相容れない運命だったのですね!」

茶柱「あの時二人で誓った料理人になるという夢……果たせないまま対峙する日が来るとは」

星「目指したこともねーよ」

茶柱「そして散っていった夢野さんの仇を取るため……」

星「夢野……お前死んでるのか」

茶柱「今、ここで、あなたを倒します!」


茶柱「きええええ!!」




茶柱「転子の活躍が世界を救うと信じて! ご視聴ありがとうございました!」

星「カレー作れよ」



おしまい

朝起きたら神様が頭の中にこのネタをくれました(アンジー並感)

でも何でこの二人なんすかね?

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom