サトシ「俺は、闇に堕ちる」 (41)

サトシ「毎回リーグに優勝できない・・・みんなは、旅をやめて夢を叶え次の目標の為に頑張ってる・・・」

サトシ「なのに俺は、眼鏡とガキとうざい女と旅なんてしてやがる・・・」

サトシ「俺は、闇に堕ち・・・このカロスを支配する!」

ピカチュウ「ピカピ・・・」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1461441325

サトシ「シトロン!」

シトロン「なんですかサトシ?」

サトシ「俺、マサラに里帰りしてくるよ」

シトロン「里帰り!?どうしてですか?」

サトシ「オーキド博士に合わないといけない用事が出来たんだ!」

シトロン「そうですか・・・」

サトシ「セレナとユリーカには、うまく伝えてくれ!頼むぜシトロン!」

シトロン「わかりました。二人には、うまく伝えておきますから早く行った方が良いですよ」

サトシ「おう!2日後に戻ってくるからよ!」

ミアレシティ

セレナ「シトロン?そういえばサトシが居ないけど・・・」

シトロン「サトシは、マサラに里帰りに行っていますよ。」

ユリーカ「私たちには、何も言ってくれないなんて酷ーい!」

シトロン「大丈夫ですよ。2日で戻るって言ってましたから」

セレナ「サトシが戻るまでこの街で観光でもしない?」

ユリーカ「うん!デデンネ達のフーズも買いたいし!」

シトロン「ハァーサトシ・・・早く戻ってくれよ~・・・」

マサラタウン

オーキド「サトシよ戻るなら戻ると言わんかい」

サトシ「・・・オーキドもう良いよ」

オーキド「どうしたんじゃ?」

サトシ「もう演技は、良いんだよ」

オーキド「そうですか・・・ついに覚悟が出来たようですな・・・我らが王よ・・・」

サトシ「ああ・・・俺は、雷神の力を解放しに来たんだ・・・!」

オーキド「ならば雷神をこちらに」

サトシ「ピカチュウ!来い」

ピカチュウ「ピカピ?」

サトシ「もういいと言ったはずだ」

ピカチュウ「もういいんだな・・・王よ・・・」

サトシ「ああ」

オーキド「雷神どのよ。こちらの儀式の部屋でしばし待たれよ・・・」

ピカチュウ「ああ。この姿でいられるのも今日までだからな・・・ゆっくり思い出に浸ってるよ」

オーキド「儀式を始める前に、炎・水・岩の賢者を呼ばないといけませんな」

サトシ「大丈夫だ。俺の力で賢者を呼ぶことが可能だ」

オーキド「ならば早くして下され。雷神を待たせるわけには、いきません」

サトシ「ああ」

サトシ「我の前に集え三賢者たちよ!」

サトシの術が発動し、ローブを着た3人の賢者が召喚される。

炎の賢者「僕達が揃うのは、いつぶりだろう?」

岩の賢者「俺の記憶では、7年前に王女様がなくなって以来かと」

水の賢者「まさか私達が再び集うなんてね」
↓返信

サトシ「貴様らを呼んだのには、理由がある」

岩の賢者「王よ!俺たちは、貴方に魂を預けている!」

水の賢者「だから王が何をしようとしているのかなんて」

炎の賢者「わかりますよ」

サトシ「そうだったな。・・・あの忌まわしいカロスを俺と雷神フェンリルによって滅ぼすのだ!そうすればあいつも・・・」

オーキド「ならば儀式を始めるか」

炎の賢者「そうだね爺様」

水の賢者「我らが祖国のための儀式を」

岩の賢者「我らが王にして、我らが友の為に!」

サトシ「頼むぞ・・・」

炎の賢者「煉獄の叫び、カーディナルレッド!」

水の賢者「全ての魂の源、ウォーターブルー!」

岩の賢者「全ての生命を育む、ガイアブラウン!」

オーキド博士「雷撃と共に蘇れ!雷の化身フェンリル!」

3人のエネルギーが儀式の部屋のピカチュウに力を与え、その衝撃で部屋が爆発を起こす。

オーキド「儀式は、成功か!?」

サトシ「!成功だ」

儀式の部屋から雷撃と共に雷の獣が出てくる

水の賢者「フェンリル・・・久しぶりに見るわね」

炎の賢者「やっぱり美しい・・・」

フェンリル「やはりこの姿は、慣れん」

サトシ「フェンリルよ!私と再び契約する意思は、あるか!」

フェンリル「でかい声で叫ぶな!まぁ安心するがよい。私は、人間が嫌いだがお前達は、別だ。契約に何を払うのだ?」

サトシ「俺のカロスで旅をした記憶全てだ」

フェンリル「カロスへの情をなくす為にカロスの記憶を捧げるのか?」

サトシ「そうだ!カロスを滅ぼすのに情なんていらない。俺の目的は、ただ一つだけだ」

フェンリル「わかった。私の頭に手を置け」

サトシ「ああ」ペタ

フェンリル「もうよいお前のカロスの記憶は、貰った。契約完了だ」

サトシ「では、賢者達よ!我と共に戦いの舞台に行くぞ!」

賢者達「はい!」

サトシ「オーキド、我がマサラ帝国の民を頼む」

オーキド「わかりました。それとこのディスクを」

サトシ「なんだこれは?」

オーキド「使えばわかります」

サトシ「そうか。ありがとう・・・博士」

サトシ達は、量産型のピジョットに乗りカロスに向かった。

ミアレシティ

ユリーカ「もう一週間だよ!サトシが居なくなってから!」

シトロン「サトシに何かあったのでしょうか?」

ユリーカ「お兄ちゃん!サトシを探しに行こうよ!」

シトロン「ええー!カントーにですか!?」

セレナ「そうよ!行きましょう。サトシを見つけに!」

シトロン「セレナまで・・・わかりました」

空港

シトロン「空港が使えない!?」

ユリーカ「どうして!使わせてよ!」

職員「そうは言っても飛行機が全て昨日の雷で壊れたのよ」

セレナ「そんなー!サトシの命が危ないのに!」

職員「そんなこと言ってもね」

シトロン「セレナ諦めましょう」

セレナ「嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ!サトシー!」

ユリーカ「セレナ・・・」

職員「パキラさん最近テレビに出てないけどどうしたんだろう?」

フレア団アジト

炎の賢者「この程度か?フレア団は」

パキラ「私の炎が通じないなんて・・・!」

岩の賢者「貴様達の王は、我らが王が倒した」

パキラ「そんな・・・!フラダリ・・・」

水の賢者「疲れたでしょう?私が楽にしてあげる」

水の賢者「フリーザー!冷凍ビーム!」

フリーザー「コォォォォォォォォ!」

パキラ「(私は、貴方をずっと・・)」
カッチーン!

岩の賢者「俺が証拠を消してやる」

岩の賢者「やれ!イワーク」

イワーク「イワー!」バリーン!
フリーザーによって氷漬けにされたパキラは、跡形もなく砕かれてしまった。

仮面の男「終わったか?」

水の賢者「はい、終わりました。」

仮面の男「証拠は?」

岩の賢者「跡形もありません」

仮面の男「そうか。炎の賢者よこの基地を爆破しろ」

炎の賢者「はい。行けマルマイン、大爆発だ!」

マルマイン「ボワーーーーーーーーーー!!」ドカーン!

ミアレシティ

シトロン「セレナは、あの日から部屋に閉じこもってしまいました」

ユリーカ「お兄ちゃん!また街が襲われたの!」

シトロン「もしかして雷の騎士団ですか?」

ユリーカ「うん!ビアラさんのいる街が雷の騎士団にやられたの!」

シトロン「被害は?ビアラさんがいるから大丈夫だと思うんだけど」

ユリーカ「街も人も跡形もなく消えてるの」

シトロン「そんなこと出来るポケモンなんて伝説のポケモンぐらいしか思いつきません」

リモーネ「シトロン!ユリーカ!」ガチャ!

シトロン「パパ!」

ユリーカ「どうしたの?」

リモーネ「テレビで面白い番組がやってるんだ!セレナちゃんも呼んで一緒に見よう!」

シトロン「でもいつ、雷の騎士団が襲ってくるかわからないからそんな気分じゃ・・・」

リモーネ「そんな時だからこそ気分転換も必要だ!早くセレナちゃん呼んで来い!」

TVの前

セレナ「サトシ・・・」

シトロン「セレナ・・・」

ユリーカ「この番組面白い!」

TV「さぁ、お前の罪を数えろ!」

リモーネ「そうだろう。俺も気に入ってるんだ!」

TV「今さら数えられるか!」

TV「ダブルエクーーーーーー」ブチ!

シトロン「テレビが映らなくなりました」

ユリーカ「もしかして、壊れた?」

リモーネ「そんな!まだローンが100年あるのに!」

シトロン「あ!映りました!」

TV「我らは、雷の騎士団!」

リモーネ「これは!番組じゃない!」

TV「我々は、エイセツに神の鉄槌を下した!これがこの映像だ」

シトロン「そんなバカな!」

セレナ「サトシ・・・・」

ユリーカ「嘘でしょ!」

TVに流れた映像は、空から大量の量産型マルマインが降ってきてエイセツシティで大爆発をする映像だった。

サトシ「くっ……殺せ!」

黄鼠「ピンピカチュウ!!」

TV「残っている街は、アサメタウンとミアレシティだけだ!」

リモーネ「田舎のアサメタウンにあんなことをしても彼らの得には、ならない。ならば都会のミアレシティを狙うきか!」

TV「恐怖に怯え、滅びの時を待つがいい!君達に残された道は、それしかない!」

ユリーカ「そんな・・・私達死んじゃうの!?」

シトロン「大丈夫ですよ。ユリーカは、絶対に僕が守りますから」

ユリーカ「お兄ちゃん・・・ありがとう!」

セレナ「ねぇシトロン?」

シトロン「なんですかセレナ」

セレナ「あの雷の騎士団のリーダーサトシに声が似てた。もしかして!」

シトロン「ふざけるなセレナ!」

セレナ「シ、シトロン」

シトロン「あのサトシがあんな事をするわけがない!」

セレナ「そ、そうだよね。私サトシ信じるよ!」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom