響「どうしよ」P「うーん……」 (597) 【現行スレ】

【千川に愛された男】

P「ゆるして?」

響「どうしようかなぁ……」

みく「なにがあったにゃ」

絵理「デレステで、心さんが欲しかったが無料石を2000個しか持ってなかったから……1000円課金して10連まわした?」

みく「またそーいう……」

響「で、何が引けたんだって?」

P「SSR塩見周子を自摸和りました……」

響「その運を宝クジに使えよ!」

みく「ちひろさんPさんの事好き過ぎない?」

P「それな?」

響「ほう?」

P「ウス、冗談っス」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1479728754

【宝クジ当てたい】

凛「買わなきゃ当たらないよ」

未央「それね」

凛「当たったら……未央はどうするの?」

未央「幾ら?」

凛「えー、と……3億」

未央「札束プールで泳ぐのが夢なのさ!」

凛「それ、3億じゃ足りなくない?」

未央「しぶりんはどーするの?」

凛「不動産投資でもしようかな……」

未央「夢が無い……」

【おいおいおいおい】

P「茜ちゃんランキング報酬とかなんだよ!走れってか!ボンバー!」

冬馬「死ぬわあいつ」

北斗「ほう、FlipFlop日野茜ですか……」

P「欲しく無い?」

冬馬「欲しい」

北斗「欲しいですけど」

P「茜ちゃんの可愛さヤバない?」

冬馬「ヤバい」

北斗「ヤバみ」

P「ヤバみある」

【ひとり】

P「昔はさぁ」

伊織「?えぇ」

P「響の○○が好きだから好き!ってよく言ってた気がするんだけど」

伊織「言ってたわねぇ…………髪が好き、目が好き、声が好き、胸の形が好き、指が好き、耳が好き、口元が好き、性格が好き、料理上手いところが好きエトセトラエトセトラ……」

P「よく覚えてるなおい」

伊織「耳から膿湧くくらい聞いたわ……」

P「それはすまんな……で、まぁな?最近なんて言うか、そう言うのあんまり思わなくなったんだけど

伊織「倦怠期?」

P「ちゃうねん。なんか理由とか原因無く好きやねん。なんなんやろこれ」

伊織「結局惚気じゃない……」

P「多分こんな健全に人好きになったの人生で初めてかもしれん」

伊織「初恋なんでしょ」

P「………………なるほどな」

伊織「あんたって基本女を性の対象か否かでしか見ないじゃない?そう言うの抜きで好きなら本当に好きなのよ」

P「いや性的な目では見てるよ?」

伊織「今いい話で終わらせようって努力したのになんでぶち壊すわけ?」

P「真面目な雰囲気に耐えられない……」

伊織「ガキ……」

【おはようございます】

美波「早いんですね」

P「早目に入らないとエンジンかからないタイプなんだよこれ」

伊織「今これったわね?後で覚えときなさいよ?」

志希「あ、おはよー」

P「…………おはよう」

志希「朝から元気ないねー?ご飯食べた?作る?」

P「いらない。愛妻朝食食べてきたから」

志希「へぇ……クンクン…………お味噌汁濃い目が好きなんだ」

P「やだもう最近こんな感じで食の好み把握されてるの助けて美波ちゃんマジで」

美波「匂いでバレるのは流石に回避不可だと……」

伊織「ファブってきたら?」

P「ファブリーズの匂い苦手」

志希「うんうん。あんなのでキミの匂い消すだなんてとんでもない。ね?」

美波「…………」

ちひろ「私は居ません」

みく「おは…………お疲れ様です」

P「まぁ待とうよみくちゃん」

みく「痴漢にゃー!」

早苗「0727。現行犯逮捕」

P「うっそん」

【おわり】

P「ところがギッチョン!前川さんはなんだかんだ僕が居ないと寂しいから助けてくれるのであった」

前川さん「はい?」

美波「みくちゃんの適応力って……」

P「魚にも適応しよう」

ナターリア「スシ!?スシ食べるカ!?」

みく「いらんにゃ!」

P「今日のお昼はお寿司出前とります?」

ちひろ「私一銭も出しませんよ?」

P「まぁ、いっつもSSRくれるお礼って事で」

ちひろ「当てないでくれません?」

ナターリア「お昼ご飯スシなのカ!じゃあ午前のシゴト頑張って早く終わらせるゾ!」

P「一緒にお寿司選びに

みく「怪しい男が14歳の女の子に声をかける事案」

早苗「0742現行犯逮捕」

P「うっそやん?」

【捻くれ】

奏「猫は構ってあげなきゃ。拗ねちゃうのよ?」

P「寂しかったんやな……ごめんよみく。ほらおいで」

みく「ペッ」

P「差し出した掌につば吐かれた!」

志希「舐めたら?」

ちひろ「殺します」

美波「あ、お手拭きを」

P「ありがとう」

奏「ご相伴にあずかっても?」

P「是非」

みく「なーにイチャついてるにゃ」

奏「ふふ。ごめんなさい」

みく「そのにやけた顔ほんっとにイラっとするにゃあ……」

http://i.imgur.com/DHPOYZy.jpg

P「なんの為に飴とドリンク貯めてると思ってんのや!」

絵理「ランキング報酬ですよ!ランキング報酬!」

春香「それ私のネタなのね?」

P「取り敢えず後は順位キープ出来れば報酬ゲットだぜ?」

美希「ふふ……ミキはラストスパート課金で突き離すの」

P「ふふふ。俺はクレジットカード登録済みだぜ?」

美希「汚い流石大人は汚いの」

【年末】

P「冬が来ると……訳もなく悲しくなりません?」

響「寒いからじゃない?」

P「…………ちゃうねん?」

響「違わないさー……寒いのやだ自分」

P「それは俺も嫌だよ」

響「青森県民~」

P「お前だって沖縄県民の癖に暑いの苦手じゃねーか!」

響「自分は許されるぞ。ダンスやってるからな」

P「アホか」

響「イタっ、別に叩くこたぁないでしょ!馬鹿になるさー」

P「1+1は?」

響「2!」

P「馬鹿っぽい馬鹿っぽい」

【妄想JK、我那覇響。一緒に登校編】

P「帰りたい」

響「後ろに向かって400mダッシュかければ帰れるぞ」

P「やるか」

響「凄まじく変な人さー……」

P「…………1時間目なんだっけ」

響「化学」

P「寝れるやつやで」

響「椅子に座りながら寝れないタイプの癖に……」

P「授業中に寝たことが無い」

響「偉い偉い」

P「帰りたい」

響「学校のが近いぞ」

P「……ねっむい。夜更かしし過ぎたね」

響「ね」

【ドリクラgogoは】

P「雅ちゃんが好きだね……」

絵理「おっぱい大きいから?」

P「他にもあるよ?」

絵理「否定はしない?」

P「歌が上手いとかね」

絵理「あとおっぱい大きいから?」

P「黒髪ロングだし」

絵理「あとおっぱい大きいから?」

P「なんか悪意ない?」

絵理「……………………ないです」

【てゆーか】

絵理「なんで、急にドリクラネタ?」

P「デレステ以外にもゲームやってるんだぜアッピル?」

響「なんでそれでドリクラなんだよ!」

P「あ、おはよう」

絵理「おはよう?」

響「寝ろ!」

P「今更WiiUの零買ったけど、この時期にホラーゲームやりたくない」

響「熱いゲームやればいいさー……」

P「熱いゲーム……」

絵理「メタルウルフカオス……」

P「間違いない」

【仕方ないじゃない!】

P「僕が巨乳好きみたいな風潮、打破したい」

絵理「無理?」

響「自分デレステの編成に『おおおっぱい』ってあるの知ってるからな?」

P「『ぉっぱい』もあるわい!」

響「知らんが……」

【眠い】

P「けんぷファーって神ラノベだったと思うんだよ」

伊織「嗚呼……ごめんなさい。バクハツペンギンしか覚えてないわ」

P「それ、中の人だからじゃん……」

伊織「原作、未読なのよね……」

P「全巻貸そうか?雫会長可愛い」

伊織「今更……」

【おはよー】

春香「美希」

美希「んー?」

春香「手首にキスマークついてるけど」

美希「!?ちょ、デコちゃん!」

伊織「自分で吸った事にしときなさい」

美希「手首は無理があるの!」

真「……て言うか手首は気付かない?」

律子「ほら、バンダナ巻いときなさい」

春香「出た。最近の意味わからない手首バンダナ」

P「止血用だろ」

やよい「ハード?なんですね!」

千早「違う、そうじゃない」

【更衣室】

美希「ぅわ……」

千早「どうしたの?」

美希「太腿の限りなくアウトなアレに近い場所にも跡ついてるの……」

千早「…………激しいのね。今度動画でくれないかしら」

美希「千早さんの性癖最近マジでわからないよミキ」

千早「レズカップルのそう言う動画はなんて言うんでしょうね。少なくともハメ撮りでは無いと思うの」

美希「お先します」

【ふしだら】

P「俺昨日夕方飯食ってすぐ寝たよね?」

響「寝たね」

P「……何時間寝てんだろう」

響「最近寝れてなかったみたいだし、いいんじゃない?」

P「…………取り敢えず風呂入ろうぜ」

響「先入ってて~」

P「おー」

【好き好き大好き】

美世「‘ūdっかーん!」

瑞樹「やばい美世ちゃんがバグったわ!」

P「テキスト変換ミス気付いてないんれすよー。甘いなー、仕事甘いわー、この日本酒マジで甘いすげぇ美味いなにこれ」

楓「ふふ、獺祭です」

美世「だっさい名前~~」

楓「」

美世「なんでカワウソ……カワウソかわいそーwwww」

楓「」

P「助けてちひろん!楓さん息してない!」

早苗「あっははははは!」

瑞樹「心臓マッサージを!」

P「じゃあ僕マッサージと人工呼吸するので、瑞樹さん人呼んでください!」

響「死ね」

瑞樹「誰かー!765のプロデューサーがー!」

早苗「あっはははははははwwwwひひ、お腹いた……ふふ、あははははははwwww」

ちひろ「…………寝ません?あと草はやすのやめろ」

【獺祭は普通に美味しいお酒なので皆呑んでね♡】

洋子「響さんもいーお肌してますね~。舐めていいですか?」

ちひろ「洋子さんそれ初台詞ですからね?考えてます?」

響「て言うかさん付けしなくても……」

瑞樹「アイドルは……縦社会なんです……」

響「いや今の自分ただのパンピーなんだけど……」

P「て言うか元トップアイドルに敬語を使うならその夫たる僕にも敬語を使ってもいいんですよ?」

瑞樹「私達の仲じゃないの」

P「そんなに絡みない!」

美世「あ、絡む?ソファでいい?」

P「おたくのアイドル貞操観念やばない?」

ちひろ「えー……言われなくないー……」

P「てゆーかー、そのソファにはもう僕と響の汁という汁の匂い染み付

響「はいドーン!」

P「ぬぅぐ……」

洋子「ぁー……痛そう」

瑞樹「ほら楓、ビールの缶とみかんよ」

楓「あ、アルミ缶の上に…………あるみかん……」

瑞樹「先生!楓さんが息を吹き返しました!」

早苗「はい、唐揚げと箸」

楓「この鶏肉、取りにくい」

美世「ちょっとお手洗いに……」

楓「トイレにいっといれ!」

P「今日の面子、グラマーですよね」

楓「おっぱいがいっぱい!」

響「ちひろさん」

ちひろ「なんで

楓「お金は……おっかねぇ……」

ちひろ「おい」

瑞樹「心拍、安定しました」

ちひろ「おい」

【握手握手】

P「いってきまー」

響「てららー」

P「……ん」

響「ん」

P「……よし」

響「頑張って」

P「応」

絵理「……毎回、思う?」

響「何が?」

絵理「あの握手はなんなのかなって」

響「……儀式?」

絵理「星の合計が8以上になるように生け贄に捧げなければいけない?」

響「リリース」

絵理「知らない言葉ですね……」

響「嘘をつけ嘘を」

絵理「で」

響「で、まぁなんて言うか……なんだろ、意味も無く触るやつの延長?」

絵理「イチャつきやつー……テンションさがる?」

響「はい」

絵理「……手、あったかい」

響「な?」

【小言】

P「グラドルとか見ると早くAV墜ちしねーかなって思いません」

黒井「思わん」

P「なんかほら、ToL○VEる見ると早くエロ漫画にならないかなって思う感じ?」

黒井「よくそんな脳内まっピンクで生きてこられたな」

P「三大欲求には素直に生きてイきたい……」

【あんきら】

P「なか……○居さんが喋ってる──!」

響「なん……だと……?」

P「この棒読み加減……やべぇ、やべぇよ。346やべぇよ」

『アイドルですから』

響「ヒィッ!?」

『リズム感はいいんですよ』

P「あばばばばばばば……」

【足跡】

貴音「……残念です」

冬馬「なにが」

貴音「雪、今朝には降ると」

冬馬「残念かぁ?さみーし、滑るし」

貴音「…………………………はぁぁぁ~~~」

冬馬「……あからさまな溜息は……珍しいな」

【末長く】

冬馬「……取り敢えずラーメン食おうぜ。のびる」

貴音「はぁ……えぇ、お先に……はぁ、いただきます…………はぁ……」

冬馬「ねぇやめて。その溜息やめて、なんかわからんねーけどすげぇ心に刺さる」

貴音「わかりませんか」

冬馬「わから

貴音「わかりませんか?」

冬馬「………………ラーメン、のびるぞ」

貴音「…………いただきます」

【さっき】

P「ケーキ屋に行列出来てた」

春香「自分で作ればいいのに……」

真「今時の母親はケーキ作る時間ないんじゃないの?」

響「パートのママさんは……大変そうさー」

春香「スポンジだけ買ってくればいいんだよ。私はスポンジから作るけど」

真美「小麦から作ろう」

P「そう言うのはT○KIOさんに任せておきなさい」

真美「あいや」

【クーリスマスが今年も】

亜美「誕生日おめでウェイwwww」

雪歩「あ、ありがとう?」

美希「ウェイ系女子とかマジで誰も得しねーの」

小鳥「大丈夫ですか?性の○時間ですよ?」

P「寝溜めしてきたんで」

絵理「寝溜め(意味深」

響「そこー口閉じろー」

絵理「…………寝溜め」

伊織「腹話術すな!」

あずさ「寝『溜め』と言いながら……出してきたんですよね?」

P「はいシャンパン没取~~」

あずさ「あぁん!」

小鳥「寧ろ響ちゃんのお腹の中に溜ま

P「酔っ払うと下ネタに走る女性は婚期を逃しますよ」

小鳥「うぐぅ……」

千早「…………きゅうしょに あたった!」

【ガチャ納め】

P「よし、フェス限ななちゃん引いたしもう今年ガチャしない」

響「ほんとかよ……」

P「多分、恐らく、めいびー」

響「不安しかないさー……」

【そこにクレジットカードがあるじゃろ?】

ちひろ「今ならSSRの出現率2倍!さぁ引きましょう是非引きましょう今引きましょう!」

P「ナターリアちゃんのSSR来たら呼んでください」

ちひろ「くっ……あ、ほら!あなたの大好きなみくちゃんのSSRとか」

P「持ってます」

ちひろ「チィ……」

【うさぎ】

絵理「取り敢えずラヴィランローズのMVを奈々さんに踊らせる?」

P「完璧にうさだやんけ」

ちひろ「好きそう……」

P「あれ?わかります?」

響「女を胸のサイズでしか見れない男だもんねー?」

P「ちがわい」

【ごめんなさい】

ちひろ「誤字ったのだからガチャを引くべきでは?」

P「…………え?なんで僕に言ってるんです?」

ちひろ「保護者の方ですよね?」

P「違います」

ちひろ「……違うんですか?」

P「だーかーらー、ナターリアちゃんのSSR持って来てくれないとガチャの意欲湧かないの!」

ちひろ「くそぅ……物欲センサーが全く反応しない」

【pix○vだとりんみおタグしか無いけどみおりんもいいんじゃ無いかっていうかカップリングの前後はしっかりして欲しいと思いません?】

P「……思います」

小鳥「ほらぁ!みきいおよりいおみき!!ちはひびでなくひびちは!!!まこゆきでなくゆきまこ!!!!そしてりょうゆめ!!!!!」

律子「小鳥さん黙って仕事してください」

小鳥「はい」

P「………………」

小鳥「…………」

律子「…………」

P「……だりみくよりみくだり」

小鳥「それなーーーー!?!!!!」

律子「鳥」

小鳥「うっす」

【しかし】

小鳥「普通はみくりーなでは?」

P「前後切り替わりで呼び方変わるの嫌いなんですよね……」

小鳥「わけのわからないこだわり……」

P「やはり俺響がベストカップリングなのでは?」

小鳥「今は……かえみずが見たい……です……」

【ご堪能あれ】

美希「…………ふぁ……ぁふぅ」

伊織「おそよう。寝坊助さん」

美希「……ミキ、真実と時の部屋で寝てたいの」

伊織「馬鹿じゃないの?ほら、顔洗って来なさいな。ご飯食べるわよ」

美希「んー……」

伊織「……あ」

美希「?…………ンッ!?………………ん……」

伊織「……はぁ…………目は覚めた?」

美希「………………ミキは白雪姫じゃないの」

伊織「眠り姫でしょ?」

【おけあめ】

P「あけまして新年ガチャ、10連一発で限定紗枝ちゃん引かせてくれてありがとうございます」

ちひろ「死ね」

P「スカチケ買ったけど欲しいSSR大抵いるんで悩んでるんですけど誰がいいですかね?」

ちひろ「死んでくださいよぅ……」

【クールがいいな……】

P「キュートパッションは合わせて10枚あるんで、クールが欲しいんですよね。2枚しかなくて」

奏「あら、ここにいい子がいるわよ?」

P「ぁー…………けましておめでとうございます」

奏「明けましておめでとうございます。周子と美優さんは持ってるみたいだから……ここは私じゃない?」

P「いや、ほら……森久保が僕を求めて

森久保「ないんですけど……」

P「かみやん!」

奈緒「凛、甘酒買ってこよう。あっちにあったからさ」

加蓮「経費で落ちないかなー……」

ちひろ「担当MGさんに立て替えてもらってください」

加蓮「はーい」

奏「ねぇ」

P「ち、千早ー」

千早「私、デレステにいないので」

奏「…………」

P「スカウトチケット1枚入りまーす!」

ちひろ「毎度ありがとうございます」

【頬と唇】

フレデリカ「はいおはようございますのキスは?」

P「ねぇよ」

フレデリカ「ほっぺなら挨拶だよ?」

奏「そうよ。頬ならセーフじゃない」

P「捕まるんだよなぁ……」

伊織「合意の上ならいいんじゃないの」

P「よっしゃいおりんおはようのち

伊織「ケーサツ呼ぶわよ」

奏「私が変わってあげるわ。はい」

P「なんで正面向いたまま眼を閉じるんです?」

奏「仕方ないわね……ならおでこは?」

P「髪をかきあげるな」

奏「はぁ……そうね、頬でどう?」

フレデリカ「bisous!」

奏「それそれ」

P「いやフレンチな感じにしなくていいよ」

奏「頬くっつけるだけよ?」

P「いやなしかし…………」

フレデリカ「わぁお。これが……えーと…………ギロチン?」

P「物騒かよ」

伊織「ドアインザフェイス?」

フレデリカ「それ!多分それ!」

P「失敗しとるが」

フレデリカ「あれ?」

【新年だい!】

P「では、今年も頑張っていきましょうかんぱーい!」

高木「乾杯」

小鳥「乾杯!………………おかわり!」

P「あ、俺も。芋がいい」

律子「すみませーん。芋ロックと生、あとお冷3つください」

黒井「さて、今日の議題は」

律子「765pro水瀬伊織担当プロデューサー、346proJKアイドルに迫られるの巻」

P「僕の悪く無さ」

小鳥「存在が駄目なのでは?」

P「おっとぉ?酔いが回るの早いぞ音無さん?」

小鳥「素面ピヨ」

P「尚の事酷いな?」

あずさ「結局若い子が好きなんですね……」

P「それに関しては否定出来ねー……」

高木「嫁さんがギリギリ合法だからねぇ……」

黒井「世間一般ロリコンだぞ貴様」

P「世知辛いぜ……」

【やっぱ好きやねん】

P「ひびきぃ……」

響「なに……くさっ!酒くさ!?」

P「もうやだ……俺はこんなに響に一途なのに周りがあんまり信用してくれない」

響「いや知らないけど……て言うか別に他人がどうとかどーでもいいでしょ?」

P「そーだけどさー……」

響「自分は1番好きだぞ。愛してるさー。そっちは?」

P「愛してるぜひびきぃ」

響「ほら、相思相愛。ありきたりな言葉だけど、それでいいさー」

P「相思相愛?」

響「そう、相思相愛」

P「響!」

響「ぬがっ、ちょ苦しいってば。もー、年下の女の子に甘える男はどーかと思うぞ?」

P「……キスしよう。相思相愛じゃないと出来ないキス」

響「ん……」

P「1番だから。響が、1番だから」

響「言われなくても知ってる。けど、言ってくれると、嬉しいね……えへへ」

P「可愛さかよ」

響「ぐぇ……そ、そんなに力入れたら自分壊れちゃうから……」

P「壊れないでくれ」

響「まさかのお願い。そこ優しくするところさー」

P「壊れないで……」

響「わがままだなぁ……」

【たのしいやつ】

P「FGOストーリー楽しすぎて眠れないぞ?」

絵理「寝ろ?」

P「ネロ?あ、今丁度そこ。て言うかあれじゃない?俺マリーアントワネットこんなに好きになったの人生で初めて」

絵理「…………」

P「ぁータマモキャットかわええんじゃー」

絵理「ケモナー……」

P「いやこれはまだ人。全然セーフ」

絵理「1番可愛いのは?」

P「そーれーはーマシュ。片目隠れ眼鏡敬語後輩おっぱいぴっちり戦闘服...etc」

絵理「属性盛り盛り」

P「良さみ」

絵理「深い」

P「それな」

【夜更かししたから】

響「でまーたソファで寝るー」

P「……んぁ?…………おはよー」

響「おはよう。昨日何時に寝たんだ?」

P「今なんじ?」

響「そーね大体ね……7時半」

P「あぁ…………zZZ」

響「寝るなって!寝るならベッド!」

P「……?ぁ、おはよう」

響「…………寒いでしょ。掛け布団持ってくるさー……」

P「ありがとー」

響「起こさないからねー」

P「んー…………」

【日付変わったな……】

P「イシュタルちゃん引いた」

絵理「んんん~……ガチャ運の良さ……」

P「ビギナーズラックビギナーズラック。賭け事初回で負けたこと無い。多分次はボロクソだよ」

絵理「お金があるなら……課金するべき?」

ちひろ「そーだそーだ!」

響「どこから出てき……消えた!?」

P「金の化身め……」

【Fateのステマ】

P「SNで1番好きなキャラは桜です」

北斗「理由は?」

P「おっぱいでかい。あと非処女」

北斗「ヒロインが非処女でテンションあがるの性癖としては糞に近いですよ」

P「スカトロは無理」

北斗「そーじゃなくてですねー……」

【宝籤】

P「5等なんですけど?」

ちひろ「スカウトチケット手に入ったんだからいいじゃないですか」

P「SRなんてローカルで引けるわい!」

ちひろ「知りませんよ……」

P「ふ、まぁいい。プラチナガチャチケットでSSRを引けばよいのだろう?待ってろよみりあちゃん!」

ちひろ「追加課金、待ってますね♡」

P「ないわ」

【5分後】

みく「死体が転がってるにゃ」

P「僕はゴミです……」

紗南「>そっとしておこう……」

【ぼけーーー】

P「…………」

響「どこ見てるの?」

P「おっぱい」

響「………………」

P「おっぱい」

響「いや聞こえた。聞こえてるから」

P「はぁ…………おっぱい揉みたい」

響「童貞か」

P「童貞じゃなくてもおっぱい揉みたい時くらいあらわい!」

響「あらわい……」

P「あたらい」

響「わたらい……」

P「…………わたなべ」

響「疲れてるんだな……寝よう?」

P「おっぱい揉んでいい?」

響「揉みながらでいいから寝よう」

P「やったぜ。さんきゅーわたなべ」

【思うとです】

P「寝バックって凄い興奮しない?」

響「男視点の話をされても困るぞ……お腹潰れると苦しいからなアレ」

P「…………今度ア*ルでやる時寝バックでいい?」

響「え、いやだ……」

【後ろの穴が好きなのは僕の趣味なんや、すまんな】

P「朝ご飯何?」

響「納豆定食的なやつ」

P「やったぜ」

響「お夕飯何がいい?」

P「……………………麻婆豆腐。うん、麻婆豆腐だな」

響「りょーかい」

【お腹すいたなり……】

千早「夜食の時間ね……」

春香「寝ようよ。この時間は流石に」

千早「コンビニの具無しおにぎりと、唐揚げのコンビ、素晴らしいと思わない?」

春香「女子力……あ、駄目だお腹空いてるからもう駄目……」

千早「セブンね」

春香「うぇ~、外寒いから出たく無いんだけどな……」

千早「ローソン」

春香「待って、遠くなった遠くなった」

千早「なんでこの家には冷食が無いの!?」

春香「作るからねそりゃ」

千早「……はぁ…………」

春香「……有り合わせでいいなら作るよ?」

千早「茶碗蒸し食べたいわね……」

春香「帰れ」

【ばったり】

奏「右腕なのね、腕時計」

P「え?あ、まぁ」

奏「捻くれ者なの?」

P「まず左利きかど……いやこのネタはやめよう。パクりはダメ」

奏「くすくす……オマージュって言って?」

P「取り敢えず……ほら、左利きなんだ」

奏「へぇ、それにしてもアニエス・ベーだなんて……ほら」

P「?」

奏「おそろい」

P「……まぁ今時のお洒落な女子だ……高生って感じでいいんじゃないか

奏「今女子大生って言いかけた?」

P「女子高生」

奏「女子校生なら……合法だと思わない?」

P「同音異義語反対!」

奏「JK?」

P「異音同義語も嫌い!」

奏「わがままなのね」

P「ちがわい」

【じゃらじゃらじぇら】

みく「…………」

凛「どうしたのみく」

みく「最近Pさんが奏チャンと仲良いにゃ」

未央「お?お?嫉妬ですかな?ジェラスィ~?ジェラって

凛「ごめんこれは無視していいから」

未央「酷い!」

凛「偶にはみくから遊んであげたら?」

卯月「はい、猫じゃらしです」

みく「あ、ありがとう………………違くない?」

卯月「爪研ぎも……ですか?」

みく「バリエーションの話はしてにゃい!」

未央「猫語を崩さないナイスなツッ

凛「ごめんあれは無視していいから」

未央「酷ない?」

凛「て言うか未央はどうしたのテンション高いね」

未央「徹夜明け!課題は終わったよ!」

凛「そっか、終わらせたのは偉いね卯月これ休憩室に運んで寝かせてきて」

卯月「はーい、ほら未央ちゃん、一緒に寝る?」

未央「寝るぅ……うずぱい枕で寝るぅ……」

凛「……みおぱい枕…………」

みく「んんん?」

凛「ン゛ン゛ッ。あ、ほらみく、765さんが女子行為室に連れていかれそうになってる助けないと」

みく「更衣室」

【好意があるから更衣があって行為があります】

ちひろ「更衣って事はコスプレって事ですよね……」

P「マニアックですね……」

あずさ「着替えて来ましょうか?」

P「何にですかねぇ……」

杏「ゼノグラシアの如月千早役の人のコスプレ」

P「それは……萌えるのか?」

杏「全ッ然」

小鳥「対魔忍の衣装ならあるピヨ」

P「帰れぇー」

ちひろ「お仕事どうしたんですか」

志希「はい」

P「何これ」

志希「お口の中がめっちゃ気持ちいい性感帯になるクスリ~」

P「馬鹿じゃないの?」

あずさ「グイッと」

P「俺の口腔内を敏感にさせてどうしたいんです」

あずさ「ラーメン食べに行きましょう」

杏「カレーもいいかな……6辛チャレンジ?」

P「鬼畜かよ」

【なっつかしい】

真美「にーちゃーん!PSP見つけたからネクプラしよーZE!」

P「∀使っていいならやる」

真美「じゃあ真美羽使う」

P「特射バグ使ったらマジでキレるから」

真美「ワザとは使わないよ?けどほら、メイン特射なんてよくある行動だからナー、わっかんないなー」

P「つかタイマンなの?負けないよ?」

亜美「そんなわけが」

絵理「ない?」

亜美「ヘビーアームズ使うね」

絵理「試作3号機で」

P「重くなる重くなる。弾幕で処理落ちザラだからこのゲームまじで」

【左利きの皆久しぶり!】

P「今更どーでもいい情報だけど、LIVE設定をミラーに変えると個人的にはやりやすくなるゾ!」

響「うそつけ絶対プラシーボだぞそれ」

P「かもしれない。ぶっちゃ自分がやりやすい速度探した方がはやい」

ちひろ「ガチャで性能いい子引いた方がはやいのでは?」

響「うわ出た」

P「妖怪ガチャ引かせウーマン」

ちひろ「バランタインガチャですよー」

響「エコーを残しながら消えた……」

P「ちひろさんのキャラが段々と変な方向で固まっていく……取り敢えずお札貼ろう。500円札でいいかな……ちひろさん嫌いそうだし」

響「凄まじい偏見だな」

【手を取り、一緒に】

P「どうでもいいけど星野源のシングル今更買ったやつ」

美希「え、いーなー。後で貸して?」

P「おーよ。取り敢えず恋ダンスの振りPVで見えるところは覚えた」

春香「その謎能力なんなんですか」

P「ダンエボエンジョイ勢だから」

美希「ランク100越えてエンジョイ勢はねぇの」

春香「プレイヤー人口もはやミュージックガンガンレベルとどっこいですよね」

千早「MGG馬鹿にしてるの?」

春香「うわぁ中の人だ」

P「うわぁって」

千早「神ゲーじゃない。ミュージククガンガン2。ねぇ?」

美希「ミキはノーコメントを貫くの」

後 ミュージククガンガン2
正 ミュージックガンガン2

【ぐだー】

志希「はー……」

フレデリカ「お?どうしたの?アンニュイ?アンニュイ?」

奏「2日目なのよ。家で休みなさいって言ったのにくるんだから……そっとしておいてあげて」

フレデリカ「ぁー……お薬飲んだ?」

志希「のんだー、痛くはあんまないんだけどねー、子宮捻られるみたいで気持ち悪い~~」

フレデリカ「……なでなで~♪」

志希「ぅぁー……はぁ…………ん……かたじけのうござるう……」

フレデリカ「ふふ~ん、くるしゅうないくるしゅうない」

【鼻はいい】

みく「だーかーらー、ミクはハンバーグがいいの!」

P「豆腐でも豆腐ハンバーグやんけ」

志希「ぁ、キミいーところに」

P「じゃあ俺神谷さんとプリパラしに行く約束あるから」

奏「逃さないわよ?」

P「なんやねんもう!」

フレデリカ「はいトモチケ」

P「お、さんきゅー…………じゃあ俺は森久保ちゃんとプリチケパキってくるからこれで」

みく「プリパラ流行ってるの?」

志希「撫でて?」

P「はぃ?」

志希「生理痛、イタイ、オ腹、撫デテ?」

P「……速水さんパス」

奏「奏」

P「……奏さんパス」

奏「呼び捨ての方が好き」

P「奏パス」

奏「遠慮するわ」

P「ひどない?」

フレデリカ「だが断る!ほらー、フレちゃん腕疲れてきたから変わって?」

P「みくにゃ……いないし…………はぁ、後で通報しないでよマジで……」

志希「にゃはは、しないしない。はやくはやく」

P「ん……たく、そんな酷いなら家で休んでなさいな…………大丈夫?」

志希「んー……気持ち良い。慣れた手つきだ、やーらしー」

P「止めていいこれ」

志希「あと4日……」

P「終わるまで撫でてろってかおい。10分な」

【1.08】

千早「バストサイズ毎に税金を発生させましょう」

春香「どうしたの?」

千早「払え」

春香「疲れてるの?おっぱい揉む?」

【フンフンフフーンフンフフー】

フレデリカ「ファイティング覚醒」

P「コノシュンカンヲマッテイタンダ!」

志希「ふむふむ、キミはF覚でN格ブンブンするフレンズなんだね?」

フレデリカ「わーい、たーのしー!」

志希「すごーい!つよーい!」

【恋を流し込む】

P「ほい」

北斗「?バレンタインチョコですか?」

P「誕プレだよ!」

北斗「チョコ無いんですか?」

P「なんでそこまでチョコ欲しがるんだよ……」

北斗「バレンタインデーですよ!?」

翔太「…………ホモなの?」

P「ちげーよ」

北斗「バイだよ。バイ」

P「ちげーよ!」

【俺は違わないんですけどね】

P「男の娘ならまだ勃つけど普通にイケメンは無理」

翔太「咲さんじゃん」

P「水嶋咲さん?あれホントに男なの?あれはイケるぞもう」

北斗「やっぱりバイじゃないか(歓喜」

冬馬「昼間っから会話がきたねーんだよお前らは。ほらチョコ」

翔太「この流れ完全にホモチョコじゃん」

冬馬「バレンタインデーにホモホモしい会話すんのやめねぇ?」

北斗「バイだから」

P「拘るなぁお前!」

【あの時のあれは多分この時の伏線だったのさー!】

フレデリカ「はい」

P「え、その手は何」

フレデリカ「誕生日プレゼント、しるぷぷれ?」

P「………………はい」

フレデリカ「わーい、プレゼントうーれしー!」

P「さっさと渡すんだった……あともうけもフレネタはいいから……」

奏「そもそも用意してたのね」

P「一応……ねぇ?」

奏「ふぅん……なら私の誕生日も期待していいのかしら」

P「期待はしないで」

フレデリカ「わお、マニキュア」

奏「アディクションの春色じゃない」

P「ネイル用品を嫌がる女はそうそういない。若い子なら尚更」

奏「内心嫌がってるかも……使い切ったとか言ってメルカリに流してるかも……」

P「そう言うの考えたらキリないジャン……」

フレデリカ「では、お返しです。ハッピーバレンタイン!」

奏「あ、これも」

P「あらあら、どうもどうも」

フレデリカ「お返しのお返しに、お返し用意して待ってるね。プロデューサー♪」

P「無限ループって怖くね」

奏「わかってるとは思うけど……本命よ?」

P「わーい…………」

奏「お返しはキスでいいわ」

P「おじさん困らせて楽しい?」

奏「とっても」

【試行錯誤】

春香「アメリカのチョコってチョコの中にキャラメル入ってるじゃん?」

美希「スニッカーズみたいな?」

春香「そそ、作ってみた」

美希「へー」

春香「うわー興味なさそー。はい、あーん」

美希「あー……ん…………んー……もきゅもきゅって擬音がこれ程似合う食べ物もないの」

春香「味はどう?」

美希「…………味は美味しいの、美味しいんだけど食感が嫌い」

春香「わかる。私も嫌い」

美希「自分が嫌いなもの作って人に食べさせるってなんなの?」

春香「それね」

【ムラムラする】

P「連戦お願いします」

響「元気だなー……ん、まぁ自分イってないからヨユーだぞ」

P「次は……一緒にイこうな」

響「…………我慢出来るの?」

P「俺が早漏っぽく聞こえるでしょやめて」

響「……………………ごめんね?」

P「謝られた!」

【気付いたんだけど】

春香「MV2人の曲で聖ちゃんとイヴちゃん並べると天国に近くない?」

真「マス+のスライドクソじゃない?」

伊織「アイドルがクソとか言わないの」

千早「

               |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;」  lニl |   ‐┬‐
              ├r―――┴――一 ''' ""三 ̄´::::::ヾ  lニl 「´  | |王| |

              /::{  ィ'三)   (三ヽ   ,ッミ::::::::::::::::ヽ ハ 口. └─‐┘
              {:::シ ~´           `ヾ、:::::::::::::::::l  ―‐    / ク
              l:::l ,. ニ 、 :.  .: ,r ニ 、   ミ:::::::::::::ム、/-、 ,.イ lニlニl
              l:::! 'イでiン、 : :. ,イでiンゞ:.:.  ミ::::::::::/^い o_ノ   |. 豸く
             . l::l :.`^"´ノ.:  :. ヽ`~´ノ:.:.:.  ミ:::::::イ リl
             . ヾ! ` " ´ /  ::. ` ´    ミ:::::/ム_ノ/ ┼‐ ヽヽ  ナ

               'i,     ,'  '^ヽ u       ミ::::l 'ー /   |  ̄    メ
                'i    ヾ'ー ''"く、      j::::クーf′ ノ ー‐  (___
                l   rr‐‐‐-、 `ヽ     {:::リlミ:::ヽ、  ―┐
     _____________   ヽヽ ,{.` ̄ ̄ >、_ ゙:      "´fミ≧ゞ   ノ´
   /.          ヽ   ヽ  ^ヾ二ニン´,ィ ,.ッ  /   ,, -''''ヽ.  |
   | ::      v ノ ノ├‐- 、丶 `"   "´  ,/ ,.ィ",. -''" ,,, -'''"\ |
 r''´ ::      |‐"ー!/ ⌒` 〉 `ト、 ___,, ィ" ''" ,,. -''"  _,,. -'''"|
 |::. :::.    -┴‐'''"    / /|.   ,,. -''" ,, -''"  _,, -'''"      |
/´:::..:::::::.              ,'‐'" >-<"  ,, -''"  _,,.-'"         |
ヽ....:::::::::::::..         /  y'′  >'"  -=ニ ̄          、、
 〉 ::::::::::::::::::.....       ノ /`ヽ,/     /             /


春香「http://i.imgur.com/slVLYCn.jpg

千早「有能」

【魔犬】

P「魔剣と言えばさ」

絵理「はい?」

P「モルギフだよね」

絵理「まさかのまるマ……」

響「もっとこう……あるだろ」

P「あ、チョコありがとう。凄い美味しかった」

響「超ビターだったぞ」

絵理「好みは……把握済み?」

響「やばい胃袋握られる」

P「寝取られる」

【進捗どうですか】

P「……あれ、新宿アサシン1発ツモ」

絵理「ガチャ運……」

P「この間ナイチンゲール引けたばっかなのにこれ運を使い果たして明日あたり俺死ぬのでは」

絵理「響ちゃん、プロデューサーさん明日死ぬかもしれないから最後の思い出作りにホテル街に消えていい?」

響「1人で行ってそこら辺のおじさまと消えてきて」

絵理「ストレートに……悪口……」

P「円光なんてお父さん許しませんよ!」

響「そう言う系のAV大好きでしょ」

P「それとこれとは話が別じゃん?」

【まだマシな性癖だと思うんだ】

P「確かに俺はあれだよ?非処女って言うかビッチ好きだよ?けどなんてーのかな……NTRが嫌い過ぎて、じゃあ最初からお金と体だけの関係の方が見てて楽だなみたいな的な?」

響「拗らせ過ぎさー……」

絵理「ちょっと……引く?」

小鳥「そんな彼も……響ちゃんと出会い、恋と愛に生きる人間になったのです」

響「あ、起きた」

P「酒は抜けましたか」

小鳥「頭くっそ痛いピヨ……」

絵理「水谷絵理と……一ノ瀬志希合作の二日酔い防止ドリンク?」

P「やべぇ赤さ」

絵理「リコピンとカプサイシンの……合わせ技?」

響「それだけ聞けば普通に体に良さそうで困る」

絵理「お肌にも……いいですよ」

小鳥「っ……い、いただきます」

P「マジですか。罰ゲームドリンクに近いですってそれ」

小鳥「女は~……………………度胸!…………ぶふぇほっ!」

響「きたなっ!?」

【復活の呪文を唱えた】

絵理「……プロデューサーさんは水嶋咲さんならイケる」

小鳥「なんとぉ!」

P「あーあー、謎の赤黒いドリンクを口から垂らして」

響「グロ」

小鳥「やっぱりホモだったんですね!?」

P「ちゃうがな」

小鳥「けど男の娘ですよ?」

P「はぁ」

小鳥「男故の知り尽くした舌テクですよ?」

P「………………」

響「ねえちょっと……おい!」

P「い、いやだって首から上は女の子じゃん?」

響「首から下が男なら首から上も男さー!」

絵理「首から上の性別とは……」

【オクチスキーP】

P「ちょっと一服を……」

響「ついでに頭冷やして来たらいいぞ」

小鳥「……けどまぁあれよね」

絵理「?」

小鳥「咲ちゃんは男……男の娘故に知り尽くしてるけど、響ちゃんは響ちゃんでプロデューサーさん限定ではあるけれど知り尽くしてるものね」

響「知り尽くしてない!」

絵理「咲さんが知り尽くしている前提なの……おかしい?」

小鳥「オトコの娘とオカマは口が上手いって言うじゃない?」

響「喋りの話だよね?ね?」

小鳥「そりゃあ勿論しゃぶ

【電源ボタンを長押ししてください】

P「音無さんが血を流して倒れている……」

絵理「事件ですね?」

響「いやいつもの妄想し過ぎオーバーヒートにしか見えないぞ自分」

P「この事件……俺が33分持たせてみせるぜ……」

響「寝ない?」

P「……それもそうね。音無さん取り敢えず布団運んでくる」

響「んー」

絵理「じゃあわたし達、お布団……暖めて起きますね?」

P「んー」

【SSRさんきゅー】

P「と思ったら楓さんじゃなくて鷺沢さんじゃないですか!」

ちひろ「配布石10連でSSR引くのやめてくれません?」

P「それは僕に言われてもなァ……」

凛「ねぇプロデューサーさん……」

P「おう?どしたよ」

凛「NationBlueのmas+クリア出来ない……助けて……」

P「なんと言う鬼悪魔千川……」

ちひろ「譜面作ってるの私じゃないですよ!?」

【やっぱり鬼悪魔じゃないか!】

P「クールの層がちょっと薄いし厳しくないかなこれ……」

杏「ガチャ引けってやつだね」

未央「ちひろさんの策略だよ……」

凛「鬼……」

ちひろ「だからゲームシステムに関しては私ノータッチなんですって!」

凛「私自分のSSR、スカチケ無かったら引けてないんだよ……」

P「泣いてる子もいるんですよ!」

みく「てゆーかPさんのガチャ運はちょっと異常にゃ」

奈緒「取り敢えず回復とダメガガン積みでクリアだけ目指そう」

P「ナターリアちゃん5積みで」

杏「属性属性」

奈緒「あいさん5積みでいいよもう」

未央「意地でもダメージ食らわないスタイル」

みく「常時無敵って夢にゃ」

凛「確かに……最強に見える」

杏「なおスコア」

【SP3】

P「flipflopのステージめっちゃWindowsXPの壁紙に見えない?」

奈緒「xpの記憶がない」

凛「えっくすぴー?」

P「…………いやいや嘘やん?」

ちひろ「vistaのリリースが06年ですからねぇ……」

杏「……ジェネギャってやつだね」

みく「Pさんも自分がおっさんなの理解するにゃ」

京太郎「ちひろさんは鬼・悪魔・隠蔽・悪質詐欺・変態・守銭奴・蘭子ちゃんを出さないの豪華7個の悪名を轟かす運営の犬」

菫「そうだな」

照「白糸台は一位で始まり一位通過」

淡「祝100連覇のお祝いにガチャ引いたら蘭子ちゃん出なかった」

誠子「再び蘭子ちゃんを一位にしないと」

尭深「花騎士御城とコラボで全海域委任出撃で害虫を観ずに済んだら華霊石消費する課金も多分する」

【充電完了っと】

P「濡れ手でコンセント掴んだら痺れた」

響「大丈夫?」

絵理「キルア君的なアレが……使える?」

P「マジかよ」

響「変化系っぽい変化系っぽい」

絵理「変態系」

響「それそれ」

P「ちゃうわ」

【おはよう】

響「何してんの?」

P「Gレコを見直してたら……」

絵理「あさじゃん?」

響「あほさー……」

P「アイーダさんのかわいさ……そして惚れた女が実は姉でしたとか言うベルリ君の可哀想さ」

絵理「つらみ……」

P「俺なら耐えられない……」

響「しらんが」

P「想像してみろよ。俺が響のお兄ちゃんだったらどうよ」

響「…………嫌だな」

P「でしょ!?」

響「こんな兄は嫌だ」

P「そっちの嫌か~」

響「まぁほら、兄妹は結婚出来ないだけさー」

P「愛は……自由だものね(`・ω・´)」

絵理「朝ご飯……どうしよう?」

P「フレンチトースト食べたい」

響「りょかい」

【天才かよ】

P「ヤフーカーナビを使えばニュージェネにラブホまでの道順を案内してもらえるのでは?」

響「おはようそして死ね」

P「違うの!全国のニュージェネファンの皆の心の言葉を代弁しただけなの!だってそうじゃない!?目的地は左側です!」

響「熱は?」

P「多分下がった!」

響「頭痛は?」

P「バファリンの半分はカステラで出来ています」

響「食欲」

P「…………腹減って死ぬ」

響「そりゃあ丸2日寝てればそーなるさー……」

P「白米……白米と納豆と味噌汁。あと鮭、塩きいたやつ食べたい……」

響「じゃほら。体起こして、食べるぞ」

P「わーい」

【詳しくはPVを見てネ!】

春香「私たちもLAWS○Nどーん!からの魔剣がきーん!からのアイドルヒーロー的なアレやりたいです」

真「えぇ……やりたぃ?」

亜美「はいはい。オールCGオールCG」

P「そゆこと言うなや」

美希「千早さん悪堕ちするの?」

千早「やめて」

あずさ「私、悪堕ちver役頑張るわぁ」

小鳥「悪堕ちしたら巨乳になる説」

千早「スパロボでもやっててくれないかしら」

律子「仕事をしなさい。ほら駄弁ってないで。やよいと真美はもう行ったんだから」

美希「……春香は元から悪役って感じだよね」

P「わかる」

春香「おっと?戦争かな?」

【ふーひょーひがい?ってやつだね】

P「アップルミュージ○クにようこそジャパ○パークある!」

フレデリカ「すごーい!」

P「月額払ってる甲斐があるね!」

フレデリカ「月額払えばタダで曲が聴けるんだね!たーのしー!」

奏「……いや、月額払ってるのよね?」

P「課金すればタダで聴けるんだよ?」

フレデリカ「クレジット支払いだから実質無料」

P「それな」

奏「………………」

ちひろ「いやこの件に関しては私絶対悪くないので」

奏「課金ばっかりさせるから……」

ちひろ「えぇ……そんなこと言われても」

P「じゃぱりぱー」

フレデリカ「じゃぱりぱー♪」

【頭から離れない】

P「好きな曲と出会うと3日くらいは同じ曲ずっとループしてる派なんだよ」

奏「それ精神的にヤバイ人に有りがちなあれよね」

フレデリカ「まさかの死」

P「いや死まではいかんでしょ。いかんでしょ?」

奏「…………」

P「ねぇ奏なんで目逸らすの………………奏ぇ!」

奏「さようなら……愛してるわ」

P「そうか……俺はそうでもない」

フレデリカ「うわ酷い」

奏「作戦失敗ね」

P「死なないよね?そこが大事なんだけど」

奏「………………」

フレデリカ「………………」

P「宮本さんまで黙らないでお願い喋って泣くよ?」

フレデリカ「…………ゲンゴロウ」

奏「絶滅危惧種ですってね」

P「不穏だなぁ……」

未央「なに?頭髪の話?」

P「禿げてはいないよ?」

凛「ちょっと未央やめなよ」

P「怒っていいんだよね?前川ァ!」

みく「!?最近放置してたのにまたこうなんにゃ!!平穏が……」

P「君は猫娘のフレンズなんだね!」

未央「はい。お寿司のフレンズ」

みく「いらんにゃ!」

凛「ぁーあお寿司を除け者に……」

未央「けものはいても?」

みく「の、のけものはいない」

P「ただしつけもの。テメーはダメだ」

フレデリカ「テラ子安」

周子「お腹すいたーん……あむ」

未央「あ」

P「す、寿司ちゃーん!」

奏「……お寿司のフレンズが狐のフレンズに食べられたわね」

周子「お稲荷さんは?」

未央「か、干瓢巻きなら」

周子「んー……まぁ妥協もね」

凛「稲荷から何段階妥協したら干瓢巻きで納得出来るんだろう」

フレデリカ「ハンバーグ美味しいよね。ないの?ないかー」

P「俺は納豆巻き大好きだよ?」

みく「それは知ってるにゃ……」

奏「…………なんで知ってるの?」

【すしざんまい】

ナターリア「ァ!ズルいゾ隠れてスシ食べてる!」

P「はいナターリアちゃんあー

真「はいドーン!」

P「めかぶっ!?」

ナターリア「オォ!」

凛「人って飛べるんだ……」

みく「めかぶて」

未央「修羅場になると思ったらならなかった」

真「さ、お昼前に終わって良かった良かった。僕今はジャンクフードな気分です。行きましょうか」

志希「あたしも行く~。お腹すいたー」

真「マックでいい?」

志希「ラッキーピエロがいーな」

真「都内にあるお店で……」

志希「じゃあモス」

真「ですって。モスでいいですか?」

P「その前に病院じゃない?俺跳ねたよ?大の大人が女の子に殴られて2m飛ぶってやばいでしょ。首360°回ってるでしょこれ今」

真「反対に360°捻ってみます?」

P「バーキン行きたいです」

奏「……じゃあ、お寿司の消費よろしくね?」

みく「にゃんじゃとて!?」

フレデリカ「はいからし」

みく「いらない」

凛「ワサビとコーラ一緒に口の中に入れると辛さが消えるって、この前ネットに書いてあったよ」

みく「いやだからこれからしにゃ!」

フレデリカ「はいメ○トス」

未央「コーラ1.5ℓのやつでいい?」

みく「死ぬ!」

P「どうでもいいけどモスはジャンクフードじゃないからな?」

志希「モス信者?たまにいるよね~。ファストフード店じゃない、ハンバーガーレストラン!って人」

真「めちゃくちゃどうでもいい」

ナターリア「は、ハナがツーン!て!」

凛「はいコーラ」

ナターリア「ん、ん、ん……ハァ…………エーと……イエナリ!アト……ぁー…………???」

みく「徳川15代は言わなくていいから」

未央「しかも家斉スタート」

【昨日は……お楽しみでしたね】

小鳥「まりもっこりドリンクです」

P「あり……なんでやねん」

小鳥「昨日はほら、ホワイトデーでしたから……響ちゃんも真っ白になるくらいアレがアレだったかなと」

P「いや僕ぶっかけそんなに好きじゃないんで」

小鳥「けど谷間に溜めるのは?」

P「大好物です……」

律子「昼前の事務所で下ネタやめてくれません?」

【おはよーおはよー以下略】

P「まぶしーまぶしー以下略……」

響「タップタップ……苦しい、腕緩めて」

P「はぁ……響の谷間枕であと8時間寝たい……」

響「死ぬ。自分それ死ぬぞ」

P「やっこい。あったけぇ……はぁ……好き」

響「語彙力」

P「……美味い味噌汁が飲みたい」

響「はいはい。作るから起きた起きた」

P「生のきゅうりに味噌付けてぼりぼりいきたい」

響「河童か何か?」

【ぽこん】

P『 http://i.imgur.com/IFXxeYW.jpg
http://i.imgur.com/t49AKZy.jpg
http://i.imgur.com/cbJ6HtK.jpg
http://i.imgur.com/5QW9QX4.jpg
http://i.imgur.com/Ed492HT.jpg
http://i.imgur.com/Ro4FwyD.jpg

冬馬「………………」

P「もしもし?」

冬馬「LINEで画像を複数枚送るならアルバム機能を使えよ……通知死ぬほどうるせぇ」

P「菜々ちゃん2枚目なんだけど」

冬馬「しらねぇよ……」

P「奏引けなかったんだけど」

冬馬「しらね……待て、なんで呼び捨てなんだ?」

P「?冬馬だって呼び捨てて読んでるぞ俺は」

冬馬「そーじゃねー……もういいわ。寝る」

P「おやすみ」

【カッキーン】

奏「私、安い女にはなりたくないの」

P「さいで」

奏「1時間16,000円」

P「やかましいわ!」

みく「うわぁ……下品」

P「俺を見て言うのは違くない?」

伊織「無料オプション豊富なんでしょ」

P「昔はこいつもちょっとした下ネタで顔真っ赤にして怒ってたのに……」

伊織「はっ」

真「逞しくなったねぇ……」

【liar's world】

絵理「ぷ、プロデューサーさん……くるしい」

P「んぁ?……あ、ごめん。抱き心地よくて……」

絵理「お昼前」

P「ご飯は?」

絵理「…………」

P「いやはい、抱き着かれて動けないのに作れるわけねぇわよね。ごめんなさい」

絵理「ピザ屋さんのクーポン?来てたよ。LINEで」

P「ピザ、ピザいいねぇ。ピザ食おう。コーラ買ってくる」

絵理「食べ終わったら……お出かけ?」

P「……微妙に曇ってるし、家でだらけよう」

絵理「ぬこの動画漁りしよ?」

P「飼いたくなるでしょ……やめて……」

【「嘘吐き」】

冬馬「…………」

春香「?どうしたの?」

冬馬「いや、別に……天海待ってたら疲れたんだよ」

春香「うわ冬馬くん酷いなー……あ、あと天海じゃなくて?」

冬馬「…………春香」

春香「ok!じゃ、いこ!」

冬馬「の前に飯食わね?」

春香「ふふふ……なんでお昼に待ち合わせにしたと?」

冬馬「天……春香お前それ!」

春香「手作り弁当どやぁ!」

冬馬「ドヤ顔うぜぇな」

春香「ひどくない?」

冬馬「冗談だよ。ありがとうな」

春香「ぁ……うん!」

【饂飩】

未央「出前……40分かかるって」

伊織「却下」

凛「死ぬから」

響「コンビニでテキトーに材料買って来て作った方がマシだぞ……」

伊織「よろしく」

響「やだ。なんか台所立ちたくない」

未央「って妻が言うんです……」

凛「倦怠期?だめだよ。奥さんもっと労わないと」

まゆ「まゆがお作りしましょうかぁ?」

響「嗚呼……正妻……」

まゆ「や、響ちゃんダメですよ。まだお昼なのに」

凛「いちゃつかないでくれる?」

伊織「真藤?生ハム食べたいわ」

未央「何1人だけ食料調達してるんですかねぇ……」

【眠れ】

あずさ「それじゃあ」

楓「はい」

あずさ「かんぱ~い」

楓「乾杯…………ふぅ」

あずさ「はぁ……」

楓「お昼から呑むお酒は美味しいですね」

あずさ「最高ね~」

菜々「あ、すみません生で。年確ぅ?保険証……ぁ、顔写真ついてないとダメですか?」

楓「保険証はいかんでしょう……」

菜々「あ!ありますあります!免許証!はい!ぁ、ちょっとあずささんダメですよ写真見たら!」

あずさ「免許証の写真って、どう頑張っても綺麗に写らなくて……菜々さんのなら参考になるかなって」

菜々「一緒ですよ!あれで綺麗に撮れる人間は早々いませんからね!」

あずさ「楓さんは、免許証は?」

楓「持ってないです」

菜々「え?」

あずさ「年齢確認は?」

楓「パスポートでパスしてます♪」

菜々「なるほどなー」

【静観】

雪歩「………………はぁ」

小鳥「あら?どうしたの溜息なんて」

雪歩「な、なんでもないですぅ!……あ、今日って何日でしたっけ?」

小鳥「ぇーと……3月32日ね」

雪歩「あゝ……ありがとうございます…………」

小鳥「いえいえ。折角だし私がお茶淹れてくるから、座ってて」

雪歩「はい……」

小鳥「?」

雪歩「…………今日は4月1日、今日は4月1日、今日は4月1

【エンドレス3】

乃々「こんなの絶対おかしいんですけど……むーりぃー……」

卯月「どうしたんですか?」

乃々「な、なんでもないですけど!そ、そう言えば今日は何日ですか?」

卯月「今日?今日から卯づ…………???」

乃々「!」

卯月「………………3月32日デス」

乃々「…………ありがとうございます。じゃなもりくぼはこれで」

卯月「??????????」

乃々「誰か……」

【2016年度強】

杏「ぁー……オフだからって徹夜ゲームしちゃった……お腹空いたけど…………眠いや」

杏「……ぅわ4月かー。忙しくなるよね……やだなー…………はぁ゛……休みがずっと続けば最高なのに……」

【多いよ】

茜「ボンバーーーーー!!!!!」

雪歩「」

茜「失礼します!菊地真さんはいらっしゃいますか!!」

雪歩「えと、真ちゃんなら河原で水につけた布を振り抜く特訓とかで

茜「なるほど!!!ありがとうございます!!!!失礼しました!!!!!」

雪歩「み、耳が……」

【その能力の使い方、イエスだね】

芳乃「ほーほー……これは、言の葉を借りるのであれば『面妖な』と言うやつでしてー」

「なにが?」

芳乃「そなたー、今日は西暦何年何月何日でしょうかー?」

「?2017/03/32」

芳乃「なるほど、なるほどー」

「んん?」

芳乃「しかし今日はそう言ったことが許される日でありましょー。わたくしはただ見守りますー」

「なるほど、わからん」

芳乃「伝えるには骨の折れる事柄でしてー。しかし放っておけば自然と治ることでしょー」

「触らぬ神にはってやつ?」

芳乃「明日には明日の風が吹きましょー」

【芳乃ちゃんの口調わからないマンだな?】

絵理「?」

P「誰か来る予定あった?」

絵理「知らない?」

P「…………嫌な予感だぜ。どちら様で

奏「はぁい」

P「おとーさんとおかーさんがいまいないので、あとできてください!」

奏「それ幾ら何でも無茶あると思わない?」

P「cv山○宏一だぞなめんなよ」

奏「ふふ、想像したら面白いわね。開けて?」

P「いやや!今日は絵理とゆっくり過ごすんや!」

奏「開けてくれないと……」

P「な、なんだよ」

奏「ドアノブに下着引っ掛けていくわ」

P「いらっしゃいませ!」

奏「あら、嘘だったのに」

P「クソが!」

奏「かけれる下着を履いてないもの」

P「……それは見られるのが恥ずかしいからって意味だよね?」

奏「どうかしら……スカート、捲って見る?」

【でででで】

加蓮「り……リチウム」

奈緒「むっつり」

加蓮「りーうまち!」

奈緒「契り」

加蓮「り、り……リカちゃん……人形!」

奈緒「瓜」

加蓮「リア充」

奈緒「瓜売り」

加蓮「それあり!?」

奈緒「リカちゃん人形がありならありだと思う」

加蓮「りりりり……りーーー!……あ、りんご」

奈緒「なんで今まで出てこなかったんだ?ご○ぶり」

加蓮「もうや!凛渋谷!」

奈緒「ヤモリ」

加蓮「…………凛」

奈緒「諦めるなよ……」

【例えばそんな未来があるとして】

春香「私も28ですよ……」

響「早いねぇ月日が経つのは……」

春香「菜々さんは相変わらず17歳なのに……」

響「ピヨ子も変わらずXX歳なのに……」

春香「はぁ……」

響「はぁ……あの人はぽっくり逝くし」

春香「………………」

響「はぁ……」

春香「はぁ……」

響「この位の年になると、誕生日って半ばお通夜だよね……」

春香「響ちゃんくらいだよ予定合わせてくれたの」

響「呑もうか」

春香「カクテルのみゅ」

響「モスコミュール?」

春香「カシオレェ……」

響「若作り若作り」

春香「まだ20代だから……(遠い目)」

響「アラサー……」

春香「ブーメランでしょ……」

響「いい加減結婚しようよ」

春香「グサァ…………ふふふ……ふえぇ……」

響「うわきつ」

春香「やめて……抉らないで……」

【肺癌】

春香「って夢を見たんですよ」

P「夢の中で俺を殺すな!」

春香「タバコ……やめた方が……響ちゃんが20代で未亡人はあかんですよ」

千早「元アイドル我那○響 ~20代の未亡人~」

P「おうやめろや」

雪歩「ドン引きですぅ……」

【ストレス発散】

絵理「33Pから浮かせて~、いつものコンボ死んだー!」

未央「ぬぁあああ!貴様!このゲームやり込んでいるな!?」

P「ふふふ……申し訳ないが私はDOAシリーズに関しては無印からのプレイヤーだ」

未央「これが……年季の違い……」

周子「まぁまぁ、はい変わって~」

P「ほう?私のヒトミに勝てると?」

周子「ふふふ……ハイクを詠め、カイシャクしてやる……」

P「アイェェ!?ニンジャ!?ニンジャなんで!?」

絵理「DOAは……ニンジャゲー?」

P「ニンジャは実在しない。いいね?」

未央「ア、ハイ」

周子「飯綱落としの錆にしてくれる」

絵理「レバー3回転?」

P「きら様かな?」

響「あと10分でご飯炊けるからキリのいいところでやめるんだぞー」

周子「はーい」

未央「お母さんかな?」

【心から今思うことを言いなさい】

P「おっぱい吸いたい」

響「夫が気持ち悪い」

P「はぁ……右手で片乳ぐにぐに弄びながらもう片方のおっぱいに顔埋めつつ乳首吸いテー……」

響「なに?病んでるの?大丈夫?寝る?」

P「おっぱい揉む?だろそこは」

響「知らんさー」

【知らんさー→らんさー→ランサー→おっぱいタイツ師匠→おっぱい】

P「…………ひねデレって奴だな?」

響「なにそれ美味しいの?」

P「……………………………………美味しいな」

【はーるーよー】

P「ぁー……」

伊織「前見て運転しなさいよ」

P「JKが登校してる。はやいなー」

伊織「前見ろ」

P「伊織代わりに運転してくれない?」

伊織「バカなの?」

P「はぁ……高校生に戻って放課後の廊下を響と手を繋いで歩きたい」

伊織「ピュアか」

P「俺ポケベル持ってなかったんだよ。貧乏で」

伊織「知んないわよ」

【ちょこっと遅めの朝ごはん】

やよい「うっうー!それじゃあ今日は、朝ごはんを食べなかった千早さんの為にご飯を作りまーす!」

千早「高槻さんの食べたいと思ってたの」

真「……手料理の話だよね?」

やよい「千早さんは苦手なものとかありますかー?」

千早「…………百合物に突如として現れる竿モブNTRおじさん?」

真「ねぇ一回死のうよ」

やよい「???」

【当たり前に美味しい普通の朝食】

美希「http://i.imgur.com/LU6yrBX.jpg

真「白米、味噌汁、浅漬け、海苔、鮭の塩焼き、生卵」

千早「ザ日本の朝食ね」

美希「プロデューサーさんが好きそうなの」

やよい「それじゃあ、いただきまーす!」

「いただきます」

美希「あ、千早さん醤油取って」

千早「はい」

やよい「かけ過ぎはダメですよ?」

美希「わかってるのー」

真「次僕ね」

千早「……この鮭と海苔ほぐしてご飯に乗っけてあっついお茶かけて食べたいわね」

真「あー……」

やよい「お茶ありますよ?」

千早「やっぱり高槻さんと結婚するのがジャスティスなんじゃないかしら」

美希「それなの」

真「はー……味噌汁美味し」

今のジャンプで連載してるぼくたちは勉強ができないの水泳部の女の子褐色肌だしでかいし(意味深)>>1好みだろ
俺は好きだ

>>295
ごめん…………めっちゃ好き

【お金は貰ってません】

P「最近ゲーセンに行く理由はあれだよね。ギルディギアで梅喧の乳揺れとDOAでほのかちゃんの乳揺れ見る為とガンダムでアイーダ様の声聞く為だよね」

黒井「知らんが」

小鳥「DOAはあれ……揺れすぎじゃ?」

北斗「いたそう」

小鳥「それな」

P「DOAはいいぞー?てきとーにボタン押しててもかっこいい、キャラは可愛い、おっぱいは揺れる、コスチューム多い、おっぱい揺れる、使うボタンが少ない、あとおっぱい揺れる」

黒井「ん?浮気か?」

P「2次元と3次元は別なんですよ!」

小鳥「そーだそーだ」

北斗「梅酒ソーダです」

小鳥「あら気がきく」

P「あ、俺も梅酒、ジンジャーエールとピーチリキュール割りで」

北斗「なんですかそれ」

P「いや、適当に作ったら美味かったんだよ。くっっそ甘くてスナック菓子とタバコにあうよ」

北斗「社長は?」

黒井「うぃ、梅酒はロックだ」

P「原田美世ちゃんに乗ってて欲しい車の話していいですか?」

黒井「話変わりすぎだろう」

【REはいーぞー?】

P「俺が東京の高橋啓○だな?」

響「(黄色じゃ)ないじゃん」

絵理「……湾岸の、千葉くん?」

P「くそ懐かしいやつかよ」

【6杯しかのんでないです】

P「ただいまー……」

絵理「おかえ……パパ、臭い」

P「グハァッ!」

絵理「お酒とタバコと香水+α?」

P「加齢臭ちゃうわ。やめて。やめてください泣いてしまいます」

絵理「ふっ……シャワー浴びてこいよ?」

P「やだ濡れる…………響は?」

絵理「寝てる?」

P「……なんで起きてるの?」

絵理「さっき起きました」

P「昼夜逆転……学生だよね、きみ」

絵理「女子校生」

P「そのネタはもうやめよう」

絵理「プロデューサーさんも大好きな女子校生」

P「やめよう」

【ゴールデンウイーク】

奈緒「大型連休ねぇ……」

加蓮「クラスの子がさ、ディズ○ー行こうって話ししてたの」

奈緒「うん」

加蓮「私たちその日ドイツ村」

奈緒「んっふ……」

加蓮「群馬ドイツ村」

奈緒「ふふ……」

加蓮「正式名称「赤城クローネンベルク」」

奈緒「ドイツっぽいドイツっぽい」

加蓮「東京ドイツ村は千葉県」

奈緒「あるあるだな」

加蓮「なんなの?」

奈緒「怒るなよ……」

【ビールが美味しいと聞いて】

楓「………………」

ちひろ「楓さんはその日北海道ですよ」

楓「ビール……ソーセージ………………………………」

ちひろ「お仕事終わったら浴びる様に呑んでいいですから」

楓「……!?ビールを……浴びーる様に!?」

ちひろ「え?……ぁ、ち、違いますよ!?」

楓「流石ですね♪」

ちひろ「ちーがーうーんーでーすー!」

【忘れた】

凛「群馬……」

加蓮「未開の地グンマー」

奈緒「今日はリハ終わったらフリーなんだろ?」

P「んだ」

加蓮「……なんで765プロデューサーさんがいるの?」

P「来た事なかったし、ドイツ村」

響「自分うえのドイツ文化村なら行ったことある」

P「東京上野?」

響「沖縄宮古島上野」

凛「家族旅行じゃん……」

加蓮「今晩はお楽しみですね……」

P「ホテルは別だよ」

加蓮「いーホテルに泊まるんだー、ずるーい」

P「ふはははは!自腹だからネ!」

奈緒「抱っこしていいですか?」

響「結構重いぞ」

【めっちゃ喉痛いん】

響「タバコやめろ」

P「正論過ぎて何も言えん」

響「そりゃあね」

P「あとめっちゃ腹も痛い。なんで?」

響「そこら辺に落ちてるご飯食べないの」

P「食べてねーよ!」

響「いぬ美ですら拾い食いしないんだぞ」

P「俺もしないよ」

響「………………ほんとにぃ?」

P「なんなんキミ」

【子供のセリフは想像してね】

響「あれ、おはよ」

P「おはよー……」

響「早いね。休みなんでしょ?」

P「なんか目覚めた」

響「あるある。二度寝するならホットミルク作るぞ」

P「んー……コーヒー」

響「ん、座ってて」

P「応……朝ご飯なに?」

響「パン系」

P「ふーん……今日なにしようかね」

響「ねー……」

P「……天気いい?」

響「残念」

P「ぁ゛ー………………?どーしたー?お父さんは眠いぞー」

響「ふふ……」

P「ん?パズル?……いつ買ったのこれ」

響「こないだ黒井社長がくれた」

P「いいおじいちゃんじゃん……お、5歳児向けだって。できるかー?」

響「お父さんには難しいかも」

P「ん?」

響「ん?」

P「……ね、お母さんいじわるだ」

響「またそーゆー。はいコーヒー」

P「置いといて。ありがとう」

響「どういたしまして」

【朝はパン以外でお願いします】

春香「今さぁ……すっごい豆腐ハンバーグ食べたいのね。おろしポン酢で」

千早「夕食にしましょうそれは」

春香「うん……けど今食べたいの」

千早「ファミレスとかに……無いのかしら」

美希「千早さんって346proの森久保乃々さんよりバストサイズ小さいんだね」

春香「なんでおはようの前にその話題選んだの?」

千早「灰皿は無くともトロフィーはあるのよ?」

春香「やめてよ!?ハンバーグ!ハンバーグの話しよう!?」

美希「ミキはチーズインハンバーグ食べたいの」

千早「びっくりドンキーのいちごみるく美味しいのよね」

美希「飲むフルーチェ的なあれなの」

春香「フルーチェ最近食べてないなー……」

千早「そう思って買ってきてあるわ」

美希「豆腐ハンバーグは?」

千早「流石に無いわよ」

【アニメだからほら】

凛「シンデレラガールズ劇場……ちょっと面白すぎないかな」

加蓮「奈緒のメイド……よかったね」

奈緒「……これさ、どう言うスタンスで話進めればいいの?」

加蓮「スタ……ンス?」

凛「大丈夫?」

奈緒「なるほど。理解した」

加蓮「??」

【色々】

加蓮「キラッ満開スマイルの歌詞見るまでさ」

凛「うん」

加蓮「『見られて開花、イロ色ピンク』の部分が、見られて快感、色々ピンクに聞こえててさ……」

奈緒「加蓮の頭がピンクだよ……」

加蓮「その前の見るより見られたいのの時点でちょっと……えっちじゃん」

凛「けど気持ちは解るよね」

加蓮「ん?」

凛「ん?」

奈緒「うーん……」

【すこなんだなぁ……】

志希「目指せ!ひみつ道具のコーナー!」

晶葉「おー」

志希「せんせー、今回は何を作りましょうか?」

晶葉「手始めに簡単なものでいこう。今回はこれだ!」

「ほんやくコンニャク~」

晶葉「なんだ今のダミ声」

志希「ほんやくコンニャク……完成していたのか!?」

晶葉「いや、今から作るんだろう」

志希「そだった。どうするの?」

晶葉「この超小型PCをコンニャクに埋め込む」

志希「ふんふん」

晶葉「そしてこれを耳に叩きつけて体内に取り込ませ、翻訳させる」

志希「ナルホド!」

晶葉「使用者の鼓膜が破れてしまうが……まぁ、治せばいい」

志希「カガクノハッテンニギセイハツキモノデース!」

晶葉「安心しろ。いい医者なら紹介できるぞ!」

志希「じゃ、はい」

P「はいじゃないが」

晶葉「便利だぞ。ほんやくコンニャク」

P「コンニャクの意味ないじゃんこれ!」

晶葉「!そこに気がつくとは……天才か?」

P「バカにしてるんだよな?そうなんだな?」

志希「続きまして……」

P「続けるのかこれ」

「タケコプタ~」

晶葉「だからこのダミ声は本当になんなんだ聞いてないぞ」

志希「完成したものがこちら!原作を忠実に再現したよ!」

P「おーすげー」

晶葉「しかし問題がある」

P「バッテリーとか?よく切れるもんな原作でも」

晶葉「いや、首の強度が足りない場合軸ずれが起こって首だけありえない角度に引っ張られる可能性が高い」

P「大問題だよっ!」

志希「次はこれ!」

「ねむらなくてもつかれないくすり~~」

P「お、興味あるな」

志希「原作だと1粒で24時間、眠くも疲れなくもならなくなる社畜の味方!」

晶葉「労基法に引っかかること間違いなしだな」

志希「ちょっと強めに作っちゃって、マウス実験したら眠らなくなったけど寿命が1/30になっちゃった♡」

P「てへぺろみたいな顔してんなお前それ完全にえべぇ薬だぞ」

志希「それじゃあ次回をお楽しみに!」

晶葉「次はそうだな……さとりヘルメットとかいいな」

【ネット徘徊】

春香「童貞絶対殺すウーマン」

真「何?僕が?」

春香「はっww物理でしょそれ」

真「はっ倒すぞ」

春香「鷺沢さんだよ。鷺沢文香さん」

真「あぁ……デンジャラスビーストさん」

春香「けどこの手の女の子大抵彼氏居るよね」

真「別の学校とかバイト先の先輩とかね」

P「リアルな話はやめようよガールズ。もっとこう……少女漫画的な…………ダメだな。少女漫画でこそありえるパターンだこれ」

春香「まぁほら、アイドルは夢を売る仕事だから多少はね」

真「しゃーないね」

P「なんでこんなに擦れてしまったんや……」

真「……プロデューサーの所為では?」

【腹減った】

P「だーい好きな、キミと今、一緒にいったっい♪」

響「ノリノリなステップだな」

P「いい曲だよね……恋色エナジー、有香さんの歌声も相まって非常によい」

響「勇気なら、わけーてあげーるー」

P「そこ振り違うな」

響「あれ?」

P「勇、気ならわ、け、てあげー、るーだ。こう、ファンに勇気をばら撒く様にやさしーく手を振るのよ」

響「む…………もっかい」

P「さん、はい。勇気なら、わけーてあげーるー……そうそう。その後の大好きな~~からは1つ1つの動きでしっかり止まって。そう、で、大丈夫、恋のエーナジー、信ーじーてー……はいサビはオッケーでーす」

響「や仕事じゃないからね?」

絵理「なに……してるの?」

P「夜食のパスタ作ってた。食べる?」

響「めんどいからレンチンだけど」

絵理「……食べる」

【ツインテもいいな】

響「まさかの裏切りさー」

絵理「ポニテ?以外には……萌えないんじゃなかったんですか?」

P「ポニテってか……うなじ好きなやつだしなぁ……あちっ」

響「天罰だぞ」

P「響は神だったのか?」

絵理「なんと」

響「ふっふっふ……ふー、ふー」

P「お前も熱かったんかーい」

絵理「ちょっと、温め過ぎ?」

P「めんご」

【はい、あーん】

P「絵理ちゃんちょ、熱っ……あっづぃ!」

絵理「これは……プロデューサーさんを冷まさなきゃ?」

響「いらんいらん」

【CDドラマ参照】

唯「あれ?プロデューサーちゃんじゃーん。なにしてるの?」

P「ちひろさんにこき使われて……荷物運び往復だよね。腰キツくなってきたよ」

唯「わーかわいそー。なんならゆいが手伝ってあげるし」

P「天使か?みくにゃんも見習えよ」

みく「はぁ?ねぇにゃ」

P「…………私は哀しい」

唯「大丈夫☆プロデューサーちゃんにはゆいがついてるよっ」

P「癒しか?前川さんも見習おうよ」

前川さん「はぁ?て言うかいつの間に仲良くなってるんですか?」

P「この前こっちのラジオにな?」

唯「そそ。やっぱほら、ゆいのトークスキルにお任せって感じ?」

みく「今回はちゃんと台本読んだのかにゃ?」

唯「めっちゃ白い台本だったよねー☆」

P「あのラジオ台本あって無い様なもんだろ。春香めっちゃ脱線するもん。ネットラジオのノリかよ」

みく「事務所のアイドルの管理どうなってるにゃ……」

P「返す言葉も無いのよねぇ……」

【ええ子や……】

奏「また知らない内に別の女の子と仲良くしてるのね……」

P「おぉぅあ!?びっくりしたぁおい」

みく「奏チャンはPさんのなんなんにゃ……」

奏「なに?」

P「仕事仲間でしょ」

奏「はぁ……私は哀しいわ」

唯「あはは、なにそれうける。?仕事仲間……じゃあゆいは?」

P「友達だろ?」

唯「間違いないね!」

P「はっはっはっ!」

唯「あははははは!」

奏「………………」

みく「ハイライト戻すにゃ!」

【ガンッ!】

美希「他が許してもミキは許さないの!」

みく「またなんか来たにゃ……」

P「許す許さんってなにがさ」

美希「キャラが!被って!る!の!」

唯「え?ゆい?」

美希「それーーー!!!一人称!一人称!」

みく「いやみくも一人称みくにゃ」

美希「いやそれは雰囲気が違うからいいの」

奏「基準が全くわからないわね……」

美希「こうなったらミキ……茶髪ショートに

P「おいやめろ!」

唯「まぁまぁ2人共そんな怒んな~、キャンディいる?いるよね?はいっ」

美希「苺ババロア味?」

唯「い、いちご味ならあるよ?」

美希「なんかそのあるよ?のよ?の言い方もミキに似てるのが気になるの!」

P「めんどくさいなぁ!」

【キャンデー舐めて落ち着けよ】

美希「うまうま」

唯「~♪」

P「…………」

みく「キャンディ舐め始めたら一瞬で黙るのもどうかと思うにゃあ……」

奏「あら、金箔入り」

唯「お、あたりじゃん!」

P「……あれ、これ何色が外れだっけ?」

美希「最初からみどり」

P「………………」

みく「あっ……(察し」

【佐久間のいちごミルク(意味深)】

ちひろ「こんなところで道草ですか」

P「?…………あ、荷物運んでるんだった」

ちひろ「……はぁ…………ほら皆さんも、プロデューサーさんのお仕事邪魔しないであげてくだ

フレデリカ「お?プロデューサー!みっけー!」

志希「どこ?あ、ほんとだやっはろー♪」

ちひろ「邪魔を……

拓海「あ、あんたここにいたのかよ。美世が探してたぞ」

未央「あれ?しまむー見てない?」

奏「見てないわね」

みく「知らにゃい」

李衣菜「2階の談話室にいたよ」

楓「談話室に居たんだわ……うぅん……」

美波「なんだかアナグラム的です

ナターリア「アナゴ?ナターリアアナゴもスキだ!」

拓海「そう言えばお昼食べたか?」

ナターリア「んーん、まだダ」

フレデリカ「お寿司食べに行く人ー!」

みく「じゃあみく先に帰

志希「まぁまぁ」

みく「フシャー!」

ちひろ「…………」

P「なんか、すみません……」

ちひろ「いえ……みんなが楽しそうで私は嬉しいです……はい」

【自販機前】

凛「んー……」

未央「どしたの?」

凛「今日のお昼どうしようかなって。お弁当無いんだ」

加蓮「マックいく?」

凛「マックかぁ……」

卯月「最近行ってませんねー……」

奈緒「加蓮10円貸して」

加蓮「ん」

奈緒「さんきゅー」

未央「えびフィレオ食べたい感じしてこない?」

凛「言われると食べたくなる」

奈緒「なぁなぁ!あたりでたあたり!」

凛「紅茶花伝」

奈緒「おう!」

卯月「フライドポテト……食べたいなぁ……」

未央「なんでしまむーはさっきから溶けかけてるの?」

卯月「なんだか眠くて~……」

加蓮「自分が好きなの買えばよかったのに」

奈緒「なんか言われた勢いで買っちゃったんだよぉ……」

凛「ありがとう奈緒。レッスン始まれば嫌でも目は醒めると思うよ」

卯月「あと5分ください……」

加蓮「それ起きないパターンだって」

凛「あ」

奈緒「何?」

卯月「zZZ」

加蓮「おきろー?」

凛「カルボナーラ食べたい」

未央「麺類もいいねぇ」

加蓮「悩むね」

凛「ね」

【じょしらく】

春香「なお落語要素は無い」

真美「じょし」

春香「お後がよろしいようで」

P「よろしくねぇよ」

春香「えぇ……」

真美「もっと頑張ろうよー」

P「何をだよ……」

真美「近所にインドカレー屋さん出来たんだって」

春香「インドカレーは辛い」

P「じゃあ春香は置いて行って2人で行くぞー」

真美「やた→!」

春香「ひどい!なんなんですかこの扱いは!」

真美「ナンだけに?」

P「うわマジかよ春香……」

春香「えぇ……理不尽感じる」

【お茶うめぇ】

伊織「今日も快晴ねぇ……」

やよい「ちょっと暑いくらいだけど、気持ちいいね」

伊織「そうね……梅雨なんて無

春香「そもそも急にインドカレーって何さ!」

やよい「そうだねぇ……」

伊織「お茶が美味

P「元はと言えばお前が変な事をだなぁ!」

やよい「ね~……」

真美「ナンは悪くな

伊織「あんった達いい加減外でやりなさい外で!」

春香「ほら怒られた!」

真美「にーちゃん!」

P「ごめんなさいでした!ほらお前ら行くぞ!」

春香「マックですか?」

P「カレー屋だろうが!」

律子「レッスンに行きなさい!」

やよい「伊織ちゃんどんなカレーが好き?」

伊織「辛くなく甘さがくどくない具は

真美「にーちゃーん!」

P「真ー美ーー!」

伊織「うるさいってのよ!」

【ジューンブライド】

響「自動車税の納税通知書が4通届いた時は馬鹿な男と結婚したなって心底思ったぞ」

絵理「4……4通!?」

P「 http://i.imgur.com/qkQzk2w.jpg

絵理「えぇ……」

響「絵理ですら引いてるってやばいさー」

P「趣味だからね。ちかたないね。今欲しい車あるの我慢してるんだ」

響「なに?」

P「アバルト124スパイダー」

響「どんなの?」

絵理「2シーターオープンライトウェイトスポーツ?」

響「せめてセダンにして……」

???「クルマは一台あれば十分ですよ。売っちゃえば良いと思います」

???「浮いたお金でタップリとガチャを回して下さいね」


と、禍ツ神様が申しておられます

>>372
東北住まいだが車ほしいと思えない
こっち車運転してるのジジイババアばかりで左右確認怠るし
しまいには青信号で渡ってるのにスピード上げて曲がってくるやついるし
こっちガチ車運転してるやつらにガトリングやらロケランでも片っ端からぶっぱなしてやろうか思うくらい酷い

>>373
まあ、年寄りと女の人の運転はこわいわ
右左の確認は勿論のこと、流れてる車のスピードがわからない
しかも、「自分が行くんだ」と決めたら信号が赤だろうがなんだろうが出てくるし危ない
流れに乗るという感覚が無いので、例えば高速道路とかそうだが、100km/hで流れている道路を平然と70km/hとかで走ったりするので危ない

仕事でもなければ、車に乗りたく無いのは良くわかる

【今気付いたんだけど】

P「俺昨日誕生日じゃん」

響「やっと気付いたー!!!絵理!」

絵理「あい、さー」

P「は?お?お?なんだその横断幕は。なんだそのクラッカーはおい春香お前どこから出てきたみくにゃん寝てない?起きてる?キレそう?ごめんそのケーキなんですか音無さんどこから入ってきてるんですかマジで美希ぃ!なんだこの帽子はクリスマスじゃねーぞ!あ、韓国焼酎?高いやつ?わお一ノ瀬そのアロマディフューザーを止めろ響は黙って俺の隣座ってないで状況を説明して」

響「祝うタイミングを探してたけどさー……ガチで忘れてただろ……」

P「この歳だと誕生日……忘れるよね」

小鳥「わかるわ……」

瑞樹「わかるピヨ……」

P「なんで2人はもう酔ってるの?」

あずさ「まぁまぁ、お酌させてください」

P「あ、どうも」

春香「はいみんなー。歌うよー?」

菜々「それでは!お聞きください」

楓「Katy Perryで、birthday」

P「ガチかよ」

https://youtu.be/CEUg7OplvIQ

【私は悲しい……】

P「自分の誕生日に特に何も面白い事しなかった……響とただただいちゃいちゃしてた」

響「……不満?」

P「……全然素晴らしいな」

響「まぁそれとは別でパーティさー」

P「春香お前ガッコないの?」

春香「定期テスト開けの臨休です」

P「は?ゆとりかよ」

春香「ケーキ顔面に投げますよ?」

P「こいやおらぁ!」

春香「きらりちゃん!全力でやったってください!」

きらり「お任せだにぃ!」

P「ごめんうそ。嘘だよ。みんなで美味しく食べよう。食べ物粗末にするのいくないって思います」

P「この歳だと誕生日……忘れるよね」

瑞樹「やーん、瑞樹わかんなーい」(低音

瑞樹「全 然 わかんなーい」(極低音

【最近ときめいたこと】

未央「昨日しぶりんがピンクの縞パ

凛「ちょ未央っ!」

卯月「凛ちゃんが……ピンクの……?」

未央「すごいなんかもう……ドキドキしたよね」

凛「やめて……ほんと気まぐれだったんだって……」

未央「今日の縞パン何色?」

凛「縞パンじゃないから!卯月!?違うからね!?」

卯月「証明してください。見せて」

未央「今のパンツを見せてくれないと私達の中だとしぶりんは今縞パンって事になるからね?」

凛「おかしいよ。それは、おかしい」

未央「おかしくないよねぇ?」

卯月「ですよねぇ?」

【パンツ見せて】

響「は?」

P「パンツ見せて?それかおっぱい揉ませて?もしくはおっぱい揉んでるからパンツ見せて?」

響「…………」

P「白」

響「言わんでいい!」

【17.5】

響「なんでいっつも揉む時後ろからなの?」

P「後ろからだと」

響「うん」

P「自然とギュってできるだろ」

響「思考が乙女っぽいさー……」

P「そうかぁ?」

響「けどちゅーしにくいぞ」

P「俺は楽だよ」

響「後ろ向いてるの首きついさー」

P「俺は楽だよ?」

響「……ン」

P「ん…………っ。ほら」

響「もうどーでもいいぞ……」

【しみじみ】

P「バッドエンドになりそうでならない話。きらい」

律子「捻くれてるなー……」

P「バッドエンドになりそうでならなそうで結局バッドエンドなお話すき」

小鳥「もう自分で書けばいいのでは?」

P「いいんですか!?」

小鳥「あ、やめて、やめてください。目が輝き過ぎ、やめて」

【独白】

飛鳥「はっきり言ってボクはあのプロデューサーが苦手だ

飛鳥「フィクションの人物並の有能が、リアルにいると

飛鳥「そこはかとない寒気を感じる

飛鳥「…………

飛鳥「あと単純に顔が好みじゃない」

P「酷くない?」

楓「独白で毒吐く……ふふ」

P「ここぞとばかりに貴女はさぁ……」

飛鳥「なんて言うかキミは……年末だけ会えるウザい上にお年玉がショボい叔父さんっぽい」

P「ははっ、すげぇ、普通に悪口だ」

周子「実際おっさん」

P「まだ若いわボケ」

楓「まぁまぁ、喧嘩しないでください。ほら、若い子と和解?」

飛鳥「…………」

周子「…………」

P「…………」

楓「…………」

【仲良し】

P「……スパー…………ちひろさん」

ちひろ「なんでしょう」

P「楓さんはなんであの……あれ…………ああなんですかね」

ちひろ「……可愛らしいですよね」

P「目を逸らさないでー?」

ちひろ「今度高垣楓のギャグかるたを

P「オヤジギャグかるたのパクりじゃねぇか」

【h2o】

サイネリア「昔」

絵理「うん」

サイネリア「ゲータレードってスポドリあったじゃないですか」

絵理「あー……あぁ…………あった?気がする」

サイネリア「割と好きだったんデスよね」

絵理「…………最近」

サイネリア「はい」

絵理「左手でハンドスピナーを……回しながら?右手でペン回しが出来る……様に?なった」

サイネリア「普通にすごい!?」

絵理「最終的……に右手にけん玉、左手にヨーヨー?」

サイネリア「すごいつよい」

【備考】

ちひろ「ネットの海にはですね」

P「……」

ちひろ「高垣楓ダジャレデータベースなるものがあるんですよね」

P「ンフッwww」

【ピンポイント】

春香「響ちゃんのCDを聞き直したんだ。昨日」

千早「えぇ」

春香「…………可愛すぎるか?」

千早「……わかるわ」

春香「はぁ……響ちゃんと結婚したい」

千早「わかるわ」

春香「わかるわマシーンになってる」

千早「それ以外に言葉が見つからないのよ」

春香「同性婚も一妻多夫も認められてる国無いのかな……私響ちゃんの夫になるよ。お仕事頑張る。家に帰れば響ちゃんが美味しいご飯作って待っててくれるんだ……あぁ……はぁ……」

P「最高だな」

春香「……………………ちょっとデコピンさせてくれませんか?」

【ぼけー】

雪歩「…………」

やよい「どうしたんですか?」

雪歩「無いなーって」

やよい「えと……何が?」

雪歩「出番」

やよい「…………」

【休日の前には】

P「夜更かしでゲームが止まらない」

絵理「積みゲー崩し?」

P「昔ブロック崩しにハマった時期が

雪歩「えっちなのですか」

P「ちがわい!」

雪歩「…………」

絵理「…………」

響「…………」

P「全く信用してない目だなそれは」

響「5段階くらいあって段々服が脱げてくやつに決まってるさー……」

絵理「……ひらめいた」

響「なにを」

絵理「響ちゃん脱衣ブロック崩し」

P「幾らで作ってくれる?」

絵理「参考写真がないと……」

P「くっ……」

響「雪歩これら埋めよう」

雪歩「お庭に?」

響「いい栄養になるぞ」

P「何処からともなくハリセン出すノリでスコップを出すな」

絵理「ぐ、具現化系?」

P「ハンターハンター、さっさと完結して欲しい気持ちとして欲しくない気持ちの両方がある。進撃の巨人は早く完結して欲しい。一気読みしたい」

雪歩「アルミンが

P「ネタバレはNo!」

【穴掘って埋めますぅ】

P「やめろやめろやめろ」

雪歩「匂いでバレない様にしないと……3、いや4メートル」

P「やめて!?」

響「自分掘った後の穴バレない様にするの得意だぞ」

絵理「謎技術……」

P「落とし穴の話してる?」

【寝よ】

雪歩「お布団ここでいいの?」

響「おっけー」

絵理「プロデューサーさんは……真ん中?」

P「別室です。女の子3人で寝てて」

絵理「ぶーぶー」

P「わも響と寝たいわ」

響「自分は雪歩と寝たい」

絵理「翌朝……穴という穴を掘られた響ちゃんの姿が──!」

響「やめい」

P「雪歩!」

雪歩「しません!」

P「信じてるぞ…………信じてるからな!?あ、響ちょっとこっちこっち」

雪歩「?」

響「どーしたの?」

P「おやすみのハグ」

響「あぁ……ん…………んぎゅ、強い強い強い」

絵理「次?」

響「だめ。自分だけ」

絵理「ぇー……」

P「雪歩いる?」

雪歩「お酒臭いので嫌です」

P「断ってくれるとは思ってたけどここまで斬られるとは思ってなかった」

響「ほら絵理自分とハグすれば間接だぞ」

絵理「わーい」

【trick】

P「今ちゅーして無かった?」

響「いや……ちょっと弾みで口が当たった」

絵理「び、びっくり……した?」

P「俺我慢したのに……」

雪歩「ま、まぁまぁ」

絵理「…………これは間接キス?」

雪歩「ぶれないね」

【眠くない】

P「……ふはぁー」

響「……ただでさえ重いの吸ってるんだからチェーンスモークはやめた方がいいぞ」

P「びっくりしたぁ……いや、これで終わるよ」

響「眠れないの」

P「そー。なんでかねー」

響「知らんさー……」

P「火消すから待った」

響「いいよそのままで」

P「?」

響「おやすみのちゅー」

P「あゝ……ん」

響「ん……ん。おやすみ」

P「ん、おやすみ」

【天気悪い】

絵理「テンション下がる?」

P「それな……」

美世「運転怖いよ~」

P「ハイドロプレーニング現象。はい」

真美「ハイドロカノンでワンパン現象?」

P「誰もポケモンの話はしてねーよ。あと俺ポケモン詳しくないからやめて」

絵理「好きなポケモンは?」

P「クチート」

真美「ロリコンだー!」

美世「うわぁ……」

P「ちゃうがな!………………ちゃうがな!!!!」

【確かに僕はプリヤのクロエちゃんが好きではあるが?】

P「ロリコンではないんですよ」

ちひろ「梨沙ちゃんには近付かないでくださいね」

P「」

楓「ロリコンは……病気ですよ」

P「しくしく……ちゃうねん」

楓「……………………sickだけに、ですね」

P「違うんだよなぁ……」

ちひろ「ロリコンさん次何呑みますか」

P「誰の事だろう……僕は因みにハイボールが欲しいです」

【明日仕事なんで】

P「そう言い残しちひろさんは帰ってしまった……楓さんはオフなんすね」

楓「はい。プロデューサーさんも?」

P「ええまぁ、明日は僕居なくても回りそうなんで。そろそろ日本酒いきますか」

楓「えぇ、えぇ!いきましょう!」

P「おつまみいります?」

楓「枝豆を」

P「俺は……まだいいや」

楓「いいんですか?」

P「熱燗呑みながら……塩舐めるの大好きな

楓「わかります」

P「食い気味にきたなおい」

楓「美味しいですよね。日本酒とお塩」

P「ね。ちょっとタバコ喫んできます」

楓「あ、気にしませんよ。どうせモデル時代回りモクモクでしたから」

P「そうなんですか?」

楓「えぇ、皆換気扇の下で黙々と」

P「……成る程?」

楓「と言うわけでお気になさらず」

P「であれば遠慮せず」

楓「えーと……冬が近くなるとおでんが食べたくなるって話でしたっけ?」

P「日本酒と塩は美味いなって話です」

【茶漬けもいいけど刺身もいいかな】

楓「マグロのユッケです」

P「どれどれ……最初はね、卵黄割らずに……ん、美味い」

楓「甘辛いタレがいいですね。あぁ、にんにくの風味もあります」

P「でまぁ卵黄割って絡めるわけですよ」

楓「はぁ……美味しいですね……」

P「で、お酒を……ふはぁ……」

楓「すすんじゃいますねぇ」

P「……これご飯に乗っけて茶漬けにしたいな」

楓「!!」

P「……やりますか」

楓「ご飯とあっついお茶をください」

【くれ悪じゃぞ?】

志希「できたー!のび太くんのいいとこ取りンク!」

奏「ふふ……なにそれ」

志希「これを飲めばあら不思議!あやとり名人早撃ちの名手そして右手に座布団を持った状態から0.93秒で眠る能力(単行本30巻参照)をゲット!」

奏「のび太くん結構凄いわね」

志希「ふぁあ……これ作るのに4徹してたの思い出したし早速飲zZZ」

奏「……………………いやベッドに行きなさいよ。これ私が運ぶのかしら」

【眼が覚めると】

志希「サウスパ○クみたいな見た目に……」

奏「なんで私もなってるのよ!?」

志希「にゃははー……副作用かな……なんだろ……え?本当になんで?」

奏「ちょっと待ってそこでマジになられると本気で怖いのよやめて頂戴」

志希「ケータイなってる?」

奏「私のね……周子から」

周子『大変!見た目がサウスパー○みた

フレデリカ『美嘉ちゃんがUFOのレーザーに焼かれて死

周子『この人でな

美嘉『生きて

フレデリカ『土手っ腹に穴空い

奏「…………どうするのよこれ」

志希「あわわわわわわ」

【って夢を見て起きた】

P「…………よかった……いつも通りイケメンの顔がついてる」

響「ん……?どーしたの?」

P「見た目がサ○スパーク風になってるハッピ○ツリーフレンズ的な夢を見た」

響「凄まじい悪夢だぞそれ……」

P「割と本気で怖かったよ僕」

【出勤】

P「アイドルマスターをもごもご早口で言うとおはようございますに聞こえる気がするおはよう」

律子「おはようございます」

小鳥「おはようございます」

P「おはようございます。あれ?社長は?」

律子「今日は……岩手ですね」

P「アクティブだなぁ……」

小鳥「プロデューサーさんも折角なら遠方まで営業してきたら如何です?」

P「経費で?」

小鳥「経費で」

P「んー……社長が岩手なら俺は………………大分ですかね?」

律子「その前に目の前の仕事ですね」

P「うーい」

小鳥「サケザン?」

律子「はい?」

P「なっつかしい。ほら、銀河鉄道999」

律子「見たことないです」

小鳥「うっそ!?」

【メインヒロインだったの?】

P「ミリオンライブシアターデイズ好評配信中!」

春香「急な宣伝」

P「なんかこのCGモデルの春香ちょっと可愛く作り過ぎてない?賄賂?」

春香「違いますよ!」

千早「何ていうか……綺麗な春香って感じだわ」

春香「今の私は!?」

P「……」

千早「……」

【fgo新章とミリシタやってたら】

P「朝ァ!」

絵理「いい話だった……掛け値無しに?」

P「まぁ取り敢えずこれでストーリー終了でまたレベル上げの日々が始まるぞい」

絵理「星5も……引いちゃったし?」

P「それなー?」

絵理「……」

P「……1時間寝かせて」

絵理「おやすみなさ」

P「なさ」

【ダンスは足の動きが大事なんですよ】

P「むずいな……」

絵理「……歳?」

P「ちゃうわ……」

響「まーた何してんだか」

P「おう。ミリシタのMV見ながらダンスの完コピを目指しているところよ?」

響「楽しい?」

P「楽しい。な?」

絵理「プロデューサーと……一緒だから、楽しい」

響「おっと?自分ちょっと動きやすい格好してくるぞ?」

絵理「全裸?」

響「ばか」

http://i.imgur.com/NXs1I18.jpg
http://i.imgur.com/GODZe7h.jpg
http://i.imgur.com/XWqamXA.jpg
http://i.imgur.com/4b9y1fa.jpg
http://i.imgur.com/6hnoQNs.jpg

P「違うんだよ!」

絵理「みくにゃん被りとか……ワロス?」

P「うるへー……けど6%しゅごい。封筒にSSRが2枚も入ってくる。配布石でも。さすがちっひ。愛してるわ」

響「段々ちひろさん都合のいい女になってきてるな……」

P「SSRを出してくれる千川さんはいいちっひ」

絵理「出さないちっひは?」

P「悪魔」

響「落差」


【あ】

P「取り敢えずしぶりんにSSR引けたよ報告しなくちゃ」

響「いつのまにかやたら仲良いよね」

P「何故か懐かれた」

絵理「泥棒猫?」

響「絵理がそれ言うか?」

P「猫ぉ?」

響「そこはどうでもいいよ」

【とんこつ醤油ラーメン】

貴音「な、なんと面妖な……」

冬馬「油凄いな……チャーシュー厚いなおい」

貴音「……ふぅ……いただきます」

冬馬「いただきます」

貴音「替玉はありますか?ある?ありがとうございます」

冬馬「食べる前にその確認いる?」

【防音仕様の『まゆ』の中で】

春香「ナニをするんですかねぇ?」

伊織「今年入ってから1番下衆い顔してるわよあんた」

美希「下衆の極み乙女……乙女?」

春香「まごう事なき乙女だよ?」

千早「防音個室……いい響きね……心踊るわ」

伊織「歌う的な意味よね?信じてるわよ?」

【お疲れでーす……】

P「海の日イベントが終わり……」

小鳥「事後処理に追われた火曜日……」

律子「明日……休みたいが為に」

P「この時間か……」

小鳥「祝杯がコンビニの缶ビール……」

律子「二十歳です」

P「そうだな。律子は二十歳だな」

小鳥「飲酒問題ない……」

律子「わー水曜日のネコですって」

P「俺ハイネケンで……」

小鳥「仕事終わりは~……スーパードゥラァイ!」

律子「お疲れ様です。かんぱーい」

P「かんぱーい」

小鳥「乾杯!」

律子「…………」

P「……、……」

小鳥「ん……ん…………ぶはー!美味い!」

律子「くはぁ……」

P「あー生き返るわ。取り敢えずローソンの唐揚げ出そう」

律子「柿ピーお皿に開けていいですか?」

P「もうお菓子類全部ばら撒こうぜ」

小鳥「おでんも買ってきてあるんだよなぁー?」

P「有能」

律子「がんもくださいがんも」

P「唐揚げにマヨネーズかけていい?」

小鳥「出たマヨラーや」

P「美味しいですよ?」

律子「太りますよ」

P「知ったことか!マヨネーズだ!」

小鳥「ふー!マヨネーズだー!」

律子「マッヨネーズ!」

P「マッヨネーズ!」

小鳥「マヨネーズ!」

P「マヨネーズってなんだっけ……」

律子「マヨネーズは飲み物って某香取さんも言ってましたからね!」

小鳥「慎吾ママじゃないですかやだー」

【ゲシュタルトが危うい】

P「りっちゃんテンション高ない?」

律子「そーですかー?」

P「ほら音無さんが大人の魅力を振りまくから」

小鳥「セクシーですまない」

律子「ふふ」

小鳥「鼻で笑いよったな小娘」

律子「まぁまぁ、ほらビールですよビール!お口開けて~」

小鳥「あー」

P「缶ビールでインド飲みすなや」

小鳥「あん、ちょっと溢れちゃった……セクシー?」

P「はいはいセクシーセクシー」

律子「なんなんですかこの男。男のくせに」

小鳥「この男男とかまーじ……」

P「男であるだけで批難を浴びせられるなんて間違ってますよ!」

小鳥「ほらこのさけるチーズを1本まるまるいやらしく舐め食べろ!」

P「やめろーーー!!」

律子「ほらもっと音たてて!頬の内側を使う!」

P「んちゅ……じゅるる………………誰得だこれはもう許せるぞおい!」

【おっぱいの日だったのね】

P「ビッグウェーブに乗り損ねた」

響「そんなビッグウェーブないぞ」

P「最近溜まってたか今夜は凄いぞー?」

響「なんでそうな……ブラ投げるな!」

P「畳めと申すか」

響「取らなきゃいーだろ!?自分で外すよ!」

P「それはつまんな…………下も自分で脱ぐってことでよろしいな?いやらしく?」

響「いやらしくは脱がない」

http://i.imgur.com/BnKlgkT.jpg
http://i.imgur.com/Uq1Cqt3.png

【課金額は言えないなぁ】

千早「引退した我那……響も愛でられる。そう、ミリシタならね」

春香「割と毎回思うんだけど、響ちゃんのこと好き過ぎない?」

千早「くっ……私が男なら」

春香「……これって声どうしたんだろ」

千早「消されるわよ」

【タイトル画面】

P「鷺沢さんの目がキラキラし過ぎてなんかあれ」

小鳥「出たな特殊性癖マン」

P「もっとこう……濁ってる瞳が好き」

黒井「貴様の所為だろう。響ちゃんの瞳が年々澱むのは」

小鳥「代わりに私の瞳なんていかがですかね」

律子「必死か」

P「あ、おねーさんビールおかわり」

小鳥「おでん食べたい」

P「わかり手。こんにゃく~」

黒井「がんも」

律子「餅巾着……」

小鳥「ちくわぶ」

P「昔の響の澄んだ瞳も好きですけど、俺が惚れたのそもそも961入って暫くの完全に俺の事ただの変態だと思ってた時の俺をゴミみたいに見る響ですからね?」

黒井「今とかわらんそれは」

P「……たしかに」

律子「あの頃のあの子……話しかけても無視してましたよね」

P「めっちゃな。偶に反応したと思ったら「は?」とか「ぁ?」とかだったな」

小鳥「定期的に事務所の隅で泣いてましたもんね」

黒井「……」

P「なんすか」

黒井「いや……少しだけ申し訳ない気持ちがな」

P「ほんとですよ。初期の好感度多分貴音のが高かったまでありますからねあれ」

小鳥「黒井社長何か追加します?」

黒井「うぃ。ハイボールだ」

P「あー焼肉くいてー!」

小鳥「もっと素直になれよ!」

P「黒井社長の奢りで高い焼肉がくいてー!」

小鳥「そうだそれでいい」

【パラッパラッパー】

凛「と、言うわけだからさ」

杏「いや、なにがと言うわけなのさ。え?皿回せって事?」

奈緒「弐寺erなんだろ?」

杏「違うし。杏最近ノスタルジア勢になったから」

凛「……手届くの?」

杏「届く!」

奈緒「折角それっぽい服と小物用意したんだけどなぁ……」

杏「やだよこんなわけわかんないチェーン。だっさい」

奈緒「あーあ、全国の田舎に住むチャラい勘違い系お兄さんのこと敵に回した」

凛「その発言が一番敵に回してるよ」

奈緒「わけわからんチェーン付いた財布orルイヴィトン!金かピンクラインの入った場合によってはキティさんのイラスト付きの黒いジャージ!やたら煩いワゴンR!」

凛「若しくは車高短鬼キャンの古いセダン」

杏「今なんでキティちゃんにさん付けしたの?」

奈緒「さんを付けろよ!」

杏「酔ってる?」

【長かったねトイレ】

未央「すごい出た」

凛「そう言う報告いらないから」

未央「ガールズトークガールズトーク」

杏「ガールズトークってもっとキラキラしてるもんだと思うよ……」

凛「はい奈緒」

奈緒「キラッ★ミ」

奈緒「何させんだよ」

未央「ノリノリだったよね?」

杏「ねぇこのジュースアルコール入ってない?」

凛「…………最悪夢オチだから」

杏「うわぁ」

未央「はい、流星にまたーがって?」

奈緒「あなたに急降下~ ah ah♪」

杏「ノリノリじゃん」

https://i.imgur.com/bdyk2Jd.png

北斗「うわきもい」

P「おい」

北斗「すみません本音が」

P「これプラスで被りポスターもある」

北斗「うわきもい」

P「おい」

北斗「すみません本音が」

P「取り敢えず無料10連神だわ」

北斗「俺も一応引いたんですよ」

P「おう」

北斗「心さん来ましたね」

P「はー……そーゆーことやる?キレソ-」

北斗「冬馬に」

P「うん」

北斗「『今回の無料10連最後までSSR引けない確率20%くらいらしいよ』って言ったら殴られましたね」

P「本当に仲良いなお前ら」

【おはよう】

響「まーだ呑んでたの」

P「おはよー」

北斗「ごめんね」

響「いやいーけど……まぁたデレステ?」

P「あとほら、TVの大画面でミリシタの響を観賞してた」

響「おーい、実物ここにいるぞー」

北斗「はぁ……こんなに綺麗なアイドルをまさか引退させるだなんて…………」

P「お前にはゲーム画面の響しかじっくり見せてやんないし~。リアル響ぱい触れるのは俺だけだし~」

響「こないだ某棟方氏に揉まれた」

P「よーし戦争だ。愛海あいつ今まで同志故に貴音の胸を揉ませたりしてやったのに

響「何やってんだよ!?」

P「因みにお前乳首感じる方?」

北斗「エロい雰囲気だと割と」

P「俺乳首くすぐったいだけなんだよね」

北斗「開発してあげたら?」

響「絶対嫌だぞ自分。舐めろ言われたら噛みちぎるさー」

P「ひぇ……」

【寝坊助】

P「…………………………………………やべぇ遅刻!」

響「ん?」

P「起こしてくれてもえーやないですか!」

響「いや、今日休み言ってたぞ」

P「?誰が?」

響「自分が昨日言ったこと思い出せないのか……お昼何食べたい?」

P「…………炒飯」

響「買い物行こ」

P「ん」

【プロジェクト✖︎】

P「化粧落としても可愛いって凄くない?」

響「自分?」

P「そう」

響「自分申し訳ないけど外見に関しては完全に完璧だからない」

P「それな~~?」

響「うぇーい」

P「うぇーい」

響「……取り敢えず立てない」

P「俺も立てない。久々の連戦は足腰に来る」

響「いい歳して精力有りあまりすぎさー」

P「いやゆうて男はこのくらいの歳が1番スケベだろ多分。今も目の前でぷるぷる揺れるおっぱいで勃ちそう」

響「元気だなー。挟む?」

P「手でいいからその間揉ませて欲しい」

響「ん」

P「あ、」

響「ん?」

P「その前にちゅーしよ」

響「ちゅーて……いいけどさぁ」

【手作業で丹念に】

P「お尻柔らかくなった?」

響「最近運動してないから筋肉落ちたんだよね」

P「どうすんの急に踊れ言われたら」

響「経産婦にんなことさせるのか……こわい、こわいぞ」

P「取り敢えず強めに揉んでおこう」

響「うぎゃっ!?ちょ、こら!どさくさに指入れない!」

【なんだこれ】

https://i.imgur.com/JFe1EtK.png

響「なぁ?」

P「な、なんしょうね?」

響「……ふふ」

P「あら可愛い。iPhone返して?」

響「特に言うことは無いって事だな?」

P「常識だけど乳揺れは30FPSの方が激しいゾ」

響「知らんがな常識」

P「知らん我那覇?」

響「ワニ子~~。餌の時間だぞー」

P「ごめんなさいでした!」

【大変だ!ケニーが殺されちゃった!】

凛「この人でなし!…………いや、朝っぱらから何?」

奈緒「加蓮が「マジ無理、なにこれ尊い。死ぬしかないじゃん」って言いながら布団にダイブしちゃったんだよ!」

凛「何が尊いのさ」

奈緒「多分原因は貸したBDBOXなんだけどさ」

凛「何やってんの?」

奈緒「睡眠不足と尊さに加蓮が殺されちゃったんだ!」

凛「この人でなし!」

奈緒「そうそう凛にオススメの漫画があるんだけどさ」

凛「奈緒はその……何?アサシンなの?殺しにかかってるでしょ逆に」

奈緒「それは盛った」

凛「盛ってない盛ってない」

奈緒「それは熱盛」

凛「そろそろウザいよ」

奈緒「……泡盛?」

凛「上目遣いで可愛く言っても意味がわからない可愛いけど」

奈緒「昇天ペガサスMIX盛り……」

凛「奈緒が盛るなら手伝うよ」

奈緒「嫌だよ」

凛「なんなのなの!」

奈緒「パクりはダメだろ」

凛「えーと……奈緒がアサシンって話だっけ?」

奈緒「仕事人って言って欲しい」

加蓮「テレテー♪」

凛「こいかぜのMVみたいに襖開けながら必殺仕事人BGMで出て来るのやめて。情報量多い」

奈緒「加蓮が生き返った!」

加蓮「なんとか致命傷で済んだよ」

奈緒「死んでんじゃねーか」

凛「そんなのだからスペラン加蓮とか言われるんだよ」

加蓮「奈緒が「上から来るぞ!気を付けろ!」とか言ったくせに右から来たからね」

凛「左に受け流せばいいんじゃない」

奈緒「うん?」

加蓮「パードゥン?」

凛「今迄の会話全部無かったことにしといて。あと加蓮は後でちょっと話があるから」

加蓮「どうしよう奈緒解散の危機だよこれ」

奈緒「煽るからだろ」

加蓮「喋る口だなぁ」

凛「この話は終わり!はい、やめやめ」

奈緒「ちょっと元気にはいさーい!って言ってくれない?」

凛「終わりだって言ったよね?同じ事を何度も言うのは嫌いなんだけど?」

加蓮「ギャングスターに憧れてるの?」

凛「キングクリムゾン!」

【ここ四半世紀前で1番びっくりした】

P「……………………」

響「あ、だめだ。もう無になりかけてる」

絵理「……大丈夫?」

P「だいじょばない……」

絵理「だいじょばない?って……」

響「それは見ればわかるぞ」

小鳥「自棄酒する気にもなりませんね」

P「ほんま……明日仕事休んでいいかな」

響「だめだから」

絵理「安室ちゃんの……存在?は偉大」

P「うわぁーん!なんで引退するんだよぅ!」

響「自分が子供出来た時より取り乱してるさー」

絵理「レジェンドだからね。しかたないね?」

【そして、やさぐれたPは絵理ちゃんと共に夜の街へ消えて

響「いかせねぇよ?」P「いかねぇよ?」

絵理「くすん……そんな否定しなくても?」

響「回復した?」

美希「プロデューサーさんのあいぽん更新終わったよー」

P「わーありがとー。じゃあ俺無心でデレステのSSR並べて録画してるわ」

伊織「根暗か」

響「あと何枚で埋まるんだっけ?ポスター」

P「6」

絵理「千枝ちゃん、増えてた」

小鳥「千枝ちゃんの可愛さはガチ」

美希「小鳥が言うとマジでヤバい感じ出るの」

響「性犯罪一歩手前感あるぞ」

伊織「わかる」

小鳥「酷くない?」

P「ワンチャン音無さんの娘でも通る年齢の女の子なんですよ?」

小鳥「通らない。通らないわよ~?通らないからね?」

絵理「あ、はい」

伊織「せっかくならテレビの大画面で見ましょうよ」

響「申し訳ないけどうちにあるテレビはいたって普通の60型だぞ」

小鳥「おつまみ作ってくるわね」

響「よろしく」

伊織「つまんないわね。プロジェクターいる?」

P「普段使わねーよ。音響スペース無いし」

美希「ガレージ潰せばいいと思うな」

小鳥「絵理ちゃん何ジュースがいい?」

伊織「あ、オレンジある?」

絵理「オレンジジュースで桃風味のアルコール飲料割ったやつ?」

美希「思っくそカクテルなの」

響「車1台に絞れば?」

P「それは、いやだ」

絵理「……地下室?とか」

小鳥「地下室はロマンよねー」

P「そーですかぁ?」

響「けど地下室から出発したら格好良く無い?」

P「ぜってぇ段差で底擦るよ」

絵理「車高の低さは?」

伊織「知能の低さ」

P「酷い言われようだ……」

【冷凍庫の~余り物で~おつ~ま~み】

美希「どっかで聞いた事あるリズムだけど全然思い出せないの」

伊織「あれよあれ……えーと?」

P「くずでしょ」

伊織「ぁ゛?」

P「違うよ!ユニット名がくずなの!」

伊織「あ、そうなのね。今危うく富士の樹海に身元不明の死体が増えるところだったわ」

絵理「マジであぶない」

P「それ絶対俺やん」

小鳥「ビール一本しかないんですけど」

P「どーぞ?」

小鳥「やったー。本物のビールだー!」

響「悲しいなぁ……」

伊織「いや流石にビールくらい買えるお給料あるでしょ」

絵理「びんぼーしょー?」

美希「ミキこの間勢いでスク水買って後悔したよ」

P「お前なんだかんだあの時のスク水気に入ってんの?」

響「ごめんそれ何年前の夏の話?」

P「夏だっけ?」

美希「何個まえのスレかすら覚えてないの」

伊織「そう言う発言基本的に春香にしか許されてないからやめなさい」

小鳥「たまご使っていーいー?」

響「いーぞー!」

P「俺しょっぱい方が好きでーす!」

伊織「はぁ?玉子焼きは甘いものよ?」

P「はぁ?しょっぱいのが酒に合うんだよ」

小鳥「いや甘くてもお酒は進みますけどね」

美希「こんどデコちゃんとスク水ローション相撲やるの」

伊織「なにそれ知らない」

絵理「んふっ」

響「なに面白かったんだよ今の」

小鳥「zipでくれ」

絵理「静止画でいいなんて……控えめ?」

小鳥「だしょー?」

【さてはて】

貴音「実は私バイクに乗れるのですが」

冬馬「ふーん…………はぁ?マジで?」

貴音「まじです。なんでもプロデューサー曰く『貴音がぴちぴちのライダースーツ着て真っ赤なバイク乗ってたら惚れるよな。ドゥカティとか』」

冬馬「あいつの趣味じゃねーか」

貴音「その様な経緯でCMのきゃらくたぁとして起用されるに当たって免許も取ったのが去年の夏……因みにあずさも同時に取りまして、曰く『あずささんがぴちぴちのライダースーツで中略。アグスタとか』」

冬馬「全部あいつの趣味じゃねーか」

貴音「こほん……ところで、取得から1年経つと2人乗りが解禁されるのは知っていましたか?」

冬馬「……初耳だな」

【お土産~】

志希「はーい志希ちゃん印のごますり団子~」

P「志希ちゃん印ってなんだよ。不安しかねぇよ」

志希「や、まぁ時間なくて駅で買ったやつだから」

P「やったぜ」

志希「にゃははは。おっとっと」

P「おいその注射器なんだお前」

志希「…………にゃはっ♡」

P「お前数多の美少女アイドルに囲まれて生きる俺にその手が通じると思おい第3ボタンに手をかけるんじゃあない!」

【鬼悪魔!】

P「こないだミリシタでSSR響引くのにもう幾ら注ぎ込んだと思ってるんですか![ピーーー]気か!」

ちひろ「SSRナターリアちゃんはよとか言ってたくせになーにを言ってるんですかねこの男は。ほーらご希望のナターリアちゃんのSSRですよー?引かないんですかー?」

P「このっっ」

未央「やめるんだPっちゃん!」

ちひろ「あはははははは!やー気分いいですね」

みく「鬼のツノみたいなの見えるにゃ……」

ちひろ「いや別にぃ?次のスカチケ来るまで待ってもいいんですよ?待てるならですけど?」

P「あばばばばば……」

未央「煽っていくぅ」

みく「もうやめるにゃ!彼のライフは0にゃ!」

【ぱわぱふ】

春香「私もこう……砂糖とシュガーとシュクルみたいな何かになりたい……」

雪歩「……全部砂糖」

千早「それはあれよね。私は甘いから舐めてあっぴるよね?」

美希「どーでもいい話していい?」

春香「?」

美希「あっぴるって最近までアフターピルの略だと

春香「ばーか!」

雪歩「頭大丈夫?」

美希「ひどくない?」

千早「ドン引きよ」

美希「千早さんにだけは言われたくねぇの」

【などと供述しており】

響「こう手を触るとさ」

P「うん」

響「年の差婚だよね~」

P「な~?結婚は合法だけどお付き合い下手すれば捕まるからね俺」

響「不思議の国のニッポンさー」

P「いや確かに俺は最初響とあった時完全に顔だけ見て惚れたし背ぇちっこいくせに乳育ってエロいなって思いながら見てたよ?」

響「通報だ」

P「携帯取り出しポパピプペ?」

響「もしもし警察で、す、か?」

P「リズムに合わせて不穏な事を言うな」

響「て言うか110番だしポパピで終わるぞ」

P「やだこわい……それでえーと?」

響「体目当てで自分に近づいて来たところから」

P「そうそう。けど

響「ホントに体目当てだったのを認めたな?」

P「いやけど最終的には中身も好きだし多少はね?顔も体も性格も好きになれるってそうそう無いぜ?」

響「それあれでしょ。痘痕も靨ってやつだよね」

P「お、難しい漢字知ってるな。偉い偉い」

響「どやぁ」

P「可愛い可愛い」

響「いやまぁ自分こう言うの悪いけど完璧だからな」

P「真顔で言うなや」

【わかるわ】

春香「響ちゃんにカラオケで歌わせたアマテラスが可愛すぎて辛い……」

真「なにその音源」

千早「ここに100万入った私の財布があるわ」

真「馬鹿じゃないの?」

亜美「て言うか100万持ち歩いてるの?」

千早「今日ごちの収録だったのよ」

春香「ピタリだったの!?」

真「ねぇ焼肉行かない?千早のお金で」

貴音「焼肉ですか」

雪歩「焼肉?」

真「今2人とも静かに雑誌読んでたじゃん」

亜美「人の金で……焼肉が食いたいッッ!」

春香「それなー?」

【ゲットだぜ!】

P「かなり遅くなったけどあいぽん8ゲットした」

響「でかい」

P「今までSEだったから8plusのデカさにビビる」

絵理「在庫……よくありましたね?」

P「予約はしてたのよ。取りに行ってなかっただけで」

絵理「なる」

P「不満があるとすればピンクが無いことかな……」

響「このピンクのSE自分貰っていいの?」

P「えーで」

響「やった」

【おっけー】

春香「じゃあ歌ってみようか、MBF Re-A」

千早「んふっ……」

凛「?」

未央「?」

卯月「?」

美希「新人いじめかな?って感じなの」

千早「まずお手本聞きましょうか」

春香「そだね。はい美希」

美希「あ、これただのミキいじめなやつ」

【歌ってみろ】

未央「無理!無理だよ!私逃げる!」

春香「止めて凛ちゃん!」

凛「未央……」

未央「無理でしょなんなの!明日ガラガラの声で1日過ごしたく無いよ!?しまむーもなんか言ってよ!」

千早「芸歴」

卯月「ガンバリマス……」

未央「卑怯!それ卑怯!」

凛「諦めよう。今のど飴買ってきて貰ってるから」

美希「ぁ゛~……ん゛っ!ん゛ん゛っ!あー、ぁ~♪……あー、治ったの」

春香「毎度ながら化け物みたいな喉だね」

美希「はいマイク」

未央「のーうぇい!」

卯月「皆で、頑張ります!」

美希「私たち皆?」

春香「仲間だもんげ!……なに言わせるのさ」

千早「もう許してあげなさいよ」

美希「絶対に許さない。絶対にだ」

【バルス!】

P「久しぶりラピュタ見たわ」

響「ジブリの中で2番目くらいに好き」

P「わかる。紅の豚の次くらいに好き」

響「イントロ本当にカッコいいこの曲」

P「ナイフ、ランプかばんに、ツーメーコーンデー」

響「へたくそー」

P「うるへー」

響「ビール新しいの持ってくる」

P「ん、ありがとう」

【参考までに】

P「たまにはプチSMとかやってみたいよな」

響「全然」

P「えー?麻縄の準備大変だったんだせ?」

響「知らないよ」

P「煮て!蜜蝋塗って!羽毛焼いて!」

響「結構真面目に頑張ってるな!?」

P「見てこれさらっさら、触ってみ?」

響「うわすごい!漁港のロープとかとは全然違う」

P「SMプレイは相手を思い遣る心が大切なんです。わかっていただけたでしょうか?」

響「どこに喋ってんの?」

【しごおわ】

P「響の誕生日国民の休日にするべきじゃない?」

響「政治家になればいいと思うぞ」

絵理「次の総理大臣は……わたし?」

P「応援してるぞ!」

絵理「不登校系アイドル美少女大統領?」

P「属性もりもりかよ」

響「今自分で美少女って言ったぞ」

絵理「更にメガネもかける」

響「てんこ盛りか」

絵理「メガ盛り?」

P「メガネだけにな」

響「審議中(AA略」

【だらけー】

春香「なにしてるんですか!?」

P「なにって……」

響「なにも」

P「してないよな?」

春香「そげな響ちゃんの誕生日に何もしないで!」

響「いや、て言うか自分折角久しぶりに絵理も追い返して家族団欒楽しんでたんだけど」

春香「ぁ……あー…………ごめんなさい……」

響「自分のかわりにお酌してくれたら許す」

春香「谷間で?」

響「全然反省も糞もしてないな?」

P「アイドルはう○こしません!」

響「寝ろ酔っ払い!」

春香「ちょっと千早ちゃん呼んでいい?谷間酒してもらうから」

P「無理でしょ」

春香「素になるのやめません?」

【ただいま?】

響「おかえり」

春香「もう絵理ちゃん完全にこの家の住人だよね」

響「まぁうち元から家族多いからね」

春香「ヂュイッ!」

千早「ハム蔵の声がしたわね」

P「ややこしいからやめろ」

絵理「ここがわたし?の小屋」

春香「もうそれペットじゃん!」

絵理「間違えた部屋」

小鳥「やべぇ想像したピヨ」

貴音「私は屋根と響とらぁめんがあればそれで」

あずさ「ビールとおでん買ってきましたよ~」

美希「コンビニおでんのつゆ無限に飲めるの」

P「わかる」

【こんばんはー】

菜々「あ、これ浅漬けです」

響「あ、どうもどうも」

P「菜々ちゃん家の糠床元気?」

伊織「ウサミン星にも糠床はあるのね」

菜々「え?あ、こここここれはですね」

奏「地球人との友好の証に貰ったらしいわよ」

P「マヂで!?」

奏「嘘だけど」

【たらいま】

響「お帰酒とタバコと香水臭っ!?」

P「そんな?」

響「やばい臭う」

P「マジか。とりあえず乳首しゃぶらせて」

響「おーい酔っ払いこら」

P「もしくはしゃぶって?」

響「とりあえず風呂に入るの先さー」

P「その後ならいいって事よね?」

響「なんなら一緒に入る?」

P「髪洗ってもらってる間おっぱい揉んでていい?」

響「やめなさい」

【ガチ】

P「FGO単発で武蔵引いた流れでアズレンやったら赤城ドロップしたし多分俺半年分の運使い切ったわ」

冬馬「死ねよ。俺引けてねぇけど」

翔太「引けるまで引きなよ」

北斗「圧倒的課金で黙らせようぜ」

P「しかもログボの呼符なんすよ」

冬馬「死ねよ~」

翔太「アズールレーンついったで凄い見るけど面白いの?」

P「可愛いよ」

冬馬「それな」

翔太「アスペかな?」

北斗「いい加減この気持ち悪いオタクみたいな会話やめません?」

翔太「何飲む?」

冬馬「ファンタと紅茶とオレンジジュースを2:5:3で割ったやつ」

北斗「カオス」

冬馬「をこいつに飲ませる」

P「ふざけんな」

【なぁ】

冬馬「手編みのマフラーとかくれる彼女欲しいわ」

P「これ嫁が編んだセーター。どう?めっちゃよくね?生地もいいけど愛で心から暖かいんだよこれがまた。しかもさあいつ編んでると

冬馬「お前の話はどーでもいーんだよ!つかただの惚気じゃねーか!」

北斗「もう新婚って程新婚でも無いのに熱いですねぇ……」

P「あ、貴音?ごめんこんな時間に、冬馬がマフラー編んで欲しいって。そう、貴音に。大丈夫か?なんか崩れた落としたけど」

冬馬「何やってんの!?!?」

P「え?彼女に編んでもらいたいんだろ?」

冬馬「編んでくれる彼女が欲しいんだよ!」

北斗「おいおい冬馬。本命がいる時に浮気は良くないぜ」

P「全くだ。俺複数と関係持つときは全部たまにデートするだけのセフレに抑えてたぞ」

北斗「あれ?静さんは?」

P「あいつの話はやめない?割と本気だったから」

冬馬「だからお前の話はどーでもいーんだよ!!俺あいつと別に付き合ってないからな!?」

P「そうなの!?」

北斗「マジで!?」

冬馬「驚きすぎだろ」

P「え……だって2人でツーリングするんだろ?紅葉見に」

北斗「はい?俺それ聞いてない」

P「この前こいつさ、『バイク二人乗りってどこ捕まればいいんだ?』って」

北斗「おっぱいでしょ」

P「おっぱいだな」

冬馬「ぶん殴るぞしまいにゃ」

【ぴんぽーん】

貴音「はぁ……はぁ…………ふぅ。御機嫌よう響」

響「息上がってるの珍しいね。どうしたの?」

貴音「……今プロデューサーはどちらに?」

響「黒井社長の家」

貴音「…………」

響「?」

貴音「マフラーの編み方を教えて欲しいのです」

響「……ははぁん」

貴音「えぇい!なんですかそのニヤニヤした顔は!」

響「いやいやぁ?これから本格的に寒くなるからなぁ?うんうん。マフラーね。風邪対策は大切さー」

貴音「で、でしょう?」

響「メンズサイズとカップルが2人で1つ巻くサイズどっちがいい?」

貴音「さ、さいず?」

響「長さ。合わせ方にもよるけど、男性と女性じゃ男性向けなら長めに作る」

貴音「…………長めに。そう、大は小を兼ねるとも

響「はいはい」

貴音「響!」

【にょわー!?】

みく「」

未央「みくにゃんが死んだ!」

凛「この人でなし!」

志希「にゃはは、だからこの時間にホラーとかばか。本当に何考えてるの?夏でも無いよ?」

凛「志希にまともなこと言われたら終わりだよ未央」

未央「たしかに」

志希「お?」

奏「iPhoneだと志希ってすぐ変換出来ないのイライラするわ」

みく「奏も奏でになって地味にイラつくにゃ」

志希「生き返った」

みく「窓ガラスぶち破って手が生えて来るのはまじ」

未央「ダイナミック握手会」

みく「お断りにゃ!」

奏「まぁほら、窓破って出てくるのは犬か腕かカラスみたいなところあるじゃ無い?」

凛「最近はおばさんが飛び出てくるのも流行ってるよ」

未央「なにそれこわい」

志希「ホラーだからねー」

みく「ぅぅ……変わって」

志希「え?やだ。怖いし」

未央「海外じゃゾンビなんて普通でしょ」

志希「普通じゃないね」

奏「やっぱりショッピングモール?」

凛「若しくは美術館?」

みく「まーたヘリコプター炎上してるにゃ」

未央「まぁCAPC○M製だし」

凛「その伏字意味ある?」

【思うんだけどさ】

フレデリカ「フレちゃんって何にも考えてなさそうだよね」

周子「わかるー。脳味噌エクレアとなめ茸で出来てそう」

フレデリカ「エクレア岳!」

周子「そこに岳があるからさ!」

フレデリカ「Fooo!しめじサイコー!」

周子「じゃああたしはカードを1枚伏せてターンエンド」

フレデリカ「フレちゃんのターン!7マスク!」

周子「な、なんだって!?」

フレデリカ「さらにこれをリリース!いでよ!えのき茸!」

周子「なんのフォアグラ!」

フレデリカ「あ、もしもし?お腹空いた」

周子「牛丼食べたい」

フレデリカ「わかる。パスタといきたい」

周子「炭水化物」

美嘉『……寝ていい?もしもし?もしもーし?』

【7枚】

美希「割り箸」

春香「8膳。うさぎ」

真「9羽。うさぎ」

美希「10羽。箪笥」

春香「14棹。羊羹」

美希「15棹」

真「棹で数えるの?」

美希「長モノの和菓子は棹か本なの。そう言う流れでしょ?」

春香「美希無駄に頭良くてつまんないんだよね」

美希「喧嘩なら買うの」

真「……喧嘩の単位ってなんだろ」

春香「ジョインジョイントキィ」

美希「ザタイムオブレトビュ-ションバト-ワン」

春香「デッサイダデスティニ-」

真「ユクゾッ」

美希「まじ世紀末」

真「イノチハナゲステルモノ……」

【書いては消して】

絵理「あー」

サイネリア『はい』

絵理「ねっむい?筆、すすまない」

サイネリア『そーゆー時はデスね』

絵理「うん」

サイネリア『諦めて寝るのが1番クリエイティブ』

絵理「んー、ド正論~」

サイネリア『悩むのはいいですけど無理はよくない。よくないデス』

絵理「はぁ……サイネリア」

サイネリア『はい?』

絵理「子守唄?歌って」

サイネリア『Sky○e越しに!?恥ずかしいデスよ!?』

絵理「わたしは、恥ずかしく……ない?」

サイネリア『せやろね』

絵理「せやろ?」

【どーなの?】

絵理「元ネトアなのに」

サイネリア『あれ録画のバリバリ編集込みデス』

絵理「ニコ生やってると思って?」

サイネリア『今時の生放送はYouTubeの時代ですよ』

絵理「サイネリア、ユーチューバー?の巻」

サイネリア『なんか嫌だ……』

絵理「ボイパ、得意?」

サイネリア『別にユーチューバーはボイパしなきゃいけないみたいな決まりないですからね?……ないデスよね?』

絵理「これはレッスン不可避」

サイネリア『理不尽』

【響ちゃんあれ歌ってあれ】

響「どれ」

春香「perfect human」

響「まぁ自分完璧だからな~」

春香「ふー!じゃあ千早ちゃんラップよろしく」

千早「言い出しっぺ歌いなさいよ」

春香「それは、無理」

雪歩「馬鹿なの?」

春香「酔ってる?」

雪歩「素面だけど?」

真「目ェすわってるけど」

【高垣楓の真夜中ラジオ】

楓「真夜中楓……」

P「ふふ……」

早苗「えぇ……面白い?」

楓「皆さん今晩は。最初の1杯、何がいいですか?」

早苗「取り敢えず生で」

楓「えぇ……」

早苗「なによ。ウイスキーでもいいわよ」

楓「……ニッカか何っかなら♪」

早苗「熱燗ー!」

P「まいどー」

【歯の裏を執拗に舐めるな】

響「ん……レロ、じゅるっ──っはぁ、はぁ」

P「ぁー響の舌くそ美味い」

響「舌引っこ抜かれるかと思ったぞ」

P「もう食べちゃいたいよね」

響「べー」

P「ああもうかわいいなくそ」

響「──っ♡ぁむ、は、チュ……ぁっ、それすき、すきっんっ、あ、ちゅ……レウ。ン──あー」

P「このまま全部だしていい?」

響「ぃいよ、ほら、いいよ、おいで?ぁッん、ん?ちゅーしながら。いいよ、自分のこと好きにし、ヒッ────!~~~~♡………………も、暴発とか、ダメダメさー」

P「うるへー。耳の穴舐めほじくるぞこら」

響「早漏」

P「はーそういう事言う?おら横になれ。わいのゴッドハンドで泣くまで啼かせてやる」

響「おっとなげ無いなー。まぁ自分その程度で負ける気しないさー」

【q&a】

P「メイド服でさ」

涼「はい」

P「スカートの下にさ」

涼「はぁ」

P「スパッツってどう思う?」

涼「はぃ?」

P「邪道だよな」

涼「せやですね」

P「せやろ?」

【涼!】

涼「あ、夢子ちゃん!お疲れ様」

P「アフターっすかパイセン」

夢子「どう言うキャラなんですかそれ」

P「今スパッツの話してたのや」

夢子「涼……」

涼「違うよ!?……いや違くないけど違うよ」

P「キュロットスカートは萌えるけどスカートの下にスパッツは萌えないよねって熱弁してた」

夢子「ふーん……」

涼「夢子ちゃんその目はやめて……泣く」

【フルコンボだドン!】

P「ふぅ………………」

P「…………」

P「Tokyo7thSisters!音ゲー部分が大幅に進化して好評配信中!」

絵理「露骨?な宣伝草」

P「今なら好きなキャラのPレアが1枚もらえるゾ!」

絵理「スースちゃん……可愛い」

P「それなー?」

【一理ある】

P「わいが褐色で巨乳の女の子大好きみたいな風潮、打破したい」

小鳥「無理でしょ」

黒井「無理だな」

律子「無理ですね」

P「ひどない?」

律子「褐色は?」

P「大好き」

黒井「日焼けも?」

P「大好き」

小鳥「そのどちらかが巨乳かつ美少女です」

P「大好物じゃん」

小鳥「ほらぁ!」

黒井「より酷くなっている気がするんだが?」

P「気のせいっスよ」

律子「もしも日焼け巨乳で八重歯がちらりと覗くうなじの綺麗な黒髪ポニーテールの女の子がいたら?」

P「HAHAHAそんな僕の理想を全てコンプする美少女なんているわけおったわ嫁だわ」

黒井「阿保」

小鳥「しかもその女の子はあなたの事が大好きです」

P「最高ですじゃん。もうね、ぼかぁね。黒井社長には凄く感謝してるんです」

黒井「ほう?」

P「響みたいな美少女を見つけ出してくれて本当にありがとうございました!」

黒井「貴様の為に見つけ出したんじゃないんだぞ!?わかってるのか!?そもそも響ちゃんは……響ちゃんはなぁ!」

律子「あ、これ長くなるやつだ」

小鳥「どっちも響ちゃんの事好き過ぎるんですよ」

黒井「確かに美希ちゃんが961に来たのはただの偶然だ。理由を聞いた時はくだらな過ぎて大丈夫かこの娘と思ったが」

小鳥「どんな理由でしたっけ?」

律子「社長が美希のおにぎり食べたんじゃなかったでしたっけ?」

P「俺あれ聞いた時申し訳ないけどくっそ笑ったけどな」

小鳥「あー……「髪切って茶髪にしてやるのー!」って言いながら出ていった記憶があるわね」

黒井「具体的だな……」

P「俺は……俺は死なない!」

小鳥「貴音ちゃんはどこで見つけて来たんですか?」

黒井「三軒茶屋の某ラーメン店だが?」

P「色気のNASA……」

【本当は他にも大きな理由があるので】

黒井「うぃ、詳しくはアイドルマスターSPミッシングムーンを購入してくれ」

小鳥「いい声」

P「僕声は山○宏一に似てるって言われる」

律子「マスクの吹き替えの人だ」

P「せめてウィルスミスの吹き替えの人って言って?」

黒井「カバオ君だ」

P「加持リョウジって言って?」

小鳥「ゾロリだ」

P「ゾロリは好き」

黒井「おい」

【セクハラ】

愛海「えぇ……パイの実食べながら牛乳飲んでただけでこれ」

凛「その組み合わせは悪意あるでしょ」

愛海「揉意しかないよ」

幸子「揉意ってなんなんですかね」

凛「マスターシーズンウィンターのジャケット見た?」

幸子「寒くなかったんでしょうか。あれ」

李衣菜「なんの話?」

愛海「パイの実食べながら牛乳飲んでたらセクハラって言われた~」

李衣菜「ああ……」

凛「ほら」

愛海「えぇ……?………………あ」

幸子「?」

愛海「揉む時間だ」

幸子「揉む時間!?」

愛海「揉みタイム」

李衣菜「まんまじゃキャッ」

愛海「ノーブラやんけ!?」

李衣菜「お風呂上がりなの!」

幸子「で、何の話でしたっけ?」

凛「コタツと同化したい」

杏「わかる」

【布団から出ろよ】

杏「いやもう21時だよ?寝る時間寝る時間」

凛「ゼノブレ2面白い?」

杏「そこそこ」

みく「ん~~いーお湯だったにゃ……なんか人増えてない?」

凛「寝袋持ってきたから」

みく「いやもう布団出すから」

愛海「下乳嗅がせて」

みく「うわぁもう割と本気で引くにゃ」

幸子「あ、ボクの事はお構いなく。別の部屋で寝ますから」

みく「いい子だにゃあ……あ、布団足りないかも」

李衣菜「一緒に寝る?」

みく「んー」

愛海「一緒に寝る?」

みく「お断りにゃ」

凛「ケータイなってる」

みく「もしもし?」

P『一緒に寝る?』

前川「死ねばいいと思います」

【めっちゃ怒られた】

響「そりゃそーさー」

千早「サイコロ振りますね」

P「次はそーさな。1発ギャグ撮ってインスタにあげようぜ最下位」

伊織「アイドル側のダメージデカくないかしらそれ」

響「2、3、2の8。ドラは5m」

絵理「おかわり。いる?」

P「ありがとう」

春香「麻雀ルール全くわからないんですけどカイジは面白いって凄いと思いません?」

千早「教えるわよ?」

伊織「あんたな運で勝てそうだけど」

P「めっちゃ麻雀タバコ吸いたくなる」

春香「ママのおっぱいでも吸ってな!」

P「響~」

響「それポン」

P「ガン無視された」

絵理「そりゃ……そうだ?」

【深夜アニメが捗る】

響「何見てるの?」

P「桜trick」

響「……なにみてんの?」

P「いや……DVDが見つかって」

響「おい絵理」

絵理「ぴ、すひゅ~」

響「吹けない口笛を吹くな」

絵理「えと、ほら……夜に?口笛、よくないから」

響「……おっぱい揺れ過ぎでしょ」

P「ノーブラなんちゃうん」

絵理「痴女」

響「それ」

【すこ】

P「今期はね……魔法使いの嫁が面白い」

響「ほう?」

P「可愛い女の子がイケメンに愛される話すこ……」

美希「それ本気で言ってる?」

P「お前寝てただろ」

美希「プロデューサーさん普段は黒ギャル好きとか言っといてそれはねぇの。ダブスタ死すべし?」

絵理「てゆーかー。二重基準?」

P「確かにモア殿は好きだよ」

P「ていうか違うよ。俺基本は純愛が好きなの。けど世の中にはNTRとか言うクソが存在するでしょ?じゃあ最初っから愛の無い関係の方がいいよねってはな

美希「zZZ」

P「おい」

【でーんでーんでーんで、で、でーん】

P「申し訳ないけど今マジで酔ってるから俺のライトセイバーが貫く!」

響「大丈夫?」

P「んなわけねぇだろ」

響「ひゃぁっ」

P「えっちするぞー!」

響「うわぁガチ酔いだ」

P「わいがアナキンスカイウォーカーや」

響「何言ってんのさ」

【酔いさめたら反省する】

P「からえっちぃことしよ」

響「あーあーもう。はいはい。脱げばいいの?」

P「脱がしてもいい?てか脱がす。下乳舐めさせろはいばんざーい」

響「ばんざーい」

P「なんかもう諦めてるな?」

響「いや、珍しくそんだけ酔ってたらもう止まらないでしょ」

P「わかる?もうすごい。響の顔見るだけでムラムラする」

響「その言い方自分の顔エロいみたいだろ……」

P「……いやエロいよ?」

響「えぇ?」

【はー】

P「ナターリアちゃん可愛すぎるかよSSR寄越せ」

ちひろ「引け?」

P「くっそぉぉぉぉおあおあおああああああ!」

ちひろ「うるさいですねぇ……」

P「あとリトルリドルのCDまだっすか」

ちひろ「あ、それは真面目に申し訳ありません。もう少し待ってください」

P「はー……学生に戻って隣の席に有名なアイドルがいる状況になってみてー」

ちひろ「隣に志希ちゃんが!」

P「すまん逃げる」

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2016年11月27日 (日) 15:32:21   ID: n4n-Gtp2

待ってました!

2 :  SS好きの774さん   2016年11月28日 (月) 01:53:31   ID: 5n8YAeFZ

くっそ好き

3 :  SS好きの774さん   2017年03月22日 (水) 10:29:00   ID: _DP4leH6

このシリーズ大好き!

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom