光太郎「 ゼロから始める異世界生活などゆ゛る゛さ゛ん゛!! 」 (83)

仮面ライダーブラックRXとリゼロのコラボSS
短編で終わります。
ノリはRXです。
基本光太郎に襲い掛かるやからは全員ひどい目にあいます

続きは昼から書きます。
忙しくて申し訳ありません。

RX寄りのオリジナル要素多めなので矛盾はご了承を

クライシス要塞

ジャーク将軍「この徽章を見るのだ」

マリバロン「この小娘が所持しているものですか?」

ジャーク将軍「左様、地球とは異なるこの異世界に存在するこの徽章には特別な力、キングストーンに近いパワーが秘められているのだ!」

ゲドリアン「な、なんですと!?」

ガテゾーン「その徽章さえ手に入れば俺たちもRXに勝てるかもってことか」

ジャーク将軍「その通りだ、今の我々では太陽の力でパワーアップを果たしたRXに勝つ事はできん!だが、徽章さえ手に生えればRXに勝てるかもしれん」

ボスガン「たしかにそれは名案だ…」

マリバロン「将軍、ここは私にお任せください、今回踏み入れる異世界は魔術等と言った力が存在する世界。怪魔翌妖族が有利でございます」

ジャーク将軍「よかろう!マリバロン!!かならずあの異世界の小娘から徽章を奪うのだ!」

マリバロン「はっ!将軍!」

マリバロン「いでよ!怪魔翌妖族!魔反鬼(まはんき)!」

魔反鬼「はは!マリバロン様!」

マリバロン「RXにばれぬよう異世界に進入し、あのハーフエルフの小娘から徽章を奪い去るのだ!」

魔反鬼「かしこまりました、もし小娘が反抗してきたらいかがしましょう」

マリバロン「殺して構わないわ。我々クライシスの恐ろしさを異世界でも知らしめてやりなさい」

魔反鬼「かしこまりました…!」

マリバロン「徽章を手に入れればあの憎っくきRXを始末できる…」

異世界 貧民街にて

スバル「だから徽章をこっちに譲ってくれ!」

フェルト「ただで譲るわけないだろ?世の中そんなに甘くないっての!」

スバル「ぐぬぬぬ」

エミリア「あれは私にとっても大事なものなの…お願い…返して…」

フェルト「そうは言うけどなぁ…」

ロム爺「おっと、お客さんだ…」

エルザ「ふふ、徽章の取引に来たのだけれど…」

スバル「あんた何言ってるんだ…」

エルザ「彼らがいくら出すかは分からないけれど、お金ならいくらでも出すわよ」

ロム爺「ほう…」


しかしその時

ガシャーン!!!

???「待て!貴様、さっき人を殺めていたな!まさかクライシスか!」

エルザ「!?」

スバル「こ、こんどは何だ!」

エルザ「あら、見られちゃってたのね…只者じゃないわねあなた…」

光太郎「たまたまこっちの世界の裏山でクライシスが異世界への移動装置を弄っているのを目撃したんだ…貴様の仕業か!」

エルザ「クライシス…?なんのことかしら…まあとりあえずばれたからには全員死んでもらうけれど…」

光太郎「罪の無い人々を手にかけ、今度はここに居る人たちも巻き込む気か!ゆ゛る゛さ゛ん゛!!」


光太郎「 変 身 ! 」


エミリア「!?」

スバル「!?」

ロム爺「!?」

フェルト「!?」


                  、     ,
                     ヽ    /
                    ,ヽ-;‐;-i!.、
                , '⌒i!| |/!⌒`'、

                    /:.:.:.:。|!| |:|!:.:.:.:.:.:ヽ
                i:.:.:.:.:/|!| |:|'、:.:.:.:.:.:.!
               l、_;ノ┘| |└ヽ、_;;ィ

                ト'´;:、 -‐- 、`‐-!
                ヽ、\. : | /`>::.!
               ,:=ノ、ヽ _,/-'/ト、

                lヾ、:::`::─::::':´::./:::.ヽ
         _,. ;-‐'::"´\:ヽ:::::.::::::::::::/;':::::::.``‐-、___
       /::::::::/|:::,::::-‐'´::ヽ\_;::::-‐´::``‐-:、::.∧:::::::.``' 、
      /::::::::::::/'´::::::::::::::::::::::::`'Y'´::::::__::::::::::::::::``ヽ:::::::::::::::.ヽ

      |__:::::::/:::::::::::::.:. .  .:.::::::::|::.:.((⌒しメ、:::::::::::\_,::-‐┤
      /::::7‐'´|::::::::::.:..:. . .:.:::::::::|:::.:.:`´::::´::::::::::::::::::::|::::/´ ̄\
    //:::::::::::\:::::::::::::. :.::::::::::人:::::::::::::::::::::::::::::::::::/、i:::::::::.:::::::. \


RX「俺は太陽の子!仮面ライダーブラァッ!アーッエッ!」

エルザ「姿が変わっただけで私が動じるとでも?」

RX「クライシス!貴様の野望を止めてみせる!」

エルザ「まあいいわ。すぐに終わりにしてあげる、串刺しにおなりなさい!」<大量のナイフ

RX「させるか!」

ガキィン!?

エルザ「全て弾かれた!?」

RX「俺は炎の王子…」

 \                 /
   \   , -‐i冖 T ー 、 ,/
    ><´   |   |    X/
   / \、  |   l   // ヽ
  /    ヽヽ|    ! //   ヽ
  / ___\>l   rV_ム-一=l
. l´     `'ー'  o        l
 j    ____     _    |

 {ヽィ三ラ´   `}  /´  `ヾヨ「||
. l ぃ三{     ,ハ  ハ、    :} j,l|    
.  l ぃヨ:、  _/ _j__j ヽ、___,,.イ//|

   ! `)〕`T!|  ̄  |  ̄ ̄|〃 ff l
   ヽ || 〃l    |     |∬ ノj/
    ヽjj、《  l     |   | )ソ/
     /ヾゝ、l   广l  j . イ
    /ー-、_`>L__」- '"  {

ー-、 ,〈      ̄7ー-、___)

RX「RX!ロボライダー!」

ロボライダー「とぉわ!」バキィ!

エルザ「ぎゃああ!」

スバル「すげぇ…小屋の壁を貫通したぞ…」

フェルト「いや弁償しろ!」

ロボライダー「に が さ ん!」

パック「あはは、恐怖と言う感情を久々に感じたよ…」

エミリア「パックが冷や汗かいてる…」

エルザ「お、おぼえていなさい…RX!」

ロボライダー「そうはいかん!ボルティックシューター!!!!」

チュドーン

エルザ「あんぎゃーーーーー!」

一同「」

         人\ , </,{   |////7У人
              \\///,|   |///// ,              r==ミ´ヽ __
            //\\/|   |/// //ム           _,.ィ'==ミ ヽ マ
           '` '' <ヽ〉!  rミ/> '' ´ ',          /乂ゝ{ ムー'_,ィ
          {     ゞ' o ゞ'        i}           ̄¨´}_,。ュ≦//
            {`r== ‐=ミ   ,r―==ミー‐,´}            λ//////
          ;. マ{::::::::::::::::}   {:::::::::::::::}ニ/ ;              { {//////
            マゝ:::::::::ノi  i乂::::::::ノ,イ              ママ__/
          人 }ニ「「 ̄ 「 ̄ ̄i_{ニ{  人           人___   }
            ヽ{ニマ',   |   i|弋ゝ/               r'==彡__|
             Уマ',  _!_   i|>'{                  `f==ミ、/
             _|::::::≧ュ{ ム_,.イ:::>ヽ                   i|  i|//
            { `¨¨¨¨ _,.ィ/`ヽ    }、__,r―‐=ミ__.       i|  i|//
   _r≦ ̄厂〉ー=乂___r=≦斗尓●}_,ュ≦'/ { ̄ 「 /////ム===ミ、 i|  i|//

rf斥// {   {///r=≦斗匕_,。ュ≦彡'///,/ /  ̄ ̄}////ム//// ヽi|  i|//

/{////r=ミ≧==≦斗、r=≦斗 (__)_)///i' i'     /==≦ミ////// L_i|//
/У ̄{ゞ彳''´  ム斗''_,。ュ≦>''//_////i! i!    .i////// \>''< マ/////
/////{ >=≦―r‐=ミ´   }/// f r 、 }/,ィ_i.イ     .|/////,.イ丿    .,マ////
////r''´ ̄}{___,.ィニニ}r‐==ミ///人_ゝゝ''レイ´i|    .乂二二彡'    //'マ///

光太郎「これは…なんだ…アクセサリか?」<変身解除

エミリア「あ…それは私の徽章!」

光太郎「徽章?これは君の持ち物だったのかい?返すよ」

エミリア「え、あ…はい…///ありがとうございます」

スバル「…」

光太郎「いきなりすまない。あの女が人を殺しているのを見てね。俺の追っている敵じゃないかと思ってしまって…」

フェルト「それよりあんた…この壁治してよ…」

光太郎「ああ、そうだな。話はそれからだ、ごめんよ」

光太郎「え、君も異世界に!?」

スバル「はい…気づけばこの世界に辿り着いてしまいました…」

光太郎「そうか…俺はクライシスを追ってここまで来たんだ」

スバル「クライシス?なんすかそれ…」

光太郎「君と俺たちの世界を支配するのが目的のとんでもない奴らなんだ」

スバル「はぁ…今やっつけた奴もまさかクライシスの?」

光太郎「どうやら違うらしい…ただ彼女は平気で人間を殺めていた、どの道許せるわけないさ」

スバル「あの…俺、元の世界に帰れたりします?」

光太郎「ああ、ライドロンを使えばすぐにでも帰れるよ。事がすんだら俺と一緒に元の世界に帰ろうか!」

スバル「は、はい!」

そして光太郎とスバルの異世界生活は始まった。

レム「スバル君に触れるなあああ!!!!」

ペテルギウス「おや、あなたは…それに…」

スバル「レムにラム…それに光太郎さん…まで…」

RX「貴様!スバル君を傷つける等…この俺がゆ゛る゛さ゛ん゛!! 」


RX「キングストーンフラッシュ!!!!!!!!!」


                     ヽ    /
                    ,ヽ-;‐;-i!.、
                , '⌒i!| |/!⌒`'、

                    /:.:.:.:。|!| |:|!:.:.:.:.:.:ヽ
                i:.:.:.:.:/|!| |:|'、:.:.:.:.:.:.!
               l、_;ノ┘| |└ヽ、_;;ィ

                ト'´;:、 -‐- 、`‐-!
                ヽ、\. : | /`>::.!
               ,:=ノ、ヽ _,/-'/ト、

                lヾ、:::`::─::::':´::./:::.ヽ
         _,. ;-‐'::"´\:ヽ:::::.::::::::::::/;':::::::.``‐-、___
       /::::::::/|:::,::::-‐'´::ヽ\_;::::-‐´::``‐-:、::.∧:::::::.``' 、
      /::::::::::::/'´::::::::::::::::::::::::`'Y'´::::::__::::::::::::::::``ヽ:::::::::::::::.ヽ

      |__:::::::/:::::::::::::.:. .  .:.::::::::|::.:.((⌒しメ、:::::::::::\_,::-‐┤
      /::::7‐'´|::::::::::.:..:. . .:.:::::::::|:::.:.:`´::::´::::::::::::::::::::|::::/´ ̄\
    //:::::::::::\:::::::::::::. :.::::::::::人:::::::::::::::::::::::::::::::::::/、i:::::::::.:::::::. \

   //´::::::::::::::::イヽ、__::_;/!±\_____;//\ :::::-='´;:::::.\
/´;'/´::::::::::::::::/ | .::::. ̄ ̄|±±±コ|:. ̄ ̄ ̄.::ヾ〈  .\ソ/:::::::::::::.ヽ
:::::ゞ、ヽ:::::::::/´  ├‐::=─|±±±コ|==─=-‐/, ‐'::´ ̄`ヾ::::::::::::::.}

:::::::::::::ヽ;/      |;::.-=─:!±±±フ;‐==─, -‐、;´.:.:.::::::::::::::::::.\:::::;-'
:::::::::::/        L___ヾ≡/', -‐''::´:ヾ=ィゞ!::::::::::::::::::::::;. -‐'´
 /          く二ニ二_r =彡;-‐'; -‐':´_;;::」---‐''" ´

´              | .:.:.:.|! ○`、-;U"´:::. ̄´´!
               」:─┴t──´‐,┴──‐┤
            /. :.::::::::::|.:::::.::::::::.|::::::::::::::::::::.\


ペテルギウス「うぎゃああああああ!」

RX「無事かスバル君!」

スバル「光太郎さん…すみません…俺、自分が情けなくて…」

RX「何を言ってるんだ!君が無事なだけでもよかった!」

レム「スバル君…良かった、本当に無事で良かった…!」

ラム「ブラックサン…彼らがクライシス…?」

RX「いや違う…クライシスにしては手ごたえが無さ過ぎる…だが大切な仲間に危害を加える奴なら例えクライシスでなくとも俺は戦う!」

ラム「かっこいい…」

光太郎「それとラムちゃん…俺の事をブラックサンって呼ぶのちょっとやめて欲しいかなって」<変身解除

ラム「いいあだ名だと思ったけれど…黒い太陽の子、だからブラックサン」

光太郎「その名で呼ばれる事に良い思いでが無いんだ…」

ラム「気を悪くしたのね…ごめんなさい…」

光太郎「いや、良いんだ、俺のほうこそ気を悪くさせちゃってごめん。それより良いのかい?ロズワールさんのそばに居なくて」

ラム「ええ、命令だから、貴方を監視しろって」

光太郎「はは、まあ俺もスバル君も君たちから見れば怪しく思えるのは仕方がないからね。監視されても仕方が無いさ」

ラム「いえ、私は別にもう貴方達を怪しんでなんて居ないわ。むしろ恩n…//」

スバル「光太郎さんそれはないっすよ!!!!!!」

ラム「空気読みなさいバルス」

光太郎「にしてもおかしい…この世界に来てだいぶ時間が経つのにクライシスは一向に姿を見せない…一体…」

ユリウス「ぐは…光太郎…」

光太郎「どうしたんだユリウス!!!そのボロボロの体は!」

ユリウス「大変だ…エミリア様の徽章が奪われた…」

スバル「な!?エ、エミリアは!エミリアは無事なのか!!!」

ユリウス「ああ…幸い軽症で済んだ…しかし…精霊のほうが…重症だ…」

スバル「パックが!」

ユリウス「魔力を無効化され、我々の剣撃はことごとく鋼の体で弾かれた…」

光太郎「何者なんだ…そいつは!」

ユリウス「分からん…ただ奴は言っていた…クライシス…と」

光太郎「クライシス…!?ついに動きだしたのか!」

スバル「(くそ…光太郎さんのお陰でまったくリセットされずにここまで来たが…情けねぇ…俺は何も出来てねーじゃねーか…)」

ナレーション:光太郎達はスバルを無事救出し、急いでエミリア達の居る城へと戻った!

スバル「エミリア!無事か…!」

エミリア「スバル…それに光太郎さん達も…ごめんなさい…徽章を奪われたわ…それにパックも大怪我しちゃって…」

パック「ごめん、まさかあーも簡単に魔法を無効化されるとは思って無くて…」

光太郎「大丈夫なのか?パック」

パック「うん、でも回復までかなりかかるかな…エミリアに怪我までさせて…あの怪物…絶対に許さない…っ!痛たた…」

光太郎「パック、大丈夫さ、君やエミリアの仇は俺が必ず取ってみせる。だから安心して休んでくれ」

パック「光太郎…」

エミリア「本当に何から何までごめんね光太郎…」

光太郎「なに、俺たちは仲間だろ?仲間を助けるのは人として当然さ!」

スバル「俺だって…俺だってエミリアを助けたいさ…」

レム「スバル君だって皆の役に立ってます…」

ユリウス「それはどうかな?」

ユリウス「敵にさらわれて周りに迷惑を掛け、そのお陰で我々はおろかエミリア様にお怪我をさせてしまう切っ掛けを作ってしまったのはお前だ」

光太郎「やめないかユリウス!」

ユリウス「光太郎が城に残っていればどうにかなったかもしれん。ナツキ・スバル。貴様が足を引っ張らなければな…」

スバル「くそ…俺は!!!」

タッタッタッ

レム「スバル君!!待って!」

タッタッタッ

ラム「バルス…」

エミリア「スバルは悪くないわ…スバルは私のために走り回ってくれてたのに…」

光太郎「ユリウス…君は…」

ユリウス「あのままお前に頼りきれば、やつは更に堕落の道へと進むだろう…。南光太郎、お前の存在は奴にとって色々と大きいものになりすぎている」

光太郎「…っ」

ユリウス「とは言え、お前には感謝してもし切れないがな…とりあえず今日は休め」

ナレーション:光太郎はベッドに横たわりポケットからとある石を取り出した

光太郎「信彦…俺はどうすればいい、どうすればスバル君を導けるんだ…」

ナレーション:光太郎が握っているのはキングストーンと呼ばれる月の石だった。シャドームーン亡き後、悪用されぬようにキングストーンをバイオライダーの力で取り出していたのだった。

光太郎「彼は大切な人を愛しい人を想う心と自分の力の無さの両方で自分を責め、苦しんでいる…昔の俺を思い出すよ…」

コンコン

ラム「ブラックさ…じゃなくて光太郎。起きてるかしら?」

光太郎「ラムちゃんか、起きてるよ」

ラム「入るわね」

ガチャ

光太郎「どうしたんだい?ひょっとして寝るまで俺を監視ってやつかな?」

ラム「そんな悪趣味なことしないわ。それに私は貴方を疑っていないって言ったでしょう?」

光太郎「はは、冗談だよ。で、何か用事?」

ラム「ちょっと傷ついたわ…」

光太郎「ごめんごめん、俺もラムちゃんの事を信じてるから傷つかないでくれよ。ね?」

ラム「本当?」

ラム「こほん…それなら許す…。実はバルスの事で相談があって」

光太郎「ああ、俺もスバル君の事を考えていたよ」

ラム「はっきり言って私は彼がバルスに対して言い放った言葉は間違ってないとおもうわ」

光太郎「ユリウスの事だね。ああ、彼の言いたい事も十分にわかる」

ラム「彼ははっきり言って愚かで無様よ…。でも…」

光太郎「彼なりに答えを模索して徹底的にあがこうとしている。そんなスバル君を俺はほっとけなくてね」

ラム「そう愚かで無様で…それなのに前に進もうとしている彼は強いわ、私なんかと違って」

光太郎「何を言っているんだ?ラムちゃんだって十分に強いよ、今までもずっとロズワールさんを守り続けて来たんだから」

ラム「ありがとう。監視とは別に何かあれば貴方の事も守るつもりだった。でも貴方の場合その必要もないものね」

光太郎「ラムちゃん…」

ラム「嫌じゃなければ教えて…どうして私のあだ名、嫌なの?」

光太郎「…」

ラム「あそこまで嫌悪感を出した光太郎を見たのは始めてだったから…」

光太郎「俺の唯一無二の親友が、かつて俺をそう呼んでいたからだよ…」

ラム「親友限定の呼び名だったのね」

光太郎「ああ、大切な親友だった…だけど俺はその親友と殺しあう事になったんだ」

ラム「!?」

光太郎「この世界なら多少は通じると思うから話すけど、俺とその親友は日食の同じ日に生まれたんだ…」

ラム「こく…」

光太郎「誕生日の日にね、とある組織に俺たちはさらわれて、キングストーンと呼ばれる意思を埋め込まれた」

ラム「キング…ストーン?」

光太郎「うん。俺と信彦、二人は暗黒結社ゴルゴムと言う組織に世紀王として改造されたんだ」

光太郎「俺は洗脳される前に抜け出したからなんとかなったけど…親友の信彦は完全に世紀王、シャドームーンとして蘇った」

光太郎「太陽の石と月の石。俺が埋め込まれたのは前者。信彦は後者だった。そして二人の世紀王は殺しあわなければならないんだ」

ラム「どうして…?」

光太郎「ブラックサンとシャドームーン。どちらかが勝てば次期創生王として選ばれるんだ…」

ラム「それで…どうなったの?」

光太郎「俺が…シャドームーンを…信彦を殺した…」

ラム「!」

光太郎「話せば長くなるけど、俺は信彦と2回に渡って戦った…でもあいつは最後、子供を庇ったんだ…最後だけ…最後だけ信彦は自分の記憶を取り戻してくれた。俺はあいつを信じたいんだ」

ラム「光太郎…」

光太郎「おっと、辛気臭い話をしちゃってごめんラムちゃん!そろそろ遅いから寝ないとな」

ラム「光太郎にとってかけがえの無い親友…そう…」

光太郎「うん?」

ラム「良いわ…なら私もなってあげる。貴方の友達に」

光太郎「何を言ってるんだい?ラムちゃんはとっくに俺たちの仲間だろ?」

ラム「え…?」

光太郎「スバル君やレムちゃん達もそうだが、ラムちゃんだって俺にとって大切な仲間だよ?」

ラム「ありがとう…」

光太郎「とにかく今日は休もう、スバル君のことも心配だからな」

ラム「ええ、ごめんなさい。いろんな事聞きすぎちゃって…」

光太郎「ああ、俺が話せる事なら何でも話すよ」




ラム「貴方が強すぎて守る必要がないと言うのがとても悔しいわ…」

ナレーション:そして後日

エミリア「光太郎!大変なの!スバルが、スバルが何処にも居ないの!」

光太郎「なんだって!?」

レム「光太郎さん…ぐす…どうしよう…スバル君が居なくなっちゃったよ…」

ラム「まさか、徽章を一人で取り返しに言ったんじゃ…」

光太郎「無茶だ!一人でクライシスの怪人に挑むだなんて!」

ユリウス「あの馬鹿めが…どれだけ心配させれば…!」

エミリア「私のせいだ…私のせいでスバルは…」ダッ

光太郎「だめだエミリア!君はまだ怪我を負っている!まともに歩けるからだじゃない!」

エミリア「うぅ…」

光太郎「俺に任せてくれ…かならずやクライシスを倒してスバル君と徽章を取り返してみせる!」

レム「私も行きます…スバル君は何があっても私が守るって約束しましたから…!」

ラム「レムが行くなら私も行くわ。それにまだ私は一度も貴方を守れて居ないもの…」

光太郎「君たちは…ただ、危なかったら必ず引き返すんだ、いいね?」

ナレーション:光太郎はレムとラムをライドロンに乗せレーダーでスバルの位置を探索していた!


いつもの採掘場


スバル「目撃した情報だと…怪物はたしかこの位置に…」

ズガーン!

スバル「うおあ!!!」

ナレーション:突如の爆発にスバルは吹き飛ばされる!


魔反鬼「貴様!何者だ!!!!」

スバル「化け物!お前だな…エミリアたんの徽章を奪ったのは!!!!」

魔反鬼「あのハーフエルフの関係者か…!俺は怪魔翌妖族、魔反鬼!ジャーク将軍の命により、この徽章を頂きにきたのだ!」

スバル「クライシス…やっぱりこいつが光太郎さんの…!」

魔反鬼「貴様、南光太郎とも知り合いらしいな!ふはは!この徽章はな、RXの力を弱める事ができる、アンチキングストーンのような力が秘められているのだ!」

スバル「なんだって…!ますますほっとけないぜ…」

魔反鬼「たかが人間一匹、この魔反鬼様の敵では無いわ!」

バキィ

スバル「ぐぎゃ!」

魔反鬼「ふん、城を襲ったときの騎士どものほうがまだ骨が合ったわ…なんたる弱さか!」

スバル「くそ…俺のせいで…エミリアやレム…そして光太郎さん達に迷惑をかけちまった…徽章を…取りもどさねーと…」

魔反鬼「貴様ごとき殺すまでもないが…一応念のために始末しておくか…」

ナレーション:その時だった!

ブオオオオン!

魔反鬼「あ、あれはライドロン!ぐわあ」ズドン!

光太郎「スバル君!大丈夫か!」

スバル「光太郎さん…それにレムとラムまで…」

レム「スバル君…よかった無事で…!」

ラム「貴方は大馬鹿者よバルス…反省なさい」

光太郎「スバル君を後ろに下げてくれ!」

レム「はい!」

光太郎「クライシス…徽章を使って何をするつもりかは知らんが、大切な仲間を傷つける等この俺がゆ゛る゛さ゛ん゛!! 」

光太郎「変身!!!!!」

RX「俺は太陽の子、仮面ライダーぶらぁっ!あーっえっ!」

                  ム.          ム'
                _,.ム-==r=r=ミ、ム'

               /:::::::ム:::::|:::|:::::::ム'`ヽ
                ,.::_ ==ミ、ム:::|:::|:::::ム', ==ミ、
               〃´     マ}::|:::|:::ム''    ム
               〃      マ}:|:::|:ム'i.     ム
            ,'       ゞ '|:::|ゞ'i!.       ム
             {        ||:::|:::|::::||      }
             {i        ,||:::|:::|::::||      }
             {:.、     ノ||:::|:::|::::||、     .'
.             マ ヽ _,,.∠=''':::|:::|::::ゞ_ヽ.   ,イ
              マ: :`:::::::::::::::::::|:::|::::::::::::`"''ー/
            /{ マ::,ィ´マ ̄ ̄| ̄| ̄ ̄ 〉、::ム
              /::ム/V{  マ   |  |   // Vム
          /::::::ヾ、:圦  マ.  |  |  ,// ,イ:::}:::}、
         ,イ::::::::::::∧ji::\ マ |  | //,イ::::::Γi:::ゝ..,,_
    _,,,...。-<´::ゝ、:::::::|::::|':::::::::`ー┴ ┴ ´:::::::::::::|:::|::::::/:::::〉`ーミ
_,. <:::::::::::::::::::::\:::::ヽ :|::::|、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::|:::/:::::/:::::::::::::`ヽr===ミ、

:::::::::ヾ 、::::::::::::::::::::\:::Ⅵ:::j、`''ー-=======-‐ ''´:ノ:::|/:::::/::::::::::::::::::/::|::::::::::::::` .、

魔反鬼「おのれRX!しかし徽章は既に手に入った!我らの勝利も確実よ!」

RX「怪魔翌妖族、魔反鬼!徽章は返してもらうぞ!とぅわ!」

ゲシィ!

魔反鬼「うお!」

クライシス要塞にて

マリバロン「おのれRX!異世界まで嗅ぎ付けて来るとは…!」

ジャーク将軍「しかし徽章は手に入ったのだ、マリバロンよ、例の作戦を実行するのだ…!」

マリバロン「はっ!ジャーク将軍!」



ラム「さすが光太郎…私の助けなんてまったく必要無いみたい…」シュン

スバル「くそ…また俺は光太郎さんまかせで何もできないのかよ…!」

レム「スバル君。動くと体に響きます…」

チャップ「おい!この小娘どもを始末しろ!」

レム「…私達を、舐めないでください…」チャキ

ラム「貴方達になら負けないわ…」

RX「とぁわ!RXキック!」

ゲシィ!

魔反鬼「ぐおおおお!おのれRX!」

RX「さあ、大人しく徽章を返すんだ!」

魔反鬼「ふふふ、そうはいかんぞRX…見ろ…俺の新しい能力を!」

ナレーション:魔反鬼は突如、奪った徽章を額にはめ込んだ!

RX「な、何!?」

魔反鬼「くらえRX!徽章と俺の力が混ざった退化光線を!!!!!」

RX「ぐわあああ!」

ラム「光太郎!!!!」


レム「あれ…光太郎さんの姿が…」


        ヽ             /
         ヽ、           /
           ヽ、,-、‐、‐- 、 /
          / ヾ.、ヽヽヽ〃-、
         /ヽ、,.::'⌒ヽi l l i':.  ヽ
        lヽ、 i'::::.  .:l l l l::::.... ::}

        |  `l::::::::::::::::l l l ト、:::::;ィ            ( ヽ( ヽ、
          !ミ ヽ、;;;;;/l_|」_!_ニ´ j             ヽ ヽ、 〉ー、
          ヾ  _,.-‐<ニ二二7_〉/              ヽ (__//⌒!
          ヽ 「|\i´ニニニニコ/              _  〉  `ー<
           ` ト、_`ーニ二ニ7 _     _,.-‐‐- 、 / ヽj   {  ヽ
             | `ー---‐ '| |l |  ̄ ̄{レ'     ヽ \ ゝ  ヽ ノj
         _,.-‐j      /l ll |    |ミ!     _,,.ヽ___`フ三二彡j
      __r'´  | |i'i ー===' ll | || |    lミ{   /    / `ー---‐'/
  /´ ̄i三l   { |l l     j l///    ヾヽ /     l      /
  {    {彡|   ヾ三三、,===='   o   ヾミミヽ     ヽ    /
 {    |ミミl        }{   ,.---、n    ハ三ニヽ___ヽ、___ノ
  ヽ   l〃ソ!       ||   {_i⌒i_,ノ    /__j       ` ̄


ブラック「馬鹿な!?RXの姿から以前のブラックに戻ってしまったぞ!?」

クライシス要塞

ジャーク将軍「どうだ!世の作戦に狂いは無かった!!!」

マリバロン「おっしゃるとおりでございます!」

幹部一同『ふははははは!!!!!!』



魔反鬼「ふはは!弱体化してしまったようだなRX、いや仮面ライダーブラック!」

ゲシィ

ブラック「ぐわぁ!」

ラム「光太郎!!!やらせない!てあああ!」

魔反鬼「カマイタチか…!しかし何故俺が魔反鬼と呼ばれているか分かるか?それは魔法を全て反射するからだ!」

ズバズバズバ!

ラム「きゃああああ!」

ブラック「ラムちゃん!!!!!やめろ!!」バキィ!

魔反鬼「ぐお!弱体化したはずなのに、ブラックもそこそこ強かったのか!?」


レム「お姉ちゃん!気を失ってる…」

ブラック「レムちゃん!スバル君とラムちゃんを連れてここから離れるんだ!」

レム「で、でも光太郎さんが!」

ブラック「俺は大丈夫だ!徽章をかならず取り返して戻る!」

レム「で、でも…」

ブラック「急ぐんだ!」

レム「光太郎さん…ぐす…ってあれ…スバル君が居ない…!」

魔反鬼「おのれブラックさせるか!退化光線!」

ブラック「くそ!徽章の力を使われると力が出ん!」

スバル「今だ!!!」

バリバリ

魔反鬼「貴様!何時の間に俺の徽章を剥いだ!」

スバル「ばーっか!後ろが隙だらけだったぜ!」

ブラック「スバル君!」

スバル「エミリアたんの徽章は確かに返して貰ったぜ!光太郎さん、これで思う存分戦ってくれ!」

ブラック「ああ、すまないスバル君、さあ、早くレムちゃんたちと非難するんだ!」

魔反鬼「逃がすか小僧!!!!!」

ナレーション:魔反鬼はスバルを逃がすまいと毒針のようなものを発射した!

ブラック「スバル君!!!!」

ザクザクザク!!!

スバル「が…は…」

バタン

レム「嫌…嫌あああああああ!!!!!」

ブラック「貴様!」ガシィ

魔反鬼「ぐえ!」


ブラック「スバル君、しっかりしろ!しっかりするんだ!」

スバル「すまねぇ光太郎さん…どうやら俺はここまでみたいだ…でもちゃんと取り返したぜ…徽章…」

ブラック「もう良い…喋るな…!」

レム「だめ…お腹に刺さった針の血が止まらない…!スバル君!スバル君!」

ブラック「くそ!毒針をなんとか浄化しなければ!キングストーンフラッシュ!!!」

ナレーション:キングストーンフラッシュで毒針は消し去れたが、スバルの出欠は相変わらず止まらない!

スバル「俺も、光太郎さんみたいに強ければ…エミリアやレムを悲しませずに済んだのに…今度はかならず…」

ブラック「君は強い!たった一人でクライシス立ち向かったんだ!そして徽章を取り返した」

レム「そうです!だから生きて…スバル君!死なないで!」


ナレーション:その時、不思議な事が起こった!


ブラック「これは…俺が持っていた月の石!」

ナレーション:月の石は突如浮かび上がりスバルの体に入り込んで行った。

レム「傷が…塞がっていいく…」

ブラック「まさか…信彦…お前が…?」

ブラック「…呼吸がある!傷も塞がっている大丈夫だ、スバル君は無事だ!さあ、早くラムちゃんと一緒にここを去るんだ!」

魔反鬼「おのれブラック!しかし二回の光線で貴様はかなり弱体化された…今度こそ止めを刺してやる!!!!」

と、その時!

??「とぉわ!」

ゲシ

魔反鬼「何!?」

突如吹き飛ばされる魔反鬼

そこに現れたのは…

RX「ブラック、しっかりしろ!」

ブラック「RX!?」

クライシス要塞にて

ジャーク将軍「そんな馬鹿な…ブラックがパワーアップして出来たのがRXのはず! それがどうして、RXとブラックが同じ所ににいるのだ!?」

部下一同「ひぃ!?」

ジャーク将軍「何をぐずぐずしている!ブラックを倒すのだ!」


ブラック「RX、俺を助けに現在の世界から!」

RX「ブラック、お前が過去の世界で消滅すると、現在の俺の世界も消滅する」

ブラック「俺たちは一心同体か!」

RX「ああ!」

しかしそれもつかの間、大量のチャップがレムたちを逃がすまいと取り囲む

レム「数が多い…これじゃあ」

と、その時だった…!

                 jI斗.V/,ニヽ=ー 、..,   /i/
                  /ニニ‐V/,ニ‐   マ ヽ/i/
                 ‐ニニニニ‐V/,-i    ゙‐/i/
                /´ ̄”“ ‐ニニ.V/ノ   i/i/ ム
              ′        ̄ 〇   〇'- ‐ ;
           ⌒i_______ _________   O
           i  :「 ̄ ァ'゙       `.   ァ‐-   i
           | 从  i{       ノ .′    `}
               、乂______ ..イ{ 八
.            从    }ニ{{ニ「 ̄ ̄ V `ヾ   ./
              、   / 〃ニi    .;    .介ァ゙'γ⌒Y、ー‐ 、      __   =-‐ァ r 、
             个r' 、{{ニニi    ;    / /   {{i }}i}: \. \____,ノ´_ .  =-‐/ j{ ∨
  jI斗 -- ミ.     /‐ニ≧sノ   _.;_  /ァ'゙   乂,才゙ ̄ ̄/^/ ̄        .゙7´ `V.,
 ´ニニニニニヾー- 厂 ̄”"''<ミー〈___;.。s'i´    ′      ′′           从   .ノ }
 ニニニニニニ‐  .L __     `''*..,, ニニiL ___j込、_______厂[{iー――――‐ 廴,辷彡./
 ニニニニニニニ‐ ⌒ 、≧s。..     ̄ ̄/ ̄””7ァs。. 廴7⌒゙'{ー=====ァ' 7ー{7__人ー '゙

 s。.ニニニニニニニ‐  \ニニ≧=---.7゙(__   {i{    /i   乂_______乂,      }
 ニニ≧s。.ニニニニニ‐    寸ニニ≫''.;゙´ ̄ うぅs。乂.  人|       厂 ≧=- - ゙
 ニニニ.。s≦≧s。. 斗 ‐…………ァ゙ニ/゙i:、__      /⌒ヾー|__     .゙
 ニxくニニニニ゙Y二ニニニニニ7ニ./ニ.i´ ̄ ≧s。.. 乂_,ノ゙ {ニニ=‐- /

 ァ゙‐ニニニニニ‐{iニニニニニニ゙ニ ゙ニニi.、      7⌒マ=-≧=--=彡
 ニニニニニニ‐{iニニニニニ‐i{ニ{ニ从´うぅs。.  j{  ノ  i}  厂ヽ
カチャ…カチャ…


「ロボライダー!」

襲い掛かるチャップ達を軽々しくなぎ払い加勢するロボライダーの姿がそこにあった!

ロボライダー「お前たちが消滅すれば、俺まで消滅するからな!!」

RX「ロボライダー…すまない!…!」

ブラック「また未来から俺達を助けるために…!」

ロボライダー「ここは俺に任せろ!」

ブラック「後は任せた…すまない!」

ブラック「なんとかロボライダーに任せて上手く非難できた」

RX「なんとか体制を建て直し皆を助けなければ」

魔反鬼「逃がさんぞ!」

ブラック「もうここまで追ってきたか…!」

魔反鬼「貴様らまとめて地獄に送ってくれる!!」

ピンチのRX!しかし後ろに水溜りが…!

                                          }厂_))
                                        / { ヘ
                 %,  -=  ミ.,%            / / (_ノ}
                     <X %,  |  |  ,% 寸           〃 __    __`寸
                 〃   %,_ |  | _%   ⅵ           i|_{_{__) / し''
                    人   〉%¨¨%〈    ノ!!         {iー─┬′
              %  >- <ニニニ> ‐<iⅱ         〃 ⅵ彡'1
.                ⅱ {!     }^ ^{    i}ii        |! │  ⅱ
                   ' 込   / i \   ノ′_   ____{! │  ⅱ
                    \_f¨ ー ‐| ー  f¨/   ̄ `ヽ ̄ /乂ノ  ⅱ
                 xiハ    :    ハ       厶イ  \ー  リ
         斗‐== ≪  {  丶 ___ イ`V⌒ヽ  /        X>
     <X   __     \ \   }「   } i}-‐ 、         X>
    〃   (__ハ     厂¨\ ー ┴ 彡 i!             X>
.   {!   「 \i  ⅵ彡'{     丶 ___ノ     i    X>
.   Ⅳ f´Lノ     Ⅵ |           `ii{      |   X>
.     i「 乂_)      ___!          |i|  (¨し' } イ>
バイオライダー「バイオ!ライダー!」


今度はバイオライダーの参戦だ!

魔反鬼「おのれぇ!何故増えるのだ!貴様にも退化光線をお見舞いしてやる!」

ビビビ!!!

魔反鬼「ば、ばかな!ビームが奴をすり抜けてしまうぞ!」

ナレーション

ふがいない魔反鬼に対しクライシスから刺客が送られてきた



「怪魔ロボットトリプロン!」
「怪魔獣人ガイナギスカン!」
「怪魔ロボットデスガロン!」
「怪魔異生獣ムサラビサラ!」



しかし対するは…

ブラック「仮面ライダーブラック!」


バイオ「バイオ!ライダァッ!」


ロボ「ロボライダー!」


RX「仮面ライダーブラック!RX!!」


                          {///////|        {!   /                                   }} |_)
                               i///////i        -<Ⅵ/Ⅳ、                     -==ミ   !       /| |_|_in、
                              ├───i     :⌒:./}|/|{,f´ヽ                 /"""""" \ {       r ┤!////|
                              ト、/////ハ   〃.: : : : i/|/|/|: : :.                  〃 ´ ̄ ̄`r _、ヾ、     レ弌》、//_」
                              i二二ニニ}   {!. : : : : '/,|/|/{: : : }              fi ′     {(: : :Y        f/////}
                             |二二ニニ》  圦:_:_:///|/|/,\_ノ                   {!{  __   7≧′        |// | ̄!
.        、    /               i二ニニニ∧   |∨// ̄「 |\//′               、(/////≧'_//          i///!  !
       \   /                   i二ニニニ∧ }/∨ 、   } !  }/              _ _/二二二 >、´_ _ _     {///|  |
        -<|「i|>‐ミ               |二二ニニニ|》.∨/\_   }_/∧_            ´!<〔|////||/////|〕> |i//|/>、__r=====ミ
.      .: ⌒ .|i i|.: ⌒ヽヽ            }斗</////i≧'/////7 ー ////∧          / V/|ー‐「|//\|i////「| ̄ Ⅳ/i /////\ // i}
      i: : : : :|i i|! : : : : i}i            |/////////二二二≧ュ、/_ -=ニミ、    __/ \./|   └==== ====┘  |∧V///////!/   リ
     弋:_;/|i_i|\_:_;ノ |            |///////'三二二二二二i}ニ二二二>、´////` 、'//|    ______   、///ー──┴‐彡
   __ Ⅵ Y二二Y ヽ /}〕>、             V/////三三二二二二ニi!二ニ(i⌒iしメ、}//////∧/∧ //////////// \   /7
  ´//〃/∧、{ニニニニ} //// }/>ァァ====ミ.   }YV/|i三三三二二二ニ/\二二二ニi!///二二二>--ミ //////////// >゚7
/////{!//i !辷ェェェェ彡'// ////〃//////∧  i ! |/,リ<三三 三二>'二ニ\二二二|//二二> γ´///}'//////////////7

/////|'//i ト、/ー=彡' // /////{{//////// }  ゝ=彳三二二二二/+++++\> 、二|/二> ///弋_彡ヘ. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
、////|///>. ー‐‐彡 </////{{/// -===ミ.   ’,|三三二二二{!+++++___ -=r<///////////> ′i ̄ ̄ ̄i ̄ ̄ i

/≧==!//////><'/ r=ミ o//从/〃//////\   Vi三三二二ニ{!+++/ ─ /////∧/∨//////>    ´\¨\ヽ┼‐─┴ミ
'/// { ///////i////,J しノ/////ヘ ////////\ %三三二二二\+(_i´ ̄_ヽ ー‐/_}>┴   ̄    〃: 、: : : .ヽ=ヽ:.V /∧   }
/   \/////人/////////彡' }  \/三三三彳  √////////____////〈_/ ̄/  { ー‐┤    ∧ : : :\、: :}ニ}:〃 /∧_!       _ _ -=
      } ̄i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄! ̄   イ    Ⅵ´/////i   r‐=ニ   ̄|| (C (C ! =-!   ー─へ   { : : 、 : : :_> rnrく: : !,  ‐===ミ -=≦:_:////
      v┴── ‐ ─┴─彡'/    /////// ′  !     _||ェェェェェェェェ|   |   i〕nf i_,ノ    : : : γ´: : ヽ゚γ:.Y}      ヽ////////
        }///r=======ミ. ////    ///////, '   r‐=ニ 7////|///////「 ニ=-    ー┴′   i \圦:_:_:_;ノ 弋:,ノ′         }///> ´
       |__〔〕 {〕(*)〔} i}〔〕__!、  ∠=ミ、///    //////////,|///////|///∧         _∧:.、   `7 /ト、__    / ´
       ////ゝ======彡////_/////}i》'     ///////////,|///////|////∧       /\寸X\>--彳/!⌒: 、//>‐彡
.      /////∧77777∧/ ゝ--ァ ////      Ⅳ /////////|///////|/////∧   -=ヘ、   》寸X三三 彡'ノ: : : :_:V_ |
                              
                               「地獄絵図」

ナレーション:そして更なる奇跡が舞い落ちることになった!

スバル「待ちやがれ!」」

クライシス怪人一同「!?」

分身RX4人「スバル君!どうしてここに!」

レム「ごめんなさい光太郎さん…スバル君がどうしてもってきかなくて…」

ラム「急に傷口が修復されてライドロンから飛び出て…何をやってるのバルス…」

スバル「俺も加勢するぜ光太郎さん…!」

バイオライダー「ダメだ!ここは俺たちで何とかするから早く逃げろ!」

ロボライダー「君たちをここで失うわけには行かないからな!」

ブラック「そうだ!こいつらは俺たちでなんとかするから早く逃げるんだ!」



スバル「光太郎さん…なんかさっき光太郎さんがくれた石のお陰で力が沸いてくるんだ…」


ブラック「石…キングストーン…はっ…まさか!?」


スバル「ああ、眠ってる間色々聞いたよ…月の石から…光太郎さんの過去も…信彦さんの事も!」


スバル「俺はこの力を使って皆を守る…世紀王とか創世王とか関係ない…!」


スバル「変…身!!!」


クライシス怪人一同「!?」

             ,ゝ-‐-.、
            ,ィ:" '"_ゝヘヽ
           i r"~~)^^r''l

           | `ー"へ`リ
           ゝr" ヾ賛シ
           / `ー-1'

     ,r''" ̄~`r'"~::`ー--‐^ー-、_
    i!     ,!   ~~`i: i"    `:、
    !、-―-、/      i: i    i:  ヽ
    //:::::::::::/ゞ、  __,,.j i、_   !ー'T
   f-'::::::::,'^!'''"~`T;:;:;::;;:;:| |;:;:::::_ィ:::::::::ヽ

  r"~~`ヾ/ ヾ' ( ( ;:三三三ミヾi`、::::::::ゝ

  | _ ,/   i!;彡-''"i~ r⌒i、`y! Y''" 」
  ,i!~ ミ;i!    |--―''ゝ-ゝ-'-Y |  t''"_,!

スバル「俺は月の王子!仮面ライダーシャドームーン!!!!!」


レム「!?」

ラム「!?」

光太郎「!?」

怪人ども「!?」

クライシス要塞

幹部一同「!?」

RX「そうか、月の石はスバル君が皆を守りたいと言う強い石を認めたんだ…それで彼に力を…!」



クライシス要塞

ジャーク将軍「ええいどう言うことだ!徽章でRXを抹殺するはずが…仮面ライダーを一人増やしてしまったではないか!!!!」

ゲドリアン「あの姿はシャドームーン…そんな馬鹿な!」

ジャーク将軍「何をぐずぐずしておる!早くRXとシャドームーンを始末するのだ!!!!!!(大激怒」

※訂正
RX「そうか、月の石はスバル君が皆を守りたいと言う強い意思を認めたんだ…それで彼に力を…!」


        ヽ             /
         ヽ、           /
           ヽ、,-、‐、‐- 、 /
          / ヾ.、ヽヽヽ〃-、
         /ヽ、,.::'⌒ヽi l l i':.  ヽ
        lヽ、 i'::::.  .:l l l l::::.... ::}

        |  `l::::::::::::::::l l l ト、:::::;ィ            ( ヽ( ヽ、
          !ミ ヽ、;;;;;/l_|」_!_ニ´ j             ヽ ヽ、 〉ー、
          ヾ  _,.-‐<ニ二二7_〉/              ヽ (__//⌒!
          ヽ 「|\i´ニニニニコ/              _  〉  `ー<
           ` ト、_`ーニ二ニ7 _     _,.-‐‐- 、 / ヽj   {  ヽ
             | `ー---‐ '| |l |  ̄ ̄{レ'     ヽ \ ゝ  ヽ ノj
         _,.-‐j      /l ll |    |ミ!     _,,.ヽ___`フ三二彡j
      __r'´  | |i'i ー===' ll | || |    lミ{   /    / `ー---‐'/
  /´ ̄i三l   { |l l     j l///    ヾヽ /     l      /
  {    {彡|   ヾ三三、,===='   o   ヾミミヽ     ヽ    /
 {    |ミミl        }{   ,.---、n    ハ三ニヽ___ヽ、___ノ
  ヽ   l〃ソ!       ||   {_i⌒i_,ノ    /__j       ` ̄
        「仮面ライダー…ぶらぁっ!」


                 jI斗.V/,ニヽ=ー 、..,   /i/
                  /ニニ‐V/,ニ‐   マ ヽ/i/
                 ‐ニニニニ‐V/,-i    ゙‐/i/
                /´ ̄”“ ‐ニニ.V/ノ   i/i/ ム
              ′        ̄ 〇   〇'- ‐ ;
           ⌒i_______ _________   O
           i  :「 ̄ ァ'゙       `.   ァ‐-   i
           | 从  i{       ノ .′    `}
               、乂______ ..イ{ 八
.            从    }ニ{{ニ「 ̄ ̄ V `ヾ   ./
              、   / 〃ニi    .;    .介ァ゙'γ⌒Y、ー‐ 、      __   =-‐ァ r 、
             个r' 、{{ニニi    ;    / /   {{i }}i}: \. \____,ノ´_ .  =-‐/ j{ ∨
  jI斗 -- ミ.     /‐ニ≧sノ   _.;_  /ァ'゙   乂,才゙ ̄ ̄/^/ ̄        .゙7´ `V.,
 ´ニニニニニヾー- 厂 ̄”"''<ミー〈___;.。s'i´    ′      ′′           从   .ノ }
 ニニニニニニ‐  .L __     `''*..,, ニニiL ___j込、_______厂[{iー――――‐ 廴,辷彡./
 ニニニニニニニ‐ ⌒ 、≧s。..     ̄ ̄/ ̄””7ァs。. 廴7⌒゙'{ー=====ァ' 7ー{7__人ー '゙

 s。.ニニニニニニニ‐  \ニニ≧=---.7゙(__   {i{    /i   乂_______乂,      }
 ニニ≧s。.ニニニニニ‐    寸ニニ≫''.;゙´ ̄ うぅs。乂.  人|       厂 ≧=- - ゙
 ニニニ.。s≦≧s。. 斗 ‐…………ァ゙ニ/゙i:、__      /⌒ヾー|__     .゙
 ニxくニニニニ゙Y二ニニニニニ7ニ./ニ.i´ ̄ ≧s。.. 乂_,ノ゙ {ニニ=‐- /

 ァ゙‐ニニニニニ‐{iニニニニニニ゙ニ ゙ニニi.、      7⌒マ=-≧=--=彡
 ニニニニニニ‐{iニニニニニ‐i{ニ{ニ从´うぅs。.  j{  ノ  i}  厂ヽ


               「ロボライダー!」

                                          }厂_))
                                        / { ヘ
                 %,  -=  ミ.,%            / / (_ノ}
                     <X %,  |  |  ,% 寸           〃 __    __`寸
                 〃   %,_ |  | _%   ⅵ           i|_{_{__) / し''
                    人   〉%¨¨%〈    ノ!!         {iー─┬′
              %  >- <ニニニ> ‐<iⅱ         〃 ⅵ彡'1
.                ⅱ {!     }^ ^{    i}ii        |! │  ⅱ
                   ' 込   / i \   ノ′_   ____{! │  ⅱ
                    \_f¨ ー ‐| ー  f¨/   ̄ `ヽ ̄ /乂ノ  ⅱ
                 xiハ    :    ハ       厶イ  \ー  リ
         斗‐== ≪  {  丶 ___ イ`V⌒ヽ  /        X>
     <X   __     \ \   }「   } i}-‐ 、         X>
    〃   (__ハ     厂¨\ ー ┴ 彡 i!             X>
.   {!   「 \i  ⅵ彡'{     丶 ___ノ     i    X>
.   Ⅳ f´Lノ     Ⅵ |           `ii{      |   X>
.     i「 乂_)      ___!          |i|  (¨し' } イ>
           
                「バイオ!ライダー!」



                  ム.          ム'
                _,.ム-==r=r=ミ、ム'

               /:::::::ム:::::|:::|:::::::ム'`ヽ
                ,.::_ ==ミ、ム:::|:::|:::::ム', ==ミ、
               〃´     マ}::|:::|:::ム''    ム
               〃      マ}:|:::|:ム'i.     ム
            ,'       ゞ '|:::|ゞ'i!.       ム
             {        ||:::|:::|::::||      }
             {i        ,||:::|:::|::::||      }
             {:.、     ノ||:::|:::|::::||、     .'
.             マ ヽ _,,.∠=''':::|:::|::::ゞ_ヽ.   ,イ
              マ: :`:::::::::::::::::::|:::|::::::::::::`"''ー/
            /{ マ::,ィ´マ ̄ ̄| ̄| ̄ ̄ 〉、::ム
              /::ム/V{  マ   |  |   // Vム
          /::::::ヾ、:圦  マ.  |  |  ,// ,イ:::}:::}、
         ,イ::::::::::::∧ji::\ マ |  | //,イ::::::Γi:::ゝ..,,_
    _,,,...。-<´::ゝ、:::::::|::::|':::::::::`ー┴ ┴ ´:::::::::::::|:::|::::::/:::::〉`ーミ
_,. <:::::::::::::::::::::\:::::ヽ :|::::|、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::|:::/:::::/:::::::::::::`ヽr===ミ、

:::::::::ヾ 、::::::::::::::::::::\:::Ⅵ:::j、`''ー-=======-‐ ''´:ノ:::|/:::::/::::::::::::::::::/::|::::::::::::::` .、

             「仮面ライダーぶらぁっ!あーっえっ!」


                            \     /
                            __\__/
                             /  =<=ii=>ヽ
                           / ./⌒ヽ.o .r─、
                           .| ./:.:.:.:.:.:/  .l.:.:.:.:|
                         l≡ゝ.:.::∠r‐- \.:イ
                         |≡/ ̄V ハV/ ̄l
                         | .!:::::::::ヽ=ll=/::::::i
                         ヽ_!::::::彡ノ ̄ヽミ/
                               /:::::::::r::::::::::::ll
                          /:::::::::::|:::::::::::::|}
                / ̄==--r7 ̄ ̄ ̄^''''''''''!ニ二二リ__
            /       /          | o |    `''ー 、
              /__--__/             .| o |       ヽ⌒ゝ、
               /-,::::::::::::::::::::::l              | o |         l   . \
           /o/::::::::::::::::::::::::ヽ__,一'''─----、.| o |`'-、     . |,,,,___l
           fハ_::::::::::::::::::::/   〃::::::::::::::::.\二二/::ゝ____/::::::::::::ミゝ
        /<   `ッ:::::::::./__ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ リ:::::::::::::ヽ

      ., / .   \   .|:::/'l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ!:::::::::::::::::::ヽ
     r二ニニ     ヽ_丿   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::\
   .,/::/ ト::i"ヽ\   |     |.::::::____/ニ三三三三ニヽ─Vヽ:::::::::::::::::/::::`!、

                    「仮面ライダー、シャドームーン!」

  / /                                                       ,.。*⌒>
 / /                                                     ,.。* ゚ ,.。+ ゚
../ /                                                  ,.。* ゚ ,.。+ ゚
/__/                                               ,.。+ ゚ ,.。+' ゚                            ,∧
ー/ヽ                                         _,.。o ゚ ,.。+ ゚                              ハ/::/_

ーソ 〉                                      ,.ィく (__)〉''"  _                              レ^ヽ三〈

^7,.ィミ、                                   。sく_|_|_ハ''"     |i「::|                             }::::::/=、
_xヘ//ヘ                                  く__/}ー‐/      | |_:|                    l   ,     /`ア  リ
_/ハ//ム   、  _ /                          /:::::/       .| |(ニ〇                  ,. |-、/   /::::::_ア′
  \マ//ム    Χ//_ヽ                        ,.イ:::::::/          i|^二⊃ 、    ,          /-、} .ハ  |::::::::_,ア
   f寸/ヘ__ /=ャ_ァ⌒Yヽ        \  __ /          {/ニニ/‐/-、     L圦「」.  Χ「」メ          / /{_ノ_,〈_)} /\:::ア
    '〈///ム`{ゝ':. `ーく }         Χヽ/_、         ′ i{| |'⌒';:,     辷コ   /ニニ・ニニム        |/ゝ/ニニニY´ / /^
     '〈///∧ヘゝ:. ,.イく         /:/^マム._)n ,、      .|  ハ圦 _ハ     /_|  { (__ノ_ゝ_).}        }ゝ-}乂ニイ| //
     '〈////77、弋_ノノヽ\      __ヘn.イ--テ|_|//      ,廴__|彳‐‐ャxヘ    ./::::::::レ'⌒ヽ{ n }_,ソ__      //`/  { .| /〉
      \//ア `ー く  ', ',     .\`|_|、ゝ=ヘつ-〉、    /::{:::/::トーイ::::::廴__  |-─ィ⌒ヽ:::::マ=彡^ヽ\   ,.イ{∨ /   /弋_ソ
       〈 ̄    ノ ∝レ'     /:〈ソ_ノミs。sマニ〈:::ム    \/ ̄^r─ゝ/:::::::ヽ {__}// ̄ \_ハ:::::∞}∨ _/ ,.斗┴-=彡クく∨
        | ̄ ̄``'く_ ハ     ,イァ'´:::7::::::::゚。:∨::\ヽ    {_ { ∝/:::::::::::::::〉 ≧=─=彡' \::_:/ } {===〈 {_{二二ハ/イ/}
       ,j__/::::/ ,イム }   //:::::::,イ::::::_:_:_廴\ノノ    .|ー/ヽー/⌒ー‐‐'      \二二__,.イr λ::::::〈 Yニニナ/_{
      /---ミf⌒\/V//ハ   〈ミs。/弋二二二コ ̄       .|ー{   }/  /         寸 ̄___/_}三ノ\:::ヽi{二二^Y/ハ、
     , '     |\_) ∨/fヽ       /ー/ ̄(_)┐      /T(^)(7⌒ヽ′         ノーァ‐{(_)}_/  ^^Y|ヽー‐‐イ/_.',
     {⌒\   }ー//  {/∧´,     / ̄ `T:::T::|      厂`¨7:::::::/¨{         /__/:::::}ニ|∧    〈〈トミ ̄ ̄〉/ ̄∧
     {::| ̄``丶{,.イ/   \xヘ|__  ,, /-ミ:::::::|ー |::ハ     /::::::|:::′:::/::::::',        /_:_:_::::::::/ ̄}:_xヘ     {、 |\ー/^'∨  ∧
    ,,イ:|     V/      Y´二ニУ::{::::::::::\{::ノ:::::}    /⌒ヽ{::{___//⌒∨      /  /\/_:_:/::V. ヘ     V |  `'、  \ ,ハ
   /::ハ ',     |       ーゝー/::::〈|:::::::::::::::|::::::::/    ,    Y::::::::\   ∨     {__/::::::::/ ∨::::∨_ハ     VI   \  \∧
   ,:::/ '/,    │         弋ノ.|i::::::::::::: |::::::/    /   ⊂|:|:|::|^´    ∨    厂:::::::::::/   ∨::::::::::::',    ∧    .| ヽ  \',

                            「真・地獄絵図」

BGM:https://www.youtube.com/watch?v=Z_76uPUAgi4

ブラック「ライダーぱぁん!」

バキィ!

ムサラビサラ「ぐえええ!」

ラム「光太郎…頑張って…!

RX「RXキィック!」

ゲシィ!


ガイナギスカン「ぎゃあああ!」


ロボ「ボルティックシューター!」

ズキューン!

デスガロン「うぎゃああ!」

バイオライダー「バイオブレード!」

ザシュ!

トリプロン「ぎょえええ!」

スバル「シャドーキィック!」

魔反鬼「ぎゃあああ!」

レム「スバル君、負けないで!」

RX「さあ、スバル君、いや、シャドームーン!」

スバル「ああ、RX!」


RX「リボルケイン!」

スバル「シャドーセイバー!」


魔反鬼「ひぃ!?」

RX&シャドースバル「とぅわっ!!!!!」

ザシュ

魔反鬼「うぎゃああああああ!!!!」


怪人一同大爆発

恐れをなし逃げ去る4幹部

そして戦いは終わり、分裂したライダーはRXに駆け寄り元の光太郎へと戻る

それと同時に変身を解除するスバルであった

そして…

スバル「エミリア、ほら、大切な徽章だ…返すよ」

エミリア「スバル…!」ぎゅ

スバル「うわ!おい、いきなりどうしたんだ!」

エミリア「ごめんなさい…貴方を危険な目に合わせて…追い詰めてしまって…」

スバル「何言ってるんだ…約束したろ?俺はエミリアたんを守るって!」

エミリア「スバル…!」



光太郎「良かった、二人ともしこりが取れたみたいで!」

レム「はい…光太郎さん、本当にありがとうございます」

ラム「光太郎は…帰るの…?(シュン」

光太郎「ああ、俺には守らないといけない世界があるからね、この世界は新しいシャドームーン…いや、スバル君に任せるよ」

ラム「また…会いに来てくれるの?」

光太郎「ああ、なんだかんだでスバル君のことも心配だからな。ちょくちょく顔を出すよ!」

ラム「分かったわ…約束よ?」


レム「お姉ちゃん頑張れ…!」



光太郎「スバル君。俺は元の世界へ帰るよ」

スバル「ありがとう光太郎さん…でも良いんですか?この力は…信彦さんの」

光太郎「シャドームーン…ゴルゴムの世紀王でありかつては世界を混沌へと導いた力だ…でも君ならこの力を正しい事に使ってくれる。そうだろう?」

スバル「ああ、ちっぽけかもしれねーけど、この力でエミリア達を守れればって思ってるよ!」

光太郎「それなら安心だ、俺は地球を、君はこの異世界を守ってくれ」

スバル「はい!」

ナレーション:二人は強い握手を交わし誓い合った、世界は違えどともに戦う仲間だと…負けるなRX、未来を切り開け!!!!!


次回予告(予定は一切なし)

ナレーション:白い鯨、凄まじい力を誇り全てを暗い尽くす魔獣。そんな鯨がスバルに襲い掛かる…!
       しかしその時、スバルに1つの剣が舞い降りた…!次回、Re:ゼロから始める異世界生活!!!
                『サタンサーベル光臨!』ぶっちぎるぜ!

今度こそ完

見も蓋もない糞SSでした
どうかお許しください…

白鯨編

※シャドームーンは変身してる際は声がてらそまさんです


シャドームーン(スバル)「下がっていろ…レム、エミリア…奴はこのオレが倒す…」


エミリア「うん…スバル///」

レム「はい…スバル君…///」


変身中のスバル:以下シャドースバル

シャドースバル「白鯨か…かつて部下に鯨怪人と言う者が存在した…とても切実で心優しい男だった…」

シャドースバル「あのような無粋な輩が鯨を名乗る等笑止千万…」

クルシュ「あれが…ナツキ・スバルの『世紀王』の姿…」

ユリウス「はい…今の奴には腑抜けたナツキ・スバルではありません…月夜に輝く冥夜の騎士です…///」

シャドースバル「ブラックサ…いや光太郎さん…俺の戦いを見ていてくれ…」

シャドースバル「今の俺の体にはキングストーンがある…その力で俺の本来持つリセットされる力は消去された…」

シャドースバル「だが俺は諦めない…!目の前に居る大切な存在を守るために戦い続ける…!」

シャドースバル「行くぞ!シャドーセイバー!」

チャキ

BGM:光の戦士

シャドースバル「どうした?わが部下である鯨怪人はもっとすばやい動きだったぞ?」

白鯨「ぐぎゃあああ!(激怒)」

シャドースバル「とぅ!」

ザシュ

白鯨「ぎゃあ!」

シャドースバル「角を落とした…これでかなり戦力は剥げたはずだ」

レム「スバル君…凄い…///」

エミリア「ほけぇ///」

パック「リア…大丈夫かい?」

ユリウス「分身していた鯨が一つに戻った…ナツキ・スバル…お前はどれだけ強くなれば気が済むというのだ…///」



ヴィルヘルム「スバル殿!お待ちください!」




シャドースバル「…どうした…?貴方の仇は今取る…安心して見ているが良い…」

ヴィルヘルム「それでは駄目なのです…奴は…奴は…妻の仇…自分が」

シャドースバル「…!」


シャドームーン「ふ…よかろう…想い人の為の引導…そなたに譲ろう…」

ヴィルヘルム「ありがたき…」


ナレーション:その時だった


シャドームーン「む…俺の体内で再びあふれる力が…そうか…復活したのか…」


シャドームーン「サタンサーベルが」

チャキ

シャドースバル「ヴィルヘルム…受け取るが良い。我が愛剣、世紀王の証であるサタンサーベルを…!」

ヴィルヘルム「!?」

シャドースバル「貴行の想いに答えてくれるであろう…世紀王の手向けだ!」

ヴィルヘルム「感謝いたします…」チャキ


ヴィルヘルム「な、なんだこの剣は…まったく重みを感じない…そして体になじむ…」


ヴィルヘルム「長年の因縁…ここで蹴りをつけようぞ…!!!!!」


ザシュ


白鯨「ぎゃあああああああああああああ!」(消滅)

スバル「良かった…想いを果たせて」

ヴィルヘルム「ありがとうございます。スバル殿…サタンサーベル…お返しいたします」

スバル「はは、こいつは主の下に絶対戻ってきてくれる剣です…使いたい時はいつでも言ってください…」

エミリア「スバル…かっこよかったよ?///」

レム「はい…//かっこいいスバル君大好きです!」

エミリア「ちょ!私まだスバルに言ってないのに!」

レム「エミリア様がもたついてるからいけないんです!知りません!」

エミリア「むーーー!」

レム「きーーー!」

スバル「あぁ…あははは…俺、とりあえず光太郎さんに今回の事連絡してくるからまた後で…」

エミリア「すーばーるー?」

レム「どこいくんですかぁぁ???」

スバル「ちょ…冗談じゃないで…!!!!」


パック「もしもし、そうそう、最近エミリアが性格変わっちゃってさ…相談にのってよアクロバッター…え?今ライドロンに変わる?うん…頼むよ!」


世紀王としての自覚は浅い新たな若き月の王子、ナツキ・スバル…だが負けるな!君のいずれ月の光を受けて大いなる進化をするはずだ!
戦え!正義の世紀王!シャドームーン!


このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom