まどか「あーぁ、私絶望しちゃうかも…ティヒヒ」(13)


鹿目まどか魔法少女です
魔法少女の真実知ってます
ワルプル撃破してます
全員生存してます

ほむら「良い、まどかを絶望させては駄目、極力まどかの願いは私たちで叶えるのよ」

さやか「ぅーん…わかった、とにかくまどかの言うとおりにすれば良いんだね!」

ほむら「理解が早くて助かるわ、貴女たちもよ」

マミ「わかったわ、鹿目さんを絶望させないように頑張りましょう」

杏子「しょうがねぇな協力してやるよ」

ほむら「ありがとう」



まどか「ティヒヒ…良いこと聞いちゃったよ」

――通学路―――

さやか「おっはよーまどかー」

まどか「ティヒヒ、おはようさやかちゃん」

さやか「ぉー、今日も私の嫁は可愛いなぁー」ダキツキ

まどか「ティヒヒ、もぅ、止めてよさやかちゃん」

さやか「あっ、ごめんね…」

まどか「(ティヒヒ、これは面白くなりそう」

ほむら「おはよう、まどか…さやか」

まどか「おはよう!ほむらちゃん」

さやか「おはよう、ほむらー!相変わらず美人だなぁ…ほむらは私の嫁になるのだー」ダキツキ

ほむら「あっ、もう離れなさい、さやか!」

さやか「へっへっへ~、話さんぞ~」ギュー

ほむら「あぁこら、恥ずかしいでしょ///」

さやか「おぉ~、恥ずかしがるほむらもなかなか…」

まどか「……」

まどか「二人とも早く学校行こう」

ほむら「そうね、っていい加減離れなさい」

さやか「はなしはせん、はなしはせんぞ~」

まどか「学校に遅刻しちゃったら私絶望するかも」

さやほむ「「ッ!」

ほむら「さ、さぁ早く学校へ向かいましょう」

さやか「そうだね、早急に向かうとしようか」

まどか「ティヒヒ」

眠たくなったから
終わり

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom