伊佐坂「安価で磯野家を崩壊させる」 (22)

伊佐坂「あああああああああああああああ」

伊佐坂「うるさい!うるさい!うるさい!うるさい!うるさい!!!!!」

伊佐坂「磯野さんのお家は騒がしすぎる!!!!」

伊佐坂「あんな隣人がいたら小説もろくに書けないぞ、まったく!」

伊佐坂「こうなったら私に残された手段は磯野家を崩壊させる他ない!」

伊佐坂「まずは>>2を狙う!」


磯野家の誰かで

マスオ

伊佐坂「まずはあの一族で最も権力を持たない外様のマスオを狙おう」

伊佐坂「だが他の6人に気づかれてしまったら厄介だ」

伊佐坂「さてどうしようか……」

>>5

バイオリンを褒めるふりをする

伊佐坂「確かマスオはいつも今頃散歩をしてたはず」

伊佐坂「よし……」


―外―

伊佐坂「フグ田さんこんにちは」

マスオ「あっ、伊佐坂先生こんにちは。ハチの散歩ですか?」

伊佐坂「ええ日課ですから。部屋に籠ってばかりでは体に悪いですしね」

伊佐坂「ところでマスオさん、最近アレはおやりにならないんですかな?」

マスオ「アレ……??」

マスオ「アレって何ですか?」

伊佐坂「ヴァイオリンのことですよ」

マスオ「あー、バイオリンですか。確かに趣味なんですけど最近はあまりやってないですねえ」

伊佐坂「磯野家から私の部屋にもあの音がよく響いてくるんですよ」

マスオ「そうでしたか……お仕事の邪魔をしてすみませんでした……」

伊佐坂「いえいえとんでもない」

伊佐坂「我が家ではあの素晴らしい音色をいつも楽しみにしていたんです」

マスオ「えぇ~!?そんなに良かったですか僕のバイオリン?」

伊佐坂「是非またヴァイオリンを奏でてください。執筆で疲れた私の体を耳から癒してくれるんです」

マスオ「まさか伊佐坂先生がそこまで褒めてくれるなんて……光栄です」

マスオ「わかりました!また再開してみます!」

マスオ「実は家族からの評判はあまりよくなかったんです。でもやっぱり判る人には判るんですね~」

伊佐坂「ええ、今こそヴァイオリンに被ったホコリを吹き払うときです!楽しみにしてますよ!」

マスオ「はい!」

中断

します

―磯野家―

ギギギガガガガガギギギギギーーーーーーーー

マスオ「♪♪」


波平「サザエ!!!!何だこの騒音は!?!?」

サザエ「マスオさんよ」

波平「なに、マスオくんだと!?」

サザエ「またバイオリンを始めたみたいなの」

波平「バカモン!うるさいから控えるように伝えてくれと言ったではないか!」

サザエ「言ったわよ。でもなんか今度は変な熱意を持ってるみたいで……」

サザエ「それにそんなに迷惑ならお父さんから言えばいいじゃない」

サザエ「私はもうフグ田なんだからマスオさんを立てないといけないのよ」

波平「うむ……」

波平「だがマスオくんもこの家で色々と肩身の狭い思いをしてるんじゃないかと思ってな」

波平「趣味をやめろだなんてわしも本当は言いたくないんだ……」

サザエ「なら仕方ないわね。諦めましょう」

波平「……」

ギギギガガガガガギギギギギーーーーーーーー

マスオ「♪♪」


カツオ「ああもう!これじゃうるさくて勉強できないよ!」

波平「バカモン!言い訳するんじゃない!」

波平「集中すればたとえどんなところでも勉強はできるんだ!」

カツオ「そんなぁ~」

カツオ「マスオ兄さんにやめるように言ってよお父さん!」

波平「我慢しなさい!!!!」

―伊佐坂家―

伊佐坂「ククククク、磯野家の間に小さな溝を作ることに成功した」

伊佐坂「まああの騒音は私の部屋にも聞こえて大迷惑だが、最終目標は磯野家崩壊」

伊佐坂「それさえ成し遂げられれば今の私の苦痛など小さな物よ」

伊佐坂「さて、次は>>15を狙おう……」


磯野家の誰かで

ちんぽこ太郎

伊佐坂「次の標的は調子に乗りやすいサザエだ」

伊佐坂「あいつは磯野家の中心人物で特に警戒せねばならん」

伊佐坂「さてどうしようか……」

>>18

強姦

伊佐坂「よし、サザエを強姦しよう」

伊佐坂「だが私が直接手を下せば計画が露見する可能性がある」

伊佐坂「実行犯は誰がいいだろうか……」

>>20


磯野家以外で

サブ

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom