仙石「え、京ちゃん休み?」(37)

綾崎「何かインフルらしいよ」

仙石「ふーん」

河野「心配ね」

綾崎「あ、仙石くん顔にやけてる。ちくっちゃおうかな」

仙石「っちょ!俺殺される」

石川「あれ? きょう堀休み?」

宮村「インフルエンザだってー」

吉川「頭いい人は大変だねぇ」

石川「吉川、バカでも風邪とかインフルエンザかかるからな」

宮村「あ、メールだ」

sub:授業のノート
本文:とっといて

石川・吉川((……男かよ))

石川(おかしいだろ。おかしいだろあのメール!)ヒソヒソ

吉川(彼氏に送るメールじゃねぇー)ヒソヒソ

宮村「わ・か・っ・た・ー……っと」


なんか違うな。

百合子「じゃああなた、京子のことお願いね」

京介「任せろ。しっかり看病しといてやる」

百合子「ところであなた、今日は仕事は?」

京介「今日は休みだよ」

百合子「あら、あなたって仕事してたのね」

京介「ひどくね」

堀「あたしは……大丈……夫よ……」ゼェゼェ

京介「いいから寝てろ。ほら」グイグイ

堀「ちょっと……押さないでよ京介」

百合子「じゃあ行ってくるわね」

京介「おう」

百合子「ところであなた、今日は仕事は?」

京介「さっき言ったろ。なんでまた聞くの」

京介「ほら、これで頭冷やして寝てろ」

堀「んー」

京介「なんか食べたいもんとかあるか?」

堀「京介……今日仕事は?」

京介「今日は休みだって。さっき聞いてたろ」

堀「仕事……してたのね……」

京介「してるよ。超してるよ。なんなのお前ら」

創太「ただいまー!」

京介「おかえり創太ー」

創太「パパがいる! パパ今日仕事はー!?」

京介「今日はお休みだよー」

創太「パパ仕事してたのー!?」

京介「ウワー息子にまで言われたー」

宮村「こんにちわー」

京介「お、宮村くんじゃん! いらっしゃい。なに? 京子? 京子に用事?」

宮村「あれ? 京介さん今日はお休みですか?」

京介「今日それ言われんの何回目かな」

宮村「……? あ、堀さんに頼まれて授業のノートとプリントとか持ってきました」

京介「ありがとねー。おーい京子! 宮村くんきたぞー!」

宮村「いえ、寝てるかもしれないから今日は帰りますよ」

京介「そうなの? つまんねー」

創太「おにいちゃんだ! おにいちゃーん! 遊んでー!」

京介「宮村くんなに飲む? 紅茶でいい?」

宮村「あ……はい、じゃあお邪魔します」

堀(のど渇いた……)ムクリ

堀(もうだいぶ楽になってきたな)トテトテ

京介「お、京子だ」

堀「あれ? 京介仕事は?」

京介「休みだって言ったろ。何回聞けば満足すんのお前ら」

宮村「堀さん、もう起きても平気なの?」

堀「んー、だいぶ楽になったから」

京介「じゃあおかゆ食べるか? 作ってあるけど」

堀「食べるー」

宮村「はい。頼まれてたノートと、プリント」

堀「ありがとー……って汚い! 字は読めるのになにが書いてあるかわかんない」

宮村「不思議だねー」

京介「ほれ、食べろー」コトッ

堀「ありがと」

京介「はい、宮村くんも」コトッ

宮村「おかゆを!?」

宮村「それじゃあまたね」

堀「うん、ありがとね」

京介「さて、洗い物するか」

堀「それくらいやるけど」

京介「いいって、まだ治りきってないんだろ? お前は寝てろ」

堀「……ありがと」ボソッ

京介「なんか言ったかー?」ガチャガチャ

堀「なんでもない。おやすみ」

京介「おう。おやすみ」

ネタが尽きた。
あとやっぱり何かキャラが違う気がする。

一応>>1だけど、1の続きから書く

仙石「はい、ジュース」

吉川「仙石ありがとー」

柳「あれ?これ一つ多くないですか?」

仙石「そんなはずないだろ。ちゃんと人数分、あ、京ちゃん休みか」

宮村「会長堀さんの分まで買っちゃったの?おっちょこちょいだね」

仙石「何となく君に言われるのはムカつく会長

綾崎「堀さんの分ってどれのつもりだったの?」

仙石「コーヒーの砂糖入ってるやつ」

河野「あれ?堀さんってコーヒー砂糖なしじゃないかしら」

仙石「え、そんなはずないよ。あの人砂糖なきゃコーヒー飲めないし」

乗っ取っていいのか?

原作みたく小ネタやってくわ

【びんた】

井浦 「ねぇねぇいしかわー」

石川 「んー?」

井浦 「女子にビンタとかされるシュチュってさ、興奮しない?」

石川 「……秀、はやまるな」

井浦 「なんかすげー傷ついた」

井浦 「ほら、あるじゃん昼ドラとかで」

井浦 「信じていた恋人が休みの日に知らない女と会っててやめとけばいいのに2人の前に出ていくみたいな」

石川 「あのよくあるやつな」

井浦 「それの男ポジに立ってみたい」

石川 「それで口論になってからビンタ?」

井浦 「そそ」

石川 「でもお前そもそも彼女いないじゃん」

井浦 「それだけは言ってほしく無かった」

石川 「お前彼女作ればいいじゃん」

井浦 「だから作るってなに?フィギュア?」

石川 「まぁそれでお前が満足なら」

井浦 「嫌だよぅ現実で女子とスキンシップとりたいよぅ」ナキウラ

吉川 「どしたーん?」

石川 「おぉ現実の女子」

吉川 「え、むしろなに現実じゃない女子って」

石川 「井浦がビンタされてーんだって」

吉川 「………」ドンビキ

井浦 「あーなんで結局そうなんの!?」

【びんた 2】

tv 『信じてたのに、裏切ったのね!』バチィン

tv 『うっ…ま、待ってくれぇ!!』

堀 「……ビンタがしたい」

宮村 (やばい俺死ぬかも)

堀 「ねーねーみやむらぁー」

宮村 (きた)

宮村 「なぁに堀さん」

堀 「びん」

宮村 「やだ」

堀 「び」

宮村 「やだ」

堀 「………」フルフル

宮村 「な、泣かないで堀さん!!」

堀 「じゃあビンタさせて?」ニコォ

宮村 (うわぁこんな満面の笑み久々に見た)

宮村 「いや、ビンタは痛いよ」

堀 「男なら気合いで我慢してよ」

宮村 「なにその根性論」

堀 「びんたびんたー」

宮村 (彼女にビンタを迫られてる俺って…)

京介 「父参上!」

堀 「なに京介帰って来たの?」

京介 「帰って来たよ俺パパだから」

宮村 「流石京介さん頼りになる!」

京介 「俺宮村くん大好きだ」

宮村 「あのね堀さん…」ゴニョゴニョ

堀 「なるほど…」

京介 「なになに俺も交ぜてー」

堀 「いいわよ」ヒュンッ!

京介 「」サァッ←髪にかすった

京介 「きょきょきょ京子?」ガタガタ

堀 「よくも宮村を誘惑してくれたわね京介」ヒュンッ!

京介 (死を覚悟した父であった)

創太 「おにいちゃん絵かいてー」

宮村 「いいよー」

【じゃんけん】

宮村 「じゃん!」

仙石 「けん!」

石川 「ぽん!!」

宮村 「」グー

仙石 「」チョキ

石川 「」グー

宮村 「石川くん!」ガシィ

石川 「宮村よ!」ガシィ

仙石 「」ズーン

柳 「なんのじゃんけんですか?」

石川 「おぉ柳」

宮村 「じゃんけんで負けた人が堀さんにちょっかいかけてくるんだって」

柳 「……気は確かですか?」

石川 「お前がそういうこと言うとエグいな」

柳 「だって正気の沙汰とは…」

宮村 「だって会長が…」

仙石 『はぁ別に京ちゃんとか全然怖くないしむしろ超得意だし』

宮村 「って言うから」

柳 「それ強がってるんですよ」

石川 「まあまあ見ておこうぜ」


仙石 「よ、よぉーそこのおねーちゃん俺とお茶してかなーい?」

堀 「………」シラー

柳 (無言…!)

石川 (突き刺すような白い目!)

宮村 (氷の女王!)

仙石 『はぁ別に京ちゃんとか全然怖くないしむしろ超得意だし』

宮村 「って言うから」

柳 「それ強がってるんですよ」

石川 「まあまあ見ておこうぜ」


仙石 「よ、よぉーそこのおねーちゃん俺とお茶してかなーい?」

堀 「………」シラー

柳 (無言…!)

石川 (突き刺すような白い目!)

宮村 (氷の女王!)

なんか2つになってたわ


仙石 「」ズーン

石川 「頑張ったよお前」ポンポン

宮村 「流石会長堀さんに面と向かってあんなことが言えるなんて…」

柳 「宮村くんは堀さんと付き合ってるんですよね?」

【戦慄】

宮村 「………」

tv 「取材班を乗せたバンとの連絡が途絶えてからおよそ一時間…」

tv 「流石におかしいとプロデューサーが窓から身をのりだそうとしたその時…」

宮村 「………!」ドキドキ

ちか 「宮村くんっ」ポン

宮村 「み゛ゃーーーっ!!」

進藤 「うおわっ?」

宮村 「うわぁぁぁちかちゃぁぁぁん!」ダキッ

ちか 「だ、大丈夫宮村くん?」ポンポン

進藤 「おーい宮村ー、彼氏の前で彼女に抱きつかないでくれー」

宮村 「なななんでまた進藤いるんだよもう!」

進藤 「おばさんに上げてもらったんだよ。てか前もこんなことあったな」

ちか 「前もあったの?」

進藤 「怖いならみなきゃいーものを…」ヒョイッ

『怪奇!呪われた村に巣食う悪霊たち』

進藤 「またベタな…」

宮村 「だって堀さんが置いていくんだもん…」

ちか 「堀さんホラー好きなんだー」

宮村 「うん」

宮村 (ホラーというか)

進藤 (スプラッタが)

ちか 「じゃあ今度遊ぶ時に一緒に何か見てみよ」

宮村 「やめといた方がいいかも…」

ちか 「なんで?」

宮村 「怖いからね…」

進藤 「あぁ…」

ちか 「堀さんそんなすごいの見るんだー」ニコニコ

宮村・進藤 (堀さんが…)

【パン】

綾崎 「じゃーん」ドッサリ

河野 「どうしたのレミ、これだけのパン…」

綾崎 「購買のおばちゃんにレミちゃん可愛いからって昨日のやついっぱいもらったの!」

河野 「そうなんだ…」

河野 (だからって貰いすぎじゃ…)

仙石 「もうどうして君は肉ばっかり…うお?」

宮村 「会長から奢って貰うと更に美味しい気がするんだ。あ、パンだ」

石川 「可哀想だからせめて体重を分けてやれ宮村。ってすげぇ量だな」

仙石 「うるさいな紫、あと宮村君それは勘違いだ」

仙石 「流石に貰いすぎだろ…」

綾崎 「だってタダなんだよ?」

河野 「少しは遠慮して、ね?レミ?」

綾崎 「はぁーい」ブー

宮村 「堀さん達呼ぼう」カコカコ

石川 「あ、井浦?パン食う?」

仙石 「相変わらずフリーダムだな君達は」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom