JK提督「やったあ!大井さんレベル99だ!!」 (1000)


JK提督「やっと…やっと大井さんとケッコンできる…」

JK提督「この日をどれだけ待ちわびたことか…」

JK提督「早く大井さんに指輪をあげなくちゃ!」



JK提督「大井さんと書類にサインします!!」

カチッ

ちゃーらーちゃちゃらちゃーらー♪

JK提督「キター!!大井さんとあたしとの結婚式!!」

JK提督「生まれてきてよかった…!この世に生を受けて本当によかった…!!お父さんお母さんありがとう!!」

大井『北上さん!…なんだ提督なの?あ、いえいいんですけど…はい、提督も愛してます!』

JK提督「いやあああああん!!大井さんが!あたしのこと愛してるって!!愛してるって!!そして脳内北上さんばかりなのも大井さんらしくてイイなぁー!!!!」

ケ・ッ・コ・ン・カ・ッ・コ・カ・リ

JK提督「あぁ…大井さんと永遠の愛を誓い合う日が来るなんて…」

JK提督「ご満悦」キラキラ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425962023


JK提督「母港ボイスは!?母港ボイスは!?」

カチカチカチカチカチ…

大井『あの…ほかの艦も、強くしてあげて?』

JK提督「…え」

JK提督「えええええ!?大井さんが北上さん以外の艦娘のことも気にかけてるなんて!!!やっぱり大井さんは心優しい天使なんだなあ!!」

JK提督「ますます大井さんのこと好きになっちゃったよー!」

JK提督「…またケッコンボイス聞きたい!大井さんに愛してるって言われたい!!」

JK提督「図鑑画面図鑑画面…」

大井さん『北上さん!…なんだ提督なの?あ、いえいいんですけど…はい、提督も愛してます!』

JK提督「し・あ・わ・せ」

JK提督「大井さんってなんでこんなに可愛いんだろ…」ウットリ

JK提督「…ん?このボタンはなんだろ」

カチッ

ぺかーん

JK提督「なに!?画面が眩しい…!」

JK提督「きゃあ!」

大井っち好きなので期待

空の癖に空気を読まない期待

このJK提督が北上さんと顔似てたら大井っちはどんな接し方してたんだろ

別人なんだし偽物扱いでしょ

高校時代の後輩女子は大和目当てで始めて木曾とケッコンしてたな

俺は榛名目当てで始めてうーちゃん、暁、天津風とケッコンしたぜ


ドロン

JK提督「うわ!?」

大井「おっとっと…」

JK提督「…エ?」

大井「あら提督、こんにちは」

JK提督「え?…大井…さん?」

大井「なんですか今さら」

JK提督「え?え?大井さんがあたしの目の前に…?」

大井「そうですよ」

JK提督「これは夢?幻?幻覚?」

大井「なに言ってるんですかさっきから、現実ですよ」

JK提督「ちょっと…」

ペタペタ

大井「ちょっ!触らないでよ!魚雷撃ち込むわよ!?」

JK提督「触れる!?!?本物の大井さん!?!?」

大井「だからそうだって言ってるじゃない」

JK提督「えええええ!?なんでなんで!?」

大井「やかましいわね…ホラ、そこのボタン!ケッコンカッコカリした艦娘はそのボタンを押すとこっちの世界に来れるのよ」

JK提督「…マジで?いつ実装されたの?その神機能」

大井「知らないわよ…」

おかしいな……俺のにはそんな機能ないな…バグかな?

俺の知ってる艦これと違うな


JK提督「お…」

大井「…なんですか?」

JK提督「大井さあああああん!!会いたかったよー!!!」

ぎゅううううう

大井「ちょっと!抱きつかないでよ!!私にこんなことしていいのは北上さんだけなんですからね!?」

JK提督「うはあああ!北上さん大好きな大井さん大好きいいい!!」

大井「もう!気持ち悪い提督ですねえ!!」

JK提督「ナイス褒め言葉」

大井「てか、はい!急いで!」

JK提督「え?なに?」

大井「何じゃないわよ!早く北上さんとケッコンして北上さんをこっちの世界に呼びなさいよ!!」

JK提督「え、北上さんまだ60なんだけど…」

大井「今すぐ99にしなさいよ!!!北上さんを演習の旗艦にしてMVP取らせなさい!!」

JK提督「午後の分の演習、大井さんがやったからまた明日だけど…」

大井「もう!!まったく!!」

JK提督「スマヌ大井さん…」

大井「てかなんで私以外の主力艦娘がみんな平均レベル60なのよ!」

JK提督「だって大井さんと早くケッコンしたかったから…」

大井「…もう」

これは新しい

この新機能いつ本実装されるんですかね?


JK提督「…あの、愛してるって言ってもらえる?」

大井「何よいきなり、気持ち悪い」

JK提督「ゲームで言ってくれたじゃん、現実でも言ってもらえると心がぴょんぴょんするんだけど」

大井「好きで言ってるわけじゃないわよ」

JK提督「え」

大井「仕方なく言ってるの!そういう機能なんだから」

JK提督「じゃあ、あの愛してるって言ってくれたのは…」

大井「接待ね」

JK提督「…う」

JK提督「…うう」ぽろぽろ

大井「ちょっと!?何泣いてるのよ?」

JK提督「大井さんごめんね…好きでもない人とケッコンさせられて…」

JK提督「無理やり愛してるなんて言わされて…」

大井「もう!泣かないでよ!言わされてるなんてウソよウソ!本当はここまで育ててくれた提督には感謝してるんだから!!」

JK提督「ううう…」ぽろぽろ

大井「もう!!!!」

ちゅむ

JK提督「んむ!?」

大井「…提督のこと、本気で愛してますから…」

大井「ケッコンしてくれてありがとうございます、提督」

JK提督「お゛」

JK提督「お゛お゛い゛ざああああん!!!!あたしも愛してるよおおお!!」

ぎゅううううう

大井「わかったから!わかったから!!」

大井(まったく、北上さんにあげるハズのファーストキスが…)

高見盛サイズのJKか


JK提督「ねえ、あたしってよく画面に向かって可愛い!!とかぺろぺろしたい!!とか言っちゃうんだけど、それって艦娘たちに聞こえてるの?」

大井「もちろん、聞こえてますよ」

JK提督「え」

JK提督「戦闘を頑張った大井さんの脇の汗舐めとってあげたい!…も?」

大井「ええ」

JK提督「大井さんの浸かった入渠風呂のお湯を飲み干したい!…も?」

大井「もちろん、私だけじゃなくみんなに聞こえてるわ」

JK提督「」

大井「ぶっちゃけ、ゲーム内ではみんなに変態提督と呼ばれてますよ」

JK提督「…もうお嫁にいけない」

大井「何言ってるんですか、提督は私の嫁でしょう?」

JK提督「…大井さん、マジで好き」

犯罪が多発してそうな世界だな

まじかよオナりながら艦これしてる時もあったのに

中破した秘書にモニター越しにぶっかけたのはどうなるのか

始めからずっと吹雪一筋な僕は勝ち組やな
ロリコン?知らんな

さらっと私の嫁とか言っちゃう大井っちイケメン

変態多いな……あきつ丸の肌を舐めたい言ってた俺もアウトだが…それを他の艦娘に聞かれてると考えると荒ぶるな

球磨たち姉妹艦はこの提督とのケッコンカッコカリをどうおもってるんだろうなwwww

オリョクルで四隻一斉に同じ奴狙った時に何やってんだアホとか言っちゃいがちな僕は嫌われてそう


大井「提督は変態ですけど艦娘たちからの評価は高いですよ?」

JK提督「なんで?」

大井「だってあなた…」



とある海域攻略中…

金剛「バーニング…ラァァァブ!!」

どかーん

金剛(シット!空母狙ったハズが駆逐艦に…提督ごめんネー…)

JK提督「いいよいいよ金剛ちゃん!弱いヤツから片付けてこー!」

金剛(提督…)

どかーん

龍驤「あっかーん!ちょっちピンチすぎやー!」

龍驤(中破してもうた…ウチ、攻撃できない置物や…提督スマン!!)

JK提督「よく中破で持ちこたえてくれた龍驤ちゃん!次のマスの制空権は頼んだよ!」

龍驤(て、提督…おおきに!)

どかーん

吹雪「そんな!だめですぅ!!」

吹雪(また私が大破…撤退…いつも艦隊に迷惑かけてばかり…提督ごめんなさい…)

JK提督「ドンマイドンマイ吹雪ちゃん!また攻略しに来よう!すぐに入渠させてあげるからね!」

吹雪(提督…!…この吹雪、提督に一生ついて行きます!!!)



大井「…てね」

JK提督「…無意識にやってた」

大井「変態だけど、そーゆーところは誇っていいですよ」

ええ話や……


大井「ところで提督、質問なんですけど」

JK提督「はいはい、なんでしょ」

大井「なんで改ニにしてくれないんですか?」

JK提督「え?」

大井「え?じゃなくて、なんで改のままなんですか?」

大井「もうレベル100なのに」

JK提督「それは決まってるよ、その制服が好きだから」

大井「…制服?」

JK提督「改ニの白いセーラー服よりその緑のセーラー服のほうが好きだから」

大井「…そんな理由ですか?」

JK提督「うん、冬服って可愛いじゃん」

大井「改ニになったら…もっと活躍できるのに…そんな理由で…」

JK提督「ダメなの?」

大井「ダメじゃないですけど!私だってもっと強くなりたいんですから!!改ニにしてくださいよ!!」

JK提督「でも制服…」

大井「改ニの私にこの緑のセーラー服着せればいいじゃないですか!!提督が望むならどんな格好でもしますよ!」

JK提督「本当?」

大井「本当ですよ!だから改ニにしてください!」

JK提督「じゃあ島風ちゃんの着てみてよ!」

大井「アレは死んでも無理」

いつだって例外はあるよね


JK提督「ねぇ、この機能って一回きりなの?」

大井「いや、呼びたいときに図鑑画面からこのボタン押せばいつでも来ますよ」

JK提督「おお!」

大井「寝てるときに呼び出されたら流石に怒りますけど」

JK提督「じゃあ、あたしのベッド一緒に寝よ!」

大井「ゲーム内での生活もあるから、ずっとコッチにいっぱなしってワケにもいかないのよ」

大井「秘書艦としての仕事もありますからね」

JK提督「ご…ご苦労様です」

JK提督「あ!そう言えば間宮さんのアイスって美味しいの!?」

大井「ケチって使ってくれないじゃないですか」

JK提督「あっ…サーセン」

大井「まぁ艦隊にいないときのプライベートでは北上さんとよく食べに行きますけど」

JK提督「美味しい!?」

大井「とても美味しいですよ」

JK提督「いいなぁー!!」

イベント中大破するたびに加賀さんなじってたわ……ごめんなさい

艦娘をいたわれない奴とタブレットでやってる人の元にはこのボタンは出てこないんだよ
タブレットの人もマウスを買えばできるかもよ


JK提督「そーいえば艤装って持ってこれないの?」

大井「持ってこれないようになってますね」

JK提督「なんで?」

大井「なんでって…危険じゃないですか、魚雷持ってきてウッカリ落としたらこの家吹き飛びますよ」

JK提督「魚雷撃ち込むぞーとか言ってるわりにはそこら辺はしっかりしてるのね」

大井「うるさいわね…」

JK提督「むっちゃんとか金剛ちゃんとか重たくないのかな」

大井「艤装なんて艦娘の体の一部だし、背負っててツライとは思わないですね」

大井「まぁ外したときは体が軽くてスッキリしますけど」

JK提督「ほーん」

夕張とかは普通に重そうだよな


JK提督「第六駆逐隊のみんな!鼠輸送お願いします!!」

カチ

JK提督「行ってらっしゃーい」

大井「行ってらっしゃーい」

JK提督「…みんな遠征ばっかで嫌じゃないのかなぁ」

大井「そんな事ないですよ、ちゃんと提督が褒めてあげてますから彼女たちもやりがい感じてますよ」

JK提督「そーお?」

大井「提督はちゃんとローテーション組んで遠征出してますから、休めるときはちゃんと休めてますし」

JK提督「それはキラキラ剥がれたから…」

大井「キラキラ嫌がる艦娘なんていませんよ、気持ちいいんですから」

JK提督「へえー」

大井「遠征でも戦闘でも活躍できますからね」

大井「提督は演習でいつも私を旗艦にしてくれるから私は常にキラキラ状態!もう体が軽くて軽くて!」

JK提督「大井さんが嬉しそうで、あたし提督感無量」


JK提督「さあ、遠征も出したことだしあたしは宿題やりますか」

大井「宿題?」

JK提督「あたし高校生だもん、勉強しなきゃ」

大井「提督業のほかに学生業もこなすとは…提督、見直しました」

JK提督「そ、そう?もっと褒めてえ」

大井「宿題終わらせたら褒めてあげてます」

JK提督「うおおおおおお!!」バリバリ

大井「…」

大井(…暇だなぁ)

大井「提督?艦これやっていいですか?」

JK提督「え?大井さんならいいけど」

大井「やった!ありがとうございます!」

大井「北上さんを旗艦にして…」

大井「母港画面にして」

カチッ

北上『大井っち何さー、あ?…なんだ、提督か』

大井「北上さーん!提督じゃないですよ!!私ですよ!!」

カチッ

北上『うああ〜、大井っち身体触るのやめてよ〜、……って、提督じゃん、何やってんの?』

大井「北上さーん!!触ってるのは私ですよー!!!北上さあああああ」

JK提督「すっげぇ嬉しそう」

大井さんwwwwwwwwww
北上さん今どんな気持ちなんだろ

これ北上さんに聞こえてるんだよねww

大井さんが通常運転だったでござる


カチカチ

大井「これがいつも提督が見てる画面…」

大井「なんか…機械的ですね」

JK提督「まぁ、ゲームだからね〜」

大井「この裏では艦娘たちが楽しく過ごしてるのにゲームには表示されないなんて…さみしいですね」

JK提督「大井さんがその事実を教えてくれただけでもやりがいがあるよー」

カチカチ

大井「あ、陸奥さんだ」

大井「私って、結構陸奥さんにお世話になってるんですよ」

JK提督「そうなの?」

大井「秘書艦の仕事が行き詰まったとき、陸奥さんはいつも助けてくれるんです」

大井「私だけじゃなくいろんな艦娘の相談を受けたりしてて…みんなのお姉さん的な存在ですね」

大井「秘書艦の私なんかよりずっと頼りになる方なんです」

JK提督「むっちゃん…ええ子や…」

大井「陸奥さん…私を…この艦隊のみんなを支えてくれてありがとうございます」

JK提督(恥ずかしくて直接言えないから画面越しに言ってるのかな…きっとむっちゃんも喜んでるよ)

酉つけたほうが助かるっぽい

確かに

1-1にlv1駆逐を随伴させてるのをうちの艦娘はどう思ってるんだろうか

こういうタイプのSS、なかなかお目にかかれない…
支援してます

心ゆくまで(ネタが切れるまで)続き書いていいのよ
辞めたくなったらやめ時だけどな

キラ付けと疲労抜きはしっかりやってるけどダメコン使ってるウチはどう思われるんだろう

Sage忘れ申し訳ない

遠征終了時刻から一日ログインなしがザラなンですが、その間遠征部隊は外で待ち惚けなのかなとか考えちゃうとうわぁ……どうしよう。

なんというか…ニコニコの幻想入りが流行った時にあった現代入りみたいな感じだな
懐かしい

生まれてこのかた酉つけたことないでち
ついたかな?

おお、ついた
再開します


大井「…というか提督は宿題中でした、ごめんなさい邪魔してしまって…」

JK提督「ええんやで」

大井「今は勉学に励んでもらいたいんで、私はおいとましますね」

JK提督「えー、帰っちゃうの?」

大井「またボタン押せば来ますから」

JK提督「いつ呼んでいいの?大井さん鎮守府での生活もあるから、突然コッチに呼び出されたら困るだろうし…」

大井「明日なら一日中大丈夫ですよ、提督が私を出撃や遠征させなければ!」

JK提督「やったー!明日も大井さんに会えるー」

大井「ふふふ、じゃあ鎮守府に帰りますね」

JK提督「バイバイ!」

ドロン

JK提督「…消えちゃった…」

JK提督「本当に夢じゃないんだよね…」

JK提督「大井さん…いい子だったなぁ」

JK提督「…」

JK提督「大井さん愛してるよ!」

JK提督「…本当に聞こえてるのかな」

JK提督「大井さんのうなじに蜂蜜かけて舐めたい!!」

JK提督「大井さんの蒸れたローファーの匂い嗅ぎまくりたい!!!」

JK提督「…」

ボタンポチッ

ドロン

JK提督「今のも聞こえてるの?」

大井「聞こえてるわよこの変態提督!!!」

これは期待

Cawaii!!

ありそうでなかったこの発想。
いいぞもっとやれ!

北上さんの反応が気になりますな

鎮守府内に館内放送のように響き渡ってるんだろうか

提督の大井LOVEが勝手に聞こえるんだから他のLOVE勢は悔しそうだ

でもドロドロしてるように感じないのはJKの人徳の賜物か

JK爽やかだな


翌日、月曜日

JK提督「ふああ…」

JK提督「学校行く前に演習と遠征出さなきゃ…」

JK提督「みんなおはよー」

JK提督「私の天使であり嫁である大井さんおはよー」

JK提督「北上さんの演習レベリング始めますよー」



JK提督「北上さんレベル62…まだまだ道のりは果てしないなぁ」

JK提督「北上さんの負担にならないようにゆっくりじっくりレベリングしますか」

JK提督「大井さん呼んでも大丈夫かな?」

カチッ

ドロン

大井「提督、おはようございます…」

JK提督「おはよう大井さん!今日も美しいね(超絶イケボ)」

大井「…」

JK提督「ん?大井さんどうしたの?」

大井「昨日、鎮守府に帰ったら皆に凄くいじられました」

JK提督「へ?」


昨日、鎮守府

北上「大井っち!おかえり〜、提督と良い感じだったねぇ〜」

大井「き、北上さん!私の本命は北上さんなんですからね!?」

陸奥「あらあら〜、その割には提督と楽しそうにしてたじゃない」

大井「陸奥さん!そんなことは…」

金剛「提督の魅力に大井ッチもイチコロねー!」

大井「金剛さんまで!もう!」

JK提督『大井さん愛してるよ!』

大井「!?」

北上「大井っち、愛してるって〜」

大井「あのアホ提督…いつもいつも皆の前で…」

JK提督『大井さんのうなじに蜂蜜かけて舐めたい!!』

大井「!?!?」

龍驤「でたー、提督の変態発言」

五十鈴「どんな脳ミソしてたらあんな発言できるのかしら」

JK提督『大井さんの蒸れたローファーの匂い嗅ぎまくりたい!!!』

大井「!?!?!?」

加賀「変態提督は本当にブレないわね」

瑞鶴「これが無けりゃ立派な提督なんだけどね」

ドロン

北上「あ、大井っち消えた」


JK提督『今のも聞こえてるの?』

大井『聞こえてるわよこの変態提督!!!』

陸奥「本当に仲良いわね」

利根「まぁ、変態提督と大井のおかげで我輩たちも楽しく過ごせてるからな!」

吹雪「そうですね!御二方には感謝してます!」

ドロン

北上「大井っち、お帰り〜」

大井「はぁ…まったく」

五十鈴「靴の臭い嗅がせたの?」

大井「誰がそんなことさせますか!!」

金剛「へいへーいエヴリワン!パーティの準備はできてますよー!」

大井「パーティ?」

北上「大井っちケッコンカッコカリパーティだよ〜、提督はコッチに来れなくて残念だけど」

大井「え?え?」

暁「ひぃっ…疲れた…!」

雷「遠征からもどってきたわ!パーティには間に合ったかしら…」

利根「ギリギリセーフじゃ!」

響「ハラショー」

電「なのです!」

陸奥「よし!そろったところでホールでパーティ始めるわよ!他のみんなも待ってるわ!!」

おー!!

大井「皆さん…」うるっ


大井「…ということが」

JK提督「ううう…ええ話やないかぁ…」

大井「まぁ…パーティは楽しかったですけど…」

JK提督「あたしの艦隊の子たちはみんないい子なんだね…」シミジミ

大井「…そうですねっ」

JK提督「大井さんも照れちゃって!カーワーイーイー!!」

大井「もう!いちいち絡まないで!!」

JK提督「あ!おはようのキスは!?おはようのキス!!」

大井「北上さんがレベル99になったらね」

JK提督「北上さん!びしばしスパルタでレベリングしますよ!!」

大井「ちょっと!北上さんをツライ目にあわせたら許しませんからね!?」

JK提督「北上さん!ゆっくり焦らず行こう!!」


大井「…漫画読もうっと」



大井「この漫画面白いわね…読み始めたら止まらない」

スタスタスタ

大井「ん?誰か来た?」

大井「一応隠れよう…」

大井in押入れ

ガチャ

母「あの子また部屋散らかしっぱなし…まったく」

大井(提督のお母様!?)

母「漫画も読んだら出しっ放し…掃除機かけられないじゃない…」

大井(ス、スミマセン…)

ウィーーーーーーーーン

ガチャガチャ

母「あ、またパソコン付けっぱなし!電気代勿体無いからいつも消しとけって言ってるのに」

母「シャットダウン!」

ウィーーーーーーーーーン

大井(お母様なんか喋ってる?掃除機の音で聞こえない…)

母「まったく!あの子にはもうちょっとシッカリしてほしいよ!」

ガチャン

大井(…去っていった?)

大井「見つかる前に鎮守府に帰ろう…」

大井「あれ?パソコンの画面消えてる…」

大井「てか、電源が切れてるじゃない!」

大井「もしかしてお母様が消した!?」

大井「とりあえず起動して…このボタンかな」

ぶいーん

大井「あ!やった!ついた!」

パスワードを入力して下さい

大井「」

あっかーん!飛ばしてもうた!!
>>65はミスですスンマセン


JK提督「あたしそろそろ学校行くけど…大井さんどうする?」

大井「あら、そしたら鎮守府に帰ろうかしら」

JK提督「パソコン付けっぱなしにしておくからさ、好きな時に戻ればいいよ」

JK提督「あたしの部屋の漫画とか読んでてもいいし、自由にしていいよー」

大井「はぁ」

JK提督「じゃああたしゴハン食べて学校行ってくるね!」

大井「行ってらっしゃいませ!」

ガチャン

大井「…」

大井「…漫画読もうっと」



大井「この漫画面白いわね…読み始めたら止まらない」

スタスタスタ

大井「ん?誰か来た?」

大井「一応隠れよう…」

大井in押入れ

ガチャ

母「あの子また部屋散らかしっぱなし…まったく」

大井(提督のお母様!?)

母「漫画も読んだら出しっ放し…掃除機かけられないじゃない…」

大井(ス、スミマセン…)

ウィーーーーーーーーン

ガチャガチャ

母「あ、またパソコン付けっぱなし!電気代勿体無いからいつも消しとけって言ってるのに」

母「シャットダウン!」

ウィーーーーーーーーーン

大井(お母様なんか喋ってる?掃除機の音で聞こえない…)

母「まったく!あの子にはもうちょっとシッカリしてほしいよ!」

ガチャン

大井(…去っていった?)

大井「見つかる前に鎮守府に帰ろう…」

大井「あれ?パソコンの画面消えてる…」

大井「てか、電源が切れてるじゃない!」

大井「もしかしてお母様が消した!?」

大井「とりあえず起動して…このボタンかな」

ぶいーん

大井「あ!やった!ついた!」

パスワードを入力して下さい

大井「」

このJK何歳かしらん

艦これしてるなら18歳の高校三年生じゃないかな?

※この作品の登場人物は全員18歳以上です。
な提督かもしれない

なんだろうこのSS読んでると心が痛い
なじることはないけどたまに熱くなるときあるから申し訳ない

(それは普通に病院に行った方がいいんじゃね?)

(心因性の狭心症やろうか)

(筑摩大明神)

なんやこの流れ

それって恋かも!!

いやないわ俺ホモだし

お前ら滑ってる

つるっつるっ

ウワアアァァ 三三(;ノ○Д○)ノ ツルッ・*・:∑ヾ(⌒(ノ○ω○)ノ ズシャァ─=≡_(⌒(_ )_

また髪の話してる…


大井「鎮守府に帰れない…どうしたら…」

大井「提督…早く帰ってきて」

大井「…提督のベッド」

ボフン

大井「暖かい…提督の匂い…」

大井「提督ー…」

スヤァ



JK提督「大井さん?大井さん?」

大井「ん…んん〜」

大井「あれ、私いつの間にか寝てた…」

JK提督「ずっとここで寝てたの?お母さんに見つからなかった?」

大井「て、提督〜…」

JK提督「ん?」

大井「帰ってくるの遅いんですよ!!私をここまで待たせるとは何事ですか!!」

JK提督「えー学校行ってたし、鎮守府帰ればよかったのに…」

大井「かくかくしかじかでお母様にパソコン消されちゃったんですよ!パスワードかかってて艦これ起動できないし!!」

JK提督「あちゃー…じゃあお詫びにこれあげる」

大井「…なんですか?その箱」

JK提督「ケーキ買ってきたの、一緒に食べよ?」

大井「なんでケーキなんですか?」

JK提督「ケッコンしたから…ウェディングケーキみたいに立派じゃないけど…」

大井「提督…」

大井「許してあげます」てれ

JK提督「ありがとお」ニマニマ

大井「うるさいです」

かわいい(かわいい)


JK提督「ねねっ!ケーキ入刀しよ!」

大井「入刀って…もう切れてるじゃない」

JK提督「カタチだけでも」

大井「はいはい、ナイフのそっち持って」

JK提督「大井さんの手…柔らけえ」

大井「提督の手も暖かくて好きですよ、北上さんには劣りますけど」

JK提督「ウェヒヒ、嬉しいであります」

大井「入刀しますよ」

JK提督「ケーキ入刀〜」

すっ

JK提督「…これでいいの?」

大井「…知りませんよ、やったことないんですもん」

JK提督「大井さんのケーキ入刀処女ゲット」

大井「そーゆー言い回しがいちいち気持ち悪いんですよ!」

北上「まぁ本物の処女はもう貰ってるけどね」


もぐもぐ

JK提督「美味しいね!ちょっと値段が高いだけはあるね〜」

大井「間宮さんのアイスの方が私は好きですけど」

JK提督「…」

大井「…す、すみません…今のは流石にデリカシーなさすぎました…」

大井「このケーキも美味しいですよ!」

JK提督「…」もぐもぐ

大井「あう…提督ごめんなさい…」

JK提督「…」ペト

JK提督「あー、あたしのほっぺにケーキついちゃったなあー」

大井「誰か、舐めとってくれないかなぁ〜」チラッチラッ

大井「…」

大井「んあむ」

ちゅむり

JK提督「んおっほう!大井さんの舌柔らかあい!もっと舐めて!」

大井「もう取れましたから!許してください!」

JK提督「余は満足、許そう」

提督(CV:悠木碧)

なんかわかる

なんか納得した


JK提督「そうだ、大井さん改二になろうよ」

大井「え?本当ですか!?」

JK提督「うん、ごめんね待たせちゃって」

大井「ついに来たのね!この日が!」

JK提督「じゃあここで脱いで」

大井「…はあ?」

JK提督「この前言ったじゃん、その緑のセーラー服が好きだって」

大井「ええ」

JK提督「改二になったら白いセーラー服になるでしょ?」

大井「ええ」

JK提督「緑のセーラー服消えちゃうでしょ?」

大井「ええ」

JK提督「だからここに残してって、改二になったらまた着てよ」

大井「…めんどくさい人」

脱ぎ脱ぎ

JK提督「おっほ!大井さんのお色気シーン!撮っていい!?」

大井「いい訳ないでしょ!!魚雷ぶち込むわよ!?」

JK提督「大井さんの魚雷であたしの処女奪ってくれるの??」

大井「気持ち悪いんですよ!!ほら!!これが欲しいんでしょ!?」

ボフッ

JK提督「オウフ、大井さんの制服!スーハースーハー…ええ匂いや…」

大井「さっさと改二にしてよ!寒いの!」

JK提督「大井さん下着姿いいなぉ〜…スーハースーハー…」

大井「早く艦これ起動してよ!におい嗅ぐのやめなさい!」

JK提督「合点承知の助」


鎮守府

ドロン

大井「あー寒い…早く工廠行かなきゃ…」

島風「お帰り〜…なんで裸なの?」

大井「変態アホ提督の秘書艦は大変なのよ」

JK提督『ぶーーーっ!?大井さんの絵が下着姿になってる!?凝ってるなこのゲーム!!』

吹雪「え?大井さんが下着姿?」

龍驤「大井はんも変態になったんかね」

大井「クソ提督!!!!」

大井「他のみんなに見つかる前に早く工廠行かなきゃ!!」

びゅーん

島風「はっやーい…」

>>86
>大井「誰か、舐めとってくれないかなぁ~」チラッチラッ
かわいい

>>92
流れ的にそれは提督のセリフなんだよなあ

>>93
また間違えてしもた
グダグダで申し訳ない…

>>94
人間だもの大丈夫大丈夫
乙乙ー


工廠

大井「ぜぇっぜぇっ…着いた…工廠…」

明石「大井さん改二の準備はできてますよー」

夕張「本当に下着姿だ〜、提督と何してきたの?」

大井「何もしてないわよ…早く改二に…」

JK提督『大井さん!改二にするよ!』

明石「さぁ、始めますよ」

夕張「準備はいい?」

大井「はい!」

ぽち



ドロン

大井「提督!ありがとうございます!ほら!改二になりましたよ!!」

JK提督「やったねー!」

大井「…なんで私の緑のセーラー服着てるんですか?」

JK提督「んはぁっ…大井さんの匂いに包まれて幸せ…」

大井「本気で気持ち悪いんですよそういうの!脱いでください!!」

JK提督「似合うかなー」

大井「その制服が似合うの北上さんと私だけよ!!それを私に着て欲しいんでしょ!?返しなさいよ!!」

JK提督「しばらく借りるー!あったかーい!いいにおーい!」

大井「変態アホ提督…」

大井「…ん?」

JK提督「大井さんの制服着ながら艦これ…最高だなぁ」

大井「…よっと」コソコソ


JK提督「北上さん演習行きますよー」

大井「んしょ…んしょ」ゴソゴソ

大井「お…あったかい、似合うかなぁ」

大井「提督の匂いする…」

JK提督「大井さん!北上さんが70になったよー!」

JK提督「…って、大井さん?なんであたしの高校の制服着てるの?」

大井「提督が私の奪ったから私も提督の制服奪ったんです」

大井「困りますよねー、この制服がなきゃ学校行けないですもんね、これ着たまま鎮守府帰っちゃおうかな〜」

JK提督「大井さん…」

大井「…はい?」

JK提督「大井さんのブレザー制服姿…イイ!!!!」

JK提督「写メらせて!!写メらせて!!新鮮だね!!大井さん超可愛いよ!!!!」

大井「この人はブレないなぁ本当に…」

この大井さん可愛すぎる・・・

大井さんもJK提督もかわいい……!


JK提督「ねぇねぇ鎮守府戻ってみてよ!」

大井「へ?いいんですか?」

JK提督「とりあえずその格好で戻ってみて!」

大井「は、はぁ…」

ドロン

JK提督「大井さんを旗艦に…」

JK提督「おおおおおお!?大井さんがウチの高校の制服着てる絵になってる!!!!!」

JK提督「本当によくできてるなぁこのゲーム…スクショ撮ろう」

JK提督「出撃させてみよーっと」

大井『重雷装艦、大井出撃します!』

JK提督「ブレザー大井さん可愛いなぁ…」



どかーん

大井『やだ、魚雷発射管がボロボロじゃない!』

JK提督「あっ、私の制服ボロッボロ…」

JK提督「まぁ入渠すれば直るよね!」

JK提督「…ウチの高校制服の中破絵大井さんエロイなぁ」



JK提督「大井さん入渠させてあげるね〜」

大井『完っ全に作戦が悪いのよ……あ、いえ、私がいつも至らなくてごめんなさい』

JK提督「わかってるよ大井さん、本当は
あたしのこと愛してるって言いたいことくらい!ぬふふ」

JK提督「バケツ使ってあげるね」

JK提督「…」

JK提督「あれ?大井さんの体力は回復したのに、制服がボロボロのまま…」

JK提督「なんで?え、なんで?」

カチッ

ドロン

大井「提督…」

JK提督「なんで…制服だけボロボロのままなの?」

大井「妖精さんがコッチの世界の服は直せないし作れないって…」

JK提督「……………ぇ」

wwwwww

バカめと言って差し上げますわ

とりあえず提督に中破制服着せよう

大井の中破グラ並に破損してたら、もうどうしようもないな

改二になる前なら何とかなったかもしれない

\(∵)/オワタ


JK提督「え、え、…どうしよう…明日学校…お母さんになんて説明……うあ、調子乗りすぎた…泣きそう……」

大井「て、提督…」

JK提督「大井さんは何にも悪くないよ!!なんかごめんね!…あぁ、情けないなぁ…あたし……どうしよう…」

大井「…」

JK提督「大井さんごめん寒いよね、はい緑のセーラー服返す…そのボロボロのはそこら辺に脱ぎ捨てといて…大井さんはなんも気にしなくていいから…」

大井「あの、提督」

JK提督「大井さん鎮守府戻っていいよ!あたしテンションだだ下がりになるとウザいから…どうにかなったらまた会おうね…へへへ…」

大井「提督!嘘ですよ!からかったんです!」

JK提督「…んへ?」

大井「どんな艤装も作ったり直したり出来る妖精さんならこの制服も簡単に作れますよ」

JK提督「……そおなの…?」

大井「そーですよ!何にも心配することないですよ!」

JK提督「よ…よかった…」

JK提督「大井さああああん!!」

だきっ

大井「チョット!抱きつかなくても…!」

JK提督「うええええええええええん」

大井「ごめんなさいね提督、いつもイジられてるから私もしてみたくて」

JK提督「大井さんになら何されてもいいよおおお」

大井「でもメチャクチャ焦ってた提督、可愛かったなぁ」ウットリ

JK提督「そりゃ焦るよー!」

大井「よしよし、もう大丈夫ですよ」

なでなで

JK提督「えへへ」

大井さんからSの片鱗が…

そこには夜なべして制服を縫い始める大井が!

バケツで直せなかったのは事実っぽいしなぁ


翌日

JK提督「妖精さんに直してもらった制服…すごい綺麗になって気持ちいい…」

JK提督「わーい」くるくる

JK提督「今日も学校行く前に北上さんの演習レベリング始めますよー」

JK提督「…ん?あれ?すずやんがあたしの制服着てる…?」

ドロン

大井「おはようございます、提督」

JK提督「おはよう愛しのマイハニー」

JK提督「てか大井さん、なんですずやんがあたしの制服着てるの?」

大井「あぁ、それは昨日私が提督の制服着て鎮守府戻ったときに鈴谷さんが『チョー可愛い!鈴谷も着てみたーい!』って」

大井「それで妖精さんに頼んで作ってもらったらしいです」

JK提督「ほへぇ…流石すずやん、高校の制服が似合うこと」

大井「あと暁も着てましたね」

JK提督「あはあー!暁ちゃん可愛いー!高校の制服着るとレディーに見えるよー!」

JK提督「あれ!むっちゃんも着てる!!」

大井「あっ」

JK提督「なんかむっちゃんに高校の制服は無理ある感じだね!!」

大井「ちょっと提督!!」

JK提督「あれ?むっちゃん元の絵に戻っちゃった」

大井「陸奥さんがスネて脱いじゃったんですよ!!陸奥さんに謝ってください!!」

JK提督「むっちゃん…ごめん…」

無理がある(胸のサイズ的に)

だってBB……

むっちゃんには大人もののシックな奴を着せてみたい

たてセタが似合うなきっと…

むっちゃんはスーツ着てほしい

今更だけど艦これSS書くときはめる欄にsaga入れた方がいいですよ
愛宕のお姉さんの名前とか加賀さんのセリフとかがおかしなことになる

むっちゃんはね、大人だからね、制服似合わなくても仕方ないね

saga推薦ですか、承知です


JK提督「じゃああたし学校行ってくるね〜」

大井「なら私も鎮守府に帰ろうかしら」

JK提督「あ、そうだ」

JK提督「今日はお母さんもう出かけてて夜まで帰って来ないから、この部屋居ても大丈夫だけど」

大井「本当ですか?…じゃあ提督が帰ってくるまで、私が提督になって艦これしてていいですか?」

JK提督「いいよー!」

大井「ありがとうございます!私、頑張ります!!」

JK提督「じゃあ行ってくるね!」

大井「行ってらっしゃいませ!」

ガチャン

大井「…」

大井「…」カチッ…カチッ…

大井「んふふ」カチッ

北上『うああ〜、大井っち身体触るのやめてよ〜、……って、提督じゃん、何やってんの?』

大井「んはぁ〜!今日も北上さんは可愛いですね〜!」

カチッ…カチカチカチカチ…

北上『うああ〜、大井っち身体触るのやめてよ〜、『うああ〜、大井っち身体触るのやめてよ〜、『うああ〜、大井っち身体触るのやめてよ〜、『うああ〜、大井っち身体触るのやめてよ〜、『うああ〜、大井っち身体触るのやめてよ〜、……って、提督じゃん、何やってんの?』

大井「んもーー!!!幸せですぅーー!!北上さああああん!!」

北上(大井っちも提督も似た者同士だねぇ)


夕方

ガチャン

JK提督「ただいまー、大井さんいるかな?」

大井「…」

JK提督「いた、大井さんー?ずっとパソコンやってると目が悪くなっちゃうよ?」

大井「提督…私やりました…」

JK提督「ん?どうしたの?」

大井「見てください!!」

JK提督「ん〜?」

長門『私が戦艦長門だ、よろしく頼むぞ、敵戦艦との殴り合いなら任せておけ』

JK提督「おええええええ!?長門だ!!!どうしたのこれ!?」

大井「北上さんのレベリング中にドロップしたんですよ!!」

JK提督「艦これを始めて一年…我が鎮守府にやっと長門が…」

大井「褒めてください!褒めてくださいよ!」

JK提督「よくやった!よくやったよ大井さん!大好き!!愛してる!!」

大井「ありがとうございます!!私も大好きです愛してます!!!」

JK提督「きっと北上さんが連れてきてくれたんだね!!」

大井「そうですよ!絶対そうですよ!!北上さんありがとう!!北上さあああああん!!」

長門(随分賑やかだな…)

次は大和型戦艦だね(にっこり)

大和…大型建造…資材…うわぁウワアアアア

くっそわいいなこれ

提督も大井っちも可愛い


数日後…

ドロン

JK提督「大井さん!おひさ!」

大井「もう!なんで最近呼んでくれないんですか!」

JK提督「ごめんね、最近忙しくて…」

大井「まぁ毎日の遠征演習、任務消化と北上さんのレベリングを欠かさずやってくれてるので文句はないんですが…」

JK提督「大井さん最近疲れてるだろうし鎮守府でゆっくりして欲しかったのよ〜」

大井「変な気遣いは要りません!というか提督といるほうが癒されるんですから!」

JK提督「北上さんは?」

大井「北上さんに迷惑ばっかりかけられないの!最近レベリングで忙しそうだし!」

JK提督「そうかそうか、そんなにあたしの事が好きなんだねぇ」

大井「否定はしません!」スパァン!

JK提督「イタイ!幸せ!」

大井っちのデレが加速していく

でれっでれやなぁ


JK提督「最近の鎮守府の様子はどう?」

大井「良い感じですよ、長門さんが来てくれて戦力もアップしましたし、陸奥さんも喜んでるし」

大井「今までより毎日が楽しいです!提督もコッチに来れたらいいのに…」

JK提督「みんな幸せならあたしは満足だよー」

大井「そんなんで満足しないでくださいよ!みんな提督に直接感謝したいって言ってるし、提督もそれに答えなきゃ!」

JK提督「でもあたしは鎮守府に行けないよ〜」

大井「んもぅ」

JK提督「お菓子食べる?ジュースは何がいい?」

大井「…提督、大切なお話が…」

JK提督「どしたの?改まって」

大井「お願いがあります」

JK提督「…うん」

ざわ・・・

ざわ…。

ざわわ……

ざわわ ざわわ ざわわ~


二日前、鎮守府会議室

大井「…次回のイベント海域について、意見のある者はいますか?」

五十鈴「はい」

大井「五十鈴」

五十鈴「提督はイベント海域にはあまり興味を示しません」

五十鈴「今までのイベント海域攻略もあまり意欲的ではなく、クリアしてもE-1かE-2くらいです」

五十鈴「しかしもっと深い海域をクリアすれば、より強力な装備や艦娘を手に入れられます」

五十鈴「それらを手に入れられれば我が艦隊は益々強くなり、提督の役にも立てます」

五十鈴「イベント海域の攻略は最深部まで全力でやるべきです」

大井「…五十鈴の意見に反対の者は」

大井「…いないみたいですね、イベント海域攻略に全力をあげましょう」


大井「しかし提督はあまりイベント海域には興味ない様子です、提督が生半可な気持ちで攻略出来るかどうか」

吹雪「ハイ!」

大井「吹雪」

吹雪「はい、確かに提督はイベント海域に興味を持たれません!」

吹雪「それは私たちもイベント海域に本気にならなかったからだと思います!私たちが本気で攻略したいという気持ちを提督にわかっていただけたら、提督も本気になってくださると考えました!」

大井「なるほど…私の気持ち次第で提督が動いてくれるということね」

利根「ハイ」

大井「利根」

利根「イベント海域攻略に提督が本気になるということは我輩たちに大きな力になるのじゃ!…であります!」

利根「提督は決して我輩たちに対して絶対に罵詈雑言は浴びせません!どんなに攻撃を外そうと中破大破しようとも!」

利根「それどころか激励や慰めの言葉をかけてくださいます!それは我輩たちにかなりのプラスの力になります!」

利根「我輩たちにとって、提督の存在は必要不可欠であります!」

大井「その通りです、提督にはイベントに本気になってもらいましょう」

この議論が足踏みする感じすき


大井「ではイベント海域攻略に我が艦隊に必要なもの、足りないモノはありますか?」

加賀「はい」

大井「加賀」

加賀「イベント海域の航空戦はかなり過酷です、空母面の強化が必要です」

加賀「制空権争いだけではなく敵艦への攻撃も重要です」

加賀「しかし空母は中破してしまうと艦攻艦爆を使っての攻撃ができなくなります、これは空母にとってかなりの痛手です」

加賀「中破していても攻撃機が発艦可能な、装甲空母を実装すべきです」

大井「装甲空母の実装…簡単ではありませんね…」

金剛「ハイハーイ!」

大井「金剛」

金剛「空母もそうデスけどやっぱり戦艦のハイパワーが必要ネ!」

金剛「残念ながらワタシたち金剛型は火力特化じゃないネ」

金剛「ナガモンやムッチャンもベリーストロングだけど、敵戦艦もベリーストロングデース」

金剛「もっともっとベリーベリーストロングなバトルシップが必要ネー!!!」

大井「つまり…大和型の実装…と」

金剛「イエース!!」

大井「確かに大和型の火力は是非とも我が艦隊の物にしたいですね…」

大井「わかりました」

大井「次回イベント海域の徹底攻略、そして大型艦建造の実施を私が責任を持ってお願いします」

陸奥「大井秘書艦、今回の提督への説得は大変だと思われますが…何か手は?」

大井「任せてください…」

陸奥「秘策があるのですか?」

大井「…」

大井「提督にキスしてお願いしたらやってくれそうな気がします!!!」

一同「………」

北上「あーい、あとは大井っちに頑張ってもらおー!かいさーん!」

北上さんドライ!

大和型と大鳳が出るまで大型をまわせと……ひえー(比叡並感)

情けないほどにチョロそうだなJK提督

嫁に同じ事されたら資材とサイフポイント溶かしてでも大和さん召喚する自信があるわ

大和なら俺の隣で寝てるよ

実装じゃなくて獲得とかのがベターではないか


大井「提督…次回のイベント海域、本気で攻略したいです」

JK提督「あ、あたしもそう思ってたの!今までテキトーに流してたからなぁ」

大井「本当ですか!助かります!」

大井「それで…やはりイベント海域は強力な敵が沢山います、こちらも強力な艦を…」

JK提督「長門くんも北上さんもレベル上がってきたし、大丈夫でしょ!」

大井「いや!足りません!もっと強力な艦を…!」

JK提督「長門くんより強い子って大和しかいないじゃん」

大井「…大型艦建造の実施を求めます」

JK提督「無理だよ!大量に資材を投資しても絶対に大和が出るとは限らないんだよ!?」

JK提督「資材が勿体無いよ!それなら今いる子たちの為に使うよ」

大井「提督!お願いします!皆で決めたんです!」

JK提督「…」

大井「…キスしてあげ」

JK提督「じゃあ大井さんやってよ」

大井「へ?」

JK提督「あたし怖くて出来ないもん」

大井「いや…私も失敗したらと思うと…」

JK提督「じゃあやらなくていいじゃん!お菓子たべよーよー」

大井「あ…う…」

>>140
俺も嫁艦にしてもらったら貯金全部消えそう

建造ボタン押すのは怖いよね でも慣れると資源を溶かすのが気持ち良くなるよね


翌日

JK提督「じゃあ学校いってくるね!」

大井「行ってらっしゃいませ…」

JK提督「ばいばーい!」

ガチャン

大井「…」

大井「…」

大井「…」

カチッ…カチッ…



鎮守府

明石「ん?大井さん、大型艦建造しようとしてる」

夕張「提督は?」

明石「学校行ったはずだけど」

夕張「提督に黙って大型艦建造はマズイんじゃないかな…」

明石「だよねだよね!?でもマウス操作には逆らえないよー!!」

夕張「大和型レシピ回す気だ…」

明石「やばいって!大井さん止めて!」

夕張「あっちの世界にいる限りコッチじゃ何もできないよー!」

明石「どうしたら…」

夕張「あ!島風ちゃん!!」

島風「んー?どうしたの?」

夕張「ダッシュでアレ見つけてきて!!お願い!!」

島風「アレ?」

資材は溶かすものだろ?(遠い目


明石「ダメダメ!!もう8回も失敗してる!!資材無くなっちゃうよ!!!!」

夕張「大井のヤツどうしたのよ!?なに焦ってんのよー!!」

明石「島風ちゃんまだかな…!」

夕張「あ!きた!!」

島風「おっおーい!!!見つけてきたよー!!」

妖怪猫吊るし「?」

明石「どうやって見つけたのコレ」

夕張「お願い!!猫って!!!」

妖怪猫吊るし「!」ぴかーん



大井「…また、失敗…」

大井「次こそは…」

大井「…あれ?」

大井「猫った…」

大井「なんでだろ…」

大井「ログインし直さなきゃ…」

大井「…」

大井「あれ?いつの間にか資材が無い…」

大井「ウソ…」

大井「私…なに焦って大型ぶん回して…」

大井「提督がいない間に取り返しのつかないことやっちゃった…」



明石「…間に合わなかった」

夕張「見事に全部溶かしたわね」

島風「ごめん、もっと私が早く猫連れてくれば…」

明石「島風ちゃんのせいじゃないわ」

利根「おーい!!資材がスッカラカンなんじゃが、なにがあったのじゃ!?」

龍驤「これは只事じゃないでー!!」

陸奥「…マズイわね、イベントどころじゃないわ」

レシピあるから・・・2回くらいで出ないときは や め ろ 資材が溜まれば(遠征と時間回復)、またできるから(白目)


ガチャン

JK提督「たっだいまー!愛しの大井さーん!」

JK提督「…」

JK提督「なに土下座してるの?」

大井「提督、申し訳ございません」

JK提督「いやいや顔上げてよ、可愛い顔が見えないじゃん」

大井「本当に申し訳ございません」

JK提督「ねぇ、どうしたの?」

大井「…」

JK提督「…ん?」

JK提督「あれぇ!?資材がない!?なんで!?」

大井「…」

JK提督「まさか大型建造やったの!?」

大井「はい…」

JK提督「大和出た?」

大井「すべて…失敗です…」

JK提督「…」

大井「提督に黙って勝手に建造してしまって申し訳ございません」

JK提督「まぁ…やりたければやっていいよって言ったのあたしだし…責めないけど」

JK提督「資材もまた集めればいいし」

大井「…」

JK提督「…さて、勉強しなきゃ」

大井「提督…遠征出さないんですか?」

JK提督「…キラ付けめんどくさいし、やらなきゃいけない宿題もあるから」

大井「提督!私はどんな罰でも受けます!!だから他の艦娘は見捨てないでください!!」

JK提督「別に見捨てた訳じゃないし大井さんにも何もしないよ、ただあたしの本業は学業だから、これは疎かにはできないよー」

JK提督「大井さんやっていいよ、艦これ」

大井「うぐっ…!」

大井「ううっ…」ポロポロ

JK提督「…」カリカリ

大井「うううう…」ポロポロ

大井「皆さん…ごめんなさいっ…ごめんなさいっ…!」ポロポロ

JK提督「…」カリカリ

ドロン

JK提督「…」カリカリ

JK提督「…」

JK提督「…電気代勿体無いし、パソコン消すかな」

ひ、ひえー

控えめに言って大井さんの立場がヤバイ

ヒエー!

まあ、そうなるな

どうすればいいか分かるよね?(ニッコリ)

資材は課金で手に入る
大井さん
後はわかるね?


瑞鶴「…平和ねぇ」

加賀「…そうね」

瑞鶴「…こんな気持ち悪い平和は初めてだわ」

加賀「提督がいなければ私たちは何も出来ない、海域にも行けないから必然的に平和になってしまうわ、敵も向こうからは攻めてこないしね」

瑞鶴「大井もあれから引きこもったまんま、提督も何週間もログインしてこない…つまんない!」

加賀「私が…装甲空母が欲しい何て言うから…」

瑞鶴「まだそれ言ってる!アンタのせいじゃないって言ってるでしょ!?」

加賀「じゃあ誰のせい?大井のせいだって言うの?」

瑞鶴「…大井のせいでもないわ、あの子は秘書艦の仕事をしっかりこなしてたもの」

瑞鶴「それ故、焦りも出ちゃったのね」

加賀「誰も大井を責めてないのに、勝手に引きこもっちゃって…馬鹿な子」


金剛「…」ずずっ

金剛「…紅茶、あまり美味しくないネー…」

陸奥「私も一杯もらえるかしら?」

金剛「oh、ムッチャン、あげるネ」

陸奥「…」ずずっ

陸奥「美味しいじゃない、なんで金剛は美味しくないのかしら」

金剛「紅茶の美味しさはその時の気分で味が変わるデース…」

陸奥「もしかして大型艦建造を推薦したこと、まだ引きずってるの?」

金剛「ワタシのせいで…大井ッチは…」

陸奥「あなたも加賀も、責任を感じる必要はないのよ!」

陸奥「この世界は…運が全てなんだから…」

陸奥「たまたま運がなかっただけよ、あのときの大井は」

陸奥「誰のせいでもないわ」

金剛「…悲しい世界ネー」


北上「大井っちおはよ〜」

北上「朝ごはん持ってきたよ〜」

北上「む…大井っち、昨日の夜ごはん食べてないねぇ」

北上「食欲なくても食べないと体に毒だよ?」

北上「朝ごはんここに置いておくから、ちゃんと食べてね?」

北上「…」



五十鈴「…大井は相変わらずなの?」

北上「そだね、どーしたものか…」

五十鈴「…北上、目が赤いわよ」

北上「あ、あれ?目にゴミが入ったとき擦りすぎたかな…」

五十鈴「…あなたもツライわよね、一人でかかえ込まなくていいのよ」

北上「…大井っちのことは私が一生守るって決めたもん」

北上「大井っちがどうなっても、私は一生大井っちの隣にいる」

五十鈴「…」

五十鈴「なんか、五十鈴が泣きたくなってきたわよ…」

マジレスすると大和艦出なかったのはこのssを書いてる者、つまり>>1が悪いんだ

>>1に落ち度はないだろう
1年かけても出ない奴なんだから仕方ない

そもそも大和って未実装でしょ?(曇りなき瞳)

吹雪「提督」

吹雪「提督は大井さんのこと、もうどうでもよくなっちゃったんですか?」

吹雪「そんなわけないですよね」

吹雪「提督は大井さんのこと、大好きなんですから」

吹雪「私はハッキリ覚えてます、提督と大井さんが初めて出会った時のこと…」



JK提督「とりあえずこの建造ってやつをしとけばいいのね?」

JK提督「待てない、バーナー使っちゃえ〜」

JK提督「fire」

吹雪『あっ、新しい仲間が来たみたいですよ!』

JK提督「誰かな〜」

大井『こんにちはー、軽巡洋艦大井です、どうぞよろしくお願いしますね』

JK提督「!?」

JK提督「うわあ出た!!!大井さん!!!この子目当てでこのゲーム始めたから嬉しいなぁ!!!すごい可愛い!!!」

JK提督「初めまして!よろしくね大井さん!!」

JK提督「吹雪ちゃんも大井さんを連れてきてくれてありがとうね!」



吹雪「提督が大井さん目当てで艦これ始めたこと、今でも覚えてます」

吹雪「もし提督が大井さんを好きにならなかったら」

吹雪「それは提督が提督にならなかったということです」

吹雪「提督が存在しなかったら」

吹雪「この世界の私も北上さんも陸奥さんも金剛さんも利根さんも龍驤さんも五十鈴さんも加賀さんも瑞鶴さんも…」

吹雪「明石さんも夕張さんも島風ちゃんも、みんなみんな存在しませんでした」

吹雪「提督と大井さんが出会わなければ、この世界も存在しませんでした」

吹雪「だからこれから先もずっと…この鎮守府には提督と大井さんが必要なんです」

吹雪「お願いです提督…戻ってきてください」

吹雪「大井さんのことを…ずっと愛してあげて」

重い・・・

ま、大型建造で資材溶かしゃ1,2週間は放置するわな。資源回復的な意味でw

資材なんて3日くらい張り付いてキラ付け遠征出してれば戻ってくるからへーきへーき
まあ今回はそんな問題じゃなさそうだけど

大型建造ですか……いいか?吹雪、大型建造っていうのは裕福な鎮守府がやることなんだ
だからうちの泊地ではできないんだよ、分かるか?

??「無理っていうのはですね嘘つきの言葉なんです」

>>165
そりゃそうだわなwwwwww

憲兵さん>>168はこっちです!!!

深刻さは時期で変わってくるな、最近は資材2万だと足りない

二万でE-4まで行けた(白目)

提督「メンテだから入りたくても入れないんだよなぁ…」

何週間も続くメンテとは一体


学校、昼休み

友人1「ねえねえ!聞いてよ!!昨日大型建造で大和が出たのよ!!!」

友人2「本当!?いいなぁ…ウチの鎮守府に大和はいつ来るんだか…」

JK提督「…」

友人1「次はビスマルク狙うわ!!」

友人2「資材溶かすなよ〜?あ、ウチ、叢雲とケッコンしたんだぁ」

友人1「マジで!?よく駆逐艦を99まで出来たわね…」

友人2「愛だよ愛、最初に選んだ時から叢雲には一目惚れよ!」

友人1「そーいえばアンタは大井とケッコンしたのよね」

友人2「アンタの大井好きは尋常じゃなかったけどね〜」

JK提督「…うん、でも最近会ってないなぁ…」

友人1「会ってない…?」

友人2「あぁ、ログインしてないってこと?」

JK提督「まぁ」

JK提督「どう?叢雲ちゃん可愛い?」

友人2「え?そりゃ可愛いけど…」

JK提督「あたしもよく大井さんと一緒にお菓子たべたりイチャイチャしたりしてたな…」

友人1「………は?」

友人2「何言ってるのこの子」

友人1「大井が好きすぎで変な夢でも見てるんじゃないの?」

JK提督「え?ケッコンした艦娘ら図鑑のボタン押したら画面から出てくるじゃん」

友人1「………」

友人2「………」

友人1「大丈夫?アンタ熱でもあったんじゃないの?幻覚みてるんじゃない?」

友人2「アンタの大井好きはわかったから、意味不明な発言はやめよ?」

JK提督「え?だって出てくるじゃん」

友人1「…私ケッコンしてないからわかんないけど、そんなボタンあんの?」

友人2「あるわけないじゃん!画面から艦娘が出てくるなんてありえないでしょ!!」

友人1「アンタ、進路に悩んでるからって変な道進んじゃダメよ」

友人2「ウチらで良ければ相談にのるから!現実逃避はやめよーな?」

JK提督「…え、だって…あれ?」

JK提督「………本当にあたしの…妄想だったのかな…」

そりゃ愛が違うからね

もしサービス終了しちゃったら艦娘たちはどうなっちゃうんだろう


帰宅後

JK提督「…大井さんとの思い出が妄想な訳ないよね」

JK提督「だってこの部屋で一緒にお菓子たべて…イチャイチャして…」

JK提督「この制服だって一度ゲームの中でボロボロになって…それを妖精さんが新品同様に直してくれて…」

JK提督「…それが全部あたしの妄想なんて…ありえないよね」

JK提督「今、ログインすればわかるじゃん」

JK提督「あのボタンを押せばドロンって大井さんが来てくれるよ」

JK提督「…」

JK提督「…あ」

JK提督「メンテナンス中…」

JK提督「そういえば今日からイベントかぁ」

JK提督「…また後でログインしよ」



翌日、学校

JK提督(結局昨日はログインしなかったな…今日帰ったらしよう…)

友人2「うぐっ…ぐすっ…」

友人1「…また育てればいいだろ?な?」

友人2「もう…艦これやめる…」

友人1「…」

JK提督「おはよう、…どうしたの?」

友人1「あ!アンタは大丈夫だったの!?」

JK提督「なにが?」

友人1「なにが…って知らないの!?艦娘解体事件!!ネットでも騒がれてるよ!!」

JK提督「艦娘…解体事件?」

友人1「ハッキングで艦これアカウントとパスワードが流出したの!それで次々不正アクセスして艦娘をどんどん解体してくっていう悪質ないたずらよ!!」

友人1「私はそれ知ってすぐにややこしいパスワードに変えたら大丈夫だったけど…この子は気付いたらケッコンした叢雲が解体されてて…」

友人2「…うぅ」

JK提督「…!」ダッ!!

友人1「ちょっと!どこ行くの!?パソコン室のパソコン使いなさいよ!!」

JK提督(大井さん…っ!!)

酷すぎる
悪魔の所業

でも実際あったらロールバックとかになるんかね

そんなの実際にあったの!?

全体ロールバックが現実的ではある

やはりスタンド攻撃をもってして救いをもたらすしか

実際にあるよね
ちょいちょいそういう話聞く
なお余程のことがない限りロールバックされない模様
パスワードは小まめに変えような

>>181
ねーよハゲ

どっちだよ


北上「…大井っち」

北上「そろそろ出てきてよ」

北上「みんな大井っちに会いたがってるよ?」

北上「まぁ大井っちに一番会いたいのは私だけど」

北上「好きな人の顔が見れないって結構ツライんだよ?」

北上「大井っちも、提督の顔しばらく見れてなくてツライだろうからわかると思うけど」

北上「私、大井っちに会いたいなぁ」

北上「最近提督も来ないし、レベリングも止まっちゃったからヒマなんだよ」

北上「大井っちがいないと退屈なんだよ〜」

北上「…」

北上「…ん?」

北上「電探に…大井っちの反応がない…?」

北上「大井っち!?いるの!?いるならドアをあけて!?返事をして!?」ドンドン

北上「大井っち!?大井っち!!!」ドンドン

陸奥「ちょっと北上、どうしたのよ」

北上「むっちん!大井っちの反応がないの!!」

陸奥「なんですって?…扉ぶち破るわよ、離れて!」

どばん!!!

北上「大井っち!!」

陸奥「大井!?」

陸奥「…いない」

北上「なんで…」

北上「…これは、今日の朝ごはんの食器」

陸奥「ということは朝まではこの部屋にいたのね」

北上「大井っち…どこ行ったの…」

oh...

まさかな……

不正ログインでも提督が来るからわかるだろ

ハッピーエンドがいいなぁ

>>190
スクリプトで片っ端から秘書艦を消したのでは?

この二人には幸せになってほしい


陸奥「全空母に告ぐ!!偵察機を発艦させて鎮守府周辺、及び鎮守府周辺海域を探せ!!絶対に大井を見つけるのよ!!」

瑞鶴「本当にどれだけ迷惑かければ気が済むのよあの子は!!」

加賀「絶対に連れ戻します」

龍驤「提督が帰ってくる前に捜しださないとヤバイでー!!」

吹雪「私たちはどうしたら…!」

響「足で捜すしかないな…」

島風「そうと決まればすぐに行くよー!!」



利根「はぁっ、はぁっ…どうじゃ?見つかったか?」

吹雪「鎮守府内にはいませんね…」

五十鈴「裏の山にもいなかったわ…」

龍驤「周辺海域に飛ばした偵察機も見つけてこなかったわー…」

陸奥「本当っ…、どこ行ったのよ!」

北上「…」

鈴谷「諦めないで!!見つかるまで捜すんだっつーの!!」

暁「そうよ!!ここで諦めたらレディーじゃないわ!!!」





加賀「あんなに…偵察機を飛ばしたのに…見つからないなんて…」

瑞鶴「海にはいないってことかしら…」

龍驤「どっちにしろ夜になったらウチらは役立たずや、夜は軽巡、駆逐に任せるしかないやろ…」

陸奥「…大井…」

金剛「ワタシ、また捜しに行ってくるネ!!」


翌日、朝

金剛「ぐえっ…疲れたネ…」ドサッ

吹雪「一晩中捜したのに…」

五十鈴「ダメ…もう立てない…」

加賀「皆さんお疲れ様でした、これからは私たち空母が捜します」

龍驤「しっかり休んでやー!」

瑞鶴「お願い偵察機!今日こそ大井を見つけて!」

陸奥「大井がいなくなってから丸一日…全艦隊が総力をあげて捜してるのに見つからないなんて…」

陸奥「……消えちゃった…とか…?」

北上「……」

陸奥「あ、ごめんなさい北上」

北上「いいよ別に、だって本当に消えちゃったんだもん…」

陸奥「……」

実際あっただろ…ツイッターで騒いでる提督居たし
検索すれば出てくるぜ

あれはリスト型ハック喰らったんじゃなかったか?
リスト型の場合はDMMに全て責任があるとは言い難いからなあ
DMMのセキュリティ抜かれて大量被害出るんじゃなきゃこの事例とはちょっと違う

調べた
今年になってからの事件かよおっかねぇ…

俺も調べてからパスワード複雑なのに変更した

逆に変える前ってそんなに簡単だったの?


北上「提督と大井っち、大切なものを二つ失ったこの鎮守府はもう終わりかもなぁ…」

陸奥「あなたが諦めてどうするのよ!!大井に会いたいんでしょ!?」

北上「だって…だって…」ぐずっ

ドロン

大井「あ、北上さん」

北上「うぅ…、え?」

陸奥「は?」

島風「あー!大井っちゃん見っけ!!」

加賀「へ」

五十鈴「えぇ!?」

金剛「Why!?」

大井「皆さんもオソロイで…」

北上「大井…っち…?」

陸奥「あなた…!!」

陸奥「……今まで、どこ行ってたのよっ!!!!!」

大井「ひぃ!?ごめんなさい!提督の部屋です!!」

陸奥「提督の…部屋ぁ?」

陸奥「もっと…わかりやすく説明しなさい…!」

大井「はいぃぃ!!」

大井「昨日の朝の話なんですが…」

ほのぼのスレから胃が痛くなるスレに…

大丈夫、胃痛はどっかとんだぞ

朝までレズってた?(乱視

憲兵さん録画しておきました!


大井「ふぅ、ご馳走様でした…」

大井(北上さん…食事を運んでくれるたびに私に声かけてくれて…)

大井(でも私はどんな顔して皆さんに会えばいいか…)

大井(…私は今では存在するだけで皆さんに迷惑をかけてしまう…)

大井(いっそ…沈んで消えてしまいたい…)

ドロン

大井「…え?」

大井「あれ?ここどこ?…提督の部屋?」

ぎゅうううう

大井「おわっぷ!?苦しッ…、あれ?提督!?」

JK提督「……」ぎゅうう

大井「提督…どうしたんですか…?」

JK提督「大井さん…!よかった…!」

大井「提督?」

JK提督「解体されてなくて…よかった…!」

大井「か、解体…?」

JK提督「おおいさああああああああん…」ぐずぐず

大井「…私は大丈夫ですよ」

JK提督「…」

大井「…」

JK提督「…大井さん」

大井「…なんですか?」

JK提督「クサい」

大井「んぇ!?」

JK提督「お風呂全然入ってないでしょ、臭うよ?髪の毛もギシギシだし」

JK提督「うちのお風呂に入ってって」

大井「は、はい…」

JK提督「あたしはパスワード変えないと…」

まあこれで皆もパーソナルセキュリティに大切さがわかっただろう
パスワードを出来るだけ破られない為には
・パスワードはアルファベットと数字を交互に、ランダムに桁数一杯までに設定する
(例: 8桁までならr5Z6b3p9とか)
他の記号も使えるなら使う…@とか、_とかは使えることも多い
間違っても意味のある言葉は含まない事、ユーザ名の一部と誕生日なんてのは最悪

・パスワードを使い回さない
Webメールと艦これとスマホアプリストアなど、それぞれ別のパスワードを設定しよう
定期的にパスワードは変えよう

・そんなことしたら絶対にパスワードなんて忘れるので、紙に書いてパンツが入ってる引き出しにしまっておこう
誰かに在り処を教えたら絶対にダメだ

これらのことをしても完璧では無いですので、小まめにハックされてないかチェックしましょう
あまり使ってないサービスは危険ですのでアカウント消しちゃいましょ

>>207
長文気持ち悪い

触るなよ


ちゃぽん…

大井「ふぅっ…」

大井「久しぶりのお風呂…」

大井「…」

JK提督「大井さん、おっぱい大きいね…いいなぁ」

大井「…提督もなんでいるんですか、てかこの湯船に二人は狭いですよ」

JK提督「いいじゃないか、ケッコンしてるんだから」

大井「…」

JK提督「…」

大井「…提督、大型建造の件、本当に申し訳ございませんでした…」

JK提督「まだ気にしてるの?もういいよそんなこと」

JK提督「艦これもしばらく放置してたし、資材もある程度溜まってきたでしょ」

大井「…」

JK提督「それより…あたしのほうこそごめなさい…勉強面でイライラしてて…」

JK提督「大井さんに冷たくあたっちゃった…」

大井「いいんですよそんなの!提督はいつも笑顔が素敵で、イヤな顔なんて一切しません!」

大井「でも…ストレスを溜めるのはよくないです…私で良ければ、相談にのります」

JK提督「大井さん!」ちゃぷん

ぎゅうう

JK提督「大好き、これからもずっと…一緒がいい」

大井「私も提督が大好きです、私は一生提督の隣にいます」

ぎゅうう

JK提督「…」ぐす

大井「…ふふふ」うるっ

JK提督「…大井さんのおっぱいが当たって柔らかくて気持ちいい」

大井「…」

大井「…提督、無いですもんね」

JK提督「…」

JK提督「…おっとっとー?大井さん、あたし結構気にしてるんですけどー?この湯船の底に沈みたいのかな?」

大井「重雷装巡洋艦に水上で喧嘩売るなんて、百万年早いですよ提督」

JK提督「九三式酸素魚雷やっちゃってよー!」

こちょこちょこちょ

大井「ちょ!提督!あははは!危ないですってこんな狭いところで!あは、あははははは!!」バシャバシャ



JK提督「風呂上がりの牛乳は最高だね!…まだ午前中だけど」

大井「お風呂入ったはずなのに疲れたわ…」


大井「てか提督、学校は?」

JK提督「サボっちゃった!だって大井さんに会いたかったんだもん!大丈夫だよ一日くらい!」

大井「そーですか…」

JK提督「大井さんは大丈夫なの?」

大井「何がですか?」

JK提督「鎮守府」

大井「あっ」

JK提督「ダメみたいねー」

大井「…皆さんに会わせる顔がありません」

JK提督「なら今日一日ここでゆっくりしていけばいいよ!なんなら泊まってく?」

大井「いいんですか!?」

JK提督「たりめーよ!新婚初夜だね!」

大井「新婚…初夜…」

JK提督「なに考えてるの?大井さんスケベだなぁ」

大井「な!何も考えてないですよ!!」



大井「さっき言ってた、解体ってなんですか?」

JK提督「…悪質なイタズラだよ、他人の鎮守府に不正ログインして艦娘を解体しちゃうんだってさ」

大井「なにそれ!?ヒドイ!!」

JK提督「友達のケッコンした艦娘が解体されちゃったらしくて、急いで帰ってきたの」

JK提督「…無事でよかった」

大井「ウチの鎮守府は大丈夫なんですか!?」

JK提督「間に合ったみたい、難しいパスワードに変えたからもう安心だよ」

大井「なら、よかったです」




JK提督「さぁ、寝るよ!」

大井「シングルベッドに二人はキツくないですか…」

JK提督「狭いならくっつけばいいでしょう!ホレ!近う寄れ近う寄れ!」

大井「わ、提督の匂いでいっぱい…」

JK提督「さぁ、新婚初夜の始まりだ!」

大井「新婚初夜ってそんなテンションで開始されるんですか…?」

JK提督「しらなーい!でも大井さんとくっついて寝れるなんて幸せー」

大井「…私もですよ」



大井「私、明日になったら皆さんに会って謝ります」

大井「許してくれないかもしれないですけど…秘書艦を辞めろと言われるかもしれないですけど」

大井「全身全霊で…謝りたいです」

JK提督「…大丈夫だよ、うちの艦隊の子たちは大井さんみたいに優しいんだから」

大井「…」

JK提督「疲れてるでしょ、明日に備えてもう寝ようか」

大井「はい、おやすみなさい、提督」

JK提督「おやすみー、愛しの大井さん」

よかった……本当によかった…

ええ話や・・・

ほんと良かった。

まさか何もしないんですか!!

こんなにも繋がってるだろ!いい加減にしろ!


大井「…以上です」

大井「…皆さん、本当に申し訳ございませんでした…」ぺこり

大井「…」

大井「…」

大井「…」チラッ

陸奥「…」

陸奥「丸一日、一睡もせず、艦娘全員で、血なまこになってアンタを捜してたのに…」

陸奥「アンタは提督と一日中イチャイチャラブラブ…」

陸奥「…シテタノ?」

大井「ひいいい!?も、申し訳ございません!!!申し訳ございません!!!!」ぺこぺこ

加賀「頭にきました」

利根「我輩もじゃ」

龍驤「アカンわぁ」

五十鈴「ムカつくわ」

島風「うっざーい」

金剛「ファッキン」

吹雪「あはは…」

大井「ひ、ひぃ…」

大井「き、北上さん…!」

北上「あー、みんなにボコられた後、慰めてあげるよー」

大井「ぼ、ボコられた後!?」

金剛「ヘーイ、大井ッチ!…覚悟は出来てるネ??」ズイッ

一同「…」ズイッ

大井「…できてまひゅ」

ベチン!ベチン!スパァン!!!!

加賀「さ、帰って寝ましょう」

五十鈴「あー疲れた」

利根「我輩腹減ったぞ」

島風「間宮さんところでアイスたべよーよ!もちろん領収書は大井っちゃん秘書艦でキレばおっけー!」

龍驤「めっちゃえーやんそれ」

金剛「デラックスサイズ頼むネー」

陸奥「やっと安心して寝れる…」

スタスタ

吹雪「…あ、あの!これからもよろしくお願いします!大井秘書艦!」ぺこり

スタスタ


大井「…ぐええ」

北上「大井っち、大丈夫?」

大井「…皆さん、優しい暴力でした…」

北上「立てる?」

大井「はい、ありがとうございます…」

北上「大井っち」

大井「北上さんもすみませんでし」

北上「馬鹿」

ペチン

大井「…」

北上「馬鹿、大馬鹿大井っち」

大井「ごめんなさい」

北上「…大井っちい!!」

ぎゅうううう

大井「んっ!北上さん…!」

北上「よかった…見つかってよかった…!大井っちいいいいい」えぐえぐ

大井「…北上さん…」ぐすっ



陸奥「…」チラッ

陸奥「本当に無事でよかった…」ぐす

金剛「ムッチャンは涙もろいネー」

龍驤「いや、泣いてまうやろこんなんんんん!」うええええん

利根「やっぱこの鎮守府には大井秘書艦が必要じゃ」

吹雪「そうですね…!」

良かった良かった

おかしいな
図鑑のどこ探しても鈴谷ちゃんが出てくるボタンが見当たらない

ぼくにもづほ出るボタン実装してください

うちの摩耶様出てこないんだけど不具合?

龍田さんが出てきたところで目が覚めた

うちの扶桑さんも出ない…

ところで大井さんの現実での行動可能範囲って、どれくらい?
外出できるならJK提督とコスイベとか…

俺の木曾が出てこないからこの不具合大本営に具申してくる

俺の電ちゃんは出てきてくれるけど?


JK提督「あたしには憧れてるシチュエーションがある」

JK提督「それは看病イベント!!」



ホワンホワン

大井「提督、私具合悪いみたい…」

JK提督「なんだって!?それは大変!!すぐにベッドに横になりなさい!!」

大井「提督…頭が重い…」

JK提督「熱があるかもしれない!すぐに体温を測ろう!!」

JK提督「大井さん!服脱いで!」

JK提督「体温計を脇に挟んで!」

JK提督「ついでに汗かいた身体を拭いてあげるね!!」

拭き拭き

JK提督「綺麗な肌…まるで吸い付いてくるよう…」

JK提督「大事な胸も念入りに…」

ふにっふにゅっ

大井「あっ…!んッ…」びくん

JK提督「大丈夫か大井さん!!!」

JK提督「なに!?熱が40度!?こりゃ大変だ!!」

大井「違うの提督…」

JK提督「え?」

大井「提督が欲しくて…火照って…身体が熱いの…」

大井「お願いっ…!私の身体を提督のモノにして…!」



JK提督「うっわ、めっちゃ興奮する…」

JK提督「弱ってる大井さんを看病したい…!」

JK提督「しかし艦娘というのは風邪とか熱になるのだろうか…」

JK提督「大井さんが具合が悪くなるのを待ってたら何ヶ月立っちゃうかわからない」

JK提督「そこで!艦これには、こういうときに素晴らしいシステムがある!」

JK提督「そう、疲労だ!」

(アカン)

まーた嫌な予感がするんですがこれは


JK提督「よし!!すぐに実行だ!!」

JK提督「まず大井さんが疲労になるまで海域をぶん回す!!!」

JK提督「頑張れ大井さん!!」

JK提督「大井さんが赤疲労になったら…」

JK提督「呼び出す!!」ぽち

ドロン

大井「ぜぇっ…ぜぇっ…てぃ…とく!…どういう…つもり…よ…」ぐでぇ〜ん

JK提督「大丈夫か大井さん!?」

大井「大丈夫じゃあ…ないわよ…はぁっ…はぁっ…」

JK提督「すぐにベッドに横になりなさい!」

大井「いや…間宮…さんの…あいすぅ…」

JK提督「いいからベッドに!熱が出てるのにアイスなんかあげられないよ!」

大井「熱じゃない…アンタのせい…」

大井「あぁ…身体が重い…」

JK提督「やっぱり熱があるんだ!体温測るから服脱いで!」

大井「なんで服脱ぐのよ!」

JK提督「ほれ、バンザーイ」ずるーん

大井「ちょ、服返して…」←疲労で抵抗できない

JK提督「すごい汗かいてるじゃん!拭かなきゃ!」

大井「もう、好きにして…」ばたん

JK提督「え?好きにして?」

JK提督「…」

大井「…」スヤァァ…

JK提督「あら、疲れて寝ちゃった…」

JK提督「大井さーん?好きにしていいの?」

大井「…」スヤスヤ

JK提督「…」

JK提督「なんか計画と違うけど、コレはコレで最高のシチュエーションじゃないか…」

JK提督「…いただきます」

あーあ、今後の表記はJK提督でなく変態提督ですねわかります

艦隊の皆は喘ぐ声をただ聞いてるだけしか

JK提督が喘いで艦隊の皆が提督を意識するです?

北上さんの目のハイライトが消える方向で一つ

憲兵「JKなら許されると思うなよ」

ケッコンカッコカリしてるからエロいことしていいんだよ!
大井さんに魚雷ぶちこんでアヘアヘ大破させるぞ!

Jkが痴漢ですって叫べば憲兵だってイチコロよ

この提督サイコパスじゃね

これって、レ○プとどう違うんや……

無粋なツッコミと思うけど旗艦を意図的に赤疲労ってどうやんの?
1マス撤退でもMVPになるから疲労しないんじゃなかったか

旗艦にしてたとは書いてなくない?

旗艦かと思い込んでたわ恥ずかしい…

一応、1マス戦闘でMVP逃し続けてたらなるよ。
3-2-1MVP逃しまくる感じ。つまり裸にして戦い続ければ…

1-1でも甲標的外した旗艦の大井と甲標的付けた北上とかで出撃させれば普通に赤出来る

キラキラしていく北上さんを見ながらガンガン体力を失ってくってそれなんてプレイ

いやこれはカーチャン乱入フラグだな

この提督は完全にサイコパスなクズだわ
一歩間違えば人を[ピーーー]タイプのクズ

気持ち悪い難癖つける輩が現れたら人気作の証拠なんだよなぁ

発狂してる奴いてワロタ

なんかめっちゃ伸びてると思って除いてみたら>>1のレスはほんのちょっとで9/10くらいが雑談だった時のがっかり感


JK提督「…大井さんのブラ、可愛いなぁ」

JK提督「どこで売ってんの?鎮守府の中にランジェリーショップがあるのかな…」

JK提督「それとも妖精さんに作ってもらうとか…」



ホワンホワン

大井「色は薄いピンクで、この辺にアクセントでリボン付けて…こんなデザインでいいかしら」

北上「大井っちは控えめだなぁ、もっと可愛いのにしようよ」

北上「もっとこう…縞パンとかさぁ」

大井「縞パンなんて私に似合いませんよ…落ち着いた感じが私に合う気がします」

北上「何事もチャレンジだよ大井っち!大井っちが縞パン穿いたら絶対可愛いよ!」

大井「えー…」

北上「私だって今縞パン穿いてるよ?ほら」チラッ

大井「ぶーっ!!北上さん水色縞パン!!??」

大井「妖精さん!!北上さんと同じの作って下さい!!」

妖精さん「カシコマリー」



JK提督「…北上さんに下着決めてもらう大井さんかーわーいーいー!!」


JK提督「…大井さん本当に胸おっきいなぁ」

JK提督「私は全然ないのに…」

JK提督「…」

ふにぃ

JK提督「柔らかっ!?女の子の胸ってこんなに柔らかいの!?」

ふにぃ…ふにゅん

JK提督「…なんだか、涙が溢れてきた…同じ女の子なのに…」

JK提督「同じ女の子…」

JK提督「艦娘もこうしてみると、普通の女の子なんだなぁ…」

大井「…」スヤスヤ

JK提督「ふふっ、可愛い寝顔」

JK提督「んっ」

ちう

JK提督「寝顔にキスしちった」

JK提督「大井さんの唇ぷるっぷるだなぁ」

JK提督「…ごめんね、無理やり疲れさせちゃって」

JK提督「今度間宮さんのアイス使ってあげるね」

JK提督「なんだかあたしも眠くなってきた…」

JK提督「大井さんを抱き枕にして寝ちゃお」

ぎゅう

JK提督「おやす」

大井「提督」

JK提督「わっ!?大井さん起きたの!?大丈夫?」

大井「まだオレンジ疲労ですが、赤よりは全然マシです」

大井「提督、私が寝てる間に何したんですか?」

JK提督「な、なんもしてないよ〜」

大井「嘘おっしゃい!!私にも提督を好きにやらせなさい!!」

JK提督「くそお!負けるか!」

大井「提督みたいなヘナチョコ女の子が海軍育ちの私に勝てるわけないでしょーが!」

JK提督「ひ、ひえー!」

妄想の内容も艦娘にはだだ漏れかと思うと胸熱


大井「あっという間に私が馬乗りです」

JK提督「チクショウ!ひと思いに殺せ!」

大井「殺しませんよ…」

大井「正直に言ってください、私に何したんですか?私もやり返します」

JK提督「…キス」

大井「キ、キスって…!私にキスして欲しいだけでしょ!」

JK提督「嘘じゃないもん!!」

大井「…あ、もう15時だ!北上さんの演習レベリングしなきゃ…!」

JK提督「に、逃げるなー!キスしろー!キスー!」

大井「北上さーん!演習はじめますよー!」



鎮守府

龍驤「なーにが北上さーん!や」

利根「相変わらずじゃなこの二人は」

加賀「イチャつくならログアウトしてからやって欲しいものです」

北上「まぁまぁ、面白いからいーじゃん」

五十鈴「提督と秘書艦がこんなのだから私たちがしっかりできるのよ」

吹雪「こんなのって…」

金剛「ブッキー笑ってるネ」

鎮守府サイドのラジオSS的と言うか水曜どうでしょう的なノリが好き


とある日

大井「提督、私が外に出るのはマズイですかね」

JK提督「外って?家の外ってこと?」

大井「はい、興味がありまして…」

JK提督「いいんじゃないかな?別に」

大井「本当ですか!?やった!お買い物行きたいです!!」

JK提督(可愛いなぁ)

JK提督「じゃあ行こっか!デート!」

大井「デートって…まぁ、イイですけど」

JK提督(やっぱり可愛いなぁ)

大井「というか、ここってどこですか?」

JK提督「横須賀だよ」

大井「ええ!?ゲームの中も外も横須賀なんですね…」

JK提督「ヨコチンサーバーだからね〜」

大井「…着替えたほうがいいですよね」

JK提督「その格好は目立つね、いろんな意味で!」

大井「私、私服が欲しいです」

JK提督「じゃあ服買いに行こっか、買い物に行く服は私の私服でいい?」

大井「いや、提督の制服がいいです」

JK提督「え?高校の?」



大井「この制服やっぱり可愛いですね〜、毎日着てるから提督の匂いもいっぱ〜い」くるくる

JK提督(大井さんと制服デート…イイ!!私は私服だけど)

開始一年で横チンなのか

いろいろと試してたら鈴谷ちゃん出てきたけど身長が200mほどあってビビったw
今は鈴谷っぱいに挟まれて暮らしてます

>>259
…!?

俺も更新押しまくってたら長門を呼び出せるようになってた
今では毎晩夜戦だわ、俺の資源が長門でマッハ

>>259
挟まれるってか埋もれて圧死だよねそれ

>>259
成仏しろ!


鎮守府

瑞鶴「ねぇ、聞いた?提督と大井がデートだって」

加賀「羨ましいわね、服を買いに行くみたいだけど」

瑞鶴「いいなぁ〜、外の世界にはいろんなお店があって楽しいんだろなぁ〜」

加賀「鎮守府のお店って言ったら、間宮さんの甘味処と明石さんの雑貨屋くらいしかないからね」

瑞鶴「あー…外、行きたいなぁ」

加賀「提督とケッコンしたら行けるわ」

瑞鶴「…難易度たかーい」

加賀「間宮さんところ行きません?」

瑞鶴「なぁに?私とデートしたくなったの?」

加賀「お腹が空いただけよ」

瑞鶴「しょーがないわねー、付き合ってあげる」

このスレの影響で幻覚を見るやつまで現れてしまったか


甘味処間宮

瑞鶴「おじゃましまーす」

間宮「あら、瑞鶴さん加賀さんいらっしゃい」

加賀「戦艦パフェ一つ」

瑞鶴「昼食べたばっかなのによく戦艦サイズ食えるわね…あ、私は軽巡パフェで!」

間宮「はーい」

瑞鶴「…どーせ今日は提督デート行ったし、一日暇になりそうだからお酒頼んじゃおうかなぁ」

加賀「好きにすれば?」

瑞鶴「加賀も飲もうよー」

加賀「私はいいわ」

瑞鶴「なによー、ノリ悪いわね」

加賀「いや、たくさん食べた後に飲んじゃうと…吐いちゃうから…」

瑞鶴「あはは!そー言えばアンタこの前、空母の飲み会で調子乗って飲み過ぎて吐いてたわよねー!」

加賀「…うるさい」

瑞鶴「赤城の服汚しちゃって、あんときのアンタの焦った顔ったら!!写真撮ればよかったなぁー」

間宮「はーい、戦艦パフェと軽巡パフェでーす」

加賀「間宮さん、生二つ」

間宮「あら、お昼から?今持ってくるわね」

瑞鶴「ちょっと、結局アンタも飲むの?てか今は早いでしょ!パフェとビールって合わないでしょ!」

加賀「うるさい、付き合ってやるって言ってんの」

瑞鶴「素直じゃないなぁ」

瑞加賀いいねえ

最近瑞加賀の株が爆上げ


間宮「はい、生二つお待たせ」

瑞鶴「ねぇ間宮さん、間宮さんは外の世界行きたい?」

間宮「外の世界?まぁ興味はあるわね、いろんな甘味を食べ歩いてメニューを増やしてみたいわね」

瑞鶴「あー食べ歩きもいいねぇ、美味しいものもいっぱいあるんだろーな〜」

間宮「でも私は提督とケッコンできないから、外に行く方法はないわね」

瑞鶴「てかなんでケッコンしなきゃ外出れないのよー」

間宮「大井さんが羨ましいの?」

瑞鶴「羨ましいよー!好きな人と二人で外の世界でデートだなんて…究極の至福じゃん!」

瑞鶴「私も加賀と外行きたーい!」

加賀「んえ?」グビグビ

瑞鶴「ちょっとペース早いって!パフェももう半分食べてるし!!」

加賀「瑞鶴、ビール飲まないの?泡なくなっちゃうわよ」

瑞鶴「えー、でもパフェ食べながら飲むよりマシかなって」

加賀「勿体無い」グビグビ

瑞鶴「ちょっとそれ私の!てか飲み過ぎ!」



加賀「…」

加賀「きぼぢわるい」けっぷ

瑞鶴「…あんた馬鹿じゃないの?あの飲み会から何も学んでないじゃない…」

加賀「がえる…ごぢぞうざば」ヨロヨロ

瑞鶴「何しに来たのよ…アンタ…」

間宮「大丈夫?少し休んで行けば?」

加賀「お店…汚すわけにはいかないんで…はい、お金…」

瑞鶴「吐く前提かよ」

間宮「ありがとうごさいました〜……大丈夫かな?」

瑞鶴「戦艦パフェも残してるし…ゆっくり食べよ〜」

間宮「お酒はもういらないかな?」

瑞鶴「パフェ食べ終わってお腹が落ち着いて人が集まってきたらまた頼むかも!」

間宮「はーい、ごゆっくり〜」

>>259
それ八s(ry
ぽぽぽ…とか時折喋らない?


龍驤「じゃまするでー」

利根「お腹すいた〜」

島風「おっおー」

間宮「いらっしゃい〜」

龍驤「おぉ瑞鶴はん、戦艦パフェ食べてんの?」

瑞鶴「加賀のヤツが残したのよ…つまんでくんない?」

島風「食べるー!!」

利根「我輩はプリンくださいな」

間宮「はーい」

龍驤「その軽巡パフェは誰の?」

瑞鶴「私の」

龍驤「そりゃ大変だね、戦艦食べるの手伝うわ」

瑞鶴「ありがとー」

利根「最近の提督と大井のラブラブ具合はすごいのー」

島風「ホント、爆発しろって感じだよねー」

瑞鶴「最初は北上以外に興味を示さなかったのに…」

龍驤「外の世界にデートに行くんなら、お土産くらい欲しーわ」

瑞鶴「お土産…?そうよお土産よ!大井はなんだかんだで気がきくからお土産買ってくるかもしれないわ!あー楽しみ楽しみ!」

島風「私も楽しみー!」

関西弁は母音がiで終わる名前に〜〜はんとは言わんし、そもそも〜〜はん自体言う人があんまおらんよ

関西人以外相手ならサービスで使うことあるけど

>>272
まじで?ありがとうでち

>>272
いい勉強になったでち

そもそもRJ自体エセ関西b(ry

RJの出身は関西ではない、いいね?

>>272
RJはエセなので間違っているのが正しい

>>277
やはり天才か

関西弁自体多すぎて意味不明

RJさんのは艦載弁だからね

>>280
誰が上手いこと言えと
広島人的に浦風はどうなんでしゃろ


龍驤「結局この前のイベント海域攻略は中止になってしもたなー」

瑞鶴「だって大井も資材も消えちゃうんだもん、それどころじゃないわ」

利根「大井も悩んでるなら相談してくれればいいのに」

島風「まぁ秘書艦の仕事大変そうだし、たまには羽伸ばしてもらうのもいいんじゃないかなー」

瑞鶴「今日のデートでめちゃくちゃ羽広げてそう」



龍驤「完食〜、やっぱり戦艦サイズはキツイな〜」

島風「でもタダで美味しいパフェ食べれたからラッキーだけどね」

瑞鶴「よし!間宮さん生ちょーだい!」

利根「え!?今から飲むの!?」

瑞鶴「アンタはプリン一つでお腹いっぱいになってるんじゃないわよ、重巡でしょ!」

利根「最近体重を気にしてるのだ…」

島風「重巡なんだから重くてナンボでしょ」

利根「そのネタ聞き飽きたのじゃ!!」



瑞鶴「んああー!外の世界行きたい行きたいー!!」

利根「ケッコンすりゃいいのじゃー!!」

瑞鶴「私まだ70よー!!北上ばっかりレベリングしてもらってズルいー!!」

利根「あっはっは!!道のりは長いのー!!」

島風「結局利根ちゃんも飲んでるし…」

龍驤「絡まれたくないし、帰ろっか」

瑞鶴「加賀と外に出たいー!!」

利根「お主は本当に加賀が好きじゃのー!」

瑞鶴「当たり前じゃない!この鎮守府最初の空母である加賀と二番目の私、二人で初期の頃からずーっと空を守ってたんだから!!」

龍驤「ん?聞き捨てならんな!」

島風「え?」

龍驤「ふんっ!」グビグビグビグビ…

利根「ちょ!それ我輩のビール!」

龍驤「ぷっはああぁぁぁあああ!!」

龍驤「この鎮守府最初の空母はウチやろ!!!二番目は千代田や!!!」

瑞鶴「なに?誰も軽空母の話なんかしてないわよ?正規空母の話をしてるの!」

龍驤「なんや!最初から制空権確保で活躍してたのはウチらや!さぞ自分らだけが活躍してたみたいな言い方しよって!」

瑞鶴「事実じゃない!!加賀の艦載数侮るなかれよ!!!!」

利根「こらこら!空母同士仲良くせんか!!…ゲぇップ!」

島風「帰ろっかな…」

~だ(断定)→~や
そう(せう)→せ [せ(そう)+や(だ)な]

この辺抑えときゃそれっぽくつかえる

関西人だけど生まれてこのかた○○はんと言ったことはない

どうでもいい

RJは半沢の時の赤井英和みたいなもんか
あ、でも赤井英和って関西出身やった気が(単に演技下手なだけか)

「非関西人」にわかりやすい「関西弁」がテレビでは必要

大阪と京都と違うからね
関西弁って一括りにしてるけど、関東弁とか言わないでしょ

うん、どうでもいいな

>>287
首都圏方言と呼ばれる事はあるな

山の手方言だっけ?

いや山の手言葉とは異なる
関東大震災のあと、東京のその場所による差異が小さくなり山の手言葉や下町言葉が混ざった言葉が話される様になった

語りたい気持ちも分かるけどここは方言スレじゃないんだぞ


がららら

陸奥「おじゃましまーす」

島風「おっ、むっちゃん!長門ちゃん!」

長門「おぉ、島風」

間宮「いらっしゃいませー」

陸奥「団子とお茶のセット二つお願い」

間宮「かしこまりました!」

長門「島風は一人で食べに来たのか?」

島風「いやー、あの酔っ払いと」

利根「あー、むっちゃーん!アホ空母どものケンカ止めてくれんかのー!」

ギャーギャー

陸奥「こら!お店の中で騒がないの!!」

長門「ははは、にぎやかでいいな」

島風「そうかなー…」

島風「この鎮守府慣れた?」

長門「あぁ、だいぶ慣れてきたよ」

長門「提督も大井秘書艦も素晴らしい方たちだ、鎮守府全体の雰囲気も良くて居心地がいい」

島風「私にはただのバカップルにしか見えないけど…」



陸奥「もうケンカしちゃだめよ?」

龍驤「はぁーい!私たち仲良し空母でーす!」

瑞鶴「空母はみんな仲がいいのよーん!」

利根「やっぱり平和が一番じゃのー!」

島風「酔っ払いうるさいなぁ…」

長門「島風は飲まないのか?」

島風「私そんな好きじゃないから」

利根「おーい、長門も飲もうぞー!」

長門「いや、私も苦手でな…」

龍驤「知っとるでー!長門ってジュースしか飲めないんやろ」

長門「んなっ!そんなことはない!」

島風「へー、以外だね」

利根「お子ちゃまじゃのー」

陸奥「こら!姉さんにちょっかい出さないの!」

長門「お子ちゃまだと!?なら飲んでやる!ビッグ7の力侮るなよ!」

陸奥「姉さん!本当にお酒弱いんだから飲んじゃダメー!」

瑞鶴「なんか…眠くなってきた…」

>>283
俺関東人だけど○○はんは普通に使うわ
アリアハンとかチンギスハンとか

利根の口調がおかしい
ゲームやってないでしょw

SSかくときはWikiをみなさい

鎮守府ごとに口調やキャラが変わるのはよくあることだろ

二時創作なんだから細かいことはいいじゃない

そこまで違和感ないけど

いい流れだな

俺らのやってる艦これと違うし。大井っち出てこないから

鎮守府ごとに口調やキャラが変わるのはただ言葉のセンスが足りないだけだろ
口調変えて表現効果を得ようとするならまだわかるが

だけって限定することでもなくね


瑞鶴「んー…」

瑞鶴「…あれ?ここは?」

翔鶴「おはよう瑞鶴、私たちの部屋よ」

瑞鶴「翔鶴姉?あれ、私、間宮さんところで…」

翔鶴「酔い潰れたあなたを陸奥さんと長門さんがここまで連れてきてくれたのよ」

翔鶴「それで朝までぐっすり」

瑞鶴「えー…、記憶ない、みんなに謝っとかなきゃ…」

瑞鶴「…大井は!?」

翔鶴「大井秘書艦がどうしたの?」

瑞鶴「大井のやつ、昨日提督と外の世界にデートに行ったじゃん!」

翔鶴「あー、そう言えばそうね」

瑞鶴「お土産もらってくる!」

翔鶴「お、お土産…?」



秘書艦室

瑞鶴「おじゃまします!」

大井「あら、瑞鶴さんおはようございます」

大井「何か用ですか?」

瑞鶴「昨日提督とデート行ったんでしょ!?どうだった?」

大井「楽しかったですよー、…えへへ」にへら

瑞鶴(すっごい幸せそうな顔)

瑞鶴「お土産は?」

大井「え?」

瑞鶴「え?」

大井「…ごめんさない、ここの世界のお金は外の世界では使えなくて、デートの費用全部提督持ちなの」

大井「さすがに艦娘全員分のお土産を買ってくれとは言えなくて…」

瑞鶴「あー…なるほど」

大井「何か期待させちゃってごめんなさいね」

瑞鶴「いやいやこちらこそなんかごめん!提督と大井が楽しかったならそれで良いし!」

大井「ありがとう」にこっ

瑞鶴「もう!幸せそうな顔しちゃって〜、このこの〜」

大井「あはは、ご勘弁を…」

瑞鶴「あー私も早くケッコンして、外の世界行きたいなー」

大井「………」

乙乙ー
続き期待してるよ

書き込んだら続き来てた…


とある日

JK提督「ついに…」

大井「ついに…」

JK提督「この時が…」

大井「…きましたね」

JK提督「北上さんレベルきゅーじゅーきゅー!!!」

大井「やったあ!!北上さん!!おめでとうございますううう!!!!」

JK提督「長く…ツライ道のりだった…思い返してみれば」

大井「いいからさっさとケッコンしなさいよ!」

JK提督「あーい、えーっと指輪指輪…」

JK提督「…指輪一個700円って高くない?」

大井「…ハァ??」

大井「あなた…何言ってるの?」

JK提督「だって…千円近いし…貧乏高校生には…」

大井「よく聞きなさい」

大井「たった700円で北上さんに会えるのよ?」

大井「たった700円で北上さんと触れ合えるのよ?」

大井「たった700円で北上さんとキスできるのよ?」

JK提督「…ゴクリ」

大井「700万あっても足りないわよ!!!!」

JK提督「今すぐコンビニ行って課金してきます!!!!」

大井「ダッシュで行ってきてください!!!!」

ついにきたか

詐欺の手口やwww畳み掛けるようにwww
確かに嫁に会えるなら700円とか安すぎるな

ゲーム内だけ700円とリアルでも会える700円だったらなあ…

触れ合えるなら実際700円は安い

おまえら風俗かなんかと勘違いしてないか

1回700円じゃなくて、700円での半永久契約で触り放題
こいつはやばいぜ

>>312
テレビの向こうの大好きなアイドル・俳優とたった700円出すだけで会えるし一緒に遊べるようなもんだぞ
安いだろ?

この艦これはどこでログインできるんですか

キスしたいとかはないけど目の前にキムタク現れたらと思うと700円は安い

>>316
これから良いコーチになると思ってた矢先に死んじゃったからなぁ
キムタクにまた会えるなら700円は安いな

大井「たった700円で北上さんとキスできるのよ?」
って大井っちそれは良いのか・・・

待て待て
日頃の提督業務を思い出してみろ
素行が悪いやつは呼び出しても嫌われてるぞ

一回払えば払い切りなのがでかい…そう考えると詐欺られてるんじゃないかと思えるほど安いなwwwwww

俺は常に木曾に愛を囁いているから問題ないな!

轟沈ゼロでオリョクルはただのレベリング作業
俺が嫌われる要素無し!

既に結婚(仮)したら画面から出てくるのが当たり前になってる不思議w

淡々無言プレイ勢はどうなりますかね(震え声)


JK提督「ぜぇ…ぜぇ…課金してきました…」

大井「お疲れ様です、では早速北上さんに指輪を!」

JK提督「うん!北上さん!書類にサインするよー!」

カチッ

ちゃーらーちゃちゃらちゃーらー♪

大井「きましたわーー!!北上さんと私のケッコン式!!」

JK提督「いや、あたしと北上さんのケッコン式なんだけど…」

大井「そんなのわかってますよ!!…あぁ、北上さんは美しいですねぇ〜」

JK提督「うん、めっちゃ可愛い」

大井「あ、北上さんが喋りますよ!!」

北上『まぁ、なんてーの?そうねぇ…いい感じじゃん?最近…まぁ、なんかそう思うんだよね、うん…まぁ、そんな感じ? 』

大井「何言いたいかわからないけど、とりあえず北上さん可愛いーーーー!!!!!!」

JK提督「照れ隠し北上さんイイっす!!!!まじ最高っす!!!」

ケ・ッ・コ・ン・カ・ッ・コ・カ・リ

大井「早く!北上さんをここに呼んでください!!!!」

JK提督「おっしゃあ!図鑑画面図鑑画面…あれ、北上さんのページどこだっけ?」

大井「もーっ!!!焦らさないでーっ!!!」

JK提督(せっかちな大井さんも可愛い)

JK提督「…あった!ではポチッとな!!」

ドロン

北上「よっと」

北上「おー、来れた」

大井「北上さあああああああああああん」だきっ

北上「おーおー、大井っち、私も来れましたよ〜」

大井「外の世界で北上さんと会えるなんて夢みたいですぅー!」

北上「私も外の世界来れるなんて夢みたい、ありがとう大井っち」

北上「あ、提督に挨拶させて」

大井「あ、はい!」


北上「提督ー」

JK提督「あ、北上さんチッス!」

北上「なにー?北上様が来てキンチョーしてる感じ??」

JK提督「いや!目の前で二人の天使が嬉しそうにハグしてるのを見て、心がぴょんぴょんしてました!!」

北上「なにそれー、へんなのー」

北上「提督ー!」だきっ

JK提督「おうっ!?北上さん!?」

北上「あたしをここまで育ててくれて、ケッコンしてコッチの世界に連れてきてくれてありがとおー!嬉しいよっ!」

JK提督「うはー!あたしも北上さんと会えて嬉しいよー!幸せ者だよー!」

北上「すんすん、これが大井っちの好きな提督の匂いかぁ…いいねぇ」

JK提督「北上さんもいい匂いだよー、北上さんの身体もプニプニしてて気持ちいいー」

北上「なにそれ、イヤミー?」

JK提督「違う違う誉め言葉だよー、プニ肌だよー!」

北上「誉め言葉かぁ…じゃあ許そう〜」

JK提督「うはぁー!北上さん最高に可愛いなぁ!」

大井「………」

大井(なにこの気持ち)

JK提督「よし!お菓子とジュースの用意してくる!北上さんケッコン記念祝杯をあげよう!」

大井「そ、そうですねー!」

北上「ありがとー、あたしは幸せだよー」

嫉妬大井可愛い

俺の艦これにはそんな素敵なボタンがないのだが
不具合かな?(カチカチ

ひょっとして今のメンテでこのボタン実装してんじゃね?

胸が熱いな

プチ米帝プレイした甲斐があったな

伸びてると思ったらお前らだったときの虚しさ


北上「お、これが大井っちお気に入りの提督の制服だねー?着てみちゃおーっと」

大井「あっ…」



北上「どう?大井っち〜、似合う?」くるくる

大井「か、可愛いですー!やっぱり北上さん何でも似合いますねー」

JK提督「ただいまー、お菓子なかったから近くのコンビニまで…って!北上さんあたしの制服着てる!!ブレザー北上さんかんわいいいいいいいい!!!!!」

北上「お、そうかい?えへへ〜」

JK提督「写メっていい?いいよね!!」

北上「いいですよ〜、どんなポーズがいい?こう?それともこう??」

JK提督「いいっす!あぁイイっす!!セクシーっす!!」カシャカシャ

大井「……」

大井「き、北上さーん…それと同じ制服、鎮守府で妖精さんに作ってもらいましょうよ〜」

北上「えー、提督の匂いがするこの提督の制服がいいー」ぴょんぴょこ

大井「……」

JK提督「フォルダが潤うぜ」キラキラ



大井「…あ、北上さん、そろそろ鎮守府帰りましょ?提督も勉学に励む時間ですし」

北上「お、もうこんな時間かー、楽しかったよー提督ありがとねー、また呼んでね〜」

JK提督「もう呼びまくります!また遊ぼーね!」

北上「…んっ」

ちゅ

JK提督「!?」

大井「き、北上さん!?」

大井(提督のほっぺにちゅー…)

北上「ケッコンしてくれたんだからこれくらいしないとね〜、大井っちー、帰りますよ〜」

大井「…提督と今後の戦略について話がありますから、北上さん先に帰ってください」

北上「ふーん、秘書艦って大変だね〜、じゃあ先帰ってるよ、じゃあね提督〜」

ドロン


JK提督「あー幸せ、顔洗いたくない」

大井「提督」

JK提督「あぁ大井さん、戦略についてだっけ?」

大井「そんなんどーでもいいです」

JK提督「え?」

大井「覚えておいてください」

大井「提督が北上さんとケッコンしたのは、私が北上さんとコッチの世界でイチャイチャするためであって」

大井「提督が北上さんとイチャイチャするためじゃないんですよ」

JK提督「あっ…ごめんね、テンション上がっちゃって…、これからは大井さんと北上さんの邪魔はしないつもりだから」

大井「…北上さんにどこにキスされたんですか?」

JK提督「え、ほっぺのココ…」

大井「んっむ…」

ちゅ

ちゅむむむむ…

JK提督「え!?え!?」

大井「んぷぁ…北上さんのキスは私が没収しました、ではさようなら」

ドロン

JK提督「…」

JK提督(…北上さんのキスは没収されちゃったけど、大井さんのキスは残ったまんまなんですけど…)

JK提督(…大井さんの幸せがあたしの幸せだから、北上さんにあまり絡まないようにしよう)

JK提督(大井さんと北上さんには幸せになってもらいたいしね)

JK提督「さー勉強だー!やるぞっ!」

その考えはあかんでぇ・・・


鎮守府

北上「お、帰ってくるの早いね」

大井「あ、すぐ終わったんで」

北上「今日は楽しかったね〜、また提督の部屋行きたいねっ」

大井「そうですね」

大井(…この複雑な気持ちの正体がわかった)

大井(北上さんとイチャイチャする提督に嫉妬してるんじゃない)

大井(提督とイチャイチャする北上さんに嫉妬してるんだ)

大井(もちろん、北上さんのことは大好きですし愛してますけど)

大井(…でも、提督は誰にも渡したくない)

大井(提督は、私の嫁)

北上「大井っち?どしたの」

大井「っ…いや、なんでもないですよ〜オホホホ」

北上「大井ありがとねっ、提督にお願いしてあたしをケッコンまで導いてくれたのは大井っちだからね」

北上「ありがとう大井っち、大好きだよ〜」

大井「…私も北上さんのこと大好きですー!!愛してますよー!!!」

大井(北上さんも私の嫁、…欲張りだなぁ私…)

ハーレムは全ての嫁を完全に平等に扱わないといかんのだよなあ

皆満足の百合ハーはまだみた事ないな

ふと思ったんだが、艦娘の素の力ってどれくらいなんだろう
いつもは艦装振り回せる訳だけど

どうせ角川でフミカネ呼ぶんだし、艦娘もストライカーユニットってことにしちゃえばよかったのにね(暴論)

艦娘自体が人体改造説だの妖精のおかげ説だの艦娘巨大説だの色々あるから作者によるだろう

大元の設定がガバガバだからな

>>317
そっちじゃねーよwwwwww

そっちじゃねーよ……

ああ、なんでコーチと思ったら拓也の方か……

利根変だな、鎮守府ごとに口調やキャラが変わるで片付けられるレベルじゃない、誰だよあれ、違和感抱かないのはエアプだけだろ

あ、リロってなかった、遅レス失礼

もう井口のこと利根って呼ぶのやめろよ
な?

SSでここまで騒ぐhqizU6EU0がアニメ見たら卒倒しそう

アニメ?そんなもんないだろ
艦これ早くアニメ化しねーかなー

wikiだけに捕らわれてる奴って普通にしゃべるときどう喋るのかとか想像できなさそう

あれは艦これであって艦これじゃないから…………
>>345みたいなレスしたのは>>1向けじゃなくて>>297-299みたいな人がいたからな

>>350何で想像出来ないと思うのか、他のキャラはゲームのまま、利根だけ口調が変わってるのにwikiに捕らわれるとか……
捕らわれてるwwwww

とりあえずID:hqizU6EU0が女と喋ったことのない童貞なのはわかった

大人しく>>1を待とうやん

ああ…加賀さん出て来ねえかな…自炊の腕だけは自慢なの…

あれ?俺も瑞鳳とケッコンカッコカリしたけどボタン出現してないんだが?

JK3限定機能やろきっと

お前ら>>332


JK提督「学校行ってくるね!」

大井「行ってらっしゃませ!」

北上「行ってらっしゃ〜い、気をつけてね」

JK提督「二人の天使に見送られて学校行くなんて素敵っ!では諸君サラバダー!」

ガチャン

北上「提督はいつも元気だねぇー」

大井「外の世界で北上さんと二人きり!ふふふ何しようかしら」

北上「ガッツリ声に出てるね」

北上「わーい、提督のベッドー!」ぴょいーん

ボフン

大井「北上さん!?」

北上「やっぱり提督の匂いってイイねぇ、痺れるねぇ〜」くんくん

大井「北上さーん、私がいるんですから私の匂い嗅いでくださいよー」

北上「大井っちおいでー」

大井「え?…はい」

北上「ねぇ、キスしよっか」

大井「えええ!?」

北上「提督の部屋で、提督のベッドの上で大井っちとするキスの味って」

北上「すごく甘くてイケナイ味がしそうじゃない?それも北上様ファーストキスの特典付き〜」

大井「ごくり」

大井(出来ることなら提督を意識しないトコロで北上さんとキスしたいけど…)

大井(北上さんのファーストキス欲しい…)

大井「ん…」

北上「お、大井っちヤル気だね」

北上「いくよー…」

北上「んむっ」

大井「んっ」

むちゅううう…

JK提督「携帯忘れた!!」どばん!!

大井・北上「「!!??」」ばっ!!

JK提督「…あ?」

キマシ

修羅場

学校さぼり待ったなし
俺ならそうする誰だってそうする


大井「てててててててててて提督これはその!!」

北上「提督聞いて!!大井っちじゃなくて私から誘って…!」

JK提督「もっかい」

大井「え?」

JK提督「もっかいキスして」

北上「ハ、ハイ」

北上「お…大井っち、行くよ」

大井「はぃ…」

ちゅう

カシャッ

大井・北上「!?」

JK提督「うふふふふふふふふふふふ」

JK提督「大井さんと北上さんのキス画像、最高にエロ可愛い…、いいもの見せてもらった!ありがとね!!」

北上「…」

大井「提督、遅刻しますよ〜…」

JK提督「よし、今日も一日頑張るぞー!」

JK提督「それと!ここでえっちなことするならビデオに撮ってあたしに提出すること!いいね!?あたしも見たいんだから!!」

ガチャン

大井「…」

北上「…相変わらずだね、提督は」

俺だったら3Pに持ち込んでた

男はハーレムを望むが、女は一人しか要らない


とある日、鎮守府

瑞鶴「はやくケッコンして外の世界いきたい!」

加賀「あなたそればっかりね」

瑞鶴「当たり前じゃない!北上もケッコンしてしょっちゅう外行ってるし!」

五十鈴「次にケッコンするのは誰かしら」

島風「一番レベル高いむっちゃんじゃないかなー」

加賀「その次は金剛ね」

瑞鶴「いいなぁ戦艦は、MVP取りやすいし」

五十鈴「金剛さんの次は加賀さんじゃない」

加賀「そうね」

島風「いいなぁ、駆逐艦はしっかりレベリングしてもらわないとなかなかレベル上がらないからなぁ」

瑞鶴「私は加賀の次の長門の次…はやくケッコンしたい!!!」



大井「…」

陸奥「どうしたの?」

大井「わっ!?…陸奥さん」

陸奥「あの子たちの会話が気になるの?」

大井「…陸奥さんもで提督とケッコンしたいですか?」

陸奥「そぉねぇ…提督に直接会って、感謝の言葉を伝えたいからね、ケッコンしなきゃね」

大井「……そう、ですよね」

陸奥「みんなケッコンしたいって言ってるし、ケッコンブーム来るんじゃない?」

>>364
男はハーレムを望むがその中に女は一人しかいらない?

女は子孫繁栄の道具というのか....それってなんて漢これ?

>>366
ワロタ
確かにそういう風にも読み取れるなwwwwww

提督の財布が磨耗していく
仕方なく提督はアルバイトへ
すると艦これをする時間が減っていき・・・・・という展開にならないように祈るか

>>368
北上さまと大井っちと三人でならそれはそれで……

700円で1ヶ月10隻でもたった7000円やし安い方でしょ
18歳以上にとってはやけど

艦これプレイヤーに18歳未満がいるわけないやろ!

このJKだって事情あって一留二留してるから18歳超えてるしな(適当)

家事ができる娘って誰やろ?
家事とかは全部艦娘に任せてニートしたい

???「料理なら任せてください(貰おうか)」

18の時に月7000円って絶対無理だわ

一回体売るだけで約半年分は稼げますね(ゲス顔

正直な話北上と大井が他の娘のためにケッコン資金稼げばいいんじゃない。
一波乱はありそうな気がするけど

コスプレ写真集でボロもうけですわ

Tシャツかなんか作ってヲタ系イベントで売り子やればもう一日20万クラスよ

俺らが貢げば完璧じゃね?

>>380
DMM「…………」チラッチラッ


北上「…それでさぁ、島風が走り回ってむっちんのパフェひっくり返しちゃったんだよねー」

北上「そのときのむっちんの顔ったらねぇー、まさしく絶望!ってカンジだったね!アレは面白かったなー」

JK提督「へぇー、見てみたいなぁむっちゃんのその顔!あたしも鎮守府行きたーい」

大井「…陸奥さんはもうすぐ99ですけど、提督は陸奥さんとケッコンするんですか?」

JK提督「そーいえばそうだね!ケッコンするよ!むっちゃんに会いたいもん!700円なんて安い安い!」

大井「…そうですか」

北上「おっと、もうこんな時間かー、提督は勉強タイムですかね」

北上「大井っち、帰りますよー」

大井「…今日も戦略について話し合いがあるんで北上さん先に帰っててください」

JK提督「え」

北上「そっかー、秘書艦は相変わらず大変だね、今度パフェおごったげるよ」

北上「じゃあね、提督」

ドロン

JK提督「…」

大井「…」

JK提督「…最近はあまり北上さんとイチャイチャしないようにはしてたんだけど…」

大井「…違います」

JK提督「え?じゃあなに?」

大井「…もういいです、さよなら」

ドロン

JK提督「…大井さん、わかんないよ〜…」

財布以前の問題だった

もう提督が向こう行くしかないね

誰もいない部屋でディスプレイの明かりだけが……

おいやめろ

無限大な夢の後の

nice boat.

てす


とある日、某駅

JK提督(…電車来ないなぁ、遅れてるのかな)

JK提督(早く帰って大井さんと北上さんと艦これやりたいのに)

???「あれ?妹くん」

JK提督「あ!お兄ちゃん!久しぶり!」

兄「久しぶりだなー、元気か?」

JK提督「元気だよー!お兄ちゃんは一人暮らし寂しくないの?」

兄「大丈夫!一人暮らし最高!!」

JK提督「たまにはウチに顔出してよー、お母さん会いたがってるんだから」

兄「悪いな、仕事がなかなか忙しくて」

兄「…ん?そのカバンのキーホルダー…」

JK提督「あ、コレ?今ハマってるゲームのキャラだよ」

兄「大井だろ?俺も艦これ超ハマってるから」

JK提督「マジで!?お兄ちゃん艦これやってんの!?」

兄提督「そりゃーもう、艦娘20人以上とケッコンしてるからね」

JK提督「20人以上!?!?」

兄提督「艦これのおかげでもう毎日が楽しくて楽しくて」

JK提督「…めっちゃ課金してんの?」

兄提督「米帝…とまでは行かないけどな、俺金持ちだし」

JK提督「お兄ちゃん流石ですわ…」

兄提督「雷はレベル150だぜ、ウチの一番だ」

JK提督「すっげぇこの人」

JK提督「ねぇ、この後暇なの?ウチ来ない?お母さんのゴハン食べに来てよ!」

兄提督「悪い、この後後輩にメシ奢んなくちゃならないんだ」

JK提督「そか…残念」

兄提督「妹くん、日曜日ヒマか?久しぶりに二人で出かけない?欲しいものなんでも買ってあげるよ」

JK提督「本当!?ヒマヒマ!行きたい!」

兄提督「よし!行こうか!」

おっと?


JK提督「お母さんただいまー」

母「あらおかえり」

JK提督「駅でたまたまお兄ちゃんに会ったよ!」

母「本当?あの子ウチに全然顔見せないんだから…」

JK提督「なんか元気そうだったよ、それに次の日曜日にお兄ちゃんとお出かけ行く約束したんだー」

母「よかったじゃない、お兄ちゃんに好きなもの買ってもらいな〜」

母「あ、その次の土日に高校時代の友達と温泉旅行に行ってきていい…?」

JK提督「いいよいいよ!お母さん毎日パートで大変だし、温泉でスッキリしてきてよ!」

母「悪いわねぇ、家の戸締りしっかりするのよ」

JK提督「あーい」

これは少女マンガですわ

妹くん

ママも提督なんだよなあ…?


鎮守府

陸奥「…最近大井が元気ないんだけど、なんか知ってる?」

北上「さぁ?最近『北上さああああん!!』もないんだよねー…」

陸奥「何か悩み事かしら」

北上「それでも秘書艦の仕事をしっかりこなしてるところが流石大井っちと言ったところだよねー」

陸奥「でもその状態でそれが続けられるわけじゃないわ、あの子がダメになってしまったら鎮守府も成り立たなくなってしまう」

北上「何かあった?って聞いても、大丈夫ですの一点張りなんだよなぁ…」

陸奥「あの子、いつも悩み事あったらすぐ私に相談してくれてたのに…」

北上「うーん…」


金曜日、夜

母「じゃあお母さん明日の朝に、アンタが起きる前に出掛けるからね〜」

JK提督「わかった!気をつけてね〜」

母「日曜日にお兄ちゃんとお出かけなんだっけ?お兄ちゃんによろしく言っといて!」

JK提督「あたしに任せとけーい」

母「明日に備えてもう寝る!おやすみ!」

JK提督「ウィッシュ、おやすみ〜」



23時

JK提督(そーいえば大井さんが23時に呼び出してって言ってたけど、なんだろ…次のイベントについてかな)

JK提督「大井さんCome on」

ドロン

大井「て、提督!お、おはようございますっ」

JK提督「うん、こんばんは大井さん」

JK提督「何か用かな?」

大井「えーっと…そのー…」

大井「あははは…」

JK提督「なんで緊張してんの?大井さんらしくない…」

大井「えー、スミマセン、ちゃんと話します」


大井「…提督にとって、ケッコンって何ですか?」

JK提督「え?ケッコン…って、好きな人と愛を誓う…みたいな?…自分で言ってて恥ずかし〜」

大井「提督はあと陸奥さん以外に、誰とケッコンするんですか?」

JK提督「レベル的に…金剛ちゃん加賀ちゃん長門くん…」

大井「彼女ら全員と愛を誓うんですか?」

JK提督「うん…ケッコンするからには…」

大井「…提督はなんで私とケッコンしたんですか」

JK提督「そりゃーもう!大井さんが好きだからだよ!!大井さんが可愛いから艦これ始めたくらいだし」

大井「……じゃあなんで…」

JK提督「ねぇ、大井さん」

JK提督「さっきから大井さんが何を言いたいのかわからない」

JK提督「北上さんも最近大井っち変だって言ってたし」

JK提督「何かあったの?ちゃんとわかるように話して」

大井「…どうせ提督にはわかりませんよ」

JK提督「大井さん、あたしの言うことが聞けないの?ちゃんとわかるように話しなさい」

大井「……」

大井「もう…もう…っ!」


大井「私は提督のことが本当に好きなんですよ!!!!」

JK提督「うん、あたしも大井さんのこと大好きだよ」

大井「だったら結婚してください!ケッコンカッコカリじゃなくて結婚です!!提督と結婚できるなら秘書艦も艦娘も辞めます!!!」

JK提督「え…」

大井「…わかってますよ、できないってことくらい」

大井「だって私はゲームのキャラクターですから」

大井「艦これで、提督と艦娘が一番絆を深められるのはケッコンカッコカリのみ、しかも誰とでもできちゃう」

大井「…確かに私が北上さんとケッコンしてくれって頼みました」

大井「ほかの艦娘の皆さんもケッコンしてコッチの世界に来れたら楽しいんだなと、考えてた時もありました」

大井「でも…最近になって皆さんがこれから提督とどんどんケッコンしていくって考えてると…」

大井「すごく嫌な気持ちがして…」

JK提督「……」

大井「私が提督を一番愛してるのに!!ほかの子たちが提督から同じケッコン扱いを受けるのが嫌なんです!!!」

大井「お願いです提督!!私だけを見てください!!私だけを愛してください!!」

JK提督「大井さん…」

JK提督「…あたしは大井さんのこと一番愛してるよ、でもあたしは提督である以上ほかの艦娘の子たちも愛情を注がなきゃいけないの」

大井「わかってますよ…そんなこと」

JK提督「ケッコンカッコガチ、なんてあったら大井さんとしかしないつもりだけど…ないしね」

大井「…」

JK提督「…うーん…」

大井「…じゃあ、私のこと、一番愛してるなら『私としかしない』ことをしてください」

JK提督「え?大井さんとしかしないこと?」

大井「はい、ほかの子とは決してしないことを、私にだけしてください」

大井「それが提督にとって私が特別な存在だということの証明になります」

JK提督「…それって…えっちだよね?」

大井「…」こくん

JK提督「…」

大井「…」

あちこちに愛をバラまいちゃ大井さんを悩ませる系提督

えんだー?

嫌?

きたかっ(ガタッ

>>403
不用意に立ち上がるとダヨーさんに・・・

そんなにソワソワしないでー

あんまり、じゃないかな

桜がtrickするマンガで同じ理屈を見たのです!

つまり次回からはことあるごとにえっちぃことを……

今こそ海軍精神注入棒を…!!

これ北上さん達にも聞こえてるのかな?


JK提督「…証明したげる」

JK提督「あたしが大井さんのコト、本当に好きだって大井さんの身体に教えてあげる」

大井「…」ごくり

大井「お願い…します」

JK提督「あたしのベッドに座って?」

大井「あの…提督、お願いがあります」

JK提督「なあに?」

大井「制服…着てください」

JK提督「学校の?なんで?」

大井「…提督がこの緑のセーラー服が好きなように、私も提督の制服が好きなんです」

JK提督「あー、うん、わかった」



JK提督「着たよー」

大井「…やっぱりかあいい」

JK提督「夜中に制服着るってなんか変な気分」

大井「提督!」

JK提督「うわっ」

ぼふんっ

JK提督「おっとっと…ベッドに押し倒されちゃっ…ぁんむっ」

大井「んっ…んむっ…れるれる…」

ちゅっ…ぴちゃぴちゃ…じゅるる…

JK提督「んぷあッ!…はふ…大井さん、そんなにエロいキス…どこで覚えたの?」

大井「提督の顔みたら自然と出来ました」

JK提督「もう、あたしは大井さんをそんなにえっちに育てた覚えはありません!」

大井「黙ってキスされてください、はむっ」

JK提督「あ、ちょっ…んむッ」

大井「んっ…あむっ…んれろ…」

JK提督「んッ、んむっ…あふ」

………

JK提督「ンあっぷ!…大井さん、どーしたの?…積極的だねぇ…」

大井「えへへ、提督の顔、私と提督の唾液でベトベト…すごくえっちです…」

JK提督「大井さんの唾液は大丈夫だけど自分のは臭いなぁ…」

大井「はぁっ…提督の制服っ、くんくん…くんくん…」

JK提督「大井さんあたしの制服好きだねぇ」

大井「だって、提督が毎日着てるから…提督の匂いが染み付いてて…」くんくん

JK提督「大井さんの制服も嗅がせてよ」

大井「あとで、今は私の番…」

JK提督「てかあたしが愛を証明しなきゃならないのに、大井に攻められて何もできないんだけど…」

大井「提督ぅ…好きっ…好きぃ!」くんくん

JK提督「完璧スイッチ入ってますなぁ」

この情事全部筒抜けなんだよなあ…
駆逐艦たちの教育にちょっちよろしくないですねえ…

こっそりしっかりPCの電源落としてさえいれば……

>JK提督「完璧(PCの)スイッチ入ってますなぁ」


大井「…おっぱい見せて」

JK提督「…えー」

ぷちっぷちっ

JK提督「許可を出す前に提督の胸をさらけ出す大井さんマジ積極的」

大井「…わ」

大井「本当に…無いですね」

JK提督「…怒るぞ」

大井「無いのに、先っぽがこんなにとんがってますけど」

大井「これは私に吸って欲しいんですよね」

JK提督「いや、待って、大井さんのおっぱいも見せてよっ!」

大井「あんむ」ぱくり

JK提督「あ!!っん」

大井「…ちゅむるるるる」

JK提督「あっ!ちょッ…乳首だめっ…」

JK提督「はぁッ!あっ!大井しゃんッ…!」

………

JK提督「…はぁっ…ふぅ…」

大井「提督…エロい…好き…このおっぱい好き…」

大井「このおっぱいは、私だけのものですからね」

JK提督「…んはぁ…」

大井「…聴いてます?」

大井「えろくてだらしのない顔」

大井「好き、あむっ」

ちゅっぢゅるるるる…

………

ガチ百合いいゾ~これ

ガチ勢を本気にさせた結果wwwwwwwwww

普段飄々としたガチオタのJK提督が受け、いいと思います!


………

JK提督「ねぇ…汗かいてきちゃった…制服脱いでいい?」

大井「ダメです、制服に汗を染み込ませて熟成させて匂い嗅がせてください」

JK提督「大井さん変態だねぇ…」

大井「提督に言われたくありません」

JK提督「でも制服シワになっちゃうよ〜…ヨレヨレの制服で学校行けないよ」

大井「妖精さんに綺麗にして貰えばいいでしょ」

大井「できれば綺麗にして欲しくないですけど」

JK提督「大井さんあたし以上に制服フェチかぁ」



JK提督「大井さん、パンツが冷たい…どーしたらいい?」

大井「え?…あら、びちょびちょ」

大井「脱がしてあげます」

JK提督「…んん」

するっ

大井「わっ、糸引いた」

JK提督「はずかしぃ…」

大井「提督って、すこーし毛深いんですね」

JK提督「もう!!うるさいなぁ!!」

JK提督「こんなコンプレックスだらけの恥ずかしい身体を見せるの大井さんだけだからね!?大井さんのこと大好きだからあたしの全部みせてるんだからね!?」

大井「うん、好き」

ぺろっ

JK提督「あっっ…んッ!」びくん

大井「うわ、提督のアソコの味…ピリッとして…しょっぱい」

JK提督「いやいや、そこは『提督の溢れてくる蜜、すごく甘くて美味しい…』って言うところでしょ!」

大井「んっ」

じゅる、じゅるるるるるッ

JK提督「あっ馬鹿!!すいッ…しゅぎ…!」

大井「なんでこんなにクセになるんでしょうか…この味…」ぺろり

JK提督「はァッ…はぁッ…大井さんの舌使いやばいぃぃぃ…」

JK提督「ねぇ…大井さんのも…舐めさせてよ…」

大井「今私が提督の汁を飲んでるんです、邪魔しないでください」

JK提督「でも!あたしが大井さんの身体に愛してる証明をしなきゃいけ」

ぢゅぃるるるるるるるるるるっっ!

JK提督「あがッ!?はっあんッ…!」びくん

大井「むぐ…ちゅぷ…んは…んむむ」

びちゅびちゅ…じゅるるるっ…

JK提督「だめ!んッ…!イ…きそうっ…」

………

右手が忙しいっす(ボロン

>>419
綿棒しまえ

ふぅ…


………

JK提督「イかされた…大井さんの変態」

大井「けぷ…ご馳走様です」

大井「提督の身体はとてもえっちです、それ知ってるのは私だけですよね」

JK提督「そだね…あたしの特別だもんね、大井さんは」

大井「嬉しいです…ほかの子たちよりも私は特別なんですね」

大井「提督、愛してます」

大井「ありがとうございました」

JK提督「ちょいちょい、何終わらせようとしてるんじゃい」

JK提督「あたしが大井さんにぐちゃぐちゃにされただけじゃん」

JK提督「あたしの愛をまだ大井さんの身体に叩き込んでないんだけど」

大井「…今日はもう遅いですし」

JK提督「そおい!!」

ボッフン!!

大井「うわ!押し倒された!」

JK提督「あたしに気持ちよくして欲しくないの?」

大井「ごめんなさい、恥ずかしくなってきちゃって…」

JK提督「あたしだって恥ずかしかったわ!!大井さんもまん毛見せてよ!」

大井「ひぃっ!?」

ずりぃー

JK提督「お、糸引いたねぇ」

大井「恥ずかしぃ…」

JK提督「…」

JK提督「小学生か」

大井「なにが!?」

JK提督「毛だよ!!」

JK提督「いいなぁ…薄く整ったまん毛…」

大井「…言い方が下品です」


………

大井「はあ…はぁ…」ぐったり

JK提督「んっ…ごっくん、大井さんのお汁美味しかったぁ…」

大井「てーとく…気持ちよかったです…」

JK提督「…」

大井「てーとく?…顔すごい赤いですけど…」

JK提督「…大井さんの汁飲んだら…顔が熱くなってきて…」

JK提督「ねぇ…貝合わせって…知ってる?」とろーん

大井「…てーとく?」



ギシッギシッ…

あっ…激しいですうッ…!!あんッ…

ぐちゃぐちゃに擦れてッ…ああ…!

好き!好きです!!愛してます…っ!!

あがっ…!いく…!一緒にイきたいぃぃぃッ!!!

………

JK提督「…」

大井「…」

JK提督「…感想、あるかい?」

大井「…提督可愛い、提督えろい、提督美味しい、提督いい匂い、提督好き、提督愛してる、提督変態」

JK提督「そかそか、よかった」

JK提督「あたしが大井さんのこと、心の底から愛してるって伝わった?」

大井「伝わりました、お腹いっぱいなくらい」

JK提督「やったぜ」

なんだろう、死にたい

>>424
俺も

ハハッ

なんで俺はJKじゃないんだろうな

やっぱり世の中クソだなぁ…

ここまで兄提督

念願叶って成仏しそう


………

大井「そろそろ帰ります」

JK提督「えー、一緒に寝ようよぉ」

大井「明日の朝、鎮守府で用事があるんです」

JK提督「そか…わかった、バイバイだね」

大井「うん…提督、離してください」

大井「艦これログインしないと帰れません」

JK提督「あー、大井さんがあたしの元から離れてく〜」

大井「パソコン起動しに行くだけです」

JK提督「…艦これログインした?」

大井「はい」

JK提督「じゃあこっち来て、あたしを抱きしめて」

大井「はい」

ぎゅううう

大井「でもこのまんまじゃいつまでたっても帰れないんですけど…」

JK提督「抱きしめたままドロンしてよ、最後まで大井さんを感じていたい」

大井「わかりました」

大井「じゃあ、さようなら、提督」

大井「愛してますよ、これからもずっと」

JK提督「あたしも、大井さん愛してる」

ドロン

大井「…」

JK提督「…」

大井「あれ?」

JK提督「ん?ドロンしないの?」

大井「しましたよ、…なんで提督いるんですか?」

JK提督「え?あれ?ココどこ?」

大井「…あれ?なんで!?なんで提督ここにいるの!?」

JK提督「え!?大井さんここどこ!?」

大井「鎮守府ですよ!!!」

掴んでいれば一緒にいけるのか
……戻れるのか?

ファッ!?

戻る必要ないでしょ

戻らなかったらカーチャン悲しむだろ!

J('-`)し…

果たしてログアウトできるのか

やべえよ…やべえよ…

それとしっかりパソコン切ってあったようで安心しました。

まじかよwww


JK提督「鎮守府ぅ!?」

大井「と、とりあえず秘書艦室に!」

秘書艦室

JK提督「はぇ〜、綺麗な部屋」

大井「呑気なこと言ってる場合じゃないですよ!…とりあえず深夜なんで誰にも見つからず来れましたね…」

大井「提督、どうやって来たんですか?」

JK提督「知らないよ〜、大井さんと抱き合ってただけだし…」

大井「まさかそれが原因かも…」

JK提督「そんなんで…?」

大井「間宮さんのアイスを抱えて提督の部屋行ったこともありますし」

大井「提督に借りた漫画を鎮守府に持って行ったこのもあります」

大井「ドロンするときに抱えているものは一緒に持ってけちゃうんですよ!」

大井「それが提督でも!!」

JK提督「や…」

JK提督「やったあああ!!!鎮守府に行くという夢が叶った!!!ありがとう大井さん!!!」

大井「ありがとうじゃないわよ!!!どうやって帰るのよ!!」

JK提督「へ?」

大井「図鑑のあのボタンを押さないと私や北上さんは外の世界に行けないのよ!?誰がボタン押すの!!」

JK提督「……」

JK提督「あああああああああああ!!??」

大井「結構…ヤバいですよコレ…」


5分後

JK提督「…」すやすや

大井「…寝てるし、ホントに呑気だなぁこの人は」

大井「まぁ、あんな激しいえっちした後じゃあ無理もないか…」

大井「激しいえっち…」

大井「…もう!提督ったら可愛いんだから!」

ちゅっちゅっちゅ〜

大井「おっとっと、提督にキスなんしてる場合じゃない、どうしたらいいか考えないと…」

5分後

大井「提督ぅ…愛してまふ〜…」すやすや

チョロい

まだ日が経ってないだけあって余裕である

さぁ、素敵なパーティしましょ(ゲス顔


翌朝

ガチャ

北上「大井っちいる〜?」

大井「…」すやすや

北上「まったくソファで寝ちゃって…風邪引くよ〜?」

JK提督「…」すやすや

北上「提督もベッドで寝ないと〜、体痛めますよ〜」

北上「…」

北上「提督ぅぅぅ!!!!????」

北上「なんでいるのおおおお!!!???」

JK提督「んえ!?」びくっ

大井「…ん…あ゛!?私寝てた!?」

これでほかの艦とケッコンしなくても会えるから問題ない

確かに…

でも一人だけ外に出てないといけないな

ここから.hack的でSAO的でrain的なサイバーな艦これSSが始まるんですねわかります


北上「なるほどねぇ…ハグしながらドロンしてみたら鎮守府来ちゃったと…」

大井「そ、そうなんですよ北上さん〜」

北上「深夜に?提督の部屋で?ハグ?…何してたんかねぇ〜」ニヤニヤ

大井「ギク」

JK提督「ギク」

北上「まーそこは深く聞かないけどさぁ、提督この先どーすんの?」

JK提督「みんなと遊びたい!!」

北上「んまぁ…提督らしいなー」

大井「自分の世界に帰れないっていう自覚がないのかしらこのアホ提督は」



臨時朝礼

ワイワイガヤガヤ

瑞鶴「臨時朝礼?なにかしら」

龍驤「なにかニュースかな」

大井「えー皆さん、おはようございます、秘書艦大井です」

大井「んーと…紹介したい方がいらっしゃいます」

陸奥「紹介したいヒト?」

利根「誰だろ」

大井「じゃあ、全艦娘、敬礼!!」ビシッ

ビシィッ

JK提督「お…すごーい、みんないる…」

JK提督「夢みたーい…」

島風「え?ダレ?」

夕張「艦娘…じゃないよね?」

大井「ほら!ちゃんと挨拶して!」

JK提督「あーどうも、提督でーす…えへへ」

………

ええええええええええ!!!!!?????

普段艦娘は提督の声だけ聞こえていて姿は見えていなかったのか


金剛「ヘーイ提督ゥー!!初めましてデスネー!金剛デース!!」

JK提督「金剛ちゃん!帰国子女可愛い!!」

加賀「初めまして、提督」

JK提督「加賀ちゃん!クールビューティー可愛い!!」

利根「初めましてじゃな!吾輩は利根である!!」

JK提督「利根ちゃん!武将みたいな喋り方可愛い!!」

島風「おっおー!」

JK提督「島風ちゃん!ハレンチな服装可愛い!!」

夕張「提督!初めまして!夕張です!」

JK提督「夕張ちゃん!速度遅いの可愛い!!」

北上「提督モテモテだねぇ」

大井「はいはい!皆さんとりあえず落ち着いて!提督はこっち来てください!」

JK提督「天国かここは」

いいなぁ……(本音)

どう見ても艦娘の皆が優しすぎて未帰還ED行きじゃね

お留守番が必要だな

帰れなくてもなにか問題が?

しまった、吹雪は司令官呼びだった…
詰めが甘いなぁ…

まーいっか


甘味処間宮

『提督来店のため、貸切』

吹雪「提督!初めまして!吹雪です!」ビシッ

JK提督「吹雪ちゃん!吹雪ちゃんに会うと艦これを始めた頃を思い出すなぁ…、最初は吹雪ちゃんにお世話になってたからなぁ」

吹雪「わ、私!提督に会えて光栄です!!」

JK提督「ふふふ、これからもよろしくね!」

吹雪「はい!!」

陸奥「提督、初めまして」

JK提督「むっちゃん!会いたかったよ!」

陸奥「…」じぃー

JK提督「ん?私の制服に何かついてる?」

陸奥「…」

JK提督『なんかむっちゃんに高校の制服は無理ある感じだね!!』

JK提督「あ゛っ!」

JK提督「ごめんなさいむっちゃん…」

陸奥「いいのよそんな前のこと、これ食べて?」

間宮「軽巡パフェでーす」

JK提督「間宮さん!ありがとう!間宮さん可愛い!パフェも可愛い!むっちゃんもありがとう!」

大井「口を開けば可愛いしか言わないわねこの人は」

陸奥「そんなことより、提督どうするの?帰れないんでしょ?」

JK提督「ずっとここに居てもいいかなぁーなんて〜」

北上「ブレないねぇ…」

大井「提督!ホントに呑気なんだから!お母様心配するでしょ!?」

JK提督「まぁそうだけど…」

JK提督「お母さんは今日の朝から温泉旅行でいないし、土曜日で学校もないから誰も心配する人いないけど…」

大井「明日の日曜日に帰れなかったらどうするのよ…」

JK提督「…」

今から修正してもよかったのにww



ガチャン

母「ただいま〜、温泉楽しかったわよー」

母「お土産買ってきたわよー!…ん?どこ行ったのー?」



プルルルル…

兄提督「ん?母さん?俺仕事中なんだけど、どーした?」

兄提督「はぁ!?妹くんが行方不明!?警察には届けたのか!?」



兄提督「母さん!!」

母「お兄ちゃん!!あの子…どこ行ったのかしら…!!」

兄提督「妹くん…無事ならいいが…」

母「お父さんだけじゃなくあの子まで…!神様は私からどれだけ家族を奪えば気が済むのよ!!!」



JK提督「なんとしてでも帰らなきゃ…」

大井「やっと事の重大さに気付いたのね…」

昨今の諸々考えれば事件性感じちゃうよな、母

実はお父さんも同じような展開で行方不明やったりしてな

お父さんはどの世界だろうか
もしかしたら同じ艦これでも深海生物側だったりしてな

お父さんはDMM.R18側のゲームで…

お父さんは王子かもな

流石に妻子供リアルに残してゲーム世界に入り浸りなんてそんなクズみたいなことしてないよな親父さん…

東郷平八郎、または山本五十六の可能性も微レ存


陸奥「タイムリミットはお母様が帰ってくる明日、日曜日の夜ね」

吹雪「移動方法は、外の世界から図鑑のボタンを押すのみ…ですか…」

大井「外の世界に居るはずの提督と、行ける北上さんと私が鎮守府にいる…」

北上「終了じゃん」

JK提督「どうすれば……」





大井「なにか外の世界に行ける…なんか作れないですか!?」

明石「そんなこと言われても…」

夕張「さすがの妖精さんもコレにはお手上げのようね…」

大井「そう…よね…」



JK提督「はぁ…本当にどうしよう…」

JK提督「何も問題ないのなら、ずっと鎮守府にいてもいいんだけど…」

JK提督「お母さんとお兄ちゃんに心配かけちゃうし…、てか警察沙汰だよなぁ…」

JK提督「お父さんも昔事故で死んじゃったし…私も帰らなかったらお母さんショックで倒れちゃうかも…」

長門「提督、隣いいか?」

JK提督「長門くん!…すっごいイケメン」

長門「ありがとう、かなり悩んでるみたいだな…」

JK提督「うん…このまま帰れなかったら家族を捨てることになっちゃう」

長門「それはダメだ、家族は一番大事だからな」

長門「私は陸奥に会えてよかった、これからもこの鎮守府に陸奥とずっといるつもりだ」

JK提督「素敵だなぁ、その考え」

長門「この件に関しては私は役立たずかもしれないが、この長門、提督の為なら全力を尽くす!」

JK提督「カッコイイ!!長門くんになら抱かれてもいい!!」

大井「オイ」

>>467
なーに、ホビー系アニメじゃよくあること

>>450
個人的にはログホラを推したいw
そうだ月に行こう(提案


陸奥「…提督は?」

大井「もう遅いですし、寝てもらいました」

北上「よし、あたしたちは徹夜で帰る方法考えるかー」

吹雪「協力します!!」

翌朝

大井「…あぁ…朝だ…」

吹雪「結局なにも方法が思いつきませんでしたね…」

北上「だめだ、眠いー…」

陸奥「悔しいけど、ダメかもしれないわね…」



JK提督「おはよう、大井さん」

大井「おはよう…ございます…」

JK提督「もしかして寝ないで帰る方法探してくれてたの?」

大井「すみません…なにも方法がありません…」

JK提督「大井さん」

ぎゅう

JK提督「ありがとう、あたしのためにここまでしてくれて」

大井「提督…」

大井「いや…提督のために尽くすのは秘書艦、艦娘として当然です!それにあたし私だけじゃなく他の子たちも…」

JK提督「あたしって本当に幸せものだなぁ」

大井「…」

JK提督「…でも、もう諦めるしかないのかな」

JK提督「ごめんね、お母さん、お兄ちゃん、あたしはこの鎮守府で幸せに暮らすよ」

大井「てい…とく…」

兄督が腹いせにデータを消す未来しか見えない

誰かのファインプレーに今から期待が掛かる

兄貴の鎮守府が同じ仕様になってるとかじゃないと積みじゃね
その場合兄貴にはもげてもらうが


兄提督「…妹くん、何回電話かけても出てこない…」

兄提督「徹夜で艦これやって寝てんのか?」

兄提督「母さんは温泉だし…しゃーない、家まで迎えに行くか…」



ピンポーン、ピンポーン

兄提督「…実家の合鍵持っててよかったわ」

ガチャ

兄提督「おーい、妹くーん?起きろー!」

兄提督「妹くーん?あれ、いない?どこ行ったあの子」

兄提督「…パソコン付けっぱなしじゃん、艦これ画面だし…」

兄提督「…携帯も置きっ放し」

兄提督「…まさか…!」

兄提督「…」

兄提督「…大井と北上とケッコン済み…」

兄提督「…やっぱり…妹くんにもボタンが出たのか」

カチッ

兄提督「やっぱりその鎮守府の者じゃなきゃ反応しないか…」

兄提督「妹くん、パソコン借りるぞ」

兄提督「俺のアカウントでログインして…」

兄提督「雷ー?いるか?出てきてくれ!」

ドロン

雷「はーいしれーかん!どーしたの?あれ?ココどこ?」

兄提督「ここは俺の妹の部屋だ」

雷「しれーかんの妹さんの部屋?なんで?」

兄提督「もしかしたら妹が鎮守府に閉じ込められたかもしれない、すまないがここでお留守番しててくれ、妹の部屋だから安全だ」

雷「わかったわ!しれーかんの為だもん!雷に任せなさい!」

兄提督「ありがとな!大和来てくれ」

ボタンぽちー

ドロン

大和「なにか御用ですか?」

兄提督「俺を鎮守府まで」

大和「かしこまりました」ヒョイ

兄提督「ちょい、お姫様抱っこは恥ずか」

ドロン

雷「行ってらっしゃーい!」

兄提督、やはりロリコンだったか…

いや、雷はお母さんだからセーフ。大和ともしてるし

兄提督って20人以上とケッコンしてるんだよな……

おかしいな
男の兄提督でも出るのに俺にはボタンが無いみたいだ

まぁ響は俺の隣で寝てるけどな

我那覇君、事務所に帰ろう

響?響鬼さんの間違いでは?

雷ちゃんはオカンだからセーフ

今から兄のち○んこ去勢に行くんだが着いてくる奴いる?


夕方、鎮守府

長門「提督!貴様諦めるのか!?」

JK提督「だってしょうがないじゃん!!帰る方法ないんだから!!」

長門「昨日言っただろ!!家族は大事だと!!」

JK提督「もうこれ以上みんなに迷惑かけられないの!!」

長門「提督の為なら全力を尽くすと言っただろう!!!時間がかかってもいい!!帰る方法をなんとしてでも!!」

陸奥「姉さんちょっと落ち着いて!!」

大井「提督もね!すこし熱くなりすぎよ」

JK提督「だって…あたし迷惑かけてばっかで…」

長門「…すまない、私が悪かっ…ん?」

長門「電探に反応あり!!…敵機か!?」

大井「なんだって!?迎撃に向かって!!」

長門「戦艦長門、出撃する!!」ざばーん

金剛「ナガモーン、ワタシも行くネー!」ざぱーん

島風「おっおー!」ざぱーん

五十鈴「五十鈴に任せて!!」ざぱーん

瑞鶴「瑞鶴出撃よ!」ざぱーん

龍驤「ウチも行ってくるでー!!」ざぱーん

JK提督「わぁ、なになに?」

北上「提督は中に避難して!」



陸奥「この鎮守府に奇襲なんて初めてだわ」

JK提督「奇襲ってゲーム的にあり得なくない?海域選んでないし」

大井「あり得ないことが今起こってるんですよ!」

北上「うーん…謎だねぇー」

ちゃんこ?

続きが気になるなぁ本当に面白い
三日月ちゃんと暁ちゃんを横に置いて頭なてなでしながら待機してる

俺は雪風にひまわりの種をあげながら読んでるわ

ひまわりの種は油分が多い上に癖になりやすいから
ちゃんとペットフードにしたほうがええよ

やる側がきちんと数制限すればいいんじゃない?


長門「…敵機を目視で確認!」

五十鈴「ん?あの機影…」

金剛「深海棲艦の艦載機ではないネー!」

龍驤「あれは…水上観測機!?」

瑞鶴「コッチの索敵機も敵艦隊を見つけたわ!…いや、敵じゃない?艦娘!?」

島風「それ本当?」



陸奥「長門より入電!…艦娘と接触!」

大井「艦娘!?」

北上「えー、誰だろ?てかどっから来たんだろ…」

JK提督「とりあえず安心していいのかな?」



長門「艦隊が帰還したぞ!」

金剛「大井ッチ、提督!お客様ネー!」

大井「お客様?」

JK提督「え?誰誰?」

神通「JK提督、大井秘書艦、JK鎮守府の皆様初めまして」

神通「『兄鎮守府』第一艦隊旗艦、神通です」

JK提督「神通ちゃん!おっとり可愛い!!」

大井「兄鎮守府…?別の鎮守府の艦娘ってことですか?」

摩耶「そうだぜ、JK鎮守府探すのすっげえ苦労したんだぞっ!」

飛龍「でも提督がある程度場所を特定してくれたおかげで助かったわ」

千歳「索敵も順調でしたし」

時雨「…敵ではないけどね」

ビスマルク「提督の妹さんが無事で何よりだわ!」

JK提督「お兄ちゃんの…艦娘かぁ」

北上「提督ってお兄さんいたんだねー」

大井「提督を助けに来たってこと…?」

神通「…こちら旗艦神通、JK鎮守府及びJK提督を発見ました」無線ぴぴー

兄提督『おー、見つかったか!よかったよかった!』

JK提督「お兄ちゃん!?」

兄提督『妹くーん、心配かけさせんなよー?』

JK提督「お兄ちゃんもゲームの中の鎮守府にいるの!?」

兄提督『詳しい話は後だ、ビスマルク頼んだぞ』

ビスマルク「了解」ヒョイ

JK提督「わっ、お姫様抱っこされちゃった」

JK提督「ビスマルクちゃんイケメン可愛い!」

ビスマルク「ありがとう」

大井(嫉妬するな私、提督の特別は私よ!えっちだってしたし!)


兄提督『妹くんの部屋に戻るぞ』

JK提督「待って!…長門くん、諦めるなんて言ってごめんなさい」

長門「いや、結果よければ全て良しだ、私こそ何の役にも立てず申し訳なかった」

JK提督「いえいえ、他のみんなもありがとう!最後バタバタしちゃったけどみんなに会えて楽しかったよ!!またここに来れたらいいな!!」

金剛「次来るときは、ちゃんと帰る方法見つけてから来てネー!」

兄提督『…もしもし?雷、ビスマルクのボタン押してくれ』

ドロン

JK提督「あれ?あたしの部屋?帰ってきたー!

雷「しれーかんの妹さんこんにちは!」

JK提督「もしかしてお兄ちゃんの雷ちゃん!?可愛いー!」

雷「妹さんも私を頼っていいのよ!」

兄提督『もしもし、雷、妹くん戻ってきたか?』

雷「うん!戻ってきたわよ!」

兄提督『そうか、大和のボタン押してくれ』

雷「はーい!」

JK提督「なにその電話」

ビスマルク「外の世界と鎮守府の間で通話出来る特別な電話よ」

JK提督「え?そんな便利なのあるの?」

ボタンぽちー

ドロン

JK提督「うわ、お兄ちゃん!と大和ちゃん!?」

兄提督「よかったなぁ、帰ってこれて…俺が気付かなかったらずっと鎮守府から出られなかったぞ」

JK提督「お兄ちゃあん!ありがとー!!」

兄提督「まったく…大和、ビスマルク、ありがとう、戻っていいぞ」

大和「はい!」

ビスマルク「ハーイ」

JK提督「ありがとー!」

ドロン

兄貴有能すぎわらた

俺提督、兄提督の有能っぷりにおちんぽびしょ濡れ


兄提督のことなんか全然、羨ましくなんかないんだからね!!

( 至 急 、 釘 バ ッ ト を 2 0 ダ ー ス 用 意 し ろ )

ブラコン不可避

やっぱり親父は・・・

兄提督が有能すぎてノンケでもメスイキさせるレベルやね

大井ヤンデレルート不可避

ラスボスは敵キャラと化した親父ですね……間違いない

>>500
それなんてアルペジオ?

今更ながら兄じゃなくて姉のほうが良かった

リアルの世界に現れた艦娘ってリアルの世界の住民から見たらどう見えるんだろう
3Dなアニメ絵…?

MMDなのか?そうなのか?

リアルと非リアルの融合ネタでそこを追求するのは野暮ってもんだ

すまない、こまかく考え過ぎた


兄提督「詳しい話聞きたいし話すし、妹くんも艦娘連れてくれば?」

JK提督「うんそうする!あたしの垢でログインっと…」

ボタンぽちぽち

ドロンドロン

大井「あ、お兄様、初めまして秘書艦の大井です」

北上「お、この雷は兄提督の秘書艦かな?」

兄提督「ういーす、JK提督のお兄ちゃんでーす」

雷「私は初代秘書艦よ!」

JK提督「初代?」

兄提督「雷はレベル150になったからな、今は伊勢が秘書艦だ」

大井「150…すっごい…」



兄提督「このボタンは本当に少数の提督にしか現れないらしい」

兄提督「俺が知ってるのは俺と会社の後輩と妹くんだけだな」

JK提督「会社の後輩さん?共通点ってあるの?」

兄提督「…さぁ」

兄提督「初めてボタンを見つけて押したときはビックリしたよ!雷が出てきたんだもん」

雷「しれーかんが私とケッコンしてくれて嬉しかったわ!」

JK提督「…」

『ギシッギシッ…

あっ…激しいですうッ…!!あんッ…

ぐちゃぐちゃに擦れてッ…ああ…!

好き!好きです!!愛してます…っ!!

あがっ…!いく…!一緒にイきたいぃぃぃッ!!!』

JK提督「…」

JK提督「お兄ちゃんさぁ、艦娘にえっちな事してないよね…」

兄提督「…するわけないだろ、お前俺をそんな目で…」

雷「しれーかんはみんなのお父さん的な存在だからそんな事しないわよ!」

JK提督「してないならいいの!してないならいいの!」

大井「…」

北上「大井っちぃ〜、顔赤いぞ〜」ニヤニヤ

してないのか(驚愕)

してないのか(疑惑

自分のしている事は他人もしているに違いないという心理が働いておる


JK提督「あー、鎮守府行く方法わかったのに戻る方法ないのかなー」

兄提督「あるぞ、妹くんは大井と北上とケッコンしてるんだから片方がここでお留守番して貰えばいい」

北上「で、残ったほうがボタンを押してコッチに移動させるってこと?」

兄提督「そうだね」

JK提督「うーん…みんなで一緒にがいいから、お留守番はあまりさせたくないなぁ」

雷「もう一つ方法があるわ!」

大井「え!?なんですか!?」

雷「私みたいにレベル150になればいいのよ!」

北上「150になるとどうなるの?」

兄提督「ログインさえしていれば、ボタンなんか押さなくてもコッチとアッチを自由に行き来できる」

雷「お留守番なんかいなくても私がしれーかんを抱えてドロンすればしれーかんはコッチの世界に帰れるってわけ!」

JK提督「よっしゃあ!!大井さん150にするぞお!!!」

大井「お、オス!!お願いします!!!」

北上「夢が広がるねぇー」



JK提督「ねぇ、その鎮守府と外の世界で通話できる電話ってどこでもらえるの?」

兄提督「これ?妖精さんに開発資材2000個くらい渡したら頑張って作ってくれた」

JK提督「2000個…」

兄提督「これがありゃ便利だぞ、ログアウトしてても艦娘と電話できるからな、コミュニケーションの幅が広がるぞ」

JK提督「いいなぁ欲しいなぁ…でも開発資材2000なんて…」

兄提督「じゃああげるよ、もう一セットあるし」

JK提督「マジで!?お兄ちゃんありがとう!!」

大井「お兄様…素晴らしいお方ですわ」

雷「当たり前じゃない!!しれーかんなんだから!!」

北上「さすが元帥だねぇ」

愛されてんな妹くん

つまり兄はホモね!

さすが元帥だわ(貧弱一般大佐並の感想)

ボタンなんかどこにも見当たらないけどlv150にすれば出てきてくれるんですね!

行き来できるスマホ作ってもらってリモートデスクトップぶち込もう

気になって調べたが、開発資材2000個を購入すると14万円もするのか・・・

やっと俺も艦娘でてきたー
っと思ったら某ホラー映画の髪長い女性だった(O_O)

>>518
それ扶桑じゃね?




JK提督「今日は楽しかったなぁー」

JK提督「無事帰れたし、鎮守府電話も貰えたし、雷ちゃんとも友達になれたし」

JK提督「お兄ちゃんも夜までいてくれて帰ってきたお母さんと三人でご飯食べたし!」

ぴりりりりり

JK提督「おっと、鎮守府電話が鳴ってる」

JK提督「もしもし?」

雷『もしもし?JKしれーかん?雷よ!」

JK提督「あら雷ちゃん!どうしたの?」

雷『今、兄鎮守府から電話してるんだけど、これから困ったことがあったら私たちを頼っていいのよ!?』

JK提督「本当!?ありがとう!」

雷『もちろん困っている時以外でも電話くれてもいいのよ?私たちは友軍なんだから!」

JK提督「友軍かぁ、いい響きだなぁ」

雷『私もJKしれーかんと友達になれて良かったわ!じゃあまたね!!』

JK提督「あーい、ありがとー!またねー!」

JK提督「…これから毎日がもっと楽しくなりそうだな〜」

雷かわいい


とある日

JK提督「やっぱり大井さんレベル150の道は長いなぁ…ほかの子たちも育てないといけないし…」

ぴりりりりり

JK提督「あら電話」

JK提督「もしもーし」

北上『提督ー、私ですよー』

JK提督「北上さん!どうしたの?」

北上『あたしさぁ、今日は提督の部屋で漫画読みながら一日中ゴロゴロしたいんだよね〜』

JK提督「うん、いいよ!呼んであげる!」

北上『いや、鈍いなぁ〜、お留守番してあげるから鎮守府遊びに行けば?』

JK提督「あら!ありがとう北上さん!!」

北上『いいってことよ〜』

艦娘全員にスマホ渡してグループトークしたい

この[たぬき]じみたなんでもあり感大好き

>>513
駆逐艦に嫌われている愛宕さんはチンピラ提督のところに帰ってどうぞ

700円で艦娘と半永久的に触れ合える。
14万で更にいつでもどこでも大好きな艦娘と遠距離恋愛チックな事が出来る。

安いじゃん

大井っち呼び出すときに他の艦娘と手をつないでたら・・・いや、よそう、俺の勝手な推測で皆を混乱させたくない

お手々だけ連れてかれちゃうかもしれない…

http://i.imgur.com/gb1JAIO.jpg

>>527
転移しようとしたときにポップアップがでて700円払うかどうか聞かれるよ

DMM「こっちも商売でやってるんでね」

ガオンされたら戻ってこれないからね、仕方ないね

汚いなさすがDMMきたない


鎮守府

ドロン

大井「おっとっと…」

JK提督「大井さん大丈夫?私重くなかった?」

大井「大丈夫ですよ、艤装より軽いですから」

JK提督「なんか久しぶりち大井さんとくっ付いた気がする」ぎゅー

大井「やめてください、ここ鎮守府なんですから…」

JK提督「良いではないか良いではないか」

龍驤「まーたイチャイチャしてるで」

島風「爆発するの遅ーい」

大井「いやあのこれは」

JK提督「みんなー、お土産だよー!」

龍驤「え!?お土産!?」

島風「早くみせてー!!」

大井「そういえばその大きい箱なんですか?」



瑞鶴「ねぇねぇ!提督が面白いもの持ってきたのよ!!とりあえずラウンジに集まって!!」

金剛「えー?インタレスティングなモノ?」

陸奥「なにかしら?」



鎮守府ラウンジ・BAR

ワイワイガヤガヤ

五十鈴「行けー!龍驤負けるなー!」

利根「島風は速いのー!」

加賀「流石提督、上手なのね」

長門「ははは、大井は下手くそだな」

大井「だってこれ難しいンですもん!」

JK提督「大井さん体を傾けても車は曲がらないよ〜」ニヤニヤ

龍驤「くらえ!亀の甲羅!」

島風「うわ!ひどーい!!」

陸奥「…なにこれ?」

瑞鶴「テレビゲームって言うらしいわ!!」

金剛「すごい楽しそうネー!!次私もやりたいデース!!」

艦これのssってマリオカート多いよな
それだけのssとか読んでみたいわ


北上「あー」

北上「最高だねぇ」

北上「提督の部屋でゴロゴロ漫画読んで過ごすなんて」

北上「鎮守府じゃこんなことできないなぁ」

北上「なんか他に面白い漫画ないかなー」

北上「…なんか薄い漫画がある」

北上「ん?あたしが描いてあるー…」

北上「…」

北上「…」

北上「な、なにこれ!あたしと男の提督がえっちしてるじゃん!!」ポイッ

北上「…」

北上「…」ヒョイ

北上「これが男の人のおちんちん…」

北上「うわぁ、入っちゃうんだ、えぐいなぁ」

北上「うわぁ、うわぁ…」

北上「…」

北上「うわぁ〜…」

おっと…?


鎮守府ラウンジ・BAR

JK提督「がんばれー!!むっちゃーん!」

大井「加賀さんバナナよけて!!」

ワイワイガヤガヤ

JK提督部屋

北上「うわ!この漫画はおちんちんの生えた大井っちとあたしがえっちしてる!」

北上「えー、大井っちにはおちんちん無いはずなんだけどなー」

北上「おちんちんって気持ちいいのかな…」

北上「うーん…提督も女の子だからなぁ」

北上「…」

北上「…あ、そうだ!」

ぴりりりりり

兄提督「ん?誰?」

北上「あ、兄提督?JK鎮守府の北上でーす」

兄提督「あぁ、北上か、なんかあったか?」

北上「おちんちん入れられると気持ちいいンですか?」

兄提督「…いや、俺ホモじゃねーよ」

その薄い本はJK提督の持ち物なんだよな…

18禁な書物を持ってるということはやはりJK提督は18歳以上(力説)

高校三年生という可能性も微レ存

何これ超楽しそう
羨ましい

えっ兄貴ホモじゃないのかよ

四月生まれの高3なんだよ(適当)


北上「…」すやすや

ぴりりりりり

北上「んあ」

北上「電話だ」

北上「もしもし?」

JK提督『もしもし北上さん?帰るから大井さんのボタン押してー』

北上「あーい、わかった」

ぽちっとな

ドロン

JK提督「あー楽しかった!」

大井「いいんですか提督、ゲームをラウンジに置きっ放しにして…」

JK提督「みんな気に入ってたししばらく置いておくよ〜」

北上「あー、ロクヨン持ってったもんね」

大井「ん?この本はなに?」

北上「あー、これ?あたしと大井っちのえっちな漫画見つけたの」

JK提督「…え゛え゛え゛え゛え゛!!??ちょっと!!!!」

大井「…なんですか!?この破廉恥な漫画は!?」

大井「あっ、私と北上さんがえっちなこと…っ!!」

大井「…ふんっ!!」ビリビリビリビリ

JK提督「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!」

大井「北上さん帰りましょ!」ポイッ

ドロン

北上「大井っち待ってよー、提督ごめんね〜、ばいばい」

ドロン

JK提督「勇気を振り絞って買った薄い本が…」

JK提督「あたしのオカズがぁ…」

彼女いるのにおかずなんて必要あるんですか?(正論)

今の18歳がロクヨンなんてやる訳ないんだよなあ…

なんだかんだいるよ(現実論)

面白けりゃなんでもやるだろう

兄貴のお古だよ(適当)
てかWiiのマリカかと思ったらロクヨンのかよww

寧ろ18の64とか思いで補正ど真ん中だぜ
家にあるやつ多いだろ

時のオカリナ、スマブラ、カスタムロボ、007、パワプロ6、スパロボ64
他にもかなりやりこんでたなあ


鎮守府

北上「あははー、まさか提督があたしたちのえっちな漫画持ってるとはね〜」

大井「…」ぷんすか

北上「…えっちな漫画に嫉妬するほど、大井っちは提督のことが好きなんだね」

大井「…」

大井「…」

大井「…はい」

大井「もちろん、北上さんのことも好きですよ!?」

北上「はいはい、でもあたしに対する好きと、提督に対する好きは違うでしょ?」

大井「…」

北上「素直じゃないなぁ」

北上「大井っちは提督のことが大好き、あたしが一番知ってるよ」

大井「…」

大井「…提督と身体の関係を持つって…どう思います?」

北上「愛の営み…なら良いんじゃないかな」

北上「艦娘は提督とケッコンカッコカリ以上の関係にはなれないからね、誰でもケッコン出来ちゃうし」

北上「だから、愛の営みは本当にその人を愛している証明…なんじゃないかな」

北上「だからあたしは大井っちとはえっちなことはしない」

北上「大井っちは提督の特別だからね」

北上「まぁ…キスしちゃってるけど、営んでないしえっちじゃないからね」

大井「…ふふふ」

大井「北上さんすごいや、全部お見通しです」

北上「当たり前じゃん、大井っちのこと大好きだもん」

大井「私も優しい北上さんが大好きです」

大井「そして、提督を心から愛してます」

北上「ひゅー、青春だねぇ、提督も幸せもんだぁ」

現役18歳からして言わせてもらうと64のゲームは今のゲームに比べて画質こそ悪いがめっちゃおもろいぞ
マリカも思ったように動かんしwマリオストーリーとかゼル伝とか神ってたし

年齢暴露は荒れる原因にしかならないからやめろボケ

>>553
聞いてねーよ
黙ってろ

春だなあ

艦これで未成年宣言とはたまげたなあ

プレイしてるとは言ってないからセーフじゃね?
臭いのには同意だが

>>553
2chぽい場所ではどんな場合でも年齢は言わない方が身の為だぞー

まぁ、あってないような年齢確認しかされないからね、仕方ないね

ぼくようちえんせいだけどかんこれやってるよ

おれたいじだけどかんこれやってるはwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

おっそうだな


とある日

龍驤「今日も疲れたー、風呂入ってサッパリしよかー」

五十鈴「そーねー」

金剛「風呂上がりのコーヒーミルクも忘れずにネ!」

龍驤「…」脱ぎ脱ぎ

五十鈴「あー、肩凝るわ」ぼいん

金剛「そのセリフ、オジサン臭いネー」ぼいん

龍驤「…くそぅ」ぺたーん

がららら…

金剛「oh!誰かいるデース!」

龍驤「え?アレ誰や?」

JK提督「おー、金剛ちゃん、龍驤ちゃん、いすずん、おっすー」

五十鈴「提督!?何してるの?」

JK提督「一度入渠風呂入ってみたかったんだよね〜、あー極楽極楽」

金剛「気に入ったデスかー?」

JK提督「ウチの風呂は足伸ばせないからね〜、生き返るわ〜」

五十鈴「それは良かったわね」

龍驤「…ん?」

JK提督「また入りに来たいな〜」ペッターン

龍驤「え!?ウチより無いやん!!」

金剛「へ?」

五十鈴「なにが?」

JK提督「…おっぱいか?…龍驤ちゃんなら貧乳の気持ちわかってくれると思ったのに…」

龍驤「す…すまん…」

金剛「わー、提督のおっぱいってビーチクしかないネー」

五十鈴「こら金剛!」

JK提督「うわあああああああん二度と入渠風呂なんか来るかああああ!!!」

龍驤「提督ぅー!待ってくれー!!気持ちはしっかりわかってるでー!!」

哀れ胸

甲板胸

??「うち大勝利やー!」


秘書艦室

ガチャ

大井「あ、提督、入渠風呂は気持ちよかったですか?」

JK提督「うん…」

大井「なんか元気ないですね、何かありました?」

JK提督「大井さん、あたしのおっぱい好きだよね?」

大井「え、イキナリなんですか」

JK提督「…」

大井「いや、提督のおっぱいは大好きですよ?私だけのものですし」

JK提督「なら満足〜」ぎゅー

大井「わぷっ、もしかして胸を馬鹿にされたんですか?」

JK提督「いいのいいの、大井さんさえあたしのおっぱいを好きでいてくれたら」

大井「私の好きなおっぱい見せてください」

JK提督「え?うん」ぺろん

大井「かわいい…私だけのおっぱい…はむっ」

JK提督「あ、ちょ」

大井「んむっ…ちゅむ…れるれる…」

JK提督「あぅッ…乳首舐められるの…きもちッ…!」ぴくん

コンコン

大井「ヒィ!?」

ガチャ

長門「大井秘書艦、報告が…」

JK提督「…へ」

長門「提督もいらっしゃったか…なぜ胸を露出している」

大井「あのっ!これは!…提督は胸が小さいッていう噂があって!見てみたら本当に小さくて…!」

JK提督「…」ジトーッ

長門「…それは提督に対してとても失礼なことだ、謝罪しなさい」

大井「へ?……提督…申し訳ございませんでした…」

JK提督「ははは、かまへんで〜〜」

RJよりないってそれもう陥没してるんじゃ…

深海棲艦に恋をした提督にスイッチが出たらどうなるのだろうか
こっち側に引っ張り出すとかできるのか?

谷を山と言うには日本語は狭量過ぎる

ガリッガリという可能性も

鎖骨辺りから肋骨辺りまで手を垂直におろしてくと引っ掛かるものが乳首しか…いやよしとこう俺一人の推測でみんなを混乱させたく無い…

先輩にいたわ
AAカップで乳首が大きい人
夏場ノーブラでシャツの隙間から丸見えやった


とある日

JK提督「ねーねー」

北上「なーにー?」

JK提督「ヲ級に会いたい!」

北上「ヲ級?深海棲艦の?」

JK提督「うん!可愛いじゃん!」

北上「えー、深海棲艦なんてキモいだけだよー」

JK提督「そんなことないよ!見て見て!ネットでもヲ級が人気なんだよ!」

北上「はえー、すごいねぇ」

JK提督「ねーねー、連れてこれない?」

北上「提督ー、ヲ級は深海棲艦なんだよ?あたしたちと殺し合いをする敵なんだよ?」

北上「流石にムチャな要求だね〜」

JK提督「ぶー、つまんなーい」

北上「提督がそんなこと言ってると、大井っちに怒られますよー?」

JK提督「うーん、諦めるかぁ」

北上「…」


海域攻略中

ずどーん

金剛「シット!ヲ級大破!沈め損ねたネー…」

加賀「撤退命令が出たわ、帰投するわよ」

龍驤「A勝利かー、悔しいなぁ」

北上「…」

北上「ねぇ、大丈夫?」

ヲ級「?」

吹雪「ちょっと北上さん!?」

利根「何しとるんだ!!」

北上「…提督がヲ級に会いたがっててさー、連れて帰っていいかな」

龍驤「そんなんダメに決まってるやろ!!」

加賀「怒られて済む話ではありませんね」

利根「早く帰るぞー!」

北上「でも提督が会いたがってるんだよ?どう?旗艦の金剛さん」

金剛「提督が会いたがってるんなら良いんじゃないかナー」

吹雪「え!?」

加賀「…どうなっても知りません」

北上「よーし、行くぞー」

ヲ級「…」

ついに鹵獲システムが!

ヲ級に会えるなら700円とか安すぎる!

レ級「あたしもー!!」

レ級に会えるなら700円とか今すぐ課金してくるわ…
あれだソニーのあれとコラボしてほしい

深海棲艦に美味い飯たらふく食わせて笑顔を見たい

深海棲艦にも会えて700円とか安過ぎ
絶対なにか裏があるやろDMM(疑念)

ヲ級には穴はあるのかついにわかるな


鎮守府

大井「お帰りなさい、あれ?北上さんと金剛さんは?」

加賀「…さぁ」



ぴりりりりり

JK提督『はい、もしもし?』

金剛「提督ー!とりあえず北上のボタン押すネー!」

JK提督『金剛ちゃん?』



ドロン

JK提督「北上さん?金剛ちゃん?あたしになんか用事かな?」

北上「ほら、連れて来ましたよー」

ヲ級「…」

JK提督「ヲ級ちゃん!?」

金剛「大井ッチには内緒ネー」

JK提督「ヲ級ちゃんボロボロじゃん!」

金剛「ワタシが大破させちゃいました」

JK提督「入渠風呂に行こ!!おいで!」

北上「なんか和むなー」

入渠風呂

JK提督「どう?気持ちいい?」

ヲ級「…」

JK提督「なんか、ヲッヲッとか…喋れないのかな」

ヲ級「いや…喋れるけど…」

北上「うわ、普通に喋った!」

ヲ級「ワタシ…普段無口だから…」

金剛「ケガ大丈夫…?」

ヲ級「うん、お風呂入ったらだんだん治ってきた」

ヲ級「何故敵であるワタシを?」

JK提督「おっきゅんに会いたかったんだー」

ヲ級「おっきゅん…」

JK提督「おっきゅん可愛いー!!」

ヲ級「…悪くない」

金剛「回復したら間宮さんとこ行くデース!」

甘味処間宮

JK提督「お邪魔しまーす!」

間宮「あらいらっしゃー…きゃあ!?深海棲艦!?」

金剛「大丈夫デース!このおっきゅんは友達デース!」

間宮「い、いや…友達って…」

北上「間宮さんビビりすぎだよー、空母パフェ一つ〜」

まて!普通にカタカナじゃない日本語喋ってるぞ!
つまり……飼ってもいいんじゃね?(飛躍

ヲ級(*´д`*)ハァハァ

戦闘後にひっぱられたら当然のように降伏するだなんて
まるで餓死寸前でさまよっていたところを鬼畜米英に捕らえられた日本兵のようじゃないか

イ級ちゃんとほっぽちゃんもかわいい

艦娘の解体見学会はまだかい?


JK提督「おっきゅん、美味しい?」

ヲ級「美味しい…」

金剛「流石間宮さんのパフェ!深海棲艦にも好評デース!」

北上「…なーんであたしたち、戦争してんだろ」

間宮「…」

ガララッ!!!

陸奥「北上!!金剛!!」

北上「やばっ、むっちん!」

ヲ級「ん?」

JK提督「あら」

陸奥「ヲ級…!提督危険だわ!!その深海棲艦から離れなさい!!」

JK提督「心配いらないよー、おっきゅん優しいし可愛いもん」

金剛「おっきゅんはもう仲間デース!」

陸奥「馬鹿なこと言ってるんじゃないわよ!!!」

金剛「ひっ…ムッチャン、怖いネー…」

陸奥「大人しくヲ級を引き渡しなさい、とりあえず牢獄に閉じ込めとくわ」

JK提督「ちょっと!おっきゅんは友達だよ!?」

陸奥「友達ではないわ、憎き深海棲艦…敵よ」

北上「もー、いいじゃん、おっきゅんも敵意ないんだし」

陸奥「北上」

北上「な、なに?」

陸奥「あなたがヲ級を連れてきたんだってね、大井秘書艦が御怒りよ」



ぴりりりりり

伊勢『もしもし?』

大井「あ、JK鎮守府秘書艦の大井です」

伊勢『あー大井さん、兄鎮守府秘書艦の伊勢です、どうかしたー?』

大井「ウチの艦隊がヲ級を鎮守府に連れて来たんです…友達にしたいとか言って…」

伊勢『…本当?それはかなりマズイよ、深海棲艦は艦娘と同じように仲間意識が高い』

伊勢『仲間を取り返しに…鎮守府に攻めてくるかもね』

大井「…どうすれば」

伊勢『今すぐ沈めなさい!!!』

伊勢『ヲ級の生命反応があればそれを頼りに深海棲艦が攻めてくるわ』

大井「…わかりました」

伊勢『なにか重大なことになったらすぐ電話ちょうだい!助けに行くから!』

大井「ありがとうございます…」

プツッ

大井「…」

きな臭いことになってまいりました

ちょっとJKさん平和ボケしすぎだろ……

大井っちと敵対するんか……

大井さん一大決心の瞬間……俺でなきゃ見逃しちゃうね

とりあえず、ほっぽちゃんが攻めてきた時に備えて
ゼロのおもちゃ作っとくか

よーし、せめて来た時に対抗できるように間宮さんにごちそうお願いしようぜ

>>595
カエレ!

>>595
シンデンカイ ヨコセ!

何気に俺らのレスに沿ったネタを投下してくれる>>1さんマジイケメンな


ガチャ

北上「やっほー、大井っち呼んだ?」

大井「北上」

北上「…大井っちどうしたのさー」

大井「北上、大井秘書艦と呼びなさい」

北上「…はい、大井秘書艦」

大井「あなたは取り返しのつかないことをしたの、自覚してるんですか」

北上「…いや、だっておっきゅんは」

大井「あなたの軽率な行為でこの鎮守府に危機が訪れようとしているんです」

大井「私やあなたが敵に殺されるのは問題ではありません」

大井「…提督が殺されたら、どうするんですか?」

北上「……」

大井「それに何も考えもせず提督を鎮守府に連れてきて、お留守番もいないのに提督はどうやって外の世界に帰るのですか?」

北上「…あっ」

大井「今回のあなたの行動は度が過ぎてます、罰として第一艦隊旗艦金剛、利根、北上、吹雪、加賀、龍驤を禁固刑に処す」

北上「ちょっとまってよ!ヲ級を連れて帰って来たのはあたしだよ!?あたしだけ牢に入れればいいじゃん!!」

大井「敵空母を連れ帰るあなたを見逃した艦隊全員に責任があります!」

北上「大井秘書艦!!!」

ジリリリリリ

大井「はい、大井です」

瑞鶴『金剛と提督がヲ級を連れて逃げたわ!!』

大井「なにやってるんですかッ!!早く捕まえてヲ級を殺しなさい!!」

瑞鶴『は、はい!!』

北上「殺す…?なんで!?」

大井「早く殺さないとヲ級を嗅ぎつけて深海棲艦が攻めてくるのよ!!!」

北上「…ッ」


ウーーーー…ウーーーー…

陸奥『全艦娘に告ぐ、鎮守府内に深海棲艦正規空母ヲ級が侵入し逃走している、発見次第殺処分しろ』

陸奥『なお、提督と戦艦金剛がヲ級をかくまっている模様、提督には危害を加えるな、繰り返す…』

JK提督「殺処分って、むっちゃん何考えてるの!?」

金剛「何考えてるのか理解されないのはワタシたちのほうネー…」

ヲ級「…ワタシ迷惑かけてない?提督」

JK提督「大丈夫だよ!おっきゅんはあたしが守るから!」

金剛「…」

ヴーーン……

金剛「偵察機がいっぱい飛んでるネ、見つかるのも時間の問題…ネ」

JK提督「そうだ!あたしの部屋にドロンしてかくまえば!」

JK提督「…しまったあ!!!大井さんも北上さんも今鎮守府にいるんだった!!帰れない!!」

JK提督「金剛ちゃんどうしよう!!」

金剛「……」

JK提督「…そうだ!お兄ちゃんに助けてもらおう!!鎮守府電話ってどこにあるの?」

金剛「秘書艦室…じゃないかナ」

JK提督「わかった!あたしは秘書艦室行ってくるから金剛ちゃんはおっきゅん守っててね!!」ダッ

金剛「…」

ヲ級「コンゴー、大丈夫?」

金剛「ワタシはもうここを一歩も動く気力はないネー、殺されたくなかったら早く逃げなさい」

ヲ級「え…」

金剛「電探に反応あり、島風が来たわ」

金剛「殺されたくなかったら逃げなさい」

ヲ級「ッ…」ダッ

なんかシリアスになってた
うーん複雑な気分

話が急展開だな…
続き楽しみ


島風「金剛ちゃん見っけ!!」

金剛「…」

長門「金剛、ヲ級と提督は?」

金剛「…I don't know」

長門「しらばっくれるな、敵を庇うのは反逆者のすることだ」

金剛「…そろそろティータイムネ、ラウンジに行こーっと」

長門「…違う、お前が行くのは牢獄だ」



大井「こらあ!!北上!!待ちなさい!!」

北上(こんなところで捕まってたまりますか…!)

北上(とりあえず逃げ出した提督と金剛とおっきゅんに合わないと…!)

大井「禁固刑じゃ済まなくなるわよ!!!!」

大井「はぁ…はぁ…待って…」

大井「もう!北上さんは何がしたいのよ!!」



北上「ぜぇ…ぜぇ…、大井っちから逃げ切れたかな…」

北上「提督ー…どこー?」



秘書艦室

ガチャ

JK提督「失礼しまーす…」

JK提督「ラッキー、誰もいない」

JK提督「鎮守府電話も発見、とりあえず兄鎮守府に電話っと…」

ぴりりりりり

伊勢『…あ!JK鎮守府ですか!?』

JK提督「あ、はい、JK提督です」

伊勢『…JK提督!?秘書艦の伊勢です!聞いてますか?あなたの鎮守府に深海棲艦がいること!』

JK提督「うん…そのことについてお兄ちゃんに助けてもらおうと…」

伊勢『兄提督は多忙でログアウト状態です!兄鎮守府は現在私の指揮下にあります!なにかありましたか!?』

JK提督「あー、お兄ちゃん今日仕事かー」

伊勢『JK提督、鎮守府周辺海域をちゃんと守ってますか?深海棲艦の襲来に備えてます?』

JK提督「…え?何のこと?」

伊勢『…』

深海棲艦が攻めてくるのって前例あるの?

JKは平和ボケしてる現代日本人の学生で、尚且つ2次創作の影響受けまくってるからまあ仕方ない
北上さまは、誰にも相談しないで行動に移したのは…まあ、良くないな

イベでは攻めてくるって設定だったような
近くにいただけだったかな


ジリリリリリ

JK提督「わあ!黒電話も鳴った!伊勢さんちょっと待ってて!」

伊勢『はぁ』

ガチャ

長門『大井秘書艦!金剛を収監しました!これで北上以外の第一艦隊を収監済みです!提督とヲ級は金剛によって逃がされたようです、申し訳ございません!』

JK提督「え!?なんで金剛ちゃんたちを牢屋に入れたの!?」

長門『その声は提督…?今どこにいる…秘書艦室だな!そこを動くなよ!!』

JK提督「やだよおっきゅんを守らなきゃいけないんだから!!」ダッ

長門『まだそんなことを言っているのか!?提督!…提督!?…提督が秘書艦室から逃げた!捕まえろ!!』ブツッ

伊勢『…』

伊勢『第一艦隊!第二艦隊!!今すぐ出撃よ!!早くしないとJK鎮守府が深海棲艦の袋叩きになるわ!!』ブツッ


秘書艦室

大井「はぁ…北上さんどこいったのよ…」

大井「ん?誰ですか…受話器を放り投げっぱなしの人は…」

ガチャン

大井「わ!長門さん!?」

長門「大井秘書艦!提督は!?」

大井「いや、見てないですけど…」

長門「さっきまでここに提督がいたんだ、周辺も探したんだが…くそ、逃げられてしまったか…」

大井「…もう!提督も北上さんも馬鹿ばっかりなんだから!!」ダッ

長門「大井!どこへ行く!!」

ジリリリリリ

長門「ん?もしもし、長門だ」

陸奥『姉さん!?偵察機が敵連合艦隊を発見、接近中!!大井はどこにいるの!?」

長門「連合…艦隊……!?大井秘書艦!!戻ってきてくれ!!指示を出してくれ!!!」

長門「大井!!どこいった!!??」

陸奥『…提督も大井もいなくなっちゃったの?鎮守府、終わっちゃうわよ…?』

これ丸く収められんのかイッチ…

提督に刃向かってる時点で云々

姫も鹵獲か

このまま鬱エンドでも、それはそれで好きだ


JK提督「はぁ…はぁ…、なんで仲間から逃げなくちゃいけないんだぁ…」

ヲ級「て、提督…」

JK提督「おっきゅん!無事だったんだね!」

ヲ級「…なんかみんな大変そう」

JK提督「まぁ…台風の目はあたしたちなんだけどね…」



JK提督「ねぇ、深海棲艦ってみんな仲良いの?」

ヲ級「うん、仲良いよ」

JK提督「…仲間を艦娘に沈められて嫌じゃないの?」

ヲ級「嫌だけどしょうがない、それが深海棲艦の定めだもん」

JK提督「戦争は嫌だねえ」

ヲ級「艦娘が攻めて来なければ平和なんだけどね」

JK提督「……」

大井「…やっと見つけたあっ!」

JK提督「大井さん!?」

大井「提督、怪我はない?」

JK提督「ねえ!深海棲艦と平和に暮らそうよ!」

大井「…何を訳のわからない事を…」

大井「提督どいて、そいつを沈めなきゃ」

JK提督「まってよ!おっきゅんは悪い子じゃないって!!」

大井「まだそんなこと言ってるんですか!?」

陸奥『全艦隊に告ぐ!!提督も大井もヲ級もどっか行っちゃったけどそんなのどうでもいいわ!!鎮守府に深海棲艦の連合艦隊が接近中よ!!』

陸奥『みんな出撃して!!鎮守府を守って!!!』

JK提督「連合艦隊…?」

大井「深海棲艦の連合艦隊!?…ヲ級を捜しに来たんだわ!」

ヲ級「…」

大井「提督!!早くヲ級を沈めないと鎮守府が沈むわ!!」

JK提督「なんかもう…手遅れじゃないかな」

大井「誰のせいよこの馬鹿提督!!!!」

ズドン……!

JK提督「な、なに!?」

大井「始まったんだわ…海戦が…」

大井「アンタの無責任な行動が艦娘たちを危険にさらしてるのよ!?彼女たちは鎮守府を守るためなら轟沈するまで戦うわ!!」

JK提督「そんな…」

ヲ級「…」ダッ

JK提督「おっきゅん!」

大井「こら!逃げるな!!」ダッ

>>1の過去作品が知りたいな


波止場

ヴーーーン…
ダダダダダダ…
ズドーン…ゴゴゴゴ…

ヲ級「はぁ…はぁ…」ザブン

大井「…海の彼方へ逃げるの?」ザブン

ヲ級「…ここで沈めればいい」

大井「…言われなくてもそのつもりよ!」

ジャコン

大井「海の藻屑と…なりなさいな…」

北上「おっきゅん!!」ザザーン

ヲ級「キタカミ?」

大井「北上さん!?」

北上「逃げるよおっきゅん!」がしっ

ヲ級「おっと…」ザザーン

大井「北上さん!ヲ級をどこに連れて行くの!?」ザザーン

JK提督「はぁ…はぁ…、大井さんも北上さんもおっきゅんも海行っちゃった…」

ズドーン…ズズズズ……

JK提督「…どうして海の上に黒煙があがるんだろう…」



長門「全砲門斉射!!うてーーー!!!」ズドドドーン!!!

島風「五連装酸素魚雷いっちゃってーー!!」ザブンザブン…

瑞鶴「稼働機!全機発艦!!」ヴーーン…

ヒュルルル…

ズガアアアアン!!!

五十鈴「あがっ…!あ゛…うう…」

夕張「五十鈴!?大丈夫!?」

五十鈴「大丈夫…!たかが…たかが…」

夕張「大破してるじゃない!鎮守府戻るわよ!」

五十鈴「ダメ…鎮守府を守らなきゃ…」

鈴谷「いいから戻りなさい!!ここは鈴谷にお任せ!!」

ズドーン…

長門「くっ…戦力が圧倒的に足りない…!」

瑞鶴「当たり前じゃない!!主力の第一艦隊が牢屋にいるんだから!!」

島風「…疲れてきたよ〜」


大井「北上さん!!ヲ級をどこまで連れてくのよ!!そっちは敵連合艦隊のほうよ!!」

北上「おっきゅんを深海棲艦に返しに行くんだよ!それで帰ってもらうの!」

大井「馬鹿!!連合艦隊に突っ込んだら集中砲火を受けるわ!!北上さんやめて!!」

ヲ級「キタカミ、本当に危険だよ…ワタシを沈めて」

北上「何言ってんの!おっきゅんは沈む必要ない!」

ヲ級「…出会ってまだ数時間…なぜワタシをここまで…」

北上「…あたしたちとあなたたちは敵同士…でもこうやってみたら分かり合えそうな気がして…」

ヲ級「キタカミ…」

大井「北上さん!!目視で敵艦隊を確認出来たわ!!危険よ戻って来て!!」

ヲ級「キタカミ、もう大丈夫、一人で帰るから…キタカミは逃げて」

北上「大丈夫、深海棲艦の旗艦に直接おっきゅんを返すよ、そして帰ってもらうよう説得する」

ヲ級「…やめたほうがいい」

北上「そんなこと言うなよ〜、ほら行くよー」

大井「北上さん!!やめてええええ!!!行かないでえええ!!!」

風の谷のキタカミ

らん…らんらららんらんらん……らん…らんらららん……


大井(ダメ…怖くて足が震えて動けない…北上さん行かないで…!)

ズドオオオオン…ゴゴゴゴ…

戦艦棲姫「この鎮守府…ヌルいわね…」

装甲空母鬼「わざわざ連合艦隊で来る必要なかったんじゃないのー?」

泊地棲姫「二度と復活できないように…ぶっ潰せばいい…」

空母棲鬼「ん…なんかあっちの方角から来るよ…」

戦艦棲姫「あれは…ヲ級と…艦娘?」

泊地棲姫「沈めるか…?」

戦艦棲姫「いや、待て…」

装甲空母鬼「…こっち来た」

北上「…どもー…」

空母棲鬼「何の用?」

北上「あのー…ヲ級ちゃんを返しに来たんですよー」

ヲ級「ただいま…」

装甲空母鬼「お帰りなさい」

戦艦棲姫「返しに来てくれてありがとう…心配してたの…」

北上「そ…そーですかー!ご迷惑おかけしましたー!」

泊地棲姫「わざわざありがとう」

北上「いえいえ、以外と深海棲艦もフレンドリーなんだね〜」

北上「それでお願いがあるんだけど…艦隊を撤退させてくれま」

ジャコン

戦艦棲姫「それじゃあ艦娘は」

北上「へ?」

戦艦棲姫「 シ ズ ミ ナ サ イ 」

大井「北上さあああああああああああん!!!!!!」

ズ ド ォ ン ン ン ……!!

まぁそうなるな

つーかヲ級にしろ金剛にしろ北上と跳べるなら他の子と結婚する必要なくね

ほのぼのかとおもったら急にシリアスに
展開が気になる


ゴオオオオオ………

装甲空母鬼「げほっ、げほっ…派手に爆発したわね…」

泊地棲姫「重雷装巡洋艦だし…魚雷いっぱい持ってたしな…」

空母棲鬼「煙ったいし移動しよう…」

ヒュルルルルルル……

戦艦棲姫「…ん?」

ズガァァァァン!!!

泊地棲姫「…がァ…ッ!!」

装甲空母鬼「どこから!?」

ザザザザザ…

大和「兄鎮守府連合艦隊旗艦、戦艦大和、推して参ります!!」

武蔵「JK鎮守府の皆!待たせたな!!助けに来たぞ!!」

ビスマルク「さぁ!深海棲艦ども!私たちが相手になるわ!!」

飛龍「友永隊!頼んだわよ!!」

大鳳「制空権はもらったわ!!」

……………

長門「た…助かった…のか…?」

島風「ねぇ!大和艦隊に任せて鎮守府戻るよ!!みんな怪我してるし!!」



ぺたん…

大井「…」

ゴオオオオオオ……

大井「…北上さん」

大井「北上さぁん…」

大井「きたかみ…さ…ん…」

北上「大井っち!」ザザーン

大井「北上さん!?無事だったのね!?」

大井「よかった!!よかったあああ!!」

北上「…申し訳ないんだけど、あたしは兄鎮守府の連合艦隊の北上なの」

北上「あなたの知ってる北上ではないんだ」

大井「え…」

北上「ここは危険だから鎮守府戻るよ!!」

ゴオオオオオオ……

大井「…私の…北上さんは…どこ」

北上「…」

どうしてこうなった・・・・・

https://youtu.be/PmOtv9Vqpek


大和「報告します!敵連合艦隊は一隻残らず撃破しました!これにて作戦を終了します」

武蔵「そちらの被害は甚大だ、今夜この鎮守府に我々が一泊して皆さんのケアをしようと思うのだが…余計な世話かな」

陸奥「そんなことないです!!皆様のおかげで我々は命拾いしました…!!感謝の言葉しかありません…!!」

大和「構わないですよ、私たちは友軍なんですから」

陸奥「ありがたいお言葉です…!ウチの馬鹿な艦娘の軽率な行為でご迷惑をかけてしまって申し訳ございません!!」

陸奥「北上!!!金剛!!!謝罪しなさい!!!」

金剛「も、申し訳ございませんでした…」

陸奥「…北上は!?北上はどこなの!?」

大井「…」

大井「…沈みました」

陸奥「…え」

大井「北上さんは轟沈しました」

大井「守れません…でした…」

JK提督「嘘…っ」

JK提督「嘘だよ、だってそこにいるじゃん」

北上「…ごめん、あたしは兄鎮守府の北上…紛らわしくてゴメン…」

JK提督「…」

JK提督「…」

JK提督「…提督失格だぁ、あたし」

JK提督「…元々提督の器なんか持ってないかぁ」

JK提督「…みんな、ごめんなさい」

JK提督「ごめん…なさい…」

JK提督「ごめ…ん…なしゃい…ぃ、ううう…」

ぴぴー

大和「こちら大和」ヒソッ

兄提督『大和か?俺だ、伊勢から話は聞いた』

大和「はい」

兄提督『妹を外の世界に連れ戻したい、ボタンを押すから妹を抱えてくれないか?』

大和「わかりました」

大和「JK提督、一旦外の世界に帰りましょう、お兄さんが待ってます」

JK提督「うっ…ごめんなさい…うぅ…」

大和「…」ヒョイ

大和「武蔵、一旦外の世界に行きます」

武蔵「あぁ、JK鎮守府の連中は任せとけ」

ドロン

これも全部>>570のせい……

と言いたいがアレ書いたの俺です大変申し訳ございませんでしたお願いですから命だけは何でもしまかぜ


兄提督の家

兄提督「…」

雷「…」

大和「…」

JK提督「うっ…うぅ…」

兄提督「悪い、席を外してくれ」

雷「…わかったわ」

大和「承知しました」

ドロン

兄提督「…」

JK提督「うっ…」

兄提督「とりあえずお前が無事でいてくれてよかった」

JK提督「…」

兄提督「ゲームの中で殺されたなんて、母さんにどう説明したらいいかわからないしな」

JK提督「…」

JK提督「…」

JK提督「…あたしもう、艦これやめる…」

兄提督「…」

兄提督「…そうか」

兄提督「…今日はウチに泊まってけ、母さんには俺が話しとく」

JK提督「…」

JK提督「…北上さん……」

轟沈は荒れそうなんだよなあ…

深海棲艦と仲良くなってひょっこり帰ってこないかな...

おいみんな>>1が自由に書けなくなるから推測するのやめようぜ(二行下に向かってブーメラン)

俺はヲっきゅんが北上さん庇ってくれたと予想

ほら、きっとサプライズ的なアレだよ!
だからそのうちひょっこり顔を出すさ
それで、「びっくりしたー?」とか、言って、くれるさ……


JK鎮守府

龍驤「…」

加賀「…」

吹雪「私が…止めなかったから…」

金剛「違うブッキー!!旗艦であるワタシの責任ネ!!!…責任をとって、大井秘書艦にワタシを雷撃処分してもらうよう、頼んでくるネ…」

利根「馬鹿なことを言うな!!!…これ以上仲間が減るのはもうウンザリだ…」

金剛「…」



陸奥「…」

大井「…」

陸奥「…」

大井「…」

大井「…陸奥さん」

陸奥「…なぁに?」

大井「今まで、出来損ないの秘書艦を支えてくれてありがとうございます」

陸奥「そんなことらないわよ、立派な秘書艦だわ」

大井「提督は恐らく、二度と鎮守府には戻ってこないでしょう」

大井「私たちも、戦いなんか忘れて…のびのび暮らしませんか」

陸奥「…まぁ、提督の指示がなければ動けないし、動きたくないからね」

大井「…提督が作ってくれたこのJK鎮守府、皆で守っていきましょう」

陸奥「そうね」

大井「…」

大井「…提督、これからもずっと提督のこと愛してます」

大井「…北上さん、ずっと私のこと、私たちのこと見守っててください」

大井「さようなら」

まぁ待てよ
大破進撃しない限り撃沈なんてありえないんだからさ

アニメ如月「お、おう」

あれは不正ツールをだな・・・

じゃああの提督が消えたのは垢BANだったのか

いやこれ、JKが見た夢でしょ?
もうやだー本気でハラハラしちゃったじゃないですかー

自分の艦むすを沈める不正ツールってなんだよ

>>640
不正ツール使って艦娘が轟沈してそれをバグのせいだっつって運営に報告した奴がいたんやで
運営激おこでツイッターしとった

>>641の言い方はなんかドヤっててムカつくけどまあ有名な話やで


北上「それでお願いがあるんだけど…艦隊を撤退させてくれま」

ジャコン

戦艦棲姫「じゃあ艦娘は」

北上「へ?」

戦艦棲姫「 シ ズ ミ ナ サ イ 」

大井「北上さあああああああああああん!!!!!!」


ヲ級「キタカミ…!」


北上「…おっきゅん…?」


ズ ド ォ ン ン ン ……!!


北上「ぐえぇぇ…ッ!!」


ゴオオオオオオ……


北上(…あれ?あたし死んだの?)

北上(身体中が痛い…)

北上(いっつ…ッ!)

北上(血がすごい…)

北上(あぁ、海水が傷口に入って痛いよ…)

北上(…)

北上(…この痛み…あたし生きてる?)

北上(…青空が見える…沈んでないんだ)



北上(生きなきゃ…鎮守府に帰らなきゃ……)


ちょっと北上さんそこ代われよ!
社会のクズの俺が沈むからあなた様は生きてく出しぁぁ!!!

>>644
やめろ!お前が死んだら…俺はどうすれば良いんだよ!

「夏の夕暮れ

 やさしく迎えてくれるのは

 海鳥達だけなのか?」


翌日

摩耶「あー、疲れた」

時雨「なかなか、精神にくる辛さだね…」

摩耶「JK鎮守府の連中、みんな落ち込んじゃってるしさぁ」

時雨「しょうがないさ、仲間が沈んだんだから…」

摩耶「まだうちは誰も沈んだことないからな、…辛いんだろうな」

摩耶「…あー、はやく自分の鎮守府に帰りてーなぁ」

時雨「…ん?摩耶!浜辺に誰か倒れてない!?」

摩耶「あん…?本当だ!行くぞ!」

時雨「うん!」


数日後

大井「…」

大井「…ダメだ、ずっと電話繋がらない」

大井「本当に二度と私たちに会わないつもりですか…?」

大井「本当に馬鹿な提督…」

ぴりりりりり

大井「あ、もしもし、JK鎮守府の大井です」

大井「伊勢さん、この前はお世話になりました」

大井「すみません、兄提督はいらっしゃいますか?」

大井「はい」

大井「…」

大井「あ、兄提督!ご無沙汰しています大井です」

大井「…すみません、お願いがあるのですが…」

大井「…外の世界に行きたいです」

大井「いいんですか!?ありがとうございます!!」

大井「はい!助かります!!ありがとうございます!!」

試しにでも北上さんの呼び出しボタン押してみればよかったのに…

>>649
やはり天才か

そうやって機転きかせすぎると物語進まなくなっちゃうでしょ!

ぶっちゃけすぎだ

轟沈後は呼び出しボタンが轟沈ボタンになって、轟沈台詞を聞くだけのボタンに…

▂▅▇█▓▒ (’ω’) ▒▓█▇▅▂

jkにそんな知恵回るわけ無いだろjk

というか一番信頼してる大井に轟沈したって言われたら信じるだろ

知恵というより発想が固定されてるから仕方ない
下手に押して「北上さんだったもの」の残骸がドロンしたらと思うと俺だって押せない


母「アンタ最近パソコンゲームもせず勉強に専念して…偉いわねぇ」

JK提督「もう受験だしね!ゲームなんかやってられないよ」

母「感心感心、じゃあお母さんパート行ってくるからね、夜遅くなるかも…」

JK提督「勉強して待ってるよ〜ん」

母「じゃあアンタの好きなエビ天買って帰るからね!行ってきまーす」

JK提督「わーい!行ってらっしゃい!」



ピンポーン

JK提督「ん?誰だろ」

JK提督「はい?」

兄提督『おにーちゃんでーす、仕事休みだから遊びに来ましたー』

JK提督「お兄ちゃん!今開けるから待ってて」

兄提督『あーい』

ガチャ

JK提督「おにい…」

大井「提督、お久しぶりです」

JK提督「…大井さん!?え、なんで?」

大井「全然会いに来てくれないから、こっちから提督に会いに来たんですよ」

JK提督「…大井さん…」

北上「やっほー、提督おひさ〜」

JK提督「き、北上さん!?…兄鎮守府の…?」

北上「ひどいなぁ、JK提督の北上様ですよー」

JK提督「え?だって…沈んだって…」

兄提督「おーい、寒いから中入れてくれ〜、詳しいことは話すからさ」

JK提督「お兄ちゃん…」


北上「あたしが戦艦棲姫に主砲を向けられたとき、おっきゅんが飛び出してきて盾になってくれたの」

北上「主砲はおっきゅんを貫いてあたしに…」

北上「でも、そのおかげであたしは大破で済んだ」

北上「多分おっきゅんは…その場で…吹き飛んだと思う」

北上「おっきゅんのおかげであたしは生き残れたの」

JK提督「北上さん!!!」ぎゅうううう

北上「ぶえ」

JK提督「よがっだ…!よがっだよお゛お゛お゛!!」ぎゅううううううう

北上「あはは、あたしもまた提督に会えて嬉しいよ」

JK提督「ごめんね、あたしがヲ級に会いたいなんていうから…おっきゅん、ごめんなさい」

北上「違う、あたしのせいだよ、みんなを巻き込んじゃって…、兄提督もごめんなさい」

兄提督「もう、許すって言ったろ?気にすんなよ」

大井「…提督はもう艦これをやらないんですか?私たちに会いに来てくれないんですか?」

JK提督「うん、受験も近いし本格的に勉強しないとマズイからゲームもやめようかな」

大井「…」

JK提督「って思ってたんだけど!」

ぎゅうううう

大井「へぷぷ!?」

JK提督「大井さんと二度と会わないなんて嫌だから艦これやめるのやーめた!!」

大井「提督…!」

北上「まぁ…勉強のほうが大事だし、いつもみたいにプレイしてとは言わないけど、ログインだけでもしてくれればココと鎮守府は繋がるから」

北上「それさえしてくれればありがたいなぁ」

JK提督「うん!!そうする!!」

兄提督「提督なんて艦娘に愛されてナンボだしな!」

JK提督「そうだね!」

JK提督「大井さん、愛してるよ!!」

大井「はい!私も提督のこと、愛してます!!」


くぅ疲
読んでくれた方、コメくれた方ありがとうございました

JKの年齢や時間軸など矛盾がありましたが、
そこはプチサザエさん時空ということで…オナシャス

乙乙

乙、面白かった

北上さんが無事だったのは良かったけどおっきゅんが気の毒だなぁ

後日談も見たいなーチラッ

続けても、ええんやで?(ニッコリ


で、続きはいつなんですかね!?

乙でした!
ボタンの出し方が解明されるまで続けていただかないと……。

よかった

>>667
Win7なら、Safariから艦これにログインしてMySQLを立ち上げて読み取ったトークンを入力、出てきたデータをユニバーサルメルカトル図法でパースすればできるよ

打ち切りエンド臭がやばい

ヲ級のくだりなんだったの?
必要だったの?

乙です、これは金剛たちがどうなったのかとか兄鎮守府も気になる
jk提督と大井さんのイチャラブをもっと書いてくれてもいいのよ(チラッ


ヲ級らへんのところは愛染編のおわったぶりーちみたいだったけどよかったよ

大井さんと提督でぐちゅぐちゅになってやらしい部屋に兄提督ははいったの?
べっちゃべちゃでしょ羨ましい


ヲっきゅん……

>>674
掃除ぐらいさせてやれよ

最後の駆け足感だけ残念だったけど面白かった
おつでした

面白かった!乙!

というかよく考えたら普通に轟沈させるのもかなりのショックなのに実際に会えた艦娘が轟沈したらトラウマになるわ

ヲ級の件はいらなかったな
まぁお疲れ様

ssですし


シリアスは文才のないワシには向かないでちな
やっぱりくだらない日常をダラダラ書くほうが好きでち

なんで後日談というか、オマケ程度にダラダラ書いてくでち


北上「あー、ひま」

北上「ひまひまひまー」

北上「…そんなときは」

秘書艦室

北上「大井っち〜」

大井「あら、北上さん」

北上「鎮守府電話借りるね〜」

大井「誰にかけるの?」

北上「提督ー」

大井「提督は受験勉強中なんですから、迷惑かけちゃダメですよ?」

北上「大丈夫だってー」

ぴりりりりり

JK提督『ふあい』

北上「提督ー、北上様だよー」

JK提督『北上様ー?どうしたの?』

北上「提督の部屋でゴロゴロ漫画読みたいなーって」

大井「ダメですよ!提督は勉強中なんですから!」

JK提督『いいよ!おいでおいで!』

北上「わーい」

ドロン

大井「まったくもう、提督も北上さんがいて集中できるのかしら」

大井「…トイレ」



ちょぼぼぼぼぼ…

大井「…ふぅ」

ドロン

大井「うわ!?」

大井「いたッ!?」びちゃん!

JK提督「……」

北上「……」

大井「…え、え!?」チョロチョロ

北上「……大井っちオシッコしてる…」

大井「馬鹿ああああああ!!!!急に呼ぶなあああああ!!!」

北上に大井さんが嫉妬するあたりは面白かった>シリアス

大井さんのお小水と聞いて飛んで来ました

これはよいものだ


北上「うわはは、カーペットが大井っちのオシッコでびちょびちょ…」

大井「…ごめんなさい」

JK提督「いやいやなんで大井さんが謝るの!悪いのは急に呼び出したあたしなんだから、大井さんはなーんも気にしなくていいの!」

JK提督「それに大井さんのオシッコだからふふふふふふふ」

北上「キモ」

JK提督「ギャグだよぉ…北上さんの真顔のツッコミは精神にくるのでNG」

大井「結局提督の勉強邪魔しちゃってるじゃない…」

北上「どーすんの?コレ」

JK提督「あ、大丈夫、お母さんにはあたしが漏らしたって言っとくから」

大井「それ大丈夫じゃないですよね、確実に」

JK提督「とりあえず大井さんの聖水が染み込んだカーペットはゴミ袋の中に一時保管!」

大井「そーゆー言い方本当にやめてください」

北上「体液フェチってヤツだね〜」

大井「そんな下品なフェチはどうでもいいです、どうして私を呼んだんですか?」

JK提督「いやぁ、勉強しようにもこの部屋には誘惑が多い!漫画!ゲーム!艦これ!勉強に集中できない!」

JK提督「それじゃあ鎮守府で勉強すればいいじゃないか!!」

大井「…はぁ」

JK提督「オーシャンビューを眺め、金剛ちゃんの紅茶を飲みながらする勉強は最高に楽しそうではないか!」

北上「提督!ナイスアイディア!!」

JK提督「とゆーわけで大井さん、鎮守府まで女子高生一人お願いします」

大井「…」

おっきゅん、、、
これで深海勢と仲良くならんかな、、

変態提督のままで本当に良かった


ドロン

JK提督「とうちゃーく!」

大井「…こんなところで勉強なんかできるんですかね…」

JK提督「大井さんはなんでオシッコカーペットも持って来てんの?」

大井「お母様に迷惑かけられないですからね!私が鎮守府で洗います!」

JK提督「あたしが洗ってあげようか?大井さんのオシッコ」

大井「勉強しなさい!!」

JK提督「大井さんのお母さん化が…」



JK提督「さーて、どこで勉強しようかな」

JK提督「おぉ、海を眺められるベンチなんかいいじゃないか」

JK提督「よっこらせ」

JK提督「おうふ、海風が気持ちいい」

島風「おっおー!提督何やってんの?」

JK提督「島風ちゃん!勉強ですぜ」

島風「へー、こんなところで?」

JK提督「偉い?褒めて褒めて!」

島風「室内でやったほうがいいと思うよ…風で飛ぶし」

JK提督「島風ちゃんって意外と冷静に物事を判断できるんだね」

島風「すっごい馬鹿にされてる気分」


JK提督「なんか落ち着いて勉強できるところない?」

島風「うーん…ラウンジかなぁ」

JK提督「あぁロクヨン置いてある場所ね!!」

島風「うん!カフェみたいな感じで落ち着いて出来るんじゃないかな!」



吹雪「だ、誰ですかバナナ置いたの!」

瑞鶴「私だよーん!」

利根「提督、赤こうらをくらえ!!」

JK提督「なんの!緑こうらガード!!」

島風「…ダメだこりゃ」

おお 再開してた…
何か日常が帰ってきた感じだわ

このノリ好き
めっちゃほのぼのする

これ面白いが、おっきゅんがかわいそう…
あと深海さんたちもこの鎮守府みたいな日常を送ってるわけだよな…

できればそこら辺まで含めて大団円まで持っていって欲しいな

深海を書くとシリアスにせざるをえないだろ
侵略者に平和を侵されてる状態な訳だから

深海も仲良くってのは平和ボケの極みだからなあ
戦争終結後ならともかく戦時下にそんな事押し通すのは狂人でしかない

他の艦娘も結婚カッコカリするなりして現実世界に呼んでみんなで遊び回るって展開もいいなぁ

>>696
おっと電ちゃんの悪口はそこまでだ
それはそうとJK提督に彼氏が出来て大井が怒り狂うドロドロ展開キボンヌ

それよりは大井さんが兄提督に会う前にJK提督と一緒にいるところを見て勘違いする方が…


大井「あー、やっとカーペット綺麗になった…」

大井「ちょっと疲れたしラウンジでお茶でも…」

JK提督「いえーい!優勝ー!!」

瑞鶴「当たり前じゃん提督のゲームなんだから!ズルイよ!!」

大井「…」

大井「…提督、勉強は?」

JK提督「げ、お母さん!?」

島風(お母さん!?)

大井「何ゲームしてんの!勉強しに鎮守府に来たんでしょ!?遊びに来たのなら帰らせるわよ!!」

JK提督「ご、ごめんなさい!!」

瑞鶴(お母さんだ)

大井っちってかなりアレだけど、姉ちゃん属性ぱないよなぁ・・・

だから木曾があぁなんだろうか

そういや木曽出てないなあ


JK提督「くそう、大井さんに怒られてしまった…」

JK提督「どこか落ち着いて勉強が出来るところはないのだろうか…」

加賀「あら、こんにちは」

JK提督「加賀ちゃん!今日もクールだね!」

加賀「なにか悩んでるようね」

JK提督「そーなんだよぉ、いい勉強スポットはないものか…」

加賀「そんな提督には空母寮がオススメよ」

加賀「空母寮は和にこだわっているわ、私と赤城さんの部屋で勉強してもいいわ」

JK提督「本当!?…でも加賀ちゃんと赤城ちゃんの邪魔に…」

加賀「私と赤城さんは今からラウンジでスターフォックスやるの、部屋は自由に使っていいわ」

JK提督(ロクヨン人気だなぁ、持ってきてよかった)



カチャ

JK提督「ここが加賀ちゃんと赤城ちゃんの部屋…」

JK提督「すごーい!旅館の部屋みたい!!いいなぁ、ここで毎日寝泊りしてんだ」

JK提督「日本ならではの和の空間!そして窓の外にはオーシャンビュー!私が追い求めていた場所がここに!」

JK提督「さぁ準備は整った!勉強始めるぞー!」

木曾は手のかかる姉持って苦労してるように見えるけど実は姉たちから結構甘やかされてるっていう立ち位置が似合う


一時間後

JK提督「ふぃー!勉強が捗るね!さすが空母寮!」

カチャ

加賀「勉強は進んでるかしら」

JK提督「加賀ちゃん!おかげさまで!どうしたの?」

加賀「赤城さんがお腹すいたって呟くから…お菓子を持って行こうと…」

JK提督「赤城ちゃんがお腹すいた…」

JK提督「あたしがなんか料理作ったげる!!」

加賀「提督が料理…?」



ラウンジ

瑞鶴「赤城上手いじゃない!次のステージよ!」

赤城「スターウルフ…?知らない子ですね」

大井(みんなで仲良くゲームを囲む姿は本当に微笑ましいわ)

大井(提督には感謝しなきゃね)

龍驤「おーい赤城!瑞鶴!提督が空母寮で料理作ってくれてるで!食べに行くでー!」

赤城「料理!?食べに行きます!!」

瑞鶴「へー、提督って料理できるんだー」

大井「…」

大井「いや勉強は!?」

すげー設備だなぁ鎮守府

ディディーコングレーシング、やろう!(提案)

勉強(家庭科)

スターフォックス面白かったなあ

マリパやろうか(ニッコリ

友情崩壊ゲーをたくさんやろうよ(ゲス顔)

PSかSFC持ってきて桃鉄といたストやろうぜ(ゲス顔)

なんとも守りたくない笑顔ばかりだ

じゃあこれ(GC版ガンダムvsZガンダム)

ドンキーコング64とスマブラ、やろうな(ゲス顔)

鎮守府内で戦争が起こりそうですね

さっき見つけてあっという間に読み終わってしまった。
すごく面白いです!

友情崩壊ゲー?カービィのエアライドとか(64じゃない)

エアライドはハイドラ解放したらガチでヤバい

防御ガンあげしたレックスに勝てるとでも?


空母寮共同台所

加賀「…スゴイ」

赤城「これは…見事な手さばきです」

JK提督「ほい!完成!」

瑞鶴「お!オムライスだ!」

龍驤「見事な完成度や…」

赤城「頂きます」

赤城「はぐ」

赤城「…美味しい、卵もふわトロで最高です!」

加賀「職人の味だわ」

龍驤「こんな美味いもの作れるなんていい嫁さんになれるで!」

瑞鶴「提督は大井の嫁さんでしょ?いいなぁ大井のヤツ、こんな美味いもの食べさせてもらうなんて」

大井「羨ましいでしょ」

JK提督「イヤイヤそんな……げ、大井さん…」

大井「お料理もいいけど、勉強は?」

JK提督「…家庭科の勉強を…」

大井「提督の行く大学は料理学校じゃないでしょ?」

大井「…大学合格するまで、鎮守府出禁にしますよ?」

JK提督「勉強してきます!!」ドヒューン

お、大学受験で艦これ出来るってことは浪人生かな?(すっとぼけ)

失敬!ドヒューン

艦これってR-20?

>>724
DMMが18歳以上しか登録できない

JKで職人といえる出来のオムライスってすげえな
あれ見た目より難しいのに、僕は社会人になってから修行したけど
合格点やれるまでそこそこかかった

4月生まれとかだから(震え声)


JK提督「他にいい場所は…」

金剛「ヘイ提督ゥー!どーしたノー?」

JK提督「金剛ちゃん!かくかくしかじか!!」

金剛「なるほどー、そーゆー事なら戦艦寮のテラスがオススメね!!」

JK提督「戦艦寮のテラス?」

戦艦寮

JK提督「うわー!いいなぁココ!オーシャンビュー!!」

金剛「戦艦たちの憩いの広場ネ」

金剛「さぁ、勉強頑張るネ!」

JK提督「…金剛ちゃんの作る紅茶が飲みたいネー」

金剛「わかりましタ!待っててネー!」

JK提督「わーい!金剛ちゃんマジプリチー」



金剛「ハイどうぞー」コト

JK提督「わぁ、いい香り…」

金剛「英語の勉強?」

JK提督「うん…やっぱり英語が一番苦手だなぁ…」

金剛「教えてあげよっか?」

JK提督「…こんなところに帰国子女が!!教えて!!」

金剛「of course」

一時間後

金剛「…となるデース」

JK提督「なるほど!理解したよ!」

金剛「提督、飲み込み早いネー、別に勉強嫌いじゃないでしょ?もっと頑張れば英語ペラペラになれるネ」

JK提督「まぁ、嫌いじゃないよー…好きでもないけど」

金剛「提督なら大学合格間違いなしネ!」

JK提督「ありがとう!金剛ちゃん好き!」

金剛「うわーい!嬉しいデース!」

声帯の妖精さんは英検準一級だっけ?

リアル帰国子女

弾着補正のため数学と物理に滅法強い艦娘たち

物理・・・学生時代はこんなモン役に立つのかと思っていたが
フォークリフトと玉架けの資格でしっかり必要な知識であった・・・

ぼくも建築やってるから平方根だの懐かしいこと勉強しなおしたなぁ

国内にしかいないから英語とか使わないと思ってたけど接客業になったから英語を使うはめに
ただ今も勉強中

金剛「この場合の"もちろん"は"Sure"が正しいデース」

平和な世界

今日浪人きまったよくそぅ
嫁が出てくるの楽しみに一年間やってやるよ

金剛の英語はブリティッシュな感じにしたいけどそれはなかなか難しいよね
語彙が貧弱なのでterribly sorryとbloodyしかブリティッシュ語がおもいつかない
だから浦風など方言キャラ以上に登場をためらってしまう

>>738
CoCo塾に行ってお勉強するデース!

英語の語彙の少なさを嘆いたのに、なぜカレー屋を勧められたんだろう
いささか理解の範疇を超えている
金剛型繋がりで比叡カレーネタからだろうか

壱番屋じゃねーよ。閑話休題

運営がサービス終了したら大井っち達はどうなってしまうのか

>>740
自分のジョークの解説は苦行デース…
http://www.kinmosa.com/special/

バカスwww


JK提督「ふぅー、金剛先生のおかげで英語捗ったわ〜」

JK提督「最後はどこで勉強しようかなぁ〜、って場所は決まってるんだけどね」

ガチャン

JK提督「お邪魔しまーす!!」

大井「あら提督、勉強終わったんですか?」

JK提督「いや!ここで勉強したい!」

大井「え!?」



JK提督「あー、捗るわ〜…こういう由緒ただしい部屋って身が引き締まるよね〜」

大井「真面目に勉強してる…ならいいか」

JK提督「ふむふむ」

大井(提督は別に馬鹿じゃないんですよね、料理もできて勉強もできる)

大井(素晴らしいお方です、…私がその提督の特別なんて…誇らしいですね)

大井「ん?」

大井「提…督…?」

JK提督「大井さん」ズイッ

大井「ハイ…?」

JK提督「この部屋には誘惑するものなくて、勉強に集中できると思ったけど…」

大井「…ハイ」

JK提督「誘惑するものあった」

大井「…」

JK提督「可愛くて…優しくて…エロい身体してて…あたしのだーいすきな…」

大井「ちょっと…」

JK提督「大井さんが」

大井「ヒィ」

これは仕方ない

自分の嫁が目の前にいるんだもんなぁ…


……………

ギシッ…ギシッ…

大井「てえとくッ…これがなければ…素敵なのにぃ…!」

JK提督「大井さんはッ…キライ?…んっ…貝合わせ」

大井「キライじゃない!好き!!提督に愛されてるからあッ!私は提督の特別だから!!」

ぴりりりりりり

JK提督「…ッ、電話なってるよ」

大井「そんなのどうでもいい!…もっと!提督もっとぉ!ぎゅうして!抱きしめて!!」

JK提督「好きだよ、大井さん…あッ…」

……………

北上「あれ?出ないなぁ、もうそろそろ夜なのに…」

北上「まぁいいや、呼び出しちゃお」

ポチ

ドロン

JK提督「んッ……ん?」

大井「提督!提……北上…さん?」

北上「」

JK提督「あ、あれぇ!?私の部屋!?」

大井「ひ、ひいいいいいいい!?北上さあああああああ」

北上「」

これは…ww

まぁ、うん、北上さんも悪い

気まずいなんてもんじゃない

これは\(^o^)/オワタ

これはもう3P移行だろうなぁ…

2人で北上さん開発の流れに1800ペリカ


北上「…もう」

北上「いきなり呼んだ私が悪いけど」

北上「時間と場所をわきまえてよね!!」かあぁ

ドロン

JK提督「…」

大井「…」

JK提督「…今見た?北上さんの顔」

大井「はい、見ました」

JK提督「顔真っ赤にして…可愛かったよね?」

大井「そうです!それです!可愛かったです!」

JK提督「あたしと大井さんのエッチを目の当たりにして恥ずかしかったのかな?」

大井「そうですよ!北上さんはウブですからね!」

JK提督「北上さん可愛い!」

大井「北上さん可愛い!」

鎮守府

JK提督『北上さん可愛い!!』

大井『北上さん可愛い!!』

JK提督『顔真っ赤な顔の北上さん可愛い!!』

大井『ウブで純粋な北上さん可愛い!!』

瑞鶴「なんか提督と大井が外から叫んでるけどなんかあったの?」

北上「もう知らない!!あのバカップルの事なんて知らない!!」

瑞鶴「なんで顔赤いの?」

龍驤「北上にも可愛い一面があるんやな」

これはかわいい
みんなかわいい

俺もかわいい

兄鎮守府の方も気になるな。
兄鎮守府の日常や、JK鎮守府との演習とか

親は勉強の様子とか見にこないのかしら

親に大井さんと北上さんを紹介する展開はよ

面白い
だらだらとでもいいから続けて欲しい


このスレが埋まるまでダラダラ続けていくつもりです

スレが埋まり次第、兄鎮守府がメインの話でも書いてみようかなと考えてまする

よっしゃ

やったね
むっちゃんに光を・・・

新手のセクハラかな?

Part2があるってことか!コイツは素晴らしい
まとめサイトでも大人気だったよ、ここ
そしてPart3は会社の部下?編だね

くっさ


北上「風紀が乱れてる」

陸奥「…へ?」

北上「風紀が乱れてるの!」

陸奥「いきなりどうしたの…?」

北上「この鎮守府を支えているのは?」

陸奥「もちろん、提督と大井秘書艦よ」

北上「その二人の風紀が乱れてるの!」

陸奥「…確かにたまにイチャイチャしてるけど、執務はしっかりしてるから問題ないんじゃないの?」

北上「あの二人にこの鎮守府は任せておけないよ!」

陸奥「えー?そんなに?何があったの?」

北上「ごにょごにょ」

陸奥「…えぇ?提督と大井がエッチしてた?」

北上「別にすることはいいんだけど、たまに時間と場所をわきまえないんだよー」

陸奥「なに金剛みたいなこと言ってんの」

陸奥「第一、エッチって女の子と男の子がすることでしょ?女の子同士じゃできないわ」

北上「…」

陸奥「なにかの見間違いじゃないの?」

北上「女の子同士でやってたもん」

陸奥「どうやるの?」

北上「…」

北上「…わかんない」かあぁ

陸奥(可愛い)

陸奥「わかったわ!…よくわかんないけどお姉さんが協力してあげる!」

北上「ありがとう!むっちん!」

お姉さん第三砲塔爆発しちゃう人だから不安だなぁ…

火遊びの達人だからなぁ

火遊び(意味深)

兄貴編は電と大和がメインかな?

ロリコン鎮守府

兄提督は雷ちゃんじゃないっけ?

兄提督はみんなのお父さんだからね
健全だね(エロシーンが無いとは言ってない)

近視相か…


陸奥「…とは言ったものの、何をするの?」

北上「…とりあえず大井っちを観察!風紀を乱す行動したら即注意!」

陸奥「例えばどんな行動?」

北上「エッチなこととか」

陸奥「基準高くない?」

秘書艦室

かちゃ…

北上「…」じー

陸奥「…」じー

大井「ふむふむ」テキパキ

北上「…さすが大井っち、手際よく執務をこなしてる」

陸奥「これ、覗いてる行為のほうが問題じゃない?」

ぴりりりりりり

陸奥「あら、鎮守府電話が鳴ってるわね」

大井「はい、あら提督!…はい、…そーですねー」

北上「相手は提督…浮ついた会話が聞けるかも!」

陸奥「北上ったら楽しそうね…」

大井「私も頑張ってます!…ええ、提督が大学受かったら鎮守府でパーティしましょうね!」

陸奥「あら、パーティ楽しみね」

北上「…つまんない」

陸奥「あなたは大井にどうして欲しいのよ…」

多分またアレを見たいんじゃないかな?

これ艦これのサービス終了したら発狂しかねんだろ...

じゃけん終了前に全員とケッコンしましょうね~

サービス終了前に全員とケッコンして全員こっち置いとけばええねん


後日

陸奥「結局、北上といっしょに大井をストーキングし続けたが、大井は提督がいないとふぬけないことがわかったわ」

陸奥「しかし…」

大井「北上さぁ〜ん」くねくね

北上「大井っち〜、近いよー」

大井「いいじゃないですかぁ〜」

北上「なにー?提督がいないからってあたしで我慢してるわけー?」

大井「違いますよぉ、提督のこと愛してますけど北上さんのことだって愛してるんですからねー?」

北上「もー、恥ずかしいなぁ」

大井「照れる北上さん可愛いです〜」ペタペタ

北上「もー大井っちぃ、身体触るのやめてよ〜」

陸奥「大井秘書艦!!」

北上「うわ!びっくりした!」

大井「へ?陸奥…さん?」

陸奥「秘書艦であるあなたがそんなんでは、風紀が乱れてしまうわ!もっとしっかりすべきよ!」

大井「…!」

大井「…その通りですね、私は秘書艦ですから皆さんの手本とならなければなりませんね」

大井「北上さんも失礼しました」

北上「え…」

陸奥「わかってくれたなら嬉しいわ!」

陸奥(やった!北上、風紀を正したわよ!!)

北上「もお!邪魔すんなあ!!!!」

陸奥「ええええ!!??なんで怒られた!?」

北上「大井っちぃ〜、もっとあたしに甘えてよー!」

大井「え、ええ?今、陸奥さんに注意されたばかりですし…」

北上「むっちんの言うことなんか聞かなくていいから甘えてってぇー」

大井「そんな訳には…、二人きりの時だけですよ…?」

陸奥「…風紀、乱れてるわぁ」

かわいい(かわいい)

むっちゃんは怒っていい

むっちゃんはながもんに甘えてもいいんだよ?

むっちゃんは俺に甘えてもいいのだぜ

むっちゃんなら俺の横で甘えてるよ

俺も>>786の隣で甘えてるよ

>>787がむっちゃんの可能性

俺の麻耶(Lv.58)も改二にしてケッコンカッコカリすれば出てきてくれんのかなあ

とりあえず名前を誤字らないようにしないとLv150にしても無理だろうな

血迷って10隻ほど捨て艦したりした俺は罵られても殴り飛ばされても文句言えない
当時は本当にどうかしてた

>>791 そう思うのならもう大丈夫だろうよ

長門が出てきた時に嬉しさのあまり
5分くらい画面の前で踊り狂った挙句奇声を発しながらでんぐり返しとかした俺を鎮守府のみんなはどうおもってるのかな

>>793 提督めっちゃ嬉しそうだねって歓談する艦娘達と照れるながもん

>>794パンツが時空を超えた

やったむっちゃんだありがとうございます!
かわゆかわゆす

でんぐり返しワロタ

ふと、思ったけど大井や北上が触ってJK世界に移動ができるなら
大井さんに触ってもらいながらドロンすれば、ケッコンカッコカリしてない艦娘でもJK提督の処に行けるんじゃ?

>>798
天才

みんな黙ってたのに…

それはゲームシステムの関係で無理ってことにでもしとこうぜ

指輪をつけていない艦娘が画面を通ろうとすると爆発してしまうとか、きっとそんなルールがあるんだよ

なにそれこわい

次のむっちゃんはうまくやってくれるでしょう

むっちゃんなら爆発もあり得る

あいついつも爆発してんな

お前ら>>761に注目な?
俺は兄鎮守よりJK鎮守府が読みたいんだよ
雑談で埋めないでくれよー


秘書艦室

どかん!

大井「うわあびっくりした!!」

金剛「へーい、大井ッチ!!電話借りるネ」

北上「…」

大井「北上さん?金剛さん?何の用ですか…?」

北上「なんか金剛さんが実験してみたいんだって…」

大井「実験…?」

金剛「モシモシー?提督ー?元気ー?」

大井「だから提督は勉強中だって何回言えば…」

金剛「とりあえず、北上のボタン押してみるネ!!」

金剛「北上!いくよー!」ぴょいん

北上「うわっと!重いいい!!」ずん

大井「ちょっと!私の北上さんに何を…!」

ドロン

大井「…あれ?消えた…」



JK部屋

JK提督「え…?え…?金剛ちゃん?」

金剛「おー!!提督ー!!来れたネー!!!大成功〜!!!!」

北上「金剛さん…重いよぉ、どいて」

JK提督「あれ?金剛ちゃんとケッコンしたっけ…」

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

行けんのかwwwwww


JK提督「…なるほど、あたしが鎮守府に連れて行ってもらうように向こうから艦娘もコッチに来れるんだ」

金剛「提督〜、会いたかったよ〜ちゅっちゅー」

JK提督「あはは、金剛ちゃんくすぐったいよぉ〜」

大井『ちょっとお!!私の提督に何してんのよお!!』

北上「電話で大井っちめっちゃ怒ってるけど…」

大井『提督は受験勉強中なんですから…』

瑞鶴『もしかして成功したの!?私も連れてってよ!』

大井『え?瑞鶴さん!?ダメですよ!』

瑞鶴『大井、抱っこして!』ぎゅう

大井『うわ、重い!』

瑞鶴『提督!大井のボタン押して!』

JK提督「う、うん」

ポチ

ドロン

瑞鶴「おーー!?来れた!外の世界に来れた!!」

金剛「ヤッタネー!!瑞鶴〜!!」

瑞鶴「ケッコンしなくても外の世界行けるんだー!!」

JK提督「わぁ、すっごい賑やか」

北上「部屋せま」

大井「…」


金剛「わーい!提督のベッドだー!」ぼふん

瑞鶴「提督の匂いするー!」ぼよんぼよん

JK提督「みんな好きだねぇ、あたしのベッド」

大井「…チッ」ブチン

北上「…あーあ」

大井「こらあああああああ!!!!!」

金剛「!?」

瑞鶴「ひい!!」

大井「何回も言ってるでしょ!!提督は受験勉強中なのよ!?提督の邪魔ばっかりして!!もし提督が合格できなかったらどうするのよ!!!」

金剛「ゴメンナサイ…」

瑞鶴「ごめんなさい…」

大井「あと!!このベッドは私のモノよ!!」

金剛「え」

大井「提督以外の人がベッドに入ったら提督の香りが薄まるでしょうが!!!」

瑞鶴「…」

北上「…ごめん、あたしも提督のベッドにたまに入るんだけど…」

大井「北上さんはいいんですよ!北上さんと提督の匂いが混ざればそれはそれは素晴らしく芳醇な香りが…」

JK提督「大井さんの匂いも最高だよー!大井さんももっとあたしのベッドで寝ていいよ!」

大井「ほ、本当ですか!?嬉しいですう!!」

瑞鶴「…なんか、踏み入っちゃいけないところに来ちゃった感じがするんだけど」

金剛「…そだね」

個人的にはJK提督と大井っちのバカップルぷりをもっと見たいので、引き続きこの鎮守府を描いてほしい

(欲を言うとJK鎮守府と兄鎮守府どっちも見たい)

もうお母さんも巻き込んじゃえ

もう全員呼んで来よう(謎の使命感)

つい標準語に戻ってしまう金剛に草を禁じ得ない
キャラ付けご苦労様デース

金剛さんの喋り方はやっぱりキャラ作りの一環だったんですね失望しました那珂ちゃんのファン辞めます

じゃあ俺も那珂ちゃんのファンやめます

ついでに俺も

NNK

ヲつ

もしjk提督がリアルに誘拐でもされたら大井北上が何十回も往復して全員連れてきて大捜索と犯人への報復しそうだな。

一度に連れてけるのは一人なのかね?

くくく……やつらは那珂ちゃんのファンの中でも最弱……

戦艦レシピを初めて知った頃、適当に回したら何かヘッドギア付けた凛々しい女性が出てきた
ポカーンとしながら長門出てきたわーってほぼ無関心だったが吹雪と若葉はどんな反応してたんだろうか

>>824
すぐに那珂ちゃんのファンをやめるとはファンの面汚しよ…

>>798
>>622

結婚する意味が無い?結婚することそれ自体に意味があるんだよ

>>827
それを言うなら>>527でもう既にその会話をしている


秘書艦室

大井「ふぅ…今日の仕事おしまい!北上さんとお茶でもしようかしら」

ぴりりりりりり

大井「はい、大井です」

JK提督『大井さーん…』

大井「提督!どうかなさいました?」

JK提督『大井さん…あたしのこと好き?』

大井「え?大好きですよ、…いきなりどうしたんですか…?」

JK提督『…勉強疲れちゃった』

大井(あぁ、弱気になっちゃったのかな)

大井「提督はよく頑張ってることは私が知ってます、だから頑張れとは言いませんが、夢を諦めて欲しくないですね」

JK提督『あたしの夢…大井さんと子供を作ること?』

大井「なッ…!つ、つくれないですよ!」

JK提督『諦めるなって言ったじゃんかぁ』

大井「そーゆーのじゃなくて!大学行った後はあんな会社に勤めて好きなことしたいとか…」

JK提督「一生艦これだけしてたい』

大井「ニートになるつもりですか?ダメですよ」

JK提督『…別に将来の夢とかないもん』

大井「…お兄様とかいい見本じゃないですか!仕事も充実してて兄鎮守府の皆さんからも尊敬されてる!提督もお兄様みたいに」

JK提督『お兄ちゃんは頭も良いし、どんな人からも信頼されてるんだよ?あたしにはなれないよ』

大井「何をおっしゃいますか!提督だって頭良いし、鎮守府の皆さんからの信頼も厚いですよ!」

JK提督『お兄ちゃんの足元にも及ばないよ…』

大井「…」

大井(予想以上にダメージうけてるなぁ提督…)

同性間で子供を作るための研究者になればいいじゃない
リアルだと多分相当厳しい分野だけど。社会通念上の問題で

IPS細胞というものがあるらしいですよ!!

孕村さんは帰ってどうぞ

>>831
それでもアメリカなら…アメリカならなんとかしてくれる

鎮守府にいればどこからか食料と生活必需品は出てくる
ゲームのサービス終了したとしても世界は続くはず
つまり鎮守府側に行けば…


JK提督『ねぇ大井さん、エッチしたい』

大井「…ダメですよ、この前受験が終わるまでお預けって言ったじゃないですか」

JK提督『…それ、誰が得するの?』

大井「この前、すぐ終わらせて勉強するからエッチさせてくれって提督言ったじゃないですか」

大井「あのエッチ何時間かかりました?結局勉強する時間なくなっちゃうし」

JK提督『だって大井さんが何回もイっちゃうし可愛いくて気持ちよかったんだもん』

大井「言わなくていいんですよそんなこと!エッチが終わると疲れて寝ちゃうし!兎に角エッチすると提督は勉強しなくなるんでダメです!」

JK提督『…じゃあ一人でするもん』

大井「…それは提督の勝手ですけど」

JK提督『…この前北上さんと入渠風呂入ったんだけど、北上さんの裸エロかったなぁ』

大井「…確かに北上さんの裸はセクシーですけど」

JK提督『……んっ…』

大井「ちょちょちょ!!!待ってくださいよ!!なんで北上さんの裸思い浮かべてシてるんですか!!私の裸を思い浮かべてシてくださいよ!!!」

JK提督『なにをオカズにしようが、あたしの勝手じゃん』

大井「それは…そうですけどぉ…私をオカズにしてくれた方が嬉しいです…」

JK提督『じゃあちょうだいよ、オカズ』

大井「へ??」

パンツ轟沈した

道具使ったり、はやしたりしないのかな(ボ真書

こいつはほんとに変態だなあ(歓喜)

ガチの変態提督だなぁ(呆れ)
お仕置きしましょう、お仕置き

スレも終盤だし次スレ前に3Pとか書く予定ないですかね……

実に変態の鑑だ、もっとやれwwwwww

みんな雑談してるし次スレはいったとたんJK提督中心じゃなくなるのは泣けるから次スレ入ってもしばらくこっち書いてくださいなんでもしますから

ん?


ドロン

大井「て、提督?」

JK提督「大井さん、パンツ脱いで」

大井「は、はあ?」

JK提督「オカズにするからちょうだい」

大井「え!嫌ですよ!」

JK提督「じゃあ帰っていいよ、北上さんから貰うから」

大井「はい!私のパンツあげます!」

JK提督「わーい、大井さんパンツだ」

JK提督「お、やった!ヌルヌルついてる!」

大井「くううぅぅ…恥ずかしい…」ぐぬぬ

JK提督「じゃあこれ使うから大井さん帰っていいよ」

大井「…私にもくださいよ」

JK提督「へ?」

大井「提督のパンツ、私にもください」

JK提督「…なんで?」

大井「私も使いたいからですよ!!早く差し出しなさい!!」

JK提督「う、うん」

大井「…うわぁ、びちゃびちゃじゃないですか」

JK提督「…うるさいなぁ」

なんだこれ……なんなんだこれ……


ドロン

大井「…やった、提督のパンツいただいちゃった」

大井「提督のびちゃびちゃパンツ…」

大井「くんくん…」

大井「あっ、これこれ、提督のイヤらしい匂い…」

がちゃん

大井「ひぃ!?」

陸奥「大井、今いいかしら」

大井「陸奥さん!?なんでしょう!?」

陸奥「…なんでパンツ持ってるの?」

大井「いや!今穿こうと思って…!」

陸奥「あら着替え中だった?ごめんなさいね」

大井「いやいや…」

陸奥「…穿かないの?」

大井「は、穿きますよ!」

するっ ぴちっ

大井「んい!?」

大井(提督ので濡れてて冷たい…!)

陸奥「…なんか変ね」

大井「え?そうですか…?」

陸奥「北上が言ってたのよ、最近大井と提督の風紀が乱れてるって」

大井「うぐ…」

陸奥「別にそれ言いに来たんじゃないんだけどね」

陸奥「提督と電話しに来たの、電話借りるわよ?」

大井「あ、ちょ」

ぴりりりりりり

JK提督『あ、大井さん?今、あたしのパンツをどういう風に使ってるの?』

陸奥「え?パンツ?」

大井「沈みたい…」

大井、急速潜行だ!

陸奥さん、風紀委員属性だな

陸奥「ジャッジメントですわ」

それだと率先して百合合戦に参加してそう


かくかくしかじか

陸奥「…ふーん、北上の言ってたことは本当だったんだ」

大井「…はい」

陸奥「エッチもしたの?」

大井「…はい」

陸奥「…どうやって?女の子同士じゃない」

大井「貝合わせ…というものがありまして…」

陸奥「貝合わせ?」

大井「お互いの…性器を…こすり合わせる…」

陸奥「…」

陸奥「それを提督とやってるわけ?」

大井「はい…」

陸奥「…ふーん」

大井「…」

陸奥「まぁ…大井は普段頑張ってるし、大好きな提督とそういう行為をするのは悪いことではないと思うの」

陸奥「…ただ、するなら絶対に誰にも見つからないところでね?」

大井「わかりました、ありがとうございます」

陸奥「私はあなたの味方だからね!」

大井「陸奥さん…」ホロリ


陸奥「姉さん、…貝合わせって知ってる?」

長門「貝合わせ?知らないな、料理の名前か?」

陸奥「あー、知らないならいいわ」

長門「なんだよ、気になるじゃないか」



長門「間宮、貝合わせって料理知ってるか?」

間宮「貝合わせ?聞いたことのない料理ですね…なんかこう『◯◯の貝合わせ』みたいな、お上品な料理っぽいですね」

長門「ほう、美味そうだな」

間宮「ちょっと作ってみますね」



間宮「出来ました!『ハマグリの貝合わせ』です!」

長門「おお!実に美味そうな貝料理だ、香りもいい、二つのハマグリが寄り添ってるな」

間宮「貝合わせ…ですからこんな感じですかね、特製オイスターソースをかけて上品な見た目にしてみました!」

長門「もぐもぐ…ふむ!美味しい!上品な味わいだ!」

間宮「これであってるのかしら、貝合わせ」

長門「これがこの鎮守府の貝合わせという料理だ!さすが間宮!」

間宮「照れますね…」

長門「これは流行るぞ…!」



長門「おい陸奥!」

陸奥「あら、姉さんどうしたの?」

長門「貝合わせ良かったぞ!!」

陸奥「…・ぇえ!!??」

陸奥「…誰とヤったの?」

長門「誰と…って、間宮とだけど」

陸奥「」



なんで長門はいつも何処でもながもんになってしまうのん?

無知なながもん、かわいい

これは後々提督が本来の意味を教えて赤面するながもんと間宮さん、そして二人は――とかいう薄い本展開にはならないんですかね……いやここは陸奥も含めた3Pの方がええんか?
それとも大井っちと提督の公開○○○?

うーん妄想が広がるね!

貝合わせを説明させられるとかどんな罰ゲームだよw

やはり、この大井っち可愛いな。

自分も大井っちが嫁なので、百合以外の事は凄い共感できる。→自分は男なので百合エッチは分からぬ。

提督が他の艦としてしまったら…、大井っちヤンデレ化かね?

続きが実に待ち遠しいな(´ω`)

自分が一番なら良いというご都合ハーレム展開でもええんやで

なんでみんなsageないの?sage無くていいスレなのか

つーかお前らのせいでガンガンスレ埋まってんじゃねーか

>>861
sageないといかんのか?
気をつけるわ

マジかよ間宮さんの所で貝合わせ食ってくる

>>863
sageれてねーぞ


……………

陸奥「え?料理?」

長門「貝合わせって料理じゃないのか?」

陸奥「…貝合わせっていうのは、…ごにょごにょ」

長門「…んなっ!?お前!!」

長門「なんで言わなかったんだ!!」

陸奥「ごめんなさい…」

長門「今頃間宮が皆にその…貝合わせ…を振る舞ってるぞ」

陸奥「大変…」



大井「たまには甘味処でゆっくりしましょうか」

北上「そだねー、二人でパフェ食べようよ」

大井「あーんしてくださいね!あーん!」

北上「ん?間宮さんのお店、人だかりが…」

大井「え、混んでるの?…せっかくの北上さんとイチャイチャしようと思ったのに…」

北上「なんかあったの?」

響「新メニュー登場らしい」

暁「お上品な料理らしいわ!まさしくレディーのための料理ね!」

雷「もはや甘味処じゃないけどね」

北上「上品な新メニュー…なんて名前?」

電「『貝合わせ』なのです!!」

大井「…か、貝合わせぇ!?」

北上「大井っち知ってるの?」

大井「知ってるも何も…」

暁・響・雷・電「?」


大井「たまには甘味処でゆっくりしましょうか」

北上「そだねー、二人でパフェ食べようよ」

大井「あーんしてくださいね!あーん!」

北上「ん?間宮さんのお店、人だかりが…」

大井「え、混んでるの?…せっかくの北上さんとイチャイチャしようと思ったのに…」

北上「なんかあったの?」

響「新メニュー登場らしい」

暁「お上品な料理らしいわ!まさしくレディーのための料理ね!」

雷「もはや甘味処じゃないけどね」

北上「上品な新メニュー…なんて名前?」

電「『貝合わせ』なのです!!」

大井「…か、貝合わせぇ!?」

北上「大井っち知ってるの?」

大井「知ってるも何も…」

暁・響・雷・電「?」



ワイワイガヤガヤ

瑞鶴「へぇ、これが貝合わせ…美味そうね」

加賀「量が少ないわね」

瑞鶴「馬鹿ね、こういう上品な料理は素材の味をしっかり味わうものなのよ」

加賀「もうなくなってしまいました」

瑞鶴「はや!」

加賀「美味です」

島風「間宮さんおいしーよー!」

利根「さすが間宮さんじゃ!」

五十鈴「貝合わせ…こんな美味しい料理があったなんて…」

夕張「あぁ…おかわりしたいわぁ」

間宮「喜んでいただけて嬉しいです!」

ガララララ!

大井「間宮さん!!!!」

間宮「え!?大井さん!?」

大井「いつからこのお店はエッチなお店になったんですか!!!!」

間宮「え」

瑞鶴「は?」

五十鈴「エッチなお店?」

利根「何言ってんだ大井は」

利根さんの口調が変わるほどの呆れっぷりww




金剛『ヘーイ提督ー!今鎮守府では貝合わせが流行ってるネ!!』

JK提督「ええ!!??貝合わせが流行ってる!!??」



伊勢「提督、JK鎮守府では貝合わせなるものが流行ってるそうですよ」

兄提督「…貝合わせぇ!!??マジで!!??…どうなってるんだ妹くんの鎮守府は…」



大井「間宮さん、貝合わせっていうのは…ごにょごにょ」

間宮「…ッッッ!!?」かああああ

北上「うわぁ、間宮さん顔真っ赤」

瑞鶴「何?私たちにも教えてよ」

間宮「長門さん…ッ!どーいうことですかぁ…!」へなへな

大井「長門さんから聞いたのね…」

北上「『貝合わせ事件』だね、真相はいかに」

利根「貝合わせってなんじゃ」

島風「貝合わせってなーにー?」

五十鈴「貝合わせってなによ」

大井「卑猥な言葉を連呼すんじゃありません!!貝合わせっていうのはーーー!!!」

長門に責任取ってもらおう

貝合わせって平安あたりの遊びだろ

貝合わせってあれだろ
砂浜で二枚貝拾ってぴったりの大きさのやつ見つけるやつ(適当

一応神経衰弱の元ネタだよね

これきっと流行るんだろうなあ
第六の子らが、よく解らんけど取り敢えずやってみよう!的なノリで

神経衰弱は貝覆いでございます

貝、大井 何か間違えがあるのだろうか?(錯乱

貝になれ…?

金色になれ

光にっ、なれぇええええっ!

私はかいになりたい

お前たちのつまらんレスは要らないから(良心)
と俺が矛盾したことを申しております


……………

北上「つまり、間宮さんは長門さんから『貝合わせ』という料理を知らないかと聞かれて、とりあえず作ってみた」

間宮「はい…」

北上「長門さんはむっちんから『貝合わせ』を知ってるかと聞かれて料理と勘違いした」

長門「あぁ…」

北上「むっちんは『貝合わせ』の意味を知っていたのにとりあえず長門さんに貝合わせってなぁにと聞いてみた」

陸奥「…えぇ」

北上「その前にむっちんは大井っちに『貝合わせ』の意味を教えてもらった」

陸奥「そうよ…」

北上「大井っちはむっちんに『貝合わせ』を教えた」

大井「…はい」

北上「犯人は大井っちだ!!!!」

大井「ええええええええ」

瑞鶴「…一応平安時代に『貝合わせ』っていう遊びがあったみたいね…健全なね」

大井「あっ、じゃあ遊びの貝合わせということで」

長門「あっ、じゃないだろう」

大井「はい…」

陸奥「…大井は提督に教えてもらったのよね?」

大井「そうですそうです!」

陸奥「…てか提督と」

大井「それ内緒です!内緒!」

長門「?」

北上「…」ニヤニヤ

北上「…つまり!」

北上「大井っちに貝合わせを教えた提督が犯人だ!!!」

おーーーー!!!
提督の変態ーー!!
変態提督めー!!
私たちに恥かかせやがってー!!
変態ー!!

北上「すごい一体感を感じる」

大井(なんかごめん提督…)

これは全員と貝合わせさないと提督

それは体力的に持たないから
提督の自室で大井っちと貝合わせしてみんなに実況でいいんじゃね?

艦ちんぽをですね

最上くん泣かせんな!

貝合わせは貝の品評会みたいなもんだから

まずはこの46cm砲をですな

提督と大井の公開貝合わせとかもいいかも

>>888
その7.7mm機銃しまえよ

5.56mmかもしれない

擬装用のモックアップだろ?

俺のは15.5cm砲だから

35.6cm砲です(謙遜)

どうでもいいからはやくそのデリンジャーしまえよ

お前らマカロフ出してどうしたんだ?

全員揃ってマグナムを取り出してどうしたんだ?
俺のこと掘りたいのかそうか分かった来いよ!

そういうのいいから埋めるなアホども

埋まれば作ればええねん
1の意志しだいやけど

>>900
その1が次は兄側やるっつってたろ
見たいのはこっちだっつの

俺は兄側も見たいぞ
決して需要がないわけじゃないから>>1は安心して書いてくれ





大井「ふぅ、今日の仕事終わりっと…」

大井「…」

大井「もう、夕方かぁ」

大井「…明日は提督の試験日」

大井「明日で提督の未来が決まってしまうんですね…」

大井「私は黙って見守ることしかできないんでしょうか…」

大井「…大好きな人が壁に直面しているのに何もできないのはツライです…」

ドロン

大井「へ?」

JK提督「やっほ、大井さん」

大井「提督?」

JK提督「いきなり呼び出してごめんね、オシッコしてなくてよかった」

大井「あれは忘れてください…提督、勉強は?」

JK提督「勉強はもういいかなって」

大井「え!?諦めるんですか!?そんなんダメですよ!!」

JK提督「違う違う!明日の試験とても自信があるってこと」

JK提督「明日になるまで、ゆっくりしようかなって」

大井「すごい、かなり自信があるようですね…」

JK提督「大井さんの貸してくれたパンツのおかげだよ〜」

大井「っ…、また下品な話して…」

JK提督「はい、洗ったよ、返すね」

大井「え?返しちゃうんですか?」

JK提督「え?いらないの…?」

大井(提督から借りたパンツ…かなり愛用してるんですけど…今も穿いてるし)

JK提督「まぁ、まだ使わせてもらえるなら使いたいけど」

大井(…どっちの意味だろう)


JK提督「ごめんね、最近鎮守府ほったらかしで」

大井「とんでもない!提督は大事な時期ですから!艦娘皆理解してますし!」

JK提督「最近なんか鎮守府で面白いことあった?」

大井「面白…くはないですけど、やっぱり『貝合わせ事件』…ですかね…」

JK提督「出たー、金剛ちゃんから電話があって鎮守府で貝合わせが流行ってるって聞いたときはビックリしたよ〜」

JK提督「みんな性生活乱れすぎ!!って思ったね〜」

大井「…誤解は解けましたけど、結果提督がかなりの変態だという結論に…」

JK提督「まぁ否定はしないけどね」

JK提督「実際、大井さんといっぱいやってるしね」

大井「…ッ」かああ

JK提督「何今更顔赤くしてんの?可愛いなぁ」

レズセクハラのパワハラだー

いっぱい…?その今までのいっぱいを全て書くんだ!

>>901
お前も埋めてるんやで

>>902
兄側やってるときに>>1000までって限りあるのに
読者の無駄話でどんどん埋まっていったら嫌じゃね?

妹側が見たい人もいる
需要はどっちにもあるんだから
妹側を見たい人の為に無駄話は基本しないって思考にはならないわけ?

言いたいことは分からんでもないが安価おかしくね
安価先のやつが雑談でID赤くしてるとか雑談推奨してるならともかく・・・


JK提督「…大井さんのおかけであたしの人生すごく変わったなぁ」

大井「それは良い意味で、ですか?」

JK提督「当たり前じゃん!!」

JK提督「大井さんを知って艦これを始めたんだから」

JK提督「最初はただのゲームって思ってたんだけど、実際にゲームの中でみんな生きてて」

JK提督「そのみんなと仲良くなれて、毎日が楽しくてたまらない」

JK提督「ぜんぶ大井さんのおかげだよ」

大井「そんな…私はなにも」

JK提督「やっぱりあたしと大井さんは運命の出会いだったんだね」

大井「…それは否定しません」

大井「私も提督が提督で本当に良かったです」

大井「それは皆も同じように思ってます」

大井「提督は素晴らしいお方ですから」

JK提督「ありがとう、大井さんベッドにおいで」

大井「え?」

JK提督「大丈夫、エッチなことはしないから」

大井「…まぁ、してもしなくてもいいですよ」

JK提督「今日はしない!」

もふん

JK提督「こうやって、大井さんの温もりを感じたいだけだから」

大井「添い寝…ですか?」

JK提督「うん、隣に大井さんがいると本当に安心する」

JK提督「強くてカッコよくて優しくて可愛い大井さんが寄り添ってくれると、すごく心が満たされるんだよ〜」

大井「そう言ってもらえると嬉しいです」

JK提督「ふひぃ〜、極楽極楽」

大井「ふふふ、温泉じゃないんですから」


……………

JK提督「…」すやすや

大井「寝ちゃった」

大井「可愛い寝顔」つんつん

ちゅ

大井「ふふふ」

大井「…提督は普段は変態でおちゃらけてるど、真面目で心優しいですからね」

大井「尊敬してますよ」

大井「…」

大井「じゃあ、そろそろ私は帰りますね」

大井「明日の試験、全力で挑んでくださいね」

大井「慢心はダメですよ」

大井「鎮守府で応援してますからね」

ちゅ

大井「…」

ちゅ、ちゅちゅちゅううううううう

大井「…いけない、欲望が…」

大井「それじゃまたね、提督!」

ドロン

JK提督「…ふへへぇ」すやすや


大井「うーん…」

大井「うーーん…」

大井「うーーーん…」

陸奥「何よもう、落ち着かないわね」

大井「落ち着いてられませんよ…今日の試験で提督の未来が決まるんですから…」

陸奥「確かに提督には良い道進んで欲しいけど、あなたがそこまでソワソワする必要ないじゃない」

金剛「提督なら大丈夫デース!英語は完璧にマスターしてました!」

瑞鶴「この日のためにすごく頑張ってたんでしょ?なら大丈夫よ」

大井「うーーーーん…」

北上「提督のこと一番知ってる大井っちが提督のことわかってないんじゃなぁ」

大井「北上さんそんな…!」

北上「提督悲しむかもなぁ」

大井「提督なら大丈夫!!心配することは何もない!!」

陸奥「ほんと、北上には弱いわね…単純というか」

大井「さーて北上さん!提督なんかほっといてパフェ食べに行きましょ!!」

北上「…それはそれで提督が可哀想な言い方だね」

瑞鶴「ホント単純ね」

金剛「いつもの大井ッチデース」


……………

大井「パフェ美味しいですね!」

北上「ねぇ、大井っち」

大井「はい?」

北上「あたしと提督、どっちかを選ぶとしたらどっちを選ぶ?」

大井「え?」

大井「…うーん」

北上「…」

大井「…うーん」

北上「あはは、ごめんねぇ〜、意地悪な質問しただけ」

北上「もちろん提督だよね〜」

大井「北上さん…を取ると思います」

北上「え?」

北上「なんで?」

大井「…私…たちはゲームのキャラクターですから」

北上「…」

大井「私と提督は本当の結婚も出来ないし、子供も作れない、まず住んでる世界が違う」

大井「提督は女として素敵な男性を見つけて家族を作って幸せになってほしい…」

大井「いつ別れが来てもいいように覚悟してるつもり」

大井「だから北上さんとは永遠に一緒にいたいです」

北上「…」

北上「…いや、嬉しいけどさ」

北上「提督のこと、その程度だったの?」


大井「…その程度…とは?」

北上「住む世界なんて関係ないじゃん!提督が好きなら永遠に好きでいればいいじゃん!」

北上「別れてもいいなんて言わないでよ…」

大井「北上さん…」

北上「あたし、提督が好きじゃない大井っちのこと、好きじゃないなぁ…」

大井「…」

大井「…何言ってるんですか北上さん」

大井「私より提督を愛してる人も、私より提督に愛されてる人も」

大井「この…いや、どの世界中をさがしてもいないですよ!!!」

北上「…っ」びくっ

大井「提督のこと、愛してるからこそ覚悟を決めたんです」

大井「もちろん、提督が他の人を好きになるなんて、ものすごく嫌ですけど…」

大井「難しいところですね」

北上「でも、兄提督だっていい歳なのにいっぱいケッコンしてるじゃん」

大井「兄提督は、ほら、艦娘に恋愛感情を持たないですから」

大井「お父さん的な存在って伊勢さんも雷さんも言ってましたし」

大井「提督を女として愛してる私みたいな艦娘って、そんなにいないとは思いますけど…」

北上「…」

北上「…そっか」

北上「心配しなくても大井っちは提督のことしっかり愛してたかぁ」

北上「なら安心した、あたしも大井っちのこと愛してる」

大井「私も北上さんのこと愛してますよ」

北上「なんかこんな複雑な三角関係も珍しいよね」

大井「ふふふ、そうですね」

シリアスキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!

ここまでで分かったこと

兄提督はホモ

かつショタコン
リーベきゅん等ちんぽ勢とケッコンしないのは大事な艦を傷つけたくないから

なんだこいつら急に、ホモって突然は発情なさるんですねえ


ラウンジ・BAR

大井「遅いわ…」

北上「もう帰ってきてもいい頃だと思うけど」

大井「足柄さん、ビールください」

足柄「え?飲むの?」

大井「ちょっと…そんな気分です」

足柄「はーい」

北上「じゃああたしもビールと、アレちょうだい」

足柄「アレね、羽黒!アレ一つ!」

羽黒「今作りまーす!」

大井「アレってなんですか?」

北上「アレだよアレ」

足柄「アレね」



羽黒「はい、お待たせしました…アレ…です」コト

北上「きたきたー」

大井「これ…アレじゃない!!」

足柄「そう…間宮さんが生み出した『貝合わせ』ね!」

大井「なんで…羽黒さんがコレを?」

足柄「実は『貝合わせ事件』のあともこの料理は人気がったんだけど、間宮さんが恥ずかしくてもう作れないんだって」

足柄「だからレシピを教えてもらってこのBARのメニューにしたのよ!」

足柄「ただ品名が品名だから裏メニューってことで」

北上「うー、おいち、お酒に合う〜」もぐもぐ

足柄「みんな、『アレ』で注文するのよ〜」

大井「…美味しそう、私もアレ一つで」

足柄「はーい!」

羽黒と間宮さんの貝合わせ?(唐突)

あ^~いいっすねぇ^~

http://imgur.com/Qj7Q8kR.jpg
メイトでこのスレタイ見たらワロタ

>>922
凄い自転車愛を感じる

>>922
自転車、お好きなんですね
それはそうと僕のメイトと表示違うねえ、こっちは普通ですわ

>>922
こっちは普通だなあ、あなたのとこに何があったんだろう...w
http://i.imgur.com/H3b93dO.png

>>925
黒くできんの!!
設定から?

もういい加減よそでやれ

>>926
[テーマ]ってとこから夜を選んでみて下さいな
スレチでごめんよ

できたよありがとう!
スレチでごめんね

大井さんかわいいよ北上さん


……………

島風「やったー!スターゲット」

吹雪「あぁ!取られちゃった…」

暁「これからが勝負なんだから!」

響「なわとびぴょんぴょんか、これは勝てる」

足柄「ほらー、あんた達何時間ゲームしてるの?取り上げるわよー?」

暁「もうちょっとだけ!」

足柄「レディーは何時間もゲームしないわよ、ロクヨン提督に返しちゃうわよ?」

暁「えぇー…」

ドン!!!!

暁「ひっ!?」

足柄「えっ」

大井「提督…もう夜よ…なんで帰ってこないのよ」

北上「疲れて寝てるんじゃないの?」

大井「愛しの大井さんがこんなに待ってるのに…」

足柄「自分で言うの…?」

大井「足柄さん!もう一杯!!」

足柄「もうやめときなさいよ」

大井「もう一杯いいいい!!!」

足柄「わかったわかった!駆逐艦たちもとばっちり受ける前にさっさと帰りなさいっ」

暁「う、うん!」

島風「大井ちゃんおっかなーい…」

響「ハラショー」

吹雪「ささっ、帰りましょ!」

大井「北上さんはずーっと私の隣にいてくださいねーれろれろれろれろ」

北上「大井っち〜…顔舐めるのやめてよ…」

足柄「ほんとに提督アンド北上LOVEね…」

北上「足柄さん、タオルちょうだい…顔が臭い…」


足柄「愛し合ってるっていいわね」

大井「えー、足柄さんは愛を知らないんれすか?」

足柄「なによその言い方、しょうがないじゃない、ウチの提督は女の子なんだから」

北上「兄提督とかどう?」

足柄「そう!兄提督!!カッコいいわよねぇ…」

大井「へえー、兄提督に惚れてるんれすか」

足柄「若くてカッコよくて優秀で…まさに私の理想よ!」

北上「まぁ、叶わぬ恋だね」

足柄「悲しいこと言わないでよ…、あー、兄鎮守府の足柄が羨ましい」

足柄「あんたも今の幸せ絶対に逃すんじゃないわよ?」

大井「…すぅ」すやすや

足柄「寝てるし!」

北上「幸せそうな顔」

>>929
埋めるなってキレられるぞ

>>932 メール欄にsage入れろってキレ(ry

兄提督がイケメンで決定したな
これは修羅場あるかもしれない

兄提督が超絶鈍感モテ男という可能性

いい話な雰囲気が一レスすらもたないとは

jk提督派と兄提督派で対立してるからね
解決するには>>1が両方かけばおk




数日後

JK提督「大井さーん、出かけるよー?」

大井「待ってください!」

JK提督「ん?それなに?」

大井「妖精さんに作ってもらった提督と同じ制服です」

大井「…あの、提督…制服デートしたいです…」

JK提督「制服デート?」

大井「だって…提督、もう制服着なくなっちゃうじゃないですか…」

JK提督「しょうがないなぁ〜、着替えよっか」

大井「ありがとうございます!!」



『この電車は三崎口行きです…』

JK提督「あはは、大井さんと同じ学校通ってる気分」

大井「提督と同じ制服来てデートなんて…幸せです!」

JK提督「大井センパイ、今日はドコいくんすか〜?」

大井「え?…えー、今から海に行くぞー」

JK提督「海っすかぁ?まだ春にもなってないのに海行くとか逆に青春って感じっすネェ!!大井センパイまじリスペクトっす!!」

大井「いやいや!提督が海に行きたいって言ったんじゃないですか!」

JK提督「えへへ、昔から好きだった海に大井さんと行ってみたかったんだ」

大井「提督…」


『三浦海岸〜、三浦海岸〜』

JK提督「着いたよー!」

大井「はい!」



ざざーん…

JK提督「やっぱりこの季節だと誰もいないね」

大井「…っはぁ、いい匂い…ここが提督の好きな海ですか?」

JK提督「そだよー、嫌なことがあったりしたら、ココに来て海を眺めると落ち着くんだぁ」

JK提督「でも、今は違うけどね」

大井「第一志望合格、おめでとうございます」

JK提督「鎮守府のみんなが応援してくれたおかげだよ」

大井「提督の実力があったからですよ」

JK提督「ま、あたしは天才だからね!」

大井「『勉強できなーい、パンツちょうだーい』とか言ってたのはどこの誰ですか」

JK提督「うぐ」

大井「でも、よく乗り切りました、提督は本当に偉いです」

JK提督「えっへん!大井さんのヌルヌルパンツのおかげだね!!」

大井「余計な一言が多い」


JK提督「ねぇ、気になったんだけど」

大井「なんですか?」

JK提督「こっちの世界では海の上に浮けるの?」

大井「…そういえば、…わからないです」

JK提督「やってみてよ!」

大井「は、はい」

大井「…よっと」

じゃぽん

大井「冷たっ!?」

大井「…浮かない」

JK提督「まだわからないよ!もっと深いところ行かないと!」

大井「やだ!ローファービショビショだし!」

JK提督「軍艦が海にびびってどーする!!」ドン

大井「きゃあ!?ちょっ!!」

バシャーン

JK提督「大井さん!?…あはははは!なにコケてんの?」

大井「てーいーとーくー…何しやがるです!!!」

バシャバシャ

JK提督「ぎゃ!!冷た!?…やったなぁ?喰らえー!!」

バシャバシャ

大井「私に海の上で勝とうなんて百万年はやいです!!」

JK提督「もう着ないから制服がどれだけ濡れようが関係ないもんね!!あたしは無敵だよー!!」

……………

びちょびちょ

JK提督「あかん、こんなビショビショじゃあ恥ずかしくて電車乗れない…」

大井「海臭いし、絶対変な目で見られますよ…」

JK提督「ぶえっくし!!…寒い」

大井「何も考えずに海なんか入るもんじゃありませんね…」

きてた

なあ>>1さんやい
>>1の思考をしりたいんだがなんやかんやでかなり雑談でこのスレ後半埋まっちゃったじゃん?超個人的には次スレJK提督ネタ切れ→兄提督みたいにしてくれたら一番ありがたいと勝手に思ってる…んで結論的にどうなされるんですかな?

思考も糞も既に明言あんだろ
雑談含めて埋まれば終わりだろ

てか、すでに風呂敷畳み始めてるやん。

雑談してはいけないなんてルールはないんだよなぁ

喧嘩すんなよ…

>>942は気持ち悪いが言いたいことはわからなくもない

雑談したらダメと言われてないからって>>1000終了のスレで自重せず雑談するのはちょっと理解出来ない
兄の方も>>1000終了だろうし、ここに限らず全てのスレにおいて同じく雑談され続けたら嫌じゃないのか?
雑談されただけ話は短く少なくなるんだぞ?

馬鹿は黙ってろよ

>>948
馬鹿はお前だろ
ルールに無いならやって良いってのは犯罪者の思考だぞ


大井「結局、制服がある程度乾くまで歩いて帰ることに…」

JK提督「いいじゃんいいじゃん!思い出思い出!」

大井「まったく…、これじゃお買い物にも行けない…」

JK提督「ねぇ、寒いし手繋ご?」

大井「はいはい」

JK提督「おぉ、あったかい」

大井「子供みたいに柔らかい手」

JK提督「海沿いの道を手繋いで歩くなんてカップルみたいだねぇ」

大井「カップルじゃありません、夫婦です!」

大井「…いや、婦婦?」

JK提督「じゃああたしがお嫁さんね」

大井「なんで私が旦那なんですか」

JK提督「強いしカッコよくて優しい、理想の旦那さんじゃないか」

大井「まぁ、言われてみれば提督は頭良いし可愛いくて優しいお嫁さんみたいね」

JK提督「わーい、素敵なお婿さんゲットだぜ!」

大井「ふふふ」

JK提督「ねぇ、ずーっと一緒にいてくれるよね?」

大井「…ずーっと、とは?」

JK提督「死ん…だ後も」

大井「…」

JK提督「え、嫌なの?」

大井「嫌じゃありませんよ」

大井(提督は、もしかしたらあるかもしれない突然の別れを覚悟してないのかな…)

JK提督「いつまでも一緒だよー!」

ぎゅー

大井「くっつかないでください!歩きにくいなぁ!」

JK提督「良いではないか良いではないか」

大井「まったく、甘えん坊なんだから」





JK提督「よし、今日の予定は大井さんと北上さんとスイパラに行って」

JK提督「お兄ちゃんち経由で鎮守府行って、あたしの合格おめでとうパーチー!!」

JK提督「みんな祝ってくれるとか嬉しいなぁ」

JK提督「大井さん!北上さん!ボタン押すよー!」

ぽちぽち

ドロロン

大井「提督、おはようございます!」

北上「おはよー提督〜」

JK提督「よし!じゃあ行こっか!」


終わりです
まさかこんなに伸びるとは…

次スレは予定通り兄鎮守府メインにしようと思ってます

このスレだけじゃなくまとめサイトやついったーにもコメがたくさんあって本当に嬉しいです
みなさんありがとうございます

ではではまたあとで

乙。

三週間本当に乙
兄鎮守府期待してる


兄提督のURLここにはってくださいな
…ときどきJK提督とおおいっちだしてもいいのよ|・д・)チラッ

乙。
このSSを読んで艦これ始めたわ。
兄提督編も楽しみにしてる。

ヲっちゃんは犠牲になったのだ

乙。
大体アニメのせいで大井っち嫌いだったけど
このSSのおかげで少し好きになれました。

これで大好きな北上さんをもっと愛せます。

乙です!毎日の楽しみでしたので兄提督も期待しています。
(そもそも百合SS目的で見に来てましたが)
面白いので興味を惹かれます、あそこで終わらせずこういう形で締めくくったのはgjです。
良いものをありがとうございます。

おつおつ。艦これやったないし艦これSSもこれが読むの初だったけど面白かった
兄鎮守府待ってる

>>957
これだけ残念だな

兄提督に飽きたら、またJK提督おにゃしゃす

>>957
如月より意味のある轟沈だったから許そ?

お疲れ様(  ̄▽ ̄)

さて自分も嫁の大井っちを愛でてこようかな(*´∀`)

>>957
>>961
心配しなくても大丈夫やで(ニッコリ)

!?

何…だと!?

もうアニメ続編は1に任せていいんじゃないかな

せやな>>1にアニメの脚本任せようや…
そしてヲ級ちゃんが救われるような感じで良かった

乙乙
面白かったよー

>>955
申し訳ない、このスレが埋まったら話を考えようと思ってるので
ココにはURLは貼れないっす…

「兄提督」と検索すれば引っかかると思うんでオナシャス

ヲ級を撃ち抜いたと思ったら雛森だったんだな

つまり加速しろってことだな?
ksk
>>971

おうお前らお得意の雑談の時間だとっとと埋めるぞ

兄提督のところは誰がいるのやら

アニメ鎮守府に提督がいないのは、この鎮守府のように、ゲーム世界だからだろうか?

何言ってだ
提督は俺たちだろ

俺たちだったらもう少しまともな戦略をだな

無能提督の鎮守府の物語と考えると良アニメになるのか

最終回の大井っちと北上が可愛かったから余は満足

ぽいぬさまも可愛かったのでその点は良かった

ただあの大井っちは社交性が無さ過ぎるというか
言葉が通じないレベルでクレイジーサイコレズなのがどうもなぁ

おまえら加速するんじゃあああああ

>>958
俺もゲーム始めたばっかのときは生意気な大井っちがクッソ嫌いだったけど強いから仕方なく使ってた
気付いたら大井っちのことめっちゃ好きになってた
なんでかわかんない
大井っちも北上もあと1レベルでケッコンできるよん

>>982
実はみんなにも優しいみたいな描写欲しかったよね
なんかブッキーを認めてるみたいな描写があった気がするけど

ペリーヌみたいに2期では多少丸くなってくれると嬉しい

>>984
うちの鎮守府にはまだ大井っち来てないから
ゲームの多いっち知らないんよ…
北上さんは主力で活躍してくれてるけどね。

「旗艦としてはとりあえず認めてる」くらいでしたな。
まぁそれでも北上さん絡みの事になると
ほとんど話が通じないレベルだったが

アニメの大井っちの北上キチっぷりはやばかったな
このスレぐらいマイルドになれたら2期は売れる

MVPをとって「また頑張ります」って言ってくれた頃の大井はもういないんだ
彼女は変わってしまった
まあ今の大井っちも好きだけど

アニメでの夕立&那珂ちゃんのコンビと最終回の愛宕&那珂ちゃんの絡み……
俺でなきゃ見逃しちゃうね(出してくださいお願いします! なんでもしますから!)

え?那珂を掛けて殺し合う夕立と愛宕?

え?

いま

なんでも

するって

言ってない言ってない

>>1
埋まる前に聞いとく兄提督のスレいつ頃立てるつもり?
…埋めといてなんですが>>1が返答するまで埋められぬことを祈る…

>>996
早くて明日、明後日ですかね
遅くても今週中にはスレ立てます


1000でも1000じゃなくてもJK提督と大井っちが末永く幸せでいられますように

>>1000ならJK提督と大井さんそして鎮守府のみんなが幸せになる

>>1000なら木曽が次スレに出てくる

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2015年03月12日 (木) 16:26:04  &nb