七海「ぜつぼう、なんかにっぁ……はぁっ……ぜったぃ、まけないっ」 (33)




七海「はぁっ……は、ぁ…………ぅ、う」ズリッ……ズリッ……


江ノ島『七海さん、まだ頑張るのぉ~? そんな血まみれになってまでぇ~』


七海「っ……みんなが……来て、くれる…………」


江ノ島『へぇ~……』


七海「負けないっ……あんたなんかに…………絶対にっ……!」ズリッ……ズリッ



…………


狛枝「ひどい……なんてことをっ」

小泉「は、はやく助けに行かないと!」

花村「みんなで手分けして探そう!!」

罪木「はい~! 急いでさがっ」

ガシッ


罪木「はへ……?」

詐欺師「待て。罪木」

罪木「な、ななな、なんでしょうか~」

詐欺師「このモニタールームへと案内したのはお前だ。雪染先生がいる場所へ、案内すると偽ってな」

罪木「いっ、いつわるだなんてぇ、そんなっそんなつもりじゃぁ」

詐欺師「行方不明の御手洗の件もある。……お前には、俺と共にここへ残ってもらう。妙な真似をしないようにな」

罪木「そ、そんなぁ~……」


辺古山「敵は相当の手練れ……複数人で行動すべきかと」

九頭竜「よし……弱ぇやつだけにならねぇように組んでいくぞ!」

弐大「急げ! 七海はもう長く保たんぞ!!」

田中「往け! 我が眷属達よ! あれだけの出血……血の匂いを追えば!」

ソニア「七海さん……すぐ行きますわ! 待っていて下さい!」





…………



七海「はぁ……は…………ぁ……」ガクッ……


江ノ島『まだ諦めないの? 七海さんも絶望しちゃえばいいのに~……そしたら、どんな恐怖や苦痛だって…………最高の快楽に変わるんだからさぁーっ!』


七海「わた、しは……諦めないっ…………わたしと……みんなと、雪染先生が……あなたをきっと止めてみせるっ!!」


江ノ島『……えらいえらい。さっすが、学級委員長! みんなの希望!! ……そーんな頑張る七海さんにぃ…………特別大サービス!』


七海「っ……?」


江ノ島『チャーンスターイム。……十秒だけ待ってあげる。…………もしかしたら、友情が奇跡を起こすかもしれないからね♪』


七海「!?」


江ノ島『じゅーう、きゅーう』


七海「っ!! はぁっはぁっは、ぁ」タタッ


江ノ島『はーち……なーな』


七海「はぁっはぁっはぁっ! ぁ、はぁっみんっな、はぁっひ、は」タタッ、タッ


江ノ島『…………ろくごーよんさん』


七海「!!! 見えた……ゴールっ」


七海(……けど、これも、罠……?)


江ノ島『にー、いち』


七海(迷ってる暇はないっ……今は、みんなを信じて賭けるっ!!!)


ガチャッ!


江ノ島『ぜぇーーーーろ。…………ってあれ!? うそマジ!? 七海さんゴールしちゃったのぉ!!? ありえなーーーーーい!! ほんとに奇跡が起きたってわけぇ!? ぅあああああああぁあぁああああ!! あぁああああああんあっあっあぁっはぁん!! ぜ、絶望的ぃっいっ♪』ビクビクッビクンッ






七海「はぁ…………はぁ……み、んな……」……バタッ



狛枝「七海さん!!」

田中「よくやったハム蔵!! ……じゃなくて破壊神暗黒四天王よ!」

澪田「みんなー! こっちッス!」

終里「大丈夫か! しっかりしろ、七海!」

ソニア「ひどいお怪我を……」

弐大「すぐに手当てするんじゃあ!!」


七海「みん、な…………よかった、無事、で……」

弐大「しゃべるな。傷口が……傷、口が」


グチッ……ニチュ

七海「ぁぐっ!!?!? あっぁが!? なっひ、なに」


終里「な、…………なにしてんだ!!! おっさぁあああん!!!!」

澪田「ひ、ひぇええええ!! な、内臓が、内臓が引きずりだされてるッスぅう!!」

弐大「わ、わしは、なにを…………ち、違う、ただ、手当て……手当てを」

グチュッ……ブチッ

七海「ぁあぁああああああっ!!?!?! あっあ、ぁあ、あ」ガクンッ、ガクッ

田中「やめろ!! どけぇ!! ここは我が暗黒の力によりて、七海の消えかけた魂を、魂を」


ズグッ

七海「ぃっいだ、い、いだい……よ……」グスグス

田中「な、なぜ俺は、七海の目を潰して……馬鹿な……! よ、よせ四天王!! 喰うな!! 俺はそんな命令を下してはっ」


七海「っ……ひ…………は…………ぁ、ゃ…………やめ、……て……みん、なっ」





九頭竜「お、お前らっ……!?」

小泉「いやぁあああああ!!?」

西園寺「ひぃいい!!」

左右田「なにしてやがんだてめぇら!!」


狛枝「なにって……あっは、……分かるだろう? ……七海さんを、……助けようと…………」

九頭竜「俺には、全員で寄ってたかって、なぶり殺しにしてるようにしか見えねぇぞ!」

狛枝「そう言っても……ほら、キミ達だって……」


辺古山「!? わ、わたしは」

ザシュッ

七海「あぎぃいいっ!?!? ぃっ、い」

狛枝「あーぁ……お尻に真剣を突き刺すなんて……ひどいなぁ……これじゃもう、うんこできないねぇ……」

九頭竜「ち、違う……違うんだ七海!! お、俺はぁっ」


ボキッ

七海「っ……!?!! っ、ぁ……は」

左右田「く、九頭竜……指……七海の、指、てめぇ」

九頭竜「ち、違う……俺は」

左右田「へ、へへ……み、右手は……俺がやる、ぜ」

九頭竜「っ!?」


ボキィッ

七海「ぁっ…………!!!! が、ぁ……ひ、ぐ」




終里「なんで……なんでだよ……七海の耳なんて、引き千切りたくねぇよぉ……」

ブチ……ブチ、ィ

花村「あぁ……七海さん……七海さんの、柔らかいお肉……そうだ……七海さんのお肉で料理を作ろう……みんなで食べよう……そうすれば……みんなの中で、七海さんは……生き続けて…………」

ブスッ……スパッ

七海「ぃぎゃっ…………ぁ、ぅ……ぃ、ぎぎ、ぃ」


小泉「きれい……七海さん…………真っ赤に染まって……でも顔は真っ青で……きれいなコントラスト……」

パシャッ パシャッ


ソニア「お口……あけて……気道、確保」

西園寺「ひゃ……ひやだ…………もう……」

ジョロロロロロ……

七海「んぅ!!? ぉ、お……ご」


狛枝「ひどい……なんてひどい……無理矢理口をあけさせて……尿を注ぎ込むなんて……肉体的苦痛のみでなく、こんな屈辱まで……なんて」



狛枝「なんて絶望的な光景なんだ……」




狛枝「クラスのみんなが……仲間たちが…………みんなの希望である七海さんを、めちゃくちゃに壊していく…………これが」


狛枝「…………これが、絶望…………あぁ……ぁ……こんなことに、こんなことにさせないために……僕は……」

『うぷぷぷぷ……』

狛枝「!?」

江ノ島『それは違うよ。狛枝先輩……♪』

狛枝「江ノ島……盾子っ」

江ノ島『これは、みーんなの、希望なんだよ』

狛枝「!? なにをっ……これが、こんなものが、希望……?」

江ノ島『そう…………そして、狛枝先輩の希望』

狛枝「僕の…………?」

江ノ島『だって、……でなけりゃ超高校級の幸運の先輩が、こんな不幸な目に逢うわけないじゃん。先輩が望んだから……こーーーーーんな素敵な、絶望的な光景が見られたんだよ? ほーーんと先輩って、ラッキーだよねぇ……』

狛枝「ぼ、僕が……望んだ……? 絶望を…………? 僕は、希望を……あ……きぼう…………そう、希望の、ために…………絶望を……希望の踏み台になる絶望を!!!! そうか!!!!!」


狛枝「七海さん!!!! キミが希望の踏み台になるんだね!! 僕らの希望のための、踏み台に!!!!! こんな大きな絶望!! 乗り越えられれば、とても素晴らしい希望が生まれるよ!! ありがとう七海さん!! ありがとう!!! さすが学級委員長!! みんなの希望だ!!!!! あぁ、あははっあはっはあははは」ポロポロ





九頭竜「ちきしょぉおぉおっ!!! なにが、みんなの希望だ!! こんなことっ」

江ノ島『うぷぷぷ~もう、先輩たちってば……口ではそう言っても、……体は正直なんだからぁ』

弐大「なん、じゃとぉっ」

江ノ島「認めなよ。七海さんがトラップに体じゅう切り裂かれて、血みどろになりながら這いずって、めたくそにされる姿を見て、ぷぷ……下品なんですが、……勃起…………しちゃいましてねぇ……ってさぁ!!」

左右田「ふざけっ……!?」



ソニア「……左右田さん、それ……屹立なさって」

西園寺「花村おにぃ………………いつもより、おっきい」

終里「弐大のおっさん……それ」

澪田「さ、……さいてーッス!!! みんな、みんな、死にかけてる女の子の姿を見て、興奮して、自分の手でめちゃくちゃにしたいって、そういうことッスか!!?」

弐大「ち、違う……違うんじゃぁ……そんな、はずは」ポロポロ

田中「……もう我慢ならん! 我が内に宿りし邪悪なる肉塊よ!! 七海の魂の隙間を埋めよ!!!」

ズブッ ズチュズチュッ

田中「うぉお!! 七海の目、目の穴っ……最高だ……この世のカルマ、その全てがここにあるっ」ポロポロ

弐大「あぁ……あ……内臓、あったかいのぉ……気持ちいいぞ……七海」ポロポロ

花村「特製ソース、いっぱいかけてあげるよ…………うっ……ふう」ポロポロ

左右田「ち、違うぅう、違うんだ、ソニアさぁあ……ん」ポロポロ

九頭竜「耳ん中、俺のでいっぱいにしてやる……」ポロポロ




辺古山「坊ちゃん……」

江ノ島『辺古山先輩もさぁ……もっと欲望のままに切り刻んじゃっていーんだよぉ? 好きでしょ? ……人を切り殺すの』

辺古山「なに……」

江ノ島『小泉先輩のお友達だってぇ……楽しそうに惨殺してたじゃなーい!』

辺古山「っ!?」

小泉「えっ……」

江ノ島『あれ? これってまだ秘密だっけぇ? まーいっかぁ、私って絶望的に飽きっぽいんだよねぇ』

小泉「辺古山さん……?」

辺古山「わ、わたしは……こ、殺し……を、楽しんだ、こと、など」

小泉「…………殺したんだ…………辺古山さんが……殺したんだ」

江ノ島『ねー、一緒にオシオキしたくてしょーがなかったんでしょー? うんうん、いーよ先輩。先輩たちは、私に勝ったんだもん! 先輩たちは、私に代わって、オシオキよ! って好きなだけ、たーーーーーーーっぷり、七海さんをいたぶっていたぶっていたぶってから、…………とびきり残酷に殺してあげなよ……』




狛枝「……あれ? まだ誰も、下半身に手をつけてないのか。……ラッキーだなぁ……じゃあ遠慮なく、一番おいしいところを」


罪木「だめぇえええええええええぇええ!!!」ダダダッ


ガバッ

罪木「みなさんっ離れて……七海さんから離れてくださぃい!」


九頭竜「つ、罪木」

花村「罪木さん……」

西園寺「邪魔すんじゃねーーーっゲロ豚女!!! こっからが最高に楽しいとこじゃんかぁ!!! 手足引き千切れる寸前まで引っ張ってさぁ! 手首から段々に切断してくの! 最後は芋虫!! きゃははは!!!」


罪木「……七海さん、今、応急処置します。気を確かに……私、これでも超高校級の保健委員ですから……!」

七海「…………ぁ、……ぅ………………つ、……み、き……さ」



罪木「…………死なせません。……七海さんには、生きて……生きて」




罪木「生きて、もっともぉおっとぉ……苦しんで、のたうちまわって、絶望してもらわなきゃいけないんですからぁあああぁああ」

七海「………………み、……き、さんっ…………み、ん……ぁ…………ぁんで……なん、で」


雪染「言ったでしょう? 七海さん」

七海「ぇん……せ……」

雪染「あなたが、…………希望だからよ」

七海「ぅ…………う」

雪染「あなたがみんなの希望だから。だから」




カムクラ「……これが、絶望ですか」

七海「………………ぃ、なた……く……」

カムクラ「確かに……このクラスの人達は、ちょっと洗脳映像を見ただけで、こんなにも容易く絶望に魅せられた。……それだけ、絶望の生み出すカオスには、人を引きつける力があるのでしょう」

七海「ひなっ……た、く……ん」

カムクラ「しかし………………」

狛枝「……キミは」



カムクラ「やはり、私の方が強い幸運を持っているようですね」


ドシュッ

七海「ぁひっ」



ドサァ


罪木「ひぇええ!? あわわぁあ、な、なんてことをぉ……」

カムクラ「……死体はもらっていきます」

狛枝「死姦好きなのかい……? いい趣味だね。なんだかんだ、七海さん、それだけ血みどろなのに、…………まだ大事な膜は無事だしね。……キミ、ほんとついてるよ」

カムクラ「そうですか。……では、…………また会いましょう」


狛枝「また……か」






…………


江ノ島「あぁーあ、カムクラ先輩ってば勝手なことしてぇ……んまぁいっか。先輩たちはみーーーんな、私とおんなじ、超高校級の絶望になれたことだし!」

江ノ島「むしろ最後まで楽しめなくて、より深い絶望に堕ちたかなぁ~?」

江ノ島「うぷぷぷぷぷ…………楽しみ楽しみ♪」



ガチャッ


江ノ島「あ、おねーちゃん? 今絶望的に忙しいから後に」


宗方「それは悪かったな。だが安心しろ」


チャキッ

スラッ……

宗方「……そう時間はとらせん」


江ノ島「…………あれ。…………おっかしいなぁ……なにやってんだあのホモ」


逆蔵「ホモだと? そりゃ、俺のことか?」

江ノ島「ちっ、そーだよこの乙女チッククソホモ野郎。なにぃ……もうホモバレしていいわけぇ?」

逆蔵「バカが。逆なんだよ」

江ノ島「……は?」

宗方「俺から告白した」

江ノ島「………………は?」

逆蔵「俺たちは、もう既にアベックだ! てめぇの脅しなんてきかねぇ!」

宗方「……逆蔵」

逆蔵「宗方……」


江ノ島「おぇえええええええぇええ!!! 私はおねーちゃんと違ってくせー腐女子じゃないっつーの!!! 気持ち悪いもん見せんな!! マジ絶望的ぃ!!!」


宗方「逆蔵……」

逆蔵「宗方…………」

宗方「逆蔵っ逆蔵ぁっ!」

逆蔵「宗方ぁっあっあぁあああうぅうんっ」




雪染「…………」




雪染「これは、希望で始まって、ホモで終わる物語」


雪染「え、じゃあバッドエンドかって?」


雪染「ふふ……さぁ、どうかしら…………」














御手洗「……成功だ。この希望のホモビで、宗方さんをホモにできた。これを全世界に流せば…………!!!」

詐欺師「やめろ」








おわり。











七海「………………ん、…………ぁ……ぇ……ここ、は」


カムクラ「気がつきましたか」

七海「!? 日向くっ……ぅぐ」

カムクラ「私の才能の全てをつぎ込んで、あなたを蘇生しました。……しかし、まだ動かないほうがいいでしょう」

七海「日向くん……私のこと、覚えて……? それで、私を」

カムクラ「残念ですが、私は今の私になる以前のことを、全て消去されています」

七海「……もう、思い出せないの……?」

カムクラ「…………あなたには、やってほしいことがあります」

七海「私に……?」

カムクラ「……私と一緒に作って欲しいのです」



カムクラ「みんなを、絶望から」





カムクラ「ホモへと更生させるプログラムを」

七海「」

カムクラ「私にとって、絶望とホモ、どちらがより予測がつかないのかを、確かめるために……」

七海「」

カムクラ「……? 七海さん……? 七海さん、七海さん。気を確かに。七海さーーーーーん」






七海(…………絶望的だ……)





おしり。




絶望が足りない……

みんなも、もっともっと七海さんをぐちゃぐちゃにしないと、不満みたいだね……



誰か、もっともっと七海さんをいじめ抜くSSを書いてくれないかな……あと、こういう絶望的な内容の薄い本を描いてくれないかな……?



では、また。


ひどい言われようだね……あぁ、絶望的だ……

こんなに絶望させてくれるなんて、キミは素晴らしいね

できれば、ならどんなリョナ、拷問、鬼畜行為があるとよかったのか、具体的に教えてもらえると、もっと絶望できるんだけどなぁ……


あ、リョナは嫌って人は、帰ってどうぞ

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2017年04月13日 (木) 12:31:24   ID: 2cBi8jdz

終始クサイSSだった
ギャグSSとして見ればまた何か別の何か変な何かがあったかも知れない

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom