マ「はい、もしもしマリオです…」(55)

マ「…はい…はい解りましたすぐ行きます」
ガチャリ
マ「ハァ…っよし!」

ル「おはよう兄さん…
兄さんお出かけですか?」

マ「ん?なんだ起きたのかルイージ
いや、仕事だよ…いつもの…、」

ル「嗚呼、クッパ?あいつも
懲りないねぇww」

マ「本当にあのクソ野郎
面倒増やしやがって…」

ル「う~ん趣味が誘拐と監禁のクッパにも
困ったもんだね」

マ「って言う事だから襲撃を受けた
ピーチ城に行ってくるから留守番ヨロシク」

ル「待って!(ゴソゴソ)これを持っていくと良いよ♪)

マ「なにこれ?」

ル「武器や食料(キノコ)の
詰め合わせだよ持っていけば
役に立つかもしれないから」

マ「嗚呼、助かるサンキュー
ルイージ」

ル「へへ、
  どおいたしまして♪」

~ピーチ城目指して一時間~
マ「さてと着いたところで…
こりゃひでぇ城が
グチャグヤチャじゃねぇか…」

キ「マリオさーん!!
マリオさーん!!!」

マ「あ、キノピヨ無事か?」

キ「はい!!私たちは無事ですが
姫様が!姫様がクッパ!!」

マ「嗚呼、解ってる毎度
お馴染みのお約束だからな…」

キ「お願いします!!どうか姫様をお助けください!!」

マ「嗚呼、もちろんお約束だからな」

キ「あ、ありがとうごさいます!!!!!あと実は姫様の使いの
キノジィも一緒に捕まってしまったようなんでどうか助けてあげてください!!」

マリオ「わかった約束しよお
それでは俺は行くとするよ目指すはクッパ城だ」

キノピヨ「はい!!貴方の無事を祈ってます」

~クッパ城目指して三十分~

クリボウ「おい、お前マリオだろう?」

マリオ「…そうだがなにか?」

クリボウ「ケッケッケならばここを通すわけにわいかない悪が
ここで死んでもらう」ゲラゲラ

マリオ「あんまり調子に乗るなよ横歩きしかできないヤツが」

(ブチ!!)
クリボウ「…今なんつった?」

マリオ「あぁ?横歩きしかできないヤツがって言ったんだよ」

クリボウ「貴様は俺を怒らしたようだな!!もう許さん死ねぇぇ!!!!!」
クリボウは凄い勢いで突っ込んで来るそう横歩きで…
プゥン♪
それを軽々避けるマリオ
そのままクリボウ…ステージの
穴に転落

クリボウ「ぎゃああああぁぁぁぁあ!!!!!」

マリオ「……え?」

マリオはクリボウの
死を乗り越えまた強くなったのであった…。

マリオ「お、あれは
ハテナボックス!ラッキー♪」
(ドム!)
ボックス「いったぁい!!なにすのよバカ!」

マリオ「!!!!!??」
(え?ボックスが喋った?
……まさかなw)
(ドム!)
ボックス「痛いっていってるでしょう!?」

マリオ「…本当喋ってる……」



スミマセン今日寝ます
続きは明日必ず書くので

マリオ「…えーとボックス
お願、」

ボックス「ちょっと!
なんで呼び捨てなのよ!!止めてくれない!?」

マリオ「えっと…
ボックスさん?お願いなんだけど出来れば貴方のアイテムが欲しいんですけど…」

ボックス「ふ~ん…あげも良いけれど…」

マリオ「お、マジで?」

ボックス「た、ただし!条件があるは!#‐#」

マリオ「嗚呼、わかった何をすれば良いんだ?」

ボックス「……あ、私を満足させて…くれたら……良いよ////」

マリオ「……はぁ?」

ボックス「だ、だから私を気持ちよく出来たら
良いよって…////」

マリオ「気持ちよくって言われても…具体的にどうすれば?」

ボックス「最初は優しく
叩いて…だんだん慣れてきたら激しくしても構わないから…」

マリオ(クソ、何だよこの展開
っと言ってもこのままだと話が進まねぇ…)

ボックス「……やっぱり
貴方も私なんかとやりたくないよね…」

マリオ「はえ?いっいや別にそんなんじゃ…」
(ボックス相手にやるもクソも
無いだろ…)

ボックス「ふふ、良いの解ってたから私の事をやっぱり
ウザイって思ったでしょ?」

マリオ「…いや、
別にそんな事」

ボックス「でも嬉しかった♪
こんな口が悪いボックス相手に構ってくれて嬉しくて甘えて
貴方を困らしてしまった
わね…ごめんなさい…ッグス」

(彼女は(ボックス)鳴き始めてしまった)

マリオ「……俺の名前は
マリオって言うヨロシク」

ボックス「ヒック、ふぇ?」

マリオ「…ほら力抜いとけ
リラックスだ」

ボックス「マ、マリオ////」

マリオ(落ち着け俺とにかく
優しくソフトにいこう!!)

(ドム)
ボックス「……あっ…」
(ドムドムドム)
ボックス「あっあ、
いっいや!」
(ドム!ドム!)
ボックス「いっいっいや、はっ激しいよぉ」

マリオ「どうだボックス?」
(ドム!ドム!ドム!ドム!)
ボックス「いっいいよぉぉ!!
ス、スゴク気持ちいぃ!あと
ハテナでッあん!良いよぉ」

マリオ「ハテナ!、ハテナ!!」
(ドム!ドム!ドムドム!!)
ボックス「あぁあ!、
イクイク!!イッちゃうよぉ!
あぁんダメぇ!!
マリオ!マリオォ!」
ビクン、ビクン
(モリモリモリ☆)

マリオ「おぉ!!スターじゃないかこれは大事に持っておこう!
ありがとうお礼はどう…」

ボックス「……」
ハテナボックスからはさっきと
違って色が抜けハテナの絵も
無くなっていた…

マリオ「お、おいおいどうしたんだよ?何で何も話してくれないんだよ?」

ボックス「……」

マリオ「…ふざけるなよ!!
寂しかったんだろ!?これから
俺が居てやるからさぁ?」

ボックス「……」

マリオ「…なんとか言えよぉ……」

マリオ「クソ…クソォォ!!…」
その時自分てがとても暖かいことに気がつく
マリオ「あ、」
そこには優しい光を放つ
スターが有った彼女がくれた
スターが…。
マリオ「……ップ、そうだよな俺にはやることが
まだ有るしなこんな所でくよくよしてらんないな!」

マリオはスターをバックに
仕舞って歩きだした…。

マリオ「…やっと着いた
クッパキャッスル」

その時目の前にバーチャルの
映像が映った。

クッパ「グワッハハハ!!
よく来たな
我の永遠のライバルよ!!」

マリオ「うるせぇよ、その台詞
スーパーマリオシリーズで
何回も聞いてるぞ?
聞きあきたよ、ハァ…」

クッパ「う、うるさい!!
そんな事より貴様ピーチを
助けに来たんだろ?

マリオ「それ以外でテメェの
城に出向いたことなんて
ねぇだろ、まぁこれからもねぇがな…」

クッパ「嗚呼、確かにもう出向く事は無くなるな…そうこれで
お前もおしまいだ
ガッハッハッハッハ!!」

マリオ「…戯れ言はよせ」

クッパ「フン、
口が減らないなマリオ、

我輩は最上階に居るピーチも
そこに居る待っているぞ!!」

   ーープツンーー
高笑いと共に映像がきれた、

マリオ「…たく、
しょうがねぇな。」

さぁ、最終決戦の為に
マリオは最上階を目指す。

    ~最上階~
マリオ「ハァ…ハァ…ハァ…」

クッパ「フン、なかなか早かったな?カッカッカ!!」

マリオ「ふざけるな、お前の城
どんな趣味で作ってるの
知らんがもうそろそろ城に
マグマを配置するの止めろ…」

クッパ「なにぃ!?
お前はマグマ良さが
解らんのか!?」

マリオ「そんなの知りたくもねぇよ!!
何だよマグマの良さって!?」
(こっちはマグマに落ちかけて
死にかけてるんだぞ、)

クッパ「ってそんな事はどうでもいい。マリオ!ピーチを返してほしいのではないか?」

近くに大きな鳥籠の様な物の中でピーチ姫が倒れていた…、

マリオ「っ、ピーチ姫!!
貴様ぁ!!」

クッパ「カッカッカ、
心配するなちょいと眠っているだけだ、」

マリオ「二度と悪さ出来ないように甲羅のトゲ
全部へし折ってやる!!」

クッパ「ふっはっは!さぁ来いマリオォ!!」

マリオ「いくぞぉ!!クッパ!」

マリオ「うぉぉぉぉおお!!!!!!」
クッパ「うぉぉぉぉおお!!!!!!」

・・・・・・・・・・・・・

マリオ「ハァ…ハァ…っう!!」
    (ガク、)

クッパ
「ハァ…ククク…ゴハ!!」
   ( バタン!!)

ピーチ「マリオ!」

マリオ「嗚呼、
大丈夫だ問題ないそれより…
クッパ俺の勝ちだな、」

クッパ「……クックックックックックッ」

マリオ「うん?、なにが可笑しい!?」

クッパ「グワッハハハ!!
マリオお前は何も解って無いようだな!?」

マリオ「どう言う事だ!?…」

?「ほっほっほクッパ君
それくらいにしたらどうだ?」

ピーチ「な、何で貴方が?」

マリオ「……キノジィ何の真似だ?」

キノジィ「ほっほっ何の真似とは?君の見た通りだよ私がクッパ君に命じて城を襲わせピーチ君を拐わせたのはこの私だ!」

ピーチ「でも、貴方様な方が
どうして!?」

キノジィ「ほっほっ、
良いでしょう教えて差し上げましょう、」

キノジィ「私は常々こう思っていた『この世界は平和過ぎる』って思ってなぁ、最近ではクッパ君も力不足でとても平凡な日々が続いている退屈で仕方がなかった、そして私は思いついたのさ…」

マリオ「……まさか…貴様!?」

キノジィ「そう!!私がこの世界の帝王となり大帝国干しキノコを作り上げ全世界にキノコ菌を飛ばし世界の生き物すべて
キノコにして我が下僕とするのだ!!!」

クッパ「!!?、話しが違うでわないかキノジィ!?計画が成功したら世界の半分は頂けるのでは!?」

キノ爺「ふん、出来損ないが
何を言っておる私がそんな約束守る訳ないじゃろうが?」

クッパ「ク、クソォ…ガク、」

キノ爺「さぁ、マリオ君の戦い振りを見て私は感動したよ
さぁ私の元で働かないか?
悪いようにはせんよ?クックックックッ、」

マリオ「……お前は許さんぞ
キノ爺!!!」

キノ爺「…ふん、所詮腕っぷしは良いが頭は良くないらしいな…」

マリオ「いくぞぉ!!」
 (ッダ!!)

キノ爺「教えるしつようが有るみたいですねぇ…力の差って言うものを、」   

   (ピシュン!!)
マリオ「ッ!?」
 
 (ドゴン!!メキメキバキ!!!)
マリオ「グハ!?、」

ピーチ「マ、マリオ!!」

マリオ「来るなぁ!!」

ピーチ(ビクン!)

キノ爺「おやおや…まだ喋れるとは私も歳をくいましたねぇ
普通なら一発で人間の体に風穴を開けることができると言うのに♪」

マリオ「はぁ…はぁ…貴様、」

キノ爺「ホォホォ、ですがその一発でもかなり聞いたと見られる」

マリオ「クックソォ…」

キノ爺「ホォホォ、では楽にして差し上げよう!」
   (ピシュン!!)

ピーチ
「い、いやぁぁぁぁぁああ!!」

   (ザシュ!!)
キノ爺「……」

マリオ「………ん?、」

キノ爺「……何の真似だ?」

マリオ「…ク、クッパァ!?」

クッパ「フン、マリオこんな所でくたばるやわじゃないだろ
貴様を倒すのは
この俺様だからな!」

キノ爺「…だが、私の拳を喰らったお前はもう終…」

クッパ「おっと、忘れては困るぜ我が輩はこの世界の魔王であり亀の王でも有るからなぁ、
甲羅の堅さはシェルター並みだぜぇ、
どうするキ・ノ・爺・様ww」

キノ爺「……仕方あるまい儂の本当の力を見してやろう、」
  (メキメキバキメキ!!)
マリオ「ッ!!、逃げろクッパ!!」

キノ爺「遅い!!!」

   ドゴォォォオン!!!!
気がついた時にはクッパは後ろの壁にめり込み白目を向いて気絶していた…、

マリオ「そ、そんな…あのクッパを一発で吹き飛ばし
戦闘不能にするなんて…」
マリオ(そうか…これが絶望なのか?)

キノ爺「さぁ、マリオ君待たしたねぇ、次は君の番だよ?」

マリオ「あぁ…これでおしまいか…、」

?(なに諦めてるのよ!!)

マリオ「!?、その声ハテナ!!」

ハテナ「ふふ、驚いた?私達ハテナボックスは出てくるアイテムに命が宿るの、まぁシンクロしないと喋る事も
出来ないんだけどね、」

キノ爺「一人でぶつぶつ言って遂には幻覚まで見えるようになってしまいましたか?…クックック」

マリオ(そうかこの声はヤツには聞こえないのか…)

ハテナ「そんなことより…
ピンチなんでしょう?ならば
この私スターとなったこの私の力を使って!」

マリオ「でもそしたらお前が消えちまうだろ!?
そんなことは…出来ないよ」

ハテナ「バカ!!あんたはお姫様を助けるんでしょう?これからも守ってあげるんでしょう?
こんなところで死んじゃったらタダじゃおかないから!!!!」

キノ爺「さぁお死になさぁぁい!!」 ブォン!


マリオ(ありがとうハテナ)

  ドゴォォォォン!!!!!

キノ爺「ッ!!…何ですかこれは!?」

マリオ「…キノ爺貴様は許さないぞ、」
マリオの体は星の光のように神々しく輝いていた
キノ爺「ック!!この死に損ないがぁぁぁ!!!!」ブォウン!!

    ピシュン!!
キノ爺「き、消え…」
(ドゴォメキメキビキバキ!!!!)

キノ爺「ぐぇぇ!?」

マリオ「…最後のチャンスだ今回の悪行をやめとっとと失せろさもなくばここで殺す!」

キノ爺「分かった分かった!もう悪さはしないから許してくれ!!」

マリオ「…フン、」タカ、タカ、タカ、タカ、

キノ爺「………フハハハ甘いなぁ!!マリオォ!!喰らえファイアーボール!!」

クッパ・ピーチ「マリオ!?」

マリオ「ッバカ野郎ぉぉぉぉお」スターファイヤーボール!!!!!!
 ドゴォォォォォォオン!!!!

キノ爺「クックソォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォオ!!!!!!」



マリオ「…終わった…無事に終わった、」

ピーチ「マリオ大丈夫!?良かった全て終わったのね、」

  ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!
マリオ「急ごう城が崩れ始めてる逃げなくては」
(パタパタパタパタ)
クッパ「グハハハ、
マリオォ!まだ我輩は諦めてないからな!!いつかまた会おう永遠のライバル!!!!」

マリオ「嗚呼、何度でも来いその時は俺がまたお前を負かすまでだ♪」

そうして無事ピーチ城に着いたそしてマリオの感謝の意味を込めて町をあげてのお祭りをしただとさ♪


コンコン
???「入れ」

パタパタ「報告しますマリオとキノ爺様の戦いでキノ爺様がやられました」

???「…ふふ、そうかやはり負けたかなにも期待なんてしてなかったが、さすが僕の兄さん」

パタパタ「どうなさいますルイージ様?」

ルイージ「…よし、作戦bだ皆を集めろ!」

パタパタ「は、はい!!」
(タパタパタパタパタパタ…)

ルイージ「……兄さんもうすぐだもうすぐ僕の時代が来る
そう、僕が主人公だ!!」

end

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom