【艦これ安価】提督「懺悔すること?」【番外編】 その3 (811)

3スレ目です

【艦これ安価】提督「懺悔すること?」【番外編】 その2 - SSまとめ速報
(https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496230324/)

の続きになります


ーーーーーー

霞「……さて、あれからしばらく時間が経って、今日は電の準備が整った日だそうよ」



龍驤「ということは今日丸一日、司令官と電は地下の部屋に監禁されるっちゅうわけや」



霞「部屋の準備は万端よ。あとは準備の整った電とクズ司令官を放り込むだけね」



龍驤「その前に、暁達の所へ行って電の様子を見てみよか」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1497524103

ーーーーーー

龍驤「おーい第六駆逐隊達、電の様子はどうや?」



暁「あら龍驤さん、服装もバッチリ決まってるわね」



龍驤「今日は実質ウチの鎮守府になるわけやからな、気合い入ってるで!」



霞「肝心の電だけど…どうなってる?」



響「電なら…下3」


下3 電の様子or見た目は?

ぷらずま「とっとと部屋に入れるのです」



龍驤「なんか様子がおかしいみたいやけど?」



響「数日前からこうなんだ」



雷「なんだか電じゃないみたいなの」



暁「そう、こうなってから…下3」


下3 ぷらずまの奇行とは?

暁「サンダー系の魔法が使えるようになったみたいなの」



龍驤「意味がわからんのやけど」




ぷらずま「サンダーボルトで戦艦を沈めてやったのです」




霞「…よくわからないけど、調子は悪くないのね」



ぷらずま「絶好調なのです」



龍驤「それやったらよかったわ。なら次は司令官やね」


ーーーーーー


霞「クズ司令官、調子はどう?」



提督「下3」

下3 提督の様子or見た目は?

スパーク提督「何故か知らんが全身に力が湧いてくる、電撃でも撃てそうだ」



霞「この夫婦は禁欲すると雷属性でも付くようになってるの!?」



龍驤「まあまあ、調子が悪いわけやないんやから別にええやん」



ーーーーーー地下室


霞「さて、ここで二人は丸一日過ごしてもらうんだけど」



スパーク提督「あぁ…やってやるさ」



龍驤「電は何か言うことあるか?」


ぷらずま「下3」

下3 電の一言か意気込みは?

ぷらずま「全て搾り取ってやるのdeath」



龍驤「なーんか発音がおかしい気もするけど…まあ頑張りや」



スパーク提督「任せておけ」



ガチャン



龍驤「…さあ、ウチらはどないする」



霞「そうねぇ…」


下3 行動安価

1 このまま明日まで電達を放っておこう
2 残りのリストを片付けていこう
3 春風と姫ちゃんの様子を見て見よう
4 その他

4の場合は何をするのかも

霞「残りは私達で解決できそうだし、この際だからやっちゃいましょう」



龍驤「せやね、残りはこれだけやけど、何を解決する?」



1 三度青葉
2 スランプ川内



霞「下3」

下3 解決するものを

霞「また青葉さんなのね…」



龍驤「もう金儲けはせんでもええって言うてたはずやのに、何が問題なんやろね?」



霞「とにかく会いに行きましょう」



ーーーーーー


霞「青葉さん、失礼するわよ」



龍驤「ん?青葉あんた…」


下3 部屋での青葉の様子or見た目は?

例の顔をした青葉「」



龍驤「なんなんその顔?」



霞「まるで生気がないというか、感情がないというか…」



青葉「実はですね…」

霞「FXで有り金全部溶かしたぁ?」



龍驤「全部て、確か2億くらい持ってたんと違うんか?」



青葉「ふふ…ははは……」



霞「なんでそんなことになったのよ!?」



青葉「初期投資さえあればFXは儲かるって聞いたんです…青葉は軍資金はあったので…」



龍驤「そんなんいきなり素人ができるもん違うで!」



青葉「おっしゃる…通りで…」

青葉「青葉は愚か者です…ははは…」ハイライトオフ



霞「ダメな目をしてるわ…」



龍驤「これはウチらでどうにかなるんかいな…」



霞「ちなみになんだけど…今お金って残ってるの?」



青葉「下3」

下3 今現在の青葉の残高は?まぁまぁ、や壊滅的、など言葉でも可

青葉「4016円です…」



龍驤「給料日まであと…2二週間近くあるんやで!?」



霞「こればっりは私達でもどうにもできないわね」



龍驤「なんとか助けてやりたいけども…せや、なんか当てはないんか?」



青葉「下2」


下2 青葉の台詞を

青葉「事情を説明してソープランドで日雇いのバイトをしてるんです」



霞「そーぷ?あわ?」



龍驤「お前…!自分が何してんのかわかってんのか!?」



青葉「……」



霞「ねぇそーぷってもしかして…」



龍驤「せや風俗や……なぁ、まさか嬢として働いてんのか?」


青葉「下2」

下2 青葉の台詞を

青葉「洗濯、掃除、その他雑用、女性の顔写真を綺麗に撮る仕事等です」



龍驤「…まだマシやけども、艦娘がそんな所に出入りしてるってバレたらどうなるかわかっとんのか?」



青葉「それは…重々承知してます」



霞「まず司令官が飛ばされて、その次はこの鎮守府の解体…私達みんなバラバラね」



青葉「…そんなのわかってるんです。でもどうしようもなかったんです!!」

龍驤「開き直りか?自分の蒔いた種やで」



青葉「でも…!」



霞「仲のいい人にお金を借りるとか、そういうのもあったんじゃないの?」



青葉「うぐ……」



龍驤「そういう仲の友人を作られへんだ青葉が悪いな」



青葉「……青葉ばどうすればよかったんですかぁ…」

霞「知らないわよ、自分で考えなさい」



龍驤「霞、それやとウチらが来た意味が…」



霞「こいつは事の重大さがわかってないのよ。暫く頭を冷やしてなさい」スタスタ



青葉「……ぎぃ…」ギリギリ



龍驤「おい霞……青葉、ちょっと待っとってな!」

霞「ほんとに馬鹿ばっかりなんだから…」



ザザー



霞「…海はいいわね。陸からこうやって眺めてると、別の景色みたい。毎日見飽きてるはずなのに…」



ザザー



霞「……」



下2「あれは…」


下2 訪れた人物を

古鷹「霞ちゃん?どうしたの?」



霞「古鷹さん…別に、なんでもないわ」



古鷹「…私でよかったら話聞くよ?」



霞「なんでも…ないったら…」



古鷹「じゃあ…なんで泣いてるの?」

霞「…気のせいよ」ポロポロ



古鷹「話たくないんなら、私隣にいるから。独り言なら言ってくれる?」



霞「……」



古鷹「……」



霞「……古鷹さんは、この鎮守府のこと…司令官のことはどう思ってる?」



古鷹「下2」

下2 古鷹の台詞を

古鷹「家族、かな。それで、提督はお父さん…みたいな感じかな」



霞「そう……あのね、聞いて欲しいんだけど…」



ーーーーーー


古鷹「青葉は全く…私からもよく聞かせておくよ」



霞「そう…助かるわ」



古鷹「霞ちゃんは…どう思ってるの?鎮守府と提督のことは?」



霞「下2」


下2 霞の台詞を

霞「魂よ」



古鷹「魂?」



霞「私の体の一部というか…ここは私にとって全てなの」



古鷹「提督もそうなの?」




霞「…そうよ」



古鷹「ふふふ…そうだよね。あれだけ嫌がってた秘書艦もやってるし。嫌いなら…引き受けたりしないよね」




霞「……」

霞「さっき自分で言って自覚したんだけど…もしここが解体になったらどうなるんだろうって」



古鷹「…うん」



霞「せっかくみんなとまた会えたのに…礼号組やお姉ちゃんとも」



古鷹「うん…うん…」



霞「またバラバラになっちゃうんだって思ったら自然に…涙が…」ポロポロ



古鷹「……ここには私しか居ないよ」




霞「……ひぐっ、古鷹、さん……うわぁぁあん…」





今日はここまで、またお願いたします

ちょっと再開します
先に安価だけ取っておきます




古鷹「……落ち着いた、霞ちゃん?」




霞「ずび……うん、ごめんなさい、制服汚しちゃって」



古鷹「霞ちゃんの涙なら汚くないよ…なんてね、ふふっ」



霞「…みっともない所、見せちゃったわね」




古鷹「そんなことないよ。私でよければいつでも受け入れてあげるからね?」



霞「ありがとう……古鷹さん」




古鷹「ふふふ…下3」


下3 古鷹の台詞を

古鷹「霞ちゃんかわいい」



霞「……急にどうしたのよ」


古鷹「かわいいって思ったから、素直にそう言っただけだよ」



霞「そう…」



古鷹「……ねぇ霞ちゃん、辛いこと全部忘れさせてあげようか?」



霞「え、それって…」



古鷹「どう…かな?」



霞「下3」


下3 霞の答えを

霞「うん…古鷹さんならいいよ」



古鷹「…って言っても私もあんまり経験無いから、うまくリードできるかわかんないんだけどね、ははは」



霞「……優しくしてね?」




古鷹「うん、全部きれいに忘れさせてあげる……部屋、行こうか」ギュッ




霞「あっ……うん」

ーーーーーー

霞「……ふう」



古鷹「ごめんね、そんなに上手じゃなかったでしょ?」



霞「ううん、とっても安心できた。ねぇ、古鷹さんさえよかったらまた……お願いできる?」



古鷹「…うん、いいよ」ニコッ



霞「…優しいのね」




龍驤「霞!ここにおったか!」ガチャ



霞「あっ、龍驤さん……」



霞「うえ!?霞と古鷹が…?いや、それどころやないんや、青葉がな…!」



下3 青葉の様子or状態は?

龍驤「『探さないで下さい』っちゅう手紙を残して失踪したんや!」



霞「大変、今すぐ探しにいかないと……ん…」



古鷹「霞ちゃんはまだゆっくりしてて。私と龍驤さんで行ってくるから」



霞「……ごめんなさい、任せてもいい?」



古鷹「もちろんだよ。行こう、龍驤さん」



龍驤「お、おう。ほな行こか」

龍驤「…にしても意外やな。霞と古鷹がそういう関係やったなんて」



古鷹「あはは…実は今日が初めてなんだけどね」



龍驤「ほんまに?」



古鷹「うん、霞ちゃん凄く落ち込んでたみたいだったから。少しでも元気になればって思って」



龍驤「…ま、今は関係ないから置いとこか。それより青葉が行きそうな所ってどこやと思う?」



古鷹「下3」


下3 失踪した青葉がいそうな場所は?

古鷹「衣笠の布団の中、かな」



龍驤「冗談言うてる場合とちゃうで!でもまぁ、ここからやと衣笠の部屋をちょうど通りかかるから、一応行ってみよか」



ーーーーーー


龍驤「衣笠、失礼するで」コンコン



古鷹「青葉がここに来てないかな?」



下2 青葉は衣笠の部屋にいた?

衣笠「あっ、二人共……」添い寝



青葉「うぅ…ぐす……」



龍驤「…とりあえず姿が見えて安心したわ」



古鷹「衣笠、青葉に添い寝してあげるの初めてじゃないよね?」



衣笠「うん……青葉って凄く落ち込んだ時とかはいっつも私の布団に隠れるの」



龍驤「それでついでに添い寝、か。確認やけど、それだけやんな…?」



衣笠「下2」


下2 青葉と衣笠は大人の関係があった?

衣笠「…これでわかってくれる?」布団チラ



龍驤「……!お楽しみやったみたいやね」



古鷹「青葉と衣笠は姉妹なんだよ!?」



衣笠「わかってるんだけどさ、一回しちゃったらもう後は…ね。こんなことよくないってわかってるんだけど」



龍驤「近親相姦なんて、タブー中のタブーやで!」



衣笠「…うん、わかってる」

衣笠「でもさ、所詮青葉とは本当の姉妹じゃないし、子どもができる心配もないからさ」



龍驤「だからってなぁ!」



衣笠「……今回も青葉がやらかしたんでしょ。何も言わずにずっと求められたから…大体わかるよ」



古鷹「うん、実はね……」


ーーーーーー


衣笠「それはどう考えても青葉が悪いね…」



古鷹「霞ちゃんはみんなと離れ離れになるかもって想像して、泣いてたよ」



龍驤「霞が……」

龍驤「あっ、だから古鷹が霞を…」



古鷹「うん、あれでちょっとは安心してくれたらいいんだけど」



衣笠「…ねぇ青葉、逃げてばかりじゃどうにもならないよ?」



青葉「……」



衣笠「とりあえず霞ちゃんに謝ろう?ね?衣笠さんもついて行ってあげるからさ」



青葉「…下2」

下2 青葉の台詞or行動を

青葉「やだ…ママァ…」



龍驤「なんやこいつ!フザケとんのか!?」



衣笠「待って!ショックで幼児退行してるだけなの!一回寝かせれば戻ると思うから…」



古鷹「衣笠、間違ってたら申し訳ないんだけど、青葉がお金に執着してるのって小さい頃に何かあったの?」



衣笠「……うん、そうだよ」



古鷹「よければ聞かせてくれない?」

衣笠「青葉ってね、実は凄いお嬢様なの。実家は超がつくくらいのお金持ちで」



龍驤「ほんまに!?」



衣笠「でもある事件が起こるの。青葉が小さい頃に誘拐犯に攫われて、身代金を親に請求したの」



古鷹「よくある事件…ですね」



衣笠「でもね、青葉の親御さんは身代金を払わなかったの」



龍驤「!!」



衣笠「青葉は女の子でしょ?後はどうなったか……言わなくてもわかるよね?」

古鷹「そんな、自分の子どもなんですよ!?」



衣笠「理由は簡単、青葉とお金を天秤に掛けて、お金を取ったからなの」



龍驤「はぁ!?」



衣笠「その身代金は将来青葉が稼ぐであろう金額をゆうに超えていたらしいの。そんなお金を払ってまで、青葉はいらない。投資額と還元率を考えたら…」



古鷹「もういいです!!」

衣笠「散々遊ばれた青葉は森に捨てられたんだけど、猟師に運良く見つけてもらってなんとか命は助かったの」



古鷹「もう…これ以上は…」



衣笠「成長した青葉は自分はお金に負けたと知る。お金で買えないものはないんだと自覚していくの」



古鷹「……う…うぅ…」



衣笠「青葉にとってはお金が全てで、それ以外は無いに等しいの。友達や、信頼なんかもね」

衣笠「お金さえあれば、幸せも手に入ると思ってるんだろうね」



古鷹「もう……青葉……」



龍驤「…衣笠はどうしたいんや?」



衣笠「どうって?」



龍驤「青葉をや。このままでいいと思ってるんか?」


衣笠「下2」

下2 衣笠は青葉をどうしたいorどうしようと思っている?

衣笠「お金じゃ手に入らないものもあると知ってほしいな」



龍驤「だからこうやって甘やかしてるんか?」



衣笠「これは私のエゴ。青葉のはけ口になれれば私はそれでいいの」



古鷹「でも、そんなのって!」



衣笠「…青葉はね、子どもができない体なの。小さい頃乱暴された影響でね。だからちょっと見た目も…あれなの」



古鷹「そういえば、青葉さんとお風呂一緒になったことって無いです…」



衣笠「でも私の前だと全てを晒してくれるの。それが嬉しいっていうのもあるし…」



龍驤「衣笠、あんた青葉のこと…」



衣笠「下3」


下3 衣笠は青葉のことをどう思っている?

衣笠「狂おしいほど好き」



龍驤「でも青葉は衣笠のことをなんとも思ってないんやろ?」



衣笠「都合のいい抱き枕か何かと思ってると思うよ。でも、それでも私は青葉が好きなの」



古鷹「衣笠さん…」



衣笠「青葉が幸せになるんだったら、文字通り私は狂ってもいいの。絶対に青葉は誰にも渡さない…!」

衣笠「……ごめんね興奮しちゃって。一旦青葉を寝かせたいから、出ていってくれるな?」



龍驤「…わかった。古鷹、行こか」



古鷹「衣笠、無理…しないでね?」ガチャ



衣笠「二人共行っちゃったね。ここに居てくれた方がよかったのにね」


青葉「うぅん……ママ…」



衣笠「青葉…貴女だけは絶対に一人にしない」

衣笠「……ね、青葉。ちょっと相談があるんだけど」



青葉「ママ…ママァ…」



衣笠「このまま二人で永遠に幸せになる方法があるんだけど、知りたい?」



青葉「ん…ぅん……」

衣笠「青葉と違って艦娘って形で私は命をもらったけど、青葉も女の子なんだよね」



青葉「…………」



衣笠「この命が続く限りは、青葉とは永遠に結ばれないんだよ」



青葉「…………」



衣笠「……一緒にいこう?」スチャ



青葉「……下3」


下3 青葉の台詞を。正気に戻ることはなかった、も可

青葉「……!!ひええ…おたすけ~!」



衣笠「あっちょっと青葉!」



青葉「ひええええー!」バタン!



衣笠「あんた自分の格好…!もう待って青葉!」バタン!

ドタドタ


龍驤「……ん?なんや?」



古鷹「なんだか足音が…」



ドタドタドタドタ



青葉「ひええええええええー!」パンイチ



龍驤「ぶっ!青葉あんた…!」



古鷹「パンツ一枚で猛ダッシュしてる!?」

青葉「お、お助けをー!」


ドタドタドタドタ


衣笠「青葉!待ちなさいったら!」パンイチ



龍驤「衣笠まで裸かいな!?」



古鷹「とにかく二人を捕まえましょう!!」



龍驤「せやな、このままはマズイ!」



古鷹「青葉ー!!」



龍驤「衣笠、止まれー!!」

危なかった


今日はここまで、またお願いします


ちなみに見た目が…というのは正の字を刻まれてる感じと思っていて下さい。うまく表現できませんでした


それではお休みなさい

太ももか腹にでも刃物で傷付けられたんじゃねーの

ちょっと再開する前に


>>152さんが言う通り腹とか太ももに傷が入ってます。レイプものでよくある正の字とか→便器とかが、ペンじゃなくて刃物で傷つけられてる感じです


正の字は誰が見てもわかるくらいの感じで、便器とか→は、ナイフで皮膚に刻むのは難しいのでガタガタというか、汚い感じで傷が残ってます


参考画像持ってこようとしましたが、どこにもなかったので各自で補完をお願いします


それでは次から再開します

龍驤「理由はどうあれ裸で鎮守府を走り回るのはよくないわな」



青葉、衣笠「……ごめんなさい」パンイチ正座



龍驤「…とりあえず青葉はズボン履き。ウチは何も見てないから」



青葉「すいません失礼します」



古鷹「私も、何も見てないからね?」



青葉「いやーお気遣いありがとうございます!」



龍驤「……なんか思ったより明るいんやけど」



古鷹「かなりのトラウマだと思って…気を使ってたんです…」



青葉「だって…下3」


下3 青葉の台詞を

青葉「明るくしてないと、また捨てられちゃいますから」



古鷹「提督はそんなことしないよ!」



青葉「所詮提督も人ですから。目の前にお金を積まれたら喜んで皆を差し出すと思いますよ?」



龍驤「お前本気で言うてんのか!?」



青葉「龍驤さんこそ本気で言ってるんですか?お金で買えないものはないんですから」



衣笠「……下3」


下3 衣笠の行動or台詞を

衣笠「歯ぁ食いしばれ青葉ぁ!!」



青葉「え、衣笠……オェッ!」腹パン



衣笠「提督さんは絶対そんなことしないの!いい加減お金で買えないものもあるってわかってよ……うぅ…」



古鷹「青葉さん大丈夫ですか?衣笠さんも…」



龍驤「……青葉、衣笠に殴られたぐらいじゃわからんか?」



青葉「下3」


下3 青葉の台詞を

青葉「そんなの…青葉だって……っ」



龍驤「突然口抑えてどないしたん?」



青葉「…ぅ…オエっ…」ビチャビチャ



古鷹「きゃあ!青葉さん大丈夫?」



衣笠「ごめん青葉、強くやりすぎた?」



龍驤「とりあえず拭くものや!」

衣笠「ごめん、ごめんね?」



青葉「う…うぅ…ちがっ…」



龍驤「はいタオル!顔拭き!」



古鷹「青葉こっち向いて?」



青葉「違うんですぅ……なんでみんな青葉に優しくしてくれるんですかぁ…」

青葉「青葉はお金持ってないんですよ?私に優しくしても何にもならないんですよ…」



古鷹「青葉…」



青葉「青葉はそれで親に捨てられて……ぅぐっ」



龍驤「まだ吐きそうか?洗面器か何か持ってくるからちょっとだけ耐えてな」



青葉「青葉は…青葉は……」


下2コンマ判定 数値が高い程トラウマレベルも高い

コンマ07 克服可能なレベル


青葉「青葉は…」



衣笠「青葉!私が貴女を愛してあげるから!!」抱き



青葉「衣笠…今青葉は汚いですよ…」



衣笠「青葉のなら汚くなんてないの!お願いだから私達の話を聞いて…」




古鷹「そうです!この世にはお金で買えないものの方が多いですよ!」



龍驤「お金は確かに大切や。でもな、それ以上に大切なものがあるんやで?」



青葉「お金以上に大切…?」



龍驤「下3」


下3 龍驤の台詞を

龍驤「……衣笠、バシッと決めてや」



青葉「そこで丸投げしますか!?」



龍驤「だってうまい台詞思い付かんもん。青葉のことが大好きな衣笠やったら決めてくれるやろ!」



衣笠「ええ、まあそれくらいなら言えるけど…」



青葉「……え?今なんて言いました?」

衣笠「え?それくらいなら言えるって…」



青葉「違いますその前です。衣笠が青葉のこと大好きっていうのは…」



龍驤「なんや知らんかったんか?」



古鷹「衣笠さんは青葉にとって自分は都合のいい女、みたいな話でしたけど…」



青葉「なんでそうなるんですか!」



衣笠「ほんとに?でも青葉この前……」


下2 青葉が衣笠にやらかしたことor言った台詞は?

衣笠「衣笠と野球選手と合成した写真をネット拡散したじゃない!」



青葉「あれはですね、その…」



龍驤「そんなことしとったんか!?」




古鷹「なんでそんなことしたの?やっぱり衣笠さんは抱き枕くらいにしか思ってないの?」



青葉「違うんですって!あれはおふざけみたいなものです!」

龍驤「おふざけで妹のコラ写真拡散するんか…?」



青葉「だって元はと言えば衣笠が!」



衣笠「私?何かしたっけ?」



古鷹「衣笠さんはそういうことはしなさそうですけど…」



青葉「下2」

下2 衣笠が青葉にやらかしたことor台詞を。特になかったも可

青葉「寝相で絞め殺されかけたんです!それ以来青葉を恨んでばかりだと…」



衣笠「寝相なんかどうしようもないじゃない!」



古鷹「つまり、二人はお互いがお互いに嫌われていると思っていたんですか?」



龍驤「そうみたいやな…」



青葉「青葉ばっかり攻めてたのは、衣笠に少しでも気持ちよくなってもらいたかったからで…!」



衣笠「何も言わずに私の体を求めてきたのは青葉でしょ!?体くらい好きにさせろって意味だと思うじゃない!」

龍驤「あー…お二人さん?まず確認しときたいんやけど、衣笠は青葉のことが好きなんやな?」



衣笠「狂おしいほど好きって言ったじゃない!!」



龍驤「お、おう。じゃあ青葉は衣笠のことをどう思ってるんや?」



青葉「下2」

下2 青葉は衣笠のことをどう思っている?

青葉「お前が好きだぁぁ!!!! お前が欲しいぃぃぃ!!! 衣笠ぁぁぁぁぁ!!!!」ガバッ



衣笠「ちょっ!龍驤さんと古鷹がいるのに…!」



青葉「衣笠あぁぁぁ!!」パンツ脱がし



衣笠「いやーー!!ケダモノー!」



龍驤「なんなんやろ、これ」



古鷹「お二人がお互いに好き同士だってわかったんなら、それでいいじゃないですか」

衣笠「青葉、ね?気持ちはわかったからちょっと落ち着いて…」



青葉「ああああああ!」グイグイ



衣笠「ぬっ…この…!襲うのはまだいいけどシャワーくらい浴びて!」



青葉「大好きですぅぅぅ!!」



衣笠「い、いやー!こんなゲロ臭い姉に襲われたくないいぃぃぃ!ちょっと、二人共助け…!」



バタン


龍驤「…これでよかったんやね」



古鷹「これでよかったんですよ」

霞「あっ…古鷹さんに龍驤さん」



古鷹「霞ちゃん大丈夫?まだゆっくりしてていいんだよ?」



霞「ううん、古鷹さんに悪いし…それより青葉さんは?」



龍驤「無事発見して、とりあえず解決かな。衣笠が新たな被害者かもしれんけど…」



霞「…そう、ならよかったわ」

龍驤「なんや霞、随分大人しいな?まるで恋する乙女みたいやで!なんて……」



霞「古鷹さん、この後時間ある…ありますか?」



古鷹「今日は出撃はもうないし、大丈夫だよ」



霞「なら一緒に…お昼ご飯、食べませんか?」



古鷹「いいよ、一緒に行こっか!」ギュッ



霞「…………うん」

霞「龍驤さん、私がご飯食べてる間、一人でなんとかしてもらえますか?」



龍驤「も、もちろんそれくらいええけど…」



霞「ありがとうございます。古鷹さん、行きましょう」



古鷹「うん!龍驤さん、青葉達のこと、ありがとうございました!」スタスタ




霞「古鷹さんは何が食べたい…ですか?」



古鷹「うーんそうだな、今日はお魚かな」



霞「じゃあ、私はオムライスにするから…半分こにしませんか?」



古鷹「ふふっ、いいよ」ニコッ



霞「あっ…………」

龍驤「ウチは今とんでもないものを見てしもうたかもしれん。あの霞が……?いや、でも古鷹が相手やったらあり得んのか…?」



龍驤「ここはどうするべきなんや?このまま二人の後をこっそりつけていくのか…それとも空気を読んで執務室で待っとくのか…はたまたそれ以外のことをするのか…」



下2行動安価 龍驤はこれからどうする?どこへ何をしに行く、の形でも可

龍驤「……そういえば今日は司令官と電、霞と古鷹、青葉に衣笠とやっとる連中が多いな…」



龍驤「司令官とやらんようになってから暫く経つし……」



ーーーーーー執務室


龍驤「どうせこの時間は誰も来ーへんわな?」


スルスル…


龍驤「ん……司令官…」クチュクチュ



龍驤「はあ…はぁ……これ、イイ…司令官の椅子にウチの…が…」


下2 ゴニョゴニョやっている所を見られず無事終了できた?誰かに見られた場合はその人物名も

龍驤「ん…!イク……イク!」ビクンビクン



ーーーーーー

龍驤「ふぅ…すっきりした。補佐官用の制服も汚さんとうまくできたわ」



龍驤「そろそろ昼食も食べ終わったやろう霞も帰ってくるし…」



コンコン



龍驤「噂をすれば帰ってきたな。霞、入ってええでー」


ガチャ


霞「……」



龍驤「ん?霞お前…」


下2 帰ってきた霞の様子は?

霞「うぇ……ぐす……」



龍驤「どないしたんや霞!」



霞「りゅう……ひっく……おぇ…」



龍驤「ガチ泣きやないか…一体何が…?」



霞「ひっ、ひっ……ひっく…うぇぇぇぇ」

ーーーーーー

龍驤「ゆっくりでいいからな?まずは落ち着き」



霞「ひぃっ……ひぃっ……」



龍驤「霞がこんなになってる所なんて初めて見たわ…」



霞「ぐずっ……う、うぁ……あぁぁん…」



龍驤「状況的に考えたら古鷹と何かあったんか?それとも食堂で何かあったんか?」



霞「うっ……下2」

下2 霞が泣いている理由とは?

霞「じょぐどうでね……」



ーーーーーー

古鷹「今日のお魚はサバだったよ」



霞「私はオムライスのデミグラスにしたの」



古鷹「あっ、それ洋風のやつだ。霞ちゃんそういうのも食べるんだね」ニコッ



霞「……うん」

霞(何故かしら、古鷹さんの笑顔を見てると凄く安心する。それになんだか心が暖かい…)



古鷹「霞ちゃん?どうしたの?」



霞「…!ううんなんでもないわ。さ、半分こしましょ」



古鷹「うん……はい、霞ちゃんの分」



霞「…………」




古鷹「……霞ちゃん?」

霞(なんで…なんでコイツがいるの?)


ピーマン!


霞(普通のオムライスには入ってないのに…!古鷹さんの前だからってカッコつけたのがまずかったわね…)


ピーマンピーマン!!



古鷹「…どうしたの?」



霞「う、ううん、なんでもないわ!古鷹さんの取り分けるわね」

霞(古鷹さんの分だけピーマンを多くよそうのも悪いし…ちゃんと半分こしてしまったわ)



ピーマンピーマンピーマン!!!



古鷹「頂きます!」



霞「い、頂きます…」


ーーーーーー


古鷹「霞ちゃん、このサバ美味しいね」



霞「そうですね…」



霞(先にサバだけ食べてしまったわ…残りはこの緑の悪魔が…)

古鷹「どうしたの霞ちゃん?オムライス全然食べてないみたいだけど」



霞「そ、そんなことないわ!今から食べようとしてたの!」



古鷹「……」



霞(目を瞑って…一気に口の中に入れちゃえば!)



霞「……」プルプル



古鷹「…霞ちゃん、もしかしてピーマン嫌い?」



霞「!!!!」

古鷹「本当に?」



霞「あの…その…」



古鷹「どうなの?」



霞「……ごめんなさい。実はピーマンが食べれないの」



古鷹「む……」



霞「いつものオムライスには入ってないんだけど、こっちのに入ってるなんて知らなかったの…」

霞「古鷹さん、よかったら…」



古鷹「霞ちゃん、好き嫌いはいけないよ」



霞「え…」



古鷹「お米一粒作るのだって大変なんだよ?野菜なんて、私達の口の中に入るまで色んな人の苦労があふんだよ」



霞「あ、あぁ…」



古鷹「好き嫌いする人は私…嫌いだな」

(嫌いだな…嫌いだな…嫌いだな…)



霞「あぁぁぁぁぁ……」



古鷹「でも霞ちゃんはまだ大人じゃないし…今日は食べてあげるね?」



霞「そんな……嫌だ……」



古鷹「霞ちゃん?」



霞「うわああああぁぁん!!」ダダッ



古鷹「あっ!霞ちゃん!!」

ーーーーーー

霞「古鷹ざんに…ぎらわれだ……ぐす…」



龍驤「ピーマンが食べれへんくらいで嫌われへんって…」



霞「だっで……ぎらいっで……」グスグス



龍驤「あかん…ラチがあかん…」



バタン!



古鷹「龍驤さん!霞ちゃんは…」

龍驤「古鷹!ええとこに来た!霞が今こんな状況やねん」



霞「ぐす……うぁ……」



古鷹「霞ちゃん…」



龍驤「古鷹、霞になんか言うたって」



古鷹「霞ちゃん……下2」


下2 古鷹の霞に向けての台詞を

古鷹「持ってきたから食べなさい」



霞「え……」



古鷹「苦手なものから逃げてたら、一生克服できないんだよ?」



霞「あの……」



古鷹「ほら、食べさせてあげるからこっち来て?」



霞「……!うん!」

古鷹「ほらあーん…」



霞「あーん…」パクッ



古鷹「よく食べれました!ほら、この調子でどんどん食べていこう!はいあーん……」



霞「あーん……」




龍驤「霞のあの嬉しそうな顔……とうとう霞も恋を知ってしまったんやね…」



古鷹「あと半分!頑張って!」



霞「あーん……えへへ…」





今日はここまで、またお願いします
お休みなさい

たまにはこんな時間から始めてみようと思います



龍驤「霞があんな状態やし…午後からはウチが頑張るしかないなあ」



霞「古鷹さん…」ボー



龍驤「どないしようかな…」



下3 行動安価 どこへ行って何をする。の形でも可

かそくし

龍驤「一人蚊帳の外やった加古の様子でも見に行こか」



霞「はぁ……」



龍驤「霞、ウチはちょっと行ってくるから留守番頼んだでー」



霞「うん……はぁ…古鷹さん…」



ーーーーーー


龍驤「青葉衣笠古鷹ときたら加古も仲間に入れたらなあかんだかな…へそ曲げてないとええけど」


コンコン


龍驤「加古、どないしてる?」


下3 加古の様子は?

加古「龍驤さんどうしたの?」



龍驤「すまん加古、掃除中やったか」



加古「そうそう、要らないものとか多かったし。また古鷹に怒られる前に掃除しとこうと思ってね!」



龍驤「それはええこっちゃ。ん、これは?」



加古「それ?捨てるやつを纏めてあるんだよ」



龍驤「ほお…?」



下3 加古ぎ捨てようとしていたものは?特に重要なものではなかった、も可

龍驤「鎮守府脱走計画書て…」



加古「ああそれ?蒼龍さんから一緒にバカンス行かない?って計画書渡されたんだけど、面倒で結局参加しなかっあんだよ」



龍驤「蒼龍…あいつまだ諦めてなかったんか…」



加古「これで全部…かな。ごめん龍驤さん、ゴミ捨てにいくから」



龍驤「それくらいやったらウチも手伝うで。一緒に行こ」

加古「これでよしっと。ありがと龍驤さん」



龍驤「これくらいどうってことないで。加古に聞きたかったこともあったしな」



加古「あたしに聞きたいこと?」



龍驤「さっきまで青葉や衣笠らと一悶着あったんやけど、加古はどうしてたんかなって」



加古「そういうこと…」



龍驤「掃除してたのはわかったけど…もしかして古鷹らとあんまり仲良くない?」



加古「下3」

下3 加古の答えを

ほら私だけ出自違うしさ

加古「いつでもべったりが仲良しって訳じゃないでしょ」



龍驤「まあそうやけど…」



加古「さっきのもどうせ青葉が騒いで、衣笠と古鷹が巻き込まれたんでしょ?大体わかるよ」



龍驤「流石やねえ」



加古「身内にトラブルメーカーがいると、どうしてもね。まあ青葉は昔色々あったみたいだから、あたしは大目に見てるよ」

龍驤「昔のことって、それは艦としての青葉か?それとも青葉本人か?」



加古「……龍驤さん知ってたんだ」



龍驤「知ったのはついさっきやけどね」



加古「青葉はさぁ、無理して明るく振舞ってんのが見え見えで、見てると辛いんだよね」



龍驤「情けないけどウチは言われるまでわからんかったわ…」



加古「まー無理もないよ。あたしも知ったのはたまたまだったし」



龍驤「なんかあったん?」



加古「下3」

下3 青葉がやらかしたことor行動は?

青葉って○○円位損失出してるよねって冗談で地雷踏んでガチ泣きされた

加古「その時も青葉がちょっとやらかしてね。それを見てたのはあたしだけだったから口止めしようとして、悪びれる様子もなくお金を出してきたんだよ」



龍驤「お金で全てが買える…か」



加古「あたしが冗談キツイよーって言っても、何がですか?ってキョトンとしてるんだもん。あれには参ったね」



龍驤「それで青葉の昔のことを知ったんやね…」



加古「確かにあんなことがあったら、ああいう性格になるのも無理はないかな」

加古「それでも青葉と加古は大昔に色々やった仲らしいから、仲良くはしてるよ」



龍驤「せやね、そうしたって」



加古「もちろんそのつもりだよ。この鎮守府にいる間だけの仲だしね」



龍驤「……え?」



加古「あたしはしょーじき姉妹とか、昔の仲間とか言われてもピンとこないんだよね。古鷹も本当の姉妹じゃないし」

加古「さっさと戦争終わらせて、この変な姉妹ごっこもやめたいよ」



龍驤「それ…本気か?」



加古「ん?なーに怖い顔して。口に出してないだけで、そう思ってる子はいっぱいいるよ?」



龍驤「でもここには本当の姉妹がおらんやつもぎょーさんおるんやで!?その子らの気持ちは考えてんのか!?」



加古「あぁ…施設から来た子達でしょ?」



龍驤「お前も施設から来とるやないか!」

加古「ふぅーん…そっか知らないのか…龍驤さん、施設ってどんなとこだと思ってる?」



龍驤「そりゃお前、孤児院とか病院とかやな…!」



加古「……刑務所もあるんだよ?」ニタァ



龍驤「」ゾクッ



加古「そっか…龍驤さんはなーーんにも知らないんだぁ……」ユラァ



龍驤「ひっ、加古…ちょっと…」



加古「あたしはね、過去に…」


下3 加古が犯した罪は?しょぼい罪でも可

加古「爆弾テロで捕まってるんだよ」ニコニコ



龍驤「ば、爆弾…テロ…」



加古「知らない?数年前にマンション半分吹き飛んだ事件…」



龍驤「あ…!あああ!!」



加古「あれね……あたしがやったんだよ?」



龍驤「なんでそないなことを…」

加古「…邪魔だったんだ」



龍驤「邪魔…?」



加古「あのマンションがあると家から綺麗に月が見えなかったんだよ」



龍驤「それだけの理由でか!?」



加古「それだけって、あたしにとってはそれが気に入らなかったんだよ!」



龍驤「ひっ……だからって…」


下2コンマ判定 加古のテロはどれくらいの人が犠牲になった?数値が多い程人数が多い

コンマ93 相当ヤバイ

龍驤「あの事件で何人死んだか知ってんのか!?」



加古「もちろん知ってるよ。個人で起こした事件としては第二次大戦後最悪だってね」



龍驤「お前のそんな下らん理由で…」



加古「でもあたしは一応注意したんだよ?マンションにさ、爆弾仕掛けたから全員逃げてって。それを無視したのは向こうだからね」



龍驤「そんな…嘘やろ…」



加古「でも失敗したよな…マンションの跡にあんな慰霊碑建てるなんて。せっかく吹き飛ばしたってのに…」

加古「まあ死んだのが3桁にもなると仕方ないか…」



龍驤「死んだのって…お前…人をなんやと…」



加古「うーんそうだな…下3」


下3 加古にとって人とは?

植物や微生物の命と何か違うの?

加古「植物や微生物の命と何か違うの?」



龍驤「そりゃ違うに決まっとるやろ!?」



加古「ふーん…よくわかんないけどさ、鎮守府にはあたしみたいなのがいっぱいいるかもよ?」



龍驤「そんな…こと…」



加古「……このこと誰かに言ったらコロスから」グイ



龍驤「ひっ」



下3「あのーお二人さん?」


下3 二人に訪れた人物は?

加速下

巻雲「お二人とも何をやってる…!加古さん、なんで龍驤さんの首根っこ掴んでるんですか!!」



加古「あっ、これはちょっと…」パッ



龍驤「うっ……」ドサ



巻雲「龍驤さん大丈夫ですか!?」



龍驤「あ、あぁ…ウチは大丈夫や…」



巻雲「なんでお二人がこんなことに…」



加古「……」



巻雲「加古さん、まさか…下2」


下2 巻雲の台詞を

巻雲「龍驤さんにセクハラでもされましたか?」



龍驤「アホか!そんな呑気なこと言うてる場合…」



加古「……」ギロリ



龍驤「……!とにかく!なんでもないから放っといて!ウチは執務室にもどるから!」ダダダ



巻雲「はぇ~…一体なんだったんでしょうか?」



加古「さあ?忙しいんじゃない?」



巻雲「……気になりますねぇ、なんでもないならあんなことしないはずですよぉ?」



加古「……」



巻雲「うーん……下2」


下2 巻雲の台詞or行動は?

巻雲「また爆破させちゃうんですか~怖い怖い」



加古「なんのことだか……」



巻雲「うふふ、顔が変わったくらいで気付かないと思いますか?ば、く、だ、ん、テ、ロ、さん!」



加古「お前……」ギロッ



巻雲「怖い怖い~流石はきょーあくはんさんです!」



加古「テメェ…いい加減に…!」



巻雲「下2」


下2 巻雲の台詞を

巻雲「いいんですか古鷹さんがどうなっても?」



加古「あんな奴どうなってもあたしには関係ないね。所詮は他人…」



巻雲「嘘ですね」



加古「何を…証拠に…」



巻雲「巻雲にはわかるんですぅ。あなたの方が殺した数は上かもしれませんけど、私は殺せる人を狙い撃ちできるんですよぉ?」



加古「お前…お前は……」

巻雲「うふふ……私が料理を作った時は気をつけて下さいね?」



加古「……そうか、お前は…」



巻雲「私はここを気に入ってるんですぅ。司令官様も優しいし…理想の家族なんです。爆弾テロさんにここは壊させませんよ?」



加古「……」



巻雲「その気になれば水道に色々混ぜて、全員やっちゃえるんですからね?もちろん古鷹さんだけを狙うことも…」



加古「下2」


下2 加古の台詞or行動を

加古「なら…秋雲がどうなってもいいのか?」



巻雲「あれれぇ?今のあなたが秋雲さんをどうにかできるっていうんですか?」



加古「……あいつの部屋の地下にここからちょろまかした爆薬部屋がある」



巻雲「!!!!」



加古「もちろん偶然だ。あたしの方が着任が早かったからな。だが偶然…部屋の火薬に火が着くかもしれねぇな?」



巻雲「や、やめて!秋雲さんだけは絶対やめて!」

巻雲「お願い…秋雲さんだけは……」



加古「なら交渉は成立だな?」



巻雲「……はい、そうですね」



加古「お互いに大事な人に危害を加えない代わりに」



巻雲「このことを誰にも喋らない」



加古「どっちかが裏切ったら」



巻雲「その人の大事な人を[ピーーー]」



加古「不本意だがこれしかないな」



巻雲「不満があるのは巻雲もですぅ」

加古「…そもそもお前は私のことをどうやって知ったんだ?」



巻雲「あんな事件起こしておいて、知らない方が不思議ですよぉ」



加古「違う、そういうことじゃない。なんでこの鎮守府の私があの事件の犯人だとわかったんだ?」



巻雲「あぁ、それなら…下2」


下2 巻雲の台詞を

この巻雲はメガネ光ってて瞳見えなさそう

巻雲「独自の伝手を使って調べ上げたんですぅ。残念ながらこればっかりは言えません」



加古「調べ上げたのはこの鎮守府をか?」



巻雲「そうですよぉ」



加古「なら…あたし以外にもいるのか?」



巻雲「いるってぇ、何がですかぁ?」



加古「トボけるな、犯罪者だよ」



巻雲「下2」

下2 他に犯罪者はいる?いない、誤魔化したも可

懺悔(自分の罪に対して)

巻雲「もちろんいますよ」



加古「…そうか」



巻雲「流石に名前は言えないので、何をしたかだけ言ってあげますねぇ」



加古「……」



巻雲「その人はですね…下2」


下2 ある人物は何をして捕まった?

平和やん!(感覚麻痺)

巻雲「売春やら違法なアダルトビデオ制作等とかの性犯罪グループの元締めさんですぅ」



加古「そっち方面のやつか…」



巻雲「犯罪と言っても色々あるんです。凶悪犯という意味では私と加古さんが一番かもしれませんねぇ」



加古「数で言えばあたしだけど…お前何歳でコロシてるんだ?」



巻雲「うふふ…乙女の秘密なんですよぉ!」



加古「…そうかい」

加古「あたしは用が済んだし…さっさと部屋に帰ろう。こんな会話聞かれてたら洒落になんねぇ」



巻雲「それは同感ですぅ。とっとと帰りましょう」



加古「ところでお前は何しにここに来てたんだ?」



巻雲「巻雲もゴミを捨てに…ってあっ!ゴミ袋を部屋に忘れてきちゃいました!」



加古「バカだなぁ…」



巻雲「もう、馬鹿は酷いですぅ!」



…………下3

下3 この会話を誰かが聞いていた?聞いていた場合その人物名も

清霜

清霜(なに!?なんなのあの二人の会話!)


清霜(加古さんと…巻雲姉さんが?)


清霜(そんな、そんなことって…)


清霜(でも…夕雲型みんなで過去のことを話しあった時に、巻雲姉さんだけ誤魔化して…)


清霜(本当に…巻雲姉さんが?)


清霜(……どっちにしろ今はここから逃げるしかない。もし捕まったら…)


コソコソ…


下3 清霜は見つからずにその場を去ることができた?

加古「うん?今そこに誰か居なかったか?」



巻雲「まさか……いえ、誰も居ないみたいですよ」



加古「あたしの勘違いだったか…」



ーーーーーー


清霜「どうしよう…私はとんでもないことを知ってしまった…」


清霜「このまま私の胸にしまっておいた方がいいのかな?それとも誰かに相談するべきなのかな?」


清霜「うーん…私はどうすれば…」


下2 清霜のこのあとの行動を

姫ちゃん!はマタニティだから、せんちゃん!制裁はよ!

清霜「ここは定期報告をしに行こう」


ーーーーーー


清霜「誰にも見られてないよね…?よし…」脱ぎ脱ぎ



ビチャ…ビチャ…



?「ふう…人の姿も辛いな。脱いだ皮はこの辺りに隠しておいて…っと」コソコソ



?「あーあー、こちら鎮守府スパイの…って人間の言葉じゃダメだよね」


?『応答願う、応答願う。こちら…』


下2 清霜の真の姿は?深海棲艦の種類でも可

レ級『こちらレ級改、鎮守府から南南西の海路を通り深海へ戻る』



?『了解。艦娘との会敵に気をつけよ』



レ級「ふう…さて、ちゃっちゃと帰りますか!」


ーーーーーー深海


防空棲姫『急に帰ってきた理由はそれか』



レ級『まさか艦娘に犯罪者がいるとは思わなかった。これはいい材料になるんじゃないか?』



防空棲姫『そうだな、貴重な情報感謝する。慣れない陸で苦労するだろうがこのまま頑張ってくれ』

防空棲姫『このまま今日はここでゆっくりしてもいいぞ?』



レ級『いや、艦娘の姿の任務がある。また今度ゆっくり休んでいく』



防空棲姫『スパイは素性がバレたらお終いだ。上手くやれよ』



レ級『もちろんだ』



ーーーーーー鎮守府


レ級「…はぁ、流石に深海と鎮守府の往復は疲れるなぁ…」


レ級「さて、皮を着てとっとと清霜の姿に戻るか…」


下3 着替えている所を誰かに見られた?見られた場合はその人物名も

レ級「んーんんーー?私はー戦艦になりたいー清霜ーー?」



清霜「よし…オッケー。急いで部屋に戻っ…て………」



駆逐古姫「お、お前は…」



春風「清霜さんが…?嘘、ですよね…?」



清霜「いや…これはですね……」



駆逐古姫「誤魔化しても無駄だ。私達は全部見ていた」



春風「清霜さんの正体は深海棲艦だったんですか!?」



清霜「下2」

下2 清霜の台詞or行動を

清霜「……二重スパイって知ってるか?私は深海棲艦非戦派だよ」



駆逐古姫「証拠は?」



清霜「…お前が騒ぎを起こした時に、一緒に蜂起した奴らはツ級やネ級達だな?」



駆逐古姫「!!」



春風「どうなの姫ちゃん?」



駆逐古姫「…合ってる」



清霜「これでも信じてもらえないならまだあるぞ?お前と一緒に逃げた戦艦棲姫の…」



駆逐古姫「いやいい…」



春風「信頼できるの?」



駆逐古姫「少なくとも私は信じていいと思う」

清霜「私は深海のスパイとして鎮守府の情報を深海に流している…と深海の奴らは思ってる」



春風「交戦の意志はないんですね」



清霜「私はないが、それは少数派だ」



駆逐古姫「お前は何故艦娘に味方する?」



春風「姫ちゃん?」



駆逐古姫「私には命より大切な春風がいたから艦娘に味方した。お前はなんのためだ?」


清霜「下2」

下2 艦娘の味方をする理由とは?

清霜「そんなの決まってるだろう?」



春風「……」ゴクリ



清霜「ご飯が美味しい!」



春風「はっ……えぇ?」



駆逐古姫「お前は同志だ」スッ



清霜「わかってくれたか」ガシッ



春風「え?だってご飯が美味しい…だけですよね?」



清霜「陸のご飯を舐めるんじゃない!」



駆逐古姫「そうだ、深海の飯は不味いんだ」

清霜「さっきも深海でゆっくりしていけと言われたが…あんな飯が出てくる所でゆっくりなんかできるか」



駆逐古姫「わかる。凄くわかる」



春風「そんなに美味しくないんですか?」



清霜「そう、例えるなら…全ての味が焼き魚の内臓みたいな味」



春風「それは…想像すると…」



駆逐古姫「春風以外で、ここへ来て感動したことの一位は料理だ」

清霜「中でもこの鎮守府の間宮さんの飯は凄い…美味しくて泣く所だった」



春風「そんなに…なんですね」



清霜「あんな料理を毎日食べさせられたら嫌でも考えが改まる」



駆逐古姫「お前が味方になるなら戦力的にも嬉しい。これから協力してくれるか?」



清霜「もちろんだ。私は飯のために」



駆逐古姫「私は春風のために、戦おう」



清霜、駆逐古姫『我らに勝利を!!』



春風「仲間ができた…ということでいいのかしら?」




今日はここまで、またお願いします
お休みなさい

ちょっと再開します


駆逐古姫「そういえばお前は深海に何をしに行ったんだ?何かを報告してきたのか?」



清霜「そうだ!お前達にも聞いて欲しいんだが…」



ーーーーーー


駆逐古姫「まさか…」



春風「加古さんと巻雲さんが犯罪者だったなんて…」



清霜「私もどうしたらいいのかわからなかった。とりあえず深海に報告しておいて、スパイをやっている所を見せつけておいたが…」



駆逐古姫「この事実を私達がどうするかだ。誰かに相談するなら、する人物を間違えたら終わりだ。このまま黙っておくのもいいかもしれないが…」



春風「…下3」


下3 春風の台詞を

春風「やはり噂は本当だったのですね…」



駆逐古姫「知ってたのか春風!?」



春風「あくまで噂ですけど…」



清霜「私は全然知らなかった…その噂は誰から聞いたんだ?」



春風「下2」

下2 春風が噂を聞いた人物は?

春風「提督さんなんです…」



清霜「提督が!?」



駆逐古姫「というか提督は全て知ってるんじゃないのか?」



春風「ええ、誰がどこから来ている…というのは知っているみたいなんですが。どんな罪を犯していたまでは知らされていないみたいなんです」



清霜「嘘だろ…」



駆逐古姫「提督は加古や巻雲のことを言っていたのか?それとも他の…」



春風「下3」

下3 提督は加古や巻雲を名指しで言っていた?もっとやんわりとしていた、も可

春風「いえ、それが別の人の名前だったんです」



駆逐古姫「あの二人以外にもいるのか!」



清霜「確かに巻雲はまだいると言っていた。春風、その人の名前を教えてくれないか?」



春風「でも…聞き間違いかもしれないですし…」



駆逐古姫「でも犯罪者がいたのは事実だ。春風、教えて欲しい」


春風「…下3」

下3 春風が聞いた人物名を

春風「……長門さんです」



駆逐古姫「長門が…なのか…」



春風「いえ、でも私の聞き間違いかもしれませんし。無闇に人を疑うのはよくありません」



清霜「だが加古と巻雲の例がある。探りを入れるだけでもやってみたらどうだ?」



駆逐古姫「そうだな、それぐらいならいいだろう」



春風「……」

ーーーーーー演習場

清霜「この時間長門はここにいるだろう……さて、私もいつもの清霜の喋り方に戻るか」



春風「姫ちゃん、決めつけるのだけはやめてね…」



駆逐古姫「任せろ」



長門「ん、なんだお前達?演習場を使うのか?」



清霜「いやーそうじゃなくてですね…」



駆逐古姫「下3」

下3 駆逐古姫の台詞を

駆逐古姫「実は悩みを抱えているので、相談に乗ってほしいんだ」



長門「ほう…この長門でよければ悩みごとくらい、いくらでも聞いてやろう」



駆逐古姫「ありがとう。実は私の友人が聞いた話なんだが、その友人はある話を聞いたそうなんだ」



長門「ふむ…」



駆逐古姫「その話というのは、仲間の中に罪を犯した者がいるということだった。その友人は犯罪者から何かをされたりはしていない。だが知ってしまったことを後悔しているようだった」



長門「……」



駆逐古姫「私はその友人にどう言ってやればよかったのだろうか?」



長門「下2」

下2 長門の答えを

長門「私はその質問に答える資格はない……な」



春風「長門さん…本当に……」



長門「どこで知ったのかは知らんが、その通りだ。私がその罪を犯した者だ」



清霜「そんな、長門さんが…?」




長門「清霜、私のことは幻滅しても構わないが、他の戦艦の奴らは皆いい奴だ。そこは誤解しないでくれ」




清霜「……うん」

駆逐古姫「何故黙っていたんだ?」



長門「よりにもよってあの戦艦長門だぞ?その艦娘が犯罪者だと知れ渡れば、士気にも関わる」



清霜「違うよ、長門さんは長門さんだよ!」



長門「ありがとう清霜。だが私は尊敬されるような人物ではないんだよ」



春風「長門さんは…何をしてしまったんですか?」



長門「下3」

下3 長門が犯した罪は?長門は巻雲の言っていた人物だったでも可

長門「私は人を殺したんだ」



春風「ひぃっ」



駆逐古姫「春風…」



清霜「長門さんが…嘘だよ…」



長門「…言い訳をさせてもらうなら、あれは家族を守るためだったんだ」



清霜「長門さんの、家族を?」

長門「自慢じゃないが私の家は裕福ではなかった。だがそれなりに家族と楽しく暮らしていたんだ。だがある日、父親が仕事で大きなミスをしてしまったんだ」



長門「しかしそのミスは父親の知り合いによって揉み消され、なかったことになり再び平穏な暮らしが戻った……はずだった」



長門「その知り合いはその時のことで父親を強請り、とうとう大金を要求し始めたんだ。父親は焦りなんとかして金を作り出していたがそれも限界だった。」



長門「父親を限界まで追い込んだ知り合いはまだ金はあると言って母親と私を店に売ろうとした。私だけならまだ許せたが、母親に手を出そうとしたことが許せなかった」



長門「そして私はその知り合いを呼び出して……家族がたった一人の人間にバラバラにされるのが許せなかったんだよ、私は」



長門「だが私は自分の犯した罪をなかったことにしようとは思わない。この業は一生背負って生きていくつもりだ」

長門「…所詮は加害者の一方的な言い分だ。聞き流してくれてもいい。つまらない話をして悪かった」



清霜「長門さんの家族はどうなったんですか…?」



長門「わからない。実の娘が殺人を犯したんだ、周りの目もあっただろう。今私の家だった場所は更地だよ」



清霜「長門さんは家族を守ろうとしただけなのに…」



長門「如何なる理由でも、殺人はしてはいけないんだ。それが人間の社会なんだからな」



駆逐古姫「…下3」


下3 駆逐古姫の台詞を

駆逐古姫「人の世界は難しいな」



長門「…そうだな、とても難しいよ。二人共、頼むからそのお腹の中の子どもには、私と同じような業を背負わせないでくれよ?」



春風「……はい」



清霜「罪を犯していようとも、長門さんは長門さんです!」



長門「フッ…私には勿体ない言葉だ。ありがとう清霜。さあ…もう用事は済んだか?」



駆逐古姫「いや、もう一つ聞きたいことがあるんだ。長門以外にこの鎮守府に犯罪者がいるのは知っているか?」



長門「下3」

下3 長門の答えを

長門「あぁ全員知っているぞ」



駆逐古姫「加古や巻雲も、か?」



長門「もちろんだ。あの二人が私のことを知っているかは知らんがな」



春風「それは何故ですか?」



長門「ここへ配属される直前に、私はこの鎮守府の詳細を聞いたんだ。そうしたら護衛官にそんなことを聞くのは初めてだと言われたんだ。あの二人の方が着任は先だったのを考えると…」



駆逐古姫「多分長門のことは知らない」



長門「そうなるな。あの二人はここへ来る時は知ろうとは思わなかったんだろう」

長門「巻雲がコソコソ嗅ぎ回っていたのも知っている。だから適当な嘘を噂で流しておいたんだ」



春風「もしかして売春とか…」



長門「そうそう、そんな感じだ。艦娘の名前は言わなかったから、勝手に混乱してるだろう」



駆逐古姫「そんなことをしてなんになるんだ?犯罪者同士で仲良くやった方がいいんじゃないか?」



春風「ちょっと姫ちゃん!」




長門「いや、姫ちゃんが不思議がるのも無理はない」



清霜「じゃあなんでそんなことを…?」



長門「下2」

下2 長門の台詞を

長門「同族嫌悪という言葉がある。同じ穴の狢とはいかないんだよ」



駆逐古姫「どっちも意味がわからない。ムジナがなんなんだ?」



長門「…意味は春風や清霜に聞いてくれ。じゃあな」スタスタ



駆逐古姫「怒らせちゃったか?」



清霜「いや、あれは怒ってるというより…」



春風「…泣いてるみたいでしたね」

長門「フ……情けないな、もうあの時のことは考えようにしていたが、まさか駆逐艦に言われただけでこうもメンタルを持っていかれるとは」



長門「フ…フフフ…」



長門「お父さん…お母さん……会いたいよ…」ポロポロ



長門「私のやったことは許されることじゃない……でも…お父さんとお母さんは何も悪くないのに…」



長門「う…うう…」


下3 長門は誰かに遭遇した?しなかったも可

すいません下3のつもりで書き込んで確認したつもりだったんですが、下2になってましたね。


電源落とすついでに考えるので少しお待ち下さい


安価は凶悪犯が我が物顔でのさばらない様に、から再開します

長門「凶悪犯が我が物顔でのさばらない様にだ」



駆逐古姫「のさばる?」



長門「大きい顔をしないようにということだ。自分は凶悪犯だからと威張られても困る」



駆逐古姫「なるほど」



長門「特にあの二人は悪質だからな…開き直られると大変なことになる……私は人のことをだうこう言える立場ではないが…」



春風「

春風「だから嘘の情報を流したりしてるんですか?」



長門「保険は多い方がいいからな。向こうが深読みしてくれたら御の字だ」



清霜「長門さんはあの二人をどうこうしようとは思わないんですか?」



駆逐古姫「そうだ、始末すれば何も心配しなくていいじゃないか」


長門「下2」

下2 長門の台詞を

長門「向こうが何もしなければ、私も何もしないさ」



駆逐古姫「なるほど…」



長門「無駄に騒ぎは起こしたくない。大人しくしている内は問題ないが、もしこの鎮守府で何かしようというなら…私がトドメを刺す」



清霜「なんで長門さんが…然るべき所に報告すれば…」



長門「私は既に人殺しという業を背負っている。それが一つか二つ増えたところで、魂の行く場所はかわらんさ」



春風「でも……」



長門「お前達は何も心配しなくていい。このことも綺麗サッパリ忘れるんだ、いいな?」



春風「下2」

下2 春風の台詞を

春風「一人で抱え込まないでください」



長門「抱え込んだりはしてないさ」



春風「じゃあなんでそんなに辛そうなんですか?」



長門「……」



春風「私は長門さんが犯罪者だからと言って軽蔑したりしません。貴女はここにはなくてはならない存在です」



清霜「そうだよ!突き放したりしないでよ!」




駆逐古姫「悲しみはみんなで分け合えば少なくなる。どこかで聞いた言葉だが、長門はこれに当てはまるんじゃないか?」

長門「私は…人殺しで…」



春風「そんなに言うなら…私なんて深海棲艦の子どもを妊娠したんですよ?」



駆逐古姫「私も艦娘妊娠させたし、艦娘の子ども身ごもった」



清霜「私だって実はゴニョゴニョ…だし…」



春風「みんな罪を背負っていきてるんです。長門さんだけで抱えこもうとしないで下さい!」



長門「下2」

下2 長門の台詞を

長門「……」ツー



春風「長門さん、泣いて…」



長門「こんな私にそこまで言ってくれるのか…お前達は優しいな…」



清霜「仲間なんだから、当然だよ!」



駆逐古姫「長門、春風に抱き締めてもらうか?春風の体は凄く安心できる」



長門「いや、それは…」



春風「うふふ…私は構いませんよ?」



長門「本当か?……なら少し…」



春風「……どうですか?」ギュッ



長門「下2」

下2 長門の台詞を

長門「ああ…暖かい…久しく忘れていた…暖かさだ…」



春風「よしよし…」



長門「そうか…人というものは…こんなにも暖かく…優しいものだった……」



春風「貴女を憎んでいる人はここにはいません。どうか、今だけは安らかに…」



長門「あぁ………浄化されるようだ……」



清霜「春風の体ってそんなに凄いの?」



駆逐古姫「今度抱かれてみるか?お前なら艦娘になるかもしれないな」



清霜「そんなにか…」




今日は少し調子が悪くすいませんでした
それではまた、お願いします

ちょっと再開します
今日眠気が凄いので、もし寝落ちしてしまったらすいません




駆逐古姫「……ん?長門の様子が…」




清霜「寝ちゃったみたいだね」



春風「もしかしたら安眠することもなかったかもしれません。今は好きなだけ寝かせてあげましょう。姿勢を整えて…」



駆逐古姫「出た、春風の膝枕だ」



清霜「ただの膝枕でしょ?」



駆逐古姫「あの膝枕で寝たが最後……邪な考えは全て無に返される……」



清霜「それは凄いね……あっ、私任務があるの忘れてた!じゃあね二人共!」



駆逐古姫「春風はここから動けないし、これからどうしようか?」


下3行動安価 どこで何をする、の形でも可

駆逐古姫「私は秋雲に百合エロ漫画でも借りに行こう」


ーーーーーー


駆逐古姫「秋雲の書く本は素晴らしい。その辺で売ってるエロ本よりエロいからとても満足できる」


コンコン



駆逐古姫「秋雲、いるか?」



秋雲「おっ、姫ちゃんじゃーん。どうしたの?」



駆逐古姫「また本借りにきた」



秋雲「好きだねー姫ちゃんも。どれにする?」



駆逐古姫「そうだな…下3」


下3 駆逐古姫が借りようとした本の内容orタイトルは?

駆逐古姫攻め、春風受けのねちっこいハードSEXモノ

タイトル
くちくち!

駆逐古姫「この千代田と千歳のやつはどんな内容?」



秋雲「とある空母姉妹の淫靡な一日、だね。千代田さんと千歳さんが一日かけてレズるやつだよ」



駆逐古姫「ほう…」




秋雲「寝起きからハードだよ?先に起きた千代田さんが千歳さんを犯すところから始まって…ご飯なんかお互い口移しで食べたりしてるからね」



駆逐古姫「いいシチュエーションだ」



秋雲「でしょー、自信作なんだよそれ!」



駆逐古姫「下3」


下3 駆逐古姫の台詞を

駆逐古姫「でも私は戦争物が好きなんだけど」



秋雲「戦争ものかぁ…姫ちゃんも変わった趣味してるよね」



駆逐古姫「そうでもない」



秋雲「うーーん…じゃあこれは!?」


下2 秋雲が差し出した本は?

敗残兵の春風を駆逐フェ姫がねっとりなぶる本

なんだよ駆逐フェ姫って…
駆逐古姫です…

秋雲「敗残兵の春風を駆逐古姫がねっとりなぶる本ならどう?」



駆逐古姫「今すぐそれを貸してくれ!」



秋雲「はいはい~これだよ」スッ



駆逐古姫「ふむぅ…」



秋雲「一人取り残された春風は成すすべもなく駆逐古姫に捕らえられる。春風は抵抗することすらできず、駆逐古姫のいいように扱われ…って感じだね」



駆逐古姫「下3」


下3 駆逐古姫の台詞を

駆逐古姫「これの逆のものはないか?」



秋雲「逆?」



駆逐古姫「私が捕らわれて、春風が攻める感じのやつ」



秋雲「あるけど…そっちの方がいいの?」



駆逐古姫「そういうのが見たいんだ」



秋雲「じゃあこれかな。内容はほとんどさっきと真逆で、春風がねちっこく駆逐古姫を攻めあげるの」



駆逐古姫「……下2」


下2 駆逐古姫の台詞を

駆逐古姫「やっぱり地上って天国だわ」



秋雲「そこまで言ってくれると嬉しいねぇ!返すのはいつでもいいから十分楽しんでね~」



駆逐古姫「……」




秋雲「…って聞こえてないか、姫ちゃん夢中過ぎるよ。あのーー姫ちゃん?できれば帰って楽しんでくれたら嬉しいな?」



駆逐古姫「…下2」


下2 駆逐古姫の台詞を

駆逐古姫「シンカイカラノ…コエ…ガ……モドラナ…ケレバ…」虚ろ



秋雲「姫ちゃーん!帰ってきてーー!!」



駆逐古姫「はっ!私は……」



秋雲「大丈夫!?なんかトリップしてたよ?」



駆逐古姫「すまない…興奮するといつもこうなんだ。もう人間になったというのに…」

秋雲「え?じゃあ春風とヤってる時もそうなの?」



駆逐古姫「興奮するとああなる。あの状態になるとエッチも激しくなる」



秋雲「ほほう…」



駆逐古姫「でも春風は攻められるの好きだから、私があの状態になったら喜んでる……これ以上ここで興奮するとマズイから部屋に帰る」



秋雲「ちょ、ちょっと待って!もう少し詳しく聞かせて!」



駆逐古姫「ええー」



秋雲「じゃあ一つ!一つだけ…下2」


下2 秋雲の質問内容は?

秋雲「朝はパン、ごはん?」



駆逐古姫「何故それを今聞くんだ?」



秋雲「寝起きシチュって大事なの!ねちっこく夜を過ごした後は軽くパンなのか…それともちゃんとご飯なのか…教えて姫ちゃん!」



駆逐古姫「どうしてもか?」



秋雲「どうしても知りたいの!その本貸す代わりと思って、さ?」



駆逐古姫「下2」


下2 駆逐古姫の台詞を。ご飯パン以外の答えでも可

駆逐古姫「春風を食べるに決まってるだろう!」



秋雲「それって…性的なやつ?」



駆逐古姫「そうだ、性的に決まってる。朝起きたら隣に春風がいるんだぞ?美味しく頂くしかない」




秋雲「流石姫ちゃんだね」



駆逐古姫「それじゃあ私は行くぞ?新刊頑張ってくれ」



秋雲「あいよー。いいネタありがとね!」

ーーーーーー


駆逐古姫「さて、本は無事借りれたが、これからどうするか?」



駆逐古姫「今なら部屋に帰っても春風はいないから一人で楽しめる。でも他に行く所があるならそっちへ行こうか…」



駆逐古姫「うーん…どうする…」


下3 駆逐古姫の次の行動は?

駆逐古姫「そう言えばもう半日経つが提督と電はどうしてるだろうか」



駆逐古姫「気になるな…行ってみるか」


ーーーーーー地下


駆逐古姫「この部屋か。確か外側からしか鍵を開けられないんだったな」


ガチャガチャ


駆逐古姫「空いた。提督、電、調子はどうだ?」


下3 部屋の様子はどうなっていた?

二人の体液や汗(フェロモン)で即発情するほどの濃厚な匂いが充満していた
提督と電は駆逐古姫に気付かず獣のようにお互いを貪りあっている

駆逐古姫「う…この匂いは……」



もわあ…



駆逐古姫「凄い濃厚な…だめだ、下半身にクル……」



駆逐古姫「こんな匂いの中提督と電は…?」



提督「はあはあ、電!電!」ズンズン



電「司令官さん!司令官さん!」グチャグチャ



駆逐古姫「凄いな…音といい行為の激しさといい、まるで獣そのものだ」



駆逐古姫「とりあえず変なことにはなっていないようだな。確認できたしここから立ち去ろうか?」


下2 駆逐古姫の行動を

駆逐古姫「うん、提督と電はこのままにしておこう。」


ガチャン


駆逐古姫「鍵もかけたし、お腹がすいてきたので食堂に行ってみよう」



ーーーーーー食堂


駆逐古姫「間宮さん、今日の日替わりお願い」



間宮「あら姫ちゃん!直ぐ作るから待っててね!」



駆逐古姫「間宮さんのご飯はいつ食べても美味しい…今日も楽しみだ。うん?あれは…」


下2 食堂に誰かに会った?会った場合は人物名も

駆逐古姫「あれは霞じゃないか。霞、どうしたんだこんな所で?」



霞「あっ、姫ちゃん…」



駆逐古姫「具合でも悪いのか?」



霞「ううん…そういうんじゃないの…」



駆逐古姫「秘書艦の仕事はいいのか?」



霞「うん……」



駆逐古姫「霞の様子がおかしいな」



霞「はあ……」



駆逐古姫「霞…下2」

下2 駆逐古姫の台詞を

駆逐古姫「何か悩みが有るなら相談に乗るぞ?」



霞「悩みじゃないのよ……でも、せっかくだから聞いてもらえる?」



駆逐古姫「もちろんだ」



ーーーーーー


駆逐古姫「古鷹のことしか考えられない?」



霞「うん…古鷹さんに抱いてもらって、その後からもうずっと…頭の中に古鷹さんがいるの」



駆逐古姫「それって、胸が苦しかったりする?」



霞「…するわね」

駆逐古姫「ふとした時に相手の笑顔が頭で再生される?」



霞「されるわ…」



駆逐古姫「うーんこれは……霞は古鷹を愛しているんだな」



霞「やっぱりそうかなぁ…」



駆逐古姫「それしか考えられないと思う。私も春風のことを思うとそうなった」



霞「私が恋かぁ…姫ちゃんはどう思う?私のこの想いを」



駆逐古姫「下2」

下2 駆逐古姫の台詞を

駆逐古姫「実に素晴らしく健全な事だと思う」



霞「でも相手は女の人よ?」



駆逐古姫「恋を知らないよりかはずっといい。あと私が百合大好きだから」



霞「ふふっ…そうよね、姫ちゃんに聞いたらそう言うに決まってるものね」



駆逐古姫「霞の笑顔は可愛い。その笑顔を見せれば古鷹なんてイチコロだ」



霞「でも……拒絶されたら立ち直れないかも」



駆逐古姫「大丈夫だ。もしフラれても私が慰めてやろう!」



霞「そんなこと言って大丈夫?もし春風に聞かれたら…」



駆逐古姫「何言ってる、春風と一緒に慰めるに決まってるだろう」



霞「…やっぱり姫ちゃんは姫ちゃんね」

霞「でも私…告白なんてしたことないし」



駆逐古姫「誰だって初体験はある」



霞「じゃあ姫ちゃんの告白の台詞を教えてくれない?」



駆逐古姫「私の?」



霞「春風から言ってきたならその台詞でもいいわ。どんな風に告白したの?」



駆逐古姫「下2」

下2 駆逐古姫or春風の告白の台詞を

駆逐古姫「共に朽ち果てるまで側にいてくれないか?」

駆逐古姫「私が告白したんだ。共に朽ち果てるまで側にいてくれないか?って」



霞「いい台詞ね」



駆逐古姫「告白した頃はまだ私は深海棲艦だったし、春風の子どもを妊娠できるとも思ってなかった。だから自然にあの言葉が出てきたんだ、春風には最期まで私の側に居て欲しかったから」




霞「あなた達って…凄いのね」



駆逐古姫「古鷹のことを思えば自然に台詞が出てくると思う。霞は古鷹とどうなりたい?」



霞「下2」


下2 霞の台詞を

加速

霞「…子どもが欲しい」



駆逐古姫「霞が妊娠したいのか?」



霞「うん、古鷹さんとの子どもを妊娠したい」



駆逐古姫「そうか、それが霞の素直な気持ちなんだな」



霞「こんなこと言って気味悪がられないかしら?」




駆逐古姫「霞なら大丈夫だ。さあ、その気持ちをぶつけに行くぞ!」



霞「えぇ…え!?今から!?」



駆逐古姫「当たり前だ、急げ霞!」



霞「あ、ちょっと!走ると体によくないわよ!」

ーーーーーー

駆逐古姫「古鷹、ちょっといいか?」



古鷹「姫ちゃんに…霞ちゃん。体はもう平気?」



霞「うん……あの…その…」モジモジ



駆逐古姫「古鷹、霞が何か言いたいことがあるらしいから聞いてくれ」



古鷹「うん、もちろん。霞ちゃん、一体何かな?」



霞「……下2」


下2 霞の告白の台詞を

私を貴方のモノにしてください!

霞「私を貴女のモノにしてください!」



古鷹「え、それって…」



駆逐古姫「古鷹、霞が勇気を出して告白したんだ。ちゃんと返事をして欲しい」



霞「う、うぅ…」カァァ



古鷹「霞ちゃん…わかった、ちゃんと答えるよ」


下3 古鷹の返事は?

まさかの玉砕

古鷹「霞ちゃん、その気持ちは凄く嬉しいわ」



霞「え…!じゃあ…」



古鷹「でも…お友達でいましょう。ごめんね霞ちゃん」


タタタ…


駆逐古姫「まさか霞がフられるなんて…」



駆逐古姫「何故だ…霞はこんなに可愛いし、働きものだし…言うことはないはずだ。なあ霞……霞?」



霞「下2」

下2 霞の様子or台詞を

霞「まずはセフレになって体を私の虜にして、それから心を私のものにするわっ!」



駆逐古姫「お、おう」



霞「キッパリ断られて逆にやる気が出たわ!絶対に落としてやるわ!」



駆逐古姫「そ、そうか。頑張ってくれ」



霞「何言ってるの、姫ちゃんにも手伝ってもらうから」



駆逐古姫「えっ、でも…」



霞「さっき言ってたじゃない、ダメなら春風と一緒に慰めてくれるって!」

霞「さあ早速ヤるわよ!」



駆逐古姫「でも…妊娠中は性行為は控えた方がいいって…」



霞「激しい性行為が禁止なんでしょ?そんな激しくしないし、気持ちよくなれるテクニックだけ教えてくれたらいいのよ!」



駆逐古姫「えぇ…」



霞「ほら、春風のとこに行くわよ!」



駆逐古姫「なんでこんなことになったんだ…」




今日はここまで、またお願いします
お休みなさい

ちょっと再開します



霞「しゅごい…わらひが…こんなにひゃれるなんれ…」



春風「これでもまだ序の口ですけどね」



駆逐古姫「百合に目覚めたばかりの霞には刺激が強かったかもしれないな」




霞「らめぇ……立てにゃい…」



春風「とりあえずこのままにしておいてあげますか?」



駆逐古姫「そうだな……春風、ちょっとだけ続きやらないか?」



春風「もう、お医者さんから止められてるのに…ちょっとだけですよ?」




一方その頃

ーーーーーー

龍驤「…」


下3 龍驤の様子は?どこで何をしている、や誰と何をしている、の形でも可

瑞鳳「…でね、新作の卵焼きを持っていったらもうお腹いっぱいって言われちゃってさ」



瑞鶴「それは瑞鳳が悪いわよ。三時のおやつなら分かるけど、食後に卵焼きって…」



大鳳「その卵焼きはどうされたんですか?」



葛城「私がちょうど通りかかってもらっちゃった。美味しかったよ瑞鳳」



瑞鳳「んー…本当は提督に食べて欲しかったんだけどなぁ」



瑞鶴「仕方ないじゃない。また作ればいいのよ」



龍驤「……」

葛城「どうしたの龍驤さん?今日は大人しいみたいだけど」



龍驤「うん、ちょっとな…」



大鳳「もしかして提督代理のお仕事でお疲れなんですか?」



瑞鶴「出撃するより疲れそうだもんね。私には無理だなあ」



葛城「私は瑞鶴さんの命令で出撃してみたいです…!」



瑞鶴「あぁはいはい」

瑞鳳「でも本当に大丈夫ですか?顔色も何かおかしいような…」



龍驤「うん…ほんまに大丈夫やから…」



瑞鶴「まさか…悩みごと?」



龍驤「…」ピクッ



瑞鶴「あっ!ちょっと反応した!」



瑞鳳「なになに?もしかして提督関係とかですか?」



大鳳「それともまた別のお悩みとか…?」



葛城「どっちにしろ私達に相談してみません?何せ私達はフラットの絆で結ばれた仲なんですから!」



龍驤「……うん…」


下3 龍驤は加古のことを相談した?それ以外の相談ならその内容も

龍驤「実はな…すっかりご無沙汰やから提督の単装砲がほしくてたまらんねん…」



瑞鳳「やっぱり提督関係だった!」



瑞鶴「ほんっとに龍驤さんって大胆よね…」



大鳳「でもちょっと待って下さい。確か提督とは本番をしない代わりに、性欲処理をしてたんじゃ…」



葛城「まさかそれを破ってたの?電がそれを知ったら…」

龍驤「いや、それはないで。間違っても司令官とはヤってない」



瑞鳳「でも提督の単装砲が欲しいって…」



龍驤「…エッチってお尻でもできるやん?」



瑞鶴「そういうことね…」



大鳳「お、お尻って…」



葛城「そっか、大鳳ってお尻に興味あるんだっけ?」



大鳳「そんな、興味なんて!ただ、どんなのかなって気になるだけです」



瑞鳳「それって興味があるってことじゃないの…?」

龍驤「司令官の腰使いって凄くってな…後ろからヤられるとすぐイッてしまうねん」



瑞鳳「ぐ、具体的には!?」



龍驤「そやね…まず前提やねんけど、司令官とするときは正常位ではやれへんねん。正常位は愛のある体位やからね」



葛城「ふむふむ」



龍驤「立ちバックもええけど…興奮するのはウチを机に乗せて後ろから突かれるやつやね」



大鳳「それって……」



龍驤「中に入れるまでは優しいんやけど、入れてある程度馴染んできたら、一気に突かれるねん」

龍驤「ウチを押し潰すみたいに全体重をかけてガンガン突かれると…もうあかんね」



瑞鳳「提督ってそんなに激しいんだ…」



龍驤「電も体がもたんって言うてたからね。司令官の体力は人並みやろうけど、技術が凄いわ」



大鳳「……」



瑞鶴「大鳳、あんた今の話聞いて興奮してるんじゃないでしょうね?」



大鳳「そ、そんなことはありません!」



瑞鶴「ほんとに?なんかモジモジしてなかった?」



大鳳「下3」


下3 大鳳の台詞を

大鳳「さすがにそこは痛そうで少し怖いですから」



瑞鶴「でも、興味あるんでしょ?」



大鳳「それは、その……一人でするのが興味があって……」



瑞鶴「そういうことね」



葛城「大鳳がアナニーデビューですか?」



大鳳「アナニーってやめて!」

龍驤「一人でするのも、誰かにしてもらうのも準備は一緒やからね。話聞くだけでも聞いとくか?」



大鳳「一応……お願いします」



龍驤「よっしゃ。まずは穴の拡張から始めなあかんねん」



葛城「それって絶対やらなくちゃダメ?」



龍驤「あかんね。いきなりバイブでも入れようもんなら、最悪裂けてしまうからね」



瑞鶴「こわっ」



瑞鳳「龍驤さんはどうやって拡張したんですか?」

龍驤「ウチの場合は細いバイブやったけど…コンドーム持ってるんやったら、指にはめて、バイブ代わりひしてもええで」



葛城「指でも大丈夫なんだ?」



龍驤「これは人によるわ。指で気持ちいいとこいじれるんやったら指でいいし、足りへんのやったらバイブしかない」



瑞鶴「へぇ…」



龍驤「ウチは入口ちょっと奥の…ちょうど子宮の裏側かな。そこが弱いからバイブに頼ってんねん」



瑞鳳「龍驤さん、肝心なこと聞きたいんだけど……お尻って気持ちいいの?」

龍驤「これも人による、としか言えんな。ナカで物足りんのやったらお尻に挑戦するのはありやね」



瑞鳳「なるほど…ちょっと興味出てきたかも」



龍驤「まあ大事なのは段階踏んでいこなってことや」



瑞鶴「だってさ大鳳」



大鳳「下3」


下3 大鳳の台詞を

大鳳「大変参考になりました…」



瑞鶴「ちゃっかりメモまでとってるし」



瑞鳳「大鳳さん、顔真っ赤ですよ?」



大鳳「別にいいじゃない!」



葛城「それにしても龍驤さんって経験豊富ですよね」



瑞鳳「そうですね、龍驤さん以外はみんな似たようなものですもんね」

大鳳「こういう時に頼りになります…」



瑞鶴「あと男の人と女の人両方経験あるのも、この中じゃ龍驤さんだけだよね?」



龍驤「そうやねえ、別にウチはバイじゃないねんけど気付いたらそうやったね…」



瑞鳳「凄いですよね~」



葛城「龍驤さん、何か秘訣ってあるんですか?」



龍驤「なんのや?」



葛城「男の人とか女の人をその気にさせるというか…エッチまでもっていく秘訣ですよ!」



龍驤「下3」

下3 龍驤の台詞を

龍驤「なんなら今から全員で実践で教えたろか?」



瑞鳳「えっ、でも…」



龍驤「ウチらはフラットという絆で結ばれた仲や、愛情はない。でも、愛情がないからこそ、性欲処理のためだけの行為になるんや。めちゃくちゃ気持ちええで?」



大鳳「……」



龍驤「どや?やってみいひん?」



瑞鳳、瑞鶴、大鳳、葛城「下3」


下3 龍驤の誘いに乗った人物名を。誰もいなかった、や全員でも可

大鳳「私…お願いしていいですか?」



瑞鳳「じゃあ私も!」



葛城「なら私も参加しようかな…」



瑞鶴「え、何よ…みんなやるって言うなら私も…」



龍驤「……な、こうするんやで?」ニヤリ

瑞鳳「上手いなぁ、乗せられちゃった」



葛城「後腐れの無さと、気持ち良さを伝えるのが大事なんですね」



龍驤「中でも後腐れの無さは重要やで。一回だけ…とか、今日は…なんかは逆効果や」



瑞鶴「そうなの?」



龍驤「どう言うたらいいか、正解は難しいけど…用は一緒に気持ちええことしよ、って伝わればええねん」



大鳳「私、まんまとハマってしまいました…」

龍驤「まあこれも経験や。ほな部屋行こか」



瑞鶴「誰の部屋にする?私は隣翔鶴姉今日いるみたいだし…」



瑞鳳「私も祥鳳姉がいると思います」



葛城「私も雲龍姉がいるかなぁ…」



龍驤「となるとウチか大鳳の部屋やね」



大鳳「ですね…せっかくなので私の部屋にしますか?」



龍驤「お願いできる?ほな皆んな行こ行こ」



瑞鳳「あっ、その前に…下3」


下3 瑞鳳の台詞を

瑞鳳「か、浣腸してくるねっ」



大鳳「あっ、私も…」



龍驤「そや、お尻に興味のある子は浣腸しとき…って全員やんな。ほな皆んなそれぞれ準備しといて」



葛城「龍驤さんはこれからどうするんですか?」



龍驤「ウチはコンドーム買ってくるわ。ほなまたあとでなー」



ーーーーーー鎮守府ローソン


龍驤「こういう時にコンビニって便利やね」



龍驤「さて、誰が店員しとるかな…」


下3 ローソンの店員は?

戦艦棲姫「いらっしゃいませ」



龍驤「せんちゃんか、この時間は珍しいな」



戦艦棲姫「姫ちゃんの分も私がカバーしようと思ってな」



龍驤「なるほど、流石やね」



戦艦棲姫「龍驤こそこんな時間になんの用だ?」



龍驤「いやちょっとコンドームを買いに、な…」



戦艦棲姫「こんな昼間からか?」



龍驤「ちょっとフラット5でな…」



戦艦棲姫「下2」

下2 戦艦棲姫の台詞を

戦艦棲姫「興味がある、私も参加したい」



龍驤「えっ!ほんまに?」



戦艦棲姫「もうすぐシフト終わるから、ちょっと待ってて欲しい。」



龍驤「ウチはええけど…せんちゃんがそういうのに興味があるのは知らんかったなあ」



戦艦棲姫「姫ちゃんと私を比べると、どうしても姫ちゃんの印象が強いからな」



龍驤「姫ちゃんは春風とラブラブやしね。そっかせんちゃんもか…」



戦艦棲姫「下2」

下2 戦艦棲姫の台詞を

戦艦棲姫(あわよくば誰かをそのままお持ち帰りしてやろう……)



龍驤「うん、何か言うた?」



戦艦棲姫「いや、なんでもない……ん、次のシフトの人が来たな」


龍驤「おっ、ほなそろそろ…やね」



下2「お疲れ様です」

下2 ローソンの店員を。今まで出ていない人物でも可

浦風「せんちゃんお待たせ、うちが来たから後は任せとき」



戦艦棲姫「ありがとう浦風」



龍驤「浦風は新顔やな。姫ちゃんの代わりか?」



浦風「そやでぇ、姫ちゃんのことは、うちも嬉しいからなぁ」



戦艦棲姫「そう言ってくれるとわも嬉しい……さて龍驤、行こうか」



龍驤「あっ、その前に……浦風、これ買うからレジお願い」



浦風「うん、どれや…?」


下2 浦風のリアクションを

浦風「風紀が乱れとるわっ!」



龍驤「まぁーそういうリアクションが普通なんやけどね…」



戦艦棲姫「この鎮守府は特殊だ」



浦風「特殊も特殊すぎるんやぁ!こんなにレ、レズだらけやなんてぇ!」



龍驤「そうか、磯風って確か黒潮と…」



浦風「ここんとこ毎日じゃあ…あんの妹めぇ…」



戦艦棲姫「認めてやる気は無いのか?」

浦風「うちはな、磯風のことを嫌ってるわけやないんよ。でも…そういうことをするなって話じゃあ!」



戦艦棲姫「この反応も珍しいな」



龍驤「休みの度に喘ぎ声が聞こえてくるのが本当は普通やないんやで」



浦風「だいたい男は提督くらいしかおらんのに、コンドームなんて売ってるのもおかしいんじゃけぇ!」



戦艦棲姫「普通なら売れないな」



龍驤「この鎮守府やと需要ありありやけどね」

浦風「女同士でコンドームなんて…!」



戦艦棲姫「普通に使うな」



龍驤「せやね、バイブに装着したりするし」



浦風「バ、バイブ…!」



龍驤「あとはお尻でする時とかは必須やね」



戦艦棲姫「こういうのは大事だ」



浦風「下2」


下2 浦風の台詞を

浦風「ふ、不潔や!恋とか愛っちゅうんはもっと健全な…!」



戦艦棲姫「若いな…」



龍驤「ウチもそう思っとった頃があったわ…」



浦風「うちがおかしいん!?」



龍驤「いや、浦風がホンモノの愛を知らんだけや。……どや浦風、今度試してみーひんか?」



浦風「!!」



戦艦棲姫「龍驤でなくても私もいるぞ?」



浦風「下2」

下2 浦風の台詞を

浦風「お こ と わ り や !」



龍驤「ちぇ、つれん奴やな」



戦艦棲姫「まあ仕方ない。私達だけで楽しもう」



浦風「ふん!勝手にしとき!!」



龍驤「あっ、一箱で足りるかな…ごめん浦風もう一箱コンドーム取ってきてくれへん?」



浦風「自分でやりや!!もう!!」



今日はここまで、またお願いします

ちょっと再開します


龍驤「ふぅ…すっきりしたわ。大人数でやるのもありやね」


龍驤「大鳳はお尻にハマってしまうやろなぁ…アヘ顔晒してイッとったし」



龍驤「葛城は瑞鶴ともう少し続きやるって言うとったけど…瑞鶴のこと狙っとったんやろうな」



龍驤「瑞鳳はせんちゃんに持ち帰られとったな…せんちゃんにあんな趣味があったやなんて…」



霞「あっ、龍驤さん……」



龍驤「霞か、もしかしてどっか行ってたん?」



霞「ちょっと…ね…」



龍驤「まずいな…執務室に誰も居てなかったんか…」



下3 執務室の様子は?

龍驤「よかった、何も問題ないみたいやね」



霞「そうね、通常業務に戻りましょう」



龍驤「…せや、せっかくやから川内を解決せーへんか?もうすぐ夜になるし」



霞「いいかもしれないわね。早速呼び出してみるわ」



ーーーーーー


コンコン


龍驤「ん、来たみたいやね」



霞「川内さん、どうぞ」



川内「…」


下3 川内の様子or見た目は?

川内「私に何の用…ですか?」



龍驤「その格好はなんや!?」



霞「和服まで着て…どうしちゃったの?」



川内「着付けを習ってからはずっと和服…なんです」



龍驤「心なしか、いつもの服装より似合っとる…」

霞「司令官に聞いたことがあるんですけど、川内さんって夜戦好きじゃないんですよね?」



龍驤「あんだけ活躍しとんのに?」



川内「うん…夜戦が好きじゃないのは提督に懺悔ライトでバレちゃって。でも、『川内』は夜戦が得意な艦娘だから、活躍できちゃうの」



霞「もしかして、スランプの内容って、それ?」



川内「そう、私ってどうしたらいいのかなって…」

川内「本当の私ってね、こういう服装に憧れるような女の子だったの。でも艦娘になって、あんな服装で戦うことになって…」



龍驤「色々と悩んでたんやね」



川内「提督ならいい答えをくれるんじゃないかって、解決してもらおうと思ってたの」



霞「そうなのね…川内さんはこれからどうしたいんですか?」



川内「下3」


下3 川内の台詞を

川内「神風型みたいな服装で生活したいの」



龍驤「それは難しいかもしれんね…」



霞「出撃の度に、一々着替えられてたら手間がかかって仕方ないわ」



川内「なんとかダメかな?オフの日だけでもこの格好でいたいんだけど…」



龍驤「どうする?最終決定は司令官やけど、多分あかんと思うで」



霞「そうね、じゃあ…下3とかどうかしら」


下3 霞の案を

霞「キャストオフ&プットオンできるようにすれば良いんじゃない?」



川内「あーなるほど…」



龍驤「なるほどて、何の話なんよ?」



霞「龍驤さんは知らないのね…まあ装甲を着たり脱いだりできるって話よ」



川内「ライダーベルト…明石さんなら作れるかな?」



霞「聞いてみないとわからないわね。行ってみましょう」

ーーーーーー工廠


霞「……っていうわけなんだけど」



明石「いきなり来てライダーベルトを作ってくれって言われましても…」



川内「私はこの格好に憧れてるの」



龍驤「ウチはなんの話かわからんのやけど…明石、無理なんか?」



明石「下3」


下3 明石の台詞を

明石「とりあえず何故か手元にある仮面ライダーBLACK Blu‐ray BOXを素材にしてやってみますか」



川内「ブラックか…私知らないな」



霞「私も。クウガからしかわからないわ」



明石「ブラックを知らないで仮面ライダーは語れませんよ!まあ今は関係ないので省きますけど」



龍驤「なーんかどんな話なんか読めてきたわ…」



明石「さあ、できますよ!」


下3 ライダーベルトはできあがった?

明石「できましたよ!これは…えーと…」



霞「ガオウベルトね」



川内「霞わかるの?」



霞「電王に出てくるのよ。劇場版か何かに出てくるライダーで、本放送には出てこないわ」



川内「詳しいんだね、助かったよ」



明石「…となると変身するのにこのパスを持ち歩かないとダメなのね。川内、これでもいい?」



川内「下2」

下2 川内の台詞を

川内「大丈夫なの、これ?」



明石「そうですね、一度試してみましょう」



ーーーーーー


明石「まずベルトを装着して…」



霞「スイッチを押したあと、このパスをベルトの中心に近付けたら変身できるわ」



龍驤「ちゃんと艦娘の姿になれるんかいな…」



川内「ものは試しだね。よし、変身!」


下2 川内はどんな姿に変身した?変身しなかった、も可

タイヤキフォーム


川内「……なにこれ?」



龍驤「はははははは!」



明石「またマニアックなものに変身しましたね…」




龍驤「ヘルメットと膝のアーマーくらいしか防御できんやん!」



霞「明らかに戦力ダウンね…」



川内「こんなのいらないよ!」

霞「でも明石さん、ガオウベルトができたってことは、ウイングベルトにもできますよね?」



明石「確かに構造上はできますね…ちょっと待ってて下さい!」



ーーーーーー

明石「できました!この部分をこれに変えると…」



川内「ベルトの中心部分が羽っぽくなったけど?」



霞「これでウイングベルトになるの。変身方法はさっきと一緒だからやってみて」



川内「よし…変身!」


下2 川内の変身した姿を

タイプスピードワイルドテクニック!



川内「え、なにこれ?」



霞「私もよくわかんない…」



明石「あーこれはですね、わかりやすく言うとアギトのトニリティとか、電王の超クライマックスみたいなものです」



川内「え!じゃあ強いんじゃないの?」



明石「いえ、それが劇中未登場なので…強さはわかりません」



霞「とにかく名前が長いわね」

龍驤「どうするんや?それを試してみるか?」



明石「もしくはそれを素材にしてもう一度開発してみるか、ですね」



霞「満足ならそれでいいんじゃないかしら?」



川内「うーん…下2」


下2 川内の答えを

川内「明石さん、悪いんだけどもう一度開発してもらえる?」



明石「もちろん!」



龍驤「まあ見た目あんまりよくないしな」



霞「知らないのより知ってるやつの方がいいものね」



ーーーーーー


明石「よし、できました!」



霞「今度は何ができたのかしら?」




下2 開発されたものを

明石「NAGANOスタイルのあぶない私服です!」



川内「なんで!?」



龍驤「うわこれ…布面積少な過ぎやで…」



霞「島風より露出度高いわね」



明石「気に入り…ませんよね」



川内「当たり前でしょ!?そもそも艦娘の姿に変身できるようにライダーベルト作ってたはずなのに!」

龍驤「…そうや、そこがあかんのと違うか?艦娘に変身するのにライダーベルト作ってもあかんやろ」



霞「じゃあ艦娘ベルトを作るの?」



明石「艦娘の中で一度ライダーっぽいのっていうと……」


ーーーーーー


川内「勝手に艤装使って大丈夫なんですか?」



明石「大丈夫大丈夫、艤装全体を使うわけじゃないから。ベルト部分なんてすぐ開発できます!」



龍驤「矢矧と嵐のベルトは確かに変身しそうやな…」

明石「よし、これで完成したと思います!」



川内「これは…どうすればいいの?」



明石「矢矧ちゃんのベルト部分を触ったあと、嵐ちゃんのベルト部分…探照灯のとこを押すと変身できます」



川内「これでこう…ね」



霞「見た目は変身しそうだけど…」



龍驤「変身できたとしても、川内になれるかやな」


下2 川内の変身した姿は?艦娘の場合は艦種や人名を

川内「仮面ライダーになってるし!!」



明石「これは!仮面ライダーblackRXですよ!」



霞「これが明石さんが言ってたやつね」



明石「見て下さいよこの逞しいフォームを!これこそまさに仮面ライダーの中の…!」



龍驤「まあまあ、それは置いといてやな。川内、どうやら艦娘の姿には変身できへんみたいやで」



川内「はぁ、諦めるしかないか…」

明石「そんな、勿体無いですよ!せめて試してみて下さい!!」



川内「明石さんがそこまで言うなら…」



ーーーーーー演習場


川内「この姿物凄く目立たない?」



霞「仮面ライダーだものね」



明石「演習相手には近くにいたこちらの方にお願いしました」


下2「よろしく」

下2 川内(仮面ライダーblackRX)の演習相手は?

那珂「那珂ちゃん再び登場~!きゃは!」



霞「あっ、また那珂ちゃんさんだ」



龍驤「那珂ちゃんバリアーで波動砲は防いどったけど…」



明石「川内…いや仮面ライダーblackRX!とりあえずRXキックをしてみて!」



川内「どうやるのそれ!」



明石「技名叫びながら両足でキックして下さい!」



川内「こう…?RXキック!!」


下2 那珂はどうなった?

川内「はあぁぁぁ!」



那珂「甘いね、那珂ちゃんキック!」



ガキィン!



龍驤「弾いた!?」



霞「いえ、それだけじゃないわ!カウンターでキックを決めてる!」



川内「う、うぅ…」



明石「立ってRX!リボルケインがあるわ!」



川内「リボル…ケイン…?」

明石「ベルトに手を近付けて…リボルケインと叫ぶんです!」



川内「…リボルケイン!」



キュオオオオ



龍驤「なんやあれは!」



霞「まるで…太陽の…剣…?」



明石「今です!リボルクラッシュを!」



川内「はああぁぁあ!」


下2 リボルクラッシュをくらった那珂はどうなった?

那珂「那珂ちゃんバリアー!」



ガキィン!



川内「うっ…」



龍驤「これも弾いた!?」



霞「あっ、川内さんの様子が…」



その時、不思議なことが起こった



川内「……」


明石「あれはロボライダー!」



さらに、不思議なことが起こった


川内「…」



明石「今度はバイオライダー!?」



シュオォォォォォ…


霞「あっ、変身が解けたわ」

那珂「川内ちゃん、大丈夫?」



川内「うぅーん…」



龍驤「気絶してるみたいやね…」



霞「負担が大きいのかしら?」



明石「わ、私はとんでもないベルトを開発してしまったかもしれません…」

龍驤「そないに強いんか?」



那珂「さっきのはギリギリ那珂ちゃんバリアーで防げたけど、間違いなく大和ちゃんの波動砲より強かったよ」



霞「それは凄いわね…」



明石「これで艤装を背負えるようになれば……いける、いけますよ!」



龍驤「川内の悩みは何一つ解決してないんやけど…まぁ今はしゃーないな」




今日はここまでお休みなさい

ちょっと再開します



龍驤「川内はちょっと強引やけど…これで全員解決できたか?」



霞「いえ、厳密に言えば電がまだ…というか確認できてないわね」



龍驤「そうか司令官に構って欲しい、みたいな感じなんやったっけ?」



霞「今やってることは構うを超えてるでしょうけど…一応確認しときましょう」



ーーーーーー地下


龍驤「どんな様子なんやろ?」



霞「半日以上軟禁されてたようなもんだし……見てみないとわからないわね」


ガチャガチャ

下3 部屋の様子はどうなっていた?

むわあぁぁ


霞「うっ、凄い匂い……」



龍驤「こんな中で司令官らはまだやっとるんか…」



グッチャグッチャ…



龍驤「どないする?このまま明日までやっといてもらう?」



霞「うーん…下3」

下3 霞の台詞を

霞「混ざる?」



龍驤「え、霞なにを……って顔真っ赤やないか!」



霞「そんなことないわ、私は正常よ」脱ぎ脱ぎ



龍驤「いやいやいや、服脱ぎながら言う台詞やないで!」



霞「私、先行くから」



龍驤「あっ!霞……電が受け入れるやろか…でも、今の状態の電やったら…」


下3 霞は無事混ざることができた?

タッタッタッタッ…


龍驤「裸の霞が近付いて……」



あぁぁー!クズ司令官のがぁぁー!



龍驤「凄いな、近寄っただけで巻き込まれてしもうてる…」



あ、んっ……あっ、あっ、あっ……



龍驤「……」

私…男の人は初めてなのに……こんなに気持ちいいなんて……




龍驤「……」



しゅごいのぉぉぉ!



龍驤「……ウチも混ぜてもらうで!」脱ぎ脱ぎ



龍驤「とりゃあ!」ルパンダイブ



下3 龍驤も混ざることができた?

龍驤「ぐへへへ…ウチも仲間に入れてや!」ピョーン



グイッ



龍驤「え?そこはお尻と違うで……」



ズブズブ



龍驤「あっ、そんな、電と霞がナカでやってるからってウチも……あっ…」



あ、ああ…司令官、そんな激しく……



………………



……………



…………



………

ーーーーーー翌朝


霞「あああああああ!!」ゴロゴロゴロゴロ



龍驤「うーん…見事にヤッてしもうたね…」



電「なのです…」



提督「すまん、どうかしてたんだ…」



龍驤「いや、あんな状態のとこに近寄ったウチらが悪いんや…」

霞「ああああああああ!」ゴロゴロ



提督「途中から違和感があったんだが、冷静に考えることはできなかったな…」



電「電もノリノリだったのです…」



龍驤「うん…しゃーないよ……」



霞「ああああああああああ!」



龍驤「霞はちょっと落ち着こうな?」

霞「だって…!よりにもよってクズ司令官となんて!!」



提督「……すまん」



霞「それだけじゃないのよ!!私昨日超危険日なのよ!?もしできてたらどうするのよ!!」



提督「…下3」


下3 提督の答えを

提督「さ、三人とも、く、朽ち果てるまで側にいてくれないか?」



霞「……姫ちゃんの告白の台詞パクってんじゃないわよお!!」バキィ



提督「ぐふっ…何故知ってるんだ…」



霞「本人から聞いたのよ!もうやだ!!」



龍驤「ウチは危険日と違うけど…昨日の状態やったら出来ててもおかしないかもしれんね…」



霞「うううううう…」ゴロゴロ



龍驤「あぁ、また霞が床を転がり始めおった……電はこの状況をどう思う?」



電「下3」

下3 電の答えを

電「霞ちゃんには古鷹さんがいるのです。できてたら古鷹さんと育てればいいのです」



霞「う…でも古鷹さんにはフラれちゃったのよ?」



電「子どもを見せれば嫌でも納得するはずなのです」



霞「……わかった、言ってみる」



龍驤「なあ…ウチは?」



電「下3」

下3 龍驤への電の答えを

電「龍驤さんは色々お世話になってるし仕方ないのです…」



龍驤「ウチとの結婚は認めるっちゅうことやな」



提督「あぁ…責任は取る」



龍驤「あっ、復活した」



霞「私のは責任取らなくていいから!クズ司令官と結婚なんて…!」



提督「わかった、だが最大限援助はさせてくれ。それは認めてくれるな?」



霞「それは…まあ…」

龍驤「でもまあ、これでよかったのかもしれんな」



電「どういうことなのです?」



龍驤「司令官、江風を養子にするって言うてたけど、誰かを養子にするには結婚とか家庭を持ってないと認められにくいのは知ってるわな?」



提督「…そうだな」



龍驤「もちろん経済的余裕があれば、結婚の有無は関係ないかもしれん。でも、結婚して家庭があるんやったら養子する手続きも簡単に済むんと違うか?」



電「確かに…なのです」

龍驤「現状では艦娘との結婚は認められてない。なら、誰にでも認められる結婚…ウチと結婚しとくっていうのは悪い話ではないわな?」



提督「……あぁ」



龍驤「これで江風も喜ぶんと違うか。うんうん」



電「龍驤さんはどうしてそこまでしようとしてくれるのです?」



龍驤「んっ?」



電「龍驤さんは司令官さんのことは好きではないんでしょう?それなのに何故…」



龍驤「下3」


下3 龍驤の答えを

龍驤「そんなものウソに決まってるやん」



電「ええっ!?」



龍驤「好きでもない男の性欲処理なんてしようと思うか?あわよくば奪ったろっちゅう下心があるに決まっとるやろ!」



電「そんな…見抜けなかったのです…」



龍驤「まーウチは百戦錬磨やからね。と、いうわけで司令官~ウチをお嫁にもろて~」ダキっ



電「そこまで許した覚えはないのです!とっととどきやがるのです!」



龍驤「いーやーや!」



霞「子どもが出来たって泣きつけば……いや、古鷹さんのことだから全部正直に言えば…」ブツブツ




提督「俺は…俺達はこれからどうなってしまうんだろうか……?」




【艦これ安価】提督「懺悔すること?」【番外編】 その3 了

区切りがいいのでここで終わらせてもらいます。


このまま続けるとまた終わらずにズルズルいって、長いと言われるのがオチな気がします。


ここまで長々とありがとうございました!

ちなみに続編ですが、艦娘が妊娠した、とか艦娘が身籠もった、みたいな形で安価でやると思います


本当は毎日やりたいんですが、別ジャンルなんですが、合同誌に参加することになっていて、そっちの原稿も進めたいので暫くお休みさせて下さい。



残りで裏でこういうことを考えていた…っていうのを書き込もうと思いましたが、SSスレなのでやめた方がいいですよね?


ツイッターとかで嘆くかもしれません、それではまた、お願いいたします!

他の鎮守府の方が面白いですかね?


よければ参考までに意見を書いてくれると嬉しいです


あと、無いかとは思いますが、質問があるなら答えますので、何かあれば書き込んでみて下さい


それでは…

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom