【ポケモン】アセロラ「アセロラちゃん、とってもアングリーだよ!」 (35)

アセロラ「ふぁー。何だかとってもイライラするよ…!」イライラ

少年「おねーちゃんどうしたの?」

少女「おねーちゃん生理ー?」

アセロラ「ううん。何でもないよ!ごめんねみんな!」ニコッ

アセロラ「そうだ!こんな時はお散歩に行こうかな?」

アセロラ「よ~し、じゃあ、おじさんのところにでも行こーっと」

アセロラ「みんなー!おねーちゃんちょっとお出かけしてくるねー!」

少年少女「はーい」

アセロラ「さぁ、おじさんのところにゴー♪」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1486179585

アセロラ「いつもいつでも~うまくいくなんて~♪」

アセロラ「ほしょーはどこにもないけど~♪」

クチナシ「そりゃそうじゃ」

アセロラ「ふぁー!おじさーん♪」フリフリ

クチナシ「おう、どうした?」

アセロラ「アセロラ、なんだかね……とってもイライラするの……」

アセロラ「だからね?おじさんのところに来たの」

クチナシ「生理か?」

アセロラ「もぅ!おじさんったら!それセクハラだよ~!」プク~

クチナシ「ハハハ、悪ぃ悪ぃ」

アセロラ「ねぇ、おじさん」

クチナシ「なんだ?」

アセロラ「一発殴らせてよ」

アセロラ「アセロラね~今とってもアングリーなの!」シュッ シュッ

アセロラ「だからね?おじさん、お願い!一発だけ!」シュッ シュッ

クチナシ「…………………」

アセロラ「おじさん?」シュッ

クチナシ「…………食うかい?」スッ

アセロラ「ふぁ~!そ、それはぁ!」

アセロラ「今大人気のポカブフランクフルト」キラキラ

クチナシ「ほらっ」

アセロラ「う、う~……でもぉ……」グ~

アセロラ「あっ////」

クチナシ「ふふっ」

アセロラ「もぅ!子供扱いしてぇ…」プ~

クチナシ「してねぇよ。いらないのかい?」

アセロラ「………いる……」

クチナシ「ほらよ」スッ

アセロラ「ありがと~おじさん!」キャッキャッ

アセロラ「いただきま~す」オクチアングリ

クチナシ「ちょっと待て!」

アセロラ「ふぁ?」ピタ

クチナシ「そのポカブフランクフルトにはな、通な食べ方があるのよ」

アセロラ「通な食べ方?」

クチナシ「そうだ」

クチナシ「大人のレディならみんなやってる通な食べ方だ」

アセロラ「……大人のレディ…」

アセロラ「………………」

アセロラ「おじさん!アセロラにも大人のレディとしてその食べ方教えてよ!」キラキラ

クチナシ「ああ、良いだろう」

クチナシ「まずは………」

アセロラ「まずは?」

クチナシ「くわえろ」

クチナシ「歯は立てるなよ……?」

アセロラ「ふぁ?」オクチアングリ

アセロラ「おじさん。それじゃフランクフルト食べられないよ」

クチナシ「いいからやってみな」

クチナシ「大人のレディになりてぇんだろ?」

アセロラ「ふぁ~……」パクッ

クチナシ「おっと……アイスを舐めるように……」

アセロラ「…………ん……」チュパチュパ

クチナシ「………上目遣いも忘れんなよ?」

アセロラ「………ん~……」チュパチュパ ウワメ

クチナシ「その調子だ。いいぞぉ!」

アセロラ「(こんなの全然おいしい食べ方じゃないよぉ……)」チュパチュパ

アセロラ「(だってケチャップの味しかしないもん……)」チュッ

アセロラ「(大人のレディへの道は険しいね……)」チロチロ

クチナシ「………………」パシャッ

アセロラ「!?」

アセロラ「ちょ、ちょっとおじさん!?」チュポッ

アセロラ「何でいきなり写真撮るの!」

クチナシ「すまねぇすまねぇ、お前が可愛くてつい……な?」

アセロラ「ふぁ~……か、可愛いってそんな////」

アセロラ「からかわないでよおじさん!////」

クチナシ「……冗談じゃねぇさ…」

クチナシ「お前は可愛いさ」ナデナデ

アセロラ「…………!!!!!////」

アセロラ「も、もう!アセロラちゃんとってもアングリーだよっ!」プクリン~

クチナシ「ハハハ、すまねぇすまねぇ。さぁ、大人のレディになる為に続きするか」

クチナシ「ほらっ、フランクフルトだ」

アセロラ「もう~//////」ポカポカポカ

クチナシ「ハハハ」

アセロラ「出てきてシロデスナ!」ボンッ

シロデスナ「デスナァ!」

クチナシ「!?」

アセロラ「シロデスナ!いわなだれ!」

シロデスナ「デスナァ!」ガラガラガラ

クチナシ「………あ…………お……」ガラガラ

クチナシ「………ぁ……」グチャッ

アセロラ「もうっ!おじさん!アセロラもう子供じゃないって言ったでしょ?」

アセロラ「おじさんのやってる事がなんなのかくらいわかるよ」

アセロラ「………暫く岩の下で反省してなさいっ!」プクリ~ン






クチナシ「……………………」ダラダラ

アセロラ「おっけ~!つぎにすすもーぜー♪」ルンルン

アセロラ「おっけ~!いっしょならだいじょ~ぶぅ♪」ルンルン

アセロラ「(はぁ、おじさんが変な事するせいでまたイライラしてきちゃったよ……)」イライラ

アセロラ「(結局ポカブフランクフルトも食べられなかったし……)」ハァ

アセロラ「(今のアセロラはとってもハングリーでアングリーなの!)」




マーマネ「はぁ、僕ってどうしてモテないのかなぁ?」トテトテ

トゲデマル「トゲー?」トテトテ

アセロラ「ごーるでーんさーん♪しるばーむーん♪」ルンルン

アセロラ「おひさまと………ん……?」

マーマネ「え?」

トゲデマル「トゲ?」

アセロラ「あ、野生のポカブがあらわれた」

マーマネ「え?……ポカブ?」

アセロラ「よーし!アセロラもトレーナーだ!ポカブゲットでフランクフルトゲットだよ!」

アセロラ「いっけ~!モンスターボール!」ポイッ

ヒューン

マーマネ「アいだっ!」ゴチン

マーマネ「いてて……」

アセロラ「ふぁー、モンスターボールが……ポカブが………」ガクッ

マーマネ「ポカブって……だいたい君…いきなり人に向かってモンスターボール投げるなんて……」

マーマネ「ん?」

アセロラ「あ、よく見たら人間だった」

マーマネ「(あれ?よく見たらこの子凄く可愛いぞ?)」

アセロラ「ふぁー、ごめんなさい……」

マーマネ「え…!?いや、別にいいよ!全然気にしてないよ!」アセアセ

マーマネ「(僕にも運が向いてきたな……この子と仲良くなって、それで……)」ウヒヒ

マーマネ「それよりどうして僕にモンスターボールを投げつけたのさ?」

アセロラ「実はね?」

アセロラ「……アセロラ、今とってもハングリーで……フランクフルトが食べたくって……」

マーマネ「……………」

マーマネ「(僕にモンスターボールを投げつける=僕が欲しい)」

マーマネ「(フランクフルトが食べたい=……)」

マーマネ「………………」

トゲデマル「ドゲ?」

アセロラ「ごめんなさい。アセロラもう行くね……」スタスタ

マーマネ「ちょっと待ってよ!」

アセロラ「ふぁ?」

マーマネ「………つまりはそういう事なんでしょ?」

アセロラ「え?」

マーマネ「食べさせてあげるよフランクフルト」

アセロラ「本当?ありがとう!」ニコッ

マーマネ「……ここじゃマズイよね?ついてきてよ」グイッ

アセロラ「ふぁ~。ひっぱらないで、痛いよ~」グイグイ




アセロラ「ふぁー。こんな人がいない所に来てどうするの?」

アセロラ「フランクフルトは?」

アセロラ「アセロラちゃん、とってもハングリーだよ」

マーマネ「ふふっ、だらしがないお口だね」カチャカチャ

パサッ

アセロラ「………え?ズボンなんか脱いでなにして……」

マーマネ「………ほら、フランクフルトだよ」ビンビン

アセロラ「!?」

マーマネ「あ、トゲデマルはボールに戻ってね」シュー

トゲデマル「トゲー?」

アセロラ「???」

マーマネ「ごめんね待たせて。もう下のお口はヨダレたらたらかな?」ビンビン

アセロラ「イ、イヤァ……」

マーマネ「さーて、いただきマーマネ」ガバッ

アセロラ「チ、チッチャイヨー……」ググッ

マーマネ「あぁ………いい匂いだなぁアセロラちゃん」クンクン

アセロラ「……う……あ………」ググッ

アセロラ「出てきてダダリン!」

ダダリン「ダダー」

マーマネ「は?」クルッ

アセロラ「ダダリン!シャドーボール!」

ダダリン「ダダー……」シュゥゥゥ

ダダリン「リン!」ボンッ

マーマネ「え………?」シュオオオ








アセロラ「ふぅ」ヨイショッ

アセロラ「ふぁー、ウラウラ島はおっかないね……」ブルブル

アセロラ「次はアーカラ島にお散歩に行こっと♪」

アーカラ島


アセロラ「もうフランクフルトは暫く食べたくないな……」

アセロラ「さて、気を取り直して」

アセロラ「ゆーきりんりんげんきはつらっつ♪」ルンルン

アセロラ「きょーみしんしんいーきよーよー♪」ルンルン

アセロラ「あ、あんな所にに牧場が!」

アセロラ「……………」グー

アセロラ「…………モーモーミルク飲めるかな?」

アセロラ「行ってみよ♪」



カキ「よいしょっと!明日の配達分はこれでよし、と」

ホシ「……………お兄ちゃん……」

カキ「ん?なんだぁいホシ☆」

ホシ「知らない女の子がずっとこっち見てる……」

カキ「え?」

アセロラ「オクチアングリ」ジー

ホシ「なぁんだ、モーモーミルクが飲みたかったのか」

アセロラ「うん、アセロラちゃん今とってもハングリーなの!」ゴクゴク

アセロラ「ごちそうさまぁ♪」プハー

ホシ「ふふ、お粗末様。家のモーモーミルクとっても美味しいでしょ?」

アセロラ「うん、最っ高だよ♪」

カキ「ふふ、家の妹とっても可愛いだろ?」

ホシ「お兄ちゃん!」

アセロラ「うん、ホシはとっても可愛いね」

ホシ「もう、アセロラまで!」

カキ「アセロラ。俺はな、いずれはホシと結婚したいと思ってるんだ……」

ホシ「キモいなぁ……」

アセロラ「キモいね……」

アセロラ「………………」

アセロラ「よし!決めた!」

ホシ「え?」

アセロラ「アセロラ、モーモーミルクのお礼に牧場のお仕事手伝うよ!」

ホシ「え?別にいいよそんなの……」

カキ「別に無理はしなくていいんだぞ?」

カキ「牧場の仕事はそんなに甘くないしな」

アセロラ「大丈夫!アセロラお散歩中で暇だったしね!」

アセロラ「一宿一飯の恩ってやつ?」

ホシ「ちょっと違うんじゃない?」

アセロラ「ふぁー。とにかく!」

アセロラ「古代のプリンセス、アセロラちゃんに任せてよ♪」

カキ「やれやれ……」

カキ「よし、じゃあアセロラ。この今日とれたモーモーミルクをあっちの小屋まで運んでくれ」

アセロラ「ふぁーい!」

ホシ「よし、私もやるよお兄ちゃん!」

カキ「ホシは無理しなくていいんだぞ?怪我でもしたら大変だろ?」アセアセ

ホシ「もう、過保護だなぁ」

アセロラ「これがシスコンってやつかぁ」




アセロラ「あっとひっとり……あっとひっとり………」ノソノソ

アセロラ「………………」

アセロラ「…………もう……ダメ……」ドサッ

カキ「まだ半分も行ってないじゃないか……」

ホシ「頑張ってアセロラ!」ンーショ ンーショ

アセロラ「………ふぁーい……」

カキ「あぁっ!ホシ!やっぱりキツイんだな!お兄ちゃんが代わろうか!?」

ホシ「……もう、これくら大丈夫だって言ってるでしょ?」

カキ「だ、だが………」アタフタ

アセロラ「……………」

アセロラ「ねぇ、お兄ちゃん……」

カキ「!?」

アセロラ「アセロラ、もうミルク運べないよぉ………」

アセロラ「………手伝って♪」

カキ「お兄ちゃんに任せろ!」



カキ「よーし、お兄ちゃんのカッコいい所を見てろよ!」ウォォー

アセロラ「わーい、お兄ちゃんカッコいー♪」ゴクゴク

アセロラ「ぷはぁ!やっぱり絞りたてはおいしーね」

ホシ「(この人何しに来たんだ………?)」

アセロラ「よーし、ミルクも飲んで元気満タン!」

アセロラ「アセロラちゃんも、もいっちょ頑張るよー!」オー

カキ「はぁ、はぁ……」ゼエゼエ

ホシ「お兄ちゃん無理しすぎだよ……」

ホシ「ごめんねアセロラ。私一回お兄ちゃんを家まで運んで寝かせてくるから」

カキ「ホシぃ……一緒に寝てくれるのか?」

ホシ「変な事したら捨ててくからね」

カキ「ホシぃ……」

ホシ「ごめんねアセロラ。無理はしなくていいからね?」

アセロラ「大丈夫だよホシ!」

アセロラ「アセロラ、こう見えて昔のえら~い一族の末裔だったんだよ?」

ホシ「え、あ……うん……」

アセロラ「古代のプリンセス、アセロラちゃんに任せてよ♪」エッヘン

ホシ「……本当に無理はしないでね?」ズルズル

ホシ「(心配だなぁ……)」ズルズル

カキ「ホシぃ……」



アセロラ「さーて、カキとホシの分も頑張ろっと!」ヨイショッ

アセロラ「うーん、うーん………」ンーショ ンーショ

アセロラ「………疲れた……」ヘナッ

アセロラ「……………………」

アセロラ「出てきてフワライド」ポンッ

フワライド「フワフワ~」

アセロラ「フワライド、このミルクをあっちの小屋まで運んでくれる?」

フワライド「フワッ!」スイッ

アセロラ「ふぁー、さっすがフワライド!」

フワライド「フワフワ」スイー

リザードン「リザー……」メラメラ

フワライド「フワー」ジュッ

リザードン「リザ?」メラメラメラ



アセロラ「あ」






ドッカーン!!!













シブ「う、うわー!小屋が、小屋が燃えてる!」


メラメラメラメラメラメラ


カキ「な、なんだと!?」

アセロラ「オクチアングリ」

カキママ「早く水を、水を!」


メラメラメラメラメラメラ


ホシ「アセロラ、アセロラ、大丈夫!?」

アセロラ「あ、………ホシ…………」

ホシ「良かった……アセロラが無事で……」グスッ

アセロラ「あ………うん…………」

カキ「ホシ、アセロラ!ここは危ないからお前達は向こうに避難してろ!」

ホシ「お兄ちゃん………」

ホシ「わかった、行こうアセロラ!」グイッ

アセロラ「あ、うん………」



ホシ「お父さんとお母さんとお兄ちゃん大丈夫かな?」グスッ

アセロラ「あわわわわ…」

アセロラ「な、泣かないでよホシ……」イーコ イーコ

ホシ「アセロラ………」

アセロラ「大丈夫だからね、おねーちゃんがついてるから」ギュッ

ホシ「ありがとう……アセロラ………」ギュッ

ホシ「でも、アセロラが無事で良かったよ」

ホシ「怪しい人がいきなり来て小屋に火をつけて逃げたんでしょ?」

アセロラ「あ、はい…」

ホシ「アセロラ、本当に………良かっ…た……」スー スー

アセロラ「…………ホシ……泣き疲れて眠っちゃったんだね……」

アセロラ「おやすみ。ホシ……」

ゲンガー「ゲンガー……」

コニコシティ


アセロラ「とっておき~ふく~つ~のここ~ろもぉって~♪」ルンルン

アセロラ「たかいてんがんざんこ~え~ていこ~♪」ルンルン

アセロラ「ふぁー、嫌な事件だったなぁ…」

アセロラ「ホシ、大丈夫かな?心配だよぉ……」

アセロラ「あ~たらし~ま~ち♪ア~セロラ~はいく~♪」グー

アセロラ「ふぁー、牧場がでいっぱいお仕事したからアセロラちゃんハングリーだよ……」

アセロラ「ん……?アイナ食堂……」

アセロラ「ちょうどいーや!ここに入ろっと♪」

アイナ食堂


アセロラ「アロ~ラ~」

マオ「アローラ!いらっしゃいませ♪」

マオ「(あれ?あんな小さい子が一人で食事?)」

マオ「(それに着てる服も……訳あり……なのかな?)」ジーッ

アセロラ「?」

アセロラ「(どうしたんだろこの人……アセロラの事じっと見つめて……?)」

マオ「……こちらに座って下さい」スッ

アセロラ「うん」

マオ「お客さん。ご注文は何にしますか?」

アセロラ「ふぁっ!?えーと、えーと……」

マオ「あはは、焦らなくてもいいよ!」

マオ「私はマオ、よろしくね!」

アセロラ「(マオ……なんかリア充っぽいよぉ……)」

アセロラ「えーと、古代のプリンセスアセロラちゃんだよ!よろしくねマオ」

マオ「あはは、古代のプリンセスって…」

アセロラ「(バカにされた!?)」オクチアングリ

マオ「あ、ごめんね!そーゆーつもりじゃないんだ」アセアセ

アセロラ「う、うん……」

マオ「ごめんね……お詫びに何かひとつならタダで食べていいよ!」

アセロラ「ほんとー!ありがとうマオ!」キラキラ

マオ「あはは、いいっていいって」

マオ「さぁ、アセロラ。ご注文は?何にしますか?」

アセロラ「ふぁ~。う~んと、それじゃあマオのおすすめで!」

マオ「かしこまりましたお客様♪」

アセロラ「ふぁー、マオのおすすめのこのZ定食ってのすっごくおいしいね!」モグモグ

マオ「ありがとう」ニコッ

マオ「ねぇ、アセロラ……何かあった?」

アセロラ「ふぁっ!?」ゴホッ

マオ「あ、落ち着いて…今お水持ってくるから!」

アセロラ「(え?なんで?マオひょっとして牧場の火事の事知ってるの!?)」

マオ「(あの慌てよう……やっぱり何か訳ありなんだね……)」

マオ「(あの子が何か悩んでるなら…私が力になってあげなきゃ……!)」グッ

マオ「お待たせアセロラ!お水持ってきたよ」コト

アセロラ「あ、ありがとう……」

アセロラ「(ふあぁぁぁ…どうしよう……)」ゴクゴク

マオ「…………ねぇ、アセロラ…」

アセロラ「!?」ビクッ

マオ「何かあったなら話してよ」

マオ「確かに私達は今会ったばっかりだけどさ、何かアセロラの事放っておけないんだよね……」

マオ「だからさ、話してよ」

マオ「私、アセロラの力になりたいんだ」ニコッ

アセロラ「マオ……」

アセロラ「(どうしよう……これは正直に話した方が……)」

アセロラ「…………………」

マオ「アセロラ…?」

アセロラ「………実はね…」

マオ「………うん…」

アセロラ「アセロラ、さっきまでお手伝いしてた牧場が謎の大爆発で火事になっちゃって………」

マオ「え!?牧場?」

アセロラ「うん、それでアセロラ……怖くなって逃げてきちゃったの……」

マオ「ちょ、ちょっと待って!その牧場ってさ、何処にあるの?」

アセロラ「………ヴェラ火山の近く……」

マオ「それってまさか……カキの……」

アセロラ「え?マオ、カキの事知ってるの?」

マオ「知ってるも何も同じスクールのクラスメイトだよ!」

マオ「何でアセロラがカキの牧場に……」

マオ「てゆーか、火事って!カキやホシちゃんは無事なの!?」

アセロラ「う、うん……無事だよ……」

マオ「……………そっか……良かった……」ホッ

マオ「それにしてもそんな事が………」

マオ「その犯人、絶対に許せない……」

マオ「捕まえてギタギタにしてやるんだから!」グッ

アセロラ「う、うん。そうだね」

マオ「でもアセロラがカキと友達だったなんてねぇ……」

アセロラ「ふぁ~、お友達ってゆーか、アセロラは一宿一飯の恩の為に牧場を手伝っただけだよ?」

マオ「え?一宿一飯って……カキの家に泊まったの!?」ガシッ

アセロラ「ふぁ?」

アセロラ「ふぁ?泊まってないよ?」

マオ「え…?でも一宿一飯って……」

アセロラ「アセロラはモーモーミルクを貰ったから少し牧場を手伝っただけだよ?」

マオ「??そ、そうなの?(よくわかんないけど、泊まってないならいいや)」ホッ

アセロラ「………手伝ってる最中にあの不幸な事故が………」ショボン

マオ「……………アセロラ……」ギュッ

アセロラ「マオ………」

マオ「大丈夫だからね……私がついてるから………」

マオ「だからさ、何か辛い事があっあら私に何でも相談して?」

マオ「私達……友達だからさっ」ニコッ

アセロラ「………マオ……ありがとう!」ニコッ

マオ「ふふっ」

アセロラ「あ、そうだ!」ピカーン

マオ「?」

アセロラ「はい、これ!」

マオ「これは……モーモーミルク…?」

アセロラ「うん、カキの家にあったやつだよ」

アセロラ「アセロラが後で飲もうと思って持ってきたの!」

アセロラ「お友達のシルシに……マオにあげるね」テレッ

マオ「アセロラ……いいの……?」

アセロラ「うん、とーぜんだよ♪」

マオ「ふふっ、ありがたく頂くね」ゴクゴク

ジョーイ「退いてくださーい!」

ピーポー ピーポー

マオ兄「マオー!」

マオ「う……あ…………」

アセロラ「ふぁ……」オクチアングリ

マオ兄「マオー!しっかりしてくれー!」

マオ「うぅ……」

アセロラ「マオ………」

野次馬A「食堂で食中毒だってよ……」ヒソヒソ

野次馬B「え?嘘!?嫌だ……私、あそこの料理週3で食べに行ってるのよ!?」

アセロラ「マオ……何か悪いものでも食べたのかな……」

アセロラ「心配だよ」グスッ

メレメレ島


アセロラ「さ~ここからがぼーけんだ♪」ルンルン

アセロラ「ひかりのさきのはーてまで♪」ルンルン

アセロラ「そ、ら、からっこーぼれーた♪」ルンルン

アセロラ「なみだのあーめをかーきわけ♪」ルンルン

アセロラ「とーちゃく!」

アセロラ「ここがポケモンスクールかぁ」

アセロラ「いいなぁ、アセロラも通いたいなぁ」シュン

アセロラ「マオ……大丈夫かな…?」

リーリエ「ふぅ、私とした事がスクールに忘れものなんて……」タッタッタ

アセロラ「…………………」

リーリエ「あら?あの娘は?」

リーリエ「……あのぅ………」

アセロラ「?」

リーリエ「あの、どうしたのですか?」

アセロラ「ふぁ?」

リーリエ「すみません、何やら哀しそうなお顔をしていたのでつい……」

アセロラ「ふぁ、そんな事ないよ」

リーリエ「そうですか……」

リーリエ「あ、申し遅れました。私リーリエと申します。このポケモンスクールに通っております」ペコッ

アセロラ「アセロラだよ!よろしくね♪リーリエ」ニコッ

リーリエ「あ、は、はぃ……」ドキッ

アセロラ「リーリエ、このスクールの生徒さんなんだね~」

リーリエ「そ、そうですが……」ドキドキ

アセロラ「アセロラもこのスクールに通いたかったんだ……」

リーリエ「え……?」

アセロラ「ねぇ、リーリエ。このポケモンスクールのお話し、アセロラに聞かせてくれない?」

リーリエ「………………」

リーリエ「わかりました」

リーリエ「論理的結論から言いますと、実は私、教室に忘れ物をしてしまいまして、今取りに行く最中なんです」

アセロラ「ふぁ~そうなの?」

リーリエ「はぃ…」ドキドキ

リーリエ「その……ですから………立ち話もなんですし………」

アセロラ「?」

リーリエ「………教室でゆっくりお話ししませんか?」

教室


カチャッ


リーリエ「………………」

アセロラ「ふぁ~ここが教室かぁ……」

アセロラ「いいなぁ、アセロラもここでみんなとお勉強したいなぁ」

リーリエ「…………………」

アセロラ「さ、リーリエ!スクールのお話し聞かせてよ!」キラキラ

リーリエ「…………アセロラ…」




サトシ「あ~教室に忘れ物しちゃったよ~」

サトシ「これからスイレンとバルーンの練習に付き合う約束があるのになぁ……」

サトシ「スイレン怒ると恐いからなぁ」

ピカチュウ「ピカー」

『………………!』 『…………………!』

サトシ「ん?教室から何か聞こえるな」

サトシ「よいしょっと」ガチャガチャ

サトシ「………カギがかかってる……?」

ピカチュウ「ピカ?」

アセロラ「ふぁ~!!!」ガラッ

サトシ「!?」ビクッ

ピカチュウ「ピカ?」

サトシ「……誰だ?」

アセロラ「た、助けてよぉ……」グスグス

サトシ「え?」

リーリエ「ま、待って下さい!論理的結論から言いますと誤解です!」

サトシ「………リーリエ?」

ピカチュウ「ピーピカ?」

リーリエ「あ、サトシ!ピカチュウ!これはですね……」

アセロラ「うぅ………」グスグス

サトシ「なぁ、リーリエ。よくわかんないけど、この子泣いてるんだけど……」

リーリエ「ちょ、違います……」

リーリエ「これはアセロラから」アセアセ

サトシ「なぁ、大丈夫か?」

アセロラ「ふぁ……」

サトシ「よくわかんないけど、泣き止んでくれよ……」ヨシヨシ

アセロラ「あ……」ドキドキ

ククイ「おーい、どうしたー?」

サトシ「あ、博士」

ククイ「ん?その子は?」

アセロラ「………………」ギュッ

リーリエ「あ、先生!これはですね……」






アセロラ「リーリエ連れてかれちゃったね」

サトシ「だな」

ピカチュウ「ピカ」

アセロラ「はじめて~のばしょ~♪」ルンルン

アセロラ「はじめて~のにおい~♪」ルンルン

アセロラ「はじめてじゃないのは~♪」ルンルン

アセロラ「このドキドキ♪」ルンルン

サトシ「随分とご機嫌だなアセロラ?」

ピカチュウ「ピカ」

アセロラ「ふぁー、そうかな?」

サトシ「違うのか?」

アセロラ「うーん、どーかな?」

サトシ「なんだそれ?」

サトシ「それにしてもウラウラ島から来たのかぁ……」

アセロラ「うん、ちょっとストレス発散のお散歩にね~」

サトシ「ははっ、散歩でここまで来るって……」

ピカチュウ「ピカピカー」

アセロラ「でもいーのサトシ?」

サトシ「何がだ?」

アセロラ「だって今日スイレンって人とデートなんでしょ?」

アセロラ「アセロラも一緒でいーのかなって……」

サトシ「デートって……別にそんなんじゃないよ……」

サトシ「それにスイレンはただの友達だしな」

アセロラ「ふーん……」

ピカチュウ「ピカピカ……」ヤレヤレ

アセロラ「あっとひっとり♪あっとひっとり♪」テクテク

サトシ「よし、ついた。ここだぜ」

アセロラ「ふぁー、いい景色~」

サトシ「あ、いたいた!お~い!スイレ~ン!」

ピカチュウ「ピー!」

スイレン「あ、サトシ!」ダッ

アシマリ「アウ!」

アセロラ「ふぁ~」

スイレン「ん?その子は……?」

スイレン「………そんな事が……リーリエ……」

サトシ「ああ……」

ピカチュウ「ピカピカ……」

アセロラ「ごめんね……アセロラのせいで……」

サトシ「いや、アセロラのせいじゃないよ」

アセロラ「サトシ……」

スイレン「……………」

スイレン「ねぇ、今日はバルーンの練習やめてみんなで釣りでもしない?」

サトシ「え?」

アセロラ「ふぁー、でもアセロラ釣竿持ってないよ?」

スイレン「大丈夫だよ。私の貸してあげるから」

サトシ「本当か?サンキュー!スイレン!」

アセロラ「ありがとースイレン!」

スイレン「いえいえ」

スイレン「よっと!」ヒョイッ

ハギギシリ「」

サトシ「お、すっげー、また釣ったのかスイレン!」

アセロラ「ふぁー、ハギギシリだ!」

スイレン「えへへ////」

サトシ「よーし、俺も負けないぜ!」

ピカチュウ「ピカピカ!」

アセロラ「アセロラも!」

ピクピク

アセロラ「ふぁっ!?引いてる……」

サトシ「よし、落ち着けアセロラ!落ち着いてゆっくり……」

アセロラ「……ふぁー………重い……」

サトシ「よし!俺も手伝うぜ!」ギュッ

アセロラ「ありがとう!サトシ!」ギュッ

スイレン「あ……」

サトシ、アセロラ「「せーのっ!」」

ザパーン

ミロカロス「」

サトシ「ミ……」

アセロラ「ミロカロス………」

ピカチュウ「ピ………」

ミロカロス「!」グイッ

サトシ「うおっ!」

アセロラ「あぁ…竿が……」

サトシ「あ~逃げちゃったな……」

アセロラ「えへへ、でもありがとねサトシ」ギュッ

スイレン「…………」イラッ

サトシ「………また釣りなおそうぜ……」

サトシ「あ、スイレン。釣竿ごめんな?弁償するからさ!」

アセロラ「ごめんね~スイレン!」

スイレン「……………別にいいよ……」

スイレン「それよりアセロラ、ちょっと来てくれない?」

サトシ「?」

アセロラ「?」

アセロラ「……釣竿の事はごめんねスイレン……アセロラも弁償するから……」

スイレン「………そんな事じゃないのはわかってるでしょ?」

アセロラ「ふぁ?」

スイレン「アセロラ。ポケモンバトルしようよ。」

スイレン「負けた方は今日は大人しく帰る。いいよね?」

スイレン「いけっ!オニシズクモ!」ポンッ

オニシズクモ「シズ!」

アセロラ「…………スイレン……」

アセロラ「たーだまってずっとたっていたってはじまらない♪」ルンルン

アセロラ「たいよーもつきもぽけもんもあのこも♪」ルンルン

スイレン「歌?余裕だね……」

アセロラ「……………」

アセロラ「行って!ユキメノコ!」ポンッ

ユキメノコ「ユキー」







サトシ「あ、アセロラ!やっと戻ってきたか!」

ピカチュウ「ピカピカ」

サトシ「あれ……スイレンは……?」

アセロラ「帰ったよ」

サトシ「あ~もうこんな時間かぁ……」

ピカチュウ「ピカピカ」

アセロラ「…………ねぇ、サトシ……今日アセロラのお家に泊まっていかない?」

サトシ「ん~……でも明日もスクールがあるしなぁ……」

アセロラ「どうせ明日は学級閉鎖だよ」

サトシ「え?」

アセロラ「ふぁー!サトシはレディを一人で帰らせるつもり?」

サトシ「うっ……」

アセロラ「それに」チラッ

サトシ「それって……!」

アセロラ「そう、実はアセロラキャプテンなのです♪」

サトシ「本当かよ!すっげー!」キラキラ

アセロラ「エッヘン」

アセロラ「サトシこれから島巡りするんでしょ?」

アセロラ「いっぱいお話し聞かせてあげるよ♪」

サトシ「本当かよいくいく!」

アセロラ「その変わり……」

サトシ「ん?」

アセロラ「サトシのお話しも聞かせてね?」

サトシ「ああ、いいぜ!何の話が聞きたいんだ?」

アセロラ「んーとね……スクールの事とか……」

アセロラ「カロスの事とか」

サトシ「あれ?何で俺がカロスに居たって知ってるんだ?」

ピカチュウ「ピカ?」

アセロラ「ふふふ、実はアセロラちゃんカロスリーグの中継見てたの!」

アセロラ「それでね、その時からサトシのファンでね、ずっとお話ししたいと思ってたの!」キラキラ

サトシ「………はは、参ったな……」

アセロラ「よーし、そうと決まったら今日は寝かせないよ!」

アセロラ「エーテルハウスにレッツゴー♪」ギュッ

サトシ「ほどほどにしてくれよ?」ギュッ

ピカチュウ「ピカ……」

アセロラ「えへへー」



アセロラ「ふぁ~。楽しいお散歩だったな♪」





このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2017年02月25日 (土) 04:16:11   ID: gBUza84N

ポケモンのop歌ってたのは伏線ですかね?

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom