成歩堂龍一「児童ポルノ法…異議ありッ!!」バンッ!(3)

20xx年…近未来…

全ての裁判が三回の審議で済まされる制度が成立してから数年…

法廷では今まさにとある重大事件の審議が行われていた…

石原「…というわけで我が児童ポルノ法により被告人は…」

成歩堂「…異議ありッ!!」バンッ!!

アグネスちゃん「…なッ!?」

ハミちゃん「…負けないで!…ナルホドさん!!」

サイバンチョー「異議を認めます…」

石原「…ですが!」

矢張「そうだ!おっさんはだまってろ!!」

サイバンチョー「被告は少し静かにしなさい!」

サイバンチョー「成歩堂君は何を根拠に被告は無罪であると主張するのかね?」

成歩堂「はい!…それは…」

サイバンチョー「それは…」

成歩堂「被告人、矢張とハミちゃんはお互い同意の元でエッチしたからです!!」

ハミちゃん「…////」カァ…

アグネスちゃん「なんですって!??」

イトノコ「なんてうらやま…けしからん!!!」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom