吹雪「彼らこそはアベンジャーズ」 (379)

アイアンマン「人間の姿をした軍艦?いいキャッチコピーじゃないか」 アイアンマン「人間の姿をした軍艦?いいキャッチコピーじゃないか」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460262919/)

こちらの続編となります
※登場キャラクターはすべて実写映画版です
※前作から約半年がたっている設定です
※登場キャラクターやセリフの元ネタなどを随所に入れていきます

ある程度書き溜めしているので投下していきます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1472892739

呉鎮守府 食堂


トニー「で・・・どこまで話したっけ?」

トニー「ああ、向こうの世界の敵拠点を襲撃したところだったか」

トニー「今回も楽勝だった」

トニー「ただ、その時はな・・・」

......
....
..
.


南西海域 深海棲艦拠点


烈風X「」キィィィイイイイ….

ヴゥゥゥゥウウウウンッ 

ヲ級・ヌ級「オォォォ…アァァ…」ズガガガッ

ゴボゴホッ…

赤城『敵空母、壊滅しました。今より残存している敵戦闘機を私と加賀さんで殲滅します』

トニー「了解。ジャーヴィス、上から見てどうだ?」

ジャーヴィス『制空権はほぼこちらのものです。ですが海上部隊の付近に敵の大多数がいます』

トニー「よし、僕は海上部隊の応援に行く。空は任せた」ドシュゥゥゥゥッ!

加賀『任せてください』

----------------敵拠点正面 敵防衛ライン


木曾「相変わらず数だけは一級品だな!」ピピピ…

イ級群「ガァァアアアッ」

    ピーッ

木曾「よし!ロック完・・・」

     カッ 

ゴロゴロ…

ピ
    シ
    ャ
    ァ
   ァ
    ァ




    !!
 

イ級群「ゲァァァアアアッ!?」ヴァチチッ

  プスプス…

?「ふぅ、すこしは片付いたか」

木曾「・・・」

木曾「あのなソー!今のは俺の獲物だったんだぞ!?」

ソー「む?そうか、それはすまなかったな」

木曾「まったく・・・」

ソー「そう細かいことで怒るな」

木曾「お前なぁ・・・」

金剛『ヘーイ、キッソー!こっちにエネミーまだいるから手伝って欲しいデース!』

木曾「!」

木曾「わかった!今行く!」

木曾「行くぞソー!」バシュゥゥゥッ

ソー「ああ!」 ブンブンブンッ バヒュゥーンッ

木曾(いつみてもこの飛び方はシュールだな)

>>5 シュールな飛び方

ソーはハンマーを振り回してそのハンマーに引っ張られるように飛ぶ

--------------------

ル級「ガァァァアアッ!!」ドォォンッ!

金剛「ッ!」ガァンッ

レ級「ハハ…」ジャキッ

金剛「しまっ・・・」

金剛(盾の側面を・・・)

木曾「金剛ぉ!」バシュゥゥッ!

ソー(まずい!間に合わん!)ヴァチチッ

レ級「ガァッ」ズドンッッ!

金剛「Shit!」







?「Lunguage!」バッ

   ギィンッ

レ級「!?」

木曾「!」

木曾(隙ができた!今だ!)

木曾「食ら・・・」ピーッ


バシュゥゥゥゥゥッ!


長門「大丈夫か!」ジャコンッ キュィィィィッ…
     
     グァッ
    ズガァアンッ

レ級「ゲァァアッ!」ドギャッ

ソー「ハァッ!」カッ

 ピシャァァァアアッ!

ル級「ゴァァァアァアア!」ヴァチチッ!

ソー「相変わらずその鉄拳には惚れ惚れするぞ、長門」

長門「雷様にそう言ってもらえて光栄だ」

ソー「できればソーと呼んでもらえないか?」

>>7 >>8

「Shit!」 「language!」

アベンジャーズ エイジオブウルトロンの名言(?)
Lunguageは口が悪い人に対してよく使われる言葉
吹き替えだと口が悪いぞ!だったが、直訳すると口!って言ってる感じ
https://m.youtube.com/watch?v=8Zxl16CU_S0

スティーブ「艤装というよりはホバークラフトだが・・・もう陸上と変わらない動きができるようになった、大丈夫だ」

トニー『ちょっとまった、こんな時にまでキャプテンがお説教した件は無視か?金剛』

金剛「アハハ・・・」

スティーブ「はぁ・・・しばらく言われそうだ・・・」

------------------------------

トニー「ジャーヴィス、海上の敵はあとどれくらい残っている?」

ジャーヴィス『残りは逃走中の敵のみです。提督とMs吹雪が追っています』ピピピ

ジャーヴィス『トニー様!ロジャース様とMs金剛のすぐ近くに潜水艦を検知しました!』

トニー「位置は?」

ジャーヴィス『レーダーに表示します』

トニー「・・・ふむ」

--------------------------------

トニー『キャプテン、八時の方角に盾を向けてくれ』

スティーブ「こうか?」 ┣⊂ サッ
 
トニー『金剛、キャプテンのように盾を4時の方角に向けろ』

金剛「こんなカンジ?」サッ つ┫

トニー『よーし、そのまま・・・!』キュィィィィイ…

      ヴァゥゥゥンッ

                 ギィンッ 
      

  ギィンッ

        ズガンッ!


潜水棲姫「ガァァアッ!?」ザバァッ

木曾「うおっ!?こいつこんなところまで来てやがったのか!あぶねぇな!」

トニー『決まったな』

金剛「ピンボールみたいデース!」

シュゴゴゴゴ…

トニー「弾はリパルサーだけどな、今のはハイスコアだな?」

スティーブ「戦場でふざけるな・・・スターク」

ピピピッ

提督『こちら提督、逃走していた深海棲艦を全て撃沈した』

吹雪『敵影無し!すぐにそちらに向かいます!』

スティーブ「了解だ。さて・・・」

スティーブ「お前がこいつらのボスだな?」

潜水棲姫「グ・・・・」

潜水棲姫(コレガ・・・ココ数ヶ月デ突如現レタト言ウ最強艦隊・・・)

潜水棲姫(コレホドダナンテ・・・聞イテナイ・・・)

長門「さて、どうする?」ジャキッ

潜水棲姫「フンッ・・・私たちに勝ったところで・・・」

       バキッ

潜水棲姫「プゲ」バシャッ

ソー「こいつらには降伏という物がないのか?」

スティーブ「さ、任務完了だ。連行しよう」

トニー「全く、こいつら見かけによらずに重いんだぞ・・・深海でダイエットが広まってほしい所だ」

長門「あとはこちらの世界の軍隊に任せておいてくれ、直に回収チームが来るはずだ」

提督『全員ご苦労様だった』

吹雪『みなさんお疲れ様さまでした!鎮守府でゆっくりしていってください!』

スティーブ「少しだけ邪魔させてもらおう」

ソー「勝利の宴を開かないとな!」

加賀『宴会をするのはいいですけど、鎮守府のお酒を飲み干さないでくださいね?』

赤城『私達より食べますからねソーさん・・・』

ソー「戦いの後はたくさん食べるに越したことは無いからな!」

木曾「それについては同意だ!」

     ハハハハハ…

......
....
..
.

明石「ははは・・・これからはキャプテンさんの前で汚い言葉はつかえないですね」

トニー「ああ、説教されるぞ?」

スティーブ「まぁ・・・なにはともあれ作戦は成功した」

スティーブ「それじゃぁ、僕は元の世界に戻るよ。ジャーヴィス」スタスタ

ジャーヴィス『次元転送装置を起動しておきます』

明石「あ・・・お疲れ様です」

吹雪「・・・・・」

吹雪「キャプテンさん、戦いが終わるとすぐに帰ってしまいますね・・・大した休憩も取らずに・・・」

今回はここまでとなります
不定期更新ですが、最後まで付き合っていただけたら幸いです

>>8>>10の間に入れるはずだった一文を入れ忘れていました、すいません

木曾「・・・」

長門「木曾、なんかあったか?」

木曾「いや・・・なんでもねぇよ・・・」

?「危ない所だったな、金剛」

金剛「スティーブ!助かりマシタ!」

スティーブ「気にするな」フィィィィイインッ

長門「艤装はもう慣れたのか」

誤字や脱字ならまだしも、文章丸々載せ忘れは致命的ですね...
立て直しても大丈夫でしょうか?

この程度なら全然OKよ

>>25そうですね、混乱を招きそうなのでやめておきます
前回から見てくださってる方がいて嬉しい限りです
では、続きを投下していきます

トニー「気まずいらしい」

明石「気まずい?」

トニー「別次元とはいえ元敵国の軍艦の魂が人となった存在に対してなんたらかんたら・・・」

トニー「戦ってる時ならともかく、こういう場での会話は苦手だそうだ」

トニー「頭の固い老人はすぐこうだ、細かいことをいちいち気にする」

明石「いいすぎですよトニーさん・・・」

長門「私達は全く気にしてないのだがな」

トニー「良いんだ放っておけ」

提督「半年近くも立つんだし、お前みたいに図々しいほど馴染んでもらいたいものだな」

トニー「図々しいは余計だ」

明石「もう半年ですか・・・今は当たり前みたいにしてますけど、よく次元転送装置なんて完成させましたね・・・」

トニー「前にも言ったろ?僕はトニー・スタークだって」

明石「すっかり決め台詞ですね・・・」

金剛「ヘイトニー!今向こうのmemberは何してるデース?」

金剛「ワタシ、ナターシャにお化粧教えてほしいネー!」

トニー「さぁね、今頃どこかでスパイ活動でもしてるんじゃないのか?」

金剛「Veryなげやりネー・・・」


赤城「私はまたバートンさんに弓技を教えてもらいたいですね」

加賀「彼に的当てで勝つのが当面の目標です・・・」

木曾「あいつおかしいよな・・・あんたらが射った矢をことごとくアーチェリーで打ち落としてたぞ」

提督「うちの一航戦も大概だが・・・上には上がいるもんだ」

明石「バナー博士は・・・工廠にたまに研究を手伝いに来るだけで、戦闘には参加しませんね・・・」

>>29
ナターシャに~
アベンジャーズのメンバー
本名はナターシャ・ロマノフ(もっと長い名前が別にある)
通称ブラック・ウィドウ
世界クラスの身体能力、知力、射撃能力を持っている
ロシアのレッドルームアカデミーというところでスパイとして訓練されている
昔に名の知れた殺し屋(?)としてS.H.I.E.L.D.に命を狙われるも殺しに来たバートンは彼女を殺さなかった
詳しくは描かれてはいないが、その後ナターシャは改心。過去の行いを償うためにS.H.I.E.L.Dで活動している
演じているスカーレット・ヨハンソンは超美人
ありえないほど妖艶

>>30 バートンさん~
同じくアベンジャースのメンバー
本名クリント・バートン
通称ホークアイ
人間の限界レベルの弓の腕を持っており、身体能力も極めて高い
弓と矢は特別性であり、背中に背負った矢筒に放つ矢に爆薬、ラぺリング装置などといった様々効果を付与するギミックが付いている
S.H.I.E.L.D.のエージェントでナターシャとは親友。クリントのとある秘密を知っている
ありえないほど俊敏

トニー「バナーは戦いたがらないからな・・・今のところハルクが必要な局面はないし、このままでいいさ」

明石「ちょっと見てみたいですけどね・・・映像じゃなくて生で・・・」

トニー「わかるぞその気持ち」

木曾「マッド共が・・・」ハァ…

ピピピ

トニー(ジャーヴィスからメール・・・またか?)

〔次元転送装置に異常が発生しました。〕

トニー(クソッ・・・)

トニー「ちょっとだけ席を外す。ソー、僕の分の酒まで飲むんじゃないぞ?」

......
....
..
.

工廠 地下 次元間移動室

トニー「今度はどこが悪いんだ?」

ジャーヴィス『次元転送装置周辺の磁場や空間に小さな歪みができています』

ジャーヴィス『ですが、前回よりもその幅は大きくなっています』

トニー「異常が起こる前になにか前兆とかはあるのか?」

ジャーヴィス『皆無です。突発的でパターンが存在しません』

ジャーヴィス『装置周辺が不安定な状態です』

トニー「他にも言いたいことがありそうだな?」

ジャーヴィス『装置内部に・・・0.1秒にも満たない間でしたが、コンピューターにも似た一種のコードが流れていました』

ジャーヴィス『これが観測されたのは今回が初めてです』

トニー「つまりこの装置に何者かがハッキングを仕掛けてるっていうのか?」

ジャーヴィス『否定はできません』

トニー「・・・」

トニー「対抗策を考えておく、また異常があったらすぐに知らせろ」スタスタ

ジャーヴィス『はい、トニー様はこのまま宴会をお楽しみください』

トニー「楽しむ気分じゃなくなったけどな」スタスタ

----------------------


トニー達の世界 ワシントンD.C S.H.I.E.L.D.本部 トリスケリオン 危険観測室


 ピピピッ ピピピッ

職員A「!」

職員A「謎の物体がハワイ沖付近に現れたところを人工衛星がとらえました!」

職員B「どれ、写真を見せてみろ・・・」

職員B「・・・!」

職員B「今すぐにフューリー長官に連絡しろ!」

-------------------------

艦娘達の世界 呉鎮守府 食堂

木曾「ん゛ん゛ん゛ん゛っ・・・」ギリギリ…

木曾「っはぁ!どうなってんだこれ!?動きもしないぞ!?」ゼェゼェ

ソー「ハッハッハ!ふさわしくないな!」

提督「艤装を装着しても駄目とは・・・普通に机の上に乗っているのにな・・・」

木曾「ソーの指紋に反応してるんだろ?きっとそうだ」ガションッ

長門「艤装フル装備しておいてよく言うよ・・・」

赤城「長門さんは持ってみないんですか?」

長門「いや私は・・・遠慮しておこう」

加賀「みんな試してみたのよ?あなたもやってみたらどうです?」

長門「よし、そこまで言うなら」スクッ

木曾「行け長門―!」

ソー「フフンッ、無理だな」

長門「・・・ふっ!」ギリッ

ムジョルニア「」カタッ

ソー「」

長門「ふんんん・・・!」ギリギリ…

長門「お手上げだ」パッ

ソー「ハハ・・・残念だったな・・・ハハッ・・・」

吹雪「今少し動いたような気が・・・」

トニー「机じゃないか?」

ソー「ああ!机が動いていた!」

吹雪「気のせいでしたか・・・」

トニー「ソーには悪いが、絶対何か仕掛けがあるだろう」

木曾「クソみたいなのがな」

金剛「Oh,キッソー!汚い言葉使ったらスティーブに怒られマース!」

木曾「おっといけねぇや」ハハハ

ピピピッ ピピピッ

提督「館内放送?ジャーヴィスか?」

ジャーヴィス『お楽しみのところ申し訳ありません』

ジャーヴィス『深海棲艦が出現したとの情報がありました』

提督「誰からの情報だ?」

ジャーヴィス『S.H.I.E.L.D.からです』

明石「え、フューリー長官ですか?」

木曾「おいおい、なんでわざわざ向こうの世界から情報が・・・?」

提督「海域は?」

ジャーヴィス『目撃された海域は・・・』

















ジャーヴィス『トニー様側の世界のハワイ沖です。まっすぐ東京湾に向かっているとの情報が入りました』


        「!?」
 

トニー「なんだと・・・」

今回ははここまでです
次回は未定です

オマケ
ソーのハンマー上げ
https://m.youtube.com/watch?v=jyJulKJIHlI

戦うウィドウ
https://m.youtube.com/watch?v=0Hk9-xpTaEw

ホークアイ特集
https://m.youtube.com/watch?v=YiRDEglrAmM

提督「一体どうなっているんだ!?なぜこちらの世界の敵がスターク達の世界に!?」

ジャーヴィス『原因などについては一切不明ですが、姿形は完全に深海棲艦です』

ジャーヴィス『通常攻撃が一切効かない点も同じで、至急敵上空に待機させてあるヘリキャリアに転移してきてほしいとのことです』

ジャーヴィス『幸いにも敵戦力は駆逐イ級が2体に戦艦ル級が1体と極めて小規模です』

ジャーヴィス『そして、トニー様達に話を聞きたいので本部の方にも来てほしいとの話も聞いております』

木曾「ま、来るはずのない向こうの世界の敵が現れたら事情を聴きたくもなるよな」

トニー「・・・」

提督「よし、敵殲滅は赤城と加賀の航空機で事足りるだろう。それ以外の皆はバックアップとしてヘリキャリア内部で待機だ」

提督「俺が指揮に入らなくても大丈夫そうか?」

長門「この程度なら問題ない」

提督「俺はスタークとS.H.I.E.L.D.の本部へ先に向う。全員頼んだぞ」

     「「「「了解!」」」」

ソー「俺はアスガルドに戻って原因を探ってみる」

トニー「どんな些細な事でも教えろ。頼んだぞ」

トニー「明石も装置になにか異常を検知したら残らず記録しておけ」

明石「はいっ!」

......
....
..
.


トリスケリオン 次元間移動室 

バチチチッ ヴゥゥゥゥン... 


?「来たか・・・スターク、提督」

提督「お久しぶりです、フューリー長官」

トニー「全く、ここの入口は狭いな・・・」

ニック・フューリー「贅沢を言わないでくれ、部屋に空きがなかったんだ。で、他の連中はどうしたんだ?」

>>55 ニック・フューリー

本名 ニコラス・ジョセフ・フューリー
通称フューリー長官 

S.H.I.E.L.D.の長官であり、ヒーローたちを束ねてアベンジャーズ誕生のきっかけを作った人
有能かつ冷酷だから長官になったとキャプテンアメリカ2で語られており、時には冷酷な判断も迷うことなく下す
だがすべては人命を守るためであり、必ずしも人間性に欠けているわけではない
武器の扱いにも長けており、アベンジャーズ、キャプテンアメリカ2では銃撃されながらも反撃し、敵を撃退していた
ありえないほど凄腕

トニー「戦闘員は日本沖近くで敵を迎え撃つためにヘリキャリア側に転移させた。ソーは自分が元いた世界に調べに行ったよ」

トニー「で?話っていうのは何だ?ニック」

フューリー「・・・深海棲艦がハワイ沖に出現したとき、ハワイ島周辺の磁場が大きく歪んだ」

フューリー「君たちがその装置を使ってこちらに来る時と同じような波長だった」

トニー「つまり・・・僕が開発した転送装置と全く同じものを敵がもっているって言いたいのか?」

フューリー「そうとは言っていない。だが、君の装置と何らかの関係があることだけは確かだ」

フューリー「そっちの装置に何らか異常が出ていたりはしないか?」

トニー「・・・少し前に、僕も同じものを観測した」

トニー「わずかなブレだったが、空間に歪みができていた・・・だが、これの原因が全く分からない」

トニー「それに、ハッキングと言えるものではないが・・・何らかのコードに似た情報が装置内に流れたこともあった」

フューリー「コード?」

トニー「本来装置に組み込まれているはずのない謎の情報だ。発信元は不明」

フューリー「・・・こちらでも探りを入れてみる」

フューリー「とりあえず、提督達は無関係の事が分かった。呼び出しておいて悪いが、このまま戻ってくれ」

提督「了解。それでは私はこれで失礼します・・・ですがその前に」

フューリー「なんだ?」

提督「今度こういった事態が起きたことを考え、我々の世界にある歩兵用対深海棲艦装備を少しお分けしましょうか?」

フューリー「それは助かる。手続きの書類があるから少し待っててくれ、今持ってくる」クルッ スタスタ

トニー「フッ、S.H.I.E.L.D.も大変だな、何をするにも書類書類・・・敵と戦う前に書類の山と戦わなくちゃならない」

提督「スターク・・・」

トニー「皮肉は回転のいい頭の副作用みたいなもんだ。大物の証さ」

提督「大層な大物だな・・・」

......
....
..
.

ハワイ沖上空 S.H.I.E.L.D.製 ヘリキャリア 甲板


赤城「敵を捕捉。攻撃します」

加賀「鎧袖一触よ」

赤城・加賀「ジェリコミサイル発射!」

----------------------------

流星X「」キィィィィィ…

 パシュゥゥゥッ
    ババババババシュンッ
       ヒュルルルルルル…

ズガァァァァァァァアアアッ!

ル級・イ級「ゲァァァァアアアッ!?」

ボコボコ…


---------------------------------------

赤城「目標沈黙。敵は全て掃討しました」

加賀「さすがに為す術もなかったようね」

赤城「こちらの攻撃が普通に効くようで安心しました。そちらに戻ります」

長門『ご苦労だった。職員たちが暖かい飲み物を用意してくれている、戻ってきてくれ』

赤城「ありがたいですね、今すぐ戻ります」

ヘリキャリア内部 カフェテリア

吹雪「そうですか・・・攻撃は普通に効いたんですね・・・」

加賀「ええ、別世界だから勝手が違うのかと思っていましたが・・・」

長門「ますます原因が分からないな・・・」

スタスタ… コトッ

吹雪(あ、おいしそうなクッキー・・・誰だろう?)チラッ

?「Good job ladies. It’s on me」フリフリ

吹雪「・・・?(怖そうな人・・・)」

木曾「翻訳機入れ忘れてるぞ、吹雪」

吹雪「あっ、うっかりしていました・・・」カチッ

?「こっちの攻撃がまるで効かないもんだから焦ったぜ。お嬢さん達、いつもあんなのと戦ってるんだな、大したもんだ」

加賀「ありがとうございます。ですが、これくらいなら朝飯前です」

金剛「素敵な差し入れthank youネー!what your neme?」

ラムロウ「ラムロウだ、ブロック・ラムロウ。対テロ部隊S.T.R.I.K.E.チームの隊長だ。よろしくな」

吹雪(た、対テロ・・・)ゴクリ

ラムロウ「あんたらが駆けつけてくれなかったら、こっちのチームの誰かがやられていたかもしれない」

ラムロウ「だからこれはチームを代表してのお礼だ、どうぞ食ってくれ」

赤城「それではお言葉に甘えて・・・」

ラムロウ「そうだ、長門・・・でいいんだよな?」

長門「なんだ?」

ラムロウ「うちの所の研究チームにあの化け物どもの事について知りたがっている連中がいる」

ラムロウ「こっちの世界に現れた以上、やつらの事を知っておかないといけないみたいだしな」

ラムロウ「食べ終わったらでいい、知ってる限りの情報をあげてやってくれないか?」

長門「ああ、わかった」

ラムロウ「OK、また後で来る」スタスタ

木曾「・・・別に今行ったとしてもお前の分のクッキーはちゃんと取っておいてやったぜ?」

長門「私はそんな食い意地はってないぞ!」

金剛(キッソー・・・だんだんトニーに似てきてるネー・・・)

......
....
..
.


ヘリキャリア ???


ラムロウ「彼女は呼び出せた・・・あとでこっちにつれてくる」

ラムロウ「そっちの準備は?」

?「問題無い・・・すぐにでも始めよう・・・」キィィィィ…ン…

?「これで・・・奴らは内側から引き裂かれる・・・」

?「なんでアベンジャーズが強いか知っているか?」

ラムロウ「超人共を集めればそりゃ最強になるさ」

?「奴らはな・・・」

?「”集結”するからこそ・・・強いんだ・・・」

?「この意味が解るか?」

ラムロウ「・・・」

?「集結さえしなければ・・・奴らがまとまりさえしなければ・・・」

?「我々を邪魔するものはいなくなる・・・」

?「すでにこれの力は彼に組み込んである。彼は世界中どの機械にも潜り込めるにようになった・・・」

?「あとは彼の構築したアルゴリズム通りに世界をヒドラそのものに代えるだけだ・・・」

?「祝おうではないか、秩序に結ばれた世界の誕生を」

?「HAIL HYDRA…ラムロウ」

ラムロウ「HAIL HYDRA…ストラッカー閣下」

バロン・フォン・ストラッカー「ハハハ・・・」

>>66 ラムロウ

本名 ブロック・ラムロウ
S.H.I.E.L.D.の対テロ部隊S.T.R.I.K.E.チームのリーダー
S.H.I.E.L.D.に扮したヒドラの攻撃部隊であり戦闘能力はかなり高い
のちにクロスボーンという名のヴィランとなってキャップを襲う

>>71 バロン・フォン・ストラッカー

ヒドラの幹部であり、S.H.I.E.L.D.の幹部でもある
キャプテンアメリカ2の最後でS.H.I.E.L.D.が崩壊した後にお出ましするが、おそらく崩壊前はS.H.I.E.L.D.で普通にふるまってたと思われる
違法な人体実験をしており、極めて冷酷かつ残忍
頭が非常に良いと思われ、アベンジャーズ2では世界の流れをよく読んでいたとある人物に言及されている

>>71

HAIL HYDRA

読みはハイル ヒドラ
ヒドラ党員の掛け声
散るとき、士気を高めるときなど色々な時に使われる

今回はここまでになります
ここからは映画の独自解釈による設定などが組み込まれていきます
ご注意ください

スーサイドスクワッドがとうとう公開されましたね
自分はもう見ましたがとても面白かったです
ジョーカーはヒースレジャーのジョーカーとはまた違った良さがありました

そしてシビルウォー、PS4のストアで待ちきれずにレンタル開始前に見てしまいました
やっぱ最後の戦いは何度見ても来るものがあります

それではおやすみなさい








......
....
..
.


トリスケリオン 次元間移動室


提督「そうか、敵はあっけなく倒せたと・・・」

長門『ああ、今まで戦ってきたのと変わらないいつもの敵だった』

長門『まるで・・・この世界に元からいたかのようだ・・・』

提督「そうか・・・」

トニー「お菓子食べながら談笑している声が聞こえるのは気のせいかな?」

長門『そ、それはだな・・・感謝の印にと、ラムロウという男に奢って貰ったんだ』

トニー「そりゃよかったな、こっちはむさい男二人と書類仕事をしていたよ」

提督「むさくて悪かったな」

長門『えっとそれは・・・すまない』

提督「お前も謝るな」

長門『でだ、もうしばらくしたらS.H.I.E.L.D.の研究者に深海棲艦についての情報を教えに行くところだ』

提督「了解した。こちらは先に戻っている」ピッ

提督「一時はどうなるかと思ったが、これで一件落着だな」

トニー「原因は解ってないし、また現われるかもわからない。一件落着とは言えないな」

提督「ソーが何か見つけたかもしれない。鎮守府で待ってるか」

......
....
..
.


スタスタスタ… 

長門「おっと、ラムロウが来たみたいだ。先に戻っていてくれ」

赤城「いえいえとんでもない、待っていますよ?」

木曾「さすがに置いて行きはしないさ」

長門「そうか、すまないな」

ラムロウ「そろそろいいか?よかったら君らのどっちかにも来てほしいんだが」

加賀「赤城さんと私?」

ラムロウ「ああ、さっきの戦闘を見てその装備について知りたくなったらしい」

加賀「構いませんが・・・たぶんわからないと思いますよ?」

加賀(スタークさんでさえまだ解明には至ってないし・・・)

ラムロウ「なに、ほんの少し見せてやるだけでいいんだ」

加賀「そういうことなら・・・私が行きます。赤城さんはここで」スクッ

赤城「はい、何かわかるといいですね♪」

ラムロウ「まぁな」

長門「それじゃぁ、案内してくれ」スクッ

ラムロウ「ああ、こっちだ・・・」

スタスタ…

木曾「さて、俺らはここでもう少しゆったりとしてるかね」

赤城「この先まだ深海棲艦がこっちの世界にも出るなら頻繁に来ることになりそうですね」

吹雪「こっちの世界は好きですけど、なんだか複雑な気持ちですね・・・」

金剛「一体何が原因なんでショウネ・・・」

吹雪(あれ・・・あそこに歩いてるのは・・・)

吹雪「すいません、すぐ戻ります」スクッ

木曾「迷子になるなよ?」

吹雪「はいっ!」タタタ…

---------------------

吹雪(あの背格好は間違いなく・・・)

吹雪「キャプテンさーん!」ブンブン

スティーブ「・・・?」クルッ

スティーブ「吹雪か」

吹雪「さっき見かけたのでなんでヘリキャリアにいるのかなと思って・・・」

スティーブ「君たちがこっちの深海棲艦に手を割いてられなかった時のために呼ばれたんだ」

吹雪「それなら一声かけてくれればお茶会に誘いましたのに・・・」

スティーブ「何もしてないしそれは悪いと思ってな・・・・」

スティーブ「ところで、僕への用事はなんだ?」

吹雪「私・・・スタークさんから聞きました・・・気まずさから私たちと距離を置いてるって・・・」

スティーブ「!」

スティーブ(スタークのやつ・・・言うなと言ったのに・・・)

スティーブ「ああ・・・確かに僕は君たちとあえて距離を取っている」

吹雪「・・・」

吹雪「何でですか?私たちがかつてあなたの敵だったからですか?」

スティーブ「・・・僕が寝ている間に、アメリカが日本に何をしたか知ってしまった」

スティーブ「僕がまだ氷漬けになっていなければ・・・ハワードを通じてマンハッタン計画を止められたかもしれないのに・・・」

スティーブ「70年前のことを今更と思うかもしれないが、僕にとってはつい最近の出来事のように思えてしまうんだ」

スティーブ「吹雪、こんな僕を誘ってくれてありがとう。君はとても優しい心を持った人だ」

スティーブ「だからこそ僕は君たちと一緒にいる資格なんてない」

スティーブ「すまない・・・」クルッ スタスタ…

吹雪「キャプテンさん・・・」

吹雪「うぅ・・・いったいどうすれば・・・」

     「吹雪か?」

吹雪「!」

長門「そこで何をしているんだ?」

吹雪「長門さんに、加賀さんに・・・ラムロウさん?」

加賀「深海棲艦の情報を共有するために研究室まで行くところです」

吹雪「ああ・・そういえばそうでしたね・・・」

長門「どうした?そんな悲しそうな顔をして・・・何かあったのか?」

吹雪「いえ・・・後で話します・・・」

ラムロウ「悪いなお嬢ちゃん、急がせてるみたいで」

ラムロウ(クソッ、もう部屋はすぐ近くだってのに・・・邪魔だな・・・)

吹雪「深海棲艦の情報についてですよね?それだったら私も力を貸します」

吹雪「情報なら少しでも多い方がいいですし、何かお役にたちたくて・・・」

ラムロウ「そいつはありがたい、是非来てくれ」

吹雪「はい!」

ラムロウ(本当は二人以上連れて行く予定ではなかったんだがな・・・まぁいいか・・・)

長門「・・・」

長門(“ありがたい ”?・・・“是非”?・・・おかしい・・・そう思うならさっき全員に声をかけるはずじゃないのか?)

長門(役立ちたいと思う気持ちをくみ取っての行動か?)

長門(警戒しすぎか・・・)

......
....
..
.



ラムロウ「ここだ」

ガチャッ

ラムロウ「入るぞ」

スタスタ…

加賀「・・・研究員らしき姿が見えませんね」

ラムロウ「あいつらは常日頃何かしらの機械と見つめ合ってるからなぁ・・・」ス…

ラムロウ「大方奥のラボに全員引きこもってるんだろう-----」

   ジャキンッ!

    「!?」

ラムロウ「----よっ!」

     バチィッ!

加賀「ぁぐっ・・・」ドサッ

長門(スタンバトン!?)

吹雪「え・・・えっ!?」

ヒュンッ 

バチチィィッ!


吹雪「う・・・あ・・・」ドサッ

長門(はやいっ!)

ラムロウ「ハァッ!」ブンッ

長門「ぐっ!」サッ

ラムロウ「ほぉ、やるじゃねぇか」ヒュンヒュンッ

ラムロウ(ちっ、やっぱり不意打ちで仕留められるのは二人が限界か・・・)

長門「う・・・」ジリ…

ラムロウ「怖いかお嬢ちゃん?スーツがないとただの女か?」

ラムロウ「大声だして逃げても無駄だぜ?ここは防音だ・・・」

ラムロウ「さて・・・次は本気だ・・・避けれるかなぁ?」ザッザッザッ

長門「くそっ・・・」

ザッザッザッ…

長門(思い出せ・・・新型艤装をつけ楽に敵を倒せたその前・・・!)

ラムロウ「オラァッ!」ブンッ

長門「ふっ!」サッ

ラムロウ「なっ!?」スカッ

長門「ハァッ!」バオッ!

バキィッ!

ラムロウ「ぐふぁっ!?」

ラムロウ(反撃だと!?)

ラムロウ「クソアマが・・・!」ジャキンッ ヴァチチッ

長門(思い出せ!)ス…

ラムロウ「くたばれぇぇぇっ!」ダッ!

長門(敵戦艦との緊迫した殴り合いを!)

長門「あああ!」グァッ!

     ドゴォッ!!

ラムロウ「カッ・・・!」フラッ…

    ドサッ

長門「はぁっ、はぁっ・・・」

長門(た・・・倒せたの・・・か?)

長門「ふぅ・・・今度ロジャースにスパーリングを申し込んでみるか・・・」

長門「しかし・・・まさかS.H.I.E.L.D.に裏切り者がいるとは・・・」

長門「二人を起こして今すぐ知らせに行------」











         


             パチ…

長門「!?」バッ





パチ…パチ…
   パチ…パチ…




      「実にお見事だ」パチ...


ストラッカー「まさかラムロウを殴り倒すとは・・・思わず拍手を送ってしまった」

長門「誰だ!?」

長門(なんだ・・・あの男の持っている光る杖は・・・!)

     ググッ....

    「やられたわけじゃねぇ・・・」

ラムロウ「油断しただけだ・・・!」フラッ

長門(そんな・・・もう起き上がってくるなんて・・・!)

ラムロウ「やってくれたな・・・」ビキッ

長門「お前らは何者なんだ!?何が目的だ!?」

ストラッカー「我々の目的は世界に秩序をもたらすことだ・・・」ス...

         カツ... カツ...

長門(ここまでか・・・)

ストラッカー「さぁ・・・君にもその手伝いをしてもらおうか」キィィ…

長門「ぐ・・・」

長門(提督・・・みんな・・・)ゥ゙ゥン…キュィィ…

>>101 光る杖

ロキの杖の事
マインド・ストーンという宇宙に6つあるインフィニティストーンの一つ
心を持つものを操る力があり、ロキはこの力を使いバートンを自分の僕にしてしまった
また、人に何かしらの力を与えることもでき、ワンダに超能力、ピエトロに超スピードという特殊能力も与えていた
現在ではヴィジョンの額に収まっている
キャプテンアメリカ2でヒドラの手に渡っていることが発覚
アベンジャーズ2でトニーは「S.H.I.E.L.D.崩壊以来ずっと探してたもんな」と言っていた
いつごろにヒドラの手に渡ったのかは不明。ひょっとしたらドラマに描かれていたかもしれない・・・


自分の推測ですが、キャプテンアメリカ2の頃にはすでに強化実験を成功させていた為
アベンジャーズ1からそう遠くないうちにヒドラの手に渡っていたと考えています
(ヒドラとS.H.I.E.L.D.はほぼ一体化している為)

今回はここまでです
次回の更新はかなり先になってしまいそうです
それではおやすみなさい

新しい艦娘についてですが、自分の技量的に出せして生かせるかどうか心配なので今は保留中となっています
すいません

オマケ キャプテンだったらこうだった

最後の方でエレベーターの天井に叩きつけられてるのがラムロウです
イケメンですよね
ヴィランが大好きらしく、この役を取った時に狂喜乱舞したそうです

https://m.youtube.com/watch?v=jqIBGEcKhGs

.....
....
..
.


 ヘリキャリア内部 カフェテリア

赤城「みなさん・・・遅いですね・・・」

木曾「なんだかんだでもう一時間は経ってるな・・・」

金剛「ちょっとした報告程度だと思っていたデース」

木曾「こっちの研究員も新しいものには目がないみたいだな」ハハハ

   スタスタ…

木曾「お、言ったそばから戻って来たな」

金剛「さ、back to homeしまショー!テートク達も待ってるネー!」

赤城「長引いてしまったようですね、お疲れ様でした」

加賀「・・・」

加賀「ええ、ありがとう赤城さん」ニコッ

吹雪「やっぱり研究員さん達、航空機を見て頭を抱えていましたよ」フフッ

木曾「ふっ、そりゃそうだろうな」

長門「待たせてしまってすまないな」

木曾「待ちくたびれたぜ。さぁ行こう」スッ

赤城「なんだかうれしそうな顔してますね加賀さん?」スタスタ…

加賀「ええ、素敵なことを教わったので・・・」スタスタ…

-----------------------------------

ヘリキャリア  ???


ストラッカー「これで準備は整ったぞ・・・ゾラ」

ゾラ『時は来た。ご苦労だった、ストラッカー』

ゾラ『この杖の力は実にすばらしい・・・まるで神になった気分だ・・・』

ストラッカー「だろう?それで、次はどうする?」

ゾラ『・・・・・』

>>111 ゾラ

本名 アーニム・ゾラ

ヒドラの科学者で天才的頭脳を持つ
レッドスカルの部下でヒドラの武器製造に大きく貢献している
キャプテンアメリカ1の後ゾラは捕虜にされ、第二次大戦後のペーパークリップ作戦(ドイツの有能な科学者を集める作戦)でS.H.I.E.L.D.の元で科学者として雇われる
その後ゾラは寄生虫のごとくS.H.I.E.L.D.の中でヒドラを育てつつも1972年に死去
だが、ゾラの頭脳はデータパンクとして残されニュージャージーのアメリカ陸軍基地の地下に置かれていた



......
....
..
.


鎮守府

ヴァチチッ ヴゥゥ゛ン…


明石「あっ、みなさんお帰りなさい」

トニー「やっと戻って来たか。てっきり僕らを忘れてそのままティータイムにいそしんでるのかと思ったよ」

木曾「帰ってきてそうそうお前の皮肉か・・・気が滅入るぜ」

金剛「待たせたお詫びにspecialなcurry riceつくってあげるネー!」

トニー「そう来なくっちゃ」

ジャーヴィス『お疲れ様でした皆様』

提督「こうしてみんな入り口で待っていたんだ、スタークだって本音じゃないさ」

トニー「本音は7割ってところかな」

提督「スターク・・・」

赤城「まぁまぁ・・・私たちだって本当に待たせてしまいましたから・・・」

トニー「それで明石、何か進展はあったか?」

明石「いえ・・・計器などに異常は見受けられなかったです・・・」

トニー「進展は無しか・・・」

明石「その代わりと言ってはなんですが・・・頼まれていた品物の調整、終わりましたよ!」

トニー「やるじゃないか、やっぱり君は優秀だよ。これは本音だ」ワシワシ

明石「あ、頭撫でないでくださいよ・・・子どもじゃないんですから・・・」スッ

トニー「これは失礼、君がこんなに恥ずかしがり屋だとは知らなかった」

ジャーヴィス『Ms.ポッツには黙っておきます』

トニー「余計な気は使わなくていいぞジャーヴィス」

明石「とにかく!これは完成しましたけど、できれば使って欲しくないですね」

木曾「せっかく作ったものなんだろ?俺達がありがたく使わせてもらうぜ?」

明石「そういってくれるのはうれしいんですけどこれは・・・」

赤城「またなにか作ったんですか?」

トニー「ああ、今度もまたすごいぞ?応急修理女神を改良してだな・・・」

         バァンッ!

       「!?」

ソー「・・・・」ザッザッザッ…

トニー「なんだソー、扉はもう少し静かに・・・」

      ガッ

トニー「グッ・・・!?」

提督「何をしてるんだソー!?」

赤城「ソーさん!?」

木曾「なんでスタークを締め上げる!?」

明石「ソーさん!トニーさんを離してください!」

ソー「やってくれたな・・・スターク・・・」パッ

       ドサッ

トニー「ったく、言葉を使えよ・・・」ゲホゲホッ

ソー「言ってやりたい言葉なら山ほどあるぞスターク」

ソー「だがその前に、全員を集め会議しなくてはなるまい」

長門「アベンジャーズが全員集まらなければならないほどの事なのか?」

ソー「ああ」

トニー「そういうことなら・・・アベンジャーズタワーに向かおう」

トニー「・・・それでいいだろ?」

......
....
..
.


トニー達の世界 NY アベンジャーズタワー 

  カクテルラウンジ


スティーブ「ここは会議をするに適してるとは思えないが?」

トニー「ここが一番安全かつ人に聞かれにくい。何か飲むか?」

スティーブ「遠慮しておく」

?「で・・・まだ会議は始まらないのかな?」

明石「しりとりでもしますか?バナー博士」

ブルース・バナー「さすがにそれはやめておくよ・・・あれは言葉の墓場だ」

明石「あはは・・・確かにそうですね・・・」

金剛「クリントとナターシャがまだ来ないネー・・・」

フューリー『彼らは別任務中だ。そのうちこちらに戻る』

>>122 バナー博士

本名 ブルース・バナー

物理学・生物有機化学の天才的研究者
キャプテンアメリカを生み出した超人血清のを再現しようとして失敗
大量のガンマ線を浴びてしまい、感情が高ぶると緑色の肌をした巨人、ハルクへと変身するようになってしまう
比類なきパワーを持ち、ジャンプで数百メートル跳んだり、数トンはあろう大岩などを小石のごとく持ち上げてしまう
最初は暴れるだけの化け物同然であったが、バナーが後に制御する方法を見つけ出す
その制御方法は・・・・

キャッチコピーはありえないほど豹変

トニー「居たのかニック?画面が真っ暗なままだと思ったよ。君はいつも黒い服ばかり来ているからな」

フューリー『今回私を呼び出したのは君の皮肉ショーの為か?』

トニー「本題はソーが話してくれる。まぁ、僕の何が悪いのかゆっくり聞こうじゃないか」

ソー「あまり長く話している時間もないがな」スクッ

ソー「アスガルドで世界が今どうなっているのか観測者達に見てもらった」

ソー「単刀直入に言うぞ」





















ソー「世界が・・・融合しかけている」

スティーブ「なに?」

ソー「こちらの世界と、彼女達の時空が混ざり始めているんだ」

提督「・・・それによっておこる弊害は?」

ソー「まざるのは空間だけではない」

ソー「時間軸、事象、過去起きたことも何もかも・・・文字通り世界が混ざりあってしまう」

木曾「えー・・・っと、というと?」

トニー「あったことがなかったこととなり・・・なかったことがあったことになる」

トニー「つまり・・・」




















ブルース「・・・タイムパラドックスだな?」

明石「そ・・・それってかなりやばいんじゃ・・・」

ブルース「やばいなんてものじゃないだろう・・・下手したら僕らの存在も消えてしまうかもしれない・・・!」

ソー「この原因はスタークの作ったあの装置だ」

トニー「・・・僕の次元転送装置がか?」

ソー「あの装置を通じて世界が混ざり始めている」

ソー「あの海の怪物どもがこちらの世界に現れたのはその前触れだ」

ソー「そのうちこの世界に奴らが現れることに対して人々は何の疑問も持たなくなるぞ」

提督「裏をかえせばこっちの世界にお前等の敵が当然のように来ることもありえると?」

フューリー『ひょっとしたら両方かも知れんな』

ソー「お前が理解できないものに手を出すからこんなことになったんだぞ!」

トニー「あれは完成していた!移動する際も数値は安定していた!」

スティーブ「じゃぁ何故こんなことが起きる?」

トニー「わからない・・・ここ最近で急にこれだ・・・まるで僕の装置が悪用されているかのような・・・」 

      































『悪用ではない。有効活用だ』

ビーッ! ビーッ! ビーッ! 

「!?」

赤城「な、なんのアラームですか!?」

トニー「ジャーヴィス、何が起きている?」

ジャーヴィス『何者かニ・・・ハッキ・・・グ・・・ドウか・・・』ザザー

ジャーヴィス『でき・・・』

         ブツンッ

トニー「・・・ジャーヴィス?どうしたジャーヴィス!?」

フューリー『なんだ?一体そっちでなにが・・・』

        ブツッ!

明石「フューリーさんとの連絡も途絶えました!」


フッ


赤城「明かりも消されました・・・」

金剛「真っ暗で警告ランプ以外何も見えないネー!」

長門「・・・・・・」ニヤ…

スティーブ「スターク!いったい何が起きている!?」

トニー「何者かが・・・このタワーのセキュリティを突破したみたいだ・・・」

ブルース「そんなバカな・・・ここはペンタゴンもお手上げのセキュリティだぞ?」

ソー「何者だ!正々堂々姿を現せ!」

       


        『私はここにいる』

           ヴンッ

    『初めましてかな・・・?みなさん』

    『そしてお久しぶりだな、キャプテン』

木曾「なんだ・・・?この画面に映ったメガネの不細工は?」

スティーブ「こいつは・・・」

トニー「知っているのか?」

スティーブ「アーニム・ゾラ。レッドスカルの部下だったドイツの科学者・・・」

スティーブ「とうに死んでるはずだ」

ゾラ『修正1、私はスイス人だ』

ゾラ『修正2、私は不細工ではない』

ゾラ『修正3、よく見たまえ』

ゾラ『私はこの通り・・・生きている・・・』

ゾラ『1972年私は不治の病となり私の肉体は死んだ』

ゾラ『だが天才的頭脳はデータバンクとして残された』

ゾラ『長さ6万メートルのテープでな・・・』

ゾラ『そして科学が発展した現代で私はコンピューターのように進化し・・・‘‘機械仕掛けの神’’となった』

明石「そんなおとぎ話みたいな話が・・・」

ゾラ『君にそれを言われる筋合いはないぞ?1938年生まれの工作艦のお嬢さん』

明石「・・・!」

ゾラ『今は2014年生まれの艦娘の明石って言い方が正しいのかな?』

明石「なぜそれを・・・」

提督(艦娘の情報が漏れている!?こちらの世界でこのことを知っているのは数えられるくらいしかいないはずなのに・・・!)

スティーブ「ヒドラは消滅したはずだ。お前はなぜここにいる?なぜこのタイミングで姿を現した?目的は?」

ゾラ『質問がおおいなキャプテン・ロジャース。順をおって説明してあげよう』

ゾラ『ヒドラは・・・頭を切り落としてもまた二つ生えてくる・・・』

ゾラ『私は神の力を手に入れ、もはやヒドラの理念を一人でも実現できるようになった』

ゾラ『私が君たちの前に姿を現したのは勝利宣言の為だ』

ゾラ『本来ならもっと時間をかけて世界を支配していくつもりだったが・・・艦娘とスタークの次元転送装置のおかげで楽になった』

ゾラ『次元転送装置にアクセスし私の・・・ヒドラの思うがままに世界の事象や歴史を混ぜ合わせる』

ゾラ『深海棲艦をこの世界に呼び出したのも私だ』

ゾラ『ヒドラに不利益なものはなかったものにし・・・利益はさらに増大させる』

ゾラ『それによってヒドラの完全支配が完了した世界が誕生する』

ゾラ『我々の勝ちだアベンジャーズ』

ゾラ『君たちが死のうが生きようが、どちらにしても同じこと』

ゾラ『君たちの勝ちはゼロだ』

スティーブ「ッ!」ブンッ

ゾラ『まぁ待てキャプテン』

スティーブ「!」ピタッ

ゾラ『君が画面を破壊したところで意味はない』

ゾラ『スタークの召し使いが思ったよりも有能だった』

ゾラ『もうじき私はここから追い出される』

スティーブ「!」ピタッ

ゾラ『君が画面を破壊したところで意味はない』

ゾラ『スタークの召し使いが思ったよりも有能だった』

ゾラ『もうじき私はここから追い出される』

ゾラ『タネ明かしはした。君らの頑張りでどれだけ計画を遅らせられるか楽しみにしているよ』

ゾラ『それではまた・・・』


    ヴゥ…ン…

   パッ 

明石「明かりがついた・・・」

      ジジッ…

ジャーヴィス『恐るべきハッキング能力を持った人工知能です・・・なんとか締め出すことに成功しましたが・・・次はこうも行かないでしょう』

明石「ジャーヴィスさん!無事でよかった!」

ジャーヴィス『ご迷惑をおかけいたしました。フューリー長官より通信が来ているので、只今繋ぎます』

         パッ

フューリー『なにがあった!?通信がしばらく切れていたぞ』

トニー「してやられたよ・・・!」バンッ!

ブルース「なんてこった・・・」

スティーブ「スタークの装置をゾラという男が悪用して世界を思うがままに変えようとしている」

スティーブ「だが・・・なぜ僕らはまだ消されていない?」

トニー「やつはまだ完璧じゃないんだろうよ」

提督「完璧じゃないのに勝利宣言する意味は?」

スティーブ「僕らをなんらかの罠にハメようとしているのかもしれない」

スティーブ「さっきの計画とやらもやつのハッタリの可能性だってある」

スティーブ「とりあえず今は守りを固めよう」

スティーブ「スターク、装置のセキュリティを強化しろ」

スティーブ「君がつきっきりで何とかゾラが装置に侵入するのを阻止するんだ」

トニー「言われなくてもやるさ、コケにされたままで終わらせはしない」

ブルース「僕も手伝おう」

明石「私にもやらせてください・・・!」

スティーブ「他の皆は敵が現れるまで待機だ。もしかしたら刺客を差し向けてくるかもしれない」

フューリー『こちらでも何か現実改変の跡がないか常に観測し続けてみよう』

フューリー『何かが解り次第・・・』ピピピ…

フューリー『・・・!』

フューリー『・・・キャプテン、早速だが・・・君の言う刺客とやらが出現したぞ』

スティーブ「もうか!?」

フューリー『あとで座標を送るが、深海棲艦がまた出現した。おまけに今度は前とは比べ物にならない大艦隊だ』

フューリー『観測チームはまたエイリアンが攻めてきたと騒ぎ立てている』

木曾「あのメガネまたなにかしやがったな!」

トニー「ジャーヴィス、装置に何か影響は?」

ジャーヴィス『なにも見受けられません。あらかじめ仕組まれていたものと思われます』

ジャーヴィス『・・・!』

ジャーヴィス『非常事態です。提督達の世界でも大艦隊の出現を感知』

ジャーヴィス『すでに通常の艦隊では太刀打ちできる勢力ではありません。あなた方の出動を要請しています』

トニー「いくらなんでも早すぎる・・・」

スティーブ「二手に分かれて向かうぞ。僕はこちらの世界の敵を相手する」

ブルース「僕の・・・出番か?」

トニー「いいや、バナーは明石と一緒に装置を見ておいてくれ。戦闘は僕が引き受ける」

トニー「頼んだぞ」

明石「は、はい!」

バナー「わかった、ここで装置とおとなしくしてるよ」

フューリー『バートンがもうじき戻ってくる。ジャーヴィスと連絡を取って、戦況しだいですぐにどちらかに向かわせよう』

スティーブ「わかった」

スティーブ「提督、君の所の艦娘を少しばかり貸してもらうぞ」

提督「もちろんだ、指揮は任せる。俺は俺達の世界で戦う。そちらのチームから一人借りても問題ないか?」

スティーブ「ああ、君に指揮を執ってもらおう」

スティーブ「加賀!吹雪!赤城!ソー!君たちの力を貸してほしい。僕についてきてくれ!」

提督「長門!金剛!木曾!スターク!俺達は向こうの世界で戦うぞ!」


      「「「「「了解!」」」」」

今回はここまでです
独自設定、解釈がどんどん多くなっていってます。受け付けられない方がいたら申し訳ありません

まったく本編と関係ない話ですが、東京ゲームショウに行ってまいりました
その時にめちゃくちゃリアルなスパーダーマンのコスプレした外国人を発見し、思わず「AMAZING!」と呼びかけました
スパイディがspectacularと返してくれることを期待したらなんて返したらいいのかわからなくなったのか「I...I'm amazing Spiderman...」と驚いたような答えで返され
ちょっぴり微妙な空気の中一緒に記念撮影しました
彼にはいきなり申し訳ないことをしたなぁと今は反省しています

   スタスタスタ...

ソー「あー・・・スターク・・・」

トニー「なんだ?」クルッ

ソー「その・・・悪かった・・・お前が犯人だと決めつけていた・・・」

トニー「別に?敵がペラペラ喋ってくれたおかげで弁明する必要はなくなったし」

トニー「今は敵がはっきりしたからな」

トニー「だがまぁ、お詫びがしたいなら今度アスガルド最高の酒でも貰うとするよ」

トニー「それじゃ」スタスタ...

ソー「・・・・」キョトン

ソー(あいつ・・・本当にスタークか・・・?)

......
....
..
.



ヘリキャリア ???

ストラッカー「挨拶は済んだのか?ゾラ」

ゾラ『ああ、今から仕上げに向かう』

ゾラ『君も早いとこここから脱出したまえ』

ゾラ『もうすぐこの空飛ぶ要塞も落ちるからな・・・』

ストラッカー「すでに部下たちに脱出の用意させてある」

ストラッカー「コーヒーでも飲みながらここが落ちるさまを見てやるとするさ・・・」

ストラッカー「それでは検討を祈る」クルッ スタスタ...

ゾラ『・・・』

ゾラ『キャプテン・ロジャース・・・今こそ終止符を打とうじゃないか・・・』

........
......
....
..
.



一時間後

艦娘達の世界 鎮守府 クインジェット格納庫

  

提督「さぁ、フューリー長官に座標は教えてもらった。全員乗り込む準備は出来たか?」

トニー「そう急かすなよ、女性は身支度に時間をかける生き物なんだから」

             ザッ

木曾「俺がそんなもんに時間をかける女にみえるか?行くぞ」スタスタ

長門「支度は出来ている、次に必要なものは標的だ」スタスタ

金剛「艤装はすでにジェットの中デスネー?だったらもうall rightデース!」スタスタ

提督「・・・で、なんだって?」

トニー「・・・それじゃ行くか」

パイロット1『クインジェット、ハッチ開きます』

    ウィーン... ゴゥン

提督「よし、みんな乗り込め」

木曾「しっかし楽になったよなぁ、前は燃料ありったけ積んで目的地までありったけ時間かけて向かってたのに・・・」

トニー「今はコンパクトになった艤装を積んだジェットで目的地までひとっとび、中で着替えてあとは降りるだけ」

トニー「改めて僕に感謝・・・って?」

木曾「はいはい、スターク様様だな・・・」

金剛「アレ?トニー?ジェットに乗らないノー?」

トニー「僕にはプライベートジェットがあるんでね」

金剛「oh! 忘れてマシタ!」

トニー「ジャーヴィス」

ジャーヴィス『Mk.11ミラーボール、Mk.Xモビーデックをそちらに送ります』

   キィィィィィイ...

シュゴォォッ ガシャッ キュィーンッ ピピピッ

提督「何時の間に名前なんて付けたんだ?」ジャキッ ガコガコガコ...ガコンッ キリキリ...

トニー「愛着が湧くと思って僕が名付けた」ヴィーッ カシンッ ジャコンッ ヴィー... ギュルルッ...

         ジャギィンッ!
カンッ!

トニー「いい名前だろ?」

提督「あー・・・ああ、そうだな」

パイロット2『システムオールグリーン。離陸します』

キュィィィィィィィイイ...  グォォォオオンッ 

   ゴオオオォォォォ...


トニー「さて、追いかけるぞ」ダッ

提督「ああ!」ダッ

シュゴォォォォォッ キィィィィイイン...

......
....
..
.


アベンジャーズの世界 ヘリキャリア内部 降下用ハッチ前

スティーブ「もうしばらくしたら降下地点だ」

スティーブ「全員準備はいいか?」

ソー「俺はいつでも問題ないぞ」

吹雪「私達もいつでも大丈夫です!」

スティーブ「よし、航空戦力は加賀と赤城に任せる。ヘリキャリアから直接航空機を飛ばしてやつらに制空権を取らせるな」

加賀・赤城「了解!」

スティーブ「ソーは敵のボスと思わしき奴がいたら優先的に攻撃しろ。君が攻撃のかなめだ。雷をみまってやれ」

ソー「任せろ、今回も敵ではない」

スティーブ「僕と吹雪は海上で敵と戦う。全員戦闘準備!」

?「ちょっと待ったキャプテン、俺も連れいってくれないか?」

       ザッ


赤城「・・・!」

赤城「バートンさん!」

クリント・バートン「やぁお嬢さん達、元気してたか?」

加賀「任務は終わったんですね?」

クリント「ああ、ジャパニーズ接待ゴルフで上司の機嫌取りのはずだったんだが・・・」

クリント「18ホール18打で回った。的を外せなくてね」

クリント「それで帰れって言われてここに来たんだ」

赤城「あははは、バートンさんらしい冗談ですね!」ハハハ

スティーブ「任務が終わったばかりなのに悪いな」

クリント「なに、気にするな。いつものことだ」

クリント「ところで俺はどうしたらいい?指示をくれ」


スティーブ「バートンは赤城、加賀と協力して敵航空機を出来るだけ落としてくれ」

クリント「了解だ。すでに奴ら用の矢とジェットを用意してある。行くならさっさと行こう」スタスタ...

スティーブ「よし、全員降下準備だ。ハッチを開くぞ!」

加賀・吹雪「・・・」ピピピッ

  〔暗号メッセージ 受信〕

加賀・吹雪「・・・!」

......
....
..
.



数分前 NY アベンジャーズタワー   ラボラトリー

明石「ここでコンピューターとずっとにらめっこも暇ですね・・・」

ブルース「これも立派な仕事だ」

ブルース「僕は出来るだけ戦いには出たくないから・・・こういう仕事の方がホッとするかな」

ブルース「それに僕用の艤装は無いしね・・・裸だよ」

明石「・・・」

ブルース「君は元工作艦だと聞いた。失礼なことを聞くかもしれないが・・・」

明石「?」

ブルース「人間として生まれ変わる前の、工作艦だった頃の記憶はあるのかい?」

明石「・・・」

ブルース「気を悪くしたらすまない・・・科学者として気になってね」

ブルース「軍艦の魂が人となった存在って言うのを・・・」

明石「・・・ありますよ、思い出そうとして思い出せるわけじゃないですけど・・・」

明石「夢とか・・・ふと何かがきっかけで思い出したりします」

明石「燃え盛る炎・・・次々と沈んで行く仲間の船たち・・・」

明石「しかも決まって思い出すのはトラウマな光景ばかりです・・・」

ブルース「そうだったのか・・・すまないな、暗い話をさせて」

明石「いいんです。そんな過去があるからこそ・・・私は今治せるものを出来る限り治してあげたい・・・」

明石「それだけです♪」ニコッ

ブルース「君はとても清い心を持っているな明石、尊敬するよ」

明石「そんな褒めても何も出ませんよ?」エヘヘ

明石「あ、長門さんとなら・・・バナーさんと何かしら話が合うかもしれませんよ?」

ブルース「戦闘スタイルの話で?」

明石「まぁ・・・それもそうかもしれませんが・・・」

明石「長門さんも、大昔に大量の放射能を浴びているんですよ・・・原爆の実験で・・・1946年の事ですが・・・」

ブルース「・・・ビキニ環礁のクロスロード作戦か」

明石「ええ、その通りです」

ブルース「まえに長門とそのことで話をしたことがあるんだ」

ブルース「彼女は僕に同じ思いをしたのは一人ではないと同情し・・・慰めてくれた。とてもいい人だ」

明石「そうだったんですか・・・」

ブルース「最初は彼女から僕に話を・・・」

ピピピッ ピピピッ

ブルース「!」

  〔コンピューターにハッキングの恐れあり〕

明石「こ、これって!?」

ブルース「間違いない、ゾラだ!ジャーヴィス!」

ジャーヴィス『次元装置にアクセスされる前に締め出します!』

ブルース「明石、次元装置にアクセスされないようにファイアウォールの設定を今すぐ変え続けるぞ!」

明石「は、はい!」

    フッ

ブルース「・・・なんだ?アラートが消えた?ジャーヴィス、もう締め出したのか?」

ジャーヴィス『いえ・・・私が攻撃を始める前に自分から出て行ったようです』

明石「どういうこと・・・?」

ジャーヴィス『ゾラが侵入したのは装置ではありません』

ブルース「それじゃどこに侵入したんだ?」

ジャーヴィス『通信装置です、暗号化されたメッセージを確認しました。こちらの世界と向こうの世界に向けて合計三つの暗号メッセージが送られています』

明石「誰に送られたものなんです?」

ジャーヴィス『この端末情報は・・・Ms.吹雪Ms.加賀Ms.長門に向けて送られたものです』

明石「内容はなんですか!?」

ジャーヴィス『暗号を解除します・・・メッセージ内容は五文字、複数の連続したランダムな文字の羅列による極めて複雑な暗号によって守られています・・・解除中・・・』

ジャーヴィス『暗号内容の一文字目を解読、画面に表示します』

           〔H〕

明石「H・・・?」

ジャーヴィス『二文字目と三文字目、解読完了』

           〔Y〕



           〔D〕




明石「こ・・・これってまさか・・・」

ブルース「冗談だろ・・・」

ジャーヴィス『全暗号解読完了。メッセージを表示します』

          ヴンッ

明石「・・・そんな・・・」

ブルース「はやくキャプテンたちに知らせないと・・・」







ブルース「彼女達が・・・みんなの命が危険にさらされるぞ!!」

------------------現在 艦娘達の世界 クインジェット内部

ガシャンッ キリキリ... ガシンッ カシャカシャカシャ...

木曾「あれ?金剛いつもの盾はどうしたんだ?」

金剛「今回はトニーが新しい武器をsurpriseしてくれたノデ、ありがたく使わせてもらうことにしたネー!」

木曾「その背中のドでかい大砲か、羨ましいぜ。名前はなんて言うんだ?」

金剛「タシカ・・・ポンコツ・・・いや・・・プロット・・・いや・・・」

金剛「お、思い出せ無いデース・・・」

木曾「おいおい・・・ま、確かに名前は武器の威力には関係ないけどさ・・・」

木曾「うっし、もう目標地点真上だなパイロットさん方、ハッチを開いてくれないか?」

パイロット1「了解、ハッチを開きます」

  ウィィ... ゴゴゴ...

提督『全員少し待ってくれ、何かがおかしいぞ。レーダーに深海棲艦の反応がない』

木曾「何?やつらまた隠密技術を向上させたのか?」

トニー『いや・・・熱源、音波、生体反応・・・どれにも反応しない・・・』

トニー『たしかに変だな・・・』

木曾「ま、降りてみればわかるさ」

長門「・・・」ピピピッ

------------------同時刻 現在 アベンジャーズの世界 ヘリキャリア

スティーブ「---------協力して敵航空機を出来るだけ落としてくれ」

クリント「了解だ。すでに奴ら用の矢とジェットを用意してある。行くならさっさと行こう」スタスタ...

スティーブ「よし、全員降下準備だ。ハッチを開くぞ!」

  『メインハッチ、オープン。事故防止のため、職員は退避してください』

    ゴゴゴゴゴ.... ビュォォ...

吹雪・加賀「・・・」ピピピッ

     〔暗号メッセージ 受信〕
    
       〔暗号解除〕
 
吹雪・加賀「・・・!」

赤城「さぁ、任務の時間ですね!参りましょう!」

--------------------------------

     〔暗号メッセージ 受信〕

       〔暗号解除〕

長門「・・・!」


木曾「さて、任務の時間だ!降下するぞ!」
  

     〔メッセージ表示〕


長門「ああ、任務の時間だ」



       ジャキッ



木曾「長門?なにをし--------」



   〔メッセージ表示〕


    















    〔HYDRA〕


    ズドォォォオオオオオンッ!!

今回はここまでです
感想コメント、すべてありがたく読ませていただいています
そして、前作以上に話が長くなりそうです
もしよかったら最後までお付き合いください

ヒュルルル...

ズガァァァァ...ン...

トニー「な・・・!?クインジェットが・・・墜落した・・・!?」

提督「そんな・・・!」ドシュゥゥゥゥッ

シュゴゴゴゴ...

提督「木曾!金剛!長門!どこだ!?どこにいる!?」バシャバシャ

提督(くそ・・・!炎がひどい!)

      「う・・・うぅ・・・」

提督「木曾!金剛!大丈夫か!?今すぐ鎮守府まで運んでやるからな!」

木曾「ちが・・・ぅ・・・」

提督「今は喋るな!じっとしてろ!長門とパイロットは・・・!?」

金剛「テート・・・ク・・・逃げ・・・」

トニー「ジャーヴィス、彼女達のヴァイタルは!?」

ジャーヴィス『Ms.木曾、Ms.金剛ともに艤装は大破。命に別状はありませんが戦闘は不可能です』

ジャーヴィス『ですが、Ms.長門のヴァイタルが不明です。爆発してすぐに切断されました』

ジャーヴィス『FSシステムを起動しますか?』

トニー「敵が見えない以上それはまだだ。爆発の原因を調べろ」

ジャーヴィス『了解しました』

トニー(どのレーダーにも映らないのはおかしい・・・まるで中にあらかじめ爆弾が仕掛けられていたかのようだ・・・)

   ピピピ...

ジャーヴィス『トニー様、バナー博士より緊急のメッセージが来ています』

トニー「こんな時になんだ・・・?」ピッ

トニー「バナー!こっちは今・・・」

ブルース『スターク!長門に警戒するんだ!』

トニー「バナー、どういうことだ・・・?それは・・・?」

ガラッ...

長門「・・・・・」バシャッ

提督「長門!無事だったか!彼女たちを運ぶのをてつだ-------」

ブルース『長門は・・・敵になにかされている!』

長門「ハァッ!」グアッ   

    メキャッ

提督「ぐぁああっ!?」ドギャッ

トニー「なっ・・・!」

ブルース『スターク!何があった!?』

トニー「長門が提督を攻撃した!一体どうなっている!?」

ブルース『くそ・・・こっちも手遅れだったか・・・』

トニー「バナー・・・キャプテンたちのところも同じ状況か?」

ブルース『ああ・・・明石が警告したが・・・もう遅かった』

ブルース『通信は途絶、今彼らがどうなっているかはわからない』

トニー「なんてことだ・・・」

長門「・・・」スッ

トニー「バナー、後でまた連絡する」

ブルース『わかった、無理はしないでくれ』

トニー「長門・・・聞こえてるか?ゾラに何かされたんだろう?」

トニー「君はあんなやつより強いはずだろ?君は誇り高きビッグセブ・・・」

長門「黙れ」ジャキッ

トニー「わかった、口説き文句は選ぶよ!」

長門「・・・」ジリ...

トニー(くそっ・・・本気で殺す目だ・・・)

トニー「・・・ッ」

トニー「動くな長門!動けば撃つぞ!!」つ キュィィィ...

長門「撃てばいいだろう・・・」

長門「私には効かないがな!!」ズドォンッ!

トニー「ッ!」バシュゥゥウッ!

   ヒュンッ

トニー「はいはい」ヴァゥゥンッ

   ギィンッ

長門「人の話を聞かないやつだな・・・」

ジャーヴィス『非殺傷用リパルサーではダメージは与えられません!』

トニー「どうすれば彼女を正気に戻せる・・・」

ジャーヴィス『何か弱点はないか探してみます』

トニー「全く、我ながらとんでもないスーツを作ったもんだ」

ジャーヴィス『・・・!トニー様!』

ジャーヴィス『Ms.長門からロキの杖と酷似したエネルギー波を検知しました』

トニー「ロキの杖だと・・・?」

ジャーヴィス『以前にエージェント・バートンが洗脳された時のものと同じです』

ジャーヴィス『彼の場合は・・・』

トニー「頭に大きな衝撃を与える・・か」

トニー「単純明快でいいね」

ジャーヴィス『彼女に殴り合いで挑むつもりですか?』

トニー「いや?」

トニー「認めるのは癪だが、僕じゃ殴り合いで勝ち目はない」






























トニー「・・・バナー」

ブルース『僕の・・・出番みたいだな?』

トニー「彼女と正面切ってなぐり合えるのは君しかいない。こっちに来てくれるか?」

ブルース『わかった・・・今すぐジェットの用意をする』ピッ

--------------------------------

明石「バナー博士、良いんですか・・・?」

ブルース「戦いが嫌だの言ってられる状況じゃないし、僕はアベンジャーズだ」

ブルース「それに長門を出来る限り助けてあげたい」

ブルース「ヘリキャリアの方には大勢のS.H.I.E.L.D.エージェントにソーもいる」

ブルース「キャプテンたちを信じよう」

明石「そういうことなら・・・あなたにちょっとした贈り物があります」ピッ

ブルース「・・・?」

ウイィ..... ガシャンッ


ブルース「これは・・・!」

明石「あなた専用の艤装です、私とトニーさんで作りました」

明石「黙っててごめんなさい!でも、いつか来る時の為にって・・・」

明石「戦いを強いるようで心苦しかったので・・・トニーさんにも言わないように頼んで・・・今まで秘密にしていました」

ブルース「そうだったのか・・・」

明石「これでみんなを助けてあげてください」

ブルース「・・・」

明石(う・・・やっぱり黙って作ったこと怒っているかな・・・)

ブルース「これは凄いな・・・ミズグモを元にして作ったのか?」

明石「・・・え?」

ブルース「金剛の盾と同じ材質・・・これなら僕が使っても壊れなさそうだ」

ブルース「そしてセンサーで感知した体重の分リパルサーエンジンを反対方向に噴出する仕組みか・・・」

ブルース「精密と頑丈を見事に両立させている実に優れた装備だ」

明石「あ・・・ありがとうございます」

ブルース「どうしたんだ?きょとんとした顔をして」

明石「お・・・怒らないんですか?」

ブルース「怒る?何に対してだ?」

明石「黙って勝手に作ったことです・・・」

ブルース「ははは、僕はそんな短気じゃない。むしろサプライズって感じで嬉しいよ」

ブルース「これが無かったら僕はバタフライしながら戦わなきゃならなかった」

明石「よかった・・・」

ブルース「それと明石・・・」
















ブルース「僕は常に怒っている」ニッ

---------------------

トニー「提督、無事か?」

提督『一部システムがやられた以外はな』キュィィ...

提督『殺す気で殴られた・・・あいつは俺の右腕だっただけにだいぶショックだよ・・・』

トニー「いいか提督、長門は敵に操られている」

提督『でなけりゃ俺を裏切ったりしないだろうな』

トニー「今からバナーが応援にこっちにくる。それまで僕等で持ちこたえるぞ」

提督『了解だ』

長門「時間稼ぎのつもりか?」

トニー「まぁね、それが任務だ」

トニー「それに・・・彼女たちもそこまでやわじゃないさ」

トニー(このスーツの装備じゃ殺す気でかからないと時間稼ぎなんてとてもできない・・・)

トニー「やれやれ・・・これは君に使うためのものではなかったんだがな・・・」













トニー「ジャーヴィス、僕用の“艤装”を呼べ」

ジャーヴィス『了解しました』

ジャーヴィス『対深海棲艦用強化パワードスーツ“艤装”衛星より射出完了』

ジャーヴィス『間もなく到着します』

今回はここまでになります。次回はおそらく来週の土日かそれ以降となります
更新がどんどん遅くなって申し訳ないです。だんだんリアルが忙しくなってまいりました

デッドプールがレンタル開始されました!みんな見ようね
そしてDCのリーグオブレジェンドもレンタル開始が間近です
DC、MARVEL共にドラマがどんどん増えてなおかつ面白くなってきました
面白い!面白い!ってドラマを借り続けてしまうと割ととんでもない出費になります(経験者)

長門「そう易々とさせると思------」

キィィィィイ...

提督「おおおおおおお!」ィィィィイイイ!

    ドガァッ!!

長門「ッ!」ズザザ...

提督「そう易々と邪魔させると思うか!?」

長門「それでこの長門の装甲に傷がつくとでも?」ジャキッ

提督「お前は昔っからそればっかだな!」

提督(渾身のタックルでも大した効果無しか・・・)

提督(少しでも時間を・・・)

提督「長門・・・俺達の事を思い出せないのか?」

長門「もちろん覚えているさ、提督が私との組手で一度も勝ったことがないこともな」

提督「そいつはどうも。だが・・・」

提督「モード!バトルシップ!」

 ガシャンッ ガキンッ ギガゴゴ 

提督「今回は違う」ジャキッ

長門「その諦めの悪い所も知っている」ジャキッ

......
....
..
.

暗号メッセージ受信直後  ヘリキャリア 降下用ハッチ前


    〔HYDRA〕

     ジャキッ

     「!?」


赤城「加賀さん・・・?吹雪さん・・・?何を・・・しているんですか・・・?」

赤城「それは・・・敵に向けるものですよ・・・?」

赤城「武器・・・下して・・・?」

クリント「おい、どうしちまったんだ?」

スティーブ「赤城、吹雪・・・なんのつもりなんだ・・・?」

スティーブ「君たちに危害は加えたくない、冗談なら今すぐに武器をおろ---」

吹雪「・・・まずは指揮系統からダウンさせる・・・!」ダッ

      ドガッ!

スティーブ「ぐあッ!」

  ゴウッ!

赤城「ロジャースさん!!」

クリント「まずいぞ!キャプテンがハッチの外へ吹き飛ばされた!海に落ちるぞ!ソー!」

ソー「ああ!」ブォンッ... ブォンブンブンッ!

ソー「ロジャースを助けに-------」

    ギリリ... バシュッ!

        ドスッ

ソー「グッ・・・がっ・・・」ガクッ

加賀「させません」

クリント「ソーの肉体に刺さる矢だと・・・!?」

赤城「ソーさん!」

吹雪「・・・」バッ

赤城「飛び降りた!?」

クリント「違う!キャプテンを追ったんだ!」

クリント「赤城!航空機でキャプテンを助けてやれ!」

赤城「は、はいっ!!」ギリリ...

加賀「ここは譲れません」ギリリッ バシュッ

     バシュッ 

        キンッ

加賀「!」

加賀(矢が空中で・・・)

クリント「無駄だ、お前の放つ矢は俺が全て叩き落とす」スチャッ ギリリッ

  バシュッ バババババシュンッ

   シュゴォォォォオオッ
      キイイィィィィ...ン...

赤城「航空機、発艦完了しました!ロジャースさんを助けに行って!」

加賀「・・・」ギリリ...  バシュッ

クリント「無駄だって・・・」

ババババシュンッ 
    シュゴォォォォォオッ!

     ヴゥゥゥゥゥンッ!!

クリント「ちっ、戦闘機に変化したか!面倒だな!!」バッ

    ズガガガッ

  「ぎゃぁああ!!」
       
       ズドォオンッ!

         「逃げろぉぉおお!」

赤城「職員達が巻き添えに!!」

赤城「加賀さん!やめてください!」

クリント「一旦退避するぞ!」バシュッ

     ブシュゥゥゥゥゥウ....

クリント「全員この煙に乗じて逃げろ!ソー!立てるか!?」グイッ

ソー「ああ・・・大丈夫だ・・・」ダッ

クリント「赤城!こっちだ!」

赤城「加賀さん!」

クリント「早くしろ!」ガシッ グイッ

      ダッ

    シュゥゥゥゥ...ゥゥ...


加賀「逃がしましたか・・・」

加賀「でも私の目的はこの船を空から落とすこと・・・いなくなったところで問題ないわ・・・」

加賀「さぁ・・・エンジンを破壊してきなさい!」ギリリ...

バシュッ
  バババババシュンッ 
     グォオオオオオン...

--------------------------

クリント「なんとか撒いたか・・・」

赤城「・・・」

クリント「・・・加賀か?」

赤城「・・・」コクン

クリント「加賀があんなことする奴じゃないってのは俺もわかってるさ」ポンッ

クリント「ああなっちまったのに何か心当たりは?」

赤城「・・・S.H.I.E.L.D.の研究者たちに報告しに行った時に・・・なにかをされたとしか・・・」

クリント「なんだって・・・」

ソー「ロキの杖だ・・・」グリッ...

クリント「ソー!矢を抜くな!出血が激しくなるぞ!」

      ズボッ

ソー「我々アスガルド人は体が丈夫だ、このくらい問題ない」ポイッ

クリント「そーかい、さすがは神様だな」

クリント「で、ロキの杖ってのは俺が洗脳された時のと同じやつか?」

ソー「ああ、おそらく裏切り者がいるはずだ」

クリント「全く・・・長官にさっさと報告しなきゃな・・・いや、もう知ってるか?」ピピピッ

クリント「ん?明石から通信?」ピッ

クリント「こちらバートン、用があるなら手短にな。こっちは今加賀に攻撃されている」

明石『そんな・・・もう手遅れでしたか・・・!』

クリント「何か知ってるのか?」

明石『長門さん、吹雪さん、加賀さんの端末に何かの合図のような信号が送られていて・・・それで・・・』

クリント「わかった、状況はおおむね把握した。こっちの状況を簡潔に話すから、スタークとフュ---------」

      ズドォオオオオオオンッ!

        「!?」

        グラグラ...

クリント「しまっ・・・」ポロッ

      ガシャッ

クリント「くそっ、無線機が壊れた!何だってんだ・・・?」

ソー「今の爆発は近いぞ!どこだ!?」

アナウンス『第三エンジンで大規模な爆発!繰り返す!第三エンジンで大規模な爆発!』

アナウンス『全職員は衝撃に備えよ!』

クリント「まずいぞ・・・加賀はこのヘリキャリアを墜落させる気だ!」

ソー「早く彼女を何とかして元に戻さないとな」

赤城「どうすれば・・・もとに戻るんですか?」

クリント「頭に衝撃を与える」

赤城「え・・・えっ?」

クリント「俺も一度ああなったことがある。そんときは・・・手すりに頭をたたきつけられたら治ったんだ」

クリント「そこまで手荒な真似はしたくないが・・・」

ソー「とりあえず加賀の頭に何かしろの衝撃を与えないとな」ブンッ

赤城「・・・」

赤城「本当に・・・ごめんなさい・・・」

クリント「?・・・なんであやまるんだ?」

赤城「私のせいなんです・・・私があの時引き留めておけば・・・こんなことには・・・」

クリント「・・・」

赤城「私は・・・加賀さんを傷つけたくない・・・でもここの人たちと加賀さんを助けたい・・・」

赤城「どうしたらいいかわからないんです・・・」

クリント「・・・いいか赤城」

クリント「よく聞け、俺を見ろ」

赤城「・・・?」

クリント「誰のせいだとか、行ってる場合じゃないぞ」

クリント「なんたってこの通り、船が墜落しかけてるんだからな。千人単位の命が危ない」

クリント「おまけに殺人ラジコン飛ばす人間サイズの軍艦相手にこっちは弓と矢、まともな状況じゃない」

クリント「俺は戦う。仕事だからな」

クリント「君が何をしたとか・・・関係ない。加賀を攻撃できるかどうかも関係ない」

クリント「償いたいなら行動しろ。それもとことんやれ」

クリント「ここに残ってもいい、後で迎えに来させる」

クリント「だが君ならやれるはずだ、赤城」

クリント「なぜなら・・・」















クリント「君はアベンジャーズだからだ」

>>208-209の会話

アベンジャーズ2でのやりとり
映画の後半で自責の念に駆られているワンダにクリントが言い聞かせるシーン
このSSではところどころ変えてしまったが、映画版では最高に熱いシーンとなっている
ちなみによくネタにもされてる

赤城「・・・!」

クリント「話は終わりだ」スクッ

クリント「行くぞソー」

ソー「俺は船を攻撃している爆撃機を破壊する。お前は加賀の相手を頼む」ダッ

クリント「あいよ」

クリント「しっかしまたもヘリキャリアが落とされそうになるとは・・・」チキチキチキ...

クリント「しかも第三エンジンって俺がぶっ壊したところと同じ所かよ・・・」ジャキンッ

           ザッ

加賀「案外・・・近くに隠れていたのですね・・・」

加賀「そのうち出てくると思いましたよ」

クリント「弟子を何とかするのは師匠の役目だからな」

加賀「そうですか」スチャッ

クリント「弓を構えるまでの時間が遅いぞ」サッ バシュッ

     ヒュンッ 

     ガシッ

加賀「矢が私に届くまでの時間が遅いですよ。ピッチャーフライ取るみたいに簡単に受け止められましたよ?」ビィィ...ン

加賀「確かに矢なら私のCIWSには引っかかりません、ですが------」

クリント「・・・」カチッ

    ズガァアンッ!

加賀「ッ!?」

加賀「げほっ・・・・そうでしたね・・・あなたの矢にはあらゆる仕掛けがあるのを忘れていました・・・」

クリント「あとちょっとしゃべり過ぎだな」

   キィィィイ....
    グォォォンッ

烈風X「」ヴゥゥゥゥンッ!
 
    ズガガガガガガ....

クリント「ったく、ミニガンまで撃つとはその小さな戦闘機は何でもアリだな!」バッ

クリント「その矢俺にもくれないか!?」ギリリ... バシュッ

     ヒュンッ 
       ズドォオンッ!


加賀「矢で戦闘機を撃ち落とすのは見事ですが・・・」

烈風Xs「」キィィィィン...

グ

  ォ ォ ォ
ォ   ォ ォ ォ
ォ ォ  ォ ォ
 ォ ォ ォ


クリント「はぁ・・・一体何機いるんだ・・・」

加賀「あなたの矢の数より私の戦闘機たちの数の方が多いですよ?全部打ち落とすつもりですか?」

クリント「確かに・・・だが俺にはとっておきの矢がある」

加賀「とっておきの矢?」
















          ザッ


赤城「加賀さん・・・私はあなたと戦います」スチャッ


クリント「仲間さ」


加賀「・・・今から折れるのが残念ですね」スチャッ

今回はここまでです
次回の更新は未定です

......
....
..
.

-----------ヘリキャリア 墜落地点 スターク・提督VS長門


ジャーヴィス『ダメー...ジ・・・甚・・・大・・・』ザザッ

ジャーヴィス『残りエネルギー・・・』ザザッ

       カシンッ

提督「ハァッ・・・ハァッ・・・」バシャッ

長門「どうした?マスクを開いて・・・スーツの中は息苦しいのか?」

長門「今にも沈みそうじゃないか」

提督「ぐ・・・」

提督(くそっ・・・手加減して戦える相手じゃない・・・・)

長門「さっきからミサイルの一つも撃たずに・・・情けないぞ」

提督「わからなくたっていいさ・・・後でわかるだろうよ・・・」

提督「俺達を殺してどうするつもりだ?後で用済みとして捨てられるのがオチだ」

長門「さぁな、私の知るところではない。光の導く先についていくだけだ」

長門「知っているのは・・・今ここでお前等は死ぬということだけだ」

提督「・・・ふっ」

長門「何をわらっている?」

提督「確かに・・・俺は死ぬ。お前だって・・・死ぬ」

提督「皆いつか死ぬ」

長門「なんの話を・・・」


ガンッ ガゴッ ゴゥンッ ガキキッ


長門「・・・!!」バッ





     ガシンッ






提督「だが今日じゃない」

    キュィィィィイイイイ...

長門「・・・ずいぶんデカくなったな」


『“艤装”装着完了』

     『参りましょうか』


トニー「みんな引っ込んでろよぉ!」ヴィーンッ ポポポポ...

トニー「ジャーヴィス、第二ラウンドのゴングを鳴らすぞ」

トニー「盛大にな」つ ギュァァアアアアッ

    ヴァァァァアアアアンッ!

長門「ぐっ・・・!」ヴァチッ

トニー「提督!今のうちに木曾と金剛を連れて逃げろ!」

提督「了解だ!ジャーヴィス!残りのエネルギーを全てスラスターに回せ!」

ジャーヴィス『了解しました』

提督「ほら、おぶされ!行くぞ!」

金剛「I’m Sorry...」

木曾「情けねぇぜ・・・」

   ドシュゥゥゥゥウウッ!

長門「・・・」

長門「これで私とお前の一対一か」

長門「言っておくが・・・殺す気で来なければ私は倒せないぞ!」バシュゥゥゥッ!

        グアッ
         
トニー「なぁ長門、クロスカウンターって技知ってるか?」スッ

    ガギンッ

長門「グハッ!」バシャァッ

ジャーヴィス『トニー様・・・洗脳されているとは言え女性の顔を思い切り殴りつけるのはどうかと思います』

トニー「仕方が無いだろ・・・頭に大きな衝撃を与えないとダメなんだからな」

トニー「そして、この場合女性だからって殴らなかったら男女差別になるんじゃないか?」

トニー「それとも殴ったらそれはそれで差別になるのか・・・・?」

ジャーヴィス『わかりませんが、これが正解でないことは確かです』

>>222 この場合~

映画「デッドプール」の中のセリフ
女性の標的を目の前にデッドプールが言い放つ
笑いどころである



  ググッ...

長門「・・・」グイッ

トニー「・・・長門?」

長門「・・・ペッ!」

ジャーヴィス『・・・トニー様』

トニー「・・・ごめんな?」

長門「やるじゃないか・・・」ジャコンッ キュィィィィイ....

トニー「Uh-oh...」


 ズ ガ ァ ン ッ!!


トニー「ぐああああ!?」ビーッ ビーッ

バシャァッ  ズザザザザ

トニー「・・・っぐ・・・ジャーヴィス、ダメージは?」

ジャーヴィス『胸部アークリアクターに軽度の損傷。想定の400%の攻撃です』

トニー「すごいな」つ ギュァァァァアン...

トニー(バナーはまだか・・・?早くしないと・・・どちらかが死ぬ・・・!)

>>224

想定の~

ソーとトニーが戦った時のジャーヴィスの言葉
ソーの雷攻撃を受けた後にこの言葉を発言するのだが、実は翻訳が間違っており、本当はジャーヴィス『power at 400% capacity(400%充電完了)』という意味

......
....
..
.

トニーより上空3000m クインジェット内部

パイロットA「バナー様、目標地点上空に到着しました。ハッチを開けます」カチッ

パイロットA「パラシュートの着用を」

ブルース「・・・いいや、僕にパラシュートは必要ないよ。このまま飛び降りるさ」

パイロットA「わかりました・・・ハッチを開きます」カチッ

パイロットA(全く・・・いつ爆発するかわからない核弾頭を積んで飛んでる気分だぜ・・・さっさと終わらせて帰りてぇ所だ・・・)

ゴゥゥ...ン ビュォォォ....

ブルース(長門・・・)

......
....
..
.

アベンジャーズと艦娘達が接触から間もないころ

長門「バナー博士・・・でいいのか?」

ブルース「ああ、もちろん構わないよ。どうかしたのかい?」

長門「あなたの過去を教えてもらった・・・大変だったのだな・・・」

ブルース「ああ・・・どうもありがとう・・・でも今の僕にはもう慰めはいらないよ」

ブルース「“もう一人の僕”が聞いてるかもしれないからね」

長門「私はむしろもう一人のバナーと話をしたい」

長門「なんてったって “ハルク(船)”・・・だからな」

ブルース「やめておいた方がいい・・・話なんてきっと通じない」

長門「バナー博士・・・私もな、はるか昔だが・・・あの光に包まれたことがある」

ブルース「そうか・・・君はクロスロード作戦の・・・」

長門「ああ、今でもために夢に見る」

ブルース「ふ、僕と同じ経験を持てる人間がいるなんて思わなかったよ」

長門「私の知り合いでまだ他にもいるぞ?グループLINEを作ろうか?」フフッ

ブルース「ははは、それはいいね。すさまじい愚痴大会になりそうだ」

長門「違いない」ハハハ

ブルース「・・・大体の人間は・・・僕を恐怖や憐れみをもった目で見てくる」

ブルース「慰めと優しさの目で見てもらったのはとても久々だよ。ありがとう長門」

長門「気にするな・・・私はあなたがその悲しい目をしないようになって欲しいと思っているんだ。今すぐにとはいかなくても・・・な」

長門「なぁに、あなたはヒーローなんだ。もう一人の自分に誇りを持てるようにきっとなれるさ」

ブルース「・・・」

長門「・・・人は勝手に呼び名を変えてくる」

長門「救世主か、破壊者か・・・肝心なのは・・・」

長門「自分がどちらを選ぶか・・・じゃないか?」

>>229 人は勝手に呼び名を~

映画ではないが、WORLD WAR HULKという原作のセリフ
とにかくハルクがヒーローというヒーローをド派手なアクションでぶちのめしていく痛快なストーリーとなっている
なぜそうなってしまったのか、この物語の結末がどうなるかは・・・

......
....
..
.

パイロットA「いつでも降下できます。準備は出来てますか?」

ブルース「ああ、ここまでありがとう。ご苦労様だった」

ブルース「それじゃ、行ってくるよ」バッ

    ヒュゥゥ...

パイロットA「マジで飛び降りていきやがった・・・ったく、不気味だぜ・・・」

パイロットA「こちらパイロットA、投下を完了した。今より作戦終了まで待機する」

----------------

ヒュルルルルルル...

ブルース(今度は・・・僕が君を助ける番だ・・・)

ブルース(この力を・・・仲間を救うために今こそ使おう)

ブルース(誇りを持って・・・自分で選択するために)

ブルース(今・・・たスケニ・・・)








バリッ バリリッ... ビキキッ



   GRRRRR...





--------------------------------------


ガンッ ガキンッ ガンッ ガンッ!


長門「ッ!ッ!!ッ!」ガンガンガンガンッ!

ジャーヴィス『アーマー耐久値残り40%。今すぐに対抗策が必要です』

トニー「胸にパワーを集めろ!一気に引きはがす!」◎ ギュァァ...

ジャーヴィス『チャージします!アーマー耐久値をディスプレイに表示!』

    ガッ  ガンッ ギンッ バキッ

   〔アーマー耐久値残り35%〕

ジャーヴィス『ユニ・ビーム照射まで残り70%!』

長門「ハァッ!」ズガンッ ジャコンッ キュィィィィイ...

ガギィンッ ゴキンッ!

トニー「グッ・・・」

 〔アーマー耐久値残り25%〕

ジャーヴィス『ユニ・ビーム照射まで残り45%!』◎ ィィィィイイ...

  ガンッガッガギンッ ゴッ ガンッ!

トニー(くそ!このままじゃ間に合わない!)

 〔アーマー耐久値残り16%〕

トニー「まだか!」

ジャーヴィス『ユニ・ビーム照射まで残り10...』

長門「終わりだ」ジャコンッ キュィィィィイイ....

ドボォッ バギギ...

 ヴゥ...ン...

トニー「なんだと・・・」

長門「今から打つと言わんばかりに光っている場所を攻撃しないわけないだろう?」ズボッ

ジャーヴィス『中央アークリアクター破損。トニー様・・・ “艤装”から脱出してください・・・』

    バシュッ 

長門「案外あっけなかったな・・・スターク・・・」

トニー(・・・)

トニー(僕が兵器を使わずに殺されるか、彼女を殺すか・・・か)

トニー「させるな・・・長門・・・」

長門「これで本当の決着としようじゃないか・・・」

トニー「・・・」

トニー「ジャーヴィス、リパルサーエネルギーを殺傷レベルまで上げろ」

ジャーヴィス『本当によろしいのですね?トニー様』

トニー「ああ・・・」 つキュィィィィ...

長門「・・・」ジャキッ










ォォォ...



長門「・・・?」



 ヒュルルルル...



長門「何だ・・・あれは・・・?」



rraaaAAAA...




長門「・・・なるほど」











長門「お前が・・・“ハルク”か」








ハルク「GRRRAAAAAAAAAA!!!!」


       ズ
       ド

        ォ
      ォ
       ォ
       ン
      ! ! ! 

今回はここまでとなります。次回は来週の土日あたりになると思います

オマケ ハルクVSハルクバスター
https://youtu.be/2Q2rYhSECd0

......
....
..
.

ヘリキャリア  赤城・クリント VS 加賀


    ズドォォ...ン...

ズガガガガ...
キィィィイイイン...

 「消火しろぉお!」 
          「怪我人運ぶのを手伝ってくれぇ!」 

 「誰か助けて・・・」

      「こっちを先に・・・」


機動部隊員 A(地獄絵図だ・・・)

機動部隊員A(こんなのどうかしている・・・なんでアベンジャーズが殺し合っているんだ・・・?)

機動部隊員 A(艦娘ってのは・・・別次元から来た侵略者なのか・・・?)

--------------------------
 
     ダンッ

ソー「爆撃機は全て破壊した。勝負ありだ」

クリント「加賀・・・周りを見てみろ。まだやる気か?」

クリント「それ以上傷つく前に諦めてくれ」

加賀「・・・」

赤城「ほとんどの爆撃機を外に出した時点で・・・勝敗は決まっていました」

クリント「よっぽどここを落としたかったみたいだな」

クリント「だがソーをなめすぎだ。あいつは爆撃機程度じゃ止められない」

加賀「なら、あなた方を抹殺してから直接墜落させます」スチャッ

  
流星X「」キィィィイイイ....

   ズドォンッ

加賀「ッ・・・!」フラッ...

赤城「加賀さん・・・これ以上させないで・・・!」

クリント「・・・」

クリント(まずいな・・・艤装による保護のせいか頭に攻撃を受けても人格が戻らないぞ・・・このままじゃ・・・戻る前に加賀が死ぬ・・・)

クリント(なにかいい手は・・・)

加賀「・・・」ググッ...

加賀「・・・赤城・・・さん?」

赤城・クリント「・・・!」

ソー「・・・何か様子がおかしいぞ・・・少し待----」

赤城「加賀さん・・・!よかった・・・!」ダッ

ソー「よせ!近づいては------」

      ドスッ

赤城「・・・ッ!」

クリント「腹に矢を・・・赤城!!」

加賀「・・・無謀すぎます。赤城さん」

      ガシッ

加賀「!」

赤城「ソー・・・さん・・・あなたの雷なら・・・加賀さんを元に戻せるはずです・・・」

ソー「お前ごと撃てというのか!?」

クリント「加賀ならまだしも!腹から出血しているお前が喰らったら命に係わるぞ!」

赤城「信じて・・・!」

ソー「・・・」

ソー「・・・お前は真の戦士だ・・・赤城」ヴァチッ ヴァチチチ...

クリント「・・・」


  ヴァリリッ...  ゴロゴロ...


加賀「放しなさい・・・!」グッ ググッ


赤城「加賀さん・・・最後までとことん付き合いますよ」

  


            カッ



>>245 最後までとことん

映画キャプテンアメリカ2の名言
両親が死に、悲しみに暮れていたスティーブを元気付けるためにバッキーが言ったセリフ
二人の友情の強さがわかるセリフである

今回はここまでです。
またも短くなってしまい申し訳ありません
リアルがもう少し落ち着いてから続きを投下したいと思います

......
....
..
.

トリスケリオン 長官執務室 


ニック「スターク、提督から報告を受けた。状況はどうなっている?」

トニー『終わったよ・・・彼女をなんとか正気に戻した』

トニー『今はバナーも長門も・・・大人しくしている』

ニック「長門の様子は?」

トニー『ダメージはあるが・・・彼女なら乗り越えるさ』

ニック「・・・誰かを殺めてしまったのか?」

トニー『ああ・・・パイロットを二名・・・』

ニック「そうか・・・」

トニー『金剛と木曾は大丈夫か?』

ニック「向こうの世界でドックに入渠中とのことだ」

ニック「命に別状はないが、長門に背後から撃たれたことがショックだったようだ」

ニック「体より心に傷を負っている」

トニー『・・・』

ニック「君は大丈夫なのか?」

トニー『・・・ああ、全然?』

トニー『それよりニック・・・気を付けたほうがいい』

トニー『長門からロキの杖と同じエネルギー反応が出た。ゾラは肉体を持っていない、誰かが杖を勝手に持ち出して使ったとしか考えられない』

トニー『S.H.I.E.L.D.に裏切り者がいる可能性が高いぞ』

ニック「・・・わかった、もっと詳しく確認してみる」

       ピッ


ニック(裏切り者か・・・)

ニック「スパイには・・・スパイだな」

.......
....
..
.


場所 ???

ピピピッ ピピピッ
 
 〔ニック・フューリー〕

?「・・・」ピッ

ニック『ロマノフか?』

ナターシャ・ロマノフ「ええ、私よ?悪いけど今はあなたに依頼された任務中なんだけれど」

ナターシャ「これから敵のボスに吐かせるところよ、何か用?言っておくけど、緊急任務だから戻ってくれとかはナシよ?この間それ言われたばかりなんだから」


ニック『悪いが緊急任務だ。戻ってきてくれ』

ナターシャ「・・・ねぇ、冗談でしょ?今中止することなんて------」

ニック『艦娘達がバートンと同じ目に遭っている』

ナターシャ「・・・!」

ニック『S.H.I.E.L.D.の何者かが裏切ってロキの杖を使用した可能性が高い』

ナターシャ「・・・ちょっと待ってて」スッ

    ガッ! バキッ! ドゴッ

ニック『・・・』

  ゴリッ メキキッ

ギャァァア! ワカッタ! ハナスカラ! タノム! コロサナイデクレェ!

ニック『・・・・・』

      スッ

ナターシャ「はい、で?緊急任務って?」

ニック『・・・まずはトリスケリオンにもどって来てくれ。話すのはそれからだ』

ナターシャ「了解ボス。すぐに戻るわ」スタスタ

......
....
..
.

ヘリキャリア 医務室


加賀「・・・・・っ」

クリント「起きたか?」

加賀「ここは・・・?」

クリント「医務室だ」

加賀「そう・・・ですか・・・」

加賀「・・・!」バッ

加賀「赤城さん・・・!赤城さんとロジャースさんは!?」

クリント「赤城なら隣の医務室でまだ寝てるよ。命に別状はないそうだ」

加賀「よかった・・・」

加賀「ロジャースさんは?」

クリント「キャプテンは今ソーが助けに向かっている・・・が、あいつのことだ、きっと吹雪に危害を加えまいと防戦一方のはずだ・・・間に合うかどうか・・・」

加賀「そんな・・・」

クリント「・・・とりあえず今は回復に専念しておけ。なにか欲しいものあるか?」

加賀「遠慮します・・・」

クリント「なあ・・・操られている中で自覚はあったのか?」

加賀「・・・知っているんですか?」

クリント「俺も昔なったことがある」フッ

クリント「自我を奪われて別の何かを入れられて・・・自分が自分でなくなる・・・」

クリント「正直思い出したくもない」

加賀「・・・」

加賀「あの・・・私は・・・一体何人・・・」

クリント「自分を責めるな、悪いのは全てゾラとやらだ。お前の意思じゃない」

加賀「・・・でも私がやりました」

クリント「・・・」

クリント「ところで、お前を洗脳した奴は覚えているのか?」

加賀「それが・・・全く記憶にないんです・・・綺麗さっぱり・・・」

クリント「どういうことだ・・・?」

加賀「まるでこういう時のために忘れろと命令しておいた・・・という感じです」

クリント「そう簡単には探らせないか・・・」

クリント(S.H.I.E.L.D.の中で杖にアクセスできる人間か・・・)

クリント「こんな時あいつがいれば楽なんだがな・・・」

加賀「あいつ?」

クリント「世界最強のスパイさ」ニッ

今回はここまでとなります
次回は来週の土日あたりを予定しています
更新遅くなってしまって申し訳ないです
ルークケイジやレジェンドオブトゥモローが見たいがためにネットフリスクに入ろうか検討しています

本日投稿の予定でしたが
矛盾を見つけてしまったので、書き換えて明日投稿します。申し訳ないです

------------------------------------------------

クインジェット 機体番号 ????



ストラッカー「奴らはどうなっている?」

ラムロウ「長門の奴は失敗した。加賀の方は取り付けていた盗聴器がソーの雷でイカレちまった」

ラムロウ「が、この様子を見るとどうやら失敗みたいだな」

ラムロウ「どうするんだ?あいつらが口を割ったらすぐに犯人がばれるぞ?」

ストラッカー「問題ない。俺達の事に関しての記憶は消してある。そして、お前が彼女達を連れて行った先の記憶は改竄しておいた。足はつかない」

ラムロウ「便利なもんだな」

ストラッカー「しかし、そろいもそろって使えん奴らだ・・・」

ストラッカー「艦娘共がヘリキャリアを落とし、あの道化どもを抹殺してこそこの作戦が成り立つというのに・・・」

ラムロウ「おっと、吹雪とロジャースの方は面白いことになってるぜ」

ラムロウ「ハハハ!あの野郎ヒーロー気取って無抵抗のまま相手になぶられてやがる!傑作だ!」

ストラッカー「守るものが多くて大変だな・・・ヒーローは」

ストラッカー「さぁ、さっさと移動するぞ。次の作戦だ」

ゾラ『準備はできている。奴らの世界へ乗り込むとしようじゃないか』

......
....
..
.

数分前 ヘリキャリア直下 海面


スティーブ「ゲホッ・・・吹雪・・・」

    バキィッ

スティーブ「グッ!」

吹雪「戦う気が無いんですか・・・?あなたには・・・!」ジャキッ

スティーブ「!」サッ つ┫

  バシュゥッ!

吹雪「速すぎて見えなかったですか?」

スティーブ(背後を・・・!)

  ドゴッ!

スティーブ「ううっ!」

  バシャッ

吹雪「いい加減-----」

スティーブ「なんど言わせるんだ・・・!」グッ

スティーブ「君を倒すつもりはない」スクッ

スティーブ「君は・・・いい人だから・・・」

スティーブ「必ず正気に------」































吹雪「その後は?家に帰るんですか?」

吹雪「あなたに帰る家なんて無いのに?」

スティーブ「--------!」

吹雪「ゾラさんから全て聞きました」

吹雪「この現代には帰るべき家も、帰りを待つ家族も存在しない」

吹雪「あなたは過去の時代の遺物」


スティーブ(僕の・・・帰るべき場所・・・)


  『スティーブ、家に帰りましょう・・・?』


スティーブ「ペギー・・・」

吹雪「あなたが守るべきものも・・・戦う意味も・・・もう無いんですよ」

吹雪「あなたは・・・長く生きすぎました・・・」スッ

吹雪「私を倒さないというならば・・・私があなたを倒します」ジャキッ

スティーブ「・・・」

   『ダンスの約束が------』


      ズドォンッ


          


















      ギィンッ


スティーブ「・・・」つ┫

吹雪「・・・生きる意味を失ったとしても・・・まだ戦うんですか?」

スティーブ「僕の生きる意味は・・・人の盾になることだ」

スティーブ「例え必要とされていなくても、周りの世界が変わってもこの想いだけは変わらない・・・」

スティーブ「ここが僕の居場所だ」


        
ザンッ





      I can do this all day
スティーブ「 絶 対 に あ き ら め な い」

吹雪「・・・ッ」ゾッ

※キャプテンアメリカシリーズのネタバレを含みます


>>272
I can do this all day

映画でキャプテンが放った名台詞
このセリフはキャプテン三部作の中で三回言われる
最初は一作目の序盤、もやしのスティーブが路地裏でチンピラに殴られた際に諦めずに何度も立ち向かい、諦めろと言われた際に初めてこのセリフを言う
二度目は同じく一作目の中盤。敵に捕らえられ、尋問を受けた時にもう一度
最後はシビルウォーのラストバトルでトニーにボロボロにされ、投降しろと迫られた時によろけながらも立ち上がり、トニーに向かって言い放つ
直訳するなら「こんなの一日中やってられるぜ!」要するに強がりや意地を張る時によく用いられる言葉
このセリフはキャプテンアメリカが血清を打つ前も、その後も、70年の眠りから覚めた後も信念は真っ直ぐであることを示す。
どんなに痛めつけられても立ち上がり強がりを言えるキャプテンの不屈の精神を表したセリフである
ちなみに「絶対にあきらめない」は日本語吹き替え版のセリフ。字幕だと「まだやれる」もしくは「何度でも来い」になっている

吹雪「・・・その強がりをいつまで続けていられるか・・・試させてもらいます」ジャキッ

     キィィィィイイイ....

吹雪「・・・!」

吹雪「この音は・・・航空機の-----」バッ

流星X「」ヴゥゥゥゥゥンッ

吹雪「きゃぁっ!」ズガガガガッ!

スティーブ「!?」

スティーブ(あれは赤城の爆撃機!?暴走している!彼女に何かあったのか!?)バッ

     ヒュルルルル...

スティーブ(まずい!航空機だけじゃない!爆発したヘリキャリアの一部がこっちに向かって落ちてきている!)

スティーブ「吹雪!早く逃げろ!」

吹雪「うぅ・・・足が・・・」ヴァチチッ...

スティーブ「ッ!」バッ

スティーブ「吹雪!この盾の裏に・・・!」スッ

吹雪「ふざけないでください!」

     ガシッ

吹雪「私の・・・任務は・・・!」ブンッ

    ドゴォッ!

スティーブ「ぐうっ!」

吹雪「あなたを殺すこと!」ブンッ!

    バキィッ!

スティーブ「がはっ・・・」

スティーブ「この盾は・・・!たとえ死んでも離さない・・・っ!」

吹雪「・・・っ!」

吹雪「うああああ!!」グアッ!


  ヒュルルルルルルル....

ズドドドドドド.....!!!!

     ドドドド....

今回はここまでです
土日に上げるはずがここまで遅くなってしまって申し訳ないです
I can do this all day がどうしても入れたかった・・・

.......
....
..
.


現在  瓦礫墜落地点 上空


ソー「なんてことだ・・・!海一面がめちゃくちゃだぞ・・・!」

ソー「ロジャース!!どこだ!返事をしろ!!ロジャース!」


       ガラ...


スティーブ「ソー・・・彼女を・・・!」ズルッ...

ソー「吹雪・・・!ロジャース・・・!その傷は・・・!」

スティーブ「吹雪は気絶しているだけだ・・・問題ない・・・」ヨロッ..

ソー「お前の傷の方がはるかに深刻だぞ!」

スティーブ「僕の事は良いから・・・彼女を・・・早く・・・!」スッ...

ソー「・・・わかった!吹雪を先に連れて行く!お前はそこで待機してろ!」ガシッ

ソー「おい!誰か聞こえているか!こちらに救護班を今すぐ送れ!」

S.H.I.E.L.D.レスキュー部隊長『了解した。だが座標が分からない。正確な位置は解るか?』

ソー「今サインを送ってやる」スッ...

ズズズ...
    ゴロゴロ...

カッ

ヴァチチチチチチィィィイイッ!!

ソー「これでどうだ」ブンッ

S.H.I.E.L.D.レスキュー部隊長「ざ・・・座標を確認した。今すぐそちらに救護班を送る」

ソー「さっさとしろ」ブンッ ブンブンッ バゥーンッ

  ゴオオオォォォォ.....

スティーブ「はは・・・相変わらず豪快な奴だ・・・」フラッ...

ドシャッ

.......
....
..
.

艦娘達の世界 鎮守府 作戦会議室


ジャーヴィス『ほぼ無傷のMs.吹雪以外、洗脳された艦娘達は全員ドックに入渠中。いずれも命に別状はありません。脳波も安定しています。入渠が終わり次第会話も可能でしょう』

明石「それを聞いて安心しました・・・」

ジャーヴィス『ロジャース様は現在向こうの世界で集中治療を受けています。最も怪我が深刻ですが、治る見込みはあるとのことです』

トニー「さすがは超人兵士、そう簡単にはくたばらないか・・・」

ジャーヴィス『Ms.吹雪はロジャース様の治療が終わるまで治療室の外でずっと待機しています』

ジャーヴィス『ソー様は別室で待機。バナー博士は自室で心を落ち着かせています』

提督「ジャーヴィス、向こうは今艦娘に対してどう反応している?」

ジャーヴィス『良い反応とは言えません。被害を受けたS.H.I.E.L.D.の職員たちが筆頭となって艦娘達を逮捕しようとする動きを見せています』

トニー「聞いたか?ニック。どう対応するつもりなんだ?正直に答えてくれ」

ニック『S.H.I.E.L.D.内での艦娘に対する評価は今の所最悪だ。だが裏切り者に杖を奪われその力で操られていたことを発表すれば今度はS.H.I.E.L.D.の全職員が互いを疑いはじめ、疑心暗鬼になることになる』

ニック『そうなったら、この組織は成り立たなくなる』

ニック『悪いが、こちらも組織が大事だ。杖に関する情報は秘匿とさせてもらう』

トニー「だってさ明石。彼はS.H.I.E.L.D.がかわいくて仕方ないようだ」

明石「それは仕方が無いですよ・・・提督が長官の立場なら同じ決断をしたと思いますよ」

提督「まぁ・・・致し方ないことだな」

トニー「君は嫌われ者のままでもいいっていうのか?」

明石「う・・・たしかにそれは嫌ですけど・・・」

トニー「だったらすることは一つだよな?」

明石「・・・!」

明石「ええ!犯人とっ捕まえて汚名返上します!」

トニー「なかなか君も僕らの世界なりの解決法が解って来たんじゃないか。いいことだ」

明石「喜ぶところなんでしょうか・・・?」

 
   「その子に変なこと教えたらただじゃおかないわよ」


明石「ナターシャさん!」ダッ

ナターシャ「あら明石、相変わらず元気そうね?ハグしてちょうだい?」スッ

        ダキッ

トニー「・・・」

トニー「なぁジャーヴィス」

ジャーヴィス『はい、なんでしょう?』

トニー「なんで明石は僕が触ろうとすると嫌がるのにナターシャ相手だと自分から行くんだ?」

ジャーヴィス『恐らく思春期の女性特有の照れでしょう。トニー様が嫌われているわけではないと思います』

トニー「おかしいな・・・僕が触れようとして嫌がる女性なんてこの世に存在するのか・・・?」

ジャーヴィス『乙女心はコンピューターである私にも解読不可です』

提督(そのナルシストは日本じゃ受けないだろうな・・・)

ナターシャ「ところで、他の皆は?ピンチって聞いて駆け付けたんだけど」

ニック『まず、先ほども説明した通り艦娘達がバートンと同じようにロキの杖で空飛ぶ猿にされた』

提督「猿?申し訳ないですが、アメリカンジョークはちょっと我々日本人には伝わりにくくて・・・」

明石「あ!私そのネタ知ってますよ!」バッ

トニー「・・・」ハァーッ 

明石「オズの魔法使いですね!」ビシッ

明石「いやー、長官も冗談言うんですね~・・・なんて・・・」ハハハ...

トニー「ニック、話を続けてくれ」

明石「・・・」

ナターシャ「・・・」ナデナデ...

明石「撫でないでくださいよ・・・よけい惨めに見えるじゃないですか・・・」

>>287 オズの魔法使い~

アベンジャーズ1で登場した笑いどころ
ニックが出した空飛ぶ猿という例えに対してキャプテンが知ってる!オズの魔法使いだな?と得意げに言う
トニーは呆れてため息をつき、みんなに無視されるという何ともかわいそうなキャプテンを見ることができる

ナターシャ「それで?操られた子たちは?」

ニック『何とか正気に戻した。今は入渠中だ』

ナターシャ「それじゃぁ・・・私の仕事は杖を使った人間を調べることね?」

ニック『ああ、その通りだ』

ナターシャ「杖がいつ奪われたとかは解ってるの?」

ニック『それは調査中だ。なにせ監視カメラ、赤外線センサー、温度センサー・・・ありとあらゆるセキュリティに一切の異常が確認されていないんだからな』

ニック『裏切り者の可能性が高いが、もしかすると我々の英知を超えた技術で奪い去った可能性もある』

ニック『相手はあのジャーヴィスすら出し抜く元人間の人工知能だ』

ニック『だがもっとも不審な点は・・・今確認されている杖が紛れもなく本物ということだ』

ナターシャ「つまり・・・気が付かれないうちに抜き取って気が付かれないうちに元に戻したっていうの?」

明石「まるで魔法ですね・・・」

ナターシャ(これは・・・いや、考えたくないけど・・・)

ナターシャ「わかったわ、調べてみる」クルッ

ニック『頼んだぞ』ピッ

   スタスタ...

明石「あれだけの情報で・・・行っちゃった・・・」

明石「大丈夫なんでしょうか・・・」

トニー「僕らは僕等の仕事だ。で?彼女たちはいつごろに完治するんだ?」

明石「えっと・・・そうですね・・・提督が高速修復財を使ったと言っていましたので多分もうすぐ皆来るかと・・・」

     ガチャッ

長門「・・・」

明石「あ・・・」

長門「・・・」

トニー「・・・大丈夫か?」

長門「提督、スターク・・・怪我は大丈夫か・・・?」

提督「俺もスタークもこの通りだ、かすり傷程度だよ」

長門「そうか、それは幸いだった・・・聞きたかったのはそれだけだ」

提督「なぁ長門、気がすぐれないならまだ休んでてもいいんだぞ?自分をあまり責めるな・・・お前がやったんじゃない・・・」

長門「私は・・・すべて覚えている・・・何人殺めたかも・・・提督や仲間たちを傷つけたことも・・・」

長門「自分が何をしているかわかっていたのに・・・自分を止めることができなかった・・・」

長門「人を救う使命を背負っておき、なにがビッグ7・・・なにが連合艦隊の旗艦・・・」ギリッ...

長門「私は・・・艦娘失格だ・・・」ポロポロ....

明石「長門さん・・・」

提督「俺達は・・・魔法に対する訓練なんて受けちゃいない、君が恨むべきは君自身じゃ----」

長門「だとしても!これは全て私の未熟さが招いたことだ!」

      「・・・・」

長門「・・・怒鳴り散らして済まない・・・部屋に戻っている」スタスタ...

     バタンッ

トニー「・・・」

トニー(僕は・・・正しかったんだろうか?彼女たちをこちら側の世界へ連れてきて・・・)

トニー(僕らの戦いに勝手に巻き込んで・・・心に傷を負わせてしまった・・・)

トニー(彼女たちはあのまま元の世界で暮らしていた方がまだ楽だったんじゃないか?)

明石「長門さんは・・・人一倍責任感も正義感も強いです・・・」

明石「だからこそ、今は心が引き裂かれそうなほどつらいはずです・・・」

提督「・・・心の傷だけは入渠じゃ治せない」

トニー「それを何とかするのが提督の仕事・・・だろ?」

トニー「だが・・・彼女には提督よりもっといい相手がいるはずだ」

提督「いつの間にか仲良くなって・・・妬けるよ」

今回はここまでです
中途半端なところで終わらせて申し訳ないです
スパイダーマン ホームカミングのトレイラーが公開されましたね!
ヴァルチャーはかっこいいしトニースタークもわりとがっつり出てるっポイですね

......
....
..
.

鎮守府 堤防


ブルース「やぁ長門・・・探したよ」

長門「・・・バナーか。何か私に用か・・・?」

ブルース「まぁ・・・君のことが心配でね・・・隣良いかな?」

長門「悪いが今は-----」

ブルース「君はいつの日か僕に言った」

ブルース「破壊者か、救世主か、選ぶのは自分自身だって」

ブルース「怒らずに聞いてほしいんだけど・・・」

ブルース「僕には・・・今の君は破壊者に見えるよ」

長門「・・・」

ブルース「君は今何が恐ろしい?何に対して怒っている?」

ブルース「ゾラか?自分か?」

長門「・・・どちらもだ」

ブルース「怒りというのは・・・ただ抑え込んでおくものじゃない。静かに燃やしていくものだ」

ブルース「君は賢いし、心も強い」

ブルース「きみにとって何が最も正しい“選択”か・・・わかっているはずだ」

長門「・・・」

ブルース「それじゃ・・・僕はもう戻るよ・・・あ、それと・・・」ゴソゴソ

ブルース「ほら、えっと・・・なんて名前だっけ・・・ああ、マミャー・・・いや、マミー羊羹・・・だったか。お店に行って買ってきたんだ」スッ...

ブルース「君、これが大好物なんだって?提督から聞いたよ」

長門「またあの人は余計なことを・・・」フフッ

長門「ああ、それには目がないくらいだ。喜んでいただくよ・・・ありがとう。バナー博士」

ブルース「・・・こちらこそ、長門。君の笑顔が見れて良かった」

長門「それと、これの名前はマミー羊羹じゃない、間宮羊羹だ。あの店には他にも美味い物がたくさんある。良かったら今度紹介するぞ?」

ブルース「それは楽しみだ。みんなも誘おうか」

長門「ああ、任せておいてくれ!」

......
....
..
.

ヘリキャリア 医務室

医師「怪我と出血は酷かったですが、幸い命に別状はありませんでした」

医師「ロジャースさんは直に意識を取り戻すでしょう。あとは安静にしてれば問題ないです」

吹雪「そう・・・ですか・・・」

医師「くれぐれも部屋の外には出ないようにしてください。私はソーさんに事情を聞きましたが、他の人たちは違います。あなたを目の敵にしているはずです」

医師「私は隣の部屋で待機しています。何かあったら呼んでください」スタスタ

医師「それでは」バタン

吹雪「・・・」

吹雪「ごめんなさい・・・キャプテンさん・・・」

吹雪「こんな目に合わせておいて私・・・何でこんなことになってしまったのかさえ・・・覚えていないんです・・・」

吹雪「キャプテンさんが目を覚ました時・・・私なんて言えばいいの・・・?」


         「左から失礼・・・くらいでいいさ」


吹雪「・・・!キャプテンさん!!」

スティーブ「やぁ、大丈夫だった?」

吹雪「こっちのセリフですよぉ!!キャプテンさんこそ大丈夫なんですか!?」

スティーブ「これでも僕は頑丈な方なんだ。心配しなくていい」

吹雪「・・・あの」

スティーブ「なんだ?」

吹雪「本当に・・・本当にごめんなさい!私の不注意でこんなことに・・・」

スティーブ「謝らなくていい。君は悪くないし、僕は僕のわがままを通そうとしただけだ」

スティーブ「そして、僕も謝りたいことがあるんだ」

------------------------------------------


医務室前 廊下 

ソー「おい、中の声が聞こえないぞ。もっと扉の前まで詰めろ」

クリント「お断りだ」


---------------------------------------------

吹雪「謝りたいこと・・・?」

スティーブ「君たちにずっと隠してた秘密がある」

スティーブ「僕は・・・気まずさから君たちと距離を取っていると言ったが・・・本当は・・・君たちと仲良くなりたかったんだ」

吹雪「・・・」

スティーブ「君たちの存在をスタークから聞いたときは心が躍ったよ。僕と似たような境遇の人間がいるんだってね」

スティーブ「だが・・・すぐに祖国が昔犯した罪が頭をよぎった」

スティーブ「僕に仲良くなろうとする権利なんてない。そう決心していたはずが・・・」

スティーブ「その決心は・・・距離を取ろうとしても縮めてきて、優しく接してくれる君たちを前に揺らいだ」

スティーブ「僕が謝りたいのは・・・今まで散々君たちから離れておいて、今になってやっぱり仲良くしてくれなんて言う自分の身勝手さについてだ」

スティーブ「すまない吹雪。こんな僕だが、これから仲よくしてくれないだろうか?」

吹雪「・・・」

スティーブ「・・・吹雪?」

吹雪「うぅ・・・」ポロポロ...

スティーブ「!?」

スティーブ「な、なにか気に障ることを言っただろうか・・・!?」

吹雪「ち、ちょっと複雑な気分で・・・すいませんっ!」ゴシゴシ

吹雪「改めて、こちらこそよろしくお願いします!キャプテンさん!」

スティーブ「ああ・・・よろしく頼む」

吹雪「早速ですが、この戦いが終わったらみんなで行きたいお店があるんですよ!」

スティーブ「へぇ、どんなお店なんだ?」

吹雪「甘味処 間宮って言うんですけど・・・」

--------------------------------



クリント・ソー「・・・フッ」ニヤニヤ

※シビルウォーネタバレ注意




>>304 >>307 ソーとクリントのやりとり


シャロン・カーターといい雰囲気なスティーブを見守るバッキーとサムがこんな感じなやり取りをする
なんだか微笑ましい

......
....
..
.

艦娘達の世界 大本営


      「お気に召していただけたでしょうか?」

中将「ああ・・・実にすばらしい考えだ・・・」

少将「なるほど・・・秩序に保たれた平和な世界・・・ね」

元帥「あなた方の目的、掲げる思想は理解した。我々としてもこの世界にはあなた方の考えが必要だと思っている」

元帥「して、その世界の実現のために我々は何をすればいいのかね?」


      「簡単なことですよ・・・」


ストラッカー「ほんの少しだけ・・・我々が動きやすいようにしてくれればいいんです」

元帥「お安い御用だ・・・」

ストラッカー「詳しい話はまた後ほど・・・それではまた・・・」

      「HAIL HYDLA」

「「「HAIL HYDLA」」」

今回はここまでとなります
更新が大幅に遅れてしまって申し訳ないです
次回はまたも未定です
前のスレよりはるかに遅い不定期更新ですが最後まで付き合っていただければ幸いです

......
....
..
.

艦娘達の世界  ラボラトリー



トニー「さて、パーティーの時間だ」ワキワキ

木曾「すまねぇ・・・迷惑かけちまうな」

金剛「申し訳ないネー・・・」

明石「壊れたら治すだけです!より良くして!」

トニー「その通り。まぁ、こんなの6歳の時に組み立てたバイクのエンジンと大して変わらないさ」

木曾「むかしからとんでもない奴だったんだな・・・」

木曾「しっかし、また新しいマシンが増えているな?向こうから持ちこんできたのか?

トニー「まぁな、持って来たり作ったりだ」

トニー「ジャーヴィス、艤装を隅々までスキャンしといてくれ」

ジャーヴィス『お任せください』

金剛「作業にFocusできるヨウニ紅茶淹れてくるネー!」

トニー「たまにはコーヒーを-------」

金剛「あんなの泥水DEATH」

トニー「あー・・・紅茶を頼んだ」

金剛「まっかせといてヨー!」

タタタ...

トニー「・・・彼女にコーヒーをせがむのは金輪際やめておこう」

木曾「だな・・・」

明石「トニーさん、見てくださいよこれ・・・」

トニー「?」

明石「見事なまでにグチャグチャです・・・」

木曾「げっ・・・よくこんな状態で生きてたな・・・俺・・・」

トニー「わずかに残っていた長門の理性のおかげかもな」

木曾「・・・」

トニー「さて、次は僕が改良を施した部分も入渠で直せるようにしなくちゃな」ガチャガチャ

明石「さすがにそれは無理でしょう・・・」ガチャガチャ

トニー「ジャーヴィス、深刻な損傷個所は?」ピピピッ

ジャーヴィス『アークリアクター周辺です』

ジャーヴィス『アークリアクターを覆うパネルが破損したことによるプラズマエネルギーの流出によって周囲の精密機械が全て溶解しています』

明石「うわっ・・・何もかも作り直しじゃないですか・・・」

トニー「・・・」

明石「・・・トニーさん?」

トニー「ジャーヴィス、プラズマエネルギー放出時のエネルギー量は?」

ジャーヴィス『アークリアクターフル稼働時の50倍以上です』

木曾「そ、そんなエネルギーが艤装の中で暴れまわっていたのか!?」

明石「パネルを強化すべき------」

トニー「いや、使えるな」

明石「え!?」

トニー「僕らがこの間作った応急修理女神の改良品の仕組み覚えているか?」

明石「ええ・・・アークリアクターのエネルギーを少しずつ全身に回して、いざという時に致命傷を食らっていてもフルパワー以上で戦えるようにするシステムですよね?」

明石「私、かっこいい名前考えてつけてたんですよ!F(ファイナル)S(スタンド)システム!いいアイディアだと思いません!?」

木曾(カッケェ)

トニー「名前はともかく、これをもっと強化する」

明石「どうやってですか?」

トニー「アークリアクターを強制的にオーバーロードさせて、一気にエネルギーを攻撃に利用する」

明石「そんなことしたら大爆発しますよ!?」

トニー「違う、違うよ明石。爆発させないために放出させるんだ」

木曾「何を言ってるのかさっぱりなんだが、わかりやすく説明してくれないか?」

トニー「リアクター周辺を溶かしたプラズマを、外に逃がすついでに攻撃に転用するってことだ」

木曾「・・・?」

トニー「あー・・・無理に理解しなくていい。要するに最後の特大の一撃を見舞う必殺技を撃てるようにするってことだ」

明石「理屈は分かりましたけどこれ・・・撃ったらそれでお終いですよね。アークリアクターは完全に機能を停止しますよ?」

トニー「言ったろ?最後の特大の一撃必殺だって」

トニー「これは僕の持論だが・・・撃たずに勝負が決する武器よりも撃って勝負が決する武器の方がいいに決まっているだろう?」

木曾「カッコイイじゃないか・・・!気に入ったぜ。後はない究極の一撃を持って勝負を決する・・・俺好みだ」

トニー「決まりだな?」

明石「わかりました・・・やりましょう」

       ガチャッ

金剛「紅茶お待たせデース!」

トニー「よし、設計3Dモデルを今日のディナーまでに完成させるぞ。食前茶を飲みながらな」ピピッ

......
....
..
.

艦娘達の世界 提督執務室


提督(フューリー長官をあてには出来ない・・・)

提督(彼女たちの濡れ衣をどうやって晴らす・・・?)

提督(艦娘の本当の素性は軍事機密だ・・・明かせない・・・)

提督(ゾラを倒すまでみんなを表に出さないようにするしかないか・・・)

    ピピピ...

提督「!」

    ガチャッ

提督「はい、こちら呉鎮守府」

提督「元帥?ご無沙汰しております。何かご用でしょうか?」

提督「ええ・・・その件は・・・私の注意不足でした・・・おかげで彼女たちがあんな目に・・・」

提督「・・・!?」

提督「そんな!?彼女たちに責任はありません!すべては私のミスです!」

提督「元帥!どんな罰でも受けます!だからどうかお考えを・・・!」ブツッ

ツーツーツー...

提督「くそっ!」ダンッ

提督「ジャーヴィス、いるか?」

ジャーヴィス『はい、彼女たちを呼び出しますか?』

提督「ああ・・・吹雪にもメッセージを頼む」

ジャーヴィス『了解しました』

提督「元帥・・・いったいなぜ・・・」

.......
....
..
.

ラボラトリー


明石「このままの回路だったらエネルギーの射出がスムーズに行かないんじゃないですか?」

トニー「リアクターと射出口を直結させる。普段はパネルで栓をして・・・そして任意のタイミングでバルブを開けるようにパネルを開けば・・・」

明石「100%の力で余すことなく射出されるわけですか・・・」

トニー「その通り。原発2基分のエネルギーが一気に放たれるぞ」

明石「敵がかわいそうになりますね・・・」

ジャーヴィス『トニー様。緊急でお知らせです』


トニー「なんだ?今いい所なんだから後に------」

ジャーヴィス『大変申し上げにくいのですが・・・』
















ジャーヴィス『S.H.I.E.L.D.に長門、加賀、吹雪を逮捕のために引き渡すことをこちらの日本海軍の上層部が決定しました』


         「!?」

今回はここまでです
ドクターストレンジをIMAX3Dで見てきました
NYでの戦いはすさまじい迫力でした。ぜひIMAXで見ることをお勧めします
エンシェント・ワンがめっちゃかっこいいです・・・

明石「そ・・・そんな!?」

木曾「どういうことだ!」

金剛「ノー!元帥は何考えてるネー!?」

トニー「期限は?いつまでだ?」

ジャーヴィス『明日までです。提督は今現在こちらの世界にいる吹雪以外の二名に出頭するように命令しています』

木曾「向こうにいる吹雪はどうなる!?」

ジャーヴィス『S.H.I.E.L.D.が直接逮捕するとのことです』

金剛「まるでテロリスト扱いデース!いくらなんでも早すぎマス!!」

トニー「明石、引き続き設計を頼んだぞ。僕はニックと話をつけてくる」ピッ...


Mk.11「」 キィィィイ.... ピピッ

 ジャキンッ ガシンッ ガコンッ ガキキッ 


明石「ちょちょちょ!!スーツ着ていくんですか!!?」

トニー「交渉する時はスーツを着ると相場が決まっているだろう?」ガコガコガコ...ガシンッ

木曾「ちゃんとした計画を立てろ!感情的になるな!」

トニー「計画ならある」カンッ!




トニー「戦う」 ドシュゥゥゥウッ!

木曾「行っちまった・・・」

金剛「とにかく事情を聞きにテートクの部屋に行くネー!」ダッ

明石「わ、私はとりあえず・・・任された仕事をします!」

木曾「俺はスタークを追うぜ。あいつ一人じゃまずそうだ!」ダッ

.......
....
..
.


アベンジャーズの世界 ヘリキャリア 

医務室

   ピピッ ピピッ


スティーブ「君の携帯じゃないのか?それ」

吹雪「ジャーヴィスさんからだ・・・なんだろう」ピッ

吹雪「・・・!」

吹雪「うそ・・・」

スティーブ「なにがあった?」

吹雪「S.H.I.E.L.D.が私たちを逮捕するようです・・・今すぐ」

スティーブ「何だって!?」

吹雪「当然と言えば当然です・・・大損害を与えてしまいました・・・」

スティーブ「君は操られていただけだ!逮捕される筋合いはないだろ!」

スティーブ「事情を話せばわかるはずだ!」

吹雪「いえ・・・操られていたことは言わないようにと・・・フューリー長官から念を押されているようです」

スティーブ「・・・!」

スティーブ「フューリー、組織の保身に走るつもりか!」

吹雪「これも当然の事でしょう・・・」

吹雪「私達の世界の上層部で何があったかはわかりませんが、S.H.I.E.L.D.に私たちを引き渡すつもりです」

スティーブ「吹雪、君は牢屋に入れられたいのか?」

吹雪「それはもちろん嫌ですけど・・・」

スティーブ「組織の保身のために君が逮捕されるなんて僕は納得できない」

吹雪「でももうどうすることも・・・」

      ガチャッ!

?「その場を動くな!」

吹雪「!」

機動部隊員A「軍艦の名前をコードネームにした別次元の特殊部隊、通称艦娘。吹雪だな?」

吹雪「は、はい・・・」

機動部隊員A「我々が来た理由は解るだろう?お前を一時的に拘束する!おとなしく従う方が身のためだぞ」

機動部隊員A「手を頭の後ろに回して、膝を突くんだ!」

吹雪「・・・」スッ...

機動部隊員A「よし、手錠を出せ。確保しろ」

機動部隊員B「少しでも妙な真似をしたら容赦無く----」チャリ...


     ガシッ


スティーブ「その子に・・・触るな」

機動部隊員B「なっ・・・?」グイッ


ブンッ!

機動部隊員B「うおあああ!?」

     ガシャーンッ!

機動部隊員C「キャプテン・ロジャース!なんのつもりだ!?」

機動部隊員A「なぜ邪魔をする!」

スティーブ「お前達のやり方が気に食わない。フューリーに直接話を聞く」

スティーブ「行くぞ吹雪。ついて来い。僕の後ろに隠れてろ!」グイッ

吹雪「は、はい!」

機動部隊員A「止まれ!最後の警告だぞ!」ジャキンッ ヴァチチッ

機動部隊員C「攻撃許可は出ている!」ジャキンッ ヴァチチッ

吹雪「ど、どうするんですか・・・?」

スティーブ「・・・」






スティーブ「戦う」ダッ!

今回はここまでとなります
短くて申し訳ないです

…….
….
..
.

?

?

鎮守府?提督執務室

?

?
提督「全員揃ったか」

長門・加賀「・・・」

提督「話は聞いていると思う・・・すまない、こんなことになってしまって・・・」

長門「いいや、こうなることは覚悟していた。あなたの責任ではないさ」

加賀「我々は問題ありません。赤城さんのことを・・・よろしくお願いします」

提督「ああ、できるだけ君たちが早く戻ってこれるように手を打つ」



      ガチャッ!

?
金剛「HEYテートク!!アノ放送はナンデスカー!?」

?赤城「私も放送を聞いて駆けつけました!一体どういう事なんですか!?」

?金剛「ホントーに二人を送っちゃうノ!?」

?加賀「赤城さん、いいんですよ・・・これで」

?赤城「そんな・・・!」

?長門「海軍の上層部が決定したことだ。下手に抵抗したりすれば余計に事が悪くなる」

?長門「こちらの世界と向こうの世界の仲を悪くさせるわけにはいかない」

?赤城「そう・・・ですか・・・」

?金剛「うぅー・・・」

提督「・・・長官は君たちを本気で囚人のように扱ったりはしないはずだ。彼は事情を知っている。形だけの収監だろう」

提督「ゾラを倒せば君たちの汚名も晴らす事ができるはずだ」

赤城「お二人共早く解放されるように、私たちは全力を尽くします!」

金剛「Trust me!」

加賀「ありがとう。赤城さん、金剛さん」

長門「心強いな、頼りにしているぞ」

提督「二人は直接長官に引き渡すからいいとして、心配なのは吹雪だな・・・」

提督「長官は事情を知っているが、職員達は違う・・・手荒な連行をされていなければいいが・・・」

長門「長官がそうならないように取り計らってくれているだろう」

加賀「吹雪さんは優しく、大人しい子です。きっと穏便に済むように上手くやるでしょう」

提督「心配しすぎか・・・」

…….
….
..
.


アベンジャーズ世界 ヘリキャリア


スティーブ「くらえ!」ブンッ

ドゴッ

機動部隊員A「グハァッ!」ドシャッ

隊員C「くそ!あの傷でなんであそこまで動ける!?」

隊長「盾のないキャプテンアメリカなど脅威ではない!おまけに奴は手負いだ!そのまま攻撃し続けろ!」

隊員達「了解!」

隊長「諦めて降伏しろ!キャプテンアメリカ!」

スティーブ「絶対に・・・しない・・・!」

ポタッ… ポタッ…

吹雪「キャプテンさん!血が・・・!」バッ!

スティーブ「吹雪!僕の後ろからでちゃ──」

隊長「今だ!麻酔銃を撃ち込め!」


ジャキッ


スティーブ「危ない!」ガバッ!

ブォンッ!
キンッ!


隊員B「なっ・・・?麻酔銃が・・・弾かれた・・・!?」

隊員D「あれは・・・ハンマー・・・?」

隊長「誰がハンマーなんて投げ付けた!?」

スティーブ「・・・・?」

「我が手に戻れ、ムジョルニア」

ブォンッ!
パシッ

ソー「ロジャース・・・一体こんなところで何をしている?」

ロジャース「長官に用があってね・・・すまない、助かった」

ソー「気にするな、ここは俺が引き受けよう。丁度軽く運動がしたかったんでな」

スティーブ「事情は後で必ず話す・・・」

スティーブ「今のうちに走れ!」ダッ

吹雪「はい!ソーさん、ありがとうございます!」ダッ

ダダダ…

隊長(ふざけるな・・・!ソーだと!?一体どうしろって言うんだ!?)

ソー「さて・・・誰からかかってくる?ハッハッハ!」

…….
….
..
.


アベンジャーズ世界 トリスケリオン

長官執務室


AI『ソーが機動部隊と戦闘中との情報が入りました。戦況は極めて劣勢です。もう既に機動部隊の半数が倒されました。いかがいたしますか?』

ニック「・・・なぜソーが暴れている?」

AI『事の発端はキャプテンロジャースが吹雪の逮捕を拒み、機動部隊に攻撃を始めたことです』

AI『その後ソーが追手との戦闘を引き受けた模様です。ソーの戦闘時間から見てキャプテンロジャースがこちらに着くまでもう間もなくでしょう』

ニック「これ以上事を荒立てるな・・・部隊は撤退させろ、ロジャースは私が説得する」

AI『了解です。サー』

ピッ

ニック「それで、ロマノフは今どうしてる?」

AI『エージェント・ロマノフは現在・・・』

ピピピピ…!


ニック「なんだ!?」

AI『高速接近物を検知。窓から退避して下──』


ガッシャァァァッ!



トニー「邪魔するよニック。話し合おうじゃないか」シュゴゴゴ… ガンッ

今回はここまでとなります
スマホからの投稿になってしまったので文字や効果音の配置がおかしいです。
セリフが文字化けしたりしている訳では無いので気にしないで読んでいただければ幸いです

ニック「いきなり窓を突き破り入ってきておいて話し合おうとはどういうつもりだ?スターク」

トニー「どういうつもりはこっちのセリフだ。なぜ彼女達を逮捕する話が出てきたときに僕や提督に声をかけない?」

ニック「こういうことになるからだ」

トニー「なるほど?それで、どう向こうの世界の海軍上層部と話をつけたんだ?どんな手を使った?」

ニック「どんな手だと?この話を最初に持ちかけてきたのは海軍の方だ。私ではない」

トニー「なに・・・?」

     ガチャッ

木曾「間に合わなかったか・・・!」ゼェッ... ゼェッ...

トニー「・・・木曾?何しに来た?」

木曾「お前が何かやらかさないように追ってきたんだ!・・・遅かったけどな・・・」

木曾「だが、もう二人ここにきてるぞ」スッ

吹雪「し、失礼します・・・って、窓が・・・!」

スティーブ「邪魔か?」

トニー「ああ、これから君が何をするかによってな」

スティーブ「・・・木曾から粗方話は聞いた。僕も同じ目的で来た」

トニー「この状況を見て何も言わないのか?」

スティーブ「言えるような立場じゃない」

トニー「なら話の続きだ。海軍が先に逮捕の話をしてきたというのはどういうことだ?」

木曾「は・・・?どういうことだそれは・・・?」

スティーブ「フューリー、詳しく話せ」

ニック「・・・提督がS.H.I.E.L.D.と向こうの世界の海軍とのパイプラインをつないだ。歩兵用対深海棲艦装備の提供の時にな」

ニック「私が武器提供に対する礼としてこちらの世界の技術の提供を申し出ようとした矢先にヘリキャリア等での騒動が起きた」

ニック「その後、この件について連絡すると・・・海軍上層部は我々の世界で裁いて構わないと言ってきた。杖による洗脳の説明したにもかかわらずだ」

ニック「別次元間で犯罪者引き渡しなんて前例が無いってこともあるが・・・こうもあっさり、しかも押し付けるような形で艦娘達の処遇の決定権をこちらに委ねてきた」

木曾「そんな・・・長門達は自分の世界に帰れないのか?」

吹雪「・・・」

トニー「それでイエスって答えたのか?」

ニック「ああ、彼女達はこちらが用意した専用の刑務所に収監する」

スティーブ「・・・どんな場所だ?」

ニック「カリフォルニア州にある巨大施設だ。念のために言っておくが、助けに行かない方が彼女たちの為になると思うぞ」

トニー「・・・そんな観光地に刑務所があるなんて聞いたことが無いんだが?」

ジャーヴィス『トニー様、今S.H.I.E.L.D.のデータベースにアクセスした結果ですが・・・何と言いますか・・・そこはトニー様も良く利用している高級リゾート地です』

トニー「・・・ニック?」

ニック「あいにくヘリキャリアにあった檻はソーに壊されたんでな、その代りだ。事態が収拾するまではあそこで生活してもらう」

スティーブ「フューリー、なんて野郎だ・・・」

ニック「おっと、お口の悪い子は誰だ?」

トニー「こういう魂胆だったんならもっと早く言ってくれ・・・」

ニック「だが窓は弁償してもらうぞ」

トニー「お安い御用だ、おしゃれな模様もつけてやろう」

ニック「結構だ」

吹雪「あの・・・私もそこに・・・?」

トニー「ああ、君はこれからシルクのシーツが掛かったふかふかのベッドで眠り、カリフォルニアの海の景色が広がる窓を見ながらロブスターを食べる刑務所生活を送ることになる」

吹雪「」

木曾「」

木曾「なんだか逮捕の話が出てきた時より納得がいかないぜ・・・」

スティーブ「だが問題が片付いたわけじゃない・・・ひとつはっきりしたのは・・・」

トニー「海軍上層部が怪しいってところだな」

ニック「艦娘が国の貴重な財産なのであれば、何とか自分の世界で罪を軽くして収めたいはずだ。こちらにすべての決定権を委ねてくるのは向こうからしたら得策ではないはずだ」

スティーブ「ゾラが何らかの策を講じたのかもしれない、十分に警戒する必要があるな」

トニー「奴は僕の装置に侵入していた。構造のデータを丸々コピーして同じものを作ったとしても不思議じゃない」

ニック「海軍上層部が乗っ取られている可能性があると?」

トニー「世界征服なんて目標掲げた奴の事だ、十分あり得るだろ?僕は一旦鎮守府に戻って提督に海軍上層部に行って話をするように言っておく」

スティーブ「危険じゃないのか?」

トニー「僕が何の策も考えてないとでも?また後でな」スッ
 
     ドシュウウウゥゥゥ...
 
ニック「ロジャースは鎮守府で治療を受けろ。今の状態じゃS.H.I.E.L.D.の施設は何処も使えないだろう」

スティーブ「ああ・・・そうするよ・・・」

ニック「吹雪、地下に“刑務所”へ向かう護送用クインジェットがある。あとで案内しよう」

吹雪「はい!ありがとうございま・・・す?」

木曾「吹雪・・・お土産よろしく頼んだぞ」

吹雪「あはは・・・わかりました・・・」

>>351 お口の悪い子は~  ※アベンジャーズ2のネタバレを含みます


アベンジャーズ2の後半、ウルトロンの計画により町が空に向かってに飛び立ってしまう
そのままでは浮かんだ町が地面に猛スピードで叩きつけられ、かつて恐竜が隕石で絶滅したように人類も滅んでしまう
だが町を破壊すれば住民はみんな死んでしまう
究極の選択肢を迫られるなかニック・フューリーがヘリキャリアで町の人間をすべて救助するために駆けつける
それを見たキャプテンが「フューリー、なんて野郎だ」と笑顔でついた悪態に対してのセリフ
ちなみに原文をそのまま訳すと「お前その口でママにキスするのか?」である

今回はここまでとなります
投稿大幅に遅れて申し訳ないです
次回からはもう少し早めに投稿できるように頑張ります
決してアイアンフィストを見ていたわけではないです・・・

......
....
..
.


 鎮守府 提督執務室


トニー「・・・って訳だ。ぶっちゃけ彼女達はここよりいい生活を送っているだろうな」

赤城「それは・・・良かったというべきなんでしょうか・・・」

明石「うらやま・・・なんでもないです」

木曾「納得いかねぇ・・・」

金剛「キッソーさっきからそればっかりネー」

木曾「それだったらいっそ逮捕したってことにして鎮守府に待機でもよかったと思うんだが・・・」

提督「海軍上層部にすぐにばれるだろ・・・」

トニー「組織の保身に走ってしまったことへの長官なりのお詫びのつもりだったりしてな・・・奴がそんな優しさをまだ持っているとは思えないが」

提督「だがゾラにとっては都合がいいな・・・うちの戦力の半分を持ってかれた」

トニー「その話なんだが・・・なぁ、海軍上層部・・・怪しいと思わないか?」

提督「それは・・・」

トニー「だろ?真意を確認しに行かなくちゃな?」

木曾「おい・・・今度は海軍上層部に殴り込みか?」

トニー「今度は彼が行く。僕は入れないからな」

明石「あの・・・冗談ですよね?」

赤城「提督、本当に行く気ですか?」

提督「・・・ああ」

木曾「マジかよ・・・」

金剛「用心しすぎもヨクナイデース・・・」

提督「大丈夫だ、なぜこういう措置を執ったのか詳しく聞いてくるだけだ」

明石「もし・・・もしゾラの手に落ちていたとしたら危険じゃないですか?」

赤城「百歩譲ってそれはないでしょう・・・次元転送装置持っていませんし・・・」

明石「ゾラは何度も装置にアクセスしています。製造方法を盗んでいても不思議じゃないです」

トニー「その通りだ」

金剛「人工知能だけでどうするつもりなんでショウ・・・」

トニー「逆に考えてみろ、人工知能だけだからこそ上層部のシステムに入ってめちゃくちゃにすることができるはずだ。それに、奴には杖を持って行動した協力者もいる」

提督「とりあえず話をして・・・それからだな、判断は」

トニー「そこでだ、君にちょっとしたプレゼントがある」

明石「お、とうとう出しますか!」

提督「ほぉ、楽しみにしておくよ」

......
....
..
.

ラボラトリー 

   バスッ!

提督「ぐっ!」

明石「動かないでください。ズレたら取り出さなきゃいけませんよ?」

   バスッ!

提督「ッ!」

トニー「痛そうだ」

提督「そもそも一体何をしているんだ!?連れてこられるや否や体のあちこちに何か撃ちこまれているんだぞ!?」

トニー「超小型のマイクロチップだ。センサー付きのな」

明石「このセンサーに応じてかなり遠い所からでもスーツを呼び出せます。便利でしょう?」

提督「なるほどな・・・」

明石「はい、これでお終いです」バスッ!

提督「やっと終わったか・・・いてて・・・」

トニー「これでお話し中に“不測の事態”が起きてもこれで対処可能だ」

提督「起きてほしくないけどな」

ジャーヴィス『海軍本部までのヘリをチャーターしておきます』

提督「頼んだ」

明石「杞憂だったら良いんですが・・・本当に気を付けてくださいね?」

提督「ああ、それじゃ行ってくるよ」

......
....
..
.

艦娘達の世界 ???



ストラッカー「俺の読みが正しければ海軍本部に提督あたりが行くはずだ。そこで奴さえ洗脳すればもうこっちの勝利は確定する」

ゾラ『君の任務はここまでだ、ご苦労だったラムロウ。後は元の世界で怪しまれないように行動し続けろ』

ラムロウ「ああ、だがその前に一つ良いか?」

ゾラ『なんだ?』

ラムロウ「歴史を改竄できるなら・・・なぜ真っ先にアベンジャーズを消し去らないんだ?」

ゾラ『スタークの開発した装置が思っていた以上に不完全だった。あくまで移動目的にしか作られていないからだ』

ゾラ『歴史に深く結びつきすぎたものは改竄できないし、改竄が過ぎると我々にとってかえって不利に働くこともある』

ゾラ『逆に言えばなかったものを突然呼び出すことは難しくない。例えば、ロジャース達の世界に新たに深海棲艦という存在を誕生させたりだ』

ゾラ『だが・・・運命というものは決して変えることができないのだ・・・私達とアベンジャーズが戦うという運命はな・・・』

ゾラ『彼らを消さない限りは、未来構築の計算にエラーが出続ける・・・アベンジャーズさえ消せば・・・私の計算通りに世界を変え、ヒドラによる完全支配の完了した世界を作ることができる』

ラムロウ「なるほど、運命か・・・」

ゾラ『何かわからない所でも?』

ラムロウ「いいや、なんでもないさ、俺はトリスケリオンに戻る。世界が手に入ったら教えてくれよ」スタスタ...

ストラッカー「俺は海軍本部に向かう。指揮する者をこちらに引き込めば後は何とでもなる」スタスタ...

ゾラ『もうすぐに・・・来たるべき時が来る』

ゾラ『君も感じるだろう?お姫さん・・・?』

中枢棲姫「・・・」

......
....
..
.

数時間後

艦娘達の世界 海軍本部 第一会議室


提督「ご無沙汰しています、元帥」

元帥「まぁ、そう固くならずに・・・お茶でも出そうか?」

提督「いえ、ここにはすぐに終わるような話をしただけなので遠慮させていただきます」

元帥「そうか、ならば早速その話を聞こうじゃないか」

提督「重要な話なので憲兵隊にはなるべく部屋の外へ退出していただけるとありがたいのですが・・・」

元帥「彼らは信頼できる。話を聞いても外に漏れることは決してない、安心したまえ」

提督「そうですか・・・では・・・」

提督「なぜS.H.I.E.L.D.に艦娘を押し付けるような形で逮捕をさせたのですか?彼女たちはこの世界で極めて重要な戦力でしょう?」

元帥「そのことか?なに、簡単なことだよ」












元帥「もう必要なくなったからだ」

提督「・・・どういう・・・意味ですか?」

元帥「言葉の通りだ、必要な存在ではなくなった。もう戦争は終わるんだよ」

提督「・・・ご説明願えますか」


     「その必要はない」


提督「!」

ストラッカー「すぐに君も理解できるようになるからだ・・・」スッ...

提督(あの光る杖・・・!)

提督「スタークが人工知能だけの奴に洗脳は不可能だと、協力者がいると言っていた・・・お前の事だったのか・・・」

ストラッカー「ご名答。まぁ、これからの君にとってはどうでもいいことだ」

         ジャキッ

提督「元帥・・・憲兵隊に銃を下してもらえるようご命令していただけませんか?」

元帥「これからの君の動き次第だ」

提督「なぜヒドラにつくことにしたのですか・・・?」

元帥「君も軍人なら分かるだろう?規律正しき世界が、秩序が厳しく保たれた世界がどれだけ美しく完璧か」

提督「そんな自由のない世界を全人類に押し付けるつもりですか!?」

元帥「人類は自由を持つに値しない。自由を得た結果として人同士で殺し合っているだろう?」

元帥「ヒドラは人類を統一した暁には深海棲艦を消滅せてくれると約束した。そうすれば人類に敵は居なくなる!人類そのものにも秩序がもたらされ、平和な世界が訪れるんだ!」

提督「元帥・・・!」

元帥「これで理解できただろう?さぁ、君もこの素晴らしい世界を共に実現しようじゃないか・・・」

ストラッカー「そら、聞いただろう?ハチの巣になりたくなかったらそこを動かない方が賢明だ」スタスタ...

提督「くそ・・・」

提督(まだか・・・?)

ストラッカー「大丈夫だ・・・君もすぐに理解できる」スッ...









憲兵1「そこまでよ」ヒュンッ

    バチィッ!!

ストラッカー「ぐぉぁああ!?」ヴァチチチッ!

憲兵2「なっ・・・スタンガンか!?」

憲兵3「貴様何を!?」

憲兵1?「邪魔しちゃったかしら・・・?」グイッ

     ポイッ

ストラッカー「貴様ァ・・・!ナターシャ・ロマノフか!!」

提督「どうしてここに!?」

ナターシャ「長官の命令よ。詳しい話は後、ついてきて!」グイッ

提督「ああ!」

   ダダダ...

ストラッカー「全員追え!女の方は射殺しろ!」

>>371 スタンガン 

ブラック・ウィドウはウィドウズ・バイトという相手を電撃で攻撃する武器を手首に装備している
OO7に出てくるようなスパイグッズでかっこいい

元帥「聞こえただろう!行け!」

憲兵隊「了解!」ダッ!

ストラッカー「あのクソアマめが・・・!」

元帥「ストラッカー殿、そう心配しなくとも問題は無い」

ストラッカー「何か手が?」

元帥「ええ、我が海軍が誇る兵士が彼らを捕らえる」

......
....
..
.

海軍本部 屋外 裏庭


提督「追手は撒いたか?」

ナターシャ「途中から諦めたみたいだけど・・・そのようね」

ナターシャ「この庭を出た先に車を用意してあるから、あとはそこまで-----」


      ズドォンッ!!


ナターシャ「!?」バッ

提督「グッ・・・砲撃・・・!?」


?「一度しか言わないわよぉ~・・・そこで止まってもらえるか・し・ら?」


提督「冗談だろ・・・」

ナターシャ「知り合い?」

提督「昔よく会ってたよ・・・演習でだ」












龍田「そのまま・・・って・・・あら?」

提督「久しぶりだな、龍田。なんでこんなところに?」

龍田「それはこっちのセリフよぉ?危険人物とお話しするから、脱走したときの為に待機って命令されてたのよ~。まさかぁ・・・呉提督さんの事なのかしら?」

提督「話すと長いが・・・話している暇はないんだ・・・俺が危険人物じゃないってのはわかるだろう?だから通してもらえないか・・・?」

龍田「呉提督さんならまだ分かるけど~・・・そっちの綺麗なお姉さんは?」

ナターシャ「私も彼と同じ・・・事情なら後で好きなだけ説明するから、通してもらえる?」

龍田「あはっ♪、中々面白い事言うわね~」

龍田「そんな説明で通せると思うの~?それにあなた・・・ただの人間じゃないわね~?」

ナターシャ「・・・!」

龍田「うまくごまかしてるつもりかしら~?なんだか血の匂いがするわよ?」スッ...

ナターシャ(剣を構えた・・・!)

ナターシャ「お願いしても・・・駄目なのかしら?」スッ...

龍田「あらあら~そんなこと言ってぇ~♪闘る気マンマンって感じね~?」ジャリッ...

提督「なぁ・・・ちょっと・・・もう少し穏便に出来ないのか?」

龍田「この状況で能天気ね~?」

ナターシャ「ここは隙を突いてうまく逃げるわよ。提督」

龍田「逃がさないから」

提督(また仲間同士で戦わなくちゃいけないのか・・・?ん?)

  ォォォ...

提督(!・・・やっと来たか!)

龍田「さ、始めるわよ~♪」ダッ!

     ブォンッ!

     ガキィインッ!!

    ガシンッ ガシャシャシャッ... キュィィィイ...

提督「ギリギリセーフか・・・腕が無くなるところだった・・・」

龍田「あら提督・・・その腕は何かしら~・・・?」ググッ...

提督「噂位は聞いてないか?」ブンッ!

龍田「ッ!」バッ

龍田「ああ~・・・戦う提督・・・アイアンコマンダーでしたっけ?作り話だと思っていたわ~・・・」

提督「まぁ・・・そう思うよな・・・名前もアレだし・・・」

提督「ロマノフ・・・あくまで隙を作るだけってことで・・・彼女に危害は加えないってことでいいだろうか?」

ナターシャ「もちろん、私もあの子を傷つけたくはないわ」

龍田「ひょっとして・・・私の事、舐めてます~?」ジャキッ

今回はここまでです。龍田がだいぶMADな雰囲気になってしまってファンの方々ごめんなさい
龍田は嫌いじゃないです。

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom