信長「沖田が沖ノブもののエロ本隠し持っておった……」 (49)

母「娘が母子相姦もののエロ本隠し持ってた……」のパロです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1494266580

信長「沖田がぁ、沖田が怖いのじゃぁ!」ガタガタ

沖田「誤解です!誤解ですから!」

信長「沖田に犯されるぅ!」ブルブル

沖田「やめてください!」

沖田「ご、誤解なんですよ!」

信長「そうなのか……?」

沖田「はい」

信長「ならばこの本、お前の物ではないのじゃな?」

沖田「いや、それはまぁ、私のなんですけどね……」

信長「犯されるぅ!沖田に犯されるのじゃあ!」ガタガタ

沖田「ち、違いますよぉ!」

信長「お前も若いしの、そういうことに興味を持つことは結構じゃが……」ビクビク

沖田「……はい」

信長「そういう本を読んだりしてみたくなることも、悪いとは思わん……」ビクビク

沖田「……あの、ノッブ」

信長「な、なんじゃ!?」ビクゥッ

沖田「な、なんで距離取ってるんですか?」

信長「怖くてたまらん!犯されるのじゃ!」

沖田「やめてください!」

信長「超マニアックな方法で犯される!」

沖田「しませんよそんなこと!」

信長「『こうしてると、お濃さんとのコトを思い出すでしょう……?』とか言われながら犯されるのじゃ!」

沖田「抜粋するのやめてください!その本から抜粋するのやめてください!」

信長「なんかFate特有のマニアックな言葉責めとかするつもりじゃろ!」

沖田「しませんよ!やめてください!」

信長「『私の三段突きで三千世界にアクメ顔晒してくださいよ』とか言いながら犯すつもりじゃろ!」

沖田「抜粋やめて!音読やめて!」

信長「沖田がマニアックな言葉責めを身につけておるぅぅ……!」

信長「とにかく、そういうマニアックなプレイをしようとしておるのじゃろ……?」

沖田「違いますから!そういうんじゃないですから!」

信長「さらにマニアックな……?」

沖田「違います!というかさっきノッブが言ったようなことは全然マニアックの範疇じゃないですし!」

信長「……なに?」

沖田「……あ」

信長「……あ、あれくらいは基本なのか?」

沖田「なんでもないです!さっきのなんでもないです!」

信長「正直さっきのでもかなりエグいところ抜粋したつもりなんじゃが……」

沖田「聞いてください!さっきのは間違いですから!」

信長「もうあれくらいでは、満足できないのじゃな……?」

沖田「やめて!」

信長「沖田がどんどん遠くへ行く……」

沖田「遠くに行ってるのはノッブですよ……物理的に距離取ってるじゃないですか……」

信長「だ、だって犯されてしまうし……」

沖田「しないですよ!」

信長「接し方が悪かったのかの……」

信長「知らず知らずのうちに、お前に寂しい思いをさせていたのじゃな……」

沖田「やめて!重い感じにしないでください!」

信長「お前が倒れた時はいつも茶々直伝の精の付く粥を作ってやってたんじゃが……」

沖田「聞きたくないです!いつも一緒にぐだぐだしてじゃれあってる仲だからこそ聞きたくないです!というかあれノッブが作ってたんですか!?美味しかったです!」

信長「じゃ、じゃがプレイ的な見地から言うとそうして世話を焼かれるのも興奮ポイントに……?」

沖田「やめてください!嗜好を探るのやめてください!」

信長「さっき言ったくらいはもう基本なんじゃろ?」

沖田「間違いでした!さっきの無しで!」

信長「とすると姉萌えとか世話を焼かれたいとかそっち系に行かざるを得なかろう……?お前末っ子じゃし……」

沖田「っていうか何でちょっと協力的なんですか!?さっきまで犯される!とか言ってましたよね!?」

信長「さ、逆らったらもっと酷い目に……」

沖田「そ、そういうことでしたか!いや、しませんから!」

信長「な、なら新選組の旗に向かって言ってみろ……」

沖田「何を?」

信長「『私はノッブを犯したいと思っていないし、思ったこともありません』とな」

沖田「なんですかその宣言!?」

信長「言わなければ信用できんじゃろ!ビーストと同じカルデアにはおられんわ!!」

沖田「ビーストとか言わないでください!」

信長「と、とにかくお前が言いさえすれば、安心できるかもしれんのじゃ……」

沖田「……うーん……」

信長「や、やっぱり虚偽の申告はできぬか?」ビクビク

沖田「虚偽じゃないですから!」

信長「よい!わしはお前をウソつきにしたいわけではないのじゃ!」

沖田「その感じやめて!」

信長「お前にその場限りのウソをつかせるくらいなら、わしもお前の嗜好と向き合うぞ!」

沖田「言うから!言いますからその重い感じやめて!」

沖田「え、な、なんでしたっけ……『私は』……」

信長「『私はノッブを犯したいと思っていないし』」

沖田「そ、そうでしたね。『私はノッブを』……」

信長「……ど、どうかしたか?」ビクビク

沖田「あ、あのー、一応、一応確認なんですけどね?」

信長「な、なんじゃ?」

沖田「こ、この『犯す』の範囲って……?」

信長「!!」

沖田「い、一応ですよ!!」


信長「そ、それはつまり範囲によっては……」

沖田「一応ですって!意外と二人の間で食い違っているかもしれないじゃないですか!」」

信長「範囲によってはありえるということか?」

沖田「いやですからその確認!」

信長「そ、そうじゃったの。お前の基準はちょっとアレじゃからな」

沖田「アレとかやめてもらえませんか」

沖田「えーと、じゃあちょっとずつ確認していきましょう?」

信長「う、うむ。ここでの『犯す』の範囲が広ければ広いほど、その……」

沖田「……はい」

信長「お前がさっきの宣誓をできなくなる可能性が上がるわけじゃな」

沖田「いやまぁ多分というか絶対大丈夫ですけどね!!」

信長「そうじゃの!」

沖田「えー、じゃあ『犯す』の基準決めスタートで!」

信長「まずは『接吻』!」

沖田「えッ!?」

信長「えッ!?」


沖田「ストップで!一旦ストップで!」

信長「怖い怖い怖い怖い!!」

沖田「違いますって!普通にしますよ!キスってするじゃないですか!魔力供給で!」

信長「しないしないしない怖い怖い怖い」

沖田「私がするかどうかじゃないですよ!?一般的にですよ!?一般的な基準として魔力供給でキスはセーフですよ!」

信長「いやしないじゃろ……」

沖田「あれですよ?キスって唇同士のやつですよ?『下の口同士で』とかそんなんじゃないですよ?そのつもりで私はOKしたんですよ?」

信長「当たり前じゃ……というか今言った方にOKしておったら三千世界使っておったぞ……」

信長「なー、というか接吻が基準だとアウトなのか?じゃろ?言わなくてもよいが」

沖田(心底屈辱的……)

信長「うーむ……というかもう聞くぞ……ど、どこをラインにすればさっきの宣言できるのじゃ?」

沖田「……えー?」

信長「お、お前が決めて構わんぞ。それを聞いて対処するからの」

沖田「……は、はい……」

(五分後)

沖田「……」

信長「……」ドキドキ

沖田「……あの」

信長「ひっ!?」ビクゥッ

沖田「そ、そこまで怯えなくても!」

信長「す、すまんな?驚いただけじゃから。すまんな?犯すなよ?」

沖田「やめて!」

信長「……というか、これ長考した時点で相当ヤバ……」

沖田「言いますから!今すぐ言いますから!」

沖田「え、えーと……」

信長「言ってくれて構わん!ドンと!」

沖田「えーと……」

信長「もう驚かんぞ!」

沖田「えー……多分、何をラインにしても、その、無理です……」

信長「え」

沖田「あの、だって、したいですし……」

信長「うわああああああやっぱりガチではないかぁぁぁぁぁぁ!!!」

沖田「す、すみませぇぇぇぇん!でもしたいんですよぉぉぉぉ!!」

信長「最初ので合ってたおったではないかぁぁぁぁぁ!!最初のリアクションでむしろ正解じゃったろ!!!!!」

沖田「すみません!本当にすみません!でもさっきの言葉責めとかめっちゃしたいです!」

信長「それは聞いてないぃぃぃぃ!!怖い怖い怖いぃぃぃ!!」

沖田「し、静かにしてくださいよぉ!!犯しますよッ!?」

信長「め、めっちゃ本性出しとるぅぅぅぅ!!!」

信長「百合プレイは?」

沖田「基本」

信長「魔力供給と書いて?」

沖田「セックス」

信長「お姉ちゃんは?」

沖田「極上」

信長「背徳感は?」

沖田「是非もないよネ!」

信長「こわいのじゃぁぁぁ!沖田が怖いのじゃぁぁぁ!」

沖田「う、うるさい!下着口に詰めますよ!?」

信長「なんじゃそれ!?」

沖田「よくあるんですよ!」

信長「よくあるのか!?」

沖田「色々装着したままレイシフトさせたい!」

信長「何じゃ急に!?」

沖田「す、すみません、もう我慢しなくていいと思ったら願望出ちゃいました」

信長「怖い!そんなことを内に秘めてたとか怖すぎるじゃろ!」

沖田「マスターたちと団欒してるときにリモコンでいじりたい!」

信長「やめぬか怖いではないか!」

沖田「こういう時マスターはノッブを心配して背中をさすってくれたりします!」

信長「細かな設定とか怖すぎか!」

沖田「うわあああ願望が出ますぅぅぅ!!」

信長「落ち着け!もうやめぬか!」

沖田「ほかの人に見られない廊下の死角でキスしたい!」

沖田「マスターと通信してるときに後ろから胸を揉みたい!」

沖田「膝枕してもらいたい!」

信長「最後のは普通のこと言っとるはずなのに怖い!」

沖田「そういうことですから!よ、よろしくお願いしますね!」

信長「何をじゃ?何をヨロシクするのじゃ?」

沖田「……じゃ、じゃぁ私寝ますから!もう寝ますから!」

信長「このタイミングで引き上げられるとさらに怖い!というかなにをヨロシクすればいいのじゃ?」

沖田「お休みなさい!」ダッ

信長「ええー……絶対明日から何か仕掛けてくるつもりじゃろ……」

信長「本当にイヤじゃ本当に怖いのだが……」

信長「なぜあんな本見つけてしもうたのか……」

信長「他の連中にはなんて言おうかの……いや、言えんな……こんな稀有な悩み……」

~~~~~

モードレッド「お、父上のエロ本見っけ!勝手に読んじゃうぜ!!」

モードレッド「……ん?」


おしまい

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom