太一「アソコ☆コネクト!?」フウセンカズラ「はい…」(3)

部室…

太一「なんだよ!?それ!?」ガタッ!

フウセンカズラ「言葉通りですよ…性欲が高まったり…少しでも卑猥な妄想をしてしまうと…」

フウセンカズラ「意思に関係なく体が勝手に生殖行為…つまり性行をはじめてしまうんです…」

伊織「はぁ!?」

稲葉「意味がわからないんだが…」

フウセンカズラ「ちょうどあんな感じですよ…ほら…」スッ…

太一「え…?」

義文「唯…はぁ…はぁ…唯ぃー!」パンパンパンパン!

唯「ン!…義文…アッ!…射精して!…はぁ…はぁ…私の腟で…アン!…射精してぇー!!」ウルウル!

伊織「あの男性恐怖症の唯が…こんな…///」カァ…

稲葉「見るな!伊織!…変に欲情したらあたし達も…あ…あんな風に…///」プルプル…

太一「それより二人を止めないと!」

フウセンカズラ「まぁ…この際です…みなさん…楽しんじゃってくださいよ…」スタスタ…

稲葉「あ!…待て!…お前!まだ話が…!」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom