シリカ「キリトさんが小さくなった!」キリト「きりっ!」(27)

リズ「……え?」

エギル「oh…」

シリカ「ね、ねぇ君……ほ、本当キリトさんなんですか?」

キリト「うん!」きりっ

シリカ「はぅっ///」

リズ「おほぉこれは……///」

キリト「えぎるーだっこー」

エギル「……oh///」ギュッ

キリト「ぐるじぃ」ジタバタ

シリカ「キリトさんが死んじゃう!」

リズ「元々可愛い顔してるなって思ってたけど……んー!!可愛い!!」ナデナデ

キリト「えへへー」ニコニコ

シリカ「いつもかっこいいキリトさんも良いですが……こ、これはこれで乙なものです!!」グッ

ピナ「ピェー」バサッ

キリト「わーピナー!」タッタッタッタッ

ピナ「ピェー」パタパタ

シリカ「あ、キリトさん、ピナ!勝手にどっか行っちゃ駄目!」タタッ

リズ「んー……それにしても一体何があったんだろう……此処ゲームの中だから
なんでもありだけどあんなケース聞いたことないしなぁ……エギルさんは何か心当たりある?」

エギル「いや……ともあれ情報収集は必要だろう。正直今のキリトは精神年齢まで退行しているから
碌な情報を得られそうにないから苦労するが……コングラチュレイション」

リズ「そうですね……一応アスナにも連絡を……あれ?通じないや。忙しいのかな」

エギル「仕方ない……とりあえずキリトの面倒を見る役と情報収集をする役に分けてなんとか状況に対処しよう」

リズ「そうですね……」

シリカ「そういうわけでピナ、情報収集頑張ってね」

リズ「期待しているわ」

エギル「コングラチュレイション」

ピナ「……え?」


シリカ「というわけには行きませんよね……」

リズ「まぁそうよね……」

エギル「ファック……」

ピナ「(あっぶねぇ……)」パタパタ

キリト「ぴなー♪」

ピナ「ピェー」

シリカ「……」

シリカ「……ねーキリトさん」

キリト「ん?どーしたの、しりか?」

シリカ「はぅっ! ……あ、あの、キリトさんはピナの事、好き?」

リズ「!?」

キリト「うん!」ニパァ

シリカ「はぁうっ! ……も、もっと遊びたいよね……?」

リズ「ちょっ――!」

キリト「うん!ピナと一杯遊ぶ!!」

シリカ「ッ!! ……それよりもお姉ちゃんがもっと良い事教えて」

ピナ「(アカン)」

リズ「ちょっと待ちなさい!」

シリカ「なっ……なんですか?いきなり……」

リズ「……あんたにキリトは任せられないわ」

シリカ「な、何を藪から棒に……私はただ、キリトさんが今ピナと遊びたがっているから
此処はキリトさんの意思を尊重して、キリトさんのお目付け役を買ってでようと……」

リズ「『それよりもお姉ちゃんがもっと良い事教えて』って……何?」

シリカ「そ――ソレハソノォ……」モジモジ

リズ「……もう一度言うわ、あんたにキリトは任せられない。あたしの大事な親友の彼氏にトラウマ植え付けられたら
たまったもんじゃないのよ!」

シリカ「と、トラウマって――私はそんな酷い事はしません!ちゃんと優しくします!」

リズ「へー。そんだけ自信があるってことはよほどの経験の持ち主なのね……最低。そんな女にキリトは任せられないわよ!」

シリカ「んな――!?わ、わたしは一度もヤったことなんてありません!初めてはキリトさんに優しくもらってもらえたらって――あっ」カァァ

リズ「……やっぱりそういうこと考えていたわけ」

シリカ「――ッ!!」

シリカ「……手作りマフラーの話です」

リズ「今更遅いわよ」

シリカ「チョコレートなんです!!」

リズ「はいはい解かった解かった。そんじゃ、いってらっしゃい」

シリカ「待ってください!!――キリトさんはピナと遊びたがっているんです!!キリトさんの精神が子どもっぽくなっている今!
無理にピナからキリトさんを話すのは教育的に良くないと思います!!だから、キリトさんはピナとその飼い主であるわたしが見るべきなんです!!
私学校で飼育係ですし!!」

リズ「うわっ。キリトを飼育するつもり……?」

シリカ「そんなこと言ってません!!」

リズ「そんな危険思想を持った子にキリトは任せられません。ほら、さっさと行った行った――」ジリッ

シリカ「……えぇ、そうですね。解かりました。……キリトさん、さぁ行きましょう。後の事はお二人に任せてふふふ、私と一緒に沢山
遊びましょうねぇ……ほら、ピナも一緒ですよぉ――って、あれ?キリトさん?」キョロキョロ

シーン……

リズ「やられた……くそっ、あのハゲェ……!」ダンッ

シリカ「嘘……そんな……キリトさ――キリトさああああああああああああああああん!?」

キリト「いらっしゃいませー!」

ピナ「ピェー」パタパタ

エギル「エクセレント」パチパチ

カランカラン

エギル「おっ、キリト、ピナ。さぁ本番だ」

キリト「いらっしゃいませー!」

ピナ「ピェー」

男「ん?え?……子ども?竜……?」

キリト「おれはきりと!よろしくね!」きりっ

ピナ「ピェー」

男「よろしく……?」

エギル「今日はどういったご用件で?」

男「あ、買い取りを……」

エギル「……ウェルカム」キラーン

男「えぇ!?ちょっと、もうちょっとどうにかならない……?」

エギル「大体どこもこれくらいだよ」

エギル「だよな、キリト?」

キリト「これくらいだよ!」

男「そ、そうかな……?」

エギル「だよな、キリト?」

キリト「うん!」ニパッ

男「そっか」ナデナデ

キリト「えへへ♪」

男「じゃぁそれで」

エギル「グッドラック。あ、ついでにこれ新しく入った武器なんだけどどうだい?あんたにぴったりだ」

キリト「ぴったりだ!ぜったいおにぃさんににあうよ!」

男「良い値で買おう」チャリーン

エギル「コングラチュレイション」

キリト「こんぐらーちゅねーしょん!」

ワイワイ

リズ「ありゃー随分と賑わっているなぁ……」

シリカ「許せません……!ピナだけでなくキリトさんまで客寄せパンダに利用して……!」

リズ「ビーストテイマーの名が泣いてるわね」

シリカ「あの人だけは……絶対に許さない……!」

リズ「はいはい。まっ、なんだかんだ心配なさそうだから。あたしらはさっさと解決法を見つけないとね」

シリカ「――そうだ、私の秘密コード≪yo‐jo≫を利用すれば客引きとしてあっちに……!」グイッ

リズ「そうは問屋が卸さないっての。ほれ、さっさと行くよ」グイグイ

シリカ「キリトさああああああああああああああああああああああああああああん!!」ズリズリ

クライン「……ん?あれは……」

???「……」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

クライン「……っ!!」ブルッ

クライン「(なんて気迫だ……クリスマスのキリトの比じゃない……!!)」

ビュッ ビュンッ バシュッ 

???「……違う」ポイッ

???「……」スタスタスタ

クライン「ドロップアイテムを捨てた……?って、これレア物じゃねーか!なんで……」

クライン「あの姉ちゃん……確か血盟騎士団の……」

情報屋「年齢が退行?……聞いたことないな……」

リズ「そっか……」

シリカ「情報屋さんでも駄目ですか……」

情報屋「あのイカレぽんちの作った世界だ、なんでもありだって感じだけど……まさかそんなものまであったとはな」

リズ「単なるバグってことは……?」

情報屋「ありえるだろうが。しかしそうなると本当にあたしらじゃどうにもならんよ」

シリカ「そんなぁ……それじゃぁキリトさん、ずっとあのまま――」

シリカ「(あれ?なんか問題あるのかな?)」

情報屋「キリトって――あいつが幼児化したっていうのかい?」

リズ「あぁうん。まぁ、彼攻略組だし、そりゃ知ってるよね」

情報屋「ひいきにしてもらってるからね。そっかあいつが……こりゃ面白そうだ。今何処に?」

リズ「エギルのお店で客引きやってる」

情報屋「ぷくく。そりゃ面白いな。あたしはそっちに行くとするよ。あ、あと……何やら血盟騎士団の副団長様が
荒れてるみたいだな。そっちも当たってみたらどうだ?」

リズ「アスナが……?連絡が付かないと思ったら……」

情報屋「何でも目撃者によると鬼気迫る勢いだったらしい。近く特に大きな動きがあるわけでもないのに……
なるほど、点と線が繋がったというわけだな」

リズ「二人に一体……とりあえず私たちはアスナに会ってみる――ってなにこれ!?所在地があっちこっち動いて……!」

情報屋「まさに閃光ってわけだ!んじゃ、そろそろあたしは失礼するよ。無事を祈る!」ビュンッ

リズ「はぁ……やっと糸口が見つかったっていうのに……単純なだけにこっちの方が大変そう……」

シリカ「あの……実際問題このままでもなんの問題は」

リズ「今のままじゃキリトに優しく奪ってもらえないわよ?」

シリカ「やりましょう」キリッ

バシュッ

???「……くっ!これも違う!!」バンッ

???「……次……転移――」

リズ「アスナー!」タッタッタッタッ

アスナ「……リズ」

リズ「はぁ……はぁ……やっと追いついた……」

アスナ「……ごめん私今急いでいるから――」

リズ「キリトの!……事だよね?」

アスナ「……っ!」ピクッ

リズ「やっぱり……キリトが小さくなったのって……」

アスナ「……そう。私の所為。私が勝手な事したから……それで、キリト君に迷惑掛けちゃったから」

アスナ「だから……ごめんね。私、行くから」

リズ「待って!アスナ、私も、手伝うよ!」

アスナ「良いよ。リズは関係ないんだから――」

リズ「関係なくなんかない!アスナも、キリトも、私の、大事な……人。だから……私も――」

シリカ「――二人とも気を付けて下さい!何か来ます!!」

アスナ「えっ?貴方誰?」

シリカ「っ!!」

???「「「「「「「「「「「「デュフフフフフフフフフ」」」」」」」」」」」」

リズ「きもっ!」

アスナ「≪キモオタ≫……まさかそっちから来てくれるだなんて……!徒党を組んで調子に乗っているのね……!」

シリカ「すごい、生理的に、無理です」

「「「「「「「「「「「「オウフ……ハァハァ」」」」」」」」」」」」

アスナ「二人とも、さがっていて……こいつらは私がやるわ……」

シリカ「さ、流石にこの量を一人じゃ無理です!」

アスナ「これは私の問題なの……二人とも、転移結晶で早く移動して……こいつらの固有結界スキルに捕まったら
結晶が使えなくなるわ……さぁ早く!!」

リズ「何言ってるのよ。だったら尚更、逃げられないじゃない」チャキンッ

アスナ「リズ……?」

リズ「アスナもキリトもあたしにとって、この世界でかけがえのない大切な人なんだから、放っておけるわけないでしょ」チャキッ

アスナ「で、でも!」

リズ「それにあたしがマスターメイサーだってこと、忘れたの?こんなやつら、どうってことないわよ!」

アスナ「リズ……」

シリカ「私も……私だって、戦います!キリトさんに助けてもらったんです!キリトさんの為というなら、私、絶対に逃げません!」チャキンッ

アスナ「貴女……!」

「「「「「「「「「「「「ナイタ」」」」」」」」」」」」

アスナ「ありがとう……」

リズ「お礼は!」

シリカ「勝ってからです!」

アスナ「うん!」

ダッ

クライン「んだよキリト。ちっこくなっちまったって本当だったのか」

キリト「くらいん!」ダキッ

クライン「おーよしよし。本当に可愛いなお前はー」ナデナデ

キリト「えへへー!あ、ジョリジョリ!」

クライン「本当、お前くらいの歳の子ってのはどうして無精髭が好きなんかね」ジョリジョリ

キリト「あははージョリジョリ―!」

エギル「……」ズリズリ

クライン「っと、そうだエギル。ちょっと裏貸してくれないか?」

エギル「……ん?あぁ構わないが……どうした?」

クライン「ファミコン拾った」

キバオウ「なんでや!?」

リズ「これで――最後!!」

「アッー!!」


リズ「ああああああああ疲れたあああああああああ!!」ドサッ

アスナ「お疲れさま」

リズ「流石ねアスナは……やっぱり攻略組は体力が違うわ」

アスナ「ううん、私もくたくただよ?」

シリカ「には全然見えないですけど……」

アスナ「シリカちゃんも……ご苦労様」

シリカ「いえいえ……」

リズ「それで、お目当ての物は見つかったの?」

アスナ「……どうだろう……倒すのに一生懸命で……今確認してみる――」

アスナ「あ、あった!」

リズ「うああああああああああああああああ……」

シリカ「良かったああああああああああああああ……」

アスナ「これで……キリト君を元に戻せる……」

リズ「因みになんて名前のアイテムなの?」

アスナ「≪謎の白い液体≫」

リズ「え?」

アスナ「この≪謎の白い液体≫をキリト君に飲ませればきっと……!」

シリカ「あわわ……!」ドキドキ

リズ「本当にそれ、キリトに飲ませるの?」

アスナ「? うん」

リズ「大丈夫なの?」

アスナ「うん……今度は、多分」

リズ「多分って……」

アスナ「今度は元に戻ってって願いを掛けるだけだから!前みたいなことには……」

シリカ「因みに……前はなんて?どうしてあんなことに?」

アスナ「……キリト君、時々暗い顔していたから……この世界や現実の世界で、沢山嫌な事や悲しい事
があったんだろうって思って……いっそのこと、そういうの全部忘れさせることが出来たらなって思ったの……
それで……」

リズ「悪気はなかったってわけね……」

アスナ「うん……少しでも彼の負担を減らせたらって……後」

リズ「あと?」

アスナ「私の知らないキリト君をちょこっとだけ見たいなーって」

シリカ「グッジョブですね」グッ

アスナ「まったく……お家で待っててって言ったのに……」

シリカ「」ズリズリ

リズ「ドンマイ……」グイグイ

~エギルの店~

アスナ「失礼しまーす!アスナですー!キリト君迎えに来ましたー!」

ガヤガヤ

リズ「奥の方が騒がしいわね……行ってみよっか」

アスナ「うん……」

キバオウ「チートやそんなんチーターやないかい!!」

クライン「んだよ。レインボーロードでのショートカットなんてマリオカートやるやつの基本中の基本だろう?」

キバオウ「せやかて……なんでキノピオはんを見殺しにしたんや!お前がショートカットしなければ
キリトはんが真似せずキノピオはんは死なずにすんだんや!」

キリト「いいよきばおう……おれがへたくそだから……じゅげむ、ありがとう……」グスッ

キバオウ「キリトはん……!」

エギル「良いレースだったぜキリト……ん?おっ、アスナじゃないか。それにシリカとリズも。ご苦労さん、何か解かったか?」

リズ「いや解かったっていうかもう全部解決したっていうか……」

シリカ「何……しているんですか?」

クライン「ん?お嬢ちゃん、これマリオカートっていうんだけど……お嬢ちゃんくらいの歳の子じゃわからないかー?
やってみる?」

シリカ「いいんですか!?」

クライン「おう。変なのに絡まれたから俺は一回パスだ」

キバオウ「なんやそれ……!喧嘩うっとんのか!?」

クライン「あーうるさいうるさい」

エギル「良い年こいた大人がゲームで喧嘩するな……ところで、解決したって?それじゃぁそのアスナが持っているのを
掛けたり垂らしたり飲んだりすればキリトは元に戻るのか?」

アスナ「あ……うん……」

キリト「アスナ……それをくれ……」

アスナ「は、はい……どうぞ」

キリト「ゴクゴクゴク……」ベンベンベン

キリト(青少年)「シリカ、すまない……クラインに一度返してくれないか?」キリッ

シリカ「あ、……はい///」

クライン「なんかマリオみてーだな」

キリト「ふん……余裕でいられるのも今のうちだクライン……俺をただのキノピオプレイヤーと一緒にしないでくれ」

キリト「俺は……キノピ王だ」キリッ

 こうしてキモオタが落した多くのスーファミゲームにより……

 製作者茅場明彦さえ巻き込んだレトロゲームフェスタinアインクラッドが開かれ……

 なんやかんやあって死んだプレイヤーとかサチとかも皆生還したのは……

 ……また、別の話……。

acvで作ったエクシアがあんまりに機動性が高すぎて使いこなせず
むしゃくしゃしてやった
反省はしている
シリカ、愛してる

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom