りんぱな「「サンドイッチ~♪」」真姫「ヴェエエエエ!?」 (29)

真姫「ちょっと! いきなり何なのよ!///」

凛「いや~、最近寒くなってきたにゃ?」

花陽「だからこうやって皆で暖まろうと思ったんだぁ」

りんぱな「「ね~♪」」

真姫「だからってこんな……///」

凛「おやおや真姫ちゃん照れてるにゃ? ほらほら、遠慮せずに抱きしめ返してくるにゃ」

真姫「調子に乗るなっ」コツン

凛「あたっ」


マッタクモウ
ゴメンッテバー
フフフ





ことり「……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1497748360

ことり「ねえねえ二人とも、サンドイッチしよう♪」

海未「サンドイッチ……ですか?」

穂乃果「あれ美味しいよね~。私は間にハムが挟まってるやつが好きだなー」

ことり「そうじゃなくて……こう、皆でぎゅーってするの」

海未「あー……なんとなくことりの言いたい事がわかりました」

海未「誰かが間に挟まって、3人でハグをするんですね?」

ことり「そうそう♪」

穂乃果「いいよ~。でもどうして急に?」

ことり「あ、さっき凛ちゃん達が……」


~説明中~


海未「……なるほど、それは確かに暖かそうです」

ことり「ね? ね? やろ♪」

ことり「あ、誰が真ん中になる?」

海未「うーん……穂乃果でいいんじゃないでしょうか」

穂乃果「え、私?」

海未「穂乃果はいつも私達の中心に居ますし、適任かと」

ことり「賛成~♪」

穂乃果「そっか、じゃあ私が真ん中で」

ことり「おいで、穂乃果ちゃん♡」

穂乃果「ことりちゃ~ん♡」

ぎゅ~っ

ことり「ほらほら、海未ちゃんも♡」

穂乃果「はやくはやく~」

海未「は、はい」

ぎゅ~っ

ことほのうみ「「「……///」」」

ことり「……暖かいね」

穂乃果「うん。それに……安心する」

ことり「海未ちゃんは?」

海未「私……? 私は……なんて言うんでしょうか」

海未「こうして二人を抱きしめていると、とても幸せを感じます」

海未「自分の腕の中に大切な人達がいる」

海未「ちゃんと自分の手の届く距離にいて」

海未「二人の温もりを感じる事ができる」

海未「そう思うと……やっぱり幸せなんだなって思います」ニコ

穂乃果「そ、そっか……///」

ことり「あ、ありがと……///」


穂乃果(ひゃー……まともに顔見れないよ///)

ことり(ほのかちゃん顔真っ赤……/// 多分、私も……///)


ニコニコ
プシュー
チュンチュン





希「……」

希「なぁなぁ、サンドイッチせえへん?」

絵里「サンドイッチ? ……するというより食べるじゃないかしら」

希「ちゃうちゃう。にこっちは知ってる?」

にこ「ん? やったことあるわよ、妹達と。両側から抱きしめるやつでしょ?」

希「そうそう。あれやってみたいんよ」

絵里「3人で?」

希「そ、3人で」

にこ「えー……」

希「なんや、乗り気じゃないなぁ」

にこ「だって、なんか……恥ずかしくない?」

絵里「あら、いいじゃない。たまにはこういうのも」

希「えりちは乗り気みたいやけど?」

にこ「んー……」

希「なぁ、にこっち……うちら仲良しじゃないん?」

にこ「……まあまあ仲はいいと思うわよ」

希「じゃあしよ。ことりちゃん達もやってたで?」

絵里「あの3人ならありそうね」フフフ

希「ことりちゃん達ができるならうちらもできるやろ。な、にこっち」

にこ「ぐぬぬ……わかったわよ、ったく……しょーがないわね」

絵里「にこも素直じゃないわね」

にこ「うっさい」

希「誰真ん中にする?」

絵里「にこで」

にこ「即決!?」

希「あー、ええな……決まりやね」

にこ「ちょっと!あたし良いって言ってないんだけど!?」

絵里「その身長で抱きしめに来るつもりなの?」

希「ま、にこっちは抱きしめられる側やな」

にこ「はぁ!? あんたらねぇ……」

希「いいからおいで、にこっち」

にこ「誤魔化すんじゃ……」

希「おいで」

にこ「……」

てくてく ぽすっ

希「ええ子やな」ナデナデ

にこ「……///」ムス

絵里「素直じゃないわね」

にこ「うっさい!」

希「えりち、かもーん」

絵里「はいは~い♪」

ぎゅ~っ

にこ(!?)

にこ(ちょっ、これ……二人の胸に……!)

希「はぁ……あったか」

絵里「ええ……いいわね」

にこ「ね、ねえ、ちょっと!」ジタバタ

希「どしたん、にこっち」

にこ「あの……その……///」

希「んー? ……ああ、そういうことな」クス

絵里「どうしたの?」

希「にこっちな、うちらの胸が気になるんやて」

絵里「あー、なるほど……にこの身長だと丁度当たっちゃうわね」

希「どうしよっか?」

絵里「どうしようかしらね、このままでいいんじゃない?」

にこ「よくない!」モガー

希「ところでにこっち」

にこ「あによ」

希「うちらと一緒に居てどうだった?」

にこ「どうだったって……何が?」

希「楽しかった?」

にこ「まぁ……悪くはなかったわ」

希「良くもなかった?」

にこ「……何が言いたいのよ」

希「何やろな、たまにはにこっちの本心が聞きたいなって」

希「うちはにこっちと一緒で楽しかったよ」

絵里「私も。こうして仲良くやってこれて本当に良かったと思うわ」

にこ「な、何よ、急に……」

希「別に急じゃないんよ。いつか言おうと思ってたことだから」

希「にこっちに『一緒に居てくれてありがとう』ってな」

にこ「っ……」

希「でもな、ちょっと不安だったんよ」

希「えりちにも話したことあるけど、覚えてる?」

絵里「ええ、覚えてるわ」

絵里「私達はにこと居て良かったと思ってる」

絵里「でも、もしかしたらにこの方は何とも思ってないんじゃないか……」

絵里「私達だけが勝手にそう思ってただけだったとしたら……ってね」

希「そうや。だからな、にこっちの本心がどうしても知りたかったんよ」

にこ「あたしは……」

にこ(……なんて答える?)

にこ(あたしも二人と居て良かった。それは間違いない)

にこ(でも、上手く言葉にできない)

にこ(はぁ……ほんと素直じゃないわね、あたし。絵里の言う通りだわ)



にこ(………………じゃあ今から素直になればいいじゃない)

にこ「あの、ね」

希「うん」

にこ「あたしは良かったと思う……二人と、いて」

絵里「うん」

にこ「一人じゃなくなったし……楽しかったし……」

にこ「だから、その……」

にこ「あ、ありが、と……///」

のぞえり「「……」」

ぎゅ~っ

にこ「な、何!?///」

希「ああ~!! もうほんとかわええなぁ~、にこっちは~!!」

絵里「ほんとよね~。流石は大銀河宇宙No.1アイドル、抱き締めたくなるわけだわ~」

にこ「ちょっ、くるし……」ギブギブ

希「なぁなぁ、今日はうちの家でお泊りせえへん?」

希「こうしてにこっちを抱きしめて3人で寝るってのはどう?」

絵里「ハラショー。いいわね、そうしましょう」

にこ「ええっ、またこれやるの!?」

希「嫌なん?」

にこ「……別にいーわよ、仲良し3人組? だし……」ゴニョゴニョ

希「にこっち~」ギュッ

にこ「だー、もううっとうしいわね! 抱きつくな!」

希「ま、何はともあれ……これからもよろしくな、にこっち」

絵里「よろしく、にこ」

にこ「……うん!」



終わり

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom