空閑「こなみ先輩ってオサムのこと好きだろ」小南「えっ!?そうなの!?」 (60)

空閑「だってことあるごとにオサムに抱きついてんじゃん。それってオサムが好きだから無意識に抱きついてるってことなんじゃないの?」

小南「そ、そう言われてみると…そんな気がしてきた……!」ドキドキ

空閑「」キラーン



みたいな?

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1475566544

三雲「いただきます」

小南「ど、どーぞ!めしあがれ!」

小南(うわー、どうしよう!なんだかいつもよりも修がかっこよく見えるような……!あたし、いつから修のことを……!?)ドキドキ

空閑「やっぱりこなみ先輩のカレーはうまいな」

小南「!そ、そう?」

空閑「うむ。な、オサムも好きだよな!」

三雲「え?ああ、そうだな。ぼくも好きです、小南先輩」

小南「はう!?///」

三雲「?」

空閑「」ニヤニヤ



的な?

ガチャ

烏丸「お、もう食ってたか」

三雲「烏丸先輩」

空閑「おかえりとりまる先輩」

小南「うぅぅ……///」プシュー

烏丸「?どうしたんすか小南先輩」

小南「な、なんでもない!」

三雲「小南先輩、なんだか顔色悪くないですか……?」ジッ

小南「……っ!こら修!あんまり見つめるな!」カー

三雲「えぇっ!?」

烏丸「……ほほう……?」キラーン

烏丸「遊真。ちょっとこい」

空閑「ふむ?」

烏丸「小南先輩、遊真借りてきます。あとなんだか体調悪そうすね」

小南「そ、そう?」

烏丸「はい、熱っぽいです。修、小南先輩を介抱してやってくれ」

三雲「ぼ、ぼくがですか?」

烏丸「ああ。頼んだぞ」

三雲「わかりました…」

烏丸「なにかあれば修に頼ってください。じゃ」

空閑「じゃ」

ガチャバタン




烏丸「……遊真」

空閑「なに?」

烏丸「俺抜きでこんなに面白そうなこと始めるんじゃない」

空閑「さすがとりまる先輩。乗り気だね」

烏丸「で、どうする気だ?」

空閑「どうするって?」

烏丸「修と小南先輩をくっつける気なのか?」

空閑「そうなったら面白いけどね。おれは単純にオサムに甘酸っぱい青春を味わってほしいなって思ってさ」

烏丸「そんなに女っ気ないのか」

空閑「本人がそう言うので」



空閑「オサム。飯いこうぜ」

三雲「ああ、わかった」

空閑「しかしオサムはいつもおれと一緒に飯食ってるよな」

三雲「じゃあお前もそうだろ」

空閑「カノジョとか作らないの?」

三雲「なっ……!そ、そんなのぼくにできるわけないだろ!」

空閑「なんで?」

三雲「なんでって……ぼくがモテるように見えるか……?」

空閑「いや」

三雲「じゃあ聞かないでくれ……」

空閑「でも作ろうと思えば作れると思うぞ?」

三雲「簡単に言うけどな……恋愛をするにはまず相手が必要だろ。ぼくに女子との接点があると思うか?」

空閑(……同じクラスの女子、チカ、キトラ、こなみ先輩、しおりちゃん、チカの友達のなつめさん……うむ、いけるだろ)キラーン

三雲「それに、今はそんなことにうつつを抜かしてる場合じゃないだろ。遠征部隊に選ばれるためにランク戦を勝ち上がることを第一に考えないと……!」

空閑「でも興味はあるだろ?」

三雲「な、ない」

空閑「オサム。つまんないウソつくなよ」

三雲「ぐ……だいたいお前はどうなんだ?ぼくよりもまず自分の彼女を作ることのほうが大事なんじゃないのか?」

空閑「いやいや。隊長を差し置いてそんなことしないだろ」

三雲「隊長は関係ないだろ…」

空閑「ま、オサムがそういうことにちゃんと興味があるのはわかったよ」モグモグ

三雲「そ、それはもういいだろ。それより、次の試合のことなんだがー」



空閑「ということがあってだね」

烏丸「つまりはそんな修を眺めて楽しみたいってことだな?」

空閑「うん」

小南「……」モムモム

三雲(介抱と言われても……たしかに顔は熱っぽくなってるけど、他はいつも通りに見えるな……)チラッ

小南(うぅぅ……さっきから修に見られてる……あたしのことどう思ってるのかしら……)モムモム

小南(さ、さっきの好きってのは…カレーのことよねっ?あたし自身を好きって言ったんじゃないのよねっ?)モムモム

小南(うー……なんだか頭がくちゃくちゃしてきたわ……とりまるの言うとおり、体調が悪いのかしら……)モムモム

三雲「…小南先輩」

小南「ふぇ!?」

三雲「今日のところは家に帰ってゆっくり休んだ方がいいんじゃないですか? もう夜になりましたし…」

小南「え、そ、そうね。じゃあそろそろ帰ろうかしら……」

三雲「後片付けはぼくがやりますので。ではお大事に」

小南「うん…」

ガチャバタン

三雲「……これでいいよな?」

烏丸「アホかお前は」

三雲「わっ。烏丸先輩っ?」

烏丸「2人きりで夕飯を食べているという絶好のシチュエーションで相手を家に帰すとは何事だ」

三雲「あの、言っている意味がよく……」

空閑「とりまる先輩、説教はあとにしたほうがいいんじゃないの?こなみ先輩帰っちゃうよ」

烏丸「そうだな。修、急いで小南先輩のあとを追え」

三雲「え、何故でしょう……?」

烏丸「夜に女の子を1人で帰らせる奴があるか。送っていけ」

三雲「でも今日はランク戦のミーティングが……」

烏丸「師匠命令だぞ」

三雲「わ、わかりました……」

烏丸「ダッシュ」

三雲「は、はい!」ダッ


烏丸「……これは修の操縦に苦労しそうだな」

空閑「無理して参加しなくてもいいよ?」

烏丸「いや、面白さの方が勝つ」

小南「ふー……」

小南「んん」プルル

小南(外は寒いわね。ま、さっきまで何故か顔が熱かったからちょうどいいけど)

小南「でも……厚着してくればよかったかしら」

三雲「小南先輩っ!」

小南「っ?お、修!?」

三雲「はぁ、はぁ……よかった、追いついて……」

小南「走って追いかけてきたの?あたしになにか用だった…?」

三雲「用といいますか……小南先輩、家まで送りますよ」

小南「え……」カァ

小南「な、なんでまた突然…!」

三雲「それは…小南先輩、体調が悪いみたいでしたし夜に1人で帰すのは危ないかなと」

小南「え、心配してくれたの……?」

三雲「は、はい。小南先輩は女の子ですし……」

小南「…………///」カァ

三雲「あれ……?小南先輩、また顔が……」

小南「な、なんでもない!なんでもないんだから!」ジタバタ

三雲「あ、ちょ……あんまり暴れないでください……っ」

小南「修のくせに、修のくせにーっ!」ポカポカポカポカ

三雲「痛いです!小南先輩っ!痛いですよ!」

小南「へっくちゅっ!」

三雲「へ……小南先輩?」

小南「うー……」タラリ

三雲「……鼻水が出てます」

小南「見るなぁ!///」ポコン

三雲「いたた……体調が悪いのにそんなに暴れるからですよ……」

小南「うるひゃい…」ズズッ

三雲「……ぼくの上着でよかったら着てください」ファサ

小南「え……」

三雲「これで少しはあたたくなると思います」

小南「だって、あんたは?」

三雲「ぼくは平気ですよ。それよりも小南先輩の方が大事です」

小南「…………」

三雲「あれ…?着ないんですか……?」

小南「…着るわよっ。ほら貸しなさい」

三雲「は、はい。どうぞ」

小南「…………」ヌクヌク

小南(…あったかい……それに修のにおいがする……)

三雲「どう、ですか?まだ寒いですか……?」

小南「………………修のくせに……」ボソッ

三雲「え…」

小南「ふん。まあまあってところね。ほらぼさっとしてないで帰るわよ」

三雲「あ、はい……でも小南先輩」

小南「なによ?」

三雲「やっぱり体調悪いですか?また顔が赤くなって……」

小南「っ!こ、このメガネめっ!///」ポカポカポカポカ

三雲「えっ?な、なんでですか!?」

みたいなね

ノープランだから終わるかも
安価でも出そうか

後日

烏丸「修」

三雲「あ、はい。烏丸先輩」

烏丸「今日は俺が直接指導してやろうか?」

三雲「はい、よろしくお願いします!」



烏丸「……ふむ。だんだんと動きはよくなってきたな」

三雲「ありがとうございます……」グデー

烏丸「だがまだまだ攻撃手を相手するには反応速度が足りないな。せめてある程度粘れるまでにはなっておきたい」

三雲「反応速度…ですか……」

烏丸「…そうだ。小南先輩と対戦してみるのはどうだ?」

三雲「小南先輩ですか!?」

烏丸「小南先輩の機動力はボーダーの中でもトップクラスだからな。小南先輩の動きに慣れるまでに経験を積めば大抵の攻撃手にはついていけるようになるだろう」

三雲「なるほど…」

烏丸「というわけで小南先輩」

小南「へっ?」

烏丸「修に稽古つけてやってください」

小南「べ、別にいいけど……」

三雲「よろしくお願いします。小南先輩」

小南「…言っておくけど修?やるからには徹底的にしごくわよ?」

三雲「は、はい!」



三雲「はぁ…はぁ……ありがとうございました……」グデー

小南「30戦やって全敗、ね。やっぱり修って弱いわねー」

三雲(くそ……小南先輩の動きが全く予測できない……!合理的な動きをする風間先輩と違って、どっちかっていうと緑川に近いような……)

三雲(いや、規則性がないようでいくつかパターンがあるような気もする……もっともっと対戦すればもしかしたら……!)

小南(……どうしよう。修、黙っちゃったわ…もしかして落ち込んでたり……?)

小南(こういう時とりまるってどうしてるのかしら……たまには褒めてあげなくちゃダメ……?うぅー、あたし褒めるの苦手なんだけど……)

小南「……お、修っ!」

三雲「え、は、はいっ?」

小南「えっと……も、もしあたしに勝てたらあんたのいうことなんでもきいてあげるから頑張りなさいっ!」

三雲「!」

小南(……あ、あたしったらなに言ってんの!?いや修に限って変なこと言ってきたりしないと思うけど……!)

小南(もし修に「付き合ってください」とか言われちゃったら……ど、どうしよう!あたしなんて答えてあげればいいんだろ!?)

三雲(小南先輩なりに励ましてくれてるんだろうか……ということはまた稽古つけてくれるってことでいいのかな?)

三雲「じゃあ…また付き合ってもらってもいいですか?」

小南「ひゃっ!?///」ビクッ

三雲「えっ!?」ビクッ

小南「ちょ、ちょっとまっ……こ、心の準備がまだ……っ///」

三雲「あ、今忙しいですか?でしたらまた暇なときにでも付き合ってもらえれば……」

小南「……え?なにが?」

三雲「え……?模擬戦ですが……」

小南「…………」

三雲「…………」

小南「あと50本よ」

三雲「は、はい」

三雲「」グデー

烏丸「そうか。結局80本もやったのか」

三雲「さすがに疲れました……」

烏丸「だが80本もやれば1本くらいは取れたんじゃないか?」

三雲「いえ……前半でやっと掴みかけてた動きが…後半からガラッと変わって……1本も取れませんでした……」

烏丸「そ、そうか」

烏丸(……修のやつ、なにかやらかしたか?)

三雲「烏丸先輩、どうしたらいいんでしょうか…?」

烏丸「…大丈夫だ。小南先輩との模擬戦は間違ってない。繰り返すうちにお前もレベルアップするはずだ」

烏丸「お前に足りないのは勝つイメージだな。まず何が何でも小南先輩から1勝をもぎ取れ。それが殻を破るきっかけになるだろう」

三雲「何が何でも?」


烏丸「ああ。戦闘中だけでなく、日頃から小南先輩を観察し続けろ。そこからヒントを得ることもあるだろう」

三雲「……あの、言ってる意味がよく……?」

烏丸「これからお前は、できるだけ小南先輩と行動を共にしろ」

三雲「えっ!?」

烏丸「小南先輩の一挙一動観察して弱点を探るんだ」

三雲「で、ですが……それが模擬戦となにか関係するんでしょうか……?」

烏丸「師匠の言うことが信じられないか?」

三雲「い、いえっ!」

烏丸「ならこれからは小南先輩を倒すためにも、小南先輩を攻略するんだ。それがお前が強くなるための第一歩だ」

三雲「わかりました!」



空閑「とりまる先輩」ニュッ

烏丸「なんだ」

空閑「面白いウソつくね」キラーン

烏丸「だろう」キラーン

つってね
またネタ思いついたら書きにきます

http://i.imgur.com/zqI2Qlo.jpg
先原直樹・ゴンベッサ

都道府県SSの痛いコピペ「で、無視...と。」の作者。

2013年、人気ss「涼宮ハルヒの微笑」の作者を詐称し、
売名を目論むも炎上。そのあまりに身勝手なナルシズムに
パー速、2chにヲチを立てられるにいたる。

以来、ヲチに逆恨みを起こし、2017年現在に至るまでヲチスレを毎日監視。
バレバレの自演に明け暮れ、それが原因で騒動の鎮火を遅らせる。

しかし、自分はヲチスレで自演などしていない、別人の仕業だ、
などと、3年以上にわたって稚拙な芝居でスレに降臨し続けてきたが、
とうとう先日ヲチに顔写真を押さえられ、言い訳ができなくなった。

2011年に女子大生を手錠で監禁する事件を起こし、
警察に逮捕されていたことが判明している。

先原直樹・ゴンベッサ まとめwiki
http://www64.atwiki.jp/ranzers/

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom