【Fate】聖杯を勝ち取れ!【安価とコンマ】 (1000)

Fateのssです。
基本的に安価、コンマで主人公である「貴方/貴女」を操り聖杯戦争を生きていきます。

1程悪く、9ならば良い結果になります。
0は特殊と扱い、あらゆる補正を受けません。

連取りはコンマは許可しますが、安価の場合は下を採用します。
また、雑談なども下にします。
※場合によっては>>1の判断で再安価や安価下となる場合があります。
  ご了承ください。



戦闘時のコンマ表

0、特殊判定・クリティカルと同じ効果
9、クリティカル・成功大の効果に合わせ三連続取得で追加+3
87、成功大・相手が失敗以下で追加+1
65、成功・特になし
43、失敗・特になし
2、失敗大・相手成功以上で追加-1
1、ファンブル・失敗大に合わせ三連続取得で追加-3


wiki:http://www2.atwiki.jp/katitore/

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1450531827



              .... -―━―- ....
            /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           / .:::/::::::/::::::::::/:::::::::::::::::::\
.           / .::::/::::::/::::::::::∧:::::::::::::\:::::::.
         / .:::〃::::〃::::::::::! '::::::::::|::::::::::::::::.
         .′.::::l:|::::::l |:::l::::::|  ':::::::::!:::::::::::::::::
          |.:|:::::::l:|l:::l:|ー|:::l::::::l ̄`':::::八|::::::!::::::!    ……これで勝てるんすかね
          |::|:::::::l八从 ルヘ:::::|  ール'__|::::!::::::!
          |::|:::::::|,ィ芹苅` ヽ! ´芹苅刈:::::|::::::|    女子力を見せ付けて
          |::|:::l:::l V.:::ツ     V.:::ツ '|::::::i〕::::!
          |::|:::l:::|  `~    、  ~´,,, |::::::|::::::|    本当にゴールドになれるんすかね……
          |::|:::l:::| し            |::::::|::::::|
          |::|:::l:込、   ⊂⊃     小::::|::::::|
          |::|:::l:::|::个::....      ..:个|::::::|::::::|    「知らないわよ」
          |::|:::l:::|::::|:::::l::::〕 ー‐  〔:::::|::|::::::|::::::|
          |::|:::l:::|::::|:::::lノ\__,人:::|::|::::::|::::::|
.       八l:::l从:::l/:{  /∧  /\j:::::从::八

.          )乂 /:/: :| /V/∧ /: : /:.`丶 )'



                             . . -‐…‐-. . _   ___

                           ,. : ´: : : : : : : : : : : :`Y´:_:_:_: :`ヽ
                       __ /: : : :/ : : : : : : : : : : : : ミ: : `ヽ: `、
                   ..x=ニ´: : :`】】≦イ乂:_:_/: :/: : ノ:、: ヽ: 、:ヽ`ヽ:\l

                 /: : : : xⅵ/l´|:ミ/ヘ.,_._._/._./l / }._}._l._lノ .、ハ l、: :ヽ.

                  . ': : : : / くノト‐{!:./: /l: : /斗{-‐/-.l:/l:!l:‐}-l:、l: l: ヘ\: :l
                /: : : :/    l: : : {:/: :l: / {x=アニミゞ! ノノノ!ノl: l: ト、: :',`ヽ!、
              〃: : :/      八: : :': : :.l/ 〃ん::ハ   イチミリ: l: : :l、: }ヾ; : ヽ
              {l: : : :{        \:Y¨ヾヘ〈{ .抓:::c!   んハ: 八:.:.| };'  ハ: : ハ
              ヽ: :小   ノリ     `l{´l`゛   ゞ- ''    ヒソ l/ヽ }:リ '    }: : : l    と、とにかく行きましょう!
                ≧: :`: :彡´r=ニニニニ乂ヘ       _´  从ノノ'    ノリr、'
                   `¨¨´厶斗≦テ´ ̄ ̄`ヽ=x_r==x_〈 丿.イ       _(ヽ'__.ヽ
                x-‐ ´/    /. /´⌒ヽ/ / /⌒>x___         fニニニニニヽ  ほら、門の鍵が開いたみたいですよ!
              /   __/  _/ / /〃、' / / / =彡 ___`ヽ__    レヘ¨¨ミメ
              イ__x≦=彡'´  / /  / 〃 / /  __ -‐   ̄`  ≧=tく      リ
             //          / /  /  /_/ /_x<            ヾ、    l
               //          / /  /  /‐=彡 ー‐---‐‐          }}   /
            //_____/ /  /  /_____{______________    〃   /     「……真面目って損ね」
              //____________/  /  /二ニ彡´   ヽ\ヽ. ̄ ̄` ー‐-´-‐ ´
           \二二二二二二\/  /二二ニーx    }〉_} }_|
          /´ \二二二二二二\/.:.:.:. ̄¨フ二ニ=、〃



.


種目選択
1、お料理
2、セクシー
3、お豆
4、早食い
5、アイドル
6、誉め殺し
7、乳
8、チャイルド
9、バットぐるぐる
10、キャットファイト
11、演技力
12、バーリトゥード

>>下3までで一番高いコンマ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

         | |、           /  / | /
         | |::.ヽ.  ^^ ー  u イ/ ./ .ノ/.i
         | |\ \ __ ..:< / ./ .〃 |

         | .i! ヽ,.ィ   ノ::::∨ / /  .i
         | {/{0} `ソ:::::::::! ム    :,
         ト V  ',. 、  {::::::ィ ;:::::::>、   i     ―――初宮・子
         | ',. ',  ',. ヽ/!´::| |::/:::::::|  i

         |V', V  i  }::',::::| |::::::::::::::!  |     小心な先生―――
         |::', ', !__ !_ソ:ノ:::::!|/::::::::;   !
         |::::', ! }::::::::/:::::i:/|!::::::::::/.   |
         ト、:::}/;;::イ:::::::::::i::::::::,::ィ" |   .!
         |:::::V::::::::::::::::::::/:::::彡::}  !   |
         |::::/:::::::::::::::::イ:::::::::::::::!  |   .!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



.



                  > 、 /ヽ
             /   У   \<
             /  ,∠ゝr‐<__、   \ヽ
.           , ′ //  /   l ヽ`ヽ  ヽ∨
           /  / / ,     !    ‘   ',∨
         ′ /     l    l    ヽ   ,
        ′ / l イ_斗l   、ハ ト、    ’  ' i!
       ′ /. T7´ヽl { ,l /`_ー--  |   | |     …………はぁ
.        { | |  l,ィぇx 、∨l /, fぅミ 、|  l   | |
          / 代;;仂 }= =( マ;;リ ' ) /  l      いきなりゴールドなんとかにさせられて

       | /| ヽト 、 _. ノ i!  ゝ .... イ /  ! イ l
       レ' |  \!          /レ  |′',!     いきなりブロンズなんたらと戦えって……
                   ´ `    , │   |   Ⅷ
        / .|   | |丶     イ   !   !       しかも、お箸……お箸って……
.       /  |   | | r| `  ´ ,ト、 ,    ハ   Ⅷ
       ′     |,..イ/ \ ,/  ∨  /  、  Ⅷ
.      /   ,ィ|  .|i:i;イ  /Yヽ   /  /≧s。  、
     /x≦i:i:i:∧ |┴`  ̄/;ム  ̄ 7  /i:ヽi:i:i:i:i:≧x Ⅷ
.     |i:i:i:iムi:i∧ .ト  /l:;:;:ハ ーl  /i:i:i:i 、i:/i:i:i:i:i:l Ⅷ
.     |i:i:i:i:i/i:i} !〈/  Υ 丶 | ∧i:i:i:,イ/i:i:i:i:i:i:i Ⅷ     「……わぁ、どいつもこいつも消極的っす」
.  /  .|i:i:i:i:/`>i:i // /   |  、`| ,i:i:`くi:iムi:i:i:i:i:i:i:i| Ⅷ
  ′  i:i:i://i:i:レi〈 r-、 /│, ‐っ ! i:i:i:i:i:\i:,i:i:i:i:i:i:i{  Ⅷ
. /     |i:i/〈i:i:i:i:i:i:i:i:i\ゝ┬'" /´| |i:i:i:i:i:/i:}i:i:i:i:i:i:i}



           /:::::::::::::::::::::::V:::::::_ _.. ゝ-、 :::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::ヽ
.          /:::::::::::::::::::::::r v'"´      |!::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::ハ
          /::/:::::::::::::::::::,'         |!::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::/::::ハ
.        /: :/:::: ′             |!,.::::::: |::::::::::::::|:::\::/::ノ::::|
         ′/ ::::l  ̄ `ヽ          |ハ :::│::::::::::::|::ゝ::)'ィ1:::::::|
        |:: :|::::::::|   、       .‐-  l!   ヽ|::::::::::::::|::::(:::ゝリ :::: |
        |:: :|::::::::|             _,.   l!\  |::::::::::::::|::::(::ゝイ:::::: |
        |:: :|::::::::| rfミ、               \ .,':::::::::|::::(::ゞり:::::::|
        |:: :|::::::::l  |i:|〉                  /:::::: /::::(::::ゞj::::::::|    もう素通りしてさっさと終わらせた方が
        |:: :V: :/  以     孑庁テx.    ./:::: : /:: :::::`Y:::::::::::|
        |::::::::V :l         {以:.i:} 〉-、 /: : / : : ::::::::| :::::::::ハ    建設的なんじゃないかしら
        |:::::::::::: ′  '        `¨¨´  | |/: /::::::: :::, ::::: |::::::l :::!::'.
        ||:::::::{             ノ |イ:::::::::::::::/: :::::::|::::::l :::!:::ハ
        |八::::::::ヽ  、          / ノ ノ:::::::::::: /.|:::::::: |::::::l :::!::::::ハ
         \:::::.l\       __ /  /:::::::::::::/、|::::::::::|::::::|::::|::::::::ハ     「それするとwikiから個別ページ削除されるんです」
.            \|  \  /     -=彡:::::/:::/.}、|::::::::::! ::::|::::|:::::::::::::\
            ヾ ::|,/`¨{        厶イ::::/ 人 :::::::::! ::::|::::|:::::::::::::::::::ヽ
              '"  ̄l    ─r<  |/ / .|::::::::::i :::::!::::!::::::::::::::::::::::::'.
              /       l      l     / /ゝ\:::ヾ:::i::::i:::::::::::::::::::::::::: ',     怖いわね
          /       / l      l   /    / \::\::i:::::::::::::::::::::::::::::i
.         /       //l        l /    ./   \  ヾ::::):::::::::::::::::::::::::::: !




.



                   __
                _> ´  ,...、 ヽ, -、
            ,.ィ ´/  /- / ー-ヘ\

           /  /  /  ,       `ヾヽ
          /    ./  / . i       ', V
           ,    .,'  ,  | | |  i  i   ', ∨
         i  | ,/i   i  _j_.ハ__|  | .| .|  } ヾ
         |  | i/.|   | |' ハ/ |/ i` | .! _!. |  iヽ     八百長は許されませんが
         |  | !__|   | | {,ィ忙ト、ハ! /!´ノ!|  i | ',
         |  | { ! i! .| |ヾ ゞソ  }=、ィォ、! | ハ .|  }     普通に負けるのは許されているのっで
         | / ! ト.i |! .| | ` ー ´  ゞ'__).|/ } ! ./
         i,' j .| .| |  |ヾ!    _   八/i ! ,        さっさと済ませましょう
        / ,:: ! .!.|  | 、    ` ´ イ ,/ | |/
        ,  /  , |.|  | >:.  __ .イi! |/ ,' !
         / /  / /ー! .|、  /  |  |  ! ! | |
      / /___//:::ヽ ',. ',`ー- 、-、 ./| | | | .! !        「……こんな先生に負けたの? 二人とも」

       / /:::::::ヽ:::\:::ヽ ',  //iiミ | | | |. |.!
     ./ ,::::::::::::::::\:::\::ヽヽ.// ゞイ:::! !、 |. |!
    ,:  ,::::::::::::::::::::::::',::::::ヽ:} }::/ i  ', ヽ:::::::}!        「そ、そんな事言っちゃだめだよ!」
   ./   i:::::::::::::::::::::::::}:::::}::,.:| |::ー{__Vヽ \:::ヽ



                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::ヽ
                      /:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::l l:::::::::::::::::::::::ハ
                  l:::::::::::::!::::/:::::::/:::::::::::::::::::|:::l |:|:|::i::::i:::::::::::::!   なぁんだ!
                  |::::::::::::|:::ハ::!L厶ィl::::::l::::`ト廴_l:|:|::|::::|::::::::::::|
                  |:::::::::斗:{´l八:l-}ト:!:::|:|::ト:从ト、j:|:|::|::::}::::::::::::|      外人の先生じゃあ私達ジャパニーズには勝てないっすよ!
                  |::::::::::::ト、xチ笊ミ、 \|ヾ rチ笊ミx|イ:::::::::::::|
                  l:::::::::::;〃 f|:::.:ハ      ん:::.:ハ }}|::::::::::::|
                   |:::::::::∧ マ辷:ソ      V辷:ツ  ハ:::::::::::::|
                    l::::::::::::ハ .:|::::::::.   '   .:::::::::| / }:::::::::::::|
                 从:::::::::::{」 :|::::::  ____ :::::::::| .'_人::::::::::l:|      「……あたし、お箸苦手」

                  l:;:::::::::::::::∧|    ヾ__ノ    |ノ:::::::::::::::::从
                  |:l::::::::::::::::::::|ト 、        <|::::::::::::::::::::::::ハ
                   |:|::::::::::::::::::::|::::::r}  ー‐   {、:::|::::::::::::::::::::::::::ハ
                    |:|::::::::::::::::::::::::/ ヾ、_  _ ノ ヽ:::::::::::::::::::::::::ト、:|
                    |:ト、:::::::::::::::/l    /ゞへ   ハ`ヽ:::::::::::::::::| }:|       わーぉ、いきなり弱音っす
                    |:| l:::ト、,.:::/::::::!   ∧:.:.:.:∧   /:::::::ト...、::、::| |:|
               _ .ヾ |:::|:::\::::::::ト、/  ヾ_/ ヽ ィ:::::::::::|::::::}:::|j::トj:l、__
                 /:::::::::::::::ヾ{:::/:::::::::::|     /: ヽ  |::::::::::l:::::八!|ノ:/::::::::\



判定
Gヒロインにコンマで勝てば次の階

先生 >>下コンマ Gヒロイン:+2
バランサー >>下2コンマ お箸:+1
病弱 >>下2コンマ二桁目 お箸:+2
魔性菩薩 >>下3コンマ
魔法少女 >>下3コンマ二桁目



        j:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::://:::/:!l::::/!:/!::::;'!::::::/: : : :!:::::::::.:.:.:.!
       ,':.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::j !V:!ヽ!:::! l:! !::;':!l::::::!: : : : !l:::::::::::::::!

         j.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::l ,.ィ.,ニj!''ヽl! l:::! !ハ::::!: :-‐'j!l::::j::::::.:.!
       j.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::〈! ら:::!   トヘ::! ! ヽ:!: :_,l!':/j::::::.:.!
       !.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::!. 弋;;ノ  . : :ヽ: : : : ィ'ニ`ヽ'/∧:::::l
      j.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::|   --     : : : : : .fr':}  }∧:::.:.:!
       /.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|             _`''′/.j:::::.:.:.j      せ、先生はえぇっす……
     /.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|          ヽ      .,::::::.:.:.!
    ../.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!                   ,::::::::.:.:!    さ、最初のはずなのに……強敵過ぎっす……
   /.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: . .     r‐‐ュ      ノ:::::::::.:.|
  ./.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!>、: : .     ̄   u., イ::::::::::::::.:!
  }/!.:.::.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:!: : :>. _      , ..<::::::::::::::::::::::ハ
   !.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::j::l、 : : : : : : >-‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ   「聖杯判定でそのコンマ出せばよかったのに」
   l.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::;;l:l::::::::/!:! >.、: : : ∧::::::::::::::::::::::::::::::::j:::::::::ハ!
 _,,. -―='''" ̄ ̄ ̄7.:リ:::::::/ j!    >-'_∧:::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::! !

'".:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j.:.:j!!::::/ /    ,イ::..::..::ヽヽ:::::::::::::::::::::/:! !:::::/ j    それ言っちゃお終いっす
.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j.:.:.:l:;イ.:.ヽ  / ヽ::..::..:lハ ∨`ヽ、:::::/./ j:::/ ./

.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ、.:.:.:.:.:.:.:.\     !::..::.Vヽ!.:.:.:.:.:.:.:>メ、/:/
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>イ´.:.\   .l.::..::..:V l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノイ.ヽ、



             > ァ ´_ ヽフ´_ \

.             , イ  ´∠.. ゝ-く ヽ ヽ
         /./  /´   /   ', `ヽ. ∨
.         / /  /            ヽ .Ⅶ
.          /  /       | | .|  、 ’ Ⅷ
        ′′ /  /イ | ! .| | .|ト |,  ! Ⅷ
.         ′!   |  斗┬r匕! | トr-、! ト.、Ⅷ    ……えー……
        , .|  |  |/ィfぅiヽ!ハ| /f;ぅ'、| | l .!
.       ′.|  |  { 弋jツノ )=レ代リ'/} ! ! |
      ,′ ∧ ヽ .{ ` ー ´  '` ー|'! / iト. l
.      ′  ∧ ト ヽl、   r マ  / l/ i! ,リ     「まさか勝者がこんな顔するとは思わなかったわ」
     ,   /  l l   l >.   ̄ イ   !  i!
      / ,... _ .| |ハ |` ー 、`,ィ´、.|  | ,′
.     //i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:} |r ―γ、┴、 ̄:i| .ト     あなたたちマジメにやってください!



.    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/」:.:./.:.:.:.:.:.:.:/ | :.ト !:.:ハ
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.λ{_i:≧ト/i:.:.:/i  }:/.:.:i ト:.:.',
.  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イ f爪:ハヾ `V {_/イ_/」:.:ヽ i
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| {:.じ;c′    笊ト、7/.:.: : 〉′     ……気を取り直してもう一回っす!
./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:! `|i¨     cじ:i //.:.:.//
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l   |i     、 `¨i「 /l:.:.イ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.ij |i   __    j| .′:.:.|
. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト.  |i ´ ′   .i|イ.:.:.:.:.|
. : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i へ|     . ィ:.´i|.:.:.:.:.:.:|
ヽハ.:.:.:.:イ.: ,<; /`ヽ |i `ァチ.:.:.:.: :. i|.:.:.:.:.:/

´ ̄ ̄ ̄| ̄ヽ   `゙>< ト、:.:.:.:.:.:.i|.:.:.: /



判定
Gヒロインにコンマで勝てば次の階

先生 >>下コンマ Gヒロイン:+2
バランサー >>下2コンマ お箸:+1
病弱 >>下2コンマ二桁目 お箸:+2
魔性菩薩 >>下3コンマ
魔法少女 >>下3コンマ二桁目




.       / ' N ニ三三三三三三三三三三ハ
      //1/ ! 三,' ニ三三三三三三三三三〉、

      ,'/ .!' ,' 三:'ヽ. 三三三三三三三:>'´ニ}、
       l i! ' i 三:|、ミヽ. 三三三三:>'´彡´>'´:ヘ
       ! l| ニ三 | |ニ\ミヽ、 ニ三/>'¨´ 三三三ハ
      V! ニ三| ト、三三`ヾ、/'´ ニ三三三三三ハ
        Ⅶ i 三:! ! マ三三三ヾノ ニ三三三三三三ハ
        ゙! .! ニ三! ∨ニ三三{ソ、 ニ三三三三三三:}     ……まったく、病人を走らせないで……
         ! i ニ三:!  ∨ニ三三{ソ、 ニ三三三三三三',
        マ! ニ i :!  ∨ニ三三マ、 ニ三三三三三三
        マ ニ ! l u.  ∨ニ三三、ヽ ニ三三三三三三
        ',マニトハ u. ∨ニ三三、 ヽ ニ三三三三三      「な、ナイスっす!」

         ゙ マハ',∧   ∨ニ三三、 \ ニ三三三三
            ヾ',ヾ、`T  ̄!、ニ三三、.  ヽ ニ三三三
           `  ヾヽ. l \ ニ三\  \ ニ三 /
                  /,..-へ ニ三 ヽ   \/



            _ .. -, 、
      > 7´/ / ,-、ヾフ ‐ 、
     /  /  ,  ´‐ '`< ヽ ',ヽ
    l  ./  /   ,     `ヽ ', !    「……先生なんであんなに疲れているんだろ」
     | /    ,  l   、   '  |
     | /  ...../_l_|   , l   ’│     「え、えーっと……」
     |/  /V__l/ l |  、/} /| |  ′
.    l,′ (´  `ヽV |/`レヽ、| /
   /l   トヽ   ノー{´  ̄`ヽl /
.   , .! |  ト、  ̄  , 丶 __/ノイ      ……それじゃあ、早く次行ってください
  / レ|  }´l` 、r_っ___.ノ! ´ !
. / l  ヽ |i:i|lゝf:'Y、_/i\ .|  イ      もうほっといてください……前回の聖杯チャンネルからもう疲れているんです
   |   ト'i:iK、 Y 」i:/i:i:/ ´ .|
 l  .l  ./|i:i:i|i:i:Ti:i:i:/i:i:/.|   |
  、 ヽ/、:|i:i:i|i:i:ヽi:/i:i:/ │ / .|
  \ (i:i:i|=|: ̄_7、i/l ノ /  ,        「ここにいる全員参加して無い企画の事いわれても……」
    ∧i:i(___,)i:i(__ノi:iトf‐、イヽイ
    ∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|l:;:;{:;:;:;|

.      |777T T777! ̄l`ー′          「早く行きましょ、さっさと終わらせるわよ」
.      |///.| |///|  j `ヽ
.      |/// ) f///.jー´イ´
       ` ¨ ´ ` ¨´




初宮・子     完




        ,へ、|| ̄|| /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:..::.:\
       << \|  ,'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:._::.:.:.:\:.:.、ヽ
    ,. ――-`==V/:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ト- ヘ、:.:.:\:ヽ、

   /:.:,. -― ―ァこ}:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,、:.: -ーヘ' \,.ヘ:.:.\:.:.:.:ヽ:.:\
.  /:.:/     /,〃ヾ ,' ´ヽ-― T r:ト、、:ヽ:.::V:.:`ヘ:.ヽ:.:.:.', :.:.:.|ヽ.:.:l
 /:./      ///|:.:.:.:/r'7-― T:.|:.:.:.:|:.! ';:.!:.:|、:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.',:.:.:iヽ:.l !:.:.|

 |/      // ,'∧:.:.:|:.:.:.:.:.:.:!.:.:!:.|.:.:.//  |トムL」_:.:.}イ:.:.:.:.l:.:.:| |/ ,':.:.,'
 |:.i     // .i|',:.:.|:.:.|:.:.:./ /斗‐'Z   リr==、|!://|:.:.:.:ハ:.:'  /:.:./
 |:.:'、   //   | | ヽj:.:.:|.:.:.i'´ ,.r==         K:/:,'!:.:./ レ′/:.:./    なんやかんやありましたけど
 ヽ:.:\  L!  .| |   {ヽ、:.| ′     、    | Y/:./   ク/
  \:.:.\_ ,.┐L!   \|:.:.',        _ ,...   ノ:.:.:| '´    /     無事成功しましたね!
.    \:.:< ||     _!:.:.:ト、    ヽ..ノ  /、!:.:/
     r rr‐ィ' i , ァ   rii \:ヽ_`ト 、 .._,. '′ノ!:人
     UUノ  y'/    ,'| |   `ー |::::::::::::::/   〃  >、      「……色んな物を背負ってるんすね……Gヒロインも……」
     i  , ''" ,′  .∧l |     |::::::::::/     ,. '´,.-┤
     ト、  ,.イヽ、  | `| |     ト-v′   / ./  |
     l. \/::┌~ 、_ | |_,. -==! ム、_   / / ,. -‐┤



            / =ニ二ヽ
           ll       ))
           ヽ > ´  ̄ <、

            /    /      \
          /   / /     l  ヽヽ
          /  / /      l lヽ ヽヘ
         l l l l  ll    / /l ヽ  i
         l  l l   l  ll  ///--l  l /  l     ……眠い
         l  l l  l  \ l l/≠λ/   lヘ
         l  l l   l   l ll 弋斗ノ / l 丶
         〈  l ヘ l  l∨,   ノl  /l /     「さっそく一人へこたれ始めたっす」
         l  l lヘヽヽl   _    /  / /ヽ
         /l  lj \l \     / /   /\
         /l    l/ll|ll|l||ll|lll| /   l  ヽ   「私も眠い」
       、<j    l l ` ̄ ̄´ /   l < 



                         ____
                  __ _ ,...::::::::::::::::::::::::::::::::..、
                ..::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

             /::::::::::/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::\
      、-‐      /:::::::::::::/:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::ヽ::::,       ‐-、
   .r!、,___..  /:::::::::::::::ハ!::::::/:::::::::::/::::::::::::|:::::::::/ ヽ::::|:::ヽ::::::::l::::.、    ___,ノ-

    !、,___.  /::/::::::ハ:::|_|::::::|:::::::|::::|::::!::::::/!::::::::{   }:::l.!::::|:::::::ハ:::::ト、    ___,ノ
.           /|:::|::::::::|_,メ! |::::::|:::::::|::A斗:::::ト、:::::::|-‐ ´|/ l::/!::::/:::':::::, \
         | |:::|::::::::「 x=ミ、::|:::::::|/x≠ミ::| \::|  ,x芹刈/::/::::::::::::|  \
           ヾ\::::ト {:! 刈:::::::!〈 ,f:::心`   ヾ〃 {::::心 !:/}::::::::::::::!    ヽ
                ヽ:|  |j ノ |::::小、弋;;;ツ     弋;;:ン .|j/:ヽ::::::::::\
             ノ      |::'::ゝ; ヽ , , ,  ,   , , ,  |:::::::::\::::ト::::ヽ
             ヽ  ' ' ' uヽ:::;::::、 \  ___,、   ,.イ::::::::::::::Ⅵ:.、\!     ええい! どいつもこいつも!
             ゝ_ -- 、   V:::::込、u {      ヽ,イ:::|::::::::|::::::|::|ヾ!
               \ __ノ u ';:::{:::::|::`::ト __,..<-.|::::|::::|:::!::::::!::|     マトモなのは私だけっすか!?
               `ーr:::::´:川:::::ト、:::|   /ヽ.:.:.:.:ト、:!::::!::|::::::|:::!
                  |ヽ!ヽ| `ヽヽル' /.:.:.:.:.:_/.:.:.:\|从:/川        ……って、何か見えてきたっす



.


種目選択
1、お料理
2、セクシー
3、早食い
4、アイドル
5、誉め殺し
6、乳
7、チャイルド
8、バットぐるぐる
9、キャットファイト
10、演技力
11、バーリトゥード

>>下3までで一番高いコンマ




―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

         / } ヽ   \ , , ,         /イ  /  ハ  \
              /    \ ト-`    -  ´  .ィ .j/   /  ヽ
           /       \  ≧z。.. __ ..イ / /ム     \
        /  i   i   i xメ乂爻爻爻爻{  {从メ        \
       /   ハ  ',  |-マメメ爻Y⌒Y爻ヘ |爻メー -- ..  ヽ \
      /   /  ヽ  ヽ |://メ= / ハ  \ \{ \: : : : : ≧、 \. \   ―――第二宮・丑の宮
    /   / ,.r≦z\._乂  X  i !   ヽ__,.. イ__: : : : : : ∧ ',  、
   /      /: :.>''"´: : : :/  \ { }  イ \: : : :` <: /: : ', ',  ',    怪力魔乳―――
  ./   /   j/:/: : : : /  /  .i\|/  ',z イ: : : : : :\''<: :! }   i
      /  ./:/ィ: ; : : : :ー―/   |:.||: |   } : : : : : : : : ,: :ヽ :ヽ}    }
        ./: :.': : : ノ : : : : : : : :ヾミz |:.!!: |彡イ: : : : : : : : :乂 : :i : :V    |
     i  .{: : {{: : : : : : : : : : : : : ー==}}ニ=一: : : : : : : : : : : : :}} : :}     ',
     {   ',: :.', : : : : : : : : : : : : : : : : : {{ : : : : : : : : : : : : : : : : : , : :八 .ト . ヽ
        八: : . : : : : : : : : : : : : : : : : ハ : : : : : : : : : : : : : : : :/: :/   .i    \
         ヽ: :ヽ : : : : : : : : : ::,,ィ :´: : :`: 、: : : : : : : : : : :./: :イ    {
          ≧=ー ---- =≦: : : :0:||: : : : ≧= --: : :--=≦: :|    ',
           |: : : ',: : :ヽ : : : : : : : :.||: : : : : : : : : 〃: : /: : : : :|     ヽ
           |: : : :.',: : : ', : : : : : :0:.|| : : : : : : : : :{ : : /: : : : : :!      \

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――




                           ,. -――― -- 、
                         {: : : : : : : : : : : : : : ヽ
                        > ´ ̄ ̄ `'' <: : :\

                       ´          ヽ: : : :',

                     /  /       ヽ   ',: : : }
                       /   iト.    i  ',   ',   V: ノ
                     ′ i !. ',. i  |、-―-、.i   ∨. \
                        i | .斗{ ´ヽト.  { \{ヽ |  i  ∨  \
                    j {  N.ィf=ミ \! ィf弍ミ、!  }    、/ ̄
                   ハ  ヘ《 泛ソ     泛ツ》 ./ }    \        Bヒロインの皆さーん!
                   .′jハ ∧ , ,  '  __ -=彡イ ハ  ',  \
                  /   ヽ{∧  V_ _ノ  、_ノ_, ハ }.  }.   \      こーんにーちはー!
                      / i      ≧:.  __ .イ{メ/ /_ノ ノ      、
               /  ハ 乂_ メ爻メ--xチ爻/ /____ ̄   \ 乂_`  ̄ - .、
     _ ィ {ヽ     /  /  ゝ=-: .二 ア/メ{メメメ./ /:///_/`ヽ   \    `ヽ   ',
     .{::{::',',:::ir:.   彡 /   /:_i:_: く //  | /<{ {:ム./: : : : : ',    ヽ   \ ',   }     「こーんにーちはー!」
    (ヽj::i:::リ::::!:::i´     >.:"´: / `イ/L _!  イ ヽ乂:|: : : : : : i  i    ',   ', ヽ}
    ',::::::::::::ノ:::ノ   /  /:/: : : :ヾ } イ__{__ z ≦:/: : :ヽ: :ー: : : : : : :{. }ヽ  } }  ', ',  /     「こ、こんにちはー……」
    r}::::::::r'乙イ! {  .′:' : : : : : : : : :メ: : : : : : : /: : : : : :',|/|: : : : : : :ヽ/ }  / ./ /} }/
    し'乙_ソ/{    i: : { : : : : : : : :〃: : : : : : : ': : : : : : : i/,|: : : : : : : :.{ .ノ./// , /
    マー 彡: : :乂   { : :', : : : : : : : {{ : : : : : : : {: : : : : : : :}/:!: : : : : : : :',///、_彡イ     元気のいい声ね!
     ヽ: : : : : : : : \ 八: : :. : : : : :-=キ= -: : : : : !: : : : : : :八.|: : : : : : : : :V  (__.ィ
      \: : : : : : : :\/ヽ: ヽ :: : : :ノ:}}ヽ: : : : : : : : : : :.イ{ |/! ',.: : : : : : : :∨ __ノ

        i\: : : : : : : ',: : ≧=-=≦: {{: : :≧=--}-=≦: : :| |/|ハ: : : : : : : : ∨     ※11代目『R-18貴女』



          /: : : : : : :.//l: : : : : : : :/‐ヽ、__: :∨: : : : : ∧
.       ハ: : : : ://: : |: : : : : : : !|     ヽゝ: : : : : ∧
        |`´ゝ: //: i: : :|: : : : | : : !l         ∨: : : : :∧
        |: `杙: < : : : l: : :|: : : : |: :ハl       ヘ: : : : : :;∧    おっと、お子様は直視しちゃだめよ
        |: : 化::} : : : :.l: : :|: : : : |ノ--i!--- 、    .i: ヘ: :|.i∧
        |: : 辷::).: : : :.|: : :|: : : : |  , z=叱゛   ノ._‐l: :ト`_:!./|`,    ただでさえセロが上がるんだから
        |: : ik::::).: : : :.|: : :|: : : : | ` 弋少   iハテハ:.:!: :∨ .l::|
        !: : : Y : : : : :.|: : :|; ; : : |           ∨ヨ: : |: : | .|::|
        /i: l: :.|: : : : :l :l: : :| i∨:∧        冫i.: :.|: : |  `´
     ハ: l: l: :.|: : : : :l :l: :il.l ゝ∨:∧       _   人: |: : !       「ひっどーい」
      ハ:.:.:l: l: :.|: : : : :l :l: :il.l ヘ ∨:r:ヘ    ´‐´ /Ⅳ: :Nノ
.   /: : : :l: l: :.|: : : ∨ |: : |l  ヘ∨: ゝ-r---  ': l :.| |: :.! ´
.  /: : : : : :.l: l: :.|: : :∨: :l:__.|l  ヘ ル  |: : : : : : :ヘ:ヘ.l: ソ
 /: : : : : : :.l: l: :.!: : ノ: :ソ-、ノl.   ヘ.   l`\: : : : :ヘ: ∨       「わ、私も見ないっす!」
./: : : : : : : :.i: :ソ:/:/  /<    `、  |\ヘ\: : : :ヘ:.ヘ
!: : : : : : : : ://:/‐-=x  .\    \  l   \: : :!ヘヘ




.



.      _|      , ´:./\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ヽー 、
       \     /:.:.:/:.:/:.\:..:.:.:/.:.:.:.:.ヽ.:.:.:ヽ
.        <    /:.:.:/:.:/.:.:.//ヽ_/ヽl::.::'、:.:.l:.:::.:.:.',
.       /     ,':.:.:.:l:.:.,:.:.:/  ̄   ̄ ト:..::|'、:.|:.:.:|:.l:',
          ,:.:.:.:.:l:.::|:.::.|       ',ト;:.::| ',|:.',.l:.|:.',     …………ッ!
          i:.l:.:.:.l.:.:ト;:_|__'_,  ー|:.L‐tl;:.l:.:.:.|:|:.:.',

          |:|:.:.:.:l:.::l´,rzネ´    'l㌍;jヽl:|:.:.:!:|l_',、_     わ、私も見れなーい
          |:|、: .:.',:.:',f ヒf'j      ヒfリ '||:.:,'´    | `ヽ、__
       _,、.r'l!ヽ:.:.:ヽ:.' ゞ‐      ´ ノ;:ィ     | /´ /, ‐ `'

  /' ' "゙´   ` '、|'、:.:\ヽxxx.  ' _ xxxノィ       .|´ イ/
  〈 l         `|:.`:.ス`'   f´ ソ   人        |   /         「そう言うのはいらないっす」
  | ',     ヽ,   '    > 、 `゙ ´ ,、イ          !  /
  |  \ヽ    \         `.=介_         /  ィ`____
  |   ヾ`〉ー──ヽ        /|oム.     / /'|´:::|
  |     |     |:.:.ヽ    ト,   / } | \          ,':::::::!
  |     |    |:.:.:.:.|     ヽ/  -!c|         _ハ.─{
  |     |    |:.:.:.::',        ゝム、     _ ,.ノノ   |
  |     |    |:.:.:.:.:l丶___二ニr'゙´   `ー─‐一' ゙.     |



                             -―ー - ..
                               /: : : : : : : : : : :≧、
                          /: : : - ― --< : : :\

                             > ´        \: : :\
                       /             \: : :',
                          /  ′   {  、   ',     マ: :.}      ……それで、キャットファイトって何かしら
                          ,   i     ',  \ .i  ',  ∨ \
                        j  i  ト    ',ヽー-- |   i   ∨  \
                     ′ .| 斗ヾ´ヘ.  ', ィz=ミ、|   |   マ {⌒
                     ,   | .jィz=ミ\ ', f沁 》   |ヽ  ',      「女の子同士で可愛くど付き合う弱肉強食のサバイバルっす」
                       , /  | 《 泛}  `  マソ !  .! \ 乂
                        / ハ  トN  マソ         / /  ,   .\ ヽ
                   /イ  i', | ヘ         /イ  / !  }  \\    あら、怖いわ
                       ノ  |ハ .{ ∧   、 _  ノ /j  /  ,  ハ  } } ヽ
                   /  j }/| i }≧ ..   __ ..イソ/  / /   ハ リ }
                  〃{  {  j从j/}////,Y/////メ_ //_  }/ } //
                   / { 乂  ',-―===≧= }____{=≦ i-./: : : :V./  ., ∧
               ./ .乂 __>\:i: : //  〃  /_{: : :/: : : /  ./   ∧
                 /   /  i:` ̄ :|: く   イ i  |/ \: :/: : < __ イ    ∧
            /   イ    |: : : : j:/\// .|_ |  ./ /: : : : : :/  !   \.∧


.



                           ... -――- ...
                        ...:::´:::::::::::::::::::::::::::::`::.

                       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                          ,::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.    っま、こっちには四人もいるんす!
                         ,:::::::::::::::/::::/::/:::/:::/::::::::::|::::l::::::::.
                          /:::::::::::::/::::::|:::l:::/:::/:::/::l::::|::::l::::l|::|
                       /:::::::|:::::::|::::::::|:::|::|::/}::/::/}:/|::::l::::l|::|     フクロにしてやっるっすよ!
                    /::::::::::|:::::::|::::::::拆苅`j/l/ 芹イ::/:::八{
                      |::l:::::::::|:::::::|::::::::| Vツ   〈リ:::j/:::/_/^ 、
                      |::l:::::::::|:::::l:|::::::::|    __ ' 人:::|l/《    ',
                       八ハ:::八::从:::::亥__/__/.イ:::::}:::リ ┴..、  }     「顔はやめなさい、ボディーよ」
                  /: :.j/: : ) : : \:::∨::/::/:|::::/://: : : : :Χ

                  / l: : : : : : : : : : : : \{:/}/}/}:/}/ 厂\: : o:.}
                    /: : : : : : : :.|: : : : : : : :_>┐ノ'__/: : : : :ヽ/
                    /: :/ : : : : : : |: : : :-‐: : : : : :. ̄:\: : : : : :./     ブローを炸裂させるっす! しゅっしゅ!
             /: : :./: : : : : : : :.\: : : : : : : : : : : : : :.\: : :./

            /: : : : /: : : : : : : : : : : `ー=ニ: : : : : : : : : : : :./
              ノ{ : : : : :/: : : : : : : : : : : : :_:彡'´ ̄  ‐----‐



                    _
                    /:./ ̄ヽ
             ____/:.:∠__

          ,. '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.<`ヽ
    ,. .----<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,. ---=ミ、

   /:.:>‐ァ.只く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.只-―- 、\
  /:./  く__/:::ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:L|__〉:.:ヽヽNヽ\
. /:./     「:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}_:.:.|:.|} }  :i:.:.!    (……なんだか嫌な予感……
|:.|      八:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .}:.|:.|j/   |:.:|
|:.|      {_ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/イ:/j/   !:.:|     モルガナイト呼んでおこう)
八八      |:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.イ:./j/    /:./
  \\     ヽ:.:.{\:.:.:.:.:.:.:.:./ j/      //
   \_>    >< ̄ ̄_><    <_/
        ,. < `ー-      `  、
      ∠ _\             / /ヽ
      |   .V∧       i :/ /  |
      |     V∧ヽ     :| / /   :|
      |     V∧__〉   j/ /     |



判定
Gヒロインにコンマで勝てば次の階

R-18 >>下コンマ Gヒロイン:+2 パーフェクトボディ:+1
バランサー >>下2コンマ
病弱 >>下2コンマ二桁目 病弱:-3
魔性菩薩 >>下3コンマ 混血:+1
魔法少女 >>下3コンマ二桁目 魔法少女:+3




               . . .--:::::::::::::::::::--...

                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
          /::/:::::/::::::::::::|:::::::::::::::|::/´㍉::::::::::::::::::::.

           /::/:::::/::::!:::::::::|:::::::::::::::|:i   i::::::::::::::::::::::.
           .:::::i:::::::|:::|:|i::::::l:|i::::::::::::::|:|   |::::!:::::::i:::::::::!
            |:::::l:::::::|:::i八ト、i八:::::::::八{_/八::!:::::::i:::::::::!
            l:::八:::::|八 ィ芹≧\/  ィ≦芹ミ:::::::!::::::::|
            |::::::::Ⅵ从〈{ ヒツ     ヒツi }》:::::/:::::::::|
            |::::rく∨:ハ       '      | 厶イ:/〉:::
            |::::ト、ヽヽ::∧   /ニニ,ニニv   !∧/ / }:::
            |::∧ \\}込., {: : : :i: : : :i ,.イ:/  / /::::'    かかったなアホが!っす
            i/:::∧   ∨介ト` ==´ィ介∨   /::::/
        八::/ ∧   ∨ハニ≧≦ニハ∨   厶ィ        サンダークロススプリットアターック!
         /ニ二∧  //二>{_}<ニ{ {   /ニニ∧
          /ニニニ二>//ニニニニニ>ニ|_i>くニニ二∧
       rく二二二ニニ{_{二二二二二二二二>ニニ∧__

       /二二二二二二<二二二二二二二二二>ミ}
        /二二二二二二二二<二二二二二二二二二∧
     /二二二二二二二二>介介<二二二二二二二∧

      ∨二二二二>'"二ニニニ{{∨}}二二<二二二二二ブ
        `ー一'" ∨二二ニニニ{{二}}二二ニニ∨ ̄`ー一'"
             ∨二二二二∨/二二ニニ∨



        .| . ,  ∧    マxv、≧=≦ __彡イ  ./j/      .r..、_
        .| i {  __\  ∨///{__ソ__r< .|  /: :}ヽ    .ノ:r:::::ヽ_
      __ト、__/: 、 }_\ 乂. 丁 ト、  ̄ |/_: :.|: :',    .i:::ハj:,:-:ヘ
     .i::::::}::::\: \: : :}`  ̄ | | .i\   } }}.:!: 人、 __ }:::ノ::ゝ-:::!
     j二::}::::::::}: : : :',: :廴 _ { |  ∨\ノヽ__ー. .< }__乂:::::::::イ
     {::--ヘ::::イハーァ}/: ,: : : : }}-   V  ∨! \: -: :、''<⌒マ__}         やーん
      `ヽ:::::ノr-{: :|: /: : : :.〃 ー―乂.  |  ./: : : : :\: \: :丿
      ムィ⌒: : : : j/: : : : : /`''<    \ .| /: : : : : : : :',: : :マ
      く : : : : : : : ,: : : : : : .′: : : :`゙''ー- zヽj_/: : : : : : : : :}: : : iヽ
       Y : : : : :.i : : : : : :i : : : : : : : : : : : : :ヾ : : : : : : : : ,: : : :.}

         | : : : : : |: : : : : :.{ : : : : : : : : : : : : o.キ= : : : : :/: : : :八
         |: : : : :.八: : : : : :', : : : : : : : : : : : : : :}: : : : : :/: : .イ  .\
         |: : : :/ : : ヽ: : : : :ヽ : : : : : : : : : : : :ノ、: : :∠: :ィ: : :!     \    「腹立つからそのガードやめろっす!
        ! : : : : : : : : ≧z: :_\ : : _z≦: o:{{: : : : :{: :.:Y: : :∧     \
        ヽ: : : : : : :/: ハ: : : : : : }: : : : : : : :.||: : : : :|: : :|: :ノ  ',      ヽ    揉んで捥ぐっすよ!?」
         \ : : : :/ ∧: : : : : i : : : : : : : :||: : : : :|: : :|    ',   ヽ
         /      /  }: : : : :}: : : : : : :o ||: : : : :!: : :!        ',    \




                          ____

                      .>. :´: : : : : : : : : : : :`: .<
                       {: : :>-―― -<: : : : : : : :` <
                      , `´    、      ` <: : : : : : :ヽ
                     /               \: : : : : : ',
                     / /     ヽ       ',     \.: : : : :',
                 ,    /        ',       ',    ',   、: : : : :,
                   /   ′ i      ',_i_   i!    i   マ: : : :}
               /  /  i. | {:     i ト、  ` .!   i!   V^i: :八    頑張ったわねあなたたち!
                    ,  ′ i! ,斗 ',.    | | \  |   :|   レ /
               ,   |   |' / \ \   N , --\ }   ! | 、    V _>、       ようし! じゃあ通してあげるわ!
                i  |   |/ ´ ̄\{ \{ ィf==ミ、`| |  ,: | } i   ∨  >
                |   |   |ハ ,ィf=x      , , ,  И / |ノ | ハ.  ∨    ≧
              ,  .八  { ハ , , , '        / /!  !   |  \ ∨\{
              / / .ヘ  i!从           し  / / ,  ,  |   ハヽ∨
             ,  .'  .∧ ∨ゝ u   v._)  -=彡ィ /  /   !    | V\      「服脱ぐ必要はあるっすか?」
             i /  ./  \ { / >。    イ <__ ノ   八   }  }.  \
      (⌒      | {  / .イ \ /   ≧-≦   ィ/  /   /、    / / ヽ  \
       (´  ー ´ ハ ! / /  .>{ {___ ./ v'__ ィ´ /  / / __>彡<   \  、
       乂__ノ  ,  ヾミ=-  /  .ゝ \ / /o} ハ  .′/{ /        Y  ヽ \ \     「二人とも、見ちゃ駄目
          /    { / ./  /./ \{/イo/  ヘ  { | .| {. /      |   ハ .V ハ
         / /   八{ / /  /    //   /ヽ∧{.八 !/  ,, -―   }     i  }   }    子供は夢だけ見てなさい」
        / /   /   j _/ / 、__}//    ./,     \ ´      ム  !   } .|.  ,
        {/   .ィ   > ´/ ̄>o ィ--=ニ./  ) 乂 ∨         ハ /.  / / /
       ./   //> ´,, "  /. イ ノ(   /  ー- ミ、  ′  ノ(   / ./ / //     「……胸?」
      /  / /: :く    //   ´ ̄__ //__     .`ヽ! / /⌒ヽ  ハ  .〃  /
 ,へ   / , /(_/: : : : ::ヽ /o/-―. . : : : : : : : : : : :.ー- _ ,}/       ヽ}   |{.ハ       「張り倒すわよチャイルド」
/::ィく、  i // /: :ノ (_: : : ∨ /!/: : : : : : :八: : : : : : : : `ヽ  } /    _,.へ   {乂!_/{
::::/:.へ、j从__′: :Y : : : : ://i.V: : : : : : : : '⌒ヽ: : : : : : : : : ', .}/     /、::ヽ::V、乂_彡'
、::::::::く\}-=={: : : : : : : :.ヽ{ {|}: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}ィ!    /ヽ::ヽ::::::; ヽ  }

 \:::::\\`ヾ: : : : :-― ヘ ', ! !: :ー--: : : : : : ⌒ヽ (: : : : : イ|   ィへ:::::::::::::::ト、 } /

  /\::::)、  \: : : : : : : :.ヾ V : : : : : : : : : : : : ノ: : : : : ,: :,.イ!ィ´   /{}::::::::::::::} }/イ
  し-<  >、  >。 : : : ーハ マ--=ニ: : : : : : : : : : ,.. <´    _ ..イ{ ):::::::::::ハ{
  `ー―<: : : :>。. >。. -=} }=- 、: : : : : : : .. <      イ: :/: :八/乂::::::/ 八
     /{  ` <: : : : :>=-、_ミヾ V__ ≧=-<__ -=彡イ:ハ: : : :/: :∧  Y  ノ
     ゞミ==彡 / /  }}ミ、: : :O} }: : : : : : : : {{: : : : : : : : : : : :ハ: : : : : : : :ー―ァ'
          .{ {  《: : : : : ://-=ニ: : : : :||: : : : : : : : : : / ヽ: : : : : : : : イ




                   _____
                ,...:::::::::::::::::::::::::::::::::..

                ノL::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /::⌒:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ

             /:::::::::::::::::::::/:::、::/::::::::::|::::::::::|::::::::::::
           ′:::::::::::::::::/:::::::::ト、:::|::/!::::::::ハ/::::;::|

             |:::::::::::::|:::::::|:::::|::/|:::メ|/ l::::::/} イ|::::::}:|
             |:::::::::::::|:::::::|:::::|/ィf心 j:/ ィf刈:::/::|
             |:::::::::::::|:::::::|:::::|爪|!::r} '´   {:rj !/::::|
             |::::::::::{_|:::::::|:::::|  |!¨    、 ,,´,::::::::|    行くっすよ皆!
             |:::::::::|:::!:::::::!:::::!  |!''       ,:|::::::::|
              |:::::::::|:::|:::::::|:::::|  |!  / ̄j .:':::|::::::::|    ここにはもう用は無いっす!
              |:::::::::|:::|:::::::|:::::| -|   _ ,.イ::::::::|::::::::|
              |:::::::::|:::|:::::::|:::::|__   |:::::::/:::::::/::/l:;′
           八:::::从ト、::::|::从 ヽf7}};≠=ミ;/::/ .|'            「あら、いけず」
             /ヽ : : : ヽ|': : ヽ {;;;;}.|: : : : : :`ヽ
          /: : : : \: : : :《: : :.VY;;Y}: : 》: : : : : :\

          , : : : : : : : ; : : : :ヽ: :} |;;;;|j: :./: : : : : : : : .    服着ろっす!




                   、_
           -―‐-、\ヽ、
           ̄.>ー-、 ヽ} r‐-v-―- 、
          /.:               :.\ ,、ィ´ ̄.\
           '//.: /.:           、彡Yヽ ̄`ヽ:.\
        / イ.: /.: /.:           :.∨,ハ__ >   \:.\
      // /.: /.: 〃/.: //.: /l|   :ヽ. :.V }'       \:.ヽ
      ./ ./  ! .:ハ:. /.:/.: ./メ、/人|匕人::.|ハ.:,'           Y :.ヘ
     /ハl   ∨ l,| !:::./ ○     ○ ヽイ//         |ハ }
             リハヘ:;'.""       """Y'「)             ノ
                 〈:.ト 、  r―‐、   イノ´
                .从 >、 ̄ ̄_ イ |'
                 _rト三 トハ、

                ,r<´  V ^ V  `ヽ、       ……おっきい
               ∧     ∨∨     `>、
                ∧ ヘ    ∨     ./ , ヘ
             ./ V:∧_ /7ⅳ\ / Y   ',       「さっそく汚染されてるっす!」



              ,..、__

          ,..-:.:.:/、:.:.:.\ヽ`:.、
        r:.ー:.、:.:.:ハ:ヽヽ:.ミヽ!::';.:丶
       l:/:.r:.、:>;'-'ヽ:',、ヽ`:.ヽ:';.:.:.',

       l/:l:.!`゙    ';',ヽ:.';.:.:.ヽ:.:.l:l

.        l':.イ:! _    -';!-';.:';.:.l.:i:.:.l:.l
       ,':/:l;l´       ,⊥_ !l:.:l::.l:.:l:.l:!
      l:イ:.l:l' ┰    ┰ '!l:リ:.;'!:.:l:.:!
      ll';l:.:l:ヽ   ,       ,'l:Y/ト:.:l:.:l
      l:.:l:.l、:.ヽ   、_ァ  /:,':./:ハ:.:l:.:.l
.       ';.l:.l:ハ:.:`:ヽ.、_ /'/;イ:/_⊥ヾ_l      ……私達、本当にGヒロインになれるのかしら
       ';∧:.l:〉/`T´ ! ノ /'l    ,rヽ
       /-ー7 ヽ_ ヽ,f´,>'、 !   /  l
      /   / '´ ノ`´ ,:':/ ` '  ,'   l
      ト /    /  .,:':/     l     ト,      「皆口に出さ無かったのに……ついに言っちゃったっす」
      ,イ/   /  .,:':./      l i    l、
.     ,.':/l,'     !  /:./       〉!    ',




                       -‐   ̄ 丶
                     /   / ̄}ノ
                      {  /
                __', { __

             - ‐            ` 、
           //   /         ヽ     .\
          //   /   /   ',  .',       .\
        /-/  _.ィ   ./ /   !   !       ヽ
      /./ ./  / /  /. /! ./  }   }         !
      } / ./  /丶 . /-―- { ′ }   ,         }
     !{ .{  / ! /_/  !ヽ  .!  .; ./        .}
       '! {  /ム {./  ィ=ヽ ! {   !  ; /          }    でもねー、多分あたしアレくらいになると思うよー
       7 !.爿       芸、!     / /        i
        ./ ./ iツ     乍沁 ! / ./ /_ .',       !
      / ′_      {夾シ !/! ./  //}  ',   .{   !
      /  !       ` ´ / /  / !ノ  ',   !   !     「自信過剰なチャイルドっすね……どうしてっすか?」
      /イ! ',          / /  /  !   .\ !   !
       !. ', ` ー       /イ!  /  .{       `{   .}
       ! . ',          ′/   /       ヽ   !
       !  ゝ――― 、   ! ./   / !       ',   !
      .}    } ヽ   }+++. /  ∠_',       ', {    ママもあれくらいだから
      }   .} }   \_ }  }/  /    \       { !
        }   / {    _丿  /  ./       丶      {!
       .}  / {   /    / /!        ∨    {     「遺伝に頼るこのチャイルド! はった押したいっす!」
     / ./ . /  /    / ./ ∧           ∨    ',



                      ,. ‐,ニ=-
        ,. - ' ´ .  ̄ ̄ ``ヽ. / /.‐¬=- 、
     '´                    ' ´ ̄``ヽ、
    ./                   ‐ 、 、 ヽ
¨´: :`ゝ川 ..! |     / / /   、 ヽ.  \ヽ}    あ、つ、次の見えてきましたよ!
, -‐‐ラW:  l ! j / / / 〃 //1 l  ヽ  \.  i
  l      .j レ'/ / ̄/_Z_フ〃 ト!j1 l l l  ヽ ヽ }
  l    .l / /,ィ´,ィぅ、ヽ ′/lムトj l l l   いV
  ヘ    Vイ ヽ{ トッ::リ    ,fi }〃/ l   l l_     「……進め度私達の何かかが壊れそうね、ここ」
   ヘ. ヽ l  |   `ー'′    トリ1 }} l  jリ ,
  .   ヽ ヽl  l       __  ' ゙' j 〃/l /LV
  .     \l  l    i´  ノ  ,.イイ/イ /イリ       「Bヒロインにはここは危険っすからね……5分で肺が腐るっす」
 _,.--- 、__ヘ. ト、_  `ー‐' _,. '´/ /

Y . ヽヽ  `マ ヽヽ._7ー‐ '  / /
    l l   ',  ヽ ^1 ` ーrく /         「こんなにこの森は美しいのに……」
    l l   ヽ===l    ll Y
     l l    ヽ-- l    lj  l
  ヽ }.l l___,...._! リ    〃//j


種目選択
1、お料理
2、セクシー
3、早食い
4、アイドル
5、誉め殺し
6、乳
7、チャイルド
8、バットぐるぐる
9、演技力
10、バーリトゥード

>>下3までで一番高いコンマ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                         ,         ,
                         ,〉       〈,
                      x v〉  ̄ ̄ ,〈vx
                    //// v〉    〈v'//\
                 ///≫‐ v〉冂,〈v‐≪ /∧
                   ///     v〉_〈v    ゚,::. .. .
               i/{{       ⅥⅣ___   ̄ =-- __
               |/|i       __」n: __ __  .: :=- ̄
               |/||       |ui  ̄    :::/i ̄
                   V∧     [I]    .:;//        ―――第三宮・寅
                V∧      |!i|    ///
                   V/》≧x,_|!i|_ x≦《∨          疾走する魂―――
                   X((\\ /\ //\
                /(  \__辷ェェェェ彡/∧::Viト.,__ __
                r< \:\___i|////////}:::}/|:::|∧∨///\
          , <7/ ̄\\ \::::::::::::::::::\////////::/'/∧∨///∧
.       ////////// \\  X ̄ ̄\::: ̄ ̄ ̄::://///} }/「\'∧:. . .
    //////////////∧ ∨  \、    ̄ ̄\::::|/  ̄i! L'|  } ̄:: :: :. .
    //////////////////|/,|    \、     }::|   圦__||__/::厂!
   i////////// / ̄ ̄ ̄ !/,|_     リ       |::|     Ⅵ::_/_|
   {夊///////_/      |/,| ̄\、/       |::|      |////|
   乂:: ̄ ̄ ̄:\      |/,|            |::|      |////|
  {___ ̄ ̄ ̄\:: ̄ ̄ ̄::|,圦             ___|::|-- ミ  |////|
  //.://// ̄\ 二二二7///\   -=ニ    |::|    \|//// \

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                   . : : : : : : : : ..       ※34代目『漢女姐御』
                  ,. : ´: : : : : : : : : : : `: .、
              イ: : /: : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
           '´ /: : :/: /: : : : : : : : : : : : ',: :',: : .

               / /:./: / /: : : : : : : : : :.!: : ': :.'; : ..
            /l: l: :i: :.l: :l: : :.l: : : : : :l: :l: : :l: : !: : :.
.           / :l: l: :l: :.l: :l: : :.l: : : : : :l: :l: :! l: : !: : :i
          /.:.:イ:.l: :l: :.ト、ト、 ∧.: : : :/!:/:/l/!: :.!: : :|

            // .!: !:.:l: :.l 弋芯、ヽ:. :/ニ'レ'ニi!: :.!. . .|
.          /  /l: l: :l: :.ト ____V≧ニニシ/l: : !: : :|     ……よう、未成年とその他
.            /: l: l: :ト:∧      ' ` ¨¨´//: :∧: :.|
            /: :|:!:.:l: ∨i:\   _  .//: :/: :ヘ:ヘ
.            /: : :/:/l: :l :∧V{ {>´. _ `</i: /: : : ヘ:∧
      ヽ_ ノ: :/://:r-/´ ゝ ≧=-'    //:/\: : : :l: ∧     「……誰のことかしら」
      ハ:_,ヽ-ィフ´ニニ/ニニ/:/ /∨\/:/ニニ∧≧ニ=-- 、_

      Yr≦ニニニニ/ニニ/: {l / ノ/!ハ !/ニニニニヽニニニニニニ≧
.      lヽニニニニ/ニ/{: : lヽ 〈/l l / 〈 ヽ\≦ニ\ニニニ/ニニ}.、     なんでもここに居て勝負をするだけで大吟醸をもらえるらしい

.      lニハニニ≦ー 'ニ/i!: : !∧  l:! !:! /) ノ二\ニニニニニ/ニニ!: :\
...     /: !ニ∧ニニニニ/ィ: :r'ニ.∧ .{l .!:}_./ニニニニニ>.ニニ/ニニニニ!_: : : ≧_ー-
..  /: : :/ニニニハニニニ≧ヽ (二ニ∧ ヽ: :/ニニニニニ/ニニニ/ニニニニィ }: : /´     ちゃっちゃと始めるぞ

 /: : :/〉ニニニニ∨ニニニニ)/≧- 、ニ\ノノニニニニ/二二Y≦////lr-ヘ:/



.        /:./:/:.:.:/:〃:.:|::|l:.:|:.:.:.:l:|:.:l::::::|:|:.:l:::l:.:.:|:.:.:l:.
       |:.:|:.:|:.:.:.l:.:|:l:|:.:|::|l八:.:.:.l:|l:.l::::::|:|i:.l:::l:.:.:|:.:.:l:.|
       |:.:|:.:|:.:.:.l:.:|:l:|l:.|::|i::::::\i八i::::::l八i:::l:.:.:|:.:.:l:.|
       |:.:|:.:|l:.:l:l从i八i::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::l:.:.:|:.:.:l:.|
       |:.:|:.:|l:.:l:|:.:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::l:.:.:|:.:.:l:.|
       |:.:|:.八从.:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::l:.:.:|:.:.:l:.|    (だい、ぎんじょう……?
       |:.:|:.:.:.:|:.:|.:l::::::::/ ̄ ̄ ̄`¨¨¨¨ |´i:.:.:|:.:.:l:.|
       |:.:|:.:.:.:|:.:|:.l  ̄   _____   l 八:.|:.:.:l:.|     私は……私はこんな人に負けたっすか?)
       |:.:|:.:.:.:|:.:i:个:...   〈_____〉 .イ:.:l:.:.|:.:.:l:.|
       |:.:|:.:.:.:|:.:l:.:|:.:.:.:l>...  __ . ´ l:.:.l:.:.|:.:.:l:.|
       |:.:|:.:.:.:|:.:l:.:|:.:.:.:i:.:.i:.:「\{___,リ:.リ:.:.|l:.:.l:.|
       |:.:|:.:.:.:|:.:l:.:|:.:.:.:l:.:.l/ ̄/--ヘ   /∨:.:.:.リ:.リ:.|       「そこの、失礼なこと考えてたろ」
       |:.:|:.:.:.:|:.:l:.:|:.:.:.:|:/i  ∧i:i:i:∧  /}:.:./:./:.:.:|
       八:l:.:ハ:|:.:l八//:.:l / /i:i:i:l ', /: ∨:./ ̄: :`: : . . _
         ∨,斗<: : /: : :!/ ,:i:i:i:i| ∨: : : ∨: : : : : : : : /: :\
       /:/: : : : : :〈: : :/| /:i:i:i:i:i| /: : : :_:_:〉: : : : : : :./: : : : !





              /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . \
             /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . , ',
            /.. . . l.. l. . l l.. . . . . . . . . . . . l. . . l.. ', ',
           /l l.. . . l.. l. . l l.. l.. . . . l.. l、. . l.. l . . l. . ', ',
           / l l.. . . l.. l. . 从 .l.. . . . l.. l',. . l、 l . . l.. .. l l
         / .イl.. . . l.. ll.. l.. 川',.. . . l.. l ', .lィl ll. . l . . .| |    んで、種目は……

            l |.. l. . l .j', .l`丶、ヽ,. . ll/州',|州| /| . . .l .l
            ! !.. ',. . !弋"匂!ヽ.. ヽ∧州州州∥ /.. .l !    ……「グルグルバット」だぁ?
           / !. . ヽ ヘヽ "´ ., ィン"|"゙ゝ州州.|チ/.. l .l.. |

           / .l ',. . ',ヽ、、. ,.ィン´  '    ̄ ̄/イ/l .l. . ',    なんだこりゃ
           / ,l. . ,.. ∨、ヽ''´   ,ィ===、   '/. . . l l.. . . ,
.         //,.. . . ,.. 、 ',`、ヽ   {/.  ヽ} /ィ. . /.. l. . . . ,
         ' ´ /.. . . . ,.. ',ヽ ` 、   ゝ_ノ "イ、.../ . . !. . . . ,
          /.. . . . . . ,.. ', 、'.i´} 丶、  ,. '´ ,jl ∨/. . l.. . . . . ,     「え、えっと……バットを地面とおでこにあてて
.         /.. . . . . . . .,.. ∨ヽ、 ` 、 `´ _ ノ ,、// . . .l、.. . . . . ,

         / . . . . . . >.〉,.. '.,::l Yヽ、`''ヽ,´,  'ィ//|.. . . lヽ `.‐ -='.      十回グルグル回って最後に旗をゲットしたら勝ちらしいです」
.        /.. _ ,. ィ ' ´: : /, l . . ,! ミ`/  |´l,、〉 '/' .j',.. . . ', ',', : : : : : : :`::ヽ



              ,..、__

          ,..-:.:.:/、:.:.:.\ヽ`:.、
        r:.ー:.、:.:.:ハ:ヽヽ:.ミヽ!::';.:丶
       l:/:.r:.、:>;'-'ヽ:',、ヽ`:.ヽ:';.:.:.',

       l/:l:.!`゙    ';',ヽ:.';.:.:.ヽ:.:.l:l

.        l':.イ:! _    -';!-';.:';.:.l.:i:.:.l:.l
       ,':/:l;l´       ,⊥_ !l:.:l::.l:.:l:.l:!    ……パス
      l:イ:.l:l' ┰    ┰ '!l:リ:.;'!:.:l:.:!
      ll';l:.:l:ヽ   ,       ,'l:Y/ト:.:l:.:l
      l:.:l:.l、:.ヽ   、_ァ  /:,':./:ハ:.:l:.:.l     「諦めないで欲しいっす!」
.       ';.l:.l:ハ:.:`:ヽ.、_ /'/;イ:/_⊥ヾ_l
       ';∧:.l:〉/`T´ ! ノ /'l    ,rヽ
       /-ー7 ヽ_ ヽ,f´,>'、 !   /  l    「っはっはっは! こんなもん二日酔いに比べたらへの河童よ!」
      /   / '´ ノ`´ ,:':/ ` '  ,'   l
      ト /    /  .,:':/     l     ト,
      ,イ/   /  .,:':./      l i    l、     ……いいの、ゲロインが二人になっても
.     ,.':/l,'     !  /:./       〉!    ',




         ___
       ...::::::::::::::::::::...
     /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

.    {{ |:::::ト::::::::::::::::::::::::::::::|
      |:::::! !::::::::::::::::::::::::::::|     だれか三半規管ぶっ壊す魔術知らないっすか?
      |::::И::::::::::::::::::::i:::::::|
      l:::::i |::::|:::::|:::::::::l:::::::|    _    味方に当てる分には不正じゃないっす
.    八:::ト::::::!:::::!:::::::::!:::::八_/ )

       )'i八从八从八:/: : / /-、
       //: :/:/:/: : : {:/ーっノ ハ
.     .//: :/:/´: : : : : : :ゝへつイ     「おーっと、以外な行動」
    //: : i/: : :.:ー‐┬――'
.   // : : : : : : : : : : :/:{
   { : : : : : : : : : : :./: : i      妥当な行動っす

   八: : : : : : : : : :/: : : : '
     `rー : : : :/: : : :./i
      |: : :/: : :./ : : : //
      |: :/: : : : : : : :/〈
      }:/: : : : : : : :/: /



          〃⌒ヽ

            〃   }}
         {{   -‐   ̄ ̄`
             / /" \ ヽ  \
         //, '/  / 、 ヽハ  、 ヽ    バット持って来たよー

         /   / /\i| i| l │ ,
         {  /    ● | |∧_}  ,
        /  |l⊃ 、_,、_, ⊂ i  |)   ,    「じゃ、じゃあ……さきにやろっか」
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)  | !/⌒i   }
      \ / | l>,、 __, イ} ./  /  /
.      / /  .| | \キキキ/ヘ、__∧  /   うん!
.       { \  \}    ̄     /  {




判定
Gヒロインにコンマで勝てば次の階

漢女 >>下コンマ Gヒロイン:+2 漢:+1
バランサー >>下2コンマ バランサー:+2
病弱 >>下2コンマ二桁目 病弱:-3
魔性菩薩 >>下3コンマ 混血:+1
魔法少女 >>下3コンマ二桁目 魔法少女:+1




                    。s≦:.:.:.≧s。
         、__ .。s≦.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         \.:.:.:.:./.:.:.:.:/.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
            7:.:/:.:.:|:.:.:|.:.:.|:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:|.:.:.:.:.
           |.:/.:.:.∧.:.|:.:.:|.:.:.:|.:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.:i
           |:i:.:.:/==V:.:./:.:.:/:.:. /|:.:.:.:|:.:|:.:.:
           |:|:.:.l///:/x==≦/ニ|:.:.:/:./:.:.:|        おえー
           l:乂:V´//∧_/ヽ\,|.:/.:./:.:.:.:|
     l  |     ∨:.人u   {   ∧/ |;:.:.:.i:.:.:.:.:     ぐらんぐらんする、ぐらんぐらんする!
     l  |    i.:.:.:.个s。ゝ  ノ イ:.:.:.:|:.:.:/
 {\__ l  |--=≦'|:.:.:./{ヘ  >-< /∧:.:.:.〉/、
. \ \| |二ニニl:.:.:iニ{∧ \/ ///):.:{ノ⌒ヽ=-- 、

    ーヘ|  |ニ二二):.:.|ニ\ヘ ∧ ///!ニヽ{ ニニヽ二ニ〉      「気持ち悪い……っす……」
      ', ', /ニ{:.:ノニニ//\ .///ニニニ}\__ ソニ/
     r‐ ', ',ニニノイニノニ=-< /ニニニニニ}ノj } ノイ
.  r―ヘ  \ \ニニイ二ニ//二二二ニノ´            「…………帰りたい……」

   〉_人_./\ \ 〉ニ〈 〈ニニニニニニ{
              〈ニニニi iニニニニニニニ〉
               /\ニl |ニニニニニニイ



                    ____

                      ̄⌒ヽ: :ヽ
                 ー==ニ二ヽ}: /  ___
                イ ̄: : : : : : : ミ: : : ´: : : : : : : :` .
               //./ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                /_./: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
             /.:/: : : : :/: : : /: :/!: i: : i: : : :ヽ: : : : : : :ハ
                /: : ;i: : /: :/: : :i⌒i: :/  |: i: : |´`ヽ: :':,: : : : :ャテェー 、
            /: : /.| : i: : :!: i:.;ハ:/!:/   .!: iヽ:':,: : : : ', ',: : ーi_i__{:_: : ヽ
            .i: : / |: :ハ: :ハ:〃⌒`i{   |/ ⌒`V、 : i:リ: : -‐7 i ヽ: : ヽ
            .|: /!  V .V从 んハ       ん,ハVヾノi: : :/: ̄i¨´ \: ',
              !/: !    /: :!戈zノ     {-vv-i 〉:}! |: : : : : : /    '; :i
             |: : ',    il: :{ ""      夊zン/: : : |⌒ヽ:/     /: ;
           ヽ : \  .i!|: :ト    ___   "".′ イ:i: : :) }     /: /
             ヾー`  Ⅴ  \  V::::::ノ     .!: /_,リー‐ '  、ー=: : : /
                      ≧ーェェァ ≦-i:/:::/      ̄ ̄       やったね!
                       _ri!¨}__:::::::::::::::://ヽ
                     イ | i!_.!=ヾ><  /ヽ
                       , .i .|/テ\ヾ   / ⌒ i           「うん!」
                    , i' {{ノハ{)}.\ /    ./
                    _i |  7i! i!´ {:::::/    /
                     i  |--' | i.| |  /    /i




                                               ,,
                                           iヽ ///)
                                        /⌒ヽ//‐ァ
                                        /_/ / ∧--<,
                  ....-――-...             /   \///ノ ̄
               /:::::::::::::::::::::::::::::::\          /      }/
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.      , -/      /´
          _ _ __ ,::::::::::u:::::::::::::::::::::::::::::::::::!   /        /    き、きっと私達はおいてきてしまったんっす……
           /_/_/_//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  / /        /
          /_/_/ Yフ:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!/  /     /
       /⌒    `/:::::::::/::::::/:::::::::::::U::::::::::::::/   /      /       あの日の純粋さと……三半規管を……
       /    __ /:::::::::/:::/:/:::::::::/::::::/:::::/::/   /    /
.      / - ´  /:/:::::/:::/:/:::::::::/::::::/:::::/::/   /   /
     /       i:/i::::/:::/:/:::::::::/::::::/:::::/::/   /  /        「ぐわんぐわんする! 気持ち悪い! 吐く!」
    {         !八/i::/i/i::/:::/:/:::/::/i:/     /
           /       ノ'i/!'i/i:/ ノ'   //
      `ー― /           '  / / /                「……帰りたい……」
         ./             / /イ
        /                /



     < ̄ `ヽ、
        \   \              ,.  ´ ̄>
        \   ヽ              /   /
             \  |           /   /
        __ ∨ } ,. . .-――-. .、ィ:/  /_
       ,. : :´: : : :`.}-,/: : : : : : : : : : : ∨-ィ´: : : : :\
     /: : :, -―-./-/: : : : : : : : : : : : :{__ィハ-‐- 、: : :.
    ,: : :/   /⌒{: : : : : : i: : : : : : : :∨ \:ヽ }: : }
     {: : {  /  /Ⅵ: : : : : :.l: : : : : : : : :}、   ヽ}/: :./
    、: :| /   / {:∧: : : : : : : : : : : : : /:∧   /: :./
     }从{__/  `乂',: : : : : : : : : : /ノ':/:}\}:_:∧      ……とりあえず、起こそっか
             {: :从イ/{/{从イイ:./i/イ   ´\_〉
             ヽ:} ,..====、イ:/ ,....、
          /⌒ヽイ       `Y´  `ヽ、




            , -ー―----、

             /´ヽ /ヾヽ、   ヽ
            / / /ヽ/ヽ ヽ    ヽ
        //, '/l    リヽ ヽ 、 l

        /|l {_{ノ    `ヽ |  |   |
         / |ll l l●    ● | /   |
        /ヽ| l  、_,、_, lll リ/ |ノ│|     ……三途の川でおぼれかけたわ……
     /⌒ヽ__ヘl  ゝ._)   j /⌒i ! |
     \ /    >,、 __, イァ/  /│ |
       /  /  ヽ |  / {ヘ、__∧ | |      「それじゃあ次行くと気は泳げるようになっときたいっすね」
      `ヽ<    ヽ ∨ / ヽ  ' | |




                     /                       \
                    /  /         /              \
              /    /      ′  /  /          ,=ミ    \
            /    ,′    /   /  /     ′/ /㍉ミ\    ,
.           /    ,       ′ 〃  ′   / / /   ∨ハ    ′
           ′   ,′     ′ / |l  l|     / /      ‘,l|  |  |
              ,′          |  l l|l  l|    l|  |  |     | l|  |  |
          |           |    | l ll 八  l{ |  l|  | ll |     | l|  |  |
           |    l  |l   |    | l ll,伝=\l{ 八 l|  |八{  ̄ ̄ j リ リ ,リ
            |    |  |li  l|    | l《| ,f芸苳斗 ヽ{\l   /云ニ=ミ // //        (……みな、いつか隙があれば蹴落としてやるっす……
                  |  |li  l|    l从{  ´ ̄ ̄        乂~゙气}ノ仏イイ|
            |    |  |li  l|    | l|               {   |  | l| ll|i    ヒロインは私だけで良いっす……)
            |    |  l〃⌒|    | l|                ′  |  | l| ll||
            |    |  |ll ,ノ|    | l|                    |  | l| ll||
            |    |  |l   |    | l|.          _ -- 、   l .i| l| ll||
            |    |  込、_l|    | l|          ´  .:::::    |,价l| ll||     「そんな顔するからBヒロインになるのよ」
            |    |  |  | il|    | l|                    l/l| | | ll||
            |    |  |  | il|    | lト、: .                / ll| | | ll||
            |    |  |  | il|    | l|: : : .、: .            / il| | | ll||     ……次、見えてきたっすね
            |    |  |  | il|    | l|: : : : : : : : : : : . . .     /|  il| | | ll||
            |    |  |  | il|    | ll: : : : : : : : : : : : : : :≧==彡l |  il| | | ll||
            |    |  |  | il|    | l|: : : : : : : : : : : :.:_:./  | | l |  il| | | ll||    「話題をそらしたわね……」
.         八  从 l|  ll从  ノ ll|: : : : : : : : : : / {   | | l |  il| | | l八



種目選択
1、お料理
2、セクシー
3、早食い
4、アイドル
5、誉め殺し
6、乳
7、チャイルド
8、演技力
9、バーリトゥード

>>下3までで一番高いコンマ


乳かセクシーか
6以上で乳
>>下コンマ


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

           ,..-------、
          /     /|
        /     ///|-――――--. .__

       /    __,////>====ミ、: : : : /\: .、
      / (ノ / /: : : : : : : : : : : : : `ヽ/    \: : .     ―――第四宮・卯
    //   / /: : : : :./: :.|: : : : : : : :/       /: : : :ヽ
   {   ー ´ /: : : : : : :': : : |: : : : : :/      ∧: : : : : ::.   メカうさ耳―――
    \_,..イ: : : : : : : : |: ,: :.{: : : :/ 〉 (ノ  __∧ム: : : : : : .
       /: : : : : : :/:/{∧: :|: / /     / /: マム: : : : : : :.
        /:/:/: : / イ: |: !: !:{: : {  {     / /: : : :マ}: : : : : : :.
      /イ: :': : :' : ||:/、l|: |: :\∨ `ー ´ /: : : : : :|!: : :, : : : |
       ' : |: : :|: :.||\ lイ: : :||: :>---- ': : : : : : : : |!: : : : : : :|

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――




            .ィ__〉|:ト\./: : : : : : : : : : : : : : : : : \
.            /  r::|:::|\/: : : : : |: :i : : : : : : : : : : : : : :\
           / o./::/:::ル': : : : : : :|: :{ : : : : i: : : : : : : : : : : \
.           |_  /::/::://: : : : : : : λ: :、 : : : |: : : ト: : ヽ: : : : : :ヽ
.           | し'///: :/ : : : : : {: ト: : ゝ: : :!:./|⌒i: :} : : : :| : ',
.          し.';/  {: :/: :/ {: : : |: |}从:〉 : : !ヽ: }ヽハ:!|: : : :|: : :',
              |:/: : {: :|: : :/|:l {\: : : i'´V-―z|:!: : : :!: : : ',.        /ヽ _
              |: : : :| : |: : :|:.:|.メ〉 \__i '" ̄ ̄|jノ: : :i! : : : ',     / // /、
               |: {: :/!: :|: : :Ⅳ .ィ:チ   ,.   '' "/:/: : /|: : : : ', { ヽ / // / /
                  V|: :{ |: : : : :|ィ/      ′   l:/: : /: |:\: : 丶! レ // / /  __     ハロハロー皆元気ー?
                    |: :| |: : :\{ 、'' "       ノ /: /: : |: : :\: :ノ 、     〈//
                 V ト _{.:_;>.._   ̄   ∠ィ: : l: : :|: : : : _/   )    /
              ( \   丿: : : :: ヽ: : `i ーr---   |: : :|: : :|/い{   /     /      「また濃いキャラが気たっすね」
            \ \(\: : : : : : : 丶: | : : |       |: : :|: : :!ヽ ヽ)ヽ     /===ュ
                  \ \ \: : : : /λ|: : ノ      | : V: : |  \ うト=='" i  [_]
           ____〉 i   ヽ: /  (ハ: : { |) __  /ヽ:_: : /_//〉|      | |     そりゃあ勿論Gヒロインだもーん!
        }――――  {    V  (| |: 丿|) 〉 `   〈:ヽ:)--~ヾ |      ,..イ\
          (二二二         _}   (| |}:!:|_|)/      ):〈\___ >r――イ、.丿: : ヽ
             /\___.ノ∧  X (:.:ノ /     ヽ/ } : :)∧::::ヽ |     |/}: : :\



            / =ニ二ヽ
           ll       ))
           ヽ > ´  ̄ <、

            /    /      \
          /   / /     l  ヽヽ
          /  / /      l lヽ ヽヘ
         l l l l  ll    / /l ヽ  i
         l  l l   l  ll  ///--l  l /  l
         l  l l  l  \ l l/≠λ/   lヘ
         l  l l   l   l ll 弋斗ノ / l 丶
         〈  l ヘ l  l∨,   ノl  /l /
         l  l lヘヽヽl   _    /  / /ヽ
         /l  lj \l \     / /   /\     ……不審者だ
         /l    l/ll|ll|l||ll|lll| /   l  ヽ
       、<j    l l ` ̄ ̄´ /   l <  )
        l  ヽ   / ヘ     /    j    ヽ    「うぐぅ!」
       ll  \  l   ,ゝ ´`丶l    l     /
        l l  l 丶l^´`_ _l  / l    l   / l
       lヽl  /  ll /l l ll、 l   l   //l 、    「きせずして弱点を見つけたわね」



                               __
                  ___             //ハ  ヽ
                ./   ,ハ        ///∧   \
            /   //∧,. -- ---'く∨ ',     ヽ
           /   / ∨,ィ'': : : : : : : : : : : :\. 乂___ ノ
          (  ___ ノ  /: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
               /: : : : :.i : : : : :.i: : : : ヽ: : ヾ:、
              /ィ: : : : : : ト、: : : :.ト._:_:_: : V: : ',: ,
            /´ /: ; : : !:ィ''!´ ヽ: : { ヾトミ、` !: : |: :',    いいもん、いーもーん!
               /: : {: : :i: !   ,, \! 、..___,, リ: : |: : ;
                 /: :i : ヽ: ハ!,z=ィ''    ` ̄ イ: :.ハ: :|     こっちはGヒロインだしー!
            // ヽ: : ヾ.       ′   /: :/:|: :.\
              / \:_:>.   ー-  '  ,7´: :.!: : : :.\     いつかみんな洗脳してコレ流行らせるんだもーん!
             /イ: : : : ミ:.、≧。   /: : : : :! : : :ト、:.\
            /  ,: : : : : i: : :/: r i.`¨¨´ |{ミ.: : : :|: : : :, \:ヽ
                  /: : :_:_:_:j: :/_ノ! |    .!} ト、: {:_:_:, - 、  ヾ\
             /:./ //}: :!   | |-、  , -| ! }: ヽ. i! { ヽ.___.,,    「迷惑な世界制服っすね」
          rー- y′ .{!{/: :j__,ィj .|     | ヾミ: : } ノ      }
           {       V: r''彡′ !     ',   ヽ:ヽ     ,   |
           人      /: :/   _ノ  `Y´  乂   ヽ:ヽ  /   .!、     さぁ! 見るがいい私のナイスバデェを!
          /::::::ヽ    、/: :/____ く    i!   /,;--=V: :.V   /::::ヽ



  ___________              /:.∠´ ̄
  ` ‐-     ` ヽ   . . : -‐…‐-: Y: :/: : :`二ニ=‐-

       __二ニ=-. __ヾ/: : : : : : : : : : : : : : : :´: :`>x._
     /: : : : ;_;_;_; :【イ : : : : : : : : : : : : : : : : :≧x: : _: : :ヽ
.    /:/´ ̄  /´7ミメ:/: /: : : : : l : : : : : : : : : \‐- ; ::\
   イ;' __    / ./!;乂/: : /: : : : ノ、:l: :l: |: |: : : : : : :∧ \: :.〉
   {:i/⌒ヽ / ./ ⅰ:./: `/≧-///-}ノlノl、〉:ヽヘ : : :',  )'
     {    :,!/   八fz /:ィf斧斥  ' チ笊个: : ハ:.|、: : }    皆さん! 行きますよ!
    l  __ ヘ     (、{: ;代zツ    弋シ八: / }:! l: :ハ
     、`   ヽ      ナ: :ヽ     _,'   从,' ノ' }/
     \、__ ´ \__ /´⌒ヾ、  (__ノ   イノ!:|_       「……はーい」
     ,-‐\   ノ\\ ヽ  ヘ __ < )f|ノ¨\
    /:::::::::::::|`¨´:::::::::\\ ヽ l  ゝ、rx`ヽ|   /》    「うん!」
   Y´ヽ::::::::;;;:|!::::::::::::::::::::l} '.  !l  /、__≧z、し´::ヽ〉
.   ∧:::::::V´ `l:::::::::::::::::::リ:! } |! /   ̄{:::::::U:::::/-、
  〈:::ヽ/ ヽ  ヽ_'⌒ヽ:/:::| }! ! /     ヾノ\\::::::>    「リーダーは私っすよ!」
   Y´\  `>'´   /::::7 ljー'|      o{:::::::::> `´、\
   ゝ、__>´ ゝ-‐ ´¨¨/ /   |ニニニニニニニ|`´\ //




判定
Gヒロインにコンマで勝てば次の階

漢女 >>下コンマ Gヒロイン:+2
バランサー >>下2コンマ
病弱 >>下2コンマ二桁目
魔性菩薩 >>下3コンマ チャイルド:-1
魔法少女 >>下3コンマ二桁目 チャイルド:-1




                                    __

                                   / l
                                     , '   :l
                                  /     !        _ -───
                                   /     |     ≦     /
                                    |      |    イ      , '
                                  l       |  /     /
                                 ヽ     |__|     , '
                                   ...:::::ィ ゝ ─L ニ |    /
                               //,ィ ´::::::::::::::::::::::::≧r'"\          脱いだら凄いっす!
                            /:::::::/:::::::::::::::ハ::::::|:::::::::::::::::::::::::ヽ
                              /:::::::/:::::/:::::|::|-、::::|::::::|:::::::::::::::.ヽ:.ヘ
                          |::::::::|::::::::::::|ハ:| .!:::|::::::}:!::::::|:::::|::::|:::ハ

                          |::::::::|::::::::|,x≠ミ |:/|:::/ハ:::::!:::::!::::!:::::l
                          |::::::::|:::::〃んi心' !' j/  _|;/!|:::::|::::!:::::::     「わー……脱いじゃうんだ……
                          |::::::::|::::::'|!∨/ツ    ィ心ヽ:/:::/:::::::::.

                          |::::::::|:::::::|! `¨      〈//ツ'l:/:::/::::|::::::|    大丈夫なの? あの子」
                              ,:::::::::|:::::::|! :::::::    ,  `¨  /::::|::::::|::::::|
                         /::!:::::::!:::::::!       ::::::: /:::::::!::::::!::::::!

                          |:|.|:::l:::|:::|:::ト    `ー'_ .イ::::::::::|::::::|::::::|
                          > ´|八:::!::|:::|:::|   ` - ィ丶 <:::::::|::::::|::|:::|      「Gヒロインに選ばれないくらい手遅れよ」
                      γ´    |! ヽ从::!:::! r =八 ラ  l    ヽ/:::/|::!:::!
                                 \|:/  γ´`ヾv j     }::/ !'|:/
                      ,′         ヘ/     Y  γ  ′         もうオッパイでも出してやるっす!
                        l      j                    {  /
                   |      /                     l /
      ィ   ̄   、         |    /          i        v
     /        ヽ.     / !   {            ',         '      「あー、わかったわかった
      l          }    -ィ//|:   λ              }        |
    γ. .──: - イ=</////|   {:ヽ           ;;          イ       負けで良いから着なよ」
 /: : : : : : : : : : :{7 イ/////////|    v//ヽ _       /        /:/
./: : : : : : : :ヾ: : : : : ://////////:|    ヾ//// ̄ ─= フ - ──≦://イ

′: : : : : : : .ヘ: : : : :Y//////////l     トュ ___/ハ ` <//////

: : : : : : : : : : : :V: : :j///////////!     j///>''" ,′    T  ̄     「……情け無いわ……」
: : : : : : : : : : : : :ヘ: ////////////:}    | ̄           /
: : : : : : : : : : : : : : V////////////    |      ,    /
: : : : : : : : : : : : : : : V/////>''": !     j      l    /
: : : : : : : : : : : : : : : : v  ̄: : : : : : |       !       |:   /



             / /     /   ヽ /   / ヽ
          / イ       /`゛ヽ       i   ハ
            //|    / /    `'""ー一┤  ハ
          rク |   / /           | |   |
          rク  |    7 ー- 、       | |   |
         レ′  |  l 斗‐z ミ    ,. ー- _ l |   |
.        / /   |  | ト |:::':リ    ′,.ニ-、`ヽ    |    今のあなた、なんていうかわかる?
        / / / | ヘ |  ̄        」:::'リヾ∧ |   |
     / / /  ||  |∧       i    `゛ / ||   |
.     / / /  l ||  | ヘ    、_      /   j  ∧
    / / /   ハ|  ∨ \   `ー'´     イ   / / ∧       「ヒロインの中のヒロイン?」
.   / / /     \ マ┤`   __,  r< |  / / / ヘ
  / / /   |  ,ヘ.\      | ,ハ | .//     ヘ
 / / /    _L.__ノ   ` 一   / j'′ \ ″        ヽ     ヨゴレよ
./ / ム -‐   / |    \  //     卞「 ー-  __   \
 //´         |  |    厂\⌒ヽ   ||        ヽ   \
 /           ヘ |   / ヽ0l   ∨   |/         ∧     \    「ひどいっす!」
./      |    ヽ|  /    ∨   ∨ ノ           ∧




             _              イ
            __{_\     __      / |
           >--、: :>: ´: : : : `: : .、 { / }
         /:,: -: : : : : : : : : : : : : : : : : :rく ̄ ̄ ̄`ヽ、

        ,/ィ/: :,: : : : : : : : :,: : : : : : : :ヽ: | \ ̄ ̄ ヽ:ヽ

         /: ' {:イ: ,: :/:,: /: /:ハ: :}: :|: : : : :Ⅵ  ヽ     }: }
          |: |  |: :|: l: |_:{_:Ⅳ }:ハ-}:、: :l:|: :} \ }   /:/
         {: l  {: :{: :、{ィ斧    斧ミ、Ⅵ}_/  ∨   ,:./
         、{  ∨\:} Vり    Vり' |:イノ      イ/
         \     {人  ´_    ,}: }             と、とりあえず次に行きましょう!
               Ⅵ >, ``  イ: /
            r-'^リ∨` `¨- {-{:イ

           / ⌒\ \==ィ介} }^ヽ           「まあ、さっさと終わらせたいしね」

             /⌒ヽ  \__ヽ __, { /∧
          {     \   、_〉 : : ∨ 、∧
          |     }   |||: : : : :|||__} }    「だ、だから私がリーダーっすよ!」
          |     |   |||: : : : :||l | |
          |     |   j : : : : |  {      ……ん、あれ……?




   i{      } } >'"          ` 、
          jノ"           \  ` 、
       /             \ \
      ,  /  i{               、 \  ‘,、
    ./ /  i{  ‘,  、  \      \ \  ,_、
    / / {   i{    ,  \    、     ,  > \     おやすみー
    , ,′!   i{    ,\  \    、    ,  \  \
  ./ {  {   i{     , ∧ }\     V   ,    、  、
  ,   !          V  } !/\    }   }      \ \      「ああっ! チャイルドが一人!」
  {  .{  {          ∧ リ  だ:::::うト j           \ \
  {  .{  {        ト、 \   V:::::刈 }   }          、  、
  { /{  {        }  \_> 匁zり }   }         ‘,  \     「そろそろ現界よね」
  { { Ⅵ  、      }            }   }  { {       , 、  \
  { { ∧  \  \ .}   '       }   }   、\      , \  \
  } {/ ∧ \ \  、}     ┌     从   i  {  ー     }    \  \    「だ、大丈夫?」
  } /}/{ {\ \ \  \       /}     ,   、         !      \
  }′ Ⅵ   、  ̄ \  \――  ´  ,    /、    \       }       }  )
      ヾ、  }\     } ̄ } ノキキキキ/   /__  ̄ ̄ ̄  ` 、 ,      } /      ……ゴースト始まったら起こして……
          ,     __.j   }___    /   /´          ∨        } ,′
        ./    /  }   }  `  /   /  _         }
       /    /    }   }   ,    ,/    ` 、 /    }
       ./    {  /}   }ト __.{     {        {     i!



               .  -─- .
                /::::::::::::::::::::::: ヽ
           .' : i::::l:::l:l: l:::ハ::::ハ

           |::l::|芹j从ノ芹l:l::l:|

           |::l::|i必i  i必i|:l::l:|
           .从入 | ヮ |ノ:i:从
           乂ルル>--<ル!::レ'
             /: : :∧ ∧ ∧: : :`ヽ
           i: : i!: 〈: :.}介{: : 〉: : : : i
       |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

       |                   |
       |     18:00から          |      それじゃあいったんここで中止っす!
      ./⌒ヽ おやすみなさい        /⌒ヽ
      乂__メ                  乂__メ
       |                  |

       |                  |
       |____________ j
          //: : /: : : i: : :|:l: : ヽ: : ヽ

            //: : /: : : : |: : :!:!: : : :丶: :.\
         く/: : /: : : : : l: : :!:!: : : : : :ヽ:/
          ⌒ rー .r‐┴ ┴ r ~ r<
             |   !     |   |




               _____

             ..:::´:::::::::::::::::::::::::::::`:::.
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.          / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
         / .::::::::::::::::::::::::::: !::::::::::: !::::ハ:::::::::::::::::::i
       ′::::::::::::::::::::l:::|:|::::|::::::::i::::!:`ト、i:::}:l:::::::::::i:|

       i:::::::::::l::::::::::::::l:::|:iィ:ト、:::::!:::ト、{ }イ::i:::i:::l:::リ
       |:::::::::::|::{:::::斗l:::|:ト、{_ \ト、{   __,i/!::;::リ:/
       |:::::::::::|:::\:::i:i八i _,     〃 ̄| j/:/イ           いやぁ、今週もアークファイブは面白いっす
       |:::::::::::|:::::::::`ト{〃´ ̄`   、 ''' iイ:::::::::::.
       |:::i:::::::|::::::::::∧  '''           l八::::::::::ヽ  っ     来週も楽しみっすね
       |:::i:::::::|:::::::://)   V  ̄`   ..イ:::::::!:::::!:::i  っ
       |:::i:::::::|::::://个ト .  ー_' イ::::!:::::::i:::/!:::i
       |:::i:::::::l::/ 〃´ ̄)、   「 Κ::::i:::::l::::::::}/リ::/
       |:::i:::::::|:i   ´ /)\/  ! `丶:i::::::/ / '        「そろそろチビ丸子ちゃんね」
       八:ト、::::::!      //ヽ_}_|   厶イ
        Χ\{     / `ヽ{:i:i:}   、i  ヽ
         /   ヽ   /    ∨∧   \ i          「わーい」
       i`丶  /}   イハ     ∨∧    ヾ
       | i  ∨∧   !i !      i//ハ    i
       | i  /  \_リ |     i///,}    ;
       | Ⅳi       ,'      !///!    /
       | ___j     {       |///i   イ



                   _                 ィ

                    ⌒\:.\             / /
                  ――\:「\-―…‐z-..... __ /  /__
               /斗-―:.:.:.:.:.|  }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\| /:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ    あのぅ、そろそろ見えてきましたけど……
                    ⌒/:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.〉 ̄ ̄⌒\:.:.\
                   /:.:/:.:.:.:.:.:/:⌒:.〉 ┐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.「 \     ヽ:.:.ハ
                .:.:/:.:.:.:.:.:/:.:.:./7=〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|\ \     N:.:i     「おっと、もうそんな時間っすか」
               |/|:.:.:.l:.:.i:.:.:.; :.i  }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   ー⌒   ハ.:.;
                |! |:.:.:.|:.:.|:.:.:.l:.:.|  ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,          /:.:./
                    ':.:.:.|ヽ|:.:.:.ト |/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     __/:./       「かちどーきは何にも知らない、かーちどきはランクを知らない」
                    \| |:.:.:.廴 乂:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./       ⌒フ/
                        |:.:.:.「   ゙ゝz:.:.:.:.:__rー〈
                      |:.:.:.ト     斗-=ニ二ヽ⌒\            「正直ゼアルでギブアップしたわ」
                    ':.:.:.廴 〕トく⌒        ハ

                     \「⌒ ⌒\__          }
                       /⌒\__        -=ニ二 ノ   i
                    / \    \               }      ……ほ、ほら! 行きますよ!



.


種目選択
1、お料理
2、早食い
3、アイドル
4、誉め殺し
5、乳
6、チャイルド
7、演技力
8、バーリトゥード

>>下3までで一番高いコンマ


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

        l: /V| : 从    _'     /:jイ:|:、: : _: \
        /   |: : : |:\  V ソ   イ: : : :|: \}  ̄
        , -∧: : :|:/}:|> --r=≦|:/: : : :.|、}
      /={ |:∧ : V乂二二_oフ-r,': : :.:/:|ヽ
       { =-,}' ∨、}--- 、  r-- / : : ∧:|= ハ
      、  -==-、 \      /:イ/,=リ   }     ―――第五宮・辰
      |\   -==、 \--v-- / /='    イ
     「`ヽ `  _  -=V::| |:::/ =-  r- ´「ヽ     十二支ん(辰)―――
     | _ノ   |   |::|ー>-< 「:l   |  乂 }
     | 「___jl    |::| /r::、 r:、V}::} ∧__||
     |」___/l   |::| { V 、:::ノ }|::| / ∧___l」
       | / ,.:   |::| 乂___乂}::} / }!

       | \__「 ̄}_/::| |::∨「 ̄}_/{

       |   }::::「 ̄ ̄l :::| |::::「 ̄ ̄}  |
       |   /:::::|_(__)_」::: | |::::|_(_)」、
       | /::::::::::L__」 :::: | |::::::L___」:::\|

        /:::::::::::::: />:::::: | |:::::<\::::::::::::ヽ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



             ,. . : : : ̄ ̄ ̄: :__:_: .
          _ /: : ,: :⌒: : : : : __| ロ L:\
         /ロL: : :/: : : : : : : : {ロ (_) _ロ]: ヽ、
          [コ(_)ロ_]: | : : : : : : |: :  ̄V_ロ」: : : :、: \
        〈ロ_/: : : |: :|: : : : : }、:\ : V: \: : : \_:、
       ,.:':/: : : /:∧: V : |: / /、: |: : : ∨: : : < ̄: 、_,
      //: l : : ':|:/_ }: ∧: }/ ィチ斧ミ|: : : :.|\: : : : \-<
    /´/イ:|: : :|:{ x≧、 ∨  {:::::(_ リ: :/: :|--: : :<: :_: :>     来たねブロンズども!

       /: ,:/イ: 从イ{:::(_       vzツ/:/: }:/: |: : : : : :\: :\
     /: イ: : |: |∧ vツ       /:イ: /': : :|、: ⌒\: :「 ̄      せっかく暇を持て余してブレイド見ながらゲームしてたのに
      ̄ / : ∧:| : l   ´ __    / : : : : |: \}、}∧:|
     / イ/: `: 人     V   }   , : : : : : : |_r、:l'   リ        全員那由他の彼方まで吹っ飛ばしてやる!
         /: イ: /: 个 .   ゝ  '  /: /: : : /: | ̄`ヽ
        /: : :/: :|}:/}: ≧=r- '/:イ: : : :,|: / ̄ ̄ `ヽ
       /イ: : /}: /{..「|/ ∨_,(__/./|: : /j/ /_    }         「肉体に男住まわせてもGヒロインになれるのね」
       /: イ /イ V} /´- /.イ/:イ  / '   \_ノ
       ̄   「   \V}/r/./ ̄     イ /   r--、ヽ、__
            乂 -r>-<イ___ <   /     乂_ノ\ ̄-\      大丈夫! アッチ幽霊だし!
        /:イ //⌒V:V::/     \,'    /´..,.\__>、⌒}

         /:/ / { {::/、::ノ:/     「  \   /..../ /    \|



                       ....-―――-....

                        /::::::::::::::::::::::::::::::::\
                        /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      /::::/::/::::::::::::::::::::::/㍉:::::::::::::::.
                       l:::::|:::i::::!:::l::::!:::::::/   !::::i::::::::::::.
                     /l:::::|:::l::::!:::l::::!::::::{   }:::ハ::::::::::::!     へいへい! さっさとそのコントローラーを置くっす!
                 / /:::::|i::ト、ト、ト、ト、从-七リノ |:::::::::::|
                  / /::::::八{斥芹    芹斥ミ |:::::i:::::|
               / /:/:::/::i |iヒツ     ヒツ ' |:::::|:::::|
                / /:/:::/::∧ |i ''''   ,    ''' /i:::::!:::::|     「えー? フォールアウトまだセーブできて無いんだけど」
              {  i:/i::/:::/`へ!   v ¬   ∠.イ::::i::::::|
                 ノ'八{::::|:::{::_|i> . _`_´_ .イ:::::::::!:::/::::::}
                     从{:::i: : :/: :ト、  / /:'; :`/::/::::::/
                 /: : :)ノ: :/: : :| ∨ /: : ';厶.仏イ        「なんでこの時期に3なのよ」

      (\          /: : ∨ : : フヽ|/\/: ト-: : : /: : :.
      \\          /: : : /: : : 〈: : : }:i:i:i:i{: : :〉: : : :i: : : : :.             /)
    _____\\   __/: : : /: : : : : ヽ : ';i:i:i;': : /: : : : :{: : : : : .         //      ハリーハリー! 早くするっす! 貧乳!
   ` -- ___   `¨≠―ァ: : :/: : : : : : : :∨:}:i:{: :/: : : : : : '; : : : : \__  //__ -‐ ア
    ___ -‐'  --'__>イ : : : :{: : : : : : : : : Ⅵ:i:Ⅳ: : : : : : : :}: : :/: : : : : :.}`Y´  ̄  -‐'"
   `ー‐ フ 厶イ_/ /: : : : :八: : : : : : : : : `Y´: : : : : : : : 八: : : : : : : :/  } ̄ヽ   `ー‐一ァ
       ゝ´ \:\_厶-一'"  `ト: : : :_:_:_: : :}: : : :_:_:_:彡'  丶:_: : : : ト-   __, 、 < ̄
              ̄           〉: : : : : : : : |: : : : : : : /       ̄ ̄ ̄ ̄    ヽ )




         / ̄ `
        /  ,,--‐ ` ‐ - 、,
        ヽ/ /  //l \  \

        / /  / / l   \   l
       / / / / i   ヘ ヘ   l
       / / / i  i i  ヘ ヘ   l
      i   i i  i  i i  i \i  i l
      i  i  i  i  i i / /_i  i l    ……部屋汚い
        i i i i  i  i i / 弋9i  i ヘ
      / i  i  i  iヘi    // i i l\
     /   i i i  i ヘ       /  i i l  丶    「ウマルかもこっち並に自堕落な生活を送ってるみたいっすね」
     /i  i  i i  i > ^ _/ /  i i il へ
     / \l  i l i i \  / l  l/  \ヘ
    /ヘ   l  i l    Ψ   l  ∨ / ヘ l    「ほら、相方って一応精神的には男だしさ
   / ヘ::::へ l   i i        l i l/ //
   /::::/:::::::::::::l  i i         l i i  / ヘ \    入れないんだよ」
  /::::〈/`/ヽヘヽ  i ` >─<l i /`l`l´ ヘ ヘ ヽ
 /:::::::ヘ ´ ´ ´/ l::::/:::::::l:::::::::l ヘ` ヘ l 丶〉ヘ l l

/:::::::::::ヘ丶  ソ /::::l::::::::l:::::::::l  ヘ ゝ ゝ /  ヘl /    ……おこた暖か
:::::::ヘ:::::::\/  l::::::::l:::::::::l::::::::::l  l::::::::::::::ヘ  ヘ
:::::::ヘ:::::::/ l  i::::::::::::l:::::::::l::::::::::l  .l ヘ:::::::::::::ヘ ヘ
::::::::::::::/  i  l:::::l::::::l::::::::l::::::::::l l / ヘ::::::::::::::::ヘヽ




           ― ⌒ -

        /      ヽ   ',
         { {      }__} -――
        | ト      / ̄ ̄}- ⌒ヽ:.     \
      /} 乂_乂___,乂  ノ ○  く:.     \
      { ハ    ノ ̄   イ    //:       /
      人  \     イノ ノ、__ へ'/: /:.   /:._「 ̄}__
       \    ̄ ̄  /\:. /\:/:.    /'| ||   ○ }:.、
       /  > __  -= i:.丁:.: /、 i∧:./:  / |:.L ┐  ┌:.:\
.        ̄ ̄|   __    _|:. |:.:./  \|:/ l: ,  斗 /廴二ア:. _:.>     そんじゃ! いっくよー!
         -へ \:/ |:: :|:./| ̄ ̄  |/ _|/}:. |:. 、:.\:.\
          |∧    |:. :|':. |〃/:::`     \ /:. 从: : \:{  ̄
.           |∧   ,,,|: :   | ,::::::::::::::〉 〃 イ!. |:. ト :.  \
.           乂_>  i|ヘ: 八  、:::::ノ     八 |:. | \{フー,      「なんでコイツはこんなに元気なんすか?」
             \彡 | |i\:. ゝ ___ ,,.  イ:.  Ⅳ-‐>ヽ  〉
               \ | |  {\{__ ノ/ /:.: ハ:|ソ___〈 ノ_ノー'
.                 八 、∧   ̄ /  /:. /-=| ⌒ヽ
                 、 \\ __/ /イ: /|iへ 、人 }_            「ある意味、これもGヒロインたるゆえんなのかも」

                   ≫ _Y//_,, / ''/ し'= )) ⌒)
                //Y〔___〕っ \__彡'__== / /〈ノ
               / ''   乂 イ 人_彡' ̄ ̄) //rく
              ノ /     }〔\==\、__彡'=// r''  }<ヽ
             (:.:.ノ      ` ヘ≧===\_彡'<_ノ__人ノヽ
                       `⌒⌒⌒⌒´    ̄ヽゝく_) ))
                                      ~



判定
Gヒロインにコンマで勝てば次の階

漢女 >>下コンマ Gヒロイン:+2 肉体7:+1
バランサー >>下2コンマ 肉体5:±0
病弱 >>下2コンマ二桁目 肉体2:-1
魔性菩薩 >>下3コンマ 肉体6:±0
魔法少女 >>下3コンマ二桁目 肉体9:+1



                 /::::::::/:::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::\
              /:::::::::::/::::::::::/:::://|:::::::::::::|:::::::::::::::.
                /:::::::::::/:::::://i:::://  |:::::::::::::::i::::::i::::::::::.
            /:::::::::::/:::::://斗≠ミ  i::/i:::::::/i:ハ::!:::i:::::::.
             /:::::::::::/:::::://´斥心 ヽノ' /::/ ノ'ノ'1:::!:::::::i
          /:::::::::::/}:::::::i |  __):::}   /´  -≦_ノ'ノi::::::i:!      ノーカン! ノーカンっす!
           〃::::::::::::`:|:::::::| |  ゞ-゚'       斥ハ`ヽ:::::リ'
          //:::::::::::::::::|:::::::| |、、、        _)リ /:::::::'
..          //:::::::::::::::::::|:::::::| |             `¨ ,:::i:::::|     「えー?」
.         { i:::::::::::::::::::::|:::::::| |       ´   `` |i::i:::::|
         i:::/::::::/:::/:|:::::::ト.!  ⊂´ ̄`ー 、     八i:::::|
         i/i:::::/:::/::::|:::::::i7 、   ̄`ー'    /::::::::::::|         「明らかな不正があったわ」
        |i::/:::/i::::::|::i:::八    、__.......-<i::::::::::::::::
      --―‐≠ ̄ ̄ ̄i !::!∧ `丶  /:::::::::::::::::|::::::::::::::/
   /:/: : : \:.: : : : : : :.:.}:jノ': ∧  /='^ヽ:::::::::::::::::!:::::::::::/     そうっす! 誤植があったっす!
  {:/: : : : : : ヽ: : : : : : :.|: : :/: ∧ /:i:i:i:i:}i:ト、::::::::::/::::::::::/

  _/: : : /: : : : : i: : : : : : !_:_: : /:.∧`i:i:i:i:|!: : \::/:::::::/
 /: : : : i: : : : : : }: : : : : : : : :`ヽ/:.∧i:i:i:i:ト、: : : }\/
./: : : : : |: : : : : : |: : : : : : : : : :./: /:.∧:i:i:ハ |\/: : :\
': : : : : : |: : : : : /: : : : : : : : : : :∨: :': ∧:i:i:i:|: : 〉: : : : ∧
: : : : : : :|: : : : /: : : : : : : : : : : : :.\: ': :Ⅵ:i:iⅣ: : : : :/: :.〉
: : : : : : :|: : : /: : : : : : : : : : : : : : : : \: :ⅥⅣ: : : :、::::/: i



             ,. . : _,: --、 ̄: : : .、
          ,. : ´: /: :/: : : : \: 、: : `ヽ、

         / / ̄〉: : /: : : : : : : : : : :ヽ: : : : \
        ,〈 ̄(__) ∨:/: : : : : : : : : : : : : 「\: : : : 、
    __/: :〉   _〉': : : : : :/: : : : : r-┘ └、: : : ヽ
      >: /廴_/:_:/_|:_: : : : :|: : ,: : : :{  () _」:、: : : .
  -=≦/:イ,: : :/:´:/ {: : : : : :|: /--:、:| ̄廴_」: : : \: `.      ……っま、いっか!

   <_/イ: : : |: :/  V: : : : {/  V : |: : : : : :V: : : : \: .
     .': : ,:|:イ: :从{    ∨:{: : |   ∨:|: : : : : : {:、: : : : : \、_
    /:, イ/: :V: :|ィ=ミ、  ∨\|   }:イ: : : ,: 、: :V\: 「:、 ̄ \
   ´   }': : :∧:.|        ィ≠ミ、 |: :/|:/ \〉:| \: \        「うがぁぁ!? このヒロイン力!?」
      |: :/ : V    '        }イ: : /| }\: :{\: : ̄_、
      |:/| : 八    r--、      |: : : :|': : ∧:|、:}  ̄
       /: |: :{ }\  {':.:.:.}     ィ:| : : : V:∧}:リ、〉
       ,: : :|: :| |:/ `  ゝ-'     イ: : :|: : : : :V '        「最初から勝てない定めなのかもね……」
      {:イ: 从:〉, --、|_/≧ r  ´  |、∧|: : : : : }
      人: ∨//  /: : { ` ー ― ' Vノ: : : : : |
       ,\:}{..{  〈: : /乂____/: : : :人:jヽ
       {  `V.、  ∨`ヽ  r- /: : イ: / / :.        んじゃ、もっかい一列に並ぼうか!
       〉、 \、 {       ̄ /...|/    }
        / \  V.、| ̄Y--/  ´..イ     イ



判定
Gヒロインにコンマで勝てば次の階

二重人格 >>下コンマ Gヒロイン:+2 肉体7:+1
バランサー >>下2コンマ 肉体5:±0
病弱 >>下2コンマ二桁目 肉体2:-1
魔性菩薩 >>下3コンマ 肉体6:±0
魔法少女 >>下3コンマ二桁目 肉体9:+1




               ,. : : :―――: : : : .

             ,. : ´: : : /⌒: : : : : : : : `ヽ、
           _/_: : : : :./: : : : : : : : : 、: : : __\
         _/ 〈/ /_: : : :|: : : : : : : : : : : V_」 V〉L_:、_     「ぐぅ! AAは嘘つきっす!」
       / =  (_) = 〉: : |: : : : : : : : : : :「 == (__) ==|

        ̄7 r, -- ': : : { : : : : : : : |: : : V二 r, 「 ̄:、

       /: 廴_/: : : : : :∧: : : : : :、:|、: : : : :廴__|: : : : \_     「……主戦力がチャイルドの時点で……」
     /: :/ : : : |: : : :,ム斗イ: : : : : : トV、_|: : : : : ∨: : : : : : _:>
     ̄/: ィ : /: : :|: :|ィx≠ミ、: 、: :ィx≠ミ,: :|: : : : :\: : 、_\

    /- ' /:/イ:|: :、イ ん::ハ ∨从: {ん:::ハ V : : ハ:|⌒\: \ `
      /: : : /|∧:.从弋zソ }/ ` 弋zソ '|: : /: リ:、: : : :_:\       どんだけ着やせしてんのさ、私

     /: : イ:/:/| : \}l :.:.:.:.:   ,   :.:.:.:.: |: /: : | : \: 「\} ̄
     ̄ ´/:イl/: |: : : :圦              ハ:' : : :}∧: |\
         {:V|: : : : |个  .  ´ `  .  个|: : : : |  \
            _,|: : : : |⌒\r≧ - ≦{-、/|: : : /|\           「こっちが聞きたいっす」
         // |: | : : ∨7-乂二二二oノr-/: : :/: }、..}ヽ
         { {.〈|:∧: \V--- 、   r---- /:/∧: |'.ノ  :.
        ∨\'<\| \         /'  }/イ\    }       ……しょうがない、種目チェンジ!
           \    <> 、--- v ---/ <> ´    ノ
          / `  、__`ヽヽ:::|_|:::/>´       イ         二桁目が高かった演技力対決だ!
          ∧    | }::| `、_}>-</´-r::r---- < ∧
          /⌒}    | |::|  //´ ̄`ヽヽ |::{  |    {⌒ヽ
         乂_,イ    | |::| r'{ { 「:∨::) } },.|::|  |   乂_∧
        / /    , |::| ー乂、、/}ノ ノノ}'|::|  ∧    V∧
        ,'__∧___/ 「 ̄}   //∧、  「 ̄}  ∧   /∨」
      { ̄\\...../ |_o_|   //::| |:\、l_o_」 / ∧/..../ |




                   _.,,,...,.:-:‐…:::::…‐-...
               ,x≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧x
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.          /::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧x:::::::::::::::::::..
         /::::::/ /:::::/!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::ヾ   ……そんなこともできるんすね
.         , ∨::/::::/ ! ∧::::::,   ::::.... :::::::::::::::::\::::::::::::::\
.        {. |:::il::::,'.. ::l:.. }::::::  ::::.. ヾ .::.  :......:.:::::\::::::::::::::..    もう、なんか……負けてるっす、色々……
.        ::.  ,...: :{...::::{::Ⅵ:::::::.... :,::::.. ,:::::::\.  ..::::\\::::::::::ミx..、
          |i:::::|:::ハ::‐=┴‐-\:::::::{!ハ:,xヾ-‐= :\:::::\::\ヾ:::::::::::::::::\
        i{i:::Ⅳ:::ハ∧::!リル__ \:ヾ \ \::\!:.\::::::ヾx\:::::::::::::::::::::\      「ほら! ヒロインの涙は大切な時にとっておくんだよ!」

          ∨::x-‐ 、三三三  ヾ\ 三三三三ヾ\::} }:::ヾ::::::::::::::::::\ヾ:..
     ,x==x /   、  {|  |//////`丶/|   |// `ヾ\ノ:::::::::::::\:\\:\`ヽ
.  ,x</,γ'' ´   r 、 i='l!  |//////////|   |// __,ilリ'':::::\____::::::ヾ::.. ヾ::.
x<////{ i|   , ∧ ∨.,ノ  | ,r‐───v   | ,.イ::::‘,゙::::::::::\/≧x.ハ:l ` リ      ……もう私らの負けでいいっす!

//////∧ヾ -‐'--'ヾ''::´:::ゝ.. |:::::::::::::::::::::.j     ..._.∧::ヾ:::\ ::::::\////.'
///////∧ \彡'////∧:::::::>`二.. ̄_´ , イ/  |!//\\ヾ///ヾ////≧x
/////////ヾ=≦゙/////∧!\:::\./ ̄V ヾ= '´  ∧/‘,/`ヾ////////////>=‐-..._
>////<==≠========‐--ヾ\//ゝ='ソilil` ='!////}/////////////////////// .‐-- 、.,,...__




判定
Gヒロインにコンマで勝てば次の階

二重人格 >>下コンマ Gヒロイン:+2
バランサー >>下2コンマ
病弱 >>下2コンマ二桁目
魔性菩薩 >>下3コンマ
魔法少女 >>下3コンマ二桁目





                       -‐   ̄ 丶
                     /   / ̄}ノ
                      {  /
                __', { __

             - ‐            ` 、
           //   /         ヽ     .\
          //   /   /   ',  .',       .\
        /-/  _.ィ   ./ /   !   !       ヽ
      /./ ./  / /  /. /! ./  }   }         !
      } / ./  /丶 . /-―- { ′ }   ,         }      いぇい! やったね!
     !{ .{  / ! /_/  !ヽ  .!  .; ./        .}
       '! {  /ム {./  ィ=ヽ ! {   !  ; /          }
       7 !.爿       芸、!     / /        i     「同値でも花を持たせてくれるのね」
        ./ ./ iツ     乍沁 ! / ./ /_ .',       !
      / ′_      {夾シ !/! ./  //}  ',   .{   !
      /  !       ` ´ / /  / !ノ  ',   !   !
      /イ! ',          / /  /  !   .\ !   !     みんなダイコンすぎー
       !. ', ` ー       /イ!  /  .{       `{   .}
       ! . ',          ′/   /       ヽ   !
       !  ゝ――― 、   ! ./   / !       ',   !
      .}    } ヽ   }+++. /  ∠_',       ', {
      }   .} }   \_ }  }/  /    \       { !
        }   / {    _丿  /  ./       丶      {!



                 _____
            ,. . : :´: : : : : : : : : `: : : .
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、

          ': : _: : : : : :,: : : : : : : : 、: : : : : : : ヽ
         /: __「 |_: : : /: : : : : : : : : V: : : __「 ̄|__:、
         ': :[_ (_) _]: /: : : : ,|: : : : : : :V: :L__ () _」:\
       /: : : :廴_/: : ': 、:/ |: |: : : : ,: |ヽ,: : 廴_〉:、: : \      まったく、あなた達も反省してよね!
     /: : : : ,: :|: : : :|: , \_, |: |: : : /://} : |: : : |: \:、 ̄´

   <__ : : : : /:|: V: : :|/,ィ≠ミ}∧: :/}:ィ≠ミ、:∧: :∧: ー: :\          慢心したらどうなるかは皆知ってるでしょ?

    //: ://:∧: :、: : イ_):::ハ   ∨  _)::ハ }' ,|: :ハ: 、-  __:、
  ---/:イ: :/:イ: :|: :∧: { Vzり       vzソ  l}:イ: |: ::.           やれやれ、自分磨きをサボるからBヒロインなんだよ!
        |: : :/| : |:イ: : \         '     {: : : |\}
        |: ://://|: : : :|、     ,.::v     人: : :|
        |:/ lイ:|:/: |: : : :|:>    ゝ '    イ: : |: : |      「骨身に沁みるっす」
      '   /⌒`| : : : ∨{:/|>  r </⌒ V : : |
        {    | : : : : ∨乂二二_'ノ-く`} /: : : |
          乂r 从: 、: : :∨\- 、  r--}:/: イ: ,           セクシー勝負と乳比べを間違うのもあなた達のせいだよ!
           /   }:∧:\:} 、 ヽ   /' ̄ /:/∧
         { , --、}  \:}\ =-V:v/=- /'V / ∧          気をつけてよね!
         | {(__) }    V |:|>=-=< |:| }    \
        /__| l「____} |:|{ ∧_/l } |:| |  //〉

         /_j l{___| {|:|乂∨V ノ , --_、イ//
        ` ー= r-----r--个ー-、|| l / ´-_く イ          「……今濡れ衣を着せられた気がするわ……」
             }|     {_/ / く ーく__/  |
           八     }乂ノ  「     `ヽ  |
            /__∧   '  \/'  >      /      ほら! さっさと次行く!
          ` Tー\___,... イ|:\__>-r-

            |:::::::::::::::::::::::|::::::::| |:::::|:::::::::::::.




             _              イ
            __{_\     __      / |
           >--、: :>: ´: : : : `: : .、 { / }
         /:,: -: : : : : : : : : : : : : : : : : :rく ̄ ̄ ̄`ヽ、

        ,/ィ/: :,: : : : : : : : :,: : : : : : : :ヽ: | \ ̄ ̄ ヽ:ヽ

         /: ' {:イ: ,: :/:,: /: /:ハ: :}: :|: : : : :Ⅵ  ヽ     }: }
          |: |  |: :|: l: |_:{_:Ⅳ }:ハ-}:、: :l:|: :} \ }   /:/
         {: l  {: :{: :、{ィ斧    斧ミ、Ⅵ}_/  ∨   ,:./
         、{  ∨\:} Vり    Vり' |:イノ      イ/       ……演技力、すごかったね
         \     {人  ´_    ,}: }
               Ⅵ >, ``  イ: /
            r-'^リ∨` `¨- {-{:イ

           / ⌒\ \==ィ介} }^ヽ                「嘘泣きは得意」

             /⌒ヽ  \__ヽ __, { /∧
          {     \   、_〉 : : ∨ 、∧
          |     }   |||: : : : :|||__} }       「このチャイルド怖いっすね」
          |     |   |||: : : : :||l | |
          |     |   j : : : : |  {
          |     |   | : : : : |  | |           「私達が酷すぎるだけよ」
          |     |   | : : : : |  |  .



   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : 〉
  ,': : : : : : : : : : : wv,,,/~""''' ‐-: : : : : : : : : : : i

  i: : : : : :|≧'´            ', : : : : : : : : : : i
  ,':: : : : : :|          __ i: : : : : : : : : : :|      ……結局、乳比べに負けたままね
  i: : : : : :|          ′  `', : : : : : : : : : : |
 ,': : : : : : :|´ ̄`       "二ニニ.、、 : : : : : : : : : :i       悔しくないの?
 i:: : : : : : :| イ圷示      'イ圷示j/ : : : : : : : : : : |
 |: : : : : : :人 ゞ='          ゞ=' ヾ′ : : :へ,: : : : |
 |:: : : : : : :|                   |: : : : :| /: : : : : |
 |:: : : : : :∧    、            |: : : : :レ' : : : : : :i       「うっせーすよこの肉体2」
 |: : : : : : : : ',             |: : : : : : : : : : : : :i

 ', : : : : : : : : \   ー 一      /|: : : : : : : : : : : : :i
  ', : : : : : : : : : : ヽ       //: : : : : : : : : : : : : :|
  ',: : : : : : : : : : : : : ー--  イ _ /: : : : : メ: : : : : : : : : |       おーっと、個人攻撃

   ',: : : : : : : : : : : : : : : : リ  /: : ノ|: :ノ|: : : : : : : : : :|
   |: : : : : :リ', : : : : : : : ノ ./: : / |: :| |: : : : : : : : : :|
   |: : : : : :| \: : : : ィ /: : /    ',::', |: : : : : : : : : :|
   |: : : : : :| /\ /: : /´ ̄ ̄` ',::',.|: : : : : : : : : :|




               ...-―――‐- ...
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /:::::::/::::/::::::::::/:::::::::::::::::::\
          /::::::::::/::::/::::::::::∧:::::::::::::::::::::::::.

.         /::::::::::/l:::/i:::::::!:/‐-':::::: !:::::::::::::::::

         /::::〃:/八{八:::::|' _ ':::::l::::::|::::::::::|
           |:::l::|l:::l ィf苅 ヽ{ 芹苅ト::l::::::|::::::::::|
           |:::l::|l:::l〈{ Vツ    V)ツ |:l::::::|::::::::::|
.         j从八ハ .::´:::.'    .:::::::::.从:::::|::::::::::|
           |::l∧   ,--、   /イ::|::::|::::::::::|      ……あれが、Gヒロインなんすね
           |::l:::::i:....   ̄      リリ::::|::::::::::|
           |::l:::::|::个::.....┐´   //::::::|:::::::::リ
           八l:::::|::::|::|::::|:リ  __//:::::::リ:::::::/     「なに振り返ってんのよ
.              ヽルハ从厂厂  '厶彡仏イ ̄ヽ
            /: : : :/i:i/{   /: : :/: : : : : : : .         なに良い話し風にまとめてんのよ」
            ,: :_:_:/:i:i/ ',  /: : /: : : : : : : : : l
          // /:/ /∨: : /:/: : : : : : : : ;′

         /: {  //  /\:_:./:/: : : : : : : : :/



                   _                 ィ

                    ⌒\:.\             / /
                  ――\:「\-―…‐z-..... __ /  /__
               /斗-―:.:.:.:.:.|  }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\| /:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
                    ⌒/:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.〉 ̄ ̄⌒\:.:.\
                   /:.:/:.:.:.:.:.:/:⌒:.〉 ┐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.「 \     ヽ:.:.ハ    (……ギスギスしてきたなぁ
                .:.:/:.:.:.:.:.:/:.:.:./7=〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|\ \     N:.:i
               |/|:.:.:.l:.:.i:.:.:.; :.i  }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   ー⌒   ハ.:.;    やっぱりBヒロインは嫌だなぁ……)
                |! |:.:.:.|:.:.|:.:.:.l:.:.|  ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,          /:.:./
                    ':.:.:.|ヽ|:.:.:.ト |/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     __/:./       あ、次の見えてきましたよ!
                    \| |:.:.:.廴 乂:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./       ⌒フ/
                        |:.:.:.「   ゙ゝz:.:.:.:.:__rー〈
                      |:.:.:.ト     斗-=ニ二ヽ⌒\        「今度こそ乳比べに勝ってやるっす!」
                    ':.:.:.廴 〕トく⌒        ハ

                     \「⌒ ⌒\__          }
                       /⌒\__        -=ニ二 ノ   i        「引き摺るわね」



.


種目選択
1、お料理
2、早食い
3、アイドル
4、誉め殺し
5、乳
6、チャイルド
7、バーリトゥード

>>下3までで一番高いコンマ

だから乳勝負じゃなくてセクシー勝負が残ってるはずでは

3


>>108 コピペしたままでした、すみません


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                     /: : :/   /:.:.:.:.:.:.lー、 -‐l:.:.:.:.:.:V    ハ:.\
                     /: : : ::/   〈:.:.:.:.:.:.:.:l,/\,l:.:.:.:.:.:.:.〉    ∧: :.\
                     / : : : : :/   ヽ、/`ーァ、:i.     !;.x―''"v'     .∧: : : \
                 , ィ'´.: : : : : : :∧    |   /:.:.:ヘ.   /:.:∧   |     ./: : : : : :\
              , イ: : : : : : : : : : : :.∧.   │  \:.:.:.Y^Y:.:.:./  |    /: : : : : : : : : `: 、
          /:.: : : : : : : : : : : : :: : : :.\. 人   \:}: :.{:/   人  /: : : :\: : : : : : : : ヽ.
          /.: : : : : : : : : : ,ィ!: : : : : : : : :{.  个:、    |: ::|、  , r'Y    }: : : : : : :.ヽ;: : : : : : : : :丶    ―――第六宮・巳の宮
.     ./: : /: : : : : : :/,:': : : : : : : : : :}.   j∧ ` '|: ::|  ´ j: i   {: : : : : : : .: :',、: : : : : : :、: : :\
      ,:': : :/ ,': : : : : : / ,': : : : : : : : __r'ヽ  i /    |: |   ∧:.l    ',: : : : : : : : : } ',: : : : : : !\ : : ':,    月下の花―――
.     /: : /  { : : : : : / . i: : : : : ; イ      ノ !  、.  |: :.|   / 人}  .y´`: 、: : : : : :,' ',: : : : : :.i  ヽ:: :ハ
    {: : ,'    i.: : : : :,'  _{:; <       .//   ゝ、|.: :| / '  \、    ` 、: :/  i : : : : : :l  }: : /
.    \:、   ',: : : : ir':´:'-‐‐、   , rヒ':´:.//:       |: ::|´     ,ィ≧、,,     >zー-、: : : : :j   ,' :/
.     `ヽ  辷二´ ̄≧、:.:.:.:.:j<: : : :.// /:    |:: :|     ! 〃": : :\:> , /.:.:.:.:.,ィ≦ ̄`二フ
      r-,{`v _|`i ハ {  ,,》.:..:.i: : : :≦=z≦≧ェ、___.|∨|____,ィ彡': : : : : : :\/ `i.:.:.:.:《,,  } ハ~i´|__ y'Y7
      ヽム 'ーl ー| `,,/ー'-‐"',:イ: : : : : :/ : : ::` ̄ ̄´ヘ:/` ̄ ̄: : : ∨: : : : : : :\ `:x:.:.:\,, `' j" /'ー' ./'´

           `''"`"`´    /: : : : : : /.: : : : : : l: : :ハ:::::::/: : :|: : : : : :\: : : : : : : :\ ` ̄ `"`"`´`' ' ゙
                /: : : : : : /: : : : : : : : :.!: /::::!:::/: : : :i: : : : : : : :.\: : : : : : :∧

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――





              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
         ,′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/_ !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ

.          i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l  i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \
         l:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:i |ー ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.i ハ.:.:.:.:.:.: 乂 :\
           |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト ハ土_ヽ∨ .:ト.:.:.:.:|:.:ハ |-|.:.:.:.:.:.: \   \
           |:/ :.:.:.:.:.:.:i|忙う气.. \! \∧|_|/斗:从イ.:.:.:.:.\ ` 丶
.         / :.:.:.:.:.:.:.:.i|,弋汐.        忙气イ:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.
        /:.:.:.:.:i :.:.:.:.::i| ´¨        .弋汐 .}:.:.:.:.:|\:.:.:.:.:.l
.       / 斗. : ト :.:.:.:.:i|.       i  ´¨´ .|:.:.:.:.:|:.:.iハ.:.:.l     ……人を捕まえて蛇だなんて……
      //| {: . | |:.:.:.:.:i|       ′     ハ:.:.:.:|:.: | ハ :l
       .′ | :',.: | .:丶 . :i|.      _      /:|:.:.:/:.:.:.:|  .:l     失礼じゃない?
        |:.:.:.:.:l :.:.:.:.:`トi|    ´   `    .イ :.|:./:.:.:.:.: |   !
         |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:lヘ        イ :| .:.!:.:.:.:.:.:.:.:.|
.        |:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.l.  `  ー <  |\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|    「初対面で文句言ってきたっす」
.          | . :.:.:.:.:.|.::.:.:.:/.l        .|) \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
         | . :.:.:.:.:.|:.i:._/ l          /    |ヽ :.:.:.:.:.:.:.:.|
.        | . :.:.:.:.:/ /  .|         ./     .|  \ .:.:.:.:.:.|        ……それで? 誉め殺し?
     , ´ ̄ ̄ ̄  /  |        /      |    丶 ̄ ̄ ̄`ヽ



                       ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                   /::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::: ヽ:::::::::::::::::: :.

                    . :::::::::::: : /   ′       、 ヽ:::: : :.
                    /:::::: : ′ ′::: l::::::: |:: : ∧:: l.|.l:::::::::     i:.
                 ′ ′.|: : i....|::: |:::: : |: : ′l:: l.|.l.|:::::: |i:: : |l|l:.

                    |: : l:|:::|l.l:: |.. |::: |:::: : | ″ l:: l.|..l|:::::: |l:: : |l|l :.     っはっはっは、こりゃ勝ったっすね
                    |::: : |:::|..l:: | l.|::: ||:::::::|:ll _|:::j」_l|:::::: |::: : |l|:: :
                    |::: : || |::i:l | l.|:: 八: : |:il _人ノ|/ノ::: : |::: : |l|:: :        こちとら受肉エンドっすよ
                    | : l::|| |::|乂从/  \レ tラll刈'il|:|:::: |::: : |l|:: i
                    | : l::|i人ltラiilハ      弋ztlソノil:|::::::|::: : |l|:: |
                    | : l::||:l:|弋ztiソ        |   |i.|::::::|::: : |l|:: |      「ついに自分のエンディングまで持ちネタにし始めたわね」
                    | : l::||从 |     ,       |   |i.|::::::|::: : |l|:: |
                    | : l::||: ハi|         |  リ}:::::|::: : |l|:: |
                    | : l::||: |:::人     ィ _フ   i|  イ::|::::::|::: : |l|:: |      「さすがBヒロイン……すぐ慢心するのね」
.     ,  ,、           | : l::||: |:::|:::个ト     . イ li|: l::::|.|::: : |l|:: |
  // / /  /`l       | : l::||: |:::|:: ||l:|: l|i/` ´_彡'"i|/:::::|.|::: : |l|:: |
.  :.::/ / /  / ′       il l::l::リ: |:::|:: ||l:i:/ 〉-く      i| |::: l||: : ̄: :`:  .     慢心せずしてなにがヒロインか!
 .:: :. ′l  ' / /l      il l::k':::::|斗.七´/ イi:i:i:i:〉、  /ij |:::/||: : : : : : : : :./`:.
 ,; : : : | ′' / :'      乂'.:.\j /.:. .:./.' /`ヽ'  y.: : :. :.V...ij.: : : : :. :.:.:./: : :.:.
  :  ': └' ト' ′     ′|: : : :./.:. :.:.′/i:i:i:l   /.: : : : :. :.ノ.: : : : : :.:.:./.: : : :.:
            〈      l: :.|.: :. .:.>.:.:l /i:i:i:i:l /: : :.< : : : : : : : : : : /.: : : :. :.:




            / =ニ二ヽ
           ll       ))
           ヽ > ´  ̄ <、

            /    /      \
          /   / /     l  ヽヽ
          /  / /      l lヽ ヽヘ
         l l l l  ll    / /l ヽ  i
         l  l l   l  ll  ///--l  l /  l
         l  l l  l  \ l l/≠λ/   lヘ
         l  l l   l   l ll 弋斗ノ / l 丶    ……ほめごろし?
         〈  l ヘ l  l∨,   ノl  /l /
         l  l lヘヽヽl   _    /  / /ヽ
         /l  lj \l \     / /   /\        「え、っと……とりあえずサーヴァントを誉めて!」
         /l    l/ll|ll|l||ll|lll| /   l  ヽ
       、<j    l l ` ̄ ̄´ /   l <  )
        l  ヽ   / ヘ     /    j    ヽ    ……ランサーを? わかった!
       ll  \  l   ,ゝ ´`丶l    l     /



             / /     /   ヽ /   / ヽ
          / イ       /`゛ヽ       i   ハ
            //|    / /    `'""ー一┤  ハ
          rク |   / /           | |   |
          rク  |    7 ー- 、       | |   |
         レ′  |  l 斗‐z ミ    ,. ー- _ l |   |
.        / /   |  | ト |:::':リ    ′,.ニ-、`ヽ    |    まあ、こっちもアーチャーには感謝しているしね
        / / / | ヘ |  ̄        」:::'リヾ∧ |   |
     / / /  ||  |∧       i    `゛ / ||   |     やってみるわ
.     / / /  l ||  | ヘ    、_      /   j  ∧
    / / /   ハ|  ∨ \   `ー'´     イ   / / ∧
.   / / /     \ マ┤`   __,  r< |  / / / ヘ
  / / /   |  ,ヘ.\      | ,ハ | .//     ヘ      「はーはっはっは! こりゃあ勝ち確っす!」
 / / /    _L.__ノ   ` 一   / j'′ \ ″        ヽ
./ / ム -‐   / |    \  //     卞「 ー-  __   \
 //´         |  |    厂\⌒ヽ   ||        ヽ   \    ……フラグ立てるのが趣味なの?
 /           ヘ |   / ヽ0l   ∨   |/         ∧     \
./      |    ヽ|  /    ∨   ∨ ノ           ∧



判定
Gヒロインにコンマで勝てば次の階

二重人格 >>下コンマ Gヒロイン:+2
バランサー >>下2コンマ END:+2
病弱 >>下2コンマ二桁目 感情度:+1
魔性菩薩 >>下3コンマ 感情度:+1
魔法少女 >>下3コンマ二桁目 感情度:+1



                          /二ニニ==-
                        / /
                        / /
                       ( ( 、

                     .    ̄`>   ̄ `   、
                    ´   / / / ̄ `  、 `ニ==-‐
                   / . ´ /   / /     \  丶 ヽ、
             , /  /  /   :, ' '       ヽ  ヽ   :.
            // ./ /    /  {、  {  ヽ \   .   :.       そんでねー、ランサーがねー
          〃/ /  /  .ィ {    {丶 '.   \ ヽ :.  } .ィ
  \        {{ /  /  ∠..{l {'.   { ‐ヽ‐\    ー--‐ 彡'      こーやって、槍びゃーって投げたんだよー
   ヽ―---‐  ´  ... -= '/  ヽ{ '.   { /  \{`ー-  -‐<}
.     ` ‐--‐ .ァ'´/ /  灯  ーヽ '. '/ー  ヽ..   :  '. ゙ミ 、           . ⌒
          /´/ /{   /{ ,ィ==ミ  \ヽ チ==x{ \  :.  V \ 、        / . -
.       /  { / l{/{ ∧.        ,  ` 、     ハ l}\}   }   `  二ニ=彡^´     「……そう、それはよかったわね」
.     ,/  ./∨| { l{ { ∧.            ヽ. .∧   ',     \
   〃    〃  イi  { { {l{ ∧    -―‐‐'  . メ ∧   ミ      ミニ=ー   _        /
  //    / ,/ {,  { {  {  `        イ ハ    \ 、  ヾ             ̄ 三ニ<
. { {     {//  {     { !    }゜ ≧-≦  {  人  \  >     \              >
. { {     //   ヽ  ヽ { }ニー.ハ.li!|!ii1!l!lililli|!ト ー=\      >    ヽ                \
..八 ヽ  //{   ,ィ}    '.   |<   ヽ.       >::::::::>   ヾ   ヽ     ー二三           ヽ
.{  `ー` ====ニ彡,'∧      |.:::\―-、'’ ,  ´-‐/:::::::::::::::://`ヽ、     ',   ∧     ̄~二ニニ―     '.,
|   ,' /   / . |  |   .|:::::::::>  /⌒\<:::::::::::::::::::://   \  ヾ ヽ   ∧



                〃 : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : :ヽ
                   /:/: : : / : : : \: : : : : : : ヽ : : : : : : ‘,
                /:/: : : : ト : ヽ : : \: : ヽ: : :‘,:‘,: : : ハ
             /: :| : : : : | \: \: : :\: :\: :‘,:‘,: : : |    ……さて、じゃあ彼女の勝利で良いわね

               /: : 从: : :l :|   ヽ: :\\: く厂\{: : :l: \: ヽ
.              /: : /|: :|: : l: 「 ̄`  ヽ__ゝーУ示ミト : |: : : \: \
             /: : /: |: :| l :Ν´示ミト       之zツ从:|): : : : :\: \    「わーい!」
          /: : /ムl : | l: : l  之ツ        ム : |: : : __l    ̄
            /: : /   ノハN: : :ゝ       l        ノ_へ ー、 ヽ
          ̄    /: :ハト-ト-ヽ     _,  /‐ァ 〉 〉 / /        じゃあ、さっさと行きなさい
                /: /: : :|: |: : :个    `¨´  /´ ̄      /:l
                 /: ム  ̄ ̄ ヽム┴ア`ヽ ┐´   ┘__ イ: : l
             //        / /  ∧└ ― < ´ハ: : :|> : l
           /       / /    { |     У ヽt≧ ´  ̄ ̄ ヽ       「……あれ? 私のランサーも結構良い話だったすよ? あれぇ?」
              /       / く     | |      ハ}   /        ‘,
            /         /  .\     | ノ     /| l!  {             }
          \        r       \   く    ノ | l  ノ         /




             / /     /   ヽ /   / ヽ
          / イ       /`゛ヽ       i   ハ
            //|    / /    `'""ー一┤  ハ
          rク |   / /           | |   |
          rク  |    7 ー- 、       | |   |
         レ′  |  l 斗‐z ミ    ,. ー- _ l |   |    ……こんな事に優劣をつけるのは良くないわ
.        / /   |  | ト |:::':リ    ′,.ニ-、`ヽ    |
        / / / | ヘ |  ̄        」:::'リヾ∧ |   |
     / / /  ||  |∧       i    `゛ / ||   |     「ドベがなんか言ってるっす」
.     / / /  l ||  | ヘ     __ '      /   j  ∧
    / / /   ハ|  ∨ \      `   .イ   / / ∧
.   / / /     \ マ┤`   __,  r< |  / / / ヘ       ……五月蝿いわね、そこのGヒロインもそうじゃない
  / / /   |  ,ヘ.\      | ,ハ | .//     ヘ
 / / /    _L.__ノ   ` 一   / j'′ \ ″        ヽ
./ / ム -‐   / |    \  //     卞「 ー-  __   \
 //´         |  |    厂\⌒ヽ   ||        ヽ   \
 /           ヘ |   / ヽ0l   ∨   |/         ∧     \
./      |    ヽ|  /    ∨   ∨ ノ           ∧



                          ,.:::――――:::..、
                          ィ ⌒:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::`::、
                   /:::l:::::::ト:\\:ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ        愛など不要

                    /:::/:::l::::::::ヽ`ミxヽハ::::l::::::::::::::::::::‘,
                /:::::::/:::::/、\::::K´≫ァ卞l:::::::::::::::::::::::::.
             -=彡イ:::::И:::L__ヽ{ーゝY ヒ少'l:::::::|::::::ヽ:::::::::.

                 /::::::::::|:::lrア卞        ;:::::/|:::::::::ハ::::::::.    「言い切っちゃったっす」
                     '::::::/l:::::::N 沙ノ      /:::/ |::::::ム}:::::::‘,
                |:::/ l::::::ll  ヽ     /:::/   |::::ムイ:::::::::‘,
                |/  rl::::::lヘ   r‐ 、  ̄   |::/:::::|:::::::l:::::::ヽ     「……あれも、Gヒロインの形なのね……」
                   / L::_| ニつ ´       И:::::|:::::::::l:::::::::::\               )ヽ
                  /   厂ヽハ⌒>:.、     . ´   |:::/:::::::::::l::::::::::::::::\                 /::::}
                _/     / /7 ̄l:::::::::ー:::イ    / 7::::::::::::::;l:::::::::::::::::::::ミx  _____ /:::::ノ
             _/r  ―_/ / ⌒ヽ:::::::r ‐┤  r ´ /::::::::::::: /  ̄ ヽ:::::::::::::::::::不::::::::::::::::::::::::::::/
        /く/   //⌒  ̄   <  ̄ /  /    /::::::::::::::/     \::::::::::::::::::::\  ̄ ̄ ̄
       /- ― ー-7/       /  > / ̄/ __,/::::::::::::イ /       ハ:::::::::::::::::::::: \
      /´  / /   /ム へ   /  <   /__/__| /::::::::/ノノ/         └、:::::::::::::::::ハ、::\      「あ、ははは……」
    ´  ̄ / /   /´      ./     У /   //::::::/ ̄`          \::::::::::::::‘ \::\
.      /   \_/     .....{ .........../  / /::::/-´...........  |    .......    .... 〉::::::::::::::‘, \::\
       /      l     ...._  ‘,......./  -=彡::::::/..........................| ................  ....... /::::::::::::::::::::‘,  \::\
.      /       ノ  ..../.....\ ヽ::/  / /::::://...........................イ................ ............ イ:::::::::::::::::::::::::::i     \
     /     /彡ィ/::::::::::::::::::://   ,/ l::::::l/ ................. // \_..... ........../::::l::::::::::::::::::::::::::::|
     ヽ -- ―   /::::::::::::::::::::::::l/  /   |::::/     ........../:::::::::::|.................|:::::::::l:::::::::::::::/:::::::::::|




                 /
               // ___
                 /:.//.:/-‐…‐-..、
            .....-i:.:.|':.:.:/:.:.:/≦二二..
            ....<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ー-.....、:.:.\
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:ヽ ̄
      ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:十:.!:.:l:.:.:.:ヽ:.:.iヽ
      ′:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:ト.:.:i:.:.:.iヾト、i:.:.:.:i:.:!:.:!:.:i

        i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,iヘ´:.i ヾ!\| .{沁ヾ:.:|/.Vヘ:|      そ、それじゃあ行きましょか
 .ヽ><⊥,,:.:.:.:.:.:.:.:.:.':|:.ix≦心   夊}_ Vヘ   j
  `< 、__ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:〃 ら ::ハ    x ハ:}

     >" ̄} }ー-、:.:.i:.:.i 叉梦     /
   /:.:.:.:./ヾ|ヽ .Vト:人 xx    。 _イ           「そうね……これで、半分?」
    i:.:.:.:.{   .i   V乂:.:ミ=- =≦-予
   l:.:.:.:.!   \  .!  >一' - _ァ ヘ\

    \:.:乂__, \|  /  }____ ィ彡Vつ
     `ー''"´     /  /       ノヽ       はい、そうですね
                /  /`ー――‐ ´ヽ/
             T>'く  li  il .イ
                }::¨7ー‐く¨::i

                  {:::/    `¨



      |::::::::/:::::/::::::/:/::::/1:::::::/i::::::/  |:::::::|::::::::::::::::::::::::::|
     ,'!:::::::!::::::!:::::/〃:::/! |::::::; |:::/    ::::::::!::::i:::::::::::::::::::::|
.    / |:::::::|::i:::|:::::| |i i:::| ! |::::::| !::i ̄ ̄ }:/i:|i:::/:::::::::::::::::::::|
      |:::::::|::i:i八::{_|i八{ ! {::::::| 八{ ___ノ' ノ'ィイ::::::::::::::::::::::::
      |:::::::|::i:| ,ィテ斥笊x \{   xテ斥笊ミ'|::::::|:::::::::::::::::|
      l::::::::}从{{ | __).::::}        __).:::::} } |::::::::|`ヽ:::::::::::!
      |:::::::::::i | iV辷ヅ      V辷ヅ ' |::::::::| /:::::::::::|          はっはっは、このまま快進撃するっす!
      l:::::::::八! !.:::.:::.::.  ,   .:::.:::.:::.:::.:   ;:::::::::|./:::::::::::::::
      |::::::/:::::| |                   ;::::::::::|::::::|:::::::::::|
      |:::::i:::::込. |     _ -       /::::::::::|::::::|:::::::::::|         「……さっきボロ負けしたの覚えてないのかしら?」
      |:::::i:::::i:::::::|:..、   `ー‐ '      イ:i:::::::::::;:::::::::::::::::::|
      |:::::i:::::i:::::::|::::::>...      ..    i:::i::i:/:::::/:::::::::::::i::::::!
      |:::::i:::::i:::::::|:::::{:::_i::/i`¨¨    __ノV::/:::::/::::::::::!::/::::/       んじゃあ! いくっすよ!
    , -┴八::::!/i从/ : / \__  -‐   /:/:::::/::::::::::::i/::::/--



種目選択
1、お料理
2、早食い
3、アイドル
4、セクシー
5、チャイルド
6、バーリトゥード

>>下3までで一番高いコンマ


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

               |圦, - 、   |:.:.:.:.|’:.:.:.:.i
               |:.//V_, |:.:.: ,′:.:.:.:|
               |:乂/:.:ィ}/|:.:.:,′:.:.:.: |
                   ';.:.:{ ア | /|:.:,′`ヽ:.:.:,
            .r==ミⅥi ,/ ,:.:/ / }! :′./
           / j   } Ⅵ/  /:/ , ′  }!:.:∨ /    ―――第七宮・午
           Vハ_  n_j:.} / ./:/ /  ./   }!:.: ∨ /
             iE⌒¨´ ヾ/_./: ′{ , ′  }! :.:. ∨ /    馬の骨―――
             | `「 `j:.、\`丶、/    }!:.:.:.:. ∨ /
            .八 .j ∧:|\ 〉  \   ∧:.:.:.:.:. ∨
           }ト./  V‘!  ′     ヽ / }!:.:.:.:.:ト‘,
          ./}/   ./ ヽ {         \ }!:.:.:.: | ‘}
          〈_〈__,. 斗―-‘}_       / }!:.:.:.: | ;!
       / ̄ /        `  .,___,∠Υ:.:.:∧j ,/
      /   .′        )k、       `:,:.:.:{//
       {    ヽ__   -―――- \_      }7:.:.:≧=-,.イ
    _,. -‐   ̄ ̄             ̄ ‐- _八:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ
  }ニ={__                     _ニ=-=  ´
     `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´ ̄


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――




               /////////////////////////∧
              /////////////////////////// ∧
.             //////////_-----------∨/////∧
             |////// ̄/ ̄      _|_ ∨/////∧
             |/////| _/_        |   ∨///// |
             |/////| |           ===|//////|
             |///// ===       |///| |//////|
             |////|.  ||///|       `¨|¨´ .|//////|
             |////|.  |`¨¨´        |   .|//////|
             |////|ヘ. |           |  .|//////|
             |////| V.            |.  |//////|    ……ここに居れば獲物が来ると聞かされている。
             |////\_|              |.   |//////|
             |///////.ハ        r‐,  .| ./////// |
             |//////////`ー _ __´  | |////////|       「いきなり命の危機っす!?」
             |/////////////_|         | 7、//////.|
             |/////////////l         | |/////// |
             |//////////./ハ.         .| //////// |       「……遂に人外まで……」
             |////////./  ハ       /////////.|
             |///////     ハ     //////////.|
             |//////|      ハ    ///////////|
             |//////|       ハ  ////////////.|



        ,へ、|| ̄|| /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:..::.:\
       << \|  ,'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:._::.:.:.:\:.:.、ヽ
    ,. ――-`==V/:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ト- ヘ、:.:.:\:ヽ、

   /:.:,. -― ―ァこ}:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,、:.: -ーヘ' \,.ヘ:.:.\:.:.:.:ヽ:.:\
.  /:.:/     /,〃ヾ ,' ´ヽ-― T r:ト、、:ヽ:.::V:.:`ヘ:.ヽ:.:.:.', :.:.:.|ヽ.:.:l        ……え、えーっと……
 /:./      ///|:.:.:.:/r'7-― T:.|:.:.:.:|:.! ';:.!:.:|、:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.',:.:.:iヽ:.l !:.:.|

 |/      // ,'∧:.:.:|:.:.:.:.:.:.:!.:.:!:.|.:.:.//  |トムL」_:.:.}イ:.:.:.:.l:.:.:| |/ ,':.:.,'     お料理対決らしいですよ
 |:.i     // .i|',:.:.|:.:.|:.:.:./ /斗‐'Z   リr==、|!://|:.:.:.:ハ:.:'  /:.:./
 |:.:'、   //   | | ヽj:.:.:|.:.:.i'´ ,.r==         K:/:,'!:.:./ レ′/:.:./
 ヽ:.:\  L!  .| |   {ヽ、:.| ′     、    | Y/:./   ク/
  \:.:.\_ ,.┐L!   \|:.:.',        _ ,...   ノ:.:.:| '´    /         「……貴様等を?」
.    \:.:< ||     _!:.:.:ト、    ヽ..ノ  /、!:.:/
     r rr‐ィ' i , ァ   rii \:ヽ_`ト 、 .._,. '′ノ!:人
     UUノ  y'/    ,'| |   `ー |::::::::::::::/   〃  >、         「一々怖いっす」
     i  , ''" ,′  .∧l |     |::::::::::/     ,. '´,.-┤
     ト、  ,.イヽ、  | `| |     ト-v′   / ./  |
     l. \/::┌~ 、_ | |_,. -==! ム、_   / / ,. -‐┤             と、とにかく頑張りましょう!



判定
Gヒロインにコンマで勝てば次の階

どくろ 3固定
バランサー >>下コンマ
病弱 >>下コンマ二桁目
魔性菩薩 >>下2コンマ
魔法少女 >>下2コンマ二桁目



                   ,.:′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
               /:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
             ′:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:、:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:ハ

              i:.:.:./:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.i| 、:.:.:.:.|: . . . i. . . . ::.:.:.:.:i    よっし! 勝ったっす!
              |: : : :/: !:イ: : :i: :.:.:.:|:.:.:.i|  ',:.:.:.:}、::::::::i:::::::::::::::.:.:.:i
             |. .i:.:|:.: |'_i:.:.:.ハ:: : |i:.:.:|{ _.. 斗:.| |:::::::|:::::::::::::::::.:.:i

             i: i|:.:|:.: | _i:.|iヽ_,ヽ.:| 、:.{ヽ _.」:} リ:::/:::::::: |::::::.:.: i

                  |: !V|:/.|yt示:メ、 ヽ ヾ,イ.:.:..i:ト、レ:::::::::::::|::::::::: :i
                  |:.i:::::ハ{{.|i:r':. |       r':.:.:}:|:} i} |::::::::::::|::::::::::.:',       「下手糞が何か言ってるわ」
                  |:.i:::::::∧.仆.z:.i      .ゞ-.i:|  .|::::::::::::|:::::::::::. ',
                  |:.i.:.::::::::} |:!:.:.   ,    .:.:.:.|:|   .|::::::::::::|:::::::::::::. ',
                 ,':.:i::::::: ハ|:!             |:i  .|::::::::::::ト::::::::::::::. ',        「おいしくなーい」
         _     .i:.,イ::::::::: : |:!、   マ .フ   |:i ./.!::i::::::: |::::::::::::::::ハ
     / ヽ.´.7  |:i |:i::::::ト:: |:|::>..  ` ´    .|:i´ ..i:::|::::::::'::|:::::::::::}:::ハ
    / /   >、   |:i |:i|:::::| : |:|::::::::::::>tェ.<  |:i. ´.|:::|/::::'、:|:::::::::::iヽ::::i
   .{ ./ , -‐´ _}. .|:i_|:i|:--:.-.i|´ ̄:/:.:{ ヽ ,.-‐´|,'  .|:/:}:.:i: : }`: : ‐---`..._      泣きそうっす!

    i    ´ ̄ } ∧:.:{: : : :.:.:.|: : :/: ./,イ:三:ヽ .|   ./: :|:/: : |: : : : : : : /: : :ヽ



         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/゛゛゛7ヾ; ; ; : : : : : : : : : : ∧
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/   /    ゛´' ' ' '、: : : : : :i
      j: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/   /         | `}: : : : i
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /   /             | |: : : : :|
     j: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : {―-./ _           | |: : : : :i
      i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : {   j:::::、           | |: : : : :i
    ,': : : : : : :,r┐: : : : : : : : : : : : L___-/ヽ::ノ r:::::::::::..、,.... ̄i-.i: : : : :i    ……ふむ……

     i: : : : : :./  {: : : : : : : : : : : : :i:::::::}`ミ、  {::::::::::::::-'´ .|| .|: : : : :i
    /: : : : : :{  .i: : : : : : : : : : : : :i_::/_/    ヽ::,r彡‐‐.テ、| i: : : : :i
   ,': : : : : : :ヘ  .i: : : : : : : : : : : : {  i、      {:::::::://`i/: : : : : i        まあ、なんだ……食うか
   .,: : : : : : : : :ヽ .|: : : : : : : : : : : ::i  i       `ー=く /}: : : : : i
  .,: : : : : : : : : : :`:i: : : : : : : : : : : :{   i      ヽ      ;::i: : : : : i
.  /: : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : i  .|           /: |: : : : : i
 /: : : : : : : : : : : : : i: : : : : : : : : : : i  i          /: : }: : : : : i      「てったーい!」

./: : : : : : : : : : : : : : :i: : : : : : : : : : :i .iヽ、 __,        /: : :i: : : : : i
: : : : : : : : : : : : : /、`i: : : : : : : : : :| i        , .イ: : : :i: : : : : i      「きゃー!」

: : : : : : : : : : ::/   ヽi: : : : : : : : : :ト、i     _ イ: : : : : : : j: : : : : i
: : : : : : : : ::/     i: : : : : : : : : :| i7≧-<: : : /|: : : : : : :i: : : : : i
: : : : : : ::/      i: : : : : : : : : :{/.| ヽ: : : : : / .|: : : : : :i: : : : : i        「わー!」

: : ::> ´  ヽ      i: : : : : : : : : { i  i\:_:ノ  |: : : : : :i: : : : :i
/       \    i: : : : : : : : : | /  i  `ヽ、j: : : : : :j: : : : :i




      _l       , -ー―----、
      \     /´ヽ /ヾヽ、   ヽ
.     <  / / /ヽ/ヽ ヽ    ヽ
.       /  //, '/l    リヽ ヽ 、 l     ……きゃぁ!?
        /|l {_{ ノ.    `ヽ.|  |   |
         / |ll l l ●    ● | /   |
        /ヽ| l⊃ 、_,、_,⊂⊃/ |ノ│|       「肉体2がこけたっす! この隙に!」
         |ヘlj   ゝ._)  /|   ! |
          |  /⌒l __, イァト  │ |
          | /  / |  / {   ヽ| |     ヒロインの思考回路じゃないわよ!?
          | |  lヽ∨ /     | |



                   ....-―…―-....

                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ
                    l:::::::::::/:::l:::|::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::.
               |::::::::/:l:::ハ::|\::::ヽ::::::::|:::::::::::::::::::::|
               |::::::::!:ハ!_l::!  \|ハ:::ハ::::::::::::::::::::|
               |::|::::|:::;イ了ハ  ヽ l/__, |:::::|:::|::::::::|        ついでに骨まで食われたら証拠も残らないっす!
               |::|::::|::ハ ゞ゚' , ´ ̄ !` !:::::|:::!::::::::|
                    |::|::::|:::⊂⊃  _,   | .|:::::|:::!:::::::_!
                   |::|::::|::|:::l:`::.. _  _,. イ .!:::::!:::|:::/ |      「あんた絶対Gヒロインになれないわよ!」
                  八|::ハ|:::|::|:::ハ:ハ|  | 从::从∨  |
                  |'  ヽ-‐=ニ ィ   /.l/: :`_!__,/__
                 // : : : /---/: : : : : / __   ',
                 / :l/ : : : /ニニ/: : : : : : : {_/---  }               食われてなれないのはあんただけっす!
                 /: :_!、: : : :!__/ : : : : : : /:./(/`    |
                   /:./ ゝヽ/____,: : イ: : :/:.{ l ィ、__ハ
                /:.{: : : : : >{ス-‐'" : : : : : : |: :.ヽ` フ: : /       「あ、ああ! 次のが見えてきました!」
              /: : : ヽ / / ̄! ヽ: : : :ヽ: :ノ: :!: : : `´: :/


種目選択
1、早食い
2、アイドル
3、セクシー
4、チャイルド
5、バーリトゥード

>>下3までで一番高いコンマ


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

           |: : : : : : : :ヽ  |        `ー'´/: : : : : : : : : : : :{
           ヽ : : : : : : : ヘ 、  _/   /: : : : : : __,,...,,_: : :}
           |: : : : : : : : : :\  ´ー   /|: : : : /    `ヽ、
           ヽ: : : : : : : : : : :`ヽ、  /{ {: : : /        \

            \: : : : : : : : : : : :  ̄: : :| ヽ :/          ヽ    ―――第八宮・未

              ヽ: : : : : : : : : : : : : : : ハ__):|           ヽ
               \: : : : : : : : : : : : : :`>‐ァ!            ヽ     偽りの黒羊―――
              、__ノ: : : : : : : : : : : : // |            ヘ
             Σ: : : : : : : : : : : : : //   |             ヘ
                \: : : : : : : : : //    ハ               i
                `ー----/7´    / ヽ             i
                    / /     イ  ヽ            |

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : \
               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
           /: : : : : : : : ハ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : ヽ
          { :ィ: : : : : : :ノ `ヽー‐-、: : : : : : r‐、: : : : : :}: : : ヽ

          | :|: : : : : : :(__ハ   イニz、\: : : :{イ i: : : : : |: : : : :}
          | :ヽ : : : : : : : ノ/r'辻ソ)   ヽ: : }し |: : : : ノ: : : : :|
          |: : : \___/   `      i: : !、_/: : : : : : : : : :|     はぁい、みんな
              |: : : : : : \弋ツ      (_ノ: :/i: : : : : : : : : : : :/
           |: : : : : : : :ヽ  |        `ー'´/: : : : : : : : : : : :{    ……なんで死にそうになってんの?
           ヽ : : : : : : : ヘ 、  _/   /: : : : : : __,,...,,_: : :}
           |: : : : : : : : : :\  ´ー   /|: : : : /    `ヽ、
           ヽ: : : : : : : : : : :`ヽ、  /{ {: : : /        \

            \: : : : : : : : : : : :  ̄: : :| ヽ :/          ヽ     「……ちょっとまって、この女ぶっ飛ばすから」

              ヽ: : : : : : : : : : : : : : : ハ__):|           ヽ
               \: : : : : : : : : : : : : :`>‐ァ!            ヽ
              、__ノ: : : : : : : : : : : : // |            ヘ    「かかってこいっす肉体2、ハズカシ固めして永久Bヒロインの座に案内してやるっす」
             Σ: : : : : : : : : : : : : //   |             ヘ
                \: : : : : : : : : //    ハ               i
                `ー----/7´    / ヽ             i      ……仲悪いのね
                    / /     イ  ヽ            |



                                             / /     `ヽ \

                                 ,  <  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ| |       }  |
                               /              \
                          __  ノ                    \
                             ∠_                            \
                            /                           ∧
                             /             /           |     ! ∧
                         /   /  _/_   !      ./     /|   .!  |      みんな仲良し!
                          |    |      `ヽ|     /     / !   |  |
                             ノ     .|   |     |    ノ  ̄ `ヽ  .!    |  |
                     _≦  |   |   |ィr=ミ、  Ⅵ /            ./  .!      「……そ、そうかなぁ」
                        ̄ ̄|   l  / , , ,   ∨ ,ィ=ニミx   /   /   |
                             /   l|八            , , , ,  /   /   ∧
                      /     ,八     _ ′        /    /  |  ∧     じゃあ、えっと……こども?
                       __/ ,       \   ∨  ̄ フ  厶     /  |\  !
                  ` ー一/´  /|     \ `ー     /    /   .|   \|    やろうよ!
                        /  /  |     |  ∧\ _  -一彡     /     .!
                        /     /∨  ∧   .|      |  /    /     |
                       /   , -‐ ∨  ∧  |      | ./    /      \      「……最近の子供って怖いわ」



         ,.------ 、
       /:.:.:.,.----、:.:ヽ'´  ̄ ̄ ̄ `ヽ、 / ̄ ̄\
      /:.:.:./    / ><:L:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ

      |:.:./      /</!_」:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ̄ ̄ヽ\|
      |:.:|       i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:../:.:.:.:.//:,小\:.:.:.:\!
      |:.:|      |:.:.:.:.:.:.::.:.:.:|:.:./:/斗=ミ/ |: : |: ヽ: : :i!
       Vヽ     八:.:.:.:.:.:.〃^V|/:,ィ爪_∧/j :N: : :|: : :|        で、でも私達子とかなら有利ですね!
       \_>    ヽ:.:.:.:八 }!:.:|  以  {/:/ハ: :ト、: :!
               ヽ:.:.:/`!:.:!      〉//: / / j/
              r‐‐< 、_|:.:|  ー ,.イj/j/j/
             _」  _ ,> ヽ!--<j/                    「お姉さんだって有利なはずっす!」
            /   / / ̄ ̄ヽ

           /   // //  ̄ V
          /     // /      /          そ……そうですね……
        ∠二二二 / /      /
         〈-----、__/      ∧
       /        /       / |



         |::::::::l::::::!:::::::l::::::l:::::::::::::::l__,, ニl::ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
         |::::::::l::::::l:::::::l::::::l::::::::::::::::!   l::! ヽ:::::l:::::::::::::::::::::::::::::::,
         |::::::::l::::::ト、::::ト、::ト、:::lヽ::::! __,,ニニ、 V:::|:::::::::::::::::::::::::::::::,
       l:::::::::!:::::! |、::!_ヽ! ヽ! ヽ!イ 衍示ミ!:::|::::::::::::::::::::::::::::::::,

          !:::::::::!ヽ!イ衍示`      {r':::::爿 } l:::::::::::::::::::::::::::::::::,      ようっし! んじゃあ行くっすよ!
         l::::::::::',  | {r'::::リ        弋_;;ツ   !::::::::::::::::::::::::::::::::::,
        !:::::::::∧ .!.乂;V         |   V:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        !:::::::::::ハ .!      '         !    }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        !:::::::::::::ハl      r-‐―ュ   |    !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,\     「……子供かぁ……苦手だわー」
         /:::::::::::::::∧.     ヽ   ノ   |    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, ヽ
       .,::::::::::::::::::::::|:ヽ     `     |  <  V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l  ヽ
      .,::::::::::::::::::::::::|:::::::::>:..、     , ィ     〉ヽ:::::::::::::::::::::::::!:::::::::l   )   「……はぁ、帰りたい……」
     .,::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::`:T ´      イ  Vヽ、::::::::!::::::l/l::/リ
     l:::::l:::!:::::::::::::::::V:::::::::::::::::::// !     イ     i ヽ: :\::!ヽ::! l/____
     i:::l:l:::!:::::::::::::::::::V:::::::::, イ/  \ r'"     /: : : : : : :!: :)': : : : : : : :`ー:
     l从レ'ヽ!::::::::::::::::::_,,ィ: : : :!   /二ヽ     /: : : : : : : l: : : : : : : : : : : : :



判定
Gヒロインにコンマで勝てば次の階

泥棒 >>下コンマ Gヒロイン:+2
バランサー >>下2コンマ
病弱 >>下2コンマ二桁目
魔性菩薩 >>下3コンマ チャイルド:+1
魔法少女 >>下3コンマ二桁目 チャイルド:+1




             / ̄ ヽヽ
               -  ̄ ̄  -、

            /         ヽ 丶     「え、えーっと……アンケートの結果は……
               /  /  /    ヽ ', ',
           /  /  /    } 、 .i ',  ',    あ、勝ったよ!」
          ;  ;  i   /. ハ  i  l ヽヘ
          / ィ i / .i i  ./赱心}  } .l`丶
          ´/  {  .i /}/  ,,. / / ,'. ,′
          i 人  {ソ  ′_   ./ / ,' ,'       わーい! やったぁ!
          ソ} ', ',\`ー  イ / .,' ヽ{
          /ー}  }>三三ニ / /、 {
          /}//.} ,'i     /  /> ゝ_,
          .i .}//,' i.i-- 、// /////>        「わーい、ここにドベがいるっす!」
        / .{ .}O{  i/i <// ///// /\
      -ニー_>ー{  }ーー< i .////  / ヽ、ヽ
        /    { /  ̄ ヽ i ////ヽ.}  ヽ ̄ヽ      「……こ、この……っ!」
       {    /{      i} ̄ }}  ./} ',\ \
       ∧    {. .{      i}  }}//   }  ヽへ
      /i .ヽ、 { }ヽ、     }  }} / /  }  ',
     / .{ .,'i`T {/ 、     /   .}} .} } } }   ',
    // { { ', }   ',    }    }}/ヽ} ,' .} i  }



            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
          ,. ‐'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i
        /: : : : : : : : : : : : :/: : : : : ,イ: : ハ : : : : : : : : : : : :}

          /: :/: : : : : :/: : : :,イ : : : //:/ {: : : : : : : : : : : :{
       {: :/: :/ : /: : : : /{: : /  {/   ヽ: : : : : : : : : : : ',
       |/|: : {: :/: : : : /   !/  、ー‐---‐‐\: : : : : : : : : :ヽ
        {: : :!/: : : : / ,. -=ニ′    /{示ナヽ `ヽ:r‐、: : : : : :\        っもー、だから苦手だって言ったじゃない
        ヽ: : : : : : :ハ ´rヒ示}ヽ     辷ソ   |リh }: : : : : : : \
         \: : : : :{ヾi  `ー" i             |リ } /: : : : : : : : : :\
           \: : :ヘ i      /        ;  リ /: : : : : : : : : : : :
            ): : : ヾ、   ヽ       J  /: : : : : : : : : : : : :      「まあ、そこそこの結果だったすけどね」
           /: : : : : :ヽ    _,..__      |: : : : : : : : : : : : : : :
         /: : : : : : : : : \   `こ:       / |: : : : : : : : : : : : : :
        /: : : : : : : : : : : : : :\       /   |: : : : : : : : : : : : : :    そうかしら?
          {: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、  ,. '´    |: : : : : : : : : : : : : :
        ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :| ` ´         |: : : : : : : : : : : : : :
       (ヽ_\ : : : : : : : : : : : : : : |        /   乂: : : : : : : : : : : :     「そこの肉体2よりはいいっすよ」
        \二: : : : : : : : : :,. - ''´|     /    ヽ、: : : : : : : : : :




:::::::::ノ                   ∨::::::::::::::::::ヽ
::::::,イ                   ∨:::::::::::::::::::ハ
/7≧<                   _∨::::::::::::::::::∧
=''¨イ....O`ミテヘ       .,≧≦´ ∨::::::::::::::::}:::!     さっきからチクチクチクチク……
. /..γ::ヽ..ハゝ       テ´_Oヽ   !:::::::::::::::::ト::i
.{..ハ弋::丿..!        丶{:.:.{:::}:.:.i   .!:::i::::::::/:;イ:i    なんなのよ!
.乂 `¨¨´i/         乂'':-:ァ   ,:i:i:::::::;イ/.|:i
   ̄ ̄           `¨´   .i:::i!:::::/::| リ
            '         {/::/:::::|         「……ひゅっひゅひゅー」
                      i,レ:' ::::::;::|
                        〃,'::::::::;':::|
i,                    //::::::::::;' l:::l       はたくわよ!
::ト、    ⊂====⊃    , イ::::イ:::::::;'  l::l




            __
      ,. =ミ、 '´:.:.:.:.:.: ̄\
     〃 /:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:V〉-=ミ

     {{ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V:.:/:.:.:.:`ヽ:.:\
     ヽ {:.:.:.:.,.-ト、:.:.:.:.:V:.:.:.:.:.:.:.:.} ヽ:.ヽ
      八:.:{ ,.斗=ミ、!N:.:.:.:.:.:.:.:八 }:.}     (…………本格的に険悪になってきたなぁ……
.        ヽヽ,爪_ヽ :!:.「)、:.:/   j/
          乂 ゞ':::::!:.|  V ヽ  /        だからBヒロインなんじゃないのかなぁ……)
            ` 、_,.jイ ,. ┴、ノ
            // ,.-=ミ\

           ,.く /    \ヽ         あ……次の、見えてきましたよ
.            〈〈/|        |:|
          〈//:!  ヽ|   :|:|

            |::| (^'^) |    :「
            |::|___|     |
            ∧____|     |


種目選択
1、早食い
2、アイドル
3、セクシー
4、バーリトゥード

>>下3までで一番高いコンマ


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

                    .::::::::: !:: ト,,,,,,,,         イ7:: |:::::l
                      /:::::::::λ::iヽ       '       ハ:::|:::::|
                  /::::::::::/:::!::|::::ゝ、   ー一   .イ:::::!::|:::::!
                    /::::::::::/:::::|:::!:::::::::::jゝ、    t:´::::::::::|:::!::::|    ―――第九宮・申
                /::::::::::/::::::::!::|:::::::,r''}   ` ´ {frx::::::::|:::|::::l
                   .::::::::::::/::,ィ≠!::|テ´: : }      { : : : : |:::!≧x、    輪くぐり少女―――
                /::::::::::::/::rヘ: : :ヽ : : : λ'''   __ '´}: : : : :レ' : : | ヽ、
.             / :::::::::::: /::;イ λ: : : : : : : : h: :'´rt: `t: : : : : : : :λ !  ゝ、
           /:::::::::::::::::::/::/  λ: : : : : : : : ヘ: : ,ィf ´`ぅ : : : : : λ |    >r-、
         /:::::::::/::::::::/::/     λ: : : : : : : :,ィ''´   ´ -{; : : : : :λ i!           ゝ...
          .::::::::::/!::::::::::/::/      λ: : : : : /        ソ: : : : λ !        /::::::/`ゝ--
       /::::::: /|::::::/:::ム      ! 入_:_:,ィf      ,.k'´; ; ; ァ=x  |        .'::::::/
        |::::::::::! |:::::レ' 7    ヽ.|    /    ,r:'´: :/ `¨´_______ |       7:::::/.、
       !:::::::::|  :::::::{ ./      x    ,     , ' ル; ハ    ー‐一 !      .'::::/::/ `ゝ 、__


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                    _____
                ..::::´:::::::::::::::::::::::::::::`丶

              / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
             .::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::::::/::::::::ヽ
             /:::::::::/::::::::::/::::::::::::::::::/  /::::::∧:::::::::::::.
            ,′:::::::::::::::::/:::::⌒ヽ/   /:::/  ::::::::::::::i       こんにちは皆さん!
              |::/⌒! :::::::/_斗=≪.    //    |:::::::::::::|
              |::{. '^|:::::::/ィんkJ ヽ  /  ⌒ヽ│:::::::::::|
              |::ト、._| :::::i 弋:::ソ   /  斗x.   |/::::::::::j
              |::l:|::::|:::::::l ::::.:.:.        んiJハ /:::::::/:/
              |::l:|::::|:::::::|       ,  弋ン /:/:/|/        「……あり? なんでチャイルドが?」
              |::::|::::|::小、          ::.∠:イ:::::/
              |::::|::::l::::〈 丶  ` ー      イ::/::::/
      , .- ―┴┴ |:::Nハ  \ ____,..  イ ::::/::::/          それが……よく分かりませんが、とにかく頑張ります!
.    /  \      |:::| | l.   /| ト、_::::::i::::/::::/
   /      \    |:::| | |     /| |  }`トく ::/
    |          八::| | |\ /厶| |  i: i |∧
    |          i∨ ヘ| | | (⌒) | |  i: i / }



                   、_
           -―‐-、\ヽ、
           ̄.>ー-、 ヽ} r‐-v-―- 、
          /.:               :.\ ,、ィ´ ̄.\
           '//.: /.:           、彡Yヽ ̄`ヽ:.\      「……敬語少女……あなた、キャラかぶりよ」
        / イ.: /.: /.:           :.∨,ハ__ >   \:.\
      // /.: /.: 〃/.: //.: /l|   :ヽ. :.V }'       \:.ヽ
      ./ ./  ! .:ハ:. /.:/.: ./メ、/人|匕人::.|ハ.:,'           Y :.ヘ
     /ハl   ∨ l,| !:::./ ○     ○ ヽイ//         |ハ }     え、ええ!?
             リハヘ:;'.""       """Y'「)             ノ
                 〈:.ト 、  r―‐、   イノ´
                .从 >、 ̄ ̄_ イ |'             「そうなんですか? よろしくお願いします!」
                 _rト三 トハ、

                ,r<´  V ^ V  `ヽ、
               ∧     ∨∨     `>、
                ∧ ヘ    ∨     ./ , ヘ      よ、よろしく……
             ./ V:∧_ /7ⅳ\ / Y   ',




                  ___
             . ..: :´:. :. :. :. :. :. :.`:. ..、
            /:. :./:. ヽ:. , :./:. :l:. :. :. :\

           /:. :. :.:|~~゙゙ "~~|:. :. :. :. : ヽ
          /:. :. :. :|:.|           |:. |:. :. :. :. :.ヽ
         /::. |:. /: |:. |           |:. |!ヽ:.|:. :.:. :.:}
         | :. | :. :.∧:l─     ─|:/|:. :. |:. :. :.:.:|     ……平均年齢が下ってきたわね
        │. :.|:. :/           !、:.:/:. :. :. :.:|
         |:.. : |: /,,-z≡l    ≡=-zⅣ :. :. /:.:.::|
         |:.. : レ'K弋Zソ     弋Zソ 〉:. :. /:. :::/         「そうっすね……平均上げてるのはあんたっすけど」
         l:.. :.l: : l      '       |:. :. :/_ノ/
            l:.l:. :. : :ヽ .    ─      |:. :. /:. :.,'
          ヽ:. :. :.|:. :.≧ - .,   r:≦ |:. :./ :. : |
           \ : |:. :. :, ィ77   lコ7 |:./ :.:.::::|        な、なんのことかしら……
              |ヽl: / l {/    l/  \:. :. :.|
               |:. /     !~~ イ'    ヽ:. :. |
               |:/       l  /       ', : |
               /   {   ヽ//  /     l:. |
           /    ヽ  O'   /      l:. !



   // ̄ ヽ',     -―──-<
   y     .}} > ´─- _      . `ヽ、
       >       ` - 、     \
      ., .'             \       .ヽ
    ,.′.  .i  .',          ヽ     .'.,
   .,'   i  i.   ',      ヽ     '.,     ',
   ,' ,'  i  .}    ', '., ヽ   ヽ    .',       _ヽ _
  ,' ,'   i  .',      ヽ 〈     ヽ    ',     \ー==‐
  .,' i  . ',  .',    . ,' } } \--- ヽ   }      \     あ、ご飯だ!
  .{ .{   ',       / }」  イ心 _}   }      \\
  .{ .{    ',      ∧. リ   沁刈  }   }       \\      みんな食べよー!
  .{  〉    ',    ',ヽ\\   辷炒  }           ヽ ヘ
  .', { ',         } ヽ} ̄        .i    i         ',ヽヽ
  .', .{∧     ヽ   }   ,       i    i         ',ヘ
   ', .リ ヽ}  ヽ ヽト、}         i    .'      ',   ',
   ', ノi {∧.} \ \}    ´`  .イ}    ,'  ',    }    i     「……私、無理よ?」
   ヽ} ヽ} ヽ」 ヽ} ヽ >-     _/ ,'    ,'_   \   }     }
        }     ',   } ノ≠≠ /    ,' ` ̄ ̄   ‐-、  }
        }   } _ ‐  .}     ,'    ,'          ∨,'      「わ、私も……ダイエット中っす……」
        /  /   }   } `  ´i    ,' _        ∨
         /  .{    _ }  }   ,'    ,'´   ` ‐- 、/ .   i   いただきまーす!



判定
Gヒロインにコンマで勝てば次の階

契約者 >>下コンマ Gヒロイン:+2 チャイルド:-1
バランサー >>下2コンマ
病弱 >>下2コンマ二桁目
魔性菩薩 >>下3コンマ チャイルド:-1
魔法少女 >>下3コンマ二桁目 チャイルド:-1




                       ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                   /::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::: ヽ:::::::::::::::::: :.

                    . :::::::::::: : /   ′       、 ヽ:::: : :.
                    /:::::: : ′ ′::: l::::::: |:: : ∧:: l.|.l:::::::::     i:.
                 ′ ′.|: : i....|::: |:::: : |: : ′l:: l.|.l.|:::::: |i:: : |l|l:.

                    |: : l:|:::|l.l:: |.. |::: |:::: : | ″ l:: l.|..l|:::::: |l:: : |l|l :.
                    |::: : |:::|..l:: | l.|::: ||:::::::|:ll _|:::j」_l|:::::: |::: : |l|:: :     うおっしゃぁぁぁ!っす
                    |::: : || |::i:l | l.|:: 八: : |:il _人ノ|/ノ::: : |::: : |l|:: :
                    | : l::|| |::|乂从/  \レ tラll刈'il|:|:::: |::: : |l|:: i
                    | : l::|i人ltラiilハ      弋ztlソノil:|::::::|::: : |l|:: |            完食っすよ! 見たっすかチャイルドども!
                    | : l::||:l:|弋ztiソ        |   |i.|::::::|::: : |l|:: |
                    | : l::||从 |     ,       |   |i.|::::::|::: : |l|:: |
                    | : l::||: ハi|         |  リ}:::::|::: : |l|:: |
                    | : l::||: |:::人     ィ _フ   i|  イ::|::::::|::: : |l|:: |        「すごーい」
.     ,  ,、           | : l::||: |:::|:::个ト     . イ li|: l::::|.|::: : |l|:: |              「凄いです!」
  // / /  /`l       | : l::||: |:::|:: ||l:|: l|i/` ´_彡'"i|/:::::|.|::: : |l|:: |
.  :.::/ / /  / ′       il l::l::リ: |:::|:: ||l:i:/ 〉-く      i| |::: l||: : ̄: :`:  .
 .:: :. ′l  ' / /l      il l::k':::::|斗.七´/ イi:i:i:i:〉、  /ij |:::/||: : : : : : : : :./`:.    「か、完敗です……」
 ,; : : : | ′' / :'      乂'.:.\j /.:. .:./.' /`ヽ'  y.: : :. :.V...ij.: : : : :. :.:.:./: : :.:.
  :  ': └' ト' ′     ′|: : : :./.:. :.:.′/i:i:i:l   /.: : : : :. :.ノ.: : : : : :.:.:./.: : : :.:
            〈      l: :.|.: :. .:.>.:.:l /i:i:i:i:l /: : :.< : : : : : : : : : : /.: : : :. :.:



              , -ー―----、
              /´ヽ /ヾヽ、   ヽ   さ、流石ヨゴレ……
            / / /ヽ/ヽ ヽ    ヽ
         //, '/l    リヽ ヽ 、 l

         /|l {_{\  u / リ| l.│ i|     「アンタは休んでいたほうがいいっす」
          / |ll l l==   .=='从 |、i|
          ヽ|l⊃  、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
          | 八   {  }  _l /ノ |    そう、させて……もらうは……
          | lr'⌒)、._ ̄_ (´ j // i |
          l/ヾ三} l   /{彡'´} i |
          |l   ノl |  //|   l ,イl|
          | ゝー' ∧! //∧__j/ l |




            / =ニ二ヽ
           ll       ))
           ヽ > ´  ̄ <、

            /    /      \
          /   / /     l  ヽヽ    ……そういえば、後何個あるの?
          /  / /      l lヽ ヽヘ
         l l l l  ll    / /l ヽ  i
         l  l l   l  ll  ///--l  l /  l
         l  l l  l  \ l l/≠λ/   lヘ     「えーと……何個っすかね?」
         l  l l   l   l ll 弋斗ノ / l 丶
         〈  l ヘ l  l∨,   ノl  /l /
         l  l lヘヽヽl   _    /  / /ヽ
         /l  lj \l \     / /   /\          「三個です!」
         /l    l/ll|ll|l||ll|lll| /   l  ヽ
       、<j    l l ` ̄ ̄´ /   l <  )
        l  ヽ   / ヘ     /    j    ヽ
       ll  \  l   ,ゝ ´`丶l    l     /      「おほー、もう四分の三まで来たっすか!」
        l l  l 丶l^´`_ _l  / l    l   / l
       lヽl  /  ll /l l ll、 l   l   //l 、
      / l 〉 /  / // 、   l l   l 丶//  ヽ
      / / /   / l   `゙ 丶ヘ   .   lヘ l l l   l     へー
  丶-/ l  /   l  l      //ヘ  丶 ヘヘl l  l
    ノ ノl  j   l ノ     /∧ \  \ l  l //
   /  /l l l   l /      //  ヽ  ヽ 丶l  lヽ l/
  / / l l  l、  l     //   ヽ  ヽ 丶 l ヽ
  l/  l l  /\l    //lヘ     \  ヘヘlヘ  l
  l  l /        // l l\    \  //l  l
     ヽ       /   l l \     ヽ/  l /
      丶    /    l l  \     /  /
       ヽ /        l l    ヽ__/



                      ,. ‐,ニ=-
        ,. - ' ´ .  ̄ ̄ ``ヽ. / /.‐¬=- 、
     '´                    ' ´ ̄``ヽ、
    ./                   ‐ 、 、 ヽ
¨´: :`ゝ川 ..! |     / / /   、 ヽ.  \ヽ}
, -‐‐ラW:  l ! j / / / 〃 //1 l  ヽ  \.  i
  l      .j レ'/ / ̄/_Z_フ〃 ト!j1 l l l  ヽ ヽ }
  l    .l / /,ィ´,ィぅ、ヽ ′/lムトj l l l   いV
  ヘ    Vイ ヽ{ トッ::リ    ,fi }〃/ l   l l_    もう終盤、ラストスパートですね!
   ヘ. ヽ l  |   `ー'′    トリ1 }} l  jリ ,
  .   ヽ ヽl  l       __  ' ゙' j 〃/l /LV
  .     \l  l    i´  ノ  ,.イイ/イ /イリ
 _,.--- 、__ヘ. ト、_  `ー‐' _,. '´/ /        あ、見えてきましたよ!

Y . ヽヽ  `マ ヽヽ._7ー‐ '  / /
    l l   ',  ヽ ^1 ` ーrく /
    l l   ヽ===l    ll Y
     l l    ヽ-- l    lj  l         「このままGヒロインをやっつけて真のGヒロインになるっす!」
  ヽ }.l l___,...._! リ    〃//j
 ヽ..V.└─ '"¨¨><ヽ、_ / // /

  ヽ}     ,.ィ7ハヽ \_// 〃
   Y     ゝク/ |ヽ〉、,、,{  l      あ、あはは……


種目選択
1、アイドル
2、セクシー
3、バーリトゥード

>>下3までで一番高いコンマ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

              rニニヽ____     ___r= ニ /
               > 、\\ `ヽ__/  / /
                /    ヽ、\} r = / /
                 ,'     }:::\ ヽ / ,<
             l     -‐‐::::::::}  l l /::::',
             l /, ―‐ 、ノ   ll/ ̄ヽ',
             l l:::/    \   ,'     }     ―――第十宮・酉
             V l:l       ヽ l    ,'
              ',:ヽ;        l  l   /    天の道を行き、そして総てを司る―――
                l::::::\     l l   /
              ヽ:::::{ \______.l l_/l
            ____}::::::\ l  ,' ,' //` ヽ
        _ </      l\‐一]二l lニ[/    } ヽ、
     /    l      l  l―― r ̄´    /   \
      l     f ニニニ >__l}   /____/     /二二 ヽ
     l____ /         >- /      ヽ     /      > 、
     l  /       /   /        \_/     /   ',
     Ⅵl        /   /         /l      l   /::ヽ
      Vl         /   /         / l__      l  l:::::::::::l
      〉 ̄ ヽ__ /  ̄ ̄\         ,'l  l `  ̄ ̄ ´  l::::::::::l

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――






                    . . : : : : ̄: :`: . 、
                  . . : ´: : : : : : :‐-: :、: : : \
           ,. :´ : : : : : : : : : : : : 、: : :` 、: :、:\
.             /: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ 、/:.ヽ';ヘ、:.、     あ、もう来たんだ
.           ,: : : : : : : : : : : : :.、 : : : : : : : \`,ニX:ヘ\:、
         l: : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : :/ lc、∨:ヘ  ヽ
      _   |: : : : : : : : : : : : : : : : :\ヽ、:./ 乂リ `'<_
      !. `ヽ|: : : : : : : : : : : : :.∧: : / ヽ!`       -、 :;V ` ヽ
     _!_ .!: : : : : : : : :V: : : :.∧:.l:', /^        :::::  V    「いきなり何事かと思ったっす」
    '‐‐‐-_. ニV: : : : : : : : :V: : : :∧l: !,f`c、     ,.ヘ l:::  ∨
     ,イ´: : : :ヾ,: : : : : : : : :∨ : : : ヘ:.ll、::ソ      /:::ノ !:   ∨
.     l: : : : : : :./:lヽ‐------∨ : : : ヘl ̄ .;:;:;:   `´ , '     ! ヽ
.     |: : : : : :.,': :.l  \: : : ー;-\: : : ∧  :;:;:;:; ,. <      ! .:l   ちょっと試作品をね……
.     |: : : : : :.!: : :!、  |. ゝ--ヽ_\: : ∧‐―u ´./ ヽ.l       :::! 



        ,へ、|| ̄|| /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:..::.:\
       << \|  ,'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:._::.:.:.:\:.:.、ヽ
    ,. ――-`==V/:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ト- ヘ、:.:.:\:ヽ、

   /:.:,. -― ―ァこ}:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,、:.: -ーヘ' \,.ヘ:.:.\:.:.:.:ヽ:.:\
.  /:.:/     /,〃ヾ ,' ´ヽ-― T r:ト、、:ヽ:.::V:.:`ヘ:.ヽ:.:.:.', :.:.:.|ヽ.:.:l
 /:./      ///|:.:.:.:/r'7-― T:.|:.:.:.:|:.! ';:.!:.:|、:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.',:.:.:iヽ:.l !:.:.|

 |/      // ,'∧:.:.:|:.:.:.:.:.:.:!.:.:!:.|.:.:.//  |トムL」_:.:.}イ:.:.:.:.l:.:.:| |/ ,':.:.,'
 |:.i     // .i|',:.:.|:.:.|:.:.:./ /斗‐'Z   リr==、|!://|:.:.:.:ハ:.:'  /:.:./      「よいしょっと……それで、何をするの?」
 |:.:'、   //   | | ヽj:.:.:|.:.:.i'´ ,.r==         K:/:,'!:.:./ レ′/:.:./
 ヽ:.:\  L!  .| |   {ヽ、:.| ′     、    | Y/:./   ク/
  \:.:.\_ ,.┐L!   \|:.:.',        _ ,...   ノ:.:.:| '´    /       え、え-っと……セクシー対決です。
.    \:.:< ||     _!:.:.:ト、    ヽ..ノ  /、!:.:/
     r rr‐ィ' i , ァ   rii \:ヽ_`ト 、 .._,. '′ノ!:人
     UUノ  y'/    ,'| |   `ー |::::::::::::::/   〃  >、
     i  , ''" ,′  .∧l |     |::::::::::/     ,. '´,.-┤      「ふぅん……OK」
     ト、  ,.イヽ、  | `| |     ト-v′   / ./  |
     l. \/::┌~ 、_ | |_,. -==! ム、_   / / ,. -‐┤
     | /::::::::::|    ` ー-、_,==H=、、゛シ ./ ,. "    ,'
      く:::::::::::::, |        ` `く!ト、_}ト、/r'´     |




                           r――‐ 、
                  _  L `=ヽ }  __
              . : : ´: : : : : : : : : `: . ミ,-<´__≧ 、

               /: : : : : : : : : :.',: : : : : : : :ヽイ      .∧
            . : : : : : : : : : : : : : :',: : : : : :/: :|!      /: :.',
          /: : : : : : : : : : : : : : : :!.: : : :,.': : :!l      !: : : ',
            i: : :|: : |、: : : : :.l : : : : :!: :/: : : :l !     l: : : :.}、
            |l: : |: : l゙マ=‐--| : : : : :!: : : : :〃l ヽ    ,': : : :,':.}
            |l: : l: : l.__Ⅵ: : :| : : : : :|: : : :/ : ;l  个 、./: : : : : ,'    あー……でもなぁ……
            |l\lⅣ' l.}`ヽ: :.l : : : : :l´∨: : /:.!   ト:/!: : : : : :,'
.           丶 /:.:} リ ./ ∨!: : : : :lヘ. V:,:': :.|    〉!,': : :l:./     ちょっと照れるなぁ……
              /:.i´  :::::::::: `|: : : : :l=' /: : : : ゝ-ァ ´ l': : :,'/
.          ,イ: :.l      l: : : : :!ィ'゙: : : : : :./  ,': :.//
         /,': :.:∧ -_、   /!: : : :,' \:_:   '゙    .,': :/:,':|
          ,' .!: : : :,'.\    _,': : : /  .{ ヽ`i)   ,{: /: {:.:',      「そんな甘っちょろいこと言ってるんすか!
.         i |:,l: : :!  ` ´ rf: : :/   ムヽ′  ./ Ⅵ: :',ヽヘ
         l' l: : l   /,,': :/, <´   } /.    \: `<゙_‐        っは! アマちゃんっすね!」
         | Ⅵ| _/ ,イ!::/       ∨ ./     `  ̄
           ヾ!イ}{/´゙l/        , ∨

           r'゙/.>ニ===‐ ---,--‐<ヽ ',
           >'/7′ `゙'‐ ヽ-≦!::::::::::::::::|、 .l          ……えー、恥かしくないの?
.          r ' ´// V  __/::::::::::l::::::::::::::::::::', ト、  /
          ゙マ_l/   ト、_/::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::l、 ∨
.          /> _!::::::::::::::::::::::::::',:::::::::::::::::::::',ヘ. \
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::',:ム  〉
.   _,,. =-‐ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::∧::::::::::::::::::::',:::ヽ/ ./




            , -ー―----、

             /´ヽ /ヾヽ、   ヽ
            / / /ヽ/ヽ ヽ    ヽ
        //, '/l    リヽ ヽ 、 l      ヨゴレに何を言っても無駄よ

        /|l {_{ ノ.    `ヽ.|  |   |
         / |ll l l ●    ● | /   |    名誉を勝ち取るには何を捨てても構わない連中よ
        /ヽ| l⊃ 、_,、_,⊂⊃/ |ノ│|
         |ヘlj   ゝ._)  /|   ! |
          |  /⌒l __, イァト  │ |
          | /  / |  / {   ヽ| |       「ひでぇ言いがかりっす」
          | |  lヽ∨ /     | |




判定
Gヒロインにコンマで勝てば次の階

博士 >>下コンマ Gヒロイン:+2
バランサー >>下2コンマ
病弱 >>下2コンマ二桁目
魔性菩薩 >>下3コンマ チャイルド:-1
魔法少女 >>下3コンマ二桁目 チャイルド:-1




                          - 、
                      -==ミ 、.ハ:.ヽ

                       /: :`ヽ:ヽ:.:.}―‐、
                    r――――- .}__}_ノ -―――― ァ
                    {.   ― ,. . -┴┴- ――   /
                     ,V , . : : : : : : : : : : : : : :`: .  .∧    ……っあー! もうだめ、恥かしい!
                   /:./:/: : : : : : : : : : : : : :ヽ:ヽ:.ヽ∧
                      /:/: ,イ/: : : ; : ; : : : : : i: : : : :.∧:V∧ヘ       折角ならバーリトゥード選んでくれたらよかったのに!
                  ,..<;/: /∥: : :/: :/: : : : : : !: : :.ヽ: ∧:V:.ハミ::..、
             ,.<>::/ i:./:∥: : :.': : i : : : : : : |: : : : :',: : i:,:V:.:iヾ` .\
              ///::/ .!;':,:i:|: :.|:.:|: :.j|:.ィ: : : :.:|:|V、: : :.}: : !‘;:V:| > .,ヽ
.          // /'     .i:,':.|:| : lー|'升|: i: : : : :|:| ヽ: :`:|=-l:.‘,:!:}     `ヽ
         {'   <_    .|i: :l V:.|: l i|八:从: : : |`  \i!: :,': : l|;′    >'     「あんたっすかあれ混ぜたの!」
           `  |/¨7 ヽ__l:!:.:|:.:V:Vィ=ミ、 `¨¨ ,ィ=ミ、!:/: : :.リ   > ´
             {  i: : :/ | V|: : V|///////////////,ノ': : : ,'.!― '}
                 |: :/ /.;ィ|: :.:.圦       ′   .u  /: : :/: }: : :/
                 {:/  .|'  V: : :{ _、  f´`¨´ハ  イ: : :/_;/: : /     ……あ、でもあなた達が勝たなきゃまたやるのよね……うわー
                 ゝ   jI斗V: ∧  〕j --- i〔 ./: :.:/∠ イ
                f:i:{   V{ヾゝ |       _,}//: /  ` <
                 !::l∧  ヾ   {`  __ ´.//イ    /:/:ヽ
                    i::::l::::\     ',´   ヽ'     /::;':::::::i
               ,.イ::::‘;:::l::::\    ‘,   ./     /::::::;'::::::::::i
                 ,{:::::::::::‘; l::/:::::\   ‘,  /    .イ:::::';:::;':::::::::::::!
               ,ィ/::l:::::i::::::::::i;'::r―‐- ≧=‐Y‐=≦----、: V::::::::::::::::\-、
            / .{:::::::::::::|:::::::::::!:::{   _`Y"Y´.-┐  /:::::i::::::::::::::::::::::〉 .
.             〈  ‘, ::::::::::|::::::::::|:::‘,   { ,.ィ}-.{\_ i  /::::::::!::::::::::::::::/  〉



:::::::::ノ                   ∨::::::::::::::::::ヽ
::::::,イ                   ∨:::::::::::::::::::ハ
/7     ,         、     .∨::::::::::::::::::∧
斗====''´        '=====-.∨::::::::::::::::}:::!
                          !:::::::::::::::::ト::i
.≡≡≡≡≡          ≡≡≡   .!:::i::::::::/:;イ:i      問題は子供が混じってる所よ……コレは苦戦しそうね……
                       ,:i:i:::::::;イ/.|:i
                       i:::i!:::::/::| リ
            '         {/::/:::::|     「が、頑張ります!」「がんばりまーす」
                      i,レ:' ::::::;::|
                        〃,'::::::::;':::|
i,                    //::::::::::;' l:::l
::ト、    ⊂====⊃    , イ::::イ:::::::;'  l::l



判定
Gヒロインにコンマで勝てば次の階

博士 >>下コンマ Gヒロイン:+2
バランサー >>下2コンマ
病弱 >>下2コンマ二桁目
魔性菩薩 >>下3コンマ チャイルド:-1
魔法少女 >>下3コンマ二桁目 チャイルド:-1




           __      _ . --
        /: : : : : : : :\: '": : :/: : : : : : : : `      -====ミ、
      _ /======> ⌒: : : : : : : : : : : : : : \: \/----- / /
.    /: : \}/ /: : /:/: : : : : /: : : : : : : : : : ヽ P<ヽ― / /: : :\
  //: / }∨/, : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : :V ハ \___ { \: : :ヽ       こ、こうですか……?

    i: : :i   〃=/: :./: : : : : : : : : :.|: : : : : :.:.:|: : : : Ⅵ} i  Ⅵ ヽ ヽ: :j|
  |   : : :|   '   : :./ : |: : :|:,,斗f≦|ヽ:≧=ミ |: 、: : :.i、\/≠'"    ):ハ
    \|ヽ { /|: /|: : |: : :|: x=ミ从{ 从x==ミk:/: : //\/    -=彡
      ヽ  //|.:ハ| : i|: : :|《 v_ツ  ヽ v_ツ 》: :/人_∨ミ、          「あー! いいっすいいっす! いいっすよー!」
         ⌒从 |: 八: : : :ヽ /:./:. ' /:.:./ _彡:イ    \<
          ∨ :/  ヽ:.込     o    ノ: : |      ´
               i: : :i_ >   _ ,, イ、|: : :|            「ロリコンどもからウン万は搾取できそうね」
                _ 从: :|  {≧=≦/ 人 从 _
             ノハ/, ヽ   ∨'///   / '∨ヽ
              i  ∨,     '⌒,     /∨  i     ……あのぅ、見えちゃう……
              |  ∨,  x===∨==ミ /V   ,
                ∧彡イ ̄ ∨ ̄ヽ\/
                v /   { し彡|.:|\_彡'r、\/)
                 ∨    ̄/ /|:.|∧ r┘/} ∧i
              i \   / /ノ:::| ∧ ー //



                 ,斗- ____

                 //イ     l
          r‐,=-‐ : :  ̄: `: .、     |ヽ
.           , . :´ : : : : :、: : : : :ヽ: :ヽ  l: :!.  |
        /: : : : : : : : : ヘ: : : : : :ヘ: :ハ .l:.:|   !     (最低だ……コイツ等……)
      /:./: : :.!: : : :l: : : :ヘ: : : : : : !/: ',´、:l__, 斗-

        l: :!: : |: l: : : : !_!__ヘ: : : : : l: :/l  \  |
        l: :| l: l__!_: : : :!|、_:_:.`!: : : : :|: /:!    ヘ !
       l: :l |´Ⅳl_;>┘ _,,..斗: : : : :!-〈   ヽr┼       ……さっさと次行ってくれない?
.       V l从_,,..斗   弋リl: : : : !ヽ }-'`┬'_ |
.        V : :',.弋リ       |: : : ,' ノ: : : :ヘ| !|__
.        V: :ハ         |: : / ´∨: : : : :}_!|
    __    V:.圦     r_、   ,|: /|   V: : :.:/Ⅵ      「はいはいーっす!」
    { `-‐  V:.:| >   __ イ |/ .|___.}: :/__!___
   `‐'      Ⅵ     ,|   , r七 ≧s。.-------
             ` ,. rf[/  ,イ    , <::::`ヽ___
         ,.イ  .{-‐ ア  ,. <:::r‐:::::::::::::::ハ―     「暫くは良いもの食べられそうだわ」

        /:::::ゝ _|/_ ∠./::::::::_/--- 、::::::::::|




   i{      } } >'"          ` 、
          jノ"           \  ` 、
       /             \ \
      ,  /  i{               、 \  ‘,、
    ./ /  i{  ‘,  、  \      \ \  ,_、     「これで後は二つだけっすね!」
    / / {   i{    ,  \    、     ,  > \
    , ,′!   i{    ,\  \    、    ,  \  \
  ./ {  {   i{     , ∧ }\     V   ,    、  、    「案外行けるものね」
  ,   !          V  } !/\    }   }      \ \
  {  .{  {          ∧ リ  だ:::::うト j           \ \
  {  .{  {        ト、 \   V:::::刈 }   }          、  、
  { /{  {        }  \_> 匁zり }   }         ‘,  \
  { { Ⅵ  、      }            }   }  { {       , 、  \
  { { ∧  \  \ .}   '       }   }   、\      , \  \    眠い……
  } {/ ∧ \ \  、}     ┌     从   i  {  ー     }    \  \
  } /}/{ {\ \ \  \       /}     ,   、         !      \
  }′ Ⅵ   、  ̄ \  \――  ´  ,    /、    \       }       }  )
      ヾ、  }\     } ̄ } ノキキキキ/   /__  ̄ ̄ ̄  ` 、 ,      } /
          ,     __.j   }___    /   /´          ∨        } ,′   「ま、まさかこのチャイルドこんな企画を3日まで延ばすつもり?」
        ./    /  }   }  `  /   /  _         }
       /    /    }   }   ,    ,/    ` 、 /    }
       ./    {  /}   }ト __.{     {        {     i!




          !:::::::::::::::::::::l:::::::::::!::::l::::::l:::::::l:::::Ⅳ:::::l  _,l:::::::::l:!
          !:::::::::::::::::::::l:::::::::::!::::ト、:::ト-、l:::::!l V:::!´__l::i::::/:!       し、しかし! このチャイルドもれっきとした戦力!
            l::::::::::::::::::::::l:::::::::::lヽ!,ィT抃、ヽl  V:!ィ示!:::/l/
          !::::::::::::::::::::::!::::::::::i イ {r':::::}     {r::リ!:/::,     一旦休むべきっす!
          !::::::::::::::::::::::!::::::::::l   ` - '       ` 'i:::::::l
           l::::::::::::::::::l:::l:::::::::::l  : | : : :    , : : : !:l::::::,    私も眠いっす!
            l::::::::::::::::::l::::!:::::::::::!   |     __    ,イ:l:::::::,
            l:::::::::::::::l:::!:::!::::::::::ト、  !   '´-' , <:::::::l:::::l::!
            l:::::::::::::::|:::!:::!::::::::::!  `.!  _ _ イ!::::::::::::l:::::l::!
           l:::::::::::::::l:ィ!:!V:::::::!    l  Ⅳ::::::::|:::::::::::::!::::l::!    「……はぁ……しょうがないわね……」
           l从 - ' /: :',:!V:::::!     ,ィ,ハ: :ヽ::|_:::::::::::l:::::l::!
       _,,ィ": : : : : /: : : ハ .V:::! ,ィ^ヽ .ヽ!: : :ヽ: : `ー-i:::ル'
 



                      _
                 <:.:.:.:\  ___
                __ヽ:.:.:..i´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.<
          __ ,,.ィ:.:..:.--:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.\

        /:.:.:.:.:..:/ィ/:.:.:.:.:./:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.、
       /:.:/ ̄ / ̄//:.:.:.:./:.:.:.:.:/:./:./::.:.:.',.:.:.:.',:.:.:i.:.:.:.:.:',
      ./:./     〃:.:/:.:.:/:.:.__:./:.イ:.:i:.:.i:.:.:.i:.:.:.:.i:.:.:|:.:.:.:.:..i .,,. --―― -..、
      {:.:.{       /.,:.:/:.:.:/:.:/:.:/jメ i::.:|斗--|、:.:.:|:.:.:|:.:.:.:.:.〈〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
        ',:.:ゝ      .|:.:i:.:.:.:|:..:{,ィfミx }:.ハ:.{ ヽハ:.:..:i:.:.:.!:.:.:.:.:.ハ ヾヽ´ ̄ ̄ ヽ:.:.:.',
       \     j:ハ:.:.:ト:.《 .んij j/  ィf芋ミ、.:}:.:.;.:.:.:.:../ .}/ j/     }:.:.:.:}
                ヾ  ヾ{:,ヘ{ 込ソ    仔jハ 》,.:./:.:.:/         ,.:.:.:.:.′
              //ゝi ,, ,,  ,   辷ツ./:.:/ }イ          /:.:/
                 /イ´  .込   、 _  ,, ,, /:.:/イ            /    じゃ、じゃあ今回はここまで!
                  ___ ≧.. _  ..ィ:.:/
              // /::/ーム }    // >-- 、
             ,  / /::/ ./-、′ _/_///ヽ:、
               /  j__j:::j_.i_弋__ ̄/ ` <  i ∨
           r/ _ノ^i          K_ ⌒i    ヽ .|  V
          ,> ´ __ノi 18:00から    | _)´ ー  ヘ`ヽ  、
          /  /  Ⅵ  おやすみなさい |´ __ .ィヘ.  V〈  \
        i   乂_ |         |ィ´ ヽ  ハ   マ{   ノ   次回! 最終回です
         .', 、__  、__ `~~_ア ̄ ̄ ̄ ̄    ハ   __',   ∨/
        .ハ.  マー== ア         ./ .ハ´  .i.   ∨
        ∧  ヽ⌒i           ′{ マ _i     i!
         .∧   ヽ.|          〈  〉 `ヘ ',    }
           、   }       ,.ィ ´ ̄ ̄}}    ヽ   /
           ヽ.__.イ ̄ )    乂  -- .{      ー'




         / ̄ `
        /  ,,--‐ ` ‐ - 、,
        ヽ/ /  //l \  \

        / /  / / l   \   l       ねえねえ、ジェシーおいたん
       / / / / i   ヘ ヘ   l
       / / / i  i i  ヘ ヘ   l
      i   i i  i  i i  i \i  i l    「なんすかミシェル」
      i  i  i  i  i i / /_i  i l
        i i i i  i  i i / 弋9i  i ヘ
      / i  i  i  iヘi    // i i l\     どうしてあたしにはママがいないの?
     /   i i i  i ヘ       /  i i l  丶
     /i  i  i i  i > ^ _/ /  i i il へ
     / \l  i l i i \  / l  l/  \ヘ
    /ヘ   l  i l    Ψ   l  ∨ / ヘ l        「Oh……」
   / ヘ::::へ l   i i        l i l/ //
   /::::/:::::::::::::l  i i         l i i  / ヘ \
  /::::〈/`/ヽヘヽ  i ` >─<l i /`l`l´ ヘ ヘ ヽ
 /:::::::ヘ ´ ´ ´/ l::::/:::::::l:::::::::l ヘ` ヘ l 丶〉ヘ l l      「ほらミシェル、こっちおいでっす」

/:::::::::::ヘ丶  ソ /::::l::::::::l:::::::::l  ヘ ゝ ゝ /  ヘl /
:::::::ヘ:::::::\/  l::::::::l:::::::::l::::::::::l  l::::::::::::::ヘ  ヘ
:::::::ヘ:::::::/ l  i::::::::::::l:::::::::l::::::::::l  .l ヘ:::::::::::::ヘ ヘ
::::::::::::::/  i  l:::::l::::::l::::::::l::::::::::l l / ヘ::::::::::::::::ヘヽ

:::::::::::/l i   i:::::::l::::::l::::::::l::::::::::l l:::::l ヘ::::::::::::::::l



                      ,. ‐,ニ=-
        ,. - ' ´ .  ̄ ̄ ``ヽ. / /.‐¬=- 、
     '´                    ' ´ ̄``ヽ、    み、みなさーん……そろそろ時間ですよ……
    ./                   ‐ 、 、 ヽ
¨´: :`ゝ川 ..! |     / / /   、 ヽ.  \ヽ}
, -‐‐ラW:  l ! j / / / 〃 //1 l  ヽ  \.  i      「Oh……」
  l      .j レ'/ / ̄/_Z_フ〃 ト!j1 l l l  ヽ ヽ }
  l    .l / /,ィ´,ィぅ、ヽ ′/lムトj l l l   いV
  ヘ    Vイ ヽ{ トッ::リ    ,fi }〃/ l   l l_      「まじっすか」
   ヘ. ヽ l  |   `ー'′    トリ1 }} l  jリ ,
  .   ヽ ヽl  l       __  ' ゙' j 〃/l /LV    「フルハウスごっこは終わり?」
  .     \l  l    i´  ノ  ,.イイ/イ /イリ
 _,.--- 、__ヘ. ト、_  `ー‐' _,. '´/ /        「そうっすね……おままごとはここまでっす!」

Y . ヽヽ  `マ ヽヽ._7ー‐ '  / /
    l l   ',  ヽ ^1 ` ーrく /
    l l   ヽ===l    ll Y      「HAHAHAHA!」
     l l    ヽ-- l    lj  l
  ヽ }.l l___,...._! リ    〃//j
 ヽ..V.└─ '"¨¨><ヽ、_ / // /                 (……いつまでSE係やるんだろう)




/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::∧
:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::.
::::::::::::::::::::/:::::::::!:::::::::::::::::}i:::i::::::::::::::::::.
:::::::::::::::::/iハ::/八:/i::::::}i:/1:ハ::!/::::::i::::!
::::::::::::::::iィ竓芹芋ミi/i/ノ' ノ'__/!:::://::::}            さぁて、残すは二つのみ……
::::::::::::::::| |__).::::::}     ィ芹刈:://::::/
{ i::::::::::::| |V辷ヅ    __).:::}i//::::/            まじで、見えてきたっすね! Gヒロインの座も!
:::i::::::::::::| |,,,       辷ヅ!/::::/
:::i::::::::::::| |      '  ,,, 八{:::/
从::::|:::::トi  ` --    ,イ:::::i:/               「HAHAHA!」
  }八::::|  > ._.........-‐:::::::!:::::/
   ヽ:|__∧::::::::/::/i:::::::::/           SE間違ってるっすよ!
     _/:i:i }ハ{:/ /::::/
: ∨ ̄`i:i:i:i:i:|: : 〉 /:/



             / /     /   ヽ /   / ヽ
          / イ       /`゛ヽ       i   ハ
            //|    / /    `'""ー一┤  ハ
          rク |   / /           | |   |
          rク  |    7 ー- 、       | |   |
         レ′  |  l 斗‐z ミ    ,. ー- _ l |   |    HAHAHAHA!
.        / /   |  | ト |:::':リ    ′,.ニ-、`ヽ    |
        / / / | ヘ |  ̄        」:::'リヾ∧ |   |
     / / /  ||  |∧       i    `゛ / ||   |        「いい加減それやめるっす!
.     / / /  l ||  | ヘ    、_      /   j  ∧
    / / /   ハ|  ∨ \   `ー'´     イ   / / ∧          ほら! 見えてきたっすよ!」
.   / / /     \ マ┤`   __,  r< |  / / / ヘ
  / / /   |  ,ヘ.\      | ,ハ | .//     ヘ
 / / /    _L.__ノ   ` 一   / j'′ \ ″        ヽ
./ / ム -‐   / |    \  //     卞「 ー-  __   \       Oh……
 //´         |  |    厂\⌒ヽ   ||        ヽ   \
 /           ヘ |   / ヽ0l   ∨   |/         ∧     \
./      |    ヽ|  /    ∨   ∨ ノ           ∧          「なに嫌そうにしてるんすか!」


種目選択
1、アイドル
2、バーリトゥード

>>下3までで一番高いコンマ


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  :/     |::::| l:::|::|    j/   ヽ   \ |           Vヽ{
        〈:::〈/::/::|  /∠          ヽ!             >
 |    |  ∨::/:::::l ノ:::::レヘ    、              r '´
 |    |  /::/└┘::::::::::::::::'弋rt    、       ̄ >┘     ―――第十一宮・戌
 |     ,イ /__//二── 、::::::::::::::レ´:i∠>      /´
. ハ   / |/:::::::::::::::::: ̄ ̄ヽ ヽ:::::::::::::::::::/  ` - '     雪積もるホロケウ―――
ノ l  / /::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ ヽ_::/

.  レィ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\__]
   レ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――




:     |  |::::::/\       /                 /             ヽ
:/   |  |:::/   \   /        /     /       /;     ヽ   |
  /  |  |/^\ \   :′   /            ′    /  |  |    l
   八 |   \   |        |    /          |  ト、  |   |
/ .:/ | ヽ     \  |  /       _ __  /      |
  :i  |:::| \        / |l    ‐  「  /   / ̄ ̄¨>x]  |l ト    | |
 l |   |:::|   \      |/        |    /-― ―┐   |   |l | 〉   乂     ノ   ……来たわね
 l |   |:::{\     ‐-/|  |l     |// ____     :  八 レ    |    ̄
 l |   |:::[  \   / 厶  |l     ̄| ̄ 丁¨¨Τテ卞、   |l /_〉     |
 l l /:|:::|l、   \ {  {  \、      |   ヽ _し:::丿   /、了]   ∧ |
 l | |::|:::|/\   人 ゝ ^八     |               \| /   ^     「……最新っすか」
 l | |::|:::|         \ \   \                   ヽ′ /
 l | |::|:::|     \   \_ ノ \ !                   /   /
 l | |::|:::|      \   八 /∧     ト                }            「最新ね」
 l | |::|:::|       >/ ∨  \             -―― - ,
 l | ∨::j       ∧ /  /|                       ′
   | ∨      / ヽ /  |  /|  `
   |ヽ     _/ 、     レ  |  /| />      /         あら、いたの……ヒロイン力が無いから精霊が認識してくれないのよね
   /  )  / ヽ  \      レ  |′〉       ‐
/ / ,/   /   \   丶          |/|
 /     /       \   ‐-       /
l/   /            、             \



                   _____
                ,...:::::::::::::::::::::::::::::::::..

                ノL::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /::⌒:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ    むかちーん!

             /:::::::::::::::::::::/:::、::/::::::::::|::::::::::|::::::::::::
           ′:::::::::::::::::/:::::::::ト、:::|::/!::::::::ハ/::::;::|

             |:::::::::::::|:::::::|:::::|::/|:::メ|/ l::::::/} イ|::::::}:|     「あざとい」
             |:::::::::::::|:::::::|:::::|/ィf心 j:/ ィf刈:::/::|
             |:::::::::::::|:::::::|:::::|爪|!::r} '´   {:rj !/::::|
             |::::::::::{_|:::::::|:::::|  |!¨    、 ,,´,::::::::|      頭に来たっすよ!
             |:::::::::|:::!:::::::!:::::!  |!''       ,:|::::::::|
              |:::::::::|:::|:::::::|:::::|  |!  / ̄j .:':::|::::::::|     さぁ! 種目はバーリトゥードっす!
              |:::::::::|:::|:::::::|:::::| -|   _ ,.イ::::::::|::::::::|
              |:::::::::|:::|:::::::|:::::|__   |:::::::/:::::::/::/l:;′      四人でフクロにするっすよ!
           八:::::从ト、::::|::从 ヽf7}};≠=ミ;/::/ .|'
             /ヽ : : : ヽ|': : ヽ {;;;;}.|: : : : : :`ヽ
          /: : : : \: : : :《: : :.VY;;Y}: : 》: : : : : :\

          , : : : : : : : ; : : : :ヽ: :} |;;;;|j: :./: : : : : : : : .




.




                   、_
           -―‐-、\ヽ、
           ̄.>ー-、 ヽ} r‐-v-―- 、
          /.:               :.\ ,、ィ´ ̄.\
           '//.: /.:           、彡Yヽ ̄`ヽ:.\
        / イ.: /.: /.:           :.∨,ハ__ >   \:.\     え、いいんですか?
      // /.: /.: 〃/.: //.: /l|   :ヽ. :.V }'       \:.ヽ
      ./ ./  ! .:ハ:. /.:/.: ./メ、/人|匕人::.|ハ.:,'           Y :.ヘ
     /ハl   ∨ l,| !:::./ ○     ○ ヽイ//         |ハ }
             リハヘ:;'.""       """Y'「)             ノ     「大丈夫、今なら誰も見て無いっす!」
                 〈:.ト 、  r―‐、   イノ´
                .从 >、 ̄ ̄_ イ |'
                 _rト三 トハ、              「そうね、ここに埋めてもばれないわ」

                ,r<´  V ^ V  `ヽ、
               ∧     ∨∨     `>、
                ∧ ヘ    ∨     ./ , ヘ
             ./ V:∧_ /7ⅳ\ / Y   ',        (……本気だ……この人たち……)



             / /     /   ヽ /   / ヽ
          / イ       /`゛ヽ       i   ハ
            //|    / /    `'""ー一┤  ハ
          rク |   / /           | |   |
          rク  |    7   ノ~        | |   |     さぁ、行くわよ!
         レ′  |  l 斗‐z ミ     ., `ー- _ l |   |
.        / /   |  | ト |:::':リ    ′,.ニ-、`ヽ    |
        / / / | ヘ |  ̄        」:::'リヾ∧ |   |       「応っす!」
     / / /  ||  |∧       i    `゛ / ||   |
.     / / /  l ||  | ヘ    、_      /   j  ∧ _ノ⌒))       「とつげきー」
    / / /   ハ|  ∨ \   `ー'´     イ   / / ∧   ̄ ´
.   / / /     \ マ┤`   __,  r< |  / / / ヘ
  / / /   |  ,ヘ.\      | ,ハ | .//     ヘ      「は、はい!
 / / /    _L.__ノ   ` 一   / j'′ \ ″        ヽ
./ / ム -‐   / |    \  //     卞「 ー-  __   \
 //´         |  |    厂\⌒ヽ   ||        ヽ   \        ……顎で人を使うのって楽ね
 /           ヘ |   / ヽ0l   ∨   |/         ∧     \
./      |    ヽ|  /    ∨   ∨ ノ           ∧




判定
Gヒロインにコンマで勝てば次の階

アイヌ >>下コンマ Gヒロイン:+2
バランサー >>下2コンマ
病弱 >>下2コンマ二桁目 肉体2:-2
魔性菩薩 >>下3コンマ 混血:+1
魔法少女 >>下3コンマ二桁目 魔法少女:+2




     ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
    ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!   |::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::!
    !:::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::l:::l::::!`ヽ、!::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::|
    .l::::::::::::::::::::::::::::::::!'!イ行示ヽ   l:::::/l::::/i-!::/!::::/:::::::::!         ……いやぁ、背景の雪山も相成って
   l::::::::::::::::::::::::::::::::|〈 {r':::::リ `  .|::/ .lィ行ミ/::::/:::::::::::!

    !::::::::::::::::::::::::::::::::|  弋:::V     l/   {r'::::リ|:::/:::::::::::::!          クウガ対ン・ダグバ・ゼバ並みの接戦っす
   .l:::::::::::::::::::::::::::::::::l  `T       弋;;V |/::::::::::::::::!
   .!:::|:::::::::::::::::::::::::::::! : : :|: :         `   !:::::::::::l:::::::!
   l::::l:::::::::::::::::::::::::::::|    |      '  : : : :|::::::::::::|::::::|      「精霊を使った遠距離攻撃に加え、棒術……強敵ね……」
  .i:::::!:::::::::::::::::::::::::::::!    |   、   ,      /::::::::::::l:::::::!
  ,:::::l::::::::::::::::::::::::::::l:l 、  !    ̄     , ィ:::::::::::::::l:::::::|
  .,::::::|::::::::::::::::::::::::::::l:l > !      ,  <:::::::::::::::::::::::!::l:::|
  ,:::::::|:::::::::::::::::::i::l:::::l:!   .| `.r ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::l:::|
  l:::::::|::::::::,:::!´i::l::l::::l:ト、  l  ト,::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l:l:::l::l
  リ!ルlィヽ!ヽ! ヽl从ル' `ーヘ,r∧- 、:::::::::::::::::::::::::/!::: ハ:l/l/
- ': : : : : : : !: : : : \ ヽ   /.:.:.:.:.ハ: : : ヽ::::::::::/ |:/



            / =ニ二ヽ
           ll       ))
           ヽ > ´  ̄ <、

            /    /      \
          /   / /     l  ヽヽ
          /  / /      l lヽ ヽヘ
         l l l l  ll    / /l ヽ  i
         l  l l   l  ll  ///--l  l /  l     じっきょうせき、じっきょうせき!
         l  l l  l  \ l l/≠λ/   lヘ
         l  l l   l   l ll 弋斗ノ / l 丶     今、けっちゃくが着きました!
         〈  l ヘ l  l∨,   ノl  /l /
         l  l lヘヽヽl   _    /  / /ヽ
         /l  lj \l \     / /   /\         どうですか、お気持ちは?
         /l    l/ll|ll|l||ll|lll| /   l  ヽ
       、<j    l l ` ̄ ̄´ /   l <  )
        l  ヽ   / ヘ     /    j    ヽ
       ll  \  l   ,ゝ ´`丶l    l     /     「……痛いです」
        l l  l 丶l^´`_ _l  / l    l   / l
       lヽl  /  ll /l l ll、 l   l   //l 、
      / l 〉 /  / // 、   l l   l 丶//  ヽ
      / / /   / l   `゙ 丶ヘ   .   lヘ l l l   l     だ、そうでーす……以上、現場からでした
  丶-/ l  /   l  l      //ヘ  丶 ヘヘl l  




  ー´7 .:/ .: / :        ; :.:.  |    :      ヽ   ヽ    ヽ \ {
    ′:// .: i /:      ://:|:  :|    |:.  ヽ:.   |:.:.. :. :l       i  ヽ. 、
   i /:/: .:. |:l:.:  :   ://:/}: .:.l!    l:.   :ト:.  :|:.:.:.:..ヽ:i       l ヽ: ト、\
   |./|:l!:. .:.:.:.|:|:.:  :   .:!':/_/:..:./__V   :l、:. :| _l:. .:l_ヽ:.:.:.:|:|     : |  V | ` ー
   lハハ:. :.:.:.:|:|:.:.  :.: .:|/'7:.∠二.、ヽ  :{ヽ:..:l´.]:. :/_ ̄ヽ:.}:|    :} |  }: !
        V:.:.:.:|ハ:.:.. :.:. :.|_/_´____ ヽ .∨\く }:/___ ∨   .:/:リ  ,リ}.|      ……ふふふ、流石ね……ベルトを上げるわ
        ヽ:.:.:ト:.ヽ:...:.:.:.小{¨{[:r::ィ.示`  \:.{  ´不_r::ィi丁フ.′  :/: / //ノ′
        }:.:.ハ:.ト、:.:.:.:.{ ` く辷.ル    \. ヽく辷ツイ/   ./: / /
       /:./:小:ト、\:.:ヽ                 /   /:/: /             「痛いです……」
       ノイ{|:.:.|:.:|:.:`ヽミ‐\        |       /- ブ:.イ:.:.l{ {
          从!:.:ト、:.:.:.:.:.:∧  r=、、    ′     ,,.‐, ‐ 7:|:.:.|:.:.:小、
         ヽヽ{ ヽl:.:.:.l::/ト、 ヽ ヽ .._    _.. ,〃' /  イ:::|:.:ハ:.:八       嘘、そんなものは無いわ
            }:./l::i:.:!::|\.}  |    ̄    i  { .イ::||:.::|/ j/
           ノ ヘl::|l:.l:::|::ト:.|  |          |  |lレ|::レ!:::|
                 |::|{`!::|::|:}:|  |>、 _,..、イ|  !|イ|::| !:::|         「割と本気で殴られました……」
             |::ハ|::l!::l_}|  |{ __∨:.:.:l _}_j  {/::|::| |:::|
             |:{ .j斗く:リ /   ヽ--/  \ V`<:.:ノ
            _...斗:.´:.:.:.:.:./ ´_.. -―〈__:〉ー- 、  〉.:.:.:.:`丶、
       ,.. ‐.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}   _.. --{:.{, -- 、   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶、




             _              イ
            __{_\     __      / |
           >--、: :>: ´: : : : `: : .、 { / }
         /:,: -: : : : : : : : : : : : : : : : : :rく ̄ ̄ ̄`ヽ、

        ,/ィ/: :,: : : : : : : : :,: : : : : : : :ヽ: | \ ̄ ̄ ヽ:ヽ

         /: ' {:イ: ,: :/:,: /: /:ハ: :}: :|: : : : :Ⅵ  ヽ     }: }
          |: |  |: :|: l: |_:{_:Ⅳ }:ハ-}:、: :l:|: :} \ }   /:/
         {: l  {: :{: :、{ィ斧    斧ミ、Ⅵ}_/  ∨   ,:./       う、うう……
         、{  ∨\:} Vり    Vり' |:イノ      イ/
         \     {人  ´_    ,}: }               なきそう……
               Ⅵ >, ``  イ: /
            r-'^リ∨` `¨- {-{:イ

           / ⌒\ \==ィ介} }^ヽ             「いやぁ、流石魔法少女っす」

             /⌒ヽ  \__ヽ __, { /∧
          {     \   、_〉 : : ∨ 、∧
          |     }   |||: : : : :|||__} }      「魔法少女(物理)」
          |     |   |||: : : : :||l | |
          |     |   j : : : : |  {    ……うう……あ、さ……最後ですよ……



                                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                               ,.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:/{!:.:.:.:.,ri:.:.:.:.:ヽ:...
                           ,ノ.:|:.:.:.:.:/:./:.l:|/!/:.:{!,r:.:.:.},iヾ:
                           /.:.::|:.:.:.:,' /.:.:.: |:.:N:/:.:.:|/∧リ:.:ハ..}
                             /:.:.:/|:.:.:.{:.:{!:.:ハリ:/゙/:.:.:.∧ん:i|:.:.ハリ
                         /:,':./:.:!:.:|.:}:.:{!:.{rf忻{`/ V:ソ.i|::,:'/.r 、
                            {:/:/:.:.i|!:.|:.i:.:.{:.:トゞcソ    `",:/:/{´/  ヽ
                            リハ:.:.:.:.|∨:.ヾ:.:∧  |r::v  ,.イ:.:/:∧_   ',    そうっすか……最後っすか……
                              ∧\:.|/∨,=∨∧-|tァi爪ハ:.:/ /二≧x,.イ
                          /!ニ二`i二二i}∨:.}/ ∧:/ :/ /≧x二寸          この十一の試練を乗り越えた私に不可能はないっす!
                        /二二二{i二二二≧=┐ '  ´,//二二ヾ/
                      /il/二二二i{i二二-‐=//二二彡'ニニニ/´      とつげーっき!
                    /二/ニニニニミヾ二二二二二二二ヾ:二ニ/
                  /二il/二二二二二ゞニニニニニニニニニ/

                      /ニニil/{二二二二二二}彡'´ ``ト≠ 三=-彡'
.            _     /ミニニ二{ニニ二二二二{il_
             ゝニf `¨ヾ二ヾニ//ニニニニニニ0ニ}.
            ` =‐- _ヾ;彡ゞ ,'二二ニニニニニ{ニニ\



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

       .ハ::::::::j:::::::::::≧ァ- _川:::rー=ミ:::::::::::\
       /:小::::ハ:::::::>‐jニ三/ i:::::L_ \:::::::::::..、
      ./::::::::::/::::::/   /  ノ::::::i ¨¨⌒ヽ:::::::::::::,
     /:::/::::/::::∠  //  / |::::::l     Y:::::::::::’
    ::::::;':::::::::::::::〉⌒ y  /  l::::::l  y    i::::::::::::}    ―――終宮・亥
   / {::::{::::{:::::::/___屯≦__.l::::::l /     .::::::::从
   ,'  :::::V::「 ̄/) /ノ 1!  ̄{:::::::V    /::::::::::::::ヽ    猪突盲進ガール―――
      {::::::::_| / '/ ィ.  ||ニニニ、:::::、     /:::::::::ハ::::::::.、
     {::::/⌒/ '  ¨¨ニミ|    ト、:::\  /:::::::::/::::::::::..ト\
      V ノV     _二ラ|    / \:::\:::::::::/:::::::::::::..|
      ,〈  乙   イ    ||  /"  \::::ヾ:::::::::::::::::::::|
    / ヾ  て^ン    ||_/      个:::::Y::::::八:::::::|
    {   ゝイ ̄   r‐ -=       イ::::ル::):::j::::::::::::::::::j
     、. 彡| r―⌒y       イ  ル:::::/::イ::/:::::::::::V
      ¨¨:::::f ニニ  i   v/  |て^):::::::::::::::/::::::::::::::{
     {::::::t 二 _ ゝ__ノ||    |⌒そ:::::::::::/:::::::::::::::::::
     人:::::|        ||    |   Y::::i::::::::::::::::::::::::::}
    :::::::ヽ:|_____」!=ー"   ::::::ト::::::::::::::::::::::::j

   /:::::∧::::::i   てス         i::::j:::ミ::::::::::::ハノ
   ,':::::/  、::::|   にス           i::八⌒\ル
   {:::/   八::|    にス
   V    ハ|    にス        |

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――




         /: :/ : : 〃: : : : : : ヽ.
        /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.〃:/:./:/:.:.:ノ;.:.:. : ヽ

          /:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:〃/,:.イ/ノ;./}ィl:.|:.:.:... ハ
       //:.:.:/:..:.:.:.:.:.:.{イ''ケミぐヘ /'}:.:.}:|:.:}:.i. .}
        〃.:.:.,:.:::..:.:.:.::,イ   `'´'   j:ル;リ;ノ:.:}..:.i    ……ふふふ、ふふふのふ……
       ノ.:.:.:.:.i.:.::.:.:.:.:.:ハ         'ぐル;/:.イ;ノ}|
     /.:.:.:.::.j:.:.:.:.:.:.:.:j  `      冫 /:::/:/ l}     ふふふ……ふがみっつ……
   /.:.:.::::::::::{:.:.:.:.:.:.:.:}    ` ‐ 、  /:.:/:/  j}
 /.:.:::::::::::,-、}:.:.::.:.:.:..} 、       , イ:./:./  ノ
':.:.::::_,.:∠: : :|:.:.:::.:.:.:ト、_  >、 ,, '´::::::ソ:./

,.:;' : : : :`:、|:.:::::.:.:.} 、::`〈;:::/:::::::::::.:.:':./     「間抜けそうな奴っすね」
: `、: : : : :|:.::.::.:.:.i、:.ヽ::{`ヽ、:::::.:.:.:.:/
: : }: : : : :.|:.::::.:.:j :^ヽ;}j:ノ: :〉::.:.:/
: : :}: : : : :|:.:::::.:j .ノ 〕ト.:、:./:::.:.:;'      そう、女の子はちょっと抜けているほうがカワイイ!
: : .}: : : : j:.::::.:.j/イク'|.}: !::.:.:.:i
: : 'l : : :./:.::..:.ノ〃//|.l} } |:::.:.:.l
: :/:j : : : /:.::.:./'´././ .| l.}.}: l:::.:.:.ト.      「語りだしたわ」
: : /: : : : :/:::..:./: /./} | |」」. j:::.:.:j,.}



                  /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ
             ,′      ..::}::::::::::::::::::::::::::::: ヘ::::::::::::::::::::,
             ,′..::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::':. ::::::::::::. ';::::::::::::::::::'
              /.::::::::::{::::::::::::::::::}レ'i:::{ :::ヘ::.':. ::::::::::::|:::::::::::':..:::|
           / |:::::::::::|:::::::::|::::::リ| i八::::::|\\::::::::|::::::::::::::';::|

           / |:::::::::::|::{:::_」⊥Lj  i, \{厶_- \ |::::::::::::::::l:|
              '   :::::::::::::::{::::;ムr;テュ  'i,  \ィrみミ;;|::::::::::::::::i:|     そして私は可愛い女の子は大好き!
          |  |:l::l:::::::::ヘ::ト弋.rリ   ヽ     ヒュツ”|::::::::::::::::i:|
          |  |:l::|:::::::::::::ト、            l::/.:::::::::::::|

          l   从:|::::::::::::::.      :.       /イ:::::::::::::::::|
              |::::::::::::iヘ      _ _    ノ从:/.::::::::::/:|          「あ、話通じて無いっす」
                   |::::::::::::i:::|l:..、  `"´    イ :::/.:::::::::::/.::i
                  |::::::::::::i:::|:::r个:..、  . イ)::::|::〃.:::::::::/.:::::!
                 |::::::::::::i:::|/ {└-`彡:::/  ヽ' .:::::::::::/.:::::::i       「SAN値0ね」
                |:|::::::::::!::|   \:::::::::/   |.:::::::::::/.::::::::::!
                 | |::::::::::!::|    ,rヘノ     |::::::::::/.:::::::::::::!
                ! |::::::::::!::ト 、 ,{乂}  . -─|:::::::::,′`ー- l
               / |::::::::::! |  ∨∧::∨     |:::::::::      `丶       ああ……アイドル! もう響きから可愛い!
             ,.    |::::::::::!リ /.:/|:|ヘ::::,    |:::::::;           ∧
           ∧    |::::::::::; /.:/:::|:|::::i:::'.    |:::::::!         ,   '
            / ヘ    |:::::::::′∨|::::|:|::::|∨    |::::::|         /   {
            ,′ ∧r  |:::::::i   |::::|:|::::|      |::::::|  j/   /     }
         {   /  {.   |:::::::i   |::::|:|::::|     i::::::|       /      ヘ




            ,: :´ ̄ ̄ ̄ ̄: :`.、

           /(__: : : : : : : :/\
          /__.二二二二二. __i
         /: : : ,: : : : : : : : : : : : : :}: : : : :}    ふふふ……これで勝ったら私はもう鷺沢 文香ばりの読書系アイドル……
          / : : : :{∧;Aレ;{: : :/ヽA: :}: : :i : !
   _人_   {j'{: : : ト┬‐┤|::./┬‐┐| : : | : |

   `Y´   {lヘ: : : { 弋丿 レ  弋丿イ: : :.|: :|           その地位! 勝ち取ったも同然!
        {| jハ ⊂⊃    ⊂⊃: : : :|: :|

           l j{: : :}ヽ.  ヽフ   ノ:j: : : :i: :|
          |.l: : :|: :,>;‐〈 ̄〆ヘ}: : : :| :.i      「野心高い奴っす」
          |:|:||三三:三:三:三:三{j: : :|: :|
            l: |||デ ス ノ ー ト|| : : |: :|                  「いつまでAAを占拠する気かしら」
         j: :i|| ノ'(⌒j      .l|: : : |: :|




                   -‐::::: ̄ ̄:::::::‐‐

                   /::::::::::::::::へ::::::::::.:.: .:::::::..\
                   /:/ ::/ :.:.:.:.:. :.:.\ .:.:::::::::::::..:::ヽ
                  ,.'::::/::.... . . .... ...:.:.:.:::ヘ:.:.:::::::::::: :::..::::.
             /:::::;:':::::::::i::::::i::::::::i::::::::::ハ:::::::::::::: :::: :::::..
               ’:i::::|::::{:::::| ::::ト::::::ト::::\、|::::::::::: |:::::: ::::.
               ,’ i::::|::::{‐‐ト i:| 、:i-‐\-:|::::::::: i|:::::: :::::ト      勿論Gヒロインのラスボスたる私です!
           {i  |::八::rf斥xN  ゝrf弍ゝl::::::::::i|:::::: ::::::| `、
           i!  |::::::::ハ Vrツ    Vrツl:::::::::il::::::: .::: : |:::ト::、

                  |::::::::∧""  ,     "" |:::::::::l:::::::: :::: : i::::|  \    Bヒロインの皆さんなんぞにAAなんか出させません!
                ∧:::::::込    _ ,    。イ::::::::i::::::::l ::: :i::::|   \
             ノ个:、/i::::::>...__ 。s≦z l:::::::::ト i::::l ::: :
              /::::::::/ ;:/{   {三三三7l::::::::l }:::l ::: i :::::i       「結構猛打撃っす……」
               /::::::::/// .{   {三三Ⅳ l::::::::|,=l:::ト::: :: : |
           /::::::::/:::::/       マニ/   |::::::::l l:::l 〉:| :::
            /::::::::/:::::/   乂  ,y  ,x≦l::::::::l l:::l i:| ::: l
           ,::::::::: ::::::/   ,,  ,ヾ介”    ::::::::l jリi  i:|V::       さぁ! スポットライトを照らしてください!
            ,':::::::: :::::::'   〉  /iiiハiiii〉    i:::::::l,     |:| V: :l
           ,::::::::/:::::;'   y  /ii/ i! V    |::::::li    从 }:: :l
        /:::::::/:::::::    ,'  ゝ  ii       |:::::ii       、:: :l
         /::/ :::::::∨    {       i!       |:::::{;      }:::::|



判定
Gヒロインにコンマで勝てば次の階

純愛 >>下コンマ Gヒロイン:+2 本:+1
バランサー >>下2コンマ
病弱 >>下2コンマ二桁目 病弱:+2
魔性菩薩 >>下3コンマ 和み系:+2
魔法少女 >>下3コンマ二桁目 魔法少女:+2




        j:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::://:::/:!l::::/!:/!::::;'!::::::/: : : :!:::::::::.:.:.:.!
       ,':.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::j !V:!ヽ!:::! l:! !::;':!l::::::!: : : : !l:::::::::::::::!

         j.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::l ,.ィ.,ニj!''ヽl! l:::! !ハ::::!: :-‐'j!l::::j::::::.:.!    ……はぁ?
       j.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::〈! ら:::!   トヘ::! ! ヽ:!: :_,l!':/j::::::.:.!
       !.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::!. 弋;;ノ  . : :ヽ: : : : ィ'ニ`ヽ'/∧:::::l
      j.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::|   --     : : : : : .fr':}  }∧:::.:.:!
       /.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|             _`''′/.j:::::.:.:.j      「けほ、こほ……な、なんだか分からないけど……勝ったわ」
     /.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|          ヽ      .,::::::.:.:.!
    ../.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!                   ,::::::::.:.:!
   /.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: . .     r‐‐ュ      ノ:::::::::.:.|      「わーい、わーい」
  ./.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!>、: : .     ̄   u., イ::::::::::::::.:!
  }/!.:.::.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:!: : :>. _      , ..<::::::::::::::::::::::ハ
   !.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::j::l、 : : : : : : >-‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ   「え、えへへ……やりました!」
   l.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::;;l:l::::::::/!:! >.、: : : ∧::::::::::::::::::::::::::::::::j:::::::::ハ!
 _,,. -―='''" ̄ ̄ ̄7.:リ:::::::/ j!    >-'_∧:::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::! !

'".:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j.:.:j!!::::/ /    ,イ::..::..::ヽヽ:::::::::::::::::::::/:! !:::::/ j
.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j.:.:.:l:;イ.:.ヽ  / ヽ::..::..:lハ ∨`ヽ、:::::/./ j:::/ ./        「っくぅ! 文香の壁は高い!」

.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ、.:.:.:.:.:.:.:.\     !::..::.Vヽ!.:.:.:.:.:.:.:>メ、/:/
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>イ´.:.\   .l.::..::..:V l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノイ.ヽ、




           l{ {: : :.| ; ; / {; : ト : 、;  ; } : : }
        {| |: : : : :|: :|: :|;' !ト: : |、: : }、: :}: j : : : j|
        {| { : : : :|: :{:/l|-、 {|ヘ: {_>、:}ト; :}:リ: : : :}|
        {| i:|: : : :{: ly=!=-' ヽヽ{ =ヘ{= y: : : : :j:|      ……ふふふ、流石です、皆さん

           {| }:} : : :{'、{          ,' : : : :/: l
         { }}: : : :.:ヽ    __'__   /: : : :/: : :l      よもや、私のコンマが1とは……因果律操作仕事して
         ヽ.}ヘ : : : :.i:`:...、 ` ´ ,..:':.{: : : :イ; : : :|
          .K.|: : : :.:|,..:.:.}:.:`..::.':´:.{:.:{: : : : } ヘ: : |
          { . |: : : : |`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:./|: : : :.} ,イ: :l     「ヒロイン空間ではそんなもの発動しないわ」
        /. .`.|: : : :.|. . ヽ:.:.:.:/. . |: : : :l'´. . ヽ}

        ヘ. . .|: : : :.!`ー -、.V.,. .-‐'l: : : :}. . . ∧
       { .ヽ. . |: : : :.! . . :,イト; . . |: : : l. . ./. }    ……なるほど……確かに私が負けるわけです……
       /. . ヽ |: : : :l . . //|ハ. . .{: : : i. . ./. ; }
      /ヘ. . ` l: : : :}. . ./〃| } }. . .{: : :.l. ./. . `、〉

      /. . .ヽ. . .l: : : }. . `'.{ l| ト'. . }: : :l. .レ . . . ヽ     さぁ、奥へどうぞ……殿堂入りの謎装置ばりに、聖杯があります
      /. . . . .ヽ. . l: : :}. . . | l|| }. . .ヘ: :.}. .{. . . . .}




         /: :/ : : 〃: : : : : : ヽ.
        /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.〃:/:./:/:.:.:ノ;.:.:. : ヽ

          /:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:〃/,:.イ/ノ;./}ィl:.|:.:.:... ハ
       //:.:.:/:..:.:.:.:.:.:.{イ''ケミぐヘ /'}:.:.}:|:.:}:.i. .}
        〃.:.:.,:.:::..:.:.:.::,イ   `'´'   j:ル;リ;ノ:.:}..:.i
       ノ.:.:.:.:.i.:.::.:.:.:.:.:ハ         'ぐル;/:.イ;ノ}|
     /.:.:.:.::.j:.:.:.:.:.:.:.:j  `      冫 /:::/:/ l}
   /.:.:.::::::::::{:.:.:.:.:.:.:.:}    ` ‐ 、  /:.:/:/  j}    ……喜びなさい、Bヒロイン
 /.:.:::::::::::,-、}:.:.::.:.:.:..} 、       , イ:./:./  ノ
':.:.::::_,.:∠: : :|:.:.:::.:.:.:ト、_  >、 ,, '´::::::ソ:./        貴女の願いは、ようやく叶います

,.:;' : : : :`:、|:.:::::.:.:.} 、::`〈;:::/:::::::::::.:.:':./
: `、: : : : :|:.::.::.:.:.i、:.ヽ::{`ヽ、:::::.:.:.:.:/
: : }: : : : :.|:.::::.:.:j :^ヽ;}j:ノ: :〉::.:.:/       「…………行きましょう」
: : :}: : : : :|:.:::::.:j .ノ 〕ト.:、:./:::.:.:;'
: : .}: : : : j:.::::.:.j/イク'|.}: !::.:.:.:i     「うん!」
: : 'l : : :./:.::..:.ノ〃//|.l} } |:::.:.:.l
: :/:j : : : /:.::.:./'´././ .| l.}.}: l:::.:.:.ト.           「は、はい!」
: : /: : : : :/:::..:./: /./} | |」」. j:::.:.:j,.}
: j:/: : : : /:::::.:/ : / /:l}  | | : :l::::.:.l }



                                  __
                              才´::::::::::::::::::::::`ヽ
                               ,ィ´::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::ハ
                           /::::::::::::::::::::::/::::: /ハ:::::::::::::ハ

                             j:::/:::l:::/:::l:::j::l:::::!  !::l::::l::::::ハ
                            ノ:::l:::::l:/l:!::!::l:::l::::|  l:::j::::|::::::::ヽ    ちょっと待ったっす!
                          /:::::::!::jl:'_,lハ:!::!';:!::;!ニ´l/!::::!::::::::::::',
                           /::/:::l:ヘイ{r':ハ`lハlヘ{r'::ハ`リl::::::ヘ::::l::!        お、おお、おかしいっす!
. ,、                            /l:;'::::::l::ハ!乂ツ     乂ツl::!ハ::::::::ヽ:';!
r-,ヽ                           ! ハ!::::ノ:::ハ     '    l::!'::::::l:::l:::::ノ      なんで私の所に補正無いんすか!?
`ヽヽ∨  .______,,r ――ー-----r'ハ:::/:::/:.:ヽ  (__,)  ィ|:!ハ!!:l:::!ヾ
  ヽ}  Vイ: : : : : : : :ヽ: 、: : -:-:-:-――: : : : 、: Vリ:::l:.:.:.:.:',> __ イ/! リ: :/ル':.,ィヽ
   lノ .{二: : : : : : :-: : ‐:ヽ: : : ̄: : : 二: : ー: : : : lハ:!.:.:.:.:.Vヽ    _'/.:.:.:.:.::./:、: : \
 / __,乂: : : : : : : : ;_:_: :_:へ: : : _: : : : : : : :!: : ヽ.:.:.:.V`-----'.:.:.:.:./: :ヽ:\: :∧

 ゝ'"     ̄ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ/': : : :ハヽ.:.V:(__):/.:.:.:/: : :ヽ: :ヽ: ヽ.:∧
                          ,イ: : : : : :ヘゝ>_f、ー-_==辷: : : : V: :\: : : ヘ       「……存在感のせい、らしいです
                           !:.,ィ: : : : : : `ゝ- 二_´   !:`: . 、:}ヽ: : : : : : ハ
                            l/: : : : /: : : : : ;ィ_´,ィ /--'!: : : : : :`:ー:-、 : : ハ     というか、みなさん言行っちゃいましたよ?」
                           ',: : : :/ : :;ィ´ _ノ:.l: 'イ:ヽ : : ゝ、: : : : : : : : : :ヽ: :ハ
                              乂:/: : /  ./; ィ:ゝ: `ヽ !: : : : ノヽ、: : : : : : : : : : !
                           ヽ!:7  /: : |: :|: :`ー! !--':/    > :_:_:_: ; イ      あの薄情者! 待ってっすー! 置いてかないでっすー!
                            !: :ヽ /: :l: |: :|: |: : | / : //




      /:::::::::::::::::::::/:::::::::::::/|:::::::::: |ヽ:::::::::::::::::::::',:::::::::',
    /::::::::::::::::::::::/:::::::::::::/ ;|::l::::::::| |:::l:::|ヽ:::::::::|::::|::::|
   ,:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::/  |::l::::::::| |:::l:::| ,|:::::::|::::|::::|
   |::::::::::::::::::::::|:::::::::::::/|!\|∧:::::| |/|://|:::::/ :::|::::|

   |::::::::::::::::::::::|:::::::::|',ィ==ト ヽ|  ィ==::/::l::/|:ノ
   |::::::::::::::::::::::|::::::::《 トイ;;;;;|      トイ;;| 》:::|/    あ、あぶねーっす……危うく置いてけぼり食らうところだったっすよ……
   |::::::::::::::::::::::|::::::::::| 乂ーソ     乂ソ |:::|

   |::::::::::::::::::::::|::::::::::| |!       ´       |:::|      というか、聖杯あったんすね
   |::::::::::::::::::::::|::::::::::| |!          U イ:::|
   |::::::::::::::::::::::|::::::::::ト |!    (⌒7    < |:::|
   |::::::::::::::::::::::|::ハ::: | |! ‐ - - < ヽ  ' |:::|       「ええ、まあ……死人が居るくらいだしね」
    ヽハ∧//⌒ |::::| Z\  /  \ \  }リリ
.       /     リソ  ∧ }个―-   ,
      /  \   ', | 人 ∨/ノ ||  } |             よっし、じゃあこれで私のGヒロイン入りを願うっす!
      |     ',   ', ', \>‐┐  ||   ヽ
      |     ∨  \\ヽへ  |。|    ',
     ノ       イ     \\ミハ ||    '',   _
    |      /        \\ミノ |       }  / / 〉      「……はぁ?」
    /      { _「 二つ  \\イ      ノr┤イ_イ 〉
    |      ノ/ /二フУ 〉   ヽo}   / ハ ヽ У 〉



          /: : : : : : :.//l: : : : : : : :/‐ヽ、__: :∨: : : : : ∧
.       ハ: : : : ://: : |: : : : : : : !|     ヽゝ: : : : : ∧
        |`´ゝ: //: i: : :|: : : : | : : !l         ∨: : : : :∧     待ちなさいBヒロイン
        |: `杙: < : : : l: : :|: : : : |: :ハl       ヘ: : : : : :;∧
        |: : 化::} : : : :.l: : :|: : : : |ノ--i!--- 、    .i: ヘ: :|.i∧
        |: : 辷::).: : : :.|: : :|: : : : |  , z=叱゛   ノ._‐l: :ト`_:!./|`,    「なんすかBヒロイン」
        |: : ik::::).: : : :.|: : :|: : : : | ` 弋少   iハテハ:.:!: :∨ .l::|
        !: : : Y : : : : :.|: : :|; ; : : |           ∨ヨ: : |: : | .|::|
        /i: l: :.|: : : : :l :l: : :| i∨:∧        冫i.: :.|: : |  `´
     ハ: l: l: :.|: : : : :l :l: :il.l ゝ∨:∧       _   人: |: : !         ここまで協力させておいて、それ?
      ハ:.:.:l: l: :.|: : : : :l :l: :il.l ヘ ∨:r:ヘ    ´‐´ /Ⅳ: :Nノ
.   /: : : :l: l: :.|: : : ∨ |: : |l  ヘ∨: ゝ-r---  ': l :.| |: :.! ´
.  /: : : : : :.l: l: :.|: : :∨: :l:__.|l  ヘ ル  |: : : : : : :ヘ:ヘ.l: ソ
 /: : : : : : :.l: l: :.!: : ノ: :ソ-、ノl.   ヘ.   l`\: : : : :ヘ: ∨          「えー? だってー、最初は帰りたがってたじゃないっすかー!」
./: : : : : : : :.i: :ソ:/:/  /<    `、  |\ヘ\: : : :ヘ:.ヘ
!: : : : : : : : ://:/‐-=x  .\    \  l   \: : :!ヘヘ      それとこれとは話しが別よ



        / __.   `ヽ \  ヽ     __
       '´ , -―‐`==--、 \  }´ ̄ ̄    ̄ `ヽ、
        /    _                     \   , -─―‐- 、
       /: ; -ァ¨´: _: : : : : : .             . : : : : :\イヘ____  \        「うっせーっす! 病人は大人しく病院食でも食べてろっす!」
     /: ://: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :〃く~ヽー-、   `ヽ、: \
     ///: : /: /: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\   ∧  \/      \: \      「なんですって!」
    /: /: : /: : :/: : : : :,: :./ : : : : :,: : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : :.l\/       \: :ヽ
.   /: : /: //: : :/: : : : :/: /: /: :./:/: /: : j: :.l: : :l: : 、: : : : : : ヽ:ヽ: ::::l
  /: : /〃 ,': : :/: : : : :/: /: /: :./、l: :.l: : ハ: |: : :l: ; _j: : : : : : ',ハ: :V:::|

 /: : :/    l: : :/: : : :.:/: :.|: /.:.:/| ハ`メ: :/ l: {ヽ:イ',: :i: : : :ヽ: :l :|ヘl::::,     あ、あわわわわ……どどどどうしよう
/: : :./    |: : :l: : : : /: ::: レ:|: :.l レァ=ト∨  ヽ V=ヽ:{ヽ: : :|: :li: |::リ:/
l: :/!,'    |: :.l |: : :/{: :::::: :::l: :! {!  i}      {!   i} \j: ;イ/::::/
: / !!     l: :l |: :.l l: :∧::八{  `="       `='"    レ |⌒!′
/ リ     V  l: :|  ',:.{ハ::::}⊂⊃           ⊂⊃ jリ| ノ
          ヽl  ヽ |ヽ{                   /: :!'´       「ねえ、これが聖杯なの? なんでも願いが叶う」
                |: :lヘ    f二二 コ    , イ: : リ
                l: :|   `丶、_      _, '´  l: :/
                  V:ゝ      `}>‐ <{__   j:/       う、うん……そうだけど……
                      _rイf’ ̄ ̄’`┐ヽ
                    /   i     /  \
                   /    ∨三三V      \
                 /ヽ     ∨ ̄V     /./\         「ふーん……じゃあ……」
                ∧ ヽヽ      \/     /./  ∧




                  ,ィ二三、 ` ヽ

                 /      ヽ:.|
                   .,  -―‐ !/―- .
            _, = = ≦             \
             /                \
            /  ./          `\ \ ':.

           .// /    /   /|        \|::::::::'.
         _ イ  /    / -/L/_  |   /l ∧  |
           l.   |    / . X.  l   /|. ∨ |    |     ママのパンティーおくれー!!
           イ   |   /./  \   / | /   |`ー∨.|
          /   |   |  ̄ ̄ ̄|  /  |/___  | |
          /   |   |       |/   \.   /   |
         /     |  .|   /:::::`:.、.    \ /|    |
        丿     |   | /::::::::::::::::::〉      ! |    |
         }    |   | 、j:::::::::::::::::/    , イ  |     |
        /     |   | .|` ーrー-イ--‐ '|     .|     |
        {     |   |'´ ."""'´ ' 、|   |     |     |
        }     |   |        ',   .|     |    |
        {     |   |一一v一一'´i   |     |    |
        ノ    /     |        |   .|    |    |





  /''7___....  / ̄ ̄ ̄ /    _ノ ̄/  / ̄/ ./''7
 / __/..... / / ̄/ /  / ̄  /   ̄  / /

./ /___  . . / /_/ / .   ̄/ /   .  ___ノ /  .
i___/  ../____/    /__/    . /____,./  


  ┏┓.. .┏━━┓
┏┛┃.. .┗━┳┃       -=ミ
┗┫┃.. .┏━┛┃   .//⌒ヽ V.

  ┃┃.. .┃┏━┛   { { r-=㍉!
┏┛┗┓ ┃┗━┓..  _乂_⌒≫、>
┗━━┛ ┗━━┛






                                         〈 ̄ヽ
                                   ,、____|  |____,、
                                  〈  _________ ヽ,
                                   | |             | |
                                   ヽ'  〈^ー―――^ 〉   |/
                                      ,、二二二二二_、
                                     〈__  _  __〉

                                        |  |  |  |
                                       / /  |  |    |\
                                   ___/ /  |  |___| ヽ
                                   \__/   ヽ_____)






                   _.,,,...,.:-:‐…:::::…‐-...
               ,x≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧x
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.          /::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧x:::::::::::::::::::..
         /::::::/ /:::::/!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::ヾ
.         , ∨::/::::/ ! ∧::::::,   ::::.... :::::::::::::::::\::::::::::::::\
.        {. |:::il::::,'.. ::l:.. }::::::  ::::.. ヾ .::.  :......:.:::::\::::::::::::::..
.        ::.  ,...: :{...::::{::Ⅵ:::::::.... :,::::.. ,:::::::\.  ..::::\\::::::::::ミx..、
          |i:::::|:::ハ::‐=┴‐-\:::::::{!ハ:,xヾ-‐= :\:::::\::\ヾ:::::::::::::::::\
        i{i:::Ⅳ:::ハ∧::!リル__ \:ヾ \ \::\!:.\::::::ヾx\:::::::::::::::::::::\

          ∨::x-‐ 、三三三  ヾ\ 三三三三ヾ\::} }:::ヾ::::::::::::::::::\ヾ:..        あんまりっすー!
     ,x==x /   、  {|  |//////`丶/|   |// `ヾ\ノ:::::::::::::\:\\:\`ヽ
.  ,x</,γ'' ´   r 、 i='l!  |//////////|   |// __,ilリ'':::::\____::::::ヾ::.. ヾ::.
x<////{ i|   , ∧ ∨.,ノ  | ,r‐───v   | ,.イ::::‘,゙::::::::::\/≧x.ハ:l ` リ

//////∧ヾ -‐'--'ヾ''::´:::ゝ.. |:::::::::::::::::::::.j     ..._.∧::ヾ:::\ ::::::\////.'
///////∧ \彡'////∧:::::::>`二.. ̄_´ , イ/  |!//\\ヾ///ヾ////≧x
/////////ヾ=≦゙/////∧!\:::\./ ̄V ヾ= '´  ∧/‘,/`ヾ////////////>=‐-..._
>////<==≠========‐--ヾ\//ゝ='ソilil` ='!////}/////////////////////// .‐-- 、.,,...__

 ` ¨¨ ´                 {//|!//{! 》il《  {////i}////////////////////////////////ヾr=‐ __
                       {//|///ゝ ilililii、/ヾ彡'///////∧`≧x////////////////////i}     }
                      ゞ/∨//∧ilililil///}|!./////////∧    ̄`゙゙゙''''ー- ...,,,,_///////|i}   ,r!






本当に
                                         〈 ̄ヽ
                                   ,、____|  |____,、
                                  〈  _________ ヽ,
                                   | |             | |
                                   ヽ'  〈^ー―――^ 〉   |/
                                      ,、二二二二二_、
                                     〈__  _  __〉

                                        |  |  |  |
                                       / /  |  |    |\
                                   ___/ /  |  |___| ヽ
                                   \__/   ヽ_____)



と言う訳で、ヒロイン十二Q……打ち切り!

このタイミングでやらないと、マジで未登場になる貴女がいたので、一周年の記念にやりました。

AAは疲れる。

ちょっとお風呂入ってくるんで、そうしたら聖杯対戦始めます。


さて……それじゃあ、まずは性別から……。

1、男
2、女

>>下3までで一番高いコンマ


男、男性だ。

それで、魔力は……。


>>下3までで一番高いコンマ二桁目


数値にして、7くらいかな……?

それじゃあ、肝心の家系は?


>>下3までで一番高いコンマ二桁目


だいたい中間くらいの6、ね……。

まあ、そこそこ優秀かな?

それじゃあ、健康面とかは?


>>下3までで一番高いコンマ二桁目


そこそこ健康、数値で直せば6。

まあまあの子なのかな? 性格の方は?


>>下3までで一番高いコンマ二桁目


※ミスでした。 下コンマ5以上なら6


性格も……中立・善かぁ……。

じゃあ、その子の幸運とかは?


>>下3までで一番高いコンマ二桁目


※6以上で6
>>下コンマ


※振りなおし

※複数選択可


1、魔力 7
2、家系 6
3、肉体 6
4、属性 6(中立・善)
5、幸運 4
6、全部
7、振りなおさない

20:30の>>下3までで一番高いコンマ


※ちょっとご飯

魔力 >>下コンマ
属性 >>下2コンマ


1、聖堂教会
2、いつでも繋がってる
3、伸びしろ
4、愛国者
5、魔獣使い
6、魔術師殺し
7、スロースターター
8、願いし者
9、アイヌの民
10、禁断の果実
11、忠臣
12、正義のヒーロー
13、バランサー
14、聖杯お届け人


21:04の>>下3までで一番高いコンマ


【聖堂教会】
家系値と魔力値の合計が『8』以下 
数値を逆転して教会判定に変換  武器判定を行う 安価で武器選択が可能

今回の場合魔力2→8、家系6→4となります。

 『代行者』教会(魔力)『8』以上 初回戦闘で判定 成功で補正:+1 不死者に対して更に補正:+1付与

そして今回の……今回も代行者付与です。


魔力は8として計算するので自動的に二つ目ー。

21:13の>>下3までで一番高いコンマ


【バランサー】
属性『5』
極端に傾いているものを修正するよう動く性質
戦闘で「劣勢」の時戦闘補正+2「不利」の時+1「有利」の時-1「優勢」の時-2
またこのスキルを選択した者は同盟を組むことはできないが同盟を組んだ敵との戦闘時その同盟補正を打ち消すことができる


んじゃあ、最後に判定。

合計14以上で成功
>>下コンマ >>下2コンマ


進行判定
9程信心深い
>>下コンマ


なるほど、なるほど……信心は普通、か。

……ん? 個性? どれどれ……?



趣味、職業、特技、性癖、属性なんでもござれ
21:25の>>下3までで一番高いコンマ二桁目


※バランサー振りなおし

>>下コンマ


「ふぅん……バランサーを自称、ねぇ……」



                    ,./
                   //.
                 / | .          ノ /|

                 /   | .      , -‐ ' / ./
              ./  ., -' ゛‐  ̄ ̄ < /   /
            /  , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  、  ./
            /  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::ヽ /
          /  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::i::::::ヽ
         ./  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::|.|::::::::ヽ
         |  i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ i::::::::::::::::| |:::::::::..i

         ヽ、|:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  |::::::::::::::/ |::::::::::::i

           > ̄ ̄i:::::::::::::::::::::/゛.-.、|:::::::::::/ __ |::::::::::::|
          /    /:::::::::::::::/ir.'ハ .|:::::::::/   |:::::::::::|
         ヽ―--リハ::::::::r  弋_ノ .|:::::::/r':::ハ' |::::::::::::|

          '、  ノ i:::::::| /|    |/ 弋_ノ /::::::ハ::|--―‐ '      ははは、いいじゃんいいじゃん
           '、   ヽ//...|      '   ./:ハ::|:.:.:.::|:.:.:.::.:/
            ゛i////////.|  、      ,'/∨|:.:.:.::.:.:.:./
             >///////.|    ヽ=ァ /:.:.|:.:.:.::|:.:.:.::.:.:/       そう言うの、結構好きだよ?
           ///////////|゛ ‐ - ‐.':.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:/

           /////////////|   |/|.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.::.:../
          ヽ、///////////゛‐-、ヽ、, -‐ '/:.:.:./

            ヽ、/////////////ヽ、   /:.:.:./ |- 、       んじゃあ、次のマスターになりそうな奴の情報、頂戴
              >//////////////ヽ .'  i  >/ i
              >'///////////////ヽ、   |////ヽ
             ////////////////////////ヽ、//ヽ、

             >/////////////////////////ヽ///ヽ、
             |///////////////////////////'、///ヽ




さて、それじゃあサーヴァントですが……。

ちょっと聖杯対戦の参加サーヴァントについて。


1、全部オリ鯖。鯖折り。
2、片方の陣営のみ。(貴方の陣営のみ)
3、貴方のみオリ鯖。

この三つから。

上に行けば行くほど>>1の精神的負担が大きくなる使用です。

先に三票


ブワッ

まあでも、折角あんなに作ったのに14騎も没にするのは勿体無いんで、流石に何騎かはオリ鯖入れます。

これが、譲歩! >>1と参加者への、最大限の配慮!


それじゃあ、まずは陣営選択。

1、黒陣営 (正規側)
2、赤陣営 (魔王側)
3、裁定者

先に三票


それでは。

1、ランダム
2、相性

先に三票

2 

ところで聖堂教会スキルの武器判定しなくていいのか?


>>291 忘れてました。 終わったらやります。


0、傲慢にして強靭な者
98、飛び切り無口な少女
76、情熱燃える若き王
5、百発必中の猟師
43、死を振りまく者
2、海の様な存在感の女性
1、若く、青い船長
>>下コンマ



                  {、 !;   {  ,.'  /イ'"''‐=二二二=-_二二ニ=-_
                ,.-ゞヽ r‐- 、    、-‐::::::::... 、 ̄‐二ニニニ=-__―===ニ-_
               /,....-‐ l  ' ,へ   ヽ  `ヽ::::...:::...  ̄‐ニニニニ=_    ̄ヽ
               /:::/ , !   !!   ヽ \   丶:::::::\ニ=-__‐二二ニニ=-_,.ィ′
             //,/ / ,l   l| i {ヽ       \::::::丶二二二ニ二二ニニ=-_,
             '  ,::/ ,:'   / l   ! ト ヽ\\       \::::::\二二二ニニ=-__ ̄
                 ,:::,.::://  ハ   l ! \、 丶 ヽ\ ヽ 、::...::::ゝ:::::.、二二ニニニニ=-__
                 ,:/:::;::'::!  ,'  、   ',   ,. ‐''" ̄ \ヽヾ:::::::::\二二ニニニニニニ==‐-
             /.イ:::::::::!  l !- .._ヽ   ,/  ,.-‐ァ=、‐- ヽ ;::::::::::::>ニニニニニニ=‐- _
                 ,'::/:::::::. 、 ! ,. _ ̄丶 ヽ  / f;;寸} /  ! ;::::ゝ',ヽ二ニニニニニニニ==‐ァ'
             // !;::::::.::ト / f;付、.\ ヽ   ヒrノ  ノ'} ,::::::l 〉 ノ二二ニニニニニニ=‐'"
            '"   ! ::::::::! ヽ Vゞノ  \ 、         ノリ/l/'/ニニニニニ<_ ̄
                  ヽ:::::\ ´ ヽ    \、     ,彡 ー=二二二ニニ='""⌒ヽ             ◆黒のセイバー
                  ヽ::::,ゝ               ,:  マ二ニニ=‐'"_
  ,.-  _           _,.. ‐- 、ヾ::::、   ー―‐  ァ    _.ィ-‐  ̄ ̄_,....,_   `ヽ
 〈     \      /   / /ヾ 、 ヽ _,.   < ̄ ̄ _,.-‐ ''" ̄      ̄` /
   、  ,.. ` ヽ   /   / / ./  \       ヽ.ヽ ̄              /
    }'"     ー'   /,.-'___ー-、         ´ ヽ.ヽ             ,'
. 〈 ` ヽ' 、     l    i__.   -― \ヽ   ー 、  ,..-- l l        _ -―――――――-、
 ,〉/   ヽ     !   {        >、ヽ '"⌒`/   l l      /   __,.....  -―――‐- 、!
 !.j    ヽ    l!    ',_ -‐   ̄二/   / /     } .}   r―= ̄ __  -―――----ヽ
 {  ヽ 、  ゙、    .l!.   ;-‐,¬ ̄! l  /  /-‐'  ,  // /    ,ゝ‐ ,  ̄// / .:/ :::::/ .:::/  .::l l:::!',
  、 、 ヽ  ゙、   .l!  /.l .l  !_,. イ /,. '"    / /./ /  // / ./:::! l !./  〃 :::/  ::::l  l::::ヽ
  l..  \ 、  }    l!   { ! l/  彡'",.    /  '" //_,/'" , /  /  '. /  ,! .::/   !  :::l  、:::
    ヽ  、  ヾ   l!   ! /   / ´   /'"  //,. '" ./ /  ./  ;.    .::!    .!   、ヽ 、ー、
.     \ノ ⌒` ,.! '" ゝ、!  {/     /    // /( ( .(  ノ    ,. ィ"⌒、 ,l   l  ヽ  、ー




.


はい、じゃあ忘れていた武器判定。

>>下5までで武器の形 >>下6で強さ


威力 10

09、腰帯剣
87、トランプ
65、十字架
43、投げナイフ
21、弓
>>下コンマ


ターンアップ

それじゃあ、参加者……の前に、どれくらい混ぜようかしら。

高いほどいっぱい(最大6騎)
>>下コンマ


はい、じゃあ……二桁目小さかったから3騎。

んだば、まずは黒のランサーのマスターから。


0~8、幼い中に妖艶さが宿る少女
76、白髪の、不気味な少年
5~3、存在感の希薄な少女
21、不審なウサギの耳を付けた女性
>>下コンマ


魔性菩薩。再登場。

……こまった、コイツオリ鯖元から持ってる……。

という訳で、アーチャーのマスター!


09、月が似合う美少女
8、小動物のような女性
7、テレビで見た顔
65、着物の少し変わった女性
43、気だるそうな拳士
2、青白い顔の女性
1、臆病そうな青年

>>下コンマ


月下美人貴女。

オリ鯖(黒のアーチャー)に変更するかしないか。

変更前:アタランテ

先に2票


アタランテちゃん!

そんじゃあ、ライダーのマスター。


09、笑顔を絶やさない少年
87、いつも笑っている少女
65、奇妙な杖を持つ少女
43、心に火を灯す王
21、拳銃を握る殺し屋
>>下コンマ


純愛貴女。

オリ鯖に変更するかしないか。

変更前:メドゥーサ

先に二票



                      ―――--
                 _ /        ' ⌒ヽ `
               _//           \  \

             //                     ヽ
             / /  /    i|
.            / /  ,  |     |i    i i  |i    |Vi
.              '     |   八   | | 从 ,,  } 人| 、
            i i    i  、   |i  \  l,斗t≦ミ  ハ,ソi \
            | ハ  八__|_\从\   /,xぅ'' Y´ /{,,Y 人  ヽ
            l'     ヽ|x=≠ミ ヽ/   乂ソ / ,xしミ、 \ }i
                \ 、 \乂ソ       / (〃/}:.\):)  从
                トー≧、    ' _  ,  乂_ ー┐:. Y i/
                |  { 、 ゝ   `    //つ 人へ\
                |  >⌒) } ≧  -イ/r''"/ } }  ⌒
                `¨´  )}'人ノ/ }¨´::::::人 ∨´ ≧=- 、

             __r― ミ/ / イ / /ヽ::::/  ヽ }    ―...\     ◆黒のライダー
           (----- ¨   \ { , /::: /  / ノ   /:.:/:∧_:.:i
             ゝr―-__    __∨:::: /  /  ―┐{:.:.:{>∇<:.|
             `¨ゝ---/ __)-彡-=彡/:.:/{:.:l八:.:.≧彡へ

               / / / _ヽ――:.:.:.:./   \:\_/:.:.:.イ
                 /  ∨ /::::::::\\ ̄ ̄    /:.:.――=彡 |
.                //  人'':::::::::::::::::ヽ:::ヽ  \/:.:.:./    / 人
             ,  / / / }::::::::::::―::∨:::\_  \:.:.\    /
           /   '⌒ヽ   |:/:::::::::::::/::::::::::::: \ \::::\      i
           /  ,'    } ―|:::::::::::::::/::::::::::::::::::: }   \:.:.ヽ       |i
.        /   /     /:::::::: |::::::::::::::{::::::::::::::::::::/'    }:.:.:.}     八
..     /     '     /::::::、、_\:::::::::::::::::::::::::/:::/    /:.:./         \
     /     /     /:::Ⅹ::::: ̄::\:::::::::::::/::::: /     /:.:./ !          \
.  /      /}   ノ::::/:::::\:::::::::::}≧=彡:::::::: /      {:.:.:{  |         \


今回、かなりの強鯖を作って、誰が最強かはよく分からないけど。

黒のライダーはぶっちぎりで弱いです。

そして黒のバーサーカー

0~6、真面目で愚直な少女
5~1、機械油の臭いがする少女
>>下コンマ


博士! 女の子100%ですよ!

オリ鯖に変えるどうか。 残り2騎

変更前:呂布

先に2票


(……バランサーだから、どうなるんだろう……不利な方に行くの? ……反逆者かな?)

キャスター

0~7、意思の強い目をした青年
65、マントを羽織った青年
4~1、胡散臭い坊主
>>下コンマ


三分の二でオリ鯖というキャスター枠。

不死身のクラス:マスター

変更するかしないか。

変更前:シェイクスピア

先に二票



             r―ァ=,ァ´  ̄ `  、
             l〆/   . -、   ヽ
            ∨ /   / _ ヾ\、 ',\
           // .! .v.,ィ=ミ `   _ .! ∨/
             //  {  ト.{zリ ` ,ィ≠x.j  Y
         //    \.!    '〈zリ,)メ , V
           / ! i    ヘ`  r- 、′ ノ  / ト }
        / .! l     ヘ.._ゝ-'  イ T´ !リ
      /  ,,\{  {ヽ .!Y¨¨Y≧x._弋  \
     / ,. *'{  '., ヘ. V !_ `Tt-' /__ \  \
   /,. * '´   l   ト、 j ! v ァ '<ノ{  V > . _<
 / ´      l   l_ノ\V /、    ` *、∨   ヽ ` ヾ 、         ◆黒のキャスター
´        ,'!  ( \\i ! V       、ヾ、   \   ヽ \
        / ,!   .lヾ´`',/´  V   ,l、 .l ! \     \  i  ヽ
.       , .//i    !/:::::7.._ヘ.  Vノ:::( / /   ' ,    ヽj   ノ
    /| /  ,l   /ゞ~7V/¨ヽ ir v v::/!ヽ    '.,、     ヽ /
    /  !  ィ' i /  ./    i ヘ ;ト  シ!,i  \   '.,\    ヽ
  /,'   !イ/ i /   ,ハ   i ∥   ;' i\  ヽ. _ ヽ ヽ    '.,
/  !   ! {  ヘ{   / ノ  i//   i .!  ヽ  /  ` 〉 ヽ  ',


今気付いた。

そして無かった事にした。

アサシン


0~6、静かに燃える男性
5~1、豪胆な女性
>>下コンマ


(全部書いたと思っていた奴が、保存に失敗していたのか真名だけになっていた、怖い)

マスコミ貴方。

オリ鯖に変更するかしないか。 残り一騎。

変更前:百貌のハサン

先に二票


まあ、オリ鯖はハサンじゃないしね。

赤の陣営のセイバーマスター。

0、???
98、無精髭の生えた男性
7、一見軽薄そうな少年
6、豊な肢体の美少女
5、暢気な顔の少女
43、神父服を着た男性
2、剣を担ぐ青年
1、雪のような少女
>>下コンマ


最近の頻度で言えばダントツ。

変えるか変えないか。 残り一騎。

変更前:モードレット

先に二票



           ,ィ ,.イ, イ
.           / { /  /_,. イ/__,. - フ
.       |! ,'  '′        ∠.._
.       |∨  _   y===ミ     ≦-z
.      {ヽ、|  /  /::::/, ':::::::\    <_
       `Y ./    7:: //:::::::::/.:ヘ     >x_
.       / 7    i:::::i/::::::≠:::::::::∧    <_⌒
      '´} i    .i::::::::::::::::::::::::::>'´i    弋_
       | |    |::::::::::::::::::::::::'´:_彡!r、  ヘ⌒ヽ
      ノイト、  .i:::::::::::::::::::> '´,...::| リY  ヘ
.      ハVトt; !:::r ニニtッ:::フ∠::=j ノ}  jヾ',
         ヘ `= !/ ゝ-ニ彡::::::zチ/ /  {
          ',、  {i Y:::::::::::::>i´,イ ,'....}  リ      ◇赤のセイバー
.         { |V:、ハ,ハ ハハA{ } |::::'......Vリ{
.         弋{_ | Y | j.リ jW{:イ..'  j ル'
.          从ヾ从! ノレレ,. <....i..   i{ヘ、_
.           Vヽ__ <:::::.......,'..   V ヽヽ
               _,.V:::::::::........,'..    ノ  /ニ\
          xKニ//',::::::.......,'... ..../ /二二二:、
.        xくニニ彳...}:::........,'......./ /二二二二二ト、
.     x<二二≠:::::::::................./ /二二二二二二二\
. γ二二二r' |............ r===/ /二二二二二二二二ニニ=- _

.. |二二ニニ|  |................../ /二二二二二二二二二二二二二x
.. |二二ニニ|  |............/ /二二二二二二二二二二二二二二二\


ウルキオラのAAが少ないので主人公を起用。

んでは、ランサーのマスター。


09、白髪の、不気味な少年
8~4、存在感の希薄な少女
3~1、不審なウサギの耳を付けた女性
>>下コンマ

AA進行なら今回登場メンツのAA元を知りたい
誰が誰かわからなくなるから


あんたさっきまで出てたでしょ!

まあ、バランサーの先輩です。

んじゃあアーチャーのマスター

と生きたいところですが、今日はここまで。

次回は18:00から。

おやすみなさい


>>373 全員でたらやります


アーチャーのマスター。

09、小動物のような女性
87、テレビで見た顔
65、着物の少し変わった女性
43、気だるそうな拳士
2、青白い顔の女性
1、臆病そうな青年

>>下コンマ


アイドル貴方。

持ち鯖はケイローン先生。

それじゃあ、ライダーのマスター。


09、笑顔を絶やさない少年
8~6、マントを羽織った少年
54、奇妙な杖を持つ少女
32、心に火を灯す王
1、拳銃を握る殺し屋
>>下コンマ


初代貴方。持ち鯖はメドゥーサ。

バーサーカー……は、ちょっと事情がある(何故不測の事態は起こるのか)ので、オリ鯖&魔王貴方で行きます。

……すまない、グダグダ進行で本当にすまない……。


ニニニニ|i
ニニニニ|i.          _______

ニニニニj{.       .  ´ニニニニニニニニニニニニ\
二ニニハ.   ,  ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ \
ニニニ.  ’, /ニニニニニニニニニニニ _    ̄ ̄ ̄\ニ’,
ニニ. /   .′ニニニニニニ _   ¨          ∨ ′
ニニ/   ’,ニニニニニニ/      ′        ∨ニ'.
_ ′    ′ニニニニ.′  ハ   i|      /   ’,ニ. ,
        '.ニニニニ i| i| {Y爪芯`乂 ノ7 /} .′.  ′ニ
         ,ニニニニ.i| i| 八.乂zメ    /イ ノイ   '.ニニ ,
        ′ニニ 八_ ム           /   ,ニニ ′
'.        } ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄≧ュ. _ '     /} /.  }ニニ |
        |ニニニニニニニニニニニニニニ≧ュ _.ム/  八ニ. ,

. ∧        |ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ. ≧ー ′ニ /
  ∧.     '.ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニ` .
.  ∧     ,ニニニニニニニニニニニニニニニニニ}iニニニニニニニニニ\     ◇赤のバーサーカー

    '..     ′ニニニニニニニニニニニニニニニ.从ニニニニニニニニニ/
          |ニニニニニニニニニニニニニニニ /ニニニニニニニニニ. /
    ム    |ー――――― 、___./______.  イ
     ’,    |ニニニニニニニニニニ|ニニニニニj{ニニニニニニ }
.      ′.  |ニニニニニニニニニニ|ニニニニニi|ニニニニ /
          |ニニニニニニニニニニ|ニニニニ .从ニニニ i{
      |   i{ニニニニニニニニニ. |ニニニ /. 、ニニニ.∨
      |   ’,ニニニニニニニニ八ニ./ i{ニニ` - 、ニ∨

      '.    }ニニニニニニニニ. }/ニニ 7ニニニニ}i\ }
          /ニニニニニニニニニニニニ/ニニニニニ|


まあでも、戦力的にはこのバーサーカーはブービー

オリ鯖100%のキャスターの枠。

0~6、マントを羽織った青年
5~1、胡散臭い坊主
>>下コンマ


美人新妻の方のキャスター。生臭坊主。

……足して(狐でキャスター)合わせて(妻枠を狙うキャスター)だいたいキャス狐……我ながら酷いキャラ付けです。


そんで、自動的にアサシンは漢女姐御。サーヴァントは書文先生。


それでは、ルーラー。

0~6、善良な刑事
5~1、妖艶な泥棒
>>下コンマ


そいじゃあ、代理AA一覧


◆剣:ツナシ・タクト(STAR DRIVER 輝きのタクト) 主:今代貴方(未定)

◆槍:枢木スザク(コードギアス) 主:マリィ(Dies irae)

◆弓:アタランテ 主:戦場ヶ原 ひたぎ(化物語)

◆騎:ベール=ゼファー(ナイトウィザード) 主:リオン=グンタ(ナイトウィザード)

◆狂:呂布 主:夕張(艦これ)

◆魔:飛行場姫(艦これ) 主:ラインハルト(銀河英雄伝説)

◆殺:百貌のハサン 主:棗 恭介(リトルバスターズ)


◇剣:黒崎一護(BLEACH) 主:銀(DARKER THAN BLACK)

◇槍:ディルムッド 主:東横 桃子(咲-Saki-)

◇弓:ケイローン 主:KAITO(VOCALOID)

◇騎:メドゥーサ 主:安藤(魔王 JUVENILE REMIX)

◇狂:ストレングス(ブラック★ロックシューター) 主:主人公(女神異聞録デビルサバイバー)

◇魔:ニャル子(這いよれ!ニャル子さん) 主:忍野メメ(化物語)

◇殺:書文 主:マルギッテ・エーデルバッハ(真剣で私に恋しなさい)


◎裁:ジャンヌ 主:高嶺 清麿(金色のガッシュ!!)


今更ですが、時空は五次時空。四次の人もそのままの年齢です。

さて……んじゃあこれ。

1、在来
2、外来

>>下3までで多数決


……振り返れば、AAの元ネタが何個も被ってるなぁ……。

>>1の作品趣向がばれるね。

じゃあ、在来ってことで。


友好判定。 いつもよりギュウギュウで行きます!

5以上で成功

魔性菩薩 >>下コンマ 外来:-2
 月下美人 >>下コンマ二桁目 在来:+1

純愛貴女 >>下2コンマ 外来:-3
 衛宮博士 >>下2コンマ二桁目 在来:+1

弓使い >>下3コンマ 外来:-1
 マスコミ貴方 >>下3コンマ二桁目 英雄:+2


月下美人、純愛貴女、マスコミ

成功です! ……純愛は0です……嫌な予感しかしない。


赤側で知ってる人

アイヌ貴女 >>下コンマ 在来:+1
 バランサー貴女 >>下コンマ二桁目 在来:+1

アイドル貴方 >>下2コンマ アイドル:+3 在来:+1
 初代貴方 >>下2コンマ二桁目 低家系:-1

魔王貴方 >>下3コンマ 在来:+1 魔王:-2
 生臭坊主 >>下3コンマ二桁目 外来:-2

漢女姉御 >>下4コンマ 低家系:-1
 刑事貴方 >>下4コンマ二桁目 低家系:-1


アイヌ、バランサー、アイドル、初代

初代は0。

感情判定、二桁目で貴方視点

月下美人 >>下コンマ
マスコミ >>下2コンマ
アイヌ >>下3コンマ
バランサー >>下4コンマ
アイドル >>下5コンマ


月下美人→貴方【無関心】
貴方→月下美人【警戒】

マスコミ→貴方【興味】
貴方→マスコミ【警戒】

アイヌ→貴方【警戒】
貴方→アイヌ【殺意】

バランサー→貴方【意識】
貴方→バランサー【嫌悪】

アイドル→貴方【利用】
貴方→アイドル【利用】


と言う感じ。


それじゃあ、0の人たち。まずは純愛から。
お好きな感情をどうぞ。

純愛視点 20:05の>>下3までで一番高いコンマ
貴方視点 20:05の>>下3までで一番低いコンマ


純愛→貴方【殺意】
貴方→純愛【愛情(強)】

……なんてこった! 相思相愛かよ!(錯乱)


初代とー


初代視点 20:11の>>下3までで一番高いコンマ
貴方視点 20:11の>>下3までで一番低いコンマ


初代→貴方【トラウマ】
貴方→初代【親友】

……ユウジョウ!

最後にセイバーとの感情度
>>下コンマ


セイバー→貴方【興味】
貴方→セイバー【信用】
を取得しました。


じゃあ、折角なので代理AAを決めましょう。

トランプ使う人だったり、トランプ使いそうな人だったり、トランプを武器にしてそうな顔の人でも良いです。

さじ加減は参加者皆さんの個人的なものでOK!

AA多めの人でネ!

20:20の>>下5までで候補

>>393の代理AAもさることながらどの陣営にどの貴方貴女がいるのかの方がまるで分からないことに気づいた

◆黒
剣:今代貴方(在来)(鯖相手には【興味】持たれて【信用】)
槍:魔性菩薩
弓:月下美人(【無関心】相手だがこっちは【警戒】)
騎:純愛貴女(【殺意】に思われてるけど【愛情(強)】)
狂:衛宮博士
魔:弓使い
殺:マスコミ貴方(【興味】に思われて【警戒】)

◇赤
剣:アイヌ貴女(【警戒】されて【殺意】)
槍:バランサー貴女(【意識】されて【嫌悪】)
弓:アイドル貴方(お互い【利用】)
騎:初代貴方(【トラウマ】に思われてるけど【親友】)
狂:魔王貴方
魔:生臭坊主
殺:漢女姉御

◎裁:刑事貴方


AA決定、んではプロローグ作成に入ります。

>>446 ご協力感謝です。

後、今回は半AA進行で行きます。(AAにいつまで経っても慣れないからね!)

それでは、暫しお待ちを。




……冬木の地。

聖杯戦争の舞台であり、戦場であり、墓場でもある。

過去数度、この地で聖杯を巡る戦争が行われた。

                      ,}{
                 .l ||                   /l
                    / ! !!   r.. 、/レ‐‐ 、     ,::! !
                ト、 〈 | l ∨ ̄ . :.:.:.:...........\  / :| l
                l、、ヽ'、! '、.:.\. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: !V. :.:} l
              V ヘ. '、V V}/{_ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: LV´/,.ィ/

                ∨、 `ヽ`V.:.:.:.:|.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:V/´://
             、_>.:>´..:.:ノ:ノ!:.:.:./.:.:.|:.:.:|:.ヽ.:.{ー'/

                   ヽ/__rへ「Tr 尤ィ:.:.:/」:.:.A:.:.!:.:.く
               ~^ フ.:ヽ | ` '‐┘}/仏}_∥}八:.:.';フ
                 ノ「 .二. ┐    , fr ´/.:r‐ ´\|
                  l'::{^l:| ト、   rェ 》_'「≧、_
                    __ア ー' _l ` 、_ ィ´ー'/^|:! /
             / ̄「}/   _ ノ:ハ   /{ ̄`二:ノ/
.           /   // ハ    \ヽ `マ_三≦ミ、≦‐r 、
         l  ノ∧\\    \ヽ!::::::::::ヽ/ /´ }∧ ヽ        ……だったな、言峰神父
           〉彡'  \ ヽヽ___..」::l:::::::::::::::}/  /∧'、 }
            { 〈_     \―――.'レ ニ ミ.}二二' ハV
          ム__〉  ノ   ̄ ̄ l:|:7 ̄ヽ∥――y' _〕
        //     }       l:l::l   .';    .' 〈_}      「ああ、その通りだ」
         /,'     ハ´       l:l>\_}:l     {   '.
      ∥      .' }         l:l :::::::r‐|:l    /     ,
     r∥    /  {        l:l:::::::::l r!:!  ∧    |
     /}}' ヽ_ 〈   ヽ        l:l::::::::::! 'l:|  /  }     '、    なるほど、此方で確保している情報に間違いは無さそうだ
      V,′/ ̄ 〈    〉       l:l::::::::::::`l:l  {  '   / ̄',
     L|       '    〉   r = ┤::::::::::::l:l_{   '、     '、



貴方「……それで、霊基盤の方はどうだ?」

綺礼「ああ……君が召喚したセイバーで全てだ」

事実を確認し終わり、上着を羽織る。

貴方「それは結構……問題は無さそうだな……小聖杯は?」

綺礼「ああ、確保している」

ゴトリと、重厚な音をたて荘厳な杯が置かれる。

……小聖杯……表向きの願望器。

貴方「……何故、アインツベルンは今回は見送ったと思う?」

御三家の一人の不参加に、かつての同僚に意見を聞く。

綺礼「ふむ、これは私見だが……見合うホムンクルスを生成できなかった、はどうだ?」

顎に手をあて、それを検討するが……しかし納得が行かない。

貴方「遠坂や間桐は分かるが……解せないな」

綺礼「考えても、不参加の者の事など今回の戦争に関係ないのでは?」

その言葉に、自分の疑問を奥底に押し込める。

貴方「そうだな……それでは、行って来る」

その言葉に、言峰は静かに笑みで返事をする。



.



一息吐くと、背後から迫る何者かの雰囲気を感じ取る。

貴方「……待たせて悪い」



          , ' : : : : : : : . y: : :_ヒニ_____
         /: : : : : : :,: ': : -‐: : : : : : : : : : : : : : /
        /: : :. : : : : : . ': : : : : : : : : : : : : : : .く´
         _/: : : ::. : : /: : : :::::::...... : : : : : : : : : : :.ミ=-
      (:::::.. : ::::::/: /:ヽ. : : : : : : : :_: : : : : : : : : : `: ‐- _
      ゝ:::::::.....」: . . : : : : \: : : : : : :`: . 、: : : : : : : : : : : : :ア

      |::::::::::::イ: : : : : :. : : : : \: : : : : : : : :`: 、: : ヽ_ -‐ '´
      l::::::: / i : : : : : 、: ::. : : : : : ト: :::.. : : : : : : \: :\
.     /::::: : ! : : : : : : :.∧: ::::.. : : : 廴ヽ:::::.. : : :i : : ヽ:::::≧=-
   _/:::::: : :i ::: : : : : !:/_. 斗::::::: : :ト r_ =ミx:::.. : :! :ヽヾrミ.、      っはっはっは、案ずるなよマスター
 ー‐ ' フ::::{/: l :::. : : : :::{ _ニヽ::::}::.ハ リ仗心 ト:::.. :|:::...:く _ `ヽ

  /:::::::オ: ::{ :::::. : : ::Y7f心` }:ハ:.i  込斗' ヽ: :|::::::rー=-         ちょうど、俺も周りを見物し終わった頃だ
 `¨¨ ̄ノ: イ:::ト::ヽ::.. : :::ト._辷リ- リヽ リ      i∧:|:::{:|
    ´ ̄ |:::::|ヽ:::\::..:::i´     {!      レ'::リ、_::ヽ、,
       }::::| V::::k\::ヽ      _  _,  ハ::/   ̄          ―――爽やかに笑い、自分のマスターと肩を組む。
       ヘ{   }:/!:::::::ヽ.ゝ  '´ ー    イ::::::::{
            リi:::::::イ::::>- _    / トN\!
           j/ ノ'´!/´|  ` ‐- '  .|`‐、 `

               '‐'´} 、        |  、 \              ああ、この衣装も助かった!
             ‐'´   ! | ヽ     |  ;  `‐ 、
          , -'´     , } `、    t、 }/     ` ‐-、 _
       -‐´        Y   ヽ     /      ___ >
    ∠´--───ォ7‐- __ \      / _ -‐T  ̄
         ,. <:::/::::::::::::::ハ ‐-、   /イハ:::::::::::::ヽ:::::::::>- _      ―――指で自分の着ている服を指す。
     __ -<::::::::::/::::::::::::::::| }ヽヽ ∨ / /  |;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;`>

  - <;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   Y  ̄ Y   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄!ヽ
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   .L__」    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:i;;;;|
 ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;));;;;;;;;;;;|   |   |   |;;;;;;;;;;;;((;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;}




貴方「そうか……それはよかったな」

セイバー「……マスターは、口調を変えるんだな」

確かに、先程の神父よりは口調は軽い。

貴方「そうかもな……まあ、一応は元同僚だしな……」

頭を掻きながら、そう呟く。

セイバー「ふぅん、そうか……それで、家に帰るか?」

貴方「……ああそうだな、そうするか」

そうして、2人は家路に就く。



.




「さぁって……みんな、始めましてじゃあないけど、まあお約束ってことで……始めまして、諸君」



          !、    i、
          {iヽ    ヤヽ、
       ヾ,、`―-...、マ \

      /.:::::/.::::i:::::!::.ヽ、ヽ
       /.:/.::/.:::/!:|:::|:i:::::::ヽム
    ノ/.;'.::イ.:::/ |::|:::|:|:::::リ;'/

     j|:::!::/{:/"´マ{::j::j=‐''マ}
    /i{:::/ラi'  ''ラヤ:/  > 〉
     〉(! 丶  " |:/}/イ!ヤ

       ヽー-‐ _,i'ィ´:l:i}!{
        丶r   リl从|!ヽ
        ,,,、、j   _,,>{i          僕の事は、気軽に魔王君とでも呼んでくれ……嫌なら瑠璃とかでも良いよ
      ,、>ニ三三l_{三彡ヾ、
     |三三ミ≦i|゙!三三三ミヽ、          まあ、まあ、コンゴトモヨロシク

      !i三三三三!j三三7三ニム
     .リ三三三三i}j三ニ/三ミミミム
     .}三三三三ゝ{三ミ三三三ミi、       ―――軽い口調で、数人に語りかける。
      .|三三三三ヨ!{三三ヾ三三三〉、
      .|三三三三三!{三ニ7゙\三ラ,イム
      .!三三三三三ムマ∥  ,,.>'イ三ニム
     }三三三三三三ミ=‐'''"´ヾ三ニニム      集めた甲斐のある、良い人選だ
    ,'三三三三三三∥     ヾ三ニニム

    /三三三三三三∥       〉三三ヨ〉     そう簡単に勝てるとか言うの嫌いだから、まあ……そうだな……
    /三三三三三三;∥        /三三;/
  /三三三三三三三{       /三三;/        良い勝負は出来るんじゃないかな?
 ./三三三三三三三ヨ|      /三三/

../三三三三三三三三{      /`''寸/



瑠璃「さて……都合、君達は僕含め五人……これじゃあ、少しばかしキツイ」

大げさに手を広げ、ニヤニヤ笑う。

瑠璃「ランサーのマスターちゃん……ええっと、誰だっけ? っま、いっか……が離脱して、そんで……もう一人」

芝居じみた動きで、演説を続ける。

瑠璃「大変痛ましい……事故ってことにしておこう、に巻き込まれて本来居たもう一人が死んじゃってさぁ……マスターは見つけ次第僕か彼に連れてきて」

その場に居た一人の男性と自身を指差し、そう言う。

瑠璃「……さて、そろそろ本格的に繋げる……」

チラチラと手を揺らし、ニヤァっと口を歪ませる。



                                      ,、
                                      |.ヽ、

                     ,.、               ..|.  ヽ、
                     ', ヽ、         __    |.   ヽ
                      ',   ヽ、   , -‐ '::::::::::::::::::::ヽ、   ヽ
                      ',    ヽ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、.  ヽ

                       ',  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、.  ヽ、
                       >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',   i
                      /:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::,、:::::::::::::::::::::::::::::i  /
                     ./:::::::::::::::::::::::/i:::::::::::::::::::i i:::::::::::::::::::::::::::::::|.//

                     /::::::::::::::::::::::::リ |:::::::::::::::::::| ',::::::::::::::::::::::i::::::|/||
                     i:::/|::::::::::::::::/ |:::::::::::::::::/  ',::::::::::::::::::::|_, :|
                     |::| .|:::::::::::/  |:::::::::::/|/   ',:::::::::::::::/  ヽ
                     ヽ| |::::::::/ ヽ、|:::::::/ / , - ‐ ' ヽ:::::::::::|    .)
                      |:::::/::::. .弋ノ|::::/ /  , -‐ ' i:::::::::::|   /

                      |::/::::::::..  .|/     弋ノ |:::::::::/   /. . .         ,
               - ‐  ̄ ̄..|/ヽ、./ヽ  | 、       |/|/, -.‐ ': : : : : : : . . . . . : '
                    ヽ、 |: : : y三=.>  、   ,  //::/三三三三三三三/
                     ヽ、三=./  ヽ、  ̄  ./ / '∨三三三三三三/
                   / ̄ ゛‐-/    /゛ー .'     /三三三三三/      「さぁ……聖杯戦争を混ぜあおう」

                ,-‐-/三 '/    .../: : : /ヽ、   /三三三三 <
            , -‐  ̄三三, '     , '三ヽ、 : ヽ、/  ./三三三三三三 ヽ
           /三三 ,  '      /三三三 ヽ、三三三三三三三三三三三ヽ
           /: :, - '        /三三三三三三ヽ/三三三三三三三三三三三i



.




セイバー「―――ッ!」

はるか彼方、遠くに見える山を見つめる。

……彼のマスターから言われた、大聖杯を隠されている山に。

貴方「……どうかしたか?」


   / ........::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー-::::_::::::\::::::::::::::::::;;;;::::::::\
  <   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\―――':::::::::\;;;;:::::::::::::;;;;;;;;;::::\
   >::...............:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\;:::::::::::::::::::::::;\;;;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;::\

  / .:::::::::::::::::;;|\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\;;:::::::::;:::::::::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\

   \ :::::::::::::;;| / \::::;:::::::::::::::::::::::::|;;:::::\;;;;::::;;;;::::::;;;;;;;;;;;;;;;;/ ̄ ̄ ̄ ̄
.    |\ :::::::::;|/斤´l!\;;::::::::::::|;;:::::::|\;;::::i;;;;;;::;;;;;;;::;;::;;;;;;;;;/
.    ⌒ \:::::丶レ_ノ  \:::::::::|;;;::::::|/;;;\i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈
.       |\:::\     \::卜;;::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\     ……聖杯からの供給が可笑しい

        ノ  `  \.     ∨:∧;:ト;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/\;;;;;;;;;;;;;;;\
       \            ::::/:::∨:::\;;;;;;;;;;;|     \| ̄ ̄
        ヽ , -       ..::::::::::::::::::::::::::Y´\|             「……なんだと?」
        └ 、    ..:::::::::::::::::::::::::::::├― 、

              i  .......:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:::::::::\
             `   ̄/\:::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::\         聖杯に何かしたか……それ以外か……
             __/   ∧:::::::::::::::::::::::::::::∨:::::::::::::::\
   , ー- _ -‐         .:::∧  :::::::::::::::::::::∨:::::::   \_       だが……何か嫌な予感がする……
.  / |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/::\ ::::|..∧       / ______   - _
 /   |         /::::::::::\|:::::..    / //|:::::::::::::::::::::下 ̄ ̄ ̄



珍しく真剣な面持ちで、セイバーは山を見つめる。

貴方「……本当に大聖杯か?」

セイバー「……いや、分からない……だが……何か、起こるぞ」

その言葉を聞き、自分の心の中の警鐘が鳴る。

貴方「……わかった……監督役に知らせる……何かあれば、夜の内にでも参加者に召集が来るはずだ」

セイバー「…………そうしよう、これは……かなり厄介みたいだ」

元来た道を走り出し、教会へ走る。



.




     ―――聖杯対戦、0日目―――



教会の長椅子に、数匹の使い魔がいた。

そして、教壇の前には二人の男の影。

一人は今回の聖杯戦争……聖杯大戦の監督役、言峰 綺礼。

そして、もう一人は。



               __
                、、‐- 、、
         ト 、       、、    、、     こんばんわ、皆
         .i i 、、       、、     、、
          、、 、、      、、      、、           僕だよ
           、、 -‐  =  ‐-ヽ、、   ||
          ,              ' '   ト' '
       ー=彡               ヽトi i

        /                  ,/ヽ     ―――黒衣の少年が、大げさに腕を広げる。
       /                 /  ヽ
       ./       ト         /     i
     / ,i      i ヽ     , - "      .,|         誰だ、って顔だね?
      i./ |       |   ヽ    ,          |
     |  |      i/  i   .|         /、    安心してくれ、こっちは目星はだいたい付いてるけど……
        i     /   _i   i         / |
       |、   /  / ti|   ヽ、    /ヽ、))       流石に君らが誰かまでは知らない
       .| 、  |、    i  ./  ヽ /   /  ヽ、
        i/ヽ、 .i,     i  ./   /  , -‐"     ヽ      同時に、君らも僕の事を知らない……お互いの秘密は守られているわけだ
          ヽ.| ‐、__/ ./_ , -‐"           .i
           j ヽ  //        , -‐ " ̄ " 
             ヽ、      , -‐ "        ―――陽気な口調で、少年は語りだす。

               ヽ=‐-‐=
                 ヽ



瑠璃「もう一度こんばんわ、今回の黒幕だ」

その衣装と言わんばかりのマントを翻し、もう一度挨拶をする。

瑠璃「聖杯戦争は一旦休憩、今夜よりは聖杯大戦を始めたい」

笑い、嗤う。少年らしく、魔王らしく。

瑠璃「……君たちが黒、こちら側は赤……七対七、七体と七体……派手でいいだろう?」

はっはっはと、わざとらしく嗤い続ける。

瑠璃「ふぅ……幸いにも、神父さんはOKを出してくれた」

綺礼「……互いの条件はほぼ同じ、そして巡るものはサーヴァントによる殺し合い……何も変わらない」

故に何も口出しはしない、とその綺礼は続ける。

瑠璃「だってさ……さて、ここで改めて……」

コホン、と咳払いをする。

瑠璃「聖杯にはお互い順番に英霊の魂が収納される……一方的に減っては駄目だ、お互いに減らなければ満たされない」

綺礼「……つまり、先にどちらかが全滅しても、えられる物は半端に満たされた杯が二つと言う事だ」

補足するように、後ろに居た神父が割り込む。

瑠璃「その通り……今回はラッキーだぜ、なんせ得られるのは聖杯二個だ」

どこからか、杯を取り出す。

瑠璃「さて、っと……こんくらいかな? じゃあ、何か質問は?」

使い魔達からは、何も返事は無い。

瑠璃「それじゃあ、皆お休みー」

ひらひらと手を振り、教会を後にする。




      ハ 、:::.  V               :.     ',:.        .`、イ
    、   ` 、` 、;.../    ..    .:     :.   ::::....    .',:::::..       `、  /
    .`、::`=-ミ、../   .::::i .::i .:::,    ::::..  ::::r、:::....   ',、::::::...       `く''"
       ',::::::::.../  ..:::::::::i ::::i :,' i:..    ::,::::.. :::i, イ>、   ',7、:::::::::...      `<
        '.,::::/  .::::::::::::i :/'i ::r>ミ、:..  ::','、::::::i''_,)::,). ラ`ヽ,'., `i 、:::::::::....
        `,'  ..:::::::::::::::::',イ.,',.i|!イ、)i`.、:.. :::', `、::i`=--イ ,.イ/..i'  >`ヽ、::::::.....
         / .:::::, 、:::::::::::::::::::','=-''"-'、 `、::::',イ.','''''''''''i''i.|/    </ /::`ヽ、::::    ふざけるなっ!
        ./ .::/   `丶、:::::',.   /   ` '、   r'/     '" ,.イ:::::::::::::::::::`
        / :,.イ   ,. -='"::::::::::',  く           .| |     /`Y:::::::::::::::::::_::::::
      ./ , イ  <....,,,___::::::::::::::::::`、   ` ______    .| |   ,.-イ== ''' """"  .i:::::
     ,',.イ          ",,'' ≧,'::`、   ',''7,'`、  ...| |  , |   , ' ,..ミ.、    | 、:      ―――怒りを近くの壁にぶつける。
      '        r=''"  , '"/:::::::, `、 ',!、,,,,i   ヾ./ !  ,' ,.'  ::',.i,,,,,...- h
              .',    ,' /:::/ ,':::::`、 ""   , イ    | .i i ..::: i____,,,,,,,ノ
                  ',    , !'.イ  i::::::::::,'` 、,,,,, イ   ,' | .!:::i :: ::ノ    |,,,_
                  ',  ',:::',   ,'::::::/   ',     ,'  .|  ',::',__, '     !



セイバー「……ふむ……これか、違和感は……」

今朝の違和感の正体を知り、セイバーは納得したように頷く。

セイバー「それで……どうする、マスター」

息を整え始めた自分のマスターに、意見を聞く。

貴方「……聖杯を持っていた……奪っていたのか、それとも作ったのかは知らんが……周到に用意された計画だろう」

冷静に分析しだす。

貴方「となると……あちら……赤の陣営だったな、は恐らく徒党を組んでいるはずだ」

ここまで用意をした者が、仲間すら集めずに始める訳は無いだろう。

貴方「だとすると、此方も黒の陣営として動くしか無いだろう……単独で動けば、ただ糧として聖杯に飲まれるだけだ」

その意見にセイバーも頷く。

貴方「……だが……あまり、集団行動は……嫌いだ」

ボソッと、呟く。



        /: : :_l: : : : : : :\: : : : : : : : : : : :\: : : : : : : : :乙

          /: /´: |: : : : : : : : :ヽ: : 、: : : : : : : : : ヽ: : : : : : ; '´
       /:l: :| : : : ヽ: : : : : : : :ヽ_: : \: : : : : : : :∨: : `ヽ、
     ノ: ィ: :| : : : : :\: : : : : i: : :!¨ ァ<:、: : : : ト: :V: : : : :>

       ̄  |: :| : : : : : : i入: : : :|: : :|/rf示}゙Y : : |:\Ⅵ¨´
          |: :/⌒、: : : !/‐-\: |\:| ハヒ以"ヽ: : :|: : N:\
         /: :|   } : : |z==ミv、 ヽ ¨   ∧|: :Ν´ ̄ `
      ノ ´| |    !: :∧     i        /: リ\|
        И   !:ヽ: :ヽ.  __`_ .. ァ イ : r、: :|ヽ        ならば! 後は今回の正規の参加者を探すところからだな!
         ',   | :|: i:゙ーゝ ` ー-‐´ , ' i : : | ヽ!
          〉  ヽΜ: /|`'  ,`¨ / ハ|\|
       _/ l、   ',.レ  !   `´   !            「あ、ああ……そうなるな」
     /:::/‐-ヽ_   |-‐¨|      |、
    /:::/     `< ̄ヽ 」      | \
    /::::::::| _     ヽ j:\     |   \             ふっふっふ……仲間、いい言葉だな! マスター!
  /::::::::/   ` ‐- _   /}::::::::\        \、_
  /::::::::ゝ        ¨ ー !:::::::::::::::ヽ  ヽ' ̄ ̄ /:::::::`



.

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━┓
  【名前】:???                   【属性】:中立・中庸       【残令呪数】:三画 
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━┫
  【特徴】:代行者                     【ランク】:B+         【魔力】:80(20)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━┛

    \"~""'''::..‐- ...,,__ _/::::, -'_/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     \:::::::::::::\ 、:::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::/
      \:::::::::::::` ==ニ二_,イ::::::::::::::::::::;::'::::::::::::::::;::::::::::::::/ヽ

        ゝ::::::::::::::::::::::::::;::/:::::::::::::::::/::::::;:::::::::::/::::::::::::/:::::::\
  __,..- .:''":::::::::::::::::::::::://::::::::::::::::::::/::/イ/:::::::/::::::::::::/:::::::::::::/

  ` ― 、:::`..====ニ二 .イ:::::::::::::::::::::;イィzxイ/´}:::::::/ィ':::::::::::::;:′
       ` 、:::::::::::::::::::::;:'::::::::;イ::}イ/ヘ弋シ }ヽ /:::/rハ:::::::::::/
.        `>::::::::::/::::::/ 〉、{       ̄ ´ // ヾzツ}::::/ヽ
        /::::::::::::;:'::::/、ヾヘ `             / 7.イ::::::::::::ヘ
       "''''- :::::/::/:::::::ゝー ヘ、             ' { !゙、:::::::::::::',
          `/イ:::::::::::::::::::{> 一、     ‐ 一   У \:::::::::|
            />':´  ̄ : : : : : : l        ̄   /    \::::l
.            /: : : : : : :/⌒ヽ: : ,:' \      /l.       ヾ{
           `} : : : : : :{{   }}:./   ` 、 /\:{__,,. -‐'''7
   ___      ヽ; : : : : ヾ __.ノ:イ      {´: : : ;ィ==.、 : : /
/´    ヽ ̄~ヾー' : : 、: _:_ : : : : { `、   .イ : : : :{{  }} : /
      ..:.:\: : :ヘ : : : : :_,; :-':'":ヘ  ヽ /ヘ: : : :ゞ='' :/
    ....:.:.:.:.:.:.:}}: : : : : : /: : : : : : : :ヘー - ..._ .ゝ : : : : : イ

.........:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/': : : : : : :\: : : : : : : : :ヽ::::::::::::::::`ヾ: :_:_/ー 、 __
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/': : : : : : : : : :`: :、 : : : : : : ヽ::::::::::::::::::::\: : : : : : :\:ヾ ̄:.` 、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ : : : : : : : : : : : : : :` : 、: : : : :}:::::::::::::::::::::::ヘ : : : : : /: : \::.. ヽ

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【スキル】
  ◆バランサー
    彼の行動方針にして、生き様。
    何かに肩入れできず、何にも属せ無い生涯。

  ◆聖堂教会『代行者』
    彼の唯一長く居る組織。
    唯一の居場所。

  ◆概念礼装『???』
    ~以下詳細不明~

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【解説】

   ~詳細不明~  

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:セイバー
┣━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━┓
  【真名】:???          【属性】:秩序・善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━━━━━━━┳━━━━┻━━┳━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  【筋】:B        【耐】:A+       【敏】:B       【魔】:C        【運】:B+      【宝】:A
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【特徴】:英霊(王族)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

                  {、 !;   {  ,.'  /イ'"''‐=二二. i゙=-_二二ニ=-_ 人.           _j|_
                ,.-ゞヽ r‐- 、    、-‐::::::::... 、 __人__. ニニ=-__―===`Y __j!__ 十   ̄|! ̄
               /,....-‐ l  ' ,へ   ヽ  `ヽ::::...:゙`Y´..‐ニニニニ=_    ̄ヽ ̄|! ̄__人__
               /:::/ , !   !!   ヽ \   丶:::: !\ニ=-__‐二二ニニ=-_,.ィ′    `Y´
             //,/ / ,l   l| i {ヽ       \::::::丶二二二ニ二十ニニ=-_,
             '  ,::/ ,:'   / l   ! ト ヽ\\..     __j!__.二二ニニ=-__ ̄
         i      ,:::,.::://  ハ   l ! \、 丶 ヽ\ ヽ 、::.. ̄|! ̄ 、二二ニニニニ=-__
       __人__    ,:/:::;::'::!  ,'  、   ',   ,. ‐''" ̄ \ヽヾ::゙|゙:::\二二ニニニニニニ==‐-     i
        `Y´.    /.イ:::::::::!  l !- .._ヽ   ,/  ,.-‐ァ=、‐-__j|__ ニニニニニニ=‐- _.     __人__
        !       ,'::/:::::::. 、 ! ,. _ ̄丶 ヽ  / f;;寸} /  ! ̄|「 ̄ . 二ニニニニニニニ==‐ァ'  `Y´
    |.          // !;::::::.::ト / f;付、.\ ヽ   ヒrノ  ノ'} , |! l 〉 ノ二二二二ニiニニニ=‐'"   .   !
. __j|__.     '"   ! ::::::::! ヽ Vゞノ  \ 、         ノリ |..゙'/二二ニニニ__人__   十   |
.    ̄|「 ̄人 _j|_.     ヽ:::::\ ´ ヽ    \、     ,彡 ー=二二二ニニ='゙`Y´   __j|__
.十   |!. `Y´ ̄|! ̄        ヽ::::,ゝ               ,:  マ二ニニ=‐'"_ !        ̄|「 ̄   !
  ,.-゙|. _       十  _,.. ‐- 、ヾ::::、   ー―‐  ァ    _.ィ-‐  ̄ ̄_,....,_   `ヽ     |! __j!__
 〈人   \      /   / /ヾ 、 ヽ _,.   < ̄ ̄ _,.-‐ ''" ̄      ̄` /   人  |.   ̄|! ̄
. `Y´  ,.. ` ヽ   /   / / ./  \       ヽ.ヽ ̄              /   `Y´       .|
    }'"     ー'   /,.-'___ー-、         ´ ヽ.ヽ           _j|_.       | 十
. 〈 ` ヽ' 、     l    i__.   -― \ヽ   ー 、  ,..-- l l        _ -  ̄|! ̄... __j|__
 ,〉/   ヽ     !   {        >、ヽ '"⌒`/   l l      /   __,.....  -――. ̄|「 ゙̄!
 !.j    ヽ    l!    ',_ -‐   ̄二/   / /     } .}   r―= ̄ __  -―――|!---ヽ
 {  ヽ 、  ゙、    .l!.   ;-‐,¬ ̄! l  /  /-‐'  ,  // /    ,ゝ‐ ,  ̄// / .:/ :::::/ .:::/ |゙::l l:::!',
  、 、 ヽ  ゙、   .l!  /.l .l  !_,. イ /,. '"    / /./ /  // / ./:::! l !./  〃 :::/  ::::l  l::::ヽ
  l..  \ 、  }    l!   { ! l/  彡'",.    /  '" //_,/'" , /  /  '. /  ,! .::/   !  :::l  、:::
    ヽ  、  ヾ   l!   ! /   / ´   /'"  //,. '" ./ /  ./  ;.    .::!    .!   、ヽ 、ー、
.     \ノ ⌒` ,.! '" ゝ、!  {/     /    // /( ( .(  ノ    ,. ィ"⌒、 ,l   l  ヽ  、ー、

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【クラススキル】
  ◆対魔力:C

  ◆騎乗:B

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【固有スキル】
  ◆勇猛:C+

  ◆カリスマ:B

  ◆心眼(真):D

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


と言う感じで、今日はここまで。

聖杯大戦なので、ちょっとシステムが変わります。

簡単に現すとこう。

貴方行動→黒か赤判定→黒か赤どちらかの陣営が一つ行動→残った陣営が行動→ルーラー→貴方行動

となります。普段より一日の処理が長くなるかも。というか長くなります。(ネタバレ)

後、肝心なセイバーの性能ですが……ジークフリート相手ならば、善戦できて、ひょっとすれば勝てる、くらいを目指しました。

そしてボッチ……じゃなくてバランサーな貴方の活躍は!? この聖杯大戦の行方は!? そして今回のヒロインは!?

次回! 『こんなの絶対おかしいっす』 乞うご期待!

再開は18:00から。

おやすみなさい。

1日目、朝



            /: : /    |       \     `> 、 \: \\: :\ ̄ ̄`
           /: : / ノ    | V      ヽ 、   > ヽ、<>: :\>: : :>=__      お早う、マスター!
         /: : ,:/ /|  x   乂 V      ヘ ヽ     >ヽ: ヽ>:ー三三三シ ̄
       ー彡<´ //: :/ /|    / 入     、 'ト、\      ヽ、: :ハ             いつでも準備は出来ているぞ!
            //: : イ /: i    |/、 ヽ    ',  ', `>ヽ    ヽ ヽ八:ヘ
           レ':/ ! ∧: ' 、  K-r=弍     、 匕彡丁A   ヽ ト、: ゝ、
         //  .| i: :!: : : ,  !i 弋:リ ヽ 、 ’, 弋:リ ノ ヽ  ',: ヽ',:\: : >、
         ´レ'    ! !: 乂: : '、 ! `ー一   V \ ',ヽ「 ̄`   ∧  ト: :ヽ: : `: : : : : >-     ―――召喚された時の衣装に着替え、何やら燃えているセイバー。
         ,'     .! |: : | ヽ: :ヽ、     リ | ヽ! |    /ノヽ !:ヽ: !: :ヽ ̄ ̄
              .!:ゝ: :!: : :ヽ: ヽ       {        /: : : :A !: :∧ `ヽ>、
         _ < >ヽ」レヘ:V:/|:\ ゝ 、__ ___,  イ: : : : :ト V\>`    ヽ
       /"   ̄    `⌒ヽ/  |: : : >、   、_    /: 「ヽ、: :! `>=>__        「……分かった……なら時間が来れば呼ぶ。
       |    :::.      ゝへ|: :/  i ヽ、     / |∧.!  ヽ:!      >フフ
       |     :::        ∨_ム  > __ <  ,'L_ |    ヽ      //
     /)  rt   rt   _    ヽ∧ _ ! __ ー ´   |_ト 、        //             そうしてくれ!
     ′´ゝ .', ',  | |  | !  rx  // /  \  _ノ  \ >     //
__   ヽ  ', ', ',  | |  | !  | |  〈 〆     \く      \   //、         ,ー-
三三> 、>  ', ', ', ! |  ! !  | |  |          \}   i   ヽ //ヽヽヽ> 、__ <´ 三三
三三三三つヽゝ. ', ', | |  | |  | |  /  |         |   ,'    |// ><ヽヽヽヽ<三三三三
三三三< ノノハ |. ', 」 |  | | //  |  |         |   /    ! / >< >ヽヽヽヽヽ`>三



貴方(……いい奴ではあるが……暑苦しいな)

苦笑いしながら、朝食を済ませる。

セイバー「俺も貰おう!」

ドカッと椅子に座り、そうマスターに伝える。

貴方「わかった、待っててくれ」

トースターに新しく二枚のパンを入れる。



行動安価
1、会話 ※セイバー、純愛
2、使い魔
3、索敵   (他陣営と接触する可能性があります)
4、探索   (同陣営と接触する可能性があります)
5、自由安価
>>下




.~   /  ...::::::::::::::::::::::::::/  .......::::::::/:::::::::             ,.イ
-=,7  ...:::::::::::::::::::::::::::, イ.....:::::_, -_=',~':::::              /
-'  ..::::::::::::::::_,-=7~,~'..::::i- 、,~-='~      _, -='~    ./ `、
...::::::::::_, -叭| i:::/='-='~ |~ 升区`、~`=-,- '~::::     /./   `、
::::::::::(  、 !`i'.i:/       !.乂弋_`>i、  ,!:::::::    , イ::: /      `、
:::::::::::`、 .`、 `i/      `- 、''''~ /゙゙ ./::::    _,i'~::::: ,!:::     _, `    そういえば……
:::::::::::::::`, ` 、    _      `` ! ,.イ   _,<,_ ,!: _,-'::::::  , -'
:::::::::::::::/`、_, !-='~/           / _, イ/ζi~>'、イ::::::::  , イ
 -=_''~~     /        =' ~    ヾ、-_',イ':::   / i
-==-、`、    /              _ 〆,ii_'~,,,、-='~  .i             ―――程よく焼かれたトーストを渡し、話し出す。
.::   :i .i.   ∧       _, -.、    '~-什''7  `、::::::   i
:::.......:::!. !  ./ `、       <~~` i 、>   ∥ , '   .ハ::::   ,!
:::::::::::,! !  /   `、.     `=,, イ   ∥'~      i::::  ∥          セイバーは、なんだか楽しそうだな
::::::,.イ/  /i     `、    ~  _,_-='~_________________i::  ∥
-'~,.イ  / .i      `、   , -='   _,,       /i:: ∥
~~   /  !      , イ>='~::::::....., イ~`i `i   ./  i:; ∥
:   ./   i    =' /::::::::::::::::i'::::::::: ,! !  /   !::∥




セイバー「それはそうだ」

トーストを咥えながら、セイバーは愉快そうに続ける。

セイバー「俺は生前は様々な困難に立ち向かった……それを発揮出来るんだ、しかも強敵とな」

言い終わると、セイバーは朝食を再開する。

貴方「……そんなものなのか?」

セイバー「多かれ少なかれ、英雄はそうなんじゃないか? 強敵と戦うことは、誉れだろう」

今はどうか知らないが、とセイバーは言う。



会話候補
セイバーか貴方視点で
>>下5までで候補

貴方 「そういうお前こそ、聖杯に託す願いとはなんだ?まさかその強敵と戦いたいだけではあるまい?」

セイバー 「しかし大戦と来たか・・・良いね、実に良い。やり甲斐がまさに増したって訳だ」




                     イ'
                   / : '

                イ/ : : : : {   .ィ
              /: /: : : : : : : : //__
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ーァ    そうだ、此方にも幾つか聞きたい事があったんだった
           /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
         _,': : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
        {: : : : : : : : へ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\       ―――口につけていたカップを置き、マスターに向き直る。

        ノ; : : :.へ:/: : : \: : : : : : : : : : : :、: : : : : : : : : ヽ、

        ': : : : ': : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : :\: : : : : : :.\
       /: : : : /: : : : i : : : : : : : ヽ; ; : : : : :\: :.ヽ: : : : : :_ニ=‐     マスター……君が君が聖杯に託す願いは何だ?
  、 _ イ: : : / : : : : : : ハ: : : : : : : :.! \: : : : : :\: : : :. ̄

    ̄ フ:,': : : : : i: :/ ̄ヽ: : : : : : :.!  ̄ ヽ: : : : : : ヽ: : :',       サーヴァントとして主の願いを知らないければ我が剣を預けられない

     /: :l : : !: : :l:./  _}: : : 、 : : | _ ヽ: : : :l:.、: : : :
  ーニ: : :イ: : : : : :{'  ̄心ヽ: :/ ヽ: l /.心 ̄;l: : : :! ヽ: : : : \
.         l: : :l: : : l.  込r} l:/  ヽ! 込r}  l: : :l.: : :lー―- ゝ       ―――いつもの爽やかな空気は幾らかなりを潜め、変わりに王然とした
         !: :,':ヽ: : 、    '  :}          l: : l: : : !
       〉:.l: :ハ: : ゝ       ヽ         ノl: :,! : : ゝ
.         ノ/{l .l: : : 、    、     ,     イ´:∨`ヽ}
      '´  ヽ .}: : : :.\         /: : : : {
              レ: : :, - >     / ! \: : l
            }/   l `      |   ヽ!
                   l         !
                   ' ,         ; ` ー ._
          _  - ´                    フ=-___
.  ,. -―==二{     __      ___     /二ニニニニニヽ
  {ニ二二二二ヽ、_    `     ´    __,.ィ二二二二二/ニニl
  lニニニニ二二二二二=========ニニニニニニニニ=/ニニニ!




貴方「……願い、か……」

少し思案するが、その中に迷いは無かった。

貴方「偽なる聖杯にかける望みなんかないさ」

少し微笑んだと思うと、すぐに表情を変える。

貴方「それに……俺は聖職者だ、例え偽物でも聖杯はバチカンに収めるに決まっている」

……そう言いきると、また表情が柔らかくなる。

貴方「まあ、そうだな……仮定の話なら……」

セイバー「話なら?」

興味津々と言う面持ちで、身を乗り出す。

貴方「……俺のこの片思いでも、成就させてもらうかな?」

セイバー「ハハハッ、片思いか! 詳しく教えてくれ!」

ニコニコと、青年らしい笑顔をセイバーは浮かべる。



判定
コンマ分だけ劇的
>>下コンマ


貴方「……なんだったかな……ユーミ……ああ、彼女の名なんだが」

少しだけ照れ笑いを浮かべながら、語りだす。

貴方「彼女は時計塔の学生なんだが……あれはイギリスに出向いたときの話しだ」

セイバー「ほうほう」

貴方「……俺は代行者だったんだが、ある封印指定を仕留める為に行っていた」

懐かしむかのように、どこか遠くを見る。

貴方「結果、仕事事態は上手く行き、俺は彼女と出会い、命を狙われる関係になった」

セイバー「なるほど……いい話しだな……」

腕を組み、うんうんと頷く。



                           .ハ
                       _       ∥!
                   ,   ,.-‐::::::>::〉_,.. .∥::!        そう言うセイバーこそ、何を願う?
                /i, /:::::::::::::::::::::∠´/ l::::l  ,
                  ∥:::::::::::::::::::r-::::、</ .::::: ∥      まさか、強敵と戦いたいだけじゃあないだろ?
                 ∥-=':::::::::::::::::::::::::::ヽ/:::/-∥!
                ∥/´:::::!:::::::::::ト、::::::::::::\/-‐' ::l
             〈_/::/::::ハ:::::iー-ィゝ、,::ト、::ヽ、ー':/
             /::/i::/-.ハ:、! l弋ソ i!  }ヽ、<            ―――しかし、内心その答えにも納得は出来る。
               /::∧::ハ心r、`´¨r-ァ i! /:::::::\
           // !:{  ヽ   ll   r'::::::::::::\         ―――英雄の精神構造は、彼にとっては大きく未知だった。
            ./    i'.ヽ、  -  ヽ、!`'ー-.,_::<``ヽ
                    //ヽ、  /.l /ニヽ l ̄
              ト、   .>    |.{i:.:.:i} .!、
                  ', `r-、 ハ   | `ー´ γ´ ̄`ヽ
                 ', {i:.:.i} ハ  /ヽ、  iヽ、:.:.:.:.:.:.     「ほう、そう来たか……そうだな……」
               ,....,_ ', `¨/ー-'´:i     `ヽ、、:.:.:.:
           /:.:.:.∥`` ∥::::::::::::l    /:/::/`ヽ、_ー

            /:.:.:.∥   ∥::::::::::::::l   /:/::/i



セイバー判定
5以上で話す
>>下コンマ 日数:-3



: : :| : ::| : : /: : : : `: 、   : : :`: 、: : : : : : : :ヽー-ミ: _ \: : : : : : : \: : : :\: : : : :
: : | : : } : / : : : : i : : : ヽ   : : : : ヽ: : : : : : :ヽ   /_斗、: : : : : : ヽ : : : : ヽ.: : :
: : | : :/: :{ : : : : :l : : : : l ` 、  :、: : : `.、: : : : ∧ ≠zf:::::ヽ ト、: : : : : ト、: : : : V: :
/| :/ : : ! : : : : :| : : : l   \ ヽ: : : : :\: : : :Y/{::::fa:::ハ_,  \: : :∧:l\: : : V
  |/ : : :オ : : : : :{ : : :|     \ヽ: : : : : }、: :∧ 弋斗匕    \: : N  ヽ: :
 / : :/ { : : : : : V.: :| ̄二ニ≧ミ ㍉: : :ト : } \: }  ̄          ト、∧ / ハ::
/: / : : | : : : : : ヽ: K {:::::fa:ハ `  V :| ヽl. \}            |:/ト:V /: ::
// : : : : { : : : : : : : :| ` 弋辷斗 '  V:ト  リ   ヽ            リ } ヽ}イ: i: :        秘密だ!
  l : : : : ∧ : : : : : : ヽ.  ̄¨      }ハ               ルイN: : Y
  | : : :/  ヽ :\: : : : : ヽ            },             /: : : : : : :{
  | : :/   V : : ト: : : : : :\        `              /|: : : : : : : :
  { :/     V: : |: ヽ: : : : : \                  _,   / |\: : : : : :
.  {:{      V: {\:`:<: : : : ヽ、  ー─ ¨  ̄ ̄ ¨¨´    /  | ̄ ̄ ̄ `
  {!       \ヘ. ヽ: : i `: :¨:¨ ̄   ー─--‐  ´    .'   |
           \ }: ∧: : : : :`> 、            /    |



貴方「……勝手だな」

セイバー「勝手だとも、何たって王だからな……と、言うのは半分冗談だ」

そう暴露し、コホンと一つ咳払いをする。

セイバー「俺はマスターを掴みきれてはいない……だから、少し待ってくれ」

小さく、頭を下げる。

セイバー「俺に、もっとマスターと言う男を知らせて欲しい」

貴方「成る程な……頭を上げてくれ、セイバー」

そう言い、セイバーの顔を見つめる。

貴方「なら、信頼できる様に俺も動けば良いわけだな……わかった、俺なりに努力しよう」

セイバー「ああ! ……それにしても聖杯大戦か……面白い展開だな! マスター!」

目に炎を燃やしながら、一人滾る。

貴方「そうだな……」

少し苦笑いしながら、コーヒーを飲み込む。



.


感情判定
5以上で成功
セイバー >>下コンマ
貴方 >>下2コンマ


セイバー→貴方【友好】
を取得しました。

1日目、朝、陣営判定

0~6、黒の陣営
5~1、赤の陣営
>>下コンマ


陣営判定
9、セイバー
87、ランサー
65、アーチャー
4、ライダー
3、バーサーカー
2、キャスター
1、アサシン
>>下コンマ


行動判定
98、イベント
76、捕捉
5~3、何もなし
21、戦闘
>>下コンマ


イベント判定
9~7、合流
6~4、戦闘
3~1、???
>>下コンマ




          !、    i、
          {iヽ    ヤヽ、
       ヾ,、`―-...、マ \

      /.:::::/.::::i:::::!::.ヽ、ヽ
       /.:/.::/.:::/!:|:::|:i:::::::ヽム
    ノ/.;'.::イ.:::/ |::|:::|:|:::::リ;'/     こーんにーちわー、っと

     j|:::!::/{:/"´マ{::j::j=‐''マ}
    /i{:::/ラi'  ''ラヤ:/  > 〉
     〉(! 丶  " |:/}/イ!ヤ

       ヽー-‐ _,i'ィ´:l:i}!{      ―――軽い身のこなしで、少年は拠点に侵入する。
        丶r   リl从|!ヽ
        ,,,、、j   _,,>{i
      ,、>ニ三三l_{三彡ヾ、
     |三三ミ≦i|゙!三三三ミヽ、        昨晩振り?

      !i三三三三!j三三7三ニム
     .リ三三三三i}j三ニ/三ミミミム         あ、いや……僕としては君は見て無いんだけどさ
     .}三三三三ゝ{三ミ三三三ミi、
      .|三三三三ヨ!{三三ヾ三三三〉、
      .|三三三三三!{三ニ7゙\三ラ,イム
      .!三三三三三ムマ∥  ,,.>'イ三ニム       ―――愉快そうに笑い、歩み寄る。
     }三三三三三三ミ=‐'''"´ヾ三ニニム
    ,'三三三三三三∥     ヾ三ニニム

    /三三三三三三∥       〉三三ヨ〉
    /三三三三三三;∥        /三三;/
  /三三三三三三三{       /三三;/
 ./三三三三三三三ヨ|      /三三/

../三三三三三三三三{      /`''寸/



殺生院「……おにいさん、だあれ?」

少女……と言うには幼い、幼女と言うのが相応しい少女がその侵入者に問いを投げる。

瑠璃「おろろ? おっかしいなぁ? ちゃんと七匹使い魔は居たはずだけど?」

殺生院「使い魔……?」

短い両腕で、こめかみをぐりぐりと押し込む。

殺生院「……ランサー……」

諦めたのか、自分のサーヴァントを呼ぶ。

ランサー「はい、なんでしょうか」

殺生院「きのうのこと、おぼえてる?」

その問いに、間髪入れずランサーは答える。

ランサー「疲れてずっと寝ていました」

瑠璃「……あらら、そうか……そうかぁ……じゃあ……誰だろうねー」

殺生院「ねー」

少年は思い切り肩を落とす。

ランサー「……それで、何の用で?」

瑠璃「ん、ああそうそう! お話に来たのさ、お嬢ちゃん」

相変わらずの芝居じみた動きで、腕を広げる。

瑠璃「はっはっは! おじょーちゃん! 僕の所に来たらお菓子上げちゃう!」



思考判定
5以上で……
>>下コンマ ランサー:-3


特殊判定
9~7、保護者登場
6~4、戦闘
3~1、「おっけー!」
>>下コンマ




                                                    __

                                              _  -‐ ¨
                                          _ -
                                      _ ‐                      _ - ´
                                   _ .‐                      _ ≦
                                _ - ´                      r= て
                                _ - ´                        /  ./
                        /   _ - ´                          ノ /
                        ノr‐ ´                           ノ /
                      / -´                          __ <<
                   /- ´                            ̄
                 , ´
                 / '
             , /
           ゝ /
        r'ノ /     /
       ノ ./   __- '

      〉  /  ___--'
     )  〈----'
    / _ - ´
  /r-‐




バーサーカー「■……■■、■……!」

瑠璃「ナイスセーブ、バーサーカー」

放たれた斬撃は、バーサーカーの腕に弾かれる。

ランサー「…………敵ですね」

瑠璃「どうやら今なったみたいだ、残念だけどさ」

やれやれと、肩をすくめる。

バーサーカー「■■■……」

ズイッと、バーサーカーがランサーと自分のマスターの間に立つ。

瑠璃「バーサーカー、無理は駄目だよー」

バーサーカー「■!」

巨大に肥大した腕で、親指を立てる。

ランサー「マスター、下ってください!」

殺生院「やっちゃえー!」

暢気に、聖杯大戦の初戦が始まる。



.


◆ランサー 筋力A 耐久C 敏捷A 魔力C 幸運E
◇バーサーカー 筋力C 耐久A 敏捷D 魔力E 幸運C

筋力差 怪力により無効
耐久 +15、-13で決着
敏捷差 発生
魔力差 発生
幸運差 発生

ランサー
神の加護 マイナス補正一つ無効、成功以上で追加+1
魔性菩薩 相手補正一つ封印

バーサーカー
直感 1、2をそれぞれ一回ずつ4として計算
怪力 成功大以上で追加+1
宝石魔術 対魔力により無効
魔王 魔性菩薩により封印


ランサー >>下コンマ
バーサーカー >>下2コンマ 敏捷差:-1

ランサー 2、バーサーカー 7
魔力差:+1 怪力:-1
判定:-6【不利】



    _  ---ュ≦ニニニ __ イニニニニニニ. \
 ュ≦ニ. _____  ュ≦ニニニニニニニニニニ’,
.  . ュ≦ニニニニ\ニニニニニニニニニニニニ |i
 /ニニニ.、ニニi{ニ ∨ニニニニ __二ニニニニ.|i
 二ニニニ \., ニニ/二二ニ. ´ニニニ. `- 、ニニニ.|i
 ニニニニニ./ニニ へ ニニ/ニニニニニニ ` .ニニニ|i.      _______         ■■■■■―――ッ!!
 ー―――‐.′’, /ニ.'.ニ /´ ̄`  ニニニニト、ニニ.′    /ニニニニ ∨ニニ ∨
 ニ’,ニニニ}iニ.イニニ’,_/, / 八ノ{i| ` . /ニ’,ュ≦.     /ニニニニニ ∨二ニ ∨
 ≧ュ’,ニニ//ニ’,ニ /八i{ム. ′ O八 イニγ7⌒ 、_ ュ≦ニニニニニニ}iニニニ∨
 ニニ≧ュ/ニニ ./'/    \r――<ニニ λ{.:.:.:.:.:. /ニニニ’,ニニニニニ 、ニニニ 、__     ―――黒く肥大化した鉄拳で、ランサーの体を殴りつける。
.∧ニニニ’,ニニ./ニ∨    ` _\__ /ニニ`. r、/ニニニニ 〉ニニニニニ_ ュ≦ニ \ニ \
  ≧ュ __.7./ニニ /.         _ )ニニニニ.'.∧ニニニニ/ニニニニ /ニニ/ニニニ\ニ.∨
  ∧ニニニ’,ニニ/        ´ニニニ `ー‐ニニ7 ` i{ー‐‐ ′ニニニ//ニニ./\ニニニハニ.∨

    `ー―‐‐ '¨´        .ィ. {ニニニ /ニニニニニ'..  i|ニニニニニ //ニニ 'ニニ.\ニ /ニト、ニ      「ぐぁ!?」
         -、.......:.:.:.:.:.:.:.:.:. :八  、ニ/ニニニニニニ }. i|ニニニニ/ニ/7 イニニニニニ〉. ′ニニ\
       . イ j {______  ュ≦ `ー‐‐r――‐}i| ≧ュ  _ /ニ./ニ〉ニニニニニ/ニニニ 、ニニ
     ′ニ/¨¨´               |..:.:.:.:.::7′     7ニニi{ニ 、ニニニ /ニニニニニ\ニ
     `¨¨.                    |.:.:.:.:.:.,       i|ニ.イj{ニニ`¨¨¨¨八ニニニニニニ \
                         '..:.:.:.:.: 、     /ニニj{ニニニニニニ 、ニニニニニニ

                           :.:.:.:.:.’.,    ′ニニ.j{ニニニニニニニ’ ,ニニニニ     ―――体勢が悪かったのか、ランサーは大きく後ろに飛ばされる。
.                           ,.:.:.:.:: ′  |ニニニニ\ニニニニニニニ ’ ,ニニニ
.                         _∧_  ---、ノニニニニニ 、ニニニニニニニ ’ ,ニ
                         ´_ニ\ニニニ\i|ニニニニニ’ ,ニニニニニニニニ’ ,
                        〈   ` .` へ ニ }i 、ニニニニニニ’ ,ニニニニニニニ
.                        \    \ニ ∨.′ \ニニニニニニニ’ ,ニニニニ/

                          `     `  〉.    \ニニニニニニニ’ ,ニ /



瑠璃「……うんうん、お目当ての奴じゃないにしろ、いい感じだ」

満足そうに頷き、指を鳴らす。

瑠璃「無理して殺す必要は無いけど、まあ適当に頑張って!」

バーサーカー「■ッ!」

自分のマスターの適当な応援にも、バーサーカーは指を立て応える。

ランサー「……っく、油断しました」

殺生院「が、頑張ってー!」



ランサー >>下コンマ
バーサーカー >>下2コンマ 敏捷差:-1

ランサー 1、バーサーカー 1
魔力差:+1
判定:-5【不利】



        /.::.::.::.::.::7,斗‐.::ァ .:7.:://{::{::.::.::.::「:.「::.::.:ト、: :.:.}:.:.:i i::. ヽ:.ヽ:}
        {.::.::.::.::.:/ {::/.::.:/ .::/.:/{lァ≠㍉::.::.{::.l: ::.:::!: : :!::l:. :.} :}::}.: ::.ト、j、___ノ
        l::.::.::.,::/ l::.!::./ .:./.〃′,rff㍉ヽ、ト、}、::.::|: .::.}::} ,イ.::,:イ: :. :.V¨¨¨´
        {::.::.//  {::l::.!: ./V   {{ィfトイV㍉、, }::.::}::.://厶}ノ.::}::.::}::.「´        っく、うおおおお!!!

       メァイ/    Vヘト、{    、__゙f竺シ_,  '_ノ_:./.:厶广/.::.::/.::/.::/
      /{ {/.:{ __   ヽ. ヽ.      ̄ ̄`   ノイL} ゙V.::.::.イ::.//
.    /   Vハ/  }  / \ ヽ            マf」 /.:/{::V´              ―――突撃する形でバーサーカーの懐に飛び込み、拳の内側に入る。
.  _/     ,イ弋/、 {   } }     _      V7〉'  ヽ}、
´ /      弋. く ヽ. \!   { {、  /ーー`、_、_ / ,/
 {          ヽ ヽ. 丶、 ヽ. \{     l:::/ .イ/   ___
        ト、 __ _ヽ ヽ.  丶、 ヽ. \   }/ /゙{ {⌒`´      `ヽ
        | }_} }ム ヽ. ヽ   丶、ヽ \´/   | |         i  ト、        「■■■ッ!?」
        └; 〈 レ′ 〉 〉    >ー }    」 |        ,′ } ト、
        /,イ_ \ //   /  { /   //        /    | | }、
       _ィ/    //   /     i/   //            ヽヽ       ―――巨大な腕もゼロ距離ではなす術が無く、そのままランサーの徒手空拳を受ける。
  _        / ヘ ー くイノ     / //                  \
/ _`丶、     { {    〈´      ///           , -‐‐、     ,
/ `丶、丶    vハ      }     / /  , -‐───‐‐- /`ヽ ヽ _/ /
l      ヽ ヽ  ノ }    {    { ヘ  / /´ ̄ ̄ ̄ ̄`7く    ` ー‐ ´




ランサー「……流石に、硬い……」

殴った方の拳を摩り、槍を持ち直す。

ゼロ距離の攻撃には向かない槍だったが、しかし数瞬前の判断は間違っていた事をランサーは悟る。

バーサーカー「………………■!」

そして対するバーサーカーはガッツポーズを取る。

ランサー「っふ……舐めるな!」

今度は槍で拳の外からの攻撃に移る。



ランサー >>下コンマ
バーサーカー >>下2コンマ 敏捷差:-1

ランサー 5、バーサーカー 10
魔力差:+1 怪力:-1
判定:-10【優勢】



                                       , --  _
                                    _ ュ≦_ニニ|.\
.                                 ,  ニ/ニ{ニニ¨.∨ニ\
                                _/_ ュ≦⌒ヽ\ニニ` _ニ\

.                                ´ ′ニニニニ|./ニニニニ 、i|ヽ
                             ′ , `  _ニニニ | 、ニニニニ ./ニ }i          ……■■!
                            | |. j|  λ i{¨「 ̄⌒7ト、ニニニ/ニ /    __
                            | i{ |八 /O} ノ| }| _.〈_| \_./ニニi{_   /ニニ′   ■■、■■■!
                            7へ、___ イ_〈ノ, |ニニニ≧ュ  _ニニニ`¨¨ニニニ ,
                            〉ニニ 7ニ _ ュ≦ '.ニニニニニニ ̄ ̄ ̄≧∨ニニニ′

                 __        {ニニ/} lニニニニニ.,ニニニニニニ「 ̄∨二ニ∨ニニニ ,
     ,.へ――― 、.  /ニニニ` .  , ‐‐ 〈_/〈/|_|ニニニニニ}ー―‐ 、ニニ.|__ }ニニ. ∨ニニニ ′   ―――バーサーカーの周囲に、凄まじい量の魔力が集まる。

     /ニ/ニニニニ 〉  ⌒r 、ニ /7  /ニニニ7 j{二|__   ュ≦¨\ニニニ`ー―‐―八ニニ. ’,ニニニニ. ,
.    /__/__   - 、./   __|ニ 7¨´.′ /\ニ /ニ.j{ニ |______〉__二ニニニニ /二'.___.’ニニニニ ′
   〈ニ` .ニニニ/__ /ニ、__./__|  {ニ /`7ニニj{ニニ./∨.    `¨  _.¨ ―――′ _  -―‐ ,ニニニニニ\
    }ニニ `¨¨´7\ニ./ニニ}ニニ/―〈`¨¨¨¨′ニ j{ニ/ニ ∨       ¨  _ニニニ .′ニニニニ′ニニニニニ `ー―‐ 、
    \ニニ{__ /ニ. V `  _/ニ.イニニニ、_  7ニニ j{ニニニニ ∨          ¨  _ニム__ ュ≦∨. ,ニニニニニニ/ニニニ'.
     /`ー― \ニ i|ニ. 7_/\_  イ} ¨¨/ニニニj{ニニニニニ '.            _ ュ≦ニニニニ∨′ニニニニニ/ニニニニ}    「っな!?」
     .′ /二ニニ\.j{ r――〈ニ }iニ /  ム___.i|____ノ     _ ュ≦ ¨ニニニニニニニ .∨ニニニニニ/ニニニ/i|
    __/____i|7ニニハ|ニ/ニ. /.    |__|ム   l  _ ュ≦ニニニ '.ニニニニニニニニ }i___ ュ≦ニニ./ニ八
    | ┌┐ニニニニ|i|ニニ{ j{ ./ニ. /     '.   { ∧‐‐ 「ニニニ′ニニニニ ,ニニニニニ ._ ュ≦ニニニニニ`. <ニ /   ―――その魔力の量に、ランサーも驚愕する。
    | ││ニニニニ|i|ニニ| j{/ニ/.         |. ∧ '.ニニニニ, ニニニニ′_ ュ≦____二ニニニニニニニ Y
    | └┘_____ .|i|ニニ| i|ニ{´        -'  '..  ∧  ,ニニニ′ニ _  ュ≦        ∧ニニニニニニニ /
    「 ̄ ̄}、__/ト、_ノ_/ ,. _ ュ≦}    |  ,.      ′__ ュ≦ .              ∧ニニニニニ /
    |ニニ |ニl__ニニニニニ`¨ニニ/′    |  .′   '. ¨|                     、___ ュ≦
    八二ニ.|ニニ.|ー――  ̄ ̄ ̄ i|ニ l.     |. |.       |
     `¨¨¨、__|ニニニi|二ニニニ. i|_/   込__.}、.     , |
           `ー 、ニi|ニニニ _ノ    八__ ノ     」__l-、
              `¨¨¨¨¨¨¨¨     . ′ニ .|    八___ノ
                        〈ニニ . <.     , ニニ }
                          ̄        /ニニ /
                                  `¨¨´




ランサー「マスター!!」

殺生院「ん!」

伸ばされた腕にしっかりと少女は捕まり、そのまま大きくバーサーカーと距離を取る。

バーサーカー「……■、■■……『■―――」

瑠璃「はい、そこまで」

肩に手を置かれ、バーサーカーは戦闘態勢を解除する。

瑠璃「終わり、ここまで、帰る……OK?」

まるで幼児に言い聞かせるように、単語を一つ一つ区切って言い聞かせる。

バーサーカー「ッ!」

ビッと親指をたて、踵を返す。

瑠璃「たはー、あっぶねー……流石に、これは危ないでしょ……討伐令的に」

冷や汗を拭きながら―――拭く素振りだが―――少年は同じ様にバーサーカーの後に続く。



          /i、     ,ィ!
         // ヽ   /,イ|{
          //  ヽ_.//  }|
       //ィ≦:::::{i:::!/ミx、 ||

      マ∨.::::::::::::マ::リ:::::::ム}.|ィ

     /彡.::::i:::::::::::::マ:::::::::::::|リァ
     〈 リ{:::::::|::::::::::::::::::::}::::i::::}!ヽ、   ……そうそう、こっちに来たくなったら、呼んでよ
     \从::::|:::;:::::::::::::::::|}:::}∥/
      {从:::i:::';::::::::::::::j:j:::/ィ       多分、来るからさ……多分ね

   _,,、、-┴┴………―≦,,_
ィ≦ニニニニニニニニニニニ≧ュ_
 ``'<ニニニニニニニニニニニニ>       ―――振り返らないまま言い残し、そのまま去っていく。
    `>ニニニニニニニニニ>´
   ,,イニニニニニニニニニヾ、

   {ニニニニニニニニニニニニ}
   〉ニニニニニニニニニニニニ{          こっちーのかーわはあーまいぞー……ってね
  /ニニニニニニニニニニニニニ!
. /ニニニニニニニニニニニニニニ|




   // ̄ ヽ',     -―──-<
   y     .}} > ´─- _      . `ヽ、
       >       ` - 、     \
      ., .'             \       .ヽ
    ,.′.  .i  .',          ヽ     .'.,
   .,'   i  i.   ',      ヽ     '.,     ',      ランサー! よくわかんないけどがんばりました!
   ,' ,'  i  .}    ', '., ヽ   ヽ    .',       _ヽ _
  ,' ,'   i  .',      ヽ 〈     ヽ    ',     \ー==‐    はくしゅ!
  .,' i  . ',  .',    . ,' } } \--- ヽ   }      \
  .{ .{   ',       / }」  イ心 _}   }      \\
  .{ .{    ',      ∧. リ   沁刈  }   }       \\
  .{  〉    ',    ',ヽ\\   辷炒  }           ヽ ヘ      ―――パチパチパチと、小さい手のひらで一生懸命音を鳴らす。
  .', { ',         } ヽ} ̄        .i    i         ',ヽヽ
  .', .{∧     ヽ   }   ,       i    i         ',ヘ
   ', .リ ヽ}  ヽ ヽト、}         i    .'      ',   ',
   ', ノi {∧.} \ \}    ´`  .イ}    ,'  ',    }    i     「……ははは、ありがとうございます」
   ヽ} ヽ} ヽ」 ヽ} ヽ >-     _/ ,'    ,'_   \   }     }
        }     ',   } ノ≠≠ /    ,' ` ̄ ̄   ‐-、  }
        }   } _ ‐  .}     ,'    ,'          ∨,'
        /  /   }   } `  ´i    ,' _        ∨
         /  .{    _ }  }   ,'    ,'´   ` ‐- 、/ .   i
      ,'    } /   .}  }--{    {        Y     .i



疲弊していたランサーも、少しだけ顔色が良くなる。

殺生院「……あたしアイツきらい!」

さっきまで喜色満面だった顔が、一気に眉も口も吊り上がる。

ランサー「……ですね、私も……あの少年は嫌いです」

殺生院「だよね! ベー!」

少年が去っていったほうへ、幼女は舌を出す。

ランサー「一度、帰りましょう……少し派手に戦いすぎました」

殺生院「うんー!」

手を繋ぎ、こちらも戦場を後にする。



.


と言う感じで、今日はここまで。

……まあ、あれよね……ステータスは飾り、このスレの重要度は 高コンマ>宝具>>強スキル>>>>ステータス です。

ここに相性も入るのでさらに厄介ですが。

次回! 『私にその手を汚せと言うっすか』 乞うご期待

それじゃあ、次回は18:00から。

おやすみなさい

乙でした

1日目、朝

赤の陣営判定
98、セイバー
76、ランサー
5、アーチャー
4、ライダー
3、バーサーカー
2、キャスター
1、アサシン
>>下コンマ


状況判定
98、イベント
76、捕捉
5~3、何もなし
21、戦闘
>>下コンマ


陣営判定
0、???
98、セイバー
76、ランサー
5、アーチャー
4、ライダー
3、バーサーカー
2、キャスター
1、アサシン
>>下コンマ



             /   / |ヽ|       /              `ー、
          /   /|: | |!  \   /                   l
         / , イ:| :::|:     _込_/ ./    /              l
      ∠ -イ::/|::|:.:.:l:.|    /,. -y' /   / /   / / /      l
      .:.:.:.:.:.l:::l:.|::|i!、:.:.ヘ  :/   ::| /   / .∠ィ彡イ 、ィ/       |    ……見つけたわ……姿だけだけれど
     .:.:.:.:.:.:/:/:.:|::|!:lヘ:.:.:ヘ:.:.|  ( l/l  /| /ー=圷、 ー- ミ|   /     !
    :: .:.:.:.:/:/:.: |::|l::|∧:.:.:.:圦 ゙ー' l |   | l/    | 心、ノ.|   /   / !
    ' .:.:.:.:|:::{ : :|::|.l::|__,ゝイ   `ゝ ∧ | l!    V少'"` |  / /./ /| /
      :.:.:.:.:ヾヽ/|::|.|::| /^l|      ∧ |.           {. |ノィ / レ       「そうか、どのクラスだ?」
゙、    :.:.:.|:.:.:∨ |:」.|::|,イ! l!       ヽ!          {ヽ|  レ'
 | l   :.:/|:.: /::/:.:/三三}=┐   、    `          弋`
 | |  ::/ .!:./::/レ'^寸三三三==┐ ヽ        _    , -‐'´            ―――彼女のサーヴァントが尋ねる。
./ ,/! ::/  レ':/,イ三ヽ`ヾミ三三三==┐>、      `/
/ | !   /::/三三三=ヽ、`ー 、三三==ァ ヽ    /
   ∨ ./:::/三三三三三ニヽ、 `ヾミシ"     `¨           そうね、バーサーカーだと思うわ
    /::::/三三三三三三三ニヽ、ノ
   └―/三三三三三三三三三ニ}



セイバー「……成る程な、了解した……」

そう言って、セイバーは立ち上がる。

セイバー「代わりに伝えておく……」

マスターの少女は、ただコクリと頷く。

セイバー「我等が首魁は……どうにもアクが強い……」

同意するかのように、再び頷く。

セイバー「……ではな、探してくる」

白銀「ええ、言ってらっしゃい」

少女……白銀 雪は、そう言いセイバーを見送る。



.

1日目、朝、ルーラー


状況判定
98、イベント
7~5、捕捉
43、接触
21、戦闘
>>下コンマ


酉選択
1から7で好きな数字
>>下3までで一番高いコンマ

酉#◇剣、騎、魔、狂、弓、殺◆槍


                             ________
                       -=二 ̄             rー'''" ̄
               : -..、            ゙''ー、、       ゝ
                 `''-..、          '.-、     . \
                      `'-.. \ ,    .、    `'-、     ゙'-、       ―――疾風ほどの攻撃が、槍から放たれる。
                        `''-、゙''-、. ゙.l'、     `'、.     `'-、
                        `'-、`'ーゝ.\,     .\      `'-、
                             `''-、  .\   .'、 ヽ     .广ーニ'-
                            `''-、  .\  ゙l!、 l     . l    .`''-
                                  \  \ !ヽ|   i-、 ..l
                                 \  `┘.|   l.|l,\ l
                                   \   /   .l! l, \l
                                     `‐/    l .l  " l     ―――確実に、敵を屠れるように二撃、殺意を込めて。
                                        /     l .l,   |
                                       /      i〈l  l.  il′
                                   /    ,i''、 .|    .l /.!
                                 /   /  .l !    .` |
                  \、                 /    ./    .l.! l.    !
                `'ミ'- ,,、            ,/     /        !   |
                     \ `゙'ー ..,_   . /     .,..-'、/       ,!   .|
                    \    , /     . /   「       /    .|  /
                        `'...-'" . ,.. ‐'>../ ー- ....,,,_____,,,,.. ‐"     フ//
                     _..-'"゛ .,..-'"、 .,/‐、                 ____=─
                  _..-'"´ ._..-'″  `'ゝ'’  `'-、, '!ミ'''ー ,,_    \
              _,, -'"´ -''コシ'"                `''.lii、  .`゙'''ー ..,,_.\
           ''''"゛                            `       .`゙'''!ヘ




                __,
          -=ニミ::、/,ィニニミ、
      _, イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``ヽ、

       テ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>-::彳
      ' i::::::::::::::::::::::::::::>'::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、__;ノ
      /::::::::::::7--‐::':::/,:'/:::/::/:j::::::::::::i::::::::::テ'
    _ノ:::::::::::::,i::||::::::::://>i_i:::||:ハ:::::::::j::::::i::::i     ……っく、避けたか……

     ゙̄个::::::iハ:i:',::::::| ィ示c、,i|:i |::::::/:::::/:〃

       〉:::::i i::::ヽ:::', 辷ソ '、ヾ ,ィ=::::/≠
       ノ!:┌ ノ__::ヽ`ヽ  ̄`    iン,'イ´             ―――先程負った傷ゆえか、それともルーラーのスキルかのせいか。
        (彡ィヽ、 ハ:::i,         i/
      _,.....j=- 、\ ヾ\,. --- /                ―――ランサーの槍はルーラーの旗に弾かれる。
      .j───-- `>、__ヽ /
     |           `ヽ、7´
      |    ,. イニ=---./__
     j!  <       _,. -   ̄`ヽ
     /!           /          i
    / ,'        /     /> 、  |
..  / i          i    //:.:.:.:.:.7}ハ



ルーラー「……ッ! 赤のランサーですね!」

受けたルーラーも、戦闘態勢に入る。

ランサー「マスター、お下がりを!」

殺生院「う、うん!」

いそいそと少女は近くの物陰に隠れる。

ルーラー「やめなさい! 赤のランサー!」

ランサー「問答無用!」

黒い槍と旗が、交差する。



.


◆ランサー 筋力A 耐久C 敏捷A 魔力C 幸運E
◎ルーラー 筋力B 耐久B 敏捷A 魔力A 幸運C

耐久 +14、-13で決着
魔力差 対魔力で無効
幸運差 発生

ランサー
神の加護 マイナス補正一つ無効、成功以上で追加+1
魔性菩薩 相手補正一つ封印

ルーラー
啓示 相手0を判定で無効
裁定者 補正+1


ランサー >>下コンマ
ルーラー >>下2コンマ 裁定者:魔性菩薩で無効


啓示判定
5以上で無効
>>下コンマ

ランサー 5、ルーラー 1
判定:+5【有利】



                              ─=二''''''''゙゙゙゙゙,゙二=-
                        ─=二 ̄  ._,, ‐'"゛
                         _..-'´ ._.. -''"         はぁぁぁ!!
                        _..-'"._..-''"゛
                   _..-'゙_..-'"゛
                   ,..-'',゙ -'″
             _..‐',゙ ‐″      ─== ----――---==─     ―――凄まじい突きが、ルーラーを襲う。

           _/,゙ ‐´     ─=二`-!'゙ ̄  _,,.. ー'''''"´
        _/ /       ._,, ー'''"゛._,,,.. -‐'''"゛

      ._/ /     _,.. -''''"゙_,,, -‐''"´
    .,/ /  ._,, ‐'゙,゙,,.. -''''"゛                   「っく、きゃぁ!?」
   .'"/ ...-'"´  .″

   .-.,,,_
      .´゙"''―- ....,,__
        .´゙"''―-....,,,_ ̄^''''''―-- ....,,,,___                  ―――思わずルーラーもその勢いに負け、一歩退く。
                `゙゙.''''―- ....,,,_、  . ̄ ゙゙̄"'''''¬――-.... ..........,,,,,,,,___
                         ⌒゙'''''¬ー-- ..__              ̄ ゙̄二二==-

                                      ゙,゙コ_ --ー二  _r‐'"゛
                                     ″    "゛.-''''



ランサー「……ッ!」

ルーラー「この!」

旗で押し返し、ランサーとの距離を開ける。

ランサー「……はぁ!」

しかし、間髪入れずランサーの黒檀の槍でルーラーに襲い掛かる。



ランサー >>下コンマ
ルーラー >>下2コンマ

ランサー 7、ルーラー 2
判定:+12【優勢】



            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。      ―――鮮血が、ルーラーから迸る。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。           っあぁぁ!!

                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...

     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..    ―――悲鳴を上げ、傷を匿う。
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``

 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"




ルーラー「っはぁ……っは、あ……」

終始、ランサーに押される。

ランサー「……そろそろ終わりだ……!」

止めとばかりに、槍を振り上げる。

ルーラー「ッ!!」



ランサー >>下コンマ
ルーラー >>下2コンマ

ランサー 1、ルーラー 3
判定:+10【優勢】



        /.::.::.::.::.::7,斗‐.::ァ .:7.:://{::{::.::.::.::「:.「::.::.:ト、: :.:.}:.:.:i i::. ヽ:.ヽ:}
        {.::.::.::.::.:/ {::/.::.:/ .::/.:/{lァ≠㍉::.::.{::.l: ::.:::!: : :!::l:. :.} :}::}.: ::.ト、j、___ノ
        l::.::.::.,::/ l::.!::./ .:./.〃′,rff㍉ヽ、ト、}、::.::|: .::.}::} ,イ.::,:イ: :. :.V¨¨¨´
        {::.::.//  {::l::.!: ./V   {{ィfトイV㍉、, }::.::}::.://厶}ノ.::}::.::}::.「´

       メァイ/    Vヘト、{    、__゙f竺シ_,  '_ノ_:./.:厶广/.::.::/.::/.::/
      /{ {/.:{ __   ヽ. ヽ.      ̄ ̄`   ノイL} ゙V.::.::.イ::.//           おおおおお!!
.    /   Vハ/  }  / \ ヽ            マf」 /.:/{::V´
.  _/     ,イ弋/、 {   } }     _      V7〉'  ヽ}、
´ /      弋. く ヽ. \!   { {、  /ーー`、_、_ / ,/
 {          ヽ ヽ. 丶、 ヽ. \{     l:::/ .イ/   ___          「っは!」
        ト、 __ _ヽ ヽ.  丶、 ヽ. \   }/ /゙{ {⌒`´      `ヽ
        | }_} }ム ヽ. ヽ   丶、ヽ \´/   | |         i  ト、
        └; 〈 レ′ 〉 〉    >ー }    」 |        ,′ } ト、
        /,イ_ \ //   /  { /   //        /    | | }、      ―――振り下ろされた槍は、旗で受けられそのまま弾かれる。
       _ィ/    //   /     i/   //            ヽヽ
  _        / ヘ ー くイノ     / //                  \
/ _`丶、     { {    〈´      ///           , -‐‐、     ,
/ `丶、丶    vハ      }     / /  , -‐───‐‐- /`ヽ ヽ _/ /
l      ヽ ヽ  ノ }    {    { ヘ  / /´ ̄ ̄ ̄ ̄`7く    ` ー‐



ルーラー「この!」

そのまま返す刀で接近し剣を抜き攻撃する。

ランサー「甘い!」

しかし、逆に弾かれ有効な攻撃にはならない。

ルーラー「……ッ」

徐々に、確実に、ルーラーは消耗していく。



ランサー >>下コンマ
ルーラー >>下2コンマ

ランサー 6、ルーラー 4
神々の加護:+1
判定:+13【優勢】



         l  .:            _..-‐'      ...-.‐''.″                 '.        l
         "  .‐  .,〃    .,..-'"゛   ,..、- '"゛                        ‐         |
            "   ゙, ,ノ゙/  ._..-'"   .,,, ー'"゛           ",                     l          |
       .‐ _'i     .〈rlr'"  _..-'"゛             |.ヽ  .|!               ′        i
        . _ゝ゛       ,..-'"                 ! . l  .l゙|   ._,, --''.'''''''''".''丶ヽ.!         !
      '`-、        彡=┘                ′ .l .,! !,/´            !           |    ―――数回の剣と槍、そして旗の攻防。
       .'“゙7       ./                 '!ッ、 l  ゙'‐ ゛               .....|        ,i
      ./ ._         l               _..__. ,,,,,, ._ヾ'″             ,/″  !        l!
     ,/ ./.彡i,i.    l.  ., .、 .-'.'.'.`゛´                      /      |        ′
   / ./  .j″ l     .゙l,゙´                                /     ._ !           |    ―――決定的な一撃は無いが、しかし追い詰められる。
  ../ . /    !_ -''丶    .ヽ .........-.‥‐.¬'''丶- ..、                   "丶''.'._./ ´ !           l
..." ,./  ,,, -'"´    ′     .ヽ      uii_-----┴                   , /    .,!        l
 .,i彡'"´   _ . -'''" '、     .ヽ            ̄"'''';;r               ,゙ニ+    |        "
./   _,..-‐'″      .l       ヽ        ,..-'" ._,,                 /ヶ     ‐       i′
. / '″          ..l       ヽ    .,..-',゙.. -'''ジ″                  l     「       l
               ″       .ヽ .i=゙‐'^゛ ._∠―''T                  l    │         /     「っはぁぁぁ!!」
                l           \           r                 l   l       /
                   ヽ        ヽ.      /       〟 .i、i、      .〟ヽ  /         / 、
                 ヽ         \   /       / ′| ゙ \      |ヽ .ヽ/      /.,.〃
                    ヽ         ゙'、./      ./  .! l   \.,,   l .l.ュ.l      /"./ _,,〟
                  ヽ          \     ,/    l!     ゙'!,゙'-、 l `゙        /''ン"
_.‥‐-ヽ、、......、           ヽ          ヽ,  /                l,  `'″         ゙”.'''"″
  ´."."'ヽ‐‐--...´,゙゙,,゙._"_∵¬'.ー‐―ー .--- --- ......... .゙く............................ 、.---‐ー.┘
                  ´ ̄ ゙´.^".''("'''''' '''''' ―.ー‐.--..-.v..... .............. .................. .,,         ッ‐t..'''.'''"`゙`
                        ,/'、              \.         ., 彡ii〟    .il!、ラl  \
                       /   .ヽ            \         r''"/ /    /、 l!    \
                     /     ,/'、,               \        /    ./   ゙''∴    .\
                /     ,/゛   .\             ゙'-、     ./    /      ゙'-、    `



ルーラー「っぐ……!」

遂に、ルーラーはその膝を着く。

ランサー「……終わりだ!」

容赦の無い槍の突き。

ルーラー「こ、のっ!」

旗で防ぎ、剣で斬り払う。

ランサー「…………」

ルーラー「はぁ……はぁ……」

何とか、ランサーの攻撃を防ぎ続ける。



連続優勢判定
0~4、ランサー
3~1、ルーラー
>>下コンマ 幸運差:-1


ランサー判定
9~7、保護者
6~4、宝具
3~1、乱入
>>下コンマ



ランサー「……良し」

ちら、と後ろを確認し、笑みを浮かべる。

……よく見れば、マスターの少女が居ない。

ルーラー「…………っ!」

その意味を察知したルーラーだが、数瞬遅かった。

ランサー「行くぞ!」

既に、ランサーは投擲の姿勢に入っていた。

ランサー「陽打ち崩さんとする槍よ! 再びその覇道を見せつけろ!」

黒檀の槍が、空高く撃ち放たれる。


.      `゙"''― ..,,,,_           `゙'''ー ..,,、          ヽ、     ヽ.   l.  |.      /     /
                 ´゙"''―- ..,,,_           `゙''ー ,,_        `'-、   \  l  |.     /    ,/
.,,,___                    ̄''''― ..,,,_     `゙''ー ,,_     `ゝ、.  ヽ  l  ′  /   ,/  _, -
     ̄ ゙゙゙゙̄'''''''¬―---..........,,,,,,___、       `゙゙''''― ..,,,_、  `'''ー ..,,、  `'-. `- ″        ''"
                      ̄ ゙゙゙̄"''''''¬―---___゙―

_____________________________.        ,.  ,.    .____
                                                   />     ー ..,,,、
.  トラウィスカル                             _,,,,.. -ー'''''゙゙,゙,, -‐'',゙ン  />       、.    `゙"'ー-
....『禍つ曙―――                _,,,.. -ー'''''"゙´  _,,.. -‐'''"゛ ._.. ‐    />       ,  . \
                  _,,,,.. -ー'''''"゙´    ._,,.. -‐'''"゛   ._,, -'"     />     l  .| ヽ   、.\
.       _,,,.. -ー'''''^゙´         _,,.. -‐'''"゛       ,.イ           /.>  ,    l. ...l ヽヽ ヽ  `-、
. -ー''''''"´            _,,,.. -‐''"         _,, ' ,//,l       / >    /     /  .| .l  .l..ヽ .ヽ.  \
         _,,,.. -‐''"´          _.. ‐' ,. <////l   ,.//>     /   .,  !  ,!  !  .ヽ ヽ ヽ   `
.   _,,,.. -‐''"´            _,, -'"゛   /////////l ,.-///_/  . /   ./   l   .|  .l   .l ヽ .ヽ
''''"´                 ,,, -'"゛  ._,, ‐'゙ ////////,<"_///,/   / /    /   l   │  l.    l, .ヽ  .ヽ
            ,,, -'"゛  ._..-'"゛   ////////,/´ /'"   ,./  /    /    ! │ !   .!   ヽ ヽ  ヽ
.         _.. -''″  ._.. ‐'″      , /////,/ >'  ,/、/,\   /    ./    !  .l  .l   |    l, .ヽ
.     _..-‐'″   ._..-'"゛      .,  /////,/∠..,////////>     /  !  !  !  .|   .l     l.  ヽ
. _,, -'"゛    _.. ‐'″         ,..‐'.゙///////,. --ィ////// /       ./  /  l  .|  |   l     l.  ヽ
.     _..-'"゛        _./ ///////.///////////./      /  ./   .l   |  .|   .!       !   ゛
. _.. ‐'″        ,..-"´ ./////// //////////,/ ./      ./   !   !  │  !   .|      ヽ
'"            ,..‐'   ////////〉7///,/´ ̄ ̄´   /       /   /   !   .l   .|    .l        ヽ
        ,/     ,.'/////////////   ./    /       /   .l゙   ,!   .l゙   .|    !       、
.      ,/´     /////////// /    /    /        ./    /   !   |   .!    l
.   ,/゛.         ///////////    ./    /       ./    !   l    !   .|     !       パンテクートリ
.._/゛.         //////>''"       /    ./        ./    /   l   │   l     .l . ―――ここに昇る』
゛        / / -‐'"/      /    /        /     /   . l    .l゙   │     !
.       /     /       /     /           /     ./   /    .,!    .|     .!



宝具判定
9~7、+12
65、+8
4~1、+4
>>下コンマ


宝具判定
5以上で成功
>>下コンマ





       ./ ./ .,/        ./  /               _.. -'"゛
      .,/ ./,, /        / . /             ,.. -''″                               __,,,.... -―''''''"
     / ,iレ./  ,r/  ./ .,/          _.. ‐'"                          _,,,.... -ー‐''''" ̄
    ./ . il!./ // / ,/      ._..-'"゛                      _,,,.. -ー'''"゙´
    ./  ゙./ ./ /./ /     _..-'"                _,,, -‐''''"´                 リュミノジデ・エテルネッル
   ./  "ノ゛ ./ヾ./   ._ /             _,,.. -‐'''"´                     『我が神はここにありて』―――ッ!!
   ./     ,メ゙./  _ /           _,,.. -‐''"´                             _________
   !     .` ." _./ ゛  ._..yr'"´_,, ー'''"゛              __,,,,,....  -一¬'''''''"゙゙゙ ̄ ̄´
  !       ‐ン゙_.. -/二r‐''"゛           _,,,.... -―''''''"゙´゛
 │          !''´ ,i'''“゛        _,,,.. -ー'''''"゙´
 /           `ーz___  '''"´      _____________________
 l             _.=-、_  `''ー⊂,゙"゙゙゙ ̄ ̄´゛
. l              \ ゙̄'ー  ゙゙̄"''― 、 `゙''''ー- ..,,_
│          '=-..,゙ヽ   `''ー..,、 .`゙''ー- ..,,_,  `゙'''ー-..,,,_
.,!              l.l;;、, `′     .`'''-..,、   .`゙''''ー-..,,,_ `゙'''ー ,,_
.l゙          : 、ヽ,゙゙!!k、、        `''-、、      `゙'''ー-..,,,_ `゙''ー ,,、      ―――ルーラーが持つ旗が、その身を降り注ぐ魔力から身を守る。
.|     .i、  .L l,`'、.ヽ,  .`ゝ、、         `''-..、            ゙゙'冖ー ,,,゙¬-..,、
.|  .l   !ヽ  .リ.l、ヽ .`-ヽ    `'-、,          `''-、、               `゙''''ーニニ;; ..,,
.|  .! h .l:,.ヽ  . l.゙'lliヽ  `'.li、    .`'-..、         `"                 `゙''
..!   | !.! l.! ヽ  .l `'|\   ~-,      `''-、
│  ||. | .lリ.!  .ヽ  l .ヽヽ                `'-、,
. l   ||.│ ゙i .!   ヽ .ヽ   ヽ,              ゙ヘ、
 l  .!l !   l   .ヽ..ヽ   .\                  `''-,,                                _,,,.. -‐'''"´
 .l  !| .}   .!    ,.ヽヽ    ヽ,                `''-、                      _,, ー''"゛
  .! l !│   .l   .ヽ ゙' !、    .\                  `'-、,               _,, -'''"
  l ! l l    .l    ヽ `ゝ    \                      `'-、.      _..-'''″
   l .l ll     .l    ヽ   .,    \                    `''-,,,..-'"
   ! l ..l.   l     ヽ.  \    .\ .、                  _..-'" `'-、                      /
    l.l      l     .ヽ   ヽ,     八                _ /       `'-、              /
    l|、     .l,      .ヽ   \   /  .\         ,..‐'゛            ゙''-、         /
     !|.      l.      .ヽ.  .゙' ./    \.    .,/゛                          /



ルーラー「……危なかった…………」

宝具の防護の中で、ルーラーは唾を飲む。

周囲一帯の木は炭化し、消滅しているものがある。

……まともに喰らえば、今のルーラーでは用意に脱落していただろう。



ぞろ目ボーナス
9~7、成功
6~1、失敗
>>下コンマ


ランサー「何っ!?」

土煙の中に未だに立っているルーラーに動揺するランサー。

ルーラー「隙あり!」

ランサー「っ! 甘い!」

しかし、その中でもルーラーの斬撃を徒手で受け流す。

ランサー「戻って来い!」

そう呼びかけ、頭上に滞空していた槍がランサー目掛けて進む。

ランサー「っはぁぁ!」

その槍を苦も無く掴み、即座にルーラーに切りつける。

ルーラー「くっ!」

剣で受け、一度距離を取る。



ランサー >>下コンマ
ルーラー >>下2コンマ

ランサー 5、ルーラー 2
神々の加護:+1
判定:+14【勝利】



決着判定
9~5、令呪撤退
4~1、脱落
>>下コンマ 裁定者:+1





           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:\
            {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::ヘヾ,
           ∨:::::::::::::::::::::::::::〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧、::::::::::::::::::::::} リ
              }::::::::::::::::::::::::::::iV::::::i:::::、::::::::::::::::::::::::::::::iV::::::::i:::::::::::!
          ヾ==|::::::::::::::::::::::i::::| V::::i 、:::ヘヽ:::::::::::::::::::::::}ィi::::::::i:::::j::::::ヽ-ノ
           ノ:|!:::::::::::::::::::i::::{ ∨ハ \:ヘ \::i、::::::i::/,...|::::/i:::/``-'

          /| .N:::::::::::::::∧、ヘ ニヾf_¨¨`ヾ==キ!::::,ィテ /::/.// ∧
         / .ハ  ∧:::iヽ::::::∧.ィ´{示zテ`゙    j/ ̄´,'}リヾイ   i            っ! 逃げられたか……
        /    V  ヽ{: i,`ヽ、ヽ、  ̄´        l:.  八     .!
    ,. イ         V   \ヽヽ``ヾ           冫.イ-----t-z-イ
 , イ          }      .\ ヽ_     ,_-__ュ .イ/!     j i |
'´          /iヽ      .>x > .   /.//j |    / i .|             ―――ルーラーの姿は、忽然と消えていた。
          , イ  Vヽ、       |: :.| /: :7/j:j.//ノ<j} /://.j .|   ._
       /      .i:|ヽ    |___|,/イイ//i./ / /iヾ==イ'//| .|   / :>~ヽ,ィヘ      ―――令呪による、瞬間移動、それにより危機から脱した。
      /        ,i i_ \   .|ヽ__/////i.j / / |ト、 .| // i |  / イ . イ _, イ⌒i
---- 、 /         7ゝイ `ヽ、∧.l///////j .|' / .|.iヽ = イ i | | /        ノ !
     `ヽ、         ∪.||`ヽ、 ミr、//////j /´ /__.V .j   | | |ノ        ノヽ,ノ
       ヽ、 '、     ! ||    ̄ i |//////j.|  /// i l .l   | |./         }<



ランサー「……まあ、まずはマスターと合流しましょう」

前日見つけた合流地点にランサーは進む。

ランサー「しかし……まさか防がれるとは……」

光の雨で出来た穴は、ある地点には殆ど出来ていない。

ランサー「防御の宝具……それも、それなりの範囲か……」

無事な地点を目測で見極める。

ランサー「強敵だな……あの…………?」

そこで、ランサーは言葉に詰まる。

ランサー「……そう言えば、あのサーヴァント……なんのクラスなんだ……?」

先程まで戦っていたルーラーは、名乗らなかった……のではなく、ランサーが聞く耳を持たなかったのだが。

しかし、そこで思考を止め、まずは合流する為に走りだす。



.


と言う訳で主人公がまったく登場しなかった今回、ここまでです。

タイトルを回収できないのは、タイトルを回収しようとしないからである。

基本、今回色んな思惑が入り乱れたりしてます。混乱状態です。

きっと赤黒ルーラーの参加者の誰にも今の状況を殆ど把握出来て無いです。

皆も、読み返したりして整理してみよう!

次回! 『夜明け前より瑠璃色っす』 乞うご期待!

再開は18:00から。

おやすみなさい

1日目、昼



                  / _: !: : : : : : : : : :\: : : : : : : : : : : : : : : : :\ : : \: : :ー<三,
              /: /: : : |: : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : : : : : : : : : :\ : : : : : : : :/
                /: : !: : : :.゚: : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :\ : : : : : : : : : : i : ヽ : : : :<__
            /: :/:| : : : : :.:\: : : : : : : : : : : : :ト : :: :\ : : : : : : : :.| : : :}:.:.:..: : : <._
           /: :イ: :|: : : : : : : : \: : : : : : : :、: :ハ  > 、:.\: : : : : : ト、 : :!:.:.:.:.:.:.:.:./
              ̄  | : | : : : : : : : : : :.\ : : : : : }: : :.V ,ィ衍心:iヽ : : : : |:.:ヽ:|:.:.:i'" ̄
                 | : |/⌒ヽ.: : : : :! /__ 、: : : : |: : : :V {ハ::{}:r} ハ: : : : !:.:.:.:}:.:.:.:\
                 }: .:{     i: : : : \   ̄ヽ : }\: : }   ゝー' ´ i: : i: :!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            ノ.:.:.i    i:. : : :{,===ミ、 jノ!  ヽ|        ∧: |:.:.|:.:.:.{ ̄ ̄ ̄`
           ∠ イ:.|    |:.:.:. : i      |          /ノ}: !、:.Vヽ;ゝ          さて、いつ出かける!?
              {/{      !、:.:.:.: 、       ヽ         /:.:.:.j/:.:.:\{
                ハ    !:.:\:.:.:.\  ___ ....ィ  /!:.:.:.:.:.:iヽ:.:.:{
                    、   {:.:.:.:!:.:>ー≧  \___/ /./:.:.:.:.:.:.| \!
                  !     、:,ハ/!.:.:/|>   ー- /  ∧/⌒ヽ!              ―――ニコニコと笑いながら、唐突に尋ねてくる。
               /}      ヽ j;ノ |  > _/   /
              _ / 〈         i   |         {
           /:.:.:./-ヘ\       !_/|          ト、
           /:.:.:.:./   ̄ `ヽ_r―┴-、}           |  \            「……セイバー……」
          /:.:.:.::.:/          ヽ ̄   }、        |   \
       /:.:.:/:.:ノ  __          人\      |    \
        /:.:./:.:.:./   ̄ ` ー--     /}:.:.:\\            \__
     /:.:.::.:.:.:.〈              ー--┘|:.:.:.:.: \\/  \ r--――   >ノ\



貴方「待ってくれ……まだ日も高い……」

セイバー「大丈夫だ! ただ同じ陣営の仲間を探しに行くだけだ! 戦いはしないさ!」

……その返しを聴き、さらに顔が引きつる。

貴方「元気だな、セイバーは……」

セイバー「そうだ! マスターも見習ってもいいぞ!」

ニコニコと、セイバーは笑う。



行動安価
1、会話 ※セイバー、純愛
2、使い魔
3、索敵   (他陣営と接触する可能性があります)
4、探索   (同陣営と接触する可能性があります)
5、自由安価
>>下


貴方「……とりあえず、使い魔でも放つか」

セイバー「わかった! じゃあ暫く外を歩いてくる!」

そう言って、先日用意した現代の衣装に身を包む。

貴方「戦闘は避けろよ」

セイバー「わかっているさ」

にこやかに笑い、颯爽に立ち去る。

貴方「……さて、早速……」



使い魔判定
5以上で成功
>>下コンマ


マイナス補正忘れてたけど無問題だった。

陣営選択
1、黒
2、赤
3、ルーラー
>>下3までで一番高いコンマ


陣営選択
1、ランサー
2、アーチャー
3、ライダー
4、バーサーカー
5、キャスター
6、アサシン
>>下3までで一番高いコンマ


情報判定
98、居場所
7~4、マスター
32、クラス
1、???
>>下コンマ

___________________,,∧,,, ∧____________
                               ∨

             ......-―-......_
             ..:::::::::::::::::::::::::::::::::‐.._
          /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
        ,.::::::::":::::::::::::::::‐-:::::::::::::::::::::::\

         ,::::::;':::::::::::ト:ミ::::::::::::::::::ミ:::::::::::::::ヽ
          ’:::::::;:::::ヽ:::、  ≧x:::::::::::::\:::::::::::::::).、
        :::::::::::{:::\:ト:ゝィそノ \::::::::::::::::::::::::::::::\
       ::::::::从::\.:、        )トミ::::::::::::::::::::::::::::\
        i:{:::::::、::斥ゝ:\      i::::::\::::::>‐-ミ:::::::\
       {:i::::::::::仆り 、       i::::::::::::Y///////\:::::\
         从:::{::::从    ィノ   ヘ‐:::-::i:1/////////\:::::\
      , j{ 、:::::::::::>...  _/ li 、:::::::::i//////////ハ::::::::::、
        ’ .'∧\::::::::::::::::::::/   |! ト;::!::i///////i////∧::::::::::、
      ’ {   \:::::::::/     |! l ;:::::i///////ト////∧:::::::::ハ
     {   ;      ):ハ:|i       |! l i::!::i///////,/////∧:::::::::
        j     /::::/: |i  r - っ   リ:i:i///////|//////∧::::::::
            /::::::::::::|| // '',ィ   }:i///////|///////∧:::::::
         {   /:::::小::::ry     ィ!     i///////j,////////ム::::::
        , /::::/::j:::::ノ )   / |!    j/////////////////j::::::
       ’ :::::/::::,::://⌒) ノ). |!   i!//////////////////从::::
        乂::/::::::::/ゝ <  ̄ン  |! l////////人rvrvrvrvrv/}:::\
         ):`ゝ:::://////イ   |//////////ゝ辷辷スンス7:::::::::
     /  ,:::::::{ ////////  <////////////////////>〈:::\:::
   /    /:::::: {:::{////ィ≦///////////V////////>////ヘ:::::
      /::::::/ {::::ゝ=-( V/////////イ!i  V///>/////////ハ
       .:::::/  :::::::::::::f厂>=‐ T! !   !|   え///////////////,
      :::::/  i:::::::::::::::T    _」j┴ ¬j</////////////////j

________,,∧____  ,,∧___________________
                     ∨



貴方「……帰って来てたのか……ユーミ……」

使い魔越しに、愛しい存在の顔を確認する。

少しだけ、彼の表情が優しいものになる。

貴方「と言う事は、参加者の可能性が高い……いや、そうだと確定しても良いだろう」

思考を元の状態に戻し冷静に分析する。

貴方「問題は、赤か黒か……だな」



.

1日目、昼


陣営判定
0~6、黒の陣営
5~1、赤の陣営
>>下コンマ


陣営判定
9、セイバー
8、ランサー
76、アーチャー
54、ライダー
3、バーサーカー
2、キャスター
1、アサシン
>>下コンマ


状況判定
98、イベント
7~5、捕捉
4~2、何もなし
1、戦闘
>>下コンマ


陣営判定
9~7、黒の陣営
6~4、ルーラー
3~1、赤の陣営
>>下コンマ


陣営判定
98、セイバー
76、ランサー
5、アーチャー
4、ライダー
3、バーサーカー
2、キャスター
1、アサシン
>>下コンマ




        /   /       {i                ヘ     ',      っ、クルーからの伝令よ! マスター!
.       /   /        ヾ          }     ,   | !    ',
.       ,′  ,′    /           }   |    }  | i   、 ',
.       ,′   {      ,′  {       ,ハ _,.斗ャ '7 /    i  !   ′
.    イ /{  {   {  {    八{     r/7「厶r‐ぅ-ミ/    ,′ ! i  、 }       ―――部屋の扉を勢いよく開けながら入室する。
     /,ハ      ,   -─-_-ミ八   /リ '゚ {ト  ノリ ”ノ}  /   ! ヘ  \
     {{ ',  i    '  ヽン'7¨゙`'ト \从'   弋;r少   从/     !   )   丶、
        '. i    {\lハ{弋 rzリ        ´     イ    } ,ハ     ヽ
        ヽi   l八 ヘ   ' ¨´  ,            ノ  ,′ }`ヽ 〉   \  ',     「……はいはい、何がありましたか?」
          ヽ \`ト 、      `           /  /   八 i )    \}
          从  ノ ,ハ       <´_ ̄′   /      .イ  `Y ) `ヽ  ヽ
.           丿 /    ト .            〈   _,ノ=イ 乂  { 人    〉  )
            {/       丿 |l  .._     _,. :ヘ   \___」厶ハr=小、─-ト 、, jノ     ―――読んでいた本を閉じ、サーヴァントの報告に耳を傾ける。
         〈(    ( /  〈j   ,> r‐ ´  __\____   }レ' ト、 `¨´ リ{ し
            \    `ー┐ ヽ (  |厂 ̄       丿 __ノ`ー┘)`ー-‐'′乂
             `ー-ァ   /「 ̄\─- /        く 厶 -‐ "´ ̄`丶、´
             川/   /八   ヽ /   _,l二ニ彡'  \          \
            jK _,厶 -‐> rヒ{丁\<                     \      見つけたわ! 恐らく、赤の陣営よ!
              厶‐'\  // /介 、 \ `丶、    -─‐             ヽ
         /    / /  イ│| |\ 丶、  }ヽ                     l
        /     { レ'゛ /〃│l l  \  `¨ /     ヽ              |
          /       \/ /  ノ│ |ヽ  `ー--く       \             |



ユーミ「なるほどなるほど、やっぱりライダーは頼りになります」

微笑みながら、小さく拍手を送る。

ライダー「ふっふん! っま! 私のクルーなんだから、当然よね!」

胸を張り、それに応える。

ユーミ「それで、どのクラスでしょう」

ライダー「……あんまり強そうじゃなかったから、多分アサシンとかキャスターとかじゃない?」

曖昧な情報をマスターに渡す。

ユーミ「……わかりました、私もそのサーヴァントについて調査しましょう……マスターは、もしかして変な髪形でしたか?」

ライダー「…………いいえ、違うみたい」

それだけ聞くと、書斎の椅子から立ち上がる。

ユーミ「わかりました……さて、そろそろ夕方ですね……動き出しましょうか」

ゆっくりとした動きで、礼装を手に取る。



.

1日目、昼


陣営判定
9、セイバー
87、ランサー
65、アーチャー
4、ライダー
3、バーサーカー
2、キャスター
1、アサシン
>>下コンマ


状況判定
98、イベント
7、捕捉
6~3、なにもなし
21、戦闘
>>下コンマ





                  _`ゞヽ,.-―,.-

               , <//////////> 、
              ,.イ//////////////////\
           ー//////////////////////,ヽ

.             //////////////////////////ゝ、
           ////////!//////////////////∧       ……はははっ、結構いつも通りだねぇ
             '///////_l'/ハ/////ハ'/////////ハ
           '/////// l/ V'/// ーVlV//,l/////l
.          / イ,'r‐!/,{.-‐- 、 V//  _! ∨/l'////,!
          ´ .lハ :l/,lヽ     ヾ{  ´   ` V/lヽ///!    ―――学校の屋上で、霊体化しているライダーに話しかける。
            l/ヽ!/lヾ、     ,       V,'lノ/!ヾl
            '  ll/l             /,Vlヾ,!
                V!、  ヽ    ァ    ,イ//リ `
                 V.\          //V!          (……ええ、ですが……あまり派手な行動は……)
               _. l.\     '" lV  ヾ
                  /   !.    ̄    ,' \
               /.:::} /        {::j  ',
      _-―=ニニ/.:::;ノ .!        /   .ト._         うんうん、わかってるよライダー
     /ニニ二二二/イニ{.  ,ヽ  - _.厂ヽ   l二ニニ=-__
.    /ニニニニニニニニ\ ,   ./ ,   /\. !ニニニニニニヽ       彼、待ってたら面白い事やるらしいしねー
    'ニニニニニニニニ二l ヽ 、./ ./  /二ニニニニニニニニl
   'ニニ二'.ニニニニニニ二l  / ./  /ニニニニニニニニニニ!
.  lニ二二'.ニニニニニニ二l ', /  /ニニニニニニニニ/二ニニi
.   l二二二lニニ二二二二二l   /二二ニニニニニニ'二二ニニl
.   |二二二lニニニニニニニニl__/二二二ニニニニニニl二二二ニl



喜多原「それにしても……ははっ、自称魔王って……面白いよね、瑠璃って」

紙パックのジュースを飲み干し、小さく折りたたむ。

ライダー(……私は、あの男は信用出来ません……)

喜多原「っま、僕もだけどさ」

はははっ、と陽気に笑う。

喜多原「でもまあ皆、適当に見切りつけて裏切るんじゃない? 今回の大戦って、要するにそう言うことでしょ?」

不意に言い放ったその言葉は、ライダーを僅かに動揺させる。

ライダー(そ、そうですね……)

喜多原「あ、今失礼な事考えたでしょ……やれやれ、侮られすぎだなぁ……」

残念そうに、愉快そうに肩を落とす。

喜多原「さてと……それじゃあライダーに侮られないよう活躍しなくちゃなぁ、っと!」

そうからかいながら、屋上から教室に戻る。



.

1日目、昼、ルーラー



状況判定
98、イベント
7~5、捕捉
43、接触
21、何もなし
>>下コンマ


イベント判定
9~7、???
6~4、接触
3~1、戦闘
>>下コンマ


酉判定
1~6で選択
>>下3までで一番高いコンマ




        /,; ::::::::::; ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      /リ.::::/il:.:{::::ノノ.::::::ィ::{リ:;;r ;:::::;:;::::::::::::::::::::::::
     /イ:::〃.::::::::::::::/,;:リ:::::::/.:リ.:lリ,;ト州;;;;:::::::ト;::::

      ./〃.::::::::::::::::::::::::::::::::/.::/.l:::i!::|l   '''リl;li.';:::
        ,' i':::::::::::::::::::::/::/〃/.::〃,'.::l|:;'.}    .il:::::リ::
      /.::::;'.:::::::::::/.〃〃,'.:::/, ,'::::;'.リ.,' u  ||::::::::::    ……大丈夫か、ルーラー
        i:::::/.:ハ:::: iト、_' / l:::/ ,'.l::// '  _,.|;:::l:::i!:
        |::/l;' l::;::弋リlヽ, レ' _, .l リ'__,ィz≦zz‐l!|:|l::ll::
       リ' |! .!:l.l;:::l ̄ /   .l ̄、_l_ノ:ハ /.l:l.l:l|:/
          Ⅵ ';l',   }:       ̄ ̄   ` リ/                「え、ええ……令呪、助かりました」
             ヾ,  /              .,
                  ヽ `                  /ヽ
               \ヽ=-、       し  ,.イ
            ,...:':´:::..\`         ,.ィ/             すまない……俺が近くに居たら……
       _,..... ' ´.V.:::::::::::::::..丶、__,...ィ.::/    /
   /´       V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く   /




ルーラー「いえ、そんな事はありません……」

二義坂「……そうか……そうだ、一応完成したんだ」

ルーラー「ありがとうございます、これでここを拠点に行動できますね!」

朗らかに笑うが、その顔には負傷の影響が見え隠れしている。

二義坂「暫く休もう、その傷を直すまでは今回は身を隠すべきだ」

確かに裁定者ではあるが、しかしその裁定者が脱落するのは避けたい。

マスターの判断はある意味で正しかった。

ルーラー「ええ、そうですね……この傷を治さなければなりませんし……」

反論も特にルーラーからはなく、その意見に従う。




                       \ 从:;'{://   !/〈/
                     /  `ヽリ.、` ̄´ ,イ|{'´ ``丶、
                    〃,,,_    ヽ}`ー {:/ヾ,、-‐''"´
                       `≧ュ、<   /<-‐ヽ、
                      Y´ニ/>≧´i:i:i:i:ヽニミ}      ,i /,'{( 、

                          {!ニイニ/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}、ヽ}、     イ{/∥{/,'
                      /ノニニ/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i| \`く    /   ∠ア      ところがどっこい!
                      /ニニ/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!i:i:i:i:ヾ     {  /
                        /ニニ;イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∥ヽi:i:i:ム  /三≧、         休み無い闘争が君たちを待っている!
                     /ニニ/:i}i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{  ヽi:i:iム/i:i:i:i/
                  /ニニ/i:/|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:l、  ヽi:i:i:i:i:i/           さぁ! 裁定者達よ、今こそ立ち上がれ! 輝く勝利が待っている!
                    ,イニニニ/i:/ ノi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:<   \/、          _,,.、-'´ル"⌒
                    ,イニニニニ/i://i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iト、ム   |ニニ\          イニニア´
                  /ニニニニニ∥i∥/{i:i:i:i:i:i:i:/i:>ー-=ヽ>〉 |ニニニ;\       ヽニニ/´
              /ニニニニニ∥i:i{イ(!ー--、;イ´     }ィ´  |ニニニニ`ヽ、    ,ノニニニゝィ           ……いや、待ってるのは死、かなぁ!?
            /ニニニニニ{i:i:i}'  |    i}     |    |ニニニニニミ\≦ニニム,,.
           /ニニニニニニ{i:i:ム  |    ∥    ∥    |ニニニニニニニヽ、ニニ≧ュ,
         /ニニニニニニニト-イ、.|   ∥     ∥      ∨ニニニニニニニニヽ、ニニム ,,イ( _,,ィ_
          /ニニイニニニニニニニニ\jィ .|   ∥     ∥      .∨ニニニニニニニニニ≧=彡ニニニニ三ミe、
     ,イ´ニニ;イニニニニニニニニニ≧e、  j!      ∥      ∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニム、     ィ/ノ
   ,イニニニイニニニニニニニニニニニニヽ!    ∥       ∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ≧=ニ彡イ弌ヾ、,,.ノ

  /ニニニニニ/ニニニニニニニニニニニニニニ\   リ           ∨ニニニニニニニニニニニニニニニニ=ミ==ニニミ(
∠=‐-、ニニ/ニニニニニニニニニニニニニニア⌒> /、           ∨ニニニニニニニニニニニ彡==イ⌒ヾミニヾ、
{i(  ,ィニノニニニニニニニニニニニニニニニミ!   / /       ,ィ=ュ、∨ニニニニニニ彡"´ ̄ヾ´        弌ニミ三彡"⌒
 ヾ   7ニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ、´/}       ヽ    ∨ニニニニニ<               ノ〆

◇騎、槍、魔、ゆみ、ソード、ばさか



               ____

             .  ´ニニニニニニニ`¨¨¨¨ 、}ニニニニニニ. /ニ\
           /ニニニニニニニニニ _  -- 、ニ \ニニニニニ/ニニニ≧ュ  _
.          /ニニニニニニニ .  ´      \ニ `  、ー―‐ 、ニニニニニニ≧o。_r-- 、
          ′ニニニニ /. /        '..  ∨ニ .i|\ニニニニニニニニニニニニニニ\___
        /ニニニニニ/  /       '   ,ニニ j{ニ.\二ニニニニニニニニ 〈ニニニ\ニニニ\
.       , ニニニニニ .      /.  i|.  λ   ' ニ.j{ニニ \ニニニニニニニニニニニニニ\ニニニ〉
         \ニニニ   i|  、 ト /}  j{  ノ }i |  |iニ.j{ ァニニニ|>  _ニニニニニニニニニニニ <⌒´
     _  . ´  、.′{ i|  | 托笏     r笏 }   |iニ7/ニニニ7      >  _ニニニニニ、_ニニニ∨
 ≧ュ/ニ\ {ニニニニ\j{. 八 ヒツ    ヒツ ノ  |ニ /ー――.′        ` ニニニニ \ニニ./

 ニ/ニニニハニニニニニ `  _      '   ′/j{ニ/                   - 、ニニ.\イ
 二7にニ./  }ニニニニニニニニニニ`ー―  イ- ニ/.i|./                      \ニニ 〉
. ニ/ニニ/  ′ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ { .′                       `¨¨¨´     さぁ……やっちゃえ、バーサーカー!
  /ニニニ|i 八_ /  、ニニニニニニニニニニニニニニノ
.   ニニニト、―‐´ ̄ ̄\>-  _____ ≦
.   ニニニ|:.|        'ニニニニニニニ 7ニニニ'.
.   ニニニ|:.|       ..:.:}ニニニニニニ /ニニニニ|
   ̄∨ニ|/ 7 ̄ ̄ ̄`/ニニニニニニ.′ニニニ ′

  ニ {― ' /.     /ニニニニ_   ,  ュ≦/                ■■■■―――ッッ!!!
  ニ从  ./,    /ニニニ ≦ニニ /ニニ /
.  ニニ.}イ./_ イニニニニニニニニニ/ニニ./
  ニニ\ニ_.。s升`  . ニニ /ニニ〈
  ニニニ`  _ニニニニ∨ ニニニニ '.                                 ―――豪腕が、二人を襲う。

  ニニニニニ \ニニニ∨ニニニニ }
  ニニニニニニ \ニニニ'.ニニニニ〈
  ニニニニニニニ〈ニニニ、ニニニニ ` __
  _.ニニニニニニニ\ニニ \ニ.  ´  .:.:.....

  ニ}二ニニニニニニニ\ニニ ' .   .::.:.:.:.::.:.:.....、
  ニ\ニニニニニニニニ\ニニ , ..:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:...\
. ニニ.\ニニニニニニニニ\ニ. V ::.::.:. 、.:.:.:.:.:.:.::.:.:.\


◎ルーラー 筋力B 耐久B 敏捷A 魔力A 幸運C
◇バーサーカー 筋力C 耐久A 敏捷D 魔力E 幸運C


耐久 +15、-14で決着
敏捷差 発生
魔力差 発生


ルーラー
啓示 相手0を判定で無効
裁定者 補正+1
陣地 追加+1

バーサーカー
直感 1、2をそれぞれ一回ずつ4として計算
怪力 成功大以上で追加+1
宝石魔術 対魔力により無効
魔王 魔性菩薩により封印


負傷発生
判定:-6【不利】からスタート


ルーラー >>下コンマ 裁定者:+1
バーサーカー >>下2コンマ 敏捷差:-1

ルーラー 5、バーサーカー 5    ※魔王の補正発生してました。
魔力差:+1 陣地:+1
判定:-4【不利】



                     -‐=¬ -―…―-
                   /      |
             /       . -‐====‐- .  \
                   / x==ミ     (⌒) ┐ \         ッ、はぁ!
                  /{  〈/¨¨⌒ー‐      |:    ー┐
           /    /  /ゝ=-/     ̄ ̄ ̄\ 八    ∧
             /    /  /O  /    / /    \ \_/O
         /          ゚   ///ト/  //   } ノ{´  { o|     ―――バーサーカーの襲撃を、なんとか剣で払う。
           /   |_f「‐┘/│ r==トミ ./|   ノ },//⌒ヽ¦
      /  /    Y^Y ∨| :|  圦_爪`ヾ | :/「 ゝ'^{   ;
     /  /   /  八_ノ  八:|   \ン    |/:│0 /  / ./
    ⌒¨¨ア    /   〈∧〉 ! \       厶イ x≦ /〈/      「■■……■、■……!」
    ー=彡  -‐ァ   /    \’            〃厂 /{
      /  / /i/   ′  |\            〉' //〈
     /Y ∠   ´ /  /::.   |      -     .::/ |⌒´
   /   |/'^⌒ 厶イ   ∧  :ト.       ` ..:::::;   |          ―――地団太を踏み、バーサーカーは子供の様に拗ねる。
  /{ /^ー‐=ニ /└'f^Y ∧ |        ..< /   ,人
. /Y__,,.. -=ニニニニニニニ% \   .::≧o。o个./;   /\{
‐=ニニニニニニニニニニニ ∧〉≧==く}  ⌒^ 厶イ

ニニニニニニニニニニニニ∧〉⌒Y Y,〉=-
ニ^ir=ミニニニニ|ニ 〉〉ニr=ァ 〉  :}|  }|∨ニ=‐-
ニイ/ニニニニニ|ニ://r=く=\\ \rノ, }ト.ニニニ
=//ニニニニニニ/fア¨ニニ 丶.\ //ニ%ニ:/ニ
//ニニニニニニ//ニニニニニ=-\__/ニニニ%/ニニ
. ニニニニニニ//ァニニニニニ{{ニYニ}}ニニ∨ニニニ



ルーラー「……ッ」

しかし、衝撃自体は避けられずに膝が折れそうになる。

瑠璃「……ランサーとの戦闘で、結構参ってるみたいだねぇ」

いやらしく笑い、指を鳴らす。

バーサーカー「■?」

瑠璃「ボコボコにしちゃえ」

バーサーカー「■ッ!」

元気良く腕を上げ、ルーラーに突撃する。



ルーラー >>下コンマ 裁定者:魔王で相殺
バーサーカー >>下2コンマ 敏捷差:-1

ルーラー 4、バーサーカー 5
陣地:+1 魔力差:+1
判定:-3【拮抗】



                             _  -――   _
                          /ニニニニニニニニニニ `  .       .____
                         /ニニニニニニニニニニニニニニニ\  _ ュ≦ニニニニ \-  、
.                        /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ./ニニ\ニニニニニ\ニ\
                        ′ニニニニニニニニニニニニニニニ. /ニニニニ \ニニニニ .イ∨ニ\        ―――地力の差か、それともこの工房のせいか。バーサーカーは押される。
                        |ニニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニ.ノ-―  ¨-7/二ニ. \
                        |ニニニニニニニニニニニニニニニニ\ニニ _  ュ≦---------.\ニニニ∨\
                        |ニ / ̄ ̄ ̄ ̄    、ニニ /`¨¨¨.∨---------------`¨¨´ニニ ,ニ` .
                        ∧ .|      ,    \ /ニニニニニニ|---------- _   ュ≦ ̄ ̄ ̄ '.ニ∨
.                      。o≦八   ト、 /斗ャ=ミ   〉ニニニニニニ }--- _   ュ≦ニニニニニ′ニニ′ニ∨
                     /------ .ト、 八.}/  ヒヅ人. イニニニニニニ/---/ ヘニニニニニニニ.'. ニニ '.ニ}
      __            , ------- 八≧ー― ‐≦ニニニニニニニ. へ} 。o≦二. ’,ニニニニニニニ ,ニニ 八7     …………■! ■■!
     /--- ≧ュ _.       /----------∧ニニニ' .ニニニニニニニニ/  ′ニニニニ. ,ニニニニニニ.}i_ ュ≦ |i
.    /¨  _-- _/ ` __/----- _   ュ≦ト、_\ニニ. 、ニニニニ./ '.    '.ニニニニニ 'ニニニ _  ュ≦-7ニニ从
.     〈--------7--- /--------/ニニニニニニニ. i{ ' ニ /\.ニ/ニニニ ,   、ニニニニニ}i_  ュ≦------ /ニニ/ .′
   /. \_. -ァ‐ ′--/--------/ニニニニニニニニ 八__>{ニ'.`¨ニニニニニ 、   `¨¨¨¨¨¨¨¨¨----------/、ニ / ニ,
.   {---/_ イ------〈--------/ニニニニニニニニニニニ/--∧. , ニニニニニニ `  _八-----------_   ュ≦ニ. _/二7           ―――癇癪を起こした子供の様に、バーサーカーは腕を振るう。
   >¨ 〈---'.------′------ 、ニニニニニニニニニ/----ム i|ニニニニニニニニニニニハ---- _ 。s升ニニ_   ¨|ニニ}i
  ′--- 、---, ----- , ------- `ー―――<-------.ノ.7、ニニニニニニニニニ .′ \. ´____ ` f ¨二二ニ |ニニ八

 八__  ュ≦′-----'.-----------------------/ニ, ニ`   _ニニニニニニ{   /ニニニニニ|ニニニニ |. /
    。s升-、--- ,-----,------------------ .。s升ニ ′ニニニニニ ̄ ̄ニニ '.   l二ニニニニ. |ニニニニ /
   ´------ヽ_  '.----.′----------- _  ¨__    _ニニニニニニニニニニニ ,. 八ニニニニニ.|ニニ /
    、___.  ュ≦. - ,-----\-----_  ュ≦ 「.:.:.:.:.:/⌒r‐ 、 ` .ニニニニニニニニニ∨ `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´
      . ´八---.′-----`¨¨¨¨7    |. {.:.:.,     ' .:.:.:`:.:...   、ニニニニニニニ∨
     〈-----\-- 、------- /   八. /.      、:.:.:.:.:.:.>、 `  ____ 、

      ` __  ュ≦ー――<.      У― 、     \_ 〈  `   _____ ∨
                         /    \    /:∧         ∨ }
.                        /.       ,  /:.:.:.:.:.∧    _  ---  ., /
                       /        /`ー――.∧ /.       ′
.                      /.        /.         Y



瑠璃「……おいおい……自分のスキル忘れてるのかな……」

ポリポリと頭を掻きながら呟く。

瑠璃「っま、あのバーサーカーだしなぁ……っと」

背後に迫ってきた存在に気付き、振り返る。

二義坂「…………」

瑠璃「やぁ、こんにちわ……おいおい、仮にも日本人が人に銃を向けるなよ、お巡りさんに言っちゃうよ?」

二義坂「……俺がお巡りさんだよ!」

叫び、一発放つ。

瑠璃「おお怖、キレる若者だ」

難なく躱し、軽口を言う。



ルーラー >>下コンマ
バーサーカー >>下2コンマ 敏捷差:-1

ルーラー 10、バーサーカー 2
魔力差:+1
判定:+8【優勢】



二義坂「……!」

数瞬迷い、そして実行する。

二義坂「ルーラー! 時間を稼いでくれ!」

ルーラー「っ! はい!」

マスターの前にルーラーが立ち、バーサーカーの攻撃を悉く弾く。

そして、詠唱を始める。

「……我が心、未だ不帰」
「In the bottom of the water you are staying.」

そうすると、どこからか彼の声では無いものが混じる。

「故に我が居城、遂に果てる」
「The rapture is to my leader.」

ルーラーはマスターを守り続ける。

「我が身、未だ不癒」
「I will give this sacrifice.」

バーサーカー「■■■―――!!!」

「故に我が人生、やがて終わる」
「So Lord, give us salvation.」

ルーラー「はぁぁ!!」

バーサーカー「ッ!?」

旗でバーサーカーが吹き飛ばされる。



: : : : : : : : : : : : : : : : : ; ;_:_; : : : : : : : : : : : : : : : : : :._:.;;''".._:.::;;:':.:. ..        ..:...:..:::.:::;;:;:;';:
: : : : : : : : : : : : : : :_ :,.,.;::.:.;:'':':';:''":"´: :: : : : : :_,..:''""`..:.;:;:':::.:.. . .      ....:...:....:.';;..:.:'.';;:::.::
: : : : : : :_,.,.,;::;::.:::.:::;;:;:;:;:;':':':'"´: : : : : : : : : : : :..,;,:.:゙'"..:.:'.';;:.:;. :..      . . . ....:...:..:::.::;:;:;;';':':'
: :_,.,.,;::;::.:::.:::;;:;:;:;:;':':':'"´: : : : : : : : : : : : :..,;,:.:゙'"..:.:'.';;:.:;. :..      . . . ....:...:..:::.::;:;:;;';':':':'"´
"..:.:::;:;:::;';':::':'"´ : . : : . : : . : : . : : . : :...:.:'"..:.:;;:;.:. ..,._'     ....:...:...:.:.:::.:::.:::;:;:;':':':'"´: :.._;_:,.; ._,:..   「さあ、終われ……『果てた楽園』」
:'''´: : . : : : . : : . : : . : : . : : . : : .''""゙゙´_,.,.::;;;' : : .: : . :..:.:.:..::.::::::;;:;:;';:':':':'" : .__,.,;:"''':;';:::: .:::;'": : .
. : : . : : . : : . : : . : : . : : . : : . : :_.:_ _;::': . : :.  ....::.:::;;;:';':'':'"´: : `_,.,...::.':'"...:.:::;;:;:;';:;':';;:''"´.. : : .. :
. . . . . . . . . . . . . .__,.,:::;':;';'"` .. . ..:.:.:;:;;':':'"´ .  _.,..:''"、:.:::.:::;;:;:;';';':''':'"´. : . : . : . : . ::
 . . . . . . . . ._..,...;'"´...:.:.:::.:::;;:;:';':':':'"´. . . . .,.,.;'::':"".`""''''"´ . . . . . . : : . :

. . . . .    _,;::."'..:.:.:::.:::;;:;:;:;';::':':'"´ `´        . . . . . . . . . . . . . . . .. . . . ,.,:::
     ._,. :.':"...:.:::;:;';':':::':'"´                         ,, ,.,.;,;::::,:::::;''" ..:.::;':;
  _.....:;;:;:;::';::':':'"´                        .,_.,::;:':''"゙"゙゙'..:::::.::;::;:::;:::;:;';';:::';'::'''"
 ` ´ ...:.,.._                        .., . . .,;:;':"...:::::.;:;:';'"'''` .;:;'r-=´へ、;':'":'"  . .
::'".,:::;:':;''         ┌へ、        `゙"´ ´""''''""´     _,/ / ':..ヘ `.\、_
"´'"           _,/.::/.:::::;>‐''゙ ̄ ̄ハ .r─r--::;:-.:.、_:: ,<´_,::":/:':::::..`._..::;'".へ'´\/^
       _/`yヽ√\ヘヘ:/  ..:::. ...::/ ,::' ..ソ;:::;..i:.  . ::...` "_/へ.`ー-v::、,_...:,:_,/:/.:::     「Ready, Set Up, Go……『Sanctuary that floats』」
─'ー─´ー─----‐'ー-─'´ー-==;;:;'__,:::".::;';';:;';;;;;;;;;;;_ヾ.∠;;,,_:::__\:".::/'';;';';:;';;;;;;;;;';';

          rュ、.                 . . ..。.         . .. .^
   ^    。    ゚  .  . '   :   '',  ; ' '  ;  .     .     ;  .  ; ' :
.  . '  :     '    ,     ;   '     '      ;   .  .   '      :
    ::;__;;        ^   .    :.     ;    .  ;     ' :      ;    ~
  :;∠´... .. ̄\;,;,;::._; . '  :.......∠二ヽ.... .  ゚  .    '    ' ,  ; ^ : ;_;_:,.;_:_;_ :
  /´.::;:..\::.:、:...  <::.´ ̄`ヽ::.._ .    ' :  .     ;    ; ' :   _;∠,;;;;.:;::::;:、:;゙ヾ
/〉    ::.:ニ;;.. ,/ ̄\:::..ハ''´ .::::\.     ;  .  '   . ... .::.::;/べ;:::.::'.:. ̄ヾ::;:;;;,:;

,ノ.::.:::':::.:.:..;;.;;:;::.:./.::、:/´ ̄`\:-:ー:┴- 、 .     ;  .  ; ' :  .::/ .::;:.::::.:;:::::.;::':ヾ>ー-
:.:;:べ、___,,/ ̄`ヾ;:::.:..:;.:...::.:::;:.::/.:::.::......`ヽ::::::::..      r-、   .:└ヾ,;:::':::::;ィ;;;;;;;;:;;ツ::::::;;;;



.




空は雲に覆われ、視界は蜃気楼に覆われる。

砂に足をとられ、しかし雨がその砂を濡らす。

バーサーカー「…………■……?」

なにが起こったのか理解できず、そのまま立ち尽くすバーサーカー。

二義坂「……ルー、ラー! 行け、長くは持たない!」

固有結界に似せたものだが、しかし世界からの修正は同じ様に受ける。

……だからこそ、早めに決着を着けなくてはならない。



???判定
5以上で成功
>>下コンマ 魔王:+1 バーサーカー:+1




          /i、     ,ィ!
         // ヽ   /,イ|{
          //  ヽ_.//  }|
       //ィ≦:::::{i:::!/ミx、 ||

      マ∨.::::::::::::マ::リ:::::::ム}.|ィ      ……こまるなー

     /彡.::::i:::::::::::::マ:::::::::::::|リァ
     〈 リ{:::::::|::::::::::::::::::::}::::i::::}!ヽ、
     \从::::|:::;:::::::::::::::::|}:::}∥/       なーんで自分のスキルも上手く使えないサーヴァントなんか……
      {从:::i:::';::::::::::::::j:j:::/ィ

   _,,、、-┴┴………―≦,,_               あ、俺が無茶して呼ぼうとしたからか……あー、こまるなー
ィ≦ニニニニニニニニニニニ≧ュ_
 ``'<ニニニニニニニニニニニニ>
    `>ニニニニニニニニニ>´
   ,,イニニニニニニニニニヾ、           ―――溜息を吐きながら、指を鳴らす。

   {ニニニニニニニニニニニニ}
   〉ニニニニニニニニニニニニ{
  /ニニニニニニニニニニニニニ!
. /ニニニニニニニニニニニニニニ|




                                      ,、
                                      |.ヽ、

                     ,.、               ..|.  ヽ、
                     ', ヽ、         __    |.   ヽ
                      ',   ヽ、   , -‐ '::::::::::::::::::::ヽ、   ヽ
                      ',    ヽ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、.  ヽ

                       ',  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、.  ヽ、
                       >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',   i
                      /:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::,、:::::::::::::::::::::::::::::i  /
                     ./:::::::::::::::::::::::/i:::::::::::::::::::i i:::::::::::::::::::::::::::::::|.//

                     /::::::::::::::::::::::::リ |:::::::::::::::::::| ',::::::::::::::::::::::i::::::|/||
                     i:::/|::::::::::::::::/ |:::::::::::::::::/  ',::::::::::::::::::::|_, :|
                     |::| .|:::::::::::/  |:::::::::::/|/   ',:::::::::::::::/  ヽ
                     ヽ| |::::::::/ ヽ、|:::::::/ / , - ‐ ' ヽ:::::::::::|    .)
                      |:::::/::::. .弋ノ|::::/ /  , -‐ ' i:::::::::::|   /

                      |::/::::::::..  .|/     弋ノ |:::::::::/   /. . .         ,
               - ‐  ̄ ̄..|/ヽ、./ヽ  | 、       |/|/, -.‐ ': : : : : : : . . . . . : '
                    ヽ、 |: : : y三=.>  、   ,  //::/三三三三三三三/
                     ヽ、三=./  ヽ、  ̄  ./ / '∨三三三三三三/
                   / ̄ ゛‐-/    /゛ー .'     /三三三三三/

                ,-‐-/三 '/    .../: : : /ヽ、   /三三三三 <         バーサーカー!
            , -‐  ̄三三, '     , '三ヽ、 : ヽ、/  ./三三三三三三 ヽ
           /三三 ,  '      /三三三 ヽ、三三三三三三三三三三三ヽ
           /: :, - '        /三三三三三三ヽ/三三三三三三三三三三三i          宝具使っちゃえ、ここなら使っても問題無いよー!
          i: /         /三三三三三三三三i三三三三三三三三三三三ミ|
         //        /三三三三三三三三/三三三三三三三三三三三=..|
         .| ./       /三三三三三三 /: /三三三三三三三三三三三三三..|          ―――軽い調子で、そう命じる。
         ゛゛‐ - ‐ '   |三=.ヽ、三三=/三./三/三三三三三三三三三三三三ミ|
         |  |      .|三、三゛‐ - ‐三=/三.i三三三三三三三三三三三三三|







                  ___
                 ////////\
                、´//////////>
                |_//////_/ッ
                l_/ ̄\_|l‐ |  _
            __, 〔二、__/`‐‐二l r´|| ||          ―――命じられると、思い出したかの様にバーサーカーは笑う。
            |`-‐l / |/// |   ヽ |三ヽl .||
            | || .|/ l |///ヽ ヽ, '´三 > ヽ  ,'ー、
            /三ヽl__/∨///\´, ' / / /三三\
      ,―__,‐'`ヽヽ_ ヘ―| ヽ/////\_/\_/三 |―――\     __        ―――同時に、バーサーカーの周囲の固有結界が歪み始める。

    _..‐ ./三 /三`‐'// |_ ヽ/////ヽ三三\ '´ ヽ  、ヽ三三` 、_- ' ^ ヽ
   l /三三 |ヽ__,=メ三 /  〉;――  \三 |三三ヽ ' 、,'\三三`‐ 、_-'ヘ_
   /三三 /|  |三三三/、./l二[]二|//|\_|三三ヽ/ \ \_‐、三` 、l二|_
  / ヽ三 /三.|  |三三 / / ヘニTニ/'´/ヽ<三 、三_-' 、三三`-T´ ヽ ヽ三 ‐\\
 /三三ン'三三 <  |三 /三|////////////| \ Y´三 `、三三|三三三`、` 、  ヘ―l      『万■の■人■対す■■■』―――ッ!!
 |三三/三三三|  |三 /三 厂 ̄lフ―――,´  `ノヽ 三三三、三|三三三  \ `_二l__\
 \ /三三三三ヽ┴―´三|―‐|!个l――|      \三三三\_|_, ',|_,―_三 ヽヽ\/_

  `―――l三三三三``三|////`ヽミaニ|、       .\三三// //三 /\/_/三 | ヽ
        、三三三三`ソ |////三 |/`ミフヘ       .\ //、/__/三三\ \ [二
        ヽ三三三三 |////三 // |ヘユ          ̄´   ´  \三三三 >―‐|<       ―――猿叫じみた咆哮とともに、世界が揺れる。
         ヽ三三三三////三/|// |/ヾヽ                  \ /  /l
         ヽ三三三.l////三_ |///0|三ヾ\                   ^―\三 \
          ヽ_三三|///´ヘ_/ |///|―‐´彳                      `l―‐|
            `―|///_<>二|// |                           .L_|
              |//|三三|  |///|                            `
            | ̄´l二l`´、   |//.|
            |____|  l´二``|
             |////|   ヘ__./、_

              `| , \   |  ,、 |
               ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄



ルーラー >>下コンマ 擬似固有結界(暴走):-4
バーサーカー >>下2コンマ 敏捷差:-1

ルーラー 2、バーサーカー 6
判定:+3【拮抗】



                     / ;;;;;;;;;;;;./   /;;;;;;;;;;;;;;;;;./           /;;;;;;;;;;;;;;;;;/
                      ,./ ;;;;;;;;;;;;;./    /;;;;;;;;;;;;;;;;./         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;/         _.. -''゙
                    /;;;;;;;;;;;;;;/     /;;;;;;;;;;;;;;;;/゛           / ;;;;;;;;;;;;;;;;/     ._.. -''´;;;;;;;;;;;;
                   /;;;;;;;;;;;;;;/      ./;;;;;;;;;;;;;;;./         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;./   _..-''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_
                    / ;;;;;;;;;;;;;;/       /;;;;;;;;;;;;;;;./         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/_..-''´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_..-'"゛
                ,./ ;;;;;;;;;;;;;./           /;;;;;;;;;;;;;;;./         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.,..-'"´
               / ;;;;;;;;;;;;;;./         /;;;;;;;;;;;;;;./         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./;;;;;;;;;;;;.,..-''"
          ../ ;;;;;;;;;;;;;./             /;;;;;;;;;;;;;;;/         / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;./ ;;.,ン'"
         . / ;;;;;;;;;;;;; /           i|;;;;;;;;;;;;;;/        ,..〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;」-''´
        / ;;;;;;;;;;;;;./            l/l/l/l/′    ,..‐";;/丶;;;;;;;;;;;;;;;/

       / ;;;;;;;;;;;;;,i"                    _/゙;;;;;;;./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/        ―――雨雲を引き裂いて、縛っていた鎖を引きちぎり。
      / ;;;;;;;;;;;;./                    ,/゙;;;;;;;;;;;;./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./
     / ;;;;;;;;;;;;i/                      / ;;;;;;;;;;;;;;;_/丶;;;;;;;;;;;;;;;;/゛       ―――その触手は支配権を奪おうとする。
      /;;;;;;;;;;;;/                  ,/丶;;;;;;;;;;.ン'./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./
    l/l/l/l/′                  , '";;;;;;;;;;;;;;;,/゛ ,i";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/゛
                         ,,r'";;;;;;;;;;;;; /   / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./
                       _/;;;;;;;;;;;;;;,/    ,i";;;;;;;;;;;;;;;;;;;./
                   ,,r'";;;;;;;;;;;; /     / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./
                    ,/;;;;;;;;;;;;;./      〆l、_;;;;;;;;;;;;;;/゛                      /
               ..‐´;;;;;;;;;;;;,/         l/l/l/                       ,./ ;;;;
                /;;;;;;;;;;;;; /                                         ,,./ ;;;;;;;;;
               /;;;;;;;;;;;; /                                          ,ノ゙;;;;;;;;;;;;;;;;
          ,./ ;;;;;;;;;;;;,/                              _,,,,,,,...... ---一¬'フ";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
            厶.;;;;;;;;,./                   _,,,,,.. -一'''''''゙゙゙゙ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,
          ll/l/l/                 _,,.. --ー'''゙゙´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.,./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,/
                         < ̄´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;____,,,......---―‐;;l''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /
                          <;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__,,.... -一'''''''゙゙ ̄´       ,,./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,/
                       <___,,.. -ー''''"´                  ,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,/



二義坂「っが、うあぁぁぁぁぁぁ!!」

バーサーカーの宝具の発動とともに、マスターの体の内部からも支配権を奪おうとし始める。

ルーラー「ま、マスター!?」

突如自身のマスターの様子が急変した為に、急いで様子を窺う。

バーサーカー「■、■……■■■―――ッ!!」

また、バーサーカーの様子も大きく変わる。

先程までの可愛げはなくなり、ただの怪物の様に暴れだす。

瑠璃「あは、あはは、あははは、あははははっ! 試運転には最っっ高だねぇぇ! あっりがっとぉぉぉ!!」

いつに無く上機嫌に、いつも通り上機嫌に。ただ一人だけ変わらず笑い続ける。



ルーラー >>下コンマ 擬似固有結界(暴走):-4
バーサーカー >>下2コンマ 筋力差:+1

ルーラー 1、バーサーカー 7
魔力差:+1 怪力:-1
判定:-5【不利】



  ./                ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::/
/     ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/____            ■■■■……!!
     / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::厂三三三三下、_   ___
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \:::::::::::::::::::::::::::::::::/三三三三三三三弍/三三三=. ̄\

  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\:::::::::::::::::::::/ヽ三三三三三三三三\三三三三::::::::|
/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \:::::::::/::::イ三三三三三三三三三小、三三/::::::::::|
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \::::::::::::/三三三三三三三三三Ⅳ ./三ヲ':::::::::::::!  ―――豪腕は絶えず、ルーラーを襲う。
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \_{__ 三三三三三三三Ⅳ/三チ:::::::::::::/__
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : :\二二ニニl三三才 /三三I::::::::::/\ . ̄\  ―――先程までの拳とは段違いだった。
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \: : : : : ヽ: : : :\二ニニL三イ__/三三=I::::::::::|::::\{\   \
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : /              \: : : : |: : : : : |二二二二∨三三三1:::::::::|::::::::::\:\  \

: : : : : : : : : : : : : : : : :./                    \: : |: : : : :.|二二二ニ∨ヽ三==Ⅳ::::::::::|::::::::::::::::\}____>
: : : : : : : : : : : : : : :/                     \|: : : : :.|二二ニニ∨ ノ三=Ⅳ:::::::::::/::::::::::::::::::::/::::::::://
: : : : : : : : : : : : /                          \: : : |二ニニニ∨__|三=Ⅳ:::::::::::/、::::::::::::::::::/::::::::://
: : : : : : : : : :./                 |\ ヽ    |\   }: : :|ニニニニ∨//|三Ⅳ:::::::::::/__ \__ム:::::://
: : : : : : : :/                      ト、, \|\  \\」: : :| ̄ ̄ ̄///|三/:::::::::::/: : : \r===ミ彳/
: : : : : :/                        |イル/   l\ハ_} : : : /////////  ̄{ ̄ ̄´:::::::::::::::/ ̄:7:7 ̄7
: : : /  .i           \        |り'/.   ト::/ : : : : //// / ̄  .\|:::::::::::::::::::::::::/:::::::/:/:::::/
: : /\  .l        |\   .\      ._」´ムイ  ./:/: : : : : /////{         \::::::::::::::::::/:::::::/:/:::::/
: :.|::::::::\|      弋´ニ=`ー--チ ̄ ̄ ̄`  / Ⅵ//: : : : : ://////         .\__廴二_/_/
: :.|::::::::::::::\   ハ   \乂リノ         ∧/::/´: : : : : ://////
: : \::::::::::::::::\|  \  .ト、}        ,   / /: : : : : : : //////7
: : : : \:::::::::::::::::\  .\|\_         //: : : : : : : : ://// ̄



ルーラー「っぐぁ!」

剣で防いだが、それでも大きく後ろに下る。

二義坂「が、う、おぉぉ……っ!」

背後にいるマスターも、次第に息が浅く早くなっていく。

ルーラー「……っはぁぁぁ!!」

バーサーカー「■■ッ!!」

決死の攻防が続く。




ルーラー >>下コンマ 擬似固有結界(暴走):-3 敏捷差:-1
バーサーカー >>下2コンマ 筋力差:+1

ルーラー 1、バーサーカー 2
魔力差:+1
判定:-5【不利】



                    ,./
                   //.
                 / | .          ノ /|

                 /   | .      , -‐ ' / ./
              ./  ., -' ゛‐  ̄ ̄ < /   /
            /  , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  、  ./
            /  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::ヽ /
          /  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::i::::::ヽ
         ./  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::|.|::::::::ヽ
         |  i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ i::::::::::::::::| |:::::::::..i

         ヽ、|:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  |::::::::::::::/ |::::::::::::i

           > ̄ ̄i:::::::::::::::::::::/゛.-.、|:::::::::::/ __ |::::::::::::|        おーおー、粘る粘る
          /    /:::::::::::::::/ir.'ハ .|:::::::::/   |:::::::::::|
         ヽ―--リハ::::::::r  弋_ノ .|:::::::/r':::ハ' |::::::::::::|           どこまでいけるかなぁ、バーサーカーは

          '、  ノ i:::::::| /|    |/ 弋_ノ /::::::ハ::|--―‐ '
           '、   ヽ//...|      '   ./:ハ::|:.:.:.::|:.:.:.::.:/
            ゛i////////.|  、      ,'/∨|:.:.:.::.:.:.:./
             >///////.|    ヽ=ァ /:.:.|:.:.:.::|:.:.:.::.:.:/         ―――笑いながら、頭上から襲い掛かる触手を切り飛ばしていく・
           ///////////|゛ ‐ - ‐.':.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:/

           /////////////|   |/|.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.::.:../
          ヽ、///////////゛‐-、ヽ、, -‐ '/:.:.:./

            ヽ、/////////////ヽ、   /:.:.:./ |- 、
              >//////////////ヽ .'  i  >/ i
              >'///////////////ヽ、   |////ヽ
             ////////////////////////ヽ、//ヽ、

             >/////////////////////////ヽ///ヽ、
             |///////////////////////////'、///ヽ
             |////////////////////////////'、///ヽ



バーサーカー「■■ッ!!」

ルーラー「っきゃ!?」

受けた旗ごと後ろにとばされ、砂漠に転がる。

ルーラー「……強くなっている……!?」

先程と比べれば、確実に筋力も敏捷も強化されている。

……すでに、ルーラー以上に。

ルーラー「……はぁぁぁ!」

それでも、ルーラーは背後のマスターのために剣を振り上げる。



ルーラー >>下コンマ 擬似固有結界(暴走):-2 敏捷差:-1
バーサーカー >>下2コンマ 筋力差:+1

ルーラー 1、バーサーカー 2
魔力差:+1
判定:-5【拮抗】



                                  ''"⌒´ ㍉ 、
                              ´           ` ゙ ミ 、
                         /                   `゙ミ 、

                        ァ        ______            `゙、、
                   , -≠´   冫 /       `ヌ、            ミ──────────────
    ___ム二ーヘ-Vハ、κηγ/ /´フ//   , --- 、  〈.    ,、   、     ヾ_____________
    ハ`',//〈_ -――- 、゙T////´フ/  ´´ j!_彡イ冫/l 〉   ゙ー‐ ´ \  ゙:、     |_____________
.   { } |///|  _xクーミ;、Yー―ノ'       k.ツノ彳ノ'/ メ/          ミ:、 |       |
    弋ノ //.ァ朮´     刈ヾ  ム !  ノリ  | ∧ |ルリヘノ    /⌒ヽ、  }}  |       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.      ̄  ム        l| \ Vハ. /j!从, リ fiハ|ノ'|     /ヾ冫 ヾ |   l|  |       |
         j| j!   j! ! j!   ゙ミ、ァ´〃ハ!,彳 l 沁:.|       .゙ミ:、|ハ ,ハ!|   l| リ      |
         / ィl   .,イ }| j!    《/ ./∫| `¨´ノ'廴____彡'ルリハ卜|   l|       !  |
.        / //  // | |j!      {i .///∫ム      ,ハ! _____ノ'゙||   l|      ハ  リ
       ハ V.〈 ./マ l|iリ       |l/////, ヾハ  ,/.:    ´弋:::::癶  |l|   l| |   !, { /     はぁぁぁ!!
     /ミ、  `´ ゙zシ }      /////く   ハ ,、      `゙ ¨¨ ´´ ノリミ、/,ハ!、 |l ノ/
.    / /`゙℡_    /      {/ヾ///゙ミ、 ∧_゙`丶 _____...イ,、 ィ爻   |ハ八j´
    / /     ゙̄k/     ≠ミ////////`´//` ー ´//////////ミ:、´^.゙ミ豸  ノリ          ―――叫びながら突撃し、バーサーカーの懐に潜り込む。
.   / /____//       》//////////////////////////////ヾ ハ | / ノリ
  / イ´ ___  ̄l     《.///////////////////////////////}}´フ{{    ゙ミ、
. ム´   ,イ≠''" ̄≠气~ ̄^~》///////////////////////////////|lノ' ,ゞ ゝ  }}
  {i  ////////   》     《////////////////////////////////  {{  iリ  〃
.  ゙ミ//.///////  //  ァ  》/////////////////////////////   .{廴 ゙`  ゙⌒
.   ゙ミ.///////{{   //  冫  《///////////////////////////       ̄ ー
    ヾミ三三三三ソ  ヾ  》////////////////////////




バーサーカー「―――■ッ!」

しかし一度切りつけただけでさほど効いた様子は無い。

そして、バーサーカーは腕で閉じ込めようとする。

ルーラー「甘いっ!」

剣で右腕を切りつけ、容易にその拘束から抜け出す。



連続不利判定
0~7、ルーラー
6~1、バーサーカー
>>下コンマ


ルーラー判定
9~7、???
6~4、終了
3~1、令呪
>>下コンマ




              ト、
              | \      ヾ\
              i   ゝ____ノハ \
             ノイ        トi、 ヽ

.           イ             \ヽ
        イ                 ヽ ',

     ー=彡.                    ',ヽ、        ……おっと、そろそろ擬似固有結界が崩れるな……
       /                     ',. j
.      / /   i.          '.,      i. |
     / /    j            '.,     |. |       退き時かな? ちょうどいいし、バーサーカーもちょっと行き過ぎてるし
.    /ノ i |   / |   ./ ヽ       ',     |. |
      i i  /ゝi.   ;  ∨.    ハ ',    /i |
      /_ノi  j. i:::j',  j  __  | |_い⌒∨/∨
.     /ノ  | |}   ', i  i:::::::j  ,' i´ リ | /||     ―――空に出来た皹をみながら、そう呟く。
        | ハ  '  ヾ     {  ,'人   i/ l.i
       ノノ ヽ  、      | /\ヽ-イ/.  リ
           \__  ノ |ノ ノイ | /

.              フヽ ̄     |Vヾゝ              ここで殺せなかったのは厳しいけど、っまあ討伐令出されるよりはましか
             //,∠ヽ---------ノノ
.             ',i:',i : i : i : i : i : i : i/
             j/i〉i : i : i : i : i : i :i:',

            /i :/i : i : i : i : i : i : i :|      ―――言い聞かせるように自分を説得する。
.           ,.'i ,.'!: i : i : i : i : i : i : i :i|
.         /i /!: i : i : i : i : i : i : i : i |


瑠璃「バーサーカー! 止まれ!」

その一言で、バーサーカーは戦闘をやめる。

バーサーカー「■、■■■……」

錆び付いたブレーキのように、徐々に止まる。

瑠璃「さて、ルーラーのマスター君、固有結界を解除した前……死ぬよりは、マシだと思うよ?」

彼がそう言うと、すぐさま固有結界は消える。

瑠璃「それじゃあ、次は仲間でも探してみたらいいよ、じゃあね」

そう言い残し、その2人は去っていく。



.


そんな感じで今回はここまで。

バーサーカーの真名はもっと引っ張ると思います。(コンマで事故死する以外は)

次回! 『衛宮博士の以上な愛情っす』 乞うご期待!

再開は18:00から。

おやすみなさい

1日目、夜



                   ィ
               ,:  _ ./: '. :/          帰ったぞー
                /:!/: : : : : : './
              /: /: : : : : ; : '-―-          何も無い良い1日だった
            / : : : : : : : : : : :: : :`:ヽ、 _
            {: : /: : : : : : : : : : : : : : :  ̄/
.            ゝ: : : : : : : : : : : : : : : : :<
          l : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ` `    「楽しそうで良かったな」
          !: ;!: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
           ,':/ ゙:,: : : : : : : : : : : : .: __ー-`
            "  /:'ノ; : : : : : : : :、: :\
              '" " ''"'i'"ー''ヽ ー ` ̄       まあな、冒険はいつも俺の心を躍らせる
                l    !
               , ′    、
            _,.,-'`ー-   ___ -' ー , _       次は竜か巨人でも現れれば最高だ
        i´//////////////////////,゙!
        !//、/////////////////////!
          l'//∧'///////////////////,L
.         {'///∧////////////////////!       「……物騒だな」
          !////;//////////////////,'∧
       i'////l'////////////////'////∧

       !////,l!/////////////// V'///∧



セイバー「冗談だ、ここは平和が似合う良い街だ」

貴方「……そうだな、良い街だよ」

お互いに口角を上げる。

貴方「夕飯はどうする? また食べるか?」

セイバー「ああ! いただこう!」

威勢よく、テーブルにつく。



行動安価
1、会話 ※セイバー、純愛
2、使い魔
3、索敵   (他陣営と接触する可能性があります)
4、探索   (同陣営と接触する可能性があります)
5、接触 ※◆ライダー
6、自由安価
>>下


                   -‐::::: ̄ ̄:::::::‐‐

                   /::::::::::::::::へ::::::::::.:.: .:::::::..\
                   /:/ ::/ :.:.:.:.:. :.:.\ .:.:::::::::::::..:::ヽ
                  ,.'::::/::.... . . .... ...:.:.:.:::ヘ:.:.:::::::::::: :::..::::.
             /:::::;:':::::::::i::::::i::::::::i::::::::::ハ:::::::::::::: :::: :::::..
               ’:i::::|::::{:::::| ::::ト::::::ト::::\、|::::::::::: |:::::: ::::.      会いに来てくれたんですね……?
               ,’ i::::|::::{‐‐ト i:| 、:i-‐\-:|::::::::: i|:::::: :::::ト
           {i  |::八::rf斥xN  ゝrf弍ゝl::::::::::i|:::::: ::::::| `、
           i!  |::::::::ハ Vrツ    Vrツl:::::::::il::::::: .::: : |:::ト::、        お久し振りです

                  |::::::::∧""  ,     "" |:::::::::l:::::::: :::: : i::::|  \
                ∧:::::::込    _ ,    。イ::::::::i::::::::l ::: :i::::|   \
             ノ个:、/i::::::>...__ 。s≦z l:::::::::ト i::::l ::: :
              /::::::::/ ;:/{   {三三三7l::::::::l }:::l ::: i :::::i       ―――礼儀良く、少女は頭を下げる。
               /::::::::/// .{   {三三Ⅳ l::::::::|,=l:::ト::: :: : |
           /::::::::/:::::/       マニ/   |::::::::l l:::l 〉:| :::
            /::::::::/:::::/   乂  ,y  ,x≦l::::::::l l:::l i:| ::: l
           ,::::::::: ::::::/   ,,  ,ヾ介”    ::::::::l jリi  i:|V::        「ああ……帰って来てたんだな……
            ,':::::::: :::::::'   〉  /iiiハiiii〉    i:::::::l,     |:| V: :l
           ,::::::::/:::::;'   y  /ii/ i! V    |::::::li    从 }:: :l         本当に、久し振りだ」
        /:::::::/:::::::    ,'  ゝ  ii       |:::::ii       、:: :l
         /::/ :::::::∨    {       i!       |:::::{;      }:::::|
      /::/:  {::∨    {      i!      V::乂       i:::::|
       /::/::: 人:'     .,       i!       リ'     从::::i
     ,:::::::::::{  /      从      ji       / ..:    ,' {::: :i



貴方「……そろそろ、どいて欲しいな……」

馬乗りの姿勢で下から、少女が持つメスをトランプで防ぐ。

チリチリと金属同士が擦れ合い、火花が散る。

ユーミ「……さて、挨拶もおふざけもここまでにしますか」

立ち上がり、馬乗りの姿勢を解除する。

貴方「さて……用件は分かるか?」

ユーミ「はて……私が封印指定されたか、もしくは聖杯大戦のどちらでしょう」

貴方「後者だな」

なるほど、と小さく少女が頷く。

ユーミ「お互い、黒の陣営と考えて良いみたいですね……それで、どうします?」



行動安価
何をするか、何を言うか
>>下5までで候補


貴方「……何故そこまで嫌うんだ、毎度毎度殺されかけるのは疲れる」

こんなにアプローチしているのに、と続ける。

ユーミ「私にだって選ぶ権利はありますし、後は……当時の想い人を殺したせいですよ」

指を差し、はっきりと言い切る。

貴方「そうか……聖杯に願うのも視野に入れるべきだな……そうなると、お前も守りきらないとな」

ユーミ「……怖いですよ、そう言うの」

若干引き気味に、苦い顔をする。

ユーミ「もう! 私は愛歌ちゃんをちゃんと殺すのに忙しいんです! 構わないでください!」

貴方「……俺だってお前の事を思っているんだがなぁ……」

腕を組み俯く。

貴方「まあいい、とりあえず聖杯の為だ、情報と連絡先を交換しよう」

ユーミ「あ、わかりました、じゃあまずはお互いのサーヴァ―――」



          ,.. -‐ァ" ̄ ̄¨''''''''‐-...、

.          /      -=≪     ⌒`ヽ、
      / ̄ ̄          ヽ.       \
.    /       /{          \        `、       呼んだわね!
   /        ,'.               \.       ヘ
.  /       人\              ∨       ハ          私が最高のサーヴァント!
 /         \\.         ∨   ∨       i
 l     |   ,イ |.  \\       V    ∨      l     船長のア―――
 l     |.  /‐i-、.  \}   | l   |  }    ∨ l.    l
 レ'!.   l.  /.Ⅵ从.ヽ  ハ   | l   |  }.     i. ∨.  l
.   Ⅳ', i:∨iγf心ヽ.  i -―- .l..__ | ハ  i   l. ∨.  l     「ライダー、戻っていたんですか」
.     ', l   ! {{i刋 \. ‘, Ⅵハ从从/ . } j:   l. ノ.  \
..    Vム从 ゞタ.   \{γ"        },i/    l.(.     \
.      }/  ヽ   /    、    __   }.     l ∨.    )     ああうん、さっきね
.   ,イ     } ::{     `''冖'''"` ,イ     / Y ∨   (
.   /.      ノ.  _..._       /^ヽ./.   /ゝ } ノ.     Y
  {       ( \ ゝ__ >  _,,i:::::::::Y   /,' {  ∨ヽ    }     「どうでしたか、結果は」
   >─‐ 、..Y . ヽ   __,,./ j::::::::: } / / 八  } ノ.    八__ノ
  /:::::::::`ヽ\ i 从 ̄::::} ,..._l::::::::: j {_>'' ̄`ヽ>イV   ( ̄

  /::::::::::::::::_\:::} l'"/ ̄ ヾ:::::::::ノ.       }ヾ冂V 乂.  }      駄目ね! 皆引っ込み思案で困るわ!
 j:::::::::::/  ./ ̄"/ ::::::::::::::: \''"入-=<二) .ノイi::::::V  )ノ
 { :::: /     /::::::::/イ::::\::::::::::::: Y -‐'''':::::::: ̄フ''く´⌒ヾ '"      ……あら、見ない顔ね……だぁれ?
 i::::     ,'::::::: / ::::::::::::: \:::::::::゙、::::::::::: __ /::::::::::: ヽハ

 iλ     {::::::::::{ :::: \:::::::::::`、 ノ:: / ̄ ::::::::::::::::::::::::: ゙;
  ! ゙、.    ',::::::::',::::::::::::: `ヽ:::::::〉i'i",\、:::::::::::::::::::::::::::::::: !         「仇敵で黒の陣営の方です、今から情報を交換します」
  ゙;:: \   ゝ:::::::\`ミ、_:::::::У }.}.:: ',',:\ 、:::::::::::::::::::::::: }
  }::::::::`7''ー----‐‐<{{  ̄::: //:::::::',',:::::\:::、 :::::::::::::::: l

  {:::::::: /    /::::::::::::',{{__.//::::::::::::',',:::::::::\ ::::::::::::::: j     っそう、じゃあさっさとしましょう!



.

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:ライダー
┣━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━┓
  【真名】:???                 【属性】:混沌・善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━━━━━━━┳━━━━┻━━┳━━━━━━━┳━━━━━━━┓
  【筋】:E       【耐】:E       【敏】:C        【魔】:E        【運】:A++     【宝】:A
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【特徴】:英霊
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

                                   ,., -‐=ニ二ス__
                           ,., -=ニア             `丶
                        \ー=≠ニ二ア´               :._
                  \ `ー=ニこ>-‐―ァ〃                  `ヽ
                    ー=ニ二ア    /{/   /..:/⌒              : .
                 __彡    /{__/ / ...:∧   、____________,彡     :.
                      ノ{ {ニ=-[I[___,ノl i| .....:/___V   ¨¨¨¨¨¨¨´     `\
                  〃 /ノ/ノ ノ  ノ 八 .:/ (__,心X .::     .      「⌒
                     / (//⌒辷彡   Ⅴ ゞ_ツ丿冫.:      .:::      |
                        く{:. .(⌒ヽ     |    ∠二二ニ=イ.:::        |
                     人___ヽrく\____人       ,x=ミメ、         |
                   _,ノ⌒ヽ{ . \'く∧   ゝ _   〈_ツ )   .:   . :|
                 _/.................(\...\∧       ____彡 ァ  .:::  .: .: |
.         ___ .  -‐=ァ'「 ........................\)......`:う7ァァ―‐</  厶イ::::: . : . : /
-一 . . ¨. . ..:.:..:.:.:.:.::::::::::イ`寸=‐- .、............... (\.......\ \ : : : |  |......「 ̄{彡イ

. . . . . . . ..:.:..:.:.:.:.::::::::::/| | : : \    \____,....... \).........|__)x : |  |......|i  |
. . . . . ..:.:..:.:.:.:.::::::::::∠二ニニ二スノ⌒ヽ ⌒7^ヽ................................|  人....リ
. . .. ..:.:..:.:.:.:.::::::::::イ\ . :| | . :/:::∧     /. .: .`ー‐ァァr― `ミ辷彡、 Y   i
. :.:..:.:.:.:.::::::::::/.:| |:. : \|_|/::::::/:: :.    ′. . . . ..//. .`TT ヽ:.:...... . V __人

. .:..:.:.:.:.:::::∠二ニニ二ア¨´::::::::::/:::/ i   人 . . . .〈/.: . L}  :\:.:.......〉
.:.:.:.:.:::::/ ..:.:.::::::|_|/::::::::::::::::::::::::::::| ∠二≧=-: . .. . . . .___彡'> 〃
.:.:.:.:/. . .: .: .:./´::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ . . . . . . . . . . . . . . .  ̄¨~∧..././
.:∠二ニニニ≠ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/!. . . . . . . . . . . . . . . . . . . ∧ハ.∨
^こ二二ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...  . . . . . . . . . . . . . . . . . . /....∨ i
.:.:.:.:,,≠ヘ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i. . . . . . . . . . . . . . . . . ./....../.Ⅵ

>' "    \ : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} . . . . . . . . . . . . ./ ,′ .../.......|
          \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ノ . . . . . . . . ../∨ / :.i...../........八
           \::::::::::::::::::::::::::: .   . . . . . . . . / : ∨.:/,|. /...... /.:.:.:ヽ
           \::::::::::::::::: / . . . . . . . /  .::  V |/......../.:.:.:.:.:.:.\
            \__/ . . . . . . . . ∧   ,:.   〉 ハ..../.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...
                 /  . . . . . . . . . /,∧   /   / ' i¨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【クラススキル】
  ◆騎乗:D

  ◆対魔力:E

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【固有スキル】
  ◆嵐の航海者:B

  ◆戦闘続行:C

  ◆麗しの姫君:B

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫




                     /__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                , ':-‐........ ̄..... ‐- :::::::::::::::::::::::::::::.....、

                    〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...... "  _:::::::::::\
                    /:::::::: /::::::::::::/:::::::::::::::/:::/::::::::::::........"  、::::\
               /::::::::::::::::::::::l:/::::::イ::::::/i:::ハ::::::::::::i::::::::::> ヽ::ト\
                /::::::::::::::::::::::::l'::::::/ i::::/ ル  ::i::::::::i:::::::::|:::::::::::.、}  ヽ
                 /::::::::::::::::::::::::::l::::/ T:7''‐ミ  リi::::::::j:::::::::j:::::::::::;::   :i
            /:::::::::::::::::::::::::::::;:::' 弌t芳メヾ  j::::::ハ::::::::::::::::::/::j    i:
              /:::::::::::::::::::::::::::::::从  `     ノN/≧|:::::::::::::/::::'   リ        以上が、愛しく愛らしいライダーのステータスです
              .::::::::::::/:::{:::::::::::::: `、       ヒ芳刈::::::::::::::::/
          /:::::::::::::::::イ{::::::::::::::i           .:::::::::::::::::::/        可愛らしいステータスですね
           /::::::::::::/  |i::::::::::::::|    __  ´   人:::::::::::::::/
            /:::::::::∠    |:::::::::::::::ト    `    イ:::::::::::::::::::/
           .:/  ̄⌒   :::::::::::::::|=-≧o。 <:::ノ}::::::::::::::::::/            「……なるほど、得意な戦術は?」
        , ⌒ <    ヽ i::::::::::::::l\三7 /  )  i:::::::::::::::/
       / _   ヽ      |i::::::::::::l  \ / / j i!::::::::::::/
      ⌒ ミ          li:::::::::::l     Y   ヘ j::::::::::::/          陸でもある程度いけますが、海の方が真価を発揮できます
     ,;i      \  :..   li:::::::::::ト、   j    :::::::::::/
     i          ::.  li::i::::::::l  /个\  i:::::::::
    /:::|         V    ルi::::::|  《 仆、 》  i:::::::∧
    /:::::|         V    リ::::::|   ノルヘ  :::::::;'  ,
   ,':::::::i                }::::l    i     {::::::i   ’
  .:::::::::j          i{      }::::l     i    {::::::i  ∧



ユーミ「それと、他のサーヴァントの情報です」

ステータスが書かれた羊皮紙を手渡す。

貴方「……ありがたいな」

ユーミ「勝つためですからね、嫌々です」

どこか棘のある言い方をする。

ユーミ「セイバーの力は今のライダーには必要ですからね……はぁ」

嫌そうな顔をして、溜息を吐く。

ライダー「そうね! 新しいクルーにしてあげる!」

セイバー「ははは! この時代で最初の仲間だな! 臣下の席を用意しよう!」

……互いの視線が鋭いものになる。

ユーミ「…………」

貴方「…………」

ユーミ「……さて、それじゃあいったん帰ってください」

二人の喧嘩の観戦を打ち切り、そう告げる。

貴方「あ、ああ……セイバー、帰ろう」



.

1日目、夜



陣営判定
0~6、黒の陣営
5~1、赤の陣営
>>下コンマ


クラス判定
98、セイバー
76、ランサー
5、アーチャー
4、ライダー
3、バーサーカー
2、キャスター
1、アサシン
>>下コンマ


状況判定
9~7、イベント
6~4、接触
3~1、戦闘
>>下コンマ


特殊判定
9~7、接触 good
6~4、戦闘
3~1、接触 bad
>>下コンマ




                        ____
                    . . :´ : : : : : : : : `: .、
                  /: : : : : : : : : : : : : : : : : .、
                  /: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : \
                /: : : : : : : : : : : : : : :./:/ :/: : :!: : : :\
                 /: : : : : : : : :/: /: : : : i:.l:l:.l: : l :!: :、: : : :..      ……っほーう、なるほどねぇ
.               /: : : : : : : : :/: :.!: : :/l/l:.l:!:.!: :.l: !: : l: : : : :..
             /: : : : : : : : : l: : :l :弋tォ、从:l: : l: !: : l: : : : :..!     聖杯大戦ね……随分面白そうだな

              /: : : : : : : : : : !: : :!: :l `¨   ヽ://: :./: : :l: : :i
               /: : : : : : : i: : : :l: : :ト、:! -====l/リ}//: : : :l: :l !       なぁ、アサシン
.              /: : : : : : : :/: : :/l: : :l ヽ.     ' У/: : : :/l: :l !
             /: : : : : : : :/: : :/_.l: : :|    ´ `ヽ /イ: : : :/ 从:/
.            /: : : : : : : :/: : :/  l: : :|\    /| /!: : :/: :{ ノ      ―――何も無い空間に、そう話しかける。
           /: :r--―<:_:_ノ\ !: : :!〉ヘl>イ: : ノ': l: : l: :/l
.          /: :/ニニニヽニ≧.、  !: : l'_}!__}/: : : : ∧: :l:/: l
         /: :/二二ニニハニニニ\ヽ: !\{{ \--、_!__!:./∧:ヽ              「……ええ、14騎のサーヴァントの戦争です
.        /: : iニニニニニ∧ニニニ>!!--.≧、 \≧、./:/、 \:\
        /: : :/ニニニニニニ∧ニニニニl:!<ニニニ≧、ヽ /:/、_ハ  ヽ: :Y            貴女を、この赤の陣営に引き込みに来たんです」
.       /: :/!ニニニニニニニヘニ∧ニ!lニニニ≧ー---(:(/ニ}\/: /
    /:/: :/ニニニニニニニニ/: r、ソニニニニニニニl≦`)ゝニ≧、:\r、
   /: :/ {: : }ニニニニニニニ/ニ!:/ニニニニニニ/二二ニニニ≧=-、            ほうほう、あたしを? あんたが?
.  〈: :〈   ヽ:.!二二ニニニニ/二l:{ニニニニニニ/ニニニニニニニニハ
   ヽ: ヽ /:仁二ニニニニ/ニニゝ二二二二二/二二ニニニニニニニ!             はは! あんたみたいな色男に言われると照れるねぇ
  /{ ∨∨: 仁ニニニニニ∧二二二二ニニニ/ニニニニニニニニニニ!

. /: :ー!: :i/.仁二二二二/ニ\二二ニニニニ/二二ニニニニニニニニリ
 {: : : .r!: :l /ニニニニニ∧二二\ニニニニ/二二二二ニニニニニニ/
 {: : ./ ∨/二ニニニニ/.: :\二二≧==--{---====ニニ二二二二二/
 {: :/  .l/二ニニニニ/: : : : : ヽニニニニニlニニニニニニニニニニノ!



碓氷「あははは、ありがとうございます」

温和な態度で、そう受け応える。

戦辺「それで、なんであんたが聖杯を願うのさ、歌って踊るほうが似合ってると思うけどねぇ」

碓氷「……俺も、ちょっとした興味本位ですよ」

少しだけ間を置き、少しだけ微笑む。

戦辺「あはは! 火遊びも大概にしときな……んで? なんだっけ、話しって」

大きく笑い、そして惚けた様に聞きなおす。

碓氷「…………俺達がいる赤の陣営に、貴女を戦力として迎えたい」



思考判定
5以上で成功
>>下コンマ アイドル:+2 漢女:-2


戦辺「いいよ、面白そうだし」

以外に呆気なく快諾する。

碓氷「ありがとうございます」

深く頭を下げ、椅子から立ち上がる。

戦辺「……ちょっと、印象変わったよ」

碓氷「え……?」

振り返り、間が抜けた声で返事をする。

戦辺「うんうん、アイドルってそんなもんかねぇ……大変そうだ」



                ______
           _.. -=:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.=-
         . :´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶

        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ     えっと……それは……?
      , '.:.:.:.:.:.:.:.:.:/i:.:.:.:.:.:.:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
     /.:,'.:.:.:.:.:.:.:.:/ i.:.:.:.:.:.:.:./ .V:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`

     / ,'.:.:.:.:.:.:.:.:,′ i.:.:./i:.:/ー‐-V:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i    ―――笑顔は崩さず、彼女に尋ねる。
.       i.:.:.:.!.:.:i.:.:イ⌒ i.:,' .i.:.j     V.i、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
     i.:.:.:,.i.:.:.i:.:.i  i,'  i.,'  ィ=f=ミト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
     {.:,' .i.:.:Ⅳi fT:fY }     弋汐 i:.:.:.:.:.:.:∧.:.:.:!             「あん? いや、演技って大変だなって」
     i/   i:.:.:.N ` ¨’ j       i:.:.:.:.:./ム }:.:.!
     }    ゝ:.:.:!     ヽ         i:./.:/_ノ_ノ/
         ヽ:.:,          u }ハ/〃:.:./                   …………
          ヽiゝ.   ⌒ヽ  ⊂孑=≒∧{

              、       /_,..-''""/
              \ __,,...'''": : : : : : : : 〉               ―――何も応えず、続きを聞く。

           r-‐'''""~: : : : : : : : : : : : : : ノー――
       イ~""'''‐ヽ: : : : : : : : :__,,.. -‐'''""~/::::::::/  \
      /{:::::::::::::/: : : : _,,.-‐''": : : : : : : /::::::::::/     丶      「っま、頑張りなよ、ちょっとだけ応援してるから」
     / i:::::::::::::\: : : : : : : : : _,,.-‐''"/::::::::::::/   ┌┐ i

.     /  i:::::::::::::::::\: : : /: : : : : : :/::::::::::::/i    || i
    /   イ::::::::::::::::::::::::`/ : : : : : : : /::::::::::::::{::{    || {     ……ありがとうごさいます
.   /    i::i::::::::/ ̄ ̄〈 : : : : : : : :{ ̄\:::::i::::ヽ  || i



.

3日目、夜


クラス判定
9、セイバー
87、ランサー
65、アーチャー
4、ライダー
3、バーサーカー
2、キャスター
1、アサシン
>>下コンマ


状況判定
9~7、イベント
6~3、捕捉
21、戦闘
>>下コンマ


陣営判定
9~7、赤の陣営
6~4、ルーラー
3~1、黒の陣営
>>下コンマ


クラス判定
98、セイバー
76、ランサー
5、アーチャー
4、ライダー
3、バーサーカー
2、キャスター
1、アサシン
>>下コンマ



                 .  --―…―--  .
             > ´             `  、        _
.   r 一=ァ ,ァー-, ´                    ヽ-‐ 7/,、¨、///7,Y
   !,'/// ////'                          ` '////ヘ ヽ///,'
,    V/,' ///'       /       ,     , く       ` ///ハ. '///      ふふ! 見えたわ、マスター!
.    V,!.j// ィ''´      ィ     ,. * ''/ _. * ''"   ヽ     ヽ///, '//'
      '{ {'〆/     / { ,. * ''"´    ̄         ',      ' //,i i'/   キャスターみたいだわ!
. iゝ、  V//     /  ´                       V/,l./
 ! ` 。. ∨     ,'                    i      ∨/
  マ.   ̄i      i   、                 ,  !       V      「……ほう、お前と同じクラスか」
.   \  〃    、.l  ,..≧=-ミ        >=_≠ミ.、l ,        !
    ` /     \〃γ:::¨::ヽ\     /γ::::::::ヽ ヾl.ノ      l
      i         {i  {:::::O:::::}        {::::::O:::::} ,}         !    でもでも、わたしの方が凄いわ!
     !  .!    人 乂:::_::ノ           乂:::_:::ノ ノ        !
.        ',     ヘ  ー== ''         ` ==≠'' /        !
      ',  !\   ヽ                     /    /     l      「ああ、そうだな……そうだろうよ
      \ ! }> _  \                   ∠ィ  /      {
        l ` !     T ¨     、    ,     / //       V       陣地はどうだ? どれくらい出来ている?」
        j  ,'      \     _ー一_    ̄/ ./          V
       ∥ ,     ,.. -==ニ三三三三三三三ニ=-/       /  V
       ,' ./  Y 三三三三三三三三三三三三 /          /   V       ……ううん、と……まだみたいだわ!
      / /   'ニ Y´ ̄`):ニ三三三三三ニ:(´¨/        /    i
      /     '三!   く三三三三三三三ニ>'           /      }
.     /       'ニ!    ` <ニ三三三ニ> ´ {         {       i
    /  >-‐=ニ三(      ,)ニ三三ニ(    !         l       /



そうキャスターからの報告を聞き、起き上がる。

オヴァイア「……やっと一騎か……長かったな」

キャスター「まーねー、結構反応が弱かったし……弱いサーヴァントか、隠れられるスキルとかもっているのかしら?」

そのキャスターの疑問に、少しだけ思案する。

オヴァイア「いや、それは無いだろう」

キャスター「どうして?」

純粋な疑問に対し、オヴァイアは一本指を立てる。

オヴァイヤ「隠れた結果見つけられた、今回は工夫事態は少ない使い魔での索敵……偶然見つかったと思うぞ」

その答えに、キャスターも少し考える。

キャスター「……ふむふむ、確かに! そうね、じゃあただただ弱いだけなのね」

オヴァイア「ああ……だが油断するなよ、代わりに何を隠し持っているか分からんからな」

キャスター「おっけー! わかったわ!」

軽い調子で、二人の会話は続く。



.

1日目、夜、ルーラー



状況判定
98、イベント
7~5、捕捉
43、接触
21、何もなし
>>下コンマ


イベント判定
9~7、ルーラー
6~4、接触 good
3~1、???
>>下コンマ



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::| ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::Ⅳ:::::ミ、:::::::::|  マ::::::::::::i:::::::::|i|::::::|:::::::::::::::::\
::::::::::∨:::::::::::|::::::::::::| ∨::ハ マ:::::|   ∨:::::::i|:::::::::|i|:::::i|:::::::::::|::::::::ヽ ̄
::::::::::::∨:::::::::ト、:::::::::ト、∨リ ヽ::{.   ∨::::ハ::::::::|i|:::::|ト、:::::::|:::::::::ハ       ……よし、何とか制限の一部を取り除いたぞ
:::::::::x-∨:::::::| \::::|  下辷_`   ∨:::ハ:::::::|i|:::::|| マ:::|::::::::{::ハ
::::::/  ∨:::::|   ヾ{ , -‐=≡二ミfx. \ハ::::从::::||  |:::|:::::|::|::::ハ        どうだ、どこか変わった様子はあるか?
:::/     ∨:::|    イ  ヽ:::::`ヽ  ヽ\   レ´ ヽ八. ',リi::::|::|::::::ハ
/      ∨:{  ゝ.  廴丿:::::::::}           xf==ァ/:i|::::|::| 人 `
    γ  へ{       乂:::::::::::ノ          イ _メリ 从i|::::|八      「……そうですね……サーヴァントの気配が、以前よりは分かりやすい気がします」
',    i  {           ̄              辷::ソ /人八リ
∧    }                      /    /
:::::`ー-=イ                   ',   /              そうか、それは良かった!

;;::::::::::::/ |                       /   /
ヽ;;:::::/   ,          、 _         /                 この調子で、令呪も取り戻せればいいんだが……
.  ∨     \       \ _    ̄ ア  /
   }.二≡==\              ̄  /
¨ ̄        \          イ
              \     _  ´
--=二三 ̄  ー=二`ー一  \

               ̄  ̄ ¨≒ー= _
                          ̄三二≡==‐- 、



ルーラー「……かなり厳重な妨害が掛けられてありますからね……」

二義坂「ああ、まったくだな……俺でも解除出来るかどうか……」

腕を組みながら、2人は顔を俯かせる。

二義坂「ま、まあ! これで奇襲を受けるのも防げるな!」

ルーラー「そ、そうですね! この調子でどんどん頑張りましょう!」

無理に2人は明るく振舞う。

二義坂「じゃあ……次は真名看破あたりか……」

ルーラー「ええ、それは重要ですからね」

お互いに意見をすり合わせ、早速ルーラーに掛かっている制限を解除する作業を始める。


.


展開が遅いよ! システムが悪いよ! なんだよ1日目が終わるまで四日って!

※意訳:システムを改善します、行くら何でも遅すぎでした。

あと、イベント判定に出て来るグッド・バッドは基本現在の貴方から見たら、と言う感じです。

つまりさっきのグッドは、もしかすると接触してきたのが黒の誰かだったかも知れないという事です。

次回は18:00から。

おやすみなさい


ルーラー動きすぎじゃない?必ず行動しなくていいと思う
例えば黒赤の中のどの陣営が動くかの判定にルーラー組み込むとか

12セイバー
3ランサー
4アーチャー
5ライダー
6キャスター
7バーサーカー
8アサシン
9ルーラー
みたいな


>>727 はい、採用!

>>1氏、ターキーと鶏肉を間違える

荒らしその1「ターキーは鶏肉の丸焼きじゃなくて七面鳥の肉なんだが・・・・」

信者(荒らしその2)「じゃあターキーは鳥じゃ無いのか?
ターキーは鳥なんだから鶏肉でいいんだよ
いちいちターキー肉って言うのか?
鳥なんだから鶏肉だろ?自分が世界共通のルールだとかでも勘違いしてんのかよ」

鶏肉(とりにく、けいにく)とは、キジ科のニワトリの食肉のこと。
Wikipedia「鶏肉」より一部抜粋

信者「 慌ててウィキペディア先生に頼る知的障害者ちゃんマジワンパターンw
んな明確な区別はねえよご苦労様。
とりあえず鏡見てから自分の書き込み声に出して読んでみな、それでも自分の言動の異常性と矛盾が分からないならママに聞いて来いよw」

こんな可愛い信者が見れるのはこのスレだけ!
ハート「チェイス、そこのチキンを取ってくれ」  【仮面ライダードライブSS】
ハート「チェイス、そこのチキンを取ってくれ」  【仮面ライダードライブSS】 - SSまとめ速報
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1450628050/)

2日目、朝



  ヘ ヘ       ヘ /                i      i.  Y ./ /
   ヘ ~`=-、_    /       ,       |.  i  ハ.ハ ノ, ' /
    > 、   フ'    ..::   /::   /     i   i  ハ V __,/    ……おはよう、セイバー
~~~~~    `=/    .:::::   / !::   /::.    /:.  /::.  / ハ
、        /   ...:_,:::: , <_/:, ='~゙、:::.   /ヽ::./-、: /::.. ` 、_
 ` 、____./   _, iイ`>-='   ' ~~~~` .i:::  /~~i/ /::/:::::::::. `=='     「ん、ああ……起きたか」
   / _, -,==== `、、`' .`=、_____ノ / /_____ノ/`=--='`=、 \

 , '=' ~  / .::::::::::::,>、_`    ̄ ̄  ' .i   ̄r'i!'./
  _, -='.....:::::::_, イ.::::::::i.、        i  ∥ ./ ハ    ああ……さて、2日目か

.='~------- ' ./ .::::::::, i .ヘ        '  ∥,イ、  ヘ 
       /..::::::/i:i  ` 、   r_=,.  /i  `=、 ヘ
      /-= ' ~ / .i  i   ` 、    /` 、ヘ     `          「ああ、2日目だな」
             i  .i.    `=='/
         , -==,.'  ハ      ./-- 、
、_  _,,.. -===、'~  <'    ヘ      i `=、 ~`=- 、___          ―――確認するように、互いに口に出す。
、 ヽ ヽ ヽ .ハ   ` 、    `    |  ,!     i  `i~~~`=-、__



貴方「……さて、どうするかな」

セイバー「他の黒の連中も集めたいな、赤の奴等に潰されるのは避けたい」

そうセイバーが言うと、目を輝かせる。

セイバー「ははは! 楽しみだな! これは普通の戦争では得られん経験だ!」

少年のように自分のマスターに迫る。

貴方「そうだな……まずは合流を目指すか」



行動安価
1、会話 ※セイバー、純愛
2、使い魔
3、索敵
4、探索
5、自由安価
>>下




  <: : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : : : :.\.:.`.‐-. 、_/:.:.:.:.:.:/
   \: : : : : : : \:.:.:.:.: :\:.: : : : : : : : :.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/-――――――ァ    ―――昼食を済ませ、立ち上がる。

    /:ヽ : : :丶、: :\:.:.:.:.__\.:.:.:.:.:.: : : : : :\ __:/: :_: : : :__,ィ'/
   /: : : ヽ: : :.:.:.:.:._: \ィぅへ\`‐┬-:.:.:.:.: :\--―――――_,´-‐'´
  〈: : : : i: :.\.::.:.:.:{ ,イ ̄{-ィ::ソ ヽ、 |:「二`‐:,_\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<___       ……さて、行くか
  ヽ: : ::ヽ、:.ト\:.:|  ヽz‐イ|{フ    リ b }/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:./
    \: :.:ト弋タノヾ    「「  __ イ_.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:/        攻撃的な奴じゃないと良いけどな……
     }\|ヽ \     ヾヽ「     ̄ ‐- 、:.:.:.\.:.:.:\

     /: :.:.∧      _,  `.|i   〃ニニ 、  ヽ、:\-―`
.    /: :.:/  ヽ   ‐'´,    ||  //   i: :ヽi    `i            「その時は俺が倒してやろう!」
   /:.:/    \       ||  { {ヽ-': : : }}三==-ト
.  //       \      /||  ヾ、: :: : :〃  ̄ ̄|ノ
        , -‐ィ'´  ̄ ̄ ̄`ヽ|| _` ニニ〃     |                ……同じ陣営なんだから、手加減はしてくれよ……
      /:   }  . : : : : : : : : \ ヽ \ -――、」
     /  `ー'´ . : : : : : : : : : : :. } i  { i  ‐=<ヵ

     / . . . . . .. : : : : : : : : : : : : //   ヽ\  ` 、 \



セイバー「ああ、わかった! じゃあ早速行くぞ!」

貴方「……そうだな、行くか」

二人で、朝の街へ歩いていく。



探索判定
5以上で成功
>>下コンマ 日中:-1




                           r:'": : ; : ': : : : : : : : : : :_: : : : '-. . _
                           l: : :i': : : : : : : : : : : : : : :--: : :_: : : : `: :ー―: :''". .-‐ァ
                    ,. ‐: :┘: : : : : : : : : :―-: : : : : : ̄:ヽ:`: : 、: : : : : : : : : : /
                     , :': : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : ̄: :ヽ: : :\: : : `:.、: : : :,: ''"
                /;.:./: : ; : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : <

                     /: :/: : : /: : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : ヽ: : : :ヾ`
                 -=ニ: : :,.': : : :.; ': : : : : : : : : : : :, ': :.l : : : : : : : : :! : : : : : : : : :゙:
            _    , .': : : :./: : : l : : : : : : : : /: : : l: : : : : : : : : :! : : : : : : : ヽ.:゙:
            \  <: : : : : /: ;. - !: :!: : : : : :./:,..'"l : : : : : : : : : ! : : : : : : : :゙, ヽ}
.                ヽ  丶、l/': : :,ヽ!: :l: : : : : :/¨¬-!: : : ; : : : : : !: : : : : : : : :.!
          , -, . _   ヽ     ` 、: ;ゝ: : !:.!: : : ' ヾぅ=_、_!: : ,': : : :.!: .l: : : :!: : : :l: : !
        //////\; 、゙、      \!: : l: l: : ;'  `  !.!: /: : : : l!: :! :/: ハ: : : :l、:.!      ……うーん
.        , '/////////,'ヽ'`,.l        l: :/、!:l: :l      l:/l: :./l:./.l: : /: :' 丶: : !ヾ、
       /'////////////゙,//l  _ .-‐.l:./ l.リヾl      '゙゙ l: ;'゜リ: :!:./: : '     ``        一通り回ってみたが……駄目だな
     ///////////////,l'//77,l \ ,'"   !  ゙       l:l: : : : レヽ: :'
.    /'///////////////,!'////,! ヽ\   ヽ   ` -, .:´ ̄:l: :.:/  V
.    ,'/////////////////l/////l/,丶 \  !'`  ィ´   l:/ l:.'/'<             「まあ、まだ日も昇っているしな」
    ://////////////////!'////,l///i`ヽ\l__, ‐;く` '゙‐-V_  \
   ;//////////////////,ヽ////!///.l.  {´―- ヽ'∧` - ,_  ` ー \
.   ;////////////////////,}//,'/////!.  !    !//∧///`, ,、   `` 、          ……そう言うものだな、仕方が無い
  l'//////////////////////,'//////!   !    !V//∧/////!
  l'/////////////////////,\/////,|.  !==l .V//∧////,l




貴方「一旦戻ろうか、あまり出歩いて、拠点が割れるのもマズイ」

セイバー「……そうだな、帰るか」

一度だけ溜息を吐き、拠点へ戻っていく。



.


ちょっと遅れます。

1日目、朝


陣営判定
0~6、黒の陣営
5~1、赤の陣営
>>下コンマ


※赤/黒の行動判定は朝と昼の行動が終わった後やります。

※ルーラーは夜終わったときに行動します。後色んな判定に混ざってます。


クラス判定
9、セイバー
87、ランサー
6、アーチャー
5、ライダー
4、バーサーカー
3、キャスター
2、アサシン
1、ルーラー
>>下コンマ


行動判定
98、イベント
7~5、接触
43、捕捉
21、何もなし
>>下コンマ


イベント判定
9~7、接触 good
6~4、???
3~1、戦闘
>>下コンマ




                          ,. -‐…‐- .,
                   -‐ァ/    丶\
                       /          \__、    …………多分、みつけました
                    /              \`
                    ,厶          i⌒}
                    } ,i:、       ,: 八        「……そうか、やったな」
                     j/八丶    ,ノ}rヘ⌒
                   ,xf'⌒ア^ー く}ノ^iト..、
                     /.:.:.:.:.:{\ ノ ノ.:.:.:.:.:.:.:.`、        ええ! コレで攻撃に回れますね!
                  __,/.:.:.:.:.:.:.,> -く.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.__,
                   _).:.:.:.:.:.:.:.:.{ ( ノ ).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i(__
                  ⌒i:.:.:ィx:._.:ノ、_,.xく.:.:.:.:.:.:.:.:.:、_,.r'⌒
                    '⌒厶.,( ‐=彡' ノ、ヘ /-‐=〔_,
                _j___/{_ ,.xく    _/「 ̄___{
                 〈___{   __ /¨” ̄ { T  ___〉
                 y'^ '⌒).,_  _,.. -‐ \マ⌒'マ
               /j__ . イ       /;ヘ∨/ヘ,
              _」 '´ __/‐-     -‐ / ∧∨厶=、
             { 'て  ∧          /_,∧くnn /
               \{ / {≫x.., ___,  _,.-‐=ニア^,}㏍{


二義坂「ああ……だけど、もう少し休ませてくれ……」

ルーラー「え、ええ! そうですね、そうしましょう」

先日のバーサーカーとの戦闘で、マスターの彼は大きく消耗していた。

二義坂「……だが、黒の誰かに伝えるだけでも有益だぞ……これは」

ルーラー「ええ! なんたって赤の陣営の拠点ですからね!」

お互いに成果を喜び合う。

ルーラー「じゃあ、回復したら動き出しましょう!」

二義坂「ああ、そうだな」



.

2日目、昼



                      ,}{
                 .l ||                   /l
                    / ! !!   r.. 、/レ‐‐ 、     ,::! !
                ト、 〈 | l ∨ ̄ . :.:.:.:...........\  / :| l
                l、、ヽ'、! '、.:.\. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: !V. :.:} l
              V ヘ. '、V V}/{_ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: LV´/,.ィ/

                ∨、 `ヽ`V.:.:.:.:|.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:V/´://
             、_>.:>´..:.:ノ:ノ!:.:.:./.:.:.|:.:.:|:.ヽ.:.{ー'/

                   ヽ/__rへ「Tr 尤ィ:.:.:/」:.:.A:.:.!:.:.く         ……未だに一騎か……
               ~^ フ.:ヽ | ` '‐┘}/仏}_∥}八:.:.';フ
                 ノ「 .二. ┐    , fr ´/.:r‐ ´\|        少し他の陣営が心配だな
                  l'::{^l:| ト、   rェ 》_'「≧、_
                    __ア ー' _l ` 、_ ィ´ー'/^|:! /
             / ̄「}/   _ ノ:ハ   /{ ̄`二:ノ/            「まあ、ライダーがあんなんだしな
.           /   // ハ    \ヽ `マ_三≦ミ、≦‐r 、
         l  ノ∧\\    \ヽ!::::::::::ヽ/ /´ }∧ ヽ         他も似たり寄ったりだったら……困るな!」
           〉彡'  \ ヽヽ___..」::l:::::::::::::::}/  /∧'、 }
            { 〈_     \―――.'レ ニ ミ.}二二' ハV
          ム__〉  ノ   ̄ ̄ l:|:7 ̄ヽ∥――y' _〕
        //     }       l:l::l   .';    .' 〈_}
         /,'     ハ´       l:l>\_}:l     {   '.
      ∥      .' }         l:l :::::::r‐|:l    /     ,



貴方「笑い事じゃないぞ、セイバー」

セイバー「……そうだなぁ……流石に笑えないな」

お互い、腕を組む。

セイバー「まあ、とにかくは合流、然る後赤との戦闘……か?」

貴方「そうだな、それがいいだろう」



行動安価
1、会話 ※セイバー、純愛
2、使い魔
3、索敵
4、探索
5、自由安価
>>下




      、ー-|: : : : : ;/: : : :\: : : : : :<ニ==-:\

.        λ: : : :ッー' : : : : : : : \: : : : : :`:ヽ : : : : : \
.       | : : : /: : : : : : : : : : : : : ',: : : :_: : : : :\ :∧⌒ヽ
.       / : /' : : : : : : : : : : : : : : ',: : : : `:ヽ : : :'; : ',
.     /: : :i : : : : : : λ: : : : : : : : : '; :\: : : :\ : ';∨\    ようし! じゃあもう一度行くか!
.   _/ : :、 :|: : : : : / \i: : : : : : : :| ,>、'; : : : : \j:∨:_:`ーァ
<´: : : : :ッ} : ! : : : : / ̄三`ミ; : : : : :f´_ヾ: : : : :',: : : \ ̄

   ̄ ̄ /: : :i : : : :{ ィ´,ィfハ下|:.; .'; :.:j';ィfハ`マ : : : :'; _: : :_>    「……そうだな、そうするか」

     / : ; : '; : : : lハ乂ソ  !ハノ∨乂ソ.∧: : : :ハ  ̄
   ∠ -‐'´'; : ';: : : :\ ー   ′ !   ー  j、 : : ,ヘ\
          }: : } :X :_: \    |      ,'ィ| : / ト' ̄        さあ、まだ見ぬ仲間を探しに行こう!
.        //,'ハ∧  ̄     _    ∧ ! / : |
.        ´  ´  jλ\    ` _ノ   / : ;j/`ヽj
          ´ |: ; :>、 、    ,ィ´ヘ : /'
               レ'i: :/|:  `¨´ |_. ∨
               レ' 「ー-v--‐' |
                j  |    !



貴方「さて、行くか」

セイバー「ああ、もうこの際敵でもいいな!」

貴方「……それは……勘弁してもらいたい」

苦笑いしながら、出発する。



探索判定
5以上で成功
>>下コンマ 日中:-1




          r ´ヽ        ト       : :ヽ: : : :ヽ: : : : : : : : : : ≦-
          |   \     │ `ヽ      :ヽ\Nヽ: : : : : : :/
        | l   \\   |_≠示‐ヽ     ∨: : : : : : : : :/

           V| {   !l-\ヽ  ! '代ン / ヽ  |、   ∨: : : : : : :,'    ……むむむ、困ったな
          ぃ ヽ |rTテヾ ヽ ', ¨ ̄´  u ヽ│ \ ∨: : : : : |
          |', ヽ !、ヒソ   \!        jN  ノ:\!: : : : : :l     誰も見つからん……
          | ト  ぃ  '、           _/: : : : : : : : : :|
          レ !  |、u           「¨ ┴- :_:_: :{ ̄ `ヽ|
             |∧l ヽ  マ二>    ,| ! N`    ̄ ‐- _        「……ああ、そうだな」
           ノ' ヽ \  ー    /l |`           7

                  レ:ヽ    ィ   | !           /
        ┌- __    ノノ  ̄|    | |           /          寂しい……
        | |¨ -- 二ニニニ/ ̄¨>´ ̄! |          /       , -
        | |        -‐7 /  /    | |          {      ∠__
.         | |    /  / /        | |     ____Ζ -─  ̄ ̄__
   ____    | |   /  /  {     /  //   /____  _ -─ T  ̄|
 /   \  | |  /    |      / //    / / / / / Τ |   |  |  |



貴方「……いや、俺はそこまでじゃあないが……」

セイバー「なにぃ!? 見損なったぞマスター!」

そうセイバーは憤慨する。

セイバー「俺はこんなにも寂しいのに!」

貴方「分かった分かった……一度帰ろう」



.

2日目、昼


クラス判定
98、セイバー
76、ランサー
5、アーチャー
4、ライダー
3、バーサーカー
2、キャスター
1、アサシン
>>下コンマ


状況判定
9、イベント
87、捕捉
6~3、何もなし
21、戦闘
>>下コンマ


陣営判定
0、???
98、セイバー
7、ランサー
6、アーチャー
5、ライダー
4、バーサーカー
3、キャスター
2、アサシン
1、ルーラー
>>下コンマ


ライダー(……見つかりました)

念話から、そうライダーの報告を受ける。

喜多原(ん、オッケー)

簡単に、そう返事を返す。

ライダー(どうしますか……?)

その質問に、少しだけ思案する。

喜多原(そう、だなぁ……ねえライダー)

ライダー(はい?)

喜多原(思うんだよね、面白いものは与えられるものじゃない、作るべきなんだ)

唐突に、そう話し始める。

ライダー(……はい?)



                ``マ‐-、   _ --_
              , ‐z7/////7///-_´  `      だから、あのランサーのマスターは見逃すよ
       ` ーニ77///////////////////>、

         ,. <'///////////////////////\
       ,.イ//////////////////////////////\、         (どうしてですか……?
    /'" ///////////////////////////////ハーゝ

.       ////////////!/////////ハ//////////∧          あのランサーは、私達赤を裏切ったと……)
     ,.イ'/////////// !///////// V,/////////∧
.   -‐'"// ////////!'/―'/l'//////―-V//////////,i
    〃 '/////// l/_l/ リ'///,/ __∨////////iヾ         うん、そうらしいね

     l'  .{//i////l'" 込ィ j`l/// ´込ィ jソ/////////、}
    !   V/{'////! :::::::::   j/   :::::::::ノj////////,! ノ     でもちょっと聞きたいんだ
        V////,lヾ、       '    ´ノ'////////l
       /イ///∧               ,イ///////∧          ……訳とか、色々ね?
      / ./////,ゝ   マ  フ     ///////ヽリ
       //// i//\           ,.///'/V/ ,ソ
        /// ./' V//!  、    ...:::::///l'/          (……わかりました、それじゃあ一度帰ります)
      //  ,イ'" }'/j,l        /'゛.!/`l'.!
      /  /   ノ'  l       '  |.ノ ,!__
      /       .ノ      ,. <       `>     うん、お疲れ
    _-/   ,ィ_ヽ  ./ l    .r' - 、         /
-=二二/ ./ニニニi、 .!.  !    .j    ヽ    /二ニ=-__       面白い話し、聞けるといいなぁ……はははっ
ニニニl /ニニニニl 〉 l ‐-   /     、  /二二二二ニニ
ニニニl'ニニニニニl/  '     /      ヽ'二二二ニニニニ
二二二二二二二〈   '   }   ,.'   /二二ニニニニニニ
ニニ二二二二二二!\  '  /   / /二ニニニニニニニニ
ニニニニニ二二二!  \ ', /    /二ニニニニニニニニニ
ニニニニ二二二二ム.   ヽ' / /ニニニニニニニニニニニ

2日目、夜


              ヽ::l::::::::::::::::l  / \:::ヽ:::::::::ト:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≦
               ヽ:::l:::::::::::::l/, ィ l  ヽ:::::::::l ゝ::::::::::::::::::::::::::::::<
               .l:::l::::::::ト::ム弋 ノ    ヽ:::l rヽ:::::::::::::::::::r=-  ´
               l::::l:::::::::トl\      ヽl / ゞ::::::::::::::::<     ……っむう……

               /イ:/ヾ:l .l            ヾ::::::::トミz_
                    ヽ 、           l/ヽミ              何故俺の元に仲間が集まらん……
                       r '           l
                        ヽ_ /l        ム_  _,,. -ー -=        うーん、謎だ……
                            l         /        `
                      _,, --  ' l       /
                     /                                 「それとは別に、服を着てくれ」
                      /   ヽ   /       l
                    l :/

                    ゝ/    /           l:::::::::             ……そうだな、流石に寒くなってきた
             _,,  - ''"´  /                      ,,  -''´
        _,,. -‐''"´       /    /             ,,. -‐''"´ 、       日本で脱ぐのは駄目だ

                         /            /      /\
   /                l                /       /
  /      --  ==    ̄ l

 /     l
/      l            /                      /



貴方「……一応外に出るかも知れない、早く服を着ろ」

少しだけ、棘のある言い方に変わる。

セイバー「……ああ、着るか……良く考えれば俺に露出癖は無かった」

貴方「……なんで脱いだんだ」

疲れた様子で、頭を抱える。

セイバー「風呂上りだったからな……あ、そうそう、風呂借りたぞ」

貴方「もういい、早く服を着ろ」



行動安価
1、会話 ※セイバー、純愛
2、使い魔
3、索敵
4、探索
5、自由安価
>>下




          ヽ 、/ >-‐             ‐-<ヽ__

         ‐=ニ`: :7                    `!: :¨: ‐-ァ
          `ゝ: |      _  -─- _       |: : : :/
          /: : 廴_斗< ヽ:ヽ: : ヽ: : : | \:卞 . _ jトミ :ヽ.
        ∠:_:_:_/: |: : : :|:/T云ミ ヽ: : : : : : lrヒニテ、!: : : i ヽ: :\:\    ……流石に夜だ

           _//: |: : : : ト_辷ノ ヽ }: ト: |ヽ:|弋ツ_ハ : : |: : :\¨` ー
      ,  ´  "´./: : {: : !: :l  ̄¨  |/| Ⅵ リ¨ ̄  〉:|: |: :_ヽ. ゝ       もう活発になってきているだろう
.     /     ' ¨´ノ∧:ト :ヽ     {! リ     /くリ}: !\`ヽ
     {         '" |. トヽ ヽゝ ,_  `       /  } | リ  \
      |         iヽ !N  \   ¨ ‐-一  '   /j       \         「……そうだといいが……」
.    |  !       ! ヽヽ  ヽ 、 `¨´ イ /  / /       >、

.    |   i       { .>` .  ’ `.‐.´  /.  / /
    {   '       , ' ヽ ヽ _        / ヘ               もし、誰も来なかったら……
    ∧   ',  i   /    ヽ ヽ`ヽ  ,. -//  ' ,   |
.   |       ヽ { /         ヽ ヽ.   //    \ |             俺は、怒る
   |        Y         \\ //       ヽ! /
   !       ヽ          \ /          } y



貴方「迷惑だからやめてくれ」

セイバー「俺は怒るぞ! 火の様に怒る!」

身振り手振りで、そう伝える。

貴方「俺に関係ないじゃないか」

セイバー「八つ当たりはしない! 安心してくれ!」

貴方「……だとしてもやめてくれ」



探索判定
5以上で成功
>>下コンマ




   ⌒ (  ゚
    。        _ ノ.     r∠=--、   。 ・ ゚
 ×    ゚      ノ⌒   .f'´      >                   ノ!
   ` 、       。     i  _/^ー-、  >   。 o .   /     ヽ 。 、           うおおおおおおお!!
        ,. ☆ ゚      イ  { | ̄\Vv \      )ー'(_  ゚  /  ⌒
                ノィ 1 V⌒ノノ { ̄`    ̄`Y´     O               何故だぁぁぁぁぁ!!
            . . ゜ レjハ、 ̄イハ!゙ ☆        |   , o           丶  /
         \   /  , 。     1  |     0          . . ゜     Χ        うおおおおおおおお!!
 )ニ(       X        __ノ{___八___        \    /         /  丶
        /   \    /    )ー(  )ー'(`ヽ   ゚    )ニ(      。o
     rへ          {     ノ ⌒ヽ `Y ´ |    /  , r-、 ゚               「叫ぶな!」
 、ノ(.〔ニし)    Χ  /               {         |ニ、>}   O       ☆
 ノ'⌒〔ニ}〈.     x. /  .::.           .::.  \      X,ノ/       o  ゚
      \ |\    /   ハ         .:::;へ   \     ,r' /       .。 ..      ……うおおおおおお!!
  /   {U   \_/   /  i        /:  \   \/ し1     , ゚
)o(     \      /   }       {     \    /  、...ノ{     _ /



貴方「落ち着け、セイバー! 落ち着け!」

押さえるようにセイバーの肩を掴む。

貴方「熱っ!?」

セイバー「……俺の怒りだ……憤りの熱だ……」

貴方「……迷惑な……」

手を摩りながら、若干困った顔で感想を漏らす。

セイバー「うおおおぉぉ! 誰かでてこぉぉぉぉい!」

貴方「叫ぶな! 目立つだろうが!」

引き摺るように、拠点へと帰っていく。



.


と言うあたりで今日はここまで。

……システムを変えた途端1日がスムーズに……快適!

後は描写される陣営が増えれば言う事無しですね。

次回は18:00から。

おやすみなさい

2日目、夜、ルーラー


行動判定
98、イベント
7~5、接触
43、捕捉
21、戦闘
>>下コンマ


イベント
9~7、接触 good
6~4、???
3~1、戦闘
>>下コンマ


???判定
5以上で回避
>>下コンマ


同盟は発動せず。

陣営判定
98、セイバー
76、ランサー
5、アーチャー
4、ライダー
3、バーサーカー
2、キャスター
1、アサシン
>>下コンマ


特殊判定
9~7、陣営選択
6~4、◆
3~1、やっぱり同盟
>>下コンマ


酉選択
1~6で好きな数字、二つ選んでください。
>>下3までで一番高いコンマ


二つって言ってるのに……

もう一つ、5以外で。

>>下3までで一番高いコンマ

2


二桁目が高かった>>786採用。




                 _

              ,ィ´     ` 、
                 〃  _    ヽ
             / ^ー ´   `ヽ   ',           ……マスター! 二騎、接近してきています!
            ,'/i  rー- ..、  ',. ハ
                ハ{!.ノ  乂斗チ.}___i  ハ
            / .レヘ __ ノイ仍! 〉-{   ゝ         「早速か……しかも、二騎と来たか……」
             /イ 八 j    /,i {ソ iヽ {
                レ从ヘヽー /イ|/, ハ| ト!
              _,,..`禾爪.}::::ゝ..__jメ__            はい……赤の陣営も、本気を出しに来たと言う事ですか……
                /:::::rォハ___ ノメ:::::/:::::::::::ヽ
              /;:::::::jト、:::/:::::::::::::::メi:::::::::::::::::r:.ミ、
          /,::::/::ァィ__ノ..+ニ+ニメ!::::::::::::::::|:.',:.:!`ヽ            「迎え撃つぞ! ルーラー!」

         /:/:/::::::/:.:ハ:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::i:.:.';.:i_メヽ
         <:.:.:/:.:i:::::::;:.:.:.!:.:.!::::::::::::::::::|:::::::::::::::::!:.:.:',:|乂` )
        ヽ:.\!::::::i:.ィ个、!:::::::::::::/!:::::::::::::ノ:.:.:.ヾ! ゝメ!

          レト,ヽ::j  人. !:::::::/==i!::::::/:.:.:rvv;ゝ ( リ)              っはい!
           ,j   }"´ :i. ヾ/   /!/`´}^' ,,..{_    (メ.)
        /   _ノヽ j ,. -― '' ヽ    {,ィ彡 .)ヽ  (y )
         /   /\  ,j  ,,. -‐=''~~ \  ,ゝ-‐''!  }  (Y )
        ./   /、  ヽ,j,,.ィ´    _ .ノヽ \_,,. ノ  {三}
      iヽ'   /  ゝ- ⌒ー-- ''"´     ハ  {    |  ( , )
     }   /ヽ.       ノヘ __,,.. イ:.:.:', マ  __!  ノィ!/
     ノ、  ./  ハ_/ \__,.ィ.    ハ、  {:.:.:.', |/  }   /
     ハ  ,′ {/ i!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  / !ヽ. }.:.:.:, } |! |!l
    { `ーi /´  i!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}/  ! \{:.:.:.', j |! |!i
     ヽ ∨/    i!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.  /  i   }:.:r〈ヾミミ
      〃     i!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}/   i  |:.:{ノ ー--}
     /'      i!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.乂    |. リ:.:.:ゝノノノ

#剣、弓、狂、殺、魔、騎



      //              } }
     //                  j j
   //                 _ノノ__
   / /             -‐'" 〃      ̄`ヽ、
  / /           /    /    '"⌒`ヽ、 \
  / /          /    //     l\     \ ヽ
  ' ;'            /   //  //    l  ヽ     ヽ `、
 j l         /    /    j    j j   `、   `、 ハ      ……と、思っているみたいですね!
 { !        /       l { !    ! l  l  Y    ゙,  i
 l l       / /       l l !{    j j l l  !     l  i
  l l      // j     /l/l ト ゙、   //l ハ jヽ }    l l  l         「ああ、そうかい……
  !l      !!-ノ {   l {_,トl、゙、   /j/ノ_,,斗‐}`l   ハ }  !
  !l   /`~{{/イ /l{   l《 i,)℡\ /  ̄,ィぅ芯ミ<}/l / jノ  l            それにしても、いやに張り切ってるね」
   l  /   ノl レl ! l/\ l 弋;り      "代シノ// j/ }    l
     {     ノ トl  / `ト!  "゙゙  ,,    `'''" ノ //lノ    ll
      l    /  {/l 人     _  _  彡 / ノ    λ            なんてったって初戦でしかも重要な戦いです!
     l    l       {/l l\  弋 r'":::::::::)/r-<      ヘ
      !   l        ! l l >‐-'"-―-ミ:`'"::::::::)      ヘ        キャスターちゃんだって張り切っちゃいますよ!
     j    l     r―--<      ヽ \::::::〔_r、      `、
      l     !     /       ̄"'''ー---  ヽ::::::::::i       \
     !    l    L_              Y:::::::l    \   \       「そうかい? そいつぁ結構
     l     L -‐「:::/  ̄ ̄         }  }::::::j   {   \   \
       !   '"    {:::{               /   j::〔_   λ    \   \     アーチャーの二人も、張り切ってるしねぇ」
      l          l:::゙、   __-―       /:::::/     `、    \   `ヽ、
      ゝ_   -‐rァ''`ーr ''1::::::::L ̄ ー-    /:::::∧     `、     \     \
           //┼ ┼l  l:::::::::::::}       /j:::::::/\      \       `ヽ、   \
            // ┼ ┼ l  V:::::::「 __      /::/   〉       \     \ヽ、  \
         / 〈l ┼ ┼ ハ  V::::::Y:::\    /j  __ /       \     `、 \  \
           /  /1ー-r---l  V::::::::::::{     j /:::Y_        ヽ     `、 \  \



忍野「っま、危なくなったらさっさと逃げようか」

キャスター「ええ! そうしましょう! 愛の逃避行です!」

身振り手振りで、キャスターは訳の分からない事を言い出す。

忍野「……っと、アーチャーの方は準備できたってさ」

キャスター「わっかりました! さぁ! 行きますよ!」



.


◎ルーラー 筋力B 耐久B 敏捷A 魔力A 幸運C
◇弓魔同盟 筋力B 耐久B 敏捷A+ 魔力A 幸運A++

耐久 +15、-14で決着
幸運差 発生

ルーラー
啓示 相手0を判定で無効
裁定者 補正+1
拠点 追加+1

弓魔同盟
心眼(真) クリティカルで追加+1
魔・宝具 全ステータス上昇
高速詠唱 判定差補正を無効
悪運 こちらのファンブルを振り直し、戦闘中の敵9以上を自分の二桁目成功で振り直し
同盟 補正+1、耐久増


ルーラー >>下コンマ 裁定者:+1
弓魔同盟 >>下2コンマ 同盟:+1

ルーラー 9、弓魔 5
拠点:+1
判定:+5【有利】



  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
. /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::ヘ
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハヽ:::',‐  、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ヽ!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!⌒`⌒i:::::::::::::::::::::::::!  ゙!    ヽ
:::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    |:::ハ::::::::::::::::::|       }
::::/ヘl:::::::::::::::::::::/::::イ:::::::::::::;::::::::::::::::|    |::|,.V:::::::::∧::l

!::{ ,ヽ !:::::::::::::::://:/ .l::::::/::::/:::::::∧::::|   ,.ィ l ,.V::::::/ V!       /ヽ
l:::l、 ::; V::::::::::://イ=-l::::/l:::/.|:::::/ V::! ,.ィ 勿l// V:::/  .ソ     ./   〉
.V!.ヽ` .V:::::::/.代.ノ≧z、l:/_.!:::/ ,ィVトゞr夕/  ハ::/         ./|  〈
 l   `ーV::::/\ ̄ ´,.イ///l:/ r/∧|ー一'    V       //l. / 、
/ l.    V:/   ̄  ̄ ̄ '   l//l ゙!     /         ,  ///!.'         ……来たか……行くぞルーラー!
  !     V           |//j             / ////
.  l                     j'/      '          ,  ///
.   !      丶              イ         ./  .'"             「はいっ!」
.   !.        \  - ―_ ̄  / /       ././
            / \      /  /          /"
    ’      /, '゙    ー一 、  ./         ,             /
.            /.{ { jr'"_j.ノ.!::::! ヽ /
.     ’    / 、 、!ノ/ノ::::;   `           , 、       /
      l. , ./  !.ゝ-- .イ ::::;             ,  \.   /
     l:. ,'   .|:i:i:i:i:i:i:i:i! :::;          /     \/ヽ
.      l::.    |:i:i:i:i:i:i:i:il ::;              '             、
      l::    |:i:i:i:i:i:i:i:i:! /          ./             \



まずルーラーが飛び出し、前衛のアーチャー目指して突撃する。

アーチャー「……っ!」

ルーラー「はぁぁ!!」

剣での攻撃を身体能力で躱し、即座に矢を放つ。

ルーラー「っ! たぁぁ!」

それを切り払い、再びアーチャーに切りかかる。



ルーラー >>下コンマ 裁定者:+1
弓魔同盟 >>下2コンマ 同盟:+1

ルーラー 9、弓魔 7
陣地:+1
判定:+8【優勢】



    /       /    }      \    ヽ           .| |
       /     {    }}       ヽ    \        | |    ……っかぁー、これはマズイですね
.  〃 / /      从   }}   i   ヽ .ハヽ  ハ          | |
 /   /  { { |  ∧ } |  jノ   从  .}  }  }ヾ}        .| }     この拠点、簡単なものに見えて厄介です……
./  /  {   ∧/ }八 !     / \  ノ      } | }       i i
{   {   八斗ヒ升 |/ ′ \   / j丿 `卜、}   ハ. |ノ         j j       地力では拮抗してますが……むぅ
|       |/ x竓芹ミx    ∨ / z≠≠ミx、リ     | ト、        //
| ∧     从 弌::::::::リ    `  弌:::::::} ヾ     | | \      //
.! .ハ \ ,ハヾ 弋斗´       ゞミ'汐 从ノ   /| |.       〃        「おっさんは逃げる準備しておくよ」
ハ  入ヾ\ ゞ         ′      /ノ  / lノ      /
. | / 介    ミ、            ー=彡ノル' |  ´
. |'   |  `ー―一'       /ヽ       .ノ   / !              オッケーです、旦那さま
γ≧=ミハ }  }\            イ / ハ
/{::::::::::::::::∧ リ  >        ,.ィ升八 / ̄::::::}
从::::::::::::::::::冫 !_r‐― ≧   イ/ヽ  |  ヽ::::::::::::└ 、
ゝ⌒Y´i::::::/ ノ::::∧ー一' \ ,r'  从爪ヽ  ∨:::::::::::::/、



キャスター「……最悪、逃げる事を視野に入れ動くべきですね」

そう決めると、早速キャスターは動き出す。

キャスター「聞えますかね、アーチャーのマスターさん……」

碓氷(……ああ、聞えている……なんですか?)

キャスター「いざとなったら逃げます、やっぱりバーサーカーを連れてくるべきでした」

それだけ伝えると、念話を切る。

キャスター「さて……見るだけでは流石に怒られてしまいます……ちょっかいくらいは出しましょうかね……」



ルーラー >>下コンマ 裁定者:+1
弓魔同盟 >>下2コンマ 同盟:+1




            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。            ……え、あれ……?
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。                  なん、ですか……これ……

                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...

     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``

 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"




胸を貫いた傷は、確実に胸を貫いていた。

急速にキャスターから力は抜け、遂に地面に倒れる。

キャスター「……だん、な……さ―――」

もがいた手は何を掴むことも無く、光となって消えていく。



.

                  ,、
                    |i|              _. -‐=‐- .._
――――――――――iィ≠ミx、       ,ィ'´        `゙` 、
                    |i|ヾ   ソ\   /  ,ィf'⌒ ー''"⌒ミx、  ヾー
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|i|ーt__...ノス辷"/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ハ        ―――霧が覆う砂漠、その固有結界の中で決着が着く。

                 ゙'   \二ヌニ7/:::::::/´`Y::I::Y´⌒゙ヽ::::::} }   ,,
                     \ ij /|:::: /,ハ,ハi|:个:|ノjノソ)|::ノ`゙辷彡"        ―――血塗れになったアーチャーが、砂漠に膝をつく。
                     爪メ{乢ヘ|^ー-ミ〈::::::::〉,ィ-‐=|  (V(_
                     ∬ ル""刈 杙蚕.゙ゝノ '汽冽从廴ーミ 、
                       ∬リハ,ハミ、 `~´  ,   `~´ルリハ/∧  `        「……お見事、です……」
                    ∨//ノ'-‐'\   __   ノjノソ///∧
                     ヾミ//、//≧ .._二_.イ/_///////ム

                           ̄|゜∽∽{{__}}∽_/////////}
                            |//゜℡⌒Y⌒/〃////`i//             ―――そう言い残し、アーチャーは消えていく。
                      _____   ヾ/////{{二}}〃///:i:i:i:i:iソ
                    /i:i:i:i:i:i:i:i:iミx、  )/////_Y〃///i:i:i:i:i:i:i:i|
              ァ=彡i:i:i:i:i:i:i:i:i:_三二{i゙ー-、//ノし'ノし'ノし'ノしノー― - 、
              ィf'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i,ィf{f′)>―廴__/i/i/i/i/i/____/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::
            ィi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:_..ゞミx、它´___≠ノミソヘ,廴二二7i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:::
       ,;i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:彡"´i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i(     ソi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
.         i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:,ィf圷,、i:i:i:i:i:i:i:i:i:,;ァ≠气}}i:i:i:i:i:i:i:iく ̄ ̄ ヘ|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::
       i{i:i:i:i:i:i:i:i:i:,;     `゙ミ=ュ..,;ク'      {{i:i:i:i:i:i:i:i/    /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::




ルーラー「何とか……勝ちましたよ、マスター……!」

傷付いた身体で、拳を上げる。

二義坂「ああ! とりあえず、これを解除しよう」

ルーラー「え、ええ……ちょっと、疲れました」

疲れたように笑うと、ルーラーがおぼつかづ足が砂に絡みよろめく。

二義坂「おっと……大丈夫か? ……回復が必要だな」

そう言うと、擬似固有結界を解除する。



                  _,. -ニニ ̄≧ー--、_

                へ´ __,.-三//,.イ三三ヽヽヽ、
              ////  // イ |三ニーテ ̄ -ヽ、
         、__// ´   / // /  |  // , ,   ハヽ
         >ー イ _,.イ / /  /   | | // ///    ノノリヽ、           遅かったな、ルーラー
         // /ヽ__// /  //川 |i | ! ! | | | | | // ヽ
        // /  >三/ /〃/  / // ノ六ヽ、 ヽヽヽ! !/ /// |i
        Y / /// / ハ( /// / /,.イ_r'´ ̄,,ハ ト、  \   !レ リ
         ヽ!//////りト、)从(乂_ノィr' rテ_チ )ハ ヽ  ̄ く´| 从       ―――二人の目の前に現れたのは、弓を携えた青年だった。
          ヽ//   _ソ,.≧テゝヾ、ー^¨´ ´   _ノノ从ヽ\ヽヽ(
           | !ト、_ィ彡r'_ゞヌ! )ノ        て/ 人ヽ ヽヽ、ヽ _
           !ヽ  ̄(乂´  f、 _          メYヽ _タ、   !´
           ゝ ソハヽト `  ーヽ `         )ハ´  ハ  /          「っ!?」
           ト-' 人ヽヽ     ,.ニ‐--、      / / ィ´ ||//
             ̄  ノノ)、  ' ィ_ニr         |ヌ| ! ハ(
                  ヽ   ´           レイ //`
                   ヽ          /  /イハ (              ……落ち着け、俺は黒の陣営だ……
                    ヽ      ,. '    〃_上-、)
                   -イヽ____  イ  __,. -ニ--‐ヌ、            __      黒のキャスター、お前の味方だよ
                  冫イ/∠L_, -ニニ-<´: : : : //´|     r== ̄ ̄

                  !ハゝ--、. | r'´-‐‐ Y(: : :ノノ_ 久___  /        __
                    ゝ⌒Y| | | ( : : : 乂_ニイ/ _,// ̄ゝ--――T¨下ヽ ヽ
              ____ し::ノ.| | ト、ー-―  /_,// ,.-‐'二レ|ヽト=! ヽ ヽヽ/
         ,... -テ ̄    r-、イ`ーノ! | |: : `テ´/-'´_,. - '´  //| |ヽト、/ヽ/ ヽヽ/ヽ/
     _,.r==- ´ |  _,. -≦く::::| r'/ム、ヽ: / /´_,.-‐'´   // ハ/ !∧ Y/ヽ//ヽヽ





.


黒の聖杯【■□□□□□□】
赤の聖杯【■□□□□□□】


赤のアーチャーが脱落しました。

赤のキャスターが脱落しました。

2日目、イベント


陣営判定
0~6、黒の陣営
5~1、赤の陣営
>>下コンマ


陣営判定
98、セイバー
76、ランサー
54、ライダー
3、バーサーカー
2、アサシン
1、ルーラー

>>下コンマ


状況判定
98、イベント
7~5、捕捉
4~2、戦闘
1、???
>>下コンマ

赤のセイバーの?


>>813 赤のセイバーです。


陣営判定
0、???
98、セイバー
7、ランサー
6、アーチャー
5、ライダー
4、バーサーカー
3、キャスター
2、アサシン
1、ルーラー
>>下コンマ




          /       /  ....-‐===¬       <⌒
                ..::::: '"´       . -‐…‐-ミ  `
      /           {:/         ´         丶⌒  \
  __彡  /        {      /
⌒¨¨゚゚  / /       l| {    .
      / /       |  l| {                、     ゚。      ゚。      ああ……まずいわ
                | 八{   /                }   |            ゚
        |       ′ \ .′              }   |    |             アーチャーとキャスターがいっぺんにやられちゃった……
     | ∧      丿:{                  |    ハ      | 、     l
     |          :::|    |         /|      ハ  卜 \   |
.    八{       |::| \ |           / l|  /  } /     厂\ハ   |      「……それは、まずいな……」
          }    |::| 、  |        厶斗 /  ̄/   |   _.斗rァ}   八
          } :|    |::| ト、 八     |   {   |/___.斗r    | /´{::...ツ  /
          } :|    |::| |::::{{: \  卜.  { 《 {::....ツ^   }′、  ノイ     不味い所じゃないわ、緊急事態よ
          } :|    |::| |::人ゝ ッj\{  \{                    l{
          }八  ∧:: __|:::| \_,.、\                 ′ 八
           { ゚。 ::::_」  |:::| ハ\             _
           \ ゚    |:::|/  .  .          ´
                   V  八::|八  l    >           /
               }   |:::| j/V|         ≧  . __/
               }/  i|:::| |.. 八/\/\/∨\〈......{
                   /   |:::| 〉..............................................ノー-ミ
                    |斗'........≧=‐-.............-‐=≦.......................
                 ...........................................................................................\
                  /..................................................................................................\
            /.................................... /.........................................................................
           ........................................../{...............................................................................

           |....................................../  ...................................................................................
.             |.................................../   ゚。..............................................................................|



白銀「……あのキャスターはともかく、アーチャーは……痛手ね」

セイバー「ああ、そうだな……しかも問題は乱入してきた男……」

白銀「ええ、あの弓使い……人間だったわ」

キャスターを一撃で射殺した男には、彼女が感じる精霊の違和感は感じられなかった。

セイバー「……そうか……てっきりアーチャーかと思ったが……」

静かに目を瞑り、思案する。

セイバー「とにかく、今は我々がどうこうする前に報告だ」

白銀「ええ、そうしましょう……厄介なマスターが居たものね」

溜息を吐き、肩をすくめる。


夢判定
5以上で成功
貴方 >>下コンマ
セイバー >>下2コンマ

3日目、朝


 /: /: : /: : : : : :|: : : :∧: : : : : : : : : :/ \: :ヽ: : : : : : :V : ヽー ¨´
./: /: : / : : : : : :|: ; ;/_ ヽ: : ヽ: : : : |、   \}: : : : : : : }、: : !
': : |: :/: : : : : : : |: :/ ___ミ\: :ヽ : : | `ー_ニ二V: : : : : :l. \|
:/|: :!:V: : V : : {:K´ 「 f} j ヾ \:|ヽ: :!´テ「f} j ∧: :|: : : :|

. /:Ⅵ: : V : V: : :| 、弋ン     ヽ ヽ| 、辷ツン ハ ト: : : !          起きろマスター!
/: : {L ‐-ト: : :ヽ:∧ `¨¨¨´       |    ̄  ハi }: :}
 ´    |: ヽ : \∧            ,      / リ. |/           陽気な朝だぞ!
     |: : :〉: : / ` ゝ       ´       /:|
      |/ |:∨: :>、     _  -‐ァ   イ、: |
       |: :/ i ヽ   ヽ _ノ   イ:V ヽ!
       レ'   |   '  ,   " / V
             |      ' ー ´!
            |           |
            /'         ト ,
       , '            !    '  ,
    __ <              ヽ       ¨ ───--- 、




貴方「ああ……今朝は随分元気だな……機嫌は治ったのか?」

セイバー「ああ! 随分叫んだからな! 怒りの炎も燃やし尽した! 灰だぞ、今の俺は」

それはそれでどうかと思う、と口にしそうになり寸でのところでとめる。

貴方「今日は出会えるといいな、仲間」

セイバー「ああ!」



行動安価
1、会話 ※セイバー、純愛
2、使い魔
3、索敵
4、探索
5、自由安価
>>下



: : :| : ::| : : /: : : : `: 、   : : :`: 、: : : : : : : :ヽー-ミ: _ \: : : : : : : \: : : :\: : : : :
: : | : : } : / : : : : i : : : ヽ   : : : : ヽ: : : : : : :ヽ   /_斗、: : : : : : ヽ : : : : ヽ.: : :
: : | : :/: :{ : : : : :l : : : : l ` 、  :、: : : `.、: : : : ∧ ≠zf:::::ヽ ト、: : : : : ト、: : : : V: :
/| :/ : : ! : : : : :| : : : l   \ ヽ: : : : :\: : : :Y/{::::fa:::ハ_,  \: : :∧:l\: : : V
  |/ : : :オ : : : : :{ : : :|     \ヽ: : : : : }、: :∧ 弋斗匕    \: : N  ヽ: :
 / : :/ { : : : : : V.: :| ̄二ニ≧ミ ㍉: : :ト : } \: }  ̄          ト、∧ / ハ::
/: / : : | : : : : : ヽ: K {:::::fa:ハ `  V :| ヽl. \}            |:/ト:V /: ::     ……俺はいっそ敵でもいいぞ
// : : : : { : : : : : : : :| ` 弋辷斗 '  V:ト  リ   ヽ            リ } ヽ}イ: i: :
  l : : : : ∧ : : : : : : ヽ.  ̄¨      }ハ               ルイN: : Y
  | : : :/  ヽ :\: : : : : ヽ            },             /: : : : : : :{     「物騒だな」
  | : :/   V : : ト: : : : : :\        `              /|: : : : : : : :
  { :/     V: : |: ヽ: : : : : \                  _,   / |\: : : : : :
.  {:{      V: {\:`:<: : : : ヽ、  ー─ ¨  ̄ ̄ ¨¨´    /  | ̄ ̄ ̄ `
  {!       \ヘ. ヽ: : i `: :¨:¨ ̄   ー─--‐  ´    .'   |
           \ }: ∧: : : : :`> 、            /    |



セイバー「何たって既に開戦から3日だぞ!? 既に二三騎脱落しているかも知れない!」

貴方「……ああ、そうだな……たしかに俺達は出遅れているかも知れない……」

少し思案し、方針を決める。

貴方「探しにいくぞ、セイバー」

セイバー「ああ! その意気だマスター!」



索敵判定
5以上で成功
>>下コンマ 日中:-1




   /!: :ヽ∠:イ.‐.-. .__
  /: : : : : : : : : : : : : : : : ≦
 」: : /: : : : : : :<: : : : : : /
 ゝ: :ゝ: \:_:_:_:_: : \:\:.ヽ._
. |: : :\: : : ヽチ少\: :ヽ‐ゝ: :乙
. |: :l: : :!ィぇ㍉ゝ   リ_ノゝ<´            ……もう怒った

./イ:ヘ: :.Y´ ヽ __    ハ: ─-`
´ j/ !:ヽゝ ´‐   / Vヽ!   _. .-.‐.‐.、
    V|:ハ:‐. . _ /   ヽ___/: : : : : : : :l       「気を確かに」
     '  V レハ    /: : : : : : : : : : l
           〉  ,ィヽ/!: : l: : : : : : :ヘ
            / /∠ ,-ヽ: :l、: : : : : : :ヽ       ……そうだな、そうしよう……
         ,イ/: : : : V: : : : : :ヾ: : : : : : :ヽ
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : ヽ      皆、皆引っ込み思案なだけなんだ……

      /: :l: : : : : : : : : : : : : : : : : : :| ヽ: : : : ヽ

      ヽ: |: : : : : : : : : : : : : : : : : : l   ヽ: : : : \
       ';ヘ: : : : : : : : : : : : : : : : : :|    ヽ: |: : : :ヽ
        i: ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : |     ゝ: : : : :ヘ
        l: ヽ: : : : : : : : : : : : : : : :|     \: : : : ヘ

         !: :l: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ      ヽ : : : ヘ
         | : |: : : : : : : : : : : : : : : : :';      ヽ: : : :ヘ
         |: : l: : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ       ヽ: : : ヘ
         |: : :l: : : : : : : : : : _ -──-〈       ヽ: : : ヘ




セイバー「……うぉぉぉぉぉぉおおおお!!!」

森の中に、セイバーの声が消えていく。

セイバー「出てこぉぉ―――」

貴方「やめろ、やめてくれ」

疲れた顔で、セイバーの肩を掴む。

セイバー「……もうライダーと喧嘩していた方が健康的だ」

貴方「……それもどうかと思う」



.


そんなこんなで今回はここまで。

一気に二騎撃破、やっぱりジャンヌはつおい!

そしてまったく出会う気配の無いセイバー、このまま赤がルーラー周りに倒されたら泣く。

本気で泣く、今回初参加のサーヴァントが初っ端00でやられたら倒れる。

以上、脅迫でした。

次回は18:00から。

おやすみなさい

3日目、朝、行動判定


陣営判定
0~6、黒の陣営
5~1、赤の陣営
>>下コンマ


クラス判定
9、セイバー
87、ランサー
65、アーチャー
4、ライダー
3、バーサーカー
2、キャスター
1、アサシン
>>下コンマ


行動判定
98、イベント
7~5、捕捉
43、接触
21、何もなし
>>下コンマ


ユーミ「……ほぇぇ……何ですか、これ」

庭に聳え立つ小屋を指差し、ライダーに訪ねる。

ライダー「何って……見て分かるとおり、船長室よ」

見れば分かる、ライダーの言うとおり悪趣味な程執拗に装飾された内装は、絢爛豪華が行き過ぎて子供じみている。

問題は何故それが今朝になって突然現れたことだ。

ユーミ「……ふむ、フカフカですね、この椅子」

ライダー「当然よ! 何たって船長の私室なんだから!」

しかしさして気にしていないのか、早速順応する。



                        -─--

                     , < /        > 、
                      /  / /        \
                /    / /           丶
                   // |  / / / /   / ̄     ヽ
            ____/  | ,'  i //_  /         ハ
           /  /    j i{  |l |l / / /  ___    /  l |    後はクルーとマスターの礼装が情報すっぱ抜くまで待機ね!
           __l__{ノ /| /ハ! |l│/l l/ / /     / / | |
         (  , -‐一' /|/ ∧',  i Nハ、从{ / /  /l / / j l!
           )ノ / ̄レノ { ∧\l fT::ぅ、\l/ ,ィLレイノ/// l}       「船長って以外に楽ですね」
         '^V´ / ({_ノ  ヽ.∧ ヽヒ辷ソ  {∨ 二、彡'ノjハノjノj
             ∨ヽ/{_ノ {\ `∧ ',        込ソ^i く{
             ___|ノ从{ jハ  }  }   __   '   /l |   \      嵐でも戦闘でも無いなら、船長は踏ん反り返ってるだけでいいのよ!
           《__ノ{__》 ∨-jハ,/ /\ ー‐'’_,. へ-、-「ヽ}ハ)

           / /V /   ‘ーく_\ T´\〈_n    ∨

                厶-‐ ‐-    \\  ヽ∧     ∨       ―――そう言い放ち、ライダーは玉座じみた椅子に座る。
              ノ`ヽ     `ヽ  |  ヽ } j\__|__
              /く{ハ│_____   \\ |// /    `ヽ
.              /___ノr1 j/ ───、____ ̄ヽ!一´| -──-- |      っま、そろそろ赤の誰か見つけるでしょ
             /く二Jノノ 〈_         ̄{ |ト、 }'´ ̄ ̄ ̄`ヽ!
          /、二二´ へ、 /     __//ト、.ヽ|__,.ィ´ ̄ ̄\|       その時が本番よ、わかった?
         /\.__     _//    ̄  // /| ヽ  |   l   |
.      _/  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     /       \!   l   ト、
      |   ̄     /  /    /|    ハ   ヽ   |  '. \      「わかりました、ライダー」
.       ノ______/___/    イ  '⌒ヽ_L }__/´|   |  ∧`ー丶、
     /____ ̄ ̄   x<      /         |   |  ∧\  \
 ̄ ̄ ̄      ___x≦/´ / ∨  \    |         /|   l     }  ヽ   \
 / ̄ ̄/ ̄ ̄      ノ}  i   V       | o       o |       /   ' ,
.      〈       ̄ /\l   l }     │       |\ ___/

3日目、昼



  ヘ ヘ       ヘ /                i      i.  Y ./ /
   ヘ ~`=-、_    /       ,       |.  i  ハ.ハ ノ, ' /
    > 、   フ'    ..::   /::   /     i   i  ハ V __,/
~~~~~    `=/    .:::::   / !::   /::.    /:.  /::.  / ハ       ……出遅れているな、確実に
、        /   ...:_,:::: , <_/:, ='~゙、:::.   /ヽ::./-、: /::.. ` 、_
 ` 、____./   _, iイ`>-='   ' ~~~~` .i:::  /~~i/ /::/:::::::::. `=='
   / _, -,==== `、、`' .`=、_____ノ / /_____ノ/`=--='`=、 \         「ああ……実に寂しい」

 , '=' ~  / .::::::::::::,>、_`    ̄ ̄  ' .i   ̄r'i!'./
  _, -='.....:::::::_, イ.::::::::i.、        i  ∥ ./ ハ

.='~------- ' ./ .::::::::, i .ヘ        '  ∥,イ、  ヘ           せめて、ルーラーと合流したい
       /..::::::/i:i  ` 、   r_=,.  /i  `=、 ヘ
      /-= ' ~ / .i  i   ` 、    /` 、ヘ     `            聖杯戦争が異常事態なんだ、絶対に現界しているはずなんだが……
             i  .i.    `=='/
         , -==,.'  ハ      ./-- 、
、_  _,,.. -===、'~  <'    ヘ      i `=、 ~`=- 、___
、 ヽ ヽ ヽ .ハ   ` 、    `    |  ,!     i  `i~~~`=-、__



セイバー「わからないぞ、既に赤の陣営に総出で倒されているかも知れない」

不意に出たセイバーの発言に、マスターである彼は少し眉を動かす。

貴方「……以外だな、セイバーが後ろ向きな発言をするのは」

セイバー「……以外ではないさ、俺だって後ろ向きな時だってあるし……臆病な時もある」

ポツポツと、セイバーは語りだす。

セイバー「その時、俺の傍には仲間が居た……っと、これ以上はいくらなんでも暗すぎるか!」

はははといつもの様に笑い出す。



行動安価
1、会話 ※セイバー、純愛
2、使い魔
3、索敵
4、探索
5、自由安価
>>下


  <: : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : : : :.\.:.`.‐-. 、_/:.:.:.:.:.:/
   \: : : : : : : \:.:.:.:.: :\:.: : : : : : : : :.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/-――――――ァ

    /:ヽ : : :丶、: :\:.:.:.:.__\.:.:.:.:.:.: : : : : :\ __:/: :_: : : :__,ィ'/
   /: : : ヽ: : :.:.:.:.:._: \ィぅへ\`‐┬-:.:.:.:.: :\--―――――_,´-‐'´
  〈: : : : i: :.\.::.:.:.:{ ,イ ̄{-ィ::ソ ヽ、 |:「二`‐:,_\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<___
  ヽ: : ::ヽ、:.ト\:.:|  ヽz‐イ|{フ    リ b }/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:./
    \: :.:ト弋タノヾ    「「  __ イ_.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:/
     }\|ヽ \     ヾヽ「     ̄ ‐- 、:.:.:.\.:.:.:\              ……いくぞ、セイバー

     /: :.:.∧      _,  `.|i   〃ニニ 、  ヽ、:\-―`
.    /: :.:/  ヽ   ‐'´,    ||  //   i: :ヽi    `i
   /:.:/    \       ||  { {ヽ-': : : }}三==-ト             「?」
.  //       \      /||  ヾ、: :: : :〃  ̄ ̄|ノ
        , -‐ィ'´  ̄ ̄ ̄`ヽ|| _` ニニ〃     |
      /:   }  . : : : : : : : : \ ヽ \ -――、」                仲間を探しに、行こう
     /  `ー'´ . : : : : : : : : : : :. } i  { i  ‐=<ヵ

     / . . . . . .. : : : : : : : : : : : : //   ヽ\  ` 、 \



どこか不敵に、少しだけ口角を吊り上げ笑う。

セイバー「……ははは! そうだな! それが俺らしい!」

立ち上がり、セイバーが自分のマスターの隣に立つ。

セイバー「行くか!」

貴方「ああ」



探索判定
5以上で成功
>>下コンマ 日中:-1





                           r:'": : ; : ': : : : : : : : : : :_: : : : '-. . _
                           l: : :i': : : : : : : : : : : : : : :--: : :_: : : : `: :ー―: :''". .-‐ァ
                    ,. ‐: :┘: : : : : : : : : :―-: : : : : : ̄:ヽ:`: : 、: : : : : : : : : : /
                     , :': : : : : : : : : : : ; : : : : : : : : : : ̄: :ヽ: : :\: : : `:.、: : : :,: ''"
                /;.:./: : ; : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : <

                     /: :/: : : /: : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : ヽ: : : :ヾ`
                 -=ニ: : :,.': : : :.; ': : : : : : : : : : : :, ': :.l : : : : : : : : :! : : : : : : : : :゙:
            _    , .': : : :./: : : l : : : : : : : : /: : : l: : : : : : : : : :! : : : : : : : ヽ.:゙:
            \  <: : : : : /: ;. - !: :!: : : : : :./:,..'"l : : : : : : : : : ! : : : : : : : :゙, ヽ}
.                ヽ  丶、l/': : :,ヽ!: :l: : : : : :/¨¬-!: : : ; : : : : : !: : : : : : : : :.!
          , -, . _   ヽ     ` 、: ;ゝ: : !:.!: : : ' ヾぅ=_、_!: : ,': : : :.!: .l: : : :!: : : :l: : !    ………………
        //////\; 、゙、      \!: : l: l: : ;'  `  !.!: /: : : : l!: :! :/: ハ: : : :l、:.!
.        , '/////////,'ヽ'`,.l        l: :/、!:l: :l      l:/l: :./l:./.l: : /: :' 丶: : !ヾ、
       /'////////////゙,//l  _ .-‐.l:./ l.リヾl      '゙゙ l: ;'゜リ: :!:./: : '     ``         「…………」
     ///////////////,l'//77,l \ ,'"   !  ゙       l:l: : : : レヽ: :'
.    /'///////////////,!'////,! ヽ\   ヽ   ` -, .:´ ̄:l: :.:/  V
.    ,'/////////////////l/////l/,丶 \  !'`  ィ´   l:/ l:.'/'<                     ………………
    ://////////////////!'////,l///i`ヽ\l__, ‐;く` '゙‐-V_  \
   ;//////////////////,ヽ////!///.l.  {´―- ヽ'∧` - ,_  ` ー \
.   ;////////////////////,}//,'/////!.  !    !//∧///`, ,、   `` 、
  l'//////////////////////,'//////!   !    !V//∧/////!
  l'/////////////////////,\/////,|.  !==l .V//∧////,l




セイバー「…………」

貴方「…………」

足元に転がっている石を蹴飛ばす。

貴方「…………」

セイバー「…………帰ろう」

貴方「…………ああ」



.

3日目、昼、行動判定


赤の陣営
クラス判定
98、セイバー
76、ランサー
54、ライダー
3、バーサーカー
21、アサシン
>>下コンマ


行動判定
9~7、イベント
65、捕捉
43、何もなし
21、戦闘
>>下コンマ


喜多原「……気になっている事があるんだ」

ライダー「はい、何でしょうか」

現代の衣装に身を包んだライダーに、不意に問いを投げかける。

喜多原「アイツの……瑠璃の目的って何だろう」

ライダー「……そう言えば、謎ですね」

その問いに、ライダーも首を捻る。

喜多原「一番最後に仲間になったから……ああいや、最後はアサシンのマスターか……とりあえず、教えてくれないんだ」

ライダー「そうですね……アーチャーのマスターなら知っていたんでしょうか……彼、隣に居ましたし」

目を瞑り、2人は思案する。

喜多原「……いや、違う……最初に仲間になったのは……確かランサーのマスターのはずだ」

ライダー「……彼女、ですか?」

赤の陣営から……瑠璃の元から去ったランサーの主従。

喜多原「だとしたら……ランサー組みは知っているのかな、瑠璃の目的」

ライダー「ええ……そうかも知れません」



              -――――--  、
          -: : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、

        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ       ……ますます、気になってきたぞ……
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
.     /:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:ハ      はははっ、これは聞き出したいなぁ
    /: : : : : : : : : : : : : : : :i: :.:.i|:.:|ハ: : : :ヽ: : : : : : :.:.ハ
   ムイ: :/:.:./: : : :.:.:./ /: :.|: :.:.|Ⅵ::ハ: : : :ハ: : : : : : :.:.ハ
   }!:.:/:.:./: : : :.:|∨:/:.:.:.:|: :.:.| Ⅵヾ}: : : :ハ: : : : : : :}ヾ}    「……マスターは……その目的を聞いたら……

   /: /:.:./: : : :.:|:| Ⅴ: : : :| |:.i:!≦二ニ_: : ハ: : : : : :.!
.  //!:.:/: : : : : N二ニヽ: :i∧リ彳Ⅵ:刈`: :.:i¨ハ: : :.:.|             どうします?」
.../  }:/: : : : : : ´Ⅵ心 Ⅵ!    .`¨¨´i}: : .!ん}: : :.:{
    从}: :.:ハ: ∧ `¨¨´           リ: : i/ソ: : : :ハ
.      i:.:∧{: :∧      iノ     / !: :.レ: : :/ヾ}          ―――少しだけ不安そうに、ライダは尋ねる。
       i:.:ハ: : :.ヽミ=-        ,    !:.:./ /
.       从! ヾ: : :.:.ヽ.   ー= ‐'´  イ: :/: :!
          リハiヾ:.:.>       , .' ムイ从}                 変わらないよ、ライダー
            `ゞ: :.> __ .イ   rx=i三==---_ァ
        r―=イ  ヽ:.         {ハ      {             面白そうなら、僕は付き合う
        }       .',          }ハ.      }
        ノ ヾハ  __../        {:ハ      ',             最初から、僕は変わらないさ……はははっ
      /_____ =ニ /           }! }   ___x<>、
   ,<三ニニニニハ ',.       , -‐^ / / , <ニニニニ ヽ
  f´ニニニニニニニ∧.' ,   ‐'´   .,イ レ'ニニニニニニニ >、
  }∨ニニニニニニ.∧ .' ,     ,イ ,イニニニニニニニニニニ           「……ええ、そうですね」
..ノ ',ニニニニニニニ.∧ ヽ   / ,イニニニニニニニニニニニ
,'   ',ニニニニニニニ∧  `ヽ/  ,イニニニニニニニニニニニニ
    ',ニニニニニニニ.∧    .,イニニニニニニニニニニニニニ            じゃあ、近々接触しようか……ランサー組みにさ、はははっ
    ',ニニニニニニニ ∧   ,イニニニニニニニニニニニニニニ

3日目、夜



     ! !    !/_,,~-==''''''',   , .,'     .   く::`, '-=7-'、::::::::, ' , ', -'  /
       ! !    `、!  , '  ,'   ,! ,'   .::.  ハ:...  `::::::::::::....  ` く/~  , イ`- 、,.イ
      ! ` 、   ハ ,'  /   ,!  i   ハ:::. ハ:::... `、::::::::::::::::::.......`=、イ::::::::::::::::::::
       `、 ` 、  >'   /  .:::::!  i   :::::ハ:::. .ハ:::::::::::`、:::::::::::::::::::::::::::::::.` - 、::::::::::
        >、>'   .:i  :::::::,、 ::ハ  :::::::i、:::::::ハ` 、:::::::::`、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
 =、====='~ , イ   ..::::::i ::::::/ハ :::i、 :::::::i `、:::::::! -_'_`_、:::`、 i:/>-i 、 、___:::::::::::::::::       「なら、この辺りはどうだ?」

   `ヽ、 , イ  ....::::::::::::::::i ::/-`=夂iハ  ::::i >`、:i 、_,i  7~` `!' ,! .i::::` 、
   , イ .....::::::::::_, -,= i ` ハ:/ 弋、云` 、 ::::'、 !==、``彡='    ) , !::::::::::` 、       埠頭か……確かに人気は少ない
, -='~___,,,, --='~  / .:`、ハ. ! ~`== ' ~   i `、:゙、   __|| i~'~  <, , イ:、-、::::::::::` 、
~~~~           / ..:::::::,,>ハ         ,'   `   | i~     , ,.イ i:::::`、 ~`= 、:::`、    ここなら拠点にしている者も……
         , '...._,.-='~  `ハ       `       .ヾ.、   ,!'::::,:::::i::::::::ハ
                 `、      ,_=_=_、    ヾ、,/i ,'::::::ハ`、::::ハ
                       >、     !,',,,,,,,,ノ   , イ /i:::/ハ,'~,===`==`-,      「だが待て、その裏を書いて教会周辺は?」
            ___,, --== /.:::, イ 、   --  , イ  / i:/- ∥ , -- 、:::::/

       , --==''~ , ==、   // .:,'::::::i\   ,イ.   /  i::::::∥ ,i' , ==i.i::/
       `、    i i i   ` 、-= ,'::::, ' i  ~~     /  i::::∥ / /::::::,! :::)
        ` 、  ハ `、 ::::::::`, i '~   i          /   i:::∥.::! !:::::::/::::/



貴方「いや、駄目だ……あの辺りは目立つ」

セイバー「そうか、ならば…………疲れたな」

背凭れにうなだれながら、セイバーが天井を仰ぐ。

貴方「……ああ……帰ってきてずっとだ……」

二人とも、随分と疲弊している。

セイバー「……コレで見つからなかったら、どうする……?」

貴方「……一緒に叫んでやる」



行動安価
1、会話 ※セイバー、純愛
2、使い魔
3、索敵
4、探索
5、自由安価
>>下




           l{ {: : :.| ; ; / {; : ト : 、;  ; } : : }
        {| |: : : : :|: :|: :|;' !ト: : |、: : }、: :}: j : : : j|
        {| { : : : :|: :{:/l|-、 {|ヘ: {_>、:}ト; :}:リ: : : :}|
        {| i:|: : : :{: ly=!=-' ヽヽ{ =ヘ{= y: : : : :j:|            お疲れ様です、二人とも

           {| }:} : : :{'、{          ,' : : : :/: l
         { }}: : : :.:ヽ    __'__   /: : : :/: : :l           お茶ですよ……安物ですが
         ヽ.}ヘ : : : :.i:`:...、 ` ´ ,..:':.{: : : :イ; : : :|
          .K.|: : : :.:|,..:.:.}:.:`..::.':´:.{:.:{: : : : } ヘ: : |
          { . |: : : : |`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:./|: : : :.} ,イ: :l       「おお! すまないなライダーのマスター!
        /. .`.|: : : :.|. . ヽ:.:.:.:/. . |: : : :l'´. . ヽ}

        ヘ. . .|: : : :.!`ー -、.V.,. .-‐'l: : : :}. . . ∧         資料だけでなく、紅茶もくれるとは」
       { .ヽ. . |: : : :.! . . :,イト; . . |: : : l. . ./. }
       /. . ヽ |: : : :l . . //|ハ. . .{: : : i. . ./. ; }
      /ヘ. . ` l: : : :}. . ./〃| } }. . .{: : :.l. ./. . `、〉        ユーミでいいですよ、セイバーさん

      /. . .ヽ. . .l: : : }. . `'.{ l| ト'. . }: : :l. .レ . . . ヽ
      /. . . . .ヽ. . l: : :}. . . | l|| }. . .ヘ: :.}. .{. . . . .}
     /. . . . . 、 . .{: :.j. . . .|_|||_}. . . .}: :}.〈'. . . . . .},



セイバー「……それにしても……」

チラ、と盆に置かれたティーカップを見る。

セイバー「てっきりマスターの事を邪険にするかと思ったんだがな」

三つのカップのうち、一つを持ちながらセイバーは疑問を投げかける。

ユーミ「ふふふ、殺意や憎悪は他の感情と両立できるんですよ」

セイバー「そうか、深いな!」

ユーミ「ふふ、それほどでも」

それぞれ談笑しながら、三人とも休憩する。




会話候補
1、「……そう言えば、君の願いはなんだ……?」
2、「そろそろ、本格的に同盟を組まないか?」
3、「……いったい、なんの感情と両立しているんだ?」
先に2票


貴方「……初耳だな、それは」

ユーミ「言う暇が無かったんです」

明らかにユーミの方から話し合うタイミングを奪っていた、とは口には出さなかった。

貴方「……いったい、何の感情と両立しているんだ?」

ユーミ「はい?」

若干、顔を引きつらせながら尋ねる。

ユーミ「……そうですね、なんと形容しましょうか……」

顎に手をあて、目を閉じ思案する。



感情判定
高いほど……?
>>下コンマ




                   -‐::::: ̄ ̄:::::::‐‐

                   /::::::::::::::::へ::::::::::.:.: .:::::::..\
                   /:/ ::/ :.:.:.:.:. :.:.\ .:.:::::::::::::..:::ヽ
                  ,.'::::/::.... . . .... ...:.:.:.:::ヘ:.:.:::::::::::: :::..::::.      憎悪、執着、親愛、嫌悪
             /:::::;:':::::::::i::::::i::::::::i::::::::::ハ:::::::::::::: :::: :::::..
               ’:i::::|::::{:::::| ::::ト::::::ト::::\、|::::::::::: |:::::: ::::.      友愛、慈愛、否定、理解
               ,’ i::::|::::{‐‐ト i:| 、:i-‐\-:|::::::::: i|:::::: :::::ト
           {i  |::八::rf斥xN  ゝrf弍ゝl::::::::::i|:::::: ::::::| `、           愛していて、愛おしくて
           i!  |::::::::ハ Vrツ    Vrツl:::::::::il::::::: .::: : |:::ト::、

                  |::::::::∧""  ,     "" |:::::::::l:::::::: :::: : i::::|  \      憎くて、嫌いで、大嫌いで
                ∧:::::::込    _ ,    。イ::::::::i::::::::l ::: :i::::|   \
             ノ个:、/i::::::>...__ 。s≦z l:::::::::ト i::::l ::: :              殺したくて、汚したくて
              /::::::::/ ;:/{   {三三三7l::::::::l }:::l ::: i :::::i
               /::::::::/// .{   {三三Ⅳ l::::::::|,=l:::ト::: :: : |            独り占めしたくて、見たくも無くて
           /::::::::/:::::/       マニ/   |::::::::l l:::l 〉:| :::
            /::::::::/:::::/   乂  ,y  ,x≦l::::::::l l:::l i:| ::: l          嫌いで、嫌いで、大嫌いで
           ,::::::::: ::::::/   ,,  ,ヾ介”    ::::::::l jリi  i:|V::
            ,':::::::: :::::::'   〉  /iiiハiiii〉    i:::::::l,     |:| V: :l       傍にいたくて、傍に置きたくて
           ,::::::::/:::::;'   y  /ii/ i! V    |::::::li    从 }:: :l
        /:::::::/:::::::    ,'  ゝ  ii       |:::::ii       、:: :l          無関心、無理解、苦手、深愛
         /::/ :::::::∨    {       i!       |:::::{;      }:::::|
      /::/:  {::∨    {      i!      V::乂       i:::::|             ……だから、殺したいんです
       /::/::: 人:'     .,       i!       リ'     从::::i
     ,:::::::::::{  /      从      ji       / ..:    ,' {::: :i
     .::::/:::::::V/      /::::}      i!       / /    ,’ {::: ::i
      :::/{:::::::::/      /::::::}      i!      /      ∧ {:: ::i
      {:::人::::/      /:::::::::ト    j{   .,/     Vvrv7: ::i



セイバー「…………そう、か……」

一息で羅列された言葉をセイバーは処理し切れず……理解できず、そう生返事をする。

ユーミ「口に出したら、私、私、私私、押さえ切れなくなってしまいそうで、私、わたし私、私、わたしわたしぃ……」

ゆっくりと、ゆっくりと、その頬は紅潮し息は荒くなる。

セイバー「…………え、ぇっと……」

随分前からお手上げなセイバーは、チラッと自分のマスターの方へ向く。

ユーミ「ああ、ああ、ああ、ああ、ああ、ああ、ああっ! 私の愛しい人を奪って、私の愛を奪って、最後に私をかき乱して……!」

カタカタと、ティーカップを持つ手が震える。

ユーミ「先生と同じくらい、愛歌ちゃんと同じくらい、ライダーと同じくらい……殺したいんです、愛したいんです、独占したいんです」

ブツブツと、既にたわ言の様に呟く。

ユーミ「愛を愛して、故意に恋して、私は……私は……私は……ぁぁぁぁぁああああああああああああああああああッッッ!!!!!」

どこからか取り出したメスが、真っ直ぐに彼の眼球を目指して走る。

セイバー「―――ッ!」

咄嗟に彼女の腕を掴もうとセイバーの右手が前にでる。



.




 `'~     /    ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::, イ   .............:::::::::::::::::::::::::::::,/              , イ
   _ , -,7~   ....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, イ  ....:::::::::::::::, -=,7:::::::::::::, イ               ,イ
 ~ , イ   ...:::::::::::::::::::::::::::::::::_,, ,/ ...:::::::::,、-=' ~_, -=':::::::::, イ      ,       /ヽ
 /   ...::::::::::::::::::::::::,::::::::广~/....:::,,- 、<,~-` '~ --====='    , - '~./        /   `、
   ...:::::::::::::::::, -< i~ ,i:::::/ /_, -='~ i ='~次≦=ヾ''''''' =- 、 __, .イ:::::::::, '      ,.イ/i    .`、
 ...::::::::::::, -='~ ,、` i .i::::/ '='~     i  .i匸次冬ミi、    ,i:::::::::::::::,イ     , イ .,i .i      `、
:::::::::::::::::::、   、 ! < i::::ハ       ヾ、 乂 巡,,,_,ノ゙ミ、 ,  ,i::::::::::::,イ     /:/ i::::i       `、
::::::::::::::::::::`、  ハ ` .ハ.i:/         `、_ `=-- ' ./ ミ.i ,!::::::::,.イ    , -'~:::::i  i::::i        ,>
::::::::::::::::::::::::`、  `、  !           ``=-、_ ,'  ,.イ:::, イ    , -=~i:::::::::,.イ !::::::i     , イ~
::::::::::::::::::::::::::::>、   `、     ,           ` ,イ:::/ _, =⇔=_、_,イ::, イ, -'~:::::::,!   , イ
::::::::::::::::::::::::::,' `、 _,ノ -=''~ ,'            ,.', イ _, =' i ' i升,~`>',, -i'~::::::::::::,.イ /

:::::::::::::___,,,,, '-==''`~     /           , イ-='~   ヽ、乂 `彡`,ミノ::::::::::, '  /|
-=' ~~, ==、           /                        ヾヽ_~_/,.':::, -='  /  .i             俺もだよ
/, ='~ ` 、 `、       /                     ,.イ//-=~'~_,,, -=='.     i
..'      i .i     ./、                   , イ _/,, '~-7~~ .`、::::::::::    !         お前が、好きだ
 ..::   ..:::i i    / `、           ,、=_'__`ヽ、     フ/   /.     ハ:::::::::     !
.::::::::........::::::! i   ./    `、        !    `i_、 >   ∥   , '     ハ:::::::    .,!
:::::::::::::::::::::,! i  ./     `、        ` 、  ,!/    ∥, ='~       i:::::::   ../
::::::::::::::::::,' ,.'  ./        `、       -、 ` '    , -''~              i:::::  ./
:::::::::::::, ' , '   / i       `、          , ∠__________________________,,,,,,i::::   /    ―――メスを握った右手を左手で包むように受け止める。
 -='~ , イ   / i        `、      _, -'~               /i:::: /
`==''~     /  .i         `>、_ , -'~:::::   , -'-、~ヽ         /  ,!:: /
::::::::      /   i        , イ /,,,,,,__:::::::::::::, イ   ハ. i       /   i::/
:::::::    /    !      ,イ  ,イ-'   ~~` >':::::::::::::  ! !   /       /



貴方「ありがとう、俺も……あの日目にしてたときから……変わらず好きだ」

そのまま左手で引っ張り、彼女を抱きしめる。

ユーミ「……ふふふ、大好きです」

貴方「ああ」

ユーミ「大嫌いです」

貴方「ああ」

ユーミ「独り占めしたいです、殺したいです」

貴方「ああ」

ユーミ「……嬉しいです、憎いです、気持ち悪いです、愛してます」

貴方「……ああ、わかった」

あやす様に彼女の言葉を聞き、ただかみ締めるように受け入れる。

……そうした時間が、緩やかに過ぎていく。

セイバー「………………現代は怖いな……」

漸く口に出したそれは、二人に届くことは無かった。



.


貴方→純愛【愛】
純愛→貴方【混沌】
を取得しました。



ちょっとご飯。

3日目、夜、ルーラー


行動判定
98、イベント
7~5、接触
4~2、何もなし
1、戦闘
>>下コンマ


クラス判定
0、???
98、セイバー
76、ランサー
54、アーチャー
3、ライダー
2、バーサーカー
1、アサシン
>>下コンマ




                    . . : : : : ̄: :`: . 、
                  . . : ´: : : : : : :‐-: :、: : : \
           ,. :´ : : : : : : : : : : : : 、: : :` 、: :、:\
.             /: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ 、/:.ヽ';ヘ、:.、
.           ,: : : : : : : : : : : : :.、 : : : : : : : \`,ニX:ヘ\:、        ああ、来てくれたのね
         l: : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : :/ lc、∨:ヘ  ヽ
      _   |: : : : : : : : : : : : : : : : :\ヽ、:./ 乂リ `'<_
      !. `ヽ|: : : : : : : : : : : : :.∧: : / ヽ!`       -、 V ` ヽ       ―――土蔵の中で作業している少女が、訪問者に向かい振り向く。
     _!_ .!: : : : : : : : :V: : : :.∧:.l:', /^        :::::  V
    '‐‐‐-_. ニV: : : : : : : : :V: : : :∧l: !,f`c、     ,.ヘ l:::  ∨
     ,イ´: : : :ヾ,: : : : : : : : :∨ : : : ヘ:.ll、::ソ      /:::ノ !:   ∨     「ええ……黒の陣営……で間違いありませんね?」
.     l: : : : : : :./:lヽ‐------∨ : : : ヘl ̄       `´ , '     ! ヽ
.     |: : : : : :.,': :.l  \: : : ー;-\: : : ∧.      ,. <      ! .:l
.     |: : : : : :.!: : :!、  |. ゝ--ヽ_\: : ∧‐―u ´./ ヽ.l       :::!    ,. ┐        そう、黒のバーサーカーのマスター
      l: : : : : :|: : :.! \  | \ ::l:::::: \: ∧_   /: : :/l  :.    .::::::|    .l:Y l_ト、
     l: : : : : :!: : :.|  \ |、  ヽ:::::.  \:ヘ `ヽ--、': :ヽ ::::::... ,ィ=='    l::l H .l     衛宮 夕那……そちらは?
.      l: : : : : !: : :.l     / lヘ  |.       \:、 \:.!!/',`ー--'         ヾヽ.E l
.     l: : : : : !: : :.!   l/::!:::\!        `   \!、 V           l::l イ
      l: : : : :.!: : :l   /:::::::::::.                 \|._┐          !::! Ⅷ    「あ、ああ……
     ',: : : : : : : l  〈::    :::.           , -―- 、\` ‐- _       l_:! Ⅷ
      ',: : : :!: : :l   |∨   ::.       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ`!    ./     .}. Yム.、    俺は、ルーラーのマスターだ」
       ',: : :lヘ: :l.   ヘ.∨  ::..       /:.:.:.:.:,斗―-、:.:ヘ'    ./       {  ̄` ‐ニ ヽ
       ',: :l. V    ', \       /:.;.:<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\', _  l.        l   u.   {
         ∨       .ヘ ヘ\     !:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ. ヽ‐'      .,  ´       f
                `ー',:\   .!:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l/_     ./       ,   l┐
                 ,イヘ:.:.:\ l\}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!l ヽ= ' ゛     ./'r--r '
                   /:.:.:.:.V:.:.:.:`:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ:l. (),'     u  /  ';:l_l|
                ,>f:.´:.:.:.:.:\V:.:.:.:.:.:.:.:.:,l\__:.:.:.:.:./:.:,イ ./     /__   .ヽイ
            l  i|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:..{l、:.:.:.:.:.:.:.:./:.:./ Y    /:::::::::::ヽ
            l  i|:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\` ====イ   /   /:::::::::::::::::::::!
             l  i|:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\____/  ,. ':::::::::::::::::::::::::::::!
              l   l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/` ‐- イ `ヽ::::::::::::::::::::::/::'
               l  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(:.:/:.:.//|ヘ  .|::::::::::::::::::/:::'
               ∧   \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.――:.:.:.:.:.丿:.ノ' |/__|_::::::::::::::/::,'



衛宮「……そう……なるほど、ルーラーにも細工がされているみたいね……」

そう言うと、まじまじとルーラーを見る。

衛宮「話は、赤の陣営についてかしら?」

ルーラー「ええ、赤の陣営は徒党を組んで正規の参加者……黒の陣営を殲滅しようとしています」

二義坂「それを防ぐために、俺達も徒党を組む事を呼びかけている……すでにキャスター組と接触できている」

そうルーラーのマスターが言うと、少女は腕を組む。

衛宮「……それじゃあ、一つ条件……出して良いかしら」

ルーラー「条件……?」

警戒するように、ルーラーが尋ねる。

衛宮「ええ、多分参加していると思うんだけど……一人、保護してほしい女の子がいるの」

二義坂「女の子? 君との関係は? いや、その前に名前と特徴か……」

いつもの様な受け答えをすると、夕那は語りだす。

衛宮「金髪で、小学生くらい女の子で……名前は、殺生院 アキラ……私の、血の繋がらない妹」



.

3日目、イベント


陣営判定
0~6、黒の陣営
5~1、赤の陣営
>>下コンマ


クラス判定
98、セイバー
7、ランサー
6、アーチャー
5、ライダー
4、バーサーカー
3、キャスター
2、アサシン
1、ルーラー
>>下コンマ


陣営選択 ◆
1、セイバー
2、ライダー
3、アーチャー
4、ライダー
5、バーサーカー
6、キャスター
7、アサシン
8、ルーラー
>>下3までで一番高いコンマ


二桁目の高い方でルーラーです。

状況判定
98、イベント
7~5、捕捉
43、接触
21、戦闘
>>下コンマ


イベント判定
9~7、接触 good
6~4、捕捉
3~1、ハードラック
>>下コンマ


陣営判定
0~6、黒の陣営
5~1、赤の陣営
>>下コンマ


クラス判定
98、セイバー
76、ランサー
54、ライダー
3、バーサーカー
21、アサシン
>>下コンマ




        イ/////|.//レイ//,レイ////////ハト、|\/////////',
      /イ///////////////////´``´∨//////////////,i           ……これは……セイバーか?
      ´ 从/////////////////;    ';/ハ'/ハ//////////|
       .〃 l///从'///リ'|'////lV/i     i'/|.l/!|∨////リ⌒ヽ
        |'//,l|//l |;l/!.|ハ/ハリ V,|    ._},リ-サ=∨///|'ノ  |      「そのようですね……
        |/l|'// l|ミ:|、|:|.l/| |l! ';l|   .ィ云ニ、¨¨.アリ∨/   ' l
          .l/||〉∧弋lト元ト;:| リ ニキ'´イ.:〈//しイ/  }リ .lわ/ /        赤のセイバー、だと思われます」
        Ⅵリ Ⅵ:,l::弋;ソヘ|      ` ゞ‐' ´     Y   /
            }ハ     }              ,-r‐'
              .∧.    ;′              / v‐、       ―――使い魔の視界を共有し、お互いにその姿を認識する。
              ヽ   ヽ、           ,.:′ V∧
                \   、___     /   ./   \
                 ` 、 .ー      .ィ   /     l‐ 、      よし、これで三騎士は残るはランサーだけか……。
                   / >,...__ ..<   , イ      .イ  ∨ミ、
                  ,-/   l|      .イ         ,' |:  ∨
             .ィ7 ;′     リ    .ィ           .;' |   ヽ
            ≦   / .,'    . ∨/             ,'  l     ∨
     ≦         ./ ;   /`ヽ'イ.ヽ              ,'   !
 ./ .,          ;   //∧ ー‐く 入             ,'  ;
./   ;'          i  ///ィ==ミ ヽ:\         ./  ;′



ルーラー「ええ、先の戦闘で一気に二騎、アーチャーとキャスターでしたから……後衛となるサーヴァントは残るはアサシンだけと考えていいでしょう」

二義坂「となると……赤の陣営に残された手段は正面からのぶつかり合いだけか……」

顎に手を置き、そう思案する。

ルーラー「ええ、そうなれば数の優位を相手は活かして来るでしょうし……いち早く黒の陣営を纏める必要がありますね」

指を一本立て、ルーラーはそう結論付ける。

二義坂「ああ……今はキャスターとバーサーカー……残りの黒の陣営とも合流したい」

ルーラー「その通りです……ですが、もう遅いですね……」

既に時計を見れば殆ど朝に近い。

二義坂「……流石にもう寝るよ……明日に備えてな」

ルーラー「はい、お疲れ様でした」

軽く頭を下げ、お互い寝床につく。



.


……あそこで0を出されたら、あんな展開にもなる。

純愛ってイイヨネ!

そして失敗し続ける探索判定……ナンナノ?(ぶつけるあての無い怒り)

明日のコンマは全て上手くいくと願って、今日はここまで。

次回は18:00から。

おやすみなさい


夢判定
5以上で成功
セイバー >>下コンマ
貴方 >>下2コンマ




                                                   、__ノ::\|\
                     / フ"'- 、                         、 _,..、フ::::::::;;;;;冫ヽ\
                    //    "'- 、                      \::::::::下、._   ヾ \
              //          "'-=、ニニニニヽ、___           ∠;;;;;;;:::::∠_     .>
             //            "'-、    ヽ、\           /:::::::::::::::// ㌦;ァ フ
             //                     "'-、   ヽ、\       __   ̄フ:::::::::メ   厶イ
            //                        \   ヽ、\    /:::::\Fニニニニ7 丶.冫′
        /7~""''' ‐- ...,,__                     \    \ \ Fテ〒ラテ〒テ≡ヽ `k'⌒′
      //          "'''- .._                    \..   `i ∨////////|\   \|))ラア
     //                ``丶、:_:::::::....          \..  i i   |  || || `\  V.〃
    //                      `'ー-;;_:::::...         \..  i i 「  .|| ||   `\_V_》
  //                          `'ー-;;_....       \ i /   \X=====(d=||☆
 //                                `'ー-、_        /   ./\`====(d=||=|
//    ................................................                      "'- 、   /   /\____i    (d=||=|
   ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...............                "'-/   /  \ i    (d=||=|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......................../    /"'-  \i   (d=||=|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\   /─── ̄ ̄ /─┴-|!
                                          |\\ |    / /三三三三ヨ
                                          |  \`i  /  /.//    |   |
                                      ................:::::::|    |/   // //      |/ |
                      ................::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|___|   / ./ //     / / \
             ....................::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|i i \/  i //      /|    \



夢を視た。

「随分低く飛んでいますね……王よ」

見覚えのある王が、従者とともに旅をしていた。

「ああ……竜、だな……」

「竜ですね……格は低そうですが……竜に違いないでしょう」

頭を掻きながら、王と従者は接近しつつある竜をみる。

「……王よ……」

「言うなよ」

そう言い、王は剣を抜く。

「……とにかく、倒さなければならない……」

「ああ、はい……そうなるとは思ってました……行ってらっしゃいませ」

馬から降り、剣を向ける。

「行くぞ、竜よ!」



.



        /,r<7/ニリ三≧       { i
       '_,.. r y'三三三.(,,,ノr<     =、マヘ
      ./ ノ三三三三ニrハ 、  ヘ    マ=' ハ
      }='ニ}三三三三//、ヘ、  ノ.}    }-` }
      r'ニママ、_____ ,、.//:::/>ミニヘ   ノ  .リ
      }三ヘマヘ________//ヘ、{三彡' }r、r'">、}
      i!三 ミ、------イ三三`r、ヒイヘニr, ゝ./
     .i!.三ニ/ヘ三三三三三ニ} ヘ三ニヘ`vr'

     .i!三 /  \三三三三ニ|'"ンヘr/'"フ
     i!三 }   <三三三三ニ/    `'"
      i!三,r`≦三三三三三//ニ>
     、 7三三三三三三ニ i!i!r/ }

      {三三三三三三三 //ニ`}
 r-='"三、ニ三三三三三三'/三三i!
../' ̄  マ三三三ニ>'>イ三三 }
      ヘ三三 / ,r<三三三ニ リ

      /三三三三/ア三三三ニ/
     /三三三三/ /三三三ニ/



誰かが、守らなければならない。/崩れ行く街をみた。

誰かが、保たなければならない。/壊れ行く人をみた。

平和な世界を守らなければ。/壊れる条理も守るべきだ。

生きる人を生かさなければ。/死ぬべきものを殺すべきだ。

「では、俺はどうする?」

何もかもを守ろう。/何もかもを壊そう。

「それは人の生きる道ではない」

だが、誰かがやるべきだ。

悪を殺し、悪を肯定しよう。/善を生かし、善を否定しよう。

「均衡を保つものに」

「揺れ続け、ただ壊れない天秤に」

「崩れぬ天秤に、不動の天秤に」

とっくに、ヒトの道で無いなら。人の生き方で無いなら。

「たった一人でもいい、俺だけでも……世界の均衡者に……」

……誰かは、きっと俺なのだろう。



.

4日目、朝



                  /.:.:.:.:.:.:.:.:_.:/:〃.:.ム'.:./|:.:.}:.|
                  /.:.: .:.:.:.:.//.:.://.:./.:.:/ノ.:/:/  ノ}       …………夢か
             / .:.:.:_//.:. //.:./:///.:ム 彡 ´
           / ..:.:.:.:.ム‐ ´  \' /.:./'  ':/.:.:.:/...:.:.:/.ィ      ―――いつもよりも目覚めの悪い朝を向かえ、起き上がる。
              / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:`'‐:く .../:ム..:/.:.:.://
          |.:.:.:.:.:.:.:.:\_.:≧、.:_____.:.:>´ ̄:`ヽ

            \:.:.` ‐く`{,.ィ汀 u  `;} 「} |、:.:.:.:.:.:.:.:.:.‐< ̄`
            \.:.:.:.:\ り'}}ァ u   Vノ \:.r、.:「二 `             「お早う、マスター……
                `7¨` 《_   '. c  ヽ `ー‐≧、__
                    <     ̄ `ヾ/}         ///;:´ ̄` 、        どうだ、手は……ほら、メスの」
                   ー'L     /;〈  、 \ /:; ',.´/        \
                    \_. '´ \ }  '/://.:./          ヽ
                           `, _/.:.} }:.:.|           '.   ―――そう言われ確認すると、大分塞がってきていた。
                             }∥ ://.:.:.|           '.
                              /:.:.//.:., イ   ヽ _     \
                              」.:.:.://.:.//:|        ` ー



貴方「ああ、もう大丈夫だ……戦闘に支障は無い」

セイバー「それは良かった!」

ニコニコと笑ったかと思うと、すぐに暗いものになる。

セイバー「……あの……ユーミだったか? ……怖い女だな」

貴方「そうだな、怖い女だ」

はははと笑い、朝の身支度をする。



行動安価
1、会話 ※セイバー、純愛
2、使い魔
3、索敵
4、探索
5、自由安価
>>下




  ∨ヘ::l r': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::..  : : : : : : : : : : : : .::::::::::::::::::::::/

‐-..,_∨ヘ! l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::. : : : : : : : : . :::::::::::::::::::...  : : : : : : : : : . . ::\/
: : : : ::∨', l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .::::::::. : : : : : . :::::::::::::::::::::::::::::::::::.....  : : : : : .\
\: : : ::∨': : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::... : : : : : . -、::;;,_::::::::::\T:::r-- -、:::::::::::::::::::::::::::::..... \

∨\: : :∨',!: : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::\彳!``ー-ニ=-/ヽ、 .}::::::::::::::::::. : ̄: : :ー- .\

 \ ヽ、_:V.l: : : : :. : : : : ::::. : : : : :::::::T  ̄ >、‐-ニ=-      i! }-'  /::::::::::l ̄ ̄ ̄   ―-  '.,
   ヽ、 ヽ!: . : : :. : : .:∧::::. : : :::::::l  /弋ノu:ソ/      ノフ /::::::::::::!           l
 -=≦`ヽ、l: : . : : :::.  :::r-、ヽ、... ::::::l/ .} _,,..¨¨-i rァ     __./::::::::::::::!           l
    `ヽ、!: : .:::. :::::::.::::!`ィu:ソ>:::::::::',  '´   l r'       ハ:::::::::::::::::::::            l
      /: : .:::::::.:::l-l::::lヽ、_¨- '` \::::',      .l l  __ _ 」ハ-― -l            l       行くぞセイバー!
.     /: : .::::::/',:::! l::::∧     / \,      i ト、 ',:.:.:.:.:.:.:_,.-―-...、:.:.!              !
    /: : .:::/  ',:l/::::::::∧   く   \    `ヽ、、!:.:.:.:/:::/;:;:;: ̄ヽ、:l     r-、     !
.   /: :::/    /::::::/__ハ   `             .l:.:.:.l::::l;:;:;: : .  .Ⅵ     l:.:.:.:.}      !
   /: /     ハ ̄ ̄:.:.:.:.:.:` ,、    ' ̄     /.l:.:.:l::::l;:;:;:;:;:;:;: : : :l!    ,′:.:.:!     .l    「おお!」
.  //        `,:.:.:.:.:.∥: ::::::ハ`:.:.、      ./  l:.:.:l::::l;:;:;:;:;:: : ;:;: l    ,':.:.:.:.:.;    .l
./            ヽ:.:.:{:{ : :::::::::ハ:.:.:.:.ヽ、  /    ,i:.:.:ゝヽ:;:;:;:;:;:;/ー―-∥:.:.:.:.,′.,___ l
              ヽ:.:ヽ:、: ::::::::::}:.:.:.:.:.:.::',"     / l:.:.:.:`ー--‐¨:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.,:.:l__

               ヽ:.:.ゝ、ニ=-':.:.:.:.:.:.:_,.ヽ、  ./  i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:/:.:.:.:.:./:.:.:./::::-、_,.-'´:::::;.- ー
          __    ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  l 〉    rニ=!--:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/:.:.:.:.:∥:.:./:_;::::::/:::::::::::/ . : : : :
      ,.-‐.'´. ,. -'´:::::::::ヽ、>:.:.:.:.:.:.:.:.:/.   ′    l:.:.:.:.:`' 7:::::7:.:.:/:.:/:.:.:.:.:.∥/:.:.:.:.:.:)::::::::∥ . : : : : : :
    /. : : : : /:/:/ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、___    __l:.:.:.:.:.:.:/::::::/:.:.:/:.:.:.:':.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./-、::::::{ . : : : : : : :




貴方「ちょうど叫べる場所も見つけた」

セイバー「おお!」

貴方「……行くぞ!」

セイバー「おおっ!」



探索判定
5以上で成功
>>下コンマ 日中:-1


陣営判定
9~7、黒の陣営
3~1、赤の陣営
>>下コンマ


※………………(吐血)


特殊判定
9~7、全員集合!
6~4、顔見知り
3~1、???VS???
>>下コンマ




              ,  '
            /: : : : : : : : : : : : : : : : .`ヽ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧        ……ああ、いやだ
        /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
      /. : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .     こんな所で卒業生に会うだなんて……
    /: : : : : i.:.: : : :i: : : : :: :: ::∨: : : : : : : : : : : : : ヽ

   / : イ.: : : :l:.:.: :i: :ト: : : : :: :: :::∨: : : : : : : : : : : : : : .
 / ´  |:.: : : :| : : :ヽ|丶: : : : :: :: ::∨: : : i : :i: : : : : : : :i    「俺は嬉しいんだがな

.       l.:.:.: : :|.:.: : : :|―\:.:.:.|: : : 仆\从イ.:.: : : : :.|: :.l
      .!:.: : : :丶 : :ト| _ _.\|\厂 辷=''|: : : イ: : |: : }           ……御月、久し振りじゃないか」
      .. : : イ.:.:.\| 辷='' 丶       |: ::/|: :/: : :l
       l: :/.|: : : :ト      .i       |: ::/:.| / : : : !
       |/   \: : :|ハ     ゝ        |/:.:.| : : : : : .
      !   | \ | 人             イ!<. :!: : : : : : .丶
           |: : : ヽ: : :ゝ .   ⌒  .∠ |) \― 、: : : : : .\
           |: :|:: : : : :|.‐{ > _ イ   /   |   >ー―
         . ┴┤::: : : :| .|   | |      /   .|         \
        /   .|: :i: : ::/..|  | .ゝ  .::/     |               \
       .{     | : |: :/ .|   .|   .::/     .|             }
     /      .|: ::|/   .|   |    /       . |               \
      |     |: : |   .|  .├―┤ .___|        i       \
    /       |: : :|     ̄>|  ..|   \  ====  /         \
   ./        .| ト |  /  |  ..|    \        | |             /



御月「……彼、今もトラウマみたい」

彼女の指す彼という言葉に、一人だけ思い当たった人物がいた。

貴方「ああ、喜多原の奴か……どうだ? 大人しくなっているか?」

御月「だから、貴方のせいで火が消えたように静かよ」

その言葉に、若干罪悪感を感じる。

御月「……腹の探り合いって、嫌いなの」

そう言い捨てると、真っ直ぐ向き直る。

御月「私は、『黒』よ」

じゃあね、と短く別れを告げ、もと来た道を戻っていく。

セイバー(嫌われているのか?)

貴方「無関心なだけだよ、まあ……いつも通りなんだ、あれで」

小さく笑い、同じ様にもと来た道を歩いていく。



.




                /: : : : : : : : : : : : : : :\

               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.。      おや、おやおや
               ′: : : : : :l: : : : : : : : :∧: : : : : : 。
              ,: : : : : : : :/l: : : : : : : : ':  ,: : : : : : :。    代行者が、何故こんな所に?
              ,: : : : : : : ,: |: : : : : イ: l:.|  .,: : : : : : : ,
               |: : :|: : :/l: |: : : / |―― ,: : : |: :|:.|
               |: : :|: , ――.,: : : , / /ィ乞i |: : : : :.|:.|     「……お前か……
                从: |:l |"乞 |: : /      |i|: : |: :|: ,
           / |: : : : :|  ': :/       :|: : |/^|:       一応、ここが俺の生まれ故郷だ」

           ,  |:M||                |: |/ヘ/,
                |j ' ,:..             ’//
               ,: :。    ´  ̄       ィ: :/リ        ……なるほど
               マ \          /|/
                    ,     ,.  _|廴         良い事を聞いた
                    〕 ー -≦ニニニニニニ}

                     -≦ニニ} |ニ|ニニニニニニニニ∧
                 |ニ|ニニニ/:| 、ニニニニニニニニ∧
                 |ニ|ニニ.〈  |ニニ 、ニニニニ≧≦ニニ≧x__
                 |ニ|ニニ’ 〕|ニニ \/ニニニニニニニニニニニニニニ≧x
                 |/ニニ 〕|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニニ
              ≦ニニ/ニニ .〕|ニニニニニニニニニニニニニニニニ./ニニニニニニ

           ≦ニニニニニiニニ  〕|ニニニニニニニニニニニニニニ /ニニニニニニニニ
        /ニニニニニニニニ.|ニニ   〕|ニニニニニニニニニニニニニィニニニニニニニニニニ



貴方「……それで、何をしに……?」

そう尋ねると、おどける様に答える。

薊「俺はマスコミだ、記事を書きに来ただけだよ……くく」

含み笑いを浮かべる顔に若干イラつきながら、まだ続ける。

貴方「参加者と見て、いいのか?」

薊「さぁ? そう言う君こそ、いつか言っていたバランサーの通り、監督役の手伝いでも?」

その言葉に、少しだけ眉を動かす。

貴方「マスターだ、と言ったら?」

薊「同じ黒だと願いたいね」

貴方「……ああ、残念ながら……暫くは生かさなきゃならない様だ」

やれやれ、といい肩をすくませ、暗い路地に帰っていく。

貴方「……出歯亀め……」

セイバー(嫌いか?)

貴方「……警戒すべき男だよ、それだけだ」



.




//////////////////////////////////////////////////////////
///////////////イ//////////////////////////////////////////
//////////////__l//////.!'//,.イ////.l///////////}∨//,!V/////////             ひぃ!

'////////////  .l'////-!/// l//// !゙//////////l V//!_V//lV/////
////////i///  .////  .l// ̄!///  .l///////////_,.-!'/} ∨/!∨////
/////// i// , -///¬-、.l/!  .l///   l/////////l'/   .l/l   l'/l V////       ―――背後から、危機覚えのある声……悲鳴がする。
'////// .{'/" //ヽ    `l'l   .!'/,!   .l/////l///.l/   ,. }/--l/!  l////
'/////!/il ./'i  , ゙   l'!  l'/,!  l//// .l'// ,.' /  ,lγ ヽ.l'!丶 !////
/////lヾ !   !    !     !  .l/!  l/// ,'//   !   ,' , !'′ }////
/////,! ヽ   ヽ ノ       ゙{  .l//′//    、  !  ノ  //////
///∧ヾ \、_        ,. ´/   ! l/   /'       ヽ、  ` ´   /.!'////
'///,∧゙、 `ー- ̄ ̄´ ´  /   /              丶` ー ´ " l'//.l//
'////∧             u                  ヽ       !'/ l//
'/////,∧                             ノ   u .!/  l//
'///////,\                      ,.   /      /'  .l//
///////\ヾ、                   "         /'    l'//
/////////\     U



貴方「喜多原! ちょうど今さっきお前の話しをしていたんだぞ」

喜多原「………………っ」

どんどんと、顔色が悪くなる。

貴方「久し振りだな……そうだ、お前から見て御月はどうだ? 何か変わったか?」

しかし気付く素振りもなく、肩を組む。

喜多原「……ま、え、あ、は……」

貴方「もう暴れてないか? 不良の真似事なんてして無いだろうな?」

喜多原「!!」

髪を振り乱して、ブンブンと頭を縦に振る。

貴方「じゃあな、大人しくしてろよっ!」

背中を叩き、その場から離れる。

……そのまま、少年は衝撃で顔から地面に激突する。



.




                         ___
                       ....::´::::::::::::::::::::::::::::::...
                      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ

               //::::::::::/:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                  /:::/::::::::::::.:::::::|::i::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::i
              /:::::{ ::::l:::::::|:::::::|::i:ハ::::::::!::::::: |:::ト、::::::::::::::|
                 |::::::::|:::::l:::::::|:::::::!::{  li::::::l:::::::::.::::!:::ヽ::::::::::!
                 |:::i::八::::ヽ_:|::::: |/ ノl:::从:::::: l::::|:::::::i:::::::::|        かっこ悪いっすよ、イジメ
                 |i::|:::::::::芹ミ|ハ:八 ィ芹ミz::!:::::: |i:::「ヽ::l::::i::::|
              八ト、:::八ヒヅヽ ´ ヒz;ヅl:ト;::::::|i:::l_i/::l::::i::::|
              |i:::ヽ::::i l!      `|   )八リ:::|/::::|::::l::::|          「……お前か、紫蘭」
              |i::::::::::::. '      'l''   i}:/:::::i:::::::|::::|::::!
              |i::::--|込、、__   :!   ,.'|i:::::::l:::::::|::::i::八
             ノ'/// |::::::`ト .`  _l ,.∠ |i:::::::l:::::::|::::l/

               |//:.八::::::|`ー<. 厂 ̄_八:::: l:::::::|:从
               |////:.\:!// |/` ー=ニ___ヽト、八{`ー‐  _
               |//////////:|//∧ }::::::::/\ }///|//////`ヽ
               |//////////:i///∧ l:::::::{  Ⅵ///|/////// .
               |//////////:|l://∧!:≠ヘ.  }////|//.:'/////:i
              .///////// ノィ\//∧- 、::::∨////、.:゙//////|

               ∨///////{///:ハ//∧  \:ヾ//チ//\{//// |
                    ∨/////∧∨///\/ヽ  丶}:.//∧//\//八
                   ∨/////∧∨///////\.  {///////∧∨/ i
                 _∨/////∧∨/.///////\j//////////:!/∧
                    (_∨/////八//////////0}}/////////ィ //∧
                  ト--ヽ//////〉ー―----一'"´ ̄ ̄ ̄}>{_-- 、!
                  ト-- ∨ ,// / //////////////// {/ / ̄ `丶{_
                `⌒ー∨ { / /////////////.:/ ̄∨   `  ヽ\`!
                       ∨////// __厶---<__    \__ } } } |
                     `¨¨ ̄ ̄            ̄ ̄ ̄ ̄ゝァ'/! 八}
                                         `¨



紫蘭「ゲンメツっす」

貴方「好きにしろ」

そっけなく、そう答える。

紫蘭「……ツンケンしてるっすね……嫌いっすか? そんなに」

貴方「いや……苦手だ」

簡潔に答え、さっさと帰ろうとする。

紫蘭「良く無いっすよー! 先輩が先輩虐めてるの! 後輩の教育的にもー!」

大声でそう叫び、さっさと登校を再開する。

セイバー(……意外と、人を嫌うんだな)

貴方(何故だろうな……同属嫌悪か?)

ふと思いついたそれを、自分で一笑にふす。

貴方「馬鹿馬鹿しい」



.

4日目、朝、行動判定


陣営判定
0~6、黒の陣営
5~1、赤の陣営
>>下コンマ


クラス判定
98、セイバー
76、ランサー
54、ライダー
3、バーサーカー
21、アサシン
>>下コンマ


行動判定
9~7、イベント
65、捕捉
43、接触
21、何もなし
>>下コンマ


イベント判定
9~4、接触
3~1、戦闘
>>下コンマ


陣営判定
0、???
98、セイバー
7、ランサー
6、アーチャー
5、ライダー
4、バーサーカー
3、キャスター
2、アサシン
1、ルーラー
>>下コンマ



               >::: l{,,,,,=-z _,,
           _,,. ‐''"::::≧:::=-::::::::::::ミミ
           フ:::::::::::::::::/::::ヽヘ::::::::::::::\
           /:::/:::::::::/::l:::::::::ト:::::::::::ヽ::::::ヽ
         /イ::/::/:::::/l:::l:::::l::::lヽ:::::ヽ::::}::::トミx_
          /::/::::l:::::::/ l::l::::::li i:l ヽ:::::ヽ:::::::ヘ
         j::::j::::::l::::::l__ l::l:::::::iヘ:l_マ:::k:::l::::::l
         / ィ:::l:::l:::l:l_ l:ヘ:::::l リ _V:l:::l::::::トヘ
          l::::n:::l:从苡` ヘ:ハ 弋少l:l::::r i:::l          ……あー、怖かった
          l∧:l:::::il , , ,    , , , /::::l:lノ:::l

          l  j/l::ト     ヽ   u/イ:::ソヽ
             ヘ::ヽ   _ ., 、_  イ:リ              (災難でしたね)
              lハ:::> /ヘ\/从
               r イ< /, -- |` y
              イ il::l l{ /`¨ l ト=-
          _,,. '"三 ヘ::`イ / r  l l三三へ            ……もう、暫くはゆっくりしたいね……

       _,,.‐''三三三l  ヘ ::`t/ l   l/三三三三=-z_
      j三l三三三三=l  ヘ  ヽ k  l三三三三三イ/k
     l l三|三三三三i| vヘ ト  } ヽ  ヽ三三三三il|/j \
     l l三|三三三三iレ'=ヘ)ヽ lヘ \ / |三三三三|/:: ヽ

     l l三l三三三三三ヘ彡ヘ } l j /  l三三三三l :::  l

     l h三l三三三三三レヘ Y A      k三三三l :::   |
     |  レl三三三三三=l三l  l=ム  / ∨三三|::::   |
     |  ∨l三三三三三|三A ム=>=イ   ∨三lil:::   |



喜多原「……休んじゃおうかなぁ……」

そんな言葉を吐きながら、徐々に学校への道から外れる。

喜多原「はぁ……怖いよ、まったく」

大きく溜息を吐きながら進む足は、非常に重い。

喜多原「まったく、困っちゃうよね……ねえライダー?」

ライダー(ええ、そうですね……っ!」

相槌の途中で、ライダーは実体化する。

ランサー「……どうやら、当たりの様ですね……」

ライダー「マスター……下ってください」

殺生院「きーちゃった、きーちゃった! ライダーって言ってたよ! ランサー!」

二人に相対するのは、青年と少女。

喜多原「くぅ……まさかここで黒の方のランサーかぁ……」

苦虫を噛み潰したように、苦い顔をする。

殺生院「……黒?」

ランサー「問答無用!」

ライダー「っ!」

上段からの槍の振り下ろしに、短剣でそれを逸らして防御する。

喜多原「とにかくまずは森に行くよ!」

ライダー「っはい!」

マスターの少年がそう言うと、ライダーはマスターを連れ走り出す。

殺生院「追いかけて! ランサー!」

ランサー「承りました!」

同じ様に、ランサー達も追跡を始める。



.


と言うあたりで、今日はここまで。

(00はいら)ないです。

次回で今年の投下も終わり、そのまま新年にいきます。

……間違っても0を二個以上つけないように、いいね?

次回はいつも通り18:00から。

おやすみなさい

◆ランサー 筋力A 耐久C 敏捷A 魔力C 幸運E
◎ルーラー 筋力B 耐久B 敏捷A 魔力A 幸運C

耐久 +14、-13で決着
魔力差 対魔力で無効
幸運差 発生

ランサー
神の加護 マイナス補正一つ無効、成功以上で追加+1
魔性菩薩 相手補正一つ封印