タクト「颯爽登場☆」QB「わけがわからないよ」(35)

後は任せた

書いてよろしいか?

ーーーゼロ時間

タクト「豪快・銀河!十文字斬りぃ!」キィンッ

ヘッド「ぐっ………馬鹿なぁぁ!!」

ドガァァアァアン!!

タクト「ふぅ………」

スガタ「流石だな……タクトの奴」

ワコ「うん、本当に凄いよ……」

ゴゴゴ

タクト「………何だ、この音?」

ゴゴゴゴゴゴ

ワコ「嘘………ゼロ時間が揺れている!?」

イヴローニュ「何が起きていると言うの!?」

グリーン「解らないわ………一体何なのこのエネルギーは!?」

ドォォォオォオォン!!

タクト「うわっ!?」グラッ

グリーン「不味いな………ゼロ時間に巨大な歪みを発見!」

頭取「なんですって!?」

スカーレットキス「そ、それってどうなるの?」

グリーン「このままだと第3フェーズに居るタクt……銀河美少年が別の世界の別の時間軸に飛ばされる」

ドォォォオォオォン!!

ワコ「大変!ゼロ時間が崩れる!」

タクト「くっーーーーー!!」

シュウゥゥゥン………

ワコ「戻った……ってタクト君は!?」

スガタ「まさか……他の世界に行ってしまったのか?」

ワコ「そんな………」

スガタ「アイツならきっと戻って来れる、別の世界でも何とかいけるはずだ」

ワコ「まあ……確かに……」

綺羅星アジト

ヘッド「ーーー銀河美少年が居ない今がチャンスだ、巫女の封印を解くぞ」

シルバー「残念ながらそれは出来ません」

ヘッド「何だって?」

グリーン「今のゼロ時間は危険だ、もし銀河美少年の二の舞になったらどうする?」

ヘッド「………俺は休む、安全な状態になったら教えてくれ」

シルバー「了解しました、なるべく早く解決出来るよう努力します」

タクト「う………ん……?」

マミ「あら、目が覚めたの?」

タクト「ん………ここは?」

マミ「私の家よ、待ってて、今紅茶を淹れるから」

タクト「そうか……ボクはあの揺れに捲き込まれて……」ボソッ

マミ「何か言った?」

タクト「ううん、何でも無いよ。キミが助けてくれたの?」

マミ「まあそう言う事になるわね、でも貴方を見付けたのはーーー」

qb「きゅっぷい!ただいま、マミ」

タクト「しゃ、喋った!?」

qb「……ボクが見えるのかい?」

タクト「へ?」

マミ「……貴方にもqbが見えるのね」

タクト「qbってこの子の事?」

qb「キミがあの空間の中で倒れてる時にもしやとは思ったけど………女の子以外に見つかるのは初めてだ……」

マミ「そうよ、貴方一体何をしてたの?」

タクト「………何が何だか、ボクも気付いたらベットの上で……」

マミ「んー……魔女の仕業かしら?」

タクト「魔女?」

マミ「この際だから貴方には真実を話すわ、魔女って言うのはーーー」

マミ「ーーーと言うことよ」

タクト「大変だね、君も……」

マミ(………『も』?)

タクト「えーーと、マミだっけ?」

マミ「ええ、貴方は?」

タクト「ボクはツナシ・タクト!宜しくな、マミ!」ビシィッ

マミ「ヨロシクね、タクトくん♪」ニコッ

qb「…………」

マミ「どうしたのqb?」

qb「彼……ツナシ・タクトには君達に近いものを感じるんだ」

マミ「私達に………近いもの?」

qb「確証は無いけどね、でも何かしらの力はあるみたいだ」

マミ「ふぅん………」

ピンポーーン

マミ「誰かしら?」ガチャ

さやか「こんばんはー」

マミ「あら、美樹さんじゃない。鹿目さんも一緒?」

まどか「ウェヒヒ……いきなりごめんなさい……」

マミ「いいのよ、そんな遠慮しなくて」

タクト「お客さん?」

さやか「お、男の人!?」

まどか「流石マミさん………大人だな……」

マミ「か、勘違いしないで!この人結界の中で倒れてたから……」

タクト「ツナシ・タクトでーす、君達は?」

マミ「紹介するわ、美樹さやかさんに鹿目まどかさん。まだ魔法少女では無いのだけれど………」

qb「素質は大いにあるね」

少し休憩

さやか「魔法少女のこと知ってるんですか!?」

マミ「私が教えたの、彼にもqbが見えるらしいから」

qb「………こんな事初めてだよ」

まどか「そうだ、今日は魔女退治に行かないんですか?」

マミ「そうね、そろそろ探しにいきましょうか」

タクト「ボクも行っていいかな?」

マミ「タクトくんが?………これは遊びじゃ無いわ、貴方を危険な目に合わせる訳には……」

タクト「大丈夫、それに……女の子だけにこんな大変な事させる訳には行かないからさ!」

マミ「分かったわ……でも危なくなったら直ぐに逃げて」

タクト「ありがとう、マミも無茶はしないでくれよ!」

マミ「ええ、約束する」

さやか「それじゃ魔女探しに行っきましょー!」バッ

タクト「おーー!」バッ

まどか「……何でさやかちゃんが仕切ってるのかな?」

30分後

マミ「見付からないわね……手分けして探しましょう」

まどか「は、はい!」

マミ「タクト君と美樹さんはqbと一緒に、私は鹿目さんと行動するわ」

タクト「ok!」

さやか「見つけたら直ぐに連絡します!」タッタッタッ

まどか「大丈夫かなぁ……」

マミ「qbが付いてるから大丈夫よ。さ、私達も探しに行くわよ♪」

10分後

さやか「これって……」

qb「不味いね……直ぐにマミを呼んだ方が良い」

さやか「そうだね……って私マミさんの番号知らなかったぁぁ!」

タクト「qb、二人の居場所は?」

qb「さあね、でもまだそう遠くないはずだ。急いで探せば間に合うよ」

タクト「分かった!qb、さやかを頼んだ!」ダッ

さやか「え、嘘!?置いてっちゃうの!?」

qb「まだ孵化までは時間がある、安心すると良いよ」

さやか「ぐうぅぅ………」

マミ「見付からないわね……」テクテク

タクト「おーーーい!!」タッタッタッ

まどか「タクト君!?さやかちゃんは?」

タクト「魔女が見付かったんだ、急いで!」

マミ「………分かったわ!急ぎましょう!」

数分後

マミ「此処ね……準備は良い?」

タクト「ああ、大丈夫」

まどか「さやかちゃん……大丈夫かな?」

マミ「行くわよ!」バッ

タクト「これが結界の中か……」

スタ……スタ……

マミ「……また貴女?もう私達に関わらないでと言ったはずよ?」

ほむら「それは出来ないわ、今回の相手は私の獲物よ」

マミ「本当は手荒な真似はしたく無いのだけれど」シュルッ

ほむら「くっ……!?」

マミ「大人しくしてればちゃんと解いてあげるわ」

ほむら「っ……今回の魔女は今までとは違うのよ!!このままじゃーーーー」

まどか「マミさん……ほむらちゃん……」

タクト「マミ……あの子は?」

マミ「同じ魔法少女よ」

タクト「……なら何でこんな事するんだよ、仲間じゃないのか?」

マミ「そんなに綺麗じゃ無いのよ、魔法少女の世界って……」

ほむら「ぐっ………」ジタバタ

タクト「…………」

マミ「行きましょう、美樹さんが待ってるわ」

タクト「ボクはここに残る」

ほむら「!?」

マミ「な……!?何を言ってるか分かってるの?」

タクト「……ボクはこの子と話がしたいんだ、きっと……話せば分かる」

まどか「タクト君……」

マミ「はぁ………そこまで言うなら勝手にしなさい、まあ私のリボンに捕らえられてる間は大丈夫だから」

タクト「ありがとう」

マミ「鹿目さん、行きましょう」

まどか「は、はい!」タッタッタッ

ほむら「…………」

タクト「さて……と、で?君の目的は何なの?」

ほむら「貴方に言う必要は無いわ」

タクト「む………じゃあ君はマミやまどかとどういう関係なの?」

ほむら「もう一度言うわ、貴方に言う必要は無いの」

タクト「なら……最後に一つ」

ほむら「何?」

タクト「………このままだとマミはどうなる?」

ほむら「……死ぬわ、魔女に殺さてね」

タクト「なっ……!?何でそんな事が!!」

ほむら「言えないわ………私からも一つ質問が有るのだけれど」

タクト「何?」

ほむら「貴方……何者?」

タクト「それはどういう意味?」

ほむら「言葉通りの意味よ、貴方の正体を教えなさい」

ほむら(私が廻ってきた時間軸にはこんな男居なかったはず……だけどこの男は唐突に現れた……正体を明かしなさい!!)

タクト「俺はーーー」キィィィ

ほむら「!?……何、その光!?」

タクト「やれそうな時は……やれる!!」キィィィィイン

qb「………?」ピクッ

まどか「どうしたのqb?」

qb「いや、何でも無いよ」

qb (今のエネルギーは……)

バンッバンバンッ

マミ「ティロ・フィナーレ!」ドォンッ

さやか「やったあ!」

シャルロッテ「………」ググッ

マミ「?」

シャルロッテ「………!」ゴッ!!

マミ「っ……!」

さやか「え?」

まどか「嘘……!」

シャルロッテ「………」アーン

タクト「うおおおおおっっ!!」ダッ

バキイッ!!

シャルロッテ「………!?」ドサッ

タクト「颯爽登場☆!銀河……美少年!」キラーーンッ

qb「なっ………!?」

マミ「タクト君……その姿は?」

タクト「話は後で良い!?今はコイツを倒さないとさ!」ダッ

qb「そうか……そう言う事だったのか……」

書き溜めが尽きた
完結目指してがんばるぞー

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom