船員「船長!宝の地図です!」海賊「そんな事より働け」 (417)

下っ端A「に、荷物の搬入終わりました!!」

海賊「うむ!漏れが無いかチェックしておけ!」

船員「あのッ」

下っ端B「乗客の確認終了しました!!」

海賊「最近不法で乗り込んでくる奴も多いからな!引き続き監視を続けろ!」

船員「船長……」

下っ端C「風向き良好です!いつでも出発できます!!」

海賊「よし!"おかげさまで海賊団立て直し1周年記念皆様ありがとう格安ちょっと遠出クルーズ"出発だ!!」

船員「……」




船員「ウチら海賊ですよね?」

海賊「海賊だぞ?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1462691203

海賊「んー!いい風だー!」

船員「結局地図の下り無視!?船長ー、いい加減海賊らしい事しましょうよー」

船員「先代が亡くなって海賊団を再結成してもう一年、ずっと船長主導の元荷物の運搬やら旅行会社との連携やらで何もしてないじゃないですかー」

海賊「大体親父の代から賊らしい事してなかったじゃないか。海賊らしい事ってなんだよ」

船員「えっと……略奪とか大冒険とか……」

海賊「お前そんなにお上に捕まりたいの?このご時世に国やギルドに目を付けられたらお終いだよ。手堅く堅実に、それでいて末永く生きていくには真っ当な手段で仕事をして稼いでいく他ないのにそれを手放して収入の安定しない賊をやるっていうの?大冒険なんて以ての外だよ、私には無理だから」

船員「えぇ……」

海賊「そもそもだ!私が何故こうも身を粉にして働いているかお前に分かるか!?」

船員「お金欲しいからですよね」

海賊「いや違……くも無いけど!!」

海賊「馬鹿親父が残した莫大な負の遺産を清算するために海賊業を辞めさせて商船やったり人運んだりしてるんだ!」

船員「先代、現役だった頃から借金だらけでしたしねー」

海賊「だ・か・ら!一々そんなあるかもどうか分からないような宝の地図なんて気にしていられないの!!分かった?」

船員「分かりません!海賊はロマンです!」

海賊「おーい下っ端共ー、コイツを海に放り投げろー」

下っ端D「うっす」

下っ端E「おっす」

船員「ちょっ!?じょ、冗談ですって!ちょっとやめて!離してー!!いやー!!」



海賊「あー静かになった」

下っ端A「ボス、特に今はすることも無いので休憩しますか?」

海賊「んー、多くは無いと言ってもお客さんに挨拶しなきゃいけないからまだ残るよ」

下っ端B「へい!それじゃあ俺たちは先に休ませていただきます!」

下っ端C「今日の仕事終わりー!あー疲れた」



海賊「テメェらサボろうとしてんじゃねぇよ働け。内側から爆発させて頭トマトケチャップにするぞ」ギリギリギリ

下っ端A「あががががが」

下っ端B「ボス!?手甲嵌めたまま頭絞めるのはマズイですって!?」

海賊「さて、挨拶済ませるかな。こう、大っぴらに客の前で喋るの何て初めてだな」

船員「船長!頑張ってください!」

海賊「捨てられたんじゃなかったのかよお前……おほん」


海賊「さて皆さん!記念すべき我が航海にご参加していただき誠にありがとうございます!」


金髪少女「海の風って嫌なんですよね、なんかこう……ベタついて」


海賊「……ほ、本船はこのまま一度海上都市、および海底都市に向かい、その後各地を巡り再びこの港へ戻ってまいります!」


黒髪少女「船の大きさの割に船員も少ないようですし、その癖お客と荷物は多い。手が回るのでしょうか」

海賊「……」


海賊「お、各々目的地で降りる方も、一周まるっと長旅にお付き合いいただく方も、どうかその時まで存分に海上のリゾートをお楽しみください!!」


眼帯少女「……」

海賊「……」

眼帯少女「……」

海賊「楽しくやれる自信無くなってきた……」ズーン

船員「く、クレーマーが居るのは仕方のない事ですよ!それにあの人達もちゃんと小声で喋ってますから……」

海賊「面と向かって言ってくれた方がまだよかった……ちょっと動きやすい格好に着替えてくる……」ヨタヨタ

船員「ちょっと張り切っちゃったのに空回りして痛々しい可哀想な船長……」


海賊「ウッ…」


下っ端C「お前も辛辣だな、思いっきりボスにトドメ刺したぞ」

船員「えー!船長は何も悪くないですよー!」

――――――
―――


海賊「ハァー……」

海賊「親父め、とんでもない借金残してとっとと死にやがって」

海賊「そのせいで私が何から何までやらなくちゃいけない羽目になったじゃないか」

海賊「船のローンだってまだ残ってるっていうのに。今更賊なんて出来るかよ、ったく……」


黒髪少女「モーニングセット、頼んでから随分経ちますが。まだ出来ないのですか?」

眼帯少女「……腹減ったー、飯食わせー」


海賊「ぐぅっ!さっきの連中か……ッ!は、は~い!ただいまお持ちしま~す♪」


下っ端A「ボスのウェイトレス衣装可愛いよな」

下っ端B「いいよね」

下っ端D「うっす」


船員「ちょっと待って!?船長に何させてるの!?」

海賊「させられてるんじゃない」

海賊「自 主 的 に や っ て る ん だ ! !」

船員「なんで!?」

海賊「人手足りないんだよ察しろ!ほらお前たちも料理運べ!」

下っ端E「おっす」

海賊「Aは厨房手伝ってこい。DとEは運べ!BとCはとっととベッドメイキング済ませろ!途中なの知ってるぞ」

船員「せ、船長!私はどうしましょう!」

海賊「歌でも歌ってろ役立たず!」

船員「えぇ……」

金髪少女「まだですかー?」


海賊「はーい、出来上がりましたのですぐに♪……散れェ!!」

下っ端D「うっす」

下っ端「おっす」

海賊「まったく、人数が居ないんだからもっとテキパキやれ!」

船員「何か違う気もしますが……」


騎士「おーい!この激辛カレーってのくれよ」

竜少女「ワシは野菜スープだけでいいかのう」


船員「あ、はーい承りましたー!」

海賊(ま、こうやって無茶苦茶言ってもちゃんと仕事してくれるんだよな)


船員「激辛カレー風味パスタとカニスープでーす」

海賊「!?」


海賊「お前人の話聞いてたのか?」ギリギリギリ

船員「HAHAHA☆ジョークですよジョーク☆少しでも高いモノ食わせた方g痛い痛い」

海賊「こんな事で評判下げられたら商売上がったりなんだぞ。それに現場を混乱させたらせっかく雇えたコックに悪いだろ」

船員「まー、この僅かな時間でそんな食事すぐ作れるワケ……」

コック「カレー風味パスタおまち」

船員「速いねー?」

海賊「まぁいいや……カニスープまだみたいだし取り消しな」

コック「ほいよ」

船員「でも勿体ないですねぇ、せっかく作ってくれたのに」

騎士「何、メニュー間違えたの?」

海賊「も、申し訳ありません!すぐにつくりますので……」

騎士「いいよ、それで。値段もそう変わらないだろ?」

海賊「し、しかし……」

騎士「いいのいいの!せっかく美味しそうに作ってくれたんだから、食べなきゃ勿体ないだろ?」

海賊「あ、ありがとうございます!!」

船員「あの背の高い人、いい人でよかったですねー」

海賊「結果論だろ、後でサメのエサにするぞ」

船員「やれるもんならやってみな」

海賊「」ガッガッガッ

船員「ストップ、無言の腹パンはストップ。同じ女ならそれは無しだって分かるでしょ船長」



竜少女「む?随分早かったのう」

騎士「へっへ、まー俺は通だから?どんな料理が早く出てくるか知ってるワケよ」

竜少女「流石、行く先々のパンフレット読み漁ってるだけの事はあるな」

騎士「まーそう褒めるなって、そんじゃ先に頂きまーす♪」ズルズル

竜少女「……おい」

騎士「……」ズルズル

竜少女「……どうした?」

騎士「ゴッパ」

竜少女「!?」

竜少女「誰かーーーーーーーー!!医者を連れて来てくれーーーーーーー!!ワシの連れが倒れたのじゃーーーーーーーーー!!」

騎士「カフッ…」



船員「oh...」

海賊「何を作ったコックうううううううううううううううううううう!!」

コック「あー、試作パスタやっぱり駄目だったかー」

海賊「や っ ぱ り っ て 言 っ た か 今 ! ?」

下っ端A「ぼ、ボス!!厨房の作り置きパスタが何か異形なものに変化しつつあります!!」

海賊「作り置きって何!?何作ったのお前!?」

コック「魔物の細胞とか流石にマズかったか」


竜少女「誰かーーーー!!このままでは死んでしまうのじゃーーー!!」

騎士「」


黒髪少女「騒々しいですね」

金髪少女「やっぱり値段が安いのはダメか」

眼帯少女「……他の料理は美味しい」モヒモヒ


海賊「あは、あは、あははははははは」

船員「オイ医療キットあったろ!私があの人見るからAとDとEはとりあえず厨房に蔓延るナニカを始末しろ!!最悪海に捨てろ!!」

下っ端D「うっす」

下っ端E「おっす」


海賊「あ゛ーーーあっははははははーーー」ホロリ

――――――
―――


ザザーン


海賊「……ハァ」

船員「せーんちょ!とりあえず目撃者全員に渡すもの渡して揉み消しておきましたよ」

海賊「お前怖いよ!?」

船員「一応海賊ですから」

海賊「せっかく船もらしく改装して新しい始まりを期待してた矢先にこれは……キッツイな」

船員「航海にトラブルは付き物ですよ」

海賊「航海関係ない所でトラブってたら世話ねぇよ」

海賊「頭痛い……とりあえずパスタ以外の料理は全く問題なかったみたいだし、今更契約破棄するのも信用にかかわるからパスタだけ封印させてもらうが」

船員「海上だと容易に人材の入れ替え何て出来ないですからねー。料理までウチの船員にやらせてたら本当に手数が足りなくなっちゃいますよ」

海賊「……不甲斐ないなぁ」

船員「まだ始まったばかりですよ。それに天国の先代は、きっと応援しています」

海賊「……」

船員「……」




船員「"俺の借金、頼むわ"って」

海賊「 死 ね 」

船員「もう死んでますって」

黒髪少女「あら、小さな船長さんと船員さん。ごきげんよう」

船員「あ、クレーマー」

海賊「オイ馬鹿やめろ!?」

黒髪少女「フフ、面と向かっては一度も言ってないのですけれど」

海賊「なんか……申し訳ないです」

黒髪少女「貴女は……人前に出るのが少し慣れていないのですね」

海賊「分かるんですか?」

船員「そうなんですよ!幼いころから実は先代から海賊団を既に乗っ取っていたんですけど、影のボス的な位置に居たもんですからこういうトラブルとかの対処って全部先代か私が受け持っていたもんでね?前線に出るとまーまだ何も出来ないマンモーニなもんで困っちゃいますよグハッ」

海賊「余計なことは言わんでいい」

船員「愛のある暴力ありがとうございばず……」

黒髪少女「悩んでいるのなら、その悩みを相手にぶつけてみてはどうでしょう?私なら話し相手になりますよ」

海賊「……ちょっと悩んだときはこうして甲板に出て海を眺めればそれで私はいいと思っています。それに、あまり他人に話す事でもありませんし」

黒髪少女「あら、残念……ところで」

海賊「はい」

黒髪少女「船の舵はまかせっきりでいいのですか?見たところ今日は食堂に付きっきりだったようですけれど」

海賊「ああいいんですよ」




海賊「改装時にオートパイロット機能を取り入れてイレギュラーが無い限りはAIが自己判断して操縦するようにしてますから」

黒髪少女「随分横文字が並びますね」

小休止

再開

黒髪少女「まだ海の旅路は長いですから。明日からもっと面白くなることを期待しています。フフ……」

海賊「行ってしまった……」

船員「何だかミステリアスなヒトでしたねー」

海賊「……」

海賊「面白さを期待された!?」

船員「そりゃハプニングの連続は傍から見れば楽しいですからねー」

海賊「ぐぬぬ」

海賊「よし!明日からはレクリエーションも含めお客様にご満足いただけるよう張り切っていくぞ!!」

船員「船長船長!それよりこの宝の地図の事ですけど……」

海賊「うおおお!!頑張るぞーーー!!」

船員「船長ー!おーい!せんちょーーー!!」

船員「はぁ……まったく」

船員「これ、どうやってあの娘に見せようかな……」

――――――
―――


海賊「皆、よく聞いてくれ!」

海賊「昨日は結構大きなトラブルがあったが、みんなの働きが良かったおかげで何とか大事に至らずに済んだ!」

下っ端A「あの騎士っぽくない格好の騎士さん、まだ寝込んでますけど」

船員「相方のヒトに小包渡したら一発で許されたからいいんだよ」

下っ端A「それでいいのか」

海賊「今日はお客様参加型の催しをしてみようと思うのだが、モニターを見てくれ」

あかん、>>29の船長さん脈絡なさすぎる会話を繰り広げてる
まぁいいか

海賊「今回用意するのはこれだ」

【海賊団プレゼンツ 前衛的!海賊体験!】

「「「おおー」」」

船員「なるほど、私達海賊の体験をしてもらおうって事ですね」

海賊「面白そうだろ!」

海賊「要点はこうだ」

パパパッ…パッ

シャッ…

ストッ

ジワァ~…

船員「……」

船員(パワポ……!)

下っ端C「ボス、言いたい事があります!」

海賊「おお、Cか。なんだ、言ってみろ」

下っ端C「ぶっちゃけ楽しそうに思えません」

海賊「……」

船員「……」

下っ端C「……」

海賊「……」ジワッ

船員「おぉーー!!よしよしよしよし!いい子だから泣かないでねぇーーー!!オイ下っ端の分際で何言ってんだ!!徹夜して頑張って考えた規格がちょっと子供っぽかったからってそんなハッキリいう事じゃないだろ!!」

海賊「」

下っ端C「今お前がトドメ刺したぞ」

一旦止める
夜に再開

再開

海賊「じゃあどうしろってんだよぉ!仕事なら全部一人で出来るけど私こんな事はしたこと無いからわかんないんだよぉ!」

船員「誰ですか!船長にこんな無理な事させようとしたのは」

下っ端A「せっかくの記念航海だからやろうって言いだしたのはおmゴブッ」

船員「船長、とりあえずもう一回練り直しましょう!今ならまだ間に合いますから!」

海賊「ぐずっ……わかった」

下っ端A「今俺理不尽な暴力に合わなかったか……?」プルプル

下っ端D「うっす」

下っ端E「おっす」

……

結果


海賊「……」

船員「さぁー御集りの皆さん!海賊体験会はこちらです!参加自由なので、お気軽にお声をおかけください!」

吟遊詩人「ハハ、可愛い"水着の"お嬢さん方。一体これはどんな事をやっているんだい?」ポロロン

船員「海賊の気分を少しでも味わってもらうのが目的でしてね。まぁ良い想い出来ますからちょいとどうですか?」

吟遊詩人「うほほほ。それじゃあ参加してみようかな!」ポロロロン

船員「19人目確保!!それじゃあこの紙にサインしてください!!」

吟遊詩人「お安い御用さ。それで……」

船員「はい!これに着替えて!!」

吟遊詩人「おお、何だか本格的だねぇ」

下っ端B「テキトーに集めたし、この辺でイイだろう」

船員「そだねー。それじゃあ海賊体験会へようこそ!集まってくれたみんな!早速だけど」


船員「ちょっと甲板の掃除でもしようか」


「「「は?」」」


吟遊詩人「ちょ、ちょっと待ってほしいな。海賊ってそういうのだっけ?」

船員「そうだよ、私ら海賊はいつもやってる事だよ。ホイ、モップ」

吟遊詩人「あ、ああ……えっと」

船員「それに、契約書にサインしちまったものはしょうがねぇよなぁ」

吟遊詩人「へ?」

【私、(名前記入欄)はこの航海を終えるまでこの海賊団に従事する事を誓います】

吟遊詩人「……なにこれ?」

船員「一時的なギアス」

吟遊詩人「ふざけてんの!?一企画で参加者に呪いかけるって本気でやってるの!?」

船員「いやー、なまじ魔法使えると試したくなっちゃってさ☆」

吟遊詩人「ちょっ、おまっ」

船員「呪詛の誓約は"下心見せた奴"だけに強制力が働くから。あ、みんな海賊っぽい服脱げなくなってるね。それじゃあ海上都市までお手伝いお願いねー!」

吟遊詩人「その為の水着かい君たち!?」

船員「こんなチビッ子に欲情する性欲魔人共が!恥を知れ恥を!!」



船員「せんちょ!人員の確保できましたよ♪」クルッ

海賊「本当にこれでよかったのだろうか……」

下っ端C「ほら!キリキリ働け!!」パシンッ

「あひぃ///」

吟遊詩人「あふん///」ポロロン


船員「ま、あの人達も喜んでいるから成功じゃないですか?」

海賊「ウチはどこへ向かっているのだろう」

船員「海上都市ですよ?」

海賊「そうじゃなくてだね……」

船員「船長、働きづめですしそろそろ休んだらどうですか?」

海賊「おいまだ航海2日目だぞ。そんな悠長な……」

下っ端B「いいんすよ別に」

下っ端A「俺達もサボってますし」

海賊「……」ギリギリギリ

下っ端A「冗談ですよ?手甲で脇腹を強く掴まれるってかなりアレっすよ船長?」

船員「せっかくの水着ですし、プールで遊んで来たらどうですか?せっかく付いてるもの使わないと勿体ないですよ」

海賊「いや、でもあそこお客さんの……」

船員「兼用兼用!さ、私と遊びに行きまっしょい!!」グイグイ

海賊「お、おい!」

下っ端A「ボスが航海前からず――――――っと準備してるの知ってるし」

下っ端B「何もない時くらいはのんびりして欲しいわな。それに、先代の……」


下っ端C「私の靴をお舐め!!」

「はひぃ」

吟遊詩人「わぁい」


下っ端A「……」

下っ端B「……」

船員「さ!パーッと休みましょうパーッと!」

海賊「休むったって何すりゃいいんだよ。大体客の状態とか食堂の経過とか船の整備とか事務処理とか色々……」

船員「そういうの抜き!!ホラ座って!ジュース飲んで!照り付ける太陽でお肌を綺麗に焼く為にオイル塗って!!」

海賊「やだよ、日焼けしたら痛いじゃん」

船員「パラソルの下に籠るな!!何のための水着だ!!」

海賊「お前に無理矢理着せられただけだよ」

海賊「さっき言った仕事、私の代わりに出来る奴いるのか?やっぱり心配だから一通り終わらせて……」

船員「はーいはい!プールに来てる人も多いですし、監視員って事でお勤めしといてくださいよ。これも立派なお仕事ですたい!」

海賊「どこの言葉だよ全く……」

海賊「お、見知った顔が……」



竜少女「いやー、格安じゃから期待はしておらんかったが、随分と快適じゃのう」

竜少女「ワシらは海底都市に用事があるから、丁度いい足が見つかってよかったわ」

竜少女「しかし、まだしばらく時間がかかる故。久々にのんびりできるのじゃ

竜少女「いつも戦い詰めのお主を労わるのも妻たるワシの務め。たっぷりとサービスしてやろう」

竜少女「あー、この船に乗れてよかったわ」

竜少女「……のう、お主もそう思うじゃろ?」







騎士「」グデン


海賊「し、死んでるーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」

騎士「」


海賊「ちょっとまて!?昨日の出来事だぞ!?一日経って何で死んで……いや気絶したままなんだ!?」

船員「いやー、適切な処置は施したハズなんですけどちょっと私も予想外過ぎてなにがなにやら」

海賊「ちょ、ちょっとお客さん!!旦那さん白目剥いてますよ!?大丈夫なんですか!?」

竜少女「貰うもん貰ったからこのくらい平気じゃろ。ほれ、こやつもそう言っておる」ニコッ

騎士「」

海賊「なにこれコワイよ!?返事の無い屍に惜しみない愛情を注いでるよ!?狂気だよ!?」

船員「ヒトの命って、お金より軽いんですね☆」

海賊「お前はいくら包んだあああああああああああああ!!」

船員「ウチの金庫からちょちょいと」

海賊「ああ借金がかさむ……」イライラ

竜少女「ほれ、そろそろ昼飯に行くぞ。とっとと起きんか」ゲシゲシ

騎士「カハッ!?あ、え?飯?ああ、行く行く……」

海賊「……」

船員「あ、ダイジョウブそうですね」

海賊「ビックリするくらい顔まっさおだがな……あの、昨日は申し訳ありませんでした」

騎士「へ?昨日?なんかあったの?」

海賊「……」

竜少女「おーい、腹が減って死にそうじゃ。早くせんか!」

騎士「はいはい、すぐ行くから待ってろって」

海賊「……お前さ」

船員「処置、完璧でしょ?」

海賊「もういいよ……もういいんだ」

小休止

再開

黒髪少女「あら、こんにちは。また会いましたね、船長さん」

船員「おお、水着が眩しい」

海賊「こんにちは。どうですか、ウチの船のプールは」

黒髪少女「思っていたよりも快適ですね。欲を言うのなら、もう少し飾り気があればいいのですけれど」

海賊「手厳しいですね

黒髪少女「それより、サボりですか?」

海賊「あー、まぁそんな所かな」


黒髪少女「ふぅん……」

海賊「な、そっ、そんなに見ないでくださいよ!スタイルにはあんまり自身が無くて……」

黒髪少女「……」

黒髪少女(海賊の大きな帽子、眼帯、フリフリの白い水着、大きな手甲)

黒髪少女「……」

黒髪少女「貴女何をしにここへ?」

海賊「ぜってー聞かれると思ったよ」

船員「突っ込みどころしかないこの恰好、誰も何も言いませんでしたからね」


海賊「いやもう、首から上はこれじゃなきゃ落ち着かなくて」

黒髪少女「そうでなくとも手甲が物凄い場違い感溢れていますが」

海賊「海賊に襲われたら大変じゃないですか!私がこの船を護らないと……」シュッシュッ!

船員「いや、せんちょーも海賊……」

海賊「フンヌ!!」ゴッ

船員「デュフォアッ!!」

海賊「粗相を犯した船員にも使えます!!」

黒髪少女「船員さん、あまり船長さんをイジメすぎないように……」

船員「え?今の私が悪いの?」

眼帯少女「……」ヌッ

海賊「うわビックリした!?」

黒髪少女「あら?飲み物を取りに行っていたのではなかったのですか?」

眼帯少女「……売店、人がいなかった」

海賊「は!?おい今日の売店の担当はCだったろ!何やってんだアイツ!」

船員「あそこで新入り達調教してますよ」


下っ端C「オホホホホホホホ!!」パシーンパシーン

「あぁ~ーーーー!!」

吟遊詩人「ンぎもぢぃぃぃぃぃぃぃ!!」


海賊「よぉーし!あの気持ちの悪い集団を流せ!!」

下っ端D「うっす」

下っ端E「おっす」

船員「あーあ、せっかく確保した人員なのに」

眼帯少女「……」

海賊「……ど、どうしました?昨日もそうやって私の事じっと見てましたけど」

眼帯少女「……眼帯、おそろい」

海賊「ああ、これ……」

黒髪少女「不躾な質問ですが、それはファッションか何かですか?」

海賊「違いますよ、ほら」

船員「ちょっと、船長……」

眼帯少女「……あ」

黒髪少女「これは……失礼しました」

海賊「いえいえ、よく聞かれる事ですし気にしてないですよ」

海賊「まだ赤ん坊の時にやっちゃったみたいで。私も物心つく前の事だったんでまったく覚えてないんですけど」

海賊「まぁ、ずっとこの傷とは付き合っていますし、元々見えなかった分不便って事は無いんですけどね。気にしないでください」

黒髪少女「ええ、気にはしません。貴女がそういうのなら」

船員「……」

海賊「お前私の眼の話になるといつも黙るな」

船員「割とどーでもいー話ですからねー」

海賊「ひ ど く な い ?」

眼帯少女「……」ソワソワ

海賊「なんでソワソワし始めてるんですかこの人は」

黒髪少女「フフ、聞いてほしいんじゃないですか?その眼帯の理由に」

眼帯少女「……失礼ついでに聞いちゃって」ワクワク

海賊「あ、あはは……それじゃあ、その眼帯は何の為に付けているんですか?」

眼帯少女「……フフフ、それは」パッ



単眼少女「……ばぁ」デデドン☆

海賊「あ、サイクロプスだったんですか。凄いですね、顔の形自体を変える眼帯ですか!いいマジックアイテムを持ってるんですね!」

単眼少女「……」クイクイ

黒髪少女「なんですか?」

単眼少女「……驚かれないのは新鮮過ぎる」

黒髪少女「驚かれたら驚かれたで涙目になるのはどこの誰ですか」


船員「あびゃぁ。こ、こわいよぅおかーさーん!!」ガクガクガクガク


黒髪少女「……」

単眼少女「……」

海賊少女「ごめんなさい。躾ておきます」

小休止

本日休業

再開

黒髪少女「さて、いい時間ですしそろそろお暇しましょうか」

眼帯少女「……ういー」

海賊「もうそんな時間か」

船員「プールももう掃除しておかなきゃですね」

海賊「うっし、休んだ分いっちょ頑張るか」

下っ端C「ボス、コイツらにやらせますので他の仕事でも探してください」

吟遊詩人「「「お任せください!女王様!!」」」

海賊「……彼らってお客さんじゃなかったっけ?」

船員「いいんじゃないですか?既に自主的にやってますし」

海賊「そうかー……」

ズルズル…


海賊「ん?」

船員「どうかしました船長?」

海賊「いや、今船の近くで何か変な長い糸のようなものがあった気がしたが……」

船員「大半のお魚でしたら一発で分かりますけど、この海域で糸みたいなのは流石に分からないですね。アオリイトウオかな?」

海賊「まぁ見間違いかもしれんし、大丈夫だろう」

船員「変なのが出て来ても困りますから、後で水中カメラでチェックしておきます」

海賊「ああ、そうしておこうか」

船員「あー!飯食って明日の用意して寝るかー!雑に手早く済ませてナンボ!!」

海賊「私のいないところで言おうなそういう事は?」ギリギリギリ

船員「あががががががが」





ズルズル…

……

下っ端B「書類はこれで全部です」

海賊「悪いな、整理手伝ってもらって」

下っ端B「このくらいいいっすよ。何度も言ってますけど、適度にサボってますから」

海賊「お前たちがしっかり働いてくれてるのは良く知ってるから、そう謙遜しなくてもいいのに。他の連中はどうしてる?」

下っ端B「アッシュは食堂の片づけを、チェリーは新入り(?)達に簡単なレクチャーを」

下っ端B「デッドとエレクトロは船内の見回りをしています」

海賊「…………?」

下っ端B「AとCとDとEです」

海賊「ああ!!普段頭文字しか呼ばないから忘れてた!!」ポンッ!

下っ端B「ちなみに俺はブレイブですからね。付き合い長いのに忘れんでください……」

海賊「あのバカはどうしてる?」

下っ端B「監視室でモニター確認する振りをしながら真っ先に寝てました」

海賊「よぉーし!明日本当に海に還してやろう!」


ガタンッ!!


海賊「ん?」

下っ端B「やけに大きい物音でしたね。消灯時間過ぎてるのに」

海賊「スタッフ用の通路だし、誰か通ったんだろう。気になるしちょっと確認するか」

海賊「おーい、誰かいるかー?」

下っ端B「……返事は無いですね」

海賊「こんな所、お客さんが迷い込むなんて事も無いだろうに」

下っ端B「客が居るとしたらロビーくらいですもんね。あそこは常に開いてますし」

ピチョッ

海賊「ん?水……」

下っ端B「うわ誰だよ!?床一面水浸しじゃねーか!!」

海賊「海水だ……」

下っ端B「へ?」

海賊「なぁ、このデカい船の上層に海水がまき散らされてるってのは不自然じゃないか?」

下っ端B「まず無縁ですね」

海賊「嫌な予感がするな……ちょっと武器取ってきてからこの海水を辿ってみる。お前は他の連中を集めて来てくれ」

下っ端B「ぼ、ボスが自ら行くことはないんじゃ……」

海賊「ウチで一番強いのは誰だと思ってるんだ?大丈夫、危なくなったすぐに引くよ」

下っ端B「頼みますよぉ?ボスを傷物にしたとなったら先代に顔向け出来ないですからね!」

海賊「親父は関係ねぇーよ!行け!」

下っ端「ほいさ!」

海賊「……」

海賊(武器は取ってきた、後はこの海水を辿っていくだけ……)

海賊(通った道が行き止まりだったから一度引き返したんだろう。一本筋しか水の跡が無い)

海賊(どこに続いている……そしてどこから来た……)

海賊「……」

海賊「外に出ちゃったな」

海賊「しかし……ん?」

下っ端D「うっす」

下っ端E「おっす」

海賊「お前ら!ここに居たのか!」

海賊「丁度いい、ここらで怪しいやつを見なかったか?水浸しになってるような……」

下っ端D「うっす」

下っ端E「おっす」

海賊「汗にまみれたお互いを指さすな筋肉ダルマども」

下っ端A「ボスー!」

下っ端B「連れてきました!」

下っ端C「お待たせしました」

海賊「よかった!!この二人相手に会話を続けるのは無理だと判断していた所だ!!」

下っ端D「うっす」

下っ端E「おっす」

海賊「いや、否定しろよ」

下っ端B「それで、何か分かりました?」

海賊「ああ、もしかしたら……の話だが」

海賊「外から来たという線が濃厚かもしれん」

下っ端C「外から?」

海賊「ああ、なんか最近多いとか聞いたことがあるんだ。客船を狙った海上のコソドロをな」

下っ端A「ウチの船外装だけはそれっぽく見えるしなー」

下っ端B「中身も改装してあるけどエンジン周りとか中古の三流品だらけだし」

下っ端C「見た目って大事だよね。格安を売りにしなくても結構騙されてくる人達も多くて……」

下っ端D「うっす」

下っ端E「おっす」


海賊「お前ら借金抱えたウチの財布事情を知らんとは言わせんぞ」

海賊「それに、私達ではなく客から盗む物の方が利益出るに決まってんだろ。だから海の泥棒は賊の船でなく積み荷をもった商船や客船を狙うんだ」

下っ端A「ここで俺らが客から巻き上げたら大儲け出来ません?」

海賊「死ぬか?」ギリギリギリ

下っ端A「HAHAHA☆[ピーーー]気ですね、超痛い☆」


騎士「あ、スタッフさんいたいた」


海賊「なっ!お客様!?」

海賊「それに、私達ではなく客から盗む物の方が利益出るに決まってんだろ。だから海の泥棒は賊の船でなく積み荷をもった商船や客船を狙うんだ」

下っ端A「ここで俺らが客から巻き上げたら大儲け出来ません?」

海賊「死ぬか?」ギリギリギリ

下っ端A「HAHAHA☆殺す気ですね、超痛い☆」


騎士「あ、スタッフさんいたいた」


海賊「なっ!お客様!?」

失礼、sagaにすんの忘れてた

騎士「こんなに集まって何してんの?」


海賊(いや、何でこんな所に来てんのこの人!?この時間外に出るなって配布した案内に書いてあったろ!?)

下っ端A(読んでないっすよ絶対!なんかアホそうな顔してますもん!)

下っ端B(アホは活字読めないんっすよ!)


騎士「うん、まずこの時間に出歩いたことは謝るしスッゲェ失礼な事小声で言われてるのもスルーするけどさ」

騎士「なんか慌ただしいっていうか。困ってるのなら力になるけど、必要?」


海賊「いえ、お気になさらずに!」

海賊(情報漏らすなよ?あんまり客さんを不安にさせるのはこちらとしても望むところじゃない)

下っ端B(分かってますよ、ですからここは大人しく部屋に戻ってもらって……)

下っ端A「問題が発生してもこちらで対処いたしますので!!」

騎士「問題発生してるのかー」

海賊「……」ギリギリギリ

下っ端A「痛い痛い痛い」

海賊「す、すみません!速やかに対処いたしますのでどうかご内密に……」

騎士「女の子がそんな武装して、普通じゃないでしょうが。よし!ここは俺も手伝わせてもらおうかな」

海賊「そんな……」

騎士「こう見えても俺は冒険者だからな、腕には多少覚えがある。戦闘になればちょっとは役に立てるさ」


下っ端C「どうします?ガタイはいい方だと思いますけど……」

海賊「……仕方ない」

海賊「わかりました。ですが剣が必要になるとも限らないので、私と一緒に行動していただけるだけで構いません」

騎士「ボディガードみたいなもんか。わかった、小さなお姫様を護衛する騎士になりましょうかね」

海賊「人数もいるし、二手に分かれよう」

海賊「私と騎士様、Aはこっちに。もう片方はBを中心に捜索に当たってくれ」

下っ端B「了解です!」

下っ端D「うっす」

下っ端E「おっす」


海賊「じゃあ行こう!」

騎士「はいよ!」

下っ端A「おうさ!!」


下っ端C「……」

下っ端B「どうした?」

下っ端C「誰か一人忘れてない?」

下っ端B「……」


―――

船員「ンガー……スピー……ズズッ」スヤァ…

小休止

本日休業

再開

……

騎士「で、一体なにがあったっていうのよ」

海賊「船内の通路が水浸しになっていたんです。それも海水が」

騎士「海の上だから海水が船の中に入ってても不思議じゃないんじゃないの?」

下っ端A(コイツ馬鹿だ)

海賊(この人馬鹿だ)

騎士(なんだろう、失礼な事考えられてる気がする)

海賊「一応考えられる線と言えば、金品目当ての密入です。同じ海賊ならコソコソ隠れて潜入するより白昼堂々と襲って来るはずですし」

下っ端A「例外もありますがね」

騎士「ふーん……お、なんか変な風だ」

海賊「風?」

騎士「裏手か……行ってみよう」

海賊「あ、ちょっと!?海水が続いてる方向と違いますよそっち!?」


騎士「ここだ」

海賊「ここって……甲板ですよ」

下っ端A「流石にこっから入ってくるような輩は居ない気も……」


「うえー……海水がねちゃねちゃで気持ち悪いのだー……」

「ああ御労しやお嬢様……おいそこの脳内桃色オーク!!お前のせいで船が転覆したんだよ!!」

「お魚釣ろうとしただけにゃー。でもまさかヌシに船ごと持って行かれるとは思ってなかったにゃ」


騎士「ビンゴ~」

海賊「マジッすか!?」

海賊「オイお前たち!そこで何をしている!!」


オーク娘「にゃっ!?な、何事にゃ!?」

スライム娘「ああ丁度いいところに話が出来そうな人が。お嬢様、文字通り助け舟ですわ!」

ゴブリン娘「うむ!そこのチビッ子!早速で悪いが相談があるのだ!」

海賊(チビッ子にチビッ子って言われたよ……)

ゴブリン娘「今私達は海上で遭難状態となっていたのだ!水も食料も付き、船もボロくなってそりゃもう大変だったのだ!」

海賊「……つまりどういう事だ?」

ゴブリン娘「私達を保護する権利をくれてやるのだ!!」

スライム娘「尊大ですわお嬢様」

オーク娘「流石だにゃ!」

海賊(え、何このヒト達……)

ゴブリン娘「考えても見てくれ、海の上では補給線も断たれ孤立状態。それがどれ程危険なのかお前にも分かるだろう!」

スライム娘「見たところこの船の責任者っぽい風貌ですが、実際の所どうなのでしょう?」

海賊「いかにも、私はこの船の船長だ」

ゴブリン娘「ならば話は早い!助けて!!」

海賊(なんで偉そうなんだ……)

海賊「えっと、それじゃあ名前と所属を尋ねてもいいか?最近ここらへんで密入が多いから、そうホイホイと勝手に船に上がり込んで来たヒトを信用は出来んから」

ゴブリン娘「フッフッフ……」

海賊「?」

ゴブリン娘「よくぞ聞いてくれた!!」シュバッ

海賊「!」


ゴブリン娘「この世界は悪であふれかえっている!」

ゴブリン娘「その悪を憂い!そして我らが絶対悪となることで、世界に真なる正義の心を芽生えさせるための悪となろう!!」

ゴブリン娘「そう!我らの名は!"悪の組織"!!」

ゴブリン娘「この世に悪が栄える限り、我らは不滅なのだ!!」ドドーン!!

スライム娘「ああ、麗しいですわお嬢様」

オーク娘「にゃー」


海賊「……」

海賊「しょっ引け」

下っ端A「へい」

ゴブリン娘「 な ん で ! ? 」

海賊「どこの世界に悪人を名乗る連中を助けてやるやつがいるんだ」

ゴブリン娘「あ!こ、これは言葉のあやってやつだ!今はそれとこれとは関係ない!!」

オーク娘「あ、さっき下の倉庫から取ってきた食料がしけっちゃってるにゃ」

海賊「泥棒だ!!間違いないぞ!!囲え!!」

騎士「……」

オーク娘「にゃにゃ!?何でバレたにゃ!?」

スライム娘「お前はワザとやってるのか?」

ゴブリン娘「違うのだー、誤解なのだー……」クタン

下っ端A「いいから大人しくお縄に着け!!」

スライム娘「くっ!お嬢様を乱暴に扱わないでくださいまし!」

海賊「海上都市に着いたらコイツら引き渡すか……」

ゴブリン娘「そっ!それだけは勘弁してほしいのだ!ちゃんとあっちに着いたらちょっと拝借した分の食糧の代金は払うのだ!」

海賊「そういう問題じゃないだろ!」

ゴブリン娘「うぐぅ……」

オーク娘「うにゃ~?」ジー

騎士「……」フイッ

オーク娘「うにゃにゃ~?」ジー

騎士「……」フイッ

スライム娘「貴女さっきから何してるんですか。早くこの状況を脱却するために地面に頭限界まで擦り付けて流血して死ぬまで謝り続けなさい。むしろそのまま死ね!」

オーク娘「ああ!!どこかで見たことのある顔だと思ったらヴェイドにゃ!!阿呆のヴェイドにゃ!!」

騎士「阿呆に阿呆って言われた!?」

オーク娘「反応したにゃ!やっぱりそうにゃ!」

騎士「あー……」

ゴブリン娘「し、知り合いか!?」

オーク娘「同級生にゃ」

海賊「……」ジー

騎士「疑念の眼差しを俺に向けんでくれ」

下っ端A「まさか、アンタが手引きしたって事は無いだろうな?」

海賊「疑いたくはありませんが、このヒト達と一緒に事務所来てもらえますか?」

騎士「思いっきり疑ってるわね……」

オーク娘「この際だから形振り構ってられないにゃ!助けるのにゃ!」

ゴブリン娘「口添えだけでもいいから頼むのだ!!」

スライム娘「よく分かりませんがお願いします!!」

海賊「騎士さん?」

下っ端A「どうなんだ?」

オーク娘「はやく助けろ馬鹿!!」

騎士「……」

オーク娘「万年最下位!!」

騎士「……」

オーク娘「覗き魔!!友人の七光り!!ロリコン!!」

騎士「」ブチッ

騎士「……」

ガッ

オーク娘「え?あ、ちょ……」

ポイッ

オーク娘「にゃあああああぁぁぁぁぁーーー――――――」


ボチャッ


海賊「……」

下っ端A「……」

スライム娘「……」

ゴブリン娘「……」


騎士「便宜は図ってやるから、とりあえずそこの二人は独房に入ろっか?」ニコッ


((((怖ェーーーーー!!))))

……

海賊「疑ってすみませんでした。ご協力感謝します」

騎士「いいって事よ、人助けもまた俺の仕事見たいなもんだからな」

海賊「お礼と言っては何ですが、次の都市で使える宿屋の無料チケットです。海底都市で降りると聞いたので、これをお納めください」

騎士「必要無いよ……ってカッコよく言いたいところだが、受け取らせてもらうよ。感謝感謝!」

下っ端B「とりあえずあの二人と海に落とされた一人を回収して独房に入れておきました」

海賊「ああ、分かった」

騎士「チッ、回収したのかよ」ボソッ

海賊「……」

海賊「ま、まぁ貴方の口添えもありますし、本当に緊急事態だったそうなので今回の件は私どもの方でも不問とさせてもらいます。都市に着くまでのあと1日は独房に入っていてもらいますが……」

騎士「ああ、妥当ね」

下っ端C「でもおかしい話ですよね。あの娘達はさっき密入してきたばかりだってのに、廊下が海水で水浸しになってたのは」

海賊「ああ、変な話なんだよなぁ」

騎士「あ、そうだ、忘れてた」

海賊「はい?」

騎士「俺の部屋のトイレ壊れちゃったみたいで、なんか知らんが海水が溢れて水浸しになっちゃってたんだけど、他の箇所は大丈夫だったか?」

騎士「船の所々の排水管が傷ついて、廊下中水浸しだったみたいだけど……」

海賊「……」

下っ端B「……」

下っ端C「……」


海賊「 先 に 言 え よ ! ? 」ギリギリギリ

騎士「痛い痛い痛い痛い!?何で!?ねぇ何で俺締め上げられてるの!?」

海賊「あー、明日は全面的に修理かなー」

下っ端B「原因がわかっただけでも良しとしておきましょう」

下っ端C「そうですね。人手も増えてますから私達はこっちに注力できるかと」

海賊「はぁ……お疲れさん、今日はもう休んでいいぞ」

下っ端B「ういっす」

下っ端C「おやすみなさい、ボス」


騎士(俺この船に乗ってから何だか身体がボロボロになってる気がするんだけど……)

……

コック「~♪」

コック「よし、明日の下ごしらえはこんな感じかな」

コック「しかしいきなり海水が噴き出してきて驚いたな、どっか船の下で穴開いたのか?まぁセキュリティ働いてるし大事なら警報もなるだろうから大丈夫だと思うけど」

コック「……あれ?」

コック「パスタの両が減ってる気が……オイオイ、誰か持ってったのか?」

コック「そういや捕まった泥棒が食料少しもってったんだっけか……まったく、迷惑な奴らもいるもんだな」

コック「さーて!この辺で寝るかなー!明後日海上都市に着いたらアイツにお土産でも買ってってやるかー!」






ズルズル……

小休止

本日休業

じゃあ再開

――――――
―――


海賊「……」ギリギリギリギリ

船員「痛い痛い痛い痛い」


下っ端A「何やってんだボスは」

下っ端B「サボり魔の躾だとさ」


船員「確かに、確かに私は監視室で眠っていました!しかしですね!ちゃーんとモニターを確認しながら業務を全うしていたんですよ!怪しい奴なんてどこにも映ってなかったから切り上げたんですよ!この仕打ちはあんまりですよ!!」

海賊「25時8分、食堂の映像を出せ」

下っ端D「うっす」





ゴブリン娘「ハムなのだ!久しぶりのハムなのだ!!あむあむ」

スライム娘「水がうめぇ」

オーク娘「モヒモヒモヒモヒモヒ」





船員「わぁい」

海賊「……」ギリギリギリギリギリ

船員「痛い痛い痛い痛い痛い」

海賊「アイツら、コックが厨房からいなくなった隙に食糧漁ってたんだな」

下っ端B「よっぽど極限状態だったのかちょっと可哀想っすね……」

海賊「後で朝食持ってってやってやれ……ハァ、まったくどうして。こうもトラブルが続くのやら」

船員「海賊ってのはトラブルが付き物ですからねぇ。私達海賊らしくない事しかやってないですけど」

海賊「まぁいい、この件は既に解決している。お前たちは通常業務に戻ってくれ」

下っ端A「へい」

下っ端B「それじゃあ」

下っ端D「うっす」


船員「あの、船長私は……」

海賊「一生ここで寝てろ」ギロッ

船員「酷い!」



ズルズル…




船員「あれ?」

海賊「どうした?」

船員「一瞬映像に何か写ったような……」

海賊「何かってなんだよ」

船員「よく見えなかったんですよ……うーん、巻き戻しても特に何もない」

海賊「食堂から厨房はあまりよく見えないな……アイツらよく映ってたけど」

船員「ま、あの人達の誰かがまたカメラに写りこんだんでしょうね」

海賊「ああ、まぁ厨房にも監視カメラ増やしておくか……あー、出費がかさむ!!」

船員「……」

船員「……船長、遺産を破棄する事も出来たんですよ?」

海賊「なんだよ、突然……」

船員「確かに、海賊団を乗っ取って今の経営方針にしたのは他ならぬ船長自身ですけど。先代が残したものをそのまま受け継ぐ必要はなかったと思いまして」

海賊「愚問だな。あのクソ親父の不始末は私が片付ける。それに、この船を売っぱらうのは気が引けたんだ」

船員「思い出、沢山ありますからね」

海賊「ああ、無理言って滅茶苦茶いい船買わせたんだ。手放して利益を損ねるなんて勿体なさすぎる。あと10年は働いてもらわねば……」

船員「もっとこう……あるだろ!?」

船員「その手甲も、その海賊帽も、その大きなコートも」

船員「ぜーんぶ、先代から受け継いで……」

海賊「剥ぎ取っただけだ」

船員「うん、確かそんな覚えがあった気がしないでもないですけどそうじゃなくてね?」

海賊「お前さ、ひょっとして親父の事……」

船員「……さて、お仕事に戻りますか」

海賊「あ、おい!逃げるな!話を最後まで……」

船員「こっちは寝過ぎでパワーが有り余ってるんですよ!!ちょいとベッドメイキングしてきますんであとヨロシクッ!!」

海賊「逃げ足は速いなホント……ん?」

海賊「……宝の地図」

海賊「そういやアイツ、私にコレ見せようとしてたな。忘れて行きやがって」

海賊「まったく、無理して見せようとしたってそんなもん拒否るに決まってんだろ。一発当てて楽しようなんて甘い人生……」ピラッ

海賊「……」

海賊「これ……」

海賊「親父の……字だ……」

小休止

再開

……

「ここ、結構酷いな」

「よし、パパっと直すか!」

吟遊詩人「それじゃあ僕は皆を応援するために一つ語りを始めるよ~」ポロロン


海賊「修理の方、どうなってる」

下っ端C「あ、ボス!見ての通り順調ですよ!」


「うるせぇ!」ガスッ

「黙れ!」ドカッ

「テメェも手伝え!!」ボコッ

吟遊詩人「」


海賊「順調そうだな」

下っ端C「ハハハ、突っ込みを放棄しましたね」

海賊「原因は何だったか分かるか?」

下っ端C「はい、船体に何か当たったらしく、どういう訳か下水管にまで直撃したみたいですね」

海賊「で、逆流して海水が漏れだしたと……ばっちぃな」

下っ端C「傷も小さかったですし応急処置は今やってますんで、大丈夫かと。本格的な修理になると海上都市でやることになりますが……」

海賊「1日の停泊で直るかなぁ……」

下っ端C「見積もりはザッとこんなもんですが」

海賊「……」

海賊「ハァ……」

下っ端C(心中お察しします)

海賊「というか、この人間の中に船の修理出来るやつ居たんだな」

下っ端C「二人ほどこの業界に明るい者だったので。中々重宝してますよ」

海賊「条件が合致すれば専属として雇ってもいいかもな」

下っ端C「一応給料とかもこっちで用意してますけど……」

海賊「そうだな、海上都市で下してやる時に渡しておくか」

下っ端C「騙されてタダ働きはあんまりにもあんまりですからね……あ」


下っ端C「なぁに手を止めてんだ!!キリキリ働きなさいブタ共ッ!!」パシーンッ!!

「はぅっ///」

「あぁん///」

吟遊詩人「うひぃ///」ポロン


下っ端C「あ、躾は順調ですので雇う人間は早めに見つけておいてください♪」

海賊「ああ、うん……」

海賊(人手があるから今は楽出来てるけど、あの人達降りたらまたてんてこ舞いなんだよなぁ)

海賊(やっぱり人員増やした方が……いや、しかし人件費もバカにならんし)

海賊「世の中金か……世知辛いな」

船員「あ、船長こんな所にいた!例のもの出来てますよ!」

海賊「……例のもの?」

船員「アハハ!嫌だなぁ忘れたんですか?航海前に話したじゃないですか!」

海賊「?」

船員「せっかく大きな仕事なんですから、お客さんに喜んでもらおうって船長が集めたコレクション……」

海賊「ああ!!世界の鉱石博覧会!!」

船員「お客さんにはビラも配ってたんで、これ目当てに来てくれるヒトもいるんじゃないですか?」

海賊「ふっふふふ……」

船員「?」

海賊「あーっはっはっはっはっは!!」

船員「うわビックリした」

海賊「はっはっは!石好きに悪い人はいない!マニアもよだれを垂らすレベルの私のコレクション!!」

海賊「今までの不祥事を全部吹き飛ばすくらいの催しだ!気合い入れて会場に行くぞ!!」

船員「はい!きっとお客さんも喜んで……」








船員「くれるとは思ってませんでしたけどねー。ハハハ!誰も居ねぇや!!」

海賊「」

海賊「なぜ……私の……コレクション……」

船員「今時石っころ一つで喜んで船乗る人なんていませんって。やっぱり船長ってば私のような優秀な部下が付いて企画とかしないとダメダメなんですからー☆」

海賊「……」

船員「……せんちょー?」

海賊「えぐっ」グスッ

船員「ンなッ!?」

海賊「うえええええええええええ!!コイツがイジメたあああああああああああああああああ!!」

船員「ちょっ!軽い冗談ですって!!泣かないでくださいよ!?私が悪かったですから……」

海賊「ひっ捕らえて牢屋にぶちこめぇえええぇぇえ~」

下っ端D「うっす」

下っ端E「おっす」

船員「はい!?ちょっとアンタ達どこから沸いた!?ちょっ!!おーい!!」

海賊「ぐすっ……趣味が石集めで悪いかよ……こんなに可愛いのに……」

黒髪少女「いいえ、決して悪い事じゃありませんよ」

海賊「あ……」

黒髪少女「元気を出してくださいな、小さな船長さん」

海賊「す、すみません!お恥ずかしい所をお見せしました……」

海賊「あの……ここへ来たって事は、貴女も鉱石がお好きなんですか!!」

黒髪少女「いえ、全然。物言わぬ石を眺めても何も面白くもありませんので」

海賊「……」

海賊「博覧会中止!!とっとと片付けろ!!」

下っ端D「うっす」

下っ端E「おっす」

船員「あー、ぶち込まれる前に解放されたー……」

黒髪少女「そ、そこまですることは無かったのでは……」

海賊「需要が無いものは必要ないッ!!」ホロリ

海賊「やっぱり駄目だなー……私お客さんの前に出ずに船長だけやってりゃいいのかなー……」


黒髪少女「部屋の隅でいじけ始めてしまいましたが」

船員「まー、裏方の仕事ばっかりだったんで。慣れない事するもんじゃないですね」

黒髪少女「それはそれで表に引きずり出されて可哀想な気もしますが……あら」

黒髪少女「船長さん、一つお聞きしてもよろしいですか?」

海賊「なーんでーすかー?」グスッ

黒髪少女「ここの棚……他の鉱石は資料と共に実物も置いていますが、これは物自体が無いように見えますが」

海賊「あー、これですか」

海賊「"ブリファライト"。緑黄色に発光するとても希少な鉱石です」

海賊「この石を持つ者は未来の幸運は約束される、とも言われています」

海賊「本当は、手に入れたかったのですが……」

黒髪少女「希少過ぎて手に入らなかった?」

海賊「いえ、違うんです。もうこの世界に存在もしていないかもしれないんです」

黒髪少女「あら……」

海賊「元々、極僅か……本当に少数のみが確認されていた鉱石で、そのすべてを保管していた一つの国があったのですが」

海賊「14年前に既に滅んでしまったそうで」

船員「……」

黒髪少女「随分と最近ですね」

海賊「はい。原因は分かりませんが、戦乱に巻き込まれてしまったと言われています。それを知る由は私にはありませんが」

海賊「確認されたブリファライトは既に砕け散ってしまっていて、その輝きを失っていたそうです」

海賊「もしかしたら、まだ世界のどこかに眠っているかもしれないし、誰かがこっそり持ち出したかもしれないですし」

黒髪少女「ふぅん……」

海賊「興味なさそうですね」

黒髪少女「ええ、まぁ。どちらかと言えば滅んだ国の方が興味あったりしますので」

海賊「」

黒髪少女「失礼しました」フイッ

海賊「"アチャー、本音出ちまったー"的な顔をしながら眼を逸らして謝らないでください」

黒髪少女「片付け、終わったみたいですね」

海賊「はい!綺麗さっぱり無くなりました!!」ホロリ

黒髪少女「ま、どこかの物好きがきっと貴女の趣味を理解してくれるでしょう。では私はこの辺で……」

海賊「凄く失礼な事を言われた気がするなぁ……」

船員「……」

海賊「ほら、お前はお前で何ボーッとしてんだよ」コツッ

船員「あ、はい!……あ、これ……」

海賊「お前の言う宝の地図ってやつだ。さっき監視室の忘れてったぞ」

船員「ああ……すみません」

船員「中、見ましたか?」

海賊「そんなもん見る訳ないだろ」

船員「ですよねー……」

海賊「というか、宝だなんだのと……お前こんなもんどこで見つけてきたんだよ」

船員「いえ……前のお客さんか何かが忘れてったんじゃないっすかね?まー私も詳しい事はわっかんねぇですから、借金まみれのウチからしてみりゃ金銀財宝は喉から手が出るほど……」

海賊「一攫千金狙うくらいだったら堅実に働け!!海賊が大冒険する時代じゃねぇんだ!!この業界は競争なんだよ!!」

船員「へいへい、夢が無いカワイソーな子供だ事……」

海賊「連れてけ」

下っ端D「うっす」

下っ端E「おっす」

船員「待てよお前ら!?まだいたの!?ちょっ!嘘だろ離せ!!はーなーしーてー!!」

海賊「……」

海賊(どうしてお前も私も、嘘をつく必要があるんだ)

海賊(親父……アンタ、あんなもの書き記してなんのつもりでいるんだ)

海賊「……」

海賊「……仕事に戻るか」

小休止

本日休業

再開

……

海賊「用意した催しは全部ダメとなると……これはもう普通にクルーズを楽しんでもらうしかないな」

海賊「私は裏方に徹して、いつも通りに仕事して、いつも通りに過ごして、積み荷のチェックを欠かさず、たまにお客さんの様子を見て」

海賊「ハァ……慣れない事すると全部裏目に出るんだよなぁ。世知辛いったらありゃしない」

海賊「お前たちもそう思うだろ?」


スライム娘「私達をそこらの野良猫に話しかけるような感じで見ないでください」

海賊「そういうなホラ、サンドイッチ美味いだろ?」ポイッ

ゴブリン娘「ハムハムハムハムハム」

オーク娘「ウマウマウマウマウマ」

スライム娘「ああお嬢様!!御労しやこんな海賊名乗っておきながらそれっぽいこと全然してないガキに餌付けされるなんて……」

オーク娘「明日を生きる為にはプライドなんて捨てなきゃいけないのにゃ」

スライム娘「黙れ淫乱ピンク。そのデカイだけの乳を輪切りにして食うぞ」

オーク娘「おっかないにゃー」

ゴブリン娘「それより海賊の娘!」

海賊「はいはい何だ何だチビッ子」

ゴブリン娘「いや、この独房の水道なのだが。どこかで破裂したのか水が出てこないぞ!」

海賊「ゲッ!ここもか!?あーあーもう……」

スライム娘「それと反対側の独房、穴が開いて水浸しになっていますわ」

海賊「……」ガクッ

ゴブリン娘「こんなオンボロ船とっとと下取りしてもらって新しいのに買い換えたらいいのに。このクラスの船なら買い手もすぐに付くだろう」

海賊「急に現実的な話してきたなオイ」

海賊「嫌だよ、借増えるだけだもん。それに、元々オンボロなんじゃなくて今回の航海で穴だらけになっただけだよ」

ゴブリン娘「一回船出しただけでこんなふうにはならぬだろうに」

スライム娘「貴方達側から見たら分からないでしょうけれど、船体も結構ズタズタでしたわ」

オーク娘「……」

海賊「んあー!!原因が分からんからどうしようもないだろ!」

オーク娘「これ、多分魔物の仕業にゃ」

海賊「……へ?」



ゴブリン娘「知っているのか女幹部!!」

オーク娘「うにゃ!あの穴の直径、それと水道を狙ってくる辺りそういう魔物が居るのは知ってるにゃ」

海賊「ここら辺の海域は何度も通ってますし、そんな危険な魔物を見た事なんて……」

オーク娘「にゃ、海の生き物じゃないにゃ。都会に少数だけ生息している魔物にゃ」

海賊「都会に?」

オーク娘「"ランスラット"っていうネズミにゃ。その名の通り顔の先が槍みたいになっていてすっごく危ないにゃ」

海賊「どうして特定出来るんだ?」

オーク娘「ソイツ、水道のカルキ臭が好きでよく水道管に穴空けて被害が出てるにゃ。ただ、誤って下水管もぶち抜く時があるから前のバイト先でよく苦しめられたにゃ」

スライム娘「貴女なんのバイトをしていたのですか……」

海賊「それじゃあ、どこから侵入したんだ?いつも停泊する港にはそんな魔物出たなんて聞いたこと無いし、お客さんが連れてきた……なんてことも」

オーク娘「ありえないなんてことはないと思うけど、まずそうそうそんな事起こらないにゃ」

スライム娘「ならば積み荷に乗っていたりしたのではないですか?」

海賊「逐一チェックしてるのにある訳ないだろ」

ゴブリン娘「案外、身内が魔物の一部を船に持ち込んでその中に紛れ込んでいた……なーんてこともあるかもしれんな!」

海賊「HAHAHA☆そんなわけ……」






※ありました

海賊「……」ギリギリギリギリ

コック「痛い痛い痛い痛い」

船員「船長!荷物の確認終わりました!コイツ結構魔物の一部とか持ち込んでました!」

ゴブリン娘「スカルマニアの骨、ガンバグの皮膚、トビアシの軟骨……」

スライム娘「あら、スライムの核まで」

オーク娘「ランスラットの毛も見つけたにゃー」

海賊「と言う訳で冒険者の諸君!ギルドを介さない依頼で申し訳ないが、ランスラット捕獲作戦の参加を要請したい!」

船員「勿論ウチの奴れ……もとい、ニューフェイス達にも頑張ってもらいますけど」


騎士「このパスタ野郎なんてもん持ち込んでやがったんだ」

竜少女「お主それを食って……いや、何でもない」

ゴブリン娘「我々が捕獲に成功したら恩赦で見逃してくれるそうなのだ!頑張って捕まえるぞ!」

スライム娘「勇ましいですわお嬢様。おい淫ピ、お嬢様に恥じかかせるんじゃねーぞ」

オーク娘「了解にゃー」

金髪少女「それじゃあ私達もお付き合いしましょうか」

眼帯少女「……おー」

海賊「概要はスクリーンに記してある通りだ。今日の夕方には海上都市に到着してしまう為、それまでには捕まえておきたい!」


騎士(パワポだ)

竜少女(パワポじゃ)

ゴブリン娘(パワポなのだ)


海賊「一旦こういった魔物をウチの船から出して逃がしてしまうと悪評をされかねん。お前たちは今は客ではなくプロの冒険者だ!相応の接し方で話させてもらうからそのつもりでいてくれ!」

海賊「では解散!武運を祈るぞ!」

小休止
日曜で一気に進みたい

再開

船員「しかし船長、討伐体まで組むなんて本格的ですね」

海賊「当然だろう。このまま野放しにして船が沈められたりでもしたらかなわん」

船員「私も一通り監視はしましたけど、それらしいのは映ってなかったんですよねぇ」

海賊「……」

船員「いや!?ホントですよ!?今度はちゃんと映像よぉーーーく見ましたからね!?」

海賊「まぁいい、お前の信頼は地に堕ちているから期待はしていない」

船員「ヒデェ!」

海賊「他のお客さんへの対応は下っ端共にやらせるとして……私達も動くか」

船員「えー!もうそろそろ船長もお休みになった方がいいんじゃないですかー?昨日からずっと無理してません?」

海賊「今無理を押し通さないでいつ通すんだよ。この船の長として当然の行動だ、つーかお前が休みたいだけだろ」

船員「てへぺろ☆」

海賊「まぁいい、付き合え!冒険者達とも連携してランスラットを探すぞ!」

船員「はいはーい、一回言いだしたら先代と同じで聞かないんですもんねーまったく」

船員「……身体、壊さないでくださいよ」

海賊「大丈夫だよ、お前がいるからな」

船員「ウヘヘェ」デレデレ

海賊「キモッ」

竜少女「ここかのぅ」チラッ

騎士「ここかなぁ」ゴソッ


船員「あ、騎士さん達だ」

海賊「見つけたか?」

騎士「んにゃ、厳しいな」

竜少女「なんせ大きな船の中でたった一匹のネズミを見つけなければならんのじゃ、難易度は高そうじゃのう」

海賊「そこを何とかするのが冒険者だ、頼むぞ」

騎士「冒険者って何でも屋みたいに思われてるけど、ちゃんと仕事は選んで受けてるんだけどねぇ」



騎士「そーいや昨日の夜は俺たちの部屋以外でも結構あったみたいだな水漏れ」

船員「あーそうなんですよ、後から効いた話だと騎士さん達程の被害ではなかったにせよ大なり小なりあったとか」

海賊「そこら辺船員のお前が正確に把握してなくてどうするんだよ……」

竜少女「……」

海賊「どうかしたか?」

竜少女「ワシ、今一匹と言ったか?」

船員「はい、言いましたね」

竜少女「そもそも"ソレ"は本当に一匹なのか?」

海賊「あ」

船員「あー」

海賊「吐け。オラ吐け」ドスッドスッ

コック「やめて!弛んで来たお腹にパンチ貰うの辛いの!やめて!」

騎士「ソイツ問い詰めたところで果たして数は分かるのだろうか……」

竜少女「船長よ、時間の無駄じゃしその辺にしとけ」

船員「一応今通信で他の連中にも伝えておきました。可能性としては十分あり得ますし、警戒はするようにと」

海賊「ああ助かる……ったく、どうしてこんな」

竜少女「フッフッフ、じゃがしかしだ。こういう時こそワシの探知能力の高さが役に立つというものじゃ!」

海賊「何か秘策があるのか?」

竜少女「使い魔を使って船内をくまなく探させる。ワシらの大きさでは入れん所も、そして監視が行き届いていないところも見て回れるという優れものじゃ!」

船員「おお!本人は楽出来ていいですねぇ!!私も欲しいくらいですよ!」

海賊「それはともかくとして。宛てになるのか?」

竜少女「馬鹿にするでない。精度はバッチリじゃ!では頼むぞ」パサッ

キキッ!

海賊「コウモリか」

船員「探し物とか得意そうですねー」


キッ!? ゴッ

竜少女「え?」

騎士「は?」

海賊「ん?」

船員「あら」


キッ……

ドサッ

竜少女「よ、与作ーーーーーーーーーー!!」

騎士(そいつそんな名前だったのか)

海賊「え?何が起こったの?え?」

船員「いや、そりゃ船内で同じ運動の抵抗を受けていない状態でその空間に召喚すればそりゃ突然壁が迫って来て轢かれますよ」

海賊「知らなかったそんな召喚ルール……」

船員「皆も動いてる乗り物の中で召喚魔法を使っちゃダメだぞ☆」

海賊「誰に言ってんだ誰に」

竜少女「与作はノビてしまったのぅ」

騎士「しゃーない、地道に探すか」

海賊「さっきも言ったが夕方までには結果出してくれよ」

船員「こっち船長が毎日ニヤケながら大事そうに金庫にしまってるなけなしの金出してんだぞ!分かったらキリキリ働け!」

海賊「余計な事言わなくていいからねー?」ギリギリギリ

船員「痛い痛い痛い」

騎士「分かってるよ、なんとか間に合わせる。行くぞ、セラ」

竜少女「しかたないのう、場所を絞ってみるか……」

船員「いてて……なんか騎士さんの方達は期待できそうにないですねー」

海賊「まだ始まったばっかりだ。彼らも冒険者の端くれ、やることはやってくれるだろう」

船員「だといいですけどねー。次はあっちの部屋に行ってみましょうか」

海賊「ああ、結局全部屋一度回る必要もあるか……」

船員「一応監視室に人員裂いてるので、何か映れば通信来るんですけどねー」ガチャッ


ビュッ

スコンッ


船員「」

海賊「……」

船員「ナイフが飛んできたあああああああああびゃああああああああ」ガクガクガクガク

スライム娘「おや、外s……貴女達でしたか、失礼しましたわ」

船員「今お前"外した"って言いかけたよな!?なぁ!?」

船員「船長!!コイツもう一回牢屋に入れておきましょうよ!?危ないですよ絶対!?」

海賊「いいだろ別に、被害あったのどうせお前だし」

船員「ひでぇ」

スライム娘「見てから避けておいてよく言う……」

船員「なぁやっぱりお前狙ったんだな!?狙ったんだろ!?」

ゴブリン娘「さっきから騒がしいぞ!」

スライム娘「申し訳ありませんわお嬢様。ゴミの排除に手間取りまして」

船員「おおおおおおい!?私がアンタに何したっていうんだ!?」

スライム娘「ごめんあそばせ。私、自分と同じ臭いのヒトが気に入らなくて」

船員「キャラ被ってるっていうのか!?口調も種族も全然違うのに!?」

スライム娘「ガタガタ煩いですわね。気付いている癖に」

船員「……」

ゴブリン娘「おかしな連中だなまったく」

船長「で、成果はあったのか?」

ゴブリン娘「あ わ る わ け が な い !!」ズダーン

船長「だろうな」

ゴブリン娘「そもそもこの部屋はハズレなのだ!ここには何もない!」

海賊「ああ、何もないな」





海賊「置いてあった美術品がぜーんぶ無くなってる」

ゴブリン娘「そこは我らの知る範疇ではないのだ!」フイッ

船長ってだれやねん

海賊「しょっ引け」

下っ端D「うっす」

下っ端E「おっす」

ゴブリン娘「ちょっ!?どっから沸いたコイツら!?」

スライム娘「お嬢様から手を離せこの筋肉だるまどもが!!」ガスガスッ

船員「あ、せんちょー、美術品全部こっちの部屋に隠されてましたー。これは巧妙ですわ」

ゴブリン娘「ちがうのだー!邪魔だったから退けただけなのだー!」

海賊「仮にそうであったとしても私に一声かけなかったお前たちが悪い。もうちょっと上手くやろうぜ」



ズルズル…


ゴブリン娘「……?」

海賊「なんだ?言い訳はもう聞かんぞ」

ゴブリン娘「居た!!なんかズルズルした奴!!」

海賊「ズルズル?」

ゴブリン娘「ええい離すのだ!追うぞ!今そこの通気口に入っていった!地図見ろ地図!繋がってるところを探しに行くのだ!」

スライム娘「果敢ですわお嬢様。お前ら後で覚えてろよ!?」


船員「行っちゃった……いいんですか放置して?」

海賊「ま、他の客から物を盗ろうとしなかっただけ良しとしよう。それにアイツ、多分あの様子だと盗む気は無かったみたいだし」

船員「そうなんですか?」

海賊「盗むにしてももっと上手くやるだろ……そう思いたい」

海賊(しかし保管状態に気を遣って移動させてたみたいだが……そんな事が分かるなんて、本物の良い所のお嬢様か何かかアイツら?)

海賊(……全部ダミー品だけどさ)

船員(ウチ、高価なもの置けるだけの余裕ないからなぁ……)

小休止

再開

海賊「しかしまぁ……」

船員「やっぱり見つかりませんねぇ」

海賊「ランスラットを誘き寄せるエサでもあれば何とかなる気がするんだが」

金髪少女「そのエサとなるものは船の中に張り巡らされていますからね」

眼帯少女「……水道管、一通り見て回ったけどダメ」

海賊「あ、すみません何だか変なことに巻き込んでしまって……」

金髪少女「私達には敬語何なんですね?」

海賊「ええまぁ、貴女達は雇った訳ではなく協力者ですので」

船員「無償でお手伝いとかお人好しの域超えてますがな」

金髪少女「はい、好きでやってますから!」

眼帯少女「……楽しそうだから」

海賊「黒髪のヒトは来なかったみたいですが……」

金髪少女「彼女の事ですから、純粋に興味がないだけかと」

船員「前の日に散々ちょっかいかけておいてドライなヒトだなぁ」

海賊「お前から失礼な発言が飛び出す度に私のイライラが募るんだからさ、そろそろ口と閉じような?」

金髪少女「確か、一匹とは限らないんでしたっけ?」

海賊「規模は小さくても範囲が広いので、そうではないかと他の冒険者から意見があったので」

眼帯少女「……そのランスラットっていうネズミについてはよく分からないけど。この広い船の中で単独で動くような動物なの?」

船員「えーっとですね、この動物大辞典によりますと、単独行動はあまりしないようですね。親恋人友人なんかと一緒に動くケースが多いとか」ペラペラ

海賊「なんでそんなもん持ち歩いてんだお前……」

金髪少女「複数引き居たとしても、一か所に居るのなら辻褄が合わなくなりますね」

海賊「そうですね、傷は小さな穴が一つ。それが点々としているので」

船員「他のヒトと意見真っ二つだなややこしい!!」

海賊「一度は船体を下水管ごとぶち抜いているハズで、今もなお船内に健在……複数引きから一匹になったという線もあるか」

船員「一匹海に置き去りにされちゃったって事ですかい」

海賊「ありえない事も無いだろう」

金髪少女「そうですねー。まぁ、今はとりあえず探す事に専念しましょうか」

眼帯少女「……ねずみー」




ギャアアアアアアアアーーーーー



海賊「ッ!なんだ!?」

金髪少女「悲鳴……」

船員「上の階です、行きましょう!」

海賊「お、おい!?」

ドン☆

吟遊詩人「」


海賊「コイツは……」

船員「息はあります、脈は正常……どういう訳か、軽い中毒症状起こしてるみたいですが」

金髪少女(前の食堂での件でもそうですけど、凄く手際いいですね、この船員さん)

眼帯少女(……基礎的な処置に慣れてる。不思議な感じ)


海賊「中毒症状ってなんだよ……」

船員「何だと聞かれても……変なもんでも食ったんじゃないですか?」

海賊「いやいや、流石にいくらコイツが変態でもそんな……」


オーク娘「うにゃ?ここに隠しておいた生ハムが無くなってるにゃ?」


海賊「……」

船員「……」

海賊「いやお前……」

船員「ここで何してるんですか」

オーク娘「ウチのボ……お嬢様とスライムメイドに置いて行かれたから一人で散策していたにゃ。お腹が減ったから昨日ここに隠した新鮮な生ハムをつまみに来たにゃ!」

海賊「コイツは泥棒を泥棒とも思っていないのか……」

オーク娘「違うにゃ、海に漂流する前にくすねておいた一週間前のものにゃ」

海賊「なんでナマモノを保存も出来ない劣悪な環境で残そうとしたの!?そして何で勝手にこんな所に隠したの!?馬鹿なの!?」

オーク娘「半分好奇心にゃ」

海賊「んじゃあコイツはハム喰って死んだって事でいいのか」ゴロン


吟遊詩人「」


船員「そんな即効性あるものとは思えないですけどねぇ……」

金髪少女「……」

眼帯少女「……どうしたの?」


ズルズル…


金髪少女「原因、見つけました。追いましょう」ダッ

眼帯少女「……え?ああ……うん?」ダッ


船員「あれ、あの二人行っちゃいましたよ?」

海賊「何か見つけたのか?まぁいいや、とりあえずコイツを医務室に運ぶか……ん?」



生ハムは塩漬けされてるから生物じゃないぞ
普通に有能な保存食

海賊「なんでコイツこんなに濡れてるんだ?周りに水気なんて……」

べちょぁ~……

海賊「……なんだこのバケツの水ひっくり返したような状況は」

船員「よく見りゃ辺り一面水浸しですね」

オーク娘「そこの水道管破裂してるにゃ」

海賊「にゃああああああああああああああああああああ!!チクショウまたやられてらあああああああああああああああ!!」ガンガンガン!!

船員「ちょ!船長落ち着いて!!船!!その手甲で殴ったら船壊れますって!!」

オーク娘「あ、ハムみっけ。なんだ、食べられてなかったのにゃ」

海賊「へ?んじゃあコイツは一体……」

船員「状況的にランスラットにやられたって事でしょうか?でも目立った外傷も無しに……まさか食った?」

海賊「くっ!?……いやそれは流石に無いだろ」

海賊「……」チラッ

船員「……」チラッ

吟遊詩人「」

海賊「ないよね?」

※ありません

>>188
オーク娘「マジで未加工の切り落とし肉にゃ」

海賊「なんか途中で苦しい言い訳が入った気がしたがまぁいいとして」

船員「いいのかよ」

海賊「私達が追っているものは本当にランスラットなのか?」

船員「何だか妙にそうではない気がしてきましたよ」

海賊「各員に通達。標的は微量ながら毒性を持っている可能性がある。気を付けて捜索せよ!」

海賊「大人一人を気絶させるくらいには強い、可能ならば万能解毒剤を医務室から持って行くように」




オーク娘「無知を晒してしまったにゃー」ツンツン

吟遊詩人「」

オーク娘「もういらないからコイツの口に突っ込んどくにゃ」グイッ

吟遊詩人「オゴッ」

……

騎士「収穫ゼロ!!」

竜少女「午前の部終了!!」

ゴブリン娘「むー、追いつけると思ったのだが。あのイキモノ、中々やるのだ」

スライム娘「寛大ですわお嬢様。あのような下等生物にも感動なさるとは……それに比べてそこの妖怪乳デカピンク、お前何してんたんだ」

オーク娘「お肉食べ損ねたにゃー」

金髪少女「……」

眼帯少女「……姿は捕えられなかった。でもあと少し」


船員「やっぱり難しいですね」

海賊「こればかりは仕方ない……が、お前たち!午前も頼むぞ!」

海賊「それと、働き詰めだと悪いから食事はこちらで用意させてもらった!」

「「「おおー」」」

コック「へい、俺の特製サンドイッチだ!心して喰え!!」

騎士「行くか」ガタッ

竜少女「そうじゃの」ガタッ

ゴブリン娘「まだあっちのほう散策してなかったな」ガタッ

スライム娘「お嬢様、後で私が軽食を作りますわ」ガタッ

オーク娘「ちょっと厨房漁るにゃ」ガタッ

コック「HAHAHA☆オーケーオーケー、見知った顔達よ。俺の料理が信用ならないことは分かった。でもパスタじゃないから安心して喰え!な!お願い!!料理人としての自身無くなるから!!マジで!!お金払うから!!」


船員「安全性とプライドを捨てた男の末路か……」フッ

海賊「お前楽しんでない?」

ズルズル……


金髪少女「……来た」

眼帯少女「……?」

竜少女「ッ!近くに何かおる!」バッ

騎士「え、ええ!?いきなり臨戦態勢!?」ジャキン

スライム娘「お嬢様」サッ

オーク娘「お下がりください」サッ

ゴブリン娘「な、なんなのだ!?」


船員「船長、感じました?」

海賊「明確に……こちらに視線を向けられたのを感じた……来るぞ!!」



ビュッ!!

ガシャーン!!


オーク娘「チッ!」

ゴブリン娘「ギャーーーーーー!!私のお皿が割れたーーーーーー!!」

スライム娘「ピンク色!お嬢様をそのまま抱えて護っていなさい!」

オーク娘「何が見えた!?」

騎士「長細い"何か"だ!!ありゃあネズミじゃねぇ!!」

竜少女「尋常ではないくらい速い!全員視界を確保しろ!それぞれ違う場所を見て護れ!」


海賊「目はいい方だと自信があったが……即座に対応できるとはこいつら……恐れ入ったぞ」

船員「船長、私の後ろに隠れていてください。お守します」

海賊「馬鹿言え、お前が私に守られるんだよ」



眼帯少女「……見えた?」

金髪少女「み、見えましたけど……いやそんなまさか……いやいやいや、そんな……」

眼帯少女「……サッパリわからない」

ビュッ!!

ガシャーン!!


騎士「あぁーーー!!俺の皿までやられた!!やろうぶっ殺してやる!!」

竜少女「阿呆かお主は!?そんな事で一々キレておる場合ではないじゃろ!?」


ビュッ!!

ガシャーン!!


スライム娘「コイツ……皿を狙っている?」

オーク娘「お皿じゃない……にゃ。多分コレ」

海賊「まさかサンドイッチ……?」

グシャッ!!グシャッ!!


竜少女「間違いない、サンドイッチを狙って"喰っておる"」

騎士「お、おお脅かしやがって……は、腹が減ってたにしちゃちょいとやり過ぎじゃあ……」


船員「被害自体は軽微みたいですが……船長、いかがいたしましょう」

海賊「決まっている……ここで仕留める!!」

船員「おお!いかにも海賊っぽい目つきに!!滅ぼせ畜生!!意にそぐわぬものは全て切り捨てる!!って感じですか?」


海賊「 食 器 代 も タ ダ じ ゃ あ な い !!」


船員「ああ、そういう……」

ビュッ!!


海賊(来る方向が分かるなら!!)

海賊「コイツの餌食だ!!賭けろ戦斧・ガルガニア!!打ち砕け刃よ!!」ブォン!!


???「ッ!?」


騎士「な、なんだあの斧!?」

竜少女「ふむ、魔導核を付けておるな」

船員「説明しよう!!戦斧ガルガニアとは、先代が残した遺品の一つであり、重力の魔導核が埋め込まれているのだ!!手甲に埋め込まれている同じく重力の魔導核との相乗効果でとてつもない重力波を生み出し!!反発させあいそして引き寄せる!!それがウチの船長の戦い方!この技にハマってしまったが最期!刃に向かって自ら飛び込む他なくなってしまうのだ!!」

ゴブリン娘「説明ご苦労なのだ」

スライム娘「さっきあの手甲でコックさん殴られてませんでした?」

コック「超振動が起きてて気持ちよかったです」

オーク娘「変態さんにゃ」



海賊「うおおおおお!!」ザシュッ!!

???「ピギッ!!」

海賊「手ごたえアリだ……真っ二つだな。お前の正体見せてみろ!!」

騎士「あれ?」

竜少女「のじゃ?」

金髪少女「あー、やっぱり……」

海賊「……ンなッ!!」

船員「こ、コイツは!?」

小休止

今日の更新は無し
明日は結構ガッツリ行く予定

ごめん、仕事で明後日まで帰れんくなった

再開

パスタ「ブミャー……」


海賊「……」

船員「……」

騎士「……」

竜少女「……」

ゴブリン娘「……」

スライム娘「……」

オーク娘「……」


海賊「は?」

パスタ「ミギィ……ミギィ……」


海賊「ごめん、ちょっと意味わかんない。何アレ」

船員「率直に言います、パスタですね」

海賊「いや、うんそうなんだけどね?もっとこう……生物とかに出来なかったかなー?」

船員「ナマモノじゃないんですかねぇ」

海賊「加工品だよ?」

騎士「しかしなんで……パスタ?」

竜少女「理由も求めようとするでない。ともかく一旦仕留めてから……」


パスタ「ピギャー!!」シュバッ


ゴブリン娘「逃げたのだ!!追うぞ!」

スライム娘「お嬢様、もう関わらない方がよろしいかと……」

オーク娘「ウチのボスが行くっていうから行くしかないにゃー」

金髪少女「どうしましょうかコレ……」

眼帯少女「……面白そうだから追うー」

コック「あれは……いや、そんなまさか……」

海賊「一応聞いておく、何か知ってるのか?」

コック「ああ……間違いない!あのパスタは俺が作ったパスタだ!!」

海賊「知ってた」ギリギリギリギリ

コック「痛い痛い痛い痛い」

船員「そういや先日異形とかしたパスタを海に捨てましたね……」

海賊「どういう経緯かは知らんが、コイツが作ったパスタに生命が宿り海を彷徨い再び我が船に帰ってきたという訳だ」

船員「アレ作った時材料は何を使ったんだよオイ」

コック「素パスタに隠し味としてランスラットの毛を少々☆」

海賊「それを客に出す気だったのか?ええ?」ギリギリギリギリギリ

コック「HAHAHA☆ある種の実験だよ実験そんなものお客さんに出す訳があああああああああ!!」メリメリ

海賊「後でみっちり絞めるとして、私達も追うぞ!」

船員「外のプールに逃げ込んだみたいです。ランスラットの習性があるのならプールを穴だらけにされる可能性も……」

海賊「だああああもう!!まずお客さんの安全確保!!次いでウチの人員を集結!!今度こそぶち殺すぞ!!」

船員「張り切ってますねー」

海賊「あのプール設置するのにどれだけの金が」

船員「言うと思ったよ守銭奴め☆」

……

騎士「あっというまに!」

竜少女「かこんだのじゃ!!」


パスタ「ピィ…」


下っ端A「お客さんの非難は既に完了してますぜ」

下っ端B「後はボスの合図で奴を仕留められます」

海賊「よくやった!」

船員「ハッハッハ!プールはもうボロボロだけどな!!」

海賊「……」

海賊「……」グスン

下っ端C「お前の何気ない一言がボスを傷つける」

海賊「さぁ大人しくするんだ。なに痛みは感じないさ、今度は切断じゃなくて消滅だからな!!」ジリジリ

パスタ「キュルルン…」

海賊「覚悟ォーーー!!」

コック「ま、待ってくれーーー!!」バッ

海賊「何!?」

コック「殺さないでやってくれ!こいつは確かにパスタだ、そしてたくさんの人に迷惑もかけた……でも!!」

コック「一つの生命なんだ!ありえない事だが、食べ物に宿った命なんだ!!」

パスタ「チュル…」

コック「だから……こいつをどうか……」

船員「どうします?」

海賊「どうもこうも処刑は決まってるぞ。つーかテメーが撒いた種だろーが」

コック「そんな殺生な!!」

下っ端C「あ、船長、いい事考えました」

海賊「え?」クイッ ザクッ

コック「ギャー!!なんか俺が斬られたーーー!?」

下っ端C「この子、売り飛ばしたらそこそこいい値段すると思うのですけど」

海賊「そーだなー、珍しい変異体みたいなもんだしそっちの方がいいかなー」

海賊「かっ捌いて実験に使われたりサンプルとして薬漬けにされたり最悪脳だけ取り出されて機械に繋がれたり」

パスタ「!!?」

コック「やめろー!!そんなのパスタじゃない!!俺の知ってるパスタは皆を笑顔に……」

海賊「出来なかったから殺処分だっつってんだろ」グリグリ

コック「踏まないで!!ド頭踏まないで!!」



船員「船長ウチの被害が大きくなった分だけ海賊っぽくなっていくなぁ……」

下っ端B「死活問題だしまぁ……」

パスタ「プゥ…」ナデナデ

コック「パスタ……お前、俺を慰めてくれるのか?なんていい子なんだ!!だから俺はこの子を助けたいtガフッ」

パスタ「キシャー!!」ズシャッ


ゴブリン娘「生みの親に牙をむいたーーーー!?」

スライム娘「始めから主従関係など成立していなかったようですわお嬢様」

オーク娘「あのコック口にパスタの切れ端入れられて泡吹いてるにゃ」

船員「中毒症状の原因はアレか」

騎士「うっ、頭が……」

竜少女「よいよい、思い出さんでも」

パスタ「ムギャー!!」

海賊「!」


下っ端A「ボス!!」

下っ端B「アブねぇ!!」

船員「ッ!!姫!!」

竜少女「?」


海賊「お前を処刑する一番いい方法を思いついたぞ」ガッ!

パスタ「ッ!!」

海賊「私の手甲の重力を忘れたか?やはり所詮は低能なネズミか」

パスタ「ングッ!ンギッ!!」


下っ端A「いやアンタ……」

下っ端C「まさか普通につかむとは……」


海賊「あんまり美味くもねーけど、パスタの解体ショーと行きますか」

海賊「ちょいと高くて狙いにくいが……この位置から海に落ちりゃあスクリューに巻き込まれそうだな」

パスタ「ミギー!!」

海賊「手こずらせやがって……じゃあな、クソパスタ!!」


パスタ「―――!!」



グチャグチャ!!

……


海賊「大変ご迷惑をおかけしました!!お客様の皆々様には深くお詫び申し上げます!!」ペコペコ

下っ端D「うっす」

下っ端E「おっす」


騎士「何はともあれ一件落着ってところか」


コック「パスタ……我が子よ……」


騎士「……」

竜少女「同情するなよ。アレが原因じゃ」

竜少女「しかし……」

船員「はい?なんですか?」

竜少女「いや、部外者のワシがあまり首を突っ込むような事ではないが……なにやら複雑そうな事情を抱えていると思ってな」

スライム娘「それに、身のこなしやら何やらを見てもやっぱり貴女……」

船員「なーに言ってんだか。私ゃただの船乗りですたい」

スライム娘「ふぅん、私と同じ臭いしかしませんわ」

ゴブリン娘「お前はいい匂いなのだ!」ダキッ

スライム娘「お、お嬢様!?」

ゴブリン娘「お前からは何も……血なまぐささなど感じないのだ。だからそんな事をいうな……」

スライム娘「お、お……」

スライム娘「お嬢様ァーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」ブバッ

オーク娘「鼻血臭いにゃ」


竜少女「お熱いのぅ」

船員「……オイちょっとまて!?私からは血なまぐささが漂ってるってか!?」

竜少女「ま、どう捉えるはお主次第じゃと思うがの」

船員「まったく意地の悪い人達ですねぇ」

海賊「それよりもコックさんよお」ガシッ

コック「ヒィ!?」

海賊「ちょっと調べさせてもらったら、アンタの実家かなりの金持ちみたいだけど……弁償とかさ」

コック「こ、これ……親父のクレジットカードです」

海賊「どうも」ニッコリ


騎士「人間のクズだ……」

竜少女「どっちがとは聞かんぞ」


海賊「よし!盗るもん盗ったしそいつは海に捨てておけ!港も近いし泳いで渡れるだろ」

下っ端D「うっす」

下っ端E「おっす」

コック「え!?ちょ!?ま……あーーーーーーーーー」


ポチャン


騎士「当然だよな」

竜少女「当然じゃの」

――――――
―――



海賊「ご乗船」

「「「「ありがとうございました!」」」」

海賊「また御贔屓にお願いします!」


騎士「いやー、中々ハードな旅だったな」

竜少女「ま、退屈はせんで済んだがの」

キキッ

竜少女「おお、アンドレ。元気になったか」

キキッ!

騎士(名前変わってる……)

騎士「ところで、あのへんてこりん3人組はどうした?」

海賊「アイツら港に付いた瞬間逃げました……」

騎士「……まぁ、差し出す気は無かったんだろ?」

海賊「ええまぁ……緊急だったのもあって食料については仕方ないと割り切りますけど」

船員「最後に冷蔵庫の中身持って行かれましたがな」

海賊「……」

竜少女「ドンマイじゃ」

ゴブリン娘「我々はこの海上都市!ひいては海底都市で再起を図るのだー!!」ダダダッ

スライム娘「勇猛ですわお嬢様。あそこでめげずに食料を掻っ攫うなんて……ああ、素敵ですわお嬢様」

オーク娘「やることが一々小さいにゃ」モグモグ

スライム娘「おいコラ猫モドキ、文句言ってんじゃあねーぞ?」

オーク娘「海底都市に先に向かわせた部下達が事務所構えてるにゃ。とっととそこへ行くにゃボス」

ゴブリン娘「ふははは!!悪の組織は不滅なのだー!!」ダダダッ

ドシャッ


ゴブリン娘「……うぐゅ」ジワッ

オーク娘「ちゃんと前見て走るにゃ」

スライム娘「あぁ……泣き顔も可愛いですわお嬢様」ハァハァ

オーク娘「手ェ貸してやれよ」

海賊「……なんかあのゴブリンの娘が転んで涙ぐんでるビジョンが見えた」

船員「怪しい薬でもキメてんですか船長?」

騎士「その歳で薬はやめとけよー?碌な人生送れなくなるぞ?」

海賊「やってないからな!?」

船員「ところで、貴方達はこのまま海上都市へ?」

騎士「そうだな……ちょっと探し物があるから」

竜少女「大したものではないがの。海底都市に水竜の伝説があると聞いてな」

海賊「竜……」

船員「伝説とか言ってますけど、たしか普通に竜族のシーサーペント棲息してましたよね?」

竜少女「まぁ、それはそれじゃ……」

騎士「じゃあ俺たちはこれで」

竜少女「世話になったの!」

船員「なんだかお客さん続々と降りて行きますねー」

海賊「当然だろ、ここを目的地とした人が大半なんだから」

船員「一周年記念っつっても、最後までウチの旅に付き合ってくれるヒトが少なくて寂しいですねー」

海賊「ま、所詮は運搬業、こんなもんだよ」

船員「張り切ってコレクション晒したくせに」ボソッ

海賊「……」

海賊「……」ジワッ

船員「はいはい泣かない泣かない」

黒髪少女「あら、こんばんは、小さな船長さん」

海賊「あ、どうも」

船員「貴女もここで降りるんですか?」

黒髪少女「いいえ、ちょっと買い出しに行くだけで私は居残り組ですよ。最後まで貴方達の旅にお供するつもりです」

海賊「ありがとうございます!」パァァ

黒髪少女(可愛い)

船員(可愛い)

船員「あ!それより何でネズミ討伐に参加してくれなかったんですかー!人手足りなかったんですよー!」

海賊「ンなもん強要してないから別にいいだろ」

黒髪少女「中々面白かったそうですね。判断を見誤りました」

船員「そうそう!いやーまさか船長がみんなの前で裸体を晒すことになろうとは……」

海賊「 無 い よ ! ? そ ん な 場 面 ま っ た く ! ? 」

黒髪少女「フフ、やっぱり行事には積極的に参加すべきでしたね」

黒髪少女「それでは今日はこの辺で。また明日からの旅を楽しみにしています」

海賊「はい!おやすみなさい!」

黒髪少女「ええ、おやすみなさい……」

船員「残ってくれる人もいるのは嬉しいですね」

海賊「ホント……」

船員「船長、一応今から急ピッチで修理させて、明日の昼過ぎには予定通り出港できるようにはします」

海賊「ああ、その為に腕のいい連中を雇ったからな」

海賊「……」

海賊「出費が痛かった」

船員「一言多いなーもう☆」

船員「今日はもうお部屋に戻ってお休みになられたらどうですか?やること無いですし」

海賊「そうだなー。他の仕事も何だかんだでニューメンバーが受け持ってくれてるし……ってかアイツら残るんだな」

船員「そりゃあ、ちょっと強めの呪い掛けましたから」

海賊「なんか話と違くない?」

船員「それはそれ、これはこれ」

……

海賊「……疲れた」

海賊(こうして企画して、私自身が人前で色々やるなんて初めてだからどうなるかと思ったけど)

海賊「……どうにもならない事多すぎじゃね?」

海賊「それはともかく……はぁ、昨日から自室に戻ってなかったが、こりゃ酷い。私の部屋まで被害受けてたか」

海賊「ああもう、壁にまで穴が開いて……ん?何だコレ、手紙?」

海賊(親父宛て……そういや、ここって元々親父の部屋だったしなぁ。でも何で壁の中にこんなもん隠してんだ)

海賊「小難しい事書いてあってよく分かんねぇや……それに……この紋章」

海賊「確か、ブリファライトの保有国の……」

海賊「"石のありかは地図に記す"……」

海賊「……そういやあの地図にも同じ紋章があったな……てっきり親父が悪戯で書いたものだと思っていたが、文章だけだったのか」

海賊「……なんて書いてあったかは読んでなかったな」

海賊「……」

海賊「ええい忘れろ忘れろ!!大体気色悪いなオイ!?こんな場所に隠すなんて!?」

海賊「もう寝る!!修理は明日考える!!おやすみ私!!」

小休止、やっと前半終了

再開

――――――
――


海賊「~♪」

船員「ちょっ、船長待ってくださいよー!」

海賊「あんまり遅いと置いていくぞ~」

船員「全くもう機嫌めっちゃよくなっちゃって……」

海賊「そりゃあ良くもなるだろ。昨日の深夜に船の修理終わったんだから」

船員「まぁそりゃそのおかげで午前中はこうしてお買い物できるくらいには余裕が出来ましたけど……」

船員「ちょっとおかしくないですか?急ピッチで進めても昼前に終わらせる予定だったのに」

海賊「早く終わるに越した事はないだろう。3時間ばかりだか他の船員たちにも休みをやれたのは大きいし」

船員「ありがたいですけど何だかなぁ」

海賊「しかし、あの商人に感謝だな。まさか安価でここまでしてくれるとは」

船員「チョーうさんくせーですよあの着物の商人!!」


―――
――――――


下っ端A「船長!申し訳ないっす!俺達じゃ対応できなくて……」

海賊「あーもう……なんだよこっちは眠りかけだったのに呼び出して……」

下っ端B「いや、今すぐに船を直せるって奴が現れましてね」

海賊「なんじゃそら、無理に決まってんだろ。ちょっとそいつ通せ」

下っ端C「了解です。はいってらっしゃい」

下っ端A「……」

下っ端B「……」

海賊「……来ないな」

下っ端C「オイどこ行った!?」

ガチャ

船員「せんちょー、なんか業者が大量に船に乗り込んできてますけど、こんな時間から修理ですか?」

海賊「は!?」

……

商人「オイてめぇら!!私に"貸し"を大量に作っておいてタダじゃあ終わらせねぇぞ!!」

商人「ニーア商会に捨てられた船大工共!!誰が拾ってやったと思ってんだァ?恩に報いろ!惜しまず働け私の為に!!明日この船が予定通り出なきゃ色々こっちの計画が狂っちまうんだよ!!ホラそこサボんなコンチクショウ!!こっちは監視も付けてんだぞ」

剣士「ふぁ~……」ウツラウツラ

幽霊「……もう11時だよ、寝ようよ」

子ウサギ「ウキュウ……」

商人「ホラお前たちは連中の働きを監視してろ!!レアアイテムが手に入るかどうかがかかってんだよ!!」

剣士「コイツは何でこんなに元気なんだ……」


海賊「オイこら貴様らぁああああ!!」

商人「おんや?」

海賊「これは私の船だぞ!何許可なく勝手に業者入れてんだ!?」

商人「おお、貴女がこの船の船長さんですか!どうも、ワタクシ旅商人の林檎と申します!お近づきの印としてリンゴ飴でもどうぞ」

海賊「おー、こりゃご丁寧にどうも……じゃなくてだな!!」ペロペロ

船員「船長、こんな時間に食ったら虫歯になりますよ」

商人(食べはするのか)

船員「それより何が目的ですかいアンタ。ウチは借金だらけだからまともに金は払ないぞ」

海賊「悲しい事実を突きつけなくていい。その発言は私にしか効かない」

商人「いーですいーです。お金なんて取ろうとは思っちゃいないですから」

海賊「なに?」

商人「訳あって明日中にキッチリ出港してもらわないと私が困るんですよ。ホイ」

海賊「ん?ウチの乗船券じゃないか」

船員「って、客!?」

商人「そういう事ですねー」

商人「腕は確かな奴らなんで、このくらい楽勝ですよ」

海賊「そんな事しなくても明日の昼前には……」

商人「直る保証ありますか?正直酷いありさまですけど」

海賊「そっ……それでも最新技術を駆使すれば……」

商人「まぁ最近の技術ならお金積めば船大工だけでなくとも魔法を使ってちょちょいのちょい!って感じですが……」

商人「お高いんでしょ?」ボソッ

海賊「うぐぅ!」

商人「かるーく見積もって、ここらの工事代の半額以下に抑えられそうですし、私を信じて任せてくださいな……えっと、このくらいかな」カタカタ チーン

船員「せ、船長!?かなり安いですよ!?この商人何者ですか!?」

商人「ぬっふっふ、通りすがりのマルチ美少女着物商人とだけ伝えておきましょう!」

剣士「23歳は少女ではないぞ」

商人「黙れ護衛!!お前はもっと食い入るように監視しとけオラ!!」

剣士「……ま、そもそもコイツは20代には見えんか」


船員「船長、なんかこれ信用していいかどうか……」

海賊「し、しかしこの金額は魅力的だ……」

船員「揺らぎますかい」

海賊「わ、分かった、信じよう!」

船員「お金に釣られちゃったー☆」

商人「いやぁ物分かりが良くて助かります!じゃあここにサインお願いしまーす!あ、詐欺とかじゃないんで一応全文目ェ通しといてくださいね」

海賊「……まぁ変なところは無いな」

船員「ちょーっとちょっと!犬耳商人!アンタの目的は何だってんだ!いくらなんでも気前良すぎだろ!」

商人「狼です。利害の一致ってやつですよ、私にも私の目的があるんで。あ、作業もう半分終わったみたいですね」

海賊「早ッ!!」

商人「まーこのペースなら深夜中には終わるでしょうし、船長さん達はドーンと構えて眠っててくださいな!オイこらサボんなウチの!!」

剣士「Zzz…」

幽霊「スヤァ」

子ウサギ「ウーキュー……」


船員「……」

――――――
―――


海賊「お前、何だか最後まで気に入らなかったみたいだけど」

船員「先代の残した船をどこの誰かも分からない奴に触ってほしくなかっただけですよ」

海賊「お前そういうの気にする性格だっけ?」

船員「もーこのチビッ子は失礼な事平気で言うな!」

海賊「お前の方が失礼だって気づいてる?」

小休止

再開

船員「ところで船長、お買い物って何を買うんです?ほとんどネットの通販で済ませるのに出歩くなんて珍しい」

海賊「ああ、最近この海上都市に腕のいい鍛冶師が居るって話を聞いてな。武器の手入れと何か新作の装備でもないかと思って」

船員「年頃の娘っ子が見るもんじゃねぇよ!?」

海賊「これでもファッションにも気を遣ってるぞ?最近、フルプレートの鎧にハマっててな……」

船員「色気も何もありゃしねぇな!?」

海賊「ここだな」

船員「随分近い所にあるんですね……ってか普通の工場だ」

海賊「普段こうした小さな工場を借りているらしいんだ。何でも、冒険者を兼業してるらしくてな」

船員「あの着物商人みたいに旅商人してる感じですか」

海賊「そういう冒険者の中にこそいい人材が埋もれてるんだよなー。お邪魔しまーす!武器見てくださーい」

船員「……」

船員「いや、せめて女の子らしく振る舞わせないと……嫁の貰い手無くなるぞオイ」

仮面男「ん?お客さん?」

海賊「うわすっげぇビジュアルの人が出てきた」

船員「ッ!!」

仮面男「こんにちは、可愛いお嬢さん。私になにか用かな?」

海賊「いえ、腕のいい鍛冶師の話を聞いて来たのですが、貴方が?」

仮面男「ハハ、腕がいいかは分からないけれど。そうだね、私は鍛冶師をしているよ」

海賊「それじゃあ早速で悪いんですけど、私の武器のメンテナンスをお願いしたいのですが……」

仮面男「残念、今日はもう店仕舞いなんだ」

海賊「え?まだ朝も早いですよ?」

仮面男「昼の便の船に乗る予定でね。もうこの地を離れるんだ」

海賊「あー……そっかー」

仮面男「申し訳ないけれど、そういう事なんだ……でも、本格的な事は出来ないけれど、一通り目を通して上げることくらいは出来るよ」

海賊「あ、それじゃあそれだけでもお願いします!これです」

仮面男「うん、それじゃあ確かに預かるね」


海賊「よかったー、変な仮面被って怪しいと思ったけど割といい人で」

船員「ッ……」

海賊「……どうした?」

船員「船長……あの男……」

海賊「?」

仮面男「……」


海賊「あの人がどうかしたのか?」

船員「……あの、すみません」

仮面男「ん?私かい?」

船員「貴方以外誰が居るんですか。申し訳ありませんが、差支え無ければその仮面の下を顔を見せてもらえませんか?」

海賊「お、おい!失礼だぞ何言ってんだ!!」

仮面男「構わないよ。傷がある訳でも、正体を知られたくない訳でもないからね、ホラ」スチャ

船員「……」

仮面男「ま、素性が分からないような奴を信用は出来ないってのは理解しているよ」

海賊「そッそんなつもりは……お前何やってんだよ!とりあえず謝っとけ!」

船員「……すみません」

仮面男「いいよ、多分"君の言いたい事は分かる"から」

仮面男「はい、点検終わったよ」

海賊「あ、どうも」

仮面男「いい腕の職人が作った斧だね。使い込まれてもいるし、このモデルが作られてからかなりの年月が経っているがほとんど原型を残している」

仮面男「ただ柄の部分が少し緩くなってるのと、魔導核の消耗が少し出てるね」

仮面男「永久式じゃないし、重力の魔導核は珍しいから、また同じ効果を持たせようとするとちょっと値が張るけれど……もっと手に入りやすくて使いやすいものに変えてみたらどうだい?」

海賊「いえ、これはこのままでいいんです」

仮面男「何か思い入れでもあるのかな?」

海賊「そんなものじゃないですよ。ただ、親父が借金と一緒に残したものの一つなんで、コイツとは長く付き合っていきたいと思って」

仮面男「そっか……でも、近々ちゃんとした鍛冶師に見てもらうといい。そのまま使い続けたら事故の元だからね」

海賊「ありがとうございました!」

海賊「ところで、お昼に出発との事ですけど、どの船に乗るんですか?」

船員「……この時間だと出港する船は4隻ありますが」

仮面男「えっとねー……このチケットかな」ピラッ

仮面男「友人から渡されたものだから私も詳しくは知らないけれど」

海賊「……なぁ、これ見覚えあるぞ」

船員「いや船長、見覚え有るも何も……」

――――――
―――



海賊「"おかげさまで海賊団立て直し1周年記念皆様ありがとう格安ちょっと遠出クルーズ"後半戦の開始です!」

海賊「本日は当船にご乗船いただき誠にありがとうございます!」

海賊「貴方様方は我が社のスポンサーとして超特待VIPとしてお招きさせていただきました」

海賊「どうぞ3日間、ごゆっくりとお過ごしくださいませ!」


仮面男「いやー、まさか彼らこの船に投資してたとはね。これ特待チケットだったんだ」

鎧少女「興味ない。私は部屋に籠るぞ」

仮面男「……数日ほったらかしにしたの怒ってる?」

鎧少女「うるさい鍛冶馬鹿、お前は一生ハンマー握ってろ」プイッ

仮面男「あ、ちょっと!そんな態度悪いと船の人に迷惑だよ」


海賊「……」

海賊(アレがウチのスポンサーの関係者とは……世の中分かんねぇな)

小休止

安心してくれ、再開だ

仮面男「まったく……」

海賊「あの……お二人はどのようなご関係で?」

仮面男「これでも夫婦だよ」

海賊(普段から仮面付けてたり鎧着てたりする夫婦ってどんなのだよ)

仮面男「言いたい事は分かるけど、まぁ気にしないでくれ」

仮面男「それより、船長はキミなのかい?」

海賊「はい、こんな成りですが私がやらせていただいています」

仮面男「代替わりしたのかな……先代は?」

海賊「親父と知り合いでしたか……」

仮面男「いや、私ではなく私の妻の方が親交があったのでね」

海賊「去年に死にましたよ。そう聞きました」

仮面男「聞いた?」

海賊「用事があるって言って船から出て行ってたんです。それから結構経ってから帰ってきたのが親父の遺品と死んだって報告」

海賊「ったく、人にこんなでっかい船押し付けて、どこかも知らないところで勝手に死ぬなんて親失格ですよ」

仮面男「そうとも限らないよ。君の事を思いながら逝ったのかもしれないし」

海賊「まさか、そんな確証どこにもありませんよ」

仮面男「世の中、邪魔な存在になると思って我が子を捨てた親もいるんだ。それに比べれば、ここまで君を育てた先代は私にとっては立派だと思うな」

海賊「立派なら理由を話さずに消えたりしませんよ」

仮面男「ま、事情があったにせよ子供を不安にさせるのは確かに良くはないね」

海賊「ふ、不安になんてなってませんよ」

仮面男「フフ」

仮面男「それより、さっきの船員の彼女は?出来れば話がしたいのだけれど」

海賊「すみません、あんな態度取ってしまって……あいつも今は忙しいので時間が出来たら連れてきます」

海賊「っと、申し訳ありません。私はこの辺で失礼します!」

仮面男「ごめんね、忙しい身なのに」

海賊「いえいえ!VIPには優遇して接しておかないと後が怖いので……親父のクソ野郎が昔やらかして……」ブツブツ

仮面男(過去に何かあったのだろうか……)

海賊「では!いそげいそげー!!」

仮面男「フフ、何だか忙しない娘だったね」

仮面男「姿を消してないで出て来なよ」

鎧少女「……」

仮面男「あの様子だと、彼女は何も知らされていないみたいだね」

鎧少女「本当なら私達が口を出す事じゃない。ここでいう"先代"とあの"船員"がキッチリ全てを伝えるべき事だ」

仮面男「さて、どうなるかね……」

……


下っ端A「3番テーブル注文入りました!!」

下っ端B「3番また来ました!!」

下っ端C「ちょっと3番間に合ってないですよ!!」


船員「人手が足りないって聞いてきてみりゃ……」


剣士「追加だ、この子羊のソテーをあと10皿持って来い」モグモグ

商人「……いやね?好きなだけ食ってもいいって言ったけどアンタちょっと……」

剣士「このスープも8皿追加だ」ズズー!!

幽霊「私達の乗船チケットに食べ放題プランついてるけどさ」

剣士「サラダがまだ来てないぞ。早くしろ」ガツガツ

子ウサギ「ウキュ……」

剣士「おい!足りないぞ!!」


船員「……なにこれ」

海賊「オラァ!!デカ盛り肉三昧出来たぞ!!早くもってけ!!」ドドン☆

船員「船長なにやってんですか!?」

海賊「今の私は料理長だ!!つべこべ言わず持って行け!!」

船員「えぇ……」

海賊「コックを追放した責任を私自身が取っているだけだ!気にすんな!!」

船員「明らかに船長がやる仕事じゃないですよそれ……」

海賊「じゃあお前!この船で料理がまともに出来るやつを言ってみろ!!」

下っ端A「無理」

下っ端B「パス」

下っ端C「苦手」

下っ端D「うっす」

下っ端E「おっす」

船員「今までこの船よく運営出来てきたなオイ」

剣士「腹減ったー飯食わせー」ドンドン


海賊「だあああああああああああ!!化け物が!!供給が追い付かん!!」

船員「まったく……船長、厨房私も立ちますよ」

海賊「え?お前料理出来たの?」

船員「失礼だなぁ☆」

海賊「今までの流れからして普通にそう思うだろうが……」

船員「ずっと隠していましたが、実は私料理得意なんですよ」キュッ

下っ端A「おお、様になってるエプロン姿」

船員「そこらの貧乏人の舌を満足させるくらいなら、楽なもんですよ」

船員「ありったけの材料持ってきなさい!相手はまだ見ぬ怪物!!これは料理のし甲斐があるってもんですよ!!」

海賊「た、頼もしい……こいつが頼もしく見えるなんていつぶりだろうか……いや!ありはしなかった!!」

船員「船長、私に対してはホント容赦ないですね!悲しいぞ!」

……数分後

剣士「マズイ」ペッ


船員「あるぇ?」

海賊「締め出せ」

下っ端D「うっす」

下っ端E「おっす」

船員「ちょっと待ってええええ!!間違いだから!!何かの間違いだから!!陰謀だから!!」

海賊「信用しろと?」

船員「信じて!!お願い!!」

商人「ん?十分美味しいじゃないですか、アンタどんだけ舌肥えてんだよ」

剣士「こんな整った料理は嫌いだ、さっきのとかお前が作る感じのもっと雑でいい。食べにくくてしょうがない」

商人「雑ってなんだよ!?」

海賊「私の料理が雑って言われたーーー!!」

船員「横暴だ!!船長の料理スキルの低さを同時に露呈させるなんていくらお客さんでもやっいい事と悪い事が!!」

海賊「」

下っ端C「お前ちょっと黙ろう?な?」

船員「それで、どうして私の料理がダメなんですかねぇ。自身があったんですけど」

剣士「味付けがまるで王宮で出すような整い過ぎて極端なものだ。冒険者の私にはマズくてしょうがない」

船員「なぬ!?」

商人「王宮で料理なんて食った事あるんですか?」

剣士「無い!」

商人「断言しきる辺り将来大物に慣れそうだなオイ」

船員「チクショウ……昔培ったスキルが裏目に出るなんて……」ググッ

海賊「お前、ここに務める以前は何してたんだよ……」

船員「トップシークレットです!ああもうムカついたから船長料理の続きをお願いします!!」

海賊「結局私かー」

船員「もう絶対料理なんて作りませんからね!!」プンプン

海賊「いつも作らねぇじゃねぇか……」

海賊「まったく……あとあの料理12皿だったっけ?」

黒髪少女「もう作っておきましたよ」

海賊「へいへい、ありがと……ファッ!?」

黒髪少女「ちょっとあの娘達のテーブルに気を取られ過ぎてましたね、他のお客さんを待たせてますよ。はい、4番テーブルと5番テーブルの料理です」

海賊「あ、えっと……なんで?」

黒髪少女「フフ、頑張る船長さんへの援護射撃ってところです。暇でしたのでお気になさらず」

海賊「ご、ごめんなさい……」

船員「付き合いの長い私の事は信用しないくせにちょっと前に出会った黒髪美人にはホイホイついて行っちゃうんですねー。ジェラシーですよジェラシー」

海賊「んじゃあお前は料理運んでろよもう……」

黒髪少女「ま、私も経営者ですからここら辺の辛さは分かっているつもりですし」

金髪少女「客いない店の店主の癖に」

眼帯少女「……味見」

黒髪少女「ほらほら、あなた達も運んだ運んだ」

黒髪少女「不測の事態は付きまとうものです。料理人はもう少し抑えておくべきでしたね」

海賊「仰る通りで……」

黒髪少女「まぁ……今回はあのコックが全部悪いのですけれども」

小休止

再開

黒髪少女「ところで船長さん、この後この船はどちらまで?」

海賊「貿易で荷物を積んでいますので、航路の途中の小さな島を回りながら元の港へ帰ります」

海賊「途中、少し気候が乱れる海域も通りますので、その時はお気を付けください。私どもの方でもアナウンスいたしますので」

黒髪少女「あら、まるでおあつらえ向きかのようになにかが起こりそうな場所を通るんですね?」

海賊「はは……不穏な事は言わないでくださいよ」

黒髪少女「ヒト一人が持つ物語は、必ず起点となる事柄から始まります。貴女の物語は貴女の知らないところで既に始まっているのかもしれませんね。或は既に気が付いていて見て見ぬふりをしているか……」

海賊「?」

黒髪少女「フフ、気にしないでください」

船員「せんちょー、お客さんほとんど捌けましたよー」

海賊「ああ、ご苦労。あの大喰らいは?」

船員「まだ喰ってます」


剣士「この辛口とも甘口とも取れる絶妙な味付けのソースは私の舌を満足させる……」

商人「いやそれデザートのプリンだろ。お前の舌どうなってんだよ」


海賊「……食材が無くなったって言っておけ。これ以上は航海に関わる」

船員「了解でっす!」

海賊「出費が……頭が……」

黒髪少女「では、私達もこの辺で手伝いを終えさせていただきます」

海賊「あ、ありがとうございました。少ないですけどこれ、持って行ってください」

黒髪少女「勝手に厨房を借りたんです。お金なんて受け取れませんよ」

海賊「いえ、私秘蔵の特殊鉱石……」

黒髪少女「いりません」ニコッ

海賊「食堂はもうしばらくはいいとして……他の雑務はどうするかな」

船員「新入り達が大方やっちゃってるんで、船長の出番はないかと」

海賊「……スゲェ役に立ってるなアイツら」

船員「船ばっかり大きくて人員が少ない今までがおかしかったんですよ。やっぱりアイツら正式に雇いましょうよ」

海賊「無理させない程度にな……さて」

船員「水着ですかッ!!」

海賊「もう着ないぞ」

船員「チッ」

船員「せっかく可愛く写真も撮れたのになぁ。今の料理長スタイルとか」

海賊「なんで勝手に写真に収めてんだよ!?しかもデジカメかよ!?消せよ!?」

船員「船長の成長記録ですよー。ほら、去年お風呂でこっそり撮った写真も」

海賊「児ポーーーーーーーーーーーーーーーーー!!消せーーーーーーーーーーーーーー!!」

船員「これ見たら先代喜ぶだろうなぁ、ぐへへへ」

海賊「なんで喜ぶの!?親父は娘のナニをみて喜ぶの!?」

下っ端A「いつまで遊んでるんすか」

下っ端C「そろそろ手伝ってくださいよ。やっとあの人達席立ったんですから」

下っ端B「さっき売店でつまみ買ってくとか不穏な事言ってたぞ」

海賊「……購入制限設けておくか」

船員「で、船長。次どうするんですか?」

海賊「お客さんも大半が入れ替わったし、新しい催しでも考えているんだが」

船員「……」

海賊「なにかを諦めた目で私を見るな。もう鉱石は飾らないから」

船員「ですよねー!アハハ!船長がそんな無謀な事二度もするようなおつむの弱い娘じゃないって事は分かってましたよー!!」

海賊「……」グスッ

下っ端C「お前は定期的にトドメを刺しに行かないと気が済まないのか」

小休止

再開

海賊「では諸君!この資料を見てくれ!!」

船員「まーた作ってきたんですかい」

海賊「今回は前々から要望の多かったものを導入しようと検討して、それが国に通ったから改めて実装したんだ」

下っ端B「国の許可が必要なものとなると……」

下っ端A「カジノか!」

海賊「大正解!!」

下っ端C「当たれば収益は多く望めますね」

下っ端B「今の航海こそ格安ツアーだが、ウチは金持ちの客も少なくない」

下っ端A「しかしよく通りましたねこんなの」

海賊「ああ、知り合いに強い権力を持った人と繋がりがある人が居てな、その伝手でちょちょいと」

船員「人脈も力ですな!!」

海賊「お客さんには悪いが、ちょっと設定を渋めにしてしている。レートこそ低めだが……ウチの財政危機なんだ、これくらいは勘弁してもらおう!」

船員「やることエグいっすね!!流石海賊!!」

海賊「ははは、褒めるなよ」

船員「貶したんですよ?」

海賊「……」

海賊「実は設置はもう終わってて開店している。早速様子を見に行ってみる」

海賊「お前たちは後片付けを頼むぞ」

下っ端D「うっす」

下っ端E「おっす」

船員「じゃあ私もちょろっと……」コソッ

海賊「ウチの従業員は禁止な」ニコッ

船員「チッ」

海賊「お前の為に用意したんじゃないからな……」

船員「わーってますよ!じゃあとっとと見に行きますよ!!それレッツらゴー!!」

海賊「ふふふ!お客さんがウチにお金を落としてくれる様が目に浮かぶ!!」

……


鎧少女「……」ジャラジャラジャラジャラジャラ


海賊「……」

船員「船長、あれジャックポットってやつですか?」

海賊「」

船員「ねぇ船長ってばー」


鎧少女「あ、すまん。一向に終わらないんだがどうすれば止まるんだコレ?」


海賊「」ブクブクブクブク

船員「船長!?しっかりしてください船長!!?」

……

仮面男「私に黙ってカジノ行くの禁止って前々から言ってただろう?君が台打ちすればこうなることくらい分かってただろうに」ガミガミ

鎧少女「私の勝手だろう。それに、コイン吐き出すあのスロットが悪い」


海賊「お、おかしいな……設定何も変わってないのに……」

船員「幸運とか多分EXですよあの人……」

海賊「何の話をしとるんだお前は」

小休止

まだしばらく休む
代わりに別のSS今日中に持ってくるから勘弁

完結まで構想は出来てるからホントあと少し待ってほしい

暇つぶしにどうぞ……
座敷童「暑い夏の日の一日」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1468488024/)

ふっかーつ!

そしてすぐさまザラキ

海賊「あー……しかしこれも企画倒れか……フフフ、私は何をやってもダメなんだな……神なんていなかった、いやいたらむしろ死ね、全滅しろ、尿管結石で死滅白」

船員「大丈夫ですよ船長!この程度の損失まーたいつも通り借金背負えば!アッハッハ!!」フイ

海賊「目ぇ逸らすなよ……」


「おい!今カジノで確変中だってさ!」

「よく出るらしいよ!」

「早く行こうぜ!ルールしらねぇけど!!」


海賊「……」

船員「……」

鎧少女「結果オーライだろ」

仮面男「ほら、人の流れが容易に変わるからやめろって言いたいんだよ私は」


海賊(ありがとう、神様!!)パァァ

船員「すんげぇ手のひらスクリューっすね」

>>325
(´◉◞౪◟◉)

仮面男「そうだ、船長。聞きたいことがあったのだけれど」

海賊「はい、何でしょう?」


商人「あっれー?ここにあるって書いてあるんだけどなぁ。あ、すみません船長さーん!」

海賊「あ、ちょっと待ってて……」

商人「ん?」

仮面男「……」フイ

商人「おんや?おやおや?」

仮面男「……」フイ

商人「あー!仮面の魔王さん!!お久しぶりですね!忘却都市の一件以来ですか!って言っても一か月前くらいの話ですが」

海賊「まお……魔王!?この人魔王なの!?そしてその知り合い!?」

商人「知り合いも何も何かあるたびに私を頼るマブダチよぉ!一国の王御用達の商人、林檎ちゃんたぁ私のこったぁ!!」


仮面男(気付いてはいたが直接会いたくない娘に会うとは……)

海賊「VIPだから怪しいとは思ってましたけど、まさか一国の……それも魔王だなんて」キラキラ

仮面男(ああそんな輝く目で見ないでくれ。別にいい物じゃないんだ、名前だけなんだ私は)

商人「……」

商人「あれ?私は仮面の勇者さんって呼び方でしたよね確か。なんでこんな変な間違いをしたのか」ハテ…

海賊「魔王な上に勇者なの!?カッコいい!!」パァァ

仮面男「話をややこしくしないでくれ、いい物じゃないから。そして公言しないでくれ」

商人「最初からクライマックスな服装しといてよく言いますよ」

海賊「私、昔っから魔王とか勇者とかに憧れてたんですよー」

商人(海賊娘が抜かしおる)

海賊「片や悪を切り裂いて!片や正義をねじ伏せる!!そんな二つが一つになったら最強に見えるじゃないですか」

仮面男「両方ともあんまりいい物ではないけどね……」

商人「経験者は語りますか」

海賊「え?何でですか?」






海賊「どっちも気に入らない奴は斬り捨ててもお咎めないんですよね?」


仮面男・商人「よぅーし、ちょっとマテ」

船員「はいはいそれでお二人ともご用件は何でしたか?船長は忙しいんですから手短にお願いしますよ」

海賊「べ、別に私は忙しくは……」

仮面男「……」

船員「……私から貴方に話す事は何もありません」

仮面男「そうか……ま、そちらで問題を解決できるのならそれに越したことはない」

船員「……」

仮面男「だが、今聞きたいのはそっちの話じゃなくてだね……」

商人「船長さん!パンフレットに書いてある"世界の鉱石博覧会"!!どこにあるんですか?さっきから探し回ってるんですけど見つからなくて」

仮面男「奇遇だね、実は私もそれ目当てでこの船に乗船したんだけれど……」

海賊「お……おお……」

……

海賊「我が世の春が来たあああああああああああああああああ!!」


商人「うおーーーーー!!すっげーーーーーー!!」

下っ端B「き、急に用意しろっていうから何事かと思ったら……」

下っ端C「とんだ物好きもいたもんね……」

下っ端A「これ……何がいいんっすか?」

商人「まず普通にしてたらお目にかかれないようなレアな鉱石の数々!!私からしてみりゃ宝の山にしか見えませんよ!!うっしゃしゃしゃしゃ!!」

下っ端B「えっと……」

仮面男「……」

下っ端C「それただの鉄ですよね……?」

仮面男「良い鉄だ」ウットリ

下っ端B「仮面越しでも分かるくらいウットリしてるよこの人!?なに気持ち悪い!?」

商人「すっげ!これメニョポタミン文明開拓時代に産出された伝説の鉱石ムチャカッタスッタモンダじゃん!!実在していたなんて……!!」

仮面男「……」ウットリ

商人「うぉあ!?こっちはインダーツ文明産業革命期の石器!!特殊な鉱石のファーサンマファーから作られる独特のフォルムがロマンをくすぐる!!」

仮面男「……」ウットリ

海賊「す、すごい……この人達……本物だッ!!」

下っ端C「ボス?商人さんの言ってる事絶対でたらめですよね?そうだと言ってくださいよねぇ!?」

下っ端B「仮面の人に至っては一言も言葉を発してないのですがそれは」


鎧少女「おーい、こっちの台もなんか止まらなくなっちゃったぞー」ガラガラガラガラガラ


船員「ああ目ェ離した隙になんかまたスロット台に座ってるよあの人!?」

下っ端A「誰か止めろーーーッ!!」

――――――
―――


海賊「……」

船員「……」

下っ端A「」

下っ端B「」

下っ端C「」

海賊(実りのある一日だった―――)パァァ

船員「おーい、事後処理に追われて下っ端軍団全員伸びてますよー」

下っ端D「うっす」

下っ端E「おっす」

船員「お前らはいつも通りなのな……」

海賊「フフン、見たか。世の中には鉱石好きの人間は沢山いるもんだ」

船員「一部ニッチな変態しか興味ねぇよ。現に変人二人しか客いなかったじゃねぇか」

海賊「居たには居たから私の勝ちだ」

船員(この娘は何と戦っているんだ……)

海賊「それでは今日の報告を!」

下っ端A「あ、あい……カジノの方っすけど、売り上げがいい方向にヤバいっす。あの鎧の女の子効果で客が絶え間なく押し寄せて損失なく大儲けって感じです」

下っ端B「売店の方も一応あの剣士の子の襲撃は回避して事なきを得ました。厨房の冷蔵庫は大丈夫だとは思いますが若干マストダイ状態です……」

海賊「ま、まぁ明日も島に上陸するしそこでちょこーっと補充しておけば……」

船員(大丈夫だろうけど明日島に降ろす積み荷は全部食料だからそれを買うなんて事態にならない事を祈りますよ……)

下っ端C「外のプールも異常なーし。ちょっとしたサービスでこっちもお金取ってるけど、お小遣い程度ですかね」

海賊「……」

下っ端C「別にいかがわしいことしてないですよ」

海賊「まだ何も言ってないのだが」

下っ端D「うっす」

下っ端E「おっす」

船員「機器関連、および施設の方にも特に異常は見られません。前のバカパスタの件もありますし内部の警備も厳重になってますしそこらへんは安心ですね」

海賊「ああ、そこらへんは引き続き警戒しておいてくれ。また妙なことになったら敵わんからな」

船員「そういやせんちょー、最後あの変人二人になに言われてたんっすか?」

海賊「ん?変人?」

船員「分かれよ!?仮面と商人だよ!?」

海賊「あー……ああ」



―――
――――――


商人「んー」

仮面男「……」

海賊「どうしました?何かご不満でも?絶対譲りませんよ?」

商人「いや、そこまでは言いませんよ……」チッ

海賊(今舌打ちが聞こえたぞ)

商人「いやね?もしかしたらあるんじゃないかなーっと思ったんですが……」

仮面男「ブリファライトか」

商人「そうそう!」

海賊「むぅ」

商人「まぁここにあったらあったで困りますけどね……」

海賊「え?」

商人「ッ!!い、いやなんでも無いですよなんでも!!HAHAHA☆」

仮面男「仕方がない。アレはもう失われてしまったという話だ」

海賊「はい、私もそう耳にしています」

商人「そうそう、無くなっちまったもんはしょうがないですよねぇ!あー惜しい!!実に惜しい!!」

海賊「……」

仮面男「……」

商人「ナズェミテルンディス!!」

海賊「確かに私も手に入れたい逸品ではありますが……たとえ存在していた当時であったとしても、国の象徴たる希少な石をそう簡単に入手できるとは思っていませんけどね」

仮面男「果たしてそうかな」

商人「お?」

仮面男「実は今もどこかで、某国から持ち出されたブリファライトは眠っているのではないかと……そんな噂も聞いたことがあるけれど」

仮面男「例えばそうだね……分かりやすく宝の地図になんかに記されていたりして」

海賊「宝の地図……」

商人「ファッ!?」

仮面男「船長さん、心当たりでもあるのかな?」

海賊「……いえ、全ッ然知りません!!」

仮面男「そうか、ならいいんだけれど」





仮面男「君はさっきから何を震えているんだい?」

商人「な、なななな、なんでもねーですよぉお?」ガタガタガタガタ

海賊「……」

――――――
―――


海賊「そんな事言われてもな、まさかお前がやたらと見せてくる宝の地図が、そんな都合よくブリファライトのありかを示している訳がないし」

船員「フュー、フュー」ガクガクガクガク

海賊(変顔しながら口笛吹いて商人さんと全く同じ反応してる――――――ッ!!)

船員「ま、まぁ冗談はさておき」ダラダラダラダラ

海賊(汗の量が隠しきれてないぞ)

船員「……ま、ともかく」

船員「この宝の地図に記されたお宝は私も中身は知らないですし、勿論場所も分かりません」

船員「船長が必要ないというのなら、もうこの地図の話も終わりです」

海賊「あれほど私に見せようとしてたくせに」

船員(見た上で貴女が動こうとしないから……私も諦めるしかないんですよ)

小休止

再開

――――――
―――



海賊「急げよお前らー、次の積み荷が押してるんだ」

海賊「それと、接客の方も忘れるなよ。ここで乗り降りするお客様もいるんだ、変な態度取ったりするなよ」

海賊「ああちょっとマテ!!そっちの荷物はサインしてないからまだ積むな!」

黒髪少女「随分と忙しそうですね」

海賊「あ、こんにちは。何か御用ですか?」

黒髪少女「いいえ、ただの冷やかしと言ったところでしょうか」

海賊「……」

黒髪少女「ごめんなさい、冗談です謝ります。真顔でじっとこちらを見ないでください」

海賊「それで、何ですか?普通に忙しいんですけど」

黒髪少女「フフ、そうムスっとしないでくださいな。次の海域でしたっけ?例の……」

海賊「ああ、気候が乱れるっていう話ですか。はい、ちょっと揺れるかもしれないのでそこのところはご了承ください」

黒髪少女「ええ、重々承知しています。しかし……」

海賊「?」

黒髪少女「あまりよくない噂も聞きました」

海賊「私も海で生計立てているから大体察せられますけど」

黒髪少女「"出る"そうですね?」

海賊「シケが酷い霧が濃いわ、果ては岩礁も多いわで大変な場所なんですよ」

海賊「そういう所に限って"変なものを見た"やら"襲われた"なんて話も出てくるわけで……」

黒髪少女「フフ、何だか大アドベンチャーな気分ですね」

海賊「なんでそんなに嬉しそうなんですか……」

海賊「ですが、そういった不鮮明なものなんてありえませんよ。あそこは何度もウチの船も通ってますし」

海賊「なにより、幽霊船なんてそんな大規模なもの、ありはしないでしょう」

黒髪少女「あら、お化けなんかは信じない派ですか?」

海賊「信じないも何も」チラッ




剣士「おい、さっきから何をしている」

幽霊「そんな変な地図広げて歩いてると他の人にぶつかるよ……」←

商人「バレねぇウチにこの地図の真偽を確かめておくんですよ!ったく、何度か不審な眼で見られて溜まったもんじゃないですよ!!次の海域に目的地がありますからそこが勝負です!!」

剣士「秘密裏に動きたいなら声のボリュームを落とせ、煩い」



海賊「普通に種族として存在しますし」

黒髪少女「ええ、うん、まぁ……」

海賊「ですが、今日は大丈夫だと思いますよ。兆候や流れを見ても海がそう荒れる事はないかと」

黒髪少女「先人の知恵というやつですか」

海賊「フッフッフ、技術の進歩ってやつですよ!日々進化を続ける機械技術は私のこの船を超天候観測機に変えたんです!!」

黒髪少女「風情も何もあったもんじゃないですね」

海賊「ま、今回は特に事件も起きずに快適なバカンスを……」

……

ゴォォォォォォォォ


船員「ハハッ、せんちょー羅針盤ぶっ壊れてますよ」

下っ端A「ハハッ、自動操縦システムも動かねぇわ」

下っ端B「ハハッ、通信もいかれてますわ」

下っ端C「ハハッ、お客さんにどう説明しましょう」

海賊「なぜなのだ……」

下っ端D「……」

下っ端E「……」

海賊「なんか言えよ」

海賊「おっかしいな、観測機で見ると今の天候は晴れになってんだけど……」

船員「今この現状見てくださいよ!?そのポンコツと外の景色どっちを信じるんですかい!?」

海賊「ポンコツっていうなよぉ……高かったんだぉ……」ジワッ

下っ端C「あー、また泣かせたー」

船員「いや流石に正論だろ今のは!?」

下っ端B「的中率100%のものなんて存在しないんすから、割り切ってください。とりあえず指示くださいよ」

海賊「あ、ああ、すまん。C、とりあえずお客様には部屋から出ないように注意を促してくれ。状況説明を求められたら視界が悪くなっているから揺れるとだけ伝えろ。舵は自動操縦が死んでいるだけだからB、お前が操縦してくれ」

下っ端B「了解!」

下っ端C「任せてください」

海賊「Aは引き続き物品の確認を。悪いな、こんな時に普通の仕事させて」

下っ端A「いやいや、そっちの方がサb……信頼にかかわる重要な事ですから!!」

海賊「お、おう……(コイツほんとどうしよう……)」

海賊「DとEは機械に強い新入り達を集めてシステムの修復に当たってくれ。船の取り付けの羅針盤は予備があるからすぐに付け替えろ、そっちまでは壊れては無いハズ」

下っ端D「うっす」

下っ端E「おっす」

船員「船長船長!!私は!!」

海賊「……」

海賊「各員!配置に着け!!頼んだぞ!!」


「「「はい!」」」

船員「おーい……」

……


海賊「……」

船員「ったく酷い話ですよ!!いくらなんでも無視するこたぁないんじゃないですか?こうして横でマシンガントークしてても無反応!!船長私の事嫌いなんですか!!そうなの?悲しい!!」

海賊「みんな行ったか」

船員「お?なんですかぁ?二人だけの秘密の話ってやつですか?いいですよ!私としては大好きな船長にこうして向き合って熱い抱擁を交わし……」

海賊「お前の意見を聞きたかったから残したんだ、単刀直入に聞く」

海賊「現状、どう思う?」

船員「……」

船員「異常ですね」

小休止

さいかーい

海賊「やっぱりか」

船員「元々ここは岩礁が多いといっても異常気象が多発するような場所ではありません」

船員「現に、我々も何度も航海している場所ですし安全なルートも確保できています」

海賊「だが今日に限ってコレだ」

船員「船長はどうお考えです?」

海賊「人為的なもの……って言ったら笑うか?」

船員「プッ」

海賊「」


船員「いや……失礼……結論を出すのが早すぎて……もう……ブッフォッ!!」

海賊「泣くぞ……」ジワッ

船員「コホン……それはともかくとして」

「羅針盤無事でしたー!!」

海賊「よし、視界不良でこの先に進むのは危険だ迂回して進もう。何もルートはここを突っ切るだけじゃあないんだ」

船員「いい判断ですね。ではこのままUタァーン!!」


ピタッ

海賊「ん?」

船員「どうしましたー?」

海賊「シケも霧も無くなったな……」

船員「……」

海賊「まぁいいや、もう一回元のルートに戻ろう。これなら問題なく進めそうだ」



ゴオオオオオオオ!!


下っ端B「ボス!?また嵐がきましたぜ!!」

下っ端C「あ、あれ?通信機一回治ったと思ったんだけどなぁ……」

「羅針盤まーたぶっ壊れましたー!!」

海賊「……」

船員「……」

海賊「引き返せ」

ピタッ


下っ端B「霧も嵐も消えましたー」

下っ端C「あ、通信復活。これで楽出来る!えーえー、お客様ー……」

「羅針盤全部復活しましたー!」

下っ端A「おーい!自動操縦システムちゃんと動いてるぞー!!」


船員「いやー、愉快な海域ですねー」

海賊「お か し く ね ! ?」

海賊「人為的説!!あそこら辺境になんか人為的な力を感じる!!ぜってぇ感じる!!」

船員「まぁこういう事の一度や二度もあるでしょう、ハッハッハ」フイ

海賊「目ェ逸らすなよ!?何か知ってるだろオイ!?」

船員「さぁー?」フイ

海賊「人間不信に陥りそうだよ私は!!」

下っ端B「で、ボス。どうするんですか」

海賊「進むか否かの話だったら答えはNOだ!お客様に説明して迂回するぞ!あんな場所二度と通るか……!」

船員「えー、なんか面白そうじゃないですかー?こう、冒険心を煽るような……!!」

海賊「リスク冒してまで進めねぇよ!?ほら、とっとと新しいルートを……」

下っ端B「ボス……そうも言ってられなくなりましたよ」

海賊「ん?」


下っ端B「マジかよクソッ……!船のコントロールが本格的に利かなくなりました」

下っ端C「え?あの境から外で出てるでしょ!?」

下っ端B「引っ張られてるんですよ!!凄い勢いで!!」

船員「まさか……!?」

海賊「何にだ!!」

下っ端B「……」

下っ端B「わ、分かりません!!」


海賊「通信途絶える前に救難信号出せ!!それとお客様に部屋から出ずに何かに捕まれとアナウンス!!」

海賊「お前ら!!」



海賊「ごめんッ!!」

船員「船長……」


――――――
―――



ゴオオオオオ


海賊「ん……うう……」

海賊(あれ……私……どうなって……)

下っ端D「うっす」ズイッ

海賊「ファッ!?」ゴッ

下っ端D「ッ!!?」

下っ端A「ちょっ!?ボスなにするんですか!?」

海賊「筋肉だるまが顔に急接近してたら誰だって反射的に手が出るわ!!」

下っ端B「介抱してただけですよ……」

海賊「そ、そなの?」

下っ端D「うっす……」

海賊「すまん……それより船はどうなった?」

下っ端C「丁度浅瀬に乗り上げて動きを止めてます。嵐は酷いままですけど……」

海賊「こんな場所に浅瀬……?どこかの島か?」

下っ端A「みたいですが、いかんせん周りが確認できなくてどこがどこだか」

海賊「くそ……完全に判断を誤ったな」

下っ端B「……気にする事は無いですよ。ボスのせいじゃありません」

海賊「?」



海賊「お客様は?」

下っ端C「一応、何とか対応はしています。パニックにはなりましたが、一部のお客さんが収集つけるの手伝ってくれて」

海賊「黒髪の人か……何か、お礼しとかなきゃな」

下っ端C「いえ、着物の商人の人がですね……」

海賊「あ の 人 ! ?なんで!?」

下っ端C「なんか"稼ぎ時だー!!"とかいってお客さん一人一人に救難道具を売りつけに……」

海賊「火事場泥棒ならぬ死の商人だなオイ……」

海賊「しかし参ったな」

下っ端A「今後の事ですかい?」

海賊「ああ……」

下っ端B(無理もない……本来ありえないこの状況、彼女の置かれた立場は非情に厳しい。どうする……)

海賊「もしもの事があったらお客様に損害賠償とか……払わなきゃいけないんだよな……」

下っ端B「えぇ……」

下っ端A「そっち……」

海賊「当たり前だろ!!ウチの家計は常に火の車なんだぞ!!」

下っ端B「まぁそうですけど他にもっと……」

海賊「寸でのところで救難信号は出したし、近いうちに救援は来てくれるだろう。食料も多めに積んである、もしもの事があっても数日は大丈夫には大丈夫だ」

海賊「それに今は下手に動く方がマズい。お客様も精神的余裕も無い、お前たちの負担も大きくするわけにはいかない」

下っ端B「ま……そうですね」

海賊「それでもダメっていうのなら、最悪この身を削ってでもなんとかして見せるよ」

海賊「さて、転覆しなかっただけ良しとして……どうするかなぁ」

下っ端C「お客さんへの対応はこのまま続けます。流石にあの人一人暴れさせておく(?)のも限界がありますし」

下っ端A「俺は積み荷が無事かどうか確認してきます。いや、無事ではなさそうだから俺が一番面倒な仕事になりそうだな……」

下っ端D「うっす」

下っ端E「おっす」

海賊「ごめん、そろそろヒトの言葉話してくれるか?」

海賊「あ、忘れてた。アイツはどこ行った?」

下っ端B「彼女なら島の見回り行きましたよ。変なもんとかあったら不味いだろうって」

海賊「海上じゃないだけマシとはいえ、こんな嵐の中行くこと無いだろうに……ったく」

下っ端C「ま、あの人も弱い訳じゃないから大丈夫かと」

下っ端A「ヒトが住んでいれば助けてもらえるかもしれませんしね」

……


船員(そう大きくはない孤島……勿論ヒトは住んでいない)

船員(でも……)

黒髪少女「いくつものヒトの手により薙ぎ倒された木々、踏み荒らされた草」

船員「……お客様、外に出る事は御止めになるように先に伝えておいたはずですが」

黒髪少女「お気になさらず。適当に見て回ったら帰りますので」

船員「ここには……何もないですよ」

黒髪少女「そう、何もないと思いたい」

船員「誰も……いない」

黒髪少女「誰も居ないと思いたい」

船員「貴女は一体なにが目的でここにいるのですか」

黒髪少女「私はただ"貴女達の"物語を見ていたいだけですよ」

船員「……」

黒髪少女「そう疑いの目を向けずに……貴女はここに来るのは初めてなのですか?」

船員「当たり前です。そもそも、ここに島があること自体今はじめて知ったのですから」

黒髪少女「その手に持った地図は……」

船員「ッ!」

黒髪少女「地図を持って歩いているのなら、まぁ初めてここに来るのは事実なのでしょう」

黒髪少女「さて……そろそろ戻りましょう」

船員「戻るのならお一人でお戻りください……私はまだ……!」

黒髪少女「船長さんを置いていくのはちょっと薄情ではありませんか?ずっとその地図を船長さんに見せようとしていたのは一客の私でも分かるくらいですよ」

船員「……」

黒髪少女「それに……いえ、早く戻りましょう。船が危ないですよ」

船員「え……?」

……


ズドンッ


下っ端A「ワッツ!?」

海賊「何事だ!?」

下っ端C「ぼ、ボス!前方!!前方見てください!!」

海賊「ンな……」



海賊「なんじゃありゃあああ!!」

ゴゴゴゴゴゴ


下っ端B「……」

海賊「いや、おい……出るぞ出るぞと前フリが何回もあったから出るとは思ってたが……」

下っ端A「幽霊船……」

下っ端C「……にしては」




下っ端A「華やか」

下っ端B「ピンク色」

下っ端C「気色悪い幽霊船だことで」

下っ端D「うっす」

下っ端E「おっす」

海賊「いやいやいや色々とおかしいだろ!?どこをどう見たら幽霊船になるんだアレ!?」

小休止

イノミュ「疲れた!もう書けない!」
俺ら「そんな事より働け」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom