怜「おーん?なんだか不思議な未来が見えるわぁ」 Part.2 (176)

園城寺怜 占い事務所(デパートの一角)

ワイワイ ガヤガヤ

怜「未来が見える力をいかして占い師になったのはええけど……」

怜(全然客が来うへん…………)

怜(こんなショボいデパートの占いコーナーで終わってまうんやろか)

怜「……………………………………」

電話「prrrrrrrrrrrrrr…… prrrrrrrrrrrrrr」

怜「お、なんや電話か」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478422434
※前スレ
怜「おーん?なんだか不思議な未来が見えるわぁ」
怜「おーん?なんだか不思議な未来が見えるわぁ」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1478422434/)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482840355


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

杏「悩みは人に話した時点で、半分は解決する。なんて言うしね」

杏「それで…………何キロ増えたの?」ジッ

かな子「……って! 違うよ、今回はそのことじゃ無いよぉ!」プンスコ

杏「あはは、ごめんごめん。……いや、杏なりにちょっと空気を和ませようと……」

かな子「むー……意地悪なんだから~」

智絵里「大丈夫だよ、かな子ちゃん! ほら、昨日もロケでたくさん歩いたし……!」

杏「智絵里ちゃん、それ多分フォローするとこ間違えてる」

かな子「あっ、あのロケで行ったパンケーキ屋さん、美味しかったよねぇ! また行きたいなぁ……♪」

杏「いや、相談する本人が話逸らせてどうするの」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

なぜかゴミどもは俺がスレを埋めることを願ってたからな
思い通りにはならんぞってことで前スレは放置して新スレを立てたわけだ

毎日このスレを巡回してチェックしてるそこのお前!w
自分がゴミだって自覚あるか?

お前だよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
そこのお・ま・え!wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

もう飽きたからここ来るのやめるわ
お前らゴミ共がいつまでも粘着するから俺のレスで終わるっていう形が取れないしな
ほんといつまでやんだよゴミは
脳が足りてないんだろうな
じゃあまた次のスレでな!ゴミくずども!

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」

かえで「悪かったわね」

転校生「何がですか」

かえで「放課後なのに風紀委員の仕事付き合わせて」

転校生「別に構いませんよ。今日は早めに生徒会の仕事も終わったし、特にやることなかったんで」

かえで「そ、そう」

転校生「……」

かえで「……」

転校生「……かえでさん、何だか今日はよそよそしいですね。ヒステリーも起こさないし、いびってもこないし」

かえで「は、はあ!?」


文香(きっかけはほんの些細なことでした)
あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』
あやめ『まず指をこのように組みまして』
文香『なるほど』
あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』
珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』
文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』
あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』
あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』
あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』
文香『なるほど…奥が深いものなのですね』
文香(きっかけはほんの些細なことでした)
あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』
文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』
珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』
文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』
あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』
あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)
あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』
あやめ『まず指をこのように組みまして』
文香『なるほど』
あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』
珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』
文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』
あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』
あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』
あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』
文香『なるほど…奥が深いものなのですね』
文香(きっかけはほんの些細なことでした)
あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』
文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』

珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』

文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』

あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』

あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』


文香(きっかけはほんの些細なことでした)

あやめ『文香殿、千年殺しという技をご存知ですか?』

文香『千年殺し…穏やかではありませんね』

あやめ『まず指をこのように組みまして』

文香『なるほど』

あやめ『これをこのようにぐさぁーっと』
珠美『ぎゃあ!やめてくだされあやめ殿!』
文香『なるほど……。小学校の頃、男の子がやっていた気がします』
あやめ『むむ?これを子供の戯れと同じと考えてもらってはこまりますぞ!』
あやめ『相手に気取られず背後に立つ隠密性、一瞬で迷いなく目標を狙い撃つ正確性、そして相手を苦しめずに介錯してやろうという心意気』

あやめ『どれもかけていてはいけないのですぞ』

文香『なるほど…奥が深いものなのですね』

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「ああ……何か幻覚まで見えてきた……
 こんな所で乾布摩擦しているパーマ頭のおばさんがいるわけないのに……」

「フンッ!! ハッ!! フンッ!! ハッ!!」

「……って、ええええええ――! こっちに近づいてくる――!」

愛海が見たパーマ姿の中年女性はピンク色の全身タイツに裸足の状態で

腰を抜かしていた愛海に手を差し出した。

「おや、なんだいお嬢ちゃん。こんな所で何をしてるんだい?」

「それはこっちのセリフだよ! おばちゃんこそ、な、何してるの……?」

「ワタシかい? ほら、見たら判るだろう。ただの乾布摩擦だよ」

「こんな極寒の地で乾布摩擦する人なんていないよ!」

「ワタシくらいワールドクラスになると
 このくらいの刺激が丁度肌に心地良くなるもんなのさ」

相手の非常識さに思わず突っ込んだ愛海は

とにかく生きている人間を見つけた安堵からか

体力が残り僅かだったからか、急に疲れと眠気がどっと湧いてきた。

愛海「ああ……もうだめ……!」

...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」
...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」

...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」
...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」

京豚しつこい

...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」
...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」

気持ち悪い

釣られてやんのw

...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」
...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」

釣られてやんのw

...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」
...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」

釣られてやんのw

...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」
...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」

...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」
...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」

...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」
...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」

...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」
...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」

...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」
...................................


まほ「みほ、久しぶり」

みほ「お姉ちゃん!久しぶり!」

エリカ「私もいるわよ」

みほ「うん!エリカさんも久しぶりだね!」

エリカ「大学選抜との試合が終わって...もう2ヶ月経つのね」

みほ「うん、色々あったね」

エリカ「大学選抜に勝ったからと言って、調子に乗ってると叩き潰しちゃうわよ?」

みほ「ち、調子になんて乗ってないよ!」

エリカ「ふふっ」

蝶野「そろそろ試合開始よ、いいかしら?」

まほ&みほ「はい」

蝶野「それでは、試合開始!」

全員「よろしくおねがいします!!」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom