さやか「まどかがブラコン過ぎてヤバイ」(9)

ほむら「まどかとどうやったら家族になれるか考えたらその方法が見つかったわ」

さやか「え」

ほむら「それはたっくんと結婚すればいいのよ」

さやか「」

ほむら「何よその顔は」

さやか「や、止めといた方がいいと思うよ・・・」

ほむら「?」

さやか「まどかは達也を異常なほど愛してる、ブラコンなのよ」

ほむら「まどかがブラコンだって事は知っているわ」

ほむら「だけど、限度って物があるでしょ?」

さやか「ま、まあ・・・」

ほむら「それに私という妹もしくは姉ができるのよ?」

ほむら「まどかにとってもいい話じゃない」

さやか「わ、私忠告したから関わらないからね!」タッタッ

ほむら「・・・逃げた」

さやか(とりあえず、まどかはブラコン過ぎてヤバイんだって!)

さやか(この前だって達也の手握っただけで凄い睨んできたし!)

一方・・・・

まどか「マミさーん!」

マミ「あら、鹿目さん」

まどか「マミさんもお散歩ですか?」

マミ「ええ……こっちは弟君かしら?」

まどか「そうです、たっくん挨拶は?」

達也「たつや、さんしゃいでしゅ」

マミ「たっくんって言うのね可愛いわ」ナデナデ

まどか「・・・・・マミさん」

マミ「ん?」

まどか「汚い手でたっくんに触らないでください」

マミ「え・・・え?・・・」

まどか「可愛いたっくんに変なものが付いたらどうするつもりですか?」

マミ「ご、ごめんなさい・・・」

達也「??、まろかー?」

まどか「たっくんよしよし」ギュッナデナデ

達也「?、えへー」

マミ「(可愛い・・・・・・・・)」

マミ「鹿目さん・・・たっくんを」

まどか「気軽に呼ばないで下さい」

マミ「た、達也くんを抱きしめちゃ駄目かしら?」

まどか「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ちょっとだけなら」

マミ(ち、沈黙長かったわね・・・)

マミ「(まあいいわ)おいでー達也くーん」

達也「だっこー?」

マミ「そうよー」ニコニコ

達也「だっこー!」ヨチヨチヨチ

マミ「か、可愛い!マミお姉さんですよー?」ギュッーーーー

達也「まみー?」

マミ「そうよ、マミですよー」ギュッ

まどか「・・・・」チッ

眠い寝る、続きはご自由にどーぞー

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom