エレン「いい加減気持ち悪い」ミカサ「」(56)

エレン「なんなんだよ?いつもベタベタベタベタ」

エレン「うっとうしい、気持ち悪い」

エレン「ご飯粒ぐらい一人で取れるわ」

エレン「しかも股間ふくふりして揉むのやめてくれない?キモい」

エレン「ジャンとくっついて、マジで」

エレン「お前事はもう見たくもない、近寄るな」

エレン「何がエレンニウムだ、バカじゃねえの?」

エレン「こんなことになるならお前なんか助けなきゃよかった、売られればよかったのに」

エレン「2回目だが2度と俺に近寄るな、家族ってことにしといてやるから」タッタッタ

ミカ「」

サがなくなる程ショックだったか……

誰か書いて下さい

ミカサ「……なんてな!」

ミカサ「エレン!」

ミカサ「俺がお前のこと嫌うわけないだろ?」

ミカサ「エレン……!」

ミカサ「お前がかわいくてつい、な。意地悪しちまったんだよ」

ミカサ「エレン……」

ミカサ「どれ、お詫びに抱っこしてやろう。来いよミカサ」

ミカサ「エレン!」ダキッ

ミカサ「お姫様は甘えん坊だな?」ナデナデ

ミカサ「エレン……」スリスリ

>>5

あとは任せたよ
俺は塾に……

ミカサ「ミカサ、格闘訓練一緒にやろうぜ!」

ミカサ「エレン」

ミカサ「よし、いくぞ!そりゃ!」バタッ

ミカサ「エレン!?」

ミカサ「寝技だよ、寝技。お、なんだこの柔らかいの」

ミカサ「エ、エレン……」

ミカサ「それにこっちはなんか濡れてるな……なんだ?」

ミカサ「エレン……エレン!」

ミカサ「擦れば擦るほど濡れて来るぞ?なんだ?」

ミカサ「エレンンンッ!」プシャァァァ

ミカサ「ミカサ、ちょっとここ座ってくれよ」

ミカサ「エレン」

ミカサ「よっと」ポスッ

ミカサ「エレン?」

ミカサ「い、いいだろたまには!昔はよくしてくれたじゃねえか、膝枕……」

ミカサ「……エレン」ナデナデ

ミカサ「な、撫でるなよ!まあ、撫でたいなら構わないけどよ……」

ミカサ「エレン……」クスクス

ミカサ「ふぇえん」ジュポッジュポッ

エレン「ああっ!い、いいぞミカサ!」

ミカサ「ふぇれん、ふぇれん!」ジュポッジュポッ

ミカサ「ああっイく!口にだすぞ、ミカサ!」

ミカサ「ふぇえん!」ジュポッジュポッ

ミカサ「あぁー!」ビクンビクン

ミカサ「ふぇえん!」プシャァァァ

>>17-18

>>16はミスだ

しまった>>19もだ

もう寝る

ミカサ「」

アルミン「ミカサ?どうしたんだい?」

ミカサ「」

アルミン「し、死んでる…」

ミカサ「」

アルミン「ちょっとミカサってば!エレンはどうしたんだよ!?」

ミカサ「……エ…レン?」

アルミン「そうだよ!」

ミカサ「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい
許して許して許して許してエレンエレンエレン……」

ミカサ「嫌いにならないで嫌いにならないで嫌いにならないで」

アルミン「ダメだ…考えることを放棄してる…」

どうしてこんなことに……?
状況を考えるとエレンがミカサに何か言ったのは
間違いないだろう。

確かに最近のミカサはエレンに対して過保護すぎたかもしれない 。

普段から子供扱いされるエレンが怒るのも
無理はなかった…。

だからってミカサをこのまま放っておくなんて
…できるわけがない!

アルミン「しっかりしろ!ミカサ!!」

ミカサ「!?…アルミン?」

アルミン「キミはこのままでいいのか!エレンに嫌われて、見捨てられたままでいいのか!?」

ミカサ「よ、よくない…」グスッ

アルミン「またエレンと一緒にいられるためにも、あきらめないで戦うんだ!」

ミカサ「戦う…?」

エレン(戦え!!)

ミカサ「ごめんなさいアルミン…」

エレン(戦え!!)

ミカサ「私はもう…あきらめない」

ミカサ「そうだ…あきらめてしまったらもう…エレンと一緒に寝たり、お風呂に入ることさえできない…」

ミカサ「だから──何としてでも仲直りする!」

ミカサ「何としてでもエレンをペロペロする!!」

妄想始まり
───────────
エレン「ちょっ!ミカサ!おまっ…どこ舐めて!」

ミカサ「エレンエレン」ペロペロ

エレン「んっ…そこはっ…やめ…」

ミカサ「ハァハァ」ペロペロ

エレン「ミカ…サァ…俺…もう…」ハァハァ

ミカサ「エレン…私に全てを委ねてほしい」キリッ

エレン「うん……」カァァァ

ミカサ「エレェェェェェン!!」ガバッ

エレン「やだやだっ!…や、優しくしてくれミカサァ…」

ミカサ「もうだめ、我慢の限界」カチャカチャ

エレン「ミ、ミカサァ」

ミカサ「エレン、あなたを愛してる」

エレン「ミカサ……本当は俺も
───────────
妄想終わり

ミカサ「そうだ…ここからだ」

アルミン「うん、僕たちの」

ミカサ「私たちの」

ミカアル「人類の反撃はここからだ!」

キース「ほぅ…何がここからなんだ?」

ミカアル「!?」

キース「アッカーマン、及びアルレルト訓練兵、死ぬまで走ってこい!」

ミカアル「」

そう、俺たちの進撃はここからだ! 完

気が向いたら続きを書きにくる
では、お休みなさい

続き投下するよー
ちなみに自分が書いたのは>>25からなんで>>5とは関係ないのでご了承ください

ミカサ「しかしどうしたらエレンは許してくれるのだろう?」

ミカサ「そもそも、あの優しいエレンが私に対してあんなこと言うはずがない…」


ミカサ「これは作戦を考える必要がある。アルミン何かいい作戦はない?」

ミカサ「アルミン?」

アルミン「」

ミカサ「し、死んでる…」

アルミン「生き…てるよ…」プルプル

アルミン「よくあんなに走ったのに元気でいられるね…」

アルミン「あとこのくだり二回目だよね…?」

ミカサ「細かいことは気にしてはいけない」

ミカサ「それよりアルミンの知恵を貸してほしい」

アルミン「う~ん、知恵と言っても恋愛に関しては、僕だって力になれるかどうか…」

アルミン「そうだ!」

ミカサ「何か思いついたの?」

アルミン「ほら、昔2人が喧嘩したことがあったよね?」

ミカサ「あれは確か…」

回想始まり
──────────
エレン「ミカサって女らしくないよな」

ミカサ「いくらエレンでも今のは許せない、のですぐ私に…な、なでなでを要求する」ゴゴゴゴゴ

エレン「はぁ!?何そんな怒ってんだよ?」

ミカサ「今の発言に私はすごく傷ついた。謝って。だから…な、なでなで…して…」ゴゴゴゴゴ

アルミン(謝るのは建て前で、ただ単に頭をなでなでしてほしいだけなんだろうな…)

エレン「俺は思ったこと言っただけだぞ!」

アルミン(エレンはエレンで分かってないみたいだし)

ミカサ「もういい…エレンがなでなでしてくれるまで、許さない!」プンプン

アルミン「もう建て前はいらないんだね」

エレン「建て前?なにそれ?おいしいのか?」

アルミン「ちょっと黙っててねエレン」

ミカサ「もうエレンの言うことなんて…知らない!」ダッ

エレン「あっ!おい待てよミカサ!」

ミカサ「…何?」ピタッ

アルミン「意志弱ッッ!!まだ五秒もたってないよ!?」

ミカサ「もしかして…なでなで…してくれるの?」ドキドキ

アルミン(あ、可愛い)

エレン「今気づいたけど、お前って前髪伸ばすと貞子みたいだな」

アルミン「何でこのタイミングでそんな酷いこと言うんだよ!?空気読めないってレベルじゃないよ!?」

ミカサ「…」プルプル

アルミン「待つんだ!落ち着いてミカサ!」

エレン「どうしたんだミカサ!?腹減ったのか!?」

アルミン「この状況で何でそんな言葉が出てくるんだよ!?お願いだからちょっと黙ってて!」

ミカサ「エレンの…エレンの…」プルプル

ミカサ「バカァァァァァ!!」ブォン

アルミン「ブッ?!!」バキッ

アルミン「えっ?何で僕殴られたの!?」

ミカサ「だって…エレンを殴るなんて…できない」

ミカサ「それともアルミンは、私にエレンを殴れと言うの?酷いよ…」ポロポロ

アルミン「酷いのは僕の扱いだよ!泣きたいのはこっちだからね!?」

エレン「ミカサ…いい加減にしろよ!さっきから訳わかんないことばっか言いやがって!」

アルミン「訳わかんないことばっか言ってるのはエレンだよ!?そもそも君が原因だからね!?」

ミカサ「エレンのバカッ!大好き!私帰る!」タタタ

アルミン(あれ?そこって普通嫌いって言わないの?)

エレン「おい、帰るなら一緒に帰らないと母さんに怒られるぞ!」

エレン「行っちまった…ったく人の話聞かない奴だな!」

アルミン「おまえが言うな」


数日後


アルミン「それでミカサとはまだ仲直りはしてないの?」

エレン「あぁ、流石にこうも避けられるとちょっとキツいな…」

アルミン「例えば?」

エレン「風呂に入ってる時も前だったら、体を洗いっこしていたんだが…」

アルミン「一緒にお風呂入ってたの!?」

エレン「家族なんだから当たり前だろ?」

アルミン「うらやましい!…じゃなくて、家族だから仕方ない…のか?」

エレン「それで洗うときは、お互いに石鹸をつけてこすりあって洗ってるんだけど…」

アルミン「ちょっと待って、それはおかしい」

エレン「そんときのミカサが顔真っ赤にするから、ちょっといたずら心が湧いてきて、くすぐったりするんだけどさ」

アルミン「お願い待って」

エレン「ミカサが小さな声で

ミカサ(んっ……まっ、待ってエレ…ンっ!)

ミカサ(あんっ!…おっぱいばっかりイジらないでぇ…)

ミカサ(やっ……、おへそに、指入れちゃ…やだぁ)

ミカサ(エレン…もう少し…下の方も…)

ミカサ(ふぁ!や、やさしく…して…)

ミカサ(ダ、ダメ、何か…きちゃぅ…!?)

ミカサ(こ、こわいよぉ…わたし…おかしくなっちゃう…)
ミカサ(アッ…ダメ…ッ…エレン…やめないで)ウルウル

って感じで言うんだよ。それにアイツおっぱいも結構膨らんでるから、柔らかくて気持ちいいから、ついいじめたくなるんだよな」

アルミン「エレン、僕、生まれて初めて人を殺したいと思ったよ…」ゴゴゴゴゴ

エレン「でも、最近は一緒に入ってもそういうことはしてないぞ、やっぱり怒ってんのかなミカサ…?」

アルミン「フツウはそんなことしないんだよ!羨ましいッッ!!」

エレン「えっ?でも前に父さんが女の人と風呂に入ったら、そうするんだぞって教えてくれたんだが…」

アルミン「グリシャさん何を子供に教えてるんだよ!!」

エレン「でも、それを母さんに言ったら見たことのない形相してたから怖かったな…」ブルブル

アルミン「家庭崩壊のスイッチを連打しちゃってるよ!!家族ゲームみたいになってるから!!」

エレン「そういえばあれから父さん、肉塊みたいにグチャグチャになってたんだけど」

アルミン「無茶しやがって…」

エレン「あとは、寝てるときの話なんだが…」

アルミン「まだあるの!?」

エレン「ミカサがうちに来てから、俺の部屋で寝てるんだけどさ」

エレン「ベットが一つしかないからさ、二人で寝てるじゃん」

アルミン「エレンの家って部屋まだなかったっけ?」

エレン「あるんだが、父さんと母さんがまだ小さいから一緒の部屋で寝なさいって言ったんだよ」

アルミン「まぁ、それは仕方ないね」

エレン「あぁ、それで寝る前にいっつもお休みのキスをするんだけど…」

アルミン「ストップ」

エレン「そのときにお互い服を脱いで抱き合って寝るんだが…」

アルミン「ねぇ、この流れ二回目だよ!もうやめて、僕のライフポイントはとっくに0だよ!」

エレン「その時にミカサの奴が

ミカサ(ねぇエレン?もう一回…おやすみのチュウ…しよ?)ウワメヅカイ

ミカサ(んっ…クチュ…チュプ…ハァ…エレン)

ミカサ(舌が…熱い…レロ…プハッ)

ミカサ(エレン…もっと…チュプ…チュパ…)

ミカサ(気持ちいい…エレン)

ミカサ(チュッ…レロレロ…チュパ…チュゥゥ…チュルル…チュプ)

ミカサ(お願い…エレン…私と一つに…なろ?)ウルウル

っていう感じになったんだけどさ。アイツも寂しがり屋だからしかたねーけどさ。」

アルミン「」

エレン「でも、絶対怒ってるよな。アレから服着たまま後ろから抱きついてくるだけになったし」

アルミン「死ねぇぇぇ!!!」ブォン

エレン「うおっ!?なにすんだアルミン!本の角なんかで叩いたら危ないだろ!!落ち着けよ!」

アルミン「これが落ち着けるか!き、きみはとんでもないことをしてしまったんだぞ!?」

エレン「おいおい、何のことだよアルミン?」

アルミン「ま、まさかゴムもしないで…その…してしまったのか!?」

エレン「ゴム?なんでゴムなんかいるんだよ?」

アルミン「ボクが…ボクがちゃんと二人の関係に気づいて、正してればこんなことには…」

エレン「おーい?アルミン聞いてるかー?」

アルミン「エレン、こうなったら責任を取らないとダメだからな!」

エレン「責任って…何のだよ?」

アルミン「子供ができたかもしれないんだよ!?とりあえずグリシャさんに見てもらわないと……」

エレン「子供…?」

アルミン「ってしまった!グリシャさんはさっきの話だとミンチより酷い状態になってしまってるはず…」

エレン「なぁ…」

アルミン「ちょっと待ってくれ、今は話しかけないで!」

エレン「子供って抱き合っただけでできるものなのか?」

アルミン「えっ?」

エレン「えっ?」


エレン説明中


アルミン「つまり、裸で抱き合ってただけで何もしていないと…」

エレン「抱き合う以外に何かあるのか?」

アルミン「いや、何でもない。気にしないでくれ」

アルミン(良かった…本当に良かった…)グスッ

エレン「そういえば、昨日は母さんが父さんを罵倒しながら裸で抱き合ってたけど、ああいうことしないとダメなのか?」

アルミン(グリシャさん生きてたんだ…)

アルミン「エレン、大きくなったら自然とできるから心配しなくてもいいよ」

エレン「ふーん、そういうもんか…」

アルミン「それより早くミカサと仲直りしないとまずいかもね…」

アルミン(主にボクのhpが0になりそうで)

エレン「確かに…でもどうすればいいんだ?」

アルミン「うーん…」

エレン「そうだ!」 

アルミン「何か思いついたのかい!?」

エレン「この間母さんがクッキーを作ってくれたんだ」

エレン「アイツ珍しくニコニコしながら食べてたから、あれを作ってあげれば許してくれるかも!」

アルミン「それはいいね!さっそくカルラおばさんに作り方を聞きにいこう!」

エレン「おぅ!待ってろよミカサ!」

──────────

 回想終了

ミカサ「そうだ、あの時エレンは仲直りの印にクッキーを作ってくれた!」

ミカサ「今度は私が作ってエレンに渡せば、すべてがうまく行くはず」

アルミン(あれ?ボクって二人に関わってろくな目にあってないんじゃね?)

ミカサ「これもアルミンのおかげ!ありがとうアルミン」ニコッ

アルミン(やっぱり可愛い…)

アルミン(この笑顔が見られるからいいかな…)

アルミン「エレン…君がうらやましいよ…」ボソッ

ミカサ「? 何か言ったアルミン?」

アルミン「いや、何でもないよ。それよりおいしいクッキー作って、仲直りしないとね」ニコッ

ミカサ「うん!」ニコッ

とりあえず今日はここまで
俺…この話書き終えたらまとめサイトに載せてもらうんだ…

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2016年06月07日 (火) 12:56:08   ID: HeMx7Abq

ミカサ好きはブスな人が好きなんだね!
ミカサってモブキャラよりブスじゃん
な?分かるだろ?

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom