提督「終戦、か…」木曾「…」(254)

注…独自設定多発・キャラ崩壊


ミーンミーンミーン…

ザパーン…チャプ…ザパァアアアアン…  ミャアミャア

テレビ『耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び、私たちは、ついに今日の日を、戦勝の日とすることが、できました。世界恒久平和の礎となるべく、国民には、一層みずからの、職務に励まれるよう…』

大和「勝った…勝ったのね…!」

武蔵「ああ…!やったな姉さん!」

金剛「ついに、深海棲艦を倒したんデスね…」

比叡「これが…終戦…!」

霧島「やっとこの戦役に、勝てたんですね!」

榛名「はいっ!大勝利です!」

響「ぅぅうううう…ひぐっ…」

暁「な、何よどうしたのよ響…」

響「…二度目の終戦を、今度は姉妹みんな揃って迎えられるなんて…っ!」

雷「そ、そうよね…本当にそうよね…」

電「う、嬉しいのです…!誰も欠けてないんですから…!」


睦月「…終わったよ、勝ったんだよ、如月ちゃん」

夕立「睦月ちゃん…」

吹雪「…あとで、三人で慰霊碑のところに行こうよ!」

睦月「うん…そうだねっ!」

北上「あ~やっとこの戦いも終わったんだねぇ~」

球磨「長かったクマ…これからはもう戦わなくていいクマ」

多摩「嬉しいのもあるけどほっとしたにゃ…」

川内「私達、これからどうなるのかな…」

神通「一般社会で暮らしていけたらいいですね」

那珂「もしそうなったら、那珂ちゃんはもちろんアイドル目指すよ!」

大井「私はもちろんずっと北上さんと一緒よ!」

大井「…ねえ木曾、貴女はどうするの?」

木曾「お、俺は…」


木曾『木曾だ。お前に最高の勝利を与えてやるよ!』

提督『おおっ、初めての巡洋艦だ!俺がこの鎮守府の司令官だ、駆け出しだけどよろしく頼む!』



提督『お疲れさん、木曾』ポンポン

木曾『おお、そうこなくっちゃな!スキンシップは大事だもんな!』



木曾『へっ…ちょっとばかし、涼しくなっちまったぜ』

提督『おい木曾大丈夫か!?急いで入渠しろ!』



木曾『…不安なのか?大丈夫だ、俺を信じろ!』

提督『ああ…ありがとな!元気が出たよ!』



木曾『艦隊も大きくなってきたのに…俺なんかが秘書艦のままでいいのかよ?』

提督『当たり前だ、俺の秘書艦はお前だけだからな…これからもずっと、よろしく頼むぜ!』スッ キラッ

木曾『…!』


木曾(ずっと、提督のそばにいたいんだ…)チラ 

キャーキャー ワーワー

提督「…」

提督「終戦、か…」

ミーンミーン…ジジ…


数日後 大本営海軍部

元帥「遠いところをよく来てくれたな」

提督「まずは戦勝のお祝いを言わせて下さい。本当におめでとうございます」

元帥「…ついに我々は深海棲艦に勝った。敵のすべての棲息地を破壊し尽くし、やっと海に…世界に平和が戻ったのじゃ」

元帥「それもひとえに貴官のような各地の鎮守府の提督の努力奮励の賜物に他ならん。大本営だけで長年にわたる深海棲艦との戦役を戦ったわけではないからのう」

提督「光栄です、元帥」

提督「しかしそれも、煎じ詰めれば艦娘達の必死の戦いによるものです」

元帥「…そうだな。その通りだ」

元帥「さて、我々は今後について協議せねばらなん。つまり…終戦後の艦娘らの話じゃ」

提督「戦後、ですか…」

元帥「この戦勝にあたり、海軍は深海棲艦との戦闘を任務とする艦娘艦隊をすべて解散することにした」

元帥「海軍はまた以前のように通常艦艇主体の編成に戻るのじゃ」

提督「艦隊は解散ですか…」

元帥「…深海棲艦に勝ったところで領土やら賠償金やらを得られたわけではないからの」


元帥「むしろ奴らとの戦いで、国庫もかなり疲弊しておる」

元帥「深海棲艦という脅威が消滅した以上、もはや艦娘らを維持する必要はなくなったという事じゃ」

提督「…そうですね。それは分かります。分かりますが…」

元帥「どうした。何が言いたい。言ってみい」

提督「それでは、艦娘たちは今後いったいどうなるんでしょうか?」

元帥「それよ」

元帥「大本営は、海軍に所属する艦娘らを、順次解体することに決定した」

提督「解体…ですか!?」

元帥「そうだ」

提督「解体…」

提督「元帥、自分は水上戦には精通しているつもりですが、艦娘そのものについてはよく分からないところもあります」

提督「教えてください。解体された場合、艦娘はどうなるのですか?」

元帥「どうなると思う?」

提督「そ、それは…」

元帥「もはや用済みの兵器じゃからの。解体すれば魂は肉体から失われてしまうじゃろうな」フン


提督「!!!!」ガタッ

提督「何ですって!?そんなっ!!ひどすぎますよ!!」

元帥「…というのは嘘じゃ」

提督「」

元帥「解体された艦娘がどうなるか?」

元帥「とりたててどうもならんよ。解体されたら艦娘は普通の娘になっておわりじゃ」

提督「!!」

提督「な、なんだ…」ホッ

提督「元帥、冗談にもほどがありますよ」ムス

元帥「ん?もしかして、寝覚めの悪い想像をしていたのか?」フフフ

提督「い、いえ…」

元帥「艦娘。それは在りし日の大日本帝國海軍の軍艦に宿った魂を少女の肉体に再生させた存在じゃ」

元帥「…まぁ、一般の噂では、艦娘の素となった肉体は、元は別の少女のもので、艦娘はその上から魂のみを上書きしたという、ナチスの人体実験に比類する悪行だ、というようなものがある。が、…風説も甚だしい」

元帥「ひょっとして、貴様もその噂を真に受け取けとったわけじゃあるまいの?」

提督「は、はぁ…」


元帥「我が国の理研の人工細胞技術の結晶こそが艦娘の肉体を創り上げたのじゃ。誰かの肉体を犠牲になどしたわけではない」

元帥「…肉体をはなから犠牲にする戦いなど、先の大戦末期の悲劇だけで十分じゃわい」

提督「そうですね」

元帥「まあともあれ心配はいらん、艦娘でなくなったからといって彼女らの肉体に悪い影響が及ぶことは一切ないから安心したまえ」

元帥「これだけは、艦娘艦隊の最高司令官たるワシが間違いなく保証する」

提督「…そのお言葉を待っていました」

元帥「大本営としては、艦娘たちには今後普通の一般人として生きていってもらうことにした」

提督「はい…!」

元帥「ほう、よほど嬉しいと見えるな」

提督「もちろんですよ」

提督「かつて兵器だったものが、この戦後を人の姿を得て我々と平和な社会で共生していけるんですよ」

提督「これは、この戦役でのもう一つの勝利といえるじゃないですか!」

元帥「…なるほど。そうとも言える、な。うん、うまいことを言うのう」

元帥「ただ、懸案すべきこともないではないぞ」


元帥「心配なのは、彼女らの今後の生活じゃ」

元帥「海軍生活に慣れた彼女らが、いきなり市井で暮らしていけるかと問われれば、それは難しいじゃろう」

提督「そうですね…」

元帥「そこで、艦娘達にはしばらく解体後研修という形で、今の日本社会の常識や生活習慣、生計などについての講習会を行う」

元帥「彼女らを市井に解き放つのはその先だ」

元帥「…貴官を呼び出したのは他でもない。艦娘らの戦後ケアの仕事は、提督の中でも貴官が適任であろうと思い呼んだ」

提督「西部管区の自分が、ですか?」

元帥「管区は関係ない。これまでに高い戦績を上げ、なおかつ艦娘らからの信頼が厚く、轟沈艦の最も少ない鎮守府の最高司令官の貴官が最も適任であると、元帥であるワシが判断した」

元帥「そして貴様は、さきほどの最終テストにも合格しておるしの」

提督「最終テスト?」

元帥「さっきワシが解体された艦娘は死ぬと言ったら、血相を変えて怒りおったではないか」

提督「…!」


元帥「貴官に、最後の辞令を交付する!」

提督「!」ザッ

元帥「鎮守府解散を以て貴官は海軍籍を辞し、内務省へ出向!艦娘の戦後生活の支援業務に当たれ!」

提督「は!」

元帥「よいか、彼女らが自分たちの守った日本で心安らかに暮らせるよう奮励努力せよ!頼むぞ!」

提督「はっ!」

元帥「それと、…どうしても守ってもらわにゃならん決まりがある。それはな…」

提督「?」


そして一か月後 鎮守府解散の日

艦娘一同「…」ズラッ

提督「…」

提督「…本日を以て、解体後研修は終了、みんなは晴れて日本国民となる!」

提督「先ほど各々に配布したバックパックには、当座の現金、キャッシュカード、着替え、スマホ一式、戸籍謄本、身分証、保険証等が入っている」

提督「除隊に際しての報奨金がキャッシュカードに相当額入ってるはずだ。だからと言って無駄遣いしないようにな!」

アハハハハハハハ!

提督「…みんな、本当に長い間海軍の艦として戦ってきてくれた。その間、辛いことや苦しいこともあっただろう」

提督「仲間を失ったこともあったな…それは提督である俺の失態だ。赦してくれ…」

提督「だが、もうこの海で、この空で砲弾が飛び交い、硝煙が立ち込めるようなことはない!」

提督「それも、みんなが死を賭して勝ち取った平和の賜物だ!」

提督「70年前の夏は…みんなのほとんどが沈み、あるいは大破して、失意のうちに戦の終わりを迎えたことと思う」

提督「しかし!今度の終戦では、晴れてみんなで戦の終わりを迎えることができた!」

提督「海軍もこの戦役における役目の大半を終え、規模を一部縮小、よってこの鎮守府は解散する!」

提督「また、いつか会えることを信じ、お前らとの別れの言葉とする!ありがとう!以上だ!」


木曾「司令官に対しっ!敬礼っ!」

艦娘一同「!」ザッ!

提督「…!!」スッ!

木曾「直れ!」


提督「では皆、ここを出るぞ!門のところに大型バスが来ているから、全員それに乗って駅まで向かえ!いいな!」

艦娘一同「はいっ!」


提督「じゃあな、お前ら!元気でな!」

金剛「て、テートクは行かないんデスか?!」

提督「ああ、俺はお前らがここを出たのを確認してから、鎮守府を閉鎖するよ。最後の仕事さ!」

赤城「そ、そんな…」

吹雪「一緒に駅まで来てくれたらよかったのに…」

長門「…提督、よろしくお願いいたします」

提督「ああ、寂しいが仕事は仕事だからな!」


神通「提督、今までご指導とご鞭撻、本当にありがとうございました」

加賀「提督の戦闘指揮は、本当にお見事だったと思います」

北上「無茶な進撃も夜戦も極力せずに、艦隊の保全も考えてくれたからねー…」

暁「も、もっと練度を上げて、司令官の役に立ちたかったのに…」

提督「ありがとな…ありがとう…」グスッ




提督「ほら、早くバスに乗れ。向こうで降りたら新しい生活の始まりだ」


マタネー!シレイカン、アリガトウゴザイマシタ!サヨナラー!

ブロロロロロロ…

提督「行っちまったか…」

提督「…やっぱり、お前は乗らなかったんだな」


木曾「…」

木曾「ああ…秘書艦として、この鎮守府の最後を見届けて、提督と一緒に歩いて駅まで行くよ」

提督「そうか」

提督「…そうしてくれるとありがたい。そうだ、実はお前に最後の命令がある」

木曾「ん?何だ?」

提督「…指輪を、返してくれ」

木曾「っ…!」

木曾「そんな…」

提督「…秘書艦として、お前はよくやってくれた。俺が着任してから今日の日まで…お前はずっと俺を支えてくれてた」

提督「ありがとうっ…!」

木曾「…」

木曾「…まぁ、こいつのおかげで俺は自分の限界を解放できてたってわけだもんな!」

木曾「もう、戦わないんだから要らないよな…」

木曾「うん…返すよ…」スッ…

提督「…すまないな」


木曾「…提督はこれからどうするんだ?」

提督「俺か?俺にはな、これからまたやらなきゃいけない仕事が沢山あるんだよ…」

木曾「なあ提督…俺は…俺も一緒じゃ…」

提督「…ん?何だ?」

木曾「いや…何でもない…」シュン

提督「木曾、お前はこれからどうするんだ?」

提督「球磨たちと一緒に過ごすのか?」

木曾「…そのつもりならさっきのバスに乗ってたよ」

提督「そうか…何か当てはあるのか?」

木曾「俺…」

木曾「…」


木曾「…あれば、良かったんだけどな」フッ

木曾「どうやら、当て外れだったみたいだ」

木曾「へっ…まあこれから考えるさ!」

木曾「やっぱ俺…一人で行くわ!」

木曾「じゃあな、提督!」ダキッ

提督「…!」

提督「…」ダキッ

木曾「そう来なくっちゃなぁ!スキンシップは大事だもんなぁ!」

木曾「じゃ…元気でな!」

タッタッタッタ…


木曾「えっと…上りの電車は…」

木曾「…」ウルッ

木曾「あれ?くそ、よく見えねえな」ゴシゴシ

木曾「…」チャリン ピッ

木曾「行くか…」


ドアガシマリマース プシュー

タタン…タタンタタン…

木曾「…」

木曾「…命を懸けて戦った、この海ともお別れ、か」

木曾「お別れ…」

木曾「…」

木曾「いつか提督と…だなんて…ちくしょ、俺らしくも…」ウルッ

木曾「くそ…こんなとこで…何泣いてんだよ……俺…」ボロボロ

木曾「ぐっ…ぅぅぅ…」グシッ


提督「…」

提督「…こうするしか、なかったんだよな。決まりだもんな…」

ジャリッ

提督「?」

??「…」

提督「あ…貴様は、隣の区域の…」

提督’「…お疲れ様っす。そちらも解散式終わりました?」

提督「…ああ。滞りなく終わったよ」

提督’「そうすか。まあ、こっちも終わりましたけどね」

提督「そっか…」

提督「…」

提督’「?」

提督’「どうしたんです?体調でも悪いんすか?」

提督「いや…やっぱり鎮守府が解散するとなると、思い出が多すぎてどうもな」

提督’「そんなもんすかね?」


提督「貴様はそんな感慨はないのか?」

提督’「…特には」

提督「そっか…」

提督「貴様の艦娘達はどうした?」

提督’「もう俺はあいつらには要らない人間ですから。俺は解散式済ませてさっさと出てきました」

提督「…」

提督’「俺にとっちゃ、どっちに転んでも同じだったんすよ…。この戦役、勝とうが負けようがね」

提督「え…でも貴様…仮にも軍人…だろ…?」

提督’「軍人、ね…」フン

提督’「俺はこのままここを去ります。よかったらこの将校制服、水交社に返しといてくれませんか?」ガサ

提督「返すのか?…記念にとっといたらどうだ?」

提督’「いったいこれが何の記念になるってんですか?」

提督「…」


提督’「あんたら海軍大学出のエリート提督さんたちにはこの戦いは燦然と輝く記憶として残るでしょう」

提督’「でも俺みたいな学徒動員のパシリ提督にとっちゃあね、ただの無為な日々でしかなかったんすよ」

提督’「それじゃ、失礼します。今までありがとうございました。お疲れさんっした」スッ

提督「…」


それから およそ一年 とある街で

ジュギョウオワッター カラオケイコウゼー ワタシコレカラバイトナノー 

ザワザワザワ

木曾「…」テクテク

ヤンキー「…」ドン

木曾「っ…」ヨロ

ヤンキー「痛えなおいどこ見てんだ!?」

木曾「…」

木曾「…」フイ

ヤンキー「おいコラ!待てや!」

木曾「…」

木曾「…すみません」

ヤンキー「謝って済むと思ってんのかコラァ!」

木曾「…」

ヤンキー「…」フン


ヤンキー「なあ姉ちゃん、ちょっと顔貸さんか?そこのホテルまでよ」ニタニタ

木曾「…ぁ?一人で抜いてろ。この短小野郎が」

ヤンキー1「ぁあん?何だコラてめぇ!」グッ

木曾「っ!」

??「…その手を離せ」

ヤンキー「ああ?なんだてめぇ…」

ヤンキー「!!」

ヤンキー「け、警官だぁ!?」

??「言っても分からねえようだなぁ…?フフフ」ガシッ

ヤンキー1「いだだだだぁああああああああ!!!腕が腕が腕が!!!!」ジタバタ


天龍「15時23分、暴行罪の現行犯で逮捕だ、このクソ野郎が!」

木曾「…あ」

木曾「天龍…!天龍じゃねえか」

天龍「久しぶりだな、木曾」ニッ

天龍「悪ぃけど一緒に来てくれね?こいつを署まで引っ張ってかなきゃだからさ」

木曾「お、おう…」

天龍「そのあとで色々話そうや。時間いいか?」

木曾「ああ、構わねえよ…」


その頃

元提督’「…」

???「お前の、ことは、ぜんぶ調べてある」

元提督’「…」

???「戦役のとき、提督だった、ことも、今、金に、困っている、こともな」

元提督’「…ちっ」

???「迷って、いても、どうにもならない、ぞ?」

???「覚悟を、決めろ」

???「我々が、頼んだことを、やってくれたら、金は、はずむ、ぞ」

???「お前は、金を、たくさん、得る、我々は、貴重なサンプル、を得る」

???「それだけの、ことじゃないか」

元提督’「…」

元提督’「選択の余地なんか、最初から与えられてねえだろうがっ…」

???「交渉、成立だな」フフフ

元提督’「…」


とあるファミレス

ピーンポーン… スグマイリマース

天龍「いや~…ほんっとああいう屑は次々と湧いて出るから困るぜ」

天龍「忙しいのに済まなかったな、木曾。ほんっとに久しぶりだぜ」

木曾「ああ…すまん、迷惑かけた。久しぶりだな」

天龍「お前は悪くねえよ。それにしてもどれ位ぶりだ?」

木曾「…お前の鎮守府と俺んとこの鎮守府とで合同の解体後研修受けた時だから一年近くぶりじゃね?」

天龍「そっか…もうそんなになんのか…」

木曾「それにしてもお前がこんな近所で婦警になってたとは知らなかったぜ」

天龍「まぁな」

木曾「龍田はどうしてる?」

天龍「あいつは違う街で保母目指して勉強してるよ」

木曾「保母っていうと保育園とかの先生か?」

天龍「そうそう。あいつ小さい子どもの面倒見がよくてさ、実習先じゃ懐かれてるみたいだぜ」

木曾「へぇ…」


天龍「…お前はいま何してんだよ」

木曾「…大学行きながらバイトしてる」

天龍「そっか…大学行ってるのか。すげぇな」

木曾「ふぅん…別に大したことはしてないんだけどな…」

天龍「お前の姉さんたちはどうしてんだよ?」

木曾「…大井姉と北上姉は普通にOLやってるよ」

木曾「球磨姉と多摩姉はペットショップで働いてる」

天龍「そっか…」

天龍「…お前は誰か他の艦娘とは一緒に住んでないのかよ?」

木曾「まさか…俺にはそんなの向いてねえよ」フゥ…

天龍「…お前、少しやつれたか?」

木曾「…分かるか…?たぶん、ちょっと日々の疲れがな…」

天龍「…」


天龍「そういや…職場のつてでな、こんな話を聞いたことがあるんだ」

天龍「解体を受けて一般人になった元艦娘が、生活になじめずに精神的に不調になるケースがあるって話」

木曾「…」

天龍「ま、すべての艦娘がそうなるって訳じゃないらしいけどな。症状もごく軽いものから重度のものまであるらしい」

木曾「…」

木曾「…お前から見て、俺はどっちだと思う?」

天龍「木曾…お前、相当まいってるな…?」

木曾「…」

天龍「ちゃんと食ってるか?毎日楽しいか?友達は?趣味はどうしてる?」

木曾「やめろよ…」イラッ

天龍「…ぁ?」

木曾「ちょっと待ってくれよ…そんなに急かすように聞かれてもさ…」ガシガシ

天龍「…悪ぃ」

木曾「…こっちこそすまん。くそ…どうかしちまってるみたいだ」カチャ グビッ

天龍「…」


木曾「大学もバイトも楽しくないわけじゃないぜ。色んな人がいて面白いってのはある…かな…」

木曾「友達は…クラスやバイト先には何人か…つってもあれはただの知り合い…程度かな…」

木曾「趣味は…趣味…いや、特にない…」

木曾「…」

木曾「…なんなんだろうな、俺って」フッ

天龍「…」

天龍「…お前、解体されたことを後悔したりしてねえか?」

木曾「…」

木曾「…かもな」

木曾「解体されてから提督に捨てられたわけだし、俺…」

天龍「捨てられた…?」

木曾「…俺さ、鎮守府じゃ提督とケッコンしてたんだ」

天龍「!」

天龍「…そっか、お前も秘書艦だったもんな…」


木曾「…ああ」

木曾「考えてみりゃあ当然な話だけどさ」

木曾「あの戦役が終わって…提督からの最後の命令が『指輪を返してくれ』だったんだ」

木曾「まあそうなるよな。俺ら艦娘はしょせん兵器だからな。戦が終われば用済みだ」

天龍「木曾…」

木曾「でも…でもさ、」

木曾「俺、戦役が終わっても、ひょっとしたらずっと提督の傍に居られるんじゃないかって、心のどっかで思ってたんだ」

木曾「まぁ、結局は捨てられちまったんだけどさ…」

木曾「でも…戦役が終わってからあんな風にあっさり捨てられちまうなんてさ…」グッ

天龍「…そりゃキツかったろうな」

木曾「…」

天龍「でも、羨ましいぜ」

木曾「…は?誰が」

天龍「お前がだよ」


木曾「はっ…どこが羨ましいんだ?どこに羨ましがられるような要素がある?」

天龍「…終戦と一緒に提督との絆もなくなっちまったのは同情するぜ」

天龍「でも…」

天龍「ケッコンカッコカリできただけでも幸せじゃねえか?」

木曾「…」

天龍「何せさ…俺らの提督なんか、艦隊の練度を上げることもできずに終戦を迎えちまったんだよ」

天龍「…まぁしょせんは『パシリ提督』だったからな」

天龍「んと…何が言いたいかっつうと…お前はお前で恵まれてたんじゃねえの?ってことさ…」

木曾「…」イラッ

木曾「…はぁ?だから何だ?」キッ

天龍「!?」

木曾「いさぎよく諦めろってのか?けっ、何も知らねえクセに偉そうに…」

天龍「…ぁあ?」イラッ

木曾「そっちの鎮守府の事情なんざ知ったこっちゃねえよ。…まぁ、『パシリ提督』なら仕方ねぇかもだけどな」


天龍「…んだよその言い方は」キッ

木曾「…自分が最初に言ったんじゃねぇか」

天龍「…」

天龍「…るか」ボソッ

木曾「あ?」

天龍「…指輪すらもらえなかった艦娘の気持ちがお前なんかに分かってたまるか、そう言ったんだよ!」バンッ

木曾「…」グッ

木曾「…ああ、分からねえな。艦隊の練度すら十分に上げられねえ甲斐性なし野郎の下にいた艦娘の気持ちなんかよ!」

天龍「んだとてめぇ!もう一度言ってみろ!!」ガタッ

木曾「ぁあ!?やんのかてめぇ!?」ガタッ

天龍「上等だよ!表に出やg…」

ヒソヒソ ナンカアソコデケンカシテルミタイ ヒソヒソ

天龍「…」

天龍「…ちっ」


天龍「あばよ。一生悲劇のヒロインやってろ、くっだらねぇ」

木曾「…言ってろポンコツ野郎…てめぇの顔なんざ二度と拝みたくねぇ」

天龍「…こっちの台詞だ。じゃあな」スッ

木曾「…」

木曾「…くっ!!」バンッ!!


その頃 大本営海軍部

元提督「お久しぶりです、元帥」

元帥「元気そうじゃな。内務省では確か特高部の公安課だったのう?仕事には慣れたか?」

元提督「はい。公安と言っても、自分の仕事は元艦娘達関連ですから、提督時代とあまり変わらないかもしれません」

元帥「ははは、そうじゃな」

元帥「それで?その後、彼女らについて何か気になる点はあるか?」

元提督「はい。まず、一般社会に出てからメンタルが弱っている元艦娘が出ているみたいです」

元帥「なんじゃと?原因は?」

元提督「環境の急激な変化、といえば話は簡単ですが…」

元提督「それだけで片づけられるほど事は単純じゃありません」

元提督「まずは単にいきなりの自立生活に慣れきっていないことによる不調があります」

元提督「これはまだ軽微なほうです。時間の経過とともにそうした娘も減ってるみたいです」

元提督「次には人間関係ですね。やはり艦娘らの魂の原点は兵器でしたから、周囲の人との接し方で戸惑ったりする娘もいるようです。兵器としての自分を捨てきれていない、ということでしょうか…」


元提督「…いずれにしろ、放置するには忍びない問題があるということです」

元帥「うむ…ならば元艦娘専用ホットラインでも作るかのう。水交社主催の艦娘交友会も早く整備せねばな」

元帥「想像以上に日本社会は艦娘らにとってストレスの多い環境なんじゃろうな。疲れたときに、元艦娘らが気軽に帰れる場所がないといかんな」

元帥「分かった。時間はかかるじゃろうが、急いで対策を取ろう。海相に掛け合ってみるとするか」

元提督「ありがとうございます!ご配慮、痛み入ります」

元帥「礼などいらん。艦娘達は生きる英霊じゃ。大切にしてやらねばならんと思うのは当然じゃ」

元帥「…とはいえ、元帥といっても、戦役が終わった今では通常艦艇編成さなかの海軍ではそれほど力も持たん老いぼれじゃよ」

元帥「…通常艦艇部の幕僚連中は、戦役中にワシに冷や飯を食わされたとか何とか言って今や陰に陽に嫌がらせをしてきおる。ワシはそんなつもりは全くなかったのにのう…」

元提督「…」

元帥「まあ、艦娘達の市井への帰化からもうすぐ一年が経とうとしとるな。そうなれば貴様も、あの秘書艦…木s」

元提督「元帥…実は、もっと緊急性の高い問題があります」

元帥「な、何じゃ?」


元提督「…北の工作員が、艦娘と接触しようと企んでいるという情報が入りました」

元帥「何いっ!?北(北方民主主義人民共和国)が!?」

元提督「まだ確実とは言えない情報ではありますが…KCIAからの情報提供もありましたので…」

元帥「そうか…しかし、ありえん話ではない。それにしても考えられる最悪のパターンじゃな」

元帥「確かに…艦娘は我が国の最高技術の結晶じゃ。彼女ら自身の知識もあわせると、北が食指を動かさんわけはないかも知れんな…」

元提督「もし北が艦娘がらみで動いているとすれば、元艦娘らが身柄を拘束されたり…」

元提督「…拉致される可能性もあります」

元帥「そうじゃな…」

元帥「それで、公安はどう動くつもりでおる?」

元提督「まだ情報段階ではありますが、今のところ捜査感覚で臨んではいます」

元提督「海相閣下へは内閣調査室経由でご報告しております」

元帥「そうか。その情報を重要な問題と捉えてくれとるんだな」

元提督「…元帥閣下。先に確かめさせていただきたいことがあります」

元帥「…言うてみい」


元提督「もし国益と艦娘の生命の二つを秤にかけなければならない状態になった場合、元帥のお力にすがることは可能でしょうか」

元帥「その時は可能な限りできる手助けをしてやる。国益も艦娘の命も、どちらも救えるようにするつもりじゃ。この老いぼれにどこまでできるかは分からんがな」

元帥「…ワシには血を分けた子供も孫もおらん」

元帥「勝手な言い分なのは分かっとるが、せめて生き残った艦娘たちには幸せになってほしいんじゃ」

元帥「そのためには、何だってしてやるつもりじゃよ。それこそ、ワシに実の孫娘たちがいたら、そうしてやるぐらいにな」

元提督「数々のご配慮、ありがとうございます。また何か分かったことがありましたら、すぐにご報告します」

元帥「頼むぞ。艦娘達を守ってやってくれい」

元提督「は!」

元帥「あ、それとじゃ」

元提督「?」

元帥「さっきは上手くはぐらかしたようじゃが…あいにく忘れちゃおらんぞ」

元提督「…」

元帥「貴様の秘書艦だった木曾…どうするつもりじゃ?」

元提督「!」


元帥「資料を見ると、他の姉妹や艦娘とは離れて、一人だけで暮らしているようじゃな」

元帥「…気になるのう」

元帥「…彼女は、貴様を待ち焦がれておるんじゃないか?」

元提督「…」

元帥「貴様は木曾のことをどう想っとるんじゃ?鎮守府ではケッコンしとったようじゃが、これから先はどうする?解散から一年が経った今、もう会ってはならん理由はないんじゃぞ?」

元提督「…できるなら今すぐにでも会いに行きたいです」

元帥「ほう!」ニヤ

元提督「しかし…」

元帥「しかしなんじゃ」イラッ

元提督「自分は一杯のみとはいえ、艦娘を轟沈させてしまったことのある司令官です。そんな自分が艦娘に愛される資格など…」

元帥「木曾が…彼女のほうがお前を待ち焦がれているとしてもか?」

元提督「…は?」

元帥「貴様は仕事熱心なあまり足元をおろそかにしがちじゃからのう…先日、他の者に木曾の身辺を当たらせた。そしたらどうじゃ」

元提督「…」


元帥「一人暮らしをしながら大学に通っとるそうじゃが、どうも塞ぎがちになっておるらしいぞ。学校生活もバイトもそつなくこなしてはおるらしいけどの…」

元帥「彼女の美貌に惹かれて近づいてくる男女をも一顧だにせんばかりか、そもそも自分からあまり交友範囲を広げようとしとらんらしい」

元帥「つまり…以前の彼女と比べても…今の他の艦娘達と比べても、木曾はかなり孤独に過ごしておるみたいじゃ。一体これはどういうことかのう?」

元提督「……」グッ

元帥「貴様に問う。貴様と最後に別れた時の木曾の様子はどうじゃった?」

元提督「…」

元提督「…自分の主観では、寂しそうだったように感じました」

元帥「ほれみろ」

元帥「さっきも言ったがのう、ワシにとってはな…あの娘達は二度の戦いを戦い抜いた、生きる英霊じゃ」

元帥「せめて、現世では、本当の幸福を知ってほしいと思う」

元帥「ただの兵器として捉えるには、彼女たちはあまりにも強かで、そして美しすぎる」

元帥「…見てみたいではないか。かつて兵器だったものの魂が、乙女の肉体をまとって平和な世界を精一杯生きるその姿を」

元提督「はい…」

元帥「だったら木曾のとこに行ってやれ」


元提督「そ、それとこれとは…」

元帥「何が違うというんじゃ」ギロ

元提督「…」

元帥「もう一度聞くぞ。貴様は木曾のことをどう思っとるんじゃ?やはりただの兵器としか思っとらんのか!?」

元提督「そんなことはありませんっ!」

元帥「なら憎からず思うとるんじゃな?」

元提督「…ハイ」

元帥「…」フッ

元帥「貴様の仕事の重要性は、ワシが何よりもよく理解しておる…が、」

元帥「仕事にばかりかまけんで、たまには自分の私情に向き合わんか。でないと木曾も貴様も、あの戦役を生き残った意味がないわ」

元提督「…」

元帥「さ、ワシは仕事に戻るぞ。貴様の報告をよく読まねばならんからな」


元帥「…いいか?忙しいとは思うが、貴様は休むべき時には休むんじゃぞ?そしてこれからの事をしっかり考えい」

元提督「は、はいっ!失礼いたしました!」ガチャ バタン

元帥「…」

元帥「…皆、まだ若いのう」フッ…


数日後

アリガトウゴザイマシター マタドウゾー

木曾「…お先あがります。お疲れ様です」ガチャ バタン

先輩1「なんか最近、木曾ちゃん元気ないよね」

先輩2「うん…元からどこか影がある子だったけど、最近とくにそんな感じね」

先輩1「綺麗だし、真面目でいい子なんだけどね…プライベートはよく知らないし」

先輩2「色々わかんないところが多いもんね、木曾ちゃん」

先輩1「そうよね…」


木曾アパート

ガチャ バタン

ドサッ

木曾「…」

木曾「…」フゥ

天龍『…指輪すらもらえなかった艦娘の気持ちが、お前なんかに分かってたまるか!』

木曾『言ってろポンコツ野郎。てめぇの顔なんざ二度と見たくねえ!』

木曾「くそっ…何で俺は…」

木曾「天龍に八つ当たりなんかしちまったんだよ…!」

木曾「あいつは俺の事気にかけてくれてただけなのに…」

木曾「俺の一番近くにいた、おんなじ元艦娘なのに…」

木曾「酷いこと言っちまったな…」

木曾「…」


木曾「このままじゃダメだ…早めに謝らねえと…許してくれねえかもだけど…」

木曾「あ…」

木曾「あいつの連絡先、聞くの忘れてた…」

木曾「…」

木曾「…とりあえず今日はシャワー浴びて寝よう…」

木曾「…」

木曾「…もう、一人は限界かも…」


さらに数日後 街なか

天龍「…休みだから街に出てきたけど」

天龍「今日は特に欲しい買い物もねえな…」

天龍「したいこともねえし…」

天龍「龍田のやつも忙しいみてーだし…」

ガヤガヤ

「あ~超楽しかった!ねぇ、記念にプリクラ撮ろうよ!」

「さんせ~!どっかこの辺のゲーセンにないかな?探そー!」

キャッキャッ

天龍「…」

天龍「何なんだろうな、今のこの気分は…」

天龍『一生悲劇のヒロインやってろ!くっだらねぇ』

天龍「っ…」


天龍「せっかく気の置けないあいつと再会したってのに…」

天龍「なんで、ああなっちゃったんだろうな…」

天龍「…」

天龍「あいつ、本当に辛そうにしてたもんな…」

天龍「俺…無神経な慰め方しちまったんだろうな」

天龍「ケッコンまでしてて捨てられたってのは、やっぱ本当に辛いんだろうな…」

天龍「…」

天龍「提督、か…」

天龍「…」ズキッ

天龍「…どうして今さら、あんな無能提督のことなんか思いだしちまうんだろう」

天龍「…」

天龍「…提督、今頃どうしてるんだろう?」

天龍「元気にしてるかな…」

天龍「…解散の後、さっさと鎮守府を出て行っちまったもんな…」

天龍「…俺も、一緒について行きたかったのにな」


天龍「…」トボトボ

???「…よぉ、天龍」

天龍「…!!!!!」ハッ

天龍「…マジかよ…嘘だろおいっ…!」

天龍「…提督っ!!!」タッ

元提督’「よせよ。もう俺は提督じゃない」

元提督’「まあ、その辺のカフェで少し話そうや。時間いいか?」

天龍「あ、ああ!構わねえよ!」

イラッシャイマセー テラスヘドーゾー

元提督’「元気そうじゃねーか」

天龍「ああ、ピンピンしてるぜ」

元提督’「今は何してるんだ?」

天龍「俺は婦警やってるよ。龍田は保育士の勉強中さ、元気にやってるぜ」

元提督’「そっか…。そりゃ良かったな。お前、仕事はさばけるようになったか?」


天龍「まぁまぁってとこだな。何だかんだでもう一年近くになるし」

元提督’「なら上出来だろうよ」フフ

元提督’「婦警か…まあ天龍には合ってるんだろうな」

天龍「そ、そう思うか?」

元提督’「警官っていやぁ思い切り暴れまわることもあるだろうからな、そりゃお前向きだろ」

天龍「何だよ、俺が手の付けられねえ腕白みてぇじゃねーか」

元提督’「違ったか?」

天龍「ふん…」

元提督’「駆逐艦の連中はどうしてるか分かるか?」

天龍「ん~…俺、あんまり駆逐艦とは絡めなかったからな」ガシガシ

元提督’「お前、信頼はされつつも怖がられてたもんな」フフ

天龍「うるせーよ」

天龍「…龍田は連絡取り合ってるみたいだけど、特に心配なことは言ってなかったぜ」

元提督’「そっか。まぁ便りがないのはいい便りってこともあるしよ」

天龍「…!!」


天龍「提督、戦役が終わっても俺らのこと心配してくれてんのな。解散式のときはさっさと出て行っちまったくせにさ」

元提督’「…そうでもねえよ。ただちょっと気になっただけだ」

元提督’「俺ごときが心配したところでどうにかなる話でもねぇけどよ」

元提督’「…しょせん『パシリ提督』でしかなかった俺だしな」

天龍「…」

元提督’「…俺が不甲斐ないせいでお前らには迷惑かけたな」

元提督’「お前らももっと有能な提督を持ちたかっただろうにな」

元提督’「闘争本能の高いお前と龍田には、俺なんて鼻持ちならねえ奴だっただろうし」

天龍「…んなこと言うなよ。確かに思い切り暴れ回れなかったのはあるけどさ」

天龍「でも、結果としてうちの艦は一杯たりとも欠けず終戦を迎えられたんだぜ」

元提督’「…天龍」

天龍「?」

元提督’「…ずっと俺の秘書艦でいてくれて、ありがとな」

天龍「…」


元提督’「右も左も分かんねえ俺に、色々教えてくれたりよ」

元提督’「俺に不安を持ってたりあからさまに馬鹿にしたりする駆逐艦連中をまとめ上げてくれたり」

天龍「…締め上げただけだっつーの。結果としてそれがあいつらの為になるんだしさ」

元提督’「それでも俺には出来なかったことだしよ。助かったんだぜ」

天龍「…提督。俺、一つ聞きたかったことがあるんだ」

元提督’「おお、何だよ」

天龍「仮に…だけどさ、仮に俺の練度が上限まで達してたら、提督は俺に指輪をくれたか?」

元提督’「当たり前だ」

天龍「!!!」

元提督’「俺は一般大中退の沿岸哨戒と遠征専門の、クソみてえな提督だった。それでもお前が俺に
     尽くしてくれてるのは分かってたし、俺がお前に報いる方法としちゃそれしかなかったよ」

元提督’「もう戦役が終わった今となっちゃ、ただの恨み言だけどよ」

天龍「そっか」グズッ

元提督’「ん?風邪か?」

天龍「…違ぇよ」スン



元提督’「だから終戦の時、はっきり言って俺は喜びなんかそんなに感じられなかったわけよ。むしろ、軍籍を失う自分の今後に暗澹としてただけさ」

天龍「そうか…そうだったんだな…」

元提督’「ところでさ、お前…呉鎮にいた木曾って軽巡、覚えてるか?」

天龍「…!」

天龍「…ああ。覚えてるぜ」イラッ

元提督’「どうした?」

天龍「…何でもねぇよ」

元提督’「あいつの居場所、知らねえか?」

天龍「なんで提督がそんな事知りたがるんだよ」

元提督’「別に俺がってわけじゃねえ。職探しで海軍省に出入りしてたら、居場所を調査してるって聞いたからよ」

天龍「…そうなんだ」

天龍(…なんだ、そんなことか)

天龍「…こないだ、木曾に会ったんだ」

元提督’「!!!」


元提督’「それで…何かあったのか?」

天龍「あいつ、俺の前で提督の事を馬鹿にしやがったんだ…俺すっげえ頭にきてさ」

元提督’「…で?」

天龍「喧嘩別れしたよ…くそっ…また思いだしちまった…」ガシガシ

元提督’「…そりゃあ…悪かったな」

天龍「いいって。別に提督が悪いわけじゃねえし」

元提督’「…でもありがとな。俺なんかのこと庇ってくれてよ」

天龍「…当たり前だろ」フッ

天龍「…ま、あいつの住所は俺も知らねえよ。ただこの近所なのは確かだろうな」

天龍「駅前のファミレスにはよく来てるって話してたし」

元提督’「そっか…ありがとな、天龍。海軍省に伝えとくよ」

天龍「いいってことさ」

元提督’「まあ、でも久しぶりにお前の元気な顔が見れて良かったよ」

天龍「ほんとに久しぶりだもんな。嬉しいぜ」


元提督’「…」

元提督’「…ほんとはオフレコなんだけどよ、戦役から一年は元提督は艦娘と接触してはならないって決まりがあったんだ」

元提督’「市井に出た艦娘たちの自立心を萎えさせてしまう恐れがあるからってな」

元提督’「だからケッコンしてた艦娘からは指輪まで回収するって念の入れようだったらしい」

天龍「!!!!」

天龍「そんな決まりが…あったのか!?」

天龍(そっか…だから木曾の奴は…指輪を…)

元提督’「ま、でも良かったよ。お前は俺なんか居なくたって今こうして十分自立して頑張ってるじゃねえかよ」

元提督’「お前は強いよな。前も今もよ」

天龍「…」

天龍「…俺だって、今はただの女の子なんだぜ?」ボソッ

元提督’「ん?すまん聞こえなかった」

天龍「何でもねえよ」

元提督’「???」

元提督’「さて…と。そろそろ俺は行くからよ。今日はありがとよ」ガタッ チャリン


天龍「なぁ…これからどこ行くんだよ?」

元提督’「…俺、今は就活中なんだ」

天龍「ええっ!!??」

元提督’「だから早いとこ定職を見つけなきゃなんねえのよ」

元提督’「とりあえず今日は仮暮らしの寝床に帰るわ」

天龍「…てっきり、大学に復学してるのかと思ってたよ。…そうか、だからさっき、一般大中退とか職探しとかって言ってたのか…」

元提督’「…」

天龍「提督、言ってたじゃねえか。戦役が終わったら復学してきちんと卒業したいって…」

元提督’「海軍はクビになっちまったし、先立つものがねえ以上、仕方ねえよ」

天龍「金の心配なら、俺が何とかしてやるから!俺ちゃんと働いてるし、貯金だって報奨金も合わせたら滅茶苦茶あるし」

元提督’「よしてくれよ…仮にも元部下のヒモになっちまうほど堕ちちゃいねえよ」

天龍「…んなこと俺は気にしねえよ!」

天龍「なあ提督、…よかったら、俺ん所に来ないか…?」

元提督’「…駆逐艦連中から鬼の秘書艦って言われてた奴の言葉とは思えねえな」クスッ


天龍「…」

元提督「でも、嬉しいぜ。ありがとな、天龍」ナデナデ

天龍「…」

天龍「…俺も一緒に行っちゃダメかよ?」

元提督’「!」

元提督’「へっ…職にあぶれてる俺に付いてきたってなんにもいいことなんてねえよ」

元提督’「それよりお前はお前の仕事をしっかり頑張れよ。せっかく人として生きられてるんだ、これからもっと色々楽しんで生きてけよ。友達と遊んだり彼氏作ったりさ」

天龍「…んなもん要らねえよ。俺は、…」

元提督’「…そんな捨てネコみてえな顔するんじゃねえよ。お前は大丈夫だって」

元提督’「戦役は終わったんだ。俺なんかの為に自分を犠牲にすんじゃねえよ」

天龍「違うんだ!提督、ほんとはさ…俺は提督のことが…前から…」

元提督’「いけねえって。それ以上は」

元提督’「…俺はもう…提督じゃねえ…ただのプー太郎だ」

元提督’「…ただ、お前に俺がふさわしくなる時がもしも来れば…その時はな…」


天龍「…」

元提督’「じゃあな…」クルッ

天龍「提督…ちゃんとまた会えるよな?俺のこと…このまま捨ててかねえよな?」

元提督’「…」

元提督’「……………オレハドコマデモバカダナ」フッ

天龍「…?」

元提督’「…」フゥ

元提督’「…なぁ、天龍」クル

元提督’「木曾とのこと、俺は気にしちゃいねえ。さっさと仲直りして、楽しくやれよ」

天龍「!」

天龍「い、要らねえ世話だよ。あ、あんな奴なんか…」フイ

元提督’「強がるなよ」

天龍「…」グッ

元提督’「…いつだったけかな」


元提督’「呉鎮と俺らとで、はじめて演習したときだけどさ」

元提督’「あん時、木曾が『お前らの指揮官は無能だな!』ってこっちに叫んだことがあったろ?」

天龍「…ああ」

元提督’「それ聞いた瞬間…お前、作戦も陣形もなんもかんもかなぐり捨てて」

元提督’「たった一人で、まるで狂犬みてぇに、練度がダンチのはずの呉鎮秘書艦に突っ込んでいっちまった」

天龍「…」

元提督’「あの秘書艦同士の、練度を超えた相撃ち戦は、しばらく海軍中で語り草になったよな」

天龍(…そっか)

天龍(やっぱりあん時の木曾…俺らじゃなくて…呉の提督に、もっと自分のことを見て欲しいって叫んでたんだな)

元提督’「でもそのあと、お前も木曾も同じ軽巡どうし意気投合して仲良くなってたじゃねえか」

元提督’「それでいいんだよ。いや、それがいいんだよ。平和になったってのに、今更変な喧嘩別れなんてしてねえでよ」

天龍「…」

元提督’「せっかく近くにいる元艦娘どうしなんだからよ、大切にしてやれよ」


元提督’「お前らが互いに支え合ってやってけば、もう何の心配もいらねえんだからよ」

天龍「…提督?なんだよそれ…」

元提督’「心配すんなって!就活成功したら、また報告に来てやるからよ!」

天龍「…ほんとだな?約束だぜ?」

元提督’「ああ、約束だ!」

元提督’「っと、そろそろ行かなきゃな。じゃあな、元気でやれよ!」

天龍「…待ってるぜ!提督っ!」ブンブン

元提督’(…)







元提督’(…最後に嘘ついて済まなかったな、天龍)


??「…対象、天龍から離れていきます!」

??「録音は?」

??「バッチリです!」

??「あの男…やっぱり北と接触を持ってるな…!?」

??「恐らくクロですね…どうします?」

??「対象を尾行しろ。見失うなよ」

??「は!」

??「くそ…よりによって室長が休暇のときに!」

今日はここまで おやすみなさい

日付変わってしまいましたが投下


同日

呉・YAMATOミュージアム 1階


ワイワイ ザワザワ

元提督「…」

カッ…カッ…

スッ

???「ようこそお越しくださいました。YAMATOミュージアムへようこそ」

???「…さっきからずっと大和の模型を見つめていらっしゃいますね?」

元提督「…ええ。大和はやっぱり魅力的だなと思って」


???「差支えなければ、お客様がそう感じられた理由をお聞かせ願えませんか?」

元提督「…大日本帝國海軍の超弩級戦艦・大和。かつての日本が威信をかけて建造しただけのことはあると思うんです」

元提督「当時としても規格外の大口径砲を搭載…欧米でさえ出来なかった武装が、大和では実現しました」

元提督「…しかしそれでいて、流れるような美さを大和は備えています」

元提督「大艦巨砲主義の残滓と切り捨てるにしては、あまりにもこの艦は美しすぎると思うんです」

???「…」

???「日米開戦前、日立造船の工員たちが大和の設計技師に講義を受けたことがあるそうです」

元提督「ほお?」

???「ある工員が聞きました。『なぜこの艦は今までの他の軍艦よりも美しいんですか』と」

???「技師は言いました。『この艦は日本を象徴する使命を背負っている。ならばただ強いだけではなく、まるでこの国の四季のような繊細な美しさをも与えてやりたいと思った』」

???「『だから自分はこの艦の最大の艦上構造物である艦橋・アンテナマスト・大煙突の位置と角度を何度も何度も綿密に計算しなおした』」

???「『それこそ、敵がこの艦を照準器に捉えても、思わず引き金を引くのをためらわせてしまうほどの美しさを表現するために…』」

元提督「…」


???「パナマを渡れる船体でありながら、備えるは世界最大の46センチ三連装砲。武骨な直角を覆い隠した、流れるようなフォルム」

???「剛にして柔、大胆にして繊細…この一見相反するもののハーモニーこそが、大和を美しく見せるゆえんだと思います」

???「大和型戦艦の魅力は、先ほどお客様がおっしゃったように、その武装だけではなく、鋼鉄の身体に繊細さを備え持つ意外性にあるのです」

元提督「…そうだったんですね。だから大和は美しいんですね」

元提督「まるであなたのように」

???「まぁ…お上手ですね。とても懐かしいです」クスッ

元提督「…」フッ

大和「…お久しぶりです……提督!来てくださったんですね…!」


元提督「バレてたか」スッ

大和「いくら色眼鏡とマスクで隠しても、その姿形と声色は隠せませんから」フフ

元提督「まずは元気そうで何よりだよ」

大和「提督こそ!」

元提督「資料を見たときは驚いたよ。まさかここで働いてたとはな。うってつけじゃないか!」

大和「ええ。同僚の皆さまにも、とても良くしてもらっています」

元提督「ここは去年あたりから展示の説明の詳細化や誤りの修正がされて内容が充実したって話は聞いてたけど、展示の内容そのものが学芸員として入ってきたんなら何の不思議もないな」

元提督「よかったよ…うん、うまくやっていけてるようでよかった…」シミジミ


大和「提督もご息災のようで何よりです」

大和「今日は私に会いに来てくださったんですか?」

元提督「ああ、そうだ」

元提督「…実は、話を聞いてもらいたいことがあってな」

大和「…?」

大和「…何か、お悩みなんですね?」

元提督「…ああ。聞いてくれるか?」

大和「分かりました。とりあえず、上の展望テラスに行きましょうか…」


その頃

カァー カァー 

天龍「今日はいい日だったな…」テクテク

天龍「まさか提督に会えるなんて…想像もしなかったぜ」

天龍「もう完全に俺のことなんか忘れて過ごしてるのかと思ったのにさ」

天龍「…」

天龍「嬉しい…」ギュッ

天龍「…」

天龍「…歩き疲れたな」テクテク

天龍「晩飯の買い物も済んだし、ちょっと休んでくか」ガチャ

イラッシャイマセー オスキナオセキニドウゾー

天龍「…あ」

天龍「このファミレス、こないだ木曾と入ったとこだったな…」


天龍「も、もしかたら!」キョロキョロ

木曾「…」ポツン 

天龍(やっぱり!)

木曾「!」

天龍「!」

木曾「て、天龍…」ガタッ

天龍「木曾…」

木曾「…こないだは、ごめん」

木曾「俺、お前のことすんげぇ傷つけちまった」

木曾「…お前は俺なんかにはもう会いたくなかっただろうけどさ、せめて一言謝りたくて…」

天龍「木曾、…」

天龍「もういいよ、もういいって…」


木曾「悪かったよ…ごめん…ごめん…なさい…」ウルッ

天龍「お、おい…泣くなよ…俺だって悪かったし、もう気にしちゃいねえし…」

木曾「…」クスン

天龍「ぁあもう!」

天龍「と、とにかくここから出るぞ!」

天龍「ちょっと俺んちに来い!」ギュッ スタスタ

木曾「あ、ああ…」ヨロ


元提督「ここから見える夕陽の海も綺麗だな」

大和「ええ…かつて私達の栄華を映していたこの海の夕陽も、ここの自慢です」

元提督「…鎮守府の解散から、もう一年が経ったんだよな」

大和「…そうですね。もう一年ですか…」

元提督「これで、足枷はなくなったんだ。なくなったんだが…」

大和「足枷?」

元提督「…提督だった者は、艦娘だった者と、鎮守府解散以降一年間は接触してはならない」

元提督「そんな規則があったんだ」

大和「なるほど…艦娘には、過去を断ち切って自立する時間がなくてはならない、ということだったんですね」

元提督「その通りだ…大和は勘がいいな」

元提督「そして、その規則はつい先日失効した」


大和「それで私に会いに来てくださったんですか?」

元提督「…大和に話を聞いてもらいたくて、来たんだ」

大和「…」

大和「…もしかして、木曾さんのことですか?」

元提督「!?」

大和「…やはり、そういうことだったんですね」

大和「やっと歯車が噛み合いだした…そんな気がします」フフフ

元提督「…」


天龍アパート

天龍「ここが俺の部屋だ。まあ入れよ」

天龍「…落ち着いたか?」

木曾「ああ…ほんと悪ぃな…」

天龍「んなことねえから、ほらほら」ガチャ

木曾「…お邪魔、するぜ」

天龍「おう。遠慮すんな」バタン

木曾「…なんだ。俺んちからそんなに離れてる訳でもなかったんだな」

天龍「まあ警察寮もあるんだけど俺はこっちのがいいんだ」


木曾「…すげぇセンスを感じる部屋だな」

天龍「んん?」

木曾「家具とかクロスとかがピンク系に統一されてて、なんか可愛くていい感じだ」

天龍「そ、そっか?」テレテレ

木曾「…それに比べたら俺の部屋は殺風景だよな」

天龍「そうなのか?こんど行ってみたいな」

木曾「そりゃいいな、遊びに来てくれよ」

木曾「にしても、食器とか小物とかも選び抜いてそうな感じだな」

天龍「おお、分かるか?高くはねえけど気に入ったものを選んだんだぜ」

木曾「…」

木曾(…こいつ、生活様式がもう完全にオンナノコとして生活してるっぽいな…)

木曾(なんか、羨ましいな)


木曾「へえ、サボテン育ててんだ」

天龍「かわいいだろ。こないだ龍田が遊びに来たときくれたんだ」

木曾「かわいいな…ん、これは」

木曾「…天龍(鋼鉄)のプラモか」

天龍「や、やっぱ昔の自分も大切にしなきゃなって思ってさ。今は人間だけど、船だった自分の原点として…さ」

木曾「ふぅん…」ジッ

木曾「これ、お前が自分で作った?」

天龍「お、ぉぅ…」

木曾「ずいぶん大雑把な作りだな…何だよこれ、砲塔がズレてんじゃん」

木曾「昔のお前ってこんなアンシンメトリーだったっけか?しかも色塗ったとこに思いっきり指紋残してるし」

天龍「うるせー細けえことは苦手なんだよ!」

木曾「何が昔の自分を大切にするだよ…」ツンツン


天龍「お前も自分の作ってみたらどうだ?」

木曾「ん~…」

木曾「俺さ、実はあのそろばん型の煙突、あれそんなに好きじゃなかったんだよな…」

天龍「どうしてよ」

木曾「なんか…うん、女ぽっく見えなくね?」

天龍「そっか???」

木曾「あ…だから今の俺の外見も可愛げがねえのかな…」シュン

天龍「あー!もう!いちいち勝手に落ち込んでんじゃねえよ!」ナデナデ

木曾「ん…」

天龍(こいつ、前はこんなにすぐしょげる奴じゃなかったはずなんだけどな…)

天龍(…ま、でもある意味これが普通の娘として生まれ変わったってことなのかもな…)

木曾「…ありがとな、天龍」

天龍「うん…荷物はその辺に適当に置いといてくれよ」

木曾「ああ」ドサ


木曾「…ふわふわなカーペットだな」

天龍「うん、もふもふなの選んだ」

木曾「もふもふ」モフモフ

天龍「だろ」

木曾「色がホワイトって結構勇気いるよな」

天龍「なんかこぼしたら泣くからな」

木曾「気を付ける」

天龍「まあ座れよ」

木曾「うん」ストン

天龍「なんか飲むか?」

木曾「いいのか?あったかいのがいいな」

天龍「じゃあ紅茶な」

木曾「すまん」

天龍「リプ●ンだけどな」コポポ


木曾「構わねえよ」

天龍「金剛さんのには敵わねえだろうけどよ」

木曾「本場のと比べちゃいけねえよ」

天龍「できたぜ」コトン

木曾「おう…いただきます」クピ

木曾「あ~…染みる」フゥ

天龍「おいまさかさっそくこぼしたのかよ」

木曾「ちげえって…なんつーか…その、俺の心に染みたんだよ」フゥ

天龍「…さりげなく恥ずかしいこと言うなお前」

木曾「自覚はある。…でも他の艦娘と一緒にいるの久しぶりだからなんか落ち着いてさ」

天龍「…そっか。遠慮しねえでゆっくりしていけよ」クピ

木曾「ありがとな」カチャ

天龍「…」

木曾「…」


木曾「…こないだは本当にごめんな」

天龍「またかよ、もういいんだよ」

木曾「うん…その、本当は色々話したいこともあったのにさ」

天龍「…それは俺もあったな」

木曾「そっか」

天龍「ああ」

木曾「…」

天龍「…」

木曾「そういやさ」

天龍「うん」

木曾「…なんで警官になったんだ?」

天龍「おお」


天龍「最初は龍田といっしょに保育士目指そうかと思ったんだけどさ」

天龍「妹と同じ仕事ってのもなんか安直すぎるかなっていう気もしたからな」

天龍「だから悪と対峙する警官になったって感じかな」

木曾「分かる。俺も姉貴達といっしょに何かするのは安直って気がしたんだ」

天龍「それだよそれ」

天龍「それに、龍田が子どもたちを育む仕事してえんなら、俺はそいつらを守る仕事してえなってのもあったしな」

木曾「立派だな…駆逐艦をまとめてただけはあるな」

天龍「そ、そうか?」テレテレ

木曾「で、結局警官には向いてた感じか?」

天龍「まあうまくやってるぜ。ただ、武装が警棒と拳銃だけってのはいまだに心もとねえな」

天龍「実際に使ったことはねえからまあいいんだろうけど」

木曾「いくらなんでも人を相手に艦砲やら魚雷やらはねえだろ」

天龍「まあそれもそうだな」


天龍「で、お前は大学で何を勉強してんだよ」

木曾「勉強っつってもいろいろ本読んでるくらいかな…哲学とかの」

天龍「なんでまた」

木曾「…人間って何なんだろうなって考えたらさ、やっぱ答えは本とか文学にしかないだろうなって思ったんだよ」

天龍「深いな」

木曾「艦娘の俺らが、この世界でどう生きてけばいいのか…」

木曾「答えはまだ見つけられちゃいねえけどさ」

天龍「…」


天龍「あのな、木曾。もう俺らは艦娘じゃない。普通の人間の娘だ」

天龍「もう深海棲艦との戦役は終わった。俺たちはやりたいように生きていいんだ」

木曾「…やりたいように、か」

木曾「………………………俺、何がしたいんだろうな」

天龍「木曾…」

木曾「…鎮守府にいたときは、艦隊の仲間がいた」

木曾「立ち向かう敵もはっきりしてた。そりゃこっちもいつ沈められるかわからない不安もあったけどさ…」

木曾「けど、艦隊のみんなで一緒に頑張って、支え合って敵を沈めてきた」

木曾「そして、頼りになる提督もいた」

天龍「!!!」

木曾「俺は提督の指揮命令に全てを捧げて、戦場の硝煙の中を駆け巡ってきたんだ」

天龍「っ…」

木曾「戦いの中に、俺の居場所があったんだ。そして、帰るべき鎮守府も」

木曾「そこには、必ず待っててくれる人がいたんだ」


天龍「木曾っ…!」

天龍「気持ちは分かる。だがもう戦役は終わったんだ。兵器としての俺らの役割も終わったんだ」

天龍「だから、今は兵器じゃなく、普通の娘として…」

木曾「俺らの本質は兵器だよ!他の何物でも有りえねえっ!」

天龍「…!」

木曾「俺は大日本帝國海軍・球磨型軽巡洋艦五番艦の木曾だっ!」

木曾「お前だって、俺と同じ帝海の軽巡だったじゃねえか…!忘れたとは言わせねえぜ…」

天龍「…」

木曾「…南方のマニラで、俺は一度死んだ」

木曾「情けない話だよ。空襲で大破着底…米軍がマニラ市街に来るや、守備隊も俺のことを完全に放棄していった。艦籍も剥奪された」

木曾「…そして、骸はただ波に洗われて朽ちていくだけの日々が積もった」

天龍「…」

木曾「…艦娘として生まれ変われたときは本当にうれしかったよ」


木曾「今度こそはかつて守れなかった本土を守り、姉妹たちや他の艦たちと一緒に戦い抜いて、勝利を掴もうって頑張った」

木曾「いや、今度こそは戦いの最後まで必要とされる自分でありたいって思ってた」

木曾「そしてさ、はじめて誰かに対して愛情ってようなもんを持つことも出来たさ」

天龍「…」

木曾「だけど…その勝利を掴んで戦いが終わっちまった今…兵器として生まれてきた俺の存在意義は、いったいどこにいっちまったんだろう…」

木曾「そして生身のままこの社会に放り出されて」

木曾「どうしていいのか分かんなくなっちまって…」

天龍「…」


木曾「普通の女の子の真似事もしてはいるさ…」

木曾「でも滑稽じゃねえか…出自が鋼鉄の兵器だった俺が、今さら何を一人前に人間の娘みてえに振るまえるってんだよ!」

木曾「どうあがこうが俺らは兵器だ!艦娘だ!ただの娘になんかなれっこない!!」

木曾「俺は…捨てられたんだよ…一度はマニラで…もう一度は…あの解散式の後で…」

木曾「艦娘じゃなくなった俺は、提督に捨てられたんだっ!!!」

木曾「こんな…こんな切ない思いするぐらいだったら…」

木曾「やっぱり俺なんか、あの南海の浅瀬でずっと眠っていた方が良かったんだっ!!!」

天龍「…甘えたこと言ってんじゃねえよ!!バカ野郎っ!!」バン!


木曾「…」グスッ

天龍「………なぁ、木曾」

天龍「…ただの兵器が、そんな風に心を痛めると思うか?」

木曾「…!」

天龍「兵器が、愛してくれって叫ぶか?」

天龍「兵器が、涙を流すか?」

天龍「…兵器が、こんなに暖かいか?」ギュウ

木曾「~!」フルフル


天龍「…」ヨシヨシ

木曾「…」

天龍「…お前、意外に甘えん坊なんだな」

木曾「…うるせー…」

木曾「…甘えたいのに、甘えやすい姉貴がいなかったからな」スン

天龍「なるほどな…」


天龍「…俺もさ、」

天龍「お前ほど思いつめてたわけじゃないけど、やっぱ秘書艦として提督に認められたかったって思いはずっとあったんだ」

天龍「それが、解体されて普通の娘になった今でも、もっとずっと強く俺の中にくすぶってたんだ」

天龍「…まさかって思ったけどさ、でも確かにそうだったんだ」

天龍「…お前が気づかせてくれたのかも。俺の中にあった本当の想いってやつを」

木曾「!!…」

天龍「………俺も、やっぱり提督のそばにいたい」

天龍「軍人としてはそこそこだったけどさ、やっぱり人としてまっすぐ俺と向かい合ってくれた大切な奴なんだ」

天龍「なあ、木曾」

天龍「……一緒に、提督を取り戻そうぜ」

今日はここまで

間違えて鋼材と弾薬をずっと逆にしていたことに気づいた くやしす
続きは明後日夜 おやすみなさい

お待たせしました


大和「はたから見ても、提督と秘書艦の木曾さんは本当に強い絆に結ばれていた戦友同志だったと思います」

大和「いいえ、その絆は戦友以上の意味を持っていたんでしょう」

大和「…発足当時から共に鎮守府を盛り立ててきたお二人ですからね」

大和「それがケッコンしたというのは何の不思議もなかったと思いますよ。それでいて、戦役中はお二人ともよく自重されていたと思います」

大和「ですから、この一年と言う時間は木曾さんにとってどんな時間だったのか…」

元提督「…」

大和「…提督にとって、ケッコンとはどんな意味があったんですか?」

元提督「…」

大和「…能力の限界解放、だけでは説明になりませんよね?」

元提督「…大和。お前は正直、どう感じてた?」

元提督「戦艦連中を…いや、超弩級戦艦のお前と武蔵を差し置いて、軽巡を最後まで秘書艦に据え置いてたんだからな」

元提督「旧海軍の象徴だった戦艦大和からすれば、内心面白くないところはあったんじゃないかなって…思うんだが」


大和「…提督」

大和「私たちがいたあの艦隊は、紛れもなく提督、貴方の艦隊だったのです」

大和「提督はその艦隊の秘書艦として、木曾さんを選ばれ、最後までその任に留め置かれました」

大和「それだけで十分だったのです。私達艦娘にとっては、それだけで十分なメッセージだったのです」

大和「提督が最も思い入れをしておられるのは、早くから提督にお仕えしていた、球磨型軽巡の五番艦だと」

大和「もちろん、私に限らず、艦娘たちの提督に対する想いは、ただの上官というだけでは計り知れないものがありました」

大和「それだけに提督は私達艦娘に良くしてくださった方なのですから…」

提督「大和…」

大和「…ですが、少なくとも私は、再び体を与えられ、国防のために戦えることだけで十分に幸福でした」

大和「おそらく他の艦娘たちも同じ思いだったでしょう」

元提督「…ありがとう」

大和「艦娘は強く…そして弱い存在です」

大和「兵器としての強さと、少女の脆さを併せ持つ存在、それが私達でした」

大和「私たちは過去と現在に愛されているからこそ、今ここにこうして乙女の肉体に魂を得て、存在することができているのです」


大和「愛されているからこそ、兵器としての存在を超えて今もここに在るのです」

大和「だから、愛されなければ私達の心は簡単に冷え切ってしまう。深海の底のように…」

大和「提督」

元提督「…?」

大和「あなたの秘書艦だった娘への思いを、ここで聞かせてください」

元提督「…」

元提督「…俺は…木曾が好きだ」

元提督「強く気高く、そして心優しいあの娘が…今も、好きだ」

大和「…」

大和「えっ?」

元提督「えっ?」

大和「最初が聞こえませんでした。もう一度お願いします」シレッ

元提督「…」


元提督「…俺は、木曾が好きだ」

大和「…ぁ?」

元提督「俺は木曾が好きだ」

大和「Pardon me?」

元提督「俺は木曾が好きだっ」

大和「ワンモアセッ!!!!」

元提督「俺は!木曾がっ!好きだっ!」

ザワザワ ヒソヒソ

元提督「…///」

大和「だったらっ!!!」クワッ

元提督「」ビクッ

大和「…だったら何にも構うことはないでしょう。今すぐ駆けつけてそれを木曾さんにお伝えすべきです」


大和「木曾さんは提督と一緒にいるときこそ本当に輝いてましたし、その逆もまた然りではなかったですか?」

元提督「大和にはそう見えてたのか?」

大和「私だけじゃなく、みんなにそう見えてたと思いますよ。そしてそれを受けて入れてました」

元提督「そうか…」

大和「…艦娘だった娘達は」

大和「乙女の身体に戸惑いと不安を感じながら戦い、傷つき、そして兵器として必要とされなくなった戦後を必死に生きています」

大和「…ケッコンしていた艦娘なら尚更でしょうね」

大和「そんな自分を本当に愛してくれる人が近くにいたら、秘書艦だった元艦娘として、それ以上の幸福はないでしょう」

大和「ケッコンとは、その本質以上に大きな意味を持つものだったのですから…」

大和「…私は、戦後であろうと提督はケッコンを継続すべきだと思います」ニコ

大和「決して、戦役が終わったからポイということは許されません」

大和「木曾さんの戦いは、恐らくまだ終わっていないんですから」

元提督「っ…!」

大和「…貴方は、それを知りながら知らんぷりできる方でもないでしょう?」クス

元提督「……………………!」


天龍アパート

天龍「今度こそ落ち着いたか?」ナデ

木曾「…落ち着いた」モフ

木曾「なんか俺本当にお前に迷惑かけっぱなしだよ。ごめんな」

天龍「んなことねえよ。一人より二人のが嬉しいに決まってんだろ」

天龍「まあお前は末っ子で俺は姉だからな。こんなのはどんとこいだよ」ギュッ

木曾「…」ギュウ

天龍「…」

木曾「…」

天龍「…ところでさ、腹減らね?時間的に」

木曾「…俺も今それを言おうとしてた」

天龍「よし、今夜は天龍様が腕によりをかけて晩飯を作ってやるよ!」

木曾「…へぇ、作れんのかよ」

天龍「何だよ…お前の中で俺は料理下手な存在なのかよ」

木曾「ち、違ぇよ。自分で料理できるんだなーってさ」


木曾「…尊敬したんだよ」

天龍「…そっか」

天龍「ん?じゃお前普段飯はどうしてんの?」

木曾「ファミレスかバイト先のコンビニ弁当で済ませてる」

天龍「…」

天龍「あのな、木曾」

天龍「昔の俺らみたいに重油ばっか食ってたらいいって訳じゃないんだからさ」

木曾「お、おう」

天龍「もっと食にはこだわろうぜ。せめて自炊できるくらいにはさ」

木曾「俺カレーしか作れないもん」

天龍「もんじゃねーだろ」ツン

木曾「にゅ」フニ

天龍「ならこれから少しづつレパートリーを増やしてけよ」

木曾「おう…頑張る…」

天龍「もっと気合い入れろよな。女子力上げると思ってさ」


木曾「そ、そうだよな…!」

天龍「てなわけで今夜はステーキ丼でも作るぜ」

木曾「豪勢だな」

天龍「そりゃ久々の来客だからよ。それも戦友のな」

木曾「ありがてーな」

天龍「まあキッチンに来いよ。少し手伝ってくれ」スッ

木曾「ああ…調理道具が揃ってるキッチンなんて新鮮だな」

天龍「おいおい…まあいっか。まずはエプロンつけてと」シュルッ

天龍「ステーキ丼つってもそんな難しいメニューじゃねえよ。極めてシンプルだ」

天龍「まずは下準備だ」

天龍「レタス洗って、千切ってくれ」

木曾「おお」パリパリ

天龍「終わったらボウルに入れて、水道の水を細ーく出す」チョロロ…

木曾「水につけるのか」

天龍「こうすればシャキシャキ感が増すんだ」


木曾「なるほどな」

天龍「次はステーキ肉の登場だ」

木曾「おおおおお」

天龍「しかもサーロインだぞ」

木曾「おいなんか悪いな」

天龍「月給もらってるし、報奨金もほとんど手ぇつけてないからな」

木曾「まあ俺も報奨金はほぼ手つかずだけどさ」

天龍「とにかく遠慮すんな。多目に買っといて良かった」

天龍「俺肉焼いとくから、どんぶりにポットのお湯入れて温めといてくれ」

木曾「そこまでしてんのか、すげぇな…これが女子力ってやつか…」

天龍「がさつな自分にサヨナラするのが女子力アップの秘訣だってさ」

木曾「誰の名言だよ」

天龍「龍田」ジュー

木曾「いいこと言うな」

天龍「そろそろいいな。この下にワインあるから出してくれね?」


木曾「これか?」

天龍「おう。んで、これを肉にかけて…」ジュワアアアアアア

木曾「うわっ!フライパンが被弾したぞおい!」

天龍「何テンパってんだよ。別に危なくないから大丈夫だって」

天龍「ちなみにこれフランベっていうんだ」ジュウウウ

木曾「…あ、消えたな」

天龍「よし、焼きは終わり。すこし肉を寝かす」パチン

天龍「丼にジャーのご飯よそってくれ」

木曾「ああ」ヨソヨソ

天龍「もういいかな、肉を切ろう」スッス

木曾「…包丁の扱い上手いな」

天龍「何事も訓練だぜ」

木曾「おう…」

木曾(…こいつ、解体後も自分を磨いてたんだな)

木曾(…尊敬するぜ)


天龍「んで、肉とさっきのレタスをご飯に乗せて」ホイ

天龍「肉にはタレ、レタスにはドレッシングかけたら完成だ」トポポ

木曾「呆気ないな」

天龍「早いだろ」

木曾「けどめっちゃ美味そう」

天龍「ふふーん」

天龍「この多いのお前のな」スッ

木曾「え、お前そんだけでいいのかよ」

天龍「これが俺の普通だけど」

木曾「えっ」

天龍「えっ」

木曾「お前そんだけしか食わねえのかよ」

天龍「お、おう」

木曾「…」

天龍「…」


木曾「燃費いいなお前」

天龍「お前こそ燃費悪すぎだろ」

天龍「それでどうしてそんなスタイルを維持できてんのか気になるな」

木曾「お前だって十分スレンダーじゃん」

天龍「まあデブで艦娘なんてやってらなかったからな」

木曾「それもそうだよな」

天龍「ま、とにかくあったかいうちに食べようぜ。ほれ箸」

木曾「サンキュ」

木曾天「「いただきます」」

木曾天「「…」」モキュモキュ

木曾「すごく美味ぇ…」

天龍「ああ、美味えな」

木曾「…俺も頑張って女子力上げるわ」

天龍「おう、協力するぜ」


木曾「…」モキュモキュ

天龍「…」モキュモキュ

天龍「デザートにアイスがあるぜ」

木曾「あ、俺取ってくる」ガタ

天龍「すまん。俺M●Wがいいな、お前も好きなの取ってくれ」

木曾「なら俺このスー●ーカップのチョコミントもらうぜ」

天龍「助かる。俺それ一つ食ったけどどうも合わなくてさ」

木曾「そっか?これ美味いのに」

天龍「…なんか、歯磨き粉食ってるみたいじゃね?」

木曾「面白ぇ例えだな…」

木曾「あ~美味かった…ごちそうさん…」

天龍「お粗末さん」


木曾「ところでさ」

天龍「うん」

木曾「そっちの提督ってどんな感じの人だった?」

天龍「…学徒動員で招集された提督だよ」

天龍「来たばかりの頃は巡洋艦と駆逐艦の違いとか、もっと酷えと面舵と取り舵の違いとかも知らなかったな」

木曾「…海軍はそんな右も左も分からねえ学生まで動員してたのかよ」

天龍「先の大戦の時に比べりゃまだいいほうだろ」

天龍「今度の戦役は、大戦末期みてえに国民に竹槍と火縄銃持たせて突撃させるような事態にならなくてよかったぜ」

木曾「…それマジ話?」

天龍「本土決戦はその予定だったらしい」

木曾「有りえねえ…百姓一揆かよ…」

天龍「まあとにかく俺らの提督は○○大に通ってたんだけど、卒業間際に学徒兵として招集されて配属になったんだ」

木曾「○○大なら俺の先輩じゃねえか」

天龍「お前○○大だったのかよ」

木曾「うん」


天龍「まあ、不器用だけど優しい提督だったよ」

天龍「あんま自分からはあれこれ言わなかったけど、特に幼い駆逐艦連中のことを何だかんだで気にしてたな」

天龍「遠征・哨戒のシフトも、まず艦娘の希望を聞いてから組んでくれてたし」

天龍「それとか、利根さんが過去の悪夢でうなされて泣いてたときは添い寝してあげてたな」

木曾「…そりゃ優しいな」

木曾「考えてみりゃ、俺らがバリバリ出撃できてたのも、お前らんとこの艦隊が足元を固めててくれたからだもんな」

木曾「…甲斐性なし野郎だなんて言って悪かったよ。すごく反省してる」

天龍「おうおう」

天龍「んで、お前の提督はどんな人なんだよ」

木曾「俺の提督は海大出だから戦闘指揮は洗練されてたよ」

木曾「ただまあそうはいっても場数はまだまだだったから、俺もサポートできることはどんどんしてやってた」

天龍「まあ俺ら大正生まれだもんな」

木曾「そういやそうだよな」ハハハ

木曾「まぁそうやって一緒に艦隊を拡充させていったんだ」


木曾「俺は最初期からいた軽巡だったし、すぐに秘書艦に任命されてさ」

木曾「…だけど、重巡や戦艦、空母が配属されてくると、ああ、そろそろ俺も秘書艦の座を明け渡さなきゃいけなくなるのかなって不安だったんだ」

木曾「そうなると、提督のそばに居れなくなっちゃうしさ」

木曾「不安っていやぁ…提督は他の艦娘たちにも分け隔てなく優しくてさ。当然いいことなんだけどちょっとこっちも淋しいなって思うこともあるくらいでさ」

木曾「…俺、悪い艦娘だったな。秘書艦だったくせにさ」

天龍「そんなの大したことじゃねえよ。俺だってそうだった。けどそれは自然な感情だと思うぜ」

木曾「そっか…」

木曾「…でも提督は重要な作戦には必ず俺を出してくれた。軽巡の俺に戦艦や空母を率いさせてくれたんだ」

木曾「秘書艦もずっと続けさせてくれた」

木曾「…そして、俺は指輪をもらうことができたんだ」

天龍「…」

天龍「お前ももう自分で分かってんだろ」

木曾「?」

天龍「お前の提督が本気でお前のことを兵器としか思ってなかったら、重巡以上が充実してきた時点でお前はもう秘書艦としては用済みだったはずだ」


天龍「それが、秘書艦っつう大事な座にお前をずっと据え置かせてくれたっていうのは、どう考えてもお前っつう存在がお前の提督にとって特別なものだったって以外に有りえねえ」

木曾「…」

天龍「それが分かってるから、お前苦しいんだろ?そこに未練…っつったら言葉は悪いか、なんつーか思いが残ってさ」

木曾「…」コクン

天龍「……………いいこと教えてやるよ」

天龍「今日、提督が俺に教えてくれたんだけどさ」

木曾「…??」

天龍「なんつーか…うん、俺らと提督は織姫と彦星だったわけさ」

木曾「…?????」

木曾「悪ぃ、お前の例えが無駄に詩的なのは分かるがその内容が全然分からねえ」

天龍「おぅふ」

天龍「要するに終戦後1年間は元提督は元艦娘に会っちゃいけないっていう決まりがあったそうなんだよ」

木曾「え…」

天龍「艦娘の自立促進のためにな」

木曾「…じゃ、じゃあ…」


天龍「だからお前は指輪を回収されたのさ」

天龍「つ、ま、り」

天龍「それが決まりである以上、一度はお前の提督はお前を突き放さざるを得なかったってこと!」

木曾「そ…そうだったのか…」

木曾「…そうだったのか!」パァア

木曾「…ってか」

木曾「お前知ってたんならどうしてもっと早く教えてくれなかったんだよ!」ユサユサユサユサ

天龍「じ、実は俺も今日提督と再会したばっかりなんだよ!そこでオフレコだったけどって教えてもらったんだ!」ガックンガックン

木曾「そ、そうなのか…」

木曾「…でも、俺の提督は今日会いに来てくれなかった…」シュン

天龍「そりゃ忙しいんだろうよ。俺の提督は無職だから来れたんだろうけどさ」

木曾「…」

天龍「…」

木曾「…なんかごめん」

天龍「…気にすんな」


木曾「でも嬉しいな…そんな決まりがあったんなら、あの時の提督の態度も理解できるしよ…」

天龍「だろ?俺も今日それを聞いたとき、お前らのことが真っ先に頭に浮かんだんだ」

木曾「…」

木曾「でもなぁ…もし今の提督が、普通の娘を彼女にしてよろしくやってたら…どうしよう…」イジイジ

天龍「あぁもう…今からそんなマイナス思考すんじゃねえよ」

天龍「お前の提督は着任前から彼女はいたのかよ」

木曾「いや、その方面は不器用だから彼女出来たことないって言ってた」

天龍「ならそんなこと分かんないじゃんか」

木曾「そっか…?」

天龍「…あ」

天龍「そういや、提督が、『海軍省が木曾の居場所を探してる』って言ってたな」

木曾「え?俺の居場所を?」

天龍「これひょっとすると…お前の提督がお前を探してるってことじゃねえの?」

木曾「!!」パァア

天龍(なにこいつかわいい)


天龍「まあ、ともあれこれからお前とお前の提督は再会できる可能性があるってことだよ」

木曾「うん…そうだよな。もう絶望しなくていいんだよな…」

天龍「…辛かったよな。よく一人で頑張ったよな」ナデナデ

木曾「うん…」

天龍「さ、そうと決まれば再会の日の為に女を磨くぞ。いいな?」

木曾「お、おう!!」


ピリリッ ピリリッ

元提督「…っとすまん。電源を切ら…」

元提督「……仕事の電話だ。大和…」

大和「どうぞ、お構いなく」スッ

元提督「…どうした?」

元提督「…!?」

元提督「何だと!?それで?」

大和「!?」ビクッ

元提督「…ああ…見失ったのか」

元提督「…そうか。分かった、すぐ戻る」ピッ

大和「…」

元提督「…大和。俺は」

元提督「木曾を、守っていくことにするよ。背中を押してくれて、ありがとう…!」

大和「ええ…ぜひそうなさってください!」


元提督「…」

元提督「…済まないな、大和」

大和「…」

大和「…それは、お話に付きあったことに対してですか?それとも…………?」

元提督「…」

大和「…周りを、見てください」

ガヤガヤ 

ヤマトッテスゴイネー オオキカッタンダナー デモヒゲキダッタンダヨナー ソレデモウツクシクテカッコイイヨ 

ザワザワ

元提督「…」

大和「…今もこうしてたくさんの人たちが、過去の鋼鉄だった私のことを知り、思いだし、また想いを馳せ、愛おしんでくれています」

大和「過去の兵器のことを記憶に留めようとするだけでも稀有なことなのに」

大和「こうしてミュージアムまで作られ、顕彰して頂いている…とても幸せなことです」


大和「だから私も、かつて私と運命を共にした司令長官や艦長、そして数多の乗組員の方々を忘れず、悲劇を伝え続けていきます」

大和「……私は、この国の艦に生まれてきて、本当によかったと思います」

大和「自国の軍艦におよそ戦いの勇敢さを表す意味とは程遠い美しい名前を付け…」

大和「その艦各々の個性を見出し、愛するという稀有な精神を持つ、この四季の国に…!」

元提督「…ありがとう、大和」

大和「ええ。…お急ぎの要件なんでしょう?また、おいで下さいね?」

元提督「ああ、また来るよ!」

元提督「じゃあ、元気でな!今は忙しいんだろうけど、武蔵にもよろしくな!」ダッ

大和「ええ、ありがとうございます!」ブンブン

大和「…」

ザパーン…チャプ…ザパーン… 

ザワザワ ワイワイ 

大和「私たちが本当に守りたかったのは、おそらくこんな平和だったんでしょうね…」フゥ…


天龍「飯も済んだし…風呂、入らねえ?」

木曾「風呂か…久しぶりだな」

天龍「えっ?お前もしかして普段風呂入ってねえの?」

木曾「ちっ、ちげえよ!いつもはシャワーで済ませてるって意味だよ!」

天龍「ああ、なるほどな」

天龍「…そんなに広い風呂じゃねえけどさ」

木曾「…なら、邪魔するぜ」


カポーン…チャプ…

木曾「…」

天龍「…」

天龍「…お前、スタイルいいな」

木曾「…お前こそ、胸でかいな」

天龍「そっか?」

木曾「十分羨ましいぜ」

天龍「…」

天龍「…!」キュピーン

天龍「なら揉んでやろうか?」ニヤニヤ

木曾「はぁあ!?」

天龍「揉んだら大きくなるって聞くぜ?」

木曾「誰情報だよ…」

天龍「龍田」

木曾「マジかよ」


木曾「…」

木曾「分かった。…なら、頼む」クルッ

天龍「ちょ、本気かよ」タジ

木曾「…やっぱ、俺とスキンシップすんの嫌?」

天龍「そ、そうじゃねえよ。そういやお前お触り歓迎派だったっけな…」

天龍「よ、よし、なら揉むぞ」ドキドキ

木曾「そ、そうこなくっちゃな。た、頼む」ドキドキ

天龍「…」モミ

木曾「んっ…」

天龍(ちょうど手に収まりそうな位の大きさ…やわらけえ…)モミモミ

木曾「…っ」

木曾「ふ…」

木曾「…ぅ」

木曾「…ぁ」パシャ…


天龍(…こいつ、いい香りすんな)スンスン モミモミ

木曾「…うっ…はぁ…」チャプ

天龍「…」

天龍「やべぇ…こっちまで変な気分になってきちまった…」パッ

木曾「ぇ…もう終わり…?」トロン

天龍「これ以上やったらこっちまで変になりそうだよ!今日はもう終わりだ!」

木曾「う、うん…」

木曾(天龍の手…気持ち良かったな…)

天龍(…これ、またせがまれるパターンかもな…)

天龍(ま、いいか…)


天龍「ふぅ」ツヤツヤ

木曾「風呂ありがとさん。さっぱりしたぜ」ツヤツヤ

天龍「おう。今日は泊まってくだろ?」

木曾「…いいのか?」

天龍「むしろ泊まってってくれよ。せっかく来てくれたのに寂しいし」

木曾「嬉しいな。じゃあお言葉に甘えるよ」

天龍「ベッドはシングルだから狭ぇけどまあ我慢してくれよ」

木曾「全然構わねえよ。なんなら俺ソファで寝ようか?」

天龍「客をソファなんかに寝かせられるかよ。そしたら俺がソファ行くぜ」

木曾「いいって…なら、一緒に寝ようぜ」

天龍「おう」


天龍の寝床

天龍「じゃ電気消すぞ」

木曾「おう」

パチン

木曾「…」

天龍「…」

天龍「お前明日は学校か?」

木曾「午前中だけな。バイトはない」

天龍「そっか」

天龍「…ところで、お前化粧してる?道具あんの?」

木曾「特にしてない。つーかやり方すら知らねえし持ってない…」

天龍「…まあ分からなくもねえな。お前何もしなくても肌綺麗だし、まつ毛も長いし。素材がいいんだよ」

木曾「お前だってそうじゃん」

天龍「お前は食生活を変えたらもっと綺麗になるよ」


木曾「…そっか?」

天龍「とはいえ女子がメイク道具の一つも持ってねえのはいただけねえな」

木曾「お、おう…」

天龍「バイト先とかで言われないか?」

木曾「いや特に」

天龍「いちお解体後研修のときにナチュラルメイクの仕方の時間あっただろ?」

木曾「…あった気もするけど覚えてねえな」

天龍「おいおい」

天龍「自分の外見に自信は持ちつつも、きちんと気を配って魅力的に振る舞うこともレディの嗜みだぜ」

木曾「…どっかで聞いたようなフレーズだな」

天龍「龍田だよ」

木曾「…?…まあいいや」

木曾「魅力的…か」

天龍「そういやお前この一年で男から言い寄られたりはなかったのかよ」


木曾「…あるにはあった。何度かな」

天龍「ほう」

木曾「…男からもだけど…同じくらいの数の女子からも告白されちまってさ」

木曾「悪い気はしねえがすんげぇ複雑な気分なんだけど」

天龍「まあもちろん全部お断りなんだよな」

木曾「もちろんだ」

天龍「だよなぁ」

木曾「お前のほうはどうなんだよ」

天龍「あー…まあ忙しい職場だから、本気の恋愛に発展するようなことはねえよ」

天龍「だけどどうしてかな…バレンタインじゃ俺が一番たくさんチョコもらった」

木曾「あ、俺ももらった」

天龍「…」

木曾「…」

天龍「まあ美味かったからいいや」

木曾「それな」


天龍「ま、そういうことで化粧の仕方とか教えてやるよ」

木曾「ふふっ」

天龍「なんだよ」

木曾「いや…昔はカキ殻やら苔やらが体中にくっついても、自分じゃどうすることも出来なかったのに」

木曾「今の俺らは自分で自分の身だしなみも整えられるんだよなって思ってさ」

天龍「ははっ、その意気だぜ」

天龍「なら明日夕方から買い物行こうぜ。お前の最低限のメイク道具を揃えるんだ」

木曾「…ほんとに済まねえな。助かるよ」


天龍「いいってことさ。まあデートの演習みたいなもんでもあるし」

木曾「デート…俺と…?」

天龍「…」

木曾「…///」

天龍「…///」

天龍「さ、もう寝るぞ」アセッ

木曾「お、おう。今日は本当にありがとな。俺、やっと希望が持てたよ。おやすみ、天龍」

天龍「こっちこそ。おやすみ、木曾」

木曾「…」スヤスヤ

天龍「…」スヤスヤ


その頃

工作員1「木曾の、居場所は、わかった、か?」

元提督’「…………」

元提督’「…分からなかった」

工作員1「わから、なかった?」

元提督’「…ああ。期待に沿えなくて悪かったな」

元提督’「あとは自分らで調べてみてくれよ」

工作員1「………我々も、日本の警察に、マークされている」

工作員1「だから、お前に、頼んだんだ」

元提督’「…」

工作員1「約束、したじゃないか。西武管区で、最強だった、呉鎮の、秘書艦だった、木曾の居場所を、調べるって」

工作員1「…我々のことを、知った以上、ただでは、すまさない、ぞ」

工作員1「手ぶらで、しかも、何もせず、本国に、帰るわけには、いかないからな!」

>>131訂正
西武管区⇒西部管区


元提督’「そりゃ分かるさ。…だから俺が替わりに行ってやるよ」

工作員1「え…?お前、が?」キョトン

元提督’「俺が北へ行くよ。俺だって中佐どまりとはいえ、元提督だ。艦娘の運用とかについての情報源として、ちっとばかしは価値があると思うぜ」

元提督’「それなら本国への言い訳にもなるだろ?」

工作員1「…」フッ

工作員1「…本国に、諮ってみる。逃げずに、待っていろよ」

工作員1「…」フフフ ニコッ

元提督’「…?」

今日はここまで 次は日曜位になります おやすみなさい

前回から10日以上も経ってしまってごめんなさい


次の日夕方 街角 

天龍「よう、待ったか?」タッタッタ

木曾「おれも今来たところだ」

天龍「それりゃよかった。じゃあ買い物行こうか」

木曾「ああ」

木曾「…今、腹減ってる?」

天龍「ん、まあな。夕方だし」

木曾「これ食うか?さっき買ったんだけどさ」スッ

天龍「チュロスじゃん、おいいいのかよ」

木曾「世話になってんだからこれぐらい奢らせろよ」

天龍「そうか、悪いな。じゃ遠慮なくいただくぜ」

木曾「おう」

天龍「…」マグマグ

木曾「…」マグマグ

木曾「で、これからどこに行くんだ?」


天龍「それだよ。せっかくだからデパ地下の化粧品売り場行こうぜ」

木曾「お、おう」

天龍「身構えるこたぁねえだろ」

木曾「いや、ああいうとこ行くの初めてだしさ」

天龍「とって食われるわけじゃねえんだから…俺も一緒だし」

木曾「そ、そっか。よし、行くか」

天龍「おうおう」

天龍「じゃあ取りあえず道路渡って…」

ブオオオオオオン キキッ

木曾天「!?」

木曾「あ、危ねぇ車だなっ」

天龍「おうコラ!道交法違反だぞ!出てこい、このリムジン野郎!」


ガチャ

黒服「…」スッ

木曾「で、出てきたぞおい…」

天龍「ま、マジで出てきやがった…ガタイ良さげだし…ヤバそうな見てくれだぜ」

黒服「…木曾と天龍だな?」

木曾「!!」

天龍「お、おいてめぇ、どうして俺たちのことを…」

黒服「…」

黒服「今からお前たちには我々と行動を共にしてもらう。車に乗ってくれ」

天龍「嫌だと言ったら?力づくでもか?」

黒服「…我々も手荒なことはしたくない」スッ

天龍「俺は現役の警官だぞ。法的根拠もなく、見ず知らずの怪しげな野郎にのこのこ付いていくわけが…」

木曾「なぁ…まさかこの男、海軍の人間じゃ…??」

天龍「な、何だと?」

黒服「…」


黒服「…それは中にいる方に確かめてみてくれ」ガチャ

元帥「おう、久しぶりじゃのう。驚かせてすまなんだな」ヒョコ

木曾天「!!!!!!」

天龍「あ…ああ…」

木曾「げ、元帥閣下…!」ビシッ

元帥「よ、よせ!敬礼なぞいらん!」

元帥「そ、それより早う乗ってくれ!このままじゃお前たちの安全にもかかわる!」

木曾天「??」


ブオオオオオオオ…

元帥「いやぁ、二人が一緒におってくれてよかった…」ホッ

黒服「しかし探す手間が省けるのは奴らも同じことでしたよ」

元帥「分かっとる。先にワシらが保護できてよかったわい」

天龍「…奴ら?保護…?」

木曾「一体何の話ですか…?穏やかじゃなさそうですけど…」

元帥「うむ…」コホン

元帥「早速じゃ。言いにくいことじゃが…」


翌日夜 とある廃屋

ジャリッ

元提督「…」

元提督’「…」

元提督「よう、久しぶりだな」

元提督’「ええ…解散以来ですね」

元提督「今はどうしてるんだ?」

元提督’「特に何も。ただのプー太郎っすよ」

元提督「…そうか」

元提督’「それで、何の脈絡もなくいきなり俺をここに呼び出した理由は?まさか職探しを手伝ってくれるって冗談は…」

元提督「その理由は自分で分かってるんじゃないのか?」

元提督’「…」

元提督「単刀直入に聞く。貴様、北の工作員と接触を持ってるんじゃないのか?」

元提督’「…」


元提督’「何のことか分かりませんね」

元提督「とぼけるなっ!!」

元提督「お前がかつての自分の秘書艦だった天龍と接触し、俺の秘書艦だった木曾を北に売ろうとしているのは分かってるんだ!!」

元提督’「…」

元提督「…今日の日中、貴様は天龍と接触し、木曾の居場所を聞き出してたな?」

元提督’「…まさか、天龍に何かして口を割らせたんすか!?」

元提督「そんなことはしない!!…最近の指向性マイクは優秀だってだけの話だ」

元提督’「…盗み聞きしてたんっすね」

元提督「貴様が北の工作員と接触を持っていることは分かってるんだ。こちらの尾行が煙にまかれることは予想してなかったけどな。北の潜入工作員に仕込まれた技量ってやつか?」

元提督’「…」

元提督「奴らの目的は、艦娘の拉致だろう?」

元提督’「…」

元提督「貴様っ…仮にも元日本海軍将官の貴様ともあろうやつが、一体どうしてそんなことをしようとしたんだ…!?」

元提督’「…あんたは」

元提督’「再就職ができたようでよかったですね」


元提督「!?」

元提督「いきなり何の話だ…」

元提督’「それも警察か、憲兵か…いずれにしろ俺みてえな不定分子を嗅ぎまわる仕事でしょうけど」

元提督’「俺がプー太郎だってことは最初に言わなくても分かっていたことでしょう?」

元提督「…金欲しさにやった事だと認めるのか?」

元提督’「…」

元提督「…いずれにしろ貴様は艦娘とその情報を北に売り渡そうとしてるんだろ!?」

元提督「全部話してもらうぞ…!」チャキ

元提督’「っ…チャカまで向けますか…」

元提督「…」グッ

元提督’「…あんたには分からないっすよ」

元提督’「海軍を栄誉除隊して、職まで斡旋してもらえたあんたなんかには!」

元提督「な、何を…」


元提督’「俺はね、そもそも軍人なんかにはなりたくなかったんすよ。ただ普通に大学に行って勉強して卒業したかった」

元提督’「それがあの戦役のせいで、卒業間際に根こそぎ動員にあってにわか提督だ!」

元提督’「そんな俺に何が出来ました?立派な戦績が残せますか?あんたら海大出の連中よりうまい指揮が執れるとでも!?」

元提督’「…何が提督だ。あんたらはともかく、俺ら学徒動員の急造提督はしょせんは佐官レベルの地方基地司令に過ぎなかった」

元提督’「…俺の鎮守府は目立った戦績も出せなかった。そんな鎮守府にできることっつったら、近海警備と資源集め以外に何かあったとでも?」

元提督「…」

元提督’「俺は俺なりに自分のできることをして、あんたの鎮守府の援護をしたつもりだったんです」

元提督「…!」

元提督’「…けど戦役が終わって用済みになれば、俺はさっさとクビだ。雀の涙ほどの報奨っつう手切れ金を握らされてね…」

元提督’「軍需景気ももう過去の風っすよ。深海棲艦を倒したところで経済に刺激があるわけでもなければ、他に仕事が増えるわけでもねえ…」

元提督’「…日銭を稼いで暮らすみじめさが、あんたに分かりますか?」

元提督「…なっ…何と言おうと、貴様は俺の秘書艦だった木曾をカネ目的で北に引き渡そうとしたことに変わりはないんだろう…!?」

元提督’「…最初はね」


元提督’「でも、その件ならもう断りましたよ」

元提督「…何だと?」

元提督’「木曾は、西部管区最強だったあんたの鎮守府の秘書艦だった。戦闘と軍務に長けた艦娘ってわけです」

元提督’「そりゃ目をつけられるってもんでしょうよ。俺なんかの秘書艦だった天龍なんて箸にも棒にも掛からねぇくらいだ」

元提督’「…だから、木曾の居場所を連中に教えてやれば、相当額の報酬が約束されてたってわけです」

元提督「…やっぱりか。貴様…」

元提督’「けど、ね。それでも俺にはそれが出来なかった」

元提督「…?」

元提督’「…天龍のやつ、寂しそうだったんすよ。今日、街中で声かける前からね」

元提督「…寂しそうだった…?」

元提督’「あいつ、最近木曾とつまんねぇ喧嘩しちまったんですよ」

元提督「…」

元提督’「あんたも知ってるでしょう?天龍も木曾も、鎮守府こそ違え、あんだけ仲が良かったのに……………ほんとつまんねぇ理由で喧嘩なんかしてさ」

元提督’「戦役のころみてえに、艦娘たちも同じ時間を一緒に過ごしてるわけじゃねえ。俺の感じたところ、どうもみんなそれぞれ孤独に耐えてるみたいなんすよ」

元提督「っ…」


元提督’「それなのに…仲よかったダチと仲たがいして寂しそうにしてるあいつを目の前にしてるのが、こっちまでたまらなくなっちまって」

元提督’「だから俺は、最後に『木曾と仲良くやれよ』って言っちまったんす。盗み聞きしてたんなら分かるでしょ?」

元提督「…」

元提督’「…せっかく平和を手に入れたあいつらの平穏を壊すことなんて、やっぱり俺には出来なかった」

元提督’「…どこまでも中途半端な野郎だって思われちゃ、まぁそれまでっすけどね」

元提督’「でも、好きな娘の笑顔を奪いたいなんて、あんたも思わないでしょう?」

元提督「っ!!」

元提督’「…」


元提督’「…これでいいでしょう?俺にはもう木曾を北に売り渡す意思はありません。だから俺の行為は外患罪には抵触しn」

元提督「…北はそれで納得したのか?」

元提督’「!!」

元提督「北がそれではいそうですかと引き下がるとは思えない。代わりに何か条件を出してきたはずだ」

元提督「今日貴様が俺たちの尾行を撒いたあと、北と接触したんだろう?奴らは何と言ってきたんだ!?」

元提督’「…もう俺に関わらねえほうがいいっす。そうすれば木曾も国益も守れられるってもんです」

元提督’「それがあんたの為でもあるでしょう?」

元提督「なんだと…?それはどういう…」


ジャリッ


元提督「誰だ!?」チャキッ

???「…」カッ…カッ…

元提督「女か…?」

元提督’「お、お前…!!」

元提督「…!?」

元提督「ま、まさかこいつが北の…!?」

工作員1「…」スッ

工作員1「ここで、なにを、してた?」

元提督’「お、お前こそどうしてここに…まさか…尾けてたのか!?」

工作員1「その男と、何を、話していた?」

元提督’「こ、この男は俺と同じ、ただの元提督で、たまたま会って…」

工作員1「…うらぎったな」

元提督’「!!」

工作員1「その男が、日本の、公安の、所属なのは、知っている」


元提督「くっ!」

元提督「動くな!手を頭の後ろに組んでひざまずけ!」チャッ!

工作員1「…平和ボケ、した、お前に、銃が、うてるものか」スッ

元提督「と、止まれ!」チャ

工作員1「フッ!」ブン

ドスッ

元提督「」ドサッ

元提督’「こ、殺したのか…!?」ガタガタ



工作員1「殺しは、しない」

工作員1「お前、もな」ヒュッ

トン

元提督’「」ドサッ

工作員1「…」

工作員1「…ふ」

工作員1「ふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ」


元帥「お前たちの提督…だった二人が、北の工作員に拉致された」

木曾「な、何だって!?拉致!?北に!?」

天龍「嘘だろっ!?どうして提督が!?」

元帥「…」

元帥「元海軍軍人だということで、目を付けられていたらしい。残念ながら今のところ失探しておるが、恐らく北は、早ければ今夜半にも工作船で二人を本国に移送するじゃろう…」

木曾「そ、そんな…」

天龍(…昨日の提督の様子がなんか変だったのって、このことと関係が…!?)

元帥「くよくよしても始まらん。お前たちを呼んだのは他でもない。あの二人を奪還するのに力を貸してほしいんじゃ」

天龍「あ、当たり前っすよ!やります!」

木曾「俺も、やらせてください…!」

元帥「本当に…いいんじゃな?お前たちはもう艦娘ではないし、あの二人ももはや提督ではない。つまり、お前たち自身がその身を危険にさらす義理はないんじゃぞ?」

天龍「お言葉ですけど元帥、俺らにとっちゃ提督は今でも提督っすよ」

木曾「俺も同じ思いです。あの人が危険な目に遭ってんなら絶対に助けたいです」

元帥「…すまんな。一度は海軍から離れた身である以上、お前たちにこんな頼みをするのは心苦しいんじゃが…」


元帥「もちろん、警察も海軍(通常艦艇部)も動いてはおる」

元帥「じゃが、彼らに任せておいては、ややもすれば二人が犠牲になる可能性もある」

元帥「…国防機密の保持の為、という名目でな」

木曾「…!」

天龍「…」

天龍「…なんか、虚しいな…」

天龍「俺ら、鋼鉄だった頃は、大東亜共栄圏の実現のために戦ってたのに…」

天龍「それが、70年以上たっても今だに同じアジア人同士で争い合ってるなんてさ…」

元帥「…」

木曾「言うなよ、天龍。俺らが気にすることじゃねえよ」

木曾「俺らは、ただ戦うだけさ…」

元帥「いや、いいんじゃ木曾」

元帥「天龍の言う通りじゃ。人間の業はとてつもなく深いようじゃ…」

天龍「…こっちこそつまんねぇ事言ってすんません」

木曾「それで、俺たちはどうすればいいんですか?」


元帥「…それは」

木曾「…もう一度艤装して、艦娘として戦えばいいんですね?」

元帥「…その通りじゃ。今の海軍には満足に動かせる通常艦艇がまだ少ない。たまたま訓練で外洋に待機しとる艦艇はあるにはあるが、これに出されとるのは工作船の拿捕ではなく、あくまで撃沈命令らしいのでな…」

天龍「そ、そんな…」

元帥「海上保安庁も頼りないとなれば、窓際に回されたワシが頼れるのは、艦娘だったお前たちしか…」

天龍「…要するに、敵が提督たちを乗せて外洋に逃げる前に、俺たちが二人を助け出せばいいんですね?」

元帥「うむ、そうじゃ…」

木曾「もう、やるしかねえな。なぁ天龍?」

天龍「…そうだな。何せ提督を助けるためだもんな!」

元帥「せっかく市井に出て暮らしとったのに、こちらの都合で振り回して本当に悪いとは思っとる」

元帥「じゃが、これはただの軍事作戦ではないぞ。お前たちは兵器として戦うんじゃない」


元帥「…それは」

木曾「…もう一度艤装して、艦娘として戦えばいいんですね?」

元帥「…その通りじゃ。今の海軍には満足に動かせる通常艦艇がまだ少ない。たまたま訓練で外洋に待機しとる艦艇はあるにはあるが、これに出されとるのは工作船の拿捕ではなく、あくまで撃沈命令らしいのでな…」

天龍「そ、そんな…」

元帥「海上保安庁も頼りないとなれば、窓際に回されたワシが頼れるのは、艦娘だったお前たちしか…」

天龍「…要するに、敵が提督たちを乗せて外洋に逃げる前に、俺たちが二人を助け出せばいいんですね?」

元帥「うむ、そうじゃ…」

木曾「もう、やるしかねえな。なぁ天龍?」

天龍「…そうだな。何せ提督を助けるためだもんな!」

元帥「せっかく市井に出て暮らしとったのに、こちらの都合で振り回して本当に悪いとは思っとる」

元帥「じゃが、これはただの軍事作戦ではないぞ。お前たちは兵器として戦うんじゃない」


元帥「お前たち自身の愛のために、戦うんじゃ!!!」ドヤッ

木曾天「!!」

木曾「…///」

天龍「…///」

元帥「…木曾。ずっと提督に会えんで辛かったろうが、あの男は必ずお前が来るのを待っとる。不器用な奴じゃが、助けてやってくれ」

元帥「…今後とも、な」

木曾「……!!!」

木曾「は、はいっ!」

元帥「…天龍」

天龍「はい」

元帥「…あの戦役がお前の提督の人生を狂わせてしまったかも知れん。それはワシとしても無念に思う」

天龍「元帥………………俺の提督は、何かとんでもねえ事に足突っ込んでたんじゃn」

元帥「天龍っ」

天龍「っ!」


元帥「…ワシは、呉のような攻撃型鎮守府のみならず、お前たちのいた警備型鎮守府と…その提督の活躍も誇りに思っとる」

元帥「…………もっと、同じように顕彰してやるべきだったのう…」

天龍「…だったら」

天龍「元帥が直に提督にそう言ってやって下さい。そしたら提督、どんだけ喜ぶか…」

元帥「…ああ」

天龍「そのためにも、まずは俺が提督を連れ戻して来てみせますから…!」

元帥「…!!」

元帥「よし…ならば二人とも、覚悟はいいな!?」

木曾天「はい!」

元帥「まずは工廠まで飛ばせ!急げ!」

黒服「はっ!」

ブオオオオオオン!!!

とりあえず今日はここまで おやすみなさい

訂正
>>141 翌日夜⇒前日夜

どうにかこうにか身辺が落ち着いてきました
半年近くも放置して申し訳ありません


日没後 日本近海沿岸

偽装工作船『第三長漁丸』

工作員『출항이다. 곧 조국에 되돌아오자 (出港だ。すぐに祖国へ戻ろう)』

工作員『수령님이 삼대째가 되고 나서라고 하는 것, 아직 정치 정세가 안정되지 않는다(首領様が三代目になってからというもの、まだ政情が安定しなくてな)』

工作員『인민무력부 군사정찰국도 당에 대한 충성을 내보이지 않으면 안된다 (我々人民武力部軍事偵察局も、党に対する忠誠を示さなければならない)』

工作員『당신들과 서로 손을 잡을 수 있어도 좋았다. 일본해군의 전(元)사관두명을 간단한 선물에 할 수 있으면, 당도 …(あんたたちと手を組むことが出来て良かった。日本海軍の元将官二名を手土産にできれば、党も…)』

工作員1「…」ジャキッ

工作員『하옇든, 기다려라! 아무런 흉내다 …(ま、待て!貴様ら、何の真似だ…)』

ターン… バシャン…

工作員1「行コウ。モウココニ用ハナイ」


工作員2「了解デス。エンジン始動シマス」

工作員1「ウマク扱エルカ?」

工作員3「漁船ニシテハ高出力ナエンジンヲ積ンデマスガ扱イハ問題アリマセン。レーダーモ機銃モアルシ…極貧国ノ軍用船ニシテハ手ガ込ンデマスネ」」

工作員2「アトハ日本側ニ見ツカラズニ脱出デキルカデス」

工作員1「…問題ナイワ。モウコノ国ニ艦娘ドモハ存在シナインダカラ」

工作員3「ソレデ、捕虜ハドコデス?」

工作員1「ソコニ寝カセテル」

元提督1「」

元提督2「」


工作員3「…アア。二人トモ凛々シソウナ男…」

工作員2「マア一人ハ本職ノ将官デハナカッタラシイケドネ」

工作員3「イイジャナイ。コレデ、私達ニ欠ケテイタ存在ガ…」

工作員1「浮カレルノハ私タチノ棲地ニ還ッテカラダ。急ゴウ」

工作員2「ハイ!」

工作員3「…軍用船ラシキ船舶、コチラニ近ヅイテ来マス!!」

工作員2「!!」

工作員1「…来タカ・・・…!!!」


同時刻

巡視船『はやしお』操舵室

船長「…あれが内務省から通報のあった漁船か…」

航海士「間違いありません。シルエットからして北の偽装工作船です」

船長「…よし。船内に通達!針路そのまま、接舷用意!対象船に対しハングル含め三か国語で臨検命令!」

信号長「はっ!」

船長「それにしても、高速が見込まれる北の工作船に対し、船齢がかなりいってる本船しか出さないとは、本部は一体何を考えているんだ」

航海長「海軍に遠慮してるのかも知れません。我々はただの追い立て役ということでしょう」

船長「…深海棲艦との戦争が終わったと思えばまたぞろ官庁どうしの足の引っ張り合いか。我々の国家は先の大戦から何も学ばないものだな」

航海士「ははは」


船長「まあ我々は我々の仕事をするだけだ……よし、サーチライト照射!」

航海士 「対象船、機関始動!…急加速しています!」

船長「は、速いっ!こちらも両舷全速だ!」

航海長「……ば、馬鹿なっ!!あれは40ノット近く出てます!」

船長「航跡を見ろ!くそ、奴ら相当な出力のエンジンを装備していやがる!」

航海士「こ、このままでは離されます!」

船長「くそっ、我々の速度と警察権ではこれ以上は…」バンッ

航海士「後方から回転音!」

船長「何だと?」

航海士「か、海軍のヘリ、低空で本船をパスして対象船に近づいていきます!」

船長「海軍だと…!?」


海軍所属 UH60ヘリ


バババババババババ

パイロット「下方に工作船らしき不審船を発見!」

元帥「…あれか」

木曾「小さい漁船っすね」

天龍「100トンもなさそうだな、ぇえ?」

元帥「…舐めてかかってはいかんぞ。良く見ろ」

木曾「何だよあれ…アンテナの数が多すぎだろ」

天龍「ただの漁船にしちゃあ、ずいぶん手を入れてるみてーだな」

元帥「そういう事じゃ。あれは紛れもなく武装しておる。油断してはならんぞ」

パイロット「不審船、機関始動!前進を開始しました っ!」

元帥「間違いない。これより、あの不審船を当該工作船…敵と認識する」


元帥「いいか、敵はすでに二人を工作船に乗せておるものと思われる。勝負は奴らが外洋に出るまでの数十分じゃ」

元帥「外洋に出れば、海軍の艦艇が工作船を撃沈する態勢をとっておる」

元帥「そうなれば二人の救出は不可能になる」

元帥「そうなる前にも、我々三人でなんとか敵を足止め・無力化し、二人を奪還せねばならん」

木曾「え、わずか三人でですか?」

元帥「それと一隻、海保の巡視船が来てくれとるが、これは最新型ではないから追跡能力に欠ける」

天龍「一杯だけ…ですか…」

元帥「軽巡のお前たちには…とくに重雷装巡洋艦の木曾には済まんが、魚雷は使えんぞ。二人が乗っている以上、喫水線下への攻撃は彼らをもより深刻な危険にさらす」

木曾「はい!」

元帥「敵を足止めしたのち、お前らとわしとで敵船に乗りこみ、これを制圧、二人を救出する」

元帥「…厳しい作戦じゃが、これ以外にとるべき方法はない」

元帥「頭を押さえるぞ。敵の200メートル前方海面まで行け!」

パイロット「は、はい!」

今日はここまで
今後ともよろしくです

長い間すみません 投下します

工作員1「日本海軍ノヘリマデ来タワネ…」

工作員2「巡視船ナラ振リ切レルケド、ヘリハキツイデスネ」

工作員1「…五月蠅イ蠅ハ早ク処分シナイトネ。例ノヲ出シテ」

工作員3「了解…!」ジャキン



パイロット「ぁああっ!!!敵船上の兵士がこちらに火器を指向してますっ!!」

天龍「なんだよあの長物は…」

パイロット「あれはRPG-7だっ!!当たれば一撃で墜とされるっ!」

元帥「いかん!海面まで急降下せい!」






工作員1「撃テ」


バスッ


シャアアアアア


パイロット「うわああああああああああ!!!!撃ったああああ!!向かってくるうううう」

元帥「落ち着けい!エルロン下げ一杯じゃ!」

パイロット「は、はいいいい」ガッ

ガクン

シュルルルルルルルル…


木曾「…命拾いしたな」

天龍「ああ。間一髪だった。艦娘が空で死ぬなんざ笑えねえもんな」フゥ

元帥「もう猶予はならん!急げ!急いで敵船200前につけい!」

パイロット「はひぃぃぃぃぃ」


巡視船

航海士「奴ら、RPGまで持ってます!」

船長「今のを録画したか!?」

船橋見張り員「ばっちりです!」

船長「今の流れ弾の着弾予測は!?」

航海士「どの航路にも当たらない海上です。危険はありません」

船長「そうか。しかし海軍のヘリも無茶をするものだな…!」

航海士「攻撃ヘリの護衛もなくUH60だけとは命知らずですね。近接して戦闘員を降ろすつもりでしょうか?」

船長「海軍の考えることなど分からん!それより探照灯を消せ!敵の第二弾がこっちを狙わないとも限らないぞ!」


元帥「巡視船め…探照灯を消しおったか…!」

木曾「構わねえよ。俺たちの眼はこの闇夜の海でもよーく見えてる」

天龍「だな。夜戦の舞台には、派手なスポットライトはお呼びじゃねえよ」

木曾「…にしても久しぶりだな、この艤装。砲塔も発射管も、みんなしっくり来てやがる」

天龍「そうだな。もう一度装けることになるとは思ってもいなかったけどよ…!」

パイロット「元帥閣下!指定ポイントに到着しました!」

元帥「よし、5秒間だけ高度1メートルにつけい!」

パイロット「ぇええええ!?」

元帥「はよせい!」

パイロット「わ、分かりましたよ!」

元帥「…たのむぞ、木曾、天龍…!」スッ

木曾天「…」ビシッ

天龍「行こうぜ、相棒」スッ

木曾「ああ、行こう」スッ


工作員1「何ダアノヘリハ。ナゼ水面ヲ這ッテイル?」

工作員3「今度ハ外シマセンヨ!」ジャキ

・・・ザパ バシャ

工作員1「…マテ!今ヘリカラ何カガ…」


船橋見張り員「海軍機、低空で海面を這ってます!」

航海士「…?????」

船長「何をしてるんだあいつは!!あれじゃ恰好の的だぞ!!」

船橋見張り員「敵工作員、新たなロケット弾を装填しましたっ!」

船長「あああ言わんこっちゃない!!」

航海士「せ、船長!20ミリ機関砲の射撃許可を!」

船長「馬鹿を言うな!この状況ではまだ使うわけにはいかん!」

航海士「しかし敵はすでに対戦車弾を一発発射してるんですよ!?」

船長「だがn…」

船橋見張り員「あっ…!?いま、ヘリから人員が2人…落ち…いえ、水面に降りました!!」

船長「何だと!?ダイバーか何かか!?」

船橋見張り員「違います!あ、あれは…!!」


ザァアアアアアアアア

天龍「へっ…潮風が染みるなぁおい…!」

木曾「ブランクがあるんだぞ、あんまり無茶すんじゃねーよ」

天龍「何言ってやがる。お互い様じゃねえか!」

木曾「はっ…だよなぁ…!」




工作員1「アレハ…艦娘ッ!?!?!?」

工作員2「嘘…全テ解体サレタハズジャ…!」

工作員1「…艦娘ドモメ!ドコマデモ私達ノ邪魔ヲ…!!!」ギリッ


航海士「船長っ!艦娘ですっ!艦娘が二人、武装して海上を疾走してます!」

船長「まさか…そんな、まだ現役として動ける艦娘がいたのか…!」



工作員1「…小癪ナ艦娘ドモメ。上等ダ。モウ一度相手ニナッテヤル!」

工作員1「自動小銃ヲ…AKヲ出セ!」

今日はここまで おやすみなさい

重ね重ね長い間申し訳ありません


パイロット「敵の乗組員に動きがありました!奴ら、自動小銃を…いやそれだけじゃない、14.5ミリ2連装対空機銃まで装備してます!」

元帥「ありゃあカラシニコフじゃ!くそ、武装まで持ち込んでおったか…数に任せて調子に乗りおって!」

パイロット「AK47の貫通力は半端じゃないですよ!危険です!」

元帥「んなこた分かっとる!…じゃが今は、二人に任せる以外に方法はないっ!」






工作員1『撃テ!撃チマクレ!』


タタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタッ!!!!





船長「あれが…艦娘か…。実物を見るのも久しぶりになるな…」

航海士「し、しかしどうして海軍は今さら艦娘を…」

船橋見張り員「対象船工作員、自動小銃の射撃を開始しましたっ!」

船長「!!」


天龍 「うわっち!!撃ってきやがったぞ!」ザザザッ

木曾「す、すげえ数の火線だなっ!!くそっ!!」ザバッ

木曾「天龍っ!距離をとって砲撃するぞ!お前は左舷側に回れ、俺は右舷からいく!」

天龍「ああ!気を付けろよ!」

木曾「言われるまでもねえよ!」

木曾「ちっ、魚雷が使えりゃあんな漁船、一発なんだがな…」

木曾「提督、待っててくれよ…!」

木曾「…20センチ連装砲、用意…射えっ!!」

ズドォッ!!

…ヒルルルルル

ズガァーン!!!

木曾「よしっ!操舵室を吹っ飛ばしたぞ!」

天龍「…つっても敵の操舵系はビクともしてねぇみたいだぞ!?」

木曾「????」


工作員1『フン!イクラブリッジヲ狙ッタトコロデ、予備ノ戦闘操舵室ガ下ニモアルンダヨ!』

工作員1『ヨシ、引続キRPGトAKデ攻撃!』

工作員3『ハ!』



バシュウウウウウッ!


木曾「わぁっ!!また来やがった!!ロケット弾だ!」ザザッ

天龍「避けるには避けられるけど、ありゃ当たったら木端微塵だぞ!気を付けろ!」

木曾「りょーかい!」

タタタタタタタタタタッ

工作員2『マズルフラッシュガ眩シスギテ敵ガヨク見エマセン!』ジャキッ

工作員3『奴ラ、素早スギテRPGデハ狙イキレマセン!』

工作員1『AKトPKデ弾幕ヲ張レ!トニカク奴ラヲ近寄ラセルナ!』


タタタタタタッ バシュウウウウウ

元提督「…いてて」ムクリ

元提督「…ここは?」

元提督’「…漁船の船内みたいっすね。どうも俺ら拉致られたみたいだ」ムクリ

元提督「なんてこった…ということはこの船の目的地は…北…」

元提督’「すんません…もとはと言えば俺が…」

ズン… タタタタタタッ

元提督「…なんだ?戦闘音がするぞ…海保の艦艇か?」

元提督’「それだけじゃなさそうっすよ」

ドォン…

ドドド…

元提督「ああ、本当だ…懐かしい砲声だ…」

元提督’「…ええ、そうっすね!」

元提督「木曾っ…!」

元提督’「…天龍!」


元帥「くそ、木曾と天龍が敵に決定的に近づくことができんな!」

パイロット「敵速もそれほど落ちてません!このままじゃ巡視船も完全に離されます!」

パイロット「巡視船はなんで撃たないんです!?」

元帥「海保の判断は海保がするしかないんじゃ!わしにはどうすることもできん!」

元帥「…いや、できることはなくもないな」

元帥「おい!ミニガンを借りるぞ!機をもっと寄せろ!」ジャキッ!

パイロット「止めてください元帥!当機が狙われたら閣下も危険です!」

元帥「やかましい!娘達が必死に戦っておるのだぞ!貴様はそれを黙って見ておれるのか!?」

パイロット「…」

元帥「まずは船上の工作員どもを黙らせるぞ!」ジャキン ドドドドドドッ!

工作員2『敵ノヘリカラモ銃撃ガ!』

チューン!バキッ!ガンガンガン

工作員3『二連装機銃ヲ破壊サレマシタッ!』

工作員1『畜生…RPGダ!RPGデヘリヲ撃チ墜トセッ!』


元帥「ふはははははっ!敵の機銃を一つ黙らせたぞぉい! 」

パイロット「あんまり無茶せんでください!」

工作員1『RPGヲ撃ツゾ!』ジャキ

パイロット「あ、あああああああ!!!」

パイロット「RPG-7ですっ!!また来たぁあああ!!チャ、チャフの用意を!」アタフタ

元帥「落ち着けいっ!射線をよく見れば躱せる!RPGの弾は射出されてから
   点火までの数秒間は不安定じゃから避ける余裕はあるっ!慌てるな!」

パイロット「そんな無茶な!」

元帥「無茶は承知じゃ!目を閉じるな、よぉく見ろっ!!」



工作員1『装填ヨシ!』

バシュウウウウッ!!!




パイロット「き、来たぁ!」グイッ

シュゴオオオオオオオオオオオオオオオ……

パイロット「か、躱した…」ヘタッ

元帥「やれば出来るじゃろうが!この調子じゃ!」

パイロット「まだ続けるんですか!?せめてもう少し距離を取りましょう!」

元帥「何を言う!戦いはこれからじゃ!」

今日はここまで 終戦の日にまた投下します

あけましておめでとうございます
お待たせして本当に申し訳ありません

天龍「このままじゃ埒があかねえ!巡視船も離されていっちまうぞ!」
木曾「…なあ天龍、いっそここで畳みかけてみるってのはどうだ?」
天龍「…やるってのか?」
木曾「敵の操舵系は潰せない、味方の巡視船は置いてかれそうになってる、そして俺たちやヘリの燃料の残りも気にしなきゃならねえって事は…そういうことじゃねえか」
天龍「…」
木曾「あんな工作船、いくら改造しようと所詮は元漁船だ。本気でかかりゃあ海の藻屑にしてやるよ。…けど、それはできねえ、よなぁ?」
天龍「…そうだな。いつまでも鬼ごっこしてる余裕はねえな。領海から逃げられる前に…やるか!」


木曾「…天龍」

天龍「あん?」

木曾「…俺は今ほど、自分が艦娘に生まれ変われたことに感謝したことはねえよ」

天龍「俺もだ。これほど死にもの狂いになれた海戦は、後にも先にもなかったぜ!」

パイロット「海上護衛艦隊司令部より入電!イージス艦『こんごう』『はるな』を中核とする第一護衛艦隊、紀伊水道沖に展開を完了したそうです!」

元帥「…このまま追跡劇が続けば、あの工作船は木っ端微塵になるぞ!」

パイロット「木曾と天龍も攻めあぐねているようです!もう時間的猶予がありません…!」

通信士「第三管区海上保安本部より入電です!海軍の護衛艦隊が紀伊水道沖に網を張ったとのことです!」

船長「 そうか…。では、我々はその手前まで行けば任務終了か…」

航海士「…追い立て役もそこまで、ですね」

船長「口惜しいが任務は任務だ。追跡は紀伊水道手前まで続けるぞ!」

航海士「しかし…それにしても不可解ですね」

船長「何がだ?」

航海士「護衛艦隊を出張らせるくらいなら、どうして海軍は艦娘をリぺリングしてまで投入してきたんです?」

船長「…確かにな」

航海士「…どうにも解せません。ひょっとしたら海軍も、この件に関しては一枚岩ではないのでは?」

船長「海軍のお家事情までは分からんよ。それにそれは我々も他の会社のことをとやかく言える立場ではない。良くも悪くも、我々は日本人の組織の一員だ。その弱点がいかんな く発揮されたからこそ、先の大戦でも我が国は…」

通信士「船長っ!音声通信が入りました!」

船長「どこからだ?」

通信士「それが…艦娘からです!」

船長「何だと…!?」

ピッ
木曾「こちら雷巡『木曾』!巡視船『はやしお』、聞こえるか!?」ザザザッ

船長『こちら「はやしお」船長だ。何の用だ?』

木曾「俺たちはこれから敵工作船に突入を強行する。今からちょうど2分後に、敵に向けて探照灯を10秒間だけ幻惑のために照射して欲しい。頼む!」

船長『それは我々の職分ではない。本船はこのまま追跡のみ継続する。海軍の要求には応じられない』

木曾「なっ…!」

天龍「こちら軽巡『天龍』!おい てめぇ、んな事言わねえで協力してくれよ!でねぇと…」

船長『でないと何だ?問題はないだろう、どうせその工作船はじきに海の藻屑になるんだからな』

天龍「なん…だと…?」

船長『なんだととは何だ。君ら海軍のイージス艦が、すでに紀伊水道沖に配備されていることは…』

木曾「そんな…!紀伊水道ってことは…もうあと少ししかないじゃないか…!」

天龍「マジ…かよ…」

船長『…まさか、君らはそれを知らなかったのか?』

木曾「…もういよいよ時間がない。天龍、強行しよう」

天龍「…海保のおっさん。さよならだ。俺らは俺らでけりをつけるよ」

船長『…おい、どういうことだ?』

天龍「情報を漏らしてくれたお礼だ 。俺からも海軍の機密を教えてやる」

船長『…』

天龍「あの船にはな、かつて俺たちを指揮して戦った元海軍将校が二人乗せられてる」

船長『何っ…!?』

天龍「…俺らが、心の底から愛した男たちだよ」

船長『…おい、』

天龍「じゃあな。ご苦労さん」

ブツッ


航海士「船長…!今の話が本当だとすれば…」

船長「…」

航海士「すぐに探照灯を用意させましょう!このままでは…」

船長「いかん」

航海士「し、しかし!」

船長「海軍の人間が乗っているというのはあの艦娘が言っているだけのことだ。確かな情報ではない」

航海士「ですが!もし本当だとすれば…」

船長「我々の任務はあの 工作船の追い立てだ。それ以上ではない」

艦橋見張り員「艦娘二隻、対象船に肉薄していきます!」

航海士「!!」

工作員1「向カッテクルゾ!撃テ!近寄ラセルナ!」

タタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタッ!!!!

チューン!ビシッ!

木曾「ちきしょう…痛ぇ…!」ザザザッ

天龍「くそ…何としても敵の舷側に付けねえと…っ!」ザザッ


航海士「船長っ…!もう見ていられません!彼女らを援護しましょう!」

船長「…」

航海士「船長!!!」

船長「…いかん。我々の任務は…」

航海士「我々の任務は、日本国民の生命を守ることです!」

船長「分かってる!しか し、あれは」

航海士「艦娘も今は日本国民なんですよ!!!」

船長「っ…」

航海士「船長…!ご決断を!」」

操舵員「船長!」

通信士「船長…」

船長「…あの艦娘と通話がつながったと聞いたとき、私はまるで旧軍の亡霊と対峙しているように思ったよ」

航海士「…」

船長「…だが、実際に艦娘たちの声を聴いたとき、私は不覚にも実の娘くらいの少女と話している実感しか得られなかった。ふふっ…我々よりはるか昔に生まれた魂から、愛という言葉を聞かされるとは…」

航海士「…!」

船長「…すでに警告はし尽くしたな」

航海士「…はい!」

船長「これより対象船に対し、威嚇射撃を実行する!…20ミリ機関砲、射撃用ー意っ!対象船を紀伊水道に行かせるな!」

航海士「はっ!!! !」

元提督’「おらっ!このっ!!」ガンガン

元提督「よし、もう少しで扉が…」

バキッ!

元提督’「やった!開きましたよ!」

元提督「海の男がこんな船底でじっとしてられるか!行くぞ!」ダッ

元提督’「うっす!」ダッ

元帥「ああ…二人とも、肉薄はやめろっ!撃たれっぱなしじゃ!」

パイロット「閣下…!我々はもう少しで第一護衛艦隊のハープーンの射程に入ります…!」

元帥「…ええい!畜生!」ジャキッ ドドドドドドドドッ!

ビシッ!ズバッ!

天龍「く…そ…」

木曾「もう…保たねえ…!」

工作 員1「アッハッハ!先祖返リノ特攻モココマデダ!サッサト沈メ沈メ沈メェ!!」


カッ!!

工作員2「アッ!サーチライトガ!?」

工作員3「眩シィ…!」


船長「撃ち方、始めっ!」

ドドドドドドドドッ!

天龍「へっ…最初っから…手伝ってくれりゃあ…よかったのに…」ハァハァ

木曾「…よし、行くぞ」

天龍「…おう!」

パイロット「巡視船、探照灯照射及び威嚇射撃を開始しましたっ!」

元帥「よぉし!これで木曾と天龍も…」

ダララララララララッ ビシッ!チーン!

元帥「ぐおっ!応射が来おった!」

パイロット「し、しまった!エン ジンに被弾しましたっ!!」

元帥「なんじゃと…!」

工作員2「ヤッタ…!ヘリニ当テマシタ!」

工作員1「オイ、艦娘ハドコニ消エタ!?」

工作員3「アレ…?」

天龍「こっちだ、クソ野郎ども」トン

工作員1「ナッ…イツノマニ船上ニ!!!!」

木曾「…よくもやってくれやがったな。礼はたっぷりしてやるぜ…!」ザッ

工作員1「…下ノ二人ノトコロヘ行ッテコイ」

工作員3「ハ!」

工作員1「フン…艤装ヲ解除シタ艦娘ニ何ガデキル…!」チャッ

木曾「ふっ!」スラッ ビュン!

工作員1「ウッ!ハ、速イ…!」

木曾「戦いは敵の懐に飛び込んでやるもんよ。なあ?」ダッ

工作員1「クソッ!銃剣ダ、AKニ着剣シテ戦エ!」カシャ チャッ

工作員2「ハ、ハイ!」カシャ

天龍「どこ見てやがる、貴様の相手は俺だっ!」ブンッ

工作員2「グッ…!」キィイン


船底

工作員3「出テコイ!」ガチャ

工作員3「アレ…?シマッタ、逃ゲラレタカ!?」

工作員3「船内ノドコカカ!?畜生!」ダッ

戦闘操舵室

工作員4「イッタイドウナッテルンダ?状況ガヨク分カラナ…」
トントン

工作員4「…エ?」

元提督’「よう、北方民主主義人民共和国の姉ちゃん」

工作員4「コ…コイツ、逃ゲダシタンダナ!?」バッ

元提督’「おらっ!」ブン

工作員4「ガハッ!!」

元提督’「そぉい!」バッ

工作員4「ッ…」

ズダーン! ドサッ

工作員4「」

元提督’「ふぅ…さて、こいつのトカレフは貰っていくか」スッ

元提督’「…こいつ、胸でけぇな」

工作員4「」

元提督’「…つっても、天龍に比べりゃ全然か」ハハハ

元提督’「よし、とりあえずは機関を停止させよう」カシャシャ

ビュン!キィン!

天龍「ちきしょう、こいつめ、ちょこまかと…!」

工作員2「ハァッ!」ダッ

ズガッ

天龍「ぎっ…!」ドサッ

工作員2「死ネ…艦娘…!!」スッ…

天龍「うっ…」

ドヒュウウウウウウウウウウウウウウ…ン………

工作員2「!」グラッ

天龍「今だっ…!」バッ

工作員2「ヒッ…」

ドスッ

工作員2「」ドサッ

天龍「はぁ…はぁ…助かった…」

天龍「それにしてもどうして急に機関が停止したんだ…?」

天龍「まあいい、とりあえずこいつの肩関節を外して…と」グッ

工作員2「」

天龍「…おい、こいつ…嘘だろ??」

工作員3「畜生、奴ラハドコニ逃ゲタ…!?」ダダダ

元提督「あいつは戦闘操舵室の制圧に成功したみたいだな。木曾と天龍はどうなってるんだ…?」ダダダ

ゴチィン!

元提督「いてっ!!!」

工作員3「ア、ア痛タタタタ…」

元提督 「あ」

工作員3「ア!」チャキッ

元提督「おい、安全装置掛かったままだぞ」

工作員3「エ、嘘デショ!?」クル

元提督「おらぁ!」ビュッ

工作員3「ウグッ」

ドサッ

元提督「…引っかかりやがった。あんがい素直な奴だな」

元提督「それより甲板に出てみよう」ダッ

ビーッ ビーッ Pull up! Pull up!

パイロット「やばいやばいやばい落ちてます落ちてます!!」

元帥「落ちつけぃ!落ち着くんじゃ!」

パイロット「巡視船が船尾ヘリポートへの不時着を許可してくれたようです!そこまで何とか保たせます!」

元帥「…いや!不時着場所はあそこじゃ!」スッ

パイロット「…はぁ!?あんた正気ですか!?」

元帥「今のは聞かんかったことにしてやる!ただちに敵工作船上甲板に緊急不時着を敢行せい!」

パイロット「ひぃぃぃい!」

工作員1「コノッ…!コノッ…!」ビュン!

木曾「ちきしょう…てめぇもやるな…!」ブン!

工作員1「ウッ…」ズルッ

木曾「はっ!」ブン

パシュッ バラッ

工作員1「ア…!軍帽ガ…」

木曾「な…!!!長髪…?」

工作員1「…ッ!!」

木曾「マジかよ…おい、まだ生き残ってやがったのかよ、貴様ら…!!」

工作員1「…」ギロッ

工作員1「…」ユラリ

工作員1「生キ残ッテイテ何ガ悪イ?」ビュッ

木曾「ぐっ…」キィン!

工作員1「ヲ前ラダッテ、今コウシテノウノウト生キテイルジャナイカ」ブン

木曾「…!」キィン

工作員1「…ヲ前ラダケガ生キテ、ワタシ達ダケガ消エテイカナケレバナラナイナンテ、ソンナ不公平ガアルカ?」ビュン

木曾「うっ…」キィン

工作員1「ヲ前ラダケガ愛サレルナンテ、ソンナコト、ワタシニハ絶対ニ 許セナイ」ブン

カラァン

木曾「っ……!!」

工作員1「…終ワリダ。死ネ、ソシテ2度ト甦エルナ。艦娘!!!!」スッ…!

木曾「ぁ…ぁぁぁ…!」

今日はここまで 今年もよろしくお願いします

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2016年08月16日 (火) 10:26:59   ID: gEeL9M5m

続きまーだー?

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom