【咲-saki-安価】京太郎「ポケットモンスターK!」りゅーか「その7」【R-18】 (1000)

○京太郎が主人公です。苦手な人は退避。
○荒しは無視でお願いします。
●ポケモンとクロスな為、ポケモンのキャラや原作ポケモンが出てきます。
○原作ポケモンが出ますが、捕まえられません。
●オリジナルキャラや他作品のキャラが出る事もあります(使える咲キャラ少ないので)
○スレに関する雑談は構いません。
◎Hシーンで 陵辱・ネトラレ・獣シチュ・グロ・鬼畜・外道の類は書けません。
◎たぶんR-18、念のため。
○このスレを立てる際に以下の作品を参考に致しました。
【咲-saki-】京太郎「目指せ、ポケモンマスター!」【安価】
上記のスレの設定や安価をマネ、もしくは改造しております。


以上を踏まえた点で読んでご理解した上でご参加下さい。


★目標:シナリオクリア+ポケモンリーグ制覇

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1461324371

前スレ

【咲-saki-】京太郎「ポケットモンスターK!」うた「その一」【安価】
【咲-saki-】京太郎「ポケットモンスターK!」うた「その一」【安価】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459248769/)
【咲-saki-】京太郎「ポケットモンスターK!」ひめこ「そん二」【安価】
【咲-saki-】京太郎「ポケットモンスターK!」ひめこ「そん二」【安価】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459433288/)
【咲-saki-安価】京太郎「ポケットモンスターK!」マホ「その三」【R-18】
【咲-saki-安価】京太郎「ポケットモンスターK!」マホ「その三」【R-18】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459720276/)
【咲-saki-安価】京太郎「ポケットモンスターK!」モモ「その四」【R-18】
【咲-saki-安価】京太郎「ポケットモンスターK!」モモ「その四」【R-18】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460025013/)
【咲-saki-安価】京太郎「ポケットモンスターK!」ユキ「その五」【R-18】
【咲-saki-安価】京太郎「ポケットモンスターK!」ユキ「その五」【R-18】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460291572/)
【咲-saki-安価】京太郎「ポケットモンスターK!」トキ「その六」【R-18】
【咲-saki-安価】京太郎「ポケットモンスターK!」トキ「その六」【R-18】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460641731/)




【バトルについて】

うたはどうする?

1.たたかう
├1A:ひのこ(基本・ほのお/特殊/威力・40/命中・100)コンマ判定で0~10を出せば相手を『やけど』状態にする。
├1B:おどろかす(基本・ゴースト/物理/威力・30/命中・100)コンマ判定で0~30を出せば相手をひるませる。
├1C:ちいさくなる(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)自分の回避率を2段階上げる。
└1D:ほのおのうず(基本・ほのお/特殊/威力・35/命中・85)4~5ターンの間、毎ターン終了後最大HPの1/8のダメージを与え、
    その間相手は逃げられない。

2.アイテムを使う
└2A:モンスターボール×5

―.ポケモン交換

京太郎(さて、まずは何をするか。『ちいさくなる』で有利に進めるか、『ほのおのうず』で継続ダメージを狙うか)
京太郎(いや、シンプルに行けばいいか。ひのこだな)

↓2※ひのこを指示しましょう。『ひのこ』、または、『1A』と打ち込んでください。

バトルは上のとおりに指示を出すだけ!
相手に与えるダメージなどは、計算機で出しております。
命中率が100以下の物はコンマで判定します。
ゾロ目の場合は急所でゾロ目 優先です。


【経験値について】
経験値はポケモンを倒した時に、手持ちすべてのポケモンに入ります。
野生のポケモンの場合★×1で固定です。
【モブトレーナー戦の場合】
モブトレーナー戦だと上記に加え★が追加で+1入ります。よって★×2で固定です。

【ユニーク、イベント戦】
相手のポケモンLvが自分のポケモンのLv+3未満の場合★×1で固定です
相手のポケモンLvが自分のポケモンのLv+3以上の場合固定の★×1に加え3レベル毎にボーナスとして★が+1されます。
更にトレーナー戦だと★が追加で+1入ります。

例 ユニーク、トレーナー戦で、自分のポケモン Lv12が相手のポケモン Lv22を倒した場合

相手のポケモンのLv22ー自分のポケモンLv12であり、Lv3毎に★が+1されるので10/3で3(余りは切り捨て)

倒した時固定の★×1 + レベル差分のボーナス分★×3 + トレーナー戦★×1

合計★×5となります


【エロシーンについて】
なつき度を全部上げ、キャラ毎の条件をクリアすると見られます。

(例)
うた
愛情【硬い絆で結ばれている】条件1進化 条件2衣と一線を越えている 条件3ゲンシカイキをした

1キャラにつき、エロシーンは3種類です。


【街から街への移動について】

【目的地:コシガヤタウン(到着:残り二日)】 三番道路-三十四日目-
移動する場合、三回の安価を致します。(三回安価で一日を消費)
その結果によって様々なイベントが発生します。

安価
00~30:野生のポケモンが現れた【基本簡潔に処理】
31~60:トレーナーとバトル【名のついたトレーナー以外は簡潔処理】
61~90:何もなし
91~99:アイテムを拾う【再安価】
ゾロ目:美少女ポケモンが現れた【再安価】
77・99:???

↓1~3 

上記のスタイルで安価を取り、進んで行きます。

街での違いは、夜と朝のイベントが発生しません。
なのでなつき度が上昇しにくいです。

【街での行動】
~アチガタウン~ 三十三日目 昼
【行動回数:残り二回】【藍の球を追え! 1/3】

1.町を移動する
├1A:3番道路(中央方面)
└1B:船着場(リュウモンブチシティ方面)

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:フレンドリィショップ
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
└2E:温泉(夜限定)

3.探索
├3A:人の話を聞く
├3B:散歩(誰と歩くかも)
├3C:遺跡
└3D:ポケモンジム

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├4C:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す
├5A:3番道路
└5B:海

6.誰かに連絡
├6A:耕介博士
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

上記から選んで行動をします。
行動一回につき、行動回数を1消費します。
4Cの猛特訓だけ、行動回数を3消費します。


タウンマップ:リツベ地方
三三三三三三三三三三三三三三三三│       ┌  ┐        ┌  ┐
三三三三三三三三三三三三三三三三│         Ⅹ           Ⅶ  
三三三三三三三三三三三三三三三三│       └  ┘        └  ┘

三三三三三三三三三三三三三三三三│          ┃            |
三三三三三三三三三三三三三三三三│ ┏  ┓    ┃  ┌─────┐ │    ┏  ┓
三三三三三三三三三三三三三三三三│   ⑪  ━━┻━    Ⅲ     ━~Ⅵ~  ⑨
 三三三三三三 Ⅱ 三三三三三三三│ ┗  ┛        └─────┘      ┗  ┛
 ┏  ┓    ┏  ┓三三三三三三 │                  ┃
   ①  三三 ④  三三三三三三 │                   ┃
 ┗  ┛   ┗  ┛三三三三三三 ┏  ┓              ┏  ┓  ┌  ┐    ┏  ┓
   ┃        ┃三三三三三三   ⑤    ━━━━━━━━ ⑫  ━ Ⅳ  ━━━ ⑥ Ⅷ
 ┏  ┓ Ⅰ ┏  ┓三三三三三三┗  ┛              ┗   ┛  └  ┘    ┗  ┛
   ②  ━━   ③  三三三三三三三│                 ┃
 ┗  ┛    ┗  ┛三三三三三三三三│               ┃
三三三三三三三三三三三三三三三三三│         ┏━━━━━━━┓

 三三三三三三三三三三三三三三三三│    ┏━━━     ⑦      ━━━┓
三三三三三三三三三三三三三三三三三│    ┃    ┗━━━━━━━┛      ┃
三三三三三三三三三三三三三三三三三│    ┃                     ┃

三三三三三三三三三三三三三三三三三│  ┏  ┓                    ┃
三三三三三三三三三三三三三三三三三│    ⑧                    ┌  ┐
 三三三三三三三三三三三三三三三三│   ┗  ┛                  │  │
三三三三三三三三三三三三三三三三三│    ┃                    │  │
           三三三三三三三三三三│   ☆                     │ Ⅴ│
三│─:波乗り 三三三三三三三三三三│    ┃                     │  │
━┃  :道     三三三三三三三三三 │  ┏  ┓                   │  │
~   :谷    三三三三三三三三三三       ⑩                    └─ ┘
                             ┗  ┛
                          
①:キヨスミタウン         Ⅰ:タカトオバラのもり

②:ツルガタウン           Ⅱ:ころもの屋敷
③:カゼコシタウン         Ⅲ:ウスザン

④:リュウモンブチシティ      Ⅳ:ダイサンゲンサバク
⑤:アチガタウン          
⑥:シライトダイシティ       Ⅵ:ケンタニ

⑦:センリヤマ&ヒメマツシティ  ☆:???
⑧:エイスイタウン         
⑨:ミヤモリタウン         
⑩:シンドウジタウン

⑪:リンカイシティ
⑫:コシガヤタウン

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃攻↓ / 防→ / ●弱(×2) △半(×0.5) ×無(×0)
┣━┳━┯━┯━┯━┯━┯━┳━┯━┯━┯━┯━┯━┳━┯━┯━┯━┯━┯━┳━┓
┃  ┃ ノ│炎│水│電│草│氷┃闘│毒│地│飛│超│虫┃岩│霊│竜│悪│鋼│妖┃  ┃
┣━╋━┿━┿━┿━┿━┿━╋━┿━┿━┿━┿━┿━╋━┿━┿━┿━┿━┿━╋━┫
┃ノ ┃  │  │  │  │  │  ┃  │  │  │  │  │  ┃△│×│  │  │△│  ┃ ノ┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃炎┃  │△│△│  │●│●┃  │  │  │  │  │●┃△│  │△│  │●│  ┃炎┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃水┃  │●│△│  │△│  ┃  │  │●│  │  │  ┃●│  │△│  │  │  ┃水┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃電┃  │  │●│△│△│  ┃  │  │×│●│  │  ┃  │  │△│  │  │  ┃電┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃草┃  │△│●│  │△│  ┃  │△│●│△│  │△┃●│  │△│  │△│  ┃草┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃氷┃  │△│△│  │●│△┃  │  │●│●│  │  ┃  │  │●│  │△│  ┃氷┃
┣━╋━┿━┿━┿━┿━┿━╋━┿━┿━┿━┿━┿━╋━┿━┿━┿━┿━┿━╋━┫
┃闘┃●│  │  │  │  │●┃  │△│  │△│△│△┃●│×│  │●│●│△┃闘┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃毒┃  │  │  │  │●│  ┃  │△│△│  │  │  ┃△│△│  │  │×│●┃毒┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃地┃  │●│  │●│△│  ┃  │●│  │×│  │△┃●│  │  │  │●│  ┃地┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃飛┃  │  │  │△│●│  ┃●│  │  │  │  │●┃△│  │  │  │△│  ┃飛┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃超┃  │  │  │  │  │  ┃●│●│  │  │△│  ┃  │  │  │×│△│  ┃超┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃虫┃  │△│  │  │●│  ┃△│△│  │△│●│  ┃  │△│  │●│△│△┃虫┃
┣━╋━┿━┿━┿━┿━┿━╋━┿━┿━┿━┿━┿━╋━┿━┿━┿━┿━┿━╋━┫
┃岩┃  │●│  │  │  │●┃△│  │△│●│  │●┃  │  │  │  │△│  ┃岩┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃霊┃×│  │  │  │  │  ┃  │  │  │  │●│  ┃  │●│  │△│  │  ┃霊┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃竜┃  │  │  │  │  │  ┃  │  │  │  │  │  ┃  │  │●│  │△│×┃竜┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃悪┃  │  │  │  │  │  ┃△│  │  │  │●│  ┃  │●│  │△│  │△┃悪┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃鋼┃  │△│△│△│  │●┃  │  │  │  │  │  ┃●│  │  │  │△│●┃鋼┃
┠―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂―┼―┼―┼―┼―┼―╂─┨
┃妖┃  │△│  │  │  │  ┃●│△│  │  │  │  ┃  │  │●│●│△│  ┃妖┃
┣━╋━┿━┿━┿━┿━┿━╋━┿━┿━┿━┿━┿━╋━┿━┿━┿━┿━┿━╋━┫
┃  ┃ ノ│炎│水│電│草│氷┃闘│毒│地│飛│超│虫┃岩│霊│竜│悪│鋼│妖┃  ┃
┗━┻━┷━┷━┷━┷━┷━┻━┷━┷━┷━┷━┷━┻━┷━┷━┷━┷━┷━┻━┛

バトルもあるのでしっかりと見ておこう!

立て乙です。

ひとつ思ったんだが、ポフィン作りや特訓系などの一部の安価はコンマ判定も一緒にやっちゃえばレスの節約になるんじゃないかな?

【現在の状況】 五十八日

              _  , --、__        ┏─知り合い──────────―――――┓
             /.:.:.::.<´/三萬三\、     │リーフ★   阿部★ ギンコ★ レッド★    │
              //.:.:.:.:.::.:.:.:,ニ(__)ニ.|     |耕介博士&慕                    |
           l  l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\___/|     |原村 和                       |
           |  |.:.:.::.:.:_,.  -―…‥‐- 、     │高久田 誠                      │
           |_レ<_______ \   ┗────────────────────┛
      ___, -‐:│ /ヘ ゙、,|≡≡ Y ≡NV ___ \  ┏─現在の所持金───┓┏─現在位置───―――――┓

     /:::::::::::::::::и{        丶  | ハ|   ̄   |             31000円||センリヤマ&ヒメマツシティ   |
    // ̄ ̄\::::::::::゙、ィ-ャ  r ----┐ ,ノ        ┗──────────┛┗─────────────┛
   //|::::::/::::::::::||::::::::::/\\_`ー-‐',...イ
  |/:::|::::/::::::::/::|| /「:ト、:::》   T ≫:::::::|       ┏所持品────────┓┏大切な物───────┓
  /:::::::::::::::::::::::::/ ゙̄、::| `ー-,ァ ケ/「|`ーi、       │ハイパーボール ×6   ││わざマシンケース      │
 |:::::::::::::::::::::::::/     |;;|  o〈 // |;;|. / |       │きずぐすり     ×4  ││櫛               │
./:::::/ー-、:::/:::|    ||;;|   V   |;;|.  |       │どくけし       ×5  ││バッジケース        │
|::::/::o:::/ヘ|::::::|    /:/   o   |::|  |       │まひなおし     ×4  ││きのみケース         │
|=|===彳 ||::::/    /:/       レ   |       │ねむけざまし    ×4  ││自転車            │
|:::|::::::::::|:::イ、/    |´    o   ,イ   |       │スーパーボール  ×4  ││何かの招待状        │
|::::::::::::::::::::::/    /_      | |   |       │凄いポフィン    ×2  ││ブリーダーの心得      │
!:::::::::::::::::::::|    /―┤  o ┌┤|   |      . │ゴージャスボール ×1  │┗───────────┛
`ー-、::::::::::|    /       /|   | |   |       │かいふくのくすり ×5   │
     ̄ ̄|o   |     / |     | |   |  .   . │げんきのかけら  ×3   │
                              │なんでもなおし  ×9   │

                              │エドペン人形   ×1   │┏───────────── ┓
                              │おいしいみず   ×1   ││成功判定確定券 ×1 .     │
                              │サイコソーダー  ×1   ││美少女用コンマズラシ券 ×1 │
                              │ミックスオレ    ×1   │┗─────────────┛
                              ┗───────────┛

┏手持ちのポケモン【Lv上限30】───────────────────────────────────────┓
│1・うた ニックネーム:うたちゃん 呼び方:京太郎 ゴースト/ほのお 持ち物:こうかくレンズ                   │
│Lv30★★★★★ HP:79 攻:32 防:47 特攻:53 特防:47 素早:26       .                         │
│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1進化 条件2衣と一線を越えている 条件3ゲンシカイキをした               │
│                                                                           │
│2・ひめこ ニックネーム:ひめちゃん 呼び方:きょーたろー でんき/― 持ち物:ふうせん                     │
│Lv30★★★★★ HP:85 攻:48 防:34 特攻:65 特防:59 素早:71                                │
│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1進化 条件2シンドウジタウンへ行く 条件3首輪を買う                    │
│                                                                           │
│3・まいる ニックネーム:まいちゃん 呼び方:主人さま(マスター) はがね/―                            │
│Lv30★★★★★ HP:85 攻:38 防:44 特攻:59 特防:65 素早:71                                 │
│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1進化 条件2シロイトダイシティホテルに泊まる 条件3首輪を買う              │

│                                                                            │
│4・まほ ニックネーム:マホ 呼び方:ごしゅじんさま あく/―                                        │
│Lv30★★★★★ HP:85 攻:77 防:50 特攻:86 特防:45 素早:84                                │

│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1達成 条件2スタイルチェンジをした 条件3ジム戦を2回体験                  │
│                                                                            │
│5・もも ニックネーム:モモ 呼び方:パパ ゴースト/どく                                           │
│Lv30★★☆☆☆ HP:85 攻:58 防:45 特攻:92 特防:59 素早:80                                 │

│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1改名した 条件2ゆみと一線越えている 条件3メガ進化する                 │

│                                                  .                          │
│6・ゆきこ ニックネーム:ユキ 呼び方:お兄さん ノーマル/― 持ち物:シルクのスカーフ                        │
│Lv30★★★★★ HP:88 攻:53 防:64 特攻:46 特防:78 素早:77                                 │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆(最大20/現在19)6/10                             │
│                                                                            │
│7・とき ニックネーム:トキ 呼び方:京ちゃん エスパー/フェアリー 持ち物:サーナイトナイト                    │
│Lv30★★★★★ HP:90 攻:47 防:58 特攻:89 特防:83 素早:62                                 │
│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1 達成! 条件2 竜華と一線を越えている 条件3 メガ進化する            │

│                                                                           │

│                                                                           │
│8・りゅーか ニックネーム:りゅーか 呼び方:京ちゃん ドラゴン/―                                  │

│Lv29★★☆☆☆ HP:74 攻:42 防:37 特攻:45 特防:57 素早:33                                  │
│なつき度★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆(最大20/現在11)0/10                             │
│                                                                            │
│9・洋榎 ニックネーム:ヒロ 呼び方:ガ~ス~ どく/― 持ち物:きあいのたすき                           │
│Lv30★★★★★ HP:93 攻:74 防:50 特攻:66 特防:50 素早:58                                  │
│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1達成 条件2絹と一線越えている 条件3セーラとの勝負に勝つ                 │
│                                                                            │
│10・ネリー ニックネーム:ネリー 呼び方:パピー フェアリー/ひこう 持ち物:こだわりスカーフ                   │
│Lv30★★★★★ HP:100 攻:44 防:71 特攻:86 特防:91 素早:55                                  │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆(最大20/現在18)7/10                             │

│                                                                           │
│11・なるか ニックネーム:なるかさん 呼び方:京太郎君 くさ/こおり                                 │
│Lv30★★★★★ HP:85 攻:51 防:44 特攻:51 特防:50 素早:38                                │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆(最大20/現在16)9/10                             │
│                                                                           │
│12・みほこ ニックネーム:美穂子 呼び方:京太郎さん みず/― 持ち物:たべのこし                       │
│Lv30★★★★★ HP:61 攻:23 防:23 特攻:22 特防:47 素早:62                                │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆(最大20/現在16)9/10                             │
│                                                                           │
│13・豊音 ニックネーム:豊音さん 呼び方:京太郎君 あく/―                                      │
│Lv40 HP:118 攻:97 防:80 特攻:125 特防:89 素早:117                                      │
│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1豊音を使えるようになる 条件2幻・伝説ポケモンのゲット 条件3ミヤモリタウンを訪れる│
┗────────────────────────────────────────────────────┛

建て乙 

なつき度が1.5倍ってのは捕獲した時のことなのかな?

>>9
それがいいですね。
今後、そうします。

前スレ >>1000 了解。

↓2 コンマの十の位+一の位の 福引券を入手。

うたちゃんの初期なつき度超えてると今までなにしてたんだって気になるけど

>>16
会話 とか 散歩とか そっちで適用されます。
……多分してると思うな! たまに忘れてますので

会話:+3 ⇒ +5
散歩:+5 ⇒ +8
髪を梳かす:+9 ⇒ +13

後は……何かあったっけかな。


>>18
今まで兄妹感覚で育つ⇒旅に出て開放的になり ⇒愛情とかかね

10+4=14枚 福引券獲得っすね!

           ,∠、  /            ヽ
            /   |: :/                  \へ
     / ̄¨ヽイ     |:/ / / /||:! ! | !         .|
     !:   〈〈:     /:{: ': ,': ':::|::|: l::l: l::l  ,ィ: ! l    ,!
     ∨   ノ¨ト==イ: :! l斗十ナナノ.:|: /::l. /十ト、l:     i〉
      ¨フ´/ !: : : :! 、トト、!ィチ^:丁:::}/ :::}'::::::!ノ :: !: l   リ
.     /: 〃 |: : : :|ミソ :::〈 l{::::::::| :::::::::::::::rf示、 ノ ノ/ /
     レイ ト、_|: : : :l ヽ  弋:zソ       !::::}l }イノイヽ
     |.: : :|: : : : .: |     ::::::::      ,  辷リ !:. :. :.:ト、 \
     |.: : :|: : : : .: ト、            :::::: |: : : : | ⌒
     / : : :|: : .: .:  lミ、Y       ‐ -    ノ: : :. :.|
.    /, : : : |: : .: .:  l   !  ヽ           イ|: : !:.|
   //   : :|: : : :  :ハ  |   `  . _ x<: : |: :!: : :|:. :!
.  //  . :/!: : : :   ∧. !       |  |: : : :.|: :!: :. :.、|
  //   . ::/∧: : .:   ∧`ヽ.      l ヽl、:: : |: :l : : : : ト
. //  . ::/厶 ヘ.:     ∧  \   `ヽ.  ヽl : l : : : : | ヽ
//   , <   \      \  \    ∨  `|: :. :. :.|   \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

和「………」

京太郎「何してんの? 和」


ポケモンセンターへと戻ってくると、ふれあいルームで呆然としている和に出会った。


和「父が……はぁ……」

京太郎「うん?」


何やら和の目の前には大きな荷物が置いてあった。


京太郎「何この荷物」

和「……旅に出てる私へとのことらしいです」

京太郎「へー……ありがたいな」

和「こんな荷物を背負っていけと?」

京太郎「あー……」

和「と、取りあえず……部屋に運びます」

京太郎「手伝うわ」

和「ありがとうございます!」


~少年手伝い中~


和「ふぅ……まったく」

京太郎「こりゃ大変だな」

和「本当ですよ。あっ……これ要ります?」

京太郎「おおぅ……大量の福引券か」

和「ささやかなお礼と言う事で」

京太郎「ありがたく貰うわ」


和から福引券×14枚を貰った!

                    /\-――‐- 、
              , --=7   丶      `ヽ
         /,             ヽ  ヽ
        ∠/       /      、 、  丶  i
        /       i     ! l.  l i.  i |
       /  ,/  ! !  l||   ! |、 ll !  |  ヽ、
      /_ -7 , | l ト、| |ヽ!  N , 斗 r  ,'_  ト--`
     ̄  //!  ! Nヽ!\|,//l/ l/! N ,ハ !|
       ´ / ,i丶 {=== l/ == =l/ ' ノ リ

        // l i `i           _/,、/

        ´   {ハ!ヽ{    ′    u /!}/ ′
              丶  ー ―‐ '  / |′
               \    /  |

                __ i ー '     ! __
          , ィ'´:.:/-‐ ´}     /  `Y´:.:.\
      , -‐'' ´:.:./:.:.:./― - 、   ,/__ /:.:.:.:.:.:/`丶、
      ハ:.:.:.i:.,:.:,′:.:i     `    ̄    /:.:.:.:.:../:.:.:.:.:.:.:.丶、
    /:.:.:.i:.:.:|,':.:i:.:.:.:.:!   ヽ  /   /:.:.:.:.:.:/:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:,.ヽ

     !:.:.:.:.ヽ:.{:.:.l:.:.:.:.:l.     i     /:.:.:.:.:.:/:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【個室】

京太郎「なるかさんの顔をまともに見れない」

<おい! なるか!
<はいはい、お父さんなんですか

京太郎「………」

1:ポケモンと触れ合う(誰と触れ合うかも記載して下さい)
2:寝る
3:ふれあいルーム 1:誠 2:和 3:少女
4:安価(具体的な内容も)

↓2 ※安価を取る場合は具体的な内容も書いてください。
    ポケモンと触れ合う際は、触れ合うポケモンの名前もお願いします。

           「 ̄`ヽ-―‐---、__

           {:.. ,..-f( ))-、       ̄}
              广}___クーく.___{ ̄`ヽ ..:::/
          / ,..-‐r:r―┬r::r--、  }!V、_
          /7'..:::i::|^!...:::i:| |:ヒjハi::ヽ|! ヾヽ
           {ハ:::::::f':n:i、:::::{"{::n:ヾi:::.:|!  }!'^゙
           |丶弋ツ `゙ 弋;ツ}::::.|!  }!
            |:::|:i| "  '_   " .!::::.{! o|!、
             |、::|ハ:.,、  、ノ ,..ィ:ノ::リ;》=《i ゙、
         /.:ヽハ!:r‐` T"´  !イ':":.:.:.:.:\i!
       r:<>、.:.:.:.:.:.ト--、   ,..-/:.:.:,:イス) >_>、
      ζ√ーァ\:.:.:.ヽ     /:fィ_トrJ しイ.,>イ
        ∀  ! `Zf┬‐-≧ーイ:.:r'´       |_)i::}
      / .,.:彡ミy' /_,.-< ̄`ヽ::::..       !::、:::i!
      <  ̄  ノ''"   ...::::..... ::::::::.   ,.ィ:::::i!:::|
     ,.へ  / ........:::::::::::: ::::.   ::: ,:<_,.ノ::::::|:i::|
     `>'"           ::::: :::..:/  \:::::|::i:|
     ∠.._________;:.-'"´  __,.イ:::::|::::i!
       /  `ー┬‐;--------―irイヽ、|::::!:::i:|
       / 「 ̄ `ニY⌒r―''" ̄ ̄i .i! | i ヽ!::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ネリーをお風呂に入れる】

ネリー「今日頑張ったのに!」

京太郎「頑張ったご褒美に頭と体を洗ってやる」

ネリー「しくった!」


ネリーを抱きかかえ、お風呂へと向かう。

今日は、バトルして一層汚れてるのにも関わらず、ネリーが逃げる為だ。


京太郎「お風呂気持ちいいだろ」

ネリー「熱すぎ! あんなの、のぼせちゃうよ!」


個室へと戻ると、そのままネリーの服を脱がせながら会話を続ける。


京太郎「なら、温くするから」

ネリー「それはそれで入った気がしない」

京太郎(こいつは……)

京太郎「ほれ、入れ」

ネリー「ぬわー!」

そんな事をいうネリーをそのまま、風呂場へと突っ込ませた。

              / ..:://./ /     \∠ -、  _      ヽ:::|l:::::|
             /...:::/ /..::/ / -->n ヽ,゙l‐、   /  ,     l:::|l:::::|
          /,、-''´ / ..:::/ /  / /;J'::\_)::/  ....   i |     /:::|:! :::|
          //   / ..:;ノ  /   || |        ::゚:;'  l |    /i :::|::l :::|
       / /   / ..::/// /     |゙Y''''─‐'  ,,    ノ|/   ./::i! ::|:::! ::|
      //     / ..:::/ //..::i゙    .! l'´       -   /   /:::::|l ::|/| :::!
     〃    / ..:::/ // ...::|    | !           //   /:::::::|| :|:! | ::|
    /      / ...::/ // ..:::::|    j/j              /:/   / ::::::| ! :|! l:::|
   /      / ..:::/ .// ..:::::/|    //          /:/   i゙ :::::::| | .l! .!::|
  ,i゙     / .:::/ // ..:::::/ l   //          〈::i゙   i゙ .:::::::| .! i|  .!::!
  l     / .::/  // .:::::/!  `'''"::」    ノ       |::|   | :::::::j |.:|  l::|
 .!     ,i゙ ..::/  ,i゙/.::::::/.!  ::::::::/            ヘ|   | ::::::i′l:j   ゙i:!
 l|      l .:::/  l/.::::::/ |  ::::::/             ヘ   | ..:::::i′ lj     l|
 !|    |..::/   l..::::::/  |  ::::::/ ヽ             `i  | .:::::i′ i!    i!
  .!    |.::i′  .!.:::::/  |  ::::::|  ゙i         レ'     l, |:::::::/   j       |
      |::l′   |:::::/   |  :::::|   ゙、       /        V::::::/  j      |
      |::!   |::::i′  |  :::::|     ヽ      /        ゙i::::/  /      .!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ネリー「あ~あ~……」

京太郎「変な声を出すなよ」

ネリー「あ~あ~……」

京太郎「そんなに面倒なら髪を切るか?」

ネリー「う~ん……それはそれで嫌」

京太郎「まったく……ほれ、足出せ、足」

ネリー「??? なんで足?」


そう言いつつも、ネリーは大人しく、此方へと足を差し出してくる。

その足を丁寧に洗っていく。


ネリー「……なんだろう。偉くなった気分!」

京太郎「そりゃ良かった……次は左足な」

ネリー「よきにはからえ~」

京太郎「ははー」


その後も、ネリーの体と髪を洗い、お風呂を共にした。

ネリーの なつき度+★1
なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆(最大20/現在18)7/10

なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆(最大20/現在19)7/10

│  .ヽ   .ヽ .l                     |   ./            从   リ       .|./
 !   .\、  ヽ.!                     |  /          /  l
 .!  {ヽ,\   ヽ                       ,! ./             !   l
∨    l  `'Λ                         | l         │  │         i′
    .l   ゙'レ    |.l                 リ l             lr'゙、Х.!        .il|
     !    `    从                 l,!            〈`.|リ       /!  ./ |
    .!         l l                  リ             /\.     l |しイ {
     l,   |.l     .! .l                            //.:::.:.::〉     .!   /
     .\ ゙l l   .、│ . l                         〉へ::.:/ヌ/〉    l  /
      `''″゙ヽ  廴)  .ヽ                       /'个y´ ̄Lム、  . │ /
              l  ! ノ⌒i 廴                ノ|       |:.'.;| [] . :::.ヒ!  .│ {
           l  ...l .!. ._.、 そ               l゙ .l゙      |;'.:.| . : : : :ロ.::|.   ノ イ il゙        ノ/
              !  ヽ|../:/\..ヽ           ! .,!       |.:::;|.: :.: :.:.::.:.::.:|. ./  し' {        ,ノ./
              ┌个┐| | .:_|___.    .i   | .l,〃     |_.' |.::.:..:.[]::.:.::.:|  `Y    l      /./
              | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─┬i.  /  て.ト、  ...//| |.: :.: :.:.:.:.:..::|   }   .|     ノ ./
\             | └┴┬i::::|==========|: : ://__....  .l. ノ (.rr┴' | |.:.::.[]:.:: : : :|./  /    .ヽ,   ./ ./
:::...>、        .|[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、.、   ,    `Y   |.]:]:: : | | :.:: ::..::.::.:::.|. ┌::、  ...../〉../  {  /
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. ,ノ) : :〉〉   .!.|   人.:: : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、.廴ィ
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉.,./〉::::::;;:.`Y´(: : :〈 '    ..,/    く、::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─.   {
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'/ヽ、 ∥::..|  ) 、..〉.  /       }.:./rへ/レ.丿).:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘ 、.トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,.__,ノ ) ' / (_,ノ)  (::::::::::::::::::::::  \ノ!.__./ (.L:冂_|.ノ!.  .::::::ir==| |.::,ノ)[]:}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\> (.  (_,/     (__)    ::::::::::::::::::::::ゝ/  ,).|_...| \.==l|_..`Y´(.─|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ルヘ:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


京太郎「………」


目の前では、バチバチと音を立て、家やビルが燃えている。

そんな絶望的な中、逃げ惑う人々が押し合いへし合い、誰かを踏み越えていく。

中には、もはや助からないと思われる人を抱きかかえ、嘆く人も居た。


「      」

京太郎「……――」


京太郎もまた、その一人だ。

物言わぬ自分の大事な人を抱えている。

既に顔も体も焼けただれ、見るも無残な姿を晒していた。


京太郎「―――」

「        」


諦めきれず、何度も声を掛けるも反応はない。

既に亡くなっている死体なのだから、しょうがないことだ。

それでも……それでも――

    /:i:i:i:i:i:/:i:/:i:i:/:i:i:i:i:i/:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
.   /:i:i:i:i:i:/:i:/:i:i:/:i:/:i:i:/:i:i:i イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ
  /:i:i:i:i:i:/:i:/:i:i:/:i:/:i:i:/:i:i:i/ .|:i:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧

. /:i:i:i:i:i:イ:i:|!:i:i/:i:/:i:i:イ:i:i:i厶 .!:i:i:i:i:i:i|ヾ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧
 ’:i:i:i:i:i:i:|:i:i|!:i:i:i:i:i:i:i/ |:i:/ | |:i:i:i:i:i:i:l ∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧

│:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:′ V{  ! !:i:i:i:i:i:∧ ∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.
¦:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:i:/  ___ヾ_ --∨:i:i:i:i:i∧ Vハ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
!:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:iイ 斧ィ ⌒ \ ヽ:i:i:i:i:i:∧ }i:厶:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|

ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i| 《  i o } ヽ \:i:i:i:i∧ ⌒ト i:i:i:i:i:i:i:i:i|
:i:i:i:i:i:i: =ミ|:i:i:i イ:i{ ∧ 乂__ノ      ト:i:i:i:i∧o |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
:i:i:i:i:i:i:{  |:i:i:i: |ハ            |:i:{ヽ:i:∧.ィ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|
:i:i:i:i:i:八 /:i:i:i:¦ \""          'ヾト \:i:i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:/∧                  \:i:i:i:i:i:i:i:i:∧
:i:i:i:i:i:i/:i:i:i://:i:iヽ        ___    //}:i:i:i:i:i:i:i|i:∧
:i:i:i:i:i/:i:i:i://:i:i:i:i:i:i\     (     ノ    //人:i:i:i:i:i:i|:i:i:∧
:i:i:i:/:i:i:i://:i:i:i:i:i:i:i:i:|  、            厶イ:i:i:i:i:i:i:i:i:ト:i:i:i∧
:i:i/:i:i:i://:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|   〕ト    . <:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| ヾi:i:i:\

:i/:i:i:i://:i:i:i:i:i:i:ir ‐┴-ミ   `T:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|   \:i:i:\
:':i:i:i://:i:i:i:i:i:i:i:i|: : : : : : : : 〕iトイ: :\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|    ヾ:i:i:i:\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
豊音「おはよー! 京太郎君!」

京太郎「……おはよう、豊音さん」


夢はそこで途切れる。

ぼーとする頭を抱え、のっそりと起き上がり、自分の隣に居る人へと笑顔で挨拶を交わす。

そうすれば、豊音も綺麗な笑顔を此方に見せてくれた。

これが、これが京太郎の日常……悪夢から始まる朝だ。



           ,.-───- .,

         ,.': : : : : : : : : : : : : : \
         / : :/: :/ : :/:.,: : : : : : \
      /: : :./: : /: : :.〃: :〃,: : : ハ: : : ヘ,

       /: : :./: : /: : :.//: :/// } : :| | : :| :リ,
      ,' : : / : : ′! /イ: :/// /: :/l } : :| : :}
.      ′ イ: :ノ : :八匕丁「「`7/,イノノミ, l: :リ
     |: : :.|: :| : : ! f,≫rテミァ "  ,ムZ; :イイ
     |: : :.|: :l : : |:.:「 ._{トtリ   イrリj},イ| |
     |: : :.|: :l : : |:.:|: xx       `¨,仆 | |
     |: : :.|: :l : : | :j!    、 _. '   /:||: :| |
     |: : :.|:._レヘ |: :|\      , イ | ||: :| |
.    八: : :「   リ: :|: え,ー≦升| :| ||: :| |
    / \乂  从リ\_〕 `寸リ リ:.リ: リノ
   / ,r=======ヘ V/》,  》∨ /: 〃
.  /,イ       / ̄ ̄>z_》r彳 ∨彡゙
 //小、   /  / ̄     ̄¨ '' ゙…‐-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

美穂子「スープ置いておきますね」

京太郎「ありがとう(暖かい……ほっとするな)」

~センリヤマ&ヒメマツシティ~ 五十九日目 朝
【行動回数:残り三回】
【イベント情報】
【藍の球を追え! 1/3】【星に願いを:目指せ!ウスザンの山頂! 3/5】
【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 1/5】

依頼:

1.町を移動する
├1A:4番道路(コシガヤ方面)
├1B:6番道路(エイスイ方面)
└1C:ポケモンリーグ

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:ショッピングセンター
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
├:ポケモンジム
└2F:大会会場


3.探索
├3A:人の話を聞く
└3B:散歩(誰と歩くかも)

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├4C:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す【制限解除:残り二人】
└5A:4番道路


6.誰かに連絡
├6A:耕介博士
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

              /  /

                 |  γ´ ̄ ̄¨`ヽ、   !,,
             / ',  !  , __   ',  / |
           /i,,. | ,.\ /'`´∠__   ヽ/ /          さあ! 抽選券を持つ者よ!
             | i/ | <       _ゝ <  / /
           ! \r‐‐ヽ.i .,∠tァリ  ', ___r ´ `ヽ         この「1Fの間」にて、英雄の資質があるかどうか
              ヽ___',`::::: |  ` ̄  ¦ ノ   /-i i`ヽ 、
  _γヽ i¨`!   .__ | ヽ. ̄ !、__,   i´   /::::::::| |:::::::::::i    確かめればいいのです!
. // |  | |  |‐┐|γヽ) ヘ <. _ ノ   /l`l   `ヽ、|_|:::::::::::|
/ ! |  ヽ_|  ト、| |::i .ム   \ ¨ ,// ./|  |i   ',:::::__::::::::|
\`__`   `   `ー′ /   冂 ̄|  i`i´ /  |! , r.....´::::i:::::::|
    \       / 〃. くi i‐-'-‐i .i |.  |i |::┌─┐|:::::::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【抽選会場】

京太郎「あの……14回お願いします」

ネリー「しまっす!」

「おぉ……此方が賞品となっております」


賞品━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃99・77 :マスターボール
┃ゾロ目:シロイトダイシティ 豪華宿泊券 
┃89~98 :ひでんマシン フラッシュ
┃50~88 :コイン500枚
┃00~49 :ギンガ印ティッシュ

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


京太郎「やるぞー!!」

ネリー「おー!」


↓1~14 ネリーのきょううん コンマ±01 連続取りアリ

              /  /

                 |  γ´ ̄ ̄¨`ヽ、   !,,
             / ',  !  , __   ',  / |
           /i,,. | ,.\ /'`´∠__   ヽ/ /          さあ! 抽選券を持つ者よ!
             | i/ | <       _ゝ <  / /
           ! \r‐‐ヽ.i .,∠tァリ  ', ___r ´ `ヽ         この「1Fの間」にて、英雄の資質があるかどうか
              ヽ___',`::::: |  ` ̄  ¦ ノ   /-i i`ヽ 、
  _γヽ i¨`!   .__ | ヽ. ̄ !、__,   i´   /::::::::| |:::::::::::i    確かめればいいのです!
. // |  | |  |‐┐|γヽ) ヘ <. _ ノ   /l`l   `ヽ、|_|:::::::::::|
/ ! |  ヽ_|  ト、| |::i .ム   \ ¨ ,// ./|  |i   ',:::::__::::::::|
\`__`   `   `ー′ /   冂 ̄|  i`i´ /  |! , r.....´::::i:::::::|
    \       / 〃. くi i‐-'-‐i .i |.  |i |::┌─┐|:::::::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【抽選会場】

「なんと、宿泊券を2枚も!!」

京太郎(マスターボールぇ)

ネリー(コイン……何処で使えと)

「忘れておりました! コインは残念ながら使えなくなりましたので、その分の商品券をお渡しします!」

京太郎「ありがとうございます」

「何処のショップでも使えるので大変便利ですよ」

ネリー(換金は……無理か)


結果
シライトダイシティ 帝国ホテル 宿泊券 ×2
商品券 6万円分
ティッシュ ×6

                       ___
                     .::::::::::::::::::::::::::..
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::U::::::,
                    |:::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
                     ヽト、トハ:::!:::::!::u:::::::::::::::::::::,
                     l  |!|:::::|::::::::::::::::::::::::::|
                      /  |!.|:::::|:::::::|::::::::::::|::::|
                   ヽVヽ |:::::|:::::::|::::::::::::|::::|
                        \}.|::ィ|:::::::|::::|:::|::|::::|
        __           、-、、-イ  ̄ .|:::::::|::::|:::|::ト、:!
        、ゝヽヽ       ヽУ 、    ヽト、!ヽl/l/ ヽ
        }ィ77}_       .ソ  ',           :.
        〈.|/イ  \   /    ',              :.
         \     `77´  _ - 〉            ' ,
          \      ̄   /\            ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

モモ「次が……次があるっすから!」

京太郎「あぁ……うん、ありがとう」

モモ「落ち込まれると困るっす!」

~センリヤマ&ヒメマツシティ~ 五十九日目 昼
【行動回数:残り二回】
【イベント情報】
【藍の球を追え! 1/3】【星に願いを:目指せ!ウスザンの山頂! 3/5】
【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 1/5】

依頼:

1.町を移動する
├1A:4番道路(コシガヤ方面)
├1B:6番道路(エイスイ方面)
└1C:ポケモンリーグ

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:ショッピングセンター
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
├:ポケモンジム
└2F:大会会場


3.探索
├3A:人の話を聞く
└3B:散歩(誰と歩くかも)

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す【制限解除:残り二人】
└5A:4番道路


6.誰かに連絡
├6A:耕介博士
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

     _ / ,  / //|     , | ,:  |  V  :.
     ` ̄ /  ' | |∧ |  / },l --|   |   |
       /,イ  { |-- 从 / /,ィrtォ、 , |   |
       /  ∧ |,ィtォ、∨ '  Vり {,イ /-、  }
      / イ{从{ Vり }/       |イ l) } 从
      ̄    Vr:l    '           //
          l叭    _      r ' /

             、  `ー`    イ  {
             \      /  |∧」
                ` r‐ ´「 ̄ ̄ ̄}
              「 } |    |///// ∧
               |/|_,ノ   /////////≧=-
           _//∧   「/////////////////≧=- 、
       -=≦/////〈 ∧_///////////////////////∧

     /////////////V∧/////////////////////////∧

      ///////////////\{///////////////////////// ∧
     ,'/////////////////|o//////////////////////////{
     {/////////////////{/////////////////|//////////|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ポケモンを探す】

京太郎「新しいポケモンを見つけよう」

りゅーか(また新しい子増えるんか)

京太郎「出来れば普通のポケモンがほしいな」

トキ(無理やろなー……)

ネリー「流石にネリーの力でも無理かな」


↓1~5 ゾロ目:美少女ポケモン 美少女専用コンマずらし券×1 (±01できる)

>>82
【コンマ結果:76 コンマずらし券を使えば 77になります】

ゾロ目:美少女ポケモン
77・99:???

1:使用する
2:使用しない

↓2


【あやしいホテルのかんげい】

【???爆誕】


今現在選べるのは↑の三つです。

↓ 1~5で一番多い選択肢

       ・     .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;., ;,::;
   ;:;;: , .,.,                 .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *:,; ;.,;,::;;。,... .. ;:
;:;;: , .,., .,. ;:;:   :. :.  .: :  -‐-  :. .:.::. .:.: :. .:.:  ,.:;,;,:,★:,; ;.,;,:: .,...
    ;:;;: , .,., *., . : ,r'´.     `ヽ: .. : :. .:.::. .:. . . ;:;: ,.:  ;,;
        +  .: ..: :' ..:.      ゙; ::: :. :. .:.:. .::;:;;: , .,., .,. ;: ;  ,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
          : :. ::..       .: :. .:.::.  :. . :. ;:;;: , .,., .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *
;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :...  :. :. . :.::,; +;.,;,:: .,... .. ;:

    ;:;;: , .,., *.,::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... .   .:::    . ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;* ,::;;,... .. ;:
           :: . ::. ::::.   ::..   ::..   ;:;;: , .,., .,. ;:;:
  ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;+  ,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
        ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:   ,.,.,
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「捕まんない!!」

トキ「諦めた方がええよ……京ちゃんは、美少女ポケモン専用なんよ」

京太郎「まっ……まだまだ!!」

トキ「はふぅ……頑張るのはいいけどな~……もう皆寝とるし、手伝えんよ?」

京太郎「うっ……」


トキの欠伸交じりの言葉に動きを止める。

既に深夜0時を越え、ボール内で皆就寝中だ。


京太郎「……はぁ、くそ。ダメか……ありがと……ボールの中で寝ててくれ」

トキ「あいあい、りゅーか、戻るよ」

りゅーか「あーい……ZZZzz……」


寝ぼけ眼のりゅーかと共にトキがボールへと戻った。

それを少しばかり見つめた後、ため息をついてその場を後にした。

:::::::. :. .: : ._ ..:. .:.: ...::::::: ::::::::::::::::::::::,/ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄≧';;'゙;;:';;;'';;ソ;';';;;';';';;;' 〃;;;';;';;;

:::::::....:,r '´..  `ヽ: .. ...:...:.::::.:.:::::::.:.::::/ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄,xzミ';;;';';;;';'彳;;';';;;' 彡;';;;';;';';;'ゞ;;;'
:::: :.: :' :.:.     ゙; :..:: :.:.:.:: :::::::::::::/ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄,xテ';;;';';;;';';;;';';;;';'/{;;;';';;;';';;;ノノ;;;';
::::.:.:.: '., :::.. .. ,.'.: :...:.::: ::::.:.::: :::/ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「'⌒X';;;'ソ=ニ二ヾ;';';;;;';'ミ';';;;';

:::......:..: ` ー- ‐'": :.. :.:... ...:..::::::::/ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`| ̄冫シ;';;;';';;;';';;'爻;';;;';'彡;;;;;';;';
::::::::::::. .:.: . : .  .:.: ..:...::::::::.::/──/──────|─,x'ミ;;;';';;;';;;ノ;';';;;;';;;;'ヽ\';';;
:: ::::::: ::::: :.::::........:::::::.....::::...::::/    /          |    |x㍉;';';';;;';';'〃;'';';';;'\ ̄
──────────/ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄| ""`ー '⌒ー- 、;;'ヽ
7777777777777777777/    /            |    |  |「「「「「「「「「「「「ヾ;;ハ
7777777777777/ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|ΓΓΓΓΓΓ,,-';;'

                /    /             |    |  |:.:.    __x彡;;'ヾ;
7 / ̄/ ̄/7     / ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|:.:.    |   | ㍉;;';;;
 /_/_//     /    /                |    |  |:.:.    |   |  '⌒
   ̄ ̄ ̄´     / ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|:.:.   二二二二
/ ̄/ ̄/7     /   , -────────-、  |    |  |:.:.   |   |   |
_/_//  / ̄ ̄ ̄ / / HOTEL US  AN |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「|   |   |   |
 ̄ ̄ ̄  /____/,. -────────- 、|_____|」    ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::: / / ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄`| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

:::::::::::::::::::/ /  ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「あれ……こんな所にホテルなんかあったっけっか?」


それは、突然現れた。

街へと戻る最中にポツンとホテルが建っていたのだ。

昼間の事を思い出すも、自転車で飛ばしていたため、記憶が曖昧だ。


京太郎(というより……眠くてやばい)


眠気が正常な思考を取り去り、ふらふらと足が誘われるかのようにホテルへと向かった。


                       
                                           や

            し         
                             い


                         ホ

テ         
 
                                      ル


                      の

        か

                                  ん
                     げ
  い


        | | | |            ___            | | | |
        | | | l             /,.-┼-、\        | | | |
        | | | |          | Λ__,|,__Λ |         | | | |
        | | | |          | |____f|f____| |         | | | |
        | | | |          | |f⌒゙|゙⌒f| |         | | | |
        | | li< ゙̄>、        |_|_____|_____|_|         | | | |
____________| | r'| | ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄´          ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`''ー''´ ̄ ̄ ̄
i込込込込ir‐厂| | |  | |_______i< ゙̄>, ______________

ーー―‐厂| | | | |  | |ー――――| | ̄| |ー――――――――――――
     | ', l/:| |  | 「「「 ̄「「 ̄「「| |  | | ̄「「 ̄「「 ̄「「 ̄「「 ̄「「 ̄「「 ̄「「
       '、У ,.イ| |  | |」」_」」_」」」 |  | |_|」_」」_」」_」」_」」_」」_」」_
      /.:.;イl l.| |  | l二二二二二| |  | |二二二二二二二二二二二二二

        |.:.{ l/| |  | |  、__,、__,、_,. | |  | |}`iー――i"{      | | | |
____| .:レ /| |  | |  }l了下|{. | |  | |} {‐。┬。‐} {_____j厂 ̄}___
__________j| .:|/  厂´゚ ̄| }l込上l{. | |  | |}_{__|__}_{_込込ヒ/  /|込込込
________{| .:|  |______| ⌒⌒⌒゙ | |  | |_______________,/  ,.イ|j|
______{|:.:{  _,| |  | |_____| |  | |___ _ _ __,,,.イ |,!'/
____{|:.:∨ ,.| |  | |厂厂厂厂厂| |  | |厂厂厂厂厂厂l´ |_,!イシ′

___________{|:.:.:∨i| |  | |辷辷辷辷辷| |  | |辷辷辷辷辷辷辷>'′
___________liト、__}fヘj_j/           ',i_j/
_______lli:::::::|
_______,ゞ、__}、

_____,ノ  )
           ,/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「いらっしゃいませ、ご宿泊でよろしいでしょうか」

京太郎「はい、お願いします」

「此方にお名前とご職業、連絡先などをご記入下さい」

京太郎「はい」


中へと入ると、洋風のロビーが広がっていた。

深夜のせいか、特に人が居るわけでもなく受付にしか人がいない。


京太郎「これでいいですか?」

「はい、ありがとうございます。 ふむ、トレーナー様と……ポケモンセンター同様、回復させることが可能ですが、いかが致しましょう?」

京太郎「……んー、お願いします」

「畏まりました」


受付の人に頷き、ボールを12個収めていく。

一応、ボールを内側からでも開けれる様に設定し、うたちゃん達に何かあったら逃げるように言っておいた。


「此方がお部屋の鍵になります」

京太郎「ありがとうございます」


全てを終えると、鍵を受取り、欠伸をしながらエレベーターへと向かった。

     _________________
     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
     |.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l________||.:.:.:.: :. :|
     |.:.:.:.:.:.:.:.: ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄.:.:.:.:.::.:.:|
     |.:.:(○).:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.::..:.:.:.|
     |.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l________||.:.:.:.: :. :|
     |.:.:.:.:.:.:.:.: ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄.:.:.:.:.::.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
 ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「ここかな」


特に乗り心地がいいと言う訳ではない、エレベーターに揺られ、部屋へと辿り着いた。

番号を見合わせ、間違いないと分かると鍵を差し込み回す。


ガチャリ


無機質な音を立てて、扉がゆっくりと開いた。


京太郎「まぁ……無難かな」


部屋へと入ると辺りを見渡し評価する。

なんと言うか、ポケモンセンターと違い、本当にビジネスホテルっといった感じだ。


京太郎「これはこれでいいな」


ふふっと笑い、冷蔵庫などを開けていく。

これはこれで大人な感じがして気分が良かった。


京太郎「まずは……お風呂かな」


汚れた服を脱ぐと、置いておき、湯船にお湯を張る。

───------- ─────────------------------≡≡≡≡≡≡ ____

  !三三三三 ! ||: : : :.>==========< >==========<: : : :||
  !三三三三 ! ||: : : :|      / /  ||       / / .|: : :.|| !三三三三 !  !三三三三
  !三三三三 ! ||: : : :|       / /   .||.       / /  |: : :.|| !三三三三 !  !三三三三
  !三三三三 ! ||: : : :|.      / /    ||      / /   .|: : :.|| !三三三三 !  !三三三三
  !三三三三 ! ||: : : :|     / /     .||.     / /    |: : :.|| !三三三三 !  !三三三三
  !三三三三 ! ||: : : :|.    / /      ||    / /     .|: : :.|| !三三三三 !  !三三三三
  !三三三三 ! ||: : : :|   / /       .||.   / /      |: : :.|| !三三三三 !  !三三三三
  !三三三三 ! ||: : : :|.  / /       ||   / /       .|: : :.|| !三三三三 !  !三三三三
=============||: : : :| / /        .||.  / /        |: : :.||======================
  !三三三三 ! ||: : : :|./ /         || / /.         |: : :.|| !三三三三 !  !三三三三
  !三三三三 ! ||: : : :|>==========< >==========<.: : :.|| !三三三三 !  !三三三三
  !三三三三 ! ||: : : ::::::::王王王王王::::::::::::王王王王王:::::: : : :|| !三三三三 !  !三三三三
  !三三三三 ! ||: : : :|>==========< >==========<.: : :.|| !三三三三 !  !三三三三
  !三三三三 ! ||: : : :|.       / /  ||.         / /  |: : :.|| !三三三三 !  !三三三三
  !三三三三 ! ||: : : :|      / /   .||       / /  |: : :.|| !三三三三 !  !三三三三
  !三三三三 ! ||: : : :|.     / /    ||.      / /   .|: : :.|| !三三三三 !  !三三三三
  !三三三三 ! ||: : : :|    / /     .||     / /    |: : :.|| !三三三三 !  !三三三三
  !三三三三 ! ||: : : :|.    / /      ||     / /    |: : :.|| !三三三三 !  !三三三三
  !三三三三 ! ||: : : :|   / /       .||.    / /     .|: : :.|| !三三三三 !  !三三三三
  !三三三三 ! ||: : : :|.  / /        ||   / /    ■|: : :.|| !三三三三 !  !三三三三
  !三三三三 ! ||: : : :| / /         .||.  / /      ■.|: : :.|| !三三三三 !  !三三三三
  !三三三三 ! ||: : : :|./ /          || / /       ■|: : :.|| !三三三三 !  !三三三三
  !三三三三 ! ||: : : :|>ー────≦≧─────<: : : :|| !三三三三 !  !三三三三
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(⊆ニ⊃) ̄ ̄ ̄ ̄\王王王王王王王:::: : : :|| !三三三三 !  !三三三三
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「……遅いな」


湯船を眺めるもお湯の出が遅いのか、溜まらない。


京太郎「しょうがない、先に洗濯物でも洗うかな」


フロントで聞いておいたので、使える洗濯機があることは知っている。

汚れた服を手に取り、部屋の外へと出る事にした。


京太郎「ふぁ……明日は寝坊かな」


既に深夜1時過ぎ……このままいけば、寝れるのは3時ぐらいになりそうだ。

とそんなことを考えながら廊下を歩いていく。


京太郎「………」


廊下を歩いていれば、視線を感じて立ち止まる。

左右を見て、後ろを振り向くも誰も居ない。


京太郎(眠過ぎて神経が過敏になってるかね)


結局の所、何も無いと結論付け、そのまま足を進めた。


     ___________________
   /_____/ /____/ /____/|

   | |   _   | ̄|   _   | ̄|   _   |  |
   | |   〃 ヽ  |  |   〃 ヽ  |  |   〃 ヽ  |  |
   | |   .ヾ..フ   |  |.   ヾ..フ   |  |.   ヾ..フ   |/|
   |二二二二二二二二二二二二二二二二二二.|/

    ____∩_____∩______∩__
    | ◎ ◎   ◎ | ◎ ◎   ◎ | ◎ ◎   ◎ ||
   / ̄ ̄/ ̄ ̄ / ̄ ̄/ ̄ ̄ / ̄ ̄/ ̄ ̄ /|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|

  |            |         |         | .|
  |            |.            |         |/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


京太郎「ここかな」


誰もいない廊下をある程度、歩けば目的地へとついた。

そこには、洗濯機が何台も並び、今か今かと服を入れられるのを待ち構えていた。


京太郎「これでよし」


洗濯機へと服をぶち込むと、そのまま部屋へと戻った。

出る際に 電気をパチっと消して廊下へと出た。


                l       !l
               |        |ム
             │     | ∧
                 !      |'/∧
                 |        ! /L_
                |        l / ̄〉
               |       |  /∧
              |     /`i ′,∧
             |L... _     │ /'/∧.
                  「 ̄ `   /  ′/ ∧.
               |..__ , /〕、   _」.
             / ̄ `   ̄|    ̄ ,〉
                ∠.. _     /!-‐=ニ />..
          ∠ ̄   ̄二ニ、 厶-、 , '/ 〉
       r‐=≦ ̄ `      ∨   //`ー'´
       iL.. ____r‐=iニニ」二ニ´/'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

カツン……カツン……


歩いていると、誰かの靴の音が聞こえてくる。

一度立ち止まり、足をその場で踏むも音は出ない。

当たり前だ、廊下には全て絨毯が敷き詰められている。

故に音は出ない。

ならば……先ほどから聴こえる、音は何の音だろうか?


京太郎「………」


その場で頭を掻き、結局は後ろを振り向かず部屋へと戻る。

































                  `''、/////////////////////ヽ//,\
               \/////////////////////77≧x、

                 ヽ////////////////////\///,}
                     `''<////////////,ヽ///,∧//ハ
                          `''</////////∧///∧///}
                            ヽ///∧ヽ.//ハ///∧//,!
                               \/,∧ }////,///ハ/,|
                              ∨/ハ////|}////},:リ
                             ∨/∧///!!////イ
                                V,/∧//{{///i
                                 ∨//}//!ゝ''
                              ゝ-' ¨´

その際に足をぐいっと引っ張られる感覚があったが……無視をした。


___________________
. | __________________ |

. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | | | ̄ ̄|                      | |
. | | |    |                      | |
. | | | (二二二!                     | |
. | | |__|                      | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


部屋へと戻ると、鍵を差し込み回し扉を開ける。

中に入って、お風呂場を覗けば、十分な量が溜まっていた。


京太郎「あっつ!」


お湯の加減を確かめようと手を軽く入れるも、すぐに引き戻した。

お湯が沸騰でもしたのではないかと思うほど熱かったのだ。

手を振りながら、近くの蛇口を捻り水を出し、手をつけた。

その間も、視線をはお風呂へと向けている。


京太郎「こりゃ……冷まさないと無理か」


手を振りながら、残念がるとそのまま近くのタオルで手を拭き蛇口を閉めて部屋を出る。






























その際に蛇口から赤い雫が         ポタッ     ポタッと垂れた。




  \:::: :: : . . .      . . . .: : :::.  /
    \ : . . .   (⌒)i  . . . . :  /
     \              |
       \ _   o,   / .| |
          | |ヽ   _,/   .| |
    |`i.   .| | | ̄ ̄i.|      | |
    |::::|  |_|/ ̄ ̄ \    | |
    |::::|  |:::..... . . .  \  | |
    |o !  /         \| |
    |::::| /            ̄!
    |::::| /             \
    |:: /                 \
    |,/                  \
    /                    \
   ,/                     \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「……はぁ」


しょうがないので、洗濯物が先かなと思い直し、扉を開け外へと出る。

物静かな廊下を歩き、洗濯機がある部屋へと戻った。

明るい部屋の中を見るもやはり、人は居ない。


      从Ⅵ              /.: ノ  |
       叭   v_ ̄ヽ      ,rー'   从
         、           イj   / /
            :.          < |'  /}/
            、__   ´    } イ从/
               |        |/
              「 ̄|     「 ̄ ̄ ̄ ̄}
              |//l|     |//////// 、
        ,. <// ∧      |//////////> 、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「しょうがない」


洗濯機を見るも、まだ時間が掛かるようだ。

しょうがないので、そのまま椅子に座り仮眠を取る事にした。

             ..ィク´ ,,..........__   ゙ 、 /
            , 斗r ..;/´   .. `ヽ、 ./∨
                 l' ;/      丶 ゝ≦/
.               ∨       /::::::/
             /       /:::::::/
                /         丶- '
           /          ',
             /             ハ
         ./            ハ_
.         /               `'‐、
.        /   ..-、         ィ冖‐ー.  \
      i /  ,'   ハ   l´゙' 、 \   ヽ .}
       l }   /   /   }  |  丶. \   ` ′
       `′ .{   〈   .i   |     \、 ',
             ヘ  ヘ   ゙、 .∧     ', ハ
           ヘ ハ   ヽ ' 、     `ー′
             丶 i     ヽ_ !

……ある程度、時間が経過した時だった



↓2 コンマ 

               _
              / /
               / /    /)
.      r       /   // ‐,
        | } /  ヽ////
          ∨     (//
        ',  \   (___
        }      ヽ_ァ――一’
.         `ト、     /
         !    ̄|
           l    {
.           l    l
            │   l
          l     l
.            |
.           |       ,
             l      ′
           |      i
           |     |
          |      l
           l     ;
          l      i
          |     l

          |       l
            j      l


  `

    \ ,,_人、ノヽ
     )ヽ    (     r-〈`,  三       バシィ!!
  - <       >─  |  ', ',`, 三
     )     て     !  ', ', ',
    /^⌒`Y´^\     l  ', ', ',
          {`ヽ       }  ', ', ', 三
          ',´ ヽ     /     }
           ',  ヽ、_/     /
           ヽ        /三三

            `,       〃
             ゝ       ,'三
             ヽ      !三
              l      l三
              |       !
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【コンマ:73 成功】

「あいたっ!?」

京太郎「にゃろ、誰だ! 驚かそうとしてる奴は!」


伸びてきた手を叩き、手首を掴み捻る。

捻れば、しっかりと触り心地があり、暖かさを感じた。


ぐいっと伸びている手を引っ張れば、洗濯機から伸びている事が分かった。

ある程度引っ張っていれば、手からバチンと音がして手が弾かれる。


京太郎「いった!?」

                         -‐= :_: - . .
                             ` 、: : 、
                        . . : : ¨¨¨ヽ: :≧: : . .、

             ,. 斗=: .、     ´: : : : : : : -‐: : : : : : : : `: . 、
           /'´  ヽ: :.  /: : : : : :>´: : : : : : : : : : :ヽ: : : : : ,
         ,. -──-. . . 」__レ´: : : : >´ : : : : : : : : : : イ: : : :‘.,: : : :
         /: : : : : : : : : :-‐:7: : : : :/: : : : : : : : : : : : /: i : : : : :‘,: : : : ‘,
.      /: : : : : : :, : ´: : //: : : /: : : : : : : : : : : : イ : ∧: : : : : ‘,: : : : ‘,
.     /: : : : : : : :/: : : / ,′: :′:__: : : : : : :/ }: /  ヽ__:‘,:゚。: : :‘
    /: : : : : : : : : ‘,: /   !: : ′:´ : : : : : : : >´   ,: :′´   ヽ: : :‘, ゚, : :
   ‘,: : : : : : : : : : Ⅵ    Ⅳ : : : : : : : : >´     /:.'        ゚。: : i: : ゚ : : !
.    \: : : : : : : : : :‘,   .i!: : : : : : :.> ¨¨   /'′  ¨¨     ゚。: !: : キ : !
.     〉: : : : : : : : : イ   i! : : : : : 斗笊.示ト、       斗笊.示ト、、 ゚: : : :ハ: :!
.      / : : : : : ィ: : : ′  i: : : :/ {{ { ト::リ }        { ト::リ } }ト }:f´`! i: !
    /: :斗 ´  |: : /     !: : ∧  乂 .ノ       乂 .ノ    !:i / .レ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「む~……あと少しだったのに」

京太郎「……女の子?」


洗濯機を見れば、其処から少女の顔がにゅっと出てきていた。

もっと穏やかじゃない、心霊が出てくると思っていたばかりにこれには驚いた。


京太郎「……えっと、俺は京太郎」

「知ってる、名前書かせたし」

京太郎「あー……あれもお前か」


少女の言葉に受付を思い出す。

確かに何処か違和感がある感じの人であったが、彼女が化けた者だったらしい。


「そう! 私こそが!」


そう言って、少女が洗濯機から出てくる。



                 _       |   |
                 \ヽ_-‐=ミ、│  │
                 /_∨:.:.:.:.:.、.:.:.: |  │
               〃.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:\  │

            f ´ ̄ 7:.:.:.:./:.:.:メ、.:.:.:.:.:.:.\}   |
           从   {:.:.::{/{:.:/ _\.:.:.:.:.:|    |__
            ー=∧ .l{:.:.:.{-乂   _,,ヽ.:.:.:|   | \
            /:.∧ l{l:.:.:{ ._,,  ´⌒ }ノ)|`ー─= 7
              /_;/ :ハ八{:.ト⌒`   _ '" 从:|l     /
             {:.:/. Уヽ人''' ∨ .ノ   リ    ./}
             {:/ 〈     >‐ r<_/´}   /.:}
            ノ′  \   ( \ .|_/\_/   _丿
              _, \ >:`ー┘フ      |
              /.: .: .: .:`: 〉:/⌒ ̄ /      .|
            {;/ ̄ ̄ ̄{    .:/     /|
                   {i   \:       /.:{
                   リ    \     /.::j!
                  /__         /.:.:j!
                   〈 丿 `ー,-ミ.,_    :{!
                 _Уー─=ニ二>x、:{!

               _,.ノ⌒ニ/ニニニ/ニニニニΧ
           _, r<ニニニニ/ニニニニ/ニニニニニニニ、
        _,. r≪ニニニニニニ/ニニニニニ/ニニニニニニニニ}
    ,.  '⌒`ヽ二ニニニニ>'⌒ マ.ニニ/ニニニニニニニニリ
   '′      ー=>'"       \/ニニニニニニニニ/
  /      _,.。z'′         寸ニニニニニニニ'′
. /       / /          _,.。∨ニニニニ/
       /        _,..。s≦ニニニⅤニ/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

爽「このホテルの支配者、爽だ!」

京太郎「……(いや誰だよ)」


元気に自己紹介してくるのはいい、しかしだ。

爽と言う人物を知らない。

知ってる訳が無い。

とりあえず……拍手をしておこう。


京太郎「わー……」

爽「何か、やる気ないな」

京太郎「そりゃな、一体何だってんだ」

爽「なんやかんやと聞かれたら!」

京太郎「いや、答えなくていいけどさ」

爽「えー……」

京太郎「というか、何この嫌がらせ!」

爽「そう、それだ。何で驚かない!!」


先ほどまでの嫌がらせの数々を非難すれば、逆に非難された。

              ―=ミ:....
                 \\
              ――=}: : ヽ__

.       __    /: : : : : : : : : : :/: : : : . .
.    /: : \  /: : :/: : : : : : : :/:: : : : : : :\
   //⌒ヽ: : Y: : :/ : : : : : : :/7:r ヘ: : \ : : :.

   //――|:.: :|:: :/: : : : : : / .::/   ∨: : \ : :.
 /:: : : : :/: /: :.′: : : :/_  ;/  ´ ̄∨: : : : : :.
./: : :{:: :/: : /|: : : : : :x云ミ、/   x=ミ ∨:|: :ハ:.:|
′: : ∨: : : / : :| : : i{ r':c::;l゙     イr'c:;!ヽ:.:|: :| |:.|
{: : : : : ヽ : {  |:.:|:: :/ ∨)ソ    ,  ∨)ソノ i |: ; :.:!
.∨: : : : : : 八 リ从{             ∧:|/  リ
 ∨:: : : : :}:.:.| |: :|、 、     , 、    ム|:.|
.  〉: : : : /: :.| |: :| ヾ:\        ..  //
 /:.:.: :/:.:.: :| 乂{  V: :>  __  イ:|  //
./:: :/ |: : :/     イ: : : |    |: : ト
: /   j : /      ムイ|   / ̄>―――- 、
:{    //           ,く7 /   /        \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

爽「来る人、来る人を驚かして歓迎していたのに……まったく」

京太郎「日頃の悪夢でああいったのは慣れてるからな」


豊音さんと居れば、あのぐらい普通だ。

何せ毎夜、毎夜、あらゆる怖い夢を見るのだ。

あるときは、四肢を裂かれ。あるときは、目の前でうたちゃんを殺され。あるときは、皆に嫌われ非難された。

あれに比べればこの位軽かった。


爽「へ、へ~……」

京太郎「引くなよ?!」


胸を張り、答えるも少女――爽が顔を引き攣らせ下がった。


京太郎「まぁ……いいや、もう今日は疲れたから何もしないでくれ」

爽「えー……いや、遊ぼうぜ? なな!」


今回の首謀者を知り、害がなさそうだと判断する。


京太郎「寝る」

爽「………」


話をするのは後でもいいかと思い、洗濯機から服を取り出し廊下へと出る。

                ハ

                   /ハ'、
            /^ヽ//  ';V^ヽ  ※爽です
          ,-‐' /fミ、ー一/行ヽ'ー-、

          j / ̄ ヾtテ  迄リ  ̄ヽ !
           ! l  _`´、ェィ`´_   l l
        /, ! ̄   , - ─‐ - 、  ̄ ! \
       //l l   / , '´  ̄`ヽ 丶 | 、\
      / l  l l  l !    匚 ,!  l ト、 iヽ \
     l 八 l   l l  '、ヽ     / /′ l l l L ゝ \
     ! 凵 l_ノ ハ   ヽ、` ー'"ノ   l l | r'  ̄〉 \
   /へ ̄二二ヽヘ  、_`二´_   //  l `┐\  〉
  ( (● レ´r-─‐'^ヽ\/ __ \//    | |  `'′
   `=一'′     `-'´    `-'´       ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

爽「フォルムチェンジ!!」

京太郎「はっ?」


廊下へと出ると後ろからそんな声が聴こえてきた。

後ろからバチバチと音が鳴り響き、灯りが背中を襲った。


爽「【アッコロカムイ】!!」

京太郎「はぁー!?」


気付けば、少女が洗濯機と合体し異様な姿へと変わっていた。


爽【ハイドロポンプ】

京太郎「どうわばっ!?」


少女から放たれた大量の水が襲い掛かる。

波に揉まれた状態となり、上下の感覚がなくなる。

ぐるぐると回る視界の中、なんとか水から這いでるとぐるんと前に回り、体勢を立て直す。

                         -‐= :_: - . .
                             ` 、: : 、
                        . . : : ¨¨¨ヽ: :≧: : . .、

             ,. 斗=: .、     ´: : : : : : : -‐: : : : : : : : `: . 、
           /'´  ヽ: :.  /: : : : : :>´: : : : : : : : : : :ヽ: : : : : ,
         ,. -──-. . . 」__レ´: : : : >´ : : : : : : : : : : イ: : : :‘.,: : : :
         /: : : : : : : : : :-‐:7: : : : :/: : : : : : : : : : : : /: i : : : : :‘,: : : : ‘,
.      /: : : : : : :, : ´: : //: : : /: : : : : : : : : : : : イ : ∧: : : : : ‘,: : : : ‘,
.     /: : : : : : : :/: : : / ,′: :′:__: : : : : : :/ }: /  ヽ__:‘,:゚。: : :‘
    /: : : : : : : : : ‘,: /   !: : ′:´ : : : : : : : >´   ,: :′´   ヽ: : :‘, ゚, : :
   ‘,: : : : : : : : : : Ⅵ    Ⅳ : : : : : : : : >´     /:.'        ゚。: : i: : ゚ : : !
.    \: : : : : : : : : :‘,   .i!: : : : : : :.> ¨¨   /'′  ¨¨     ゚。: !: : キ : !
.     〉: : : : : : : : : イ   i! : : : : : 斗笊.示ト、       斗笊.示ト、、 ゚: : : :ハ: :!
.      / : : : : : ィ: : : ′  i: : : :/ {{ { ト::リ }        { ト::リ } }ト }:f´`! i: !
    /: :斗 ´  |: : /     !: : ∧  乂 .ノ       乂 .ノ    !:i / .レ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

爽「なな! 遊ぼうぜ?」

京太郎「こ、こんにゃろ~」


服から下着まで水で濡れて気持ち悪い。

それに眠かったせいでイライラも溜まってくる。


京太郎「いいぜぃ……お前がそういうなら――」

爽「わくわく」


腰へと手を伸ばし。


1:寝る
2:遊んでやる!
3:遊んでやる!!
4:遊んでやる!!!
5:安価

↓2

               __  /⌒ヽ
                 ⌒\ ∨   ヽ___
              _, ----`      ∨   `ヽ、
           /´               |     \
          / ____    /  l|     | :.     \
            ///    /   |     |l |  :   #   ヽ
              /  /   //  ,∧    / ,イ  l| :.  .  .
          / イ / // : l  |    ' / !  从 |  :   :.
         .'/  ' ' /-|-{ {  |  /}/  | / } }  |    .
         }'  / |Ⅵ { 从  '  ,     }/ /イ   }     .
           / イ | l{   { ∨/      '    }   ∧ :   :.
          ´  | {|从三三 /   三三三 /  /--、| ∧{
                {从 |     ,            ムイ r 、 }} /} \
               |                ノ ' }/イ/
                {               _,ノ
                   人       _,..::ァ       r }/
                     `     ゝ - '   イ   |/
                        `  ーr  ´  ___|_
                     ___|     |//////|
                   {|___ノ  __|[_]//∧_
                 /// |____|///////////> 、

                     ///// |   /////////////////> 、
               /////// { //////////////////////}
             //////////∨///////////////////////|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【遊んでやる!!!】

京太郎「いいぜ、こんにゃろ……遊んでやる!!」

爽「わー!」


腰に合った空のボールを握り、思いっきり投げた。


爽「わっぷっ!?」


投げたボールは爽に当たり、爽を捉える。

そして――


京太郎「逃げるんだよー! うたちゃん達揃えて遊んでやる!!」


下へと猛ダッシュした。

捕まえればそれは、それでよし。

ダメならダメで時間を稼げる。


そう思い、廊下を全力で駆け抜ける。


京太郎「追っかけてこない……捕まえたかな?」


何故かエレベーターが使えなかったので、階段を下りる。

たまにチラっと後ろを見るも特に姿は無い。


京太郎(楽でいいけどな!)


何段か飛ばし、階段を飛び降りたときだ。


「いえーい!!」


: : : : :/ : : : : : :| : : : :|.. : :. ゙、: . ゙、゙、. \
: : : : : |. : : : : :i |: : : :i:|. : : : ∧: :、.i. .i: : . ` 、
.: : : : : !: : : : : | |、: : :| | : : i | !: :|:| : |:、: : : : : : >
: : : : : :| : : |: i 「! ヽート!、: : リ  !: |ハ: ト : | ̄ ̄
.: : :,..-、|: : :i: :|: !゙、 _、!二゙、-| イ: リ ! |ヽ:|
: : / へ.゙、 :丶ヾヽ<´{::::i` ヽ! 1!|:/| :!ノ゙、リ

: :ヽ    \ : :!丶   ̄     Vイ:ハ |\:i
.: : 丶    \゙、        `> リ  `
ヽ: : :`┬ 、  ヾ          /
  i: ;ィノ    U     ,....-ィ /
,,:‐レリ    _       ̄ /
゛=!_    \ `ー-、_  _/
::::::゛== 、 \   / ̄ヽ、
::::::::::::::::::::::゛===-、    >
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「え?」

                    r――- 、
          ___      ゝ __)

        .   ´   _  `丶-― ' /
     /     /7⌒))      l
    /   __ ヽニニイ       /
    /ィ   /ハ    ̄ ̄\    〈
   |/ヘ  /∧ヘ     ∧    |
    ∧ハ //  Vハ   / |    l
    l_V:/    Vハ/-- 、    ム、
    \  ̄ ̄ ̄ ̄7:::::;=、:::::Y´ ̄  l
     \       l::::::ゝノ::::::l     |
       ` ー----ゝ __ ∠-――'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


京太郎「げふん!?」


何かに思いっきり轢かれた。

錐揉みしながら回る視界の中で腕を組んで誇らしげにしている爽が見えた。

そして――ぐちゃりと地面に落ちる。


爽「ふふん……【ホロケウカムイ】、凄いだろ!」

京太郎「こ、こんんのぉー!!」

爽「わひゃ!?」


何とか起き上がり、ボールをまたもやぶつけ、走る。

こうなったら意地だ。

とことんやってやると気合が入った。

                    . . . ::::::::::::: . . .

                 ...:::::;  -――-  :::::...
                ...:::::/    __   \:::::..
   , ..:::::::::.....       ..::::〃  ,  '"  , - ≧x   \:::::.
  ;.:::::::::::::::::::::::::::..、   .:::::/  /    ////// X   ',:::::
  i::::::::::;'"´ `..::::::::::,   :::::;'  / /⌒ヽ V//////∧   ':::::
  丶::::::丶 :::::::::::::ノ  :::::;'  ,' /// , -― 、/////∧  l::::
    丶 :::::::: ̄ ¨¨¨ ´_::::l  { {//く     ,コ二¨´ }  }::::
      `     ¨¨´ ::::l  ', V//,>r-‐'///∧  ,'  '::::
              :::::',  、ヽ--‐' !/////// }.〃 /::::
                 ::::ヽ \   V/////,/ /:::::、
                ' :::丶 ` ー---‐ '´ /:::::; ::::`:::.....
                 `...::` ┐ r---‐ '´.:::: : '   > 、:::::::.....
               ....:::;  ''"´ └-、:::..´      :::::::::::`::.....、:::...
              .::::/l|   _    ヽ:::::.      :::::::::、:::::::::::ヽ:::::...
              ::::{しノ  〃´li    }::::         ' :::::`:::.... _ノ::::::::
               ::::.、`ー {しノ   ノ:::         丶 :::::::::::::::::ノ
                ::::` ー、  __彡 '..:::            ` ¨¨ ´
                  `::::.ー':::::: : '"
                   `~´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「NO~~~~!!!!」

爽【フリカカムイ】

                                 ...:::....
                               ...:::::::::::::::::....
                              ..::::::::::::::::::::::::::::::..

   ....:::::.....                       :::::::::::::::::::::::::::::/ :::::
  .:::::::::::::::::::...                      `ヽ:::::::::::::::::::://;:::
 ..:::::::::::::::::::::::::::...         ..::::...       .:::::::::::::::::::::::::::::::/.::;'

 :::r :::::::::::::::::::::::::         .::::;、:::::.       ::::::::::::::::::::::::::::/ ,,::::
 :::l ',:::::::::::::::::::/          .::::/ ヽ:::::.       丶 : : :::::::::〈_//
 ::: . ',::f ',::::::: '        .:::::;'   ',:::::::::::::::::...      i:::::::r
  ヾ\j::', l:::::::::::::.     ...:::::_:;'    ',―-=  _:::::::::::...    .:::::::
   ):::::::::、j:::::::: ノ   ...::::::/ {          `丶::::::::.  :::::::::
    ̄ ヽ::::.     ..:::::/              ハ::::::..:::::::::::
      ..::: '   ..:::::〃              /   l::::::^
      :::::::.... . ..::::/ , -、      , -‐、   ,    /l::::::
         `::::::: :::::::! { i~::、    //~!.}  |   / !:::::
              ::::::| ヾ 、::),、__,、 (::::ノ/   ! /    !:::::
           ::::ハ`tー--`='------r…| |    |:::::
           ::::ハヾミ三三三三 彡イ  l!  !  /!::::
            ::::',  ',        j  j|  l/ ,ノ:::
                 :::ヽ ` ー------‐ '  ノ/ /:::::::
              :::::\ー---------‐'´ /:::::
                :::::::`¨^ ̄ ̄ ̄ ̄`ー':::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


京太郎「さむっ!!!?」

爽「いぁやっほぉ~~!!」


その後も何度も何度も爽の妨害を受けながら、何とか一階へと辿り着く。


↓2 シークレットコンマ

フリカムイじゃないかな?


            ,.  ´ ̄ ̄ `  、__
          /   ,      / /⌒Y
         /    /    ,:       | ̄\
        .:'    '  /__/   ,      |   \__
       /    /  ///\/ /   .'   '    {` ̄
     /イ ,.. 、イ /}/⌒ヽ、/´   // /   、   、
       { { Ⅵ /   Vオ {从 /-}/-、  }  、 \
       | |  {/       ∨ィ=、}/  ,  |、 }  ̄
       / 乂   u      ::::::: Vソ' ,l ∧l |
        /イ , 八   ,...、    '   /ムイ,'∧ |
      /\ /  、 〈- 、\__     ム/ /   \
>----イ///\   .  `  ー '  イ/从
////////\///    、   .  ´
//////////\{    /`¨¨ 、

////////////>、  {、     〉
/////////////(_)}   ∨、_,イ/\
///////////////`¨¨¨|/\////\

//////_,. --- 、//|    |///\////>--、
/> ´   --、 ∨ム  //////////////}
     ´¨¨ヽ\〉 ∧///,イ/////////// |
        - \///{/イ//r- 、///////∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コンマ:65 力尽きた】

京太郎「ど、どうだ……こんにゃろー」

爽「……」


何とか一階へと辿り着き、震える足で威張る。


京太郎「ふっふっふ……」

爽「……」


                   _,.〉:.X:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
           _,. -=ニ⌒:.:.〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|:.ト,.:.:.:.:ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.: /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.: /  |:.| ∨:.:.:.:
         〈:.:.:.:.:.:∨:./|:.:.:./:.:.:.:.斗=ミ     |/⌒V:.:. |〉
        ∨:.:.:.:.:.:.:| |:.:.:.:.:.:./r' xハ    斗=ミ:.:.: |∧
           〉 :.:.: }:.:| ∨:.:.:/.  V^ソ    r'xハ | :.: |  〉
         /:.:.:.:.:∧ | |:.: /   '''    , V^ソ ′: |
.        /:.:.:.:. / }リ |:.∧_         ''' . |:.::.:
       |:.:.:.:. /  /  |/ }:.:>     ‘`    ' .|:.:/
       |:.:.:.:/       /:.:.:j{ : .      イ   |/
       |:.: /        ムイ     〕爪|
       |:./   _,,..ニ=-‐〈  .\ |〉:.|

       |/  ,/¨¨`ヽ.:.: :.:∨   ∧|∧x..,_
          /      ∧: : : ∨ ∧___}∧ : :|∨
.        /   、  ∧: : : ∨: :【:i:i:】:.: : :. }

.         ,:|     `、  | : : : : : : : ∨》,:.: :.∧
.        /ノ     \_| : : : : : : : : ∨》,: : :∧
       /     \   / : : : : : : : : : ∨》,.: : :.}
 .     {       `、 j{: : : : : : : : : : : ∨》,:..:/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

爽「いやさ……」

京太郎「おぅ」

爽「何か勝負してたっけ?」

京太郎「     」


爽に首を傾げられ、そこで力尽きた。

意識が真っ黒に塗りつぶされる中、顔に暖かい日差しを感じ、泣きたくなった。

                                 ___
                        _   - /`ヽ´-<⌒
                     ,  ´    /    、  ヽ
                 /        /  / | ヽ   \
                    '         |  /|_,/l_イ| \  \_
                      }        {  | }/__ 从 、 |` ̄ ̄
                   ,'           |  芯 {、 从}
                    /イ      {⌒Ⅵ    、\{
                    、ト     乂_      ノ `
                   }∧  /从    ー '
                     __/' '     _   /
                 , - ≧=- 、    ,.:'    ̄
              , ´ , ´: : : : : :ヽ  /  `ヽ、
            /   /: : : : : : : : :}:、_ r-/:/ ハ
              ,    l: : : : : : : : : :|、:`¨´:/ /: |
          /   Ⅵ: : : : : : : : |  ̄   : : : |
            /      } : : : : : : : : |   / : : : : |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


京太郎「………」


その後の話、うたちゃんに揺り起こされて起きると草原の真ん中で寝ていた。

ホテルもなく、うたちゃん達の疲労度も同じだ。

跡形もなく、何事もなく風にさらされ、何ともいえない気持ちとなった。


京太郎「はぁ……結局なんだったんだ」


そう呟き、リュックサックを背負いなおし、街へと戻る為に歩き出した。


          -―- 、
      /: : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : : : : : : : : ヽ

     ,: : : : : : : : : : : : : : : : ',
      lゝ  __/二ヽ __ ノ l
     l` ―‐、 {___} , ―― ' .l
     ヘ    ー一'    /

      \        /
        `>‐---‐<´


……カタンッ


【あやしいホテルのかんげい・1 カンッ!  1/3】

                      -‐ ━━ ‐-
                  /  /. . . .    . . \
                   . ./: : : : :/ : : : : : : : : : . .
                / . : /. :./ : ∠|: : : :./: : : : : : : :.
                  / : : / : /l: :/  |: : :./ |: : : : |: : : :
              / : : / : /抖午ミ八_/ 八:.: : :.| :l: : :

                / : : /.:.:.:l/{ Jh^`  午ミX : | :|: : :
.               / .:/ l´l:.:| 乂_,ソ     { Jh^Y: :|: : :|
.              ⌒7 : :人l:.:|  〃   '  乂ソ '从:|: : :|
              / : : .:.:.:l从      -、      /): 八:.:.|
                / : :.:/ .:/ / \   `¨     人 /:. :∨
            / : :.:/ .:/ / : :ノえト .__....-=≦:.:.:/:.:.|: :|
              / : :.:/__厶斗 ´|  `L∧:.:_|:.:.:|/:.:.: | : :
          / .:/  | l......... |  /:i:i:i:l\\j:.:.:.: : : : : :

            / .:/    | l......... |/,\:i:iノ\〉.. `┬ 、: : : :.
          / .:/  \ ,| |..Χ..........’ 「i:i:, |........... ', 丶 : : :.
.        /.:/ :/ /⌒ 人[.......\.......∨:i:i:i:i|..............', ∧:. : :
     / /': /        /⌒\........... ∨:i:i:i|..............// {:. : :|
..   / / /: 〈  ___  /'    \.........∨:i:i|.........../ \ \:.|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ユキ「懐かしい気配がします」

~センリヤマ&ヒメマツシティ~ 六十日目 朝
【行動回数:残り三回】
【イベント情報】
【藍の球を追え! 1/3】【星に願いを:目指せ!ウスザンの山頂! 3/5】
【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 1/5】
【あやしいホテルのかんげい 1/3】

依頼:

1.町を移動する
├1A:4番道路(コシガヤ方面)
├1B:6番道路(エイスイ方面)
└1C:ポケモンリーグ

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:ショッピングセンター
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
├:ポケモンジム
└2F:大会会場


3.探索
├3A:人の話を聞く
└3B:散歩(誰と歩くかも)

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├4C:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す【制限解除:残り二人】
└5A:4番道路


6.誰かに連絡
├6A:耕介博士
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

                              /|. !ヽ
                          / ,|. ! i|    ┏────┓
                            {i li} | i|    │大会会場│
                          V i} | i| ,ィi   ┗────┛
                          Vi}_ノ:」/7/

                              `Tニiヲ //
                               |:」_//ニヌ
                             _|_/イ
                               ヾYイ/  _,ィ
                          /i_|i_li〈_///
                        r=TTミ_〉´//′

                           ⌒)ii}ii}/ ./___
                     _   ,/ニフヽ_/「不二jフ′
                      ヽゝ/./_ff〈 __ヾジ/´
       r----! ̄ ̄'i       /ヌ_/イ (ii) ヾー<>.、
       | :     .:|    ,_rz<< ̄  /二i二ヽ  > >x__
       | :     .:| r=<ll'''' ̄`'''' ‐ i.......(δiδ)}==<rx  ミ>__`>x_
       | :     .:|  ̄__r|        |l. i´ ̄.||,..,,...,,,⌒フ ヾ」____/\_>x_ __
   ,-、-、 |,. ィヽ'',ゝ-─‐vヘヘ-,ッ '''''''ヽ,---;=-、fニ,ニ-i ( 。otュ___ヽ .l''''''lコ:::::::!.|......|_. ,..........ュ.「
 ^ヽ'''''''''''f….l′f……….|wwf--------r´,,......,,ヽ |. ヒ||     |__|」 ̄|        .「|_|    |
 =====←‐┐,┬─‐→──-------- r' ' r-l....l-i|. ヒ||  ,,,t;;';;;;‐--rl. |        .| |lニニl. n‐
       `.リl.l.!'''^´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「|.|| . | l-l|,.- ゙'''^r '' r^`ミヽ..、-‐-  lニコ─''|  ̄|   ||
    ,rニニ.ヾユ、                 |.|.||__,|'´  l..,,....... l. _l__」___l..!   r´ ̄`ヽ
 -tニニニ...‐.._,ァ‐ァ.......... _____   o.,p''!     ||゚        ,,、,,、.. -_,ニ -      |  | |

                             , -―- 、
                            /       \
                          /          /
                         /        /
                   . -―- 、  /         /
                /ヘ: : : : : :\ |i        /

                イニl ー― 、:/|l:、       /
                l/´゚ソ ーァ。ヘ.」|        /
          , -‐r…ー| r〈、_` /ク|       /
        /7ーく厶 l   ハ`lーz┘/イ_j       /  ̄ ̄`ヽ
   _, -‐/ /-―1 |_/ ̄`! _」、 ̄ //广}     , //      |
  / ̄ ̄l_ヘ. 〈 〈}_ノ」_,ノ| 〈厂`Y / \_  l/′     \
 ,  l ̄  _」_」_ノ_, -r┘  `7介ー/_   _ /     //   ヽ
 \   ̄`テ¨´   |   /_」/   l\  , /      /´    |
    ̄ ̄      \  /   \ l   _」/       /      / l
              ∧/    ー―く |      /      /  〉
             \\  /      l、\、  /     /  |
              /厂入l   ―- / \__/     /  /
               //  ∧  〈   / `! 卜、\   /  /
             //、  l    ̄i\__ 丿/  `匸¨´ 、 /
             /   \ /   /  |  ̄      ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ようこそ! バトルアリーナへ!!』

『わーーーーーーーーーー!!!』


京太郎「うぉお!?」


大会会場へと入ると、大きな声に耳を塞ぐ。

まるで大地が叫ぶように、海が割れるかと思うほどの声だ。


中へと入り、受付で自分の番号を確認し入場する。


『今年もこの日がやってきた!! 一年に一度のお祭りだーー!!!』

京太郎「すごいな」


控え室へと入るとモニターに会場内が映っていた。

見る限りの人、人、人。

人が動くたびに波打ち、まるで一つの絵画のように見えた。

                     -――――-   ..,,
               ´       \      ヽ 、
            /   ___> ´  ̄ ̄ `ヽ   )  \
           / ´ ̄  /   /     、 `ー’‐ 、 ‘,
            / /  彡:.:ヽ  /       \    Ⅵ}
            //  ./:.:./   ′         ヽ   / V
            /   /:.:.:.:./   ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ }   |  |
        /  /:.:.:.:.:.:./ -  、<T勿¨¨`:.:.:.:.:.:!  ノ_ :.
       ノ /:.:/⌒ヾ:/         ̄r'''''"   `  |,_ `〉
        \:.:.:.{ :.:.:.l               .:.:.:.:: |tツ`/
         ヾハ 、:.:{             .:.:.:.:.:.:.:... }   |
          ∨': `             ':.:.:.:.:.:.:.:.'  |

           Ⅵゝ┐      ----――‐- .,   .′

            Ⅴ: : !           __ ヽ  /
            |: : : \           :.:.:.:   /
            |: : |: : : \               /
            ′ !: : : : : :\              /
         __/: : : |: : : : : : : : > ., _      .′
         |///≧ュ..,,_: : : : : : : : : : : : : : :  ̄/ ̄
         |/////////≧ュ..,,_: : : : : : : : : : /
         |///////////////≧ュ...,,__ : : {___
     __,.|/////////////////////| : ///|

´ ̄ ̄` < ////////////////////////∨///|
: : : : : : : : : : :` <////////////////////|////!
: : : : : : : : : : : : : : : \` < ////////////|////!__
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ` < ///|////: \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
誠「よぉ」

京太郎「よっす、誠」

誠「遂にきたな、この時が」

京太郎「あぁ……勝負だな」

誠「まぁ……俺と戦うにはトーナメントに二回勝たないといけないけどな」

京太郎「いってやるさ」

誠「おぅ、俺も勝ち上がるからな」


そう言って、コツンとお互いに拳を合わせ席を立った。


/     ,     /   /   / /             |   |  :.   .   :.
    /     /   /    '    |   |     |   |  i|   |    .
  イ        '   /|    /|  l   |   |     |   |  l|   |    |
// /      |   | {   ' :.     |   |     }   |  l|   |   {
 ' 〃         |   |  | |   ト,  :     /| /| /|    '  ∧|
/ / .'   ,:  ' Ⅵ |_'. |  | |   | l   |     ' }/ }/ :  /  .イ `\
{/ /   / /  / {  |  Ⅵ≧!、,|   | 、 |   _/ム斗七    /:. / }'
 '   ,イ / | { 从 | イ  {::しメ∧   l  Ⅵ   イ {::し刈 `ヽ'  ' }/
'  / /イ Ⅵ :.  Ⅵ    Vzり \  、 }  /  Vzり   }/  /
/        | 从   |            \ ∨/        ,  /
       _∨∧ :.             ` \           ,:_ノ> 、_
 ,  <//////{/{{`∧         、              /  }}//////> 、
´//////////// l| ,∧             _    ∧  ||///////////>
/////////////从 {   、         _  ィ -vノ    ' } /'/////////////
/////////////{/∧   l\   ー=≦__ ,   ´   /' / イ∧/////////////
/////////////|//∧  :. \               / / /'////}////////////
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「さてと……やるか!」


次々に試合相手が画面に映され、それぞれの選手が歩いていく。

京太郎もまた、己を奮い立たせるとボールを優しく撫で足を進めた。









一回戦 海パン野郎のジロー       VS      京太郎








【現在の状況】 六十日

              _  , --、__        ┏─知り合い──────────―――――┓
             /.:.:.::.<´/三萬三\、     │リーフ★   阿部★ ギンコ★ レッド★    │
              //.:.:.:.:.::.:.:.:,ニ(__)ニ.|     |耕介博士&慕                    |
           l  l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\___/|     |原村 和                       |
           |  |.:.:.::.:.:_,.  -―…‥‐- 、     │高久田 誠                      │
           |_レ<_______ \   ┗────────────────────┛
      ___, -‐:│ /ヘ ゙、,|≡≡ Y ≡NV ___ \  ┏─現在の所持金───┓┏─現在位置───―――――┓

     /:::::::::::::::::и{        丶  | ハ|   ̄   |             31000円||センリヤマ&ヒメマツシティ   |
    // ̄ ̄\::::::::::゙、ィ-ャ  r ----┐ ,ノ        ┗──────────┛┗─────────────┛
   //|::::::/::::::::::||::::::::::/\\_`ー-‐',...イ
  |/:::|::::/::::::::/::|| /「:ト、:::》   T ≫:::::::|       ┏所持品────────┓┏大切な物───────┓
  /:::::::::::::::::::::::::/ ゙̄、::| `ー-,ァ ケ/「|`ーi、       │ハイパーボール ×6   ││わざマシンケース      │
 |:::::::::::::::::::::::::/     |;;|  o〈 // |;;|. / |       │きずぐすり     ×4  ││櫛               │
./:::::/ー-、:::/:::|    ||;;|   V   |;;|.  |       │どくけし       ×5  ││バッジケース        │
|::::/::o:::/ヘ|::::::|    /:/   o   |::|  |       │まひなおし     ×4  ││きのみケース         │
|=|===彳 ||::::/    /:/       レ   |       │ねむけざまし    ×4  ││自転車            │
|:::|::::::::::|:::イ、/    |´    o   ,イ   |       │スーパーボール  ×4  ││何かの招待状        │
|::::::::::::::::::::::/    /_      | |   |       │凄いポフィン    ×2  ││ブリーダーの心得      │
!:::::::::::::::::::::|    /―┤  o ┌┤|   |      . │ゴージャスボール ×1  ││帝国ホテル 宿泊券 2枚│
`ー-、::::::::::|    /       /|   | |   |       │かいふくのくすり ×5   │┗───────────┛
     ̄ ̄|o   |     / |     | |   |  .   . │げんきのかけら  ×3   │
                              │なんでもなおし  ×9   │

                              │エドペン人形   ×1   │┏───────────── ┓

                              │おいしいみず   ×1   ││成功判定確定券 ×1 .     │
                              │サイコソーダー  ×1   ││商品券   6万円分       │
                              │ミックスオレ    ×1   │┗─────────────┛

                              ┗───────────┛
┏手持ちのポケモン【Lv上限30】───────────────────────────────────────┓
│1・うた ニックネーム:うたちゃん 呼び方:京太郎 ゴースト/ほのお 持ち物:こうかくレンズ                   │
│Lv30★★★★★ HP:79 攻:32 防:47 特攻:53 特防:47 素早:26       .                         │
│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1進化 条件2衣と一線を越えている 条件3ゲンシカイキをした               │
│                                                                           │
│2・ひめこ ニックネーム:ひめちゃん 呼び方:きょーたろー でんき/― 持ち物:ふうせん                     │
│Lv30★★★★★ HP:85 攻:48 防:34 特攻:65 特防:59 素早:71                                │
│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1進化 条件2シンドウジタウンへ行く 条件3首輪を買う                    │
│                                                                           │
│3・まいる ニックネーム:まいちゃん 呼び方:主人さま(マスター) はがね/―                            │
│Lv30★★★★★ HP:85 攻:38 防:44 特攻:59 特防:65 素早:71                                 │
│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1進化 条件2シロイトダイシティホテルに泊まる 条件3首輪を買う              │

│                                                                            │
│4・まほ ニックネーム:マホ 呼び方:ごしゅじんさま あく/―                                        │
│Lv30★★★★★ HP:85 攻:77 防:50 特攻:86 特防:45 素早:84                                │

│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1達成 条件2スタイルチェンジをした 条件3ジム戦を2回体験                  │

│                                                                            │
│5・もも ニックネーム:モモ 呼び方:パパ ゴースト/どく                                           │
│Lv30★★☆☆☆ HP:85 攻:58 防:45 特攻:92 特防:59 素早:80                                 │

│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1改名した 条件2ゆみと一線越えている 条件3メガ進化する                 │

│                                                  .                          │
│6・ゆきこ ニックネーム:ユキ 呼び方:お兄さん ノーマル/― 持ち物:シルクのスカーフ                        │
│Lv30★★★★★ HP:88 攻:53 防:64 特攻:46 特防:78 素早:77                                 │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆(最大20/現在19)8/10                             │
│                                                                            │
│7・とき ニックネーム:トキ 呼び方:京ちゃん エスパー/フェアリー 持ち物:サーナイトナイト                    │
│Lv30★★★★★ HP:90 攻:47 防:58 特攻:89 特防:83 素早:62                                 │
│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1 達成! 条件2 竜華と一線を越えている 条件3 メガ進化する            │

│                                                                           │
│8・りゅーか ニックネーム:りゅーか 呼び方:京ちゃん ドラゴン/―                                  │

│Lv29★★☆☆☆ HP:74 攻:42 防:37 特攻:45 特防:57 素早:33                                  │
│なつき度★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆(最大20/現在11)2/10                             │
│                                                                            │
│9・洋榎 ニックネーム:ヒロ 呼び方:ガ~ス~ どく/― 持ち物:きあいのたすき                           │
│Lv30★★★★★ HP:93 攻:74 防:50 特攻:66 特防:50 素早:58                                  │
│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1達成 条件2絹と一線越えている 条件3セーラとの勝負に勝つ                 │
│                                                                            │
│10・ネリー ニックネーム:ネリー 呼び方:パピー フェアリー/ひこう 持ち物:こだわりスカーフ                   │
│Lv30★★★★★ HP:100 攻:44 防:71 特攻:86 特防:91 素早:55                                  │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆(最大20/現在19)9/10                             │

│                                                                           │
│11・なるか ニックネーム:なるかさん 呼び方:京太郎君 くさ/こおり                                 │
│Lv30★★★★★ HP:85 攻:51 防:44 特攻:51 特防:50 素早:38                                │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆(最大20/現在17)1/10                             │
│                                                                           │
│12・みほこ ニックネーム:美穂子 呼び方:京太郎さん みず/― 持ち物:たべのこし                       │
│Lv30★★★★★ HP:61 攻:23 防:23 特攻:22 特防:47 素早:62                                │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆(最大20/現在17)1/10                             │
│                                                                           │
│13・豊音 ニックネーム:豊音さん 呼び方:京太郎君 あく/―                                      │
│Lv40 HP:118 攻:97 防:80 特攻:125 特防:89 素早:117                                      │
│愛情【硬い絆で結ばれている】条件1豊音を使えるようになる 条件2幻・伝説ポケモンのゲット 条件3ミヤモリタウンを訪れる│
┗────────────────────────────────────────────────────┛

というところで……R-18 を挟むという!

↓ 京太郎×マホ 注意!

マホ「んっ……ぁ」

京太郎(小さくても感じるものだな)


ベッドの上で座り、マホの胸を揉みながらそんなことを思った。

既にお互いに裸で文字通り乳くりあっている。

マホの小さな胸を優しく揉み、指で乳首を弄った。


マホ「こ、これで……マホの胸も大きくっ!」

京太郎「なるのかな……これ」

マホ「そう書いてありました!」


目をキラキラとさせ、此方に本を見せてくる。

確かにバストアップと書いてあるが……。


京太郎「進化で成長するマホ達に効果あるのか……それ」

マホ「………」

京太郎「………」


黙るマホの胸を揉んで行く。

小さくほぼ平たい胸ではあるが、やはりそこは女性。

柔らかく、触っていて気持ちが良かった。


マホ「ふわぁ!? マホのやってること無意味でした?!」

京太郎「いや……わかんないけど……まぁ、これはこれで」

マホ「んぁ……ひぅ」


胸を揉み続け愛撫を続ける。

それほど胸が大きなわけではないので、自然と乳首を攻める事となる。

最初は、乳輪をなぞるようにし優しく乳首を摘む。


京太郎(流石にイケるほどは無理か)

マホ「にゃふっ……みみぃ」


マホの耳を甘噛みしながら、片方の手で秘所を触る。

少しばかり湿ってるだけで、あまり濡れておらず、この調子だと朝を迎えてしまいそうだ。

その為、片方で胸を、もう片方で秘所を触る事にした。


マホ「ふぁ……あっ、あっ、するんです?」

京太郎「んっ」


マホの言葉に頷き、秘所を弄る。

最初は優しくすじに沿って、少しずつ感じてきたら、愛液で指を慣らし膣へと入れていく。


マホ「~~~」

京太郎(相変わらずキツいな)


指一本分を入れれば、ぎゅっと締め付けられる。

傷つけないようにしっかりと丁寧に動かし奥へと差し込んだ。


マホ「っ……あ、中で動いて」

京太郎(爪を立てないように)


中でぐにぐにと動かす、何度かしている内にマホの感じる場所は理解できている。


マホ「あっひぃ……そこはっ!!」


指のお腹でGスポットを擦り刺激する。

刺激をすれば、ビクビク腰を浮かせた。

腰を動かして、快楽が逃げようとするマホを抑えるために、胸を触っていた手で腰を抱きしめる。


マホ「っ~~~!!」

京太郎(一回目)


やっている度に触っているせいか、Gスポットの部分もだいぶ開発され、マホが絶頂を迎える。

体をビクンビクンと痙攣させ、大きく腰を前へと動かした。

暫く指を動かさず、収まるの待つ。


マホ「はぁ……あ、す、すごいです」

京太郎「こっからもっとだけどな」

マホ「ふぇ?」


息絶え絶えとなり、満足気なマホに向かってそう言うと、指を激しく動かす。

膣内は、一度絶頂しているお蔭か、最初よりだいぶ柔らかく、熱く愛液を垂らす。


マホ「あっ……んぐぅぅ」


勢いよく指を引き抜けば、マホが快楽で喘ぎ声をあげた。

だが、このまま休ませるつもりもない。

両手でマホを抱えるとそのまま持ち上げて、腰を下ろさせた。


マホ「がはっ、あぁ~~~!!!」

京太郎「きっつ」


膣の入り口に合わせて、ゆっくりと一物を沈めていく。

ずぶずぶと中に入っていくたびにマホの膣内が蠢き、ぎゅっと締め付ける。

マホもイッたばかりで、入れられたせいか、大きく顔を天井に向け快楽に耐えていた。


マホ「あひぃ……おにゃかが……」

京太郎「ふぅ……(相変わらず逝きそう)」


このまま直ぐに攻めたいが、膣内がぐにぐにと縦横無尽に動き限界ギリギリになる。

なので、しょうがなく、その場で少しだけ背面座位の形で一息ついた。


京太郎「動くな」

マホ「はぁい……あっ、あ、んん~!!」

京太郎(早い!)


太股ごと抱えて、マホを持ち上げて落す。

一回、二回と落せば、マホが大きく声を挙げて絶頂した。

そのせいで一物がぎゅぅっときつく絞り上げられ、此方も悶絶してしまう。

ギリギリと歯をかみ締め、何とか耐えた。


マホ「はぁ……はぁ……っ」

京太郎「……きついな」

マホ「き、きもちぃ……ですか?」

京太郎「正直、今すぐ出そう」

マホ「なっなら……んぁ、よかったです」


腰を浮かしては、落としての繰り返し。

普通にやるよりは、刺激が少ないがゆったりとしたペースでやれる為、我慢できる。

マホのほうはこれで満足できるのかとも思うも、喘ぎ声をあげ快楽に身悶えているようで問題なさそうだ。

一度奥までつく度に舌を出し、嬉しそうに声をあげた。


マホ「ご、ごしゅじん……しゃま?」

京太郎「俺も限界だ」


上下だけでなく、腰を下ろした状態で左右にも動かす。

幼い体躯とは思えないほどにいやらしく絡み付いてくる。


マホ「はぁ……はぁ……っ」

京太郎「……きついな」

マホ「き、きもちぃ……ですか?」

京太郎「正直、今すぐ出そう」

マホ「なっなら……んぁ、よかったです」


腰を浮かしては、落としての繰り返し。

普通にやるよりは、刺激が少ないがゆったりとしたペースでやれる為、我慢できる。

マホのほうはこれで満足できるのかとも思うも、喘ぎ声をあげ快楽に身悶えているようで問題なさそうだ。

一度奥までつく度に舌を出し、嬉しそうに声をあげた。


マホ「ご、ごしゅじん……しゃま」

京太郎「俺も限界だ」


上下だけでなく、腰を下ろした状態で左右にも動かす。

幼い体躯とは思えないほどにいやらしく絡み付いてくる。


マホ「はぁ……好きです……これ、抱きしめられて」


マホは純粋に喜び、完全に此方に背中を預けてくる。

そんなマホを喜ばす為に、また腰を激しく打ち付けていった。


マホ「いぁっ……急に動いちゃ……あっぁ、んっ、んぁ……」

京太郎「出すな」

マホ「は、はい、……一緒にイきましゅっ」


その言葉を聞いた瞬間、押しとどめていた物があっさりと我慢を越えた。

ぎゅっと締め付けてくる膣内にそのまま吐き出し続ける。


マホ「ぅゆっ……あぁ~~~~!!」

京太郎「くはっ!」


我慢していた分、襲ってきた快楽も人一倍で息が苦しくなった。

息を整える時に、マホをぎゅっと抱きしめれば、体温で暖かくなり心を満たす。


マホ「はぁ……んんっ~」

京太郎「はいはい」


マホを下ろせば、マホは息を整えつつも、此方へと振り向き唇を突き出してくる。

そんなマホが微笑ましく思え、唇を優しくあわせるのであった。


マホの特性が変化しました。

┏特性:イリュージョン━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃手持ちの最後のポケモンの姿と名前で戦闘に出る。『タイプ』や『のうりょく』に変化はない。ダメージを受けると元に戻る
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏特性:最強への一手━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃相手の苦手なタイプのポケモンの姿と名前で戦闘に出る。『タイプ』や『のうりょく』に変化はない
┃最初に受けた技を取っておき、5番目の技として記憶する事が可能。但し、一戦闘に一度のみ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

というところでお終いです。

ちなみに その1 で特性変化 その2 で努力値252 その3 で努力値252 になってます。

>>154
フリカムイっすね!

それでは、続きは明日の18時から開始します。
感想やら質問あればどうぞー!

乙です
大会バトルあるんで元ネタポケモンと習得技一覧欲しいです

乙~
マホは犯罪臭が凄い
イベントは7の安価でしか基本的には進まないの?


行動に依頼の遂行の項目があると有難い

乙です。

全く関係ないけど、ふと神様系のポケモンばかり使う伝説厨の小蒔という謎の図が思い浮かんだ。

乙です
伝説のポケモンばかり使う伝説厨のトレーナー……タ〇トさんかな?


漸く……ワイの一番好きなマホの貴重なRー18が見れたんやなって……(感涙)
サンキューイッチフォーエバーイッチ

陽炎「わらしべ長者してみる」
陽炎「わらしべ長者してみる」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1461319614/)


56 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/23(土) 00:06:17.33 ID:2vN2clFz0
メモで書いてるから55までレスきてるとは思ってもみなかったwwwww
はえーよw

提督「ほら、間宮券だ」

陽炎「しーれーいーかーん?」

提督「何だよ、高価なもんだろ?」

陽炎「確かに高価だけどさぁ~……あーもういいや、今日は疲れちゃったから間宮さんのところで甘味食べて寝るよ」

提督「おうそうしろ……ところで陽炎?」

陽炎「なに?」

提督「来週にはたくさん間宮が手に入るかもしれんぞ?」

陽炎「……はぁ?それってどゆこと?」

提督「明日には説明するよ。ほら、今日はお疲れさんってことだ」

陽炎「全く意味わかんないけど……はーい」



提督「……あいつなら、あの3人を止められるかもしれないな」

提督「……人間性を捧げよ……か、あいつらは果たして救えるのか……」

提督「大丈夫だろうな、さてと、執務を終わらせるその前に磯風のところに見舞いに行くかな……」


みなさまお疲れ様でした。


よろしかったらこちらも書いてますのでぜひ参加してください

陽炎「ダークソウル3?」提督「陽炎型は強制参加な」
陽炎「ダークソウル3?」提督「陽炎型は強制参加な」 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460706468/)

html出してきます




関係ないが大会で再戦の約束したライバルって主人公と戦う前に負けるフラグでは

>>192
決勝で当たる強キャラのかませになるか、どうでもいいザコの暗躍によって大怪我して出場できなかったりするかのどっちかだよな

>>178
あいよー! これが一覧っす。
ヒロはH1 が確定してる為、特性が変化してます。

あと、ネリーに関してはLvUPで技を覚えないため、基本技からいくつか覚えさせる事にしました。
なので技の構成を変えてます。

1・うた ニックネーム:うたちゃん 呼び方:京太郎 ゴースト/ほのお 持ち物:こうかくレンズ 分類:ヒトモシ
Lv30★★★★★ HP:79 攻:32 防:47 特攻:53 特防:47 素早:26
【特性:迫り来る怒涛の火力】
『ほのお』タイプの技のダメージや効果を受けず、以後自分の『ほのお』タイプの技の威力が1.5倍になる
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・かえんほうしゃ(基本・ほのお/特殊/威力・90/命中・100)【10%の確率で相手を『やけど』状態にする】
┃├2・あやしいひかり(基本・ゴースト/変化/威力・―/命中・―)【相手を1~4ターンの間『こんらん』状態にする】
┃├3・シャドーボール(基本・ゴースト/特殊/威力・80/命中・100)20%の確率で相手の『とくぼう』ランクを1段階下げる】
┃└4・ほのおのうず(基本・ほのお/特殊/威力・35/命中・85)【4~5ターンの間、毎ターン終了後最大HPの1/8のダメージを与え、その間相手は逃げられない】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
2・ひめこ ニックネーム:ひめちゃん 呼び方:きょーたろー でんき/― 持ち物:ふうせん 分類:プラスル
Lv30★★★★★ HP:85 攻:48 防:34 特攻:65 特防:59 素早:71
【特性:リザベーション】
特性『リザベーション』のポケモンが戦闘にいると『とくこう』が1.5倍になる。
【覚えている技】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・ほっぺすりすり(基本・でんき/特殊/威力・20/命中・100)【100%の確率で相手を『まひ』状態にする】
┃├2・じゅうでん(基本・でんき/変化/威力・―/命中・100)【次のターン、自分の『でんき』タイプの技の威力が2倍になる。自分の『とくぼう』ランクが1段階上がる】
┃├3・アンコール(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【3ターンの間、相手は最後に使用した技しか使えなくなる】
┃└4・かみなり(基本・でんき/特殊/威力・110/命中・70)【30%で相手を麻痺させる】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
3・まいる ニックネーム:まいちゃん 呼び方:主人さま(マスター) はがね/― 分類:マイナン
Lv30★★★★★ HP:85 攻:38 防:44 特攻:59 特防:65 素早:71
【特性:リザベーション】
リザベーションの特性を持つ仲間が受ける技を全て変わりに受ける。
【覚えている技】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・アイアンテール(基本・はがね/物理/威力・100/命中・75)【30%の確率で相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる】
┃├2・エレキボール(基本・でんき/特殊/威力・―/命中・100)【相手より『すばやさ』が高いほど威力が高くなる。1倍未満は40、2倍未満は60、3倍未満は80、4倍未満は120、それ以上は150】
┃├3・てだすけ(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【使用後、味方の技の威力を1.5倍にする。(優先度:+5)】
┃└4・かみなり(基本・でんき/特殊/威力・110/命中・70)【30%で相手を麻痺させる】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
4・まほ ニックネーム:マホ 呼び方:ごしゅじんさま あく/― 分類:ゾロアーク
Lv30★★★★★ HP:85 攻:77 防:50 特攻:86 特防:45 素早:84
【特性:最強への一手】
相手の苦手なタイプのポケモンの姿と名前で戦闘に出る。『タイプ』や『のうりょく』に変化はない
最初に受けた技を取っておき、5番目の技として記憶する事が可能。但し、一戦闘に一度のみ
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・シャドーボール(基本・ゴースト/特殊/威力・80/命中・100)20%の確率で相手の『とくぼう』ランクを1段階下げる】
┃├2・だましうち(基本・あく/物理/威力・60/命中・100)【自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┃├3・おいうち(基本・あく/物理/威力・40/命中・100)【相手がポケモンを交代する時に攻撃すると、交代前のポケモンに2倍のダメージを与える】
┃├4・イカサマ(基本・あく/物理/威力・95/命中・100)【自分の『こうげき』ではなく、相手の『こうげき』の能力値でダメージ計算する】
┃└5・     (基本・/―/威力・―/命中・―)【】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
5・もも ニックネーム:モモ 呼び方:パパ ゴースト/どく 分類:ゲンガー
Lv30★★☆☆☆ HP:85 攻:58 防:45 特攻:92 特防:59 素早:80
【特性:ふゆう】
『じめん』タイプの技を受けない。
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・さいみんじゅつ(基本・エスパー/変化/威力・―/命中・60)【相手を2~4ターン(実質1~3ターン)の間『ねむり』状態にする】
┃├2・どくづき(基本・どく/物理/威力・80/命中・100)【30%の確率で相手を『どく』状態にする】
┃├3・シャドーボール(基本・ゴースト/特殊/威力・80/命中・100)20%の確率で相手の『とくぼう』ランクを1段階下げる】
┃└4・シャドーパンチ(基本・ゴースト/物理/威力・60/命中・―)【自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

6・ゆきこ ニックネーム:ユキ 呼び方:お兄さん ノーマル/― 持ち物:シルクのスカーフ 分類:ミミロップ
Lv30★★★★★ HP:88 攻:53 防:64 特攻:46 特防:78 素早:77
【特性:くうきをよまない】
持っている道具の効果が発揮されない。
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・おんがえし(基本・ノーマル/物理/威力・―/命中・100)【ポケモンがなついているほど威力が高くなる。最高102】
┃├2・とびげり(基本・かくとう/物理/威力・100/命中・95)【攻撃が外れると、自分の最大HPの半分のダメージを自分が受ける】
┃├3・ふぶき(基本・こおり/特殊/威力・110/命中・70)【相手全体を攻撃。10%の確率で相手を『こおり』状態にする。天気が『あられ』の時は必ず命中する】
┃└4・バトンタッチ(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・100)【他の味方のポケモンと交代し、かかっていた補助効果を引き継ぐ】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
7・とき ニックネーム:トキ 呼び方:京ちゃん エスパー/フェアリー 分類:サーナイト
Lv30★★★★★ HP:90 攻:47 防:58 特攻:89 特防:83 素早:62
【特性:みらいよち】
トキが場に出ている間、相手の次の行動が判る。ダブルバトルの場合は一人のみ有効
1ターンにHPの十分の一を消費する
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・ねんりき(基本・エスパー/特殊/威力・50/命中・100)【10%の確率で相手を1~4ターンの間『こんらん』状態にする】
┃├2・かげぶんしん(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・100)【自分の回避率を1段階上げる】
┃├3・ドレインキッス(基本・フェアリー/特殊/威力・50/命中・100)【相手に与えたダメージの3/4だけ自分のHPが回復する】
┃└4・チャームボイス(基本・フェアリー/特殊/威力・40/命中・―)【相手全体を攻撃。自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
8・洋榎 ニックネーム:ヒロ 呼び方:ガ~ス~ どく/― 持ち物:きあいのたすき 分類:ハブネーク
Lv30★★★★★ HP:93 攻:74 防:50 特攻:66 特防:50 素早:58
【特性:鋭い感覚】
場に出した時に自分の防御と特防を三段階UPする。
【覚えている技】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・どくどくのキバ(基本・どく/物理/威力・50/命中・100)【50%の確率で相手を『もうどく』状態にする
┃├2・ベノムショック(基本・どく/特殊/威力・65/命中・100)【相手が『どく』状態の時、威力が2倍になる】
┃├3・へびにらみ(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【相手を『まひ』状態にする。『でんき』タイプには無効】
┃└4・つじぎり(基本・あく/物理/威力・70/命中・100)【急所に当たりやすい ゾロ目+31~40】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
9・ネリー ニックネーム:ネリー 呼び方:パピー フェアリー/― 持ち物:こだわりスカーフ 分類:トゲキッス
Lv30★★★★★ HP:100 攻:44 防:71 特攻:86 特防:91 素早:55
【特性:きょううん】
自分の攻撃が急所に当たりやすくなる ゾロ目+01~03
【覚えている技】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・エアスラッシュ(基本・ひこう/特殊/威力・75/命中・95)【コンマ、01~30で相手をひるませる】
┃├2・しんそく(基本・ノーマル/物理/威力・80/命中・100)【必ず先制できる】
┃├3・あくび(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【【次のターン終了時に相手を2~4ターン(実質1~3ターン)の間『ねむり』状態にする】
┃└4・しねんのずつき(基本・エスパー/物理/威力・80/命中・90)【20%の確率で相手をひるませる。】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
10・なるか ニックネーム:なるかさん 呼び方:京太郎君 くさ/こおり 分類:ユキカブリ
Lv30★★★★★ HP:85 攻:51 防:44 特攻:51 特防:50 素早:38
【特性:ゆきふらし】
戦闘に出ると5ターンの間、天気が『あられ』になる
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・れいとうパンチ(基本・こおり/物理/威力・75/命中・100)【10%の確率で相手を『こおり』状態にする】
┃├2・ふぶき(基本・こおり/特殊/威力・110/命中・70)【相手全体を攻撃。10%の確率で相手を『こおり』状態にする。天気が『あられ』の時は必ず命中する】
┃├3・はっぱカッター(基本・くさ/物理/威力・55/命中・95)【相手全体を攻撃。急所に当たりやすい】
┃└4・じしん(基本・じめん/物理/威力・1大/命中・100)【自分以外全員を攻撃】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
11・りゅーか ニックネーム:りゅーか 呼び方:京ちゃん ドラゴン/― 分類:ヌメラ
Lv29★★☆☆☆ HP:74 攻:42 防:37 特攻:45 特防:57 素早:33
【特性:ぬめぬめ】
直接攻撃を受けると、相手の『すばやさ』ランクを1段階下げる
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃1・りゅうのいぶき(基本・ドラゴン/特殊/威力・60/命中・100)【30%の確率で相手を『まひ』状態にする】
┃2・あまごい(基本・みず/変化/威力・―/命中・100)【5ターンの間、天気を『あめ』にする】
┃3・りゅうせいぐん(基本・ドラゴン/特殊/威力・130/命中・90)【攻撃後、100%の確率で自分の『とくこう』ランクが2段階下がる】
┃4・みずのはどう(基本・みず/特殊/威力・60/命中・100)【20%の確率で相手を1~4ターンの間『こんらん』状態にする】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

12・みほこ ニックネーム:美穂子 呼び方:京太郎さん みず/― 持ち物:たべのこし 分類:ヒンバス
Lv30★★★★★ HP:61 攻:23 防:23 特攻:22 特防:47 素早:62
【特性:適応力】
自分の『タイプ』と同じ『タイプ』の技のダメージが1.5倍ではなく2倍になる
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃1・まもる(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・100)【必ず先制でき、そのターンの間、相手の技を受けない。連続で使うと失敗しやすくなる】
┃2・みずのはどう(基本・みず/特殊/威力・60/命中・100)【20%の確率で相手を1~4ターンの間『こんらん』状態にする】
┃3・さいみんじゅつ(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・60)【相手を2~4ターン(実質1~3ターン)の間『ねむり』状態にする】
┃4・たいあたり(基本・ノーマル/物理/威力・50/命中・100)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

>>181
マホは……すごいね! てか犯罪だからね!

イベントは、自分が有効かなっと思ったら受け入れてます。
それ以外は、自動進行っす。
なので イベントに関して 有用な手だと思ったら安価で進行させます。

>>182
そうですね。今後はそうします。

>>183 >>188
あいつは……色々と酷かった。
ただ、ダークライを持ってるのは凄いなと思った。
毎夜悪夢にうなされるって精神的に厳しいですよね。

>>190
まぁ……R-18自体少ないからね。

>>192
それか、他の強キャラに負けて、その強キャラと主人公がバトル!
ライバルは闇落ち! とかね

>>193
そうか……のどっちが誠を……


今日は、バトル三昧かね。

バトルは、 手持ち3体 持ち物は自由 アイテムは大会が用意した物が使える

使用可能アイテム
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

手持ちは何時ものように自由に選べる事にします。
難易度上げてもなんだかなっと思いまして。

ついでにネリーのAAを作ってみた。
元からあるAAを改変しただけだけど……微妙だわ~

             │       ヽ -―――--___________
               │                                /
              │               ___  ヽ       │
             │ ,  _r_.>'''三(( ))三三__ ミzr、       /
             │,'.zK>''  /l   ̄.  ヽ ヽ `ヽ¨\ \     /
.              i r'   /l .l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:',.ヽ ヾ',   /│
             l'Y了¨.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l..:.:.:',.:.:.:ヽ.:',.:',.:.:i! 、ヽ / │
              |l!i.:j.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l..:.:.:',..:.:.:.:',.:',.:',.:.:iト、ヽ  │
              |,イ.i.:..:l.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l_lヽ_lヽ',.:ヽ'., |i! l  /
              // .l.:.:.:l.:.:.:.l.:_,」-.:.:.:.:.:.:.:.:.: 7ヽ.l ̄l.λ.:.:l.:.:.トi!l │ヽ/
             ├ .:.:.:.:.:ヽ/i'、 .i、 、.:.:.:.:.:.:.:/ i! ,.」z=l .j.:.:.:i!i!ヽ \
              ヽ  .:.:.:l .lヽi≧ト>ヽ.,__.:.:i/ .ァ行示りi!|.:.:/.:l.:.\  \
               λ.:.:ヽ.:ヾi.r-≦示リ  ヾi'   弋t才/i! ハ.:..:',.:、.j \  \
               jヽ、,ヽ、.ヽ_弋tシ      xxxxx jλ.:.:i!.:.:l .j i/  /
                ハ ヽ.:ヽヽxxxx  ヽ      .ノ::l l l./〉./Y  ̄ ̄
                  ハこ_」t、.,__  ‐ .^ ィ≦t==i! V川__≦三≧

                   /  ーi!z.イ i>=ァア´l  l  l!l l´ヽ `ヽ.:.:.:.:.:\
           __ ,'/    `こi i:/;;;;;;;;;/;;;;;;l  .l / i!      ハ_rz=ニz。、__,..ァ'''フヽ、
            / .>'.フ´.    .,.。z、jzi!___!i!≠i! ーi   '       .l l ̄>¨ ̄ ./ ./ヽ.  >
     r=、ー、'==-/    _,.。ャ': : : l!iヾi;;;;;;;;i!>: : :l.  l   .l  i.   j ,/     l  .l. ̄  ̄
   ,.'  λ  i!.    ,'    j: :/: r=zz、: : ヽ;; i!>: : :i!  l i l   l  .ノ /        l  l
 r''  _ノ:::l  .l    ,'  _/:_,ィtイ∧ト、: : ヽ;;i>: : : i!_ ', |     '' ''   ---ァフヽ .l
   ̄.. ̄,'  j    i ,t<: l¨ヽJi l.ヾレzl: : : : ヾ, : : ハ ヽ| _,.. =≠-,z--、./ /i. .l_ノ
     ,'  .l    !rへ ヾl ハ l .l . }‐'ミi: : : :ヾ'; : : : ヽ \     ./ .,:ァ''´/ .,'.:.: ̄.:.:.:.:\

AA上手く作りたいな。

ってことで、人居たらやっていきます!

はどうだんは覚えなかったか
格闘技少ないから欲しかったな

>>199
はどうだん 欲しいか!

【覚えている技】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・エアスラッシュ(基本・ひこう/特殊/威力・75/命中・95)【コンマ、01~30で相手をひるませる】
┃├2・しんそく(基本・ノーマル/物理/威力・80/命中・100)【必ず先制できる】
┃├3・あくび(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【【次のターン終了時に相手を2~4ターン(実質1~3ターン)の間『ねむり』状態にする】
┃└4・しねんのずつき(基本・エスパー/物理/威力・80/命中・90)【20%の確率で相手をひるませる。】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

どの技いらないだろ?
しねんかね?

: : : : :/ : : : : : :| : : : :|.. : :. ゙、: . ゙、゙、. \
: : : : : |. : : : : :i |: : : :i:|. : : : ∧: :、.i. .i: : . ` 、
.: : : : : !: : : : : | |、: : :| | : : i | !: :|:| : |:、: : : : : : >
: : : : : :| : : |: i 「! ヽート!、: : リ  !: |ハ: ト : | ̄ ̄
.: : :,..-、|: : :i: :|: !゙、 _、!二゙、-| イ: リ ! |ヽ:|
: : / へ.゙、 :丶ヾヽ<´{::::i` ヽ! 1!|:/| :!ノ゙、リ

: :ヽ    \ : :!丶   ̄     Vイ:ハ |\:i
.: : 丶    \゙、        `> リ  `
ヽ: : :`┬ 、  ヾ          /
  i: ;ィノ    U     ,....-ィ /
,,:‐レリ    _       ̄ /
゛=!_    \ `ー-、_  _/
::::::゛== 、 \   / ̄ヽ、
::::::::::::::::::::::゛===-、    >
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『わぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~』

京太郎「………」


案内板に沿って廊下を歩いていくと、眩しい光の下に晒された。

眩しさに目を細め、目を慣れさせると耳に大きな歓声が聴こえてくる。

大きな地鳴りのような声に驚きながらも目を凝らせば……。



『お~っと! Aブロック、決まった~~! 鮮やか攻撃になすすべない!!』


呆然と立っていると、解説の声が聴こえてくる。

見れば、自分が立っているステージ以外にもいくつかに分かれ、他のトレーナが戦っていた。

その中には、誠の姿もあった。


「こっちですよ」

京太郎「あっ……どうも」


突っ立っていると、優しげなバニーガールのお姉さんがにこやかに笑い、手招きしてくれる。

案内にそって、階段を上がれば、バトルステージが目の前に現れた。

先を見れば、自分同様少し緊張している人が見える。

あれが自分の相手の【ジロー】なのだろう。

                             , -―- 、
                            /       \
                          /          /
                         /        /
                   . -―- 、  /         /
                /ヘ: : : : : :\ |i        /

                イニl ー― 、:/|l:、       /
                l/´゚ソ ーァ。ヘ.」|        /
          , -‐r…ー| r〈、_` /ク|       /
        /7ーく厶 l   ハ`lーz┘/イ_j       /  ̄ ̄`ヽ
   _, -‐/ /-―1 |_/ ̄`! _」、 ̄ //广}     , //      |
  / ̄ ̄l_ヘ. 〈 〈}_ノ」_,ノ| 〈厂`Y / \_  l/′     \
 ,  l ̄  _」_」_ノ_, -r┘  `7介ー/_   _ /     //   ヽ
 \   ̄`テ¨´   |   /_」/   l\  , /      /´    |
    ̄ ̄      \  /   \ l   _」/       /      / l
              ∧/    ー―く |      /      /  〉
             \\  /      l、\、  /     /  |
              /厂入l   ―- / \__/     /  /
               //  ∧  〈   / `! 卜、\   /  /
             //、  l    ̄i\__ 丿/  `匸¨´ 、 /
             /   \ /   /  |  ̄      ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『Cブロック 準備が整ったようです!!』

京太郎「すげ~……」


試合会場の真ん中にある大きなモニターに自分の姿が映る。

どうやら、Cブロックというのは、自分の所らしい。


『ルールの説明だー!!』

・ポケモンは3体のみ、但し自分の手持ちから自由に選べる

・相手のポケモンを全員倒す、もしくは相手が降参したら勝ち

・持ち物は自由 道具は此方が用意した物のみ使用可能


『以上だ! さてとフィールドの選択をしよう、ルーレットオン!!』

京太郎「なんか回ってる」


モニターがコロコロと変わり、ルーレットが回る。

それは次第に遅くなり、とある文字で止まった。


『フィールドは、【水】!! 水タイプに有利なフィールドだ!!』

京太郎「わわわわ!?」


そんな声が聴こえた瞬間、足元が揺れて目の前のフィールドが動き出す。

機械音が聞こえてきて、ゆっくりとフィールドが変わった。


京太郎「これって……」


フィールドが出来上がった。

真ん中は普通のステージだが、周りが水に囲まれている。

これが【水】のフィールドなのだろう。

                 _ .. - ._
             ,. -, ´       `丶、
            / /        , - \
          _ /   !        /      ヽ
        //   l        /    _  ヽ
       / _ j l  l l     /   /   `ヽ!

         !'´ ! /ヽ l |     /   / - ‐ 、    !     
        |   V  \    l _, - ´    ',   l
      r!   l _   丶- ´         ノ   ノ
      l !   }、-、\   ,ィ二ニ ー 、  〈 iヘハ    
      lヘ   ! 〉i´f:。ト, ヽイ 7ーミ、`ヽ   l l´`l ヽ
       ヽ'、  l. ` ̄ヽl  , 〈 (Oハ    l lノ リ  ヽ
_      Y_ l.    !  `  ̄      ノ/ , イ    ヽ
l  l    ,ィ´   ヽ   l         l .ノ7  ヽ
´ `l _ r'、       !  !  r        7/    !
.  l   !_l    ハヽ二二`_ー 、丶  /´      ヽ
   | / ヾーr T  (ヘ Y(  `>r'  /        ヽ
.   l'   /´ ノ l !  / '、ヽ ニ´'´ ,. く             ヽ
   ' /  /   l   !  ヽ _ ィ´  ヽ          ',
     ! ./    ヽ ヽ, イ`ーl ヽ   )          l
   r' , '      ヽ ( V  ∧   r ´       , - '´
 _l/        i l l  ト> )-、r ' ,       /
´  l         l 〈 `! l ノ    /!   /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『さぁさぁ!! 試合は間も無く始まるぞ! 両者はお互いに最初のポケモンを構えてくれ!!』

京太郎「……」

ジロー「……」


解説の声に従い、腰から最初のボールを手にとって握る。

相手も同じく、緊張した面持ちで此方を見ていた。


『右コーナー! キヨスミタウンの京太郎!!』

『左コーナー! 海パン野郎のジロー!!』


モニターに俺と相手の顔が映りこむ。

そして――


『それでは皆さんもご一緒にッ! ポケモンバトル! レディィィ・・・ゴォォウッ!!!』

1・うた ヒトモシ 持ち物:こうかくレンズ
2・ひめちゃん プラスル 持ち物:ふうせん
3・まいちゃん マイナン
4・マホ ゾロアーク
5・モモ ゲンガー
6・ユキ ミミロップ 持ち物:シルクのスカーフ
7・トキ サーナイト
8・ヒロ ハブネーク 持ち物:きあいのたすき
9・ネリー トゲキッス 持ち物:こだわりスカーフ
10・なるか ユキカブリ
11・みほこ ヒンバス 持ち物:たべのこし
12・りゅーか ヌメラ

↓2 誰を出す?

                      ,.  ⌒ヽ、/⌒ 、-- 、

                     /_,..-         ヽ  `  、
                    __../´     /    ∨   \
                      ,/ `i      / ,'     :    、 ヽ
.        Y ヽ        //   i   ., / /|  |  :.  | | |    ∨
        |  ‘,  .._/  i   i   . | |..|...|  |   _} | | | |  | :
        i   ∨    ̄ ̄.|   .i .{ ´| |\.{  |: , ´//}∧ |  | |
        ‘,   ∨     .|   .i , rⅥィ笊 从 {∨ /ィ笊_ヽ}/、 | |
.        ∧  .‘,     .i   i . { 从 Vり \∨' Vり /' / ∧{
r <                  i   i.}从lム     ; \     ,ノ /  \
.', .\               _ .j   i  | ∧          ∧,イ
 ',   <    .∧         .i  Ⅵム  .-===-  ...イ //
.  ヽ    ` ─ .´ヽ        ∨  ヽl\       //イ
.     >                ‘ ,  |.≧` .ー . ´.≦|
     >  ´     /          ̄ ̄ ̄ ̄)三三└x
 > ´     _             __  ≦i.iミ&三三三ニ≧ -   _  、
(_  <   ∧           ィマY三三三三i.i三三三三三三三三三三.iニ',

           〕 ─  ´ ´/ィ三ミi i三三三‘,○三三三三三三三三三三.i三i
           i三.ミ x\ //三ニ/三三三三.i三三三三三三三三三三三i三.i
           i三三三≧彳三ニ././三三三三i三三三三三三三三三三三i三.i
           ∨三三三三三,///ニ,’三三三.i三三三三三三三三三三ニ.i三ミi
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「いくぜ! ひめちゃん!」

ひめこ「あい!!」


ボールを勢いよく 真ん中のフィールドに投げ入れる。

そうすれば、ボールから光が漏れて、ひめちゃんがビシっとポーズを決め現れた。


『うぉぉぉぉぉぉぉおぉぉぉおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉおぉぉぉぉぉぉぉぉぉ』

京太郎「!?」

ひめこ「ふわっ?!」


その瞬間だ、会場が爆発した。

より一層大きな歓声に胸が跳ねるほど驚いた。


『おっと~~~~~~~~~!! なんと、なんと! 京太郎選手いきなり美少女ポケモンだ!!!』

京太郎「耳いって」

                    ____
                 . : ´: : : : : : : : : : :`: .

                /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
                    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
                /:/: : : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : ::.
                  /:/、: : : / : : : : |.:.: : : :.l: : :\: : : : >、
            __/:/ : \::/ : : : : /|.:.: : : :.l\: : :\/:、:\
         _____/: : : : :/:./: :/ |:|: : : : l  \: : l: : : \:.:\
      //    /: : : : :./:.//___,ノ|:|:: : :./\_|:.:∧: : : : \:.:\
.     〈八  /: : : : : :.∧:.{ァ斧==ミ|:|:.:/ァ==斧ミ/ ∧:: : : : ::\:/〉

      \ヽ/: : : : : : /、 ∨ 乂)炒'^ノ'   乂炒 |_/: :‘, : : : : :∨
          ∨:/: : : /:l : 个ヘ ´:/:/:/:/:/、/:/:/:` 从: :/:∧: : : : : :;
.        /:/: :/./\八:.:.| : : :.    /⌒=- 、_ .:: : :.:/:/ }:.|:.|: : /
.         l八:/l/  / ̄ \/〕iト ノ==--    \/}/ ,ノイノ}: /
            /      \ ∨==--       \\   .ノ '
             |         |└┬‐ 、‐、―‐    ∨!
             |      | |\/\__l\\     ||

ひめこ「……恥ずかしか」


わんわんと鳴る歓声に耳を手で押さえる。

少しばかり歓声が止むのを待っていれば、前のジローが何やらこっちに叫んでいた。


「――!!――えか!!」

京太郎「わからん」


何かを伝えようとするも伝わらない事に気付き、じだんたを踏み始める。

一体なんなのだろうか。

「くそっ! いけ!! 【パウワウ】!!」

        /..........................................\
       .'...../_........./.........ハ....................丶
      /...../\\/.....,.../ | |........lト、...、..:,

.     ///........../...../|./  И.......リ...∨==
     /.-/........./|..../,/'_`ヽ |....../ __:,.. ∧、
    //..../ ......./...|./''竹不、. |/ ´__ レ'...∧\
  .'./l..../......../=〔  乂:ソ     ア刃`l...........,\\
  (′ ../.......,イ     ´        Vソ '..............:, 、.:.
  \ .'......./人 __  ""      ' ` ,:....、...........:, )′
    :{.....................八:..u     -  "".:......ハ.....、 ..l
     \{\八ト、..l.〕:::.....      .イ...../ .|...ハ..}
          /ノ    >- <l.../}/ ..}/  }'
          /  `\   ト、  }'′
     -=≦ \     ,ヘ人∧
   /´⌒ヽ    \  /、   >,〉 ` 、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ひめこ「ぱうわう……?」

                __
      / ´  ̄ `ー v - ´    `,
     ヽ、_  , - 、   , - 、 ヽ_,i
.        ̄   l  〈   `- '
          _ - '   \
        /       ヽ
        /∧        l
       _// ト- ,,_     l
.     /,-、  ,-、 ヽ   /

    _ -l_ヒi _ ヒi_  l   ┴―-、
 / ̄ ( ヘ `-´ ヘ)/       フ
 や- ''"`七´T`メ-'´ ̄` - ,,_   )'
.        `―´         ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

パウワウ「ぱうわう!」


ジローの投げたボールから一匹のポケモンが飛び出してくる。

そのポケモンは白く、何処かで見たようなポケモンだった。


京太郎(パウワウ……水タイプのポケモンか)


頭の中で知識を持ち出す。

確か、タイプは水オンリーで特性は、あめが降っていると状態を回復させる物が多かった筈だ。


京太郎(あまごいをしてきたら 『うるおいボディ』確定! あられなら『アイスボディ』!)



海パン野郎のジローが勝負をしかけてきた!

ジロー┃ 手持ち:◎◎◎○○○
    ┗━━━━━━━━━━━━━━

           /^^´k

           }  ソ
           |  |
           |  |
           |  |
           | |

           |  `  ̄ ̄ ̄ ⌒ヽー― --- 、
           ゝ=-‐―‐t―‐- 、 }______   !
                 |    , |   ! |

                  ‘、  ノ  :.     |  |
             _          ‘,     |  |
           /⌒≧x`ヽュ、 ヽ    ‘,  } |
             /     } }三≧辷--― ヘ 「ュ巛}
         /   /\ | |三三ミー=ニ二弐、ー‐’
           /   / ∨`} |三三三二三三三\
 ,. _(ヘ.    /   /   ∨_!三二ニ辷三三三二ニ} ̄}
 ミヽ ` ー-"  ./           `弌三三二ニリ /、

 `¨込__   j /              `弌三彡 /  \
    `ヽ.    /                 `ー一 \

ジロー「俺の顔は!?」



_  ___パウワウ♀ : L 30
 |::::| |:HP:::|lllllllllllllllllllllllllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄88/88 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


【1ターン目】

        ヒメコ♀ Lv30

   |:HP:::|llllllllllllllllllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           85/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


ひめちゃんはどうする?

【特性:リザベーション】
特性『リザベーション』のポケモンが戦闘にいると『とくこう』が1.5倍になる。

【覚えている技】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1A・ほっぺすりすり(基本・でんき/特殊/威力・20/命中・100)【100%の確率で相手を『まひ』状態にする】
┃├2B・じゅうでん(基本・でんき/変化/威力・―/命中・100)【次のターン、自分の『でんき』タイプの技の威力が2倍になる。自分の『とくぼう』ランクが1段階上がる】
┃├3C・アンコール(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【3ターンの間、相手は最後に使用した技しか使えなくなる】
┃└4D・かみなり(基本・でんき/特殊/威力・110/命中・70)【30%で相手を麻痺させる】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

ジロー(くそっ! 美少女ポケモンとか羨ましい! てかタイプわかんねー!)

京太郎(パウワウか……なるほど)

↓1 パウワウ 命中率

↓2 ひめちゃん 急所:ゾロ目 

                   ,..ィ''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``丶、
               /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
              /:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              /:.:.:.:.:.:.:癶\.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
            /:.:,;,;,;彡:.:.:.:.:.:У:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙、
    x==ニ二 ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.Y

  /    /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:/メ、//:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.i.:.:.:}
 ∥    /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.://:./\:./:.:.:.:.:.:.:.:/.:j:.:.:!.:.:.i
 {{    //:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.//:./ __ ̄  //l:.:.:.:.:.:.:./.:/l:.:.:!:.:.:l
  \  / j/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:癶{:.:{/-=斧ミx メ /:.:.:.:.://:/ j:.:.j.:.:.:l
     /:./.:.:.:.:.:.:./   Ⅵ ∥(::::(,八∠ -‐''" //~`ト、j==
     ∥{:.{:.:.:.:.:.:./ヽ_   -气,,,少       _メ   j:./:.:.:.:ト、
    { い:.:{:.:/:.:.:.:.:八               斧f,汽Xノ/:.:.:.:.:l:.ヘ
       乂从ト:.:.:.:.:.:.:.::}            〈(;;ン゙ ///.:.:.:.:.:.:lヽ:゙、
           \∧:./      r-   ` `Y/ノ/ l.:.:.:.:.:.:l }:.}
             / ̄>x \   乂 _)>    /:.:.:.:/  i.:.:.:.:.:.:l ノ:ノ
          /-―-、  ` \ __  /:./:./   i:.:.:.:.:.:l/
        /       ヽ   メ、ノ:.:_:./ノ    }:.:.j:.:.l
       \/         Y O {/メ ̄     、_ /:.ノ }.:j
        ∨           l\ノ\}         ̄  ノノ
          ∨         ヾ::L             /
            ∨            〈::::::}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



ジロー「くそっ! タイプわかんねー!!」


美少女ポケモンの優位性がこれだ。

滅多に発見されない為、タイプが判らないのだ。

故に――


ジロー「水に飛び込め!!」

パウワウ「ぱうわう!」


悪手と分からずパウワウに指示を出す。


京太郎「ひめちゃん!! かみなり!!」

ひめこ「あい!」

ジロー「ちょ!? 上がれ!上がるんだ~~!!!!」


ひめちゃんに指示を出せば、ひめちゃんの両手に電気が溜まり大きな雷となる。

ジローがそれを見て、パウワウに指示を出すも全てが遅い。

無残にも電気がプールに投げ込まれ、大きな光が一瞬を駆け抜ける。


パウワウ「     」

ジロー「まじか」

京太郎(うしうし)

ひめこ「♪」

『パウワウ戦闘不能!』


ぷかぷかとパウワウが浮かんできた。


【ひめちゃんのかみなり!! パウワウに効果は抜群だ!! パウワウは倒れた!!】


『次のポケモンを選択してください』

ジロー(くっ……残念だけど【あまごい】しなくて良かった!)

京太郎(さてと……どうするかな)


1:ポケモンを変える
2:そのまま


↓2

       { \           , ― 、__
       i.  ヽ          | ゚   |`ヾ.、 ___
         |.   、       `ー´  ! ´, -―- ` 、
       |   i            / /´      ヾ ,
       |.   |      _. - ´  `ー- 、     , -―- 、
        |    |     . ´            `ヽ  !     ゚ i
     、‐、/     |   /      ,. -―- .、    \ 、     /
      l     ┴ ´       | /´ /ヽ. `ヽ、__,ハ `ー‐ ´
    (     、          ヽ ヽ、!:::゚j      |
     `ヽ  , -ヽ            `ー 、__    _ノ
       / ./    |    _,        `ー` ̄
       `    _ゝ- ´   /        ,.ヘ´
.           /´      /      /ヽ  `ー、
           ゝ----‐´ー----‐ ´    ゝ、__)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ひめちゃん、続行】

ジロー「電気タイプなら こいつだ!!」

ランターン「ランッ!」

京太郎「うげ」


次に繰り出されたポケモンを見て嫌な顔をする。

相手はランターン タイプが みず/でんき のポケモンだ。

水の癖に草タイプが入っていて、やりずらい。


京太郎(ひめちゃんじゃ、相手が悪い)

ひめこ「う~~っ」

ジロー「よしよし」

ランターン「♪」


でんきタイプを持っている為、ひめちゃんの攻撃は、ほぼ通らない。

これは交換した方が良さそうだ。


_  ___ランターン♀ : L 30
 |::::| |:HP:::|lllllllllllllllllllllllllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄124/124 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


【1ターン目】

        ヒメコ♀ Lv30

   |:HP:::|llllllllllllllllllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           85/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


ひめちゃんはどうする?

【天候:】

【特性:リザベーション】
特性『リザベーション』のポケモンが戦闘にいると『とくこう』が1.5倍になる。

【覚えている技】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1A・ほっぺすりすり(基本・でんき/特殊/威力・20/命中・100)【100%の確率で相手を『まひ』状態にする】
┃├2B・じゅうでん(基本・でんき/変化/威力・―/命中・100)【次のターン、自分の『でんき』タイプの技の威力が2倍になる。自分の『とくぼう』ランクが1段階上がる】
┃├3C・アンコール(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【3ターンの間、相手は最後に使用した技しか使えなくなる】
┃└4D・かみなり(基本・でんき/特殊/威力・110/命中・70)【30%で相手を麻痺させる】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)
1匹目:ひめこ 85/85

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

ジロー(くっくっく、あの焦りよう。相手は電気オンリーか!)

京太郎(交換かな……優位にたてるのは……草タイプの なるかさん)

↓1 ランターン 命中率

↓2 ひめちゃん 急所:ゾロ目 

         /:.:/:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:..

         ,:.:./:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.:.::._
      ... :\〉:.:.:.:.:.:.:/|:.:.:.:.:.:.:ト :.:.:.:.:.:∧:.:/〉:\
   ...:/7:.:.:.:.:′ :.:.:./ |:.:.:.:.:.i | V:.:.:.:.:.:.〈/:.:.:.:. \

 // /:.:.:.:.:.:|:.:.:.:斗七:.ヘ:.:.: | |`ーヒ:.:.:. |:.:.:.:.:.:.::.\:\

/:/  /:.:.:.:.:. /|:.  r=ミ:.| :.:.:|リr=ミ≦:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.. \::..
K{  /:.:.:.:.:.:/:.:|:.:イ´!{//(,`  V ´千/(,` :N:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..  )/
乂、/:.:.:.:.:./|:.:八/  V/リ     V/リ j/ィ:.V :.:.:.:.:.:.:V/

  .:.:./|:.:  |:.:|:.:八_} ´~   ,    ~` ,__/:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  |:/ :.:.| |::.|:.:.:.:八          ム:.:.:.:.:. |:.: |:.:.:.:.ハ|
  {  从:| 八|\:.:.:.:.>..  ´`   イ:.:.:./:.:.:/7ハ:ハ:.:./  |
      `    \N ヽ/Xr-ィ  |X):/)/ / ノ |:/
             _ノ \__/  \_

          ,..イ  |  /  ヽ   / `
       /  |::: |  _/|{_//\/      ヽ
      ,   :::: |   V |:::::7  /        |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ひめちゃん⇒なるかさん 交換】

京太郎「戻れ、ひめちゃん!」

ひめこ「……残念」

ジロー(まぁ……そうするわな)


ボールから放たれた光をひめちゃんに当て、戻し、腰から新たなボールを投げる。


京太郎「頼んだ、なるかさん」

              ̄   ヽ
       /            :!  \
     /    / .:     :|    :.
.    /    / .:     :ハ    :.
    ′   :′.:     .:  ∨    :
    |    :! .:      .:   ∨    :
    |    :!      .: r≠ミ ∨  ::|
    |    :!       N| んハY;   ∧
    :. 、  |       |, !弋::ノノ.:   ′}!
    八 \ 八     | \ u .::  / ノ
     \(\(\    :.    .:  /
         ≧ >    \<ムイ
        -イ  \____[ ̄_
    r≪    ∨  //∧ ヽ\
   /⌒ヽ    ∨/\//\|  i\
.  /   |i     〈  |∧ l|  i| ハ
 /   ハi X    \ |/∧| i| |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なるか「が、がんばります」

ジロー「――!!」 

『話ああああああああああああああああああああああああああああああああああああ』


なるかさんを出せば、会場が大いに盛り上がる。

それと同時にジローがこっちを指差し何かを言うが、歓声にかき消された。


なるか「すー……はぁ……いきます」

ジロー「さ、さむっ!」

京太郎(何かごめん)


そんな歓声に驚きながらも なるかさんは、一息ついて相手を睨む。

そうすれば、辺りに【あられ】が降り始めた。

ジローは海パンのみのため、寒がり腕で自分を抱きしめた。


  / ̄ 二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
  |特性|      ゆきふらし       │|
  \_ 二二二二二二二二二二二二二二二ノ

       { \           , ― 、__
       i.  ヽ          | ゚   |`ヾ.、 ___
         |.   、       `ー´  ! ´, -―- ` 、
       |   i            / /´      ヾ ,
       |.   |      _. - ´  `ー- 、     , -―- 、
        |    |     . ´            `ヽ  !     ゚ i
     、‐、/     |   /      ,. -―- .、    \ 、     /
      l     ┴ ´       | /´ /ヽ. `ヽ、__,ハ `ー‐ ´
    (     、          ヽ ヽ、!:::゚j      |
     `ヽ  , -ヽ            `ー 、__    _ノ
       / ./    |    _,        `ー` ̄
       `    _ゝ- ´   /        ,.ヘ´
.           /´      /      /ヽ  `ー、
           ゝ----‐´ー----‐ ´    ゝ、__)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ランターンの【バブルこうせん】! なるかさんの急所に当たった!】

ジロー「相変わらずタイプがわかんねー……取り合えず【バブルこうせん】!」

ランターン「ラーーーン!!!」

なるか「っ!」


なるかさんを出せば、相手が指示を繰り出す。

此方は、交換の手間があり、どうしても後手に回ってしまった。


京太郎「なるかさん! 耐えて!」

なるか「はいっ!」


フィールドに吹き荒れる バブルこうせんを避けきれないと判断し、そう命じる。


なるか「っ!!」


吹き荒れるバブルこうせんを両腕でガードしなんとか耐え抜いた。

        なるか♀ Lv30

   |:HP:::|llllllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           55/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/

_  ___ランターン♀ : L 30
 |::::| |:HP:::|llllllllllllllllllllllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄117/124 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


【3ターン目】

        なるか♀ Lv30

   |:HP:::|llllllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           55/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


なるかさんはどうする?

【天候:あられ】
こおりタイプ以外のポケモンは毎ターン終了時にHPが最大HPの1/16だけ減る
ふぶきが必ず命中する

【特性:ゆきふらし】
戦闘に出ると5ターンの間、天気が『あられ』になる

【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1A・れいとうパンチ(基本・こおり/物理/威力・75/命中・100)【10%の確率で相手を『こおり』状態にする】
┃├2B・ふぶき(基本・こおり/特殊/威力・110/命中・70)【相手全体を攻撃。10%の確率で相手を『こおり』状態にする。天気が『あられ』の時は必ず命中する】
┃├3C・はっぱカッター(基本・くさ/物理/威力・55/命中・95)【相手全体を攻撃。急所に当たりやすい】
┃└4D・じしん(基本・じめん/物理/威力・1大/命中・100)【自分以外全員を攻撃】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)
1:ひめこ 85/85

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

ジロー(……氷タイプか? あられが地味に痛い)

京太郎(急所だけ耐え抜いた。相手は みず/でんき つまりは草が有効!)

↓1 ランターン 命中率

↓2 なるかさん 急所:ゾロ目 


             /        /           \
             /         / |  |       \  \
           /            ′|  l\     \   ,
.          /              i 八  | ̄\      ',  ′
        /             |   _\{   ',
.        ′        |  | ´ __ァ≠ミ _∧      | |
        |           |  |  ´7 ___)心 Υ',     | |
        |           ト、 {   {// 刈 }     | |
       |            l \    乂__ンっ  |    | |
.         |.         |   \   ,,,⌒´ |       |
          ,   |       | ′  \     し |   /   八
         ′        |              /,  /
                     从⊂ニ=ニ⊃     / // /
          \ \                イ// 厶イ
.              \ \     、__      |'  /
                 \{\     \l_  / ̄\ ̄ ̄\
                   ̄ ̄7Χ_/     \   /
                       /// \     /\/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ランターンの【スパーク】! なるかさんにはいまひとつのようだ……】

ジロー「スパーク!!」

ランターン「ラーーーン!!!」

なるか「っ!」

京太郎(うげっ! 麻痺かよ!)


ランターンから放たれたスパークになるかさんが、苦しそうな顔をする。

どうやら麻痺になったらしい。

【コンマ:01~30 麻痺】





            ,.  ´ ̄ ̄ `  、__
          /   ,      / /⌒Y
         /    /    ,:       | ̄\
        .:'    '  /__/   ,      |   \__
       /    /  ///\/ /   .'   '    {` ̄
     /イ ,.. 、イ /}/⌒ヽ、/´   // /   、   、
       { { Ⅵ /   Vオ {从 /-}/-、  }  、 \
       | |  {/       ∨ィ=、}/  ,  |、 }  ̄
       / 乂   u      ::::::: Vソ' ,l ∧l |
        /イ , 八   ,...、    '   /ムイ,'∧ |
      /\ /  、 〈- 、\__     ム/ /   \
>----イ///\   .  `  ー '  イ/从
////////\///    、   .  ´
//////////\{    /`¨¨ 、

////////////>、  {、     〉
/////////////(_)}   ∨、_,イ/\
///////////////`¨¨¨|/\////\

//////_,. --- 、//|    |///\////>--、
/> ´   --、 ∨ム  //////////////}
     ´¨¨ヽ\〉 ∧///,イ/////////// |
        - \///{/イ//r- 、///////∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ジロー「ランターン! 水にもぐれ!」

ランターン「ラーン!」

京太郎「逃がすか! なるかさん! 【じしん】!!」

ジロー「はっはっは! そんな小娘のじしんなんぞ……」

なるか「えいっ!」


なるかさんが足を思いっきり地面へと踏み出せば、フィールドが揺れ動き、ランターンが弾かれるように跳ねた。


ジロー「……まじか」

なるか「わ、技でこうなるだけで! 私は重くないですからね!」


【なるかのじしん! ランターンに効果は抜群だ!】

【結果】

_  ___ランターン♀ : L 30
 |::::| |:HP:::|lllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄52/124 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

        なるか♀ Lv30 麻痺

   |:HP:::|llllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           34/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


ランターンはあられのダメージを受けている。


_  ___ランターン♀ : L 30
 |::::| |:HP:::|llllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄52/124 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


【3ターン目】

        なるか♀ Lv30

   |:HP:::|lllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           34/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


なるかさんはどうする?

【天候:あられ 残り3ターン】
こおりタイプ以外のポケモンは毎ターン終了時にHPが最大HPの1/16だけ減る
ふぶきが必ず命中する

【特性:ゆきふらし】
戦闘に出ると5ターンの間、天気が『あられ』になる

【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1A・れいとうパンチ(基本・こおり/物理/威力・75/命中・100)【10%の確率で相手を『こおり』状態にする】
┃├2B・ふぶき(基本・こおり/特殊/威力・110/命中・70)【相手全体を攻撃。10%の確率で相手を『こおり』状態にする。天気が『あられ』の時は必ず命中する】
┃├3C・はっぱカッター(基本・くさ/物理/威力・55/命中・95)【相手全体を攻撃。急所に当たりやすい】
┃└4D・じしん(基本・じめん/物理/威力・100/命中・100)【自分以外全員を攻撃】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)
1:ひめこ 85/85

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

ジロー(さてと……麻痺ってくれればそれでOK)

京太郎(地味にきつい! 次で落ちる可能性も麻痺になる可能性もあるな)

↓1 ランターン 命中率

↓2 なるかさん 急所:ゾロ目  50~70 麻痺


              ̄   ヽ
       /            :!  \
     /    / .:     :|    :.
.    /    / .:     :ハ    :.
    ′   :′.:     .:  ∨    :
    |    :! .:      .:   ∨    :
    |    :!      .: r≠ミ ∨  ::|
    |    :!       N| んハY;   ∧
    :. 、  |       |, !弋::ノノ.:   ′}!
    八 \ 八     | \ u .::  / ノ
     \(\(\    :.    .:  /
         ≧ >    \<ムイ
        -イ  \____[ ̄_
    r≪    ∨  //∧ ヽ\
   /⌒ヽ    ∨/\//\|  i\
.  /   |i     〈  |∧ l|  i| ハ
 /   ハi X    \ |/∧| i| |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ランターンの【スパーク】! なるかさんにはいまひとつのようだ……】

ジロー「スパーク!!」

ランターン「ラーーーン!!!」

なるか「っ!」

京太郎(攻めてきた!)


どんな手で来るかと構えるも、そのまま続行する気らしい。

麻痺の優位性を生かす為だろう。

そして――

: : : : :/ : : : : : :| : : : :|.. : :. ゙、: . ゙、゙、. \
: : : : : |. : : : : :i |: : : :i:|. : : : ∧: :、.i. .i: : . ` 、
.: : : : : !: : : : : | |、: : :| | : : i | !: :|:| : |:、: : : : : : >
: : : : : :| : : |: i 「! ヽート!、: : リ  !: |ハ: ト : | ̄ ̄
.: : :,..-、|: : :i: :|: !゙、 _、!二゙、-| イ: リ ! |ヽ:|
: : / へ.゙、 :丶ヾヽ<´{::::i` ヽ! 1!|:/| :!ノ゙、リ

: :ヽ    \ : :!丶   ̄     Vイ:ハ |\:i
.: : 丶    \゙、        `> リ  `
ヽ: : :`┬ 、  ヾ          /
  i: ;ィノ    U     ,....-ィ /
,,:‐レリ    _       ̄ /
゛=!_    \ `ー-、_  _/
::::::゛== 、 \   / ̄ヽ、
::::::::::::::::::::::゛===-、    >
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「無理か」

なるか「ご、ごめんなさい」


なるかさんの動きが悪い。

予想以上に麻痺にやられてるようだ。

【コンマ:56 なるかさんは痺れて動けない!!】

【結果】

_  ___ランターン♀ : L 30
 |::::| |:HP:::|llllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄45/124 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

        なるか♀ Lv30 麻痺

   |:HP:::|lll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           11/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


ランターンはあられのダメージを受けている。

_  ___ランターン♀ : L 30
 |::::| |:HP:::|llllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄45/124 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

【5ターン目】

        なるか♀ Lv30 麻痺

   |:HP:::|lll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           11/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/

なるかさんはどうする?

【天候:あられ 残り2ターン】
こおりタイプ以外のポケモンは毎ターン終了時にHPが最大HPの1/16だけ減る
ふぶきが必ず命中する

【特性:ゆきふらし】
戦闘に出ると5ターンの間、天気が『あられ』になる

【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1A・れいとうパンチ(基本・こおり/物理/威力・75/命中・100)【10%の確率で相手を『こおり』状態にする】
┃├2B・ふぶき(基本・こおり/特殊/威力・110/命中・70)【相手全体を攻撃。10%の確率で相手を『こおり』状態にする。天気が『あられ』の時は必ず命中する】
┃├3C・はっぱカッター(基本・くさ/物理/威力・55/命中・95)【相手全体を攻撃。急所に当たりやすい】
┃└4D・じしん(基本・じめん/物理/威力・100/命中・100)【自分以外全員を攻撃】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)
1:ひめこ 85/85

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

ジロー(よしよし! ランターンよくやった!)

京太郎(さてと……どうするかな。回復してなるかさんで続行か、交換か)


状況を判断する。

手は、三つ……なるかさんを回復して続行。

もしくは、なるかさんを交換、もしくは倒れてもらって無償の交換だ。


京太郎(なるかさん! ごめん!)

なるか「………」


覚悟を決めてなるかさんを見れば、なるかさんはにっこりと笑顔で返してくれた。


↓1 ランターン 命中率

↓2 なるかさん 急所:ゾロ目  50~70 麻痺

         /               \
         /   /     /        ヽ
      /   /       /            ,
.     /   /       /        ∧│ ',
       //       /        〉/ i Ⅳ
.      i.  ′      /        // -| l |   .
.      |  i |       /        //   |/ |   i
.     l Y^      .′         / i --ミ| ′ |
.    │人|i              / i | 斥㍉_ |i  |
.    八  |     ¦       ′| ん::f 7 |l /
.      ヽⅱl    |¦i      i  l 乂ソ /  .| ′
         从l    |│|       |  レ′ /|  j/
.           \  | Ⅳ.     |。   人|  /
         / く ヽ|/ 丶    | ,,.. <  |/
     >‐/.  \   /\  〔
   /  〈     丶 .′ヽ\│
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ジロー「ランターン!!」

京太郎「ごめん」

なるか「大丈夫です、少しはお役に立てましたかね?」

京太郎「十分ですよ」

なるか「良かったです」


そんな会話をした直後、ランターンの攻撃を受けて、なるかさんが倒れた。


『なるか戦闘不能!!』

【結果】

_  ___ランターン♀ : L 30
 |::::| |:HP:::|llll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄38/124 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

        なるか♀ Lv30 麻痺

   |:HP:::|「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           0/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


ランターンはあられのダメージを受けている。

【なるかは倒れた!】

                    _, ⌒\/ ̄ ̄ \

                ,    ̄ ̄ /     、     _\
             ´      /        \     `ヾ
            /         '     、 、 、     \
             /          |   {  :. | | ∨、\   \__
           ′        |    l|  } | |、 | |\ \ ̄ ̄´
           .        {   从 /-}/-Ⅵ {  ヽ |
          /       ,.-从   | }/ ィ≧、 {  \ }'
          /イ      { ⌒\ {   、 Vj ∨、  \
            八       、   \       ヽ  ̄
            Ⅵ        ,ー、         ,:'
            ヾ\    / ∧         -,
                  ヽ /{/     、       '
                _从/____ >  __ノ
              |///////////l :l//|

              |///////////|  //|
                /////////// ∧ :./|
          , <////////////////\l/、
        //////////////////////\l、

          //////////////////////////} }
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎(さてと……今のところ、こっちが数的に有利だ)

ジロー「………」

京太郎(しかし、既に一体目でひめちゃんを出している。選べるのは残り一体のみ)

ランターン「」

京太郎(ランターン……か、さてと)


↓2誰を出す?

                   , -―- 、_   _,、
                   /, -‐-、   `´ _ノ,|
         ∧       //ィ::TOT|´ ̄ ̄  /
     |ヽ  / !       { {八::::ノノ      /
     i  i/   }   /|  ヽT ¨´ ー  /
     |      !/  iγ⌒ヾ}   r-ー´

     !          ! ! γl⌒> ! !
      ヽ        / V   j l !} コ
       `ー-‐ヘ、_ノ     / | |l l
          l ヽ      ノ  vレvi  !
           ! ` ー--‐´´     ノ j
           ヽ .         ノ /

             \       ノ/
                   `ーr-、‐rイ
                 ヽl ヽ、ゝ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「頼んだ! マホ!」

マホ「~♪」

『おっと~!!ここで京太郎選手! 初めての普通のポケモンを繰り出したー!!!』

『はぁ…………』

『会場はなんと大盛り下がり!!!』

ジロー「普通のポケモン持ってたのか」

京太郎「あはははは」


【マホは化けている】

  / ̄ 二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
  |特性|      最強の一手        │|
  \_ 二二二二二二二二二二二二二二二ノ


_  ___ランターン♀ : L 30
 |::::| |:HP:::|llll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄38/124 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

【5ターン目】

        マホ♀ Lv30 
   |:HP:::|lllllllllllllllllllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           85/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/

マホはどうする?

【天候:あられ 残り1ターン】
こおりタイプ以外のポケモンは毎ターン終了時にHPが最大HPの1/16だけ減る
ふぶきが必ず命中する

【特性:最強への一手】
相手の苦手なタイプのポケモンの姿と名前で戦闘に出る。『タイプ』や『のうりょく』に変化はない
最初に受けた技を取っておき、5番目の技として記憶する事が可能。但し、一戦闘に一度のみ

【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・シャドーボール(基本・ゴースト/特殊/威力・80/命中・100)20%の確率で相手の『とくぼう』ランクを1段階下げる】
┃├2・だましうち(基本・あく/物理/威力・60/命中・100)【自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┃├3・おいうち(基本・あく/物理/威力・40/命中・100)【相手がポケモンを交代する時に攻撃すると、交代前のポケモンに2倍のダメージを与える】
┃├4・イカサマ(基本・あく/物理/威力・95/命中・100)【自分の『こうげき』ではなく、相手の『こうげき』の能力値でダメージ計算する】
┃└5・     (基本・/―/威力・―/命中・―)【】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)
1:ひめこ 85/85
2:なるか 0/85
3:マホ  85/85

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

ジロー(ツタージャ……また草か、いやな相手だ)

京太郎(相手としては、ランターンを残しておきたいはず)

↓1 ランターン 命中率

↓2 マホ 急所:ゾロ目

            , -───- 、        ニ_|_
          /:::::::::::::::::::::::::::::::\        ニ   !
   ,へ、_ ノ::::::::::::::::::::::::::,-‐-.、::::\      □  |
  /   \:::::::::::::::::::::::::::::::/     \:::::ヽ     .―┬―
  | i  ヽ `ヽ、:::::::::::::::::::i.,__  _ ヽ::::|    | |二|二| |
 .l        ` ー‐-‐.| U::::丁  |  |:::::|   | |_|_| |
  l               |、__丿   |  |:::::|     ̄ ̄ ̄
  ヽ             ヽ、  ノ|  |::::|   ヽ   マ
   ヽ          ノ     ̄  | |::::|    フ |二|二|
    \   `ー-‐'       .ノ .ノ::/     ) .!‐‐!‐┤
     \            ///     '^ー―――
       `-、       ///´       | / ̄ヽ
         \     //´:/´./⌒入     レ'   |
           〉    |.|::::〈 /   /⌒`       ノ
          .ノ-──-.リ:::::::V  ノ         ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ジロー「俺はポケモンを戻す!!(草タイプなら!)」

京太郎「かかった!!」

ジロー「え?」

マホ「っ!!」


ボールの光が当たる前にマホは一手を放つ。

それはある意味で最速の行動。


キンッと音がしてランターンが倒れこみ、そのままボールへと戻された。


京太郎「マホ……ナイス、【おいうち】」

マホ「♪」

ジロー「はぁぁぁぁ!? なんでツタージャがあくタイプの技を!?」

『おーーと!! これはどういうことだ! くさタイプのツタージャが、あくタイプの技を使用したぞ!!』

ジロー(待てよ……確かツタージャは遺伝技で覚えたな……くそっ!忘れてた!)


【マホのおいうち! ランターンは倒れた!】

           _,,r-=-,r--、,

          /;;/ r'";;;;;;;;;;;;`ヽ,
         /;;;;;;/  |;;;;;;;;;;;;::::::::::::`、
        i;;;;;;/   !、:::::::::::::::::::::::::ト、
       .,-{:::/'b⌒Y~ `ヾ、::::::::::::::丿 `-,_
     _,-" ┴' `-i-'    `--=ニ-'~   `i,
    !--、,__   /     __     _,,---=-'
        T`o、,|_,ro'~} `--ナ-'~
       _=`ミ''~{ `i-テ"<ミ三=ニ--、

  /~二ニ==三彡/  i'~| }{λ` ミミヾ、 ~`,>-、
. / /  // レ'~i  ,/レ',/ト、┴-=-┴,二-┬、 ` 、
.{__ノ   | || レ'~{  {|`V /| |`T-tT~| iλ | /`i  }
   /`| |U /r| |/,〉,`<_| ノ !| |i | |λ U  `'~
   U^'| | し∧_ V_∧_/ / ,ノ| || | i,ノ

     `'    U'`-ゝし' V" Uし'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ジロー「ちっ! こい、ドククラゲ!(だが、いける! 相手は草タイプ! 毒が有効だ!)」

京太郎(なるほど……ドククラゲだったのか、最後のポケモンは道理で……)


どくタイプを持つ ドククラゲに草タイプの技は等倍。

そしてどくタイプの技は草タイプに有利だ。


京太郎(だけど……こいつは)

マホ「♪」


喜んで踊るマホを見て、薄く笑った。


_  ___ドククラゲ ♂: L 30
 |::::| |:HP:::|lllllllllllllllllllllllllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄97/97 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

【5ターン目】

        マホ♀ L30 
   |:HP:::|lllllllllllllllllllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           85/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/

マホはどうする?

【天候:あられ 残り1ターン】
こおりタイプ以外のポケモンは毎ターン終了時にHPが最大HPの1/16だけ減る
ふぶきが必ず命中する

【特性:最強への一手】
相手の苦手なタイプのポケモンの姿と名前で戦闘に出る。『タイプ』や『のうりょく』に変化はない
最初に受けた技を取っておき、5番目の技として記憶する事が可能。但し、一戦闘に一度のみ

【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・シャドーボール(基本・ゴースト/特殊/威力・80/命中・100)20%の確率で相手の『とくぼう』ランクを1段階下げる】
┃├2・だましうち(基本・あく/物理/威力・60/命中・100)【自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┃├3・おいうち(基本・あく/物理/威力・40/命中・100)【相手がポケモンを交代する時に攻撃すると、交代前のポケモンに2倍のダメージを与える】
┃├4・イカサマ(基本・あく/物理/威力・95/命中・100)【自分の『こうげき』ではなく、相手の『こうげき』の能力値でダメージ計算する】
┃└5・     (基本・/―/威力・―/命中・―)【】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)
1:ひめこ 85/85
2:なるか 0/85
3:マホ  85/85

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

ジロー(くっくっく、こいつで抑えてランターンを復活だ!)

京太郎(とでも思ってそうだな)

↓1 ドククラゲ 命中率

↓2 マホ 急所:ゾロ目


//////////////∧  V///! /////'フ    ___
∨/////////////,∧  V//|/ /////.  '"          `丶、
. V//////////////∧  V∧ ///              \
  V//////////////∧  V∧/                  ヽ
  V//////////////∧  V/    , /////////////,      ',
   V ///////////// ∧ / , //////////////////// ,     、
   \'////´ ̄`\///|./ /////////////////////////,     ヽ
 ̄ ̄ ̄`ヽ/      \/リ ///////////////////////////,     \

////////,{  r-、     ∨/////, -――- 、///////////////,      \
/////// ∧ {///\     V///        \//////////////,      丶 _ _
 ̄ ̄ ̄ ̄´ ヽ|ヽ ̄/∧   |//      _     \/////////////,          //
          \/∧   j/l     /   ̄\   丶/////////////,     / /
               \  〈/|    〈  /`>  〉   }//////////////, , ,  /-‐ /
                丶 ヾ',     ヽ \__/    ///////////_   -‐ '´  /
                 ̄\ ト、            /  ̄ ̄ ̄ ̄         /
                   丶 `  ..,, ___,/               .  '´
                      >  ..,,_          _,,.    ´
                              ̄ ̄ ̄ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マホ「きゅ~……」

『おっと? どうした、ツタージャ! なんと目を回して倒れこんだぞ!』

ドククラゲ「???」

ジロー「うん……寒さにやられたか?」

マホ「キラーン!」

ジロー「あっ!」

京太郎(だましうち、なんだよね)


近寄ってきたドククラゲを前にマホが急に立ち上がり、きりさく。

ドククラゲは不意を撃たれ、避けれずそのままダメージを受けた。


ジロー(はぁ!? もう意味わかんねー! 何なんだこいつのポケモンたちは!)

京太郎(混乱するよな)


頭を抱え不思議そうにするジローを前に合掌した。

【マホのだましうち! ドククラゲに普通のダメージ!】

            !            `゙''~ ヽ_,..ノ       .ゝ、    ヽ  ), ._!  l゙ ./  ''i .'    i′
            !  .`゙゙''''― ..,,,_、          -. .......、     `'-   .ヽ, ´   .!  !、,_,ノ   .,. ヽ
              /             `゙゙''''―- ..,,,_.    .l゙  .! _,     /´ゝ  \ ...l  ′  .、  . /  ._、`"
             /  ---  __ .,i'" ゙̄'、     `゙゙''''' `'''''"..  .`゙'''ー ..,,_`  .''-. `-。″   ヾ .,/  ''"
'-、         _/゛             !    / ''''''''¬―---..........,,,,,,,゙,――
  `゙ ̄ ̄ ̄"               ゝ....-'゛          _________________,゙`◯              ◯
─────────────″   . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,゙二 ̄             `゛          ー  ,,,_  ̄ ̄ ̄
         ,..-―ー-、                    l゙  . l . --ー'''^,゙,,.. -‐''',゙ン             、    .`゙''' .ヽ.
          /       \        . _,,,,.. -ー'''' .ゝ -'゙  -‐''"´ ._.. ‐ .◯、 ,。             \
       /        . l : .. -ー''''"゙´    ._,,, -…    . _.. -''″  .ゝ┘       i′   ◯ .、.\
       .!           l     . _,,.. -‐'''"゛     _.. -''゙゛_,,. ,..-'´.,/   .,.   ,! ., . `゛ .、`-  `-、
... -ー''''''"゛ .ヽ       ./ ... -‐''"゛       . _,, -'"゛ _..-'"゛._..‐″ /     /    .l  ! .! .ヽ.ヽ i'"'i `-、
        .`'-.._.... -'゛           /゙゙゙\   ._,, ‐'″ ,/゛ . ,/     ./   ., .,   │ l  ...l. ヽ `´   .`
   ._,,,.. -‐''"゛            _,, .!    .} ´   ,..-'´  .,/   .,. /   ./  ◯.  .|  .l   .l ヽ .ヽ
''''"´                 ,,, -'"゛   ゝ_/  , /   ,.. ..、   / /    /  .,i   │  l   . l, .ヽ  .゙‐
             ,,, -'"゛  ._..-'"゛    ,/゛   .、 |   !  /  /    /   .l゛ l │  .!   ヽ ヽ ,r'"
         _.. -''″  ._.. ‐'″     ,..-'´   . ,/  `ー'" ./  /    ./    !  .l  .l   |    l,  ..l
     ._..-‐'″   ._..-'"゛      ., /     ,/   , ‐ . /   ./     ./  !   _,,,,,  .!   .!    ヽ  .`'''
. _,, -'"゛    _.. ‐'″         ,..‐'゛     /    ./  ./  /     /  /  i′ ..l  |   !     ヽ  ヽ
     ._..-'"゛        _/゛,,-''" ̄`'''-、   /   ./   /     ./   l   .ヽ,,,,../ │   _,,..,,、   ヽ  .゙
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ジロー「だけど! これでどうだ! どくばり!」

マホ「った!!」

ジロー「……なんでピンピンしてるの?」


相手は、どくばりを喰らうも、怒るばかりで普通にしているマホに不思議そうに首を傾げていた。


京太郎(どくばりか……本物だったら痛いなー)


【ドククラゲのどくばり! マホに普通のダメージ】

_  ___ドククラゲ ♂: L 30
 |::::| |:HP:::|llllllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄53/97 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


        マホ♀ L30 
   |:HP:::|llllllllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           67/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


ふたりは、あられのダメージを受けている。

あられが止んだ。

   /::::::::::::::::::::::::::\~プーン

  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\~プーン  >>1
  |:::::::::::::;;;;;;|_|_|_|_|~プーン
  |;;;;;;;;;;ノ∪  \,) ,,/ ヽ~
  |::( 6∪ ー─◎─◎ )~        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |ノ  (∵∴ ( o o)∴)~      <このSSを書けば賞賛の嵐だお。皆見てくれるお。
  | ∪< ∵∵   3 ∵> ムッキー!    \_____________________
  \        ⌒ ノ_____
    \_____/ |  | ̄ ̄\ \

___/      \   |  |    | ̄ ̄|
|:::::::/  \___ | \|  |    |__|
|:::::::| \____|つ⊂|__|__/ /
|:::::/        | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕




 /\___/\
/ ⌒   ⌒ ::\
| (●), 、 (●)、 ::|

|  ,,ノ(、_, )ヽ、,   :::| このスレを立てたときの>>1
|   ト‐=‐ァ'   .:::|
\  `ニニ´  .::/
/`ー‐--‐‐一''´\


  /\___/\
/        ::\
|  ─   ─   |
| (●), 、 (●)、 | このスレの自分以外のレスを読んだときの>>1
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
\   r‐=‐、  .:::/
/`ー `ニニ´一''´ \

  /\___/\
/        ::\

|           :|
|   ノ   ヽ、   :| このスレを閉じたときの>>1
| (●), 、 (●)、.:::|

\ ,,ノ(、_, )ヽ、,, ::/
/`ー `ニニ´一''´ \

_  ___ドククラゲ ♂: L 30
 |::::| |:HP:::|llllllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄53/97 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

【6ターン目】

        マホ♀ L30 
   |:HP:::|lllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           60/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


マホはどうする?

【天候:なし】

【特性:最強への一手】
相手の苦手なタイプのポケモンの姿と名前で戦闘に出る。『タイプ』や『のうりょく』に変化はない
最初に受けた技を取っておき、5番目の技として記憶する事が可能。但し、一戦闘に一度のみ

【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・シャドーボール(基本・ゴースト/特殊/威力・80/命中・100)20%の確率で相手の『とくぼう』ランクを1段階下げる】
┃├2・だましうち(基本・あく/物理/威力・60/命中・100)【自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┃├3・おいうち(基本・あく/物理/威力・40/命中・100)【相手がポケモンを交代する時に攻撃すると、交代前のポケモンに2倍のダメージを与える】
┃├4・イカサマ(基本・あく/物理/威力・95/命中・100)【自分の『こうげき』ではなく、相手の『こうげき』の能力値でダメージ計算する】
┃└5・どくばり(基本・どく/物理/威力・15/命中・100)【01~30のコンマで相手を『どく』状態にする】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)
1:ひめこ 85/85
2:なるか 0/85
3:マホ  

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

ジロー(……あれ? 草に毒は有効のはず???)

京太郎(う~ん、このままいけるかね。ランターンを復活させられると痛いな)

↓1 ドククラゲ 命中率

↓2 マホ 急所:ゾロ目


//////////////∧  V///! /////'フ    ___
∨/////////////,∧  V//|/ /////.  '"          `丶、
. V//////////////∧  V∧ ///              \
  V//////////////∧  V∧/                  ヽ
  V//////////////∧  V/    , /////////////,      ',
   V ///////////// ∧ / , //////////////////// ,     、
   \'////´ ̄`\///|./ /////////////////////////,     ヽ
 ̄ ̄ ̄`ヽ/      \/リ ///////////////////////////,     \

////////,{  r-、     ∨/////, -――- 、///////////////,      \
/////// ∧ {///\     V///        \//////////////,      丶 _ _
 ̄ ̄ ̄ ̄´ ヽ|ヽ ̄/∧   |//      _     \/////////////,          //
          \/∧   j/l     /   ̄\   丶/////////////,     / /
               \  〈/|    〈  /`>  〉   }//////////////, , ,  /-‐ /
                丶 ヾ',     ヽ \__/    ///////////_   -‐ '´  /
                 ̄\ ト、            /  ̄ ̄ ̄ ̄         /
                   丶 `  ..,, ___,/               .  '´
                      >  ..,,_          _,,.    ´
                              ̄ ̄ ̄ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マホ「しくしく」

『おっと? 今度は泣き出したぞ!』

ドククラゲ「???」

ジロー「えっと……げんきのかけらを……ちょ!? ドククラゲすたーーーぷ!」

マホ「キラーン!」

ジロー「あっ!」

京太郎(二回目ぇ)


近寄ってきたドククラゲを前にマホが急に立ち上がり、きりさく。

ドククラゲは不意を撃たれ、避けれずそのままダメージを受けた。


ジロー(学べよ!)

京太郎(う~む、誰かを回復されたか)


【ジローは、げんきのかけらを使用した!】


_  ___ドククラゲ ♂: L 30
 |::::| |:HP:::|lllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄14/97 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


        マホ♀ L30 
   |:HP:::|lllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           60/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/

 _  ___ドククラゲ ♂: L 30
 |::::| |:HP:::|lllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄14/97 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

【6ターン目】

        マホ♀ L30 
   |:HP:::|lllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           60/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


マホはどうする?

【天候:なし】

【特性:最強への一手】
相手の苦手なタイプのポケモンの姿と名前で戦闘に出る。『タイプ』や『のうりょく』に変化はない
最初に受けた技を取っておき、5番目の技として記憶する事が可能。但し、一戦闘に一度のみ

【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・シャドーボール(基本・ゴースト/特殊/威力・80/命中・100)20%の確率で相手の『とくぼう』ランクを1段階下げる】
┃├2・だましうち(基本・あく/物理/威力・60/命中・100)【自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┃├3・おいうち(基本・あく/物理/威力・40/命中・100)【相手がポケモンを交代する時に攻撃すると、交代前のポケモンに2倍のダメージを与える】
┃├4・イカサマ(基本・あく/物理/威力・95/命中・100)【自分の『こうげき』ではなく、相手の『こうげき』の能力値でダメージ計算する】
┃└5・どくばり(基本・どく/物理/威力・15/命中・100)【01~30のコンマで相手を『どく』状態にする】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)
1:ひめこ 85/85
2:なるか 0/85
3:マホ  

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

ジロー(ちくしょう!)

京太郎(パウワウを復活させるわけもなく、ランターンが復活かね)

↓1 ドククラゲ 命中率

↓2 マホ 急所:ゾロ目


//////////////∧  V///! /////'フ    ___
∨/////////////,∧  V//|/ /////.  '"          `丶、
. V//////////////∧  V∧ ///              \
  V//////////////∧  V∧/                  ヽ
  V//////////////∧  V/    , /////////////,      ',
   V ///////////// ∧ / , //////////////////// ,     、
   \'////´ ̄`\///|./ /////////////////////////,     ヽ
 ̄ ̄ ̄`ヽ/      \/リ ///////////////////////////,     \

////////,{  r-、     ∨/////, -――- 、///////////////,      \
/////// ∧ {///\     V///        \//////////////,      丶 _ _
 ̄ ̄ ̄ ̄´ ヽ|ヽ ̄/∧   |//      _     \/////////////,          //
          \/∧   j/l     /   ̄\   丶/////////////,     / /
               \  〈/|    〈  /`>  〉   }//////////////, , ,  /-‐ /
                丶 ヾ',     ヽ \__/    ///////////_   -‐ '´  /
                 ̄\ ト、            /  ̄ ̄ ̄ ̄         /
                   丶 `  ..,, ___,/               .  '´
                      >  ..,,_          _,,.    ´
                              ̄ ̄ ̄ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マホ(お疲れ様です)

ドククラゲ(女性って怖い!)

ジロー「いろんな意味で理不尽だ」

京太郎「技だとしても酷いな、うん」


三度目の正直とばかりに近づいてきたドククラゲをマホが一閃する。

ドククラゲは涙目になり、その場に崩れ落ちた。


_  ___ドククラゲ ♂: L 30
 |::::| |:HP:::||
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄0/97 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


        マホ♀ L30 
   |:HP:::|lllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           60/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/




ジロー「最後はこいつで! 全てを抜く!」


海パンやろうのジローは、ランターンを繰り出した!

_  ___ランターン♀ : L 30
 |::::| |:HP:::|llllllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄62/124 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

【8ターン目】

        マホ♀ L30 
   |:HP:::|lllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           60/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


マホはどうする?

【天候:なし】

【特性:最強への一手】
相手の苦手なタイプのポケモンの姿と名前で戦闘に出る。『タイプ』や『のうりょく』に変化はない
最初に受けた技を取っておき、5番目の技として記憶する事が可能。但し、一戦闘に一度のみ

【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・シャドーボール(基本・ゴースト/特殊/威力・80/命中・100)20%の確率で相手の『とくぼう』ランクを1段階下げる】
┃├2・だましうち(基本・あく/物理/威力・60/命中・100)【自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┃├3・おいうち(基本・あく/物理/威力・40/命中・100)【相手がポケモンを交代する時に攻撃すると、交代前のポケモンに2倍のダメージを与える】
┃├4・イカサマ(基本・あく/物理/威力・95/命中・100)【自分の『こうげき』ではなく、相手の『こうげき』の能力値でダメージ計算する】
┃└5・どくばり(基本・どく/物理/威力・15/命中・100)【01~30のコンマで相手を『どく』状態にする】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)
1:ひめこ 85/85
2:なるか 0/85
3:マホ  

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

ジロー(草タイプを打ってこないな)

京太郎(ランターン……地味に強敵だ)

↓1 ランターン 命中率

↓2 マホ 急所:ゾロ目


//////////////∧  V///! /////'フ    ___
∨/////////////,∧  V//|/ /////.  '"          `丶、
. V//////////////∧  V∧ ///              \
  V//////////////∧  V∧/                  ヽ
  V//////////////∧  V/    , /////////////,      ',
   V ///////////// ∧ / , //////////////////// ,     、
   \'////´ ̄`\///|./ /////////////////////////,     ヽ
 ̄ ̄ ̄`ヽ/      \/リ ///////////////////////////,     \

////////,{  r-、     ∨/////, -――- 、///////////////,      \
/////// ∧ {///\     V///        \//////////////,      丶 _ _
 ̄ ̄ ̄ ̄´ ヽ|ヽ ̄/∧   |//      _     \/////////////,          //
          \/∧   j/l     /   ̄\   丶/////////////,     / /
               \  〈/|    〈  /`>  〉   }//////////////, , ,  /-‐ /
                丶 ヾ',     ヽ \__/    ///////////_   -‐ '´  /
                 ̄\ ト、            /  ̄ ̄ ̄ ̄         /
                   丶 `  ..,, ___,/               .  '´
                      >  ..,,_          _,,.    ´
                              ̄ ̄ ̄ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ジロー「今気付いたぜ」

京太郎「?」

ジロー「……ドククラゲが倒れるターンにいいキズぐすりを使用しとけば良かった」

京太郎「……だな」

ランターン「!?!?」

マホ(本日4回目のだましうち!)

【マホのだましうち! ランターンに普通のダメージ!】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆警告☆閉鎖★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★                                                                        ☆
☆                    このスレは2chから閉鎖処置を受けました                          ★
★                                                                        ☆
☆              今後 書き込みを行ったものは アクセス禁止 の対象になります。                 ★

★                                                                        ☆   
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆  


             l. l    ゙l、 |.    .,i'゙二''i   .,! |  _,,.-│ |  !''ジ゙'; ヽ   .゙┐,,″ ,/゛ / |  l゙ .l゙ .,.
                ヽヽ    l ヽ   / l゙ .}│  . ! .|   . l ,!  ./   |  /    │.!./ ./..,i'',゙;;__ノ  |  .!シ"
              ヽヽ   .l .| - 、l゙ ! │.!./゛| ! .‐".,,.l l .,i'    ! .,!     ‘'"`ッ !.!..\   .! ‘v
               ヽヽ   .!_-''< ゛ ! __┤.!  .││./ .! .l∠ニ____、.| .|         / ./ , ''./     l  `'‐
                   l l      ヽ .!  l .シ" / .l゙   .ゝ-――- 、` /     ,./ ーi!'"      .ヽ
                l│   ,..-'゛..l .\.‐!,,_゙l-/ ./   .:  .′  /._ l    ./ ./゛        ! ゙l  i
                ! | _/゛   ,ヽ .\,゙,,..″ヘ- 、 .:  , " / / .l l    /  |            ",,.ゝ ..
__ --――ー- ....,,、 ._ノ゙,lr'"   . /  ,"'―、 .- ./ ̄ヽ. l / . r'" . /   | !  / i-'゙    ___ - 、. !  /
` ._,_. --――--- ..,,,,.`゛ .i″  . /   /     l / ./ | .!/´" ./    | .|_,i‐゙ ,.. ′_..-''',゙.. -¬''> .|l丿 ./
´             ,/. `''-、´゙'' ´  /       | .|.ヾ .,- ! ″ ./     |   /.,/ / ゛    l゙    /゙″
         ,..-'゛ ___∠i.`<゛        / / |゙.l / i. / ___  ./  iツ' /       /゙^゙|  / /
__,,,,........--‐;;;;二二ー;;ー'' ̄フ''j  .ヽ     .,..| .∪ ./ l  / /゙, ―- 、`''′ ./       /   .`''" ′
ーー'''''ブ ̄´    /   ./゛  .l.  │   _;;" . l__z .|,ノ  .! ./ ,i"    .ゝ ...,.\.      ,./        ..
 _/゛     .,/゛ . /      .´ ! !'"'''"゛ .`<  l  .゛.,, -″.l..\_   /  /  \.\、  /         .!
'"      /   .,/゛           l___..-┐  l i'゙  /     ゙'ー ..,゙''-'"._ ヽ,,、  .`'-_゙''-..、          ____
    . /   . /              , ‐ ../ ゝ  .!" ,./          ゝ ‘゙_,ノ''゙   ./゙ヘ .., ̄ゝ―ー┷,,゙.. 、 ゙l
  . /   . /               /  / / ,, 、  .../          / . _,/      ,,゛ .,i    . ̄ ̄ ̄  ‐,! .|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ジロー「泣き言は言ってられないか! ランターン! スパーク!」

マホ(だいぶやばいかもです!)


電撃が迸り、マホが苦痛の表情で受け下がった。


ジロー(電気が普通に効いている?)

京太郎(そろそろバレたかね)


_  ___ランターン♀ : L 30
 |::::| |:HP:::|llllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄24/124 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

【結果】

        マホ♀ L30 
   |:HP:::|lllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           20/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/




_  ___ランターン♀ : L 30
 |::::| |:HP:::|llllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄24/124 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

【9ターン目】

        マホ♀ L30 
   |:HP:::|lllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           20/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/

マホはどうする?

【天候:なし】

【特性:最強への一手】
相手の苦手なタイプのポケモンの姿と名前で戦闘に出る。『タイプ』や『のうりょく』に変化はない
最初に受けた技を取っておき、5番目の技として記憶する事が可能。但し、一戦闘に一度のみ

【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・シャドーボール(基本・ゴースト/特殊/威力・80/命中・100)20%の確率で相手の『とくぼう』ランクを1段階下げる】
┃├2・だましうち(基本・あく/物理/威力・60/命中・100)【自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┃├3・おいうち(基本・あく/物理/威力・40/命中・100)【相手がポケモンを交代する時に攻撃すると、交代前のポケモンに2倍のダメージを与える】
┃├4・イカサマ(基本・あく/物理/威力・95/命中・100)【自分の『こうげき』ではなく、相手の『こうげき』の能力値でダメージ計算する】
┃└5・どくばり(基本・どく/物理/威力・15/命中・100)【01~30のコンマで相手を『どく』状態にする】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)
1:ひめこ 85/85
2:なるか 0/85
3:マホ  

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1


ジロー「参ったな……これ以上はダメか」

京太郎「……ということは?」

ジロー「あぁ、降参はしないぜ? 最初の大会なんだ。しっかりと負けて帰るさ」

京太郎(その心意気やよし!)

ランターン(あっ……(察し)

マホ「お疲れ様です」

ジロー「喋った!?」

↓1 ランターン 命中率

↓2 マホ 急所:ゾロ目

              ―――     /       ヽ
            /::::::::::::::::::::::::\  /.        |
          /./ ̄|::::::::::::::::::::::::\/...        |

          //  .|::::::::::::::::::::::: :: |;:..        /
         /ソ  ヾ |:::::::::::::::::::::::: : |::;..       /
 .         |/ (ο∥. ̄ ̄ ̄ ̄ |::: |;;;::..      /
  ______/   ノ  ==ヽ __,ノ:: ノ;;;;;;::..     /
/|.      | へヽ  ゝ ο ソ |ミミミ/ゝヘ;;;::::....  _/
  | .     | /\\      ./ミ:/   ;;;;;;::::.../_
  |_     | |<~ \\,    / /|    /  /;;::  \
/;;;;;;;\ . ヘ | ゝ\  ソ) /  /ゝ\__ 丿|;;::   |ヽ
;;;;;;;;;;..  |ノ_ソゝ  ̄ ̄ _/  ノ       __.|;;::   | |ヽ
;;;;;;.. /  丿| ̄\ ̄     /.       /    .|;;;;: .  | |. |
;_/   /  ゝ_ソ    /    )   へ . / . _丿ノノ
_/    /   |       /     ̄ゝ__/ ̄ヘ ノ~
                \            /  )
                 \  /       \/
                   \/_____/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『決まったーーーー!!! Cブロック勝者は……キヨスミタウンの京太郎!!』



ジロー「いや……悪かったな、ランターン」

ランターン「♪」

京太郎「お疲れ、マホ」

マホ「やりました♪」


最後のだましうちが炸裂し、ランターンが倒れる。

それを見て、解説者が大きく声を張り上げ、何かを言っている。

そんな解説や湧き上がる会場を気にせず、二人はお互いのポケモンを称えあうのであった。




結果: 勝者! 京太郎  ◎●○


           /^^´k

           }  ソ
           |  |
           |  |
           |  |
           | |

           |  `  ̄ ̄ ̄ ⌒ヽー― --- 、
           ゝ=-‐―‐t―‐- 、 }______   !
                 |    , |   ! |

                  ‘、  ノ  :.     |  |
             _          ‘,     |  |
           /⌒≧x`ヽュ、 ヽ    ‘,  } |
             /     } }三≧辷--― ヘ 「ュ巛}
         /   /\ | |三三ミー=ニ二弐、ー‐’
           /   / ∨`} |三三三二三三三\
 ,. _(ヘ.    /   /   ∨_!三二ニ辷三三三二ニ} ̄}
 ミヽ ` ー-"  ./           `弌三三二ニリ /、

 `¨込__   j /              `弌三彡 /  \
    `ヽ.    /                 `ー一 \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ジロー「いい勝負だったぜ」

京太郎「正直俺も危なかった」


湧き上がる会場を背にお互いに握手を交わす。


ジロー「ところで最後の子って大きなリボンを着けてる子だろ」

京太郎「あれ? マホを知ってたのか?」

ジロー「さっき思い出した。センター内で子供相手に化けて遊んでたなって」

京太郎「そうだったのか」

マホ「えへへ♪」


ツタージャのままのマホに視線を向ければ、マホは嬉しそうに笑った。


ジロー「たくっ……全員美少女ポケモンとか羨ましい奴だぜ」

京太郎「はっはっは(いえない、13人居ますって言えない)」

ジロー「まぁいいや……それじゃ二回戦目も頑張れよ!」

京太郎「おぅ!」


そう言って、お互いに手を離すと別れた。


|           _____          |┏─────┓
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |│ 控え室  │

|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |┗─────┛          ∧_∧
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |   ヽ                   ( ´∀`)     ∧_∧
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |\   \        i\___(____)___ (∀・  )
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |.::..:\   \        |\i\          と,,     )i
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |.::..:..:..:\   \.     |\| ̄\          \  ノi|
 ̄ ̄ \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     .\     | ̄ | `┰―― liニニi―┰' ̄ |
____\____________________\.         ┃  |\|__|  ┃
────|_____________________|                |    |
.::..:..:..::::..:..::.:..|  ___     ___    ___  |
.::..:..:..::::..:..::.:..|  └┬┬┘   └┬┬┘   └┬┬┘ . |
.::..:..:..::::..:..::.:  ̄ ̄ └┘ ̄ ̄ ̄ └┘ ̄ ̄ ̄ └┘ ̄ ̄

: : : : :/ : : : : : :| : : : :|.. : :. ゙、: . ゙、゙、. \
: : : : : |. : : : : :i |: : : :i:|. : : : ∧: :、.i. .i: : . ` 、
.: : : : : !: : : : : | |、: : :| | : : i | !: :|:| : |:、: : : : : : >
: : : : : :| : : |: i 「! ヽート!、: : リ  !: |ハ: ト : | ̄ ̄
.: : :,..-、|: : :i: :|: !゙、 _、!二゙、-| イ: リ ! |ヽ:|
: : / へ.゙、 :丶ヾヽ<´{::::i` ヽ! 1!|:/| :!ノ゙、リ

: :ヽ    \ : :!丶   ̄     Vイ:ハ |\:i
.: : 丶    \゙、        `> リ  `
ヽ: : :`┬ 、  ヾ          /
  i: ;ィノ    U     ,....-ィ /
,,:‐レリ    _       ̄ /
゛=!_    \ `ー-、_  _/
::::::゛== 、 \   / ̄ヽ、
::::::::::::::::::::::゛===-、    >
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「……ふぅ」


別れると控え室に戻り、一息ついた。

思いのほか苦戦した。

同じレベル帯で戦うのは、本当に疲れる。


『Cブロック! 次の対戦は……』

京太郎(おっと、次の対戦相手が決まったか)


飲み物を買い、一口飲んでいるとモニターに自分の顔が映された。

もう次の試合が近いらしい、だいぶ早いペースだ。


京太郎(さてはて……相手はっと)


00~50:???
51~99:???


↓2

              _,..-──- 、、
           ,、-'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``ヽ、
         ,r'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ

          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
        /::::,r'゙ァー-ー'ア"リijk´ ̄``""´``i::::::::i
       ,!::::::!       ,!トゝ、         l:::::::|
       |::::::!         ,!ヾ、,,_      ゙i:::::!
       |::,::l ,ィニニニ二r'´  ゞ二ニニニゝ、 ,!:::j

       ,rゝ;l. ´ ,ィ=≡'´レ   '`ヾ==-、  .! !^i
      .i r、i;i      ' ´:;    ` `      リイ^!
       | ソii        j             l!ヽ l
       i ,!( ,!      `ゝt''´         | j!,!
       `、. `i        _,,_ __       ,!レ'/
        \!      ィ-‐ーー-ゝ     ,!,イ
          i、       ー一        / i/
          |`、                /  'i
          |  \     ;       ,イ   |
          |   \ ___,__, ィ´/   |
          _,!              /     l、_
    ,,、-‐ ''"´ i  ;             ! !   ̄``''ー- 、
           l   ;          ,'  ,'  !  ;
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【Cブロック-二回戦目 キヨスミタウンの京太郎VS山男の阿部】

京太郎「ぶほっ」


画面を見た瞬間、飲み物を口から吹きだした。

画面いっぱいに阿部さんの顔が映ったのだ、仕方が無い……。



                  _...-‐………-..,,_
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
              ;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                 i:::::::::rゞゞゞゞゞyffゞゞゞイ::i
                 |::::::::|       ノリ    |:::|
                 |,.-、:|≡≡≡ノ  (ミ≡≡リ
                l /l|:| 'fツ¨`   f、fツ¨`i,ヘ
               !{<!ゞ  ̄     |  ̄ .ir}}
                 ヘニヘ         〉   .!ツ
                 !!:i    、 ^ ´ ,  ,'
                   _| ヘ     ̄_ ̄  /
             _/ | :::\   }  /|`ヽ
          >''´/ /|  i ::::::≧≡≦:::i:lヽ::ヘ _
       >    /  i:::  i ::::::::::::::::::i:::|:: ∨ヘ`ヽ`"''-..,,_
  _,,...>        /  .|::、_ヾ      i |_,,.-∨ ヘ
 /          ./   l:::    ̄ `ヽ __ノ´   ヘ ヘ    i
. i  \       ./     l::       ヽ     l   ヽ   |
. |.    \ ヽヽ/_    ヘ:          i     |    >  .l
. |       \ ヽヽ `"''-、 ヘ        |      l /――|
. !       \ヽ!  /   .ヘ         |      | `''‐-、_|
. ヘ        `''-<     ヘ         |     .|   /  |
  i          \ ヽ    ヘ       .!     |   /   .|
  l          \ i、     ヘ      ノミx,,_   .l   /    |
  ヘ        f、コ´`''-、} >   ヘ三彡'     ̄ | ./   /
  ヘ       _,,`ニ=-..,,_`ヽ、> .,,_ヘ    }i    ! /\__/
.   ヘ     (ー' __   "''-ヽ    \  , 、  .//
    ヘ      ̄r''j¨¨ ̄""''-、!.      ヘノ  ヾ /´    ,..-''"´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

阿部「おいおい、噴出すなんて酷いじゃないか」

京太郎「あ……阿部さんも参加してたんっすね」


気つけば、後ろには阿部さんが立っていて、やれやれと首を振っていた。

袖で口元を拭きながらも向き直り、改めて挨拶を交わす。


京太郎「お久しぶりです」

阿部「おぅ、変わりなさそうだな。いい男に成長している」

京太郎「ふっふっふ……鍛えられましたから」

阿部「………」


腕を捲くり力瘤を作る。

結構な大きな瘤が出来上がり、阿部さんも綺麗な眼差しで此方を見ていた。


阿部「ウホッ……あぁ、失礼」

京太郎「はぁ……」

阿部「……それじゃ先にフィールドに行ってるぜ?」

京太郎「はい!」


阿部さんは、そう言うと廊下を颯爽と歩いて去っていった。


京太郎(阿部さんか……何を使うのかね)


そんな後ろ姿を見ながら、次のバトルへ向けて頭をフル回転させるのであった。


                ,. --- 、        ____
                  /,  ´ ̄ ̄` '⌒´     \
           、_/_/⌒ヽ , /            ヽ
            ,---、  / //    :       ヽ :.
           ,  / ̄-/ /' {   | |       | :
          / __   ̄,./ /-' l| l | |___ l |    |
            .:' /   ,イ _| | |ア__l { { | / }`| |    |
       /       ,:´ | { | l\{从 ∨ィ斧ミ、 |    |
    /\'´        /{  | 从{__,. \∨Vソ }イ ト、 ∧{
    ////\ r---  ´八 !∧  ̄   ,:  :.:.:  }/ノ/ リ
.   ///////\      \}∧         u 八/
  //////////〉        込、  __    ,.: /
  ///////// /          }>、   ` イ |从
 ,'//////// /   _      /--、l ` ̄ :,   |--、
.///////// /  イ/////\   {////}   /  「///|
'//////// /´// {////////ー '|////|   ,   |///l|
///////////// |l///////////ヽ// \    |////> 、
////////{/////{!/////////////////}--- /////////> 、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「阿部さんとの対戦前に準備をしておこう」

京太郎「持ち物を確認しておくかな」

1・うた ヒトモシ 持ち物:こうかくレンズ
2・ひめちゃん プラスル 持ち物:ふうせん
3・まいちゃん マイナン
4・マホ ゾロアーク
5・モモ ゲンガー
6・ユキ ミミロップ 持ち物:シルクのスカーフ
7・トキ サーナイト
8・ヒロ ハブネーク 持ち物:きあいのたすき
9・ネリー トゲキッス 持ち物:こだわりスカーフ
10・なるか ユキカブリ
11・みほこ ヒンバス 持ち物:たべのこし
12・りゅーか ヌメラ


持ち物変更

↓2 誰に何を持たせたいと 安価で打てば変更いたします。


これさっき戦った子は体力回復してるんだよね?安価下


1・うた ヒトモシ 持ち物:こうかくレンズ
2・ひめちゃん プラスル 持ち物:ふうせん
3・まいちゃん マイナン 持ち物:オボンのみ
4・マホ ゾロアーク 持ち物:クラボのみ
5・モモ ゲンガー 持ち物:クラボのみ
6・ユキ ミミロップ 持ち物:シルクのスカーフ
7・トキ サーナイト 持ち物:オボンのみ
8・ヒロ ハブネーク 持ち物:たべのこし
9・ネリー トゲキッス 持ち物:こだわりスカーフ
10・なるか ユキカブリ 持ち物:きあいのタスキ
11・みほこ ヒンバス 持ち物:たべのこし
12・りゅーか ヌメラ 持ち物:オボンのみ

となりました。

ちなみに
クラボのみ:[まひ]状態になった時に治す
オボンのみ:HPが1/2以下になると最大HPの1/4回復

>>360 回復しております。

                    _, ⌒\/ ̄ ̄ \

                ,    ̄ ̄ /     、     _\
             ´      /        \     `ヾ
            /         '     、 、 、     \
             /          |   {  :. | | ∨、\   \__
           ′        |    l|  } | |、 | |\ \ ̄ ̄´
           .        {   从 /-}/-Ⅵ {  ヽ |
          /       ,.-从   | }/ ィ≧、 {  \ }'
          /イ      { ⌒\ {   、 Vj ∨、  \
            八       、   \       ヽ  ̄
            Ⅵ        ,ー、         ,:'
            ヾ\    / ∧         -,
                  ヽ /{/     、       '
                _从/____ >  __ノ
              |///////////l :l//|

              |///////////|  //|
                /////////// ∧ :./|
          , <////////////////\l/、
        //////////////////////\l、

          //////////////////////////} }

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「準備は出来た……行くか」


回復してもらったボールを受取ると廊下を出て会場へと歩く。


『わああああああああああああああああああああああああああああああ』

『きたきたきたーー!!!! ラブリーなポケモン達を使いこなす少年に会場は盛り上がっております!』

京太郎(すっげー歓声)


会場に入れば、先ほど同様に大きな歓声が沸き起こる。

それを見渡しながらもフィールドの端へと立つ。


阿部「熱いバトルにしようぜ☆」

京太郎「勿論です」


端に立てば、同じように勃っていた阿部さんが声を掛けてきた。

それに、にこやかに答えつつも闘志を燃やす。


『さーーー!! 今回のフィールドを選択だ!! るーれっとォォォ!GO!!!』


掛け声に合わせて、ルーレットはぐるぐると回る。

それをじっと見ていれば、ある文字で止まった。

         ∨           ∨     :::::|二|             /

       ..:::. ∨           }、_:      ::|i__:|            /  ::::..
     ...::::::    ヽ_           .l::∧ :     ..:|':::ノ            ./
             ∨   ト、        .∨......::: l|:¨!           /:.、
            人_     ∨     _∨..::  |            /..:
               ∨  ::::∨ , - ´   ∨.:::: |         ‐ 、  /
、              ∨   .::∨      }:..  |        /       /
 \            ./∨   :::::∨ , -‐ ´ ∨. ̄| ̄ ̄  `゛/ <.      /\
   ` 、        / ./:∨  .:::∨      ∨.从      /       \ _./    .、
      ` 、    ./   ::.∨     ヽ     i   〉.   /.     イ⌒/       ∨
       `ー 、 .:/      .\   ハ,:::<:::::::゙, ./ ̄ ̄/    /...  :/.      :_/
          `く ;;;;;;      ∨: : : : ゙,: : : : : : }: :|: : : : /: : :./...:::: : ;/ ヽ _./ヾ
             ` 、;;;;;:  /¨〈: : : :.゙,: : : : : :Ⅵ: : : /: :/: : : ;;;;;/;;;;  /;;;.
              ;;;`ヽ;;/;;''  l〉: : : :ヽ.: : : : :.',!: : ,': :/: : : : : ;;/_,,;;;;;;;;/     ;;

      :::::::.     ,,;;:::::::: l/\__:/: : : : : : ∨: : : :{: : {: / : : : : /: : : : : : : ;;;;;  ; イ
        ` 、 .:''    .;'  :iヘi\.: : : :. :.∨ : : ∨ }': : : :./: : : : : : : : : :.<    〉_
¨゙゙  、__     :::::     :/ '''''.: : : :. :.\.: : : :.‘,:.:. .:.∨: : /: : : : :.-=≦....  〈__;::‐〈/
_     `¨¨゙  、_::  ;i.: : : :. :.___≧=-: :\_,/_,∠ニ=-: : : :.____::{_   i:::

    ̄ ̄`¨  、__三≧x_.: : : : : : : : : : : : : : :. ̄i\: : : : : : : : : : : : : : : : : 人:: ;;;;;;;:〉
            `¨¨i l:  ̄ ̄ ̄二ニ=─: :/l.: :.\.: : : : : : : : : : :. :. :.〈::_三 }≠‐

                :| | ;;;;:>'´.: : : :. :. :. :./.: :.|: : : :.` <.: : : : : : : : : : :.;;;;;   :〈;;;
                :〉_:>' : : : : : : : : : : / : : : : |.: : : : : :. :.` <: : : : : ,,,;;;;;;;;   :〉
        _;;; -   ̄{  ;;.: : : : : : : :. :./: : : : : : ,ハ: : : : : : : : : : : : :.<:::{;;;;;;;;;   /
    r≠'¨¨     ;;;∧、;;;;;.: : : : : :./.: : : :. :. :./ . ‘,: : : : : : : : : : : : : : ` <_  〈
_;; ≠'´    ,,,;;;;;;;;; :     \.: :. :. :./.: : : : :. :. :./.: : : :.ヽ: : : : : : : : : : : : : : : :./  /\
∨    _;;;< ;;;;;;; _/ ''';  >'´.: : : : :. :. :. :./.: : : : : :. :.\.: : : : : : : : : : : :./  /\
. ∨_./;;;;ィ≠<〉' ´ ._;;     ` <.: : :. :./ : : : : : : : : : : \.: : : :. :.-=≦   /\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【フィールド:岩場】

『決まったー!!! 今回のフィールドは『岩場』!!無数の岩が視線を遮るフィールドだ!』

阿部「ふふふ、俺の縄張りだな」

京太郎「縄張りなら……荒すまで!」

阿部「ふぅ……そのイキだ!」


『さーいくぞーー!!! ポケモンバトルゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ』

『レディーーーーGO!!!!!!!!!!!!!』

1・うた ヒトモシ 持ち物:こうかくレンズ
2・ひめちゃん プラスル 持ち物:ふうせん
3・まいちゃん マイナン 持ち物:オボンのみ
4・マホ ゾロアーク 持ち物:クラボのみ
5・モモ ゲンガー 持ち物:クラボのみ
6・ユキ ミミロップ 持ち物:シルクのスカーフ
7・トキ サーナイト 持ち物:オボンのみ
8・ヒロ ハブネーク 持ち物:たべのこし
9・ネリー トゲキッス 持ち物:こだわりスカーフ
10・なるか ユキカブリ 持ち物:きあいのタスキ
11・みほこ ヒンバス 持ち物:たべのこし
12・りゅーか ヌメラ 持ち物:オボンのみ

↓2 誰を出す?

    ,ゝ                      / /      `'''ー ..,、     .`'-、     '!、.ヽ      ,!
  .,..ノ                      / ./       ____`--..,,.     ゙''-、¬―ヽ ヽ .,,,_、  .i|_
、 /                    _..ィ  ./ ,i彡―''''''二二 ---―¬ ̄ .`''-..、    ゙゙ゞミ" .l, ヽ.- ...二¬ヽ ,..、
.‘      /|       ._..-'"  .`" / ,i'――"´                   `'ー..、   `'-.l  ヽ    .゛ ¨ ー |ュ′
      ./ .|   ._..-'"゛ ._..i-‐―/ ./                         ゙''-、.    l  ヽ     .lx.
      /  .゙‐''''" _.. -'''"  .!  ./ ./                               `'-、.  l  l,. 、   .!ヽ
     ./   ._. -'"゛     i! / /.!                                 `'‐ l  . l .`'-、, │ヽ
.   /   ,./            !レ゙ /  |                                 l  . l   .`''″ヽ
..l   /  ./             ゙i ̄"   `"''て                                  !  .l      ゙
 ! ./  /             「"       │                              !  .l\.
  l./ /              /            l                                  |.   l ,゙x、
  l ./              /          l、                                 !   .l.-'"ヽ
  ..l、             `\、       /                                _.. ‐',゙. l   l,  ..l
   ヽ            l.ヽ____/                          _..-''',゙ / '´  .|   .l   .l,
r    ヽ           l   ヽ                            _..-''',゙ -'".、  ,  ,!    l
.「'、   ヽ           ヽ.  \                        _..-''',゙ -'"   _/`゙''". l  .l゙    l
/ ヽ,   ヽ           `'、、 \                _..-'"_..-'"     .'ヽ,    .ゝ l     l
   ヽ   \           \  . \               ,..-'"_..-'"          l  . _,,.〉/     │
    \ .,, .,\            ヽ、   \      ._..-'"゙., /                l/  ./      ,ィ tー
    .,,、゙ / ゙゙.\,゙_ο          \,   ゙''-、, .'"゛.,..-'´                     /      !  l
    .l゙ ´       て               \    `'-..,゙                     ,..-'´     i、 ! /
    l         ヽ.,             \     `''- ,,,               _..-'´       ,.i!゙.ゝ.l
   .ヽ           /'"\            ,/ノミ,゙        `''ー 、、    ._..-'"            ,i'l′  .!_,
    .l_、     l .、   \      ., '' /    `''-..、        `゙._,, ‐'″          /       ヽ
      `'-_..--"´  .\   `'-,  ._//        `''ー、、  . _..-'"゛  .,,イ            /
               `-、  `' _ ‐゛               _..-'"´     /  l,       .,ノ゙,,,、
              |  .`'、、  . \         .,,, -''″   ,,   /    .\___. v   . ´゙―――-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                        キンッ



ボールを投げ込むと、お互いのポケモンが空中で交差した。

その瞬間、幾つかの軌跡を描き、地面や岩場に刻まれた。

          .. .:'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:^':...

.         ,. (,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        /ハノ_j;x=ミ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r=x?。
.        .:.:.:.:.:.(__少/:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:辷,,):i,
       ;.:.:.:./.:.:./.:.:.:゙/.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.:.:.:.:i、\
       i.:.,:.:.:.:.:. ´:.:イ「ソ:/|.:.:.i  |:.:ハi:.:.i. vi .:`.
       l/;´.:.:.:゙.:./斗や「i|.:.:.|  い八:.i.:.: | .:.:.:,
      /,ノ:.:.ii:i.:.; .斗=ミ八 :.| x扞㍉:、i.:.|. :.:.:i

      ;'.:.:.:.ノ|:i.:〃 )しハ     )しハ 小:.:|i:i.:.i|
      i.:.:.:.:.:.i|: :i| 乂xツ     ゝツ i.|.:.:八ハリ
      {/:.:i八i:i込、 ''   `     人|:.:.:.:.:|
.       /.:.:.:.:.:. `|八介; .  ´゙  イ|.i.:.|/.:.:.i|
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:l彡iY^ニ≧tr<-=ミx:ー=ミj八
.     /.:x:ヤ''T:i^~ /∧ ニZj圦 'v 丶\: .  ⌒ヽ_
    / ノ′  | i   '/∧  厂`'ト. 〉  \\i.   i「¨:iトミ ____
    / i: .  i.| i    /∧ノ\,人´∧  `'心, 、リ :i|     ~"'丶、.,,__,. --ミ
  ( , i|: .  i:| i 辻j-.   'v八  `ヽ‘,    ヤ辷ンッェ]L,_            _,.二つ
  :/:)x八: . 圦__--  __   \);,  ヤi    、,㍉;.:.:.^ぃ  `~""  ´~^"^丶、__`つ
 /ii′   \ :/二ニ=‐-ミメ、 \  .り    /   \:.`:ヽ
 :八       :,′      `' 、  v/ |  / '    ` ;ヽ:.:.、
 .:.L≧=ー彡イ:          \ V | ' /      Vハ\
 i人   .:.:.i{ : : .             ヽ:|:.レ ,:′      }.i:ノ,   _
 / `':=ァ.:.:.:iヤ : : : . .       . : :i|少゙: : . .  . . : : 圦i:’  `
    ∧:.:i|込 : : : : : . . . . . . . : : : 八 : : : : : : : : : : : ,:仏ハ:i}  :i

    ∧(:.八i.:}i:,、: : : : : : : : : : : /: :,)iッ,___________,. イ 〕「i.:!リ  :i
   人乂ト、`r:リ{≧=‐----‐=彡  .:ノi:.:.:ノ八vノ:.i.リ アi.:.:,:′ ,:

.  ,:'^,.、xァう''i{圦: :^:、:ー:‐: '^ : : : : : : : たシ__彡シ __彡' '′ /
 / /  /´ : 八: :\: :\ : : : : : : : : : ; イ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         /             /    /  / 〃                i{   | \
       /           /    /  / 〃         |         i{   |
      /              /    /  / i{          |         i{   l    ',
   __/      /     ′  〃 /{  ハ   {    |  |ヽ
 ⌒ ̄ ̄ ̄ ̄  ア        i{    l l  i{{ l i{   {    |  | }  i{       /
.          /  ィ'       i{    | l 从| l i{   {    |  | } 从   〃   ′    l
         {/ /       i{    |jI斗===ミ i{   {    |   厂}/}/ }/ }   /⌒ 、
            '         ∧  狄Ⅵ汞≧八  {\  | ィ'“ 汞笊ぅ/ / 厂^ l    ′
         /  /    { ', {   ∨こリ \l   、! /   Vこツ{/i /    从  ′
        /  /    人 ', ',{            }ノ          }/   / ハ/
       ∠  ∠   イ  l\ 、 V                       }   / /
                  八  !  Ⅵ ヽl          j               l=‐≦/
                   \〉   v 汯         {              爪 〃
                    }  ∧                        / //
                       \{ 込、    ___           /{ ィ/
                     _ -=\   に ̄ ̄_)       {从
                      〃    }N\            /   j_ノ_}Y
                       ri{      i{   、          /_ -=ニニニニ|
                       |ム      i{    ー―― r≦ニニニニニニニ=|
                       |ニ}    /{            |ニニニニニニニニ=‐ |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

由暉子「むっ……仕留め損ねました」

京太郎「まだ命令してないからね、ユキ」


不服そうなユキに声を掛けながら相手のポケモンを見る。

山男ってことで予想はしていたが、厄介な相手を出してきたものだ。

⊂ - _                _ - ⊃
. _〕 _,, ⊃   i´` -ユ-'`、   ⊂ ,,_ 〔_
.`- ' l  .イ  /´`i /~`-ヘ  ̄~yイ __ l `-'
   .Tv ト-ヘ <´`   了 c V_l´

    .`-┬ 〈`'      コ  <ヘ
      〕 ワ じ\l lイ_l い 〕(

      < _    七こナ   〈 〔
      `l ` /`二) (二い  〔 /
       \_ 二) (二_,, - イ_〈

          ̄ムソ-し、__/`‐'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  _...-‐………-..,,_
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
              ;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                 i:::::::::rゞゞゞゞゞyffゞゞゞイ::i
                 |::::::::|       ノリ    |:::|
                 |,.-、:|≡≡≡ノ  (ミ≡≡リ
                l /l|:| 'fツ¨`   f、fツ¨`i,ヘ
               !{<!ゞ  ̄     |  ̄ .ir}}
                 ヘニヘ         〉   .!ツ
                 !!:i    、 ^ ´ ,  ,'
                   _| ヘ     ̄_ ̄  /
             _/ | :::\   }  /|`ヽ
          >''´/ /|  i ::::::≧≡≦:::i:lヽ::ヘ _
       >    /  i:::  i ::::::::::::::::::i:::|:: ∨ヘ`ヽ`"''-..,,_
  _,,...>        /  .|::、_ヾ      i |_,,.-∨ ヘ
 /          ./   l:::    ̄ `ヽ __ノ´   ヘ ヘ    i
. i  \       ./     l::       ヽ     l   ヽ   |
. |.    \ ヽヽ/_    ヘ:          i     |    >  .l
. |       \ ヽヽ `"''-、 ヘ        |      l /――|
. !       \ヽ!  /   .ヘ         |      | `''‐-、_|
. ヘ        `''-<     ヘ         |     .|   /  |
  i          \ ヽ    ヘ       .!     |   /   .|
  l          \ i、     ヘ      ノミx,,_   .l   /    |
  ヘ        f、コ´`''-、} >   ヘ三彡'     ̄ | ./   /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「ゴローンか」

阿部「やれやれ、早速相性が悪いな」

京太郎(こいつは……物凄く怖い!)


汗がたらりと零れる。

このポケモンは、危険な技を持っている。

正直、覚えていたら相手をしたくないほどに……。


阿部「まぁ……相性を越えるのがトレーナーの役割なんだがな」

京太郎「そうですね!」


_  ___ゴローン♂: L 30
 |::::| |:HP:::|lllllllllllllllllllllllllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄82/82 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


【1ターン目】

        ユキ♀ Lv30

   |:HP:::|llllllllllllllllllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           88/88      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


ユキはどうする?

【特性:くうきをよまない】
持っている道具の効果が発揮されない。
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・おんがえし(基本・ノーマル/物理/威力・―/命中・100)【ポケモンがなついているほど威力が高くなる。最高102】
┃├2・とびげり(基本・かくとう/物理/威力・100/命中・95)【攻撃が外れると、自分の最大HPの半分のダメージを自分が受ける】
┃├3・ふぶき(基本・こおり/特殊/威力・110/命中・70)【相手全体を攻撃。10%の確率で相手を『こおり』状態にする。天気が『あられ』の時は必ず命中する】
┃└4・バトンタッチ(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・100)【他の味方のポケモンと交代し、かかっていた補助効果を引き継ぐ】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

阿部「一発ヤルか」

京太郎(とびげりが有効!! だけど【がんじょう】持てそう)

※特性:がんじょう
HPが最大の時、『ひんし』状態になるダメージを受けても必ず1残る


↓1 ゴローン 命中率

↓2 ユキ 急所:ゾロ目 

                ,. --- 、        ____
                  /,  ´ ̄ ̄` '⌒´     \
           、_/_/⌒ヽ , /            ヽ
            ,---、  / //    :       ヽ :.
           ,  / ̄-/ /' {   | |       | :
          / __   ̄,./ /-' l| l | |___ l |    |
            .:' /   ,イ _| | |ア__l { { | / }`| |    |
       /       ,:´ | { | l\{从 ∨ィ斧ミ、 |    |
    /\'´        /{  | 从{__,. \∨Vソ }イ ト、 ∧{
    ////\ r---  ´八 !∧  ̄   ,:  :.:.:  }/ノ/ リ
.   ///////\      \}∧         u 八/
  //////////〉        込、  __    ,.: /
  ///////// /          }>、   ` イ |从
 ,'//////// /   _      /--、l ` ̄ :,   |--、
.///////// /  イ/////\   {////}   /  「///|
'//////// /´// {////////ー '|////|   ,   |///l|
///////////// |l///////////ヽ// \    |////> 、
////////{/////{!/////////////////}--- /////////> 、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ユキ⇒モモ へ交代!】

京太郎「悪い! モモと交代だ!」

ユキ「むーっ」

【ゴローン⇒ハリテヤマへ交換!】

阿部「ゴローン、戻れ!」

ゴローン「ゴロ……」


京太郎&阿部「へ?」

『なんと言うことだー!! 両者最初の選択はポケモン交換だ!! 既に高度な読み合いが始まってるぅぅぅぅ!!!』


思わず、阿部さんと顔を合わせる。

お互いに少しポカーンとするも、阿部さんは直ぐに微笑み返してきた。


阿部「頼んだ! ハリテヤマ!」

京太郎「頼むぞ!! モモ!!」


そして、お互いにポケモンを繰り出す。

_  ___ハリテヤマ♂: L 30
 |::::| |:HP:::|lllllllllllllllllllllllllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄135/135 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


【1ターン目】

        モモ♀ Lv30

   |:HP:::|llllllllllllllllllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           85/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


モモはどうする?

【特性:ふゆう】
『じめん』タイプの技を受けない。
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・さいみんじゅつ(基本・エスパー/変化/威力・―/命中・60)【相手を2~4ターン(実質1~3ターン)の間『ねむり』状態にする】
┃├2・どくづき(基本・どく/物理/威力・80/命中・100)【30%の確率で相手を『どく』状態にする】
┃├3・シャドーボール(基本・ゴースト/特殊/威力・80/命中・100)20%の確率で相手の『とくぼう』ランクを1段階下げる】
┃└4・シャドーパンチ(基本・ゴースト/物理/威力・60/命中・―)【自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)
├2A:モモ 88/88

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

阿部(参ったねぃ……タイプが分からない。先ほどのポケモンは岩は苦手かな?)

京太郎(相手はハリテヤマ、かくとう技が基本でモモには効かない!)

京太郎(しかもあっちは、モモのタイプを知らないので一発は攻撃をしてくる筈だ!)

↓1 ハリテヤマ 命中率

↓2 モモ 急所:ゾロ目 


      r‐-、     ___
      ,-、|  | `Y 7´  _|
    〈      {│ / __Y´ ̄l
     ヽ.  r‐,ハ'レ'ニ'フ 、こ|   |  , へ
       `二Y  ` ̄,ニ、フl   !_/    〉
   「 ̄ ̄ニニL - 、/   `′     /
   |   __,   〉、_,> 、      r'´
   `T ̄/ // /   | l \    ,〈
    | く      ' /|     ト` ̄´ 〉
    ヽ. \   / |     │` ー'7
     >、_ヽ/ヘ└──‐'    /
    `ー'--'´    ヽ、 ____,ノ
                ヽ__)_〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ハリテヤマのねこだまし! モモには効果がないようだ……】

阿部「ハリテヤマ、ねこだまし!」

モモ「うるさいっすね!」

阿部「む……効かないか」


バンっと大きな音が会場へと響き渡る。

大きな音に思わず、両手で耳を押さえるもモモには効果がない。


京太郎「モモ! そのままシャドーボール!」

阿部「……ゴーストタイプか、ダメだな。今日は」


                         ___
                       ....::´::::::::::::::::::::::::::::::...
                      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ

               //::::::::::/:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                  /:::/::::::::::::.:::::::|::i::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::i
              /:::::{ ::::l:::::::|:::::::|::i:ハ::::::::!::::::: |:::ト、::::::::::::::|
                 |::::::::|:::::l:::::::|:::::::!::{  li::::::l:::::::::.::::!:::ヽ::::::::::!
                 |:::i::八::::ヽ_:|::::: |/ ノl:::从:::::: l::::|:::::::i:::::::::|
                 |i::|:::::::::芹ミ|ハ:八 ィ芹ミz::!:::::: |i:::「ヽ::l::::i::::|
              八ト、:::八ヒヅヽ ´ ヒz;ヅl:ト;::::::|i:::l_i/::l::::i::::|
              |i:::ヽ::::i l!      `|   )八リ:::|/::::|::::l::::|
              |i::::::::::::. '      'l''   i}:/:::::i:::::::|::::|::::!
              |i::::--|込、、__   :!   ,.'|i:::::::l:::::::|::::i::八
             ノ'/// |::::::`ト .`  _l ,.∠ |i:::::::l:::::::|::::l/

               |//:.八::::::|`ー<. 厂 ̄_八:::: l:::::::|:从
               |////:.\:!// |/` ー=ニ___ヽト、八{`ー‐  _
               |//////////:|//∧ }::::::::/\ }///|//////`ヽ
               |//////////:i///∧ l:::::::{  Ⅵ///|/////// .
               |//////////:|l://∧!:≠ヘ.  }////|//.:'/////:i
              .///////// ノィ\//∧- 、::::∨////、.:゙//////|

               ∨///////{///:ハ//∧  \:ヾ//チ//\{//// |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
モモ「お返しっす!」

ハリテヤマ「!?」


ハリテヤマをすり抜け、モモが背中にシャドーボールをぶち当てる。

ぶつけられたハリテヤマは吹っ飛びながらも体勢を立て直すとモモへと向き直った。


京太郎(よく育ってる)

【モモのシャドーボール! ハリテヤマに普通のダメージ!】

_  ___ハリテヤマ♂: L 30
 |::::| |:HP:::|llllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄65/135 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


_  ___ハリテヤマ♂: L 30
 |::::| |:HP:::|llllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄65/135 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


【3ターン目】

        モモ♀ Lv30

   |:HP:::|llllllllllllllllllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           85/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


モモはどうする?

【特性:ふゆう】
『じめん』タイプの技を受けない。
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・さいみんじゅつ(基本・エスパー/変化/威力・―/命中・60)【相手を2~4ターン(実質1~3ターン)の間『ねむり』状態にする】
┃├2・どくづき(基本・どく/物理/威力・80/命中・100)【30%の確率で相手を『どく』状態にする】
┃├3・シャドーボール(基本・ゴースト/特殊/威力・80/命中・100)20%の確率で相手の『とくぼう』ランクを1段階下げる】
┃└4・シャドーパンチ(基本・ゴースト/物理/威力・60/命中・―)【自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)
├2A:ユキ 88/88

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

阿部(うほっいいダメージ……やばいな)

京太郎(はたきおとすが怖いな。もってたらモモに大ダメージだ)

↓1 ハリテヤマ 命中率

↓2 モモ 急所:ゾロ目 


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ム
:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::`ト _..斗-=::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
:::::::::::|:::::::::::::{:::::::::::|!/ ヽ:::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
:::::::::::|:::::::::{:::ゝ :::::≠    ゝ::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
ト、::::::乂:::::::`ト、::::/|!斧=ミx、ハ:|::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::ゝ、::::::\::::::::Ⅹ |!:L、   ヽj i|::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ト.、:::::`ト、::::丶乂_ゝ!Tハ     |::::::::::::::Ⅵ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_..斗-=

:::::ハ :::::::`ヽ::ハ   |!弋} ,ノ   |::::::::::::::{i |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/: : : : : : :
\| ::::::::::::::::::}i  |!         ::::::::::::::| ::::::::::::::::`ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::/: : :: : : : : :
  | ::::::::::::::::ノ   |!       :::::::::::::::|  }:::|:::::::::::::::::|アゝ:::::::::::_z彡': : : : : /: : : : :
  | :::::::::::K   |!  /`ヽ i::::::::::::::|  |!::|:::::::::l:::::::|     /: : : : : : : : :/: : : : :
  | ::::::::::::::: ヽ  |! /   i} ハ::::::::::::i / :::|:::::::::|:::::::|   /: : :/: : : : : :/: : : : : :
  | ::::::::::::::::::::::^≠      ノ :::::::::::::::レ’ {::|:::::::::|:::::::|   /: : , : : : : : : ': : : : : : :
  | :::::::::::::::::::::::: |! `ヽ / {:::|::::::::::::::!`ヽ从::::::::|:::::::|  ': : :/: : : : : : : : : : : : : : :

  | i::::::::::::::::::::::::: |!   ゝ、 : |::::::::::::::|  〉 ゝ:::::|:::::::| /: : : : : : : : ∨: : : : : : : : :
  | |::::::::::::::::::::::::: |!     {从:::::::::::::|  /   `ヽ:::从': : : :{: : : : : :!: : : : : : : : :
  | |::::::::::::::::::::::::Ⅶ       }:::::::::::|イ{Yヘ    jソ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

. 八Ⅳ:::::::::::::::::::::{ |!   _. 斗:::1 :::::::::| /i:i:∧   /: : : : : :!: : : : :!: : : : : : :
    Ⅴ:::::::::::::::::::| |! ,/: : : : : | ::::::::::|./i:i:i:i:i∧ /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
.    Ⅵ::::::::::::::::| |! /.: : : : : : :.| :::::::::八i:i:i:i:i:i:iヘ {: : :: : : : : :!: : : : :!: : : : : : :

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【モモのシャドーボール! ハリテヤマは倒れた!】

モモ「っす!」

阿部「参った。本当にこれは……(ゴースト確定として対策が)」

京太郎「うっし」


モモの二回目のシャドーボールを受け、ハリテヤマがドサリと崩れ落ちた。

それを見て、阿部さんは首を振り、頭を掻いた。

                 /;;;;;!゙`''~^~ァrr--'゙`'~´''ラヘ;;;;;;;;;;;!
                 |;;;;;;l     从リ       |;;;;;;;;;;|
                 .|;;;/      ヽ       |;;;;;;;;;|

                  |:::|∠ニ'==ァ    、====ニゝ〉;;;;;;|
                  / | '´.旬`ヽ   :::::´ 旬`丶 |/⌒.l
                  | r| `  ̄´'"l   ` ` ̄´  ´ ト`l.|
                  l l .l      l           > /\
                 .ヽヽl    .'         / /|.  \

                  .`/|    ヽ ^,.- 、 ,.-、 l-'´ .|   ',-,,_

               _ -‐.../ ヽ   -=ニニ|   | |  ヽ/  . |    ∨ "''-,,
             _,-‐ "    /  lヽ   ー-|― | .ヽ―|  /ヽ     ∨   "'
      ,,、-‐ ''"´,,、-‐ ''" . ./   | . \    l_ |/|_|  |.、|     .∨
      / /_,-‐ "      /    |.  /⌒',--|.  | /  | / /      ∨
     ./  l          /     | ./⌒/ .\|_∨   .し `/|       ∨
,,、-‐ ''"´  .l,,、-‐――――-‐''"`"''ー-l.  lヽ._.,     ̄  `,' l        ∨
 ̄ ̄ ̄ ̄ ´         ̄ ̄ヽ__  ヽ__| ̄ ̄ ̄)     .,'./        / ̄
               ̄ ̄ヽ \ . ̄/⌒l ̄ ̄´ `―――|/        / _,,
              ̄ ̄ l . ヽ  | / ̄´/   `ヽ、    .|―――― ´ー'"
    ,,,-'´`ヽ、_____,.,-,    l   |―´ |ヽ-.´)     l     /
,,-‐''"´    l    | .マ ..l /    \      |  ,,.-'´
              `― ´        `lー――´"'' 、
               \        ヽ  |    `ヽ、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
阿部「次はお前だ。ヤラナイカ」

       /i /i

       /.! /i
      ./ .i/ i  ,,‐j/ i ,,、
     / ///i,‐//ノj   i''' i ./i
     ///‐/::ヽ < i` 'ヽ、 ''´ .i ,、
     . y:::::::::::/ij:::i /:::::::::::::::\ ii /j   ,,          ,‐,
      j'i:::::::ム7::しj/:::::::::::::::::::/i \ i'// /,,  ,,     ,‐'''´/
     //__::::::::::::ノ ヽ::::::::::::::/j::::;;;::::ヽヽ / /'''´ /,,‐7,‐''´  /   _,,,,-‐''''7
    〈:::::,,::::ゝ'´    ヽ:::::::/i '´/::::::::::゙::::iヽ、 __''´ '´    /-‐'''´ ,,,-'//
     `''''´       i::::::/ /:::::::::::,:::::::ヽ .i::::::`''''ヽ、    ,,‐'´ //

               .i::/ /::::::::::::/:::::/:i i::::::::::__::::ヽ ,/    \ヽ、
               〉、/:::::::::::::::://::::::i _'´j::::::ヽ`ヽjヽ       ヽヽ

              ∧ヽ:::-::::::/ /  ヽ:::::j !::::::::! .iヽ ヽ        ヾ、 , ',
           __iヽヽ:::::/ //  ,、 ヽ::::i/::ヽ:::i /、ヽ'.!       ヽ-ゝ'´/__,,,,
           /::: ::ヽ ヽ´  /:::::i /:::::`ヽ::::::::i::::::''::/\::i        〉   /
          ヽ-''´>;::::ヽヽ/:::::::::::i /:::::::::::::ヽ/ヽ / /、`i       '''´ヽ、 i

           .∨::::ヽ、:::::::/ ̄ ̄ヽヽ:::::::::::ヽj  ヽ' ./:::::::`i         `ヽj
            ヽ::;;j、 ヽ''´    .ヽ ヽ::::::::::jヽ  .ヽ:::::::::::::::ヽ、
             ヽ.∧ ,,,,,     ゙ヽヽ::::::ヽヽ  `ヽ、;;;;;/ i

              ヽ::ヽ‐、j       i:::::::::j/      ヽ''´::i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゼブライカ「………」


阿部さんが次に出してきたのは、ゼブライカだった。

なんと言うか、変わったニックネームだ。

心なしか、ゼブライカも困惑気味のように見える。

_  ___ヤラナイカ♂: L 30
 |::::| |:HP:::|lllllllllllllllllllllllllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄94/94 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


【4ターン目】

        モモ♀ Lv30

   |:HP:::|llllllllllllllllllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           85/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


モモはどうする?

【特性:ふゆう】
『じめん』タイプの技を受けない。
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・さいみんじゅつ(基本・エスパー/変化/威力・―/命中・60)【相手を2~4ターン(実質1~3ターン)の間『ねむり』状態にする】
┃├2・どくづき(基本・どく/物理/威力・80/命中・100)【30%の確率で相手を『どく』状態にする】
┃├3・シャドーボール(基本・ゴースト/特殊/威力・80/命中・100)20%の確率で相手の『とくぼう』ランクを1段階下げる】
┃└4・シャドーパンチ(基本・ゴースト/物理/威力・60/命中・―)【自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)
├2A:ユキ 88/88

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

阿部(とりあえず、これでダメージが通るが……押し通せるか、だな)

京太郎(ニックネームがすっごい気になる)

↓1 ヤラナイカ 命中率

↓2 モモ 急所:ゾロ目 


              _,..-ー;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;=- 、,,
          __.ィ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
         / ,゙- .,;;;;;, -.,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ

      ,,‐''''¨""   /;;;;;/,,,,/l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
        |   ,..-ニ-'´   .l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
       l   .:l /´   _.ィ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,..-ー、;;l
      l  .:y'  .:/" `"''_,,..-.''7ー''"´    l;;;;!
.      /   .'  .::/;; _.ィ´    ./       l;;;;l
     /      .::∠.'"  _,..-'"´     ,,,, -, l;;;;l
.    ,r'      ´     ,.ィ´,,,   , -‐ニニ",,,,,/ .l;;;, 、
   /          <´////ヽ ィ´"´ヒニ;ン  レ,, l
.  /              ̄ ミ.,l   `¨      リ" ,'
 /           ./777  //l         レ ./
.″           ////l  /'/,l         .l /
            /////`¨///,         l'
       ,..-'" .l////////    ''     /l
       /   /!、////  __ _        / ト 、
     /   /////、//, ´ ..... `    ,イ  ヽ `丶、
   .;;;l   ////l//l/` 、       _.ィ´  l:  ヽ   ``''=''7
   ,;;l ,..''´//////レl///`ー- -‐'7/    l;   ハ     ト 、
  ,;;;;l'///////////l/l/////////,      .l;    l     ヽ ``
  ,;;;;;l///////,l/////l/"/////ヽ//     /     l       ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

阿部「ヤラナイカ、おいうち」


.        /:./:/:.:.:/:〃:.:|::|l:.:|:.:.:.:l:|:.:l::::::|:|:.:l:::l:.:.:|:.:.:l:.
       |:.:|:.:|:.:.:.l:.:|:l:|:.:|::|l八:.:.:.l:|l:.l::::::|:|i:.l:::l:.:.:|:.:.:l:.|
       |:.:|:.:|:.:.:.l:.:|:l:|l:.|::|i::::::\i八i::::::l八i:::l:.:.:|:.:.:l:.|
       |:.:|:.:|l:.:l:l从i八i::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::l:.:.:|:.:.:l:.|
       |:.:|:.:|l:.:l:|:.:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::l:.:.:|:.:.:l:.|
       |:.:|:.八从.:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::l:.:.:|:.:.:l:.|
       |:.:|:.:.:.:|:.:|.:l::::::::/ ̄ ̄ ̄`¨¨¨¨ |´i:.:.:|:.:.:l:.|
       |:.:|:.:.:.:|:.:|:.l  ̄   _____   l 八:.|:.:.:l:.|
       |:.:|:.:.:.:|:.:i:个:...   〈_____〉 .イ:.:l:.:.|:.:.:l:.|
       |:.:|:.:.:.:|:.:l:.:|:.:.:.:l>...  __ . ´ l:.:.l:.:.|:.:.:l:.|
       |:.:|:.:.:.:|:.:l:.:|:.:.:.:i:.:.i:.:「\{___,リ:.リ:.:.|l:.:.l:.|
       |:.:|:.:.:.:|:.:l:.:|:.:.:.:l:.:.l/ ̄/--ヘ   /∨:.:.:.リ:.リ:.|
       |:.:|:.:.:.:|:.:l:.:|:.:.:.:|:/i  ∧i:i:i:∧  /}:.:./:./:.:.:|
       八:l:.:ハ:|:.:l八//:.:l / /i:i:i:l ', /: ∨:./ ̄: :`: : . . _
         ∨,斗<: : /: : :!/ ,:i:i:i:i| ∨: : : ∨: : : : : : : : /: :\
       /:/: : : : : :〈: : :/| /:i:i:i:i:i| /: : : :_:_:〉: : : : : : :./: : : : !

        i:∧: : : : : : :7: :.l i:i:i:i:i:i:il /: : :∨:./: : : : : : : /: : : : :.|
        |:/∧: : : : :/: : : :Ⅵ:i:i:i:i:i:l,': : : : ∨: : : : : : : /: : : : : :.|
       /:/:.∧: :/: :\: : : Ⅵ:i:i:i:/: : : :/: : : : : : :.∨: : : : \ !
       }: : : : : ∨: : : : :.\: :Ⅵ:i/: : :/: : : : : : : : : :.i\: : : : : :.
       |: : : : : /: : : : : : : : \∨: /: : : : : : : : : : : : |: : \: : : : :.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

モモ「うげっす」

京太郎「早いっ!」


モモより先に行動を開始した、ゼブライカの後ろ蹴りがモモに炸裂する。

後ろ蹴りと言っても普通の物ではない、真っ黒な蹄による、あく技だ。

故に――モモは、大きく吹き飛ばされ、地面を転がった。


京太郎「モモ! シャドーボール!」

モモ「っす!」


それでもタダでやられるわけにはいかない、モモに指示を飛ばせば、おいうちをかけようとするゼブライカへと黒いボールを飛ばす。


ヤラナイカ「!?」

阿部「落ち着け、どうどう」

モモ「けっ結構やばいっすね」

京太郎「楽には勝たせてくれないか」


【ヤラナイカのおいうち! モモに効果は抜群だ!】
【モモのシャドーボール! ヤラナイカには普通のダメージだ!】

_  ___ヤラナイカ♂: L 30
 |::::| |:HP:::|lllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄24/94 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


【結果】

        モモ♀ Lv30

   |:HP:::|llll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           17/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


_  ___ヤラナイカ♂: L 30
 |::::| |:HP:::|lllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄24/94 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


【5ターン目】

        モモ♀ Lv30

   |:HP:::|llll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           17/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


モモはどうする?

【特性:ふゆう】
『じめん』タイプの技を受けない。
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・さいみんじゅつ(基本・エスパー/変化/威力・―/命中・60)【相手を2~4ターン(実質1~3ターン)の間『ねむり』状態にする】
┃├2・どくづき(基本・どく/物理/威力・80/命中・100)【30%の確率で相手を『どく』状態にする】
┃├3・シャドーボール(基本・ゴースト/特殊/威力・80/命中・100)20%の確率で相手の『とくぼう』ランクを1段階下げる】
┃└4・シャドーパンチ(基本・ゴースト/物理/威力・60/命中・―)【自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)
├2A:ユキ 88/88

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

阿部(素早さ的には此方の勝ち)

京太郎(先手技なし、どう足掻いてもモモは落ちるな)

モモ「はぁ……しょうがないっすね」


↓1 ヤラナイカ 命中率

↓2 モモ 急所:ゾロ目 


       _,--──-、_
    ,-‐´; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ__
   /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ

   i; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; |
  |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/ |゙゙゙

  |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;,-i; |.  〉
  |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/| /|;/  |
   |; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/ヽ|| ´.  |i
   |; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/  |)   |´
   .|; ; ; ; ; ; ; ;/    |   /
.  r|;/;/;/;/;/     |  /
. / ー-、____  ト、/
_/  `ー       `┴、____
ミニフ-_______    /
  /    ─────´  ̄ ̄─-、
 /              /´  \

/                 /      \
i              /         i
           |  /            |
           | ./   / ̄      |
_          | /   \   -、  |
__ ̄───、__||     `丶、 \ |

   ̄ ̄ ̄ ̄──┤      __二>〈
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
阿部「………」

               ... -―:::::::::::::::::::::―‐-....
             /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::.、

                /:::::::/ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.              /::::::/--/:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
             |:::::/、__/::::::::l::::::::: |:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::|
             l::://∧}:::::|:::l::::::::: |:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::|
           _У{/ ノ'l:::/::::l::::::::: |:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::|
.          ,′     l/:::::::l :::::::├ 、:::::::l::::::::::::::|:::::::::::::::|
.          ノ      |::::::|::|:::::|::::|ヽ |::::::l::::::::::::::|:::::::::l:::l:|
           〉、      八从:|:::::|::::lノ,リ::::::l::::::::::::::|:::::::::l:::l:|
           }          |::|:::::|::::lイ:::::::::l::::::::::::::|:::::::::l:::l:|
           |        ノ|::|:::::|::::| |::::::l:::l::::::::::::::|:::::::::l:::l八
           ー‐==≦    |::|:::::l:::リ |::::::l:::l::::::::::::::|:::::::::|:/
            |::::::∧   |::|:::::l/__,|::::::l:::l::::::::::::::|:::::::::|{
            l::l:::l::∧__,|::l::::/ __|::::::l:::|∨ ::: ::|:::::::::|{

             八l彡'´  八::/=ニニl::::八:|ニ∨:::::|:::::::::リ
              {   ∠二ニニ=|:/二廴ニ∨::|:::::::/
             f气_∠二二二二ニニニニニニ∨:::::/

                  |:i:i/二二二二二二二二ニニ∨/
                  |:/二二二二二二二二二二ニ=-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

モモ「ごめんっす、後は任せるっす」

京太郎「おぅ……ありがとな、モモ」

モモ「ふふ……」


そう言って、モモはゆっくりと崩れ落ちる。

地面へと落ちるモモの服をヤラナイカが口で服を噛んで止めた。


京太郎「ありがとうな、ヤラナイカ」

ヤラナイカ「……」


お礼を言って、モモを戻すとヤラナイカは微妙な顔をする。

あのニックネーム気に入ってないのではないだろうか。


【ヤラナイカのニトロチャージ! モモは倒れた! ヤラナイカのスピードが上がった!】

_  ___ヤラナイカ♂: L 30
 |::::| |:HP:::|lllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄24/94 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


【結果】

        モモ♀ Lv30

   |:HP:::|「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           0/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


             ___/ ̄ ̄\_
         ,  ´        <⌒
        ,:'            `ヽ、
       ,                \_
                      \ } ̄´
        '              ,  \
      / ,          |/} ∧ }`ー`

       {∧          「ノ|/}/イ
      '  、       | /`/ } '
         } ∧     /イ   /
         |' ,} \__/イ__ /
         //////////∧

        _,.{///////////|

     -=≦//////|////////≧=-- 、_
  r≦//////////////////////////////ヽ
  |//l///////////|///////////////////∧
  |/∧//////////l|///////////////|/////}
  |//∧/////////l|///////////////|/////|
  |///∧////////l|///////////////|/////|
  |//// }////////l!///////////////}/////}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎(さてと……相手の残りは、HPが少ないゼブライカとHP満タンのゴローン)

京太郎(此方は既にモモとユキを出しているので、他のポケモンを出すとしたら最後だ)

京太郎(ゼブライカはニトロチャージで素早さに補正が、掛かっている。あれを抜くのは無理だろう)

京太郎(さてと……どうしようかね)


1・うた ヒトモシ 持ち物:こうかくレンズ
2・ひめちゃん プラスル 持ち物:ふうせん
3・まいちゃん マイナン 持ち物:オボンのみ
4・マホ ゾロアーク 持ち物:クラボのみ
×・モモ ゲンガー 持ち物:クラボのみ
6・ユキ ミミロップ 持ち物:シルクのスカーフ
7・トキ サーナイト 持ち物:オボンのみ
8・ヒロ ハブネーク 持ち物:たべのこし
9・ネリー トゲキッス 持ち物:こだわりスカーフ
10・なるか ユキカブリ 持ち物:きあいのタスキ
11・みほこ ヒンバス 持ち物:たべのこし
12・りゅーか ヌメラ 持ち物:オボンのみ

↓2 誰を出す?

                      -‐ ━━ ‐-
                  /  /. . . .    . . \
                   . ./: : : : :/ : : : : : : : : : . .
                / . : /. :./ : ∠|: : : :./: : : : : : : :.
                  / : : / : /l: :/  |: : :./ |: : : : |: : : :
              / : : / : /抖午ミ八_/ 八:.: : :.| :l: : :

                / : : /.:.:.:l/{ Jh^`  午ミX : | :|: : :
.               / .:/ l´l:.:| 乂_,ソ     { Jh^Y: :|: : :|
.              ⌒7 : :人l:.:|  〃   '  乂ソ '从:|: : :|
              / : : .:.:.:l从      -、      /): 八:.:.|
                / : :.:/ .:/ / \   `¨     人 /:. :∨
            / : :.:/ .:/ / : :ノえト .__....-=≦:.:.:/:.:.|: :|
              / : :.:/__厶斗 ´|  `L∧:.:_|:.:.:|/:.:.: | : :
          / .:/  | l......... |  /:i:i:i:l\\j:.:.:.: : : : : :

            / .:/    | l......... |/,\:i:iノ\〉.. `┬ 、: : : :.
          / .:/  \ ,| |..Χ..........’ 「i:i:, |........... ', 丶 : : :.
.        /.:/ :/ /⌒ 人[.......\.......∨:i:i:i:i|..............', ∧:. : :
     / /': /        /⌒\........... ∨:i:i:i|..............// {:. : :|
..   / / /: 〈  ___  /'    \.........∨:i:i|.........../ \ \:.|
.   / /   : : : `Y  ---、i       \.....∨:リ....../     ', ノ:.|
   l /   : :|: : :.|/ ............|         \..∨../     }」.:.:|
   |′  |: |: : :.|Lノ ̄ 人          \]/        人.:. |
   l    八从 : | |    |:.l〕iト  ___    [[      /lノ|:. 八
.          \ |    |:.|〈  `ー      '   、 Τ  | |:/
.             |    |:.|ノ__       ‘, Χ  |ノ'
.             |    |/--  `       ‘, _〕  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「頼んだ、ユキ!」

ユキ「はい、任されました!」

阿部(最初に見せたポケモンか……さてはて何タイプやら)

京太郎(速いのが何だ、一発耐えて最後をお見舞いすればいい!!)



_  ___ヤラナイカ♂: L 30
 |::::| |:HP:::|lllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄24/94 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


【6ターン目】

        ユキ♀ Lv30

   |:HP:::|llllllllllllllllllllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           88/88      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


ユキはどうする?

【特性:くうきをよまない】
持っている道具の効果が発揮されない。
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・おんがえし(基本・ノーマル/物理/威力・―/命中・100)【ポケモンがなついているほど威力が高くなる。最高102】
┃├2・とびげり(基本・かくとう/物理/威力・100/命中・95)【攻撃が外れると、自分の最大HPの半分のダメージを自分が受ける】
┃├3・ふぶき(基本・こおり/特殊/威力・110/命中・70)【相手全体を攻撃。10%の確率で相手を『こおり』状態にする。天気が『あられ』の時は必ず命中する】
┃└4・バトンタッチ(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・100)【他の味方のポケモンと交代し、かかっていた補助効果を引き継ぐ】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)
├2A:ユキ 88/88
├2B:モモ 0/85

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

阿部(回復は……)

京太郎(今まで見た技ではユキは落せない)



↓1 ヤラナイカ 命中率

↓2 ユキ 急所:ゾロ目 


                                                              -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
                                                           ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                                                         r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,

                                                         ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                                                          フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.                                                          l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

                                                           〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::::::::::::l
.                                                          /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ::::::::::::::::/
                                                          /..             "´ 2ノ/ l::::::::::::ヽ
         ,-.、                                              .ヽ.ニ,`           __/ \_::::::::::ヽ
   l´ヽ_  .l  ヽ                                                'ーr_‐;ァ       ィ      ヾヾヾ\
   \_ \`l .|                                                 .〈..        /        ., ―――、
    ___> 、\ |                                                  `}     /    ,.-- ‐-< __     ヽ、
   ヽ__,.‐''>――ヽ、                                                 丶、__ /`ヽ . -''"       `' .,/ ̄ ̄ ̄',
      //\   .\                                                    ,.-''"             \      ',
     .`´  .| `l.   \                                               ,.-''"                 ヽ      ',
         ..|  l    \                                         , .―― ´                     ヽ     ヽ
         /  l      ヽ―――――――――==ニ二二二ニ=-‐- .、.,, ___/`ヽ― '´`ヽ,.-''"                            |
        /   l                                  ./      /.|        .                       |
  .,------´    \               ‐- .、.,, _              |       | .|                               |
   '------------‐.`‐‐.'`―-.、.,, _            ‐- .、.,, _        .|       ヽヽ.                              /
                      `' ‐- .、.,, _           ‐- .、.,, _   ヽ、      | ヽ、                          /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

阿部「ヤラナイカ、全力でスパーク」

京太郎「駆けろ! ユキ!」


ヤラナイカの体から電気が放たれる。

電気は、あっちこっちに迸り、岩をも壊すほどの威力で迫ってきた。


ユキ「っ!!」

京太郎「っ!!」


あっちこっちに砂煙が巻き起こり、視界を遮っていく。

それでも電気は止まらず、止めない。

バチバチと音が鳴り響く中、静かに見守った。

           ,r 'j ,r'ゞ,         ,r ' ´ `丶、       ,r、
          ,イ ゞ'´:`イ  ,r ' ´  `丶、      `ヾ       /:;/  //
         /     〈   }  (´  ) :`i      `ヾ  /:;:;:;/      ¨`イ、
     _,,イ从     /   /            _,,、  ,r '´ /:;:;:;:;,/    `ゝ
   /:;´i  (´,  ):`i/  ,イ ゝ.::.  '' ,,:: ::´ `: (:  フ /:;:;:;:;:;:;/ ,.‐(  ..::   ,,`ヽ
  /:;:;:;:;:;i      ゞ,,-‐,ゞ、                    /:;:;:;:;/           ヾ,
/:;:;:;:;:;:;:;:;l `ゞ    ,,ノ( ヾ    ,.‐(  ..::   ::´ `: (:,/:;:;/`‐-‐'  .: )  '' ,,:: ;; `;.)
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;,!  r≡=、_      ゙ト、    (イ      //'' ,,:: ::´  _,,、-‐─ー-‐、    /
:;:;:;:;:;:;:;/    ,,-‐ ゞー、 ,,:: ,.‐( ..:\ヾ   ,,::⌒、       _,,、-'´:;:;:;:;:;:;:;_,、-‐、:;:;ヽ,ノ( ヾ.,, ..)
,彡イ'´        '' ,,:: ::    jソ ⌒ヽ::   ..::.  '' ,,:..:) ) ,.イソ´_,、-‐'''"´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;,!  ::.⌒ヽ:: ゝ、
ゝ.::.  '' ,,:: ::il                、     /i      //:;/i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;//  /  ゞ
、         '      '¨  ,.‐(  ..::  ,ノ,l l      //:;/ /:;:;:;:;/二/´ ̄:;:;:;:;:;:;,イ ) :` ,,..  j.
 `丶、    ,.人 .:.: .:⌒ヽ.,    `i        | |::.⌒ヽ:: ,! !:;:;l/:;:;:;:;:;:;:;:;,、rー、-‐ '"ソノ`ゞ    ,,ノ( ヾ.,, ..)
       _,、-‐ ─‐-t‐r‐-、 _,ィ  イ     iユ    /:;/:;:;ゞ  -‐''"´7 ,r‐7 ,、ノノ       ..::)  )
_,、-‐'' "´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;,!イl  ji三彳   ,      /i ,/:;/:;:;.;;::;:;:;:;三彡// ,/ /     /
二ゞ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;,!イl  ,!l´ ̄     ゙´   l/ i':;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;,//イ , ! ´``ゞ    ,,ノ( ヾ.,, ..)

             ___/ ̄ ̄\_
         ,  ´        <⌒
        ,:'            `ヽ、
       ,                \_
                      \ } ̄´
        '              ,  \
      / ,          |/} ∧ }`ー`

       {∧          「ノ|/}/イ
      '  、       | /`/ } '
         } ∧     /イ   /
         |' ,} \__/イ__ /
         //////////∧

        _,.{///////////|

     -=≦//////|////////≧=-- 、_
  r≦//////////////////////////////ヽ
  |//l///////////|///////////////////∧
  |/∧//////////l|///////////////|/////}
  |//∧/////////l|///////////////|/////|
  |///∧////////l|///////////////|/////|
  |//// }////////l!///////////////}/////}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「………」

::::::::::::::::::::::::! { {从     __〉

:::::::::::::::i::::iリ  Y  :i    f
:://:::::::iノノ   .!  u   ィ
从从从           ′
          \   i
   ;   ;   , ----- '
   ;   ;   i
.       i  /
.       | / \__
\     ./{ `\. \¨''‐..,,_
 ∧  〉   / ∨  \  ∧
.  ∧ ̄ ̄`ヽ′ ∨  \ ∧
   ∧      ',   ∨ ∠_ヘ
.    ∧      ',   ∨   ||
__ ∧         ∨   .| .!
  /  .∧          ∨  | ′
/     ∧      ',.  ∨.|',
.        ∧    i__', ! i
\      ∧  /   .i  .|
  \       ハ ̄     | i  |
   \     i    i   .| |  |
.      \   l     |  | |  |
      ∨   |   |  | |  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

阿部「……参ったね」


静かに見守っていれば、阿部さんが信じられないとばかりに呟いた。


          .. .:'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:^':...

.         ,. (,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        /ハノ_j;x=ミ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r=x?。
.        .:.:.:.:.:.(__少/:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:辷,,):i,
       ;.:.:.:./.:.:./.:.:.:゙/.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.:.:.:.:i、\
       i.:.,:.:.:.:.:. ´:.:イ「ソ:/|.:.:.i  |:.:ハi:.:.i. vi .:`.
       l/;´.:.:.:゙.:./斗や「i|.:.:.|  い八:.i.:.: | .:.:.:,
      /,ノ:.:.ii:i.:.; .斗=ミ八 :.| x扞㍉:、i.:.|. :.:.:i

      ;'.:.:.:.ノ|:i.:〃 )しハ     )しハ 小:.:|i:i.:.i|
      i.:.:.:.:.:.i|: :i| 乂xツ     ゝツ i.|.:.:八ハリ
      {/:.:i八i:i込、 ''   `     人|:.:.:.:.:|
.       /.:.:.:.:.:. `|八介; .  ´゙  イ|.i.:.|/.:.:.i|
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:l彡iY^ニ≧tr<-=ミx:ー=ミj八
.     /.:x:ヤ''T:i^~ /∧ ニZj圦 'v 丶\: .  ⌒ヽ_
    / ノ′  | i   '/∧  厂`'ト. 〉  \\i.   i「¨:iトミ ____
    / i: .  i.| i    /∧ノ\,人´∧  `'心, 、リ :i|     ~"'丶、.,,__,. --ミ
  ( , i|: .  i:| i 辻j-.   'v八  `ヽ‘,    ヤ辷ンッェ]L,_            _,.二つ
  :/:)x八: . 圦__--  __   \);,  ヤi    、,㍉;.:.:.^ぃ  `~""  ´~^"^丶、__`つ
 /ii′   \ :/二ニ=‐-ミメ、 \  .り    /   \:.`:ヽ
 :八       :,′      `' 、  v/ |  / '    ` ;ヽ:.:.、
 .:.L≧=ー彡イ:          \ V | ' /      Vハ\
 i人   .:.:.i{ : : .             ヽ:|:.レ ,:′      }.i:ノ,   _
 / `':=ァ.:.:.:iヤ : : : . .       . : :i|少゙: : . .  . . : : 圦i:’  `
    ∧:.:i|込 : : : : : . . . . . . . : : : 八 : : : : : : : : : : : ,:仏ハ:i}  :i

    ∧(:.八i.:}i:,、: : : : : : : : : : : /: :,)iッ,___________,. イ 〕「i.:!リ  :i
   人乂ト、`r:リ{≧=‐----‐=彡  .:ノi:.:.:ノ八vノ:.i.リ アi.:.:,:′ ,:

.  ,:'^,.、xァう''i{圦: :^:、:ー:‐: '^ : : : : : : : たシ__彡シ __彡' '′ /
 / /  /´ : 八: :\: :\ : : : : : : : : : ; イ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ユキ「げふ……勝ちました」

ヤラナイカ「     」

京太郎「よっし!!」

阿部「やれやれ」


砂煙の中、ユキがヤラナイカを指差し、そう宣言した。


【ヤラナイカのスバーク! ユキに普通のダメージ!】
【ユキのおんがえし! ヤラナイカは倒れた!】

_  ___ヤラナイカ♂: L 30
 |::::| |:HP:::||
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄0/94 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


【5ターン目】

        ユキ♀ Lv30

   |:HP:::|lllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           56/88      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/

_  ___ゴローン♂: L 30
 |::::| |:HP:::|lllllllllllllllllllllllllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄82/82 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


【7ターン目】

        ユキ♀ Lv30

   |:HP:::|lllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           56/88      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


ユキはどうする?

【特性:くうきをよまない】
持っている道具の効果が発揮されない。
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・おんがえし(基本・ノーマル/物理/威力・―/命中・100)【ポケモンがなついているほど威力が高くなる。最高102】
┃├2・とびげり(基本・かくとう/物理/威力・100/命中・95)【攻撃が外れると、自分の最大HPの半分のダメージを自分が受ける】
┃├3・ふぶき(基本・こおり/特殊/威力・110/命中・70)【相手全体を攻撃。10%の確率で相手を『こおり』状態にする。天気が『あられ』の時は必ず命中する】
┃└4・バトンタッチ(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・100)【他の味方のポケモンと交代し、かかっていた補助効果を引き継ぐ】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)
├2A:ユキ 88/88
├2B:モモ 0/85

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

阿部「………」

京太郎(最初のターンで回復もありえそうだ)

↓1 ゴローン 命中率

↓2 ユキ 急所:ゾロ目 


                                                         ,/゙二\
                ___                           ,./" ̄ ゙̄'''ー、.     .././  ゙'il,|
        ,..-'"´     . `゙''-..、                 /         _  \   / ./    ||
.      ,/゛               `'-、                /       .ィニ、    l /  /       ||
.    ,/                     \           /        ,ィ"  ヽ   !l゙  l
.  /                     \        /        /      l   .!  l゙
 /                         \     /       ./       l   l/,!
/                             ヽ.   /       /           |、レ( /
                       ,/´       ヽ  /       /        )/⌒ヾて_
                     /¨'''-、          l./       /
                /     \       .l      /
               /         .\      .l     ./
              /           ヽ     .l     l゛
             /             ヽ     .l    /
            /                   l     |i..   l
           /                    !..... |/レ'i   │
             /                  ゙l |/|i | i.   !
            /                   l...|    l.  |
            /                      |i | |     И | /|
        /                 \儿八ノ     |从/ i| /
          /                     \ノ           i|レ'  iレ/
       l                   ⌒ヽ         И  イ/
       l
      l

      /
      !
     l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「ユキ! 飛べ!」

阿部「!?」

ユキ「はい」


ユキにそう命令を送れば、ユキがその場で飛びはね、地面を蹴り、岩場を飛び跳ねる。

その速さは次第に速くなっていき、段々と目に終えなくなってきた。


阿部「っ……何処に!」

京太郎「今だ! とび蹴り!」

阿部「真正面か!」

ユキ「えいっ!」


【ユキのとびげり! ゴローンに効果は抜群だ!】

_  ___ゴローン♂: L 30
 |::::| |:HP:::|llllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄27/82 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


  |      ゝ.._  _.. -―、ノ
.   !        ヾ::::::

    ヘ      >‐-‐''" ̄ ̄"''‐-..,,__
.     ヘ    └――――――――`
 \  ヘ

 ‐‐    ヘ      、____,,..-
 /.     ヘ       ̄ ̄
        ヘ
        i         i
.         !       |
          ヽ      |        _,,.. ‐
        / > ..____..  -:::::::::::::::::::

       /    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      /     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

阿部「……」

京太郎「?」

.    l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.     |::l`''~^~ァrr~~ー..,,_:::::::::::::::,、_ィ:::::::::::::::::::::::::::
.    |:|       ノリ       ̄ ̄´   ミ ::::::::::::::::::::::
    !|                   ミ:::::::::::::::::::::::

      ',ミヽ                 〈::::::::::::::::::::::
      ',rヾミx、                    l:::::::::::::::::::::
.      i でツ、   =≡三三三三       |:::::::::::::,..--
.     l `ー }                    |:::::::/ ,.-
      ∧  /      '"''===''    }::::/ <ヽ/
     _,,..∧. /                     ノノリ `/
_,,..-''":./.:∧ゝ‐-、                _/

: : : :/: : : :.∧                   /
: :/: : : : : : :.∧ -..,,_      _、      /
: :`"''‐-..,,_: : : ∧ 、_ ̄ ̄ ̄       _,,,,.. -''"´
: : : : : : : : :`''‐、:∧    ̄   __,,,...-‐''''"´: : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : ヽ∧      \: : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : :. <: `''‐--‐<  \: : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : :.\: : : : : :| ヽ   \: : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : :.\: : : :|  |   <: : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\: :|     \: : : : : : : : : : :

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
阿部「参った……降参だ」

京太郎「へ?」


相手の指示を注意深く待っていると、阿部さんが手を挙げて降参した。


『おーーーと! 山男の阿部! ここで降参だ!』


阿部「回復を使っても勝てそうにないしな」

京太郎「それは……」

阿部「素の力でここまで押し込まれたら、無理だろ」

京太郎「……そうですね」


阿部さんの言葉に何かを言おうとするも結局は頷いた。

確かにだ、此方はまだ一体を残している。

その上で相手は残り一体だ。

回復を使ったところでジリ貧しか見えなかった。


阿部「楽しかった、ありがとう」

京太郎「此方も楽しかったです」


お互いに近寄るとそのまま握手を交わした。

こうして二回戦を突破し決勝へと進む事が出来た。

|           _____          |┏─────┓
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |│ 控え室  │

|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |┗─────┛          ∧_∧
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |   ヽ                   ( ´∀`)     ∧_∧
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |\   \        i\___(____)___ (∀・  )
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |.::..:\   \        |\i\          と,,     )i
|        |.::..:..:..::::..:..::.:..|       |.::..:..:..:\   \.     |\| ̄\          \  ノi|
 ̄ ̄ \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     .\     | ̄ | `┰―― liニニi―┰' ̄ |
____\____________________\.         ┃  |\|__|  ┃
────|_____________________|                |    |
.::..:..:..::::..:..::.:..|  ___     ___    ___  |
.::..:..:..::::..:..::.:..|  └┬┬┘   └┬┬┘   └┬┬┘ . |
.::..:..:..::::..:..::.:  ̄ ̄ └┘ ̄ ̄ ̄ └┘ ̄ ̄ ̄ └┘ ̄ ̄

    __,.ィ ̄ ̄`ヽ/ヽ__

      > ´ ̄  /   `   `、  、
、 -  ´    /   '     } ヽ ヽ\  \
 `  ̄ >'  /   ,: |    ∧/! |   } ヽ  ヽ
   /,ィ  / ' / /|   _/,.ム斗}-/  ハ   :.
  {/.'   ,| ,.|-}/-{ | / ,ィチ斧ミ }/ }  |    .
  /  イ/{ : ! ィ斧从}/   Vzソ ノ /イ ,:
<__  ´// 从{ Vソ /         / イ- 、  |
     {'{  { ,    '           /' ⌒ }  |
      从Ⅵ              /.: ノ  |
       叭   v_ ̄ヽ      ,rー'   从
         、           イj   / /
            :.          < |'  /}/
            、__   ´    } イ从/
               |        |/
              「 ̄|     「 ̄ ̄ ̄ ̄}
              |//l|     |//////// 、
        ,. <// ∧      |//////////> 、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「というわけだ……約束どおり来たけど……お前はどうなんだ?」


控え室と戻り、ポケモンの回復待ちを待ちながら後ろへと声を掛ける。


                     -――――-   ..,,
               ´       \      ヽ 、
            /   ___> ´  ̄ ̄ `ヽ   )  \
           / ´ ̄  /   /     、 `ー’‐ 、 ‘,
            / /  彡:.:ヽ  /       \    Ⅵ}
            //  ./:.:./   ′         ヽ   / V
            /   /:.:.:.:./   ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ }   |  |
        /  /:.:.:.:.:.:./ -  、<T勿¨¨`:.:.:.:.:.:!  ノ_ :.
       ノ /:.:/⌒ヾ:/         ̄r'''''"   `  |,_ `〉
        \:.:.:.{ :.:.:.l               .:.:.:.:: |tツ`/
         ヾハ 、:.:{             .:.:.:.:.:.:.:... }   |
          ∨': `             ':.:.:.:.:.:.:.:.'  |

           Ⅵゝ┐      ----――‐- .,   .′

            Ⅴ: : !           __ ヽ  /
            |: : : \           :.:.:.:   /
            |: : |: : : \               /
            ′ !: : : : : :\              /
         __/: : : |: : : : : : : : > ., _      .′
         |///≧ュ..,,_: : : : : : : : : : : : : : :  ̄/ ̄
         |/////////≧ュ..,,_: : : : : : : : : : /
         |///////////////≧ュ...,,__ : : {___
     __,.|/////////////////////| : ///|

´ ̄ ̄` < ////////////////////////∨///|
: : : : : : : : : : :` <////////////////////|////!
: : : : : : : : : : : : : : : \` < ////////////|////!__
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ` < ///|////: \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

誠「そんなの決まってるだろ?」


誠「俺はスマートに――」

↓2 01~98:勝ち進んだ ゾロ目:負けました!

       _  -―ーー -- 、
     /       `ヽ  `ヽ

    ノ -―=ニ ̄ -‐-     ヽ、
   ≧              \   >
   /         -- ニ _--ソ >
 < --一--     __ < .::::::::Y
   彳       `ヽ /-、`v".ノ__::::l
   ヽ           l   l ':::'::::::ヾl
    ヽl       〉、   ::oミミl
    , ヘ<l, -‐,-‐'"      ii.:::::::l
  /.:.:.:.:.:.:.:.::`ヽ、       ||  l
/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_,,____∪_.ノ

.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ヽ   o
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i`,′    ゜
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i i    o
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:〃二ニヽ:.:!l
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
二二ニヽ<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コンマ:01 ギリギリ勝利】

誠「ギリギリでしたっ!!」

京太郎「お、おぅ」


誠が泣き出し驚いた。


誠「まじで危なかったし! あと一撃で負けてたわ!」

京太郎「そんなにか……相手は誰だよ」

誠「誰って……和だよ」

京太郎「あー……」

誠「まじで美少女ポケモン面倒なんだが! タイプわからないとか最悪だ!」

京太郎「次もそうなるけどね!」

誠「ちくしょー! お前等卑怯だぜ!」

        , <  `ヽ  ヽ > 、
      , ィ       ∧  ハ  }   ヽ
    /´  ̄ ̄ `ヽ  ハ   '  ,     、
   ,   > ´  ̄ ̄ `ヾ j /, イ´ ̄ヽノ ∧
   /´ ̄{     ヽ   `  ̄  ノ   ヽー∧
  ,    ゝ_      、     /      イ  ∧
  i    /     _ ノ    {      ヽ   i
  ;  , ィ  _ ≦二 ゝ   〉´二 `ヽ  ∨ l
  // i ´ /_  --,  '    ゝ __ `ヽ\ ;  ハ
≦´ _ ;   ヽ _ ゞ''´     i ー ゞソ`_ヽ iー'/
. `ヾノ ヽ{               v       ,イハ
  { 〈  i          _  ノ、        ,   }
  ゝ ヽハ        ´_'     ヽ   ,_ノ, '
    ヽニヘ   ゝ _ , <   ` ̄ ̄ノ  /_ノ
        ∧     ヽ , ´  ̄ ヽ > ´  イ
          ヽ    ` = ´   /
        l ヽ            ,  l
      _l   \        ,イ  .l
       |    ̄ ̄ ヽ == ´  ̄ ̄ ̄ !
      _|             _      i
   _ r' 〈          ,イ  }      :ト、
´ ̄     ヽ     , --/  ト、    イ   > 、
         \ , イ ,イ    .ノ ハ /
        〃 /         }_
         i      r'リ    ノ ハ
  〃ヽ    !   ゝ_ノl∧ゞ、    }    〃ヽ
  .ゝノ> 、 l   ヾ〈{ ゞ≠≦ソ  ∧, <ゝ.ノ
     ` <.l     .ノ ,イ〈≧='    ノ> ´
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

誠「しか~し、お前の手持ちは今回の大会でだいぶ、分かった」

京太郎(ですよねー)

誠「ふっふっふ、お前の優位性はなくなったわけだ」

京太郎「……なぁ」

誠「なんだ?」

京太郎「お前さ……ココドラ、ニドキング、カイリキー以外に手持ち揃った?」

        _,..-───―‐- ..
     ,. '"   ヽ    、 } } `ヽ
    /   _./ ̄ ̄ ̄`'´ ̄'寸!
  ,.'   ̄ ./    ,,イ゙\ /入、ヾ,
. /    / ./ -‐''"_ヽ'、 l l′/`_''l}

| _ {!  /  .∠´ `ヾ' l lレ'´ 'ヾ
| -==廴 u i{,_,,  ゚ }! l li{,_,. ゚ }
厶-= -‐./u uヾく,_,ノ′ l lゞi-rイ

寸 ir-、 i| u    ' ' ` ,__〉〉  |
 V :l 「ヾ'i|  .,.r‐     `'U'U__,.ィ}|
 }i | ー}.l| /,r 'T"丁 ̄| ̄ | l|'|

 }  ト、}( l! ,イ  |__,∟ ⊥ _|__,l|.|

 `i .ハ `| i l_/       _,ノノ||
.  } .j  ー| |Y/      ‐┴''" ||
  ゙l!    .|. 仁   _,__      ||
  / \  .l lニレ'´     `ヾ'、  ||
厂 ̄ ̄ ̄:::ヽ 「]、       ヾ>、||
::::::::::::::::::::::::::::ヽ`「ヽ        }H|\
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`「ヽ、、,__,,ノj‐||:::::::` ー─

:::::::::::::::::::::::::::::::::: \`'〔`'T''''''T´ ,ノ|:::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ` ̄ ̄ ̄ /::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`-──‐′:::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
誠「いや……そろえてないけど……はっ!?」

京太郎「もしかして……」

誠「俺のパーティ丸分かりじゃねーか!」

京太郎「今更気付いたのかよ!!」

誠「道理で苦戦する相性ばかりだと思ったぜ」


自分の親友を見て、こいつはやっぱりアホだなと改めて思った。


誠「くっ……今からじゃ 新しく育てる時間もない!」

京太郎「そうだな、ちなみに俺は手持ちが13人居る」

誠「    」

京太郎「ふっ……そういうことだ」

誠「ちくしょう! いつか俺のふとももは、必ずお前に、ヤング弁当を、食い放題だ!!!」


そういった叫びを上げて、誠は廊下を出て行った。

何だろか、あのセリフは気に入ってるのだろうか。

     _ / ,  / //|     , | ,:  |  V  :.
     ` ̄ /  ' | |∧ |  / },l --|   |   |
       /,イ  { |-- 从 / /,ィrtォ、 , |   |
       /  ∧ |,ィtォ、∨ '  Vり {,イ /-、  }
      / イ{从{ Vり }/       |イ l) } 从
      ̄    Vr:l    '           //
          l叭    _      r ' /

             、  `ー`    イ  {
             \      /  |∧」
                ` r‐ ´「 ̄ ̄ ̄}
              「 } |    |///// ∧
               |/|_,ノ   /////////≧=-
           _//∧   「/////////////////≧=- 、
       -=≦/////〈 ∧_///////////////////////∧

     /////////////V∧/////////////////////////∧

      ///////////////\{///////////////////////// ∧
     ,'/////////////////|o//////////////////////////{
     {/////////////////{/////////////////|//////////|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


京太郎「持ち物を確認しておくかな」

1・うた ヒトモシ 持ち物:こうかくレンズ
2・ひめちゃん プラスル 持ち物:ふうせん
3・まいちゃん マイナン
4・マホ ゾロアーク
5・モモ ゲンガー
6・ユキ ミミロップ 持ち物:シルクのスカーフ
7・トキ サーナイト
8・ヒロ ハブネーク 持ち物:きあいのたすき
9・ネリー トゲキッス 持ち物:こだわりスカーフ
10・なるか ユキカブリ
11・みほこ ヒンバス 持ち物:たべのこし
12・りゅーか ヌメラ


持ち物変更

↓2 誰に何を持たせたいと 安価で打てば変更いたします。 ないなら 無しで

             ___/ ̄ ̄\_
         ,  ´        <⌒
        ,:'            `ヽ、
       ,                \_
                      \ } ̄´
        '              ,  \
      / ,          |/} ∧ }`ー`

       {∧          「ノ|/}/イ
      '  、       | /`/ } '
         } ∧     /イ   /
         |' ,} \__/イ__ /
         //////////∧

        _,.{///////////|

     -=≦//////|////////≧=-- 、_
  r≦//////////////////////////////ヽ
  |//l///////////|///////////////////∧
  |/∧//////////l|///////////////|/////}
  |//∧/////////l|///////////////|/////|
  |///∧////////l|///////////////|/////|
  |//// }////////l!///////////////}/////}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「それじゃ……行くかね」

1・うた ヒトモシ 持ち物:ふうせん
2・ひめちゃん プラスル 持ち物:こうかくレンズ
3・まいちゃん マイナン 持ち物:オボンのみ
4・マホ ゾロアーク 持ち物:クラボのみ
5・モモ ゲンガー 持ち物:クラボのみ
6・ユキ ミミロップ 持ち物:シルクのスカーフ
7・トキ サーナイト 持ち物:オボンのみ
8・ヒロ ハブネーク 持ち物:たべのこし
9・ネリー トゲキッス 持ち物:こだわりスカーフ
10・なるか ユキカブリ 持ち物:きあいのタスキ
11・みほこ ヒンバス 持ち物:たべのこし
12・りゅーか ヌメラ 持ち物:オボンのみ

正しくはこうでした。

                  , ---
                 /::::::::::::::::::
                   {::::/""''/.
                 ヘ_,-●イt‐

                   , 、, ━,
             , -── イ __` -≦
              /::丶:::::::::::l;;;;ヽ三∧/:::::.
               {:::::::::ヽ:::::::ヽ;;;;l | | |ヽ::::::i::::
            ≧:::::::::Y:::::::l;;;;ヽ.| |/;;;〉::l::
             |::::::::::::l:::::::::::>;;;;'''≦::::|::::
                ヘ:::::::::::∨::::。::∠≦::::::::l:::::
              ∨:::::::::Y''::::::::::::::;;;;;;;;;∧、!_
              ∨;;;;;;≧、:::::::_二 ///:::::::::::::::
                 〉ー-- リ ̄/:::::::::::::::::::::::::::::::::
              l::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::∠i∠l::::::
               |::::::::::::/::::::::::::::::::, ─ ´:::::::::::::ヽ::::
              >:::::::{:::::::::::::::/:::::::::::/:::::::::|:::::}:::::::::
             l三三三三三三三三≧:::::::.|:::::i:::::::::::

             ヽ三三三三三三三三}:::::::.|:::::l::::::::::::

                   | |       i:::::::.|::::∧:::::::::::
                   | |      /:::::::|:::::! ヽ::::/
                   | |    .i:::::::.|:::::!  ≧、-

                   | |      i:::::::|:::::!   ヾヽ
                   | |      ≧ー /     `
                   | |      l><
                   | |      ハ
              , ──‐ ´ ` ──、>ー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『皆様、お待たせしました』

『これより、ノーマル大会決勝戦を開始致します』

『まずは、どんな不利な状況でも根性と気合で這い上がってきた男……』


       ___,,.... --、....--――--...._

     ...-/    __ ノ-、 _      `''ー 、
    |  '  ィ ̄ "´  /  ^''‐‐..,,     ^‐ 、
    | i'   l''´ _. ‐"        `゙ヽ、    ゝ
    i0 O  /''''''''‐‐....----ニ‐‐、_  ` ヽ、 │`ヽ
    /  ,/   >     i        `‐^''‐ヽ ¦  !
  _/  /   /│______,,ヽ           ゙V-‐1/
/:;:;:;ゝ    / ./゙ー-―=''゛ i             i
/.:\:;:;ヽ  _/`ー、ー''"   "          l  / |
.:.:.:.:.:.:.ヽ;:;ヽ /〃'l      ‐''マ¬‐-_..._  │ /   l
.:.:.:.:.:.:.:.:l:;:;:;:!、  <       ヾl,,フ‐-..`"ヽ ¦ノ _..,!
\:.:.:.:.:.:l;:;:;:;!゙ヽ-│      ゙''‐--,, `   ''´/ニヽ , '
/:.:.:.:.:.:l:;:;:;:|ヾ` 、 、              ン丿

.:.:.:.:.:.:.:.:l:;:;:;lヽ/ヽ               !  ¦
.:.:.:.:.:.:.:.:l:;:/. |       、          !  /
.:.:.:.:.:.:.:¦  !   \    `''‐-....,,_  --イ, '
.:.:.:.:.:.:./, ‐‐ '....,,    !\        フ /
.:.:.:.:.:/ │.:.:.:.:.:.:.:.:`''-..ュ \         /
.:.:.:./  !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`‐、 `ー-.. _ /ヽ

.:.:/┌.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ   ツ.:.:.:l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『キヨスミタウン出身!!! まーーーこーーーとぉおぉぉ!!』

『おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお』

誠「ふっ」


大きな歓声と共に誠がゆったりと舞台へと歩いていく。

その後ろには、見せ付けるように3体のポケモンを晒していた。

観客もその姿に大きな声援を送っている。

誠の事だ、ああやって常に3体を見せ付けて勝ち進んできたのだろう。

本当に……アホだが、強敵だ。

                  , ---
                 /::::::::::::::::::
                   {::::/""''/.
                 ヘ_,-●イt‐

                   , 、, ━,
             , -── イ __` -≦
              /::丶:::::::::::l;;;;ヽ三∧/:::::.
               {:::::::::ヽ:::::::ヽ;;;;l | | |ヽ::::::i::::
            ≧:::::::::Y:::::::l;;;;ヽ.| |/;;;〉::l::
             |::::::::::::l:::::::::::>;;;;'''≦::::|::::
                ヘ:::::::::::∨::::。::∠≦::::::::l:::::
              ∨:::::::::Y''::::::::::::::;;;;;;;;;∧、!_
              ∨;;;;;;≧、:::::::_二 ///:::::::::::::::
                 〉ー-- リ ̄/:::::::::::::::::::::::::::::::::
              l::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::∠i∠l::::::
               |::::::::::::/::::::::::::::::::, ─ ´:::::::::::::ヽ::::
              >:::::::{:::::::::::::::/:::::::::::/:::::::::|:::::}:::::::::
             l三三三三三三三三≧:::::::.|:::::i:::::::::::

             ヽ三三三三三三三三}:::::::.|:::::l::::::::::::

                   | |       i:::::::.|::::∧:::::::::::
                   | |      /:::::::|:::::! ヽ::::/
                   | |    .i:::::::.|:::::!  ≧、-

                   | |      i:::::::|:::::!   ヾヽ
                   | |      ≧ー /     `
                   | |      l><
                   | |      ハ
              , ──‐ ´ ` ──、>ー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『それに対するは、様々な可憐なポケモンを使い分けで楽しませてくれた男!!』



.            _,.. -- 、__, 、___
            .⌒>.::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ、
.        _,....::::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
           ̄7::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.
            /イ.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.{
          _/_:::::::::::::::::::::::::::::O:::::::::::::::::::|!
.         ̄´ {∧ . :::::O:::::::::::::::::::::::::::::::ト\
            {从.ハ::::::::::::::::::::::::::::::::ミ`
              ' ;.v   ァ::::::::::::マ_
               ヽ;:::::::::::::::::::::::::

                ,':::::::::::::::::::::::::::`:::::::::-、
               ,...:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           ,....::::'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i、
           .i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
          .ノ.::::::::::::::::::○::::::::::::::::::::::::::ィ-、::::::::::::.ヘ
          |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.  ヽ::::::::::::::::..
         ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    〉:::::::::::::::ヘ
          /.:::::::::::::::::::::○::::::::::::::::::::,'.    /.:::::::::::::::::/
        ./.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;    ./.:::::::::::::::; '
       /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   ,.:'::::::::::::::::; '
        /.::::::::::::::::::::::::::○:::::::::::::::::::::| /..::::::::::::::; '
        /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':´:::::::::::::o; '
.      ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::o:;
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::○::::::::::::::::::::::::::::::::|`V
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『キヨスミタウン出身!!! きょーーーーたーーーろーーーぉぉぉぉぉぉぉ!!』

『おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお』

京太郎「行くか」

ひめこ「ど、どもども」

ユキ(お腹空きました)

なるか「ひぅ……」

マホ「♪」

モモ「……人がゴミのようっす」ボソリ


此方も盛り上げるために、今まで出した子を見せ付けて歩いた。


<コンニャロー!

<フサゲンナー

<うらやましねー!!


京太郎「えぇ!?」


歓声とは程遠い声援が送られた。

逆にひめちゃん達には、綺麗な声援が送られる。

解せぬ

             ,. - 7 "´ ̄ ̄ ``' -.、

            / ./        ,. -`' .、
         ,.../   /          /    ヽ
        / /   l       ,. '       ヽ
        ,'  i ,、 .l |     /   ,.-‐''""`''ー-',
      i‐'"´| / ヽ l !    ./    ,. ‐''' 、     ',
        !.   ';'.  \    / ._,. - '"    .',    !
      ,!   l_,...、   `'ー ''"´           ,!   ノ
       !',   }´-、\   /二ニー-;、    ( i´ヽiヽ
      ! ',   ',) i´r;iヽ ヾ'"´'r‐-、`'‐ヽ  i ! ' i. ヽ
        ヽ',.  i '"゙ー',ヽ  、. '、○,ゝ    .l l./ /  \
_         ヾ_. ',    .|  ` `''´    ,.:' l´/i    ヽ
. !      ,.-'´  `':',   i          !.,/'/  ヽ    `
' ', _,.. rく      i、 _,.!_ ,.           /, '     ',
. l´  _! l    _,ノ ',ヾ、--;;二_'ー.、 ヽ  ノ"       ヽ
  l / `ヾーr'´!  (ヽ. l ( `'''',ヾ'  ./        ヽ
.  l'  ,.'´"´r' ヽ|.  i. '、 ヽ='´'´ .,. 'ヽ、           ヽ
   /  ,.'   'l  l.  ` ー,-r‐.く   ヽ          ',
   ノ  ,.'    '、  ヽ,-.'/`'',!.  ヽ   ,.!          _,l.
  r' /      ヽ ( -i  /、'、   r'´       ,. ‐'"
_,,.l,/        ! ! ! i ヾ )ヽr'´      ., - "
  !         ! l ´! !ヽ !    /|   ,. '
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『色々と言いたいことはありますが!! ここまで来たら言葉は不要!!』

                     -――――-   ..,,
               ´       \      ヽ 、
            /   ___> ´  ̄ ̄ `ヽ   )  \
           / ´ ̄  /   /     、 `ー’‐ 、 ‘,
            / /  彡:.:ヽ  /       \    Ⅵ}
            //  ./:.:./   ′         ヽ   / V
            /   /:.:.:.:./   ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ }   |  |
        /  /:.:.:.:.:.:./ -  、<T勿¨¨`:.:.:.:.:.:!  ノ_ :.
       ノ /:.:/⌒ヾ:/         ̄r'''''"   `  |,_ `〉
        \:.:.:.{ :.:.:.l               .:.:.:.:: |tツ`/
         ヾハ 、:.:{             .:.:.:.:.:.:.:... }   |
          ∨': `             ':.:.:.:.:.:.:.:.'  |

           Ⅵゝ┐      ----――‐- .,   .′

            Ⅴ: : !           __ ヽ  /
            |: : : \           :.:.:.:   /
            |: : |: : : \               /
            ′ !: : : : : :\              /
         __/: : : |: : : : : : : : > ., _      .′
         |///≧ュ..,,_: : : : : : : : : : : : : : :  ̄/ ̄
         |/////////≧ュ..,,_: : : : : : : : : : /
         |///////////////≧ュ...,,__ : : {___
     __,.|/////////////////////| : ///|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                     /イ         /    V ヽ、    `
                  ,  ´/          |   \
                    _/  '   '    ,:      |    \
                  ̄ ̄/  /   //     }       |
                     /    /    〃     /   |    |
               /      {   /.'       ∧  }    |
               /_, ィ   ∧ /_ |       / V ∧
                 / /  / ∧{tォミ、  ,  /   | '  、
                   / イ  / /| 弐_ V | /   __}/   _ヽ
                     | / , :  ー':, ∨/   イ乎(_ ヽV |
                    ∨ {/ '   / /      Vzソ   V}
                    {   、                 リ
                         ∧   `
                        、
                         ∧ `
                         |l∧      ̄         <
                          「´∧           ´
                        .:'//>--==≦ゞ
                      ////////\        /
                       /////// /   ∧
                        {/////〈/{   / |      //,
                       ∧//// ∨、  ,   }   ,://
                       {// ∧// ∨V{  |  「 ̄/´///
                     ///,'/ ∨/ ∨V〉 ' r/ |//////
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

誠「……」

京太郎「……」

『フィールドは【通常】!! ポケモンバトルゥゥゥゥゥゥゥ!!!レディィィィィィ!!!』

京太郎&誠「GO!!!!」

BGM-戦闘!ライバル戦 オメガルビー・アルファサファイア https://www.youtube.com/watch?v=L-LdQRyKli4
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―== ―――  ___―― ̄ ̄___ ̄
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━   ――――    ==  ̄―― ̄ ̄
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―  ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_――
       ___,,.... --、....--――--...._

     ...-/    __ ノ-、 _      `''ー 、
    |  '  ィ ̄ "´  /  ^''‐‐..,,     ^‐ 、
    | i'   l''´ _. ‐"        `゙ヽ、    ゝ
    i0 O  /''''''''‐‐....----ニ‐‐、_  ` ヽ、 │`ヽ
    /  ,/   >     i        `‐^''‐ヽ ¦  !
  _/  /   /│______,,ヽ           ゙V-‐1/
/:;:;:;ゝ    / ./゙ー-―=''゛ i             i                     新米トレーナー
/.:\:;:;ヽ  _/`ー、ー''"   "          l  / |                             誠
.:.:.:.:.:.:.ヽ;:;ヽ /〃'l      ‐''マ¬‐-_..._  │ /   l
.:.:.:.:.:.:.:.:l:;:;:;:!、  <       ヾl,,フ‐-..`"ヽ ¦ノ _..,!
\:.:.:.:.:.:l;:;:;:;!゙ヽ-│      ゙''‐--,, `   ''´/ニヽ , '
/:.:.:.:.:.:l:;:;:;:|ヾ` 、 、              ン丿

.:.:.:.:.:.:.:.:l:;:;:;lヽ/ヽ               !  ¦
.:.:.:.:.:.:.:.:l:;:/. |       、          !  /
.:.:.:.:.:.:.:¦  !   \    `''‐-....,,_  --イ, '
.:.:.:.:.:.:./, ‐‐ '....,,    !\        フ /
.:.:.:.:.:/ │.:.:.:.:.:.:.:.:`''-..ュ \         /
.:.:.:./  !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`‐、 `ー-.. _ /ヽ

.:.:/┌.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ   ツ.:.:.:l
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―== __―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━ ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―

                                    .        ,..-、,、__
                                          /     ,     /   /   / /             |   |  :.   .   :.
                                              /     /   /    '    |   |     |   |  i|   |    .
                                            イ        '   /|    /|  l   |   |     |   |  l|   |    |
                                          // /      |   | {   ' :.     |   |     }   |  l|   |   {
                                           ' 〃         |   |  | |   ト,  :     /| /| /|    '  ∧|
        新米トレーナー                         / / .'   ,:  ' Ⅵ |_'. |  | |   | l   |     ' }/ }/ :  /  .イ `\
              京太郎                         {/ /   / /  / {  |  Ⅵ≧!、,|   | 、 |   _/ム斗七    /:. / }'
                                            '   ,イ / | { 从 | イ  {::しメ∧   l  Ⅵ   イ {::し刈 `ヽ'  ' }/
                                           '  / /イ Ⅵ :.  Ⅵ    Vzり \  、 }  /  Vzり   }/  /
                                           /        | 从   |            \ ∨/        ,  /
                                                  _∨∧ :.             ` \           ,:_ノ> 、_
                                             ,  <//////{/{{`∧         、              /  }}//////> 、
                                            ´//////////// l| ,∧             _    ∧  ||///////////>
                                            /////////////从 {   、         _  ィ -vノ    ' } /'//////////
                                            /////////////{/∧   l\   ー=≦__ ,   ´   /' / イ∧////////////
                                            /////////////|//∧  :. \               / / /'////}////////////
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―== __―― ̄ ̄___ ̄―==  ̄―==

―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━ ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━


新米トレーナーの誠が勝負をしかけてきた!

誠┃ 手持ち:◎◎◎○○○
 ┗━━━━━━━━━━━━━━

                _________
             ,..‐'" ̄冫   ゙フー--_

            /丶  /   /"    ゙ヽ_
           l´   ヽ│  /   ――''  \
          / ヽ__..へ-- 、/一 ̄└--,,__    ゝ
          | ヾ  '.,    ,.'   < ―-  \

          〈 /    '   .'   _____. ゙ゞ   フ
          │'''三=__   ∠‐ニ三ニニ__ ミ   /
          │‐'〔;;;;;;!     弋;;;;;_厂 !  │

          │   ̄     丶  ̄   /'"゙彳
              !                  ノ
       __,,,,__ \    --―一'   ,./-- '

    /"´   `ヽ `ー--┌_=yr-=┌ ´
   ./       丿  ,.ヾo===o :/ノゝ

   / ::::::     ノ" /: : l=||==:彳: : i
  ./ :::::::-一'゙゙  /ヘ : :│: :||: : : : :1: : :i
 │ /   ,,一'/ヾゝ_ュ.彳: :.|.|: : : : : | ,/n|
 │/  /  └ヘノ''V´ /: : :.|.|: : : : : :!=┘

 │|__/         /: : : /. !.ヽ : : :L|_ノ、

 │            /=: :/ | !: :゙==''´. .\
 │  :::::::::        /┐: :/ 人ヽ: :==-'´: : :.ゝ
  i  :::::::       /: : ゝ//  i |ノ: : : : : : :./
   ヽ :::::::::    丶_//   | |__ ,,:/
    `ー-,,,,:::::::.....______ノー- 、│ |,, - ┘、

        ̄ ̄ ̄ ̄ └==='´ └==== '

1・うた ヒトモシ 持ち物:ふうせん
2・ひめちゃん プラスル 持ち物:こうかくレンズ
3・まいちゃん マイナン 持ち物:オボンのみ
4・マホ ゾロアーク 持ち物:クラボのみ
5・モモ ゲンガー 持ち物:クラボのみ
6・ユキ ミミロップ 持ち物:シルクのスカーフ
7・トキ サーナイト 持ち物:オボンのみ
8・ヒロ ハブネーク 持ち物:たべのこし
9・ネリー トゲキッス 持ち物:こだわりスカーフ
10・なるか ユキカブリ 持ち物:きあいのタスキ
11・みほこ ヒンバス 持ち物:たべのこし
12・りゅーか ヌメラ 持ち物:オボンのみ

↓2 誰を出す?

           へ  _
             |: : ∨:{
           ノ: : : : : 、              /:.〉
         〈: : : : : : : 〉  _  __      /: :./
            : : : : : :   /:.| |: :vー―: '": : : :(_
      _     }: : : : : { ,: : |ノ:/ : : : : : : : : : : : :>
      \: 、、 }: : : : 斗/: : :∨: : : :/) ̄ ̄ヽ: :/___

       -―\:``~、、: : : : :    //     人ヽ : : /
  /: : : : : : : : \: : :ノ: : : : : : : : \  _  -‐: : :. ̄/__
  '   〉: へ : : : /:.}:::/: : : : : : : : : : : :廴_: : : : : : : /: : : : :/
 {  _{: : }ノ: : :.〈: ::::/: : : : : : :、: : へ: :-<: : : --: : : : : : :\
 `⌒|\: : : : : :ハ: {: : : }: : : ッ/: : }: :/'": : /: : : : : : :\: : : : ヽ

    、_/-==彡-:ト|: : :〈: ノ '": :}V /-― ,: : : : : : : _:i: : : : : :.
     /::{::::::::{::::|: : : : : : : : :ノノ:./ ̄ ̄ {: : : : :./=ミ|'⌒ヽ:. :.i
.  /::::::::::、::::::、人`:.´: :/rv〉'イ 人   乂: : :/': : : : ∨| : :\|
  /:::: / ̄ ̄ ̄ /=‐-:'-=彡': : \  `¨´   〈: : : : / j: : : : |\
  :::::/        /: : : : : : : : :_: : :.\  _ -‐=彡:.}   ,: : : : :|: : \
  し'       人: : : : : : : :_〉--=ミ: /: : : : : : : : :.:|  //⌒`: : : :.:\
       /  、: : : : : ゝ     /: : : : : : : : : : :ノイ:/: : : : : : : : : : : :.
         {_,. --――― ´ \/: : : : : : : : : : : /: : /: : : : : : : : : : : : : }
                  {: : : : : : : : : :/: : : :/|: : : : : : :/``丶:/

                   、-―‐┐: : : : : :./ \: : : :/     /
                   }  / |: : :へ/      ̄ ‐-- '
                  ノ / イ/  |
                 <__ 彡' ⌒ヽ   |
                        }   /
                       <_彡'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             │       ヽ -―――--___________
               │                                /
              │               ___  ヽ       │
             │ ,  _r_.>'''三(( ))三三__ ミzr、       /
             │,'.zK>''  /l   ̄.  ヽ ヽ `ヽ¨\ \     /
.              i r'   /l .l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:',.ヽ ヾ',   /│
             l'Y了¨.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l..:.:.:',.:.:.:ヽ.:',.:',.:.:i! 、ヽ / │
              |l!i.:j.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l..:.:.:',..:.:.:.:',.:',.:',.:.:iト、ヽ  │
              |,イ.i.:..:l.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l_lヽ_lヽ',.:ヽ'., |i! l  /
              // .l.:.:.:l.:.:.:.l.:_,」-.:.:.:.:.:.:.:.:.: 7ヽ.l ̄l.λ.:.:l.:.:.トi!l │ヽ/
             ├ .:.:.:.:.:ヽ/i'、 .i、 、.:.:.:.:.:.:.:/ i! ,.」z=l .j.:.:.:i!i!ヽ \
              ヽ  .:.:.:l .lヽi≧ト>ヽ.,__.:.:i/ .ァ行示りi!|.:.:/.:l.:.\  \
               λ.:.:ヽ.:ヾi.r-≦示リ  ヾi'   弋t才/i! ハ.:..:',.:、.j \  \
               jヽ、,ヽ、.ヽ_弋tシ          jλ.:.:i!.:.:l .j i/  /
                ハ ヽ.:ヽヽ     ヽ      .ノ::l l l./〉./Y  ̄ ̄
                  ハこ_」t、.,__  ‐ .   ィ≦t==i! V川__≦三≧

                   /  ーi!z.イ i>=ァア´l  l  l!l l´ヽ `ヽ.:.:.:.:.:\
           __ ,'/    `こi i:/;;;;;;;;;/;;;;;;l  .l / i!      ハ_rz=ニz。、__,..ァ'''フヽ、
            / .>'.フ´.    .,.。z、jzi!___!i!≠i! ーi   '       .l l ̄>¨ ̄ ./ ./ヽ.  >
     r=、ー、'==-/    _,.。ャ': : : l!iヾi;;;;;;;;i!>: : :l.  l   .l  i.   j ,/     l  .l. ̄  ̄
   ,.'  λ  i!.    ,'    j: :/: r=zz、: : ヽ;; i!>: : :i!  l i l   l  .ノ /        l  l
 r''  _ノ:::l  .l    ,'  _/:_,ィtイ∧ト、: : ヽ;;i>: : : i!_ ', |     '' ''   ---ァフヽ .l
   ̄.. ̄,'  j    i ,t<: l¨ヽJi l.ヾレzl: : : : ヾ, : : ハ ヽ| _,.. =≠-,z--、./ /i. .l_ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


最初のポケモンを繰り出すもお互いに指示は出さない。

流れるままに、ポケモン達に最初の一手を任せた。

ニドキングが地面を揺らし、ネリーが鮮やかに浮き上がり、それを回避する。

ネリーが回避すれば、お返しとばかりに 風を切り裂きニドキングに迫った。

しかしだ、相手は腕を前でクロスさせると、いとも簡単に受けきりニヤリと笑う。


ネリー「うん、強いよ。パピー!」

京太郎「そうみたいだな」

ニドキング「グルル」

誠「そうだな、いい感じだ」


お互いにポケモンの近くに行き、称えあう。


誠「行くか」

京太郎「やるか」


そう言って、お互いに最初の指示を出した。

 _  ___ニドキング♂ : L 30
 |::::| |:HP:::|lllllllllllllllllllllllllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄97/97 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


【1ターン目】

        ネリー♀ Lv30

   |:HP:::|llllllllllllllllllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           100/100    |::::|

,,;;≦|★★★★★_______「::/

ネリーはどうする?
持ち物:こだわりスカーフ
持たせると、同じ技しか出せなくなるが、すばやさが1.5倍になる

【特性:きょううん】
自分の攻撃が急所に当たりやすくなる ゾロ目+01~03
【覚えている技】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・エアスラッシュ(基本・ひこう/特殊/威力・75/命中・95)【コンマ、01~30で相手をひるませる】
┃├2・しんそく(基本・ノーマル/物理/威力・80/命中・100)【必ず先制できる】
┃├3・あくび(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【次のターン終了時に相手を2~4ターン(実質1~3ターン)の間『ねむり』状態にする】
┃└4・はどうだん(基本・かくとう/特殊/威力・80/命中・―)【自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

誠「ふむ……見た事ないな」

京太郎「参ったな……ニドキング技が豊富だぞ」

↓1 ニドキング 命中率

↓2 ネリー 急所:ゾロ目 



                          |.|/
                      /|.|
                     ,〃|.|

                       // |.|
                      ,i./ . //
                   //゙, //
                  ,/./'/
                    /ン/
                ,/ン′

               ,-ソ゛
             ,ノソr

            ,,ノ./ ,i′
          ,,‐ン'/./         .,
            ,ノ/./ /            |!
          ,ノ / . / /           、 :!l
      ,r'./  ./ /            !.l| l
    '=./ .ゝ.... -------―――¬‐′ .巛

    .,'リ彡 ィ=------.... ............,,,,,、    ヽ
   .'~´   ./ ./              \     \
    、  ,!  |,            ヽ     ヽ,
     ゙〈'-〉  .`-..、             ヽ      ゙'、
    .`'ゞ,゙      `'''――-.... ..........,,,,,,゙,,,___    .゙'-
   ゙゙゙三二                     ̄ ゙゙゙゙゙̄"^'''''''¬――--.... ..........,,,,,,,____、
       ゙̄'''''―- ....,,,,_、                                    ̄ ゙゙゙゙゙゙゙̄''''''''''¬――-.
                 ´ `゙''''― ..,,,_
                          `゙゙''''― ..,,,_
                              l   .´゙"''― ..,,,_
                            l.         .`゙゙'¬- ..,,,_

                             ヽ           `、,    .`゙゙''''― ..,,,_
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「エアスラッシュ!!」

ネリー「連打!連打!!連打!!!」


ネリーが手を動かせば、それに伴い激しい風が吹き荒れる。

全てを切り裂く風……風が通るたびに地面を切り裂き土が捲くれ舞った。


           へ  _
             |: : ∨:{
           ノ: : : : : 、              /:.〉
         〈: : : : : : : 〉  _  __      /: :./
            : : : : : :   /:.| |: :vー―: '": : : :(_
      _     }: : : : : { ,: : |ノ:/ : : : : : : : : : : : :>
      \: 、、 }: : : : 斗/: : :∨: : : :/) ̄ ̄ヽ: :/___

       -―\:``~、、: : : : :    //     人ヽ : : /
  /: : : : : : : : \: : :ノ: : : : : : : : \  _  -‐: : :. ̄/__
  '   〉: へ : : : /:.}:::/: : : : : : : : : : : :廴_: : : : : : : /: : : : :/
 {  _{: : }ノ: : :.〈: ::::/: : : : : : :、: : へ: :-<: : : --: : : : : : :\
 `⌒|\: : : : : :ハ: {: : : }: : : ッ/:し}: :/'": : /: : : : : : :\: : : : ヽ

    、_/-==彡-:ト|: : :〈: ノ '": :}V /-― ,: : : : : : : _:i: : : : : :.
     /::{::::::::{::::|: : : : : : : : :ノノ:./ ̄ ̄ {: : : : :./=ミ|'⌒ヽ:. :.i
.  /::::::::::、::::::、人`:.´: :/rv〉'イ 人   乂: : :/': : : : ∨| : :\|
  /:::: / ̄ ̄ ̄ /=‐-:'-=彡': : \  `¨´   〈: : : : / j: : : : |\
  :::::/        /: : : : : : : : :_: : :.\  _ -‐=彡:.}   ,: : : : :|: : \
  し'       人: : : : : : : :_〉--=ミ: /: : : : : : : : :.:|  //⌒`: : : :.:\
       /  、: : : : : ゝ     /: : : : : : : : : : :ノイ:/: : : : : : : : : : : :.
         {_,. --――― ´ \/: : : : : : : : : : : /: : /: : : : : : : : : : : : : }
                  {: : : : : : : : : :/: : : :/|: : : : : : :/``丶:/

                   、-―‐┐: : : : : :./ \: : : :/     /
                   }  / |: : :へ/      ̄ ‐-- '
                  ノ / イ/  |
                 <__ 彡' ⌒ヽ   |
                        }   /
                       <_彡'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ニドキング「!!」

誠「くっ……威力がすっげーな!」


吹き荒れる暴風の中、ニドキングは動けない。

ただただ、止むのを只管耐え抜いていく。


【ネリーのエアスラッシュ! 急所に当たった! ニドキングは怯んだ!】

 _  ___ニドキング♂ : L 30
 |::::| |:HP:::|llllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄30/97 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


 _  ___ニドキング♂ : L 30
 |::::| |:HP:::|llllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄30/97 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


【2ターン目】

        ネリー♀ Lv30

   |:HP:::|llllllllllllllllllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           100/100    |::::|

,,;;≦|★★★★★_______「::/

ネリーはどうする?
持ち物:こだわりスカーフ
持たせると、同じ技しか出せなくなるが、すばやさが1.5倍になる

【特性:きょううん】
自分の攻撃が急所に当たりやすくなる ゾロ目+01~03
【覚えている技】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・エアスラッシュ(基本・ひこう/特殊/威力・75/命中・95)【コンマ、01~30で相手をひるませる】
┃├2・しんそく(基本・ノーマル/物理/威力・80/命中・100)【必ず先制できる】
┃├3・あくび(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【次のターン終了時に相手を2~4ターン(実質1~3ターン)の間『ねむり』状態にする】
┃└4・はどうだん(基本・かくとう/特殊/威力・80/命中・―)【自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

誠「ははは……すっげー! すっげーな!」

京太郎「こんちくしょー! 本当に楽しそうだな!」

ネリー(何か笑い合ってる)


↓1 ニドキング 命中率

↓2 ネリー 急所:ゾロ目 



                          |.|/
                      /|.|
                     ,〃|.|

                       // |.|
                      ,i./ . //
                   //゙, //
                  ,/./'/
                    /ン/
                ,/ン′

               ,-ソ゛
             ,ノソr

            ,,ノ./ ,i′
          ,,‐ン'/./         .,
            ,ノ/./ /            |!
          ,ノ / . / /           、 :!l
      ,r'./  ./ /            !.l| l
    '=./ .ゝ.... -------―――¬‐′ .巛

    .,'リ彡 ィ=------.... ............,,,,,、    ヽ
   .'~´   ./ ./              \     \
    、  ,!  |,            ヽ     ヽ,
     ゙〈'-〉  .`-..、             ヽ      ゙'、
    .`'ゞ,゙      `'''――-.... ..........,,,,,,゙,,,___    .゙'-
   ゙゙゙三二                     ̄ ゙゙゙゙゙̄"^'''''''¬――--.... ..........,,,,,,,____、
       ゙̄'''''―- ....,,,,_、                                    ̄ ゙゙゙゙゙゙゙̄''''''''''¬――-.
                 ´ `゙''''― ..,,,_
                          `゙゙''''― ..,,,_
                              l   .´゙"''― ..,,,_
                            l.         .`゙゙'¬- ..,,,_

                             ヽ           `、,    .`゙゙''''― ..,,,_
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「もう一度!!エアスラッシュ!!」

ネリー「連打!連打!!連打!!!」

誠「交代! ランサー!」

ランサー「ドラッ!」


誠が咄嗟にニドキングを仕舞い、ココドラのランサーを出してくる。

ランサーにエアスラッシュが当たるも、鋼の体を少し削った程度で終わった。


【ネリーのエアスラッシュ! ココドラにはいまいちのようだ……】


 _  ___ココドラ♂ : L 30
 |::::| |:HP:::|lllllllllllllllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄64/79 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

 _  ___ココドラ♂ : L 30
 |::::| |:HP:::|lllllllllllllllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄64/79 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


【3ターン目】

        ネリー♀ Lv30

   |:HP:::|llllllllllllllllllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           100/100    |::::|

,,;;≦|★★★★★_______「::/

ネリーはどうする?
持ち物:こだわりスカーフ
持たせると、同じ技しか出せなくなるが、すばやさが1.5倍になる

【特性:きょううん】
自分の攻撃が急所に当たりやすくなる ゾロ目+01~03
【覚えている技】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・エアスラッシュ(基本・ひこう/特殊/威力・75/命中・95)【コンマ、01~30で相手をひるませる】
┃├2・しんそく(基本・ノーマル/物理/威力・80/命中・100)【必ず先制できる】
┃├3・あくび(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【次のターン終了時に相手を2~4ターン(実質1~3ターン)の間『ねむり』状態にする】
┃└4・はどうだん(基本・かくとう/特殊/威力・80/命中・―)【自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

誠「……どうすっかな」

京太郎(ネリーはこれしかできないしな)


↓1 ランサー 命中率

↓2 ネリー 急所:ゾロ目 

              ̄   ヽ
       /            :!  \
     /    / .:     :|    :.
.    /    / .:     :ハ    :.
    ′   :′.:     .:  ∨    :
    |    :! .:      .:   ∨    :
    |    :!      .: r≠ミ ∨  ::|
    |    :!       N| んハY;   ∧
    :. 、  |       |, !弋::ノノ.:   ′}!
    八 \ 八     | \ u .::  / ノ
     \(\(\    :.    .:  /
         ≧ >    \<ムイ
        -イ  \____[ ̄_
    r≪    ∨  //∧ ヽ\
   /⌒ヽ    ∨/\//\|  i\
.  /   |i     〈  |∧ l|  i| ハ
 /   ハi X    \ |/∧| i| |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「ネリー交代! なるかさん!」

誠「そいつか……確か水と電気が効かない草だったな」

京太郎「……」

誠「俺は、道具を使用する」


【ネリー⇒なるか に交代】

 _  ___ココドラ♂ : L 30
 |::::| |:HP:::|lllllllllllllllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄64/79 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


【3ターン目】

        なるか♀ Lv30

   |:HP:::|llllllllllllllllllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           85/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


なるかはどうする?

【天候:あられ】

持ち物:きあいのタスキ
HPが満タンのとき、一撃でひんしになるダメージ、もしくは一撃必殺技を受けてもHPを1残して、持ちこたえる。

【特性:ゆきふらし】
戦闘に出ると5ターンの間、天気が『あられ』になる
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・れいとうパンチ(基本・こおり/物理/威力・75/命中・100)【10%の確率で相手を『こおり』状態にする】
┃├2・ふぶき(基本・こおり/特殊/威力・110/命中・70)【相手全体を攻撃。10%の確率で相手を『こおり』状態にする。天気が『あられ』の時は必ず命中する】
┃├3・はっぱカッター(基本・くさ/物理/威力・55/命中・95)【相手全体を攻撃。急所に当たりやすい】
┃└4・じしん(基本・じめん/物理/威力・100/命中・100)【自分以外全員を攻撃】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)
├2A:ネリー 100/100

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

誠「………」

京太郎「………」

なるか「いつもより……静か?」


↓1 ランサー 命中率

↓2 ネリー 急所:ゾロ目 

             /        /           \
             /         / |  |       \  \
           /            ′|  l\     \   ,
.          /              i 八  | ̄\      ',  ′
        /             |   _\{   ',
.        ′        |  | ´ __ァ≠ミ _∧      | |
        |           |  |  ´7 ___)心 Υ',     | |
        |           ト、 {   {// 刈 }     | |
       |            l \    乂__ンっ  |    | |
.         |.         |   \   ,,,⌒´ |       |
          ,   |       | ′  \     し |   /   八
         ′        |              /,  /
                     从⊂ニ=ニ⊃     / // /
          \ \                イ// 厶イ
.              \ \     、__      |'  /
                 \{\     \l_  / ̄\ ̄ ̄\
                   ̄ ̄7Χ_/     \   /
                       /// \     /\/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「なるかさん! じしん!」

なるか「わ、私は重くないですからね!?」

誠「まじかー!」

ランサー「ドラララララララララ」


大きな地震が起きて、フィールドを揺らす。

ランサーは地面へと潜ろうとしていたのか、反動で空へと吹き飛ばされた。


誠「ダメだな……ありゃ」

ランサー「きゅ~」


落ちてくるランサーが目を回してるのを見て、地面に落ちる前に誠がボールに戻す。


『ココドラ戦闘不能!!!』


誠「ココドラを全快にして がむしゃらだったかな」

京太郎(怖い事考えてた)


【なるかのじしん! ランサーは倒れた!】

/        /                   ,-、               ヽ           ',
      ノ  /                   /|l                   、        ',
    ./    l               {`ヽ   _/  i|_   /´}           〉   {     ヽ
  /    |               ',  \´ ヽ i |  `〃  /            /    \_     ヽ
 ;'      /              〉‐- 、\  ', !|  / xく           {       ヽ     ',
 {     /                   , /  r>、 ', ∨  ,'xく ', ヽ       , -┴- ..,,_   }     l
    /´ ̄ ̄¨ ‐-、           _{_ {  |ii| N     / |ii|  } }     /        丶       |
-‐ ´           \ /⌒丶./  `¨¨ ´ ̄`丶/´ ̄` ¨¨´Y ⌒\                 ヽ
    ヽ          ヽ     {                     |      丶          /      |
      ー-    _/   }   ハ 丶--‐   ̄` ー  ̄` ー--' ハ   /          /     _/
              _    八                 /        丶--   ´       /
         ,   ´    `丶  \                / ` /´ ̄ ̄`丶         /
\ 丶     /                  `≧=ー''ニ´ ̄`ンー='´    _        \ ‐-   /
  丶.  ̄ /  r‐ ァ―- 、_   /         `ニ´         `ヽ /  -‐  ̄`\/
       ̄j!  .j//⌒丶-∨         \   /          〈/           ヽ
        {/〈/__,/^'ー- \          l l            ヽ          \
       /  〈 〈, -――- 、 }            `|:|´             ',          丶
      ;   /        `  ー-  ..,,_    八    _,.  -‐- 、  } , -―――-=ニ |_
      |  /                  ̄三二ニ¨¨´       \ /             \
      | _/                _                   /                 ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

誠「そんな訳で……頼むわ。リッキー」

リッキー「リッキー!!!」

京太郎「次は、カイリキーか」

なるか「あわわわわわ」



 _  ___リッキー♂ : L 30
 |::::| |:HP:::|llllllllllllllllllllllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄97/103 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


【4ターン目】

        なるか♀ Lv30

   |:HP:::|llllllllllllllllllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           85/85      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


なるかはどうする?

【天候:あられ 残り3ターン】

持ち物:きあいのタスキ
HPが満タンのとき、一撃でひんしになるダメージ、もしくは一撃必殺技を受けてもHPを1残して、持ちこたえる。

【特性:ゆきふらし】
戦闘に出ると5ターンの間、天気が『あられ』になる
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・れいとうパンチ(基本・こおり/物理/威力・75/命中・100)【10%の確率で相手を『こおり』状態にする】
┃├2・ふぶき(基本・こおり/特殊/威力・110/命中・70)【相手全体を攻撃。10%の確率で相手を『こおり』状態にする。天気が『あられ』の時は必ず命中する】
┃├3・はっぱカッター(基本・くさ/物理/威力・55/命中・95)【相手全体を攻撃。急所に当たりやすい】
┃└4・じしん(基本・じめん/物理/威力・100/命中・100)【自分以外全員を攻撃】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)
├2A:ネリー 100/100

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

誠「ふむ……」

京太郎(さてと……なるかさんは氷が入ってる。かくとうは痛いぞ)


↓1 リッキー 命中率

↓2 なるか 急所:ゾロ目 


              ̄   ヽ
       /            :!  \
     /    / .:     :|    :.
.    /    / .:     :ハ    :.
    ′   :′.:     .:  ∨    :
    |    :! .:      .:   ∨    :
    |    :!      .: r≠ミ ∨  ::|
    |    :!       N| んハY;   ∧
    :. 、  |       |, !弋::ノノ.:   ′}!
    八 \ 八     | \ u .::  / ノ
     \(\(\    :.    .:  /
         ≧ >    \<ムイ
        -イ  \____[ ̄_
    r≪    ∨  //∧ ヽ\
   /⌒ヽ    ∨/\//\|  i\
.  /   |i     〈  |∧ l|  i| ハ
 /   ハi X    \ |/∧| i| |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なるか「ご、ごめんさい!」


そう言って、なるかは手か上空へと上げ集まった冷気をカイリキーへと差し向ける。

/        /                   ,-、               ヽ           ',
      ノ  /                   /|l                   、        ',
    ./    l               {`ヽ   _/  i|_   /´}           〉   {     ヽ
  /    |               ',  \´ ヽ i |  `〃  /            /    \_     ヽ
 ;'      /              〉‐- 、\  ', !|  / xく           {       ヽ     ',
 {     /                   , /  r>、 ', ∨  ,'xく ', ヽ       , -┴- ..,,_   }     l
    /´ ̄ ̄¨ ‐-、           _{_ {  |ii| N     / |ii|  } }     /        丶       |
-‐ ´           \ /⌒丶./  `¨¨ ´ ̄`丶/´ ̄` ¨¨´Y ⌒\                 ヽ
    ヽ          ヽ     {                     |      丶          /      |
      ー-    _/   }   ハ 丶--‐   ̄` ー  ̄` ー--' ハ   /          /     _/
              _    八                 /        丶--   ´       /
         ,   ´    `丶  \                / ` /´ ̄ ̄`丶         /
\ 丶     /                  `≧=ー''ニ´ ̄`ンー='´    _        \ ‐-   /
  丶.  ̄ /  r‐ ァ―- 、_   /         `ニ´         `ヽ /  -‐  ̄`\/
       ̄j!  .j//⌒丶-∨         \   /          〈/           ヽ
        {/〈/__,/^'ー- \          l l            ヽ          \
       /  〈 〈, -――- 、 }            `|:|´             ',          丶
      ;   /        `  ー-  ..,,_    八    _,.  -‐- 、  } , -―――-=ニ |_
      |  /                  ̄三二ニ¨¨´       \ /             \
      | _/                _                   /                 ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リッキー「………」

なるか「この人、少しも動かないんですけど!?」


受けたリッキーは静かにふぶきを受けきり、余裕の態度で立っていた。


誠「リッキー! リベンジ!!」

リッキー「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」

なるか「っ――!?」


誠が叫んだ瞬間、カイリキーの筋肉が盛り上がり、素早くタックルをかます。

その威力は凄まじく、なるかさんはあっという間の吹き飛ばされた。


【なるかのふぶき!リッキーには普通のダメージだ!】
【リッキーのリベンジ! なるかには効果が抜群だ! タスキが解けた】


 _  ___リッキー♂ : L 30
 |::::| |:HP:::|llllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄58/103 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

【結果】

        なるか♀ Lv30

   |:HP:::|l「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           1/85       |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


リッキーはあられでダメージを負った。

 _  ___リッキー♂ : L 30
 |::::| |:HP:::|llllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄58/103 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


【4ターン目】
        なるか♀ Lv30

   |:HP:::|l「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           1/85       |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


なるかはどうする?

【天候:あられ 残り2ターン】

持ち物:きあいのタスキ
HPが満タンのとき、一撃でひんしになるダメージ、もしくは一撃必殺技を受けてもHPを1残して、持ちこたえる。

【特性:ゆきふらし】
戦闘に出ると5ターンの間、天気が『あられ』になる
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・れいとうパンチ(基本・こおり/物理/威力・75/命中・100)【10%の確率で相手を『こおり』状態にする】
┃├2・ふぶき(基本・こおり/特殊/威力・110/命中・70)【相手全体を攻撃。10%の確率で相手を『こおり』状態にする。天気が『あられ』の時は必ず命中する】
┃├3・はっぱカッター(基本・くさ/物理/威力・55/命中・95)【相手全体を攻撃。急所に当たりやすい】
┃└4・じしん(基本・じめん/物理/威力・100/命中・100)【自分以外全員を攻撃】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)
├2A:ネリー 100/100

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

誠「タスキ持ちか……まじか」

京太郎「ごめん、なるかさん」

なるか「  」


↓1 リッキー 命中率

↓2 なるか 急所:ゾロ目 


次ふぶきじゃ倒せないか

ふぶき

>>542
倒せるぞ(ドヤァ

                                                      ノ )¨¨:、-.、__

          --――――--                          ________j |ヽ  ;  i ヾ¨;_
        /        、      ヽ\                      i´!|        |三三「 } }  } } .}j
      / ̄ ̄`   .,_   \     }  }ヽ                     | i!|           l| |l  し! / ./イ |
.    /    _/   ̄ ̄`ヽ.,___ノ ノ '.                    | i!|        《___》  `¨`¨   .|
.     /      ヽ           `¨¨¨ l }                   | i!|                   |
   /       ̄/ ,:     ':,       jノ                        | i!|                   |
   /     '''フ /        !   /   |                        | i!|                   |
  ノ: : : : -==/ /  ̄ ̄`丶、|   /   .!                    | i!|                   |
  \: : :___: /   ¨¨弋ツ¨:.:.:.  /-―― 〉                   | i!|                   |
    ヽf  ヾ       '"    ト、¨艾`/                     | i!|                   |
    | :.:.:{            |   │                      | i!|                   |
    ヽ`′             |     ′                     | i!|                   |
     `ー!          ':.:.:/   /                         | i!|                   |
      │:、     ,,-――‐; /                      | i!|                   |
      │ \   ` ――‐‘ /                             | i!|                   |
      │ ':, 丶     ̄  /                          | i!|                   |
      │  ':,  ` .,___,ノ|                         v/三二二二二二二二二二二三/

      r┴――‐┐┌――‐┴┐         / ̄ ̄/¨¨¨ヽ―- 、___/: : : :/: : : : ::i : : : : : : : : :│
      |: \/////┬/////////|__,.. --― ': : : : : : /:.:.:.:.:.:/ : : /////: : : //: : : : : ::!: : : : : : : : : :|
    /|: : : \///|l|l|//////////////: : : : : : : : : : : /:.:.:.:.:.:/: : :////: : : /: :/: : : : : : :!: : : : : : : : : :|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
誠「ようやく一体……最初が痛かったな」

なるか「きゅ~」

京太郎「戻れ、なるかさん!」

リッキー「リッキー!!!」


最後の一撃を喰らい、なるかさんは目を回し倒れた。


『なるか戦闘不能!!』

【リッキーのかいりき! なるかは倒れた】


京太郎「さてと……誰で行くかな」

誠「次はどいつだ?」


1・うた ヒトモシ 持ち物:ふうせん
2・ひめちゃん プラスル 持ち物:こうかくレンズ
3・まいちゃん マイナン 持ち物:オボンのみ
4・マホ ゾロアーク 持ち物:クラボのみ
5・モモ ゲンガー 持ち物:クラボのみ
6・ユキ ミミロップ 持ち物:シルクのスカーフ
7・トキ サーナイト 持ち物:オボンのみ
8・ヒロ ハブネーク 持ち物:たべのこし
9・ネリー トゲキッス 持ち物:こだわりスカーフ
×・なるか ユキカブリ 持ち物:きあいのタスキ
11・みほこ ヒンバス 持ち物:たべのこし
12・りゅーか ヌメラ 持ち物:オボンのみ

↓2 誰を出す?

クゥ~ン……

トキィ!

 \ ヽ ヽ
\ \\ \                                      __

  \ \\ \                                 ,..- "´: : : :  ̄:‐-...
.\. \ \\ \                                /: : : : : : : : _: :-: : : : `ー.、
\ 丶、ヽ  `"   \                         _ ...イ: : : /: : : /: : : : : : : : : : : ヽ
__ヽ.._`"        `ヽ、                    ィチ: :./:': ,:': ://: : : : : : : : : : : : : : ゙
─- .._           \                r..、 ,イ/: /':./: /:, ':/: : : : : : : :/: : : /: : : : !

    `ーァ‐- ...__,.-     `ー- ...____     ,r‐≧、{! |:/|/: /: /:/,:':,: /: : : : : /: /:, /: l: : :, |
    /                      `゙ヽ、_/: : : ヽヽ、ヾ |: :,': ,'://:./:/:/: /: :/:./:,ィ:./;: : /,: l
    ヽ-──- 、                   `ー-.:.ヽ : `ヾ: |: l/:,'::/:/:ハ7': : :/:_/x._:_':/:/: :/

            `ー--─-- 、            : : : : : :ヽ ! \ヾ、!::|:/〃:У : /リ' ,ィチ圷/_彡ィイ
                    \          : : : : : : :l}.|   ヽヾ、'::从/: : :/    `"´ ´´ 〈㌦::::!
                    `  、     . . : : : : : : : :/ ハ ヽ.!|!:::::|Y:/: :ハ       ,ィ'::,':::::!
                        |ニ三三iニニt-、...__:./ /   \ ||!:::::::!|'|:. ト :>、   tァ.イ::::/,':::,'
                        |三三ニ|ニニゝ、ヽ:ノ'ノ    ∧!::::::::| ∨ィ´|:::λー:彡'::/从/
                         l三三ニlニニニヾヽ''     / ゙:、::::::!ー ´,ィ!:://!  ̄ー '  ´
                         |三ニ:,'ニニニ/>ヽ─ ''    ∨::::l-‐' ∧::/λ
                         |三ニ|ニニニ:/ .'           ∨:::!  ハ:::ハ., /}
                         |三ニ!ニニ/ ,'          ∨::!. ,':::/  :/
                         |三ニ:!ニニ'  '        __    |∨!/::/_.ァ<´
                         |三ニ|ニニ:'  '      r'"::::::`:ー-ゝYチ<   ヽ
                         |三ニ!ニニ| ,'      ヽ::_:::>-''7ハ::ヽヽ    ` 、
                         |ニニ:!ニニ/ヽ            /|::::::ノ  \     ヽ、
..───────────────┴--!--' /...________/_´___`_、.__\_

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【選択:トキ】

トキ「じゃじゃんと登場!!」

誠「おいおい……また見たこと無い奴だな」

京太郎「しょうがねーだろ!」

トキ「しゃーない、しゃーない!」

誠「何タイプかわかんねー! こっちに有利なんだろうけど」

 _  ___リッキー♂ : L 30
 |::::| |:HP:::|llllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄58/103 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,


【4ターン目】
        トキ♀ Lv30

   |:HP:::|lllllllllllllllllllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           90/90      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


トキはどうする?

【天候:あられ 残り2ターン】

持ち物:オボンのみ

【特性:みらいよち】
トキが場に出ている間、相手の次の行動が判る。ダブルバトルの場合は一人のみ有効
1ターンにHPの十分の一を消費する
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・ねんりき(基本・エスパー/特殊/威力・50/命中・100)【10%の確率で相手を1~4ターンの間『こんらん』状態にする】
┃├2・かげぶんしん(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・100)【自分の回避率を1段階上げる】
┃├3・ドレインキッス(基本・フェアリー/特殊/威力・50/命中・100)【相手に与えたダメージの3/4だけ自分のHPが回復する】
┃└4・チャームボイス(基本・フェアリー/特殊/威力・40/命中・―)【相手全体を攻撃。自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)
├2A:ネリー 100/100
├2B:なるか 0/85

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

誠「エスパー……ひこう……う~ん」

トキ(ほうほう……なるほど! 相手は【れいとうパンチ】するきや!)

京太郎(うげ……)

↓1 リッキー 命中率

↓2 トキ 急所:ゾロ目 


              , . : ':´: ̄:`: :ー-. 、
            /´ : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
       /: : /: : : : : :/: : : : : : 、 : : : \

.       /: : : /: : : : : : : :|: : : : : : : :ヽ : : : : ヽ
      /: : : /: : : : : : /'|: : : : 、: : : :ヽ : : : : ',
     /: : : /: : : : : /   |: :.| : : ヽ: : : :ヽ: : : : ヽ
   //: ; : :/ : : : / |   ヽ:l\: : | : : : : ヽ: : : : :\
    |:| : |: / : :/ __人__ ヾ `゛|:ヽ: : : : ヽ: : : : : :ヽ
    l;ハ :l彡'´{` ー ̄`Y´ ̄ ‐ ' ´  |: : | : : : : ヽ: : : : : :ヾ:.、
     ソ: : : : Yてハ |   {fてハヽ |: : |: : : : : : |: : : : : : } リ
    /: : : : :,ハ弋ソ     弋_ソ'´ ヽ∧: : : : : :|: : :ハ : /
     | ; : : : |: :|   ,           }: : :l: : :|: :/ }/
     |:ハ: : : | : ',            、_/: : :/:/|;/
    ヾ ヽ: :|ヽ :\  冖    ,. イ "|;/"
       ヾミヾヾ`> _   '´   |__
            `゛ ,. -j     ,ゝ: :`:ー-.、_____
.          r一'"´ ̄: :/     / : : : : : : : : : : ; -‐く: : : : \
          ,|: : : : : : : /__/ : : : : : : : : : : /、   ` ー―ヽ
        ハ: : : : : : j´   /: : : : : : : : :, - 7´   ヽ
       ,/  ヽ: : : : :|  /: : :_; -一'"´  /    |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【トキのねんりき! リッキーに効果は抜群だ!】

トキ「きゅぴーん! とな!」

リッキー「!?」

誠「うぉう!? エスパーか!」

京太郎「はっはっは!」


トキのねんりきにカイリキーが頭を押さえ、苦しむ。

それでも何とか耐えたのか、その場で荒い息をついて此方を睨んでいる。


トキ「まじか!」

京太郎「まだ倒れないか!」


 _  ___リッキー♂ : L 30
 |::::| |:HP:::|ll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄4/103 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

       /         `丶     \
      〃                 \       ヽ―-、
      /                ヽ     ',  丶          , -‐ 、
     ,'   .   ̄ ̄` 丶、      ',    |  |       {   ',
    ,'  /        / 丶.     卜     l|   l |       '     |
    |/           /   , -.\   ! ',   l|  //         |   |
    〃     /^\ /   /:/::|  ヽ |  ',  リ  //        |    |
   ./      /     丶._ {:::ii:/   |N  l  / 〃         |    !
  /     /           `丶、  j     l/j/ハ           '  __,レ‐- 、, - 、
>┴-=ミ.  |   {         `丶、    |:i| |         /   /    /   /⌒丶
      `丶、  丶 __         \  , -┴'´l         |         /     ヽ
      ,  -┴===‐- `  ‐-        ヽ/    |        / l              l/ |
     /           丶  `丶        ノ       |〃            |_/
                   \   `丶.-―ァ'         /{|              |
                    ヽ         /        〈 」               |
                          ヽ    /            \               |
            ,  '"´ ̄ ̄ ̄` 丶、 /            ヽ            /
                         丶、            /          /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トキ「……え? ナニソノテ」

誠「一発は一発だよな」

トキ「きゃふん!?」

京太郎「痛そうだな」


トキの頭にカイリキーが凍りを伴った拳を振り下ろす。

正直人間だと頭が割れそうだ。

むしろ、あれで割れないのだから、どれだけ石頭なのだろう。



【リッキーのれいとうパンチ! トキに普通のダメージ!】

 _  ___リッキー♂ : L 30
 |::::| |:HP:::|ll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄4/103 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

【結果】
        トキ♀ Lv30

   |:HP:::|llllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           34/90      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/


あられが降り注ぐ……リッキーが倒れた。トキが少しダメージを負った。

トキはみらいよちの反動を受けている。

 _  ___ニドキング♂ : L 30
 |::::| |:HP:::|lllllllllllllllllllllllllllllll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄80/97 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

【何ターン目か忘れた……】

        トキ♀ Lv30

   |:HP:::|llllllllllllllllllllll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           56/90      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/

トキはどうする?

【天候:あられ 残り1ターン】

持ち物:

【特性:みらいよち】
トキが場に出ている間、相手の次の行動が判る。ダブルバトルの場合は一人のみ有効
1ターンにHPの十分の一を消費する
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・ねんりき(基本・エスパー/特殊/威力・50/命中・100)【10%の確率で相手を1~4ターンの間『こんらん』状態にする】
┃├2・かげぶんしん(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・100)【自分の回避率を1段階上げる】
┃├3・ドレインキッス(基本・フェアリー/特殊/威力・50/命中・100)【相手に与えたダメージの3/4だけ自分のHPが回復する】
┃└4・チャームボイス(基本・フェアリー/特殊/威力・40/命中・―)【相手全体を攻撃。自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)
├2A:ネリー 100/100
├2B:なるか 0/85

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

誠「ラストか……」

トキ(死にそう……相手は【なしくずし】するきや!)

トキ(オボンのみ、食べてええ?)

京太郎(……OK)

トキ「うまうま」


↓1 ニドキング 命中率

↓2 トキ 急所:ゾロ目 



名無しさん@お腹いっぱい。

2016/01/29(金) 07:56:14.05 ID:zlftvT870

こちらは「咲-Saki-」の登場人物、須賀京太郎と女の子達がキャッキャウフフなことをしている妄想を楽しむスレです。
妄想小ネタ・SS・雑談などをしながら、みんなで盛り上げていきましょう。
京×女の子ならハーレムなど、なんでもOKです。職人様大歓迎!どんどん投下してください。

・荒らしは徹底スルーして下さい。構う人もまた荒らしです。
・過度なエロネタ、グロ、暴力表現は禁止。18禁SSはまとめWikiに直接置いてください。
・次スレは総書き込み量が480KBを超えた後に最初に書き込む人か、>>980レスを超えた後に最初に書き込む人が宣言して立てること。
 無理なら代役をお願いしてください。

○まとめWiki
咲-Saki- 京太郎SSまとめ
http://www34.atwiki.jp/kyotaross/

○避難所
http://jbbs.shitaraba.net/anime/10605/

○前
【咲-Saki】須賀京太郎カプ総合スレ79 [無断転載禁止]©2ch.net

○過去スレ
【咲 -Saki-】 須賀京太郎ハーレムスレ
【咲 -Saki-】 須賀京太郎ハーレムスレ 2
【咲 -Saki-】 須賀京太郎ハーレムスレ 3
【咲 -Saki-】 須賀京太郎ハーレムスレ 4
【咲 -Saki-】 須賀京太郎カプ統合スレ 4
【咲 -Saki-】 須賀京太郎カプ統合スレ 5
【咲 -Saki-】 須賀京太郎カプ統合スレ 6
【咲 -Saki-】 須賀京太郎カプ統合スレ 7
【咲 -Saki-】 須賀京太郎カプ統合スレ 8
【咲 -Saki-】 須賀京太郎カプ統合スレ 9
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ統合スレ10
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ統合スレ11
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ統合スレ12
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ統合スレ13
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ統合スレ14
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ統合スレ15
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ統合スレ16
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ統合スレ17
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ18
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ19
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ20

【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ21
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ22
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ23
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ24
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ25
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ26
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ27
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ28
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ28
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ29
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ30
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ31
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ32
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ33
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ34
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ35
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ36
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ37
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ38
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ39
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ40
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1396090063

【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ41
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ42
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ43
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ44
女子校生です - SSまとめ速報
(http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1398434258/)
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ45
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ46
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ47
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ48
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ49
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ50
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ51
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ52
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ53
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ54
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ55
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ56
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ57
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ57(※スレタイミス 58)
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ59
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ60

【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ61
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ62
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ63
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ64
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ65
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ66
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ67
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ68
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ69
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ70
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ71
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ72
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ73
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ74
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ75
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ76
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ77
【咲-Saki-】須賀京太郎カプ総合スレ78
【咲-Saki】須賀京太郎カプ総合スレ79

     /    : .:/: . : . : . : . :│∨: . : . : ‘。: . : . : . ゚,     }
    :゚   : . : /: . : . : . : . : . |  Vト : . : . ‘。: . : . : . .゚,  __,ノ
    , {  |: . : 〃: . : . : . : . j.:.:゚  }:い: . : . :‘。: . : . : . :。: . ´ ̄{
    |{: . :.|: . :/{: . : . : . : . 〃 ' --|:|‐∨…{: . :。: . : . : .i.: .     ,
    | ゝ.__|: . :| |,.斗-: . : //:/   |:|  }: . 八: .:i: . : . : .|: . :    ′
    |/:. .|:.: .匕゚。: . : .//:/    jイ  |/  }ハ|: . : . : .|: . :.   :{
    | | : . ト : .| い: ./ /ィ゚     ,ィ==≠=ミ:、|: . : . : .|: . : .   八
    | l: . ∧ リ 斗-==ミ      {_)゚:i:i:i:i:i:| / . : . : . :.|ヽ: . :   :,
    |:乂\ハ /{_)゚:i:i:i:i:i|        ∨ゝイノ  .|: . : . : .| }: . :  i トヘ
    |:| : . :.ヽい ∨ゝイ ノ          `¨¨´   1..: . : . :| /..: . : | | }i
    |:|i : . : . ∧ `¨ ¨´         :':':':゚  |: . : . : .|′: . : .| | }|
    |:|{ : . : . : ∧゚:':':':   ′          }   |j: . : ..:, : .: . :. ..j│ }!
    |:|o : . : . : .∧                し :゚|: . : ./: .:|: . : /./ /
    |:| ゚: : . : . : .:∧      r‐ュ       イ j.: .: イ : /} : /jイ
    |:l ゚: : . : . : . : \            ´ / //∨イ//
    l{   V: . : . :.ト : . :> 。.. __  ィ  __,,,... -=ニニニニ=-
    乂   \ : ト::} 乂: . :.{\:::{∨  _}/ニニニニニニニニニニ\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トキ「はぁ……はぁ……まだ倒れんの?」

京太郎(トキの攻撃って貧弱だしな、しょうがない)

ニドキング「#」


ねんりきを当てるもニドキングは怒るばかりで元気そうだ。

【トキのねんりき! ニドキングに効果は抜群だ!】


 '-、               '!、      .l        !      ./         /                 , ‐
   .\            ヽ      .l.       .|      /           /                   /
     \           ヽ      .l       .,!      /          /                  /
      .\             ヽ     l       |  .i'゛ ´.-、      /              /
        \         ヽ  ,,,,、..l        i!    l,     ./             /
             \        ゛ /゛  ゙'冫       l     !    ./       .,./ .''、  /
            \          !    . l      │    │  /      .,i'´   .!              ,..-
                \.     |     !      .}     !  ./      ./     /       _..-'"
               \.   .|     .l      l     . l        /      .l゙     ,..-'"゛
           , 、    ゙'-  .l,  .,i....、  .!i`''i   ! i- 、   l       ./      .,/  ._..-'"
`'ー ..,_       .!  `'、,       l   ゙l, .}  | .iシ‐';;ッ/ ,〉   ._、    /     ./..-'"
    .`゙''ー ..,,,  .!    .\    t―'ニニ、 }  !./ ゙´  / .,i,゙,, ‐,゙_,,..../  ./     ./                 _,,..
         `'''. ヽ    \    `´ .,!.´〉 ._,>''\ /../ ''゙>.ヽ    /     /         _,,,.. -‐'''"゛
            \    \.   ,/ン`-‐'"゙ ! .!iジ゙!ミ;;┘./    /      /    _,,,.. -‐''"´
              `-、   `' ,,il/y=//ン ! /  .,-ン-,゙''ー、,,,      / .‐'''"゛
               `\    ヽ.!、,,..",i"._/ ./ yiソ'"_......, \  `゙''ー- i、,i′
                    '!、   ヽ/ ″\ ...l;;;;ニ'"゙l―''''"  .`''''''''"゙´ /
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ .l        │| ,,....,! .二ニ‐       ./ . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                      !        l .|   .,! .|_;;;;;;,      ,!
               _,,.. -‐''   .!       │.! ''~''| ! . _,,,,.. ;;―-、  .l    __,,,,,,,.......... --- ....、
     _,,,.. -ー'''"´    _.. ‐  .|          ヽ.l;;;;iニr‐゙‐''''^゙´  | ./  `゙゙゙゙´           `''、
. -‐''''"゛       _,, -'"゛    .l   i 、  .ト、  .t-、  . l゙ヽ  /  !                     !
        _.. -'"゛        , ヽ  .| .`〟 l. ゙l  .ヽ,}  `'″ ./ /         ______,,,,,,.. --'"
    _,, -'"゛          ,/  \_\ |  `'′  __  .'!ニ'''" ./    _,,.. -‐'''゙ ̄            `゙'ー ..,,.
...-‐'´               /    ,.  .、 ─── ,  `" 、''./   ´      `'-、              `''~
                 /     /  /        .!    .l    .'、   '-      `'-、
               /      /    /        !     .l    ヽ.   \       .`'-、
         . /       ,r′  /          !     .l.    .ヽ   \           `'-、
       . /        /    ./             !      l     ヽ    ヽ,            `'-、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

誠「近づいて!なしくずし!!」

ニドキング「ぐるるる」

トキ「もう……アカン」

京太郎「……限界かな」


ニドキングの一撃を喰らい、トキがふらふらとしだす。


 _  ___ニドキング♂ : L 30
 |::::| |:HP:::|lll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄16/97 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

【結果】
        トキ♀ Lv30

   |:HP:::|llll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           12/90      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/

あられが降り注ぐ……ニドキングとトキにダメージ!。

トキはみらいよちの反動を受けている。

あられが止んだ。

 _  ___ニドキング♂ : L 30
 |::::| |:HP:::|lll|
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄16/97 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

【たぶん、ラストターン】

        トキ♀ Lv30

   |:HP:::|llll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           12/90      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/

トキはどうする?

【天候:】

持ち物:

【特性:みらいよち】
トキが場に出ている間、相手の次の行動が判る。ダブルバトルの場合は一人のみ有効
1ターンにHPの十分の一を消費する
【覚えている技】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・ねんりき(基本・エスパー/特殊/威力・50/命中・100)【10%の確率で相手を1~4ターンの間『こんらん』状態にする】
┃├2・かげぶんしん(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・100)【自分の回避率を1段階上げる】
┃├3・ドレインキッス(基本・フェアリー/特殊/威力・50/命中・100)【相手に与えたダメージの3/4だけ自分のHPが回復する】
┃└4・チャームボイス(基本・フェアリー/特殊/威力・40/命中・―)【相手全体を攻撃。自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2・ポケモン交換(誰と交換するかも)
├2A:ネリー 100/100
├2B:なるか 0/85

3.アイテムを使う
├3A:いいキズぐすり ×1
├3B:なんでもなおし ×1
└3C:げんきのかけら ×1

京太郎「降参は?」

誠「しない、次は勝つぜ!」

京太郎「おぅ、トキ……最後のお仕事だ」

トキ「はぁ……最後は決めんで!」

ニドキング「………」


↓1 ニドキング 命中率

↓2 トキ 急所:ゾロ目 


ペロペロ催眠

体力

140レベル

満タンに成るまで

安価でXで100レベルゴ―力禁止

一日半で安価で100レベルゴースト禁止

進化するよ

安価でXで孵化ORGET(場所は勿論御金タワー)

          ,.     イ   /    ′:.,,___: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /   
       ,. '" ,.  ´ /-/-/-----/------------: : : =- : : : : : : : : : : : : : : : : : :./
     .: :  '"      /: : : /: : : : : /: : : : : : : : : : : : イ: : : : : : : : : : : ;. イ:_: イ: : :./
   //       : : : :../: : : : : /: : : : : : : : : /.,/ /: : : : :,,  ´ / /: :/
    /      /: :/ : : : : : : : : : : : : : : : / / `{: : :/ ..,,_     /: /     , -‐ ´
 {:/      /: /.′: : : : : : : : : : : : : : : :{    ___j:/___   `ヽ  ノ ´      /
.         / イ /{  : : : : : : : : : : : : : : : {  /¨¨ア¨¨¨ヾ≧ミ、          彡=ァ七¨
    --=彡   /    : : : : : : : : : : : : : : :.:{ 〃  うヽぃ〃ハ               うヽぃ
         /      : : : : : : : : : : : : : : :.{《  {:ニ= {} =ニ:}             {:ニ= {
.      イ /      : : : : : : : : : : : : : : : {‘:, ∨ゞニニ^C″                ∨ゞニ
--===彡 /      : : : : : : : : : : : : : /\{     ゞ=== イ                 ゞ==
´ ̄   /       : : : : : : : : : : : : : :./ヽ  :      ̄                    ̄
   ,.         : : : : : : : : : : : : : : : /    :
  ´        : : : : : : : : : : : : : : : :ノ     :   :.:.:l:.:l:.:l:.:.:        {          :.:.:
         : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\   :
    /:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \__{
,, '’: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ             ,.   、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


京太郎「トキ!!! ラストー!!!」

トキ「わかっとるわ!!」

誠「最後まで足掻くぜ!! ニドキング!10万ボルト!!!」

ニドキング「グルルル!!!」



_______________________________________________
───────────────────────────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_______________________________________________

  / ノ ゙i                                                               / ゝ \
  |  |  ゙i                                                          /  |  |
│| !| ∩ ゙i           l. 、、                                  ,.、 .l          / ∩ .|! |│
 | !|.  ! l ゙l            |.l  ゙i                              /  l.|           l゙ l ! .|! |
 | |  |  | |.           l .l. ∩゙i                                 .i ∩ .l. l         .| | |  | |
 | |  l   |        l |. l. | "||                                  ||゛ | .l .| l        |  l  |  |
| _|  |__________| |________」\N\    /N/∟_______| |________| .|_|
  ̄|| |. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄1/7/    \7\「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| || ̄
 |.|. |  |  | |             |゛| | ||                                  ||  | | "|         |.|  | |  .|.|
 |.! || l i |           l i. U l                                  l U ./ l        | i l || !.|
′.| |.|  U.!|              ゝ_,r'                               .ヽ_ノ           |!.U  |.| |
    ゙i   /                                                           l  /
    ゝ--`                                                           `--゙
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

_______________________________________________
───────────────────────────────────────────────
───────────────────────────────────────────────
───────────────────────────────────────────────
_______________________________________________

2014 05/28 バトル機能と宝石につきまして
2014 05/28 「ようこそ!恋ヶ崎女学園へ」正式リリースのお知らせ

                     -――――-   ..,,
               ´       \      ヽ 、
            /   ___> ´  ̄ ̄ `ヽ   )  \
           / ´ ̄  /   /     、 `ー’‐ 、 ‘,
            / /  彡:.:ヽ  /       \    Ⅵ}
            //  ./:.:./   ′         ヽ   / V
            /   /:.:.:.:./   ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ }   |  |
        /  /:.:.:.:.:.:./ -  、<T勿¨¨`:.:.:.:.:.:!  ノ_ :.
       ノ /:.:/⌒ヾ:/         ̄r'''''"   `  |,_ `〉
        \:.:.:.{ :.:.:.l               .:.:.:.:: |tツ`/
         ヾハ 、:.:{             .:.:.:.:.:.:.:... }   |
          ∨': `             ':.:.:.:.:.:.:.:.'  |

           Ⅵゝ┐      ----――‐- .,   .′

            Ⅴ: : !           __ ヽ  /
            |: : : \           :.:.:.:   /
            |: : |: : : \               /
            ′ !: : : : : :\              /
         __/: : : |: : : : : : : : > ., _      .′
         |///≧ュ..,,_: : : : : : : : : : : : : : :  ̄/ ̄
         |/////////≧ュ..,,_: : : : : : : : : : /
         |///////////////≧ュ...,,__ : : {___
     __,.|/////////////////////| : ///|

´ ̄ ̄` < ////////////////////////∨///|
: : : : : : : : : : :` <////////////////////|////!
: : : : : : : : : : : : : : : \` < ////////////|////!__
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ` < ///|////: \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                     /イ         /    V ヽ、    `
                  ,  ´/          |   \
                    _/  '   '    ,:      |    \
                  ̄ ̄/  /   //     }       |
                     /    /    〃     /   |    |
               /      {   /.'       ∧  }    |
               /_, ィ   ∧ /_ |       / V ∧
                 / /  / ∧{tォミ、  ,  /   | '  、
                   / イ  / /| 弐_ V | /   __}/   _ヽ
                     | / , :  ー':, ∨/   イ乎(_ ヽV |
                    ∨ {/ '   / /      Vzソ   V}
                    {   、                 リ
                         ∧   `
                        、
                         ∧ `
                         |l∧      ̄         <
                          「´∧           ´
                        .:'//>--==≦ゞ
                      ////////\        /
                       /////// /   ∧
                        {/////〈/{   / |      //,
                       ∧//// ∨、  ,   }   ,://
                       {// ∧// ∨V{  |  「 ̄/´///
                     ///,'/ ∨/ ∨V〉 ' r/ |//////
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

誠「これで二度目か……堪えるな」

京太郎「最初よりましだろ?」

誠「確かにな!」


二人して言い合い、笑い合う。


トキ「暢気やな~……なぁ、お前もそう思うやろ?」

ニドキング「……グルゥ」


そんな二人の横で倒れ伏せるニドキングを背もたれに座り込み、呆れながら撫でていた。

 _  ___ニドキング♂ : L 30
 |::::| |:HP:::||
 |::::|   ̄ ̄ ̄ ̄0/97 ̄ ̄ ̄ ̄
 \:\____________|≧;;,,

【結果】

        トキ♀ Lv30

   |:HP:::|llll「::\
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::|
           12/90      |::::|
,,;;≦|★★★★★_______「::/



誠に勝利した!

というところで今日はおしまいっす。

最初のランターンが一番きつかった気がする。

明日も残業がなかったら 18時から開始します。

それでは、感想や質問あればどうぞー! それじゃのー!

2014 06/09 バトルのマッチングの不具合を修正いたしました
2014 06/09 不具合修正のお知らせ(追記)
2014 06/07 修正予定の不具合の進捗報告
2014 06/07 不具合修正のお知らせ
2014 06/06 個人戦の勝利・大勝利判定の暫定措置実施のお知らせ
2014 06/06 個人戦の勝利・大勝利の判定条件見直しについて
2014 06/06 修正予定の不具合につきまして
2014 06/06 修正のご報告
2014 06/05 緊急メンテナンス終了のお知らせ
2014 06/03 バトル実装メンテナンス終了のお知らせ

2014 06/16 (追記)メンテナンス終了のお知らせ
2014 06/16 メンテナンスのお知らせ
2014 06/13 イベントのお知らせ
2014 06/13 メインヒロインカード限定販売のお知らせ
2014 06/13 不具合修正予定のお知らせ
2014 06/11 メンテナンス終了のお知らせ
2014 06/11 メンテナンス延長のお知らせ
2014 06/11 メンテナンス実施のお知らせ
2014 06/11 緊急メンテナンス終了のお知らせ
2014 06/11 緊急メンテナンスのお知らせ

2014 06/19 不正なプレイへの対応につきまして
2014 06/19 修正のお知らせ
2014 06/19 メンテナンス実施のお知らせ
2014 06/18 修正のご報告
2014 06/17 メンテナンス終了のお知らせ
2014 06/17 メンテナンス再延長のお知らせ
2014 06/17 メンテナンス延長のお知らせ
2014 06/17 メンテナンス実施のお知らせ
2014 06/17 『幕ノ内桜子』カードセット販売最終日のお知らせ
2014 06/16 メンテナンス終了後に発生した不具合につきまして

2014 06/19 不正なプレイへの対応につきまして
2014 06/19 修正のお知らせ
2014 06/19 メンテナンス実施のお知らせ
2014 06/18 修正のご報告
2014 06/17 メンテナンス終了のお知らせ
2014 06/17 メンテナンス再延長のお知らせ
2014 06/17 メンテナンス延長のお知らせ
2014 06/17 メンテナンス実施のお知らせ
2014 06/17 『幕ノ内桜子』カードセット販売最終日のお知らせ
2014 06/16 メンテナンス終了後に発生した不具合につきまして

2014 07/04 メンテナンスのお知らせ
2014 07/03 不具合の修正につきまして
2014 07/03 第5ステージについてのお知らせ
2014 07/03 メンテナンス終了のお知らせ
2014 07/03 メンテナンス延長のお知らせ
2014 07/03 メンテナンスのお知らせ
2014 07/03 『雁部沙月』カードセット販売最終日のお知らせ
2014 06/27 限定販売などのお知らせ
2014 06/24 メンテナンスのお知らせ
2014 06/19 イベントのお知らせ

2014 07/09 緊急メンテナンス終了のお知らせ
2014 07/09 緊急メンテナンスにつきまして
2014 07/09 緊急メンテナンスのお知らせ
2014 07/08 緊急メンテナンス終了のお知らせ
2014 07/08 緊急メンテナンスにつきまして2
2014 07/08 緊急メンテナンスにつきまして
2014 07/08 緊急メンテナンスにつきまして
2014 07/08 緊急メンテナンスのお知らせ
2014 07/04 『八橋綾芽』カードセット限定販売のお知らせ
2014 07/04 メンテナンス終了のお知らせ

2014 07/15 バトル計算式修正のお知らせ
2014 07/12 『鳳凰院桐華』カードセット販売のお知らせ
2014 07/11 ステータスポイント再振り分けについてのお願い
2014 07/11 メンテナンス終了のお知らせ
2014 07/11 メンテナンス再延長のお知らせ
2014 07/11 メンテナンス延長のお知らせ
2014 07/11 メンテナンス実施のお知らせ
2014 07/10 7月11日メンテナンス実施予定のお知らせ
2014 07/10 『鶯谷小梅』カードセット販売最終日のお知らせ
2014 07/09 サブヒロイン『東条 杏奈』を追加いたしました

2014 08/08 メンテナンス実施のお知らせ
2014 07/31 改修およびメンテナンス終了のお知らせ 8/1 17:00追記
2014 07/31 メンテナンス実施のお知らせ
2014 07/25 緊急メンテナンス終了のお知らせ
2014 07/25 修正のお知らせ2 7/31 1:30
2014 07/17 修正のお知らせ7/23 18:20
2014 07/17 イベントのお知らせ
2014 07/17 メンテナンス延長のお知らせ
2014 07/17 メンテナンス実施のお知らせ
2014 07/16 サブヒロイン『足達 蘭』の追加と修正のお知らせ

2014 08/26 修正のお知らせ
2014 08/26 メンテナンス実施のお知らせ
2014 08/25 本日発売のDMMオンラインゲームプレイングガイドにつきまして
2014 08/22 緊急メンテナンスのお知らせ(終了)
2014 08/18 イベント終了のお知らせ(追記)
2014 08/12 メンテナンス終了のお知らせ
2014 08/12 メンテナンス実施のお知らせ
2014 08/08 人気投票イベント修正のお知らせ 8/9 2時
2014 08/08 イベントのお知らせ1
2014 08/08 イベントのお知らせ2

2014 09/10 緊急メンテナンスのお知らせ(終了いたしました)
2014 09/10 人魚島イベント後半開始のお知らせ(追記)
2014 09/09 メンテナンス実施のお知らせ
2014 09/05 不具合修正のお知らせ
2014 09/04 イベントのお知らせ
2014 09/04 メンテナンス実施のお知らせ(終了しました)
2014 09/01 サーバの負荷軽減の修正を行いました
2014 08/28 サブヒロインを追加いたしました
2014 08/27 進化の不具合につきまして(修正完了)
2014 08/26 動作が遅くなっている件、修正いたしました

2014 10/01 不具合・修正のお知らせ 10/6 22時頃
2014 09/30 連続イベント第一弾『プールに大集合!』のお知らせ
2014 09/29 メンテナンス実施のお知らせ
2014 09/19 新ヒロイン『藤沢 しのぶ』カード特別販売キャンペーン
2014 09/19 メンテナンス実施のお知らせ
2014 09/18 緊急メンテナンスのお知らせ(終了いたしました)
2014 09/17 人魚島イベントにアクセス出来ない不具合につきまして
2014 09/15 定期メンテナンスのお知らせ
2014 09/12 不具合修正のお知らせ
2014 09/11 人魚島イベント 期間延長のお知らせ

2014 10/01 不具合・修正のお知らせ 10/6 22時頃
2014 09/30 連続イベント第一弾『プールに大集合!』のお知らせ
2014 09/29 メンテナンス実施のお知らせ
2014 09/19 新ヒロイン『藤沢 しのぶ』カード特別販売キャンペーン
2014 09/19 メンテナンス実施のお知らせ
2014 09/18 緊急メンテナンスのお知らせ(終了いたしました)
2014 09/17 人魚島イベントにアクセス出来ない不具合につきまして
2014 09/15 定期メンテナンスのお知らせ
2014 09/12 不具合修正のお知らせ
2014 09/11 人魚島イベント 期間延長のお知らせ

2014 10/20 ラストスパートキャンペーンのお知らせ
2014 10/18 10月20日(月)13時より、メンテナンス実施のお知らせ
2014 10/17 週末限定キャンペーンのお知らせ
2014 10/16 連続イベント第三弾『夏祭りに大集合!(下)』のお知らせ 10/17追記
2014 10/16 メンテナンス実施のお知らせ
2014 10/10 連休限定キャンペーンのお知らせ
2014 10/08 不具合・修正のお知らせ 10/10 19時20分頃
2014 10/08 連続イベント第二弾『夏祭りに大集合!(上)』のお知らせ
2014 10/06 イベントスケジュール一部変更のお知らせ 10/7 20時頃追記
2014 10/03 回復アイテム限定販売のお知らせ

2014 11/07 新入生歓迎キャンペーン再延長のお知らせ
2014 11/07 修正・改修のお知らせ
2014 11/05 11月6日(木) メンテナンス終了いたしました
2014 11/01 登録者10万人突破キャンペーンのお知らせ
2014 10/31 第一回人気投票の報酬寸劇を配布いたしました
2014 10/31 修正・改修のお知らせ
2014 10/31 ダブルキャンペーンのお知らせ
2014 10/27 『[初回]魔法石1個』(10Pt)につきまして
2014 10/24 ダブルキャンペーンのお知らせ
2014 10/24 サブヒロイン追加のお知らせ

2014 11/29 カード合成時にカードLvが低下してしまう現象につきまして
2014 11/29 ランキング発表寸劇遅延のお知らせ
2014 11/28 登録者15万人突破キャンペーンのお知らせ
2014 11/28 ガチャチケットのご利用方法につきまして
2014 11/28 緊急メンテナンスのお知らせ(終了いたしました)
2014 11/27 メンテナンス実施のお知らせ
2014 11/21 『恋と友情の体育祭!~特訓編~』イベントのお知らせ
2014 11/20 メンテナンス実施のお知らせ(追記)
2014 11/14 八橋綾芽カードセット、再販開始のお知らせ
2014 11/10 キャンペーンのお知らせに誤りがございました

2014 11/29 カード合成時にカードLvが低下してしまう現象につきまして
2014 11/29 ランキング発表寸劇遅延のお知らせ
2014 11/28 登録者15万人突破キャンペーンのお知らせ
2014 11/28 ガチャチケットのご利用方法につきまして
2014 11/28 緊急メンテナンスのお知らせ(終了いたしました)
2014 11/27 メンテナンス実施のお知らせ
2014 11/21 『恋と友情の体育祭!~特訓編~』イベントのお知らせ
2014 11/20 メンテナンス実施のお知らせ(追記)
2014 11/14 八橋綾芽カードセット、再販開始のお知らせ
2014 11/10 キャンペーンのお知らせに誤りがございました

2014 12/25 イベントお疲れ様キャンペーンのお知らせ
2014 12/20 ラストスパートキャンペーンのお知らせ
2014 12/17 クリスマスキャンペーンのお知らせ(追記)
2014 12/17 体育祭イベント後半応援キャンペーンのお知らせ
2014 12/16 不具合・修正のお知らせ 12/16 15時頃
2014 12/16 『恋と友情の体育祭!~開催編~』イベントのお知らせ 12月16日後半追記
2014 12/13 ゲームの動作が遅くなっている件につきまして 12/14 1:30頃
2014 12/12 週末限定キャンペーンのお知らせ
2014 12/09 イベント応援キャンペーンのお知らせ
2014 12/09 メンテナンス実施のお知らせ(終了しました)

2015 01/16 SPアップ&桜子出現率アップキャンペーン
2015 01/10 藤沢しのぶカード、再販開始のお知らせ
2015 01/09 【重要】バトルポイント(BP)仕様変更のお知らせ
2015 01/09 バトルキャンペーンのお知らせ
2015 01/09 お正月特別キャンペーン抽選結果発表のお知らせ(配布致しました)
2015 01/08 メンテナンス実施のお知らせ(終了いたしました)
2015 01/01 お正月特別キャンペーンのお知らせ
2014 12/26 年末キャンペーンのお知らせ
2014 12/26 体育祭イベントチケットの有効期限につきまして
2014 12/25 メンテナンスのお知らせ(終了いたしました)

2015 01/29 不具合・修正のお知らせ 1/30 19時頃
2015 01/27 イベント後半応援キャンペーンのお知らせ
2015 01/27 『聖夜のお菓子箱』イベント後半開始のお知らせ
2015 01/26 メンテナンス実施のお知らせ
2015 01/23 イベント週末限定キャンペーンのお知らせ
2015 01/20 イベント応援キャンペーンのお知らせ
2015 01/20 BP仕様変更のお知らせ
2015 01/20 緊急メンテナンスのお知らせ(終了致しました)
2015 01/19 メンテナンス実施のお知らせ(終了いたしました)
2015 01/16 『藤沢しのぶ限定セット』につきまして

2015 02/20 沙月日和キャンペーンのお知らせ
2015 02/16 サブヒロイン追加のお知らせ
2015 02/10 バレンタイン特別キャンペーンのお知らせ
2015 02/06 イベントお疲れ様キャンペーンのお知らせ
2015 02/06 修正・改修(機能追加)のお知らせ
2015 02/06 『聖夜のお菓子箱』イベントアイテムプレゼント期間延長のお知らせ
2015 02/04 メンテナンス実施のお知らせ(終了いたしました)
2015 02/03 プレミアムガチャの表示不具合のご報告(修正完了いたしました)
2015 02/03 イベントのランキング報酬付与・Hシーン開放につきまして
2015 01/30 ラストスパートキャンペーンのお知らせ

2015 03/20 小梅牧場キャンペーンのお知らせ
2015 03/17 迎春キャンペーンのお知らせ 3/17追記
2015 03/16 不具合修正のお知らせ
2015 03/16 人気投票イベント・迎春キャンペーンにつきまして
2015 03/11 3月16日(月)メンテナンス実施のお知らせ
2015 03/10 人気投票イベント総合ランキング50位以内のボイス報酬につきまして
2015 03/06 人気投票イベント『サブヒロイン応援祭!』本選開始のお知らせ
2015 03/06 メンテナンス実施のお知らせ(終了いたしました)
2015 02/27 お得な販売キャンペーンのお知らせ
2015 02/26 メンテナンス実施のお知らせ(終了しました)

2015 03/20 小梅牧場キャンペーンのお知らせ
2015 03/17 迎春キャンペーンのお知らせ 3/17追記
2015 03/16 不具合修正のお知らせ
2015 03/16 人気投票イベント・迎春キャンペーンにつきまして
2015 03/11 3月16日(月)メンテナンス実施のお知らせ
2015 03/10 人気投票イベント総合ランキング50位以内のボイス報酬につきまして
2015 03/06 人気投票イベント『サブヒロイン応援祭!』本選開始のお知らせ
2015 03/06 メンテナンス実施のお知らせ(終了いたしました)
2015 02/27 お得な販売キャンペーンのお知らせ
2015 02/26 メンテナンス実施のお知らせ(終了しました)

2015 04/30 ウェルカムキャンペーンのお知らせ
2015 04/30 復刻『ウェルカムイベント』のお知らせ
2015 04/30 メンテナンス延長のお知らせ(終了しました)
2015 04/28 メンテナンス実施のお知らせ(4/30)
2015 04/28 カード画面改修のお知らせ
2015 04/24 日替わり販売キャンペーンのお知らせ
2015 04/17 桐華御殿キャンペーンのお知らせ
2015 04/09 よりどりみどり三色キャンペーンのお知らせ
2015 03/27 期間限定キャンペーンのお知らせ
2015 03/27 3月30日(月)メンテナンス実施のお知らせ

2015 06/10 メンテナンス実施のお知らせ(続報)
2015 06/05 SSR・SSR+ 2倍キャンペーンのお知らせ
2015 05/29 新ヒロイン『若松 美鶴』カード販売キャンペーン
2015 05/29 メンテナンス実施のお知らせ
2015 05/22 綾芽スクープキャンペーンのお知らせ
2015 05/15 よりどりみどり三色キャンペーンのお知らせ
2015 05/12 1,001~2,500位のユーザー様への追加補填のお知らせ
2015 05/09 緊急メンテナンスのお知らせ(終了しました)
2015 05/09 【重要】1,001~2,500位のユーザー様へ(10時頃 追記)
2015 05/08 修正・改修のお知らせ

2015 07/09 サブヒロイン人気投票の報酬ストーリーを配布いたしました(7/10追記)
2015 06/30 双子公演キャンペーンのお知らせ(追記)
2015 06/29 メンテナンス実施のお知らせ
2015 06/26 ラストスパートキャンペーンのお知らせ
2015 06/18 『バレンタイン狂想曲』イベントよくあるご質問
2015 06/18 イベント後半応援キャンペーンのお知らせ
2015 06/18 『バレンタイン狂想曲 後半』イベントのお知らせ
2015 06/17 メンテナンス実施のお知らせ
2015 06/12 イベント週末限定キャンペーンのお知らせ
2015 06/11 イベント応援キャンペーンのお知らせ

2015 08/24 メンテナンス実施のお知らせ(追記)
2015 08/21 『[復刻]みんなでピクニック??』イベントよくあるご質問(8/28 追記)
2015 08/20 復刻ピクニックキャンペーンのお知らせ
2015 08/20 『復刻 みんなでピクニック??』イベントのお知らせ(8/28 13時頃追記)
2015 08/19 メンテナンス実施のお知らせ
2015 08/05 DMM半額キャンペーンのお知らせ
2015 07/29 定期メンテナンス実施のお知らせ
2015 07/23 サブヒロイン人気投票の報酬『静乃SPカード』を配布いたしました
2015 07/23 静乃SPカード追加記念キャンペーンのお知らせ
2015 07/14 よりどりみどり3色キャンペーンのお知らせ

2015 10/23 10月29日(木)イベント開催予定
2015 10/15 システムメンテナンスのお知らせ(終了しました)
2015 10/08 伊乃まっしぐらキャンペーンのお知らせ
2015 09/30 SSR・SSR+ 2倍キャンペーンのお知らせ
2015 09/21 『ナナのご主人様観察日誌』不具合修正のお知らせ 9/22追記
2015 09/18 イベント限定『超ドリンク』発売中!
2015 09/18 『ナナのご主人様観察日誌』イベントのお知らせ
2015 09/17 メンテナンスのお知らせ(追記)
2015 08/31 しのぶ通販キャンペーンのお知らせ
2015 08/28 ラストスパートキャンペーンのお知らせ

2015 11/16 障害のお知らせ
2015 11/13 ラストスパートキャンペーンのお知らせ
2015 11/05 イベント後半応援キャンペーンのお知らせ
2015 11/05 『わいわい夏合宿!』イベント(後半開始)のお知らせ
2015 11/04 メンテナンス実施のお知らせ
2015 11/01 BitCashキャンペーンのお知らせ
2015 10/30 イベント週末限定キャンペーンのお知らせ
2015 10/29 不具合修正・機能改修のお知らせ 10/29 21時頃
2015 10/29 イベント応援キャンペーンのお知らせ
2015 10/28 メンテナンスのお知らせ

2015 12/24 メンテナンス延長のお知らせ
2015 12/19 LEGENDカード上方修正&アビリティ修正のお知らせ
2015 12/18 ラストスパートキャンペーンのお知らせ
2015 12/16 Xmas綾芽SP追加記念キャンペーンのお知らせ
2015 12/11 不具合修正のお知らせ
2015 12/09 『[復刻]バカンス~人魚島編~』イベントキャンペーンのお知らせ
2015 12/09 『[復刻]バカンス~人魚島編~』イベントのお知らせ
2015 12/08 メンテナンスのお知らせ
2015 12/04 12月9日(水)復刻イベント開催予定
2015 11/19 美鶴ワークキャンペーンのお知らせ

2016 02/01 バレンタインSSRキャンペーンのお知らせ
2016 01/20 イベント限定『超ドリンク』発売中!
2016 01/20 『美姫の眠り姫卒業作戦!』イベントのお知らせ
2016 01/19 メンテナンスのお知らせ
2016 01/15 1月20日(水)イベント開催予定
2016 01/12 迎春キャンペーン2016 抽選結果発表のお知らせ
2016 01/01 迎春チケットセット販売のお知らせ
2016 01/01 お年玉キャンペーンのお知らせ
2016 01/01 迎春キャンペーン2016のお知らせ
2015 12/24 LEGENDカード&アビリティの修正内容のお知らせ

2016 03/16 3月23日(水)復刻イベント開催予定
2016 03/02 よりどりみどり3色キャンペーンのお知らせ
2016 03/02 サブヒロイン追加のお知らせ
2016 02/24 緊急メンテナンス実施のお知らせ(終了いたしました)
2016 02/24 メンテナンス後に動作が遅くなっている件につきまして(修正いたしました)
2016 02/24 メンテナンス延長のお知らせ(再々延長のお知らせ)(終了いたしました)
2016 02/22 メンテナンスのお知らせ(終了いたしました)
2016 02/17 静乃SPカードチケットキャンペーンのお知らせ
2016 02/15 メンテナンスのお知らせ(終了しました)
2016 02/08 システムメンテナンスのお知らせ(終了しました)

ふと思ったが、美少年ポケモンの対策でメタモンを出してタイプと技を看破するというのがありそう。
出番が増えるよ、やったね!メタモン!
もう卵要員なんて言わせない!

道下正樹でしょ

イッチさりげなく何言うてはるん

おつありん

Q努力値はどうするん?
AH2かH3を開ければええよ

Qネリーのきょううん について
A01~03+ゾロ目が急所扱いってことでしたけど、恩恵少ないかね?
 出したコンマを -1 出来るってことにしようか。

Q今回の大会で有名になったけど、大丈夫?
A大丈夫っす、デメリットのほうが大きいので個人で狙う人はいないっすね
詳しくはそのうち書きます。

>>642
美少年ポケモン……?

>>647
阿部さんのポケモンとして出そうとしてました!

人居たらやっていくっす。 

イッチ、今日は上げないでやるのですか?

後、深堀さんは誠がGETしそう…

>>653
なんかすっげーことになってた……いつも通り、上げます。

             ,. - 7 "´ ̄ ̄ ``' -.、

            / ./        ,. -`' .、
         ,.../   /          /    ヽ
        / /   l       ,. '       ヽ
        ,'  i ,、 .l |     /   ,.-‐''""`''ー-',
      i‐'"´| / ヽ l !    ./    ,. ‐''' 、     ',
        !.   ';'.  \    / ._,. - '"    .',    !
      ,!   l_,...、   `'ー ''"´           ,!   ノ
       !',   }´-、\   /二ニー-;、    ( i´ヽiヽ
      ! ',   ',) i´r;iヽ ヾ'"´'r‐-、`'‐ヽ  i ! ' i. ヽ
        ヽ',.  i '"゙ー',ヽ  、. '、○,ゝ    .l l./ /  \
_         ヾ_. ',    .|  ` `''´    ,.:' l´/i    ヽ
. !      ,.-'´  `':',   i          !.,/'/  ヽ    `
' ', _,.. rく      i、 _,.!_ ,.           /, '     ',
. l´  _! l    _,ノ ',ヾ、--;;二_'ー.、 ヽ  ノ"       ヽ
  l / `ヾーr'´!  (ヽ. l ( `'''',ヾ'  ./        ヽ
.  l'  ,.'´"´r' ヽ|.  i. '、 ヽ='´'´ .,. 'ヽ、           ヽ
   /  ,.'   'l  l.  ` ー,-r‐.く   ヽ          ',
   ノ  ,.'    '、  ヽ,-.'/`'',!.  ヽ   ,.!          _,l.
  r' /      ヽ ( -i  /、'、   r'´       ,. ‐'"
_,,.l,/        ! ! ! i ヾ )ヽr'´      ., - "
  !         ! l ´! !ヽ !    /|   ,. '
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『それでは、表彰式となります!! まずはノーマルランク 第3位!! 原村 和さん!』


大会も終わり、出場者全員がフィールドへと立ち並ぶ。

そんな中、一番下のランクのノーマルランクから表彰が始まる。

最初に呼ばれたのは、案の定というか、和であった。


                       _ -───- _
                    .               、
                    /:>                     \  __
            ___j/                 __ Y´::::ノ:ヽ
              |::::::::::/     . : : : :! :. . : : . : : : . : . .  {::::::::ヾ.イ::::〈
             !:::::::/ / /. : / /: : .:| ::|: : :;: : : :|: . : : :. ヽ::::::::::};}:::::::|
              l:::::/ / / . :/ /: : /| ::| : : :|: : : :ト、:|:|: : }´:::::::|ト__:/
           {:::/ /.: ; . :/ /: : ::{: :| ::|: : :!、: : | |: j、:|: : l:::::::ィ´ヾ:::ヽ、

           l_:l イ: : :|: :|: :ト{、: :ハ|: :| : : :|: ヽ :| }厶イ、 |丁/::::::::}:::::::〉、
           /:| ハ: :| |: :l | `ト、}lヽ: :'、: :ト、斗匕/ l | ||| l::r‐く|ヽ/{´

            ヽl |_l: : |: :|: :|rテ干示ト'\lヽl´::rf苡圷¨} |/-|:  ̄:|: :l |
            レ \ト、 \ヽ 弋:ツ : : ::. ::.   ゞ夕 ノ/ ´|: : : :|: :|  |
                    イl| |\}l`.:xwx:. ,     .:xwx::.  _ノ;  ::| |  |
                / j|! ハ             // |  : :|:l: : :|
                  / .イ j|l介 、             /´   !  : :!:l: : : |
              / /| ||l|{  、 ´ `   イ_    |  : :l l: : 八
                / / l| |l|||  __」 ̄    {、:::::ヽ、  |  : :| !: : : ∧
            / // l| ||厶斗‐::´:r‐!     /::::::::::::`::|  : :ト、: : : : ハ
              l /   /| |::::::::::::::::::/-、   ァ´:::::::::::::::::::::八 . : }>、\: : :ヘ
              | 〃 ∧!  ト、::::::::::::::::l ̄ ̄ 7::::::::::::::::::::::::/  . :j   ヽ }: : :ヘ
             l//  }/'| 八::\::::::::::|    /:::::::::,.-‐::´:::// . ::/ /´∨: : : :ヘ
             // ∨ / ハ:.:.\::\::::l  /-‐::´:_,..:.: ̄// . ∨〃   }ヾ: : : :ヘ
          {イ  / / / l ヽ:.:.:}>-::!./-‐<:.:.:.:.:.:.:.:.:イ/   ∨イ     Vヽ 、: : }{
          |ハ  }ァ'./ {   `ー-ゝ、レ_∠≠=- ´ /   . :/ l|     ト:l | l: :ハ|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

和「はい」


和は何処となく不服そうにしており、機嫌が悪そうだ。

今回の自分の順位に納得してないのだろう。


『おめでとう! ノーマルランク第3位だ!! 賞金と賞品をどうぞ!』

和「ありがとうございます!」


和が受取ると会場が沸き起こる。

和みたいな子が活躍したのだ、騒がしくなるのもしょうがない。


『『和ちゃ~~~ん!!』』


和「はぁ……」


遠くで何やら男性の団体が、和に向かって手を振っている。

なんと言うか、既にファンを獲得しているらしい。

             ,. - 7 "´ ̄ ̄ ``' -.、

            / ./        ,. -`' .、
         ,.../   /          /    ヽ
        / /   l       ,. '       ヽ
        ,'  i ,、 .l |     /   ,.-‐''""`''ー-',
      i‐'"´| / ヽ l !    ./    ,. ‐''' 、     ',
        !.   ';'.  \    / ._,. - '"    .',    !
      ,!   l_,...、   `'ー ''"´           ,!   ノ
       !',   }´-、\   /二ニー-;、    ( i´ヽiヽ
      ! ',   ',) i´r;iヽ ヾ'"´'r‐-、`'‐ヽ  i ! ' i. ヽ
        ヽ',.  i '"゙ー',ヽ  、. '、○,ゝ    .l l./ /  \
_         ヾ_. ',    .|  ` `''´    ,.:' l´/i    ヽ
. !      ,.-'´  `':',   i          !.,/'/  ヽ    `
' ', _,.. rく      i、 _,.!_ ,.           /, '     ',
. l´  _! l    _,ノ ',ヾ、--;;二_'ー.、 ヽ  ノ"       ヽ
  l / `ヾーr'´!  (ヽ. l ( `'''',ヾ'  ./        ヽ
.  l'  ,.'´"´r' ヽ|.  i. '、 ヽ='´'´ .,. 'ヽ、           ヽ
   /  ,.'   'l  l.  ` ー,-r‐.く   ヽ          ',
   ノ  ,.'    '、  ヽ,-.'/`'',!.  ヽ   ,.!          _,l.
  r' /      ヽ ( -i  /、'、   r'´       ,. ‐'"
_,,.l,/        ! ! ! i ヾ )ヽr'´      ., - "
  !         ! l ´! !ヽ !    /|   ,. '
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『次はノーマルランク 第2位!! 高久田 誠くん!』


次に呼ばれたのは、誠だ。


         /  `丶 .,_,. \--:、ッィイ-――ぅ_:.:.:.:.:.:.:.:.:',
         / __,..> ´    \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヾ:.:.:.:.:.,
         .′ 〈     \   \:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.′
          ,    ム     ヽ    \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〈:.:.:.:.:.:.:,
          | -=ア       |     / \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:,
          |  / ,. --一'⌒ヽ    -―\‐-:.:.:.,,_:.:.∨:.:.:.:!
         /. .::| ´   ̄__,ヽ:.:.:.\  ´:.:.:.:.:,ノ;,__`ヽ:.:.`:.:|:.:.:.:.:!
       ノ: : : |   <_,亥-冫'"    ヾ:.:..ヽ亥,_>:.:.:.:.|:.:.:.:小
       ヾr 、! `         |:.       `ヽ:.:.!__:.:/
        | ,.、:,             |:.:.        .:.:/-:.:.|
        | .:.:.ハ        ;  |:.:.:.        .:.:/l:.:.:. |
          \:.`:,        :^:.:.:^:.::      .:.:/ノ:.:./
          \l    ,,  _____,,..ュ .:.:/:.:/
           \  ` ̄          .:.:イ'フ

              |\    ー―‐     .:/!/
              |.:.:.丶         .:/ :.:.!
              | .:.:.:.\      .:/ :.:.:.:.:|
              |  .:.:.:.:.:.丶__/ :.:.:.:.:.:.:.:!
            r―┴────┐r―───┴┐
            |ニニニニニニニニニニ! |ニニニニニニニニ.|
            |ニニニニニニニニニニVニニニニニニニニ|__
        ,,ィニニニニニニニニニニニ|ニニニニニニニニニニニニヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
誠「はい」


誠は堂々と足を進め、満足げな表情をしている。


『きゃぁ~~!! 誠くーん!!』

『よくやったぞー!!』

誠「おぅ!!!」


誠が足を進めれば、男女とわずに声が上がる。

此方も和同様ある程度のファンが付いたらしい。

誠が声援により一層誇らしげに腕を上げ答えた。


『おめでとう! ノーマルランク・第2位だ! 賞金と賞品をどうぞ!』

誠「ありがとうございます!」


誠も受け取ると、和の隣に並び姿勢を正した。

             ,. - 7 "´ ̄ ̄ ``' -.、

            / ./        ,. -`' .、
         ,.../   /          /    ヽ
        / /   l       ,. '       ヽ
        ,'  i ,、 .l |     /   ,.-‐''""`''ー-',
      i‐'"´| / ヽ l !    ./    ,. ‐''' 、     ',
        !.   ';'.  \    / ._,. - '"    .',    !
      ,!   l_,...、   `'ー ''"´           ,!   ノ
       !',   }´-、\   /二ニー-;、    ( i´ヽiヽ
      ! ',   ',) i´r;iヽ ヾ'"´'r‐-、`'‐ヽ  i ! ' i. ヽ
        ヽ',.  i '"゙ー',ヽ  、. '、○,ゝ    .l l./ /  \
_         ヾ_. ',    .|  ` `''´    ,.:' l´/i    ヽ
. !      ,.-'´  `':',   i          !.,/'/  ヽ    `
' ', _,.. rく      i、 _,.!_ ,.           /, '     ',
. l´  _! l    _,ノ ',ヾ、--;;二_'ー.、 ヽ  ノ"       ヽ
  l / `ヾーr'´!  (ヽ. l ( `'''',ヾ'  ./        ヽ
.  l'  ,.'´"´r' ヽ|.  i. '、 ヽ='´'´ .,. 'ヽ、           ヽ
   /  ,.'   'l  l.  ` ー,-r‐.く   ヽ          ',
   ノ  ,.'    '、  ヽ,-.'/`'',!.  ヽ   ,.!          _,l.
  r' /      ヽ ( -i  /、'、   r'´       ,. ‐'"
_,,.l,/        ! ! ! i ヾ )ヽr'´      ., - "
  !         ! l ´! !ヽ !    /|   ,. '
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『次はノーマルランク 第1位!! 須賀 京太郎くん!!」

京太郎「はい!」


最後は自分が呼ばれ足を進める。


01~40:普通にファンが出来た。
41~99:ひめちゃん達にファンがついた!

ゾロ目:京太郎のみブーイング



   /  /     |  ハ       |  | i 、 ヽ  \     \_
.   i  /     |  | |       |  | |、 i  ゙、 、 \_     _>
   |  i   | i  |  | |       |  ハ ハ _i!_ i   \ ヽ` ̄ ̄
   |  |   |+--|、_|! |   | i! ,/.ィ'|"i´ ハ  | i  ヾ 、 ヽ
   |  |   |.|ヽ |、_|王!ー  |./i .;"´/=、!/ | ! |   \ 、i      人
.   !. r|   i.|、!,,ィ'":::._iミi!  |/ /彳:::: r:!ヽ,| ,イ | 、_   \      `Y´
.   | |^!.  N 《 _、o;;;;i_ 丶、/ / ┴゜‐'"´ !イ | λ i` ー--ヽ
    ! | i、i、 ゙、  ` ̄ ̄   メ(        /^|イ `、|
   ノi \ヾi:.、、         i!      i ノリ   `
    |  ヽ__i                 |イ|/
    ヽ i、  i    ____....,     |/
      ヽ!、  i\   `ー-- ―'´  /、!
       i !i 、 \     ̄´  /!/       人
         |ハ,i、! 、 \      / ./.|       `Y´
         ト、! ゙、  `ー---'′ /|V
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『ひめこちゃ~~ん!』

『あぁ!? そこはなるかちゃんだろ! あの子が一番頑張った!』

『あのツタージャが可愛かったな、マホちゃんだっけ?』

『分かってないなー! ユキちゃんだろ! あの小柄でありながらのパワフルな動き!』

『モモだな、あの子、すげー好み』

『ネリーちゃんだな! あの生意気そうな顔が良かった!』

『トキちゃんだろ! あの子が一番センリヤマに合う! 病弱な感じもグッドだ!』





             ___/ ̄ ̄\_
         ,  ´        <⌒
        ,:'            `ヽ、
       ,                \_
                      \ } ̄´
        '              ,  \
      / ,          |/} ∧ }`ー`

       {∧          「ノ|/}/イ
      '  、       | /`/ } '
         } ∧     /イ   /
         |' ,} \__/イ__ /
         //////////∧

        _,.{///////////|

     -=≦//////|////////≧=-- 、_
  r≦//////////////////////////////ヽ
  |//l///////////|///////////////////∧
  |/∧//////////l|///////////////|/////}
  |//∧/////////l|///////////////|/////|
  |///∧////////l|///////////////|/////|
  |//// }////////l!///////////////}/////}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


気のせいだろうか、俺への声援がない気がする。


トキ「ぷはっ! ほらほら、サービスせんと!」


少し寂しく思ってるとボールからトキが飛び出し、腰のボールを幾つか取られた。

何をするか分かるも止める気にもならず、それを大人しく見守る。


トキ「ほな、出てこーい!!」

ひめこ「わぷっ!?」

なるか「またですかー!?」

マホ「あわわ……変身……間に合いました」

ネリー「応援ありがとー!(ファン獲得! 何かもらえないかな?)」

モモ「出されても……私の影薄いっすから」

ユキ「……どうすれば?」


『わああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ』

『おおっと!! 観客席が爆発するほどの声援だー!!!』


京太郎「……(あれ、俺も頑張ったよね!?)」

『おめでとう! 京太郎君! 賞品の秘伝マシン【そらをとぶ】と賞金50000円だ!』

京太郎「ども」


賞品と賞金を受取り、すごすごと誠の隣に移動する。

              ______
            ´ ̄    ` ヽ

            /            \
          /   .!    /        ',
.         /    .i   /         i
       /    :!   /         {
     /__  ,、____   _______      '、

     \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :r、/

       ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : :./i ! {
        ∨//: : : : : : : : : : : : :.ハ i ! :
          ∨//: : : : : : : : : : :/ i !_! ,′
...         ∨/_ニ=--=ニ___/  !  /
          7ニ-‐=ニ ̄ニ=‐- .ハ /

         /¨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:7ハ
          /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.斗-‐──‐---ニ= _
  ___ ≦ ̄:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\i:.\

 ̄i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\:i:i`ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
誠「まぁ……いいことあるさ、そのうち」

京太郎「おぅ」


誠に肩を叩かれた。


和「ぷふっ」

京太郎「おい、こら……和、今笑ったろ!?」

和「いえいえ、そんなことは……ぷふっ」

京太郎「やっぱり笑ったな! この野郎!」

和「ちょっ!? 何するんですか!」

京太郎「お前も見世物になっちまえ!」

和「あーあーあ!」


笑う和に襲い掛かり、和のボールを全て開ける。

そうすれば、和のポケモン達が飛び出して、更に観客の声が大きくなった。


シズ「あわわわわ?!」

アコ「ちょっ! 和!?」

クロ「えっと……えっと!?」

ユウ「    」

クロ「あぁ!? お姉ちゃんが動かなく」


和「やりましたね!」

京太郎「おぅよ!」

誠「やれやれ」


和と絡み合い、誠は呆れる。

結局は始終そんな感じで初めての大会は終わった。

            \ │ /
            / ̄\
          ─( ゚ ∀ ゚ )─ あさだよー!
            \_/
           / │ \

            __          r;;;l     ,___r::l
           .|:::|∧i  ,  ,:r;;;;;i .,!|:::::|  ,  , .|:::|::|;;;;
           :|:::|::| 合合 |:::::::| ii|;l;l;l| 合合 |::::|::|:::::

  ""'''' ""'''"''"'"''"''"     ,.;:;''      "':,"'''"''"''"'""''"""


                . . -‐……‐-. .
            . . : :´: : : : : : : : : : : : : : :`: . .

             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
            .:': : :./: /: : ::::::l::::::::::::::ト:::: : : : :ヽ: : : : :
         /: : : /: ::l::::::::::::::l:::::::::::::ハ::::ヽ::::::.:.l: : : : :
           ′: :.′::ハ:::::::::::::|ト、::斗--ミ::::::,::::::.:l:..........i
        i : : : :.斗-ミ::::::::: l| }ハ:::::|  l::::::::'::::::::l: : : : l
         |  ..:.:|'::|:::ハ:}::::::::八ヾ乂:  」:::::::}i::::::.:l.:.:.:.:.:l
         | : :.:.::|l::|⌒ヾ:::::::::::::〉ィ斧卞ヽ:::::}i::::::::l.:.:.:.:.:|
         |ノ ::::::|l卞ミx ` ̄   ぅ込ソ /i:::::}i::::::::l.:.:.:.: |
.         从:::::::〈::|:込リ       `”’ '  |:::::リ::::::.:l.:.:: : |
.          i:ハ:::::::|lV::{”’       〃〃  :|:::/:::::::::::l:.:.i.八
        |{ `::::::|l ::|〃 ′        _У:::::::::::.:l:::.:::.:.:.\
        |{ {::::圦 l:|   r 、     /::::::::::::::::::::ノ:::i:::::::::.:.:.\
        乂 |::::|::「`|    ノ  ./::::::::::::_彡::::::::′:::::::\.:.:
           人::::弋:|>    /:::::::>_'"-=ァ::::::::/::::::::::::::::::ヽ
        /:.:.:.:\:::\:::::≧=く:> '"〃 ̄´ /::::::::/::::::::::::ト、::::::::

       /:.:.〃:::::::Y>=-r=ミ/{{_/' (@) /::::::::/ ̄ `ヽ:|  ̄`
      /__彡イ:::::::::/|:::::f7:::/@)У: : : : : :./::::::::/: (@) : ヘ
.     {/  /:::::::/\:::/::::j: : /: : (@): /:::::::八: : : :/: :
       厂{f7/: : : : \:://: : : : : : : :八:∧:{:(@)/: :(@): i

      /): :レ/: : (@): : \ (@): : : /: : }|: ヾ : : /: : : : : : :.|
.      / @): {{: : : : : : : : : : :\: : ::/ : : : :{l: : : \: : (@): : :.|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

うた「おんや~? どうした。地図を開いて」


個室で地図を広げていれば、うたちゃんに後ろから抱きつかれた。

うにうにと動くうたちゃんを捕まえて、自分の足の上に乗せる。


京太郎「この街で出来る事もなくなったからな……次何処へ行こうかと」

うた「にゃるほどね」


だいぶこの街で過ごしたが、ある程度終えたと言ってもいいだろう。

次に向かう目的地を絞る為に準備を始める。


うた「何処がいいかねぃ?」

京太郎「まずは……淡と約束している『ウスザン』」

うた「ほうほう」


大きな山を指差す。

突如現れた美少女ポケモンの淡との約束。

七が付く日に『ゴーシャスボール』を持ってウスザンの山頂へ来いと言われていた。

既に準備は整っている、後はウスザンに行き山を登るだけだ。

    / .:.:::::::|:::::::|::::::::::::::::::ト、:::::::::::\:::::::::l:::::::::::::.:.:.:.:l.:.:.:.:

    / .:.:.:::::::|:::::lハ:::::::::::::::::|  ;::斗匕::ヽ::::l:::::::i:::.:.:.:.:.:.l.:.:.:.
.    ′.:.:::::::::|:::::| 乂:::::::::::::|/ヾ::| \:::/Ⅵ:::::: l:::::::::.:.::l.:.:.:
   ..i|.:.:..:::::-|-一  >- "   孑斧气メ 〉.|::::::::l::::::::::.:.:l.:.:.
.   |.ハ.:.:::::::|::|::::::|二.        `込 ソ / |::::::::l::::::::::::.:l.:.:.
.   |:{ |.:.::::::|::l/ ::|气メ `       `””’   | ::::::l:::::::::::::.l.:.:::
.   |:{ |.::::::::|从::::込ソ        〃〃   |::::::/::::::::::::.:l.:.:.:
..  乂 l:::::::::V::マ::`”’            /:/:::::::::::::::.:l.:.:.:
.      l.::::::::乂入::|〃 ′       /:::::::::::::::::::::::::/::::.:
      l.::::::::::::}::::}:|    - ‐ '′/::::::::::::::::::::::::::/:::::::::
      乂::::::::乂:人./ ̄/〉   ./::::::::::::::::::::> '::|::::::::::::::
        > :::::::ヽ/  //、 __/:::::::::> '´ ̄__」、:/:::::::::::::
          >:/  // :::/::> ' /  /:(@)}/::::::::::::
        /::::/  //::::::こ7:::ヽ ∨ /:..:.:.:.:..::/:::::::::::::::
      /:::::::/  //:::::/::/.(@)У/.:(@).:.:.:/::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「次は……『エイスイタウン』」

うた「ふむ」


この街のすぐしたの町を指差さす。

博士の話だと、研究者の集まる町らしく『藍の球』の事もなにか分かるかもしれないと聞かされている。

ギンコさんからの招待状で『好事家』の人に会えるのも大きい。

後は、ジムがあるので そこで勝てば『そらをとぶ』が使用可能となる。

先輩である一太先輩が居るで会うのもいいだろう。

              .   -‐…‐-  .
              ´               `  、
       /                  \
       /      .. .. .. .. .. ..  .. .. ..      丶
          . .: .: .: .: .: .: .: \:. :. :. :. :. :. .   、

    /    . .:| .: .: .: .: .: ¦:. :. \:. :. \:. :.    `
       . . . .:.| .: .: .: .: .: | i :. , :. :. :. :. :. :. :.   ,
   ;   . . .: .: .:.|  .: .: .: 、_|__j_|ノ|ハ:. :. |i :. :.
   l i. ..: ..:|. .:.| i :. :. :. :. :..| i  | 人 ⅰ:. |i :. :. i |

   | | .: i.: |. .:.|八 :. :. :. :. ∨i,x圻幵竹,:. |i :. :. | |
   | | .: i.: |/l ∧ :. ___ノ 〃 トィ/f心| :. |i :. :. | |
   | | .: i.: | :. ァヒ扞ト′      _)ツ| :. |i :. :. | |

   | i .: .:i.:| 爪 トィ心       ,,,  | :. l/ :. :.. |:八
   | | .: i.: | :. |i'  )ツ           | ; ′:. :. | : :\ /㍊i
   | i ’.: ,.: | :. ||:、 ,,,   ′   ィ   / .: .: .:  ノ|: :/  ㍊i
   |/ V/, |i :. 〈癶     ーく  ノ / .: .: .:  /: : |/   ㍊i
        V 八:. :. V:.ゝ      / .: .: .:  ィ/: : :/    ァ㌻¨:\
       \:. \i:. \:. ≧=ー/ .: .: ≠≪'/: :/   ,ァ㌻¨。 ゚xヘ: \
        }≧=\------辷r< //。※゚l/  ァ㌻¨ ※/。※ハ: `

        /  ;冖冖冖冖/ i/ `X升ォt/ ァ㌻¨ 。※゚/。※゚。※゚| : |
       / / /。※゚.。※゚/: :{※゚/ ゚| | ァ㌻¨: :/。※゚〃※。※゚。※゚| : |
.    / イ/ /※|。/。※/ : : {/。※゚| |¨l : : : /※/゚/゚。※゚。※゚。※゚| ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
うた「砂漠を越えるってのもアリだな」

京太郎「そうだな」


一個上のコシガヤタウンに戻り、『ダイサンゲンサバク』を越える手もある。

ゴーグルも水ポケモンも居るので楽に突破できるだろう。

砂漠を越えれば、『シライトダイシティ』に辿り着く。

高級ホテルの宿泊チケットに『ポケモンブリーダー協会』があると聞いていた。

後は、姉妹のポケモンの伝説が残るとも誠から教わっている。

此方にもジムがあるので 勝てば『そらをとぶ』が使えるようになる。


京太郎「悩むな」

うた「どれ行ってもいいねぃ」


地図を前に二人して呻る。

どちらにしろ、しっかりと準備をしておいたほうが良さそうだ。

【次は何処へ行こうか? カンッ!】

といったところで 20分ほど休憩、次は何処の町になるやら

一旦乙

ゴーグルって手に入れてたっけ

再開しやす!

.          /                    ヽ
         /                      ',
         ,′  ,′  i i  ii  i  i  i i  i i   ', i
.         ′| | i  | |i  ||   |i |i | | !| | i !  ! |
        | | | | |  | ||  ||   || |i | | !| | ! !  ! |
        | | | 斗r‐弋T!ヽ.{ト、 |l 厂!刀7ナト、j  |! |
        ト、ヽト、八!丶lリ  ` 丶リ/ ハノルノ|/ ノ|! !
.          } ヾミ= ,ィぅ示ト      テ示ミy、ムィ′|! |
.          | i   iハ〃{ri_ ,j::}      {ri:::::j:} }! ,l   | !
        | l   | ,l゛ 之少        乏沙  ハ!   | |
         | l  |ヘi                   l|  | |
          | |  |i八                   ハ!   | |
.        | |  ||  \     ヽ フ    /  |  | |
.        | |  ||   `  、_     _,.ィ´|i   |  | |
          | !   ||      | ` ‐-‐ ´ || !i   !   ! |
         l !   |l   _ .ノ⌒}       |⌒ヽ. _ j  /  |
        {ヽ、斗'"´     !′      }     `丶、 /ノ
       /、       ├‐- 、 , -‐ァ       /7ヽ
      rく\ヾ:、        ヽ--―--、/         // / へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

美穂子「今度はこっちに……」

京太郎「迷子にならないようにな」

~センリヤマ&ヒメマツシティ~ 六十二日目 朝
【行動回数:残り三回】
【イベント情報】
【藍の球を追え! 1/3】【星に願いを:目指せ!ウスザンの山頂! 3/5】
【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 1/5】
【あやしいホテルのかんげい 1/3】

依頼:

1.町を移動する
├1A:4番道路(コシガヤ方面)
├1B:6番道路(エイスイ方面)
└1C:ポケモンリーグ

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:ショッピングセンター
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
├:ポケモンジム
└2F:大会会場


3.探索
├3A:人の話を聞く
└3B:散歩(誰と歩くかも)

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├4C:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す【制限解除:残り二人】
└5A:4番道路


6.誰かに連絡
├6A:耕介博士
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

            -―====- 、
        /      __」_  \
         人 ..、 , へ、 !   /_________________
       l  /  \   Y⌒ヽx〈: ―――――――――――――――┐ |
       |/i /}  i    |  | ヽ                           | |
       l  {_ x'^ 一く __xノ   |                           | |
         Vヘ/ Yfi_!   fi_!Y  /                          | |
    x―‐{ヘ   り    り |厂:i                          | |
   //´ ̄ゝ._     ゝ  j | |                          | |
  / イ     」仝x  ⌒ /゙ | |       ,、 /)              | |
  |/|    /⌒ヽミi>r< `l | |     /ノ´∠._              | |
  ヽ. \__ /   ̄ ̄`¨ヽ!`!ー| |   /     ヽ〕                | |
   丶--|      人_} | |ノ| | /   , -ャ }ノ                   | |
      li   / /  /^¬<l」_l/    / └'   , ┐             | |
      |丶  { {   {             /――――/ 〔―――――――┘ |
  r―- 、ハ  `フフ^ ー'- .._     /、 ̄ ̄ ̄ ̄ノ /¨´厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |    \ヽ //      `7寸¨´   ヽ ̄ ̄ ̄   /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【荷物をとどけてくれ・5  期限:なし】
依頼者:センリヤマ&ヒメマツ住人
エイスイタウンかシライトダイシティに荷物を頼む!
中は絶対に開けないでくれ!

依頼金:3000円

【ハイパーボールがほしい! 期限:なし】
依頼者:エイスイタウン トレーナー
ハイパーボールっていうのが売ってるらしい。
こっちでは手に入らないので欲しいな!
誰が譲って!

依頼金:3200円

【あkyぽいhjrp; 期限:なし】
依頼者:kzkkkaoahosukosuko
あいうgぉkdかhjぱl:
あぽうjmr;あlk
;会おうj;ヵrs;おうlrk;kぽg

依頼金:gggggggggg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ジューイ「此方になります!」

京太郎「え?」


1:荷物をとどけてくれ・5
2:ハイパーボールがほしい!
3:あkyぽいhjrp;
4:受けない
5:安価


↓2 複数可能 

: : : : :/ : : : : : :| : : : :|.. : :. ゙、: . ゙、゙、. \
: : : : : |. : : : : :i |: : : :i:|. : : : ∧: :、.i. .i: : . ` 、
.: : : : : !: : : : : | |、: : :| | : : i | !: :|:| : |:、: : : : : : >
: : : : : :| : : |: i 「! ヽート!、: : リ  !: |ハ: ト : | ̄ ̄
.: : :,..-、|: : :i: :|: !゙、 _、!二゙、-| イ: リ ! |ヽ:|
: : / へ.゙、 :丶ヾヽ<´{::::i` ヽ! 1!|:/| :!ノ゙、リ

: :ヽ    \ : :!丶   ̄     Vイ:ハ |\:i
.: : 丶    \゙、        `> リ  `
ヽ: : :`┬ 、  ヾ          /
  i: ;ィノ    U     ,....-ィ /
,,:‐レリ    _       ̄ /
゛=!_    \ `ー-、_  _/
::::::゛== 、 \   / ̄ヽ、
::::::::::::::::::::::゛===-、    >
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【全部を受ける】

京太郎「取りあえず……全部受けます」

ジョーイ「ありがとうございます!」

京太郎「あの……それでこの依頼って」

ジョーイ「はい?」


全てを受けた後、一つだけバグってる表示の物を指差す。


ジョーイ「依頼ですね」

京太郎「そうじゃなくて、文字が……」

ジョーイ「依頼ですね」

京太郎「えっと……」


何度か聞いてみるもジョーイさんは、表情一つ変えずにこやかに告げてくる。


ジョーイ「どうかしましたか?」

京太郎「あ……いや」


何だろうか、この違和感は……目の前のジョーイさんが急に怖くなってきた。


京太郎「……この依頼のキャンセルは?」

ジョーイ「出来ません」

京太郎「……」

ジョーイ「……」

京太郎「わかりました……ありがとう…ございます」


結局何を言っても無駄だと悟り、ポケモンセンターを出る。

                   r-――┐

             -―――ー|     |
          rく_  -―――‐ |     |
          lヽ           |   /⌒l
          | l     ____」__/ _  卜
          レ-‐ ´        _{  / |
          l          _/_´ト-' /
          、       / / /7/ー‐'

          _入  ,、\  人_} /(
       /, -/ l//\\    __/
       /// 〃 |ー‐ヽ ヽ⌒〈
     | ー'´ / |   !ー‐/}  |―ヘ
     /\__/  ヽ  ヽ_/  /   l
     |  l |     \__/   ヽ
    ∧  ヽj       |       〉
    ∧ 丶 _」       ヽ  ∠-―V
    / 丶-/ |         \レ― 、|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ジョーイ「あれ? 私何をしてたのかしら?」

プクリン「プク~?」

ジョーイ「う~ん……疲れてるのかしら、今度お休み貰いましょう」

プクリン「プク♪」


【依頼を受けました】

                 ...-:::::: ̄ ̄::::::::ー......
              ,.ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::...
            ,..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::ハ:::::::::、::\
           /:::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::i:::::::::::::ハ::::::::';:::::ヽ

            /::::::::;::::;′:::::::::!:::i:、::::::::::i::::::::::::::ハ::::::::';:::::::..
             /:::::::::::!:::i::::::::::::::|!:::::ヾ、::::::キ、:::::::::ハ::::::::i::::::::.
          ;:::::::::::::i::::|、::::::::::::';ヽ::::ハヽ::::キ≧ォ、_::i::::::::l_:::::::
            ;:::::::::::::ト:::|ハ::::::::::::Vメ x{ィ≧':ハ リ:\!:::::::! Y::::i
            i:::::::::::::|-l:トミ\:::::::∨Zイ「ーぅj:::!,マ:::::ヽ:::::| !:::::i
          !::j:::::::::レ':::ト=ュ、 `ー‐' 匕z彡'´ リ:::::::::::::! イ::::::!
          l::ハ::::::::メヘム jハ           ノ:::::::::::::j´:::::::iハ
             マ:::ヽ::个.マム_リ         /::ノ::::::::::i::::::::::ト、:\
            ヾ::::::`ト `¨マ、 ヽ  _   ィ:_イ:::::::::::::j:::::::::::l ヾ::`
          _ 、::::ハ   マ、 r ゚  ! /´ ノ:::::::::::::/:::::::::::::トー
         r人 ム マ::::ヽ.  マ、 ヽ ノ {! /::::::::::::/:::::_:::::::ヽ、     |
         マ ム.ム \:::::≧ュキ__  j:V:::::::::::::/イ z⌒{:::::::::ゝ、_
          マ ムム  >:::::::`ーゝ/_jイ::::::::::::::/      マトー-
           マ.ムム /イ>-=イ⌒ヽ )_:イ/⌒ ヾ _  ー、::ミー
              マムム    /:;:::::::::ノ´   イ     \   `ヾ::::
                マ.ムム   /イ::::::::/ ヽ /_   ヽ    \   `
             マムム   {:::::::{ / { 、ヾ    }     ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

うた「また、変な事に首を突っ込んで」

京太郎「受けない方が……良かったかな」

うた「さーねぃ(何かピリピリとくんな)

~センリヤマ&ヒメマツシティ~ 六十二日目 昼
【行動回数:残り二回】
【イベント情報】
【藍の球を追え! 1/3】【星に願いを:目指せ!ウスザンの山頂! 3/5】
【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 1/5】
【あやしいホテルのかんげい 1/3】

依頼:【荷物をとどけてくれ・5】【ハイパーボールがほしい!】【あkyぽいhjrp;】

1.町を移動する
├1A:4番道路(コシガヤ方面)
├1B:6番道路(エイスイ方面)
└1C:ポケモンリーグ

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:ショッピングセンター
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
├:ポケモンジム
└:大会会場


3.探索
├3A:人の話を聞く
└3B:散歩(誰と歩くかも)

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す【制限解除:残り二人】
└5A:4番道路


6.誰かに連絡
├6A:耕介博士
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

                    _, ⌒\/ ̄ ̄ \

                ,    ̄ ̄ /     、     _\
             ´      /        \     `ヾ
            /         '     、 、 、     \
             /          |   {  :. | | ∨、\   \__
           ′        |    l|  } | |、 | |\ \ ̄ ̄´
           .        {   从 /-}/-Ⅵ {  ヽ |
          /       ,.-从   | }/ ィ≧、 {  \ }'
          /イ      { ⌒\ {   、 Vj ∨、  \
            八       、   \       ヽ  ̄
            Ⅵ        ,ー、         ,:'
            ヾ\    / ∧         -,
                  ヽ /{/     、       '
                _从/____ >  __ノ
              |///////////l :l//|

              |///////////|  //|
                /////////// ∧ :./|
          , <////////////////\l/、
        //////////////////////\l、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
トキ「何黄昏てんねん」

京太郎「いや……結構長く居たし感傷深いなって……挨拶は終わった?」

ヒロ「おぅ、オカンにしっかりと言ってきた」


センリヤマ&ヒメマツシティのゲート前で自転車に跨り二人を出迎える。

こうしてみると騒がしくも良い街だったと思えてきた。


京太郎「行くか、ほらボールに戻って」

トキ「え~……こう後ろに……」

京太郎「トキは倒れそうだからダメ」

ヒロ「なら、うちな!」


渋い顔をするトキを戻し、ゴーグルを付けると後ろにヒロが乗っかる。

しっかりとペダルに足を置き、確認すると地面を蹴り思いっきり自転車をこぎだした。

【エイスイタウンへ向かいます】


                    r ⌒ヽ
                   (     )
                   乂  ノ
                    /
                 ̄ > 、
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /::::::ィ::::::::::::::::: ヽ::::::::::::::::::.

.        / . :/ |:::::::::::::::::::::|:::::|::::::::::::::.
        ′.::| |::::::: |\:::: |:::::|::::::::::::::::
        | ::::::ィ≧{\ト≦ミk|:::::|:::::::::::::: |
        {ヘ:::: j炒   ヒ炒 |:::::|ヽ:::::::::: |
  /⌒^ヽ  乂:::!  '     ! :::|/:::::::::::::|
. (   ー-  八  -(     :::: |::::::::::::::::|
   ーイ     |::个...   .. < !::::|::::::::::::::::|
          |::::| |:::::::: |   :::::|::::::::::::::::|
          |::::| |::::/j   !::::|\:::::::::::|
          |::::| |://{__/ :::::|/\:::: |
          |::::| / |o / |::::|   \|
.         八::{//l!/| /|: ノ /  ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理沙「はやい」


【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 2/5】

空をとぶとなみのりでも進みそう


       .;i;、;;:。;:';.    ┏──────┓

   ,.;i;';.,,;;、;、;;:。;:;:。;:`;,,  │ 六番道路  │
  ,.;;:。;:;;::、;;:、;;:。;:;:;;,.:i;,;,、┗──────┛
 ,.,;:;;`;;i`:;::i;,|i!。;、;;:。;::i;,|i!;:''   .

 `'::',:'':';:;.;;:、;;:;:;、;;:、;;i!;:''",,.,,.  ...... .......,. ,.......,..,........... ...
'::',:'`'::',:'':';:;..`'::',:'':';:;..:.,"'`::'::',:''  "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..
 "''    ::':'::' " '''.''"'"  ''  '''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;: .
'::',:'':';:;'"'"''::',: '"'"''::',:::'::',:'':'`::' ,:'':';:;..,"'`'      ,"`'::',:'':';:;..,"'':'   ;、;;:。、;;:。;:';..,..,
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`                    '::',:'':':: ;;:。;:;;::。;:;:;;,.:i;,;,、
"'''.''' "'''.''"'"''::',:'':';:;..,"'`::'::',:' ':'`::'::',:'':  '`'"'"' "'' ''' "'''    .;;:。;:;;::、;;:、;;:。;:;:;;,;,;,、
"';:;..,__,:'':'`::'____''::',__:'':';:;..,__;.;___"'` __'`::'__':'::',:__ _:'':';:;.._ __`,:'__., ;:;;`;;i`:;::i;,|i!;:::。.;:.:;、;;:.:.:'
  ;;l, __ ̄/  l, ̄ ̄i;;.  ヽ_ l ̄ ヽ   ) ̄ ,i' ̄ ) ̄ /ヾ  ;;;`;;;`: ヽi!;:;ソ。;、;;:。;: ;:'
____l, ____i__...../_____l, ___,,i__...ヽ__,,,l, __ヽ____l, ____i__... ヽ_,,__,,i__..."'':;::i;:;;`yi!;;:。。;、;:: ;:'
/  ヽ  /  l,   i;  ヽ_ l,  ヽ   )  /.:.Y ヽ   /  /   /"''i;;;:。;:;;::、;;:、;;:。;
ヽ____Y, __、i__...__,/_____l, ___,,i__...ヽ__,,,l, __i____l____i__._,,,ヽ_,,,,i__..."''__,,,|il;:/;:;,-''"
  ;;l, __...../  l,   i;;.  ヽ_ l,   ヽ   ) ;;; i  ヽ  )  / ;;;/  く .:. ;|il;:|
____l, ____i__...../_____l, ___,,i__...ヽ__,,,l, __ヽ____l, ____i__...ヽ_,,,,i__...ヽ__,.,,ノ__/il;:ヽ
"''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;: . ::'`':/ハ:l.:.'i, '`'::: :'`'::
'::',                                    ;..`'::',:'':';:;..
           '"' "'`'::',:'':';:;          "'`'::',:'':';:;..,"'':';:;.`'::',:'':';:;...,..,
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::              '::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::',:'':'`::'::
━━━━━━━━━━【六十二日目】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【目的地:エイスイタウン(到着:残り一日)】
移動する場合、三回の安価を致します。(三回安価で一日を消費)
その結果によって様々なイベントが発生します。

安価
00~30:経験値をこれ以上貯めれない為なし
31~60:経験値をこれ以上貯めれない為なし
61~90:何もなし
91~99:アイテムを拾う【再安価】
ゾロ目:稀少なアイテムを拾った【再安価】
77・99:??? 

↓1~3

                                I ┏──────┓
                                  8 │エイスイタウン│
≧s。                            8 ┗──────┛
<川≧s。                        ノ乂               sssss

  `<川|l≧s。                  ,。s≦三三≧s。       _ -=≦/////
s。   ` <川川|l≧s。zzzzzzzzzzzzs     `ー‐rrrrrrrr‐‐'゙    rz≦乂乂乂乂乂乂
|:|:|≧s。  ` <川川|l≧s。ZZZZZ,ヘ     ャzz≦三三ニ≧zzァ   ..,ィ㌻ .| .:::::||::::::::::::
|:|:|:|:|:|:|:|:|≧s。 ` <川川≧xZZZ,ヘム    z-=≦三三ニ≧=-z ,ィ㌻  ..:|___.||__
|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|≧z=-'" ̄ ̄¨7ゞ;ミ;ミ廴    `゙ーY三三ニr-‐'"イ____|i:i:i:i: ||i:i:i:i:i:i:

|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|ZZZ≧s。zzzzゞ;ミ;;ゞミ爻;;,, rz=≦王王ニ>く//,|::|───┐i:i:i:i:||i:i:i:i:i:i:

|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|ZZZ≧s。、  | |ゞミ;;ゞミ;ゞミ;ゞ; 圭圭圭圭>≦|i:i:|::|      |i:i:i:i:i:||i:i:i:i:i:i:
|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|   :|]──' ∟lトxゞ;ミ;ゞ;;≧圭圭圭圭圭ニ攵≧|::|zzzzzzz |i:i:i:i:i:||i:i:i:i:i:i:
|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|   :|]|  |≧zzs .!辷似芝≧;ゞミ圭≧s。厂ヽ.r‐=|::|i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:||i:i:i:i:i:i:
|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|   :|]|,ィ升 |二_,,|勹L」_圭:ゞ;ミ;圭|洲叮ーr‐|i:i:i:|::|i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:||i:i:i:i:i:i:
|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|   :|]|i|i|ili|,ィ{洲:i |洲i:i:i:i:冊廴L  |洲叮|i|||ー|i:i:i:|::|i:i:i:>==ルi:i:i:i:i||i:i:i:i:i:i:
|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|jI ..::|]レイ|:i:i:|洲:i:|洲:i><>-=ニ.  ヾ┴┴」\j::j/: : :>s。` <i:i:i:i:i:i:
|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|:|レ´| /.|]冊冊:i: |洲彡'´> ´              \j/: : : : : : : : : : :>s。
|:|:|:|:|:|:|:|:|:レ´/ア   :|]トx歹\|/ /                /: : : : : : : : : : : : : : :
|:|:|:|:|:|:|:レ´/ア    |]lxヘ、,.:′ /                 /: : : : : : : : : : : : : : : : :
|:|:|:|:|:レ´/ア      ,イ圭ニ/   |                 \: : : : : : : : : : : : : : : :
|:|:|:レ´/ア     ,イ圭圭/   |                    \: : : : : : : :: : : : : : :

            ,.  ´ ̄ ̄ `  、__
          /   ,      / /⌒Y
         /    /    ,:       | ̄\
        .:'    '  /__/   ,      |   \__
       /    /  ///\/ /   .'   '    {` ̄
     /イ ,.. 、イ /}/⌒ヽ、/´   // /   、   、
       { { Ⅵ /   Vオ {从 /-}/-、  }  、 \
       | |  {/       ∨ィ=、}/  ,  |、 }  ̄
       / 乂   u      ::::::: Vソ' ,l ∧l |
        /イ , 八   ,...、    '   /ムイ,'∧ |
      /\ /  、 〈- 、\__     ム/ /   \
>----イ///\   .  `  ー '  イ/从
////////\///    、   .  ´
//////////\{    /`¨¨ 、

////////////>、  {、     〉
/////////////(_)}   ∨、_,イ/\
///////////////`¨¨¨|/\////\

//////_,. --- 、//|    |///\////>--、
/> ´   --、 ∨ム  //////////////}
     ´¨¨ヽ\〉 ∧///,イ/////////// |
        - \///{/イ//r- 、///////∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「ついたー!」


自転車を降りると、大きく倒れこむ。

流石に丸1日漕ぎっぱなしだったので体力がきつい。

大きく息を整えていると ゴーンゴーン と大きな音が聞こえてくる。


京太郎「なんだ!?」


その音に驚き、慌てて驚くと周りの人にくすくすと笑われた。


「あれはな~、鐘の音なんよ」

京太郎「鐘?」


呆然としていれば、通りかかった人が親切に教えてくれた。

どうやらこのエイスイタウンでは、決まった時間に鐘がなるようだ。


京太郎「……鐘か、何だろう、それにしては鈍い音だ」


聞きなれている鐘はもっと甲高い音で鳴るものだと記憶している。

しかしだ、この鐘の音は鈍く腹の奥に響くように感じた。


京太郎「町の景観もトキとヒロの家みたいな感じだな」


眼前に広がる風景を見て、そんなことを思った。


京太郎「……奇妙だけど、何か気に入った」


ある程度休憩が終わると口元を緩め、のんびりとポケモンセンターへと向かった。

               -―- 、
            /       _\
           l      r┘L. \

          /´|/ ̄ヽ _ Li┘   〉
           l / -、  |  \―、 _/
           レ1〈   ∠ _    l `ヽ
            |  ト-' ィfJ\\_∠  /
        _Vニリ   し′  fj /ー‐'
     / __」 〈       ,〈ノハ r―-、
    /  イ   `T入   「 ヽ  l/く_}/ ̄`ヽ
    l / |   / l| \ し' /ヽ \V  , |

    l   \__/ __ノl_ ,>イ――- 、 l T´ l
    丶 _/⌒// /l  / /      ヽ ト  l
          |/j/|/ー|/l/|     , -、| l  l
      /        l ヽ   /  /´l   l
  /⌒T 7         l  〉---\/  !   l
  |  しl ヽ        l / ___\丶  /

  l _}卜、|          /     /  `ー'
   \ ノ |      ∨-―   /
      ̄/       {\ ̄   〈
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ジョーイ「いらっしゃいませ、本日はどのようなご用件でしょうか」

京太郎「依頼と宿泊と回復を」

ジョーイ「確かにお預かりしました」

京太郎(ふぅ……今日は、このまま寝てしまおう)


【荷物をとどけてくれ・5 を達成しました】

所持金81000⇒84000円


六十二日目を終了します。

   /:::/────;:/   :.:.:..::.::.::.:.::.::.:.:.:..::∨:.:.:.:.::.:∧
   .':::/ ̄ ̄ ̄ ̄::/   :.:.:/ ::.::.::.:.::.:.:.:.:..:l|.:.:.:..::.::.::.::.
  .:.:.:′.:.:.::../ .::.:..′    V:..:..::.::.:〔、:.:.:.:::}|.:.:.:..::.::.::.:.::
  ::.:.:.:.:.:..::.,イ .:.:.::!      i::.i.:..::.::.ハ :::.::.八.:.:.:.::.::.:.::.:i
  ::.:.| :.:.:::〔 |_:!:|     |:.:i::-‐/─}:..}/:|.:.:\.:.:.:..::.::|

  |:.::|{ .:.:..{人 八{     }八:/  〕ノ'|:.|.:.:.:..:丶:.:.::.:|

  |..:八:..:.:{ ,,___           __,,   |:i|:.:.:..::.::.ハ::.:.:|
  |.:.:.:..:\〃え/ハ`        ´ぅ//ハヾ l:リ.:.:.:..::.::.::.!::.:|
  |.:.:.:..::.〔″ V/:ソ        V/ソ  〕γ ヽ::..::i::.::!
  |.:.:.:..::小                     }::..::|:.:.;
  |.:.:.:..::.:|      '                ノ.:.:.:..:
  |.:.:.:..::.:|                   __/i..:.::.:./
  |.:.:.:..::.:| 圦     - -        /〔 .:.:i|:::.::/
  |i .:.:..::.| 八:`:..              イ\.:...::.:リ:.:/ ___
  |i .:.:..::.|__\:.:>            ├─\_/'´  /〉
  |i .:.:..::.||//// 〕ニ{´ 〕_斤     y∧// }_.]   //
.  八.:.:..::.|∨// /:.:.ト:/|/     /  \/::::ト //{
  ′ \:.:| V_/'.:.::.Ⅴ_ゝ   _/      `ト:|   ̄
.     Ν_   -‐= ´ /    へ        ノ   =‐- _
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まいる(この町ばもっと行けば、シンドウジか)

~エイスイタウン~ 六十三日目 朝
【行動回数:残り三回】
【イベント情報】
【藍の球を追え! 1/3】【星に願いを:目指せ!ウスザンの山頂! 3/5】
【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 2/5】
【あやしいホテルのかんげい 1/3】

依頼:【ハイパーボールがほしい!】【あkyぽいhjrp;】

1.町を移動する
├1A:8番道路(シンドウジ方面)
└1B:6番道路(センリヤマ&ヒメマツ方面)

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:フレンドィショップ
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
├2E:ポケモンジム
└2F:依頼の遂行

3.探索
├3A:人の話を聞く
├3B:散歩(誰と歩くかも)
├3C:好事家の家
└3D:遺跡

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├4C:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す【制限解除:残り二人】
├5A:6番道路
└5B:海

6.誰かに連絡
├6A:耕介博士
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

                    _, ⌒\/ ̄ ̄ \

                ,    ̄ ̄ /     、     _\
             ´      /        \     `ヾ
            /         '     、 、 、     \
             /          |   {  :. | | ∨、\   \__
           ′        |    l|  } | |、 | |\ \ ̄ ̄´
           .        {   从 /-}/-Ⅵ {  ヽ |
          /       ,.-从   | }/ ィ≧、 {  \ }'
          /イ      { ⌒\ {   、 Vj ∨、  \
            八       、   \       ヽ  ̄
            Ⅵ        ,ー、         ,:'
            ヾ\    / ∧         -,
                  ヽ /{/     、       '
                _从/____ >  __ノ
              |///////////l :l//|

              |///////////|  //|
                /////////// ∧ :./|
          , <////////////////\l/、
        //////////////////////\l、

          //////////////////////////} }
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【一太先輩に連絡】

京太郎「………」

豊音「どうしたの~?」


ポケギアを取り出し、連絡しようとして動きを止める。

暫くぼーとしていたせいか、豊音さんが心配そうに此方を見ていた。


京太郎「先輩に連絡をと……思ったんだけど」

豊音「けど?」

京太郎「よく考えれば、先輩の連絡先しらないや」

豊音「ありゃりゃ」

京太郎「そこら辺の人に聞けば、分かるかな」

豊音「有名なら?」

京太郎「だよな……しゃーない。今度にしよう」


【再安価になります】

    /:i:i:i:i:i:/:i:/:i:i:/:i:i:i:i:i/:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
.   /:i:i:i:i:i:/:i:/:i:i:/:i:/:i:i:/:i:i:i イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ
  /:i:i:i:i:i:/:i:/:i:i:/:i:/:i:i:/:i:i:i/ .|:i:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧

. /:i:i:i:i:i:イ:i:|!:i:i/:i:/:i:i:イ:i:i:i厶 .!:i:i:i:i:i:i|ヾ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧
 ’:i:i:i:i:i:i:|:i:i|!:i:i:i:i:i:i:i/ |:i:/ | |:i:i:i:i:i:i:l ∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧

│:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:′ V{  ! !:i:i:i:i:i:∧ ∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.
¦:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:i:/  ___ヾ_ --∨:i:i:i:i:i∧ Vハ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
!:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:iイ 斧ィ ⌒ \ ヽ:i:i:i:i:i:∧ }i:厶:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|

ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i| 《  i o } ヽ \:i:i:i:i∧ ⌒ト i:i:i:i:i:i:i:i:i|
:i:i:i:i:i:i: =ミ|:i:i:i イ:i{ ∧ 乂__ノ      ト:i:i:i:i∧o |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
:i:i:i:i:i:i:{  |:i:i:i: |ハ            |:i:{ヽ:i:∧.ィ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|
:i:i:i:i:i:八 /:i:i:i:¦ \""          'ヾト \:i:i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:/∧                  \:i:i:i:i:i:i:i:i:∧
:i:i:i:i:i:i/:i:i:i://:i:iヽ        ___    //}:i:i:i:i:i:i:i|i:∧
:i:i:i:i:i/:i:i:i://:i:i:i:i:i:i\     (     ノ    //人:i:i:i:i:i:i|:i:i:∧
:i:i:i:/:i:i:i://:i:i:i:i:i:i:i:i:|  、            厶イ:i:i:i:i:i:i:i:i:ト:i:i:i∧
:i:i/:i:i:i://:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|   〕ト    . <:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| ヾi:i:i:\

:i/:i:i:i://:i:i:i:i:i:i:ir ‐┴-ミ   `T:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|   \:i:i:\
:':i:i:i://:i:i:i:i:i:i:i:i|: : : : : : : : 〕iトイ: :\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|    ヾ:i:i:i:\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
豊音「京太郎君もおっちょこちょいだね♪」

京太郎(豊音さんがかわいい)

~エイスイタウン~ 六十三日目 朝
【行動回数:残り三回】
【イベント情報】
【藍の球を追え! 1/3】【星に願いを:目指せ!ウスザンの山頂! 3/5】
【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 2/5】
【あやしいホテルのかんげい 1/3】

依頼:【ハイパーボールがほしい!】【あkyぽいhjrp;】

1.町を移動する
├1A:8番道路(シンドウジ方面)
└1B:6番道路(センリヤマ&ヒメマツ方面)

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:フレンドィショップ
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
├2E:ポケモンジム
└2F:依頼の遂行

3.探索
├3A:人の話を聞く
├3B:散歩(誰と歩くかも)
├3C:好事家の家
└3D:遺跡

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├4C:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す【制限解除:残り二人】
├5A:6番道路
└5B:海

6.誰かに連絡
├6A:耕介博士
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

             ___/ ̄ ̄\_
         ,  ´        <⌒
        ,:'            `ヽ、
       ,                \_
                      \ } ̄´
        '              ,  \
      / ,          |/} ∧ }`ー`

       {∧          「ノ|/}/イ
      '  、       | /`/ } '
         } ∧     /イ   /
         |' ,} \__/イ__ /
         //////////∧

        _,.{///////////|

     -=≦//////|////////≧=-- 、_
  r≦//////////////////////////////ヽ
  |//l///////////|///////////////////∧
  |/∧//////////l|///////////////|/////}
  |//∧/////////l|///////////////|/////|
  |///∧////////l|///////////////|/////|
  |//// }////////l!///////////////}/////}
━━━━━━━━━━━━━━【耕介博士に連絡】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『もしもし、此方白築研究所です』

京太郎「京太郎です……もしかして、慕さん?」

慕『うん、お久しぶり、京太郎君!』


電話をしてみると珍しく慕さんが電話に出た。


京太郎「博士は?」

慕『出張中』

京太郎「出張?」

慕『うん、各地の博士が集まってお互いに研究内容を発表するの』

京太郎(あちゃー……連絡取れそうにないな)


慕さんの言葉に残念がる。

どうやら博士はいないようだ。


慕『帰ってくるのは、一週間後ぐらいかな』

京太郎(だいぶ遅いな)


↓1~3 慕に聞きたいことがあれば

    __,.ィ ̄ ̄`ヽ/ヽ__

      > ´ ̄  /   `   `、  、
、 -  ´    /   '     } ヽ ヽ\  \
 `  ̄ >'  /   ,: |    ∧/! |   } ヽ  ヽ
   /,ィ  / ' / /|   _/,.ム斗}-/  ハ   :.
  {/.'   ,| ,.|-}/-{ | / ,ィチ斧ミ }/ }  |    .
  /  イ/{ : ! ィ斧从}/   Vzソ ノ /イ ,:
<__  ´// 从{ Vソ /         / イ- 、  |
     {'{  { ,    '           /' ⌒ }  |
      从Ⅵ              /.: ノ  |
       叭   v_ ̄ヽ      ,rー'   从
         、           イj   / /
            :.          < |'  /}/
            、__   ´    } イ从/
               |        |/
              「 ̄|     「 ̄ ̄ ̄ ̄}
              |//l|     |//////// 、
        ,. <// ∧      |//////////> 、
━━━━━━━━━━━━━━【耕介博士に連絡】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「すいません、慕さんはこれが読めますか?」

慕『どれどれ』


取りあえず聞けることは聞こうと、怪しげな依頼のデータを送ってみる。


慕『えっと……イタズラ?』

京太郎「違います、本当にそんな依頼なんです」

慕『う~ん……』

京太郎「流石に無理ですかね」


電話越しに呻る慕さんに落胆する。

博士や慕さんが分からなければ正直、諦めるしかない。


慕『読めないかな』

京太郎「そうですか」

慕『でも……誰が依頼を出したかは分かったかも』

京太郎「本当に!?」

慕『うん……これ、ポケモンが書いた物だよ』

京太郎「ポケモン?」

慕『うん、頑張って人の言葉を真似したって感じる』

京太郎「……真似した」

慕『取りあえず、分かるのはこれぐらいかな』

京太郎「……そうですか、ありがとうございます!」

         /             /    /  / 〃                i{   | \
       /           /    /  / 〃         |         i{   |
      /              /    /  / i{          |         i{   l    ',
   __/      /     ′  〃 /{  ハ   {    |  |ヽ
 ⌒ ̄ ̄ ̄ ̄  ア        i{    l l  i{{ l i{   {    |  | }  i{       /
.          /  ィ'       i{    | l 从| l i{   {    |  | } 从   〃   ′    l
         {/ /       i{    |jI斗===ミ i{   {    |   厂}/}/ }/ }   /⌒ 、
            '         ∧  狄Ⅵ汞≧八  {\  | ィ'“ 汞笊ぅ/ / 厂^ l    ′
         /  /    { ', {   ∨こリ \l   、! /   Vこツ{/i /    从  ′
        /  /    人 ', ',{            }ノ          }/   / ハ/
       ∠  ∠   イ  l\ 、 V                       }   / /
                  八  !  Ⅵ ヽl          j               l=‐≦/
                   \〉   v 汯         {              爪 〃
                    }  ∧                        / //
                       \{ 込、    ___           /{ ィ/
                     _ -=\   に ̄ ̄_)       {从
                      〃    }N\            /   j_ノ_}Y
                       ri{      i{   、          /_ -=ニニニニ|
                       |ム      i{    ー―― r≦ニニニニニニニ=|
                       |ニ}    /{            |ニニニニニニニニ=‐ |
━━━━━━━━━━━━━━【耕介博士に連絡】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「エイスイタウンに居るんですけ……【一太先輩の連絡先知りませんか?】」

慕『………』

京太郎「………」


ついでとばかり聞いてみるも返事が返ってこない。


京太郎「あの……?」

慕『知らない』

京太郎「はぁ……」

慕『知らない』

京太郎「……ワカリマシタ」


なんと言うか、拒絶の一言だ。

あの人は一体慕さんに何をしたのだろうか。

ファっキューロリコン

複数の進化形態を持つ美少女ポケモンって 誰のことやろ

爽のこと?

イーブイ枠?
ポケスペverでもよろしくってよ

とりあえず……自分が思った事書きます。

                ,. --- 、        ____
                  /,  ´ ̄ ̄` '⌒´     \
           、_/_/⌒ヽ , /            ヽ
            ,---、  / //    :       ヽ :.
           ,  / ̄-/ /' {   | |       | :
          / __   ̄,./ /-' l| l | |___ l |    |
            .:' /   ,イ _| | |ア__l { { | / }`| |    |
       /       ,:´ | { | l\{从 ∨ィ斧ミ、 |    |
    /\'´        /{  | 从{__,. \∨Vソ }イ ト、 ∧{
    ////\ r---  ´八 !∧  ̄   ,:  :.:.:  }/ノ/ リ
.   ///////\      \}∧         u 八/
  //////////〉        込、  __    ,.: /
  ///////// /          }>、   ` イ |从
 ,'//////// /   _      /--、l ` ̄ :,   |--、
.///////// /  イ/////\   {////}   /  「///|
'//////// /´// {////////ー '|////|   ,   |///l|
///////////// |l///////////ヽ// \    |////> 、
////////{/////{!/////////////////}--- /////////> 、

━━━━━━━━━━━━━━【耕介博士に連絡】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「最後になるんですけど……【複数の進化形態を持つ美少女ポケモン】について何か知りませんか?」

慕『なんだろう……友達の一人にそんな子が居たような』

京太郎(おぉう……? 意外な反応)

慕『フォルムチェンジって言って進化とは違うんだけどね』

京太郎「フォルムチェンジ……友達? 慕さんは、爽と知り合いで?」

慕『え? 誰それ』

京太郎「あれ?」

慕『え?』


微妙にかみ合わない話となってしまった。


京太郎「えっと……変なホテルで爽って子が様々な姿に変化しまして」

慕『なるほど、私のほうは、理沙ちゃんって子なんだけど』

京太郎「え? 理沙さん?」

慕『会ったの?』

京太郎「空から降ってきました」

慕『変わらないね』

京太郎(かわらないんだ)

慕『あとは……友達の中には居ないかな』

京太郎(友達限定っ!)

慕『美少女ポケモンの中にはイーブイみたいな子も居るかも知れないけど……データが少ないから』

京太郎「居るか判らないと?」

慕『うん、ぜひ捕まえてね!』

京太郎「はい」


そんな会話をして電話を切った。

                         -‐= :_: - . .
                             ` 、: : 、
                        . . : : ¨¨¨ヽ: :≧: : . .、

             ,. 斗=: .、     ´: : : : : : : -‐: : : : : : : : `: . 、
           /'´  ヽ: :.  /: : : : : :>´: : : : : : : : : : :ヽ: : : : : ,
         ,. -──-. . . 」__レ´: : : : >´ : : : : : : : : : : イ: : : :‘.,: : : :
         /: : : : : : : : : :-‐:7: : : : :/: : : : : : : : : : : : /: i : : : : :‘,: : : : ‘,
.      /: : : : : : :, : ´: : //: : : /: : : : : : : : : : : : イ : ∧: : : : : ‘,: : : : ‘,
.     /: : : : : : : :/: : : / ,′: :′:__: : : : : : :/ }: /  ヽ__:‘,:゚。: : :‘
    /: : : : : : : : : ‘,: /   !: : ′:´ : : : : : : : >´   ,: :′´   ヽ: : :‘, ゚, : :
   ‘,: : : : : : : : : : Ⅵ    Ⅳ : : : : : : : : >´     /:.'        ゚。: : i: : ゚ : : !
.    \: : : : : : : : : :‘,   .i!: : : : : : :.> ¨¨   /'′  ¨¨     ゚。: !: : キ : !
.     〉: : : : : : : : : イ   i! : : : : : 斗笊.示ト、       斗笊.示ト、、 ゚: : : :ハ: :!
.      / : : : : : ィ: : : ′  i: : : :/ {{ { ト::リ }        { ト::リ } }ト }:f´`! i: !
    /: :斗 ´  |: : /     !: : ∧  乂 .ノ       乂 .ノ    !:i / .レ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「結局何も分からなかったな……うん?」

爽「さっ」

京太郎「誰か居たような……気のせいか」

爽「じー」

~エイスイタウン~ 六十三日目 昼
【行動回数:残り二回】
【イベント情報】
【藍の球を追え! 1/3】【星に願いを:目指せ!ウスザンの山頂! 3/5】
【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 2/5】
【あやしいホテルのかんげい 1/3】

依頼:【ハイパーボールがほしい!】【あkyぽいhjrp;】

1.町を移動する
├1A:8番道路(シンドウジ方面)
└1B:6番道路(センリヤマ&ヒメマツ方面)

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:フレンドィショップ
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
├2E:ポケモンジム
└2F:依頼の遂行

3.探索
├3A:人の話を聞く
├3B:散歩(誰と歩くかも)
├3C:好事家の家
└3D:遺跡

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す【制限解除:残り二人】
├5A:6番道路
└5B:海

6.誰かに連絡
├6A:耕介博士 70日目まで慕がでます。
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

7うたちゃんと博物館にべにいろのたまの欠片を見に行く

>>776
博物館の事すっかりと忘れてた。
後で付け足します。

……よく覚えてたね!

                        . . -――‐- . ..
                      ´: : : : : : : : : : : : : `: .、

                     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::\
                 /: : : : : : ::i: : : : : : : : :| : : : : : : : : : : : : :.
                   /: : : : : : : ::|: |: : : : : : ::|: : : : :|:: : : : : : : : :.
                 ′: : :|: : : : :|: |: : : : : : ::|: : : : :|: : :|: : : : : : :.
                    : : : :l: |::|: : :.:l从: : : : : : :ト、: : :.:|: : :|: :.:| : : : ::
                    : : : :l: |::|: : :.:|  \:: :、_:_|__\::」: : :|: :.:| : : : ::|
                    : : : :l: |:.|_:_;:イ     ̄ ̄__ _,)ハ: :.:|: :.:| : : : ::|
                    |::i : l: i∧: : :l___     斗斧i^狄 : |: :.:| : : : ::|
                    |::| : | : :∧:: :「苅     V以  }:ノ:.:.:.|: i:.: :.:|
                    |::| : |: : : :iハ::|i以       ,,,  j/: :.|: |:.: :.:|
                    |::| : |: : : :|.:l::| ,,  '       /: : : : |: |: ::从
                    l八 八: ::八人     v ´} / : : : : : 八|: : : : \__
                 \|\: ::\≧: .. .._ ー/: : : : : ::.イ: : |: : : : : :.:Χ⌒
                    |\: ::\: --:/:_: : -‐<※|: : :|: : : : :\: : \__
                     _   |/⌒>\/斤/...(※)......リ: : :ト、: : : : :i\ :「 ̄`
              /※)..||  /※|...(※/::|../※).....+...//:: : :八..\:.:.:.|  )'
             /※)...... ||三三三三三三三|...+.../... {: : :/......(※∨:|
             /※)..... (※||/..+......|※)l.|: : ∨※./...(※|: :/....+./.... Ν
           /※)..(※)..+ /リ.....(※ノ......从{\{...../...(※)....|:/...../... (※|
.          /※)..+.... (※//......... /......./.. ※)...../....... +(※|'... /.... (※)...|
         /+....(※).. +...〈/..(※)/...+./※)....+../※)..... +........./..※)... +.. |
       {※).......+......(※∨.......i..... /.+.....(※/+........(※)../...{...+.......(※).|

.        ∨...(※)+......(※∨... |......{....(※).../....(※).....+...∨{.... (※/ +...|
         ∨ ...... (※)......+∨. l‐''┴――┴―――――''| .... /...(※|
.          |...(※)...+.. (※).∨|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|..../.. (※).. |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【うたと博物館】

うた「なんだ~? デートか!」

京太郎「うん」

うた「……素直に頷かれると照れる」

京太郎「博物館あるらしいから、行こう」

うた「にゃ~……行ってみるか!」


うたちゃんを出すと一緒に博物館へと向かう。

道行く人に聞けば、あっさりと場所が分かった。


うた「お~……大きいねぃ」

京太郎「だいぶな、結構期待できそうだ!」


入場料の50円を払い終えると、うたちゃんとゆっくりと見て回る。

中は、広く、ポケモンの化石や資料などが置かれている。

見て回れば、隅っこのほうに赤い石が置かれていた。


京太郎「そういえば……『朱の球の欠片』が飾られてるって」

うた「……」


近づけば、周りには人はなく、無造作と呼べるほどにあっさりと置いてあった。

手を伸ばせば、すぐに触れるほどの不用心さでニセモノのように見える。


京太郎「確かに赤い……けどそれだけだね」

うた「……だな、あっさりとしてるもんだな」

京太郎(藍の球の手がかりになるかなと思ったけど……これじゃな)


そこら辺の石を赤く塗れば、それだけで朱の球の欠片と呼べるような品物でガッカリとする。


京太郎「うたちゃん……あっち行こうか」

うた「だな! あっちのほうが楽しそうだ!」


気分を入れなおし、うたちゃんを誘い、他のブースへと足を向けた。


 |/'|: :|: i|.:. .:.八 '. |: : : |/ ̄\/ ̄| ̄\/ ̄\       从: : : .: .: .:|: .| 
 | |: :| 八.: .: .:.`ⅵ/ ̄ ゚..    ゚   :|   .'     /  ̄\  /. : : : : .: .: .:|: .|
 | |: :|: : ∧/ ̄¨’,     ゚.     ゚   |  .′   /     , ’¨ ̄\: : : : : ノ: .|
 { 人_|/ ̄ \    ’,.   ゚.   ゚  :|      /    , ’   / ̄\'´.:. :.|
   / \     \   ’,  ゚..   ゚  | .,′  ./   , ’   /     /\ : |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

うた「……」


京太郎が先へと行ったのを確かめると、手を伸ばし欠片へと触る。

伸ばした手が欠片に触れれば、先ほどの燻った色と違い、綺麗な朱の色へと変化した。


うた「……」


しかし、それも束の間の出来事。

直ぐに欠片は色を失い、触っていた指を拒絶するかのように焦がす。


うた「まぁ……手放したのは私だしな」


焦げた指を軽く振れば、すぐに元通りの指へとなる。

そして、興味をなくしたのか、そのまま背を向け立ち去った。


うたが居なくなれば、そこには静寂が戻る。

朱の欠片は、前と同じくその場で鈍く光るのみ……

    ____

    ./ ,___,/',
   / ,∧__,∧∧
  ./ ./ ./  V∧∧
 〈‐〈-〈   .〉‐〉‐〉

  V∧∧__/ ./ ./
  V∧/___V /
.   V/______',/


【博物館を出ました】

    /..........::::::::::::/ |:::ハ::::::::::::::ハ:::::::::::::::::..ノヽ..∧

.   /....../...::::::::::/ :|::|  \:::::斗-、:::::::::::::::::::::::i:: ∧
    '....../..{:::::::::〃:{ 弋{  〃ヽ::::廴 \:::::::::::::::: |::::::∧
   i...../...::|::::::::ト-|:{  \  ぅ 斗=ミ、 i:::::::::::::::::|::::/::∧
   |... 7..::|::::::::| |:{_     ヽィ乏)::::ハ 入:::::::::::φ::::::/::∧
   |ハ:::::::::ヽr ::y 弌       弋辷ツ ′ 〉::::::::/::::::::i::/::∧
   |{ i::::::::::∧〃_)::ハ        `     _厶ィ:::ハ:::::::|::::/::∧
   |{弋:::::〈:::ハ ゞ -'' 、      :::::::::::    ´   }::::::|:::::::/::∧
   `  >へ::i :::::::::         u     /:::::::|:::::::::/::∧
         }.:.       -‐- 、        rー ':::::::::::|:::::::::: /::∧
         |.∧    V_ ノ     イ:::::|:::::::::::|::::::::::::::/::∧
         |...:::ゝ          /  |::::::|:::::::::::|::::::::::::::: /::∧
         |...::::::::>      <   八::: |:::::::::::|::::::::::::::::::::::::::\_
         |...:::::::::::::i::::::::::`¨ハ        〉:|:::::::::::|/ ̄ ̄ ̄〃 へ ^ヽ
         |...:::::::::::::|::::::::::::::::::〉      /::::|:::::::::::|     // ⌒ヽ.∧
         |...:::::::::::::|__//     _/{:::::|:::::::::::|   //     V∧
       r―|...:::::::::::/    ./---、 ' ./ {:::::|:::::::::::|_彡 '          V∧
.      ∧ { |...::::::::/     // ̄ ̄ 7  |:::::|:::::::::::|=-  /         V
.     / } ト|::::::::/     〃      /  |:::::|:::::::::::|  ./  /        V
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

りゅーか「わわ!」

京太郎「おー……大道芸かな?」

りゅーか「わー!!!」

~エイスイタウン~ 六十三日目 夜
【行動回数:残り一回】
【イベント情報】
【藍の球を追え! 1/3】【星に願いを:目指せ!ウスザンの山頂! 3/5】
【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 2/5】
【あやしいホテルのかんげい 1/3】

依頼:【ハイパーボールがほしい!】【あkyぽいhjrp;】

1.町を移動する
├1A:8番道路(シンドウジ方面)
└1B:6番道路(センリヤマ&ヒメマツ方面)

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:フレンドィショップ
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
├2E:ポケモンジム
├2F:依頼の遂行
└2G:博物館

3.探索
├3A:人の話を聞く
├3B:散歩(誰と歩くかも)
├3C:好事家の家
└3D:遺跡

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す【制限解除:残り二人】
├5A:6番道路
└5B:海

6.誰かに連絡
├6A:耕介博士 70日目まで慕がでます。
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

               __  /⌒ヽ
                 ⌒\ ∨   ヽ___
              _, ----`      ∨   `ヽ、
           /´               |     \
          / ____    /  l|     | :.     \
            ///    /   |     |l |  :       ヽ
              /  /   //  ,∧    / ,イ  l| :.  .  .
          / イ / // : l  |    ' / !  从 |  :   :.
         .'/  ' ' /-|-{ {  |  /}/  | / } }  |    .
         }'  / |Ⅵ { 从  '  ,     }/ /イ   }     .
           / イ | l{   { ∨/      '    }   ∧ :   :.
          ´  | {|从三三 /   三三三 /  /--、| ∧{
                {从 |     ,            ムイ r 、 }} /} \
               |                ノ ' }/イ/
                {               _,ノ
                   人       _,..::ァ       r }/
                     `     ゝ - '   イ   |/
                        `  ーr  ´  ___|_
                     ___|     |//////|
                   {|___ノ  __|[_]//∧_
                 /// |____|///////////> 、

                     ///// |   /////////////////> 、
               /////// { //////////////////////}
             //////////∨///////////////////////|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ポフィン作成】
京太郎「一日一回のポフィン作成!」

01~60:まぁまぁのポフィン(なつき度+3UP)
61~90:普通のポフィン(なつき度+5UP)
91~99:良い感じのポフィン(なつき度+8UP)
ゾロ目:凄いポフィン(なつき度+10UP)

↓1

やりましたw

      _,,,,,,,,,,,,__ _,,,,,,,,__ _                ______

    \ニ三=ヾ;:;;;;;;;,`:;;;;;;;;;;.;癶フ  サ、サクラモーチ      `=、;;;;;,,,,,,,:::,,,,,;;;;;,,,,`""''';;;;,, 、__
    `ゞシ'. : : :ゞ;:;;;;;;;i:;;;;.y' : : ゙ ,                ,.-'゙''''',='";;;;;;;;",-,,;;;;;;゙;;;;;;;;;l;;;;`,、
  ,.. ''",' : : ● : :\:;;;}:;;ノ: .● : ',`` 、          /   `ー-...,;;;;;;;;;;;;,-‐/;;;;;;';;;;;;;;;;;;
 "     i/W/. : : : : ⊂つ : : /W/}::..  ヽ.....      /             `''''''""i;;;;;;;;ヽ
i      ヽ、: : : : .__,.;:,_: : : :,ノ.:::::::..   i:::::..   ,, -''l  ●  |,,,____/           |;;;;}` 、.....
ヽ、     ` ̄``''''''''''''''''' ̄´      ,.'':::::::. .'´  |     |.:::::/  ●        ノ;;;;}:.. `.::::::::.
  ` ー. - 、.. .. ., , ,___, , ,. .. .. - .‐'".:.:::::  {     ヽ、   |:::/          _,/;;;'゛::::;.. !::::::::::::...
      `' ' ー‐--------‐─ ' '´,.-───< 、     `ヽ、_ |/        _,,.,;‐';;;;゛゛   ,: '.:::::::::..
                        ( カシワモーチ ) `ー- 、..._"_'''==ー‐;;;-=‐''"-''_"_,,,,,... -‐'´..::::::.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【凄いポフィン!!】

うた「……なにこれ」

京太郎「ポフィン!! なんでもさ、和菓子ってのが名物らしくて真似した!」

マホ「こ、これ食べるんです?」

トキ「うまうま!」

ヒロ「おぉ~生地が伸びるな!」

<うわ~ん

なるか「何か声が聴こえたような」

豊音「ちょーかわいいよー!」

ユキ「もぐもぐ……これはこれでおいしいです」

美穂子「……えっと」

りゅーか「ややー! いつものがええ!」

ひめこ「部長、あーん」

まいる「ちょ、私に食べさせようと……もが」

ネリー(売れないかな)

爽「うまうま」

理沙「美味!」

皆のなつき度が★1 UPしました!
凄いポフィンを手に入れた!

┏手持ちのポケモン【Lv上限30】───────────────────────────────────────┓

│6・ゆきこ ニックネーム:ユキ 呼び方:お兄さん ノーマル/― 持ち物:シルクのスカーフ                        │
│Lv30★★★★★ HP:88 攻:53 防:64 特攻:46 特防:78 素早:77                                 │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★(最大20/現在20)10/10                             │

│8・りゅーか ニックネーム:りゅーか 呼び方:京ちゃん ドラゴン/―                                  │

│Lv29★★☆☆☆ HP:74 攻:42 防:37 特攻:45 特防:57 素早:33                                  │
│なつき度★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆(最大20/現在12)2/10                             │
│                                                                            │
│10・ネリー ニックネーム:ネリー 呼び方:パピー フェアリー/ひこう 持ち物:こだわりスカーフ                   │
│Lv30★★★★★ HP:100 攻:44 防:71 特攻:86 特防:91 素早:55                                  │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★★★(最大20/現在20)10/10                             │

│                                                                           │
│11・なるか ニックネーム:なるかさん 呼び方:京太郎君 くさ/こおり                                 │
│Lv30★★★★★ HP:85 攻:51 防:44 特攻:51 特防:50 素早:38                                │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆(最大20/現在18)1/10                             │
│                                                                           │
│12・みほこ ニックネーム:美穂子 呼び方:京太郎さん みず/― 持ち物:たべのこし                       │
│Lv30★★★★★ HP:61 攻:23 防:23 特攻:22 特防:47 素早:62                                │
│なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆(最大20/現在18)1/10                             │
┗────────────────────────────────────────────────────┛

                      -‐ ━━ ‐-
                  /  /. . . .    . . \
                   . ./: : : : :/ : : : : : : : : : . .
                / . : /. :./ : ∠|: : : :./: : : : : : : :.
                  / : : / : /l: :/  |: : :./ |: : : : |: : : :
              / : : / : /抖午ミ八_/ 八:.: : :.| :l: : :

                / : : /.:.:.:l/{ Jh^`  午ミX : | :|: : :
.               / .:/ l´l:.:| 乂_,ソ     { Jh^Y: :|: : :|
.              ⌒7 : :人l:.:|  〃   '  乂ソ '从:|: : :|
              / : : .:.:.:l从      -、      /): 八:.:.|
                / : :.:/ .:/ / \   `¨     人 /:. :∨
            / : :.:/ .:/ / : :ノえト .__....-=≦:.:.:/:.:.|: :|
              / : :.:/__厶斗 ´|  `L∧:.:_|:.:.:|/:.:.: | : :
          / .:/  | l......... |  /:i:i:i:l\\j:.:.:.: : : : : :

            / .:/    | l......... |/,\:i:iノ\〉.. `┬ 、: : : :.
          / .:/  \ ,| |..Χ..........’ 「i:i:, |........... ', 丶 : : :.
.        /.:/ :/ /⌒ 人[.......\.......∨:i:i:i:i|..............', ∧:. : :
     / /': /        /⌒\........... ∨:i:i:i|..............// {:. : :|
..   / / /: 〈  ___  /'    \.........∨:i:i|.........../ \ \:.|
.   / /   : : : `Y  ---、i       \.....∨:リ....../     ', ノ:.|
   l /   : :|: : :.|/ ............|         \..∨../     }」.:.:|
   |′  |: |: : :.|Lノ ̄ 人          \]/        人.:. |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【由暉子 愛情イベント】

ユキ「抱いてください」

京太郎「……ストレートに来たな」

ユキ「???」


個室でのんびりとしているとユキにそんなことを言われる。

何だろうか、相変わらずマイペースというか、掴み所がない。

いや……大きな胸があって掴みたいんだけど。


京太郎「念のために聞くけど……俺でいいんだな?」

ユキ「はい」

            ,ォ:\::::斗/ ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,<⌒ヽ

            //::::::::::::○{i_ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::∧
          /:::::{:::::::::::::::::::::::У:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::∧
         ,: :::::::::::: r≦三三 ○<::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::{

         {:::::::::::::斗‐一''"´ヽ_≧s。.::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
        >'"´     `  、_, -――‐`''<:::<:{::::::::::::::::::::::::::::::::: /
     /          , ´         `ヽ:::\:::::::::::::::::::::::::::/

  r‐ァ::´:.          , ′              \:〉:::::::::::::::::::: /
  ∨:::::::::             /                V :::::::::::::::: /
  {:::::::ノ         ′               _}__::::: /
  八¨´             {             ,,</   `¨¨ ヾ
  .∧          .八          ,,<::::::: /   に>.、\
   /^ 、            丶       /:::::::::::::::::/     _ `ヽ:ヘ¨´
   ∨^ >、          >--- <::::::::::::::::::::::{     `ヽ. `丶
   } .// 〕is。. ___,,<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: {___  \  \ーへ
  .斗'/ ./∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{/::::{ `ヽ ト-イ:::::::: ヽ

     {ノ /_,∧:::{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::O::O:{:::::/::::/:^´:::::::::::::::::::::∧
         V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{_,/:: /::::::::::::::::::::::::::::::: ∧
           ー―┬―――< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_;/:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∧
             ./::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∧
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: {
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ユキ「今なら、この胸が触り放……」

京太郎「いあやっほ~~~~!!!!」

ユキ「あ~」


気つけば、服を脱ぎ、ベッドに寝転ぶユキへとダイブをしていた。

本能って恐ろしい。

【ユキと一線を越えました】
なつき度★★★★★★★★★★★★★★★★★★★(最大20/現在20)10/10

愛情【硬い絆で結ばれている】条件1ウスザンを訪れる 条件2メガ進化する 条件3コンテストで優勝する

メガ石はほいほいと渡す予定、好きなだけメガ進化すればええよ

             ___/ ̄ ̄\_
         ,  ´        <⌒
        ,:'            `ヽ、
       ,                \_
                      \ } ̄´
        '              ,  \
      / ,          |/} ∧ }`ー`

       {∧          「ノ|/}/イ
      '  、       | /`/ } '
         } ∧     /イ   /
         |' ,} \__/イ__ /
         //////////∧

        _,.{///////////|

     -=≦//////|////////≧=-- 、_
  r≦//////////////////////////////ヽ
  |//l///////////|///////////////////∧
  |/∧//////////l|///////////////|/////}
  |//∧/////////l|///////////////|/////|
  |///∧////////l|///////////////|/////|
  |//// }////////l!///////////////}/////}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「太陽が黄色い……だけど後悔はない!」

ジョーイ「昨晩はお楽しみでしたね!」

周り「ひそひそ」

~エイスイタウン~ 六十四日目 朝
【行動回数:残り三回】
【イベント情報】
【藍の球を追え! 1/3】【星に願いを:目指せ!ウスザンの山頂! 3/5】
【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 2/5】
【あやしいホテルのかんげい 1/3】

依頼:【ハイパーボールがほしい!】【あkyぽいhjrp;】

1.町を移動する
├1A:8番道路(シンドウジ方面)
└1B:6番道路(センリヤマ&ヒメマツ方面)

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:フレンドィショップ
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
├2E:ポケモンジム
├2F:依頼の遂行
└2G:博物館

3.探索
├3A:人の話を聞く
├3B:散歩(誰と歩くかも)
├3C:好事家の家
└3D:遺跡

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├4C:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す【制限解除:残り二人】
├5A:6番道路
└5B:海

6.誰かに連絡
├6A:耕介博士 70日目まで慕がでます。
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

               __  /⌒ヽ
                 ⌒\ ∨   ヽ___
              _, ----`      ∨   `ヽ、
           /´               |     \
          / ____    /  l|     | :.     \
            ///    /   |     |l |  :       ヽ
              /  /   //  ,∧    / ,イ  l| :.  .  .
          / イ / // : l  |    ' / !  从 |  :   :.
         .'/  ' ' /-|-{ {  |  /}/  | / } }  |    .
         }'  / |Ⅵ { 从  '  ,     }/ /イ   }     .
           / イ | l{   { ∨/      '    }   ∧ :   :.
          ´  | {|从三三 /   三三三 /  /--、| ∧{
                {从 |     ,            ムイ r 、 }} /} \
               |                ノ ' }/イ/
                {               _,ノ
                   人       _,..::ァ       r }/
                     `     ゝ - '   イ   |/
                        `  ーr  ´  ___|_
                     ___|     |//////|
                   {|___ノ  __|[_]//∧_
                 /// |____|///////////> 、

                     ///// |   /////////////////> 、
               /////// { //////////////////////}
             //////////∨///////////////////////|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ホテルの事を話す】

京太郎「てなことがあってさ」


エイスイタウンを探索していれば、よさ気なカフェを見つける。

椅子が長テーブルのようになっていて、大きな傘の下で食べると一風変わった店だ。

そこに座り、だんごを注文すると、前にあったホテルの話をなるかさんとユキにしてみた。

この二人を選んだのは、出身地が同じで打ち溶け合ってるだろうとの判断だ。


なるか「……ユキちゃんどう思います?」

ユキ「何処からどう聞いても先輩です」

京太郎「あれ? 知り合い?」


二人に話せば、なるかさんは頭を抱え、ユキは普通にお茶を飲んでいる。


なるか「無駄に能力を使って……」

ユキ「先輩らしくてよろしいかと」

京太郎「爽ってあんな感じだったの?」

なるか「……はい」

ユキ「だんごのお代わりお願いします」


なるかさんは落ち込み、ユキはおだんごを注文する。


「あっ私も」

京太郎「あまり食べ過ぎるなよ? お昼が入らなくなる」

ユキ&爽「はい/今日は何かな~ご飯がおいしくていいよな」


二人に注意を促し、唯一まともそうな、なるかさんへと向きなおす。

                 _       |   |
                 \ヽ_-‐=ミ、│  │
                 /_∨:.:.:.:.:.、.:.:.: |  │
               〃.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:\  │

            f ´ ̄ 7:.:.:.:./:.:.:メ、.:.:.:.:.:.:.\}   |
           从   {:.:.::{/{:.:/ _\.:.:.:.:.:|    |__
            ー=∧ .l{:.:.:.{-乂   _,,ヽ.:.:.:|   | \
            /:.∧ l{l:.:.:{ ._,,  ´⌒ }ノ)|`ー─= 7
              /_;/ :ハ八{:.ト⌒`   _ '" 从:|l     /
             {:.:/. Уヽ人''' ∨ .ノ   リ    ./}
             {:/ 〈     >‐ r<_/´}   /.:}
            ノ′  \   ( \ .|_/\_/   _丿
              _, \ >:`ー┘フ      |
              /.: .: .: .:`: 〉:/⌒ ̄ /      .|
            {;/ ̄ ̄ ̄{    .:/     /|
                   {i   \:       /.:{
                   リ    \     /.::j!
                  /__         /.:.:j!
                   〈 丿 `ー,-ミ.,_    :{!
                 _Уー─=ニ二>x、:{!

               _,.ノ⌒ニ/ニニニ/ニニニニΧ
           _, r<ニニニニ/ニニニニ/ニニニニニニニ、
        _,. r≪ニニニニニニ/ニニニニニ/ニニニニニニニニ}
    ,.  '⌒`ヽ二ニニニニ>'⌒ マ.ニニ/ニニニニニニニニリ
   '′      ー=>'"       \/ニニニニニニニニ/
  /      _,.。z'′         寸ニニニニニニニ'′
. /       / /          _,.。∨ニニニニ/
       /        _,..。s≦ニニニⅤニ/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なるか「……あーあー!」

京太郎「ってなんで居る!?」


なるかさんと顔を合わせるも直ぐに振り向き直る。

そこには、ユキの隣でのんびりと団子を食べている爽が居た。


ユキ「ご無沙汰してます」

爽「やーやー、ユキもなるかも無事で良かった。良かった」

なるか「よかったですけど、何だろう……このやりきれない気持ちは」


暢気に会話をする二人に何とも言えない表情となる。

なんでこうも、ウスザンの連中は一癖も二癖もあるのかと。


京太郎「どっから沸いてきた」

爽「んっ!」


取りあえず、聞いてみれば、爽が串で腰にあるボールの一つを示す。

もしかして……こいつ……。


なるか「も、もしかして……ボールに?」

爽「そそ、楽しそうだし……まぁ、いいかなって」

京太郎(気付かなかった)


ここ数日の間、空のボールに触ることもなかった為、まったくもって気付かなかった。

これからは、空のボールも点検しないとなと思い直す。

                         -‐= :_: - . .
                             ` 、: : 、
                        . . : : ¨¨¨ヽ: :≧: : . .、

             ,. 斗=: .、     ´: : : : : : : -‐: : : : : : : : `: . 、
           /'´  ヽ: :.  /: : : : : :>´: : : : : : : : : : :ヽ: : : : : ,
         ,. -──-. . . 」__レ´: : : : >´ : : : : : : : : : : イ: : : :‘.,: : : :
         /: : : : : : : : : :-‐:7: : : : :/: : : : : : : : : : : : /: i : : : : :‘,: : : : ‘,
.      /: : : : : : :, : ´: : //: : : /: : : : : : : : : : : : イ : ∧: : : : : ‘,: : : : ‘,
.     /: : : : : : : :/: : : / ,′: :′:__: : : : : : :/ }: /  ヽ__:‘,:゚。: : :‘
    /: : : : : : : : : ‘,: /   !: : ′:´ : : : : : : : >´   ,: :′´   ヽ: : :‘, ゚, : :
   ‘,: : : : : : : : : : Ⅵ    Ⅳ : : : : : : : : >´     /:.'        ゚。: : i: : ゚ : : !
.    \: : : : : : : : : :‘,   .i!: : : : : : :.> ¨¨   /'′  ¨¨     ゚。: !: : キ : !
.     〉: : : : : : : : : イ   i! : : : : : 斗笊.示ト、       斗笊.示ト、、 ゚: : : :ハ: :!
.      / : : : : : ィ: : : ′  i: : : :/ {{ { ト::リ }        { ト::リ } }ト }:f´`! i: !
    /: :斗 ´  |: : /     !: : ∧  乂 .ノ       乂 .ノ    !:i / .レ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

爽「外の世界は面白いけどさー、縄張りとかあって食料調達が大変でさー」

ユキ「わかり……もぐ……ます」

なるか「もう、食べながら話すのは駄目ですよ」

ユキ「むぐっ」

爽「トレーナーを歓迎しては食料をもらってたんだけど」

京太郎(驚かして奪ってたのね)

爽「面倒だし、場所を余り動けないしで、大変なわけだ」

京太郎「……それで俺のボールに?」

爽「ん! いやーいいね。手持ちって! 美味しい物をタダで食えて外敵の心配もなくて!」

京太郎「俺の手持ちとして付いて来てたのか」


頭を抱え込み、落ち込む。


爽「あっはっは、正直いつ気付くかなって……随分遅かったけど」

京太郎「うぐっ」

爽「もうちょっと早く教えれば大会にも出れたかな……惜しいことしたな」


爽が串を指で弾き、空中で電気を浴びさせ炭へと変えた。


爽「そんな訳で……よろしく♪」

京太郎「……はぁ」


にこやかに笑う爽に何も言う気がなくなった。

横の◯/3という回数とはなんだのだろうか…

爽と関わりのあるキャラに話を聞く事が条件だったんじゃね?
成香と由暉子で一気に二つ分、と

>>832 ⇒ >>833

ですね。

ウスザンの人から情報を貰う⇒もう一人の子からも貰うって感じでした。
二人も持ってるなんて考慮しとらんよ

                   _,.〉:.X:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
           _,. -=ニ⌒:.:.〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|:.ト,.:.:.:.:ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.: /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.: /  |:.| ∨:.:.:.:
         〈:.:.:.:.:.:∨:./|:.:.:./:.:.:.:.斗=ミ     |/⌒V:.:. |〉
        ∨:.:.:.:.:.:.:| |:.:.:.:.:.:./r' xハ    斗=ミ:.:.: |∧
           〉 :.:.: }:.:| ∨:.:.:/.  V^ソ    r'xハ | :.: |  〉
         /:.:.:.:.:∧ | |:.: /   '''    , V^ソ ′: |
.        /:.:.:.:. / }リ |:.∧_         ''' . |:.::.:
       |:.:.:.:. /  /  |/ }:.:>     ‘`    ' .|:.:/
       |:.:.:.:/       /:.:.:j{ : .      イ   |/
       |:.: /        ムイ     〕爪|
       |:./   _,,..ニ=-‐〈  .\ |〉:.|

       |/  ,/¨¨`ヽ.:.: :.:∨   ∧|∧x..,_
          /      ∧: : : ∨ ∧___}∧ : :|∨
.        /   、  ∧: : : ∨: :【:i:i:】:.: : :. }

.         ,:|     `、  | : : : : : : : ∨》,:.: :.∧
.        /ノ     \_| : : : : : : : : ∨》,: : :∧
       /     \   / : : : : : : : : : ∨》,.: : :.}
 .     {       `、 j{: : : : : : : : : : : ∨》,:..:/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

爽「それで? 私のニックネームは? 京太郎は何て呼べばいい?」

京太郎(そこは従ってくれるのか)


↓1~3 爽のニックネーム 京太郎への呼び方

さわや
京太郎

                         -‐= :_: - . .
                             ` 、: : 、
                        . . : : ¨¨¨ヽ: :≧: : . .、

             ,. 斗=: .、     ´: : : : : : : -‐: : : : : : : : `: . 、
           /'´  ヽ: :.  /: : : : : :>´: : : : : : : : : : :ヽ: : : : : ,
         ,. -──-. . . 」__レ´: : : : >´ : : : : : : : : : : イ: : : :‘.,: : : :
         /: : : : : : : : : :-‐:7: : : : :/: : : : : : : : : : : : /: i : : : : :‘,: : : : ‘,
.      /: : : : : : :, : ´: : //: : : /: : : : : : : : : : : : イ : ∧: : : : : ‘,: : : : ‘,
.     /: : : : : : : :/: : : / ,′: :′:__: : : : : : :/ }: /  ヽ__:‘,:゚。: : :‘
    /: : : : : : : : : ‘,: /   !: : ′:´ : : : : : : : >´   ,: :′´   ヽ: : :‘, ゚, : :
   ‘,: : : : : : : : : : Ⅵ    Ⅳ : : : : : : : : >´     /:.'        ゚。: : i: : ゚ : : !
.    \: : : : : : : : : :‘,   .i!: : : : : : :.> ¨¨   /'′  ¨¨     ゚。: !: : キ : !
.     〉: : : : : : : : : イ   i! : : : : : 斗笊.示ト、       斗笊.示ト、、 ゚: : : :ハ: :!
.      / : : : : : ィ: : : ′  i: : : :/ {{ { ト::リ }        { ト::リ } }ト }:f´`! i: !
    /: :斗 ´  |: : /     !: : ∧  乂 .ノ       乂 .ノ    !:i / .レ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「爽は……さわやだ。俺の事は好きに呼んでいいよ」

さわや「なら……京だな」

京太郎「ちなみに何でそれ?」

さわや「京って強みたいで強そうじゃん!」

なるか(小学生位の子供と思ってください)

京太郎(理解した)

さわや「???」


↓2 なつき度!  十の位=★ 一の位=0/10 最低補償★8

ホントにみんなチョロいなw

                   _,.〉:.X:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
           _,. -=ニ⌒:.:.〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|:.ト,.:.:.:.:ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:.: /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.: /  |:.| ∨:.:.:.:
         〈:.:.:.:.:.:∨:./|:.:.:./:.:.:.:.斗=ミ     |/⌒V:.:. |〉
        ∨:.:.:.:.:.:.:| |:.:.:.:.:.:./r' xハ    斗=ミ:.:.: |∧
           〉 :.:.: }:.:| ∨:.:.:/.  V^ソ    r'xハ | :.: |  〉
         /:.:.:.:.:∧ | |:.: /   '''    , V^ソ ′: |
.        /:.:.:.:. / }リ |:.∧_         ''' . |:.::.:
       |:.:.:.:. /  /  |/ }:.:>     ‘`    ' .|:.:/
       |:.:.:.:/       /:.:.:j{ : .      イ   |/
       |:.: /        ムイ     〕爪|
       |:./   _,,..ニ=-‐〈  .\ |〉:.|

       |/  ,/¨¨`ヽ.:.: :.:∨   ∧|∧x..,_
          /      ∧: : : ∨ ∧___}∧ : :|∨
.        /   、  ∧: : : ∨: :【:i:i:】:.: : :. }

.         ,:|     `、  | : : : : : : : ∨》,:.: :.∧
.        /ノ     \_| : : : : : : : : ∨》,: : :∧
       /     \   / : : : : : : : : : ∨》,.: : :.}
 .     {       `、 j{: : : : : : : : : : : ∨》,:..:/
No.491 爽 ネーム:さわや 呼び方:京 美少女ポケモン(分類:ロトム)


タイプ1/でんき
タイプ2/―

やんちゃな せいかく

あそぶことや たのしいことが だいすき

よくまわりを まきこむ

なつき度★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆(最大20/現在9)2/10

【ステータス】
Lv30 
HP:79
攻:48
防:60 
特攻:71
特防:54 
素早:68

【覚えている技】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃├1・ほうでん(基本・でんき/特殊/威力・80/命中・100)【自分以外全員を攻撃。30%の確率で相手を『まひ』状態にする】
┃├2・いたみわけ(基本・ノーマル/変化/威力・―/命中・―)【自分と相手のHPを2匹の残りHPの平均値にする】
┃├3・あやしいかぜ(基本・ゴースト/特殊/威力・60/命中・100)
┃│   【10%の確率で自分の『こうげき』『ぼうぎょ』『とくこう』『とくぼう』『すばやさ』ランクが1段階ずつ上がる】
┃└4・かみなり(基本・でんき/特殊/威力・110/命中・70)【30%で相手を麻痺させる】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
【特性】
特性:ふゆう
『じめん』タイプの技を受けない。

ゴーストがはいっていないのか  美少女ポケモンはやはり常識では測れない


※爽について、爽は【フォルムチェンジ】を使用出来ます。
【フォルムチェンジ】
フィールドに出した瞬間 5種類の変化を行なえ、特別な技を使用できます。
フォルムチェンジによるステータスの変化はありません。あったら、>>1が死ぬ。

なつき
【アッコロカムイ】でんき/みず  【みずてっぽう】を使用出来る
【ホロケウカムイ】でんき/くさ  【つるのむち】を使用出来る
【バコロカムイ】でんき/ほのお 【ひのこ】を使用出来る

【フリカムイ】でんき/ひこう    【つばさでうつ】を使用出来る
【クンネチュプ】でんき/こおり   【こおりのつぶて】を使用出来る

愛情
【アッコロカムイ】でんき/みず  【ハイドロポンプ】を使用出来る
【ホロケウカムイ】でんき/くさ  【リーフストーム】を使用出来る
【バコロカムイ】でんき/ほのお 【オーバーヒート】を使用出来る

【フリカムイ】でんき/ひこう    【ぼうふう】を使用出来る
【クンネチュプ】でんき/こおり   【ふぶき】を使用出来る

別のフォルムにチェンジする場合は、一度戻す必要がある。
但し、なつき度が低い状態の場合、使用出来る技がランクダウンします。

>>852
入れ忘れた。

タイプ1/でんき
タイプ2/ゴースト

です。

ネリー「パウチは?」

        /..........................................\
       .'...../_........./.........ハ....................丶
      /...../\\/.....,.../ | |........lト、...、..:,

.     ///........../...../|./  И.......リ...∨==
     /.-/........./|..../,/'_`ヽ |....../ __:,.. ∧、
    //..../ ......./...|./''竹不、. |/ ´__ レ'...∧\
  .'./l..../......../=〔  乂:ソ     ア刃`l...........,\\
  (′ ../.......,イ     ´        Vソ '..............:, 、.:.
  \ .'......./人 __  ""      ' ` ,:....、...........:, )′
    :{.....................八:..u     -  "".:......ハ.....、 ..l
     \{\八ト、..l.〕:::.....      .イ...../ .|...ハ..}
          /ノ    >- <l.../}/ ..}/  }'
          /  `\   ト、  }'′
     -=≦ \     ,ヘ人∧
   /´⌒ヽ    \  /、   >,〉 ` 、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ひめこ(リストラのピンチ!)

~エイスイタウン~ 六十四日目 昼
【行動回数:残り二回】
【イベント情報】
【藍の球を追え! 1/3】【星に願いを:目指せ!ウスザンの山頂! 3/5】
【宇宙からの来訪者:誰かに付けられてる気がする…… 2/5】

依頼:【ハイパーボールがほしい!】【あkyぽいhjrp;】

1.町を移動する
├1A:8番道路(シンドウジ方面)
└1B:6番道路(センリヤマ&ヒメマツ方面)

2.施設を利用する
├2A:ポケモンセンター
├2B:フレンドィショップ
├2C:依頼
├2D:ポフィン作り(一日一回)
├2E:ポケモンジム
├2F:依頼の遂行
└2G:博物館

3.探索
├3A:人の話を聞く
├3B:散歩(誰と歩くかも)
├3C:好事家の家
└3D:遺跡

4.修行
├4A:ポケモンのレベルを集中的に上げる(行動回数1消費)ポケモン二体選択、Lv1+コンマ分の経験値
├4B:ポケモンのレベルを全体的に上げる(行動回数1消費)全員にコンマ分の経験値
├:猛特訓(きずぐすり1個と行動を3消費する)全員にLv3UP+コンマ分の経験値
└4D:ポケモンを構う ※誰を構うかも

5.ポケモンを探す【制限解除:残り三人】
├5A:6番道路
└5B:海

6.誰かに連絡
├6A:耕介博士 70日目まで慕がでます。
├6B:和
└6C:誠

7.安価
(無茶振りな安価は、最安価になります)

↓2

>>855
爽を愛情にしてください

食ってたのに凄いポフィン分は上がらないの?

>>862
最低補償分がそれっす

       /:::::::                       ::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       ´フ:                       ..:::::.. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
      /                         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ̄

       / ,                   ハ  .  :: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     ///:    ..::      :   :::::::::::::::/ ヽ  ::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ´  /::::::::::, -ッ:::     :::  :::メ,:::::::/   ヽ::::ハヘ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<⌒ヾj
      ノ'!:::::::/,-v':::: ::: ::  :::::: :://:::/     jノ | \:::::::::::::::::::::::::::::、,::::::::\
       }::::/ く |:::: :::: :: /!::::ハ://∠___  '    ヽj:::ハ:::::::::::::::::::::ヽ ̄ ̄
       /::::|  ,コ|::::/| :: / |::/ ノ '    __`ヽ、    'リ  )ム、:::::::::::|
     //|::{ < ゛!/ | ::/ j/    、∠__ 、 ヽ`     /`j >:ハ:|\!

     /  ノ:: | \っ |:/       >'、_ヾシ`ヽ` |     ィニ‐ッァ/ハj リ ノ
     /::::::::\    "       |   ̄ ̄´   |      !‐`´ }
   ,―-'"フ:::::::::::::7 __」          `、      ノ     |   ノ
.  /:: ヾ:::/ノ|::/jハ、:|  |          ` ――‐'        |  /
 /:: :: :: \ j/   ゛   !                         | /
./:: :: :: :: :: :: \     `、               _   ノ/

'ヽ :: :: :: :: :: :: :: :\     \                 / /
 ヽ: :: :: :: :: :: :: :: ::`、     \                 /
  ヽ::: :: :: :: :: :: :: :: `、     \                  /、
   ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: ::`、        \    ‐ ´ ̄ ̄ ̄` /:: :\
   ヽ:: :: :: :: ::: :: :: :: :: :\       >、_     _ /:: :: :: ::\
    ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :::\     /' ヘ: :: ̄ \:: :: :: :: :: :: :: :\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【好事家の家】

化野「なるほどな……ギンコが言ってたのはお前さんか」

京太郎「はい」


目の前の人物の言葉にしっかりと頷いた。

ここは、好事家――化野先生の家だ。


好事家の人の話を道行く人に聞けば、簡単に教えてもらえた。

誰もが知っており、慕われてるなと感じる。

それもその筈、好事家は趣味の方で本当のお仕事は『医者』である。

故に、皆に親しまれていた。


化野「話は分かった。あいつの推薦だし、俺も協力をしよう」

京太郎「ありがとうございます」

化野「それで俺【好事家】に出来る事はあるか?」


↓1~3 して欲しい事、または聞きたいこと

依頼の怪文書

                    _, ⌒\/ ̄ ̄ \

                ,    ̄ ̄ /     、     _\
             ´      /        \     `ヾ
            /         '     、 、 、     \
             /          |   {  :. | | ∨、\   \__
           ′        |    l|  } | |、 | |\ \ ̄ ̄´
           .        {   从 /-}/-Ⅵ {  ヽ |
          /       ,.-从   | }/ ィ≧、 {  \ }'
          /イ      { ⌒\ {   、 Vj ∨、  \
            八       、   \       ヽ  ̄
            Ⅵ        ,ー、         ,:'
            ヾ\    / ∧         -,
                  ヽ /{/     、       '
                _从/____ >  __ノ
              |///////////l :l//|

              |///////////|  //|
                /////////// ∧ :./|
          , <////////////////\l/、
        //////////////////////\l、

          //////////////////////////} }
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「まずは……これを」

化野「なんだ、このラクガキは」


懐からゲームコーナーで取った紹介状を差し出す。

それを先生が受取るとけったいな物を見る目で見られた。


京太郎「ゲームーコーナーの景品でしたが、どうやらポケモンが書いたらしいんです」

化野「なんだってー! これをポケモンがか!」

京太郎「はい」

化野「ほほぅ……すげーな、ポケモンが書いたのか、そうか」

京太郎「先生?」


何やら、先生の目が輝きだして、紹介状をじっくりと嬉しそうに見始める。

此方が声をかけるも聴こえてないのか、凄い集中力だ。


化野「あっと……すまん。俺は、ポケモンが好きでな……こういったのに弱いんだ」

京太郎「そうでしたか」

化野「んでだ、これをどうするんだ? 俺にくれるのか?」

京太郎「いえ……もし出来れば復元したいと思ってまして」

化野「そうか……分かった。知り合いに当たってみる。暫しの間、借りるぞ」

京太郎「はい」


少し残念そうにするも直ぐに気を取り直し、いそいそと紹介状を懐にしまいこんだ。

本当に大丈夫なのだろうか。

あっ……べにいろか 藍だと思ってた。

                ,. --- 、        ____
                  /,  ´ ̄ ̄` '⌒´     \
           、_/_/⌒ヽ , /            ヽ
            ,---、  / //    :       ヽ :.
           ,  / ̄-/ /' {   | |       | :
          / __   ̄,./ /-' l| l | |___ l |    |
            .:' /   ,イ _| | |ア__l { { | / }`| |    |
       /       ,:´ | { | l\{从 ∨ィ斧ミ、 |    |
    /\'´        /{  | 从{__,. \∨Vソ }イ ト、 ∧{
    ////\ r---  ´八 !∧  ̄   ,:  :.:.:  }/ノ/ リ
.   ///////\      \}∧         u 八/
  //////////〉        込、  __    ,.: /
  ///////// /          }>、   ` イ |从
 ,'//////// /   _      /--、l ` ̄ :,   |--、
.///////// /  イ/////\   {////}   /  「///|
'//////// /´// {////////ー '|////|   ,   |///l|
///////////// |l///////////ヽ// \    |////> 、
////////{/////{!/////////////////}--- /////////> 、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「次はこれを……」

化野「ほほぅ……これも、あれか。 ポケモンがか?」

京太郎「はい」

化野「へ~ほ~……」


依頼文の方を見せてみるも今度は疑わず、先ほど同様嬉しそうに見始める。

本当にこの人はポケモンが好きなようだ。


化野「何だろう……この頑張りました!って感じがいいな」

京太郎「えぇ……そうですね」

化野「こっちはデータだし……もらってもいいよな!」

京太郎「はい、出来れば解読を……」

化野「おう、引き受ける。引き受ける! お前はいい奴だな。ギンコとは大違いだ」

京太郎(どんな付き合いをしてるんだろ、ギンコさん)

化野「この前なんか、あいつ大事に取っておいた『ひかりのいし』を分捕っていくし」

京太郎(はい、俺のせいでした!)

うたの紅色の珠と衣の藍色の珠とポケセンの依頼の怪文書じゃないの?

>>880
球の部分しか見てなくてな~勘違いし取ったのよ
なので↓4つまで書きますよー

                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ニ=‐

                'フ:::::::::::::::::::::ハ//lハ:::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /:::::::::::::::::,:/∠_ノ ヽリヽ::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
              ノイ:::::::::::::/´, -‐- 、`ヽ` ヽハヘ:::::::::::::┌‐-`
               /:::,ヘ:::::/ {// !    /,ニニ_T:::::::::|
                  ,'ィT'i^'ハj` `<__ノ   | `‐' ノ !::ハノ
               ヾ} (、        、 |    /ハj '
               ノ>_ )          '   /.}
               '" jィ|i |             /ノ
               ノ^くノ \  < ̄ ̄\_   /
             /: : : : \ ヽ、  ̄ ̄ ̄ /

            /: : : : : : : : :ヽ  ` 、 __/
         _,. - '"\: : : : : : : : : : ヽ    /\
   _,,. -'" ̄: : : : : : : : \: : : : : : : : : l   ト }: :{
 /: : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : l     !: : \
/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : l   /: : : : :ト

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「朱の球について何か知りませんか?」

化野「また珍しい事を聞くな、あんな話は物好きか年寄りしか知らないぜ?」

京太郎「そうなんですか?」

化野「そうだよ、博物館には行ったか? あそこに欠片が展示されてる」

京太郎「はい、観ました」

化野「どうだった? 粗末な扱いだったろ」

京太郎「はい」

化野「それほどまでに広まってない、いや風化しちまったのさ」

京太郎「……」

化野「一応俺も欠片はいくつかは持ってる。それほどまでに貴重なもんでもない」

京太郎「何か寂しいですね」

化野「だな、少し寂しいな」


何だろうか、少しばかり寂しく思え、化野先生と共に落ち込んでしまう。


化野「そうだな……気になるなら欠片を一つやるよ」

京太郎「よろしいので?」

化野「おぅ、貰ってばっかりじゃ悪いからな」

京太郎(データしかあげてないけど?)


【朱の球の欠片を手に入れた】

108くらいじゃね

       /:::::::                       ::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       ´フ:                       ..:::::.. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
      /                         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ̄

       / ,                   ハ  .  :: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     ///:    ..::      :   :::::::::::::::/ ヽ  ::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ´  /::::::::::, -ッ:::     :::  :::メ,:::::::/   ヽ::::ハヘ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<⌒ヾj
      ノ'!:::::::/,-v':::: ::: ::  :::::: :://:::/     jノ | \:::::::::::::::::::::::::::::、,::::::::\
       }::::/ く |:::: :::: :: /!::::ハ://∠___  '    ヽj:::ハ:::::::::::::::::::::ヽ ̄ ̄
       /::::|  ,コ|::::/| :: / |::/ ノ '    __`ヽ、    'リ  )ム、:::::::::::|
     //|::{ < ゛!/ | ::/ j/    、∠__ 、 ヽ`     /`j >:ハ:|\!

     /  ノ:: | \っ |:/       >'、_ヾシ`ヽ` |     ィニ‐ッァ/ハj リ ノ
     /::::::::\    "       |   ̄ ̄´   |      !‐`´ }
   ,―-'"フ:::::::::::::7 __」          `、      ノ     |   ノ
.  /:: ヾ:::/ノ|::/jハ、:|  |          ` ――‐'        |  /
 /:: :: :: \ j/   ゛   !                         | /
./:: :: :: :: :: :: \     `、               _   ノ/

'ヽ :: :: :: :: :: :: :: :\     \                 / /
 ヽ: :: :: :: :: :: :: :: ::`、     \                 /
  ヽ::: :: :: :: :: :: :: :: `、     \                  /、
   ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: ::`、        \    ‐ ´ ̄ ̄ ̄` /:: :\
   ヽ:: :: :: :: ::: :: :: :: :: :\       >、_     _ /:: :: :: ::\
    ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :::\     /' ヘ: :: ̄ \:: :: :: :: :: :: :: :\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「藍の球の半分を知りませんか?」

化野「知ってるぜ」

京太郎「本当ですか?」

化野「あぁ……蔵の奥に仕舞ってある」

京太郎「へ?」


化野先生の言葉に驚きを隠せない。

今先生は何て言っただろうか?


京太郎「ここに?」

化野「あぁ……ここに、お前からその話が出るってことはだ。藍の球がどうやって無くなったか知ってるな?」

京太郎「はい」

化野「俺の一族は【青の民】だ」

京太郎「!!」


先生の何気ない言葉に更に驚く。

つまりはだ……この人が……。


京太郎「藍の球を持って逃げ切った!?」

化野「そう……赤の民の策略を抜けて逃げた青の民の末裔」

                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ニ=‐

                'フ:::::::::::::::::::::ハ//lハ:::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /:::::::::::::::::,:/∠_ノ ヽリヽ::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
              ノイ:::::::::::::/´, -‐- 、`ヽ` ヽハヘ:::::::::::::┌‐-`
               /:::,ヘ:::::/ {// !    /,ニニ_T:::::::::|
                  ,'ィT'i^'ハj` `<__ノ   | `‐' ノ !::ハノ
               ヾ} (、        、 |    /ハj '
               ノ>_ )          '   /.}
               '" jィ|i |             /ノ
               ノ^くノ \  < ̄ ̄\_   /
             /: : : : \ ヽ、  ̄ ̄ ̄ /

            /: : : : : : : : :ヽ  ` 、 __/
         _,. - '"\: : : : : : : : : : ヽ    /\
   _,,. -'" ̄: : : : : : : : \: : : : : : : : : l   ト }: :{
 /: : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : l     !: : \
/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : l   /: : : : :ト

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

化野「この奥にある」

京太郎「………」


あれから、蔵へと案内をされる。

そこはどう見ても普通の蔵だが、何やらあっちこっち触ると、地下の扉が開かれる。

地下へ続く階段を覗き込めば、冷たい空気に体が震えた。

化野先生は、ランプに火を付け、前を歩く。

その後ろについて自分もまた、付いていく。


京太郎「青の民なんですよね?」

化野「おぅ……そうだぜ」

京太郎「なら……なんで返さなかったんですか?」


純粋な疑問だ。

青の民の人なら、返していてもおかしくない。

なのに何故、返していない?

そもそも、何故……ハギヨシさんに連絡が行っていない?


化野「ありゃ、動かせないからな」

京太郎「動かせない?」

化野「そそ、動かせないから渡せない、返せない」

             ___/ ̄ ̄\_
         ,  ´        <⌒
        ,:'            `ヽ、
       ,                \_
                      \ } ̄´
        '              ,  \
      / ,          |/} ∧ }`ー`

       {∧          「ノ|/}/イ
      '  、       | /`/ } '
         } ∧     /イ   /
         |' ,} \__/イ__ /
         //////////∧

        _,.{///////////|

     -=≦//////|////////≧=-- 、_
  r≦//////////////////////////////ヽ
  |//l///////////|///////////////////∧
  |/∧//////////l|///////////////|/////}
  |//∧/////////l|///////////////|/////|
  |///∧////////l|///////////////|/////|
  |//// }////////l!///////////////}/////}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

化野「触らぬ神に祟りなし」

京太郎「……」

化野「ありゃ……その言葉を体言してるものだ」

京太郎「といいますと?」

化野「触るとな……狂う」

京太郎「狂うって……」

化野「精神がだ、少し触っただけで、数日の間、毎夜毎夜、海に引きずり込まれる夢を見る」

京太郎「夢」

化野「それならまだいいほうさ……動かそうとしたりすると……」

京太郎「すると?」

化野「狂って辺りを壊し、人を襲い、最後に廃人とかす」

京太郎「……」


体が冷えるのは、気温のだけじゃない、そう感じた。


化野「ハギヨシは知ってる筈だ。ここにある事を……お前を試したんだろな」

京太郎「見つける意思が……彼女を助ける意思があるか?」

化野「そうだとしか思えねー……とここだ」

                      Π                                Π
                      旦三l二二l二二l二二l¨/^\¨l二二l二二l二二l三旦

                       /               //'^\\               ∧
                        /             //`¨O¨´\\             ∧
                         /            // 〔王l王l王〕 \\           ∧
                    /          </=======\>.          ∧
                     /    ,′                              `,   ∧
                      /    /             γ´三三三ヽ           \   ∧
                       /    乂ゞ 、        /゙/  ◎   ヾヽ         , 彡丿  ∧
                 ≪亞亞亞`<三三三三三彡` ‐-((t))-‐ ´乂三三三三三彡´亞亞亞≫
                        | |        | |l〈〉ll=(Y)=ll〈〉l| |        | |
                        | |        | |l〈〉ll=(Y)=ll〈〉l| |        | |
                        | |        | |l〈〉ll=(Y)=ll〈〉l| |        | |
         〃`ヽ               | |        | |l=ll=(Y)=ll=l| |        | |             ,r'´゙ヾ
    i!、  ノ〃 弋              | |        | |l=ll=GQ=ll=l| |        | |             勺 ゙ゞゝ、  ノ!
      iiiγ 〃〃j            | |        | |l=ll=.从.=ll=l| |        | |            i ゞゞ `ヽiii
       彡丿~i ((       o     | |        | |l=ll=ll=ll=l| |        | |    o        )) i~ 乂ミ、
    | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|      ||=ll=ll=ll=ll=ll=ll=l┌―――‐┐f=ll=ll=ll=ll=ll=ll=||      | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|
    |        |  |      ||_||_||_||_||_||_||_||l_.  _.!.l|_||_||_||_||_||_||_||      |  |        |
    |        |  |     [二二二二二二二二二二二|l三三三三l|二二二二二二二二二二二]     |  |        |
    |        |  |         | .|:::::::::::::::::::::::| .|::::::::::::::::::::::|l三三三三l|::::::::::::::::::::::| .|:::::::::::::::::::::::| .|         |  |        |
    |        |  |         凵:::::::::::::::::::::::凵::::::::::::::::::::::|l三三三三l|::::::::::::::::::::::凵:::::::::::::::::::::::凵         |  |        |
    |        |, <                   //_ _ _ _ _ _ \\                 >、|        |
     ̄ ̄ ̄ ̄                  //_ _ _ _ _ _ _ _\\                  ̄ ̄ ̄ ̄

                               //_ _ _ _ _ _ _ _ _ \\
                         //_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _\\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「ここが?」

化野「そそ、その奥にある」


案内されると其処には立派な社があった。

周りには、近くの水が溜まり込んでいる。

少しばかり潮の香りがするので海から流れてくる水なのだろう。


京太郎「先生も触ったことが?」

化野「あんぜ、興味あったし」

京太郎「どうでした?」

化野「後悔した」


ポケモンが大好きな先生が、一言言えば重みがあった。


化野「それでお前はどうすんだ?」

京太郎「………」


化野先生が優しげに此方を見てくる。

諦めてもいい、試してもいいと、そういうことなのだろう。


京太郎「俺は――」


1:触る
2:触らない

↓1~5 

1

1

ここまで来ておいて『逃げる』は無いでしょ?

             ___/ ̄ ̄\_
         ,  ´        <⌒
        ,:'            `ヽ、
       ,                \_
                      \ } ̄´
        '              ,  \
      / ,          |/} ∧ }`ー`

       {∧          「ノ|/}/イ
      '  、       | /`/ } '
         } ∧     /イ   /
         |' ,} \__/イ__ /
         //////////∧

        _,.{///////////|

     -=≦//////|////////≧=-- 、_
  r≦//////////////////////////////ヽ
  |//l///////////|///////////////////∧
  |/∧//////////l|///////////////|/////}
  |//∧/////////l|///////////////|/////|
  |///∧////////l|///////////////|/////|
  |//// }////////l!///////////////}/////}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京太郎「俺は触りますよ」

化野「そうか、まぁ……狂っても世話はしてやるから」

京太郎「はは……頼みます」


そんな冗談を口にしながら、ゆっくりと歩き、社に近づく。

近づくごとに体が凍えるように震える。

それでも近づき、扉を開いた。


開けば、真ん中の対座に半分になった球が置いてあった。


京太郎「――」


ゆっくりと手を伸ばし……そして――触れた



../                       /   ./           _ イ'"゛
l゙                      /   /      .,、   //
                      /   ./     ./,iメシ゛./           _,, -‐''" ̄ ̄ ゙̄”゙゙''ー ..,、
                     /   ./    ,/  ,l!゙〃 /        _..-‐'″                 `''-、.
/!  iリ              /    /   ./    /  / /    _..r'“" ̄ ̄¨¨'''''ー _          -=ミュ
. | l ,!               〃   /  . /        /.〃            _        `゙'ー ,,           `'ミヾ
. |│ ! .I      、 .、 /〃   l゙  /         .i!i7      _z-''"  .`゙'''-、       `'-、
. |.| .| iト     ,l. 〃/ .l    l ./          ´i′  ,,..ッ     ゙゙̄'''-、  .、_. \       ゙'-、
. |,!  ! !|     .|.! .|l゙ l .!    ! .l゙     l、    .l   / / / ̄ `\  .ヽ  ヽ ̄          \
 l!  .! l!.l     ! l .!| l      | .l      |.!    !  .l | ./      ! .7i.l  ヽ,            、, \
 `  !.l .l    │ l.|| !         !│     l..l.   ..l.  ..l, ヽ}    ., | .〃゙ll  .゙'lュ         \. ヽ
    .∥ !    ! .ラ!,!       | .|.      l ヽ   ヽ.  ヽ, .\    / .i./   .`   .l          ..l\.ヽ
     l l,   │  .l,!       l,..l       ヽ `'-、  .\、 `'ー-z_〃 .'″      !              l .ヽ.ヽ
     .″|,   ,!  .リ        ヽヽ   l\ .\  .`''ー-z_ニ=-  ./        ,   .l        l'、  l ヽ
       ゙l、  l            ゙'Vi、  ヽ`'-、\、    . _,,.=ニッ    ,彳  .l|   .|        l ヽ  .l
'、 .t、    . l.  .!             `'‐  \  `'''~   _..-'"  ,/゛ !  ,!|    |       .、.|  l  .l
. ヽ l\   .ヽ  .l                  \、    <_z─´  /   /.l   │         l| !  .l  }
  ヽ.l .\   ヽ . l                 \ミ=          /   ./ .l゙    !       .|.l .,!  ∨ソ
、   `゙  \  .ヽ...l                     `¨ーz.____Z ̄  _/ /    ,!   i′  ,! ! |   .l
. ヽ, .x、   \  `、.l,                              _..-'"  ./    . l  .,./    / .!.l  .,  !
  \,.゙ l、,   `-、 .`ぇ                       ,.. ‐'"    /    ,/  ィ/    │ |/  .} .l
    `'-ヽ\,   . \       ._               ,..‐″      /   ./ ./ /     l     .i |  !
      `' !i、゙'-、.   `'-、    ヽ`゙"'―-z___z--―‐'''″       ./    イ/ ./     ./     }l │
        `゙'  `''ー..、  `゙¨¨ ̄                    ,/   .,,;;シ'"  . /      /     .l .! .,.|
`'-、   .'i、       `''―-z_____               ,/゛  .,..‐“   ./     /      .! .| .!i.!
   `'-、 .゙.l'、                 _>‐゛           _..-'´          /      /       ! l ! !|
     .`'''│゙'-、 、    ‐==ニニ二_            ,..-彡‐ジ゛       ./         /        ,! .「 ∥
          `''ゞ゙'‐ ,,、      _..-"゛     >=゙‐'゙.,/゛        . /        /           l゙    /
                  `'=―'''"         ´ _..-'´       _/゛        /         ./
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

その瞬間だ

大きな濁流に意識を飲み込まれる

息が出来なくなり、激しくもがくも何も出来ずに体が流された


「     」


息が継げず、目の前が暗くなる

それでもそれでも、必死に手を動かす、足を動かす


「動けるうちは、諦めない!!」


水の中で声が出ない、それでもいい、それでも声に出して言った

これがどうした……何時もは、もっと酷い目にあっている


燃やされた、刺し殺された、餓死も体験した 

息が吸えない? そんなの何度も体験済みだ

それに―――



  |            | o  マ`ー '  7´         " .::⌒ヾト/ // |   /     /
  |            |  とつ_`ー― '           /::::::::::ハ ヘYイ /  /    /
  |            |  〃   `¨            {o{:::::::爿 || |,/  /    /
  |            |  ||                     ∨廴ノ(_).,リ /  /   /
  |            |  ||                  '   \z_ノ /'|/  , イ ./
  |            |  ||                       `とつ./ ///!
  |            |  ||                       /イ/イ  |
  |            |  ||             , ― 、           /   !  .!
  /!            i!  ii           ̄`’        /   |   |
. / i!         i!  ii                    /    i!   !
/  |            ト、  ii                  .イ     |   i!
  ,!        i  | \!i                   . <  i!    .i!   |
  /!       |  |   じゝ.          . <   \i!    |   !
. / i!       |  |      > ,. _ . <   \   |      !   |
/  |       |  |        /      \   ヽ   !      |   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


泣いてる子がいるなら……助けてやるのが男だろっ!!!!


       /:::::::                       ::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       ´フ:                       ..:::::.. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
      /                         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ̄

       / ,                   ハ  .  :: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     ///:    ..::      :   :::::::::::::::/ ヽ  ::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ´  /::::::::::, -ッ:::     :::  :::メ,:::::::/   ヽ::::ハヘ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<⌒ヾj
      ノ'!:::::::/,-v':::: ::: ::  :::::: :://:::/     jノ | \:::::::::::::::::::::::::::::、,::::::::\
       }::::/ く |:::: :::: :: /!::::ハ://∠___  '    ヽj:::ハ:::::::::::::::::::::ヽ ̄ ̄
       /::::|  ,コ|::::/| :: / |::/ ノ '    __`ヽ、    'リ  )ム、:::::::::::|
     //|::{ < ゛!/ | ::/ j/    、∠__ 、 ヽ`     /`j >:ハ:|\!

     /  ノ:: | \っ |:/       >'、_ヾシ`ヽ` |     ィニ‐ッァ/ハj リ ノ
     /::::::::\    "       |   ̄ ̄´   |      !‐`´ }
   ,―-'"フ:::::::::::::7 __」          `、      ノ     |   ノ
.  /:: ヾ:::/ノ|::/jハ、:|  |          ` ――‐'        |  /
 /:: :: :: \ j/   ゛   !                         | /
./:: :: :: :: :: :: \     `、               _   ノ/

'ヽ :: :: :: :: :: :: :: :\     \                 / /
 ヽ: :: :: :: :: :: :: :: ::`、     \                 /
  ヽ::: :: :: :: :: :: :: :: `、     \                  /、
   ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: ::`、        \    ‐ ´ ̄ ̄ ̄` /:: :\
   ヽ:: :: :: :: ::: :: :: :: :: :\       >、_     _ /:: :: :: ::\
    ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :::\     /' ヘ: :: ̄ \:: :: :: :: :: :: :: :\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


化野(そろそろ……十分か)


社を睨み、腕を組みなおす。


化野(どうだろねぇ……今まで長い間、誰も持ち運べなかった物だ)


祖父も親父も、一族皆が何度も挑戦した。

それでも動けず、気を失ってしまった。

そんな品物が一人の少年にと……


化野「思ってたんだけどな。なんと言うか……あれだな、最近の子供は化け物か?」


社を見ながらそう告げる。

                     /イ         /    V ヽ、    `
                  ,  ´/          |   \
                    _/  '   '    ,:      |    \
                  ̄ ̄/  /   //     }       |
                     /    /    〃     /   |    |
               /      {   /.'       ∧  }    |
               /_, ィ   ∧ /_ |       / V ∧
                 / /  / ∧{tォミ、  ,  /   | '  、
                   / イ  / /| 弐_ V | /   __}/   _ヽ
                     | / , :  ー':, ∨/   イ乎(_ ヽV |
                    ∨ {/ '   / /      Vzソ   V}
                    {   、                 リ
                         ∧   `
                        、
                         ∧ `
                         |l∧      ̄         <
                          「´∧           ´
                        .:'//>--==≦ゞ
                      ////////\        /
                       /////// /   ∧
                        {/////〈/{   / |      //,
                       ∧//// ∨、  ,   }   ,://
                       {// ∧// ∨V{  |  「 ̄/´///
                     ///,'/ ∨/ ∨V〉 ' r/ |//////
                       /// {///∨/ ∨{  r,/ ///////
                     {///|////////V__/ ////////
                    rく///|//////r=ミ// イ////////
                     //////}//////  }}////////////
                     .'//////|/////乂__ノ'////////////
                    ////////}///// ////////////////
             //////////|////r=ミ、/////////////

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京太郎「生憎……悪夢には慣れてるもので」

化野「なんだそりゃ」


京太郎は、藍い色の半球を手に掲げていた。


京太郎「はぁ……それにしても、何かこれ手から離れないんですけど!」

化野「おぉう、なんだこりゃ……同化してんな」

京太郎「ちょちょちょ! 体の中に!!」

化野「えーと……こういった場合は、どうすりゃいいんだっけかな」

京太郎「ぎゃーーー!!!!!」


手に持っていた藍の球がずぶずぶと手に沈み込み、中へと入っていく。

化野先生が何やら古めかしい古書を読み直すも、その間にも球が消えていった。


京太郎「……大丈夫かな。これ」

化野「完璧に体に入ったな」


右手には模様が浮かび上がり、球の姿は無くなった。


化野「腕に異常は?」

京太郎「特には」

化野「ふむ……どんな原理か、まぁ運びやすくなっていいだろ」

京太郎「……」


適当な物言いに何ともいえない気持ちとなった。


【藍の球と同化しました】

ポケスペのマツブサたちみたいになってんの?

>>923
同じようになってます

                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<、
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ニ=‐

                'フ:::::::::::::::::::::ハ//lハ:::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /:::::::::::::::::,:/∠_ノ ヽリヽ::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
              ノイ:::::::::::::/´, -‐- 、`ヽ` ヽハヘ:::::::::::::┌‐-`
               /:::,ヘ:::::/ {// !    /,ニニ_T:::::::::|
                  ,'ィT'i^'ハj` `<__ノ   | `‐' ノ !::ハノ
               ヾ} (、        、 |    /ハj '
               ノ>_ )          '   /.}
               '" jィ|i |