アンパンマン「待て!!バイキンマン!?」(19)

アンパンマン「また悪いことを!!」

アンパンマン「よく来たなアンパンマン……くらえ!」

アンパンマン「うわあああ!!」

アンパンマン「アンパンマーン!新しい顔よ!」

アンパンマン「元気100倍アンパンマン」

アンパンマン「アンパーーンチ!!!」

アンパンマン「うわああ!バイバイキーン!!」

アンパンマン「…………」

アンパンマン「あと何回やろうかな……」

アンパンマン「待てーバイキンマン!?また悪いことを」

アンパンマン「虚しい……」

アンパンマン「あいつが憎い…」

アンパンマン「あいつさえいなければ……」ググッ

アンパンマン「復讐してやる……」

監視官「こら。そこ。またうるさいぞ…」

アンパンマン「……」

監視官「貴様らパン族なんぞにこの世を支配されてたまるか」

監視官「そして…この元凶めが!!」バシッバシッ

jam「グワアアアァ!グワアアアァ!!」ダラダラ

アンパンマン「くっ……もう止めろ!!」ハァハァ

監視官「生意気な奴め!これ以上あんこを
抜かれたくなかったら我々人間には逆らうな!!」

アンパンマン「くっ……汚い種族め!!」

jam「……お……おい!お前……」ジャリンジャリン

アンパンマン「……mr.jam……すいません…」

監視官「ふん!」スタスタ

監視官「おい立て!」

???「……」ムクッ

???「……」

監視官「そういえば今日、貴様の処分が決定していた。」

???「……」

監視官「貴様に下された処分は……」

監視官「……処刑だ……」バンッ!!

チーズ「……!?」

jam「……やめてくれー!!チーズだけは!!」ジャリンジャリン

チーズ「……お元気で。mr.jam……」ボロボロ

チーズ「すいません。最後にここの人達に
一言ずつ言わせてもらっても良いですか?」

監視官「……好きにしろ。制限時間は10分だ…」

チーズ「mr.jam…」

jam「!!」

チーズ「僕に知能を与えてくれてあり…がとう
そのおかげで今mr.jamにありがとうが言えたよ…」ボロボロ

jam「……ウオオォ!!……ハァア!!…ハァ…」ボタボタ

チーズ「アンパンマン」

アンパンマン「……」ボロボロ

チーズ「毎日戦わせたね。ゴメンネ……。」

チーズ「辛かったよね。顔を塗らされるのは
僕達の感覚では燃やされる痛みだったんだよね…。
そんな中、嫌と言わずに毎日バイキンマンと戦う
アンパンマンが……」

チーズ「僕は……いや…私は本当に大好きでした」

アンパンマン「…………ゥゥゥ!!!!」ブホッグホッ

チーズ「今度生まれ変わったら人間の目の届かない場所で
皆さんとまた平和な日々を送りたい…それでは私は逝きますね…」

メロンパンナ「チーズ!!チーズ!!!」

ショッパン「チーズ君。。感動したよ。。」ウルウル

メロンパンナ「お願い監視官さんチーズは生かして!
殺すなら私をお願い!!」

監視官「!?」(なんだと………)

アンパンマン「……メロパンナちゃん………」

監視官「……いいだ「ダメです!」ろう…」

チーズ「メロンパンナさん…貴女はもう少し生きるべきだ…」

メロンパンナ「いや!!チーズのいない生活なんて!!」ジャランジャラン

メロンパンナ「監視官さん!!私を殺して!」

監視官「……残り3分ある。貴様らで決めろ…」

メロンパンナ「みんな!!チーズは歴史上初の
喋る犬なのよ!!だから私なんかより希少なの!!」

監視官「我々の感覚では喋るパンの方が怖いが」

メロンパンナ「うるさい!!」

監視官「!?」

ギイッ……

看守長「……おい……」

監視官「!?かか、か、看守長様!!」

看守長「チーズの処刑についてだが取り消しだ…」

監視官「え?そうですか」

メロンパンナ「……ほっ……」

看守長「その代わり…奴には我々組織のあの
実験に使わせてもらおう……」

カレーパンマン「お、、おい、、それって……」

赤ちゃんマン「ええ。それですよ…」スッ

パン一同+犬一匹+2人「!?」

看守長「赤ちゃんマン様……。わざわざこんな
汚らしいところへ足を運ばれなくても……」

赤ちゃんマン「別に良い…」

赤ちゃんマン「それと、もう17なんだから
赤ちゃんってのはやめなさい」

看守長「申し訳ございません」

アンパンマン「貴様ぁぁぁあああ!!」ズンッ!!

監守長「鎖から逃れた!!?」

アンパンマン「この一撃に全てを賭ける……」

スッ バッ!!

赤「?」

アンパンマン「アァーンパーンチィイィッッッ!!!」

ドゴオオオオオオッ!!!!!!!

シュウウウゥ…… シュウウウゥ……

監守長「……ハァ……ハァ……ハッ!…赤様!」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom