ベジータ「クソッタレ!上履きがなくなってやがるぜ!」上条「!?」 (19)

※ほのぼのです

ベジータ「貴様俺の上履きをどこに隠しやがったぁ!」

上条「し、知りません!!!」

ベジータ(これはまさか…いじめ!?)

ベジータ(サイヤ人の王子であるこの俺様がいじめられているだとぉ!?)ワナワナ

怒りと屈辱でベジータの気が高まっていく。

ベジータ「もう一度だけチャンスをやる…俺様の上履きをどこに隠したのか教えやがれ!!!!」

上条「本当ですよ!上条さんはあなたの上履きなんて一切……」

ベジータ「なら死ね!ビッグバンアタック!」ドゥン

上条「うわああああ!?でも、この右手で…!!」

上条「け、消せない!!ぎぎゃあああああああ!!!」カッ

上条は死んだ。

たとえ上条の右手が神の奇跡すら打ち消そうとも地球の神の何万倍…気分次第では数億倍上を行くベジータの必殺技を消せるはずがない。これはドラゴンボールでベジータを殺すことができないのと同じ理屈だ。

インデックス「とうまーーーーーーーー!!!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1497067314

インデックス「よ、よくもとうまを…!」

御坂「許さない…!死ね!!!!」ビリビリビリ

ベジータ「ほぉ。電気マッサージをしてくれるとはサービスがいいな。貴様は特別に全身の骨を粉々にする程度で勘弁してやろう」

御坂「で、電撃がきいてない!?」

ベジータ「誇り高きサイヤ人の上履きを隠したことを後悔して死にやがれ!!」ヒュッ

御坂「ぐぎぶぉっ!?」

ベジータは美琴の腹部を強打した。美琴の骨は粉々に砕け散った。

黒子「お姉さまああああああああああああ!!」

ベジータ「クックック…またハエが増えたか」

黒子「よくもお姉さまを…」

インデックス「よくもとうまを…!」

ベジータ「ふん。俺様をいじめようとした罰だ。だが誇り高きサイヤ人の王子である俺様はくだらんいじめなんぞに屈しん!いじめっこ共は塵すら残さず殺してやるぜ」シュイシュイシュイ

ベジータが両手を広げる。その手に気が集まっていく。

黒子「な、なんですのこれは…」

ベジータ「くらえ!!ファイナルフラーッシュ!!!!!」ドォォゥ!!

黒子「やばい!!!!」ヒュン

インデックス「ぎえぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!」シュボッ

黒子はテレポートでベジータのファイナルフラッシュを回避したがインデックスは直撃しDNAすら残さずに死んでしまった。

黒子「く、当たっていたら死んでいた…!」

ベジータ「ほう。手加減してやったとはいえ俺のファイナルフラッシュをかわすとは中々だな。褒美にいいものを見せてやろう」

黒子「い、いいもの…?」(どう考えてもいいものではありませんわね)

ベジータ「ハアアアアアアアアアアア!!!!」ゴゴゴゴゴ
ベジータの気が高まっていく。

超ベジータ「くっくっく…これがスーパーベジータ様だ」シュインシュインシュイン

黒子「あ…あ…」ブルブル

黒子は圧倒的戦闘力の差に恐怖した。


超ベジータ「キサマのその瞬間移動能力…それで俺様の上履きを隠したに違いない。貴様は殺すだけじゃすまさんぞ!貴様をこの世から消滅させた後、貴様の家族と友人をじわじわとなぶり殺しにしてくれるわ!」

超ベジータ「死ね!!!ギャリック砲!!!」ドォン

黒子「くっ!」ヒュン

黒子が瞬間移動でギャリック砲をよける。

超ベジータ「くっくっく…このスーパーベジータ様からその程度で逃げられるつもりか?」シャッ

黒子「えっ!?」

しかしスーパーサイヤ人になったベジータは黒子の背後に高速移動をした。

超ベジータ「はっ!」バキッ

そのまま黒子を掴みはるか上空へと蹴り上げる。あまりの威力に黒子の体は真っ二つにちぎれ、すでに絶命していた。

超ベジータ「動けない超能力者など必要ない!死ね!!!!」カッ

はるか上空で黒子が爆散し、黒子だったものの肉片があたりに降り注ぐ。

ベジータ「ちっ。上履きの隠し場所を聞いてから殺すんだったな…」

一方通行「オイオイオイ、どうなってんですかァ~これはァ~?」

ベジータ「ん!」

ベジータ(あの髪の色…あいつは不良だ!!!!とすれば間違いなくいじめの主犯!!)

ベジータ「キサマ…俺様をいじめてそんなに死にたいか!!!!!!!!!!!!!!!!!!1」

一方通行「ん?なんですかぁこのキチガイは」

一方通行が全身の骨が砕け軟体動物のようにぐにゃぐにゃになった美琴の亡骸を見つける。

一方通行「これはてめえがやったのか?」

ベジータ「そうだ!!!!!!!俺様の上履きを隠したんでな!!!!!!隠し場所を言いやがらねえもんだからぶっ殺してやったぜ!!!!!!」

次の瞬間、一方通行の前に黒子の顔が落ちてきた。それで一方通行は怒りの許容量を超え黒い翼を発動しベジータを攻撃した。しかしベジータはダメージを受けない。

ベジータ(間違いない!!!!!こいつが俺の上履きを隠したんだ!!!!それが俺にバレたもんだから先生に言われることを恐れてここで俺を亡き者にして隠ぺいしようってわけか!セコい奴だぜ!!!)


ベジータ「許さん……!許さんぞおおおおおおお!!!」

ベジータは怒りのあまりスーパーサイヤ人2になった。

超2ベジータ「貴様はあの世に送ってからもう一度殺してやるぜ!!!!!」

一方通行「バカな!!!!攻撃がきかない!?」

超2ベジータ「フン!確かに下等生物にしては高い戦闘力を持っているようだが誇り高きサイヤ人には遥か及ばない!!!!貴様なんぞサイバイマン以下だ!!!!!」

超2ベジータ「死ね!!!!!!!!ファイナルフラッーーーーーーーーーーーーーーシュ!!!!!!!!」

一方通行「ぐぎゃあああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!」

一方通行は死んだ。

ベジータ「よしいじめの主犯はぶっ殺したことだし、これからは明るい学校生活がおくれるぜ」

「ベジーター!」

ベジータ「ん?この声は」


ブルマ「あんた上履き忘れてったでしょ~しょうがないから届けに来てあげたわよ~」

ベジータ「なにぃ!?あっ!」

ベジータ(そういえば先週上履きを洗うために家に持ち帰ったんだった!)

ベジータ「くそったれ!とっととそれをよこしやがれ!」

ブルマ「全く、せっかく持ってきてあげたのに何よその言い方」

ベジータ「ふん」

界王「上履きが戻ってきて一件落着。ちょっとあわてんぼうなベジータだった。めでたしめでたし」

よくこんなつまんないの書けるね

>>10
嫉妬は醜いですよ

純血の英雄マルフォイは最大パワーのアバダケダブラを放った

上条による異世界レイプを防ぐ為戦士マルフォイは力を振るう

上条「うわああああ!?でも、この右手で…!!」

上条「け、消せない!!ぎぎゃあああああああ!!!」カッ
上条は死んだ。

たとえ上条の右手が神の奇跡すら打ち消そうとも地球の神の何万倍…気分次第では数億倍上を行く純血マルフォイの必殺技を消せるはずがない。これは神様でもマルフォイを[ピーーー]ことができないのと同じ理屈だ。

インデックス「とうまーーーー!!」

マルフォイは一方通行を肉便器にした

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2017年06月26日 (月) 15:27:52   ID: kds6aPjN

爆笑しました、最高です!

2 :  SS好きの774さん   2017年11月06日 (月) 00:34:39   ID: ih7udWpU

・・・反応に困る

3 :  SS好きの774さん   2018年07月16日 (月) 11:02:40   ID: CEtCvXUN

・・・あー。

4 :  SS好きの774さん   2018年07月20日 (金) 21:22:40   ID: TZuU_9CU

スカッとジャパンの完成系

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom