【ジョジョ4部】もし吉良に異常な性癖がなかったら? (16)

アニメジョジョ17話

振り向いてはならない小道に迷い込んだ岸辺露伴と広瀬康一。杉本鈴美からある話を聞いていた。

鈴美「…ここの家ね。15年程前殺人事件があったんですって。隣のおばあちゃんから聞いた話よ。事件の日の真夜中この家の女の子が寝室で寝てるとね」

露伴、康一「!?」

鈴美「両親の部屋の方でピチャリ、ピチャリって何かが滴る音がして目が覚めたんですって」

鈴美「何の音だろう?パパ。ママと呼んだんだけど返事がないんですって。でも女の子はそんなに怖くなかったの。なぜなら傍には愛犬がいたから」

鈴美「だけど相変わらずピチャ、ピチャって音が何十分も続いてるんですって。ついに女の子は何の音か調べに行くことにしたのよ」

鈴美「すると首を切られた愛犬アーノルドがコート掛けに吊るされ死んでいたの!」

鈴美「突然ベッドの下から声がしたわ。「お嬢ちゃんって、かわいい顔と、エロい体をしてるね。勃っちゃったよ。クックック~ン」」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483758613

このssは「手フェチ」の性癖がないというだけで吉良が変態ということに変わりません。

鈴美「「両親も既に殺したぞ。母親の中(腔内)は最高だった」と言って…」

鈴美「そして女の子も(強姦されたのちに)殺されたのよ!!」

―――
――

21話

ラジカセには杜王町レディオが流れていた。それを聴きながら吉良吉影は爪を切っている。

食卓には2人分の食事が並んでる。サラダ、トースト、ベーコンエッグである。

更にその中に「写真」が一枚置いてある。

写真の内容は、1人の美女が吉良らしき男性に中出しで犯されている様子だった。
美女はアへ顔でダブルピースをしている。いや、おそらくさせられているだろう。

写真を手に取る吉良。

吉良「さあ、いただこうか。そうそう君にプレゼントがあるんだ」

昼休み、吉良は3人の女性社員に食事の誘いを受けるが断った。同僚は吉良のことを女性らに語る。

サンジェルメン店内。吉良はトレーを片手に、サンドイッチが並んでる商品棚の前に佇み、独り言を始めた。

吉良「おいおい、何を怒って拗ねているんだ。新入社員の女の子達にお昼を誘われただけじゃあないか」

写真を胸ポケットから取り出す。

吉良「それにしても、君は相変わらずエロい顔をしているね」

吉良「やめてくれないか公然の場で。ムラムラするじゃないか」

ズボンのチャックをあけ、己の肉棒をあらわにする。

吉良「まったくこんなに濡らしちゃって。またイかせないとね」シコシコ

吉良「何回イけば気が済むんだ?ン?」シコシコ

吉良「本当君は根っからのスケベだな。うっ!」ドピュッ

射精する吉良。精液が写真と商品のサンドイッチにかかる。

吉良「しまった…君が潮吹いたからサンドイッチのラップにかかったぞ。いけない子だ」

精液のついた写真を舐める。

吉良「しかしこのサンドイッチは触りたくないから、下のやつを買おうね」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom