神谷奈緒「梅雨でも常務は憎めない」 (43)




前作
神谷奈緒「憎めない常務と五月病」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1465636759


―――――プロダクション・会議室―――――


美城常務「ふむ、全員集まったようだな。では、今月のプロジェクトクローネ会議を行う」

常務「Here we go!!!」

神谷奈緒(なんだそのテンション!?)

鷺沢文香「OK Let’s Go People!!!」

橘ありす「文香さん!?」

常務「静かにしろ鷺沢」

北条加蓮(突然裏切るよね)

文香「イエスボス」

渋谷凛(誰なの?)



―――――プロダクション・会議室―――――


美城常務「ふむ、全員集まったようだな。では、今月のプロジェクトクローネ会議を行う」

常務「Here we go!!!」

神谷奈緒(なんだそのテンション!?)

鷺沢文香「OK Let’s Go People!!!」

橘ありす「文香さん!?」

常務「静かにしろ鷺沢」

北条加蓮(突然裏切るよね)

文香「イエスボス」

渋谷凛(誰なの?)



常務「あと発言してないのは……、塩見か、何か話せ」

凛(フリが雑)

塩見周子「ウーパールーパーは唐揚げにすると美味しいらしいよ」

ありす「人でなし!!!!!」

文香「詳しく」

ありす「文香さん!!!!!」



常務「さて、今年も早いもので、もう梅雨の季節になってしまったな」

文香「湿気は本の大敵ですので、困ってしまいますね……」

フレデリカ「わかるー☆」

ありす「本を一番読まなそうな人が同意しましたね」

唯「そんな時にはコレ! 『除湿器(Ver.緑のブサイク)』!!!」デデーン

奈緒(何か始まった)

文香「でも、お高いんでしょう?」

加蓮(早い! せめて機能を聞いてから言って!)

周子「なんとこちらの商品、高いんです」

ありす「なに暴露してるんですか!?」

文香「でも、お高いんでしょう?」

ありす「だからそう言ったじゃないですか!!!」



奏「しかもなんと今なら、1台買うともう15台ついてくるんです」

凛(おまけ重っ!!! 部屋の中カッピカピになるよ!?)

文香「でも、お高いんでしょう?」

ありす「お金のことしか頭にないんですか!?」

常務「1台もらおうか」

ありす「常務!?」

唯「まいど! 90000円×16台で、2880000円です!」

凛(確かに1台あたりが高すぎるし!)

加蓮(結局16台分払わされてるしそのうえ!!!)

奈緒(計算が間違ってる!!!!!)



常務「では本題に入る。まず大槻」

唯「はーい!」

ありす「なんで当然のように始まるんですか」

常務「またユニットでCDを出してもらう」

唯「おお!」

常務「片桐、相葉、姫川、市原とのユニットになるな」

唯「???」

奈緒(なんでピンときてないんだよ)

常務「酔いどれ(元警官)、花好き、野球バカ、着ぐるみ大天使の4人だ」

凛(仁奈への贔屓)

唯「ああ! なるほど!」

奈緒(特徴から逆引きすんなよ! 名前で覚えとけよ!!!)



常務「今後はその5人でのイベントも控えている。準備をしておいてくれ」

唯「おっけー!」

常務「あと、少し前に、中庭でシャボン玉を飛ばしていたようだが……」

唯「あ! じょーむ、見てたの?」

常務「別に楽しむ分には構わないが、今後あのようなことを事務所内でする時には」

加蓮(あれ? 何か許可とか必要だったっけ?)

常務「私も誘ってくれ」

唯「はーい!」

ありす「それでいいんですか!?」



唯「あ! じょーむ、アメちゃんもってないー? なくなっちゃって……」

奈緒(自由な会議だな本当に)

常務「センムノミシロダ」

ありす「急にどうしたんですか!? あなたの役職は常務でしょう!?」

常務「ジュエル25個とアメをやろう」

凛(ジュエルって何!?)

常務「優秀すぎるのも困りものだな……」

ありす「さっきから何を言ってるんですか!?」



常務「さて、宮本だが、前述の大槻に先立って、既にCDを出し、イベントもこなしてもらった」

フレデリカ「楽しかったよー♪」

常務「寺での修行も経験したようだな」

凛(……アイドルって寺で修行するものだっけ)

常務「どうだった?」

フレデリカ「……」

ありす「……? フレデリカさん?」

フレデリカ「……オソウジ」

奈緒(どうした)

フレデリカ「オソウジ……シナクチャ……!!!」

ありす「ち、ちょっと!?」

フレデリカ「オソウジ!!! オソウジ!!!」

文香「生存本能!!!」ブンッ

奈緒「持ってた本を投げた!?」

フレデリカ「アベニューモゥッ!!!」ガツン!!!!!!

凛「フレデリカ!!!」



フレデリカ「……」

ありす「ふ、フレデリカさーん……?」

文香「急所は外しましたが」

ありす「誰でも頭は急所ですけど!?」

奈緒(……)ドキドキ

加蓮(……)ドキドキ

凛(……)ドキドキ

フレデリカ「……」ムクリ

ありす「大丈夫ですか!?」

フレデリカ「案ずるでない」

ありす「大丈夫じゃない!!!」



奈緒「フレデリカ! どうした!?」

フレデリカ「我はフレデリカではない……。メラだ」

ありす「何の話をしてるんですか!?」

フレデリカ「滝行にて覚醒したのだ……」ピカー

奏「後光が射してるわね」

周子「金髪だもんねー」

唯「え!? ゆいも出せるかな!?」ムムムーン!!!!!

加蓮「ちょっとは心配したら!?」



フレデリカ「……あれ? フレちゃん、寝てた?」

ありす「も、戻った……」

奈緒「大丈夫だから休んでてくれ……」

フレデリカ「?」

常務「次から寺での修行は禁止だな」

ありす「それが妥当ですね……」

常務「次は神社で修行だ」

凛「反省してよ!!!」



常務「さて、塩見は『つぼみ』のイベント、ご苦労だった」

周子「んー」

常務「クソみたいな譜面だったろう」

凛「前回も言ってたよね!?」

常務・文香「「前回」」

凛「うわ!? な、なに!?」

常務「ここで前回会議の議事録を見てみよう」

奈緒(そんなのあるのか)


―――――前回―――――

常務「ただ今回の譜面はクソ難しいので、イベントを投げないように頼む」

奈緒(急にメタいな!!! クソとか言うなよ!!!)

文香「あれで難易度25を名乗るとは、吐き気を催す邪悪と形容する他にないですね」

ありす「言い方かっこいいけどただのいちゃもんですからね!?」

―――――


奈緒「いや心の声が残ってるのはおかしくないか!?」



常務「さて……、何か気が付かないか?」

ありす「? どういうことですか?」

常務「では全員、デレステを立ち上げろ」

加蓮「会議中なのに!?」

唯「はーい!」アイドルマスター シンデレラガールズ!

奏「はいはい」アイドルマスター シンデレラガールズ!

フレデリカ「~♪」アイドルマスター シンデレラガールズ!

周子「りょうかいー」アイドルマスター シンデレラガールズ!

文香「わかりました……」ブシモ!

奈緒「スク○ェス起動してるやついるぞ!?!?」



常務「『つぼみ』の難易度を見てくれ」

ありす「? ……あ! 26になってますね」

常務「難易度26相当のものを25として提供していた……、これは立派な詐欺だ」

凛(そこまで?)

常務「訴訟も辞さない」

奈緒「なにがアンタをそこまで動かすんだよ!?」

詐欺沢文香「詐欺被害のご相談なら私におまかせを……」

ありす「文香さ……誰!?!?」



常務「では次の話題に移ろう」

奈緒(振り回してるのはそっちだからな?)

常務「これも大槻、宮本の組むユニットの亜種になるが、塩見、速水、橘、鷺沢と、別部署の二宮でユニットを組んでもらう」

ありす「クローネから4人ですか、すごいですね」

常務「確かに私の企画したプロジェクトから多く選抜されることは喜ばしい。しかし、気を抜かないでもらいたい。私のように、跳び上がって喜んでいたらタンスに脚をぶつけたなどということがないように」

奈緒(はしゃぎすぎだろ!? ちょっとかわいいな!)



常務「そういえば、鷺沢と橘、生存本能ヴァルキュリアはどうだった?」

ありす「さ、最初は驚きましたが……、全体的にかっこよかったですし、楽しかったですよ」

文香「はい……、夕美さんは今にも生存が危うくなりそうでしたが」

奈緒「休ませてやれって!!!」

常務「しかし、さっき言ったようにまだCDとイベントが残っている」

ありす「ブラック企業なんですか!?」



常務「是非、相葉に会った時には労いの言葉をかけてやってくれ」

加蓮(同情より休暇でしょ)

フレデリカ「そうだ! シキちゃんからもらった『元気の出るクスリ』をあげよっと!」

ありす「それ大丈夫なんですか!?」

フレデリカ「大丈夫だよ~」

文香「パラシュートに不具合報告がないのは、不具合の発生者は生還者になりえないからですよ」

ありす「なんでそれ今言ったんですか!?」



常務「さて、あとは渋谷」

凛「は、はい(今回も普通……)」

常務「新曲をソロで用意した、頑張ってくれ」

凛「あ、ありがとう」

常務「ファンも成田の歌に期待してることだろう」

凛「成田エクスプレスで一気に成田空港まで!?」

奏「便利な時代ね」

常務「そんな新千歳の新曲名だが」

奈緒「とうとう飛行機で移動しちゃったよ!!!」

常務「『Anemone Star』という曲だ。成田のイメージにも合っている」

加蓮「成田に帰ってきた!? なんで!?」

常務「期待しているぞ、羽田」

ありす「空港を間違えてたんですか!? なんで1回北海道まで行っちゃったんですか!?」

常務「ジンギスカンキャラメルをあげよう」

奈緒「お土産買ってんなよ!!!」



常務「神谷と政子もこれまでのように頑張ってくれ」

加蓮「北条政子を定着させようとするのやめてもらえる!?」

常務「神谷はいじる箇所が眉毛しかないから不便だな」

奈緒「なんでダメ出しされなきゃいけないんだよ!!!」

常務「まったく……、羽田を見習え」

奈緒「飛行機逃して羽田から出れなくなってるじゃないか!!!」

凛「そもそも見習うって何!?」



常務「ではこの辺で会議を終わりにしたい」

奈緒(ようやくか……)

常務「今、『ようやく終わりか』って思ったそこの眉毛」

奈緒「いじるな!」

常務「号令を」

奈緒「ええ!?」

みんな「……」ジッ……

奈緒「わ、わかったよ! き、起立!」

奈緒「気を付け! 礼!」

常務「か~ら~の~?」

奈緒「どうすりゃいいんだよ!!!」バンッ!!!



おわり





流石に、この凛とあのBBQの凛を同じと言い張る勇気はないので、苦労人事務所と同一か否かはご想像にお任せしています。
別世界と考えてもらっても、メンツによって切り替えてるだけと考えてもらっても構いません。
お読みいただきありがとうございました。




過去作


渋谷凛「卯月のシンデレラガールを」本田未央「祝いたい?」

五十嵐響子「ピーキーキュートと苦労人」

島村卯月「第3回!水曜日の346プロ!」

智絵里「Lack Luckの」ほたる「お仕事」朋「一日警察署長!」


などもよろしくお願いします




わ!!!
一つ飛ばしてました!!!
ちょっとタイム!!!

>>3>>4の間に次のを挟んでください!!!



常務「今回も、それぞれの今月の活動方針を、決定している範囲で確認するだけのものだ。肩の力は抜いてくれてかまわない」

常務「何か質問は?」

速水奏「アーニャの席が空いているようだけど」

常務「ああ、アナスタシアは『ペットのウーパールーパーが亡くなったので休む』そうだ」

奈緒(そもそも飼ってたことが初耳なんだけど!?)

大槻唯「そうなんだー……」ションボリ

宮本フレデリカ「しょうがないねー……」ションボリ

文香「本当に……グスッ……悲しい……グスッ……ことです……」グスッ

ありす「ガチ泣き!? 感受性どうなってるんですか!?」

文香「まあそれは置いておいて、会議を始めましょう……」ケロッ

加蓮(もうただの情緒不安定でしょ!?)



やっちゃいました……
まあ序盤なのでまだセーフってことで……

まとめてくださる際は、うまく挟んでおいていただけると助かります……

(>>3>>4の間にではなくて、>>3>>30に差し替えてもらえばいい話でしたね、テンパってました、ごめんなさい)

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2016年06月13日 (月) 17:34:29   ID: OYBY3pqB

更新される度に見てるけどこの人の作品ほんとすこ

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom