【安価・オリ】絶望ロンパ reboot【ダンガンロンパ】 (173)


*ダンガンロンパシリーズのネタバレあり

*以下のスレの再構成です。
【安価】絶望ロンパ【オリロンパ】
http://ex14.vip2ch.com/i/responce.html?bbs=news4ssnip&dat=1441611918
*オリキャラ中心
*安価でキャラを作成しますが、一部キャラを引き継ぎ(マイナーチェンジ)、残りの8人を募集します

【超高校級の風紀委員】高天原繭
【超高校級のギャンブラー】クリス・マイヤード
【超高校級のギャル】中村美々杏
【超高校級の???】夜月聖奈
【超高校級の同人作家】金城龍馬
【超高校級の軍人】内間ダンボ
【超高校級の格闘家】岩壁鋼
【超高校級の御曹司】久遠寺瑞希

*連投連取はお控えを
*極力、安価通りに
*ゆっくり更新

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1486712750


とりあえずキャラメイクから

才能の募集
原作ダンガンロンパシリーズ(123V3を含む)に登場した才能の中から指定して下さい(???を除く上記のキャラと才能被りはNG)

追加要素
才能募集のコンマ一の桁で交友力、十の桁で精神・集中力の判定をします

男子の才能募集↓4までお願いします

男子の才能とったら女子の才能は安価できない?

>>3
(遅いですが)形式的にはそうなりますね

【超高校級の合気道家】交友力:5、精神力:2
【超高校級の幸運】交友力:7、精神力:3
【超高校級のアイドル】交友力:7、精神力:9
【超高校級のボクサー】交友力:9、精神力:5

幸運は被ったのでずらしてこんな感じに
やや肉体派な才能多め?

女子の才能募集↓4まで


【超高校級の極道】交友力:0、精神力:4
【超高校級の鍛冶師】交友力:9、精神力:9
【超高校級の総統】交友力:5、精神力:2
【超高校級のトレジャーハンター】交友力:9、精神力:4


トレジャーハンターって原作誰だっけ?なん図書さん?



(……数がアレなのはワザと)←忘れろビーム

キャラのキーワード募集します

【超高校級の合気道家】
キーワード3つでキャラクターを設定

↓3まで

原作才能限定を見落としていました、すみません…
無しにして下さい

鍛冶師じゃないけどアニメの3に鍛冶屋は登場してたはず

あ、トレジャーハンターの事です

これって位置的に久遠寺さんが男子にマイナーチェンジしたフラグ?
芦屋は良いショタをなくした…地味に貞子さんも辛い

【超高校級の合気道家】
『元気っ子』
『全力少年』
『愛され系バカ』


>>25
気づかなかった。あとで直しますね

トレジャーハンターの分はあとから最安価で


合気道家の名前
↓3から高コンマ採用

【超高校級の合気道家】茶柱転人(チャバシラ テンジ)

交友力:5、精神力:2

『元気っ子』超元気ですよ!周りからうざったく思われるレベルの元気度
『全力少年』何事にも全力全開で!
『愛され系バカ』どこか憎み切れないキャラ、交友力に補正

……どこかで見たことある苗字


>>28
>>1の力不足で申し訳ない



次は【超高校級の幸運】のキーワード3つ

↓3まで

【超高校級の幸運】

『スノビズム』
『超幸運』
『希死念慮』

……ちょっとGoogle先生に聞いてくる


幸運の名前↓3までから高コンマ

際歪豊(サイワイ ユタカ)

葉々木 由良斗(はばき ゆらと)

【超高校級の幸運】際歪 豊(サイワイ ユタカ)

交友力:3、精神力:7
『スノビズム』嫌みな性格。交友力に補正
『超幸運』運が絡むことにおいては最強レベル
『希死念慮』自分は死ななければならない、そう思い込んでいるが…


なんとなくヤバそう


超高校級のアイドルのキーワード↓3までお願いします

【超高校級のアイドル】

交友力:7、精神力:9

『幼なじみ』
『仲間想い』
『鈍感』


アイドルの名前
↓3間での中から高コンマ

澪田 愛人(みおだ まなと)

二階堂仁 (ニカイドウ ジン)

光賀 夢路(ひかるが ゆめじ)

【超高校級のアイドル】 光賀 夢路(ヒカルガ ユメジ)

交友力:7、精神力:9

『幼なじみ』高天原と同じ小中学校出身
『仲間想い』仲間のことを大切にする。そうでない人を嫌う
『鈍感』人の感情の機微に鈍い


すいません。連取なのでズレました

たぶんまともな人


超高校級のボクサーのキーワード
↓3まで

一回、離脱。たぶん19時前後には戻れるかと

羊系男子(調べたら多分すぐ出るかと)

I am 《perfect human》
簡単に言うと自意識過剰

【超高校級のボクサー】

交友力:9、精神力:5
『羊系男子』
『マゾヒスト』
『ビックマウス』

はい。ぐぐります

ゆっくり再開します


ボクサーの名前
↓3までの中から高コンマ採用

直弘 毅(なおひろ たけし)

【超高校級のボクサー】 直弘 毅(ナオヒロ タケシ)

交友力:9、精神力:5
『羊系男子』寂しがり屋で世話好き
『マゾヒスト』はい。変態です。はい二人目です
『ビックマウス』口が軽い。秘密とか守れない





続いて女子
超高校級の極道のキーワード3つ
↓3まで

【超高校級の極道】

交友力:0、精神力:4
『無感情』
『達観』
『危険思考』

これはヤバい


極道の名前
↓3の中から高コンマ

鬼島 桜子(きじま さくらこ)

【超高校級の極道】三枚堂 薫 (サンマイドウ カオル)

交友力:0、精神力:4
『無感情』本人曰く感情がない。ゆえに人付き合いが下手
『達観』状況を冷静に分析、そもそも感情がないので慌てることがないはず
『危険思考』???

夜月さんとは違う方向性で会話が成り立たないタイプ


続いて
【超高校級の鍛冶屋】
↓3の中からキーワード3つ

寡黙

【超高校級の鍛冶屋】

交友力:9、精神力:9

『寡黙』
『仕事が早い』
『残念』



鍛冶屋の名前
↓3の中から高コンマ

Emma Schmidt(エマ・シュミット)

【超高校級の鍛冶屋】

交友力:9、精神力:9

『寡黙』あまり口数は多くない。が、会話が嫌いな訳ではない
『仕事が早い』腕は当然一流。職人気質
『残念』いろいろと抜けているところがある

比較的まとも。たぶん癒し

【超高校級の総統】のキーワード
↓3まで

>>80訂正

【超高校級の鍛冶屋】梶木 柑奈 (カジキ カンナ)

交友力:9、精神力:9

『寡黙』あまり口数は多くない。が、会話が嫌いな訳ではない
『仕事が早い』腕は当然一流。職人気質
『残念』いろいろと抜けているところがある


【超高校級の総統】


交友力:5、精神力:2

『フリーダム』
『天使のお告げ』
『正義の味方』


総統の名前
↓3までから高コンマ

渡良世 くじら(わたらせ くじら)



【超高校級の総統】 天野 世界 (アマノ セカイ)


交友力:5、精神力:2

『フリーダム』自由人。自分の信じることだけをやる
『天使のお告げ』天使の声が聞こえるらしい
『正義の味方』自称正義の味方。


最後にもう一人の女子

才能>>2参照
↓3までで高コンマ

料理人

確か00は100扱いだった希ガス

【超高校級のロボット】

交友力:0、精神力:0


……もうどうしようこれ

超高校級のロボットのキーワード

↓3まで


【超高校級のロボット】

交友力:0、精神力:0

『超弱気』
『献身的』
『少女趣味』



超高校級のロボットの名前

↓3までの中から高コンマ


【超高校級のロボット】ゼツボ

交友力:0、精神力:0

『超弱気』常に腰が引けている。消極的で臆病
『献身的』人に尽くすことが基本。
『少女趣味』絵本の少女に憧れた結果こうなった?らしい

とりあえず、生徒名簿作りますね

その間に
コロシアイの舞台決めます

1希望ヶ峰学園
2南の島(名前が出てこないごめんなさい)
3才囚学園
4オリジナル

↓最速3票(これは連取の対象外です)

舞台は南の島(あとでぐぐる)に決定!

生徒名簿は今日中に

プロローグは深夜か、明日にあげます


いったんここまで

安価協力ありがとうございました
引き続きよろしくお願いします

生徒名簿(暫定)

【超高校級の風紀委員】 高天原 繭 (タカマガハラ マユ)
交友力:6、精神力:5
容姿 目が隠れる程の長髪
『ぼんやり電波っ子』 普段はぼっーとしている。時折、意味不明な発言をする
『ネガティブ』起こった出来事を悪く捉える傾向にあるが、度を超した天然がそれをカバーしている
『堅物』自分の考えを曲げるのが嫌い
【超高校級の同人作家】 金城 龍馬 (カネシロ リョウマ)
交友力:8、精神力:2
容姿 爽やかなイケメン
『徹夜』 熱中するとついつい徹夜している。そして寝れるときに寝る
『フレンドリー』 誰にでもフランクに接する。交友力にプラス補正
『欲望に忠実』 男の子だからね仕方ない。巨乳百合好き
【超高校級のギャル】 中村 美々杏 (ナカムラ ビビアン)
交友力:9、精神力:3
容姿 長身巨乳黒ギャル
『かわいいもの好き』
かわいいものが好き、人でも物でも。小さいものが好き、人でも物でも 。醜い物が嫌い、人でも物でも
『臆病』 普段はズバズバとものを言うが、内心はおどおどしている。精神力に補正
『ムードメーカー』 周りを明るくするキャラクター。交友力に補正
【超高校級のギャンブラー】
クリス・マイヤード 
交友力:7、精神力:8
容姿 ク□エ・ルメールのような
『ポーカーフェイス』 表情や言動と本音の間のギャップを隠している
『聡明』 ギャンブルでは運ではなく戦略的に勝利してきた。精神力に補正
『ギャンブル中毒』根っからのギャンブル好き。
【超高校級の格闘家】 岩壁 鋼 (イワカベ ハガネ)
交友力:2、精神力:7
容姿 強面
『チェリーボーイ』 新品。あれな話題にはウブです
『アニメオタク』 少々意外なことにアニメに造詣が深い
『優しさ』 見た目とは裏腹に、優しい。残念ながら、周りからは理解されにくい
【超高校級の御曹司】 久遠寺 瑞希 (クオンジ ミズキ)
交友力:6、精神力:8
容姿 ミディアムヘアー
『実直』 真面目でストイックな印象を周りに与える
『本性』???

【超高校級の軍人】 内間 ダンボ (ウチマ ──) 
交友力:7、精神力: 5
容姿 美少女
『女の子?』 女の子にしか見えない。さらに心も女の子。そして、恋愛対象も女の子
『プロフェッショナル』サバイバルなどの知識に長けている。当然、武術なども得意としている
『ドMかつドS』 文字通りの変態さんです
【超高校級の???】 夜月 聖奈 (ヨヅキ セイナ)
交友力:0、精神力:9
容姿 長身で、目にハイライトがない。常に帽子を被っている
『早口』 喋るのが早く非常に聞き取りずらい。本人は相手に伝わってようが構わないと思っている
『エア友達』 いつも楽しそうに彼女と話している。他人のことは基本気にしない
『素早い』 気づいた時にはもういない。すべての行動が早く、また足も速い

【超高校級の合気道家】茶柱転人(チャバシラ テンジ)
交友力:5、精神力:2
『元気っ子』超元気ですよ!周りからうざったく思われるレベルの元気度
『全力少年』何事にも全力全開で!
『愛され系バカ』どこか憎み切れないキャラ、交友力に補正

【超高校級の幸運】際歪 豊(サイワイ ユタカ)
交友力:3、精神力:7
『スノビズム』嫌みな性格。交友力に補正
『超幸運』運が絡むことにおいては最強レベル
『希死念慮』自分は死ななければならない、そう思い込んでいるが…

【超高校級のアイドル】 光賀 夢路(ヒカルガ ユメジ)
交友力:7、精神力:9
『幼なじみ』高天原と同じ小中学校出身
『仲間想い』仲間のことを大切にする。そうでない人を嫌う
『鈍感』人の感情の機微に鈍いり恋愛事には特に

【超高校級のボクサー】 直弘 毅(ナオヒロ タケシ)
交友力:9、精神力:5
『羊系男子』寂しがり屋で世話好き
『マゾヒスト』はい。変態です。はい二人目です
『ビックマウス』口が軽い。秘密とか守れない

【超高校級の極道】三枚堂 薫 (サンマイドウ カオル)
交友力:0、精神力:4
『無感情』本人曰く感情がない。ゆえに人付き合いが下手
『達観』状況を冷静に分析、そもそも感情がないので慌てることがないはず
『危険思考』???

【超高校級の鍛冶屋】 梶木柑奈(カジキ カンナ)
交友力:9、精神力:9
『寡黙』あまり口数は多くない。が、会話が嫌いな訳ではない
『仕事が早い』腕は当然一流。職人気質
『残念』いろいろと抜けているところがある

【超高校級の総統】 天野 世界 (アマノ セカイ)
交友力:5、精神力:2
『フリーダム』自由人。自分の信じることだけをやる
『天使のお告げ』天使の声が聞こえるらしい
『正義の味方』自称正義の味方。

【超高校級のロボット】ゼツボ
交友力:0、精神力:0
『超弱気』常に腰が引けている。消極的で臆病
『献身的』人に尽くすことが基本。
『少女趣味』絵本の少女に憧れた結果こうなった?らしい

生徒名簿は後々加筆修正の予定

プロローグは明日の昼ぐらいからにゆっくりと進めます

本編始めます

はい。相変わらず書きためはないのでスローペースで進みます


……


……………

…………………………………

……………………………暗い……せまい……


………………………………そして何より暑い





その不快感から目覚の悪癖すら忘れ、わたしは頭を上げる

が、すぐに天井にぶつかる

……なんだこれ?

慌てて、周囲に手を伸ばすが、伸びきることなく壁に当たる

……これは箱の中?


箱?なんでそんな所に?どうして?

頭の中が疑問であふれていく
それと、同時にいやな想像が頭をよぎる

とにかく、ここから出ないと!

先ほど、頭をぶつけた天井に今度は思いっきり拳を突き上げる

ばこんと、意外なほどあっさりと突き抜けてしまった

手を引き抜くと、そこからはまぶしい陽光が差し込んできた




箱を抜けると、そこは南国だった








────────────────────────────────────────────────────────────────

【Prologue】  流されて絶望島

────────────────────────────────────────────────────────────────








???「……ハワイ?」

わたしが思わず疑問をそのまま口にすると

背後からそれを否定する声が聞こえた



↓生徒を一人指定


???「否定。は、は、は、は、は、は、はハワイではなぃと思います。ご、ごめんなさい」

???「照合。あ、アタシの登録データベースからの判断ですと、ここの植物、砂などはハワイのものとは成分が大きく異なっております。ごめんなさい」

その珍妙な話し方にも違和感を感じたが、何よりもその言葉を発している存在に違和感を感じた

真っ黒な冬用のセーラー服、上からピンクのカーディガンを着ている。見ているだけで暑そうだ

それよりも、その姿……

???「ロボット~……?」

???「首肯。ち、ちょ【超高校級のロボット】ゼツボですぅ。ごめんなさい」



────────────────────────────────────────────────────────────────

【超高校級のロボット】  ゼツボ

────────────────────────────────────────────────────────────────


???「ロボット!……そんなものまで~!?」

超高校級……なかなかぶっ飛んだものだとは思っていたが、まさかロボットまでいるとは


かく言うわたしも超高校級の一人

今さらだが自己紹介をやっておこう

わたしの名前は高天原繭

希望ヶ峰学園にスカウトされた超高校級の風紀委員

(超高校級についてや希望ヶ峰学園についての説明は不要だろう。このわたしでさえ少しは理解している、常識なのだし)


正直、選ばれたあまり自覚はない

普通に活動していただけ……のはず

まあ、それについてはいったん置いておこう~


ゼツボ「謝罪。ごめんなさい。こんなアタシが超高校級でごめんなさい。ごめんなさい」


高天原「いや、謝らなくても~」

だいぶ腰の低いロボットだ

高天原「それよりも~、ここってどこかわかる?」

ゼツボ「否定。い、いえ分かりかねます。ごめんなさいぃ」

高天原「そっか~」


???「それについてはボクからお答えしましょう」ボヨヨーン

ゼツボ「驚愕!きゃぁっぁぁぁぁ!」

なんの脈絡もなく、どこからともなくそいつは現れた

???「ヒドいなー。こんな愛くるしいボクを見て絶叫するなんて。あれそれとも?ボクの格好良さへの黄色い悲鳴かな?」

高天原「これもロボット~?ゼツボちゃんのお友達?他の生徒?」

ゼツボ「拒否!あんなのは友達ではありません。ごめんなさい」

???「ボクとしてもそんなへなちょこと一緒にしないで欲しいなー。それにボクは生徒なんかじゃないよ」

???「ボクはモノクマ、希望ヶ峰学園の学園長にしてこの修学旅行の引率の先生だよ!」




────────────────────────────────────────────────────────────────

【希望ヶ峰学園学園長】  モノクマ

────────────────────────────────────────────────────────────────





ゼツボ「懐疑。修学旅行?ごめんなさい」

モノクマ「そうでーす。希望ヶ峰学園は入学してすぐに修学旅行しちゃうんです。その方がみんな早く仲良くなれるからね」

高天原「そうなんだ~」

ゼツボ「理解。なるほど。疑ってごめんなさい。ごめんなさい」

モノクマ「……二人とも疑わなさすぎじゃない?」

モノクマ「ま、いいや。悪いけどこっちの不手際で。みんなバラバラになっちゃってるからさ」

モノクマ「向こうの島のジャバウォック公園に集合って伝えといてくれる?」

高天原「……え、わたしが~?」

モノクマ「放送設備が調子悪くてね。それにそのへなちょこロボはコミュニケーション下手くそだしね」

高天原「……まあ、風紀委員だしこのくらいならいいか~」

モノクマ「ジャバウォック公園に集合だからね!よろしくね」

そのままモノクマは消えてしまった




ゼツボ「主張。申し訳ないですが、アタシは集合場所に先に行かせてもらいます。ごめんなさいごめんなさい」

高天原「あ、うん。じゃあまた後でね~」

ゼツボちゃんは足早に去っていく

変わった子だったけど、仲良くできるかな?


《希望のカケラを入手しました》
《ゼツボとの親密度が上昇しました》

【砂浜】

高天原「一人残された砂浜には焼けるような日差しと穏やかな波の音だけ残った」


高天原「とりあえず、他の生徒を探しにいこうかな~」

1《マーケット》
2《空港》
3《牧場》
4《ホテル》


【ロケットパンチマーケット】

すごい品揃え~。近所のスーパーとは比べものにならないくらいのものが置いてある。前にテレビで見たコス○コににている

わたしお金ないんだけどどうしようか……

とりあえず、人がいるみたいだ。話しかけてみよう

1ブレザーを軽く着崩した爽やかな男の子
2すらりと背の高いモデルのような女の子




高天原「希望ヶ峰の新入生だよね?」

金城「ええ、金城龍馬です。超高校級の同人作家です。あなたは?」

────────────────────────────────────────────────────────────────

【超高校級の同人作家】  金城龍馬

────────────────────────────────────────────────────────────────


高天原「高天原繭。超高校級の風紀委員だよ~!よろしく~!」


夏にあるお祭り(一部では戦争とも称す)や冬にあるお祭りでは、いつも長蛇の列が出来るほどの人気同人作家。

だったかな~……

わたし自体はあまり興味がないからうろ覚えだ

金城「ふむ。」ジッー

高天原「ん~?どしたの?」

金城「失礼しました。なかなかの逸材かもしれません。今度時間があったら、売り子をお願いしたいですね」

高天原「売り子?よくわからないけど……いいかな~」

金城「それは助かります。では、詳しい説明は後ほど」

その後、金城くんにモノクマの伝言を伝え、別れた


《希望のカケラを手に入れました》
《金城龍馬の親密度がやや上昇しました》



???「ハロハロー。みんなお馴染みカリスマ女子高生モデルの『中村美々杏』でーす。よろー」



────────────────────────────────────────────────────────────────

【超高校級のギャル】  中村美々杏

────────────────────────────────────────────────────────────────

中村「今時、カリスマとかないかー。寧ろダサいかー?」

本人はこう言ってるが、彼女はカリスマだ。田舎のわたしの高校の女子でもファッションは彼女をお手本にが基本だった。若者に絶大的な支持を誇っている

中村「ここでウチからのファッションチェック!」

高天原「え?」

中村「膝だけよりしたのスカートアウト。伸ばしすぎたボサボサの髪アウト。ネイルアウト。ボタン全部しめたブレザーアウト。何よりノーメイクアウト!」

中村「ということで、ウチがアンタをコーディネートしてあげるー」

高天原「いや、でもわたし風紀委員だし~」

中村「うーん。それは仕方ないー?でも、気が向いたらいつでもいいなよ?」

高天原「あ、うん。ありがとね~」


思ったよりも気さくな人だ~

《希望のカケラを手に入れました》
《中村美々杏の親密度がやや上昇しました》

中村ちゃんにも集合の件を伝えたし、次にいこうか~


×《マーケット》
2《空港》
3《牧場》
4《ホテル》


《牧場》

高天原「牛に鶏、豚にアヒル、やぎまで……」

さっきのスーパーは勝手に商品を持ってていいらしいけど、この牧場もかな~?

といっても、牛乳と卵くらいかな~

……見て見ぬ振りはやめようか~


1うごめくダンボール
2軍服の女の子?&筋肉質の男の子


地面の上で激しく揺れるダンボール箱。

たぶん、わたし同様に中に人が入るはずなんだけど……

???「しゃらぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

目の前のダンボール箱が突然爆ぜ、

高天原「うわぁ~!?」

小柄な男の子が飛び出した

???「ふっふっ。なかなかの強敵だったっす」

???「ただし、このいずれは世界最強を狙う天下無敵の合気道家、茶柱転人さんの敵にはあらずっす」

────────────────────────────────────────────────────────────────
【超高校級の合気道家】

茶柱転人

────────────────────────────────────────────────────────────────


茶柱「ん?そこの女死、何か用っすか?」

高天原「用っていうか~…ん、女死?」

茶柱「女死は女死っす。あの人に対抗するために転人さんが考えたニューワーズっすよ!」

茶柱「あ、でも別に女死が嫌いな訳ではないっすから」

茶柱「あれ、それよりここどこっすか??」

…気づくのおそくない?

高天原「ここは~……じゃば…じゃば……ジャバナントカ島って島だよ~。希望ヶ峰学園の修学旅行で来てるみたいだよ~」

茶柱「ほうほう、ジャバナントカ島っすね。で、修学旅行っと。希望ヶ峰もなかなか粋な計らいをするもんすね~」

高天原「とりあえず、真ん中の島の公園に全員集合だって~」

茶柱「真ん中の島、了解っす!」

茶柱「では、さっそく集合場所に猛ダッシュっす!!」

……行ってしまった。

砂埃を立てながら、遠回りの方向へ……

《希望のカケラを手に入れました》
《茶柱転人との親密度がやや上昇しました》


???「狭苦しさと暑さの不快感は及第点だが、あの箱は強度が足りん。ここから出られないのではないかと煽るような恐怖感が欠けていると吾輩は思うのだ。貴公はどう思う?」

???「おれは狭いのとか暗いのはそこまで好かないな。やはり直接的な刺激がないと……」

???「まだまだ青い。だが、それもいい。これから発展していく伸びしろが多いということだからな」

何の会話をしているんだろう~?……あまり理解しないほうがいい気がする

???「それで、そちらの貴公はどう思う?」

高天原「……え、わたし?」

高天原(あの段ボールについていえばいいんだよね~…?)

高天原「えっと、最初は驚いたけど、意外と簡単に出れて……ひょうしぬけ?」

???「ほほう。物足りないと。…これまた貴重な同志の発見!吾輩はうれしいぞ!」

高天原「え?え?」

???「大将。ちょっと引いちゃってるから……。悪いな、驚かせて。俺は直弘毅、ボクサーだ。頼りにしてくれていい」

────────────────────────────────────────────────────────────────
                        【超高校級のボクサー】

                            直弘毅

────────────────────────────────────────────────────────────────


???「すまん。少し興奮しすぎた。……吾輩は内間ダンボ、【超高校級の軍人】だ。以後よろしく頼むぞ」

────────────────────────────────────────────────────────────────
                           【超高校級の軍人】

                             内間ダンボ

────────────────────────────────────────────────────────────────

高天原「あ、うん。よろしくね~」

内間「それにしてもこれはどういう状況なんだ?まったく意味がわからんぞ」

高天原「あ、それなら~」

(モノクマの話をかいつまんで説明した)

直弘「うーん、どうもきな臭い気がする」

内間「だが、虎穴に入らずんば、だ。もしかしたらその先にご褒美もあるかもしれん」

直弘「大将にとってのご褒美は一般向けではないのがな…。とりあえず了解。公園に向かう」


《希望のカケラ×2を入手しました》
《直弘毅との親密度がやや上昇しました》
《内間ダンボとの親密度がやや上昇しました》

少し疲れた気がする~

高天原「……というか、暑い~。上着を脱ぐか」


×《マーケット》
2《空港》
×《牧場》
4《ホテル》

≪空港≫

高天原「すずしい~。生き返る~!」

外に飛行機が数台止まったているけど、わたしたちもあれに乗ってきたのだろうか?

あちこちに破られた箱が落ちている

1ぴしっとスーツを着こなした男の子
2赤のマントを羽織った派手な格好の女の子
3つなぎの溶接マスクをつけた女の子

1で!

>>150
把握しました

今日はここまで
次回は月曜日の予定です
プロローグ終了が目標
書きためないと

それではよろしくお願いします

再開します
申し訳ないプロローグは終わらない


久遠寺「キミも希望ヶ峰の生徒かな?」

高天原「いえ~す!高天原繭、【超高校級の風紀委員】だよ~」

???「風紀委員……?」

どうやら、信じられてないらしい。なぜだろうか?

高天原「そうだよ。ほら~!」

わたしは腕の腕章を見えるように回す

???「あ、本当だ」

???「ボクは久遠寺瑞希。……【超高級の御曹司】としてスカウトされたんだ」

???「……やっぱり自分で言うと少し恥ずかしい、かな……」

────────────────────────────────────────────────────────────────
                           【超高校級の御曹司】

                             久遠寺瑞希

────────────────────────────────────────────────────────────────

高天原「へ~、おんぞうし!…………おんぞうしってなんだっけ~?」

久遠寺「……えっとね名門の家の子息のことかな」

高天原「ん~??」

久遠寺「……家がお金持ちの人だよ。これって罰ゲームかなにかなのかな……」

高天原「あ、そうだ。思い出したよ~。漫画の設定でよくあるよね~。これからよろしくね~」

久遠寺「お手柔らかにね…」


《希望のカケラを入手しました》
《久遠寺瑞希との親密度がやや上昇しました》


さてと~、あとは残りの二人にも伝えないと~


1赤のマントを羽織った派手な格好の女の子
3溶接マスクをつけたつなぎ姿の女の子


とりあえずあの派手な見た目の子に話かけて見よう~

???「このオレ様こそ、かの名高き正義の正義による正義のための秘密結社が総統、天野世界ちゃんだぞー!ヨロシク、な!」


────────────────────────────────────────────────────────────────
                           【超高校級の総統】

                             天野世界

────────────────────────────────────────────────────────────────

高天原「あ、うんよろしくね。わたしは──」

天野「高天原繭ちゃんっしょ。知ってる知ってる、ってか聞こえちゃったみたいな」

高天原「じゃあ、集合のことも聞こえてたかな~?」

天野「うんうんバッチリ聞こえちゃってる。あ、でもねー、天使様曰わくそれは嘘なんだってさ」

高天原「嘘~?……天使??」

この子はなにをいってのだろう?

天野「そうそう~。嘘で天使なのさーってね。まあ、世界ちゃん的にもよくわからないんだけどねー。今は流れに従うが吉だってさー」

高天原「つまりどういうこと~?」

天野「わからないならそれでいいんじゃん?寧ろそれの方がハッピーなんじゃん?」

天野「つかの間のハッピーをせいぜい楽しんでねー!じゃ、ばいびー」



高天原「……なんだったんだろう。いろいろと不穏な言葉を言ってたきがするけど。ま、いっか~」



《希望のカケラを入手しました》
《天野世界との親密度がやや上昇しました》



……少し怖そうだけど大丈夫かな~?

???「梶木柑奈。……鍛冶屋。よろしく」

────────────────────────────────────────────────────────────────
                           【超高校級の鍛冶屋】

                             梶木柑奈

────────────────────────────────────────────────────────────────

梶木「何かあれば言って。包丁でも鍬でも刀剣でも一級品を用意する」

高天原「……とりあえず間に合ってるかな~?」

梶木「……そう」シュン

落ち込ませてしまった!?
……でも、それより

高天原「…そのマスクってとらないの~?」

梶木「マスク…?」

梶木「…………忘れてた」

マスクの下から頬を染めた切れ長の目の美人さんが現れた

梶木「私は少しドジ」

高天原「そうなんだ~。わたしも少しドジっぽいかな~」

梶木「……お揃い。改めてよろしく」

高天原「こちらこそよろしく~」

梶木ちゃん、意外と気さくな人かな~?

《希望のカケラを入手しました》
《梶木柑奈との親密度がやや上昇しました》

安価出し忘れてた



まだ行ってないのはホテルだけだね~


《コテージ前》

ここはわたしたちの泊まるところかな~?

わざわざ一つ一つの部屋の前に似顔絵が書いてある。無駄にこってるな~

そこの二人にも声をかけないとね~

1濃紺のパーカーの男の子
2和服を着た眼帯の外人さん


高天原「(^q^)くおえうえーーーるえうおおおwww」

???「What!?突然なんなのデスカー!?」

高天原「ごめんなさい。つい、使命感で。わたしは高天原繭、超高校級の風紀委員だよ」

???「ん……。まあ、いいデショウ。ミーはクリス・マイヤード、【超高校級のギャンブラー】デース!」

────────────────────────────────────────────────────────────────
                           【超高校級のギャンブラー】

                             クリス・マイヤード

────────────────────────────────────────────────────────────────

高天原「ギャンブラーって、お金とかかけるんだよね~?風紀委員としてはちょっと~」

クリス「そうデスネー。でも、最近はあまりお金をかけてないデスヨ。日本に来てからはKENZENなギャンブルがmainデース」

高天原「健全?ならいいのかな~?」

そもそも健全なギャンブルってなに?

クリス「マユちゃんもトライしてみマスカー?Don't worry.負けてもあれとかがあーなるだけデスヨ?」

高天原「遠慮しとくよ~。嫌な予感がするし」

本当に健全なんだろうか~?
少し心配だ

《希望のカケラを入手しました》
《クリス・マイヤードとの親密度がやや上昇しました》


???「この対応は有り得ないね。キミもそう思わないかい?」

高天原「まあ~、たいがいではあるかな~」

???「ボクたちみたいな選ばれた特別な人間にこの扱い、希望ヶ峰学園も堕ちたものだね」

???「失礼。自己紹介が遅れたボクは際歪豊、超高校級の幸運さ」

────────────────────────────────
【超高校級の幸運】
際歪豊
────────────────────────────────

高天原「幸運~?」

際歪「はあ?そんなことも知らないのかい?」

際歪「いいかい?希望ヶ峰は毎年、全国の高校生から一人、抽選で入学者を選ぶんだ。それが超高校級の幸運、即ち、ボクさ」

高天原「それって~……」

全国に高校生が何人いるかは知らないが、わたしの高校でも数百人はいた。ということは

高天原「……すごいね!」

際歪「その通り。ほう、見かけで判断するものではないな。キミは意外と話が解るではないか」

際歪「選ばれたもの同士、上手くやっていこう」

《希望のカケラを入手しました》
《際歪豊との親密度がやや上昇しました》



《ホテルミライ レストラン》


テーブルの上にはご馳走がずらりと並んでいる

誰が用意したんだろうか?モノクマかな~?

1料理をガツガツと食べる女の子
2巨大な強面の男の子




安価把握です

短いですが、今日はここまでで

次回はたぶん明日、無理な場合は明後日
それではよろしくお願いします

少し進めます


高天原「こんにちは~!」

???「こ、こんにちは、だ、です」

???「お、では岩壁鋼だ、です。ち、【超高校級の格闘家】で、です」


────────────────────────────────────────────────────────────────
                           【超高校級の格闘家】

                             岩壁鋼

────────────────────────────────────────────────────────────────

岩壁「お…、自分、話すのが苦手、で」

言葉が途切れ途切れでやや聞き取りずらい。巨体や顔に似合わず相当、緊張しているようだ

高天原「そんな緊張しなくていいよ~?もっとリラックス~、はんなりね~」

岩壁「は、はんなり?」

あれ?はんなりってどんな意味だっけ~?

岩壁「……高天原、さん、はなにか武道の経験がある、ですか?」

高天原「いや~、ないけど~?どうして?」

岩壁「い、いや、てっきり……。なんでもない、です」

高天原(……?なにか言いたげだけど、時間も押してるしあとで聞けばいいか~)

《希望のカケラを入手しました》
《岩壁鋼との親密度がやや上昇しました》




神を後ろで一括り、きれいなポニーテールをゆらゆらと揺らしながら
表情一つ変えずに一人黙々と料理を食べ続けている。

高天原「ちょっと一回食べるのやめてもらっていい~?」

わたしの声に、次のさらに伸ばし欠けた手を止める

???「料理はなんのために存在する?」

高天原「……食べるため、だよね?」

???「そう。だから食べる。冷める前に食べるそれが礼儀」

高天原「それはそうなんだけど、ちょっと全員、集合で来てもらわないと困るんだけど~……」

???「……む」

???「……了解した。時間を守る、それも理かつ礼儀だ。場所は?」

高天原「え~と、隣の島の公園だよ~」

???「了解」

それだけ、言うとスタスタとレストランからでていってしまった

高天原「まだ自己紹介とかしてないんだけど~……」

その声が聞こえたのか、レストランのドアから彼女は顔を覗かせて、

???「私は三枚堂。【超高校級の極道】三枚堂薫」

────────────────────────────────────────────────────────────────
                           【超高校級の極道】

                             三枚堂薫

────────────────────────────────────────────────────────────────

それだけ言って、首を引っ込めた

三枚堂ちゃんか。かなり変わった子だな~
……わたしの自己紹介まだなんだけど~

《希望のカケラを入手しました》
《三枚堂薫との親密度がやや上昇しました……?》


高天原「ん?……極道~!?」


あと見てないのは~下のロビーだけかな~

【ホテルミライ ロビー】

1ぶつぶつと一人でなにやらしている黒ジャージの女の子
2小柄な男の子





【ゴンベッサ(先原直樹)】
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira129166.jpg

SS痛いコピペ「で、無視...と。」の作者

2013年、人気SS涼宮ハルヒの微笑の作者を詐称し炎上、
ヲチを立てられるにいたる

以来、2017年現在に至るまでヲチを毎日監視し、
バレバレの自演に明け暮れ、それが原因で騒動の鎮火を遅らせる

しかし自分はヲチで自演などしていない、別人の仕業だと
3年以上にわたって別人のふりを続けてきたが、
とうとう先日ヲチに顔写真を押さえられ、言い訳ができなくなった

先原直樹掲示板
http://jbbs.shitaraba.net/netgame/15805/

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom