ミカサ「朝起きたらふたなりになっていた」(31)

ミカサ「どうしよう…」ビンビン

サシャ「いや、どうしようって言われても…」

ミカサ「これではエレンに嫌われてしまうかもしれない」ビンビン

サシャ「エレンはヒロイン属性持ってるから大丈夫じゃないでしょうか?」

ミカサ「…これをエレンのお尻に…?」ギンギン

サシャ「じょ、冗談です!そんなことしちゃダメですからね!?」

ミカサ「(´・ω・`)しょぼーん」ギンギン


ミカサ「でも、このままではエレンには会えない」ビンビン

サシャ「ズボンを履いてみても目立ちますね、その大きさは」

ミカサ「どうしよう?」ビンビン

サシャ「そういえば!確か、それは精力を放出すると小さくなると聞いたことがあります!」

ミカサ「そうなの?誰に?」ビンビン

サシャ「コニーです!」

ミカサ「精力を放出とは、どういう意味?」ビンビン

サシャ「ミカサ、知らないんですか?」

ミカサ「…?」ビンビン

サシャ「エレンのお尻にとか言ってたのに、そっちは知らないっておかしくないですか?」

ミカサ「…分からない。どうしたらいいの?」ビンビン

サシャ「…仕方ないですね…私に任せてください」

ミカサ「…?」


サシャ「さぁ、その寝間着を脱いでください!」

ミカサ「…?分からないけど、なにか案があるのなら…」スルスルスル ビンビン

サシャ「精液は大豆やお肉と同じ成分だったはず…ということは、お肉と同じ味が…!///」

ミカサ「サシャ…?」

サシャ「いただきます!」パクッ

ミカサ「…んっ!?!?!?」ビクビクッ

サシャ「んちゅ…じゅるじゅる…」

ミカサ「サ、サシャ…何をしているの…?///」

サシャ「じゅる…じゅるじゅる…ぐちゅぐちゅ…」

ミカサ「んんっ…///」ビクビクッ


サシャ「んぷっ…何か不思議な味がしますね…」シコシコ

ミカサ「サシャ…やめて…///」

サシャ「大丈夫ですよミカサ。こうやって静を放出すれば、きっと小さくなりますからね」シコシコ

ミカサ「んんんっ…!///」ビクビクビクッ

サシャ「おや、ここが気持ち良いんですか?」シコシコ

ミカサ「んひっ…!///」ビクビクビクッ

サシャ「おぉぉ、汁が染み出てきましたよ!さぁミカサ!我慢しなくてもいいですからね!」パクッ

ミカサ「んくっ…!///」ビクビクビクッ

サシャ「ちゅっ…じゅるじゅる…」

ミカサ「んっ…はぁっ…サシャ…来る、何か、来る…!///」ビクビクビクッ

サシャ「いいれすよ、らしてくらさい…じゅるじゅるじゅる…」

ミカサ「んっ…ふあぁぁぁっ///」ビュルビュルビュルッ

サシャ「んぐっ…んっ…んんっ…」ゴクゴクゴク

ミカサ「ん…はぁっ…はぁっ…はぁっ…」ビクビクビク

サシャ「ぷはっ…ごちそうさまでした…お肉ってこんな味でしたっけ…?」

 
ミカサ「はぁっ…はぁっ…サ、サシャ…」ビクビク

サシャ「はい?」

ミカサ「小さくなっていないのだけど…?」ビンビン

サシャ「おかしいですね…出したりないのでしょうか…?」

 カランカラーン、カランカラーン!

サシャ「はっ!朝食の鐘です!ミカサ、私ちょっと行ってきますね!」

ミカサ「サシャ!?」

サシャ「大丈夫です、ミカサは今日は具合が悪いから訓練を休むと伝えておきます!」

ミカサ「い、いや、そうではなくて…」

サシャ「では失礼します!パアアアァァァァァァン!」


バタバタバタ バタン!


ミカサ「………」ビンビン

ミカサ「…どうしてこんなことに…」ビンビン


  食堂


エレン 「うぅ~腹減ったな」

アルミン「今日は朝から立体起動の訓練だから、しっかり食べておかないとね」

エレン 「そうだな。お、クリスタ。おはよう」

アルミン「天使!(おはよう、クリスタ)」

クリスタ「おはよう、ふたりとも」

ユミル 「ん、なんだ、今日はまだミカサのやつ来てないのか?」

エレン 「あれ、そう言えば姿が見えないな…」キョロキョロ

クリスタ「寝坊かな?」

エレン 「あ、サシャ!」


サシャ 「あ、エレン!おはようございます!」

エレン 「ミカサは?一緒じゃねえのか?」

サシャ 「あぁ、えっと…ミカサは今日は具合が悪いそうなので、部屋で寝てます!」

エレン 「あいつが?珍しいな」

サシャ 「ミカサも人間ですからね。たまにはそんなこともありますよ」

エレン 「そっか。まぁ、そうだな」

サシャ 「ちなみに私はミカサの分の朝食をいただくことになってますので、これで!」

エレン 「おう」

クリスタ「ミカサ、具合いが悪いんだ…大丈夫かな?」

ユミル 「平気だろ。それより早く食べないと食いっぱぐれるぞ」

クリスタ「あ、うん!(訓練前に様子を見に行ってあげようかな…)」




  女子寮


ミカサ 「………」ビンビン

ミカサ 「……お腹が減った…」ビンビン

ミカサ 「でも、この姿で食堂に行ったら、エレンになんと言われるか…」ビンビン

 コンコン

ミカサ 「! 誰…?」

クリスタ「私。クリスタ。ミカサ、大丈夫?入ってもいいかな…?」

ミカサ 「クリスタ…?ハッΣ(゚□゚;)!ちょ、ちょっと待って…!」フトン被リッ

クリスタ「お邪魔します」

ミカサ 「クリスタ、何か用?」

クリスタ「具合が悪いって聞いたからさ。厨房の人に頼んで、病人食作ってもらったよ」

ミカサ 「…ありがとう…(マジ天使)」

クリスタ「いいえ。ここに置いておくね」カチャン


クリスタ「風邪?辛くない?」

ミカサ 「…大丈夫。伝染るといけないから、出て行った方がいい」

クリスタ「ちょっとなら大丈夫だよ。熱はあるのかな…?」オデコ コツン

ミカサ 「…(ドキッ)!!」ビンビン

クリスタ「あれ…けっこう熱いね…」

ミカサ 「…(近い…クリスタの顔が近い…ドキドキ)!!!////」ギンギン

クリスタ「すごい熱だね…待ってて、手拭とお水も持ってくるね」

ミカサ 「(どうして…?エレンではないのに…胸が高鳴っている…!ドキドキドキドキ)」ギンギン


ミカサ 「待って、クリスタ///」ギンギン

クリスタ「どうしたのミカsっ!?」グイッ

 ドサッ ガバッ

ミカサ 「ハァハァハァハァ…////」ギンギン

クリスタ「ミ、ミカサ…!?そ、それ、どうしたの…!?」ドキドキ

ミカサ 「…分からない、朝起きたら生えていた」ギンギン

クリスタ「それって…男の人のアレ、だよね…?」ドキドキ

ミカサ 「サシャが、精を放出すれば小さくなるのではと言っていた…その…だから///」ギンギン

クリスタ「…?」ドキドキ

ミカサ 「少し、手伝ってほしい…////」ギンギン

クリスタ「……分かった。友達が困っているのに、それを見て見ぬふりはしないよ」ドキドキ


ちょっと休憩



 ギシギシ ゴソゴソ ギシギシ


クリスタ「ミ、ミカサぁっ…早くっ…」クパァ

ミカサ 「ク、クリスタ…本当に良いの…?」ギンギン

クリスタ「と、友達を放ってなんて置けない…///」ドキドキ

ミカサ 「クリスタ…(キュン)」ギンギン

クリスタ「だから、早くぅ…」

ミカサ 「わ、分かった…」ギンギン

 ヌプ ズプズプ

クリスタ「んっ…あぁっ…!」

ミカサ 「んはぁっ…クリスタ…ごめんなさい…!///」



クリスタ「いいよ…友達のためだもん…だから、動いていいよ…」

ミカサ 「う、うん…」グチュグチュ

クリスタ「あぁっ…すごい、ミカサの…太くて…///」グチュグチュ

ミカサ 「くふっ…!クリスタの中…締め付けてくる…!」グチュグチュ

クリスタ「ミカサ…もっとぉ!もっと激しくしないと…精を全部出せないよ…!///」グジュグジュ

ミカサ 「わ、分かった…んくっ!」グチュグチュパンパン 

クリスタ「ひゃぁぁっ…!奥…!奥に当たって…////」パンパングジュグジュ

ミカサ 「んはぁっ…んんっ…!ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…!」パンパンパンパン

クリスタ「いいっ!ミカサ…気持ちいいよぅ…////」ズンズングチュグチュズンズン

ミカサ 「クリスタっ…ごめんなさい…出て、出してしまう…!」パンパンパンパン


クリスタ「いいよっ!膣内に、膣内に出してっ!私の膣内に出して、元のミカサに戻って!////」パンパングジュグジュ

ミカサ 「クリスタ…んくっ…!」パンパンパンパン

クリスタ「んひぃっ…あぁっ!ひゃぁっ!///」グジュグジュグジュ

ミカサ 「ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、んぁっ」ビクン

 ビュルッ ビュルッ ビュルッ ビュルッ

クリスタ「あっ…ひっ!な、膣内に…出てるぅ…////」ビクンビクン

ミカサ 「んっ…あぁっ…んくっ…ハァ、ハァ、ハァ、ハァ」ビクンビクン

クリスタ「ふぅ…ふぅ…ふぅぅ…ミカサぁ…」ビクンビクン

ミカサ 「クリスタ…ごめんなさい…」ビクンビクン

クリスタ「いいよ…友達のためだもん…気持ち良かったし…」ビクンビクン


クリスタ「それで…元に戻ったかな…?」

ミカサ 「………」ギンギン

クリスタ「……まだ、足りないのかな…?」ドキドキ

ミカサ 「分からない…」ギンギン

クリスタ「もっとしてみようか…」ドキドキ

ミカサ 「……いいの?」ギンギン

クリスタ「だって、元に戻らないと困るでしょ?」ドキドキ

ミカサ 「……困る」ギンギン

クリスタ「それなら、協力するよ」ドキドキ

ミカサ 「クリスタ…」

クリスタ「ミカサ…」

  「おぉーい、クリスタ!訓練始まるぞ!」

ミカサ 「!」

クリスタ「!!」


ユミル 「おい、ただの見舞いにしちゃずいぶん長くないか?」

 ギィッ

ミカサ 「ユミル…!」

ユミル 「お、おい…ミカサ…!お前ぇ…!」

クリスタ「ち、違うの!ユミル、誤解だよ!」

ユミル 「ミカサ、お前、アタシのクリスタと何やってんだ!」ギリィッ

ミカサ 「ユミル、違う。話を聞いてほしい」ギシッ ヌポッ ギンギン

ユミル 「なっ…お、お前…そ、そ、それ…!?」

ミカサ 「…朝起きたら生えていた…クリスタは、これを治してくれようとしたけ」ギンギン

クリスタ「そ、そうなんだよユミル!でも全然収まらなくって…何かいい方法知らない!?」ギンギン

ユミル 「ク、クリスタ…?」

クリスタ「なに…?」ギンギン

ユミル 「あんたも…それ…」ドキドキ

クリスタ「えっ…?えぇぇっ!?」ギンギン


クリスタ「ど、どうしよう…伝染っちゃった…!」ギンギン

ミカサ 「…ユミル、協力してほしい。クリスタのためにも…」ギンギン

クリスタ「ユミルぅ…助けて!」ギンギン

ユミル 「くっ…!な、なんだ…体が、動かない…!?」

ミカサ 「ユミル…」ギンギン

クリスタ「ユミルぅ…」ギンギン

ユミル 「(まさか…アレのせいか…!?クリスタやミカサに生えてるアレが…アタシの意識を…!?)」

ミカサ 「ユミル、お願い」ガシッ

クリスタ「大丈夫、痛くしないから…」ガシッ

ユミル 「くっ…や、やめっ…」

ミカサ 「さぁ、ユミル…」ギンギン

クリスタ「ユミルぅ」ギンギン

ユミル 「あーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ♀」


  訓練場

キース 「む?アッカーマン訓練兵の姿がないな…」

アルミン「はっ!ミカサは本日は体調を崩しており、寮で臥せっています!」ビシッ

キース 「ふむ…アッカーマン訓練兵らしからぬ失態だな…」

アルミン「教官もそう思われますか…?」

エレン 「あれ、そう言えばサシャもいないな」

アルミン「えっ?あ、ほんとだ」

キース 「…妙だな…レンズ訓練兵に、カロライナ訓練兵の姿もない…」

エレン 「クリスタと一緒のユミルもいないみたいだな」

キース 「…レオンハート訓練兵!」

アニ  「はっ!」

キース 「貴様、すぐに寮へ戻り様子を確かめてくるんだ」

アニ  「私が、ですか…?」

キース 「不満か?」

アニ  「いえ。了解しました!(めんどうだね…)」


  女子寮

ミカサ 「ハァ、ハァ、ハァ、ハァ」ギンギン

ユミル 「………」ピクピク ビンビン

クリスタ「………」ビクビク ビンビン

ミカサ 「どうなっている…?クリスタに、ユミルまで…」

ミカサ 「私のコレも収まる気配がない…」ギンギン

ミカサ 「それに、女子が一定距離に近づくと劣情が抑えきれなくなる…」ギンギン

ミカサ 「私の体に、何か起こっているの…?」ギンギン

  コンコン ガチャッ

アニ  「邪魔するよ」

ミカサ 「アニ…!」フトン被リッ

アニ  「なんだ、いるのね」

ミカサ 「何の用…?」

アニ  「来たくって来たわけじゃない。教官にあんたの様子を見て来いって命令されたから来ただけだよ」

ミカサ 「そう。私は問題ない。だから帰って」


アニ  「そうしたいところなんだけど、他にも何人か所在不明のやつがいてね。あんた、何か知らない?」

ミカサ 「…し、知らない」

アニ  「…珍しいね、あんたが動揺してるだなんて」

ミカサ 「…!」

アニ  「あんた、何か知ってるね…?」カツカツカツ

ミカサ 「それ以上、近づかないで」ギンギン

アニ  「そうもいかないんだよ。こっちは命令されてきてるんだ」

ミカサ 「それ以上近づくと、あなたも無事では済まない」ギンギン

アニ  「(カチン)へぇ…具合いが悪いにしてはずいぶんと威勢がいいね」

ミカサ 「…本当のことを言ったまで…」ギンギン

アニ  「良いよ、分かった…あんたとは一度どっちが上か確かめておきたいって思ってたところさ」ババッ


ミカサ 「アニ…!ダメ!」ギンギン

アニ  「今更遅いよ!何か知ってるんなら力づくで吐いてもらうからね…!」ダダッ

ミカサ 「アニ…!」ガバッ

アニ  「なっ…!?」

ミカサ 「だから、ただでは済まないと言ったのに…」ギンギン

アニ  「あ、あ、あんた…それっ…」

ミカサ 「ごめんなさい、アニ…」ギンギン

アニ  「…!?」

ミカサ 「もう、手遅れ…」ギンギン

アニ  「あーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ♀!!!」



アニ  「んっ…はぁっ…///」ズプ ヌププ

ミカサ 「んくっ…アニの膣内…一番キツイ…」ズプズプ

アニ  「そりゃぁ、鍛え方が違うからね…あっ…はぁっ…」グジュグジュ

ミカサ 「んはっ…!ギュッとしないで…」ビクビク

アニ  「…そっちが奥まで突っ込むからでしょ…!そ、それで、どうなってんのよ、これ…」ビクビク

ミカサ 「分からない…朝起きたら、生えていた…」ビクビク

アニ  「ただ生えた、ってワケでもなさそうだね…」ビクビク

ミカサ 「そう…何か、意志を支配されているような感覚がある…」ビクビク

アニ  「そうだと思いたいね…そうでなきゃ、どうして私があんたなんかと…」ビクビク

ミカサ 「同感…」ビクビク


アニ  「そっちに転がってるユミルとクリスタは?」ビクビク

ミカサ 「私と交わったあとに、生えて来た…」ビクビク

アニ  「ってことは、私も同じ運命、ってわけね」ビクビク

ミカサ 「恐らく」

アニ  「…もう、どうでもいい、と思ってるのはコレのせいだよね…?」ビクビク

ミカサ 「…そうだと思いたい…」ビクビク

アニ  「……////」ビクビク

ミカサ 「……////」ビクビク

アニ  「や、やるならさっさとやりなよ…////」ビクビク

ミカサ 「わ、分かっている…////」グジュ…クチュッ…

アニ  「んっ…はぁっ…くっ…////」クチュッグジュッ

ミカサ 「んんっ…アニ…!ギュッとしないでと…言ったはず…!」グジュグジュ

アニ  「そ、そんなこと言われたって…あんたが変なトコ突くから…んはぁっ////」グジュグジュ


ミカサ 「くふっ…アニの膣内がキツイのがいけない…////」グジュグジュ

アニ  「んんっ…くっ…あぁ、もう、じれったいね…一思いにやりなよ…!////」グジュグジュ

ミカサ 「アニこそ、抵抗しないで私を受け入れるべき…んっやっ…!////」グジュグジュ

アニ  「さっさと終わらせるんならこれでいいっ…んっ…でしょっ…くぅっ…!////」グジュグジュ

ミカサ 「ひっあぁっ…!ギュッとしないでと…言った、のにぃ…ひっ…!////」グジュグジュ

アニ  「あっんっ…あん、たが…のんびりやってるからっ…でしょっ…!////」グジュグジュ

ミカサ 「だって、アニの膣内キツ過ぎて…ひっ…あっ…ダメっ…出るっ!////」グジュグジュ ビクン

アニ  「んっ…ちょ…えっ…?んくっ…はぁっ…!////」グジュグジュ

ミカサ 「んはぁっ/////」

 ビュルッ ビュルッ ビュルッ ビュルッ

アニ  「んっ…はっ…あっ…////」ビクンビクン

ミカサ 「ハァ、ハァ、ハァ、ハァ…////」ビクンビクン

アニ  「……ふぅ…////」

ミカサ 「くふっ…////」ビクンビクン ギンギン


アニ  「…出したわりに、まだずいぶんと固いみたいね…」

ミカサ 「今朝からずっとこのままで困っている…」

アニ  「へぇ、そう…」ムクリ ドンッ

ミカサ 「っ!?」ドサッ

アニ  「……その気にさせておいて、自分だけ楽しもうだなんて思わないことだね…」ガバッ

ミカサ 「んんっ///!?」グジュグジュ

アニ  「あんたに乗られてばかりじゃ気にいらないから、今度は私が乗ってやるよ…」グジュグジュ

ミカサ 「アニっ…そんなに擦っちゃ…んんんっ!////」グジュグジュ

アニ  「私に生えたら、今度は私があんたに出してやるからね…それまでにせいぜい搾り取っておくよ…!」グジュグジュグジュ

ミカサ 「んっ…やっ…あぁっ!アニ、ダメ…そんなに絞めつけたらっ…くひぃっ!////」グジュグジュグジュ

ミカサ 「あーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ////♀」


眠いので今日はおしまい。

また明日の晩にでも。

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom