ココ「ンフッフー♪おいでヨナ!」くぱぁ ヨナ「や…やめ///」(23)

ココ「恥ずかしがることないじゃない!ほらほら~」フリフリ…クネクネ…

ヨナ「そ…外に出てくる!」ダダダッ!

ヨナ「外で 腹 筋 してくる!」ダダダダッ!

 hcli社貨物船内浴場

ココ「フフーフ、ヨナヨナ~」ムニュムニュ

ヨナ「何だよココ。
   あんまり引っ付かないで。
   体が洗い難い」ゴシゴシ

ココ「ヨナ、君はこの私と共に風呂に入って何も感じないのかい?」ムニムニ

ヨナ「何も感じないって?」ゴシゴシ

ココ「え、いや、ほら、こう、フォォォォ!!!って感じな」ムニムニ

ヨナ「?
   よく分からないけど、僕、先に出るね」ザパー

ココ「」

  hcli社貨物船内食堂

ルツ「ヘイ、ヨナ坊!
   ココとの風呂は如何だったよ!!」

トージョ「直球だな、オイ」

ヨナ「?
   何時も通りだった」

ルツ「いや、その何時も通りってどう言う感じなんだよ」

ヨナ「身体洗ってる時に、ココがやたらと引っ付いて来たり、浴槽に入ってる時に、僕に飛びかかって来たり」

トージョ「羨ましい奴め!!!」クソー

ルツ「俺も一緒に入りてぇぇぇぇ!!!!」ゴロゴロゴロ

バルメ「私もです!」フォォォォォ

ワイリ(何時もながら、アホだなぁ、この部隊)ハハハ

マオ(私も、国の子供達と一緒に入浴しました…)ホロリ

レーム「なーに騒いでんだぁ~?」

ルツ「おーおっさんか。
    聞いてくれよ、ヨナの奴」

トージョ「羨ましい事にココと入浴すると引っ付いたり飛びかかって来たりされるらしい!」

レーム「くっだらねぇ事で騒いでんじゃねーよ、まったく…」ハァ

  ココ`sルーム

ココ(ムムム、ヨナの奴、此処まで私がアピールしているのに、一切の反応が無い…
   いい年なんだから、もう少し反応してくれてもいいのに…
   例えばバルメみたいに
   バルメ「おっほぉぉ!!
        ココの胸は何時見てもスンバラシィィィですよぉ!!」
   的な?)ハァ


  ヨナの特等席

ヨナ「やっぱり、ココは良い眺めだ」ボー

?「うっひゃー
  たっけー!!」

?「早く登れって!」

ヨナ「誰?」

?「俺だよ、俺」

ヨナ「ルツ!」

?「俺も居るぜ」

ヨナ「トージョまで!」

ルツ「しっかし、ヨルムンガンドが発動しても、あんまし代わり映えしねーな」

トージョ「お前はバカだからそう感じるだけだよ」

続けたまへ

ヨナ「何でここに来たの?」

トージョ「いや、暇だったから」

ルツ「お前の特等席なんだろ、ここ」

ヨナ「うん」

トージョ「なぁ、ヨナ坊」

ヨナ「何?」

ルツ「オメー、ココのことどう思ってるよ?」

ヨナ「ココは、悪い奴だけど良い奴だ」

2人「いや、そうじゃなくて」

ルツ「じゃあ、話を変えよう。
   ヨナ坊にゃ、好きな人とかはいねーのか?」

ヨナ「好きな人?」

トージョ「ああ、そうだ」

ヨナ「居るよ」

2人「おぉ!!
   それは誰だ!?」ズズイ

ヨナ「部隊の皆」

ルツ「いや、そうなんだけど、そうじゃなくて…」

トージョ「えっと、こう、その人を思うと胸がこう、キューッと来るって言うか…」

ルツ「一杯一杯になるって言うか…」

ヨナ「居るよ」

トージョ「お、誰だ?」

ヨナ「アールとマルカ」

ルツ「……」

ヨナ「アールは良い奴だった。
   アールの事を思い出すと、胸が痛くなる…
   マルカも僕が付いて行けば、あんなことにはならなかったと思うんだ…」

トージョ「おい、ヨナ坊にはまだ早かったんじゃネーカ?」ボソボソ

ルツ「かもしれねーな」ボソボソ

トージョ「そうかい、まぁ、そうだな。
     俺達は降りるから」

ルツ「ああ。
   じゃあまた後で」

ヨナ(何だったんだ、一体?)

  甲板

レーム「ん~?
     どーしたんだ、ヨナ君?
     珍しく、アンニュイじゃない」

ヨナ「あ、レーム」

レーム「そーだよ、レームさんだよ。
    超絶スーパー傭兵の」

ヨナ「……」

レーム「あれ~?
    何時もならここで『誰もアンタをそんな事言ってない』って返って来る所だろ?」

ヨナ「レームは、誰かを見てると胸がもやもやしたりすることはあるの?」

レーム「もやもやぁ~?
    二日酔いの事か?」

ヨナ「分からない。
   ルツやトージョが言ってたんだ」

レーム「アイツ等の言う事なんか半分も信じちゃいけねぇって。
     まぁ、要は、ヨナ君がいっつもココと風呂入ってるのが羨ましいだけなんだよ」

ヨナ「そうなの?
   なんで羨ましいのさ?」

レーム「バルメあたりに聞いてみろって。
     血相欠いて説明してくれぜ」ヘッヘヘ

ヨナ「ふむん?
   分かった」

レーム「ああ、んじゃ、頑張れよ」スパー

バルメ「121!122!123!124!125!」フンスフンス

ヨナ「あ、バルメ」

バルメ「ん?
     ああ、ヨナ君ですか。
     どうしました?」

ヨナ「バルメに聞きたいことがあるんだ」

バルメ「私にですか?」

ヨナ「うん」

バルメ「良いですよ、何ですか?」

ヨナ「バルメはココとお風呂入るの羨ましい?」

バルメ「当たり前です!!!!」ズイッ

ヨナ「な、なんで?」ビクッ

バルメ「良いですかヨナ君!
     先ずココのあのパーフェクトなバディー!!!」

ヨナ「ばでぃー?」

バルメ「そうです。
     あのスレンダーな体に、絹のようにきめ細やかな肌!
     素晴らしいと思いませんか!?!」ハァハァ

ヨナ「ふむん?
   ふむふむ」

バルメ「そして、ココの髪の毛!
     あのサラサラな髪の毛!!
     素晴らしいでしょう!
     あの髪に手櫛を通して洗髪する事の素晴らしさと言ったら!!」ハァハァハァ


ヨナ(何だか少し怖い…
   多分、居なくなっても気づかないだろう)コソコソ

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom