美琴「食蜂の胸、柔らかかったな……」(249)

美琴「って私はなにを考えて──」

食蜂「あらぁ? 御坂さんじゃない」

美琴「うひゃぁ!?」

食蜂「ちょっとぉ? 口裂け女に会ったときみたいな反応はやめてもらえるかしらぁ?」

美琴「あ、アンタがいきなり話しかけるからでしょうが!」

食蜂「はァ? 話しかけるときはいちいち許可とらなきゃいけないわけぇ?」

美琴「アンタの場合はね」

食蜂「言ってくれるわねぇ……私だって好きで話しかけたわけじゃないわよ」

美琴「なによ、私になにか用?」

食蜂「それは私のセリフ。御坂さん、私の名前を呼んでなかったぁ?」

美琴(聞かれてたっ!?)ギクゥ

美琴「あ、アンタのことなんて呼んでないわよ」

食蜂「間違いなくアナタの声だったと思うんだけど」

美琴「知らないわよ。聞き間違いじゃないの?」

食蜂「じゃあなんで目を背けるのかしらぁ?」

美琴「別に……アンタの顔なんて見たくないだけよ」

食蜂「あら、それは嬉しいわぁ。できればこのまま一生顔を合わせないでもらいたいくらいねぇ」

美琴「アンタが変なちょっかいかけてこなきゃそうなるわよ」

食蜂「ストレス発散はしないとねぇ」

美琴「こっちのストレスが溜まるのよ!」

食蜂「それじゃあ私はこれで」ヒラヒラ

美琴「あ……ちょ、ちょっと待ちなさいよ!」

食蜂「はい?」

美琴「あー……えーっと……」

食蜂「なぁに? やっぱり私に用があったの?」

美琴「そうじゃないんだけど……あっ! 服に糸屑ついてるわよっ」

食蜂「え、どこぉ?」

美琴「胸のあたり」

食蜂「どこよぉ。わかんないわぁ」

美琴「ここだって」ツン

食蜂「きゃっ……」

美琴「ほら、とってあげたわよ」

食蜂「御坂さん……」ジーッ

美琴「な、なに?」

食蜂「……まぁいいわぁ。一応お礼は言っておいてあげる。ありがと」

美琴「あ、うん。どういたしまして」

食蜂「じゃあ今度こそ行くわぁ。さよなら」スタスタ

美琴(……やっぱりすごく柔らかい)

夜・美琴の部屋

美琴「ねぇ黒子ー」

黒子「なんですの、お姉様」

美琴「アンタって女の子の胸触りたいとか思うの?」

黒子「お姉様……? 急にどうしましたの? 遂にお姉様もそちらの道に……?」

美琴「違うわよ! アンタの被害が他の人に及ばないか心配なだけ!」

黒子「ひどいですわ……わたくしはお姉様一筋ですのに……」

美琴「ご、ごめん」

美琴「じゃあ黒子は私以外の人の胸は触りたくならないの?」

黒子「当然ですわ!」

美琴「大きい胸でも?」

黒子「大小にこだわりはありませんわ。むしろ重要なのは形ですの」

美琴「感触は?」

黒子「か、感触?」

美琴「柔らかさとか、ハリとか……」

黒子「感触までは……そうですわっ! ここは一度触って確かめてみて──」

美琴「誰が触らせるかぁ!」ビリッ

黒子「あううっ……」ビクビクッ

美琴「ったく、すぐそれなんだから」

黒子「わたくしをその気にさせたのはお姉様ですのに……」

美琴「アンタが勝手に勘違いしただけでしょ」

黒子「そもそもどうして急に胸の話を……?」

美琴「え? あー……な、なんだっていいでしょ!」

黒子「も、もしかして……お姉様っ!」

美琴「なに?」

黒子「わたくしはいつでも準備OKですわよ!」

美琴「いや……そういうことじゃないから」

翌日

美琴「あ、食蜂」

食蜂「あら、御坂さん」

美琴「今から帰るところ?」

食蜂「そうよぉ。それがどうかした?」

美琴「別にどうもしないけど……」

食蜂「ふぅん? アナタの方から話しかけてくるなんて珍しいから、なにか企んでるのかと思った」

美琴「あ、アンタと一緒にするんじゃないわよっ」

食蜂(……その割にはやけに動揺してるわねぇ)

美琴(また触れないかな、食蜂の胸……)

美琴「えっと、その……元気?」

食蜂「え? ええ、まぁ……元気だけど」

美琴「そ、そう。それはよかったわ」

食蜂「ねぇ、御坂さん……やっぱりなにか企んでるでしょぉ?」

美琴「は、はいっ!? なんの話!?」

食蜂「アナタが私に世間話を振ってくるなんておかしすぎるもの。なにを隠してるの?」

美琴「なっ、なんでアンタに隠し事なんか……」チラッ

食蜂(今の視線は……?)

美琴(お、おっきい……!)

食蜂「御坂さん、どこ見てるのぉ?」

美琴「え、あっ、い、いや、そのっ……!」

食蜂「ねぇ……私の胸見てなかったぁ?」

美琴「みみみみ見てないっ! 全然見てないから!」

食蜂「ふぅん、そぉ……」

美琴「そうそう!」

食蜂「はぁ~、今日は暑いわねぇ……ブレザー脱いじゃおうかしら」プチッ

美琴「なっ……!?」チラッ

食蜂「やっぱり見てるじゃない」

美琴「ハッ!? し、しまった……!」

食蜂「やぁっと認めたわねぇ」

美琴「くっ……どうしてわかったのよ……」

食蜂「派閥の子達にもよく見られてるからねぇ。そういう視線には敏感なの」

美琴「アンタの派閥って……」

食蜂「もちろん、私のことをやらしい目で見た子にはちゃんとお灸を据えてるわよぉ?」

美琴「ど、どんな……?」

食蜂「大きい胸を見たら恐怖するように心理掌握だゾ☆」

美琴「それはいくらなんでもひどいわよ!」

食蜂「だから御坂さんにも同じように罰を与えたいんだけどぉ」

美琴「あ、アンタの能力は私には効かないわよ」

食蜂「そうなのよねぇ……困ったわぁ」

美琴「ほっ……」

食蜂「しょうがないから御坂さんが私を視姦してたって全校生徒に広めておくわぁ」

美琴「ちょっとぉ!? なおさらエグいんだけどっ!?」

食蜂「だって御坂さんには能力効かないしぃ? それなら間接的にやるしかないわよねぇ?」

美琴「わ、私が悪かったから! ごめんっ! だからそれはやめてっ!」

食蜂「んー……どうしましょぉ♪」

食蜂「ちなみに、なんで私の胸を見てたわけぇ?」

美琴「なんか気になって……」

食蜂「ウソね。ホントは触りたいんでしょぉ?」

美琴「うっ……」ギクッ

食蜂「派閥の子達もみんなそうだったもの。どうせ御坂さんも同じでしょぉ」

美琴「だってアンタの胸柔らかいし……触りたくなったってしょうがないでしょ」

食蜂「開き直らないでもらえるかしらぁ……?」

食蜂「ま、御坂さんの態度次第では考えてあげなくもないけどぉ?」

美琴「へ?」

食蜂「だからぁ……触らせてあげるって言ってるの」ニコッ

美琴「……どうせなにか条件があるんでしょ」

食蜂「さっすが御坂さん♪ 察しがよくて助かるわぁ♪」

美琴「アンタのイイ笑顔見てたらわかるっつーの……」

食蜂「別にいいのよぉ? 断ってくれても私は困らな──」

美琴「いいからさっさと条件言いなさいよっ」

食蜂(どんだけ触りたいわけぇ……?)

食蜂「胸を触らせてあげる条件はぁ……私の奴隷になること♪」

美琴「誰がなるかぁっ!」

食蜂「冗談よぉ♪ さすがに奴隷になってくれるとは思ってないわぁ」

美琴「ったくアンタは……で、本当はなにがお望みなのよ」

食蜂「そうねぇ……私のぼでぃがぁどになるっていうのはどう?」

美琴「ボディーガード?」

食蜂「ええ。ほらぁ、私って美少女だしぃ、御坂さんと違って中学生離れしたスタイルじゃない?」

美琴「それがなんだってのよ」

食蜂「だからぁ、登下校でひとりは少し怖いっていうかぁ? 誰か強い人がそばにいてくれると嬉しいなぁって♪」

美琴「なーに言ってんのよ。アンタには鬱陶しいくらい取り巻きがいるでしょうが」

食蜂「彼女達じゃ戦闘力的に不安だから。その点御坂さんは普段からバイオレンスだし安心できるでしょぉ?」

美琴「……一応褒め言葉として受け取っておいてあげるわ」

食蜂「あら、褒め言葉以外にどんな解釈があるっていうのかしらぁ?」

美琴「ふんっ……そもそもアンタにはボディーガードなんて必要ないでしょうが。レベル5の肩書きは飾り?」

食蜂「まぁそこらへんの不良だったらどうとでもなるけどぉ、本当にヤバい連中は別の話よ」

美琴「ちょっと……アンタまたヤバいことに首突っ込んでんの?」

食蜂「違うわよ。でも私達の場合はこっちにその気がなくても向こうが勝手に盛り上がっちゃうでしょぉ」

美琴「あー……悲しいけどそれはよくわかる」

食蜂「御坂さんなら私の苦手分野をカバーできるしぃ? 結構相性イイと思うのよねぇ、私達」

美琴「一方的な相性ね。私は苦手分野とかないし」

食蜂「幼女の敵が出てきたらどうするのよ」

美琴「なんで幼女なのよっ」

食蜂「御坂さん、年下の子にすごく弱いじゃない。きっと相手に籠絡されて手玉にとられるのがオチね」

美琴「とられないから!」

食蜂「そういうときに私がいたら傷つけずに無力化できるでしょぉ? ほらぁ、相性バッチリ♪」

美琴「話を聞けーっ!」

食蜂「それでどうなのぉ? 私のぼでぃがぁど、やるの?」

美琴「まぁそれくらいなら……大してやることなさそうだし」

食蜂「OKってことでいいのねぇ?」

美琴「……ょうね」

食蜂「はい?」

美琴「ちゃ……ちゃんと触らせてくれるんでしょうね」

食蜂「ふぅん、気になってるのはそこなのねぇ……♪」ニヤニヤ

美琴「交換条件って言ったのアンタでしょ! や、約束しなさいよ!」

食蜂「ええ、いいわよぉ♪ た・だ・しぃ……1日1分ね♪」

美琴「は……? 1分……?」

食蜂「1分で充分でしょぉ?」

美琴「いやいや、1分は短くない?」

食蜂「じゃあ何分ならいいのよ」

美琴「んー……10分くらい?」

食蜂「そんな触ってどうするのよ」

美琴「別にどうこうするわけじゃないけど……」

食蜂「じゃあ1分でいいでしょぉ」

美琴「え~……」

食蜂「イヤならこの話はナシってことで☆」

美琴「わ、わかったわよ。1分でいい」

食蜂「ふふっ、これで契約成立ねぇ♪」

美琴(うまく誤魔化せば5分くらいはいけるはずよね)

食蜂(御坂さん奴隷化計画の第一歩ね♪)

翌日

食蜂「おはよう、御坂さん」

美琴「……おはよ」

食蜂「ふふっ、約束どおり来たのねぇ♪ 感心感心♪」

美琴「少し遠回りするだけだしね。これくらいなら大したことないわよ」

食蜂「そばにいるだけじゃなくて、いざというときにはちゃんと私のこと守りなさいよぉ?」

美琴「わかってるわよ。そんな命知らずのやつがいたらの話だけど」

食蜂「あとはぁ……御坂さんが私を襲うなんてことはないようにねぇ?」

美琴「は、はァ!? 誰がアンタなんか襲うかっ!」

食蜂「なに言ってるのよ。私の胸に触れたくて仕方ないくせに」

美琴「さ、触るのと襲うのは違うでしょ!」

食蜂「私からしたら同じよねぇ。貞操の危機だわぁ」

美琴「アンタの貞操なんていらないから!」

食蜂「でも胸は触りたいんでしょぉ?」

美琴「うっ……」

食蜂「正直に答えないとご褒美あげないわよぉ?」

美琴「……たい」

食蜂「なぁに? 聞こえなかったわぁ」

美琴「触りたい……です……」

食蜂「ふふっ、よく言えましたぁ♪ イイ子ねぇ、御坂さん♪」ナデナデ

美琴(調子のって……ブッ飛ばしてやりたい)

食蜂「帰りもしっかりお勤めを果たしたらご褒美あげるから、それまでおとなしく我慢してなさぁい」

美琴「べっ、別に今すぐ触らせてほしいなんて言ってないでしょ!」

食蜂「口ではそう言っても、目の方は欲望に忠実よねぇ……さっきからチラチラ見てるの、バレバレだゾ?」

美琴「なっ……!」ギクッ

食蜂「頭の中は私のおっぱいのことでいっぱいなんでしょぉ? 無理しないでいいのよぉ?」

美琴「うるさい! もう行くわよっ」プイッ

食蜂「はいはい。あ、ちゃんと私の歩調に合わせてよぉ。せっかちはキライだから」

美琴「なんつーワガママな……」ボソッ

食蜂「なにか言ったぁ?」

美琴「なんでもないわよっ」

放課後

黒子「あら、お姉様?」

美琴「あ、黒子。今から帰り?」

黒子「ええ。お姉様は誰かをお待ちですの?」

美琴「まぁそんなところ」

黒子「でしたらわたくしはこれで……お姉様、門限はお忘れなきよう」

美琴「はいはい、わかってるわよ」

黒子「それではまた──」

食蜂「御坂さぁん、お待たせぇ♪」

黒子「……は?」

食蜂「ってあらぁ? 白井さんじゃない。どうしたのぉ?」

黒子「それはこちらのセリフですわ。お姉様になにか用ですの?」

食蜂「これから帰るのよ。ふたりで」

黒子「ふたりで……? お姉様、どういうことですの? 弱みでも握られましたの!?」

美琴「ち、違うわよ! ちょっと用事があんのっ。ね、ねぇ?」

食蜂「え? あーそうねぇ……♪」ニヤニヤ

美琴(食蜂……コイツ絶対楽しんでるわね……!)

食蜂(言っちゃってもいいけどぉ……まだ早いかしらねぇ……♪)

黒子(なんですの、この視線のやりとりは……)

食蜂「まぁ要するにぃ、私達はこれからお楽しみってこと♪」

黒子「お楽しみって……なにするつもりですのっ!?」

食蜂「そんなの決まってるじゃなぁい……ふたりでしっぽりと……♡」ポッ

黒子「し、しっぽりぃ!?」

食蜂「そういうわけだからぁ、もう行くわねぇ。さよなら、白井さん」ヒラヒラ

黒子「お、お待ちなさい! わたくしが逃すとでも──」

食蜂「動いちゃダメだゾ☆」ピッ

黒子「なっ……!?」ピタッ

食蜂「少しの間そこでおとなしくしてなさぁい。じゃあ行きましょぉ、御坂さん」

美琴「う、うん……黒子、ごめんね。帰ったら説明するから」

黒子「お、お姉様ぁ~!」

帰り道

食蜂「あー楽しかったぁ♪ 白井さんの最後の表情見たぁ?」

美琴「アンタね……テキトーなこと言って黒子を煽るんじゃないわよ」

食蜂「あら、間違ったことは言ってないと思うけどぉ?」

美琴「どこがよ! お楽しみだのしっぽりだの言ってたでしょうが!」

食蜂「だって御坂さん、ずっと楽しみにしてたんじゃないのぉ?」

美琴「し、してないわよっ」

食蜂「ホントにぃ~? 授業中に私のおっぱいのこと考えたりしなかった?」

美琴「あ……か、考えてないからっ!」

食蜂(能力効かなくても心が読めるって面白いわね)

食蜂「ま、白井さんへの弁解はひとりで頑張ってねぇ」

美琴「考えるだけでメンドクサイ……」

食蜂「なんなら私がボタン1つで全部説明してあげてもいいけど」

美琴「勘弁してよ……っていうかアンタさ」

食蜂「なぁに?」

美琴「そもそもなんでさっき黒子に本当のことを教えなかったのよ」

食蜂「あら、教えちゃってよかったのぉ?」

美琴「よくないけど、アンタの性根の悪さを考えると絶対言いふらしそうじゃない」

食蜂「アナタねぇ……私だって胸を触らせるのは恥ずかしいんだゾ? 他人に言えるわけないでしょぉ」

美琴「そ、そうなんだ……ごめん」

食蜂(なーんてね♪ 御坂さんを完全に堕としてから見せつけた方が面白いに決まってるわぁ♪)

食蜂の部屋

美琴「アンタの部屋に上がるのって初めてよね」

食蜂「そうねぇ。それがどうかしたぁ?」

美琴「どうもしないけど……なんか落ち着かなくて」

食蜂「なぁに? 緊張してるのぉ?」クスッ

美琴「別に緊張してるわけじゃないわよ……」

食蜂「そっちの寮と大して変わらないでしょぉ」

美琴「まぁそうなんだけど……なんていうか」

食蜂「ん?」

美琴「……やっぱりなんでもない」

食蜂「なによ、気になるわねぇ」

美琴(なんだろう……部屋全体がイイ匂いに包まれてる気がする……)

食蜂「それにしてもなんだか今日は疲れたわぁ」

美琴「ただ学校行っただけでしょうが」

食蜂「誰かさんがやらしい目で見てくるからぁ、気疲れみたいな?」

美琴「そ、そんなに見てないわよ!」

食蜂「少しは見たのね」

美琴「……ちょ、ちょっとだけ」

食蜂「つまりこの疲れは御坂さんのせいってことね」

美琴「なによその理屈!?」

食蜂「っていうわけだから肩揉んでくれるぅ?」

美琴「どんなわけよ! 全然話繋がってないから!」

食蜂「やっぱり大きいと肩凝っちゃうのよねぇ。御坂さんにはわかんないだろうけど」

美琴「話聞きなさいよ! 私はやらないからね!」

食蜂「胸揉ませてあげるんだから肩も揉んでくれたっていいでしょぉ」

美琴「それは条件に入ってないから!」

食蜂「じゃあ胸も触らせてあーげない」

美琴「ちょっと! 約束破るっていうの!?」

食蜂「だって御坂さんが冷たいから」

美琴「アンタに優しくする理由がない!」

食蜂「そんな人に胸触らせるなんてイヤだしぃ」

美琴「ぐっ……わかったわよ。肩揉めばいいんでしょ」

食蜂「やぁん、御坂さん優しい~♪」

美琴「終わったら絶対胸触らせてもらうからね!」

食蜂「……表情が本気すぎて怖いわよ」

食蜂「あんまり強くしないでよぉ。御坂さん馬鹿力なんだから」

美琴「アンタが非力すぎるだけでしょ……こんくらいでいい?」モミモミ

食蜂「ええ、ちょうどいいわぁ~……♪」

美琴「ったく、なんで私がこんな……ん?」ピクッ

食蜂「どうかした?」

美琴(コイツの髪、すっごくイイ匂い……部屋の甘い匂いが凝縮されたみたいな……)スンスン

食蜂「ちょ、ちょっとぉ……? なんか鼻息荒くなぁい……?」

美琴「ハッ! な、なんでもないわよっ!」

食蜂「そ、そぉ……それならいいけど」

5分後

美琴「ふぅ……どう? 結構ほぐれたと思うけど」

食蜂「気持ちよかったわぁ、御坂さん。ご苦労様☆」

美琴「お礼なんていいのよ! それより食蜂!」ズイッ

食蜂「ちょっ……ち、近いんだけどぉ」

美琴「もう触ってもいいのよね!?」

食蜂「触るってどこにぃ……?」

美琴「とぼけんじゃないわよ! 胸に決まってるでしょ、胸っ!」

食蜂(言ってて悲しくならないのかしらぁ……?)

食蜂「まぁそういう約束だから触らせてあげるけどぉ……制限時間はちゃんと覚えてるでしょうねぇ?」

美琴「……1分でしょ」

食蜂「そのとおり。1秒でもオーバーしたら承知しないわよぉ」

美琴「肩揉んであげたんだからちょっとくらいオマケしてよ」

食蜂「えぇ~……そもそも私の肩が凝ったのは御坂さんのせいじゃない」

美琴「それはこじつけでしょうが!」

食蜂「こじつけじゃないわよ。御坂さんに見られてるから気が張っちゃって疲れたの」

美琴「また屁理屈言って……別にいいわよ、どうせアンタが譲歩してくれるとは思ってなかったし」

食蜂(んー……すっごく不本意だけどぉ、ここは折れておいた方が信用力増すかしら)

食蜂「……2分」

美琴「へ?」

食蜂「特別に2分にしてあげるわぁ」

美琴「いいのっ!?」

食蜂「ホント特別にねぇ。肩揉んでくれたお礼」

美琴「食蜂……アンタも結構イイところあるのねっ」

食蜂「調子いいわねぇ……言っておくけど今日だけよぉ?」

美琴「わかってるって。ありがと、食蜂」

食蜂(御坂さんに本気で感謝されるなんて今まであったかしら)

美琴「じゃあ触っていい?」

食蜂「いいけど……ら、乱暴にしないでよぉ」

美琴「しないわよ」

食蜂「この前は結構荒々しい触り方だったじゃない」

美琴「あれはっ……アンタがからかってきたからつい……」

食蜂「ちょっと怖かったんだからぁ」

美琴「きょ、今日は優しくする! 約束する!」

食蜂「本当でしょうねぇ……変な触り方したら時間とか関係なく打ち切りだから。わかったぁ?」

美琴「うん、それでいい」

食蜂「はぁ……じゃあ触っていいわよぉ」

美琴「さ、触るわよ……」フニッ

食蜂「んっ……」ピクン

美琴「わっ……やっぱりすごく柔らかい……」

食蜂「感想とかいらないからぁ!」

美琴「だって本当に柔らかいんだもん……服の上からでもわかるくらい」フニフニ

食蜂「……直接触りたいとか言い出さないわよねぇ?」

美琴「え……そ、それはないって! 私だってそれくらいはわきまえてるわよ!」

食蜂「ふぅん……それならいいけど」

美琴(でも……直接触ったらきっとさらにすごいのよね……)ゴクリ

食蜂「……御坂さぁん? もういいのぉ?」

美琴「あ、待って! まだ触る!」ムギュッ

食蜂「ひぁっ!?」

美琴「え、あ、ごめん……い、痛かった?」

食蜂「も……もう終わりよぉっ」

美琴「えぇっ!? な、なんでよ……!」

食蜂「変な触り方したら終わりって言ったでしょぉ。今のは完全にアウト☆」

美琴「もうしないから! だからお願い!」

食蜂「イヤ☆」

美琴「そんな……」

食蜂(まったくもぉ……やっぱり御坂さんっていろいろキケンだわぁ……)

美琴「あ、あのさっ」

食蜂「なにかしらぁ。言っておくけど今日はもう絶対触らせないからねぇ」

美琴「そうじゃなくてっ!」

食蜂「じゃあなによぉ」

美琴「えっと……もう少しこのままでいい?」

食蜂「はァ? 背後から襲うつもりぃ?」

美琴「なんでそうなんのよ! 別になんにもしないわよ!」

食蜂「それならいいけどぉ……指一本でも触れるんじゃないわよぉ」

美琴「触らないって」

食蜂(っていうかなんにもしないならいる意味なくなぁい……?)

美琴(やっぱりイイ匂い……)クンクン

食蜂「ねぇ……」

美琴「んー……?」クンクン

食蜂「なにしてるのぉ?」

美琴「なにもしてないけど」クンクン

食蜂「じゃあそろそろ離れてくれるぅ? 無言で背後にいられると気持ち悪いわぁ」

美琴「ん、もちょっと……」クンクン

食蜂「ちょっ……今髪に触れなかったぁ!?」

美琴「さ、触ってない触ってない! 鼻が掠っちゃっただけで……」

食蜂「鼻ぁ……?」ジロッ

美琴「う、うん」

食蜂「……とにかくもう離れなさぁい」

美琴「ちぇっ……わかったわよ」

食蜂(なんで名残惜しそうなわけぇ……?)

美琴「じゃあ私そろそろ帰るわね」

食蜂「本っ当に胸触りに来ただけなのねぇ、アナタ……」

美琴「う、うっさい。私とアンタでおしゃべりしてもしょうがないでしょ」

食蜂「まぁそうだけどぉ、御坂さんがここまで煩悩力まみれだとは思わなかったわぁ」

美琴「煩悩じゃないわよ!」

食蜂「情欲に濡れた目で言われてもねぇ……」

美琴「た、ただの知的好奇心だから!」

食蜂「あぁ、なるほど……自分にはないものねぇ♪」クスッ

美琴「もう帰るっ!」

食蜂「明日の朝もちゃんと来なさいよぉ」

その夜・美琴の部屋

美琴「はぁ~……疲れた」

黒子「……お姉様~」

美琴「うわっ。アンタいたの……」

黒子「食蜂操祈となにしてましたの」

美琴(あー……なんて説明しよう)

黒子「どうしましたの。説明すると言ったのはお姉様ですわよ」

美琴「いや、まあ……それはそうなんだけど」

黒子「まさか……わたくしに言えないようなことをしていた、とか」

美琴「し、してないわよ」

黒子「なんで動揺しましたの」

美琴「べっ、別に動揺なんて……」

黒子「やはり……やはり『しっぽり』しましたのねぇ~!」

美琴「違うっての!」

翌日

美琴「──ってわけで黒子を落ち着かせるの大変だったんだから」

食蜂「本当のこと教えてあげればよかったじゃない。私に夢中だって♪」

美琴「誰がアンタに夢中よ!」

食蜂「素直じゃないわねぇ……♪」クスッ

美琴「い、言っておくけどね! 私が好きなのはアンタじゃなくてアンタの胸だから!」

食蜂(とんでもないこと口走ってる自覚はあるのかしらぁ……?)

食蜂「まぁなんでもいいけどぉ、私には迷惑かけないでよねぇ」

美琴「そもそもアンタが黒子に余計なこと言うからでしょうが……」

食蜂「白井さんってからかい甲斐があるのよねぇ……御坂さんほどじゃないけど♪」

美琴「アンタなんて私がその気になれば黒コゲなんだけど」

食蜂「私に歯向かったらおっぱい触らせてあげないからねぇ」

美琴「じゃあ歯向かわないから好きに胸触らせて」

食蜂「それはダメ☆」

美琴「ちぇ……ケチっ」

食蜂「可愛く言ってもダーメ☆」

美琴「っていうか早く準備しなさいよ。遅刻するでしょ」

食蜂「あーそれなんだけどぉ、御坂さん今日は先に行ってていいわよぉ」

美琴「は? なんでよ?」

食蜂「なんか今日ダルいからぁ、あとから行くわぁ」

美琴「いや、どう見ても元気そうなんだけど」

食蜂「大人の女性にはいろいろあるのよぉ。まだお子ちゃまな御坂さんにはわからないだろうけど」

美琴「だーれが大人よ。ただめんどいからサボろうってだけでしょうが」

食蜂「わかってるならさっさと行きなさいよぉ。遅刻するわよぉ」

美琴「サボりなんて寮監が許してくれるわけないでしょ」

食蜂「御坂さん、私を誰だと思ってるのぉ? それくらい能力でどうとでもなるのよ」

美琴「じゃあ私が許さない。ほら、さっさと着替えなさい」

食蜂「ちょっとぉ、私のママにでもなったつもりぃ?」

美琴「同じ常盤台の生徒として言ってるのよ」

食蜂「アナタも門限破りとか散々やってるじゃない」

美琴「そ、それとこれとは話が別よっ。いいからさっさと準備する!」

食蜂「えぇ~……」

食蜂「やっぱりめんどくさぁ~い」

美琴「どうしても行かないって言うなら……最後の手段ね」

食蜂「なによ、最後の手段って」

美琴「私が脱がしてでも着替えさせる」

食蜂「は、はァ? 冗談でしょぉ?」

美琴「冗談言ってる目に見える?」

食蜂「ちょっ……そ、そんなことしたら二度とおっぱい触らせてあげないわよぉ? それは困るでしょぉ?」

美琴「別にいいわよ。これから先の分もまとめて今ここで揉んでやるから」

食蜂「アナタ結局それがしたいだけでしょぉ!?」

結局自分で着替えた

食蜂「はぁ……本気で貞操の危機を感じたわぁ……」

美琴「ちっ……」

食蜂「悔しがらないでもらえるかしらぁ?」

美琴「まぁいいわ。学校行くわよ」

食蜂「はいはい、わかったわよぉ」

登校中

食蜂「はぁ~、カバンが重いわぁ」

美琴「ふーん、そう」

食蜂「誰か代わりに持ってくれないかしらぁ」チラッ

美琴「いつもの取り巻きでも呼べば? すぐ来るでしょ」

食蜂「私は今すぐ代わってほしいの」

美琴「あっそう」

食蜂「ちょっとぉ? いくらなんでも察しが悪すぎるゾ」

美琴「わざとやってるって察してほしいんだけど」

食蜂「ホント性格悪いわねぇ」

美琴「私は他人を荷物持ちとして使おうとしてるやつの方が性格悪いと思うわ」

食蜂「使おうなんて思ってないわよ。御坂さんの善意に期待してるの」

美琴「私の善意にタダ乗りしたいだけでしょうが」

食蜂「あぁ言えばこぉ言う……めんどくさい人ねぇ」

美琴「私にめんどくさいことやらせようとしてるアンタに言われたくない」

食蜂「どうしても持つ気はないってわけぇ?」

美琴「当然よ」

食蜂「わかったわぁ、御坂さんの善意に期待するのはもうやめる」

美琴「珍しく潔いわね」

食蜂「そのかわりぃ、御坂さんの煩悩力に期待することにしたわぁ♪」

美琴「は……?」

食蜂「ねぇ、御坂さぁん……♪」スススッ

美琴「な、なによ」

食蜂「もしカバン持ってくれるならぁ……特別に1分延長させてあげるゾ♪」ボソッ

美琴「んなっ……!?」

食蜂「聡明な御坂さんならなんのことかわかるわよねぇ……♪」

美琴「ほ……ホントに?」

食蜂「ええ、帰りも持ってくれるならね♪」

美琴「昨日みたいに途中で打ち切ったりしない?」

食蜂「あれはアナタが悪いんでしょぉ……普通に触るだけならしないわよ」

美琴「怪しい……またなんかテキトーな理由をつけて打ち切る算段じゃないでしょうね」

食蜂「ふぅん、そういうこと言うのねぇ……じゃあこの話はなしってことで──」

美琴「う、ウソウソ! 冗談よっ! アンタはそんなことしないって信じてるっ」

食蜂「で、私のカバン持ってくれるの?」

美琴「……持つわよ。持てばいいんでしょ」

食蜂「はぁ~身体が軽いわぁ♪ 翼が生えた気分ねぇ♪」

美琴「翼は翼でも悪魔の黒いやつがね」

食蜂「あらぁ、どうしたのぉ? 眉間にシワが寄ってるゾ?」

美琴「白々しい……そもそも大して重くないじゃない、このカバン」

食蜂「それはアナタが脳筋だからでしょぉ。私のようなか弱い乙女には大変なの」

美琴「肩からかけるだけでしょうが」

食蜂「貧乳力に溢れてる御坂さんと違って私は立ってるだけでも肩が凝るの」

美琴「あーはいはい、それは大変ね」

昼休み

黒子「お姉様……どういうことですの」

美琴「いきなりなんの話よ」

黒子「今朝、お姉様と食蜂操祈が仲睦まじく登校していたと校内で噂になっていますわ」

美琴「昨日説明したでしょ。食蜂が危ない連中に襲われるかもしれないから護衛してあげてるの」

黒子「それでしたら仲睦まじくする必要はありませんの」

美琴「いや、私も仲睦まじくしてたつもりはないんだけど……」

黒子「食蜂操祈のカバンを持ってエスコートするお姉様を見たとクラスの子が言っていましたわ」

美琴(女子校ってどうしてこう変な方向に話を持っていきたがる子が多いのかしら)

美琴「たしかにカバンは持ってあげたけど、エスコートはしてないわよ。その子が大げさに言ってるだけでしょ」

黒子「そもそもなぜお姉様が食蜂操祈のカバンを持つ必要がありますの?」

美琴「それはまあ……アイツが持ってほしいって言うから」

黒子「そんなの断ればいいじゃありませんの」

美琴「えーっと……なんかこう、優しい気持ちだったのよ。たまたまね」

黒子「なんだか怪しいですわ……」

美琴「な、なにがよ」

黒子「お姉様と食蜂操祈は犬猿の仲ですのに……」

美琴「たまにはこういうこともあるわよ」

黒子「むぅ……」

放課後・帰り道

美琴「……なんかすっごく視線を感じるんだけど」

食蜂「まぁあれだけ噂になればねぇ」

美琴「アンタの耳にも入ってたのね」

食蜂「イヤというほどねぇ」

美琴「こういうときこそアンタの能力の出番でしょ」

食蜂「あら、御坂さんが私の能力に頼ろうだなんて初めてじゃなぁい?」

美琴「元をたどればアンタのせいなんだから、アンタがどうにかするのがスジってもんでしょ」

食蜂「責任転嫁はやめてよねぇ。おっぱい触らせてあげないわよぉ?」

美琴「や、約束破るのはダメだからっ」

食蜂「ま、鬱陶しいのは私も同じだから人払いはしてあげるわぁ」ピッ

美琴「……ねぇ、なんかみんな必死の形相で逃げていってるんだけど」

食蜂「それはぁ、今あの子達には御坂さんが口裂け女に見えてるからよぉ♪」

美琴「なんでよっ! もっと普通にできたでしょうが!」

食蜂「それだとつまらないじゃない」

美琴「ここで面白さは求めてないから!」

食蜂「注文の多い人ねぇ。お礼の一つも言えないわけぇ?」

美琴「むしろアンタに謝罪してもらいたいくらいよ!」

食蜂「もぉ~、大きい声出さないでよねぇ。せっかく人払いしたのに目立ったら意味ないでしょぉ」

美琴「アンタが余計なことするからでしょうが……」

食蜂「あの子達にかけた能力は5分後に解けるようにしてあるから安心しなさぁい。それよりも……ねぇ、御坂さん?」

美琴「なによ」

食蜂「そろそろカバンを持ってもらいたいんだけどぉ」

美琴「はァ? ったくしょうがないわね……ほら、貸しなさいよ」

食蜂「やぁん、御坂さん優しい♪」

美琴「優しくしてるわけじゃないから。約束は守りなさいよ」

食蜂「えーっとぉ、30秒延長だっけぇ?」

美琴「1分よっ!」

食蜂の部屋

美琴「ねぇ食蜂。今日も肩揉んであげよっか?」

食蜂「遠慮しておくわぁ」

美琴「ちょ、なんで断るのよ!?」

食蜂「下心が見え見えすぎてイヤ☆」

美琴「し、下心? な、なんのことかな~……」

食蜂「どうせ肩揉むかわりに1分延長させようって考えでしょぉ? お見通しだから」

美琴(くっ……なんでわかったのよっ)

美琴「じゃあ1分延長はいいから、肩揉んであげる」

食蜂「え……なに言ってるのぉ? 頭打ったの?」

美琴「善意よ、善意」

食蜂「……なんか気持ち悪い。裏があるんじゃないでしょうねぇ」

美琴「アンタね、少しは私を信用しなさいよ」

食蜂「おっぱい触りに来てる人を信用できるわけないでしょぉ」

美琴「うっ……」

美琴「ま、まぁほら、今はそのことは忘れてさ……人の善意は受け取っておくものよ?」

食蜂「相手が御坂さんじゃなければそうしてるけどねぇ……」

美琴「ホントに肩揉むだけだってば!」

食蜂「むぅ~……」

美琴「い、イヤ……?」

食蜂「……後ろから胸元覗き込んだりするんじゃないわよぉ。っていうかやらしいこと全部禁止」

美琴(匂い嗅ぐのはやらしいことじゃないしセーフよね……)

美琴「痛くない?」モミモミ

食蜂「ん、平気……御坂さんって結構肩揉み上手よねぇ」

美琴「そう? まぁたまに黒子を労ってあげてるからね」

食蜂「ご奉仕力が高いのはいいことだわぁ」

美琴「ちょっと……ご奉仕じゃなくて親切っ」

食蜂「細かいわねぇ……ま、今はそういうことにしておいてあげるわぁ」

美琴「ったくこのエセ女王は……」

食蜂「それはあの子達が勝手に呼んでるだけなのに」

美琴(そんなことより……)クンクン

食蜂「ちょっと聞いてるぅ? 私が言わせてるわけじゃないのよぉ?」

美琴「うん……」クンクン

食蜂「……御坂さん?」

美琴「はぁ……♡」ウットリ

食蜂「ねぇ、手が止まってるんだけどぉ」

美琴「ふぇ?」

食蜂「手が止まってるって言ってるの」

美琴「あ……ごめんごめん」モミモミ

食蜂「御坂さん……変なことしてないでしょうねぇ」

美琴「ちょ、ちょっとボーッとしてただけ」

食蜂「ボーッとねぇ……実はおっぱいに目がいってたんじゃないのぉ?」

美琴「見てないわよ」

食蜂「ホントかしら。あやしいわぁ」

美琴「あーうっさい。満足したら早く言いなさいよ」モミモミ

食蜂「あら、本当に興味ないわけぇ?」

美琴「見るなって言ったのはアンタでしょ」

食蜂(……なによ、これだと私に魅力がないみたいじゃない)

美琴(はぁ……イイ匂い……♡)クンクン

食蜂「ねぇ、御坂さん?」

美琴「ん……なに?」

食蜂「リボン外してくれるぅ?」

美琴「リボン……? アンタの?」

食蜂「ええ、お願い」

美琴「な、なんで急に……?」

食蜂「もう部屋だし、鬱陶しいじゃない?」

美琴「でも、それだと……」

食蜂「もぉ~、いいから早くぅ」

美琴(……胸に手が触れちゃってもいいのかな)

美琴「じゃあ外すわよ……」スッ

食蜂「あらぁ?」

美琴「なによ」

食蜂「なんか手が震えてなぁい?」

美琴「そ、そんなことないからっ! ほら、外したわよ!」

食蜂「ありがと。ところでぇ……」

美琴「ま、まだなにかあんの?」

食蜂「御坂さん……そろそろおっぱい触りたくなってきたんじゃなぁい?」

美琴「えっ……えっと、それはっ……」

食蜂「どうなのぉ?」

美琴「……その、アンタさえよければ」

食蜂(うんうん、やっぱりおっぱいにメロメロみたいねぇ♪)

食蜂「そうねぇ……まぁいいかしら」

美琴「ホントっ?」

食蜂「今日1日それなりにご奉仕できてたし、一応ご褒美はあげないとねぇ」

美琴(いろいろと腹立つ言い方だけど……我慢我慢)

食蜂「昨日も言ったけど変な触り方はナシよぉ?」

美琴「わかってる。昨日みたいに痛くはしないから」

食蜂「別にアレは痛かったわけじゃ……」ゴニョゴニョ

美琴「え、なに?」

食蜂「な、なんでもないわよぉ! いいから早く終わらせてっ!」

美琴「は、はいっ」

美琴(優しく、優しく……)ムニュ

食蜂「ん……」

美琴(柔らかい……♡)フニフニ

食蜂「……ぁ」ピクッ

美琴「え……だ、大丈夫?」

食蜂「な、なにがぁ?」

美琴「なんか今ビクッてしたから……痛かったのかなって……」

食蜂「なんともないから」

美琴「でも今ビクッて──」

食蜂「全然なんともないからっ」

美琴「じゃあ続けるけど……いいの?」

食蜂「お、お好きにどうぞ?」

美琴(ホントにいいのかな……)フニフニ

食蜂「あっ……」ピクッ

美琴(……にしても)モミモミ

食蜂「んっ……あっ、はぁ……」

美琴(なんか……なんか吐息が色っぽい!)

食蜂(や、やっぱりコレいろいろとまずいわぁ……!)

食蜂「ちょ、ちょっとストップぅ!」

美琴「え……もう2分経った!?」

食蜂「まだだけどぉ、そのぉ……」

美琴「なによ?」

食蜂「……今日の触り方なんかやらしくなぁい?」

美琴「なっ……や、やらしくなんてないわよっ! そもそもやらしい触り方ってどんなのよ!?」

食蜂「少し弱々しく触る感じっていうか……」

美琴「それは痛くしないように気をつけてるのよ!」

食蜂「んー……でもやっぱりやらしい」

美琴「わ、私はアンタのことを考えて優しく触ってたのに……!」

食蜂「その気持ちは嬉しいけどぉ、そっちの方がまずいのよねぇ……」

美琴「なにがまずいの……?」

食蜂「えっ? えーっとぉ……その、くすぐったい感じ?」

美琴「そうなんだ……ごめん……」

食蜂(御坂さん、本当にわかってないのねぇ……)

美琴「ねぇ……今日も打ち切り……?」

食蜂「悪気ないのはわかってるけど、やっぱりねぇ……」

美琴「そんなぁ……」

食蜂「そ、そこまで落ち込むことじゃないでしょぉ」

美琴「別に……落ち込んでないし……」

食蜂「どう見ても落ち込んでるじゃない」

美琴「……落ち込んでないっ」

食蜂(こんな姿見せられるとさすがに気が咎めるわねぇ……)

食蜂「しょうがないから……アナタのお願い1つ聞いてあげるわぁ」

美琴「え、ホントっ!?」

食蜂「急に元気になったわねぇ……」

美琴「こ、コホン……お願いってなんでもいいの?」

食蜂「常識の範疇ならねぇ」

美琴「じゃあ……は、ハグでも……?」

食蜂「ハグって……抱きしめるってことぉ?」

美琴「う、うん」

食蜂(もっとやらしいこと言い出すかと思ったら……意外とまともねぇ)

食蜂「ハグはまぁいいんだけどぉ……アナタ、私とハグしたいわけぇ?」

美琴「どういう意味?」

食蜂「ハグって普通親しい間柄でするものでしょぉ? アナタが私とハグしたいなんておかしいじゃない」

美琴「それは……まあほら、最近少しは仲良くなってきたから、的な?」

食蜂「ウソね」

美琴「うっ……」ギクゥ

食蜂「どうせ他に狙いがあるんでしょぉ。全部吐きなさぁい」

美琴(匂い嗅ぎたいから、なんて言ったら絶対却下されるわよね……どうしよう……)

食蜂「……なぁんてね♪」

美琴「え……」

食蜂「別に聞かなくても御坂さんの考えてることなんてわかるわぁ」

美琴(ば、バレてる……!?)

食蜂「抱きしめたときにおっぱいの感触を堪能するつもりなんでしょぉ? ホントわかりやすいわねぇ♪」

美琴「……は? いや、それは……」

食蜂「誤魔化そうとしたってダメ☆ 御坂さんがおっぱい大好きなのは知ってるんだから♪」

美琴(……まあいっか、勘違いのままで)

美琴「で……ハグしていいの?」

食蜂「まぁ私としては不本意だけどぉ……お願いならしょうがないわよねぇ」

美琴「じゃ、じゃあ……もういい?」ウズウズ

食蜂「んー……」

美琴「な、なんで悩んでるのよっ」

食蜂「御坂さんってせっかちねぇ」

美琴「別にそういうわけじゃ……あ、アンタも早く済ませたいでしょ」

食蜂「それはそうだけどぉ」

美琴「じゃあなんなのよっ」ウズウズ

食蜂(なんていうか……『待てっ』されてる犬みたいで面白いわね)

食蜂「ま、焦らすのはこれくらいにしてあげるわぁ」

美琴「結局ただの嫌がらせだったわけ!?」

食蜂「ちょっとからかっただけじゃない」

美琴「まずからかうなっ」

食蜂「そんな怒んないでよねぇ。ほら、ハグしていいわよぉ」

美琴「アンタねぇ……」イラッ

食蜂「なによぉ、しないでいいの?」

美琴「……する」ギュッ

食蜂「……いきなり素直になるんじゃないわよ」

美琴「ん……はぁ……」クンクン

食蜂「ちょっとぉ……吐息がくすぐったいんだけどぉ」

美琴「あ、ごめん……」

食蜂「まぁいいけど……あんまり興奮しないでよぉ」

美琴「こ、興奮なんてしてないからっ」

食蜂「ちょっ……か、顔近いわよぉっ」

美琴「え、あ、その……うぅ、バカっ」ギューッ

食蜂「ぁンっ……もぉ……」

食蜂「一体なんなのよぉ……照れ隠し?」

美琴「うるさい、バカ……これなら顔見えないからいいでしょ」ギュッ

食蜂「たしかにそうだけどぉ……少し密着力が高くなぁい?」

美琴「イヤならやめるけど……」

食蜂「んー……まぁいいわぁ。アナタのお願い聞くって言ったしねぇ」

美琴「……今日はいつもより優しいのね」ムギュ

食蜂「別にぃ……」プイッ

美琴「……?」

食蜂(そういえばあの子も抱きつき癖があったわねぇ……そういう遺伝子なのかしら)

美琴(やっと落ち着いて匂い嗅げ──)

食蜂「あらぁ?」

美琴「えっ!? な、なにっ?」

食蜂「アナタの髪……なんだかイイ匂いがするわねぇ」

美琴「へ……か、髪? そう?」

食蜂「ええ。柑橘系の香り」

美琴「まあシャンプーが柑橘系のやつだからね」

食蜂「ふぅん……御坂さんのくせに生意気ねぇ」

美琴「シャンプーで生意気ってなによっ!?」

美琴「っていうかそういうアンタだって……い、イイ匂いするじゃない」

食蜂「私? そうかしら」

美琴「うん……すごく甘い匂いがする……」

食蜂「んー……こういうのって自分じゃわからないものねぇ」

美琴(こんなにイイ匂いなのに……)クンクン

食蜂「……気持ち悪いからあんまり嗅がないでもらえるぅ?」

美琴「そ、そんな嗅いでないわよっ」

食蜂「大体いつまで抱きついてるつもりぃ?」

美琴「も、もう離れるわよっ」パッ

食蜂「はぁ……何事もなくてよかったわぁ」

美琴「どういう意味よ」

食蜂「御坂さんに押し倒されなくてよかったってこと」

美琴「なっ……し、しないわよそんなこと!」

食蜂「ただの冗談だから。御坂さん必死すぎぃ♪」

美琴「もっとまともな冗談にしなさいよ……」

食蜂「まぁでもぉ……おっぱい触られるよりはいいかしら」

美琴「それは当たり前でしょ」

食蜂「他人事みたいに言ってるけどアナタがいなければこんな比較しないで済んでるのよぉ?」

美琴「わ、わかってるわよ。ごめんね」

食蜂「だからって謝られてもねぇ」

美琴「もし胸触られるのがホントにイヤなら……明日からはハグでもいいけど……」

食蜂「1分おっぱい触るかわりに1分ハグってことぉ?」

美琴「う、うん。私はどっちでもいいから……」

食蜂「んー……そうねぇ……」

美琴「……案外悩むのね」

食蜂「え?」

美琴「絶対ハグって言うと思ってたから」

食蜂「もちろん常識で考えたらそうなんだけどぉ……」

美琴「じゃあ悩む必要ないでしょ?」

食蜂「うるさいわねぇ。そもそも私はどっちもイヤなの」

美琴「う……で、でもアンタからスキンシップしてくることだってあるじゃない」

食蜂「アレはただの気まぐれだから。全然話が違うわよ」

美琴「なによそれ……ホント自分勝手なやつ」ボソッ

食蜂(……御坂さんに抱きつかれるとあの子を思い出すから複雑なのよねぇ)

食蜂「とりあえずそのときの気分で決めることにするわぁ」

美琴「まあそれでもいいけど……気分が乗らないからってどっちも選ばないのはナシだからね」

食蜂「……御坂さんって読心能力もあったのぉ?」

美琴「アンタのやり口には慣れてきたってことよ」

食蜂「からかい甲斐がないとつまんないんだけどぉ」

美琴「別の楽しみを見つけることをお勧めするわ」

食蜂(……明日からは少し趣向を変えてみようかしら)

美琴(またよからぬことを考えてるわね……)

その夜・美琴の部屋

美琴「はぁ~……」ポワポワ

黒子「お姉様……帰ってきてからダラけすぎですの」

美琴「別にいいでしょ。自分の部屋でダラけたって」

黒子「それはそうですけど……も、もしや食蜂操祈と疲れるようなことをしましたの!?」

美琴「は……? 疲れる? なにソレ?」

黒子「い、いえ……なんでもありませんの」

美琴(むしろ……アイツの匂いで結構癒されたかも……)ポワポワ

黒子(先ほどからなんですのこの惚けた表情は……魅力的ですけどなんだか危機感を覚えますわ……)

一方・食蜂の部屋

警策『ヤッ、操祈ちゃん』ヒョコ

食蜂「あらぁ? 珍しいわねぇ、こんな時間に。厄介事ぉ?」

警策『イヤイヤ、大したことじゃないよっ。というか実は夕方に1回来たんだけどね』

食蜂「あら、そうだったのぉ? なんで声かけなかったのよ」

警策『だって操祈ちゃん取り込み中だったからさぁ』

食蜂「取り込み中……? そんなに忙しかった記憶は──」

警策『いやぁ知らなかったよっ。操祈ちゃんが美琴ちゃんと付き合い始めたなんて』

食蜂「……は?」

食蜂「私と御坂さんって……アナタもこの手の噂が好きだったのぉ?」

警策『噂? ナニナニ、実は結構有名な話だった?』

食蜂「根も葉もない噂よ。むしろアナタはどこで聞いたわけぇ?」

警策『聞いたっていうか、今日操祈ちゃん達が抱き合ってるのを見たから』

食蜂(なっ……と、取り込み中ってそういうことぉ!?)

警策『で、結局本当なの?』

食蜂「そ、そんなわけないでしょぉ」

警策『エー? あんな情熱的な抱擁をしてたのにぃ?』ニヤニヤ

食蜂「情熱的じゃないからっ!」

食蜂「看取さん、アナタ少し勘違いしているわぁ」

警策『フーン、どんな勘違い?』

食蜂「今日アナタが見たことは……アレは報酬なの」

警策『報酬? なんの?』

食蜂「最近御坂さんに私の小間使いを頼んでるのよぉ。その対価に、向こうの要求に応えてあげてるわけ」

警策『操祈ちゃんさぁ……せめてもっとまともなウソ吐いたら?』

食蜂「ウソじゃないんだけどぉ!」

警策『美琴ちゃんが操祈ちゃんの小間使いなんて受け入れるわけないし、ましてその対価に抱擁を要求するわけないっしょ』

食蜂(……たしかに私も1週間前ならこんな話信じなかったでしょうねぇ)

警策『ホラホラ。オネーサンにホントのことを話してごらん?』

食蜂「どうせなにを言ってもソッチに話を持っていくんでしょぉ……」

警策『だってねぇ……あんなにラブラブな姿を見せつけられたら私も納得せざるを得ないよっ』

食蜂「ら、ラブラブぅ……!? アレは御坂さんにせがまれたから仕方なく──」

警策『デモデモ、操祈ちゃんも頬染めてたよね?』

食蜂「染めてないからっ! 染めてたとしてもそれは暑かっただけよぉ!」

警策『素直じゃないなぁ……まぁそういうことにしといてあげるよ』ニヤニヤ

食蜂(……もう二度とハグなんてしないわぁ)

翌日

美琴「ちょっと、そろそろ出ないと遅刻するんだけど」

食蜂「だから先に行っていいって言ってるでしょぉ」

美琴「サボるつもりじゃないでしょうね」

食蜂「サボらないわよ。アナタもうるさいし」

美琴「それならいいけど……ひとりで平気なの?」

食蜂「今日はひとりで登校したい気分なの」

美琴「アンタがボディーガードとか言い出したんじゃない」

食蜂「律儀なのはいいけど、柔軟力も持ってもらいたいわねぇ」

美琴「あっそ……じゃあ先に行かせてもらうわ」

食蜂「ええ、そうしてちょおだい」

休み時間

帆風「ごきげんよう、御坂さん」

美琴「あ、こんにちは」

帆風「今朝はどうされたんですか?」

美琴「……今朝? なんのこと?」

帆風「おひとりで登校されてましたから……わたくしはてっきり女王と登校されるのかと思ってました」

美琴「いや、別に私はアイツと登校したいわけじゃ……」

帆風「あら? でも今朝も女王の部屋にいらしてませんでしたか?」

美琴「まあたしかに行きましたけど……」

帆風「もしかして女王と喧嘩をしてしまったのですか?」

美琴「したというか、いつもしてるというか……でも今朝はいつにも増して機嫌悪かったみたいで」

帆風「まあ……なにかあったのでしょうか」

美琴「どうでしょう。私にはよくわかんないです」

帆風「女王も少し気まぐれなところがありますから……」

美琴(……少し?)

帆風「あの……ご気分を害されてしまいましたか……?」

美琴「いえ、もう慣れっこなんで」

帆風「御坂さん……御坂さんはお優しいんですね」

美琴(本当は結構イラッとしたけど)

帆風「ところで……差し支えなければ御坂さんに1つ助言をしてもよろしいでしょうか?」

美琴「助言? ってなんのですか?」

帆風「女王について、ですわ」

美琴「それって……アイツのご機嫌取り的なこと?」

帆風「そ、そうではないんです。ただ、おふたりに仲直りしていただきたいと思いまして……」

美琴「もともとそんな仲良いわけじゃないですけど……」

帆風「最近はとても仲睦まじいように見受けられますわ。登下校をご一緒されてますし」

美琴「それには一応理由が……」

帆風「それはやはり……おふたりがお、お付き合いを始めたから、ということでしょうか……?」

美琴「え……いやいや違いますっ! 付き合うとかありえないから!」

帆風「ですがみなさんそう仰っておりましたし……」

美琴「噂を真に受けないでください!」

帆風「も、申し訳ございません……わたくしは本当に交際なさってるのかと……」

美琴「あの……派閥内でも結構噂になってるんですか?」

帆風「そうですね……昨日はその話題で持ちきりでした。なにせわたくし達の女王のことですから」

美琴(まずいわね……闇討ちとかされなきゃいいけど……)

美琴「その、最近食蜂とよく一緒にいるのは……アイツから護衛的なことを頼まれまして」

帆風「御坂さんが護衛……も、もしや女王の身に危険が迫っているんですか……!?」アワアワ

美琴「あ、いや、差し迫ったなにかがあるわけじゃなくて……念のためというか」

帆風「ほ、本当ですか? 女王は本当に大丈夫なんでしょうか……?」

美琴「ホントに大丈夫です、絶対」

帆風「それならいいのですが……」

美琴「万が一なにかあっても一応私がついてますし」

帆風「まあ……♪ 心強いお言葉ですわ。御坂さんは女王のナイトに選ばれたんですね♪」

美琴(ナイトって……女なんですけど……)

美琴「そ、そんなことよりっ。助言って結局なんなんですか?」

帆風「あ、そうでした。失念してました。先日、女王のお気に入りのお店で新作のお菓子が発売されまして……」

美琴「ああ、以前行ったところ……」

帆風「女王をお誘いしたらきっと喜ばれると思うんです♪」

美琴(私が誘ったらそれだけでイヤがりそうだけど)

帆風「いかがでしょうか?」

美琴「あー……まあ、考えておきます」

放課後

美琴「あ、やっと来た」

食蜂「……私を待ってたのぉ?」

美琴「そういう約束でしょ」

食蜂「アナタってホント無駄に律儀ねぇ……」

美琴「無駄言うな。帰りもひとりがいいってんならそうするわよ」

食蜂「はぁ……はい、コレ」スッ

美琴「は? なによ」

食蜂「カバン。もちろん持ってくれるんでしょぉ?」ニコッ

美琴「……やっぱり女王ってアンタが呼ばせてるでしょ?」

帰り道

食蜂「ふぅん、あのカフェに新作ねぇ……」

美琴「私も聞いた話だけどね。行ってみる?」

食蜂「アナタとふたりでぇ……?」

美琴「イヤならいいわよ。私はそこまで行きたいわけじゃないし」

食蜂「……仕方ないから付き合ってあげるわぁ」

美琴「いや、私は行かなくてもい──」

食蜂「本当に仕方なくだけどねぇ。御坂さんがどうしてもって言うから仕方ないわねぇ、これは」

美琴(……まあ機嫌も直ったみたいだし別にいっか、これで)

カフェ

美琴「アンタさ……ひとりで2つも食べるわけ?」

食蜂「そうよぉ? 言っておくけど一口もあげないからねぇ」

美琴「じゃなくて、よくそんな食べる気になるわね」

食蜂「これくらい普通じゃなぁい?」

美琴「太るわよ」

食蜂「心配力は無用よぉ。アナタと違って栄養は全部おっぱいにいくから☆」

美琴「っ……い、言ってなさい。そのうち胸の成長が止まって恐ろしいことになるから」

食蜂「つまり御坂さんはもう満足に甘いものも食べられないのねぇ。クスッ、かわいそぉ~♪」

美琴(本気でブッ飛ばしたい……)

美琴「大体アンタまだ成長中なわけ?」

食蜂「そうねぇ……最近またサイズが合わなくなってきたかしらぁ」

美琴「ちっ……」

食蜂「あら、嬉しくないのぉ?」

美琴「なんで私が喜ぶのよ」

食蜂「だってぇ……触るんだったら大きい方がいいんでしょぉ? 御坂さんは♪」クスッ

美琴「な……べっ、別に今さらアンタの胸がちょっと大きくなったって関係ないわよ!」

食蜂「そんな顔真っ赤にして言われてもねぇ……♪」ニヤニヤ

美琴「か、勘違いするんじゃないわよ。アンタが下品な話するからでしょうが」

食蜂「その下品なことを毎日私にしてるのは誰かしらぁ?」

美琴「う、うっさい……それに私はハグでもいいって言ったでしょ」

食蜂「どちらにせよおっぱいの感触を楽しむつもりでしょぉ。あとハグはさせないから」

美琴「え……ハグじゃないの? 昨日、胸触られるよりはマシだって……」

食蜂「そう思ったけどアナタと密着するのも不快力高いしぃ、今までどおりでいいわぁ」

美琴「そ、そう……まあいいけど……」

食蜂(……なんか元気なくなったわねぇ)

食蜂の部屋

美琴「じゃあ触るけど……本当にいいのね?」

食蜂「ええ、さっさと終わらせてちょおだぁい」

美琴(まあこれでも匂い嗅げるからいっか……)フニフニ

食蜂「ふぁっ……んっ……」ピクッ

美琴(あ、ビクッてした……それに……)サワサワ

食蜂「あっ、んぅ……ぁン……」

美琴(今日も色っぽい声……)ドキドキ

食蜂(な、なんでこの人はいちいち触り方がやらしいのよぅ……!)

食蜂「ねぇ……あ、アナタわざとやってるでしょぉ?」ジロッ

美琴「え……な、なにが?」

食蜂「そのやらしい触り方よぉ」

美琴「ふ、普通に触ってるだけよ」

食蜂「でも昨日よりやらしい気がするんだけどぉ」

美琴「やっぱりくすぐったい?」

食蜂「まぁ、そうねぇ……」

美琴「もしかしてアンタって結構敏感?」

食蜂「は、はァーッ!? 敏感とかじゃないからっ! 変な言い方するんじゃないわよぉ!」

美琴(なんで怒ってんの……?)

食蜂「と、とにかくぅ! これ以上やらしい触り方するなら金輪際触らせないからっ。わかったぁ?」

美琴「ちょ、ちょっと待ってよ! 私は本当にそういうつもりはないんだけど!?」

食蜂「セクハラは被害者側がそうだって思ったらセクハラなのよぉ? 知らないのぉ?」

美琴「横暴よ! どんな触り方でもアンタくすぐったいって言うじゃない!」

食蜂「加害者のくせにエラそうねぇ。少しは反省力がないわけぇ?」

美琴「じゃ、じゃあどう触ればいいのよ」

食蜂「え? どうって……」

美琴「どう触ればくすぐったくないのよ。それくらい教えてくれたっていいでしょ」

食蜂「そんなこと聞かれてもねぇ……おっぱい触ってくる人なんてアナタくらいだからわからないわよ」

美琴(……反論できない)

食蜂「そもそもおっぱい触らないっていう選択肢はないのかしらぁ?」

美琴「だから私はハグでもいいって言ってるんだけど」

食蜂「アナタそんなにハグしたいのぉ?」

美琴「違っ……私はあくまで選択肢の1つとして言ってるだけで……!」

食蜂「おっぱい触るのとハグだとどっちがいいの?」

美琴「それはっ……ど、どちらかと言えば、ハグだけど……」

食蜂(……血は争えないってことかしらねぇ)

食蜂「……カーテン閉めなさぁい。全部ね」

美琴「は……?」

食蜂「カーテン閉めたらぁ……ハグさせてあげる」

美琴「え、ホント? いや、っていうかなんでカーテン?」

食蜂「出歯亀力の強い人がどこで見てるかわからないから」

美琴「アンタの派閥って覗き魔までいんの……」

食蜂「ウチの子の話じゃないわよ。ただ私もアナタも注目力だけは高いからねぇ……念のためよぉ」

美琴(……そもそも覗きを気にするなら胸触るときからカーテン閉めとくべきなんじゃないの?)

食蜂(これで少なくとも看取さんに見られることはないはず……)

美琴「全部閉めたわよ」

食蜂「じゃあ……ハグする?」

美琴「う、うん」

食蜂「なに照れてるのぉ?」

美琴「照れてないからっ……す、少し恥ずかしいだけで……」

食蜂「それを照れてるって言うんじゃないのかしらぁ? 恥ずかしいならやめてもいいわよぉ」

美琴「やめないわよっ!」

食蜂(……そんなに私とハグしたいわけぇ?)

美琴「ん……」ギュッ

食蜂「相変わらず馬鹿力ねぇ」

美琴「えっ……そ、そんな力入れてないと思うけど」

食蜂「っ……冗談よぉ。っていうか耳元で囁かないで」

美琴「わ、悪かったわね」

食蜂「まったくもぉ……ホント困った人だわぁ」

美琴(もしかして……耳も敏感なのかな、コイツ)

食蜂(……それにしても)

美琴「ん、ふ……」クンクン

食蜂(本当にただ抱きついてるだけでいいのかしらねぇ……)

美琴「はぁ……♡」ウットリ

食蜂「ちょっとぉ……今の満足気なため息は一体なによぉ」

美琴「えっ、いや、あの……!」

食蜂「やっぱりやらしいこと考えてる?」

美琴「か、考えてないって」

食蜂(なぁんか怪しいのよねぇ……)

美琴(どうしよ……絶対怪しまれてる……)

美琴(でも……もっと匂い嗅ぎたいっ……)クンクン

食蜂「コラぁ……あんまりモゾモゾするんじゃないわよぉ」

美琴「ん、ごめ……」スンスン

食蜂(もしかして、御坂さん……)

美琴(もうホント……クセになり──)

食蜂「ねぇ……アナタまた匂い嗅いでなぁい?」

美琴「……か、嗅いでないわよ」

食蜂「じゃあ今の間はなにかしらねぇ……」

食蜂「本当のことを言いなさぁい」

美琴「だ、だから嗅いでないって」

食蜂「鼻スンスンさせてたでしょぉ」

美琴「そそっ、そんなことしてないわよ!」

食蜂「しらばっくれてもダメ☆ 耳元で聞こえたんだからぁ」

美琴「う……」

食蜂「正直に言わないと二度とハグさせてあげないわよぉ?」

美琴「……その、少し嗅いだ、けど」

食蜂「やっぱりねぇ」

食蜂「アナタって本当にやらしい人ねぇ」

美琴「ま、待ってよ……匂い嗅ぐのはやらしいことじゃないでしょ!?」

食蜂「やらしいに決まってるじゃない。しかも変態力の高いやらしさね」

美琴「別にやらしい気持ちがあったわけじゃないわよ!」

食蜂「じゃあどうしてこんなことしたのかしらぁ?」

美琴「だってイイ匂いするから……つい」

食蜂「どうせ私の匂い嗅いで興奮してたんでしょぉ」

美琴「してないっつーの!」

食蜂「ホントかしらねぇ、怪しいわぁ……」

美琴(ドキドキはしたけど……こ、興奮とは違う、はず……)

食蜂「ちなみにハグしたがってたのも本当は匂いを嗅ぐため?」

美琴「……そうよ」

食蜂「ふぅん……御坂さんって匂いフェチだったのねぇ」

美琴「は、はァ!? フェチじゃないわよ!」

食蜂「夢中になって匂い嗅いでたくせに?」

美琴「そりゃ嗅ぎはしたけど……アンタの匂いがたまたま好きなだけで、匂いフェチってわけじゃないから!」

食蜂「……私以外の人の匂いは嗅がないの?」

美琴「意識したこともないわ」

食蜂「ふ、ふぅん……」

食蜂「とりあえず御坂さんが私の匂い大好きだってことは理解したわぁ」

美琴「だ、大好きとまでは言ってないでしょーがぁっ!」

食蜂「似たようなものでしょぉ。大体匂いを嗅がれる私の気持ちを考えたことあるぅ?」

美琴「それはっ……やっぱりイヤ……?」

食蜂「まぁねぇ……自分の匂いってわからないし、もし、その……」

美琴「ホントにイイ匂いよ? すっごく甘い香りっていうか」

食蜂「っ……わ、わかったから力説するんじゃないわよぉ」

美琴「でも、なんか変に気にしてるみたいだから」

食蜂「変なところで気遣わなくていいからぁっ!」

美琴「気遣ってないわよ。ホントのこと言っただけ。イイ匂いだって」

食蜂「も、もういいってばぁ!」

食蜂「とにかく私が言いたいのはぁ、あんまり私の匂いを嗅がないでってことぉ。わかったぁ?」

美琴「それって……少しならいいってこと?」

食蜂「ずいぶんと都合のいい解釈力ねぇ」

美琴「アンタの性格的に、絶対にイヤなことだったら『あんまり』なんて言い方しないでしょ」

食蜂「勘違いしないでよねぇ。我慢させたらアナタがなにするかわからないからよぉ?」

美琴「別になにもしないわよっ」

食蜂「あんなに夢中になって嗅いでたのにぃ?」

美琴「夢中ってほどじゃないからっ……たぶん」

美琴「ところでさ……さっきはまだ1分経ってなかったわよね?」

食蜂「え……もしかしてまだハグしたいのぉ……?」

美琴「一応1日1分って約束でしょ」

食蜂「最初におっぱい触ってた時間も含めたら1分いってるんじゃないのぉ?」

美琴「あ……で、でもアレだってすぐやめたから1分はいってないはずよっ」

食蜂「えぇ~……っていうかそんなに私の匂い嗅ぎたいのぉ?」

美琴「……うん」

食蜂「はぁ……じゃあ10秒だけねぇ」

その夜・食蜂の部屋

警策『人の匂いを嗅ぐクセ?』

食蜂「ええ。ドリーにそんなクセあったかしら」

警策『他の人は知らないけど、私はよくされたよ。っていうか今もされるし』

食蜂「え、ホントにぃ?」

警策『抱きつくたびに人の匂い嗅いでるからね、あの子。操祈ちゃんもよく抱きつかれるっしょ?』

食蜂「まぁそうだけど……匂い嗅いでたなんて知らなかったわぁ」

警策『おもいっきりクンクンしてるからわかりやすいと思うケド』

食蜂(……性格は全然違うのに変なところだけ似てるのねぇ)

警策『で、ドリーのクセがどうかしたの?』

食蜂「別に大したことじゃないわぁ。忘れてちょぉだい」

警策『オヤオヤ? なにか隠そうとしてる?』

食蜂「してないから」

警策『ムー……まぁいいや。それよりドリーがまた会いたがってるよ』

食蜂「先週も会ったと思うんだけどぉ」

警策『フーン、じゃあ会いたくないんだ』

食蜂「そ、そうは言ってないでしょぉ……休日になったら会いに行くわよぉ」

警策『やっぱり操祈ちゃんってツンデレだよねぇ』

一方・美琴の部屋

美琴「ただいまー」

黒子「おっ姉様ぁ~んっ!!」ガバァッ

美琴「ちょっ、いきなり抱きついてくんじゃないわよっ」

黒子「黒子はずぅっとお姉様のお帰りを心待ちに──あら?」クンクン

美琴「なによ」

黒子「……他の女の匂いがしますの」

美琴「昼ドラ以外でそのセリフ初めて聞いたわ……」

黒子「今日はどちらに寄り道してましたの?」

美琴「食蜂の部屋よ」

黒子(ま、またしても食蜂操祈ですのっ……!?)

黒子「登下校に付き添うのはわかりますけど、部屋に上がる必要がありまして?」

美琴「必要はないけど……ふたりで帰ったら流れで部屋に上がるくらい普通でしょ」

黒子「お姉様と食蜂操祈に限っては普通じゃありませんの」

美琴(……たしかに)

黒子「部屋ではなにをしましたの?」

美琴「紅茶をご馳走になっただけよ」

黒子「それだけですの?」

美琴「そうよ」

黒子「むぅ……それだけでこんなに匂いが移るものですの?」

美琴(ハグしてたなんて言えない……)

美琴「な、なんかアイツの部屋って全体的に甘い匂いがするのよ。だからそれが移ったのかも」

黒子「ふむ……」

美琴「ところで黒子はこの匂いどう思う?」

黒子「はい? どういう意味ですの?」

美琴「イイ匂いだと思う?」

黒子「まあ不快な香りではありませんけど……少しくどい気がしますの」

美琴「え……そ、そう? クセになる匂いじゃない?」

黒子「いえ、特には」

美琴(もしかして私がおかしいのかな……)

翌日・登校中

帆風「女王、御坂さん、おはようございます」

美琴「あ、おはようございます」

食蜂「おはよぉ……アナタにしてはちょっと遅いんじゃなぁい?」

帆風「寮を出てから忘れ物に気づきまして……」

食蜂「相変わらず抜けてるわねぇ。寮監に目をつけられないように気をつけなさいよぉ?」

帆風「……はい! 心配してくださってありがとうございます♡」

美琴(一言多いとこは気にしないのね……)

帆風「ところで……おふたりは今日もご一緒に登校なさってるんですね♪」

食蜂「そうよぉ。御坂さんがどうしても私に付き従いたいって言うから」

美琴「テキトー言うなっ。登下校付き添えって言い出したのはアンタでしょ」

食蜂「あらぁ? そんなこと言っちゃっていいのぉ?」

美琴「な、なによ」

食蜂「元はと言えばアナタが私のおっぱ──むぐっ」

美琴「さ、さあ早く学校行くわよっ!」グイグイ

食蜂「ちょ、ちょっとぉ……! 引っ張るんじゃないわよぉ!」

帆風(女王にあんな気軽に……やはりおふたりはとても仲がよろしいですわ♪)

食蜂「まったくもぉ……どうしてそう粗暴なのかしら。少しは帆風を見習ってもらいたいわぁ」

帆風「わ、わたくしなんてそんな……御坂さんのお手本にはなれませんわ」

食蜂「こういう謙虚力もねぇ。聞いてるぅ? 御坂さん」

美琴「私は別にアンタの派閥に入りたいわけじゃないから」

食蜂「でも私に奉仕したいんでしょぉ?」

美琴「誰がいつそんなこと言ったのよ!?」

食蜂「だって率先して肩揉みしてくるじゃない」

美琴(……匂い嗅ぐためなんて言えない)

帆風(女王に肩揉みを……羨ましいです……)

食蜂「アレは私に仕えるっていう決意表明じゃなかったのぉ?」

美琴「んなわけあるかっ! 肩揉んであげてるのはただの親切心よ」

食蜂「親切心ねぇ。下心ならまだわ、か……る……?」

美琴「……食蜂?」

帆風「女王……? どうかなさいましたか?」

食蜂「ちょっと待ってぇ……もしかして御坂さん、アナタ……」ジトッ

美琴「え、わ、私?」

食蜂「……匂い?」ボソッ

美琴「なっ……!?」ギクゥ

食蜂「アナタが私に親切なんておかしいと思ってたのよねぇ……やっぱり下心があったんじゃない」

帆風「下心……? 御坂さんが女王に……ですか?」

美琴「ち、違うんです! ちょっと誤解が──」

食蜂「なにが違うのかしらぁ? 肩揉むフリして私の髪の匂いを堪能してたんでしょぉ」

美琴「ばっ、バカ! アンタなに言ってんのよ!?」

食蜂「事実じゃない」

美琴「言いふらすことはないでしょーがっ!」

食蜂「後ろめたいことする方が悪いわぁ」

美琴(だからってよりによって派閥の人に言うなんてっ……!)

帆風「御坂さん……」ユラァ

美琴(ヤバい……怒られるっ……!?)

帆風「……わかりますわ、その気持ち!」ギュッ

美琴「……え?」

食蜂「……は?」

帆風「実はわたくしも……女王の甘い匂いに魅かれてしまったことが何度もあるんです……♡」ポッ

美琴「は、はあ……」

帆風「ですからつい匂いを嗅いでしまうのも仕方のないことだと思います!」

美琴(なんか同志だと思われちゃってる!?)

帆風「きっと女王の匂いには人を魅了する魔力が──」

食蜂「帆風ぇ? アナタまだその戯言を続ける気かしらぁ?」

帆風「ハッ……!? もっ、申し訳ございません女王! お許しください……!」

食蜂「まったくもぉ……御坂さんと同レベルなんて恥を知りなさぁい」

美琴「どういう意味よっ!」

食蜂「そのままの意味だけどぉ?」

美琴「言っとくけどね……私はまだ数えるほどしかアンタの匂い嗅いでないからっ」

帆風「み、御坂さんっ? わ、わたくしも数え切れないほど嗅いだわけでは……」

食蜂「……回数の問題じゃないんだけどぉ」

食蜂「アナタ達、いい? もう二度と勝手に私の匂いを嗅ぐんじゃないわよぉ」

帆風「はい、二度としません! 誓いますっ!」

食蜂「イイ子ねぇ、帆風。それで御坂さんはぁ?」

美琴「……わかってるわよ」

食蜂「あらぁ? なにか不満力があるわけぇ?」

美琴「ないっての」

食蜂(自由に匂い嗅げないのがそんなにイヤなのかしら)

帆風(御坂さん、そんなに女王の匂いを嗅ぎたいんですね……お気持ちはわかります)

美琴(派閥の人と同レベル……)ズーン

昼休み

黒子「今日は帆風さんも交えて3人で仲良く登校したらしいですわね」

美琴「帆風さんはともかく、食蜂とは仲良くしてない」

黒子「クラスではお姉様が食蜂派閥に入ったと話題になっていましたわ」

美琴「毎日新しい噂が発生してるわね……しかもデタラメばっかり」

黒子「火のないところに煙は立たないと言いますの」

美琴「まあ一緒にいる時間が増えたのは確かだけど……たった数日でなんで付き合うだのなんだのって話になるのよ!?」

黒子「そのとおりですわ! その理屈なら黒子はもうお姉様の嫁と言われてもいいはずですのに……!」

美琴「いや、それもおかしいから」

美琴「ホント女子校の噂好きには辟易するわ」

黒子「わたくしはお姉様とでしたらいくら噂になってもかまいませんわよ?」

美琴「私がかまうっつーの」

黒子「つれないですの、お姉様……」

美琴「冗談は置いといて、食蜂との噂はどうにかしないと……私の身が危ないわ」

黒子「どうしてですの?」

美琴「こんな噂、アイツの取り巻きが黙っちゃいないでしょ」

黒子「むしろ食蜂派閥は祝福ムードとの話ですけど……」

美琴「は!? なんでよっ!?」

黒子「わたくしは食蜂操祈が能力を行使してる可能性が高いと思いますの」

美琴「食蜂が取り巻きを操って祝福させてるってこと?」

黒子「そうですの」

美琴「アイツにそんなことする理由がないわよ」

黒子「いえ、間違いありませんの……きっと外堀から埋めていってわたくしからお姉様を奪う算段なのですわ!」

美琴「なおさらありえないわ。あと私はアンタのモノじゃない」

黒子「お姉様のいけずぅ……♡」ツンツン

美琴「いや、そういうのでもないから……」

美琴「結局なんで祝福されてるのかしら……不気味だわ」

黒子「まわりの目が気になるのでしたら、護衛なんてやめればいいじゃありませんの」

美琴「え……いや、それは……一応約束だし」

黒子「そもそもいつまで続ける気ですの?」

美琴「えーっと……危機が去ったら?」

黒子「危機なんて本当にありますの?」

美琴「さ、さあ……」

黒子「……体よく使われてるだけじゃありませんの?」

美琴(妙に鋭いわね、コイツ……)

黒子「お人好しにも限度がありますわよ」

美琴「別に登下校付き添うくらい大したことないわよ」

黒子「そのせいでお姉様とわたくしの時間が減ってますのに……」

美琴「部屋で一緒にいるじゃない」

黒子「それだけではわたくしの愛は伝え切れませんわっ」

美琴「意味わかんないけど、まあいいわ。放課後ファミレスでも行く? 佐天さん達も呼んで」

黒子「食蜂操祈の護衛はいいんですの?」

美琴「平気よ、1回くらい」

黒子「でしたら……せっかくですしお姉様とわたくしのふたりきりで──」

美琴「佐天さんに伝えとくわね」

黒子「せめて最後まで聞いてくださいまし!」

放課後

美琴「──ってことだから今日は付き添わないけど、別に問題ないわよね?」

食蜂「そしたら私の荷物持ちは誰がやるわけぇ?」

美琴「普通に自分で持てばいいでしょ。あと私は荷物持ちじゃなくてボディーガードだっつーの!」

食蜂「大して変わらないでしょぉ? 要は私の従者なんだから」

美琴「っ……好きに言ってなさい。私はもう行くから」

食蜂「まぁ別に付き添ってくれなくてもいいけどぉ……今日はハグしないでいいのね?」

美琴「あ……うん、それでいいわ。そういう約束だし……」

食蜂「ふぅん……」

食蜂「お友達は少し待たせてもいいんじゃなぁい?」

美琴「え?」

食蜂「私の寮は近いしぃ、帰るだけならそんなに時間かからないと思うけど」

美琴「そんなにカバン持ってもらいたいわけ?」

食蜂「違うわよぉ。ただアナタの表情を見てたらぁ……ねぇ?」

美琴「わ、私がなんだって言うのよ」

食蜂「えぇ~? それは御坂さんが一番わかってるんじゃないのぉ?」クスッ

美琴「……見当もつかないわね」プイッ

食蜂「ねぇ、御坂さん?」ズズイ

美琴「ちょっ……く、くっつくんじゃないわよ」

食蜂「部屋まで送ってくれるならぁ……ご褒美の時間、3分にしてあげるゾ?」

美琴「3分!?」

食蜂「ええ、今日だけ特別に……ね♪」

美琴「ど、どうせなにか裏があるんでしょ」

食蜂「まぁ肩揉みくらいはしてもらうけどぉ、それだけでいいわよぉ?」

美琴(明らかにあやしい……でも匂い嗅ぎたい……)ウズウズ

食蜂「どぉ?」

美琴「今日は約束あるし……」

食蜂「遅れるって連絡入れておけば平気よぉ」

美琴「でも……」

食蜂「ご褒美ほしくないのぉ?」

美琴「う……」

食蜂「ハグ……したくないのぉ?」

美琴「わ、私──」

婚后「──御坂さん?」

美琴「え……あ、婚后さんっ」

食蜂「む……」

婚后「食蜂さんも……お久しぶりですわね」

食蜂「そうだったかしらぁ?」

婚后「相変わらずですわね……それはそうと、なにを戯れておりましたの?」

美琴「戯れてたんじゃなくて、一方的に嫌がらせされてただけよ。私が」

食蜂「よく言うわぁ。私と密着できて嬉しかったくせに」

美琴「う、嬉しくなんかないわよっ!」

婚后(これが所謂、『ケンカするほど仲が良い』というものでしょうか?)

婚后「ところで御坂さん、白井さんとの待ち合わせは大丈夫ですの?」

美琴「あれ、黒子待ってた?」

婚后「あちらで御坂さんをお待ちしていましたわ」

美琴「ヤバっ、早く行かないと」

食蜂「ちょっとぉ、御坂さぁん? 大事な人を忘れてなぁい?」

美琴「う……あ、アンタさ、どうしても私に送ってもらいたいの?」

食蜂「さぁ……どうしてもって言ったらどうするのぉ?」

美琴「それは……まあ、しょうがないかってなるけど……」

婚后「わたくしがご一緒いたしますわっ」

食蜂「……は?」

婚后「御坂さんは予定がありますから、わたくしが代わりに一緒に帰って差し上げますわ!」

食蜂「え~っとぉ……どうしてそうなるのかしらぁ……?」

婚后「ひとりで帰るのがイヤなのでしょう?」

食蜂「私がぼっち回避に必死みたいな言い方はやめてちょぉだぁい……ただ荷物持ち要員がほしいだけで……」

婚后「もちろん、わたくしが持って差し上げますわよ?」

食蜂「えぇ……?」

美琴(……食蜂を困らせるなんてやるわね、婚后さん)

食蜂「別にいいわぁ。アナタにそこまでしてもらう義理もないし」

婚后「義理でしたら、この前の──」

食蜂「あぁ~もぉっ……気持ちだけありがたく受け取っておくわぁ」クルッ

美琴「結局ひとりで帰るの?」

食蜂「ええ。アナタ達はさっさと白井さんのところに行けばぁ? それじゃぁねぇ」スタスタ

婚后「あ、食蜂さん……」

美琴(食蜂が折れるなんて珍しいわね……っていうか婚后さんすごい)

婚后「差し出がましい申し出だったでしょうか……」

美琴「婚后さんが気にする必要ないわよ。元からああいうやつだし」

婚后「やはり御坂さんと帰りたかったということですのね」

美琴「どうかしら。私をからかってただけだと思うけど」

婚后「そうでしょうか……食蜂さんのことですから、それだけが理由とは思えませんわ」

美琴(なんで婚后さんが食蜂を……もしかして操られてる……?)ジーッ

婚后「え……あ、あの、御坂さん? そんなに見つめられると恥ずかしいですわ……♡」

美琴「婚后さんって食蜂と話したことあったのね」

婚后「一度だけですが……大覇星祭のときに」

美琴「へぇー。同じ競技に出たの?」

婚后「いえ、食蜂さんがお見舞いに来てくださったのですわ」

美琴「え……お、お見舞いって、私が巻き込んじゃったときのアレ!?」

婚后「はい。御坂さんがいらしてくれた翌日に」

美琴「いやいや待ってよ……アイツがお見舞い? 本当に?」

婚后「はい」

美琴(ウソでしょ……潰し合ってくれて助かったとかほざいてたアイツが……!?)

美琴「なんか……食蜂らしくないというか……」

婚后「わたくしも最初はそう思いましたわ」

美琴「お見舞いに来たって記憶を捏造されたとか……」

婚后「それはさすがに食蜂さんに失礼ですわよ、御坂さん」

美琴「う……」

婚后「まあ……わたくしもあのとき話さなかったら食蜂さんのことを誤解したままだったので、偉そうなことは言えませんが」

美琴「……アイツとなに話したの?」

婚后「えーっと……食蜂さんからお見舞いの品をいただいて──」

大覇星祭3日目・とある病室

婚后「……こちらは?」

食蜂「学舎の園で一番人気のパティスリーの限定エクレアよぉ」

婚后「あの噂に名高い……買うだけでも大変だったんじゃありませんの?」

食蜂「本当よぉ。限定30個だし、早朝から並ばなきゃいけなかった(らしい)し、大変だったんだからぁ」
※実際に買いに行ったのは派閥メンバー

婚后「わたくしのためにそんな……ありがとうございます、食蜂さん」ニコッ

食蜂「……別に感謝されることではないわぁ。アナタを巻き込んでしまったのはこっちだし(っていうか御坂さんだけど)」プイッ

食蜂「それで? もう退院できるのぉ?」

婚后「はい。明日には退院できるそうですわ。競技にも参加していいとか」

食蜂「……痕は残らないのぉ?」

婚后「ええ、もうほとんど治っていますし」

食蜂「物々しいガーゼが顔に貼り付いてるけどぉ? 絆創膏も」

婚后「大体は午後に取れる予定ですわ」

食蜂「ふぅん……ま、大事なさそうでよかったわねぇ」

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2017年12月21日 (木) 18:51:23   ID: RGuEZCAP

同性愛?www

2 :  SS好きの774さん   2018年03月03日 (土) 17:42:32   ID: VTpFbIeM

最高

3 :  SS好きの774さん   2018年07月21日 (土) 18:51:10   ID: lLfTORxh

最高過ぎる

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom