八幡「今日からワイも部活参加なんやな…」 (53)

なんか前

静香「おい比企谷…かくかくしかじか」

八幡「嫌ンゴ!」

静「……First comes Rock 」

八幡「や、やめてクレメンス!いや、ちょ!マジでやめて!」

静「…もうどうなってもいい」

八幡「これ以上老けたらいき遅れるやで」

静「…」

八幡(あ、泣いたンゴ!助かった)

八幡(その後ワイは泣かせたことで脅されて奉仕部に1人で向かわされた)

八幡「話は聞いてないと思うが、ワイがここの新入部員の比企谷八幡やで!宜しく二キーwww」

八幡(第一印象は大事や…ワイの満面の笑みどやぁ!)

雪乃「通報しました」

八幡「なんでや!やめてクレメンス…」

雪乃「くっさ…巣死」

雪乃「まぁいいわ…それで何の用かしら?」

八幡「ファッ!?さっき言ったやろ?アホなのか?」

雪乃「…」

八幡「まぁええわ。平塚先生に言われて入部しに来たンゴ!どうやら断れないみたいやから覚悟するんやで(にっこり」

雪乃「はぁ…貴方みたいなJカス…巣に帰って死んでくれないかしら?」

八幡「お?ヴィッカスか?すまんな!こらから宜しくやで」

雪乃「話聞きなさいよ…普通なら猛虎弁なんて使わないんですが…罵倒されたいのかしら?キモすぎワロタ」

八幡「草」

こうしてワイら2人の部活が始まった
この部活の概要を聞いたらよくわからなかったンゴ

わかったのは暇なこと
そして奴のスマホにはBB2Cが入っていたことだけやった
ちなワイはmateやでお絵かき楽しいンゴ

そして次に来たのは由比ヶ浜結衣とかいう女やった
こいつがまた曲者やった

結衣「失礼しまぁす」

雪乃「ゆとりのテンプレみたいな奴ね」

八幡「せやな」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477016821

結衣「なんかここはかくかくしかじかって聞いたからさ」

雪乃「それは違うわここはうまうまガジガジよ」

結衣「何が違うの?」

八幡「ファッ!?そんなこともわからんのか?ガイジかな?」

結衣「カッチーーン」

八幡「草」

雪乃「カッチーーンなんて頭悪すぎワロタwww」

結衣「うざキモすぎキモ[ピーーー]」

八幡「グエーー死んだンゴ」

雪乃「それ嫌いだからやめてくれない?」

結衣「あ!知ってるそれ!2ちゃん用語だよね!」

雪乃「は?」

八幡「お?」

八幡「お?お前…よぉそんなこと言うなぁ」

雪乃「貴方も大概よ」

八幡「草…せやな」

八幡「で?普段はどこ見とるんや?」

結衣「どこ?…あーサイトね」

雪乃「貴方みたいな新参ゆとりが増えてるのね」

結衣「私が見てるのはここだよ!」つガラケー

八幡(ガラケー民か…珍しいな)

雪乃「これってまとめ?」

八幡「…ほーん」

結衣「えへへみんなも見てるんだね!」

雪乃「ちっ…」

八幡「ヴィッカスイライラやね」

雪乃「貴方…不愉快だわ」

結衣「ヒッキー言われてるしwww」

八幡「ファッ!?ワイやないやろ!」

雪乃「寿司…由比ヶ浜さんだったかしら?あなたみたいなまとめ民のお願いを聞くことはできないわ…」

結衣「え?まとめ民?は?」

雪乃「…」

結衣「わ、私何かした?ご、ごめんね」

雪乃「…」

雪乃「簡単にわかりやすく言うわ…貴女が見ているのは2ちゃんじゃ」

八幡「辞めるんやで!」

雪乃「え?」

結衣「ひっ、ヒッキー」

八幡「頼むからその呼び方も辞めてクレメンス…」

結衣「え?可愛いしいいじゃん」

八幡「[ピーーー]ぞカス」

結衣「」

雪乃「通報したわ…また逮捕者が出たわね」

八幡「…話を戻すンゴよ…雪ノ下。別に教える必要ないやろ?まとめ民とワイらは似て非なるもの」

八幡「同類だと思ってるの奴らだけやで…それに2ちゃん=VIPやなんJやと思ってる連中や。板ってものすら理解しとらん」

八幡「それにまとめのコメントで本スレの奴に安価して勝ち誇ってるガイジもいる。そんなところの奴がごぞって来るのは迷惑なんや…辞めてクレメンス」

雪乃「何を言ってるかさっぱり理解できなかったけれども高学歴の私は理解できたわ」

八幡「同じやぞ」

雪乃「そうね…少し前にまとめ民がごぞって現れてあれだものね…夏厨と同じ部類よね」

結衣「え…と?なんの話?」

八幡「ワイらは仲良くなれないってことや」

雪乃「禿同」

八幡「懐かしいンゴねぇ」

結衣「」

八幡(これだけ否定すればもうこんだろ…)

雪乃(まとめ民が来たスレでも建てようかしら)

結衣「か、カッコいい…そんなに自分たちの意思をはっきりと示せるなんてカッコいい」

結衣「うん…私今までそんなに2ちゃん見てなかったけど、これから沢山見る」

結衣「うん!ありがとうゆきのん!ヒッキー」



八幡「あ?その呼び方辞めろや[ピーーー]ぞ」

結衣「…スマホに変えた方が見やすいかな?」

結衣「うん変えよ!」

雪乃「…そういえば貴女は何を依頼しに来たのかしら?」


結衣「それは…えと」

八幡(要約するとクッキーみんなにあげるから教えてクレメンスだった)

八幡雪乃(こいつ陽キャか!!いや自分もそのはず!!)

八幡雪乃(ここは陽キャらしさを見せるンゴ(わ))

八幡「そんくらい自分で調べてやったらどうや?すぐ考えも実行もせず聞くだけのゆとりが」

雪乃「ほんとにそうね…それで教えても出来なかったら教えた人を否定したり、私には向いてない才能がとか言い出すんでしょうね」

結衣「」

その後由比ヶ浜は泣いた

八幡「ゆ、許してクレめ…ごめん言いすぎた」

八幡「許してくれ」

雪乃「わ、私は事実を言っただけよ!」

八幡「ファッ!?流石ヴィッカス血も涙もないンゴ」

雪乃「ベーコンガイジとか沸きまくってるスレよりマシよ」

結衣「…ごめんね泣いちゃって…でも本当のことだからさ今の」

結衣「だから辛かった。だからもうそんなこと言いたくないし言わないから。だから教えてください。お願いします」

八幡(だからだからうるさいンゴ)

雪乃「ええわかったわ」

八幡「そこまで言われたら…な」

雪乃(…クッキーの作り方教えて!ちっ!規制が飛行機飛ばすわ)

八幡(クッキーの作り方教えてクレメンス)

雪乃(そうよ私はま◯こよ!貴方たちの大好きな)

雪乃(うp?するわけないわ!気持ち悪いわねこんな時間に書き込む童貞ニートどもが)

雪乃(おっさん?私がwwwそう思ってればいいわ!何も知らないまま後悔しなさい!私のま◯こが見れなかったことをね)

八幡(牛丼ガイジ[ピーーー]や…あ、スレ落ちた)

八幡「はぁつっかえ」


雪ノ下は作り方を知っていたので大抵のことは任した


その後クッキー作りが始まり色々あった
暗黒物質を何度も見たワイらは異世界かと間違えそうになったりもしもしたが
ワイの機転により無事クッキー作りは終わった
今最高にワイは高校生をしてると思ったやで

作った後にワイは気づいた
スマホ触ってから手を洗ってないまま作ったことを

結衣「ありがとう2人とも!またね!私もこの部に入るよ!」

八幡「来んな」

雪乃「なんてコミュ力…これがリア」

結衣「えへへ楽しいねじゃあね!」

雪乃「嵐のような人だったわね…私も帰るわ。鍵は私が返すから」

八幡「サンガツ!今日は中々楽しかったやで!」

雪乃「その喋り方辞めてくれかいかしら?[ピーーー]って言われるのわかっててやるなんて頭沸いてるのかしら?」

八幡「」

雪乃(あ、流石に目の前で言いすぎたかしら)

八幡「…すまんな」

八幡「ほな、また…」

雪乃(辞めんのかい)

雪乃「ええ…また明日」

雪乃(久々に人とこんなに喋ったわ)

つづく

ここまでの登場人物

八幡 なんJ民 やきうのことよりアニメなどそっち方面のがすこな者 ドラフトに指名されるのではないかとドキドキしていた
昔は自分語りをしていた

雪乃 VIPPER 6年の経歴をもつ女VIPPER アマギフスレをこよなく嫌う 一時期コテをつけていたが!?ブラクラに苦い思い出もある

結衣 まとめ民 元々ガラケーということで少ししか触れたことがなかったが覚醒
真のまとめ民として覚醒を果たす
スマホに買い替えまとめアプリを入れて見ている
エッチな広告が苦手


???板民 仲間を探していたが!?



教室

八幡「…昼時だから賑わって来たンゴねぇ…お!まぁたオコエスレか」

八幡「…」

八幡「…」

優美子「え?何はっきり言えし」

結衣「ご、ごめん今日は他の人と食べる約束しててさ」

優美子「あのさぁ最近付き合い悪くない?」

結衣「それは色々あるといいますか」

八幡(ンゴゴ…オコエの手料理って草)

優美子「友達に隠し事?はっきり言いなよ」

結衣「ごめん」

八幡(ほぇぇハイエナって草お前が料理されとるやんけ)

優美子「だから謝って欲しいんじゃないし、言いたいことあるんでしょ?」

結衣(そうだ!私はあの2人みたいに…はっきりと!)

八幡(何かワイも面白い事書いたろ…せや!)

優美子「あーしは結衣のこと友達だと思ってるけど結衣は私のことどう思ってんの?」

結衣「そ、それはもちろん」

八幡「イモムシやね!!」

結衣「イモムシだよ!」

優美子「は?」

結衣「あ」

八幡「ファッ!?悩んでるうちにスレが落ちたンゴ!」

八幡「なんでや?もう少し本来伸びるやろ?…まーだ昨日のスレが賑わっとるんか?N◯Kでの昨日の奴のせいやな」

優美子「ふーーんそうなんだへー」

結衣「い、今のは違う!間違え!」

優美子「そんなこと思いながら今まで一緒にね…あーしのこと笑ってたんだ」

結衣(ヒッキィィィ!!)

八幡(お!由比ヶ浜がワイを見てるンゴ…惚れたのかな?ウインクしたろ)

結衣「きも!」

優美子「は?人のことイモムシとか思ってる奴のがキモいんだけど」

結衣「優美子にいったんじゃないんだってば!」

葉山「優美子…いったん落ち着こう…結衣もね」

葉山「ほら結衣がそんなこと言う子じゃないって優美子も知ってるだろ?結衣も優美子が結衣のことを大切だからはっきりいって欲しいんだよ」

八幡(なんやあのイケメン金髪…染めとんのか?ヤンキーやろか…)

優美子「隼人が言うなら…」

そして由比ヶ浜と三浦とか言う奴は葉山を仲介人として話し合ったンゴ…そしてひとつの真実に行き着いた

悪いのはワイやと

八幡「ファッ!?ワイが何したって言うんや!」

優美子「あんたがテキトーなこと言うから結衣と喧嘩したんだし」

八幡「ほーん、で?」

結衣「ヒッキーここは謝ったほうが」

八幡「ワイは何も悪いことしてへんで!勝手な言いがかりつけとんのは、このまんの者やろ!」

姫菜「ブハッw」

優美子「姫菜?」

姫菜「何でもないよ」

葉山「……」

優美子「意味わかんないし」

八幡「わからんのはお前の日本語やで」

優美子「は?」

八幡(やべぇ怖いンゴ…でも止まれへん誰か助けてクレメンス)

その時のことをワイは少しだけ忘れたが今も覚えている
この不毛な…不毛…
この会話を終わらせる者が来たことを

雪乃「由比ヶ浜さん。貴女から誘っておいて来ないとはどう言うことかしら?せめて連絡くらい…」

結衣「ご、ごめんでもゆきのんの連絡先知らなくて」

雪乃「うっかりしてたわ…LINEでいいかしら?」

結衣「う、うん」

優美子「は?今あーしら話してんのに割り込みしないでくれる?」

雪乃「貴女が会話を試みてるのはこのカスでしょ?それに貴女のは言葉じゃないわ。このカスが言うように日本語を覚えてから話したら?」

八幡「流石にカスは傷つくからやめてくれやで」

雪乃「そうね…ここで煽る必要はないわね」

八幡「それは煽りじゃなくて悪口…いえ何でもないです」

優美子「無視すんなし」

雪乃「はぁ~貴女みたいな女がいるから、女煽りが終わらないのよ?自分が高位の存在だとでも思ってるのかしら?貴女のせいで私までま~ん(笑)って言われるのは屈辱なのだけれども」

雪乃「ユルユルの頭を締め直したら??」

優美子(何をいってるんだろう…あーしわからない)

八幡「なぁワイにもLINE教えてクレメンス」

雪乃「いいわよ」

八幡「サンガツ」

雪乃「さてとブロックして通報してと」

八幡「お!モルガナがアイコンなんやね!ワイはパンケーキすこやからパンケーキ君にしたろ!」

雪乃「貴方は彡(゚)(゚)にすればいいわ」

八幡「お!ペルソナスレやんけ!同じ話を何度も繰り返してるペルソナスレやんけ!」

雪乃「話を聞け」

結衣「ゆ、優美子。今日はゆきのんと食べるから」

優美子「…うん」

雪乃「私はもう食べたから」

結衣「え?」

雪乃「それにもう5限よ?」

こうしてワイらの昼休みは終わった
今日この会話でワイは髪の毛のケアをしっかりとしようと再認識した



八幡「ワイのベストプレイスは落ち着くンゴねぇ」

八幡(…ウンコ漏れそうや)

八幡(せや!そこの茂みでしたろ)

結衣「あれ?ヒッキー?ここで何してるの?」

八幡「…」

八幡「何でもないやで」

結衣「パンのゴミあるし食べてたんじゃん…教室で…あ…」

八幡「せやで…」

結衣「ごめん」

八幡「由比ヶ浜は何を?」

結衣「えへへ私はゆきのんとジャンケンして負けたからジュース買いに来たの」

八幡(何喜んでるんや…ガイジか?)

結衣「…」

八幡「…」

会話が続かない重たい空気を打ち砕くかのように天使が現れた
ワイはこの瞬間を永遠に忘れない…


戸塚「あれ?由比ヶ浜さんと比企谷くん」

八幡「ファッ!?」

八幡(なんやこの美少女…なんでワイの名を)

八幡「ワイの名は!ワイの名は!!」

八幡「ワイの前前前世!」

結衣「ヒッキー急に騒いでマジキモい!」

八幡「すまんな…ワイの名前を言ってもらえて嬉しかったんや」

結衣「あ…」

八幡「…でお前は誰や?」

戸塚「えと…いちおう同じクラスなんだけど」

結衣「流石にひどいよ?」

八幡「つまり運命やね」

つづく

ここまでの登場人物だけ

三浦優美子 八幡の評価はまんの者 実際そのきらいがある しかし根は優しく面倒見がいい ネットはやらない

葉山隼人 ???

海老名姫菜 アレ

戸塚彩加 ネットは検索程度 しかしYouTubeはすき

戸塚「比企谷くんとは前から話したかったんだ」

八幡「ホンマか?嬉しいなぁワイもやで」

結衣「さっきまで名前すら知らなかったじゃん!」

八幡「ほーんテニス部なんやね」

結衣「無視すんなし!」

八幡「ほへぇ弱いんか…ワイ手伝ったろか?練習」

戸塚「え!いいの!やったぁ」

八幡(かわええなぁ…せやワイのことアピールしたろ)

八幡「まぁワイは自慢やないが昔から何でも卒なくこなしてたんやで!テニスは授業でやった程度やが壁さんと練習したから上手いやで!」

八幡「手塚ゾーンならぬ八幡ゾーンやね」

結衣「あ!知ってるそれ」

八幡「知っててあたりま」

結衣「自分語りってやつだよね!2ちゃんで見たよ」

八幡「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」

戸塚「ひ、比企谷くんどうしたの?」

結衣「確かマッカンとかいう名前の人のスレだったよ」

八幡「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ごろ゛じでグレ゛メ゛ン゛ズ」

八幡「ブツブツブツブツ」

戸塚「どうしよう…比企谷くん疲れてるのかな?」

結衣「憑かれてるのかも…さいちゃん放課後に奉仕部に来てよ!すぐに話しつけるからさ」

戸塚「うん」

八幡「取り乱したンゴ…忘れてクレメンス」

戸塚「何か辛いことがあったの?僕でよければ話聞かせてよ」

八幡(なんやこの本気で心配してくれてる顔は…ワイのこと好きなんやろか?いやいやそんな訳ないやで…戸塚ゾーンにはまっとるだけや)

八幡「大丈夫やで…放課後奉仕部でまってるンゴよ」

戸塚「ありがと…やで?」

八幡「ファッ!?かわええ!」

結衣「私には言ってくれないのに…」

八幡「言うわけないやろ頭おかしいんか?」

結衣「聞いてるなんてマジキモい!聞こえないふりくらいしてよ!」

八幡「ファッ!?なんやお前面倒やな…それより飲み物買わなくてええんか?」

結衣「あ!!」

戸塚「僕はテニスの片付けしてくるから後でね」

八幡「ワイは教室戻るやで…うっ」

結衣「急がなきゃ」

八幡(漏れそうなの忘れてたやで…)

八幡「…そこの茂みでするか」

八幡「葉っぱでふきとり終わりやで!!」

八幡「放課後が楽しみや」



雪乃「それで戸塚くん…いえ戸塚さん」

雪乃(まさかの男の娘ね…実在していたなんて)

雪乃(やばいわぁ盗撮してスレ建てたいわ)

雪乃(でもそれじゃ奴らと同じ…我慢よ)

雪乃「昼休みに練習ってことで」

八幡「ええやで」

昼休み

八幡(戸塚とラブラブしてたら葉山たちが来たンゴ)

雪乃「あらまた性懲りも無く論破されに来たのかしら?何言われても私は負けを認めないわよ?」

八幡「流石ヴィッカス汚いンゴね」

優美子「あーしテニスしたいんだけど」

葉山「なら勝った方が戸塚と練習するってことで」

八幡「は?勝った方が戸塚とラブラブするやって?[ピーーー]ぞ貴様[ピーーー][ピーーー][ピーーー]」

優美子「は?キモいんだけど」

雪乃「あらボキャ貧ね。キモいキモいしか罵倒できないのかしら?可哀想ね語彙が貧困なのは」

優美子「い、意味わかんないし」

葉山「雪乃ちゃ」

雪乃「セクハラよ」

葉山「」

優美子「あーしらテニスしたいだけなのに何でここまで言われなきゃなんないの?」

葉山「みんなで練習すれば」

八幡「ふぅ…あのさぁ戸塚とラブラブしたいのはわかるンゴよ?でもワイらはテニスの練習を学校の許可を得てしてるんやで?」

八幡「お前らみたいな特例を作るのは良くないってことはわからんのか?そこまでアフォやないやろ?」

雪乃「比企谷くん違うわアフォだからこう言ってるのよ」

八幡「せやろか?…せやな!」

八幡「それに勝った方が練習する?お前らはテニスがしたくて近づいたのに練習するってあり得んやろ?特にそこのまんの者は練習手伝うように見えないんやが…手伝う気あるんか?」

優美子「…」

八幡「せやろ?ないやろ?それに戸塚の練習時間は限られてるのにこんなことで時間使うなんておかしいんやいか?」

雪乃「当たり前よ。試合したら結局テニスをできるんだもの…勝にせよ負けるにせよ。それに由比ヶ浜さんから聞いたけど三浦さんテニス強いらしいわ」

八幡「性格悪いなぁ…」

優美子「」

八幡(あ、泣いてもうた…泣けば解決すると思っとるんやろか?)

葉山「女の子泣かして気はすむか?」

八幡「なら始めからふざけたこと言わなければええやろ?」

葉山「…優美子戻ろう」

優美子「…うん」

結衣「あ、あたしも行く」

八幡「あーやだやだワイらが悪もんみたいやないか」

雪乃「当たり前よクズ発言しかしてないわ」

八幡「せやな…何で毎回こうなるんや…」

戸塚「ごめんね僕のせいで…今日はやめよっか」

八幡「悪いのはワイらや…すまんな」

つづく

多分4日程度更新できません

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2016年10月26日 (水) 06:56:15   ID: J2M2wz9G

以外と好き

2 :  SS好きの774さん   2016年10月26日 (水) 21:27:40   ID: Ki4Ag8ev

続き期待しとるで

3 :  SS好きの774さん   2016年10月26日 (水) 22:17:45   ID: U5kETIYl

なんだろコレ、不思議な中毒性がある。
期待してるんで、頑張って続けてクレメンス。

4 :  SS好きの774さん   2016年10月26日 (水) 22:53:18   ID: L9xWYmbC

テニス編のド正論わろた

5 :  SS好きの774さん   2016年10月28日 (金) 00:09:06   ID: oHt7-0fm

腹抱えて吹いたwww

6 :  SS好きの774さん   2016年10月28日 (金) 00:26:18   ID: phwf0BIV

八幡キレッキレでワロタ

7 :  SS好きの774さん   2016年10月28日 (金) 02:08:48   ID: d61YfNbH

つまらん

8 :  SS好きの774さん   2017年07月28日 (金) 00:51:20   ID: LI_FQIEo

すまんな
ええんやでの精神

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom