オーキド「ここに3つのモンスターボールがあるじゃろ?」(601)


オーキド「好きなのを1つづお前達にやろう」

グリーン「やりぃ!レッド、俺が先に選ばせてもらうぜ!」

レッド「…」

グリーン「直感で…これだ!」

グリーンは モンスターボールを てにいれた!

レッド「…」

レッドは モンスターボールを てにいれた!


グリーン「さっそくバトルしよーぜレッド!」

レッド「…」コクリ

グリーン「行け!モンスターボール!」ポーン

フシギダネ「ダネフッシ!」

オーキド「おぉ、グリーンはフシギダネを選んだのか。そいつは比較的育てやすいポケモンじゃぞ」

グリーン「さぁ、こいレッド!」


レッド「…」ポーン

大魔王ゾーマ「フシギダネよ!何故もがき生きるのか?滅びこそ我が喜び。死に行く者こそ美しい…さぁ、我が腕の中で息絶えるがよい!」ゴゴゴゴゴッ

グリーン・フシギダネ「!!??」

オーキド「ほほう、レッドは大魔王ゾーマを選んだか。そいつは中々育て甲斐のあるポケモンじゃぞ」


ゾーマ「…」ゴゴゴゴゴッ

グリーン「えっ?じーさん!あれポケモンなのか!?」

オーキド「なんじゃ?ポケモンじゃなかったらなんだと言うんじゃ?」

グリーン「なにって、それがわかんねーから聞いてんだろうが……まぁ、いい!倒しちまえばなんだって関係ないぜ!フシギダネ、たいあたりだ!」

フシギダネ「フッシ!」ダッ


ソーマに 1の ダメージ!

ゾーマ「なんだ…それで攻撃のつもりか?」

グリーン「なっ、効いてない!?」

レッド「…マヒャド」

ゾーマは マヒャドを となえた! こうかは ばつぐんだ!

フシギダネ「」

グリーン「フシギダネええええぇぇぇぇ!」


ゾーマは 13のけいけんちを てにいれた!

ゾーマ「ふむ…少々やり過ぎたか」

レッド「…」スッ

ゾーマ「おっと、わしはそのボールの中は狭くて好かん。悪いが外にいさせてもらえないか?」

レッド「…」コクリ


グリーン「くっ…今回は負けたが、次はこうはいかねーからな!」

ゾーマ「ほほう、ではわし達も負けてはおれぬな」

レッド「…」コクリ

グリーン「あっ、ねーちゃんにタウンマップ貰っていくか。レッドにはやらないように言っておくから、来ても無駄だぞ!じゃーなー!」

レッド「…」

オーキド「ほっほっほ、見事な勝利じゃ。レッドはポケモントレーナーとしての素質があるようじゃな」


1番道路

ゾーマ「レッドよ、聞くが…この旅の目的はなんなのだ?」

レッド「…」

ゾーマ「ふむ、各地のジムを回り、ポケモンリーグを勝ち抜きポケモンマスターになること…か」

レッド「…」

ゾーマ「ほうほう…しかしレッドよ、お主はもう少し大きな声で話せぬのか?わしでないと、とてもではないが聞き取れぬぞ?」


レッド「…頑張る」

ゾーマ「頼むぞ。それにしても、野生のポケモンが一向に出てこぬな」

レッド「…」

ポッポ&コラッタ達「…」ガクガクブルブル

ゾーマ「これではわしのレベルが上がらないではないか……どれ」


ゾーマは かがやくいきを はいた! 1ばんどうろが こおりつく!

ゾーマは 152の けいけんちを てにいれた!

ゾーマは lv2に あがった!

レッド「…効率的」

ゾーマ「そうであろう?」

ポッポ&コラッタ達「」カチンコチン


トキワシティ

ゾーマ「ここはさっそく、ジムとやらがある町のようだな」

レッド「…」コクリ

ゾーマ「おそらくは、あの大きな建物であろう…行くか」

レッド「…」コクリ

グリーン「おっと、無駄だぜ。ここのジムリーダーは留守らしいからな」

レッド「…」

ゾーマ「ふむ…たしかに建物内に人の気配を感じぬな」


グリーン「それより俺とバトルだ!フシギダネも鍛えて新しいポケモンも捕まえたから、今度は俺が勝つぜ!」

レッド「…」コクリ

グリーン「行け!ポッポ!」ポーン

ポッポ「ポッ!」

ゾーマ「ポッポか…面白い、受けてたとう」

グリーン「ポッポ!すなかけだ!」


ポッポの すなかけ! ゾーマの めいちゅうりつを さげた!

グリーン「へへん!どんな強力な技だって、当たらなきゃ怖くないぜ!」

ゾーマ「ほほう、考えたな…だが!」

ゾーマの ゆびさきから いてつくはどうが ほとばしる! 

すべての こうかを けしさった!


グリーン「えっ?」

ゾーマは メラゾーマを となえた!

ポッポは やきとりに なった!

ポッポ「」プスプス

グリーン「ポッポおおおおぉぉぉぉ!」


レッド「…ゾーマ、勝手に行動されると、困る」

ゾーマ「おぉ、そうであったな。済まぬ、気を付けよう」

グリーン「ポッポぉ…くそっ!戻れ!リベンジだフシギダネ!」ポーン

フシギダネ「フシッ!」

グリーン「はっぱカッター!」


レッド「マホカンタ」

ひかりのかべが はっぱカッターを はねかえした!

フシギダネ「ダネッ!?」

レッド「かがやくいき」


ゾーマは かがやくいきを はいた!

フシギダネは ドライフラワーに なった!

フシギダネ「」

グリーン「フシギダネええええぇぇぇぇ!」


グリーン「くそぉ…!覚えてろよー!」

ゾーマ「ふむ…ジムが開いていないとなれば、この町には用はないな」

レッド「…ニビシティ」

ゾーマ「ニビシティ?そこが次に近い、ジムのある町なのか?」

レッド「…」コクリ

ゾーマ「ではそのニビシティとやらに行くとするか」


2番道路

レッド「…くしゅっ」

ゾーマ「む…?寒いのか?」

レッド「…少し」

ゾーマ「ふむ、わしのそばにおるからか…?どれ、そこにちょうど焚火になりそうな木々がある」

トキワの森


ゾーマ「燃やしてやるから、しばし温まるがよい」

ゾーマは メラゾーマを となえた!

トキワのもりが いっしゅんにして もえあがる!

ゴオオオオォォォォォ

レッド「…あったかい」

ゾーマ「そうであろう?」


ニビシティ

ゾーマ「何もない広い一本道で、まったくつまらなかったな」

レッド「…ポケモンもいなかった」

ゾーマ「手持ちのポケモンがわしだけでは心細いか?」

レッド「ゾーマは頼もしい。だけど、仲間が多い方が、旅も楽しい…と思う」

ゾーマ「ふむ…」


テレビ『臨時ニュースです。今日午前○時頃、ときわの森にて大規模な森火事が発生したとの情報が入ってきました。警察の調べではこの火事は、何者かによる放火とみて―――』

レッド「…火事怖い」

ゾーマ「巻き込まれんで良かったな」

テレビ『また、一番道路で突如起きた、謎の氷結騒ぎに関してもあわせて捜査を―――』

レッド「…自然怖い」

ゾーマ「もしもの時はわしがおる」


ニビジム

ゾーマ「ほほう…これがジムというものか」

レッド「…」

少年「待ちなー!子供が何の用だ!タケシさんに挑戦なんて一万光年はやいんだよ!」

ゾーマ「一万光年?光年とは距離の単位だが…早いとは?」

少年「えっ?」


ゾーマ「…」

少年「えっ……あっ」

レッド「…」クイクイ

ゾーマ「ん?あぁ、そう急かすでない」


タケシ「…」

レッド「…バトル」

タケシ「ん?おぉ、挑戦者か!俺はニビジムのジムリーダータケシ!岩タイプのエキスパートだ」

レッド「…」

タケシ「ほう、見たことないポケモンを連れているな。中々楽しませてくれそうだ…行け!イシツブテ!」ポーン

イシツブテ「イッシ!」


ゾーマ「ふむ、ばくだんいわみたいな奴だな」

タケシ「先攻は君からでいいよ」

レッド「ジム戦だから、少し本気で…イオナズン」

ゾーマ「うむ」

ゾーマは イオナズンを となえた! ニビジムの あたりいったいが ふきとんだ!

タケシ「ぬわーーーーっ!!」


レッド「ゾーマ…やり過ぎ」

ゾーマ「ぬぅ…力の加減が難しいな」

レッド「バッジも…吹き飛んだ…」ショボン

ゾーマ「す、済まぬな…ぬっ?」

レッド「?」


タケシ「み、見事だ…この俺を倒すとはな…だが、俺にはまだとっておきの切り札がいる……」

ゾーマ「…よく生きておったな」

タケシ「ふ、ふふっ…さぁ、我が破壊の神シドーよ!ここに生贄を捧ぐ!ぐふっ」

ゾーマ「ほう、最期の力で破壊神を呼び寄せたか…面白い」

ゴゴゴゴゴゴッ!

破壊神シドー「グギャアアアアァァァァ!!!」


レッド「!」

ゾーマ「どうした?余りの迫力に恐れおののいたか?」

レッド「違う…初めて、野生のポケモンに会えて、嬉しい…!」パァ

ゾーマ「ふはは、頼もしい限りだ」

シドー「グギャアアアアァァァァ!!!」


シドーは しゃくねつの ほのおを はいた! こうかは ばつぐんだ!

ゾーマ「ぬぅ!!」

レッド「ゾーマ…!?」

ゾーマ「ふん、これくらいなんでもないわ…だが、やっとわしも全力を出せそうだな」

レッド「無理は、禁物…ジゴスパーク」

ゾーマは じごくから いかずちを よびよせた!


シドー「グギャ!」

シドーは べホマを となえた!

シドーの こうげき! つうこんの いちげき!

ゾーマ「うぬぅ、ちょこざいな」

レッド「…マヒャド」


ゾーマは マヒャドを となえた!

ニビシィを おおいつくすほどの こおりのかたまりが シドーを おそう!

ゴオオオオォォォォ!!

シドー「グ、グギャアァ……」

レッド「今だ…行け、モンスターボール!」ポーン

ゾーマ「…」


レッド「…」ドキドキ

やったー! シドーを つかまえたぞ!

レッド「!」パァ

ゾーマ「ほぅ…良かったな。これで仲間が増えたぞ」

レッド「うん…!」グッ


シドー「グギャアァ!」ボンッ

レッド「うわっ…!」

シドー「グギャァン」

レッド「どうして、ボールから勝手に…?」

ゾーマ「そいつもわしと同じで、ボールの中は好かんようだな」

レッド「…そうなの、か?」

シドー「グギャグギャ!」


レッド「そうか…じゃあ、外に出てればいい……ん?シドーの持ってる、それって」

シドー「グギャアアァァ!」スッ

レッドは グレーバッジを てにいれた!

レッド「!」

ゾーマ「どうやらバッジも無事に手に入ったようだな」

レッド「…やった」

シドー「グギャアアァァン!」


おつきみやま

ゾーマ「…」

シドー「…」

レッド「…モンスターボールの中って…そんなに狭いの?」

ゾーマ「狭いと言うよりはまぁ…居心地が悪いな」

シドー「グギャグギャ」

レッド「そう…」


レッド「…」

レッド「やっぱり…野生のポケモンが全然出てこない」

ゾーマ「ふむ…なぜだろうか?」ゴゴゴゴゴッ

シドー「グギャァ?」ゴゴゴゴゴッ

ズバット&イシツブテ達etc…「…」ガクガクブルブル


レッド「…」テクテク

ゾーマ「…」

シドー「…」

ミニスカート「…」ビクビク

ゾーマ・シドー「…」チラッ

ミニスカート「ひっ!」


ゾーマ「ん?いや、そこに人間がおるようでな」

レッド「…本当だ」

ミニスカート「ひぃ!な、なによー!私ははぐれた友達を、ここで待ってるだけよ!だからお願いだから食べないで!」

レッド「食べないけど…」

ミニスカート「あっ、えっと…化石!?たしかに私達、凄い化石があるって聞いて来たけど、それ以外は何も知らな…食べられるのは嫌あああぁぁぁ!」タッタッタッタッ!

レッド「いや…食べない……」


シドー「…ジュルリ」

レッド「!?」

ゾーマ「凄い化石か…レッドよ、わし等も探してはみぬか?」

レッド「いいけど…シドー、お腹は大丈夫?」

シドー「グギャァ…」


レッド「化石……ところで…化石って、地面に落ちてるようなものなの…?」

ゾーマ「ふむ、わしもよく分からぬが…どうであろうと、この暗さでは仮に落ちていたとしても分かりにくいな」

シドー「グギャッ!」

レッド「シドー?どうした…?」

「おい、そこのお前!」

レッド「?」


ロケット団しったぱ「こんなところで子供がなにをしている?」

レッド「…化石を」

しったぱ「なに!?化石の事をなにか知っているのか!だったら教えてもらおうじゃないか」

ゾーマ「何だ貴様は…?」

したっぱ「ん?まさか俺達の事を知らないって言うのか?だったら教えてやろう…俺はポケモンマフィアのロケット団!強くて怖いのだ!」


レッド「マフィア…」

ゾーマ「盗賊団のようなものか?」

しったぱ「力ずくでも吐いてもらうぜ!行けっ、ズバット!」ポーン

ズバット「ズバズバッ!」

レッド「良く分からないけど…バトルなら……シドー」


シドー「グギャアアアアァァァァ!!」

シドーは はかいしんの さけびを あげた! おつきみやま ぜんたいが ふるえる!

なんと おちきみやまが くずれはじめた!

したっぱ「えっ?」

ドゴオオオオォォォォォ!!


レッド「…眩しい」

ゾーマ「見晴らしが良くなったな」

シドー「グギャァ!」

レッド「でも…これじゃあ化石、探せない…」

ゾーマ「仕方ない、諦めて次の町に行くとするか」

レッド「…」コクリ

>>56>>57の間にこれ入れ忘れた

ミニスカート「ひっ!」

ゾーマ・シドー「…」ジーッ

レッド「…どうした?」


ハナダシティ

ゾーマ「この町にもジムがあるようだな。さっそく行くとするか」

レッド「…」コクリ

グリーン「おいレッド!やっと来たか」

レッド「…グリーン、早い」

グリーン「ジムの前に俺とまた勝負だ!今度の今度は負けねーぜ!三度目の正直だ!」

レッド「…」コクリ


グリーン「行け、ピジョン!」

ピジョン「ピジョー!」

レッド「ゾーマ」

ゾーマ「うむ…お主はあのポッポの進化系か?中々凛々しくなったではないか」

ピジョン「ピジョッ!」

グリーン「先手必勝!でんこうせっかだ!」

ピジョットの でんこうせっか! ゾーマに 1の ダメージ!


ゾーマ「ふん、変わったのは見た目だけか…残念だ」

レッド「メラゾーマ」

ゾーマは メラゾーマを となえた!

ピジョットは ローストチキンに なった!

ピジョット「」プスプス

グリーン「ピジョットおおおおぉぉぉぉ!」

>>67>>68
ピジョットじゃなくてピジョンだった


グリーン「くそぉっ!行け、コラッタ!」

コラッタ「コラッ!」

レッド「戻れゾーマ…行け、シドー」

シドー「グギャアアアアァァァァ!!」

グリーン「やっぱそいつお前のポケモンだったのか…まぁ、いい!コラッタ、ひっさつまえばだ!」

コラッタ「コラッタッ!」


コラッタの ひっさつまえば!

シドー「…グギャ?」

シドーには ぜんぜん きいていない!

なんと シドーの ひふの あまりのかたさに コラッタの まえばが おれてしまった!

コラッタ「」

グリーン「コラッタあああぁぁぁぁ!」


グリーン「うぅ…頼むぞフシギダネ!」

フシギダネ「フッシ!」

シドー「グギャアァ!」ゴゴゴゴゴッ

フシギダネ「!?」

グリーン「フシギダネ!つるのむちだ!」

フシギダネ「フ…フシッ!」

フシギダネの つるむのち!


シドー「グギャァ?」パシッ

なんと シドーは ふしぎだねの つるを つかんだ!

レッド「…しゃくねつ」

シドーは しゃくねつの ほのおを はいた! こうかは ばつぐんだ!

フシギダネは ファイヤーフラワーに なった!

フシギダネ「」

グリーン「フシギダネえええぇぇぇぇ!」


グリーン「また負けたぜ……」

レッド「…」

グリーン「くそぉ!次は絶対俺が勝つからな!」

ゾーマ「そのセリフは何回か聞いたような気がするな」

グリーン「あっ、そうだ、勝ったお前にコレやるよ」

レッド「?」


レッドは ラーのかがみを てにいれた!

グリーン「さっきハナダジムで拾ったんだけど、俺にはこんな鏡いらーねからよ。じゃっ、バイビー!」

ゾーマ「…嵐のような奴だな」

レッド「…」コクリ

シドー「グギャァン」


ハナダジム

ゾーマ「ここのジムリーダーは女らしいが…」

レッド「…女だからって、油断はできない」

ゾーマ「そうだな」

カスミ「うわっ!な、なによアンタ達…?」

レッド「…バトル」


カスミ「バトル…?って、あぁ、挑戦者だったのね…いいわ、受けて立とうじゃない」

カスミ「私はカスミ!私の水ポケモンは強いわよ!行け、ヒトデマン!」

ヒトデマン「ヘラッ!」

レッド「…ゾーマ」

ゾーマ「うむ、任せるがよい」


カスミ「そいつポケモンだったのね…とにかくバトル開始よ!ヒトデマン、たいあたり!」

ヒトデマン「ヘラッ!」

レッド「水タイプには、電気技…ジゴスパーク」

ゾーマは じごくから いかずちを よびよせた! こうかは ばつぐんだ!

カスミ「ヒトデマン!!っ…やるわね。行けっ、スターミー!」

スターミー「!」


カスミ「バブルこうせん!」

レッド「ゾーマ、かがやくいきで防御」

ゾーマは かがやくいきを はいた! なんと ばぶるこうせんは こおりつてしまった!

カスミ「えぇっ!?」

レッド「…ジゴスパーク」

こうかは ばつぐんだ!


カスミ「そ、そんな…スターミーまで一撃なんて……」

レッド「…終わり?」

カスミ「えぇ、完敗よ…これがブルーバッジ」

レッドは ブルーバッジを てにいれた!

レッド「…やった」

ゾーマ「順調だな」

シドー「グギャアアァァン」


レッド「じゃあ…これで……?」キラン

ゾーマ「…どうしたレッド?」

レッド「さっきもらった…ラーの鏡が、光って……」

カスミ「!」

ゾーマ「ほう?確かに光っておるな」

カスミ「そ、それ!」

レッド「?」


レッドは カスミに むかって ラーのかがみを むけた!

なんと かがみには ぽけもんの すがたが うつしだされた!

レッド「!?」

カスミ?「ぐぬぅ、バレてしまって致し方ない…ハアアアァァァ!」

魔王ムドー「…まったく、無くなったと思っておったラーの鏡を、お前たちが持っていたとは…」

なんと カスミは まおうムドーが ばけた すがた だった!

ムドー「我が名はムドー…やがては世界を支配するものなり。さぁ、来るがよい!私の本当の恐ろしさを見せてやろう!」


ゾーマ「なんと、このようなところに魔王とは…流石のわしも驚いたな」

レッド「野生のポケモン…!シドー」

シドー「グギャアアアアァァァァ!!」

ムドー「くらうがいい!」

ムドーは メラゾーマを となえた!

レッド「しゃくねつ」

シドー「グギャアアァァ!」


ムドー「うぬ?私のメラゾーマを相殺するとは…流石だな。ではこれならどうだ!」

ムドーの ひとみが あやしく ひかった!

なんと シドーは ふかい ねむりに おそわれた! シドーは ねむってしまった!

シドー「zzz…」

レッド「シドー…!?」

ムドー「わっはっはっはっ!眠ってしまえば手も足も出まい!ほれ」

ムドーは いなずまを よびよせた! いなびかりが ジムないを つつむ!



シドー「zzz…」

ムドー「もう一発!」

ムドーは かがやくいきを はいた!

レッド「くっ…シドー、起きろー」

ゾーマ「はぁ…ここはわしが行こう」

レッド「ゾーマ…頼んだ」


ムドー「誰が来ようと同じこと」

ムドーの ひとみが あやしく ひかった! しかし ゾーマには こうかが ないようだ…

ゾーマ「残念だが、わしに眠り攻撃は効かぬぞ」

ムドー「なぬ…?ふんっ、ではメラゾーマだ!」

レッド「かがやくいき」

ゾーマは かがやくいきを はいた! なんと ムドーの メラゾーマを こおらせた!

ムドー「なにっ!?」


こおった メラゾーマが いきに ながされ ムドーを おそう!

ムドー「がはっ…!!」

レッド「あっ…」

ムドー「な、何故だ…こんな虫ケラ共に私がやられてしまうとは…デスタムーア様っ!こ こ こんな はずでは…」

レッド「…瀕死になっちゃった」

ゾーマ「済まぬ。大口叩くものだから、もう少し耐えるものと…」

レッド「貴重な野生のポケモンだったのに…」


ゾーマ「うぬぬ……ん?」

グラグラッ

レッド「地震……?」

ゾーマ「いや、地下より強力な魔力を感じる……気をつけよレッド」

レッド「ポケモン?ポケモン…っ!」パァ


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴッ…ドゴオオオオォォォォン!!

なんと プールの ましたから ポケモンが とびだしてきた!

デスタムーア(第一形態)「フォッフォッフォッ…ムドーの断末魔が聞こえてきおったから、何事かと思って出て来てみれば……ムドーの奴め、このような虫ケラに滅ぼされたとは…情けない」

レッド「ゾーマ、今度こそ捕まえる…!」

ゾーマ「うむ」


デスタムーア「このわしを捕まえるじゃと?面白い…わしは全世界の主となる存在、デスタムーア様じゃ!このデスタムーアこそが、生きとし生けるものの王たる存在と言う事を思い知らせてやろうぞっ!」

デスタムーアは すべての まりょくを ときはなった!

ぼうそうした まりょくが ばくはつを おこす!

ハナダシティ しゅうへんが いっしゅんで ふきとぶ!


ゾーマ「うぬぬ…凄まじい威力だ。レッドよ、大丈夫か?」

レッド「…何ともない」

シドー「zzz…」

デスタムーア「ほう…わしのマダンテを受けても生きておったか」

デスタムーアは めをとじ いのりはじめた! 

デスタムーアの まりょくが みるみるうちに かいふくする!


レッド「ゾーマ、かがやくいきで反撃」

ゾーマ「うむ」

ゾーマは かがやくいきを はいた!

デスタムーア「ぬおっ…イオナズン!」

レッド「負けずにマヒャド」

ゾーマは マヒャドを となえた!


デスタムーア「ぐはっ…!やはりじじいの姿では、失礼だったようだな…では、これならどうかな?」ググググッ

レッド「!?」

デスタムーアは しょうたいを あらわした!

デスタムーア(第二形態)「食らうがよい!」

デスタムーアは とげの かたを いからせ ゾーマめがけて とっしんしたっ!


ゾーマ「ふんっ!」

なんと ゾーマは デスタムーアの とげを つかんだ!

レッド「ゾーマ、そのまま投げ飛ばして」

ゾーマ「ぬんっ!」ブンッ

ゾーマは デスタムーアを なげとばした!

デスタムーアは イワヤマトンネルに たたきつけられた! イワヤマトンネルが がれきとかす!


デスタムーア「ぐぬぅ…よくもやりおったな……!お遊びはこれまでとしよう!どれ、お前たちの体を引き裂き、そのはらわたを食らいつくしてくれよう!」

ゴゴゴゴゴッ!

幻魔王デスタムーア「お前たちがどれほど非力で不完全なものかを嫌というほど思い知らせてくれようぞ!!」

ひだりては うでをふりあげ するどいつめを ふりおろした!

ハナダシティ(あと)まで じわれが おこる!


レッド「っ…!ゾーマ、かがやくいき」

ゾーマ「うむっ!」

ゾーマは かがやくいきを はいた!

デスタムーア「はああぁぁ!」

デスタムーアは みも こおりつくような おぞましい おたけびを あげた!

そのくちから はげしい はどうが まきおこる!

かがやくいきを はねかえした!


ゾーマ「くっ…!」

シドー「zz…?…!!」ハッ

レッド「ゾーマ…!シドー、起きたならゾーマの援護を…ベホマ」

シドー「グギャ?グギャアアァァァ!」

シドーは ベホマを となえた!

レッド「ゾーマ、イオナズン」


レッド「シドー、右手に攻撃」

シドーの こうげき! かいしんの いちげき!

デスタムーア「くっ、わしの右手が……!」

レッド「この隙に…倒さない程度の全力でマヒャド」

ゾーマ「難しい事をいう…まぁ、善処しよう」

ゾーマは マヒャドを となえた!


デスタムーア「なんだ…?って、うぎゃあっ!!」

レッド「今だ…行け、モンスターボール!」ポーン

ゾーマ「ほぅ…」

やったー! デスタムーアを つかまえたぞ!

レッド「!」パァ

ゾーマ「レッドよ。また一人、仲間が増えたな」

シドー「グギャギャァン!」

>>113>>114の間にこれが抜けてた

デスタムーア「ぬぅ…!」

みぎては ベホマラーを となえた!


デスタムーア「ぬうっ!」

レッド「また……!」

デスタムーア「おのれぇ…わしともあろう者が油断しわい。こんな小僧に捕まるとは……」

レッド「…」


デスタムーア「まぁ、捕まってしまったものは致し方あるまい…わしもお主に……お主、名はなんじゃ?」

レッド「…レッド」

デスタムーア「レッドか…わしも大人しくレッドについて行くとしよう」

レッド「うん……デスタムーア…最初の姿に、戻ってる…?」

デスタムーア「む?あぁ、あの姿は本気の時だけじゃ。基本はこのじじいの姿でおる」


クチバシティ

レッド「次の町に、着いた…」

デスタムーア「よもやこのデスタムーア様が地下を潜る羽目になるとはな」

ゾーマ「デスタムーア…お主、そもそもは地下から登場したではないか」

デスタムーア「あれは地下に異次元を繋げただけで、実際にあそこの地下におったわけでない」

シドー「グギャグギャ!」

ゾーマ「自分もだと言っておるのか……ん?」


グリーン「おいレッド!」

レッド「…また」

グリーン「お前来るのが遅かったな。もう少し早く来ればあの有名な豪華客船、サントアンヌ号に乗れたってのに。まっ、もちろん俺は乗ったけどな!」

デスタムーア「なんじゃこのガキは…?」

ゾーマ「レッドのライバル…らしいぞ」

デスタムーア「ほう…ではこやつも、レッドの様に強いのじゃな」

ゾーマ・シドー「…」


グリーン「レッド!ここで会ったが百年目!俺とバトルだ!」

レッド「…」コクリ

グリーン「前回より成長した俺のパーティは一味違うぜ!行け、ピジョン!」

ピジョン「ピジョー!」

レッド「…デスタムーア」

デスタムーア「わしか」


グリーン「新手のポケモンか…ピジョン!小手調べにかぜおこしだ!」

ピジョン「ピジョーッ!」バサッバサッ

デスタムーア「フォッフォッフォッ、そよ風のようじゃ。まさかこれが攻撃か?」

グリーン「なっ…ピジョンのかぜおこしが、そよ風だと!?」

レッド「…バギクロス」


デスタムーア「フォッフォッ、本物の風を使った攻撃とは…こういうものじゃ!」ブンッ

デスタムーアは バギクロスを となえた!

ピジョンは たべやすい サイズに なった!

デスタームア「なんじゃもう終いか…期待外れじゃの」

グリーン「ピジョンんんんんんんんん!」


グリーン「ピジョン……ピジョンの敵だ!行け、ユンゲラー!」

ユンゲラー「ゆん」

デスタムーア「殺してはおらんぞ?」

グリーン「ねんりきでアイツの動きを封じろ!」

ユンゲラー「ゆんゆんっ!」

ユンゲラーの ねんりき!


デスタムーア「む?」

グリーン「そのまま持ち上げて地面にたたきつけるんだ!」

ユンゲラー「ゆんっ!…ゆ、ゆん!?」

しかし デスタムーアは びくとも しない!

グリーン「ど、どうしたユンゲラー?」

デスタムーア「なんじゃ?こんなちんけな魔力で、わしをどうこう出来るとでも思ったのか?」


ユンゲラー「!?」

レッド「…玉で攻撃」

デスタムーア「フォッフォッ」ヒュン

デスタムーアが ねんじると さゆうに ういた ふたつの たまが ユンゲラーを おそう!

ユンゲラー「」

グリーン「ユンゲラあああぁぁぁぁ!」


デスタムーア「おい小僧!危ないぞ」

グリーン「えっ?」

ドゴォォ!

グリーン「!?」

グリーンの わきに デスタムーアの はなった たまの かたほうが めりこむ!

グリーン「あ、あ、あぁ…!?」

デスタムーア「戦闘中に割り込むとは…死にたいのか?」


グリーン「な、なんなんだよー!ふ、フシギソウ!行け!」

フシギソウ「ソウソウッ!」

レッド「…進化」ピクッ

ゾーマ「のようだな」

グリーン「やどりぎのタネだ!」

フシギソウ「ソウッ!」


フシギソウの やどりぎのタネを はなった! つるが デスタムーアの うごきを ふうじる!

デスタムーア「ぬ?なんじゃこのツルは…ぬおぉっ、このツル、わしの魔力を吸い取りよるぞ!?」

レッド「!」

グリーン「…あ、あれ?もしかして今、初めて俺の攻撃がレッドのポケモンに効いてる……?」

デスタムーア「ふおぉ…!」ビリビリ


グリーン「お、おぉ…!チャーンス!フシギソウ、今のうちに怒涛のはっぱカッターだ!」

フシギソウ「ソ、ソウッ!ソウソウソウソウソーウッ!」ヒュンヒュンヒュン

フシギソウの はっぱカッターの みだれうち! じわじわと デスタムーアの たいりょくを けずる!

デスタムーア「ぬおっ!ふおっ!はっ!くはっ!ぐほっ!」


レッド「デスタムーア…!」

グリーン「はっはっはっ!やれやれフシギソウ!俺達の初勝利は近いぞー!」

フシギソウ「ソーウッ♪」

デスタムーア「」ブチッ

レッド「…あっ」


ゾーマ「やったしまったなあやつら…どうなってもわしは知らんぞ」

シドー「グギャァン…」

ゴゴゴゴゴゴゴゴッ!

グリーン「あはは…は?」

デスタムーア「おのれぇ…遊ばせておけばいい気になりおって……!」ゴゴゴゴゴッ

フシギソウ「そ、ソウッ…?」


デスタムーア「ハアアアァァァァ!!」ゴゴゴゴゴッ

デスタムーアは だいさん けいたいに なった!

グリーン「な、なんだ!?いきなり進化しやがった!?」

デスタムーア「消え去れ!」

デスタムーアは イオグランデを となえた! クチバシティは あとかたもなく きえさり うみの いちぶに なった!

グリーン「ぎょえーーーーっ!」


ザザァ…

デスタムーア(第一形態)「ほう…すっきりしわい」

レッド「びしょびしょ…」

ゾーマ「盛大な波であったな」

シドー「グギャン」

レッド「はっ…!グリーンが……」


デスタムーア「フォッフォッフォッ、ここで死んだのであれば、その程度の人間だっただけということじゃ」

レッド「…」

シドー「グギャ…」

ジャバジャバッ!

一同「?」

グリーン「ぷはっ…!勝手に俺を殺すな!」


レッド「! グリーン、生きてた…」ホッ

デスタムーア「なんと…!わしのイオグランデを受け、よもや生身の人間が生きておるとは……ゾーマ、お主なにかしたか?」

ゾーマ「わしはレッドを守っておったから、なにもしておらん」

デスタムーア「では悪運が強かったわけか…」

レッド「良かった…」

グリーン「おい!のんきに宙で話してないで、俺を早く助けろー!!」ジャバジャバ


レッド「シドー…引き上げて」

シドー「グギャアアアアァァァァ!」

グリーン「あーくそっ、どういう状況だよこれ……あん?」

ブクブクッ…

グリーン「な、なんだ…なんか下から大量の泡が……」


シドー「グギャッ!」パシッ

ジャブッ!

グリーン「おぉ、助かったぜ…」

ブクブクブクッ!

デスタムーア「む?水の中から何か出てくるな…」

ゾーマ「さっきの爆発で、何かを掘り当てたか?」


ブクブクブクブクッ…ザッバアアアアァァァァン!!

地獄の帝王エスターク「グゴゴゴゴ…誰だ?我が眠りを妨げる者は…」

レッド「ポケモン…!」

グリーン「うわっ!?な、なんだこの馬鹿でかい奴はっ!?」

エスターク「我が名はエスターク…今はそれしか思い出せぬ……果たして自分が善なのか悪なのかも思い出せぬのだ……」

グリーン「おい、なにもたもたしてるんだっ!もっと早く上にあがれ!!」

シドー「グギャギャン!」


デスタムーア「おい、あのうるさいのをどこかへやってくれんか…」

ゾーマ「…」

ゾーマは バシルーラを となえた! グリーンは どこかへ とばされた!

エスターク「この私になに用だ?私を滅ぼすつもりか?」

レッド「違う…捕まえたい」

エスターク「私は自分より弱い者に従う気はない。従えたくば私に勝ってみよ。さぁ、くるがよい!」


レッド「じゃあ…デスタムーア、第二形態になって…バイキルトからとっしん」

デスタムーア「お安いご用じゃ」ゴゴゴゴゴッ

デスタムーアは だいに けいたいに なった!

デスタムーアは バイキルトを となえた! デスタムーアの こうげきりょくが 2ばいに なった!

デスタムーアは とげの かたを いからせ エスタークめがけて とっしんしたっ!


エスターク「ぬううぅぅ!!」

ドスーンッ!

エスタークは 12ばん どうろまで ふっとんだ! 12ばん どうろの はしが ほうかいする!

エスターク「ぐおぉ…やるな。ぬんっ!」

エスタークは ドルマドンを となえた!

レッド「メラゾーマ」

デスタムーアは メラゾーマを となえた!


カビゴン「zzz……」

ゴゴゴッ…

カビゴン「zzz……?」

ゴゴゴゴッ…!

カビゴン「…カンビ?」

ゴオォッ!!

11ばん どうろの ちゅうしんで メラゾーマと ドルマドンが しょうとつ! 11ばん どうが しょうど かす!


レッド「…凄い、砂煙」

デスタムーア「ぬぅ…見えぬな……ん?」

エスターク「ふんっ!」

エスタークは ていおうの いちげきを はなった!

デスタムーア「うぎゃあっ!?」

ザッバアアアァァン!

デスタムーア「」


レッド「デスタムーア…!ゾーマ」

ゾーマ「うむ、任せよ」

レッド「シドーは、デスタムーアの回復を…」

シドー「グギャッ!」

エスタークは じごくの たつまきを まきおこした!

レッド「かがやくいきで受け止めて、ジゴスパーク」


エスターク「んぬぅ…はぁ!」

エスタークの ていおうの いかり!

ゾーマ「くっ…闇の衣なしで、この威力の攻撃はちとキツイな……」

レッド「大丈夫…?」

ゾーマ「何とかな……」

レッド「……全力で、かがやくいき」


ゾーマ「はぁぁ!」

ゾーマは かがやくいきを はいた!

エスターク「なんのっ!んっ?こ、これは……ぐおぉっ!」

なんと エスタークを こおらせた!

レッド「! 今だ…行け、モンスターボール!」ポーン

ゾーマ「…頼むぞ」

レッド「…」ドキドキ


やったー! エスタークを つかまえたぞ!

レッド「!」パァ

ゾーマ「ほっ…いや、久方ぶりにわしも冷や汗をかかされたわ。流石は地獄の帝王」

レッド「頼もしい、仲間が増えた」

ゾーマ「そうだな」

デスタムーア「おいぃ…それはいいが、もう少しわしの心配もせい!」

レッド「あっ…デスタムーア…!大丈夫だった?」


デスタムーア「あぁ、シドーのべホマで何とかな…あー、いや、油断したわい」

ゾーマ「確か、レッドに捕まった時もそう言っておったな」

デスタムーア「うるさい!」

シドー「グギャァン!」

レッド「…あれ?」

ゾーマ「どうした?」


レッド「…いつもならすぐに、ボールから出てくるのに…エスタークは出てこない……」

ゾーマ「ふむ…たしかにそうだな」

デスタムーア「ためしに出してみればいいじゃろ」

レッド「…」ポーン

エスターク「グゴゴゴ…グゴゴゴ…」zzz

レッド「寝てる…?」


ゾーマ「寝ておるな」

デスタムーア「寝とるのう」

シドー「グギャギャギャ」

レッド「…」ポーン

ゾーマ「まぁ、あやつは少々図体がデカいからな。ちょうど良かったのではないか?」

レッド「…」コクリ


デスタムーア「いやしかし…一面銀世界じゃのう」

キラリン…

ゾーマ「わしもギリギリだったからな。レッドに全力と言われたので、全力で輝く息を吐いたわ」

レッド「海も凍ってる……どこまで凍ってる…?」

ゾーマ「さてな…少なくともここからは分からんな」

レッド「…」


サイクリングロード

ヒュー……

暴走族達「」カチンコチン

スキンヘッド達「」カチンコチン

ドードー&オニスズメetc…「」カチンコチン

ヒュー……


ゾーマ「さて、次はどこへ行くか?」

レッド「…多分、ここから一番近いのは……シオンタウン…?」

デスタムーア「さぁのう…正直、現在地はまったく分からん。四方どこを見ても、見事に真っ白じゃ」

レッド「どうしよう…くしゅっ」

デスタムーア「なんじゃ、寒いのか?」

レッド「…うん」プルプル


デスタムーア「この程度で寒いとは情けない……と思ったが、レッドは人間じゃったな。人間にこの寒さは応えるか」

ゾーマ「ふむ…しかし今回はちょうど焚き木になりそうなモノもない…」

シドー「グギャ?」ゴゴゴッ…

ゾーマ「シドーよ、レッドを想う気持ちは分かるが、絶対に灼熱は吐くなよ?レッドが死ぬぞ」

レッド「!?」

ゾーマ「むむ…おぉ、あれならば寒さも」

ゾーマは バーハを となえた! レッドを やさしい ひかりの ころもが つつんだ!


レッド「…あったかい」

ゾーマ「そうであろう?」

デスタムーア「ゾーマ…お主、レッドには優しいのう」

ゾーマ「…そうか?」

デスタムーア「うむ…では適当に移動を始めようぞ。歩いていれば、いずれはどこかしらには着くじゃろう」

レッド「…」コクリ


シオンタウン

レッド「…なんか、不気味な町」

ゾーマ「ふむ…たしかになにやら、淀んだ空気を感じるな」

シドー「グギャァ…」

レッド「あっ…あの塔」


デスタムーア「おぉ、確かあれはシオンタワーとやらではないか?とするとここはシオンタウンか」

レッド「良かった…」

ゾーマ「なんだ?あれはそれほど有名な塔なのか?」

レッド「…一応、シオンタウンと言えば…あの塔」

ゾーマ「ほほう…では入ってみようではないか」

レッド「…」コクリ


シオンタワー

2階

ゾーマ「なんだ…この塔は墓を祀るものなのか」

デスタムーア「まぁ、見て楽しいものではないのう」

レッド「…ポケモン」キョロキョロ

グリーン「おぉ?レッドじゃねーか!」


レッド「グリーン…飛ばされたけど、大丈夫だった?」

グリーン「あぁ?何の事だ?」

レッド「?」

ゾーマ「あやつ…あまりの衝撃に、脳がなかったことしておるぞ」

デスタムーア「あれくらいで記憶を失うとは…人間はやはり脆いのぉ」

グリーン「良く分かんねーけど…お前もガラガラを捕まえに来たのか?だったら無理だと思うぜ。俺も散々探したが見つからなかったからな」

シオンタワーじゃなくてポケモンタワーだった


グリーン「まぁ、その分、俺のポケモンも成長したけどな!レッド!ここで会ったが百年目!俺とバトルだ!」

レッド「…セリフが、一緒」

グリーン「?」

ゾーマ「まぁ、忘れておるからな」

グリーン「…今日のお前はなんか何時にも増して変だな……いくぞ!行け、タマタマ!」

タマタマ「タマッ!」


レッド「…ピジョン、じゃない?」

グリーン「あー…ピジョンは諸事情で、ポケモンセンターで療養中だ」

レッド「……デスタムーア」

デスタムーア「うむ」

グリーン「新手のポケモンか…タマタマ、さいみんじゅつで眠らせるんだ!」

タマタマ「タマッ!タマー…」

タマタマの さいみんじゅつ!


デスタムーア「……なにをしておるんじゃ?」

しかし デスタムーアには こうかが ないようだ…

タマタマ「!?」

レッド「…火柱」

デスタムーアは くちから ひばしらを はいた!

タマタマは めだまやきに なった!

タマタマ「」


グリーン「タマタマああああぁぁぁぁ!」

レッド「…」

グリーン「タマタマぁ…行け、ガーディ!」

ガーディ「ガウッ!」

デスタムーア「なんじゃこの犬っころは……」

グリーン「ひのこ!」

ガーディ「ガウッ!ゴオォォ!」


デスタムーア「フォッフォッフォッ、なにかしたのか?」

レッド「…じわれ」

デスタムーアの じわれ! いちげき ひっさつ!

グリーン「なっ、一撃必殺!?くそっ…ユンゲラー」

ユンゲラー「ゆんっ!」

デスタムーア「お主の力量は分かっておるから用はない。ザキ」

デスタムーアは ザキを となえた! ユンゲラーは いき たえた!

グリーン「ユンゲラあああぁぁぁぁ!」


レッド「デスタムーア…勝手に、動くな」

デスタムーア「うおっ…そ、そうであったな…」

グリーン「ぐっ…こんなにもポンポンやられるなんて……だが!次は俺のパーティの期待の新星!今までとは一味違うぜ!」

レッド「新星…?じゃあ、こっちも……」

グリーン「行けっ、ギャラドス!」

ギャラドス「グオオォォ!」


レッド「…!」

グリーン「へっへーん!どうだ、超強そうだろ?まぁ、実際強いんだけど―――」

レッド「行け、エスターク…!」

エスターク「グゴゴゴゴ…!」ゴゴゴゴゴッ

グリーン「…oh」


グリーン「ギャ、ギャラドス!気をつけろ!何が来ても避けられるようにしていろよ!」

ギャラドス「ぐ、グオォ……」ビクビク

エスターク「グゴゴゴゴ…」ゴゴゴゴゴッ

レッド「…」

グリーン「…」

ギャラドス「…」


エスターク「グゴゴ……」zzz

グリーン「あ、あれ…まさか、寝てる…のか?はっ!チャーンス!ギャラドス、今のうちにハイドロポンプだ!」

ギャラドス「グオオオォォォ!」

ギャラドスの ハイドロポンプ!

エスターク「グゴゴ…?」

レッド「…」

グリーン「あっはっはっ!全く、デカい図体で脅かしやがって!まぁ、眠ってちゃどんなにデカくたって怖くもなんともないぜ!」


ギャラドス「グオオオオォォォォ!」

エスターク「グゴゴ…!グゴォ!」

ギャラドス「グオ?」

エスタークは ねがえりを うった! ギャラドスは エスタークに おしつぶされる!

ギャラドスは こいのぼりに なった!

ギャラドス「」ペラペラ

グリーン「ギャラドスうううぅぅぅぅ!」


グリーン「そ、そんな…俺のギャラドスが、立派なこいのぼりに……くそっ、最後だフシギソウ!」

フシギソウ「ソーウッ!」

エスターク「グゴ…?おぉ、何事だ……」

エスタークは めを さました!

レッド「やっと、起きた…」

エスターク「お主か…私の力が必要なのか?」

レッド「…」コクリ


エスターク「良かろう…これよりおぬしは私の主だ」

グリーン「ヤバい、寝てても強かったのに起きやがった…フシギソウ、つるのむちで奴の動きを封じろ!」

フシギソウ「ソウッ!」

フシギソウの つるのむち! つるが エスタークの もつ りょううでの けんに からみつく!

レッド「…振り払って」

エスターク「ぬんっ!」


フシギソウ「!?」

エスタークは りょうけんを フシギソウごと じめんに たたきつけた! 

ポケモンタワー 2かいの ゆかが ほうかいする!

フシギソウ(1階)「」

グリーン「フシギソウううううぅぅぅぅ!って、あぶねっ!」


グリーン「次こそは俺が勝つからな!覚えてろよー!」ダダダダッ

デスタムーア「実に小物らしい去り際じゃな」

ゾーマ「言ってやるな…」

シドー「グギャ…」

レッド「…これから、どうする?」


ゾーマ「さっさと最上階まで行って、ジムのある町に行くとしよう」

デスタムーア「上まで行くのか?」

ゾーマ「折角だ。駄目か、レッド?」

レッド「…ゾーマが行きたいなら、行く」

デスタムーア「フォッフォッフォッ、では階段は…あっちじゃな」


最上階

「…!」「…!」

レッド「…誰か、いる?」

ゾーマ「ん?確かに…」

デスタムーア「む…なにやら邪悪な魔力を複数感じるのぅ…魔族か?」

ゾーマ「レッド、気をつけよ」

レッド「…」コクリ


カラカラ「カラァ……」グッタリ

ガラガラ「ガラッ!」ブンッ

ガラガラの ホネブーメラン!

ジャミ「ぐはっ!」

ゴンズ「ぐおっ!」

ゲマ「ほっほっほっほっ」


レッド「…ポケモンがいっぱい」キラキラ

ゾーマ「ふむ…どうやらバトル中のようだが……」

デスタムーア「なにやら、気持ちの良いバトルではなさそうだな」

ジャミ「ぬんっ!」

ジャミは メラミを となえた!


ガラガラ「ガラガラッ!」ヒュン

ミス! ガラガラには あたらない! ガラガラの ずつき!

ジャミ「がはっ!!」

ジャミを たおした!


ゴンズ「せいやっ!」

ゴンズは ぶきを はげしく ふりまわす!

ガラガラ「ガラッ…!」ヒュン

ミス! ガラガラには あたらない! ガラガラの ボーンラッシュ!

ゴンズ「ぐふっ!!」

ゴンズを たおした!


ガラガラ「ガラッ!!」

ゲマ「ほっほっほっほっ、見事な戦いぶりですね。死してなお子供を守るために戦うとは、見上げたものですよ。でも、こうするとどうでしょう?」

なんと ゲマは カラカラの のどもとに しにがみの カマを あてがった!

ガラガラ「が、ガラッ!」

ゲマ「この子供の命が惜しくなければ、存分に戦いなさい。でもこの子供の魂は、永遠に地獄を彷徨う事になるでしょう。ほっほっほっほっ」

ジャミ「へっへっへ、さっきはよくもやってくれたな」

ゴンズ「覚悟しな!」


レッド「! 助けないと…」

ゾーマ「ぬぅ…しかし、あの子供が人質になっていてはな……」

デスタムーア「迂闊には動けんな」

ジャミの こうげき! ゴンズの こうげき!

ガラガラは ただ ジッと たえている!

レッド「…」プルプル

ジャミの こうげき! ゴンズの こうげき!


ガラガラ「ガラァ…」

ゲマ「ほっほっほっほっ、随分楽しませてくれましたね。では、あなたの魂には、塵と消えてもらいましょうか」ゴウッ

ゲマの ずじょうに メラゾーマが はっせいする!

レッド「! ゾーマ…!マホカンタ」

ゾーマ「うむ」

ゲマは メラゾーマを となえた! ひかりの かべが メラゾーマを はねかえした!


ゲマ「ぐあっ!?」

ジャミ・ゴンズ「ゲマ様っ!?」

レッド「デスタムーア、ビックバン…!」

デスタムーア「フォッフォッフォッ」

デスタムーアは ビックバンを ひきおこした!

ゲマたち もろとも シオンタウンが ふきとぶ!

なんと ポケモンタワーの ゆうれいたちは じょうぶつ していった!


レッド「…一件落着?」

ゾーマ「まぁ…落着はしたな」

カラカラ「カラァ…」

レッド「あっ…シドー、このポケモンにベホマ…」

シドー「グギャァ!」

シドーは ベホマを となえた! カラカラの たいりょくが ぜんかい!

カラカラ「カラァ……カラ?」


レッド「良かった…大丈夫?」

カラカラ「カラ…カラ!?カラカラー!!」トテトテッ

レッド「あっ……」

カラカラは にげだした!

レッド「…なんで?」グスン


ゾーマ「さてな…?」ゴゴゴゴゴッ

シドー「グギャ?」ゴゴゴゴゴッ

デスタムーア「助けてやっというのに、恩知らずな奴じゃな」ゴゴゴゴゴッ

レッド「…」ショボーン


レッド「あんなに、ポケモンがいたのに…一匹も捕まえられなかった……」

ゾーマ「レッドよ、そんなにしょげるではない。まだまだチャンスはあろう」

レッド「…旅に出て、結構たつけど……まだ、野生のポケモンに、4回しか会ったことない……その貴重な、4回目を逃した」

デスタムーア「普通はもっと出会うはずだがな……何が悪いのだろうな?」

シドー「グギャァ…」

ゾーマ・シドー・デスタムーア「…」ゴゴゴゴゴッ

レッド「…」グスン


ガタッ

一同「?」

ゲマ「ほっほっほっほっ…驚きましたよ…まさかこんな力を持った者が人間界にいるとは……」

レッド「!」

デスタムーア「わしはお主が、わしのビックバンを受けて生きていることに驚きじゃ」

ゲマ「ごほっ…正直、限界ですよ…しかし、ミルドラース様を人間界にお連れするまでは、私も死ねないのですよ…」


ゾーマ「ミルドラース…?」

レッド「ポケモン…!」パァ

ゲマ「ミルドラース様っ…!聞こえますかミルドラース様っ!今から、私の命をもって、魔界と人間界に穴をあけます……そこから、人間界に…はぁ!!」

ゲマは すべての まりょくを ときはなった! ポケモンタワー あとちに おおあなが ひろがる!

ゲマ「み、ミルドラース様…万歳っ!」


レッド「あっ…ポケモンが……」シュン

ゾーマ「そんな小物よりも…ほれ、その穴からもっと大物が出てくるぞ」

ゴオオオオォォォォッ!!

ミルドラース「…」ゴゴゴゴゴッ

レッド「ポケモン…!」パァ

ゾーマ「お主がミルドラースとやらか」


ゾーマ「お主がミルドラースとやらか」

ミルドラース「…お前たちがゲマを滅ぼした者達か。そう、私こそが魔界の王にして王の中の王、ミルドラース」

デスタムーア「ほう、魔界の王か。たしかに中々の大物が釣れたのう」

ミルドラース「気の遠くなるような年月を経て、私の存在は神をも超えた…さぁ、くるがよい。ゲマを滅ぼしたことに敬意を表し、真っ先にこの私の力を見せてやろう」

レッド「…ゾーマ」

ゾーマ「では魔界の王の力、とくと見せてもらおうか」


ミルドラース「ふん」

ミルドラースは かがやくいきを はいた!

レッド「こっちも、輝く息」

ゾーマは かがやくいきを はいた!

ゴォォォォ!

レッド「…寒い」プルプル

デスタムーア「はぁ…ほれ、バーハじゃ」


レッド「…ありがとう」

ミルドラースは メラゾーマを となえた!

レッド「…メラゾーマ」

ゾーマは メラゾーマを となえた!

ドゴォォォ!

レッド「…暑い」

デスタムーア「我がままじゃのう…」


ミルドラース「ぬぅ…互角か」

ゾーマ「互角?わしはこれでも10分の1も力を出しておらんぞ?」

ミルドラース「なに?」

レッド「…ちょっとだけ、本気でメラゾーマ」

ゾーマ「…はっ!」

ミルドラース「ま、魔力が格段に上がった…?ぐおぉ!!」


ミルドラースは メラゾーマを うけ むじんはつでんしょに げきとつ した!

サンダー「ギャウッ!?」

ミルドラース「おのれよくも…!ん?なんだこの黄色い鳥は…」

サンダー「ギャーギャー!」バチバチ

サンダーの かみなり!

ミルドラース「ぐおぉ…!!」


サンダー「キシャー!」バサバサッ

サンダーは とびさって いった!

ゾーマ「まさかあの程度で死んではおらんだろうな…む?今、ミルドラースが落ちたあたりから、黄色い何かが飛んで行ったような…?」

レッド「…そんなの、どうでもいいから…ポケモン…!」

ゾーマ「お、おぉ、そうだな」


ミルドラース「はぁぁ!!流石だな…ゲマを滅ぼしただけの事はある。しかし不幸なことだ。なまじ強いばかりに、私の本当の恐ろしさを見ることになるとは…」

ゴゴゴゴゴッ!

魔界の王ミルドラース「泣くが良い、叫ぶがいい!その姿こそが、私への何よりのささげものなのだ」

ミルドラースの たたきつける! ゾーマに ミルドラースの しっぽが おそいかかる!

ゾーマ「ふっ!」ガシッ


レッド「…たたきつける」

ゾーマの たたきつける!

ミルドラース「ぐおっ!?おのれぇ…はぁ!」

ミルドラースは しゃくねつを はいた! こうかは ばつぐんだ!

レッド「ゾーマ…!マヒャド」

ゾーマ「なんの!ぬんっ!」

ゾーマは マヒャドを となえた!


ミルドラース「ぐはぁっ…な、なぜだ…この私が、敗れるというのか……」

レッド「! 今度こそ、死ぬ前に…モンスターボール!」ポーン

レッド「…」ドキドキ

やったー! ミルドラースを つかまえたぞ!

レッド「!」パァ

デスタムーア「大口叩いた割に、弱かったのう」

ゾーマ「そうか?わしは中々楽しんだぞ」


ミルドラース(第一形態)「はぁ…!お前達!なにを勝手なことを言うか!」ボンッ

レッド「あっ…出てきた」

ミルドラース「ぐぬぅ…この魔界の王にして王の中の王である私が、敗れた上に捕えられるとは…何たる屈辱」

レッド「…よろしく」

ミルドラース「ふんっ、いつか寝首をかいてやるから、覚悟してるがいい」


レッド「…うん」

ゾーマ「では、次の町へと行くとするか」

デスタムーア「シオンから近いのはヤマブキじゃが…ヤマブキはまだ入れんからのう……となればタマムシか」

レッド「…」コクリ


タマムシシティ

レッド「…」キョロキョロ

ゾーマ「ほほう、タマムシシティとは、なかなかと栄えた町のようだな」

ミルドラース「私が魔界に封印されている間に、人間界はかくも変わっているとは……」

ドンッ!

レッド「あっ…!」

「おっと、失礼…」タッタッタッ


レッド「…っ!?」

デスタムーア「どうしたのじゃ?」

レッド「……スラれた」

ゾーマ「スラれた?まさかさっきの男か!なんだ、なにを取られたのだ?」

レッド「…エスタークのモンスタボール」

デスタムーア「むっ…それは、色々とまずいのう」

レッド「…!!」ダッ


ゾーマ「あっ、おい、レッド!」

シドー「グギャアアアアァァァァ!!」ゴウッ

ミルドラース「…エスターク?エスタークとは…まさかあの帝王のか?」

デスタムーア「他にどのエスタークがあるんじゃ?ほれ、急がないとおいてかれるぞ」


ロケットゲームコーナー

バンッ!

レッド「ここに逃げた…!」

客達「?」


ゾーマ「レッド…お主意外と、走るのが早かったんのだな」

シドー「グギャッ!」

ミルドラース「ここは…カジノか?」

デスタムーア「なんにしても、早くエスタークを取り戻さねば…馬鹿な奴が、下手にボールから出して起きていた時には…考えたくないのう」

ゾロゾロ

客達「!!??」ギョッ


レッド「どこ…!?」

ゾーマ「まぁ、落ち着くのだレッド。焦っていては出来ることもできなくなるぞ」

レッド「うん…あっ、いた…!」

「やべっ!見つかった!」

レッド「…返せ」


「ぐ、ぐぬぬ…この状況じゃ迂闊にアジトには入れないし……って、ん?あーっ!お前はおつきみやまの!!」

レッド「…?」

したっぱ「俺だ!おつきみやまでお前にバトルを仕掛けた、ロケット団!お前のせいで危うく死にかけたわ!!」

レッド「そんな事は、いいから…ボールを返せ」ゴゴゴゴゴッ

したっぱ「ひっ…!」

デスタムーア「お、おぉ…レッドから、わしらにも引けを取らないオーラが……」


したっぱ「く、くそっ!こうなったらバレても仕方ない!アジトに逃げるぜ!」ポチッ

レッド「あっ…!」

ゾーマ「隠し扉か……どれ」ポチッ

シーン…

デスタムーア「開かぬな…」

したっぱ『へんっ!残念だったな!鍵を閉めたからもうあかないぜ!この鍵はロケット団じゃなきゃ開けられない…諦めて帰りな!』

ミルドラース「だ、そうだが…どうするつもりだ?」


レッド「…メラゾーマ」

一同「?」

レッド「床に…全員で、メラゾーマ」ゴゴゴゴゴッ

一同「…」

ゾーマ シドー デスタムーア ミルドラースは いっせいに メラゾーマを となえた!

ロケットゲームコーナーが あとかたもなく ふきとんだ!

なんと ちかに ロケット団の アジトが あらわれた!


ロケット団アジト

地下4階

ゴゴゴゴゴッ!!

サカキ「…何だ?」

ヒュー…カツンッ!コロコロ…

サカキ「モンスターボール…?」ヒョイ

サカキ「…これは!」


ドーンッ!!

サカキ「ぬおっ…!」

シドー「グギャアアアアァァァァ!!」

レッド「…」シュタ

サカキ「これは…随分と荒っぽいお客様だ……ここに何か用かな?」

レッド「モンスターボール…」

サカキ「…これの事かな?」


レッド「!! 返せ…」

サカキ「悪いがこれは返せないな」

レッド「なんで…?」

サカキ「ふふっ、ボールに入っていても分かるほどのこの魔力…中には相当なモノが入っていると見た」

レッド「…」

サカキ「世界中のポケモンを、悪巧みに使って金儲けをするロケット団。私がそのリーダーのサカキだ。もしコレを、どうしても返してほしいのであれば…力ずくで取り返してみるといい」


レッド「…ゾーマ」

ゾーマ「うむ」

サカキ「行け、イワーク」

イワーク「イワーっ!」

レッド「輝く息…!!」

ゾーマは かがやくいきを はいた! こうかは ばつぐんだ!

イワーク「」カチンコチン


サカキ「…やるな。では、サイホーン」

サイホーン「グフゥッ!」

レッド「マヒャド…!!」

ゾーマは マヒャドを となえた! こうかは ばつぐんだ!

サイホーン「」

サカキ「…ペルシアン」

ペルシアン「ペルニャ~ン」


レッド「ビックバン…!!」

ゾーマは ビックバンを ひきおこした!

ペルシアン「」

サカキ「ぐっ…こんなはずでは……!」

レッド「さぁ…勝ったから、返せ」

サカキ「…君はポケモンをとても大切に育てているな」

レッド「…」


サカキ「ふはは…ここは身を引かせてもらうっ!」

サカキは ルーラを となえた!

レッド「!?」

レッド「ゾーマ…!追いかけて…!」

ゾーマ「無理を言うでない…流石のわしも、ルーラで逃げ出されてはどうしようもない」

レッド「…」バッ

デスタムーア「わし等も無理じゃ」


レッド「…」

ゾーマ「済まぬな…まさかあやつが、ルーラを使えるとは思わなかった」

レッド「…ジム」

一同「?」

レッド「ジムに、行く……旅を続けてれば、またあいつに会えると思う……だから、その時こそはエスタークを」

ゾーマ「…うむ」

レッド「…さら地にしてでも見つけだす」


タマムシジム

レッド「バトル…」

エリカ「すー…すー…」

レッド「…」ユサユサ

エリカ「んっ…すー…すー…」

レッド「どうしよう…?」

ゾーマ「わしに聞かれてもな…」


「残念だが、今エリカはお昼寝中だ。ジム戦なら出直してもらおうか」

レッド「?」

ミルドラース「昼寝…?起こせばいい話だろう」

魔剣士ピサロ「エリカは今さっき寝たばかりだ…起こすのは忍びない」

デスタムーア「何じゃその理由は…」

ピサロ「分かったら―――」


エリカ「ふわぁ…大丈夫ですよピサロ。私、起きましたわ」

ピサロ「む?そうか…それならばいい」

エリカ「申し訳ありません。よいお天気でぽかぽかと気持ち良く、ついお昼寝してしまいましたわ」

レッド「…」

エリカ「ようこそ。私はタマムシジムのエリカと申します。お花を生けるのが趣味で、ポケモンは草タイプばかり…では、試合を初めましょうか。私、負けませんわよ」

レッド「草タイプ…シドー」

シドー「グギャアアアアァァァァ!!」


エリカ「まぁ…大きくて強そうなポケモンですこと……ウツボット、頼みますわ」

ウツボット「キーッ!」

エリカ「ねむりごな」

ウツボットの ねむりごな! シドーを ねむらせた!

シドー「zzz…」

レッド「あっ…」


エリカ「ふふっ、まきつくをお願いします」

ウツボット「キーッ!」シュルシュル

シドー「zzz…」

レッド「…ミルドラース、交代」

ミルドラース「やっと私の初バトルか」

エリカ「まぁ…では、今度はどくのこなを」

レッド「こっちも、毒で…」


ミルドラースの しょうきの どくいき! ウツボットの どくのこなを のみこむ!

ウツボット「」グッタリ

エリカ「あ、あら…私のウツボットが毒で負けてしまうなんて……モンジャラ、行ってください」

モンジャラ「モーン」

レッド「…しゃくねつ」

ミルドラースは しゃくねつを はいた! こうかは ばつぐんだ!

モンジャラ「」プスプス


エリカ「まぁ…モンジャラが一撃で……ラフレシア、最後に頼みますわ」

ラフレシア「レシッ!」

レッド「…しゃくねつ」

エリカ「かわしてください!」

ラフレシア「ラフー!」

ミルドラース「おぉ!?」

エリカ「どくのこな、です!」


ラフレシア「レシー」

ミルドラース「ふん、この私に毒の攻撃など……ぐほぉ!?」

エリカ「ふふっ、ラフレシアの毒は並の毒ではありませんわ。さぁ、ラフレシア、花びらの舞!」

ラフレシア「ラッフッフー!」

ラフレシアの はなびらのまい! きゅうしょに あたった!


ミルドラース「ぬおぉ…!?ば、馬鹿な……」

ミルドラースは たおれた!

レッド「…」

ゾーマ「…変態する暇もなかったな」

デスタムーア「ミルドラース…お主、やっぱり弱いのう…」

ミルドラース「弱いって…言うな……」


レッド「ゾーマ…」

ゾーマ「はぁ…うむ」

エリカ「ラフレシア…あら?」

ラフレシア「ラフ~…」

エリカ「あらあら…混乱してしまいしたわ…」

レッド「…かがやくいき」


ゾーマは かがやくいきを はいた! こうかは ばつぐんだ!

ラフレシア「」カチンコチン

エリカ「ラフレシア…!参りましたわ。本当にお強いお方…レインボーバッジを差し上げなくてはなりませんね」

レッド「…?まだ、ポケモンが…」スッ

エリカ「えっ?」

ピサロ「…ん?私か?」

レッド「…」コクリ


エリカ「いえ、ピサロは私のポケモンではないのです。ですから、この試合はあなた方の―――」

ピサロ「良かろう」

エリカ「…ピサロ?」

ピサロ「エリカとのバトルを見ていて、お前たちに興味が沸いていたところだ…何やら私に近いものを感じる」

レッド「…?」

ゾーマ「ほう…」


エリカ「えぇと…ジム戦とは関係なくなってしまいますが、よろしいですか?」

レッド「…」コクリ

ピサロ「では外へ出るぞ。ジム内では思うように動けなく手狭だ」

ミルドラース「おいぃ…行くのはいいが、私を何とかしろ……」

レッド「…デスタムーア、ザオリク」

デスタムーア「仕方のない奴じゃ」


タマムシジム前

ピサロ「エリカには悪いが、私はエリカのポケモンよりも数段強い。だから本気で来ることだ」

レッド「…ゾーマ」

ゾーマ「ん」

ピサロ「では、行くぞ…!!」

ピサロは しんそくの けんぎで ゾーマに きりかかる!


ゾーマ「くっ…!」

レッド「イオナズンで、押し返す…」

ゾーマは イオナズンを となえた!

ピサロ「ぬぅっ…!?」

ピサロは ばくはつで ふきとぶ! タマムシデパートに げきとつ!

客達「!!??」ビクッ


ピサロ「ふははっ、やはりやるな…ハァ!!」ゴゴゴゴゴッ

ピサロは ドラゴラムを となえた!

ピサロは きょだいな ドラゴンに へんしんした!

しょうげきで タマムシデパートが ほうかい してゆく!


ピサロ「グオオオオォォォォ!!」

ピサロは しゃくねつを はいた! こうかは ばつぐんだ!

レッド「かがやくいき…!」

ゾーマは かがやくいきを はいた! いまの ピサロには こうかが ないようだ…

ピサロ「グオオオォォォ!」

ピサロは するどい ツメで こうげき!


ゾーマ「ぐふっ…!」

レッド「ゾーマ…!」

ゾーマ「大丈夫だ…だが、やはり闇の衣がないのは痛いな……」

ピサロは するどい ツメで こうげき!

レッド「……!ゾーマ、いてつくはどう」

ゾーマの ゆびさきから いてつくはどうが ほとばしる!

すべての こうかを けしさった!


ピサロ「なにっ…!?」スカッ

レッド「体勢が崩れた…ジゴスパーク」

ゾーマは じごくから いかずちを よびよせた!

ピサロ「ぐおぉ……!ハアアァァ!!」


ピサロは メラゾーマを となえた!

ゾーマ「おっと!」シュッ

しかし こうげきは はずれた!

はずれた メラゾーマは ゾーマの はいごの ポケモンマンションに あたった!

ポケモンマンションが たおれ となりの かおくを おしつぶす!

タマムシマンションだった


ピサロ「グオオオオォォォォ!!」

ピサロは しゃくねつを はいた! こうかは ばつぐんだ!

レッド「かがやくいき…!」

ゾーマは かがやくいきを はいた! いまの ピサロには こうかが ないようだ…

ピサロ「グオオオォォォ!」

ピサロは するどい ツメで こうげき!


ゾーマ「ぐふっ…!」

レッド「ゾーマ…!」

ゾーマ「大丈夫だ…だが、やはり闇の衣がないのは痛いな……」

ピサロは するどい ツメで こうげき!

レッド「……!ゾーマ、いてつくはどう」

ゾーマの ゆびさきから いてつくはどうが ほとばしる!

すべての こうかを けしさった!

>>284>>285はミス


レッド「マヒャドで、畳み掛ける…!」

ゾーマは マヒャドを となえた!

ピサロ「くっ…!がはっ!」

レッド「…勝った?」

ゾーマ「…」

ピサロ「くははっ!流石は私が興味を抱いただけの者だ…さぁ、これが私の最後のあがきだ!受けて見よ!」

ゾーマ「むっ?」


ピサロは すべての まりょくを ときはなった!

ぼうそうした まりょくが ばくはつを おこす!

タマムシシティが いっしゅんで ふきとぶ!

ピサロ「はぁ…はぁ…どうだ…?」

ゾーマ「…残念だったな」

ピサロ「…!ふんっ、私の負けだ。もう体力も魔力も尽きた」

レッド「…勝った」


ピサロ「…だが、私のマダンテを受けて無傷とは……なぜだ?」

ゾーマ「咄嗟にレッドがマホカンタを指示した。わしはそれに従ったまでだ」

レッド「…」

ピサロ「ふはは…見事な采配だ。少年よ…ぐっ」ガクッ

レッド「! シドー、ベホマ」

シドー「グギャァ!」


シドーは ベホマを となえた! ピサロの たいりょくが かいふくした!

ピサロ「おぉ、ありがたい…しかし、進化の秘宝さえあれば、私ももっと戦えるモノを……」

レッド「…進化の秘宝?」

ピサロ「あぁ、それさえあれば、私の真の力を発揮することができる」

レッド「真の力…」ワクワク


ピサロ「さて…エリカはジムにいさせたが…ジムはどこだ?」

レッド「…デスタムーアとミルドラースいる所が、タマムシジムがあった、あたり」

ピサロ「ではあそこか…」スタスタ


ピサロ「ふむ…エリカはどこだ?」

デスタムーア「わしに聞くでない…いや、あの威力のマダンテじゃ、ジムごと吹き飛んだのではないか?」

ピサロ「それはない」

ミルドラース「…なぜ言い切れる?むしろ吹き飛んでない方が驚きだが?」


ピサロ「…いいから、少し周りを探してみてくれ」

デスタムーア「なぜお主なんぞに指図されねばならぬのじゃ」

レッド「…探して」

デスタムーア「お、おぉ、レッドか…まぁ、レッドが言うのであれば」


ガサゴソガサゴソ…

ピサロ「…いた」

レッド「……これは?」

エリカ「」

ゾーマ「ほう…これはアストロンをかけたのか?」

ピサロ「あぁ、万が一の事を考えてな…だがやはりかけておいてよかった。エリカには世話になっていたから、まだ死んでもらっては困る」


ピサロの ゆびさきから いてつくはどうが ほとばしる!

すべての こうかを けしさった!

エリカ「……ぷはぁ!あ、あら?私は何を……」

ピサロ「エリカ…まずはすまない。あまりに熱くなってしまって、ジムを壊してしまった……」

エリカ「えっ…?あ、あらあら…ジムといいますか、何も残っていませんわ」

ピサロ「…それも大半は私が原因だ」


エリカ「まぁ……はぁ、ですけど、もうこうなってしまったものはどうしようもありませんわ。ピサロも反省しているのですね?」

ピサロ「あぁ…」

エリカ「でしたら、私は何も言いませんわ」

ミルドラース「…それでいいのかジムリーダー」

レッド「…」

ピサロ「それでだなエリカ…」

エリカ「はい?なんですか」


ピサロ「実は私は…この者達の旅についていきたいと思うのだが……」

エリカ「まぁ…!」

レッド「!」

ピサロ「この者と戦い…私はこの者達と旅をすれば、いずれは私の悲願である進化の秘宝にたどり着けると確信したのだ」

エリカ「そうですか…」

ピサロ「少年よ…いや、レッドと言ったな。レッドよ、私もお主の旅に加えてもらえないだろうか」

レッド「全然、構わない…むしろ、こちらから、お願いしたいくらい…!」


ピサロ「真か!感謝するぞ!」

やったー! ピサロを つかまえたぞ!

ミルドラース「ふむ…こんな捕まえ方もあるのだな」

ゾーマ「レッドには、ポケモンを引き付けるカリスマ性があるのだな」

デスタムーア「野生のポケモンとは一向に出会わないがな」

レッド「…」

デスタムーア「お、おっと、失言じゃったな…」


エリカ「ではレッドさん、これがレインボーバッジです」

レッドは レインボーバッジを てにいれた!

エリカ「あの…レッドさん、実は私もお願いしたいことがあるのですけど……」

レッド「?」

エリカ「私も、レッドさんたちの旅に同行させてもらえないでしょうか?」

ピサロ「なっ…!しかしエリカには、ジムリーダーの仕事が……」


エリカ「今はそのジムがありませんわ」

ピサロ「…す、すまぬ」

エリカ「恐らく、タマムシの再興にはかなりの時間を要するでしょう…ですから、その間にレッドさんの旅に同行して私も、己をもっと鍛えなおしたいな…と」

レッド「…」


エリカ「ピサロを任せておいて厚かましいかと思いますが…お願いいたします」ペコッ

レッド「! あ、頭を上げて…別に、付いてきてもいいから…」

エリカ「まぁ!では、よろしくお願いします」

レッド「…」コクリ

エリカが なかまに くわわった!


エリカ「皆さんも、よろしくお願いしまね」

ゾーマ「まぁ、レッドが良いと言うのであれば、よろしく頼む」

デスタムーア「ふむ…だいぶ大所帯になってきたな」

ミルドラース「いや、元から大所帯ではないか?」

シドー「グギャアアァァ!」

エリカ「改めてみると…レッドさんは随分と珍しいポケモンを連れているのですね。私、初めて見るポケモンばかりでとても新鮮ですわ」

レッド「そうかな…?」


デスタムーア「で、話はまとまったようじゃが…次の目的地は何処じゃ?」

エリカ「ジムがある町でしたら…もうセキチクシティには行かれましたか?」

レッド「…」フルフル

エリカ「ではセキチクが良いと思いますよ。レッドさんは、サファリパークをご存知ですか?」

レッド「?」

エリカ「サファリパークでは、普通では中々手に入らない珍しいポケモンが捕まえられるのです。レッドさんなら興味があるのでは?」

レッド「珍しい…ポケモン…!」キラキラ


レッド「行くっ…!」

ゾーマ「では決まりか…次は目的地はセキチクシティ」

ピサロ「それだと、ここからなら…サイクリングロードを使うのが早いか」

エリカ「ですけど、サイクリングロードを通るには乗り物が……」

レッド「…」ポンポン

エリカ「はい?」


シドー「グギャアアアアァァァァ!!」

レッド「…どうぞ」

エリカ「まぁ…乗ってもよろしいのですか?」

レッド「いい…よね?シドー」

シドー「グギャッ!」


サイクリングロード

ヒュー…

暴走族達「」カチンコチン

スキンヘッド達「」カチンコチン

ドードー&オニスズメetc…「」カチンコチン

エリカ「まぁ…サイクリングロードが……!」

レッド「凍ってる…」


ゾーマ「おぉ、見事に凍っておるな」

エリカ「これは…異常気象でしょうか?」

レッド「…自然怖い」

デスタムーア「…むっ?もしやこれは…」

ピサロ「どうした?」

デスタムーア「…いや、何も言うまい」


エリカ「なんとか解かして差し上げられないものでしょうか……」

レッド「…シドー、しゃくねつ」

シドー「グギャアアアアァァァァ!!」

ゴオオオオォォォォ!!

サイクリングロードは はげしく もえあがった!

レッド「これで、溶ける…」


セキチクシティ

レッド「シドー、サファリゾーンに…!」

シドー「グギャァ!」

ゾーマ「あっ…まったく、仕方のない奴だ」

ピサロ「レッドは余程ポケモンが好きなのだな」

デスタムーア「普段出会えてないからのう…」


サファリゾーン

係員「サファリゾーンへよう…ひっ!?」

シドー「グギャアアアアァァァァ!!」ゴウッ

レッド「…2人で」

ゾーマ「なんだ、わし等は人数に含まれんのか?」

レッド「だって、ポケモンだし…」

デスタムーア「フォッフォッフォッ、まぁ、良いではないか。その方が費用が浮くと言うものじゃ」


ゾロゾロ…

係員「あわわ…!」バタッ

エリカ「…あら?」

レッド「気絶、してる……なんで?」

エリカ「仕方ありませんわ。確か入場料は500円だった筈ですから、1000円を置いて勝手に入らせてもらいましょう」

レッド「…」コクリ

レッドは 1000gを はらった!


中央広場

エリカ「さて、ではシドーから降りましょうか」スッ

レッド「…」コクリ

シドー「グギャァ!」ゴゴゴゴゴッ

ゾーマ「ふむ、中々面白い施設だな…この中にいるのは、野生のポケモンなのか?」ゴゴゴゴゴッ


デスタムーア「さてな…たしかに、どうやって集めているのじゃろうな?」ゴゴゴゴゴッ

ミルドラース「別に捕まえらればなんでもよいであろう」ゴゴゴゴゴッ

ピサロ「珍しいポケモンか…私も興味が沸いてきたな」ゴゴゴゴゴッ

コンパン&サイホーンetc…「…」ガクガクブルブル

エリカ「行きましょうか」

レッド「うんっ…!」キラキラ


第1エリア

レッド「…」キョロキョロ

エリカ「…」

ゾーマ・シドー・デスタムーア・ミルドラース・ピサロ「…」ゴゴゴゴゴッ

ドードー&パラスetc…「…」ガクガクブルブル


第2エリア

レッド「…」キョロキョロ

エリカ「…なかなかポケモンが出てきませんね」

ゾーマ「そうだな…」ゴゴゴゴゴッ

デスタムーア「まさか…ここでも何も出ないなんて事は…」ゴゴゴゴゴッ

タマタマ&モルフォンetc…「…」ガクガクブルブル


第3エリア

レッド「…」ウルウル

エリカ「あ、あらあら…一番奥のエリアまで来てしましたわ…おかしいですわ。ここまでで、ポケモンが一匹も出てこないだなんて…」

レッド「…」グスン

ゾーマ「まさかここでも出てこないとは…本当に何がいけないのだろうか?」ゴゴゴゴゴッ

レッド「…デスタムーア」

デスタムーア「なんじゃ?」

レッド「…マダンテ」


デスタムーア「待て待て、落ち着くのじゃレッド」

レッド「だって……」

エリカ「ポケモンの気配はするのですけどね…」

レッド「…」

ゾーマ「ふむ…ん?おぉ、そこのちょうど小屋がある。少し休んで気を取り直すとしようではないか」

レッド「…」コクリ


キラン…

レッド「…?」

レッド「…」スタスタ

ゾーマ「む?どうしたレッド?」

レッド「ちょっと…先に行ってて…」

ゾーマ「そうか…?気をつけるのだぞ」

レッド「…」コクリ


レッド「…」ガサガサ

キラーン

レッド「…入れ歯?」

レッドは きんの いればを てにいれた!

レッド「…誰の?」

ガサガサッ!

レッド「?」


レッド「何か…いる?」ガサッ…

ラッキー「ラッキー!」

レッド「えっ…?」

ラッキー「!?」

レッド「ぽ、ポケモンッ…!」

ラッキーは にげだした!

レッド「あぁ…!!」


レッド「ぽ、ポケモン…いた!」パァ

ガサガサッ!

レッド「!」バッ

カイロス「ロスッ!」

ガサガサッ!

レッド「!!」バッ

ストライク「ストライクッ!」


ガサガサッ!

レッド「!!!」バッ

ガルーラ「ガルガルッ!」

ガサガサッ!

レッド「!!!!」バッ

ケンタロス「モオオオォォォォ!!」


タッタッタッタッタッ!!バンッ!

レッド「ポケモンッ…!!」

ゾーマ「おぉ!?どうしたレッドよ。そんなに慌てて…?」

レッド「ぽ、ぽけっ、ポケモンが…いっぱい…!!」

ゾーマ「ポケモン?おい、一旦落ちくのだレッドよ。ほれ、深呼吸だ深呼吸」

レッド「う、うん…すーっ、はーっ、すーっ、はーっ……」

ゾーマ「で、どうしたというのだ?」


レッド「ポケモンが、いっぱいいた…!」キラキラ

ゾーマ「なんと!ようやっとポケモンに出会えたのか!」

レッド「うんっ…!」キラキラ

老人「ふがふが!」

レッド「あれ…この人、誰?」

エリカ「それが、私達が入った時からいたのですが…どうやら入れ歯を失くされたようで、何を言いたいのかが分からなくて……」

レッド「入れ歯…?…これ?」

レッドは ろうじんに きんの いればを わたした!


老人「!!ふがっ!いやぁ、助かったわい」

デスタムーア「それで結局、お主は何者じゃ?」

老人「うむ、わしはこのサファリゾーンの園長じゃ。いやぁ…園の見回りをしておったら入れ歯を落してしまってな…探せど探せど見つからずに疲れ果て、ここで休んでおったんじゃが…まさか見つけてくれるお方がいたとは。本当に助かったわい」

レッド「…」


園長「おぉ、そうじゃ!お礼にこれをプレゼントしよう!」

レッド「?」

レッドは すごいつりざおを てに いれた!

園長「すごいつりざお!これさえあれば、ありとあらゆる水ポケモンが釣れるのじゃ!」

レッド「! ありとあらゆる…水ポケモン…!」キラキラ

園長「あと、ここだけの話じゃが…なんと、このサファリゾーンでそれを使うと、ドラゴンタイプのポケモンが釣れるんじゃよ」


レッド「!!」

園長「ほっほっほっ、目が輝いておるのぉ…若者とはかくあるべきじゃ!さぁ、すぐそこに釣り場があったじゃろ?さっそく試してるがよい」

レッド「!」ダッ

ゾーマ「はぁ…レッドは本当にポケモンとなるとああだな……」

エリカ「ふふふっ、可愛らしくて良いではないですか」


レッド「…」ジーッ

ピサロ「こんな小さな池に、本当にドラゴンがいるというのか…」

ゾーマ「デスタムーアが最終形態になれば、両手ですくいきれそうだな……」

デスタムーア「やってみるか?」

エリカ「まぁ、それはルール違反ですわよ?」

ミルドラース「そんなルールがあるのか……」

レッド「…」


レッド「…」ジーッ

レッド「!」ピクッ

ゾーマ「おぉ、さっそくかかったか」

レッド「…」グググッ


レッド「!」ザバァッ

「グオオオオォォォォ!!」

レッド「! ど、ドラゴン…!」パァ

闇竜バルボロス「グオオォォ…!」

レッドは バルボロスを つりあげた!


エリカ「まぁ…また見たことのないポケモンですわ」

バルボロス「はっ!我は一体何を…たしかグレイナルと戦い…いや、あの堕天使に呼ばれ……」

レッド「…」キラキラ

バルボロス「そうだ、堕天使に呼ばれて…人間を」

レッド「…」

バルボロス「ふんっ、時間稼ぎでは済まぬぞ!覚悟するのだな人間よ!」


バルボロスは かがやくいきを はいた!

ゾーマ「ぬっ!」

ゾーマは レッドを かばった!

ゾーマには こうかが いまひとつの ようだ…

バルボロス「ぬぅ…?人間の仲間にお主のような者がいたか…?まぁ、なんでもよいか」

バルボロスは ドルマドンを となえた!


レッド「ドラゴンには、氷…マヒャド」

ゾーマは マヒャドを となえた! こうかは ばつぐんだ!

バルボロス「ぐおぉ…!?な、何故だ!?我は氷に強いはず…だと言うのに、なんなのだこのダメージは…!?」

デスタムーア「相性はこちらの世界基準だからな」

ザッバアアアアァァァァン!!

レッド「あっ…!」

バルボロスは たおれた!


レッド「やりすぎた…」ショーボン

ゾーマ「まぁ、気を落すでない。あれではミルドラースより弱かったわ。もっと大物を狙うのだレッドよ」

ミルドラース「おい、さり気なく私の事も貶めただろう」

レッド「…」ヒュンッ…チャポン

ピサロ「さて、次は鬼がでるか蛇がでるか…」

レッド「…」ジーッ


レッド「…」ジーッ

レッド「!」ピクッ

ゾーマ「おぉ、また来たか」

エリカ「レッドさんは釣りの才能があるのかもしれませんね」

レッド「…」グググッ


レッド「!」ザバァッ

「はああああぁぁぁぁ!!」

レッド「えっ…?なに……?」

堕天使エルギオス「バルボロスをも倒したか…人に堕ちたる者よ」

レッドは エルギオスを つりあげた!


レッド「魚…?ドラゴン…?」

エリカ「まぁまぁ…レッドさんといると、珍しいポケモンが見られて楽しいですわ」

デスタムーア「なんなんじゃこの池は……」

レッド「…ポケモンなら、いっか」

エルギオス「神の創りしこの世界には、ありとあらゆる罪にまみれている。すべての罪に裁きを下さんとするならば、もはや世界を滅ぼす他ない…さぁ、始めよう!世界の滅亡を!」


エルギオスは すべての まりょくを ときはなった!

ぼうそうした まりょくが ばくはつを おこす!

レッド「! ピサロ、こっちもマダンテ…!」

ピサロは すべての まりょくを ときはなった!

ぼうそうした まりょくが ばくはつを おこす!

ふたつの まりょくが ぶつかりあい さらなる だいばくはつを ひきおこす!

セキチクシティ しゅうへんが かいじんに きする!


エルギオス「くっくっくっ、愉快だな。この私のマダンテと互角の威力のマダンテを放つ者がいるとは」

エルギオスは めをとじ いのりはじめた!

レッド「ピサロ、戻って…デスタムーア、マダンテ」

デスタムーア「む?わしもか…どれ!」

デスタムーアは すべての まりょくを ときはなった!

ぼうそうした まりょくが ばくはつを おこす!


エルギオス「なに…?ぐおおぉぉ……!!」

レッド「そこから、第三形態になって…正拳突き」

デスタムーア(第三形態)「忙しいのう…はぁ!」

みぎては こしを ふかくおとし まっすぐ あいてを ついた!

エルギオス「ぐほっ!?」

レッド「今だ…行け、モンスターボール!」


ゾーマ「随分と速攻だな……」

レッド「だって…ここのポケモン、すぐ逃げる…」

ゾーマ「…さっき会ったと言っておったポケモンに、逃げられたのだな」

やったー! エルギオスを つかまえたぞ!

レッド「!」パァ

しかし レッドの てもちは いっぱいだった!

エルギオスは ボックス1に おくられた!


レッド「あれ…?モンスタボールが…」

エリカ「レッドさんは手持ちが6体になったようですね。ポケモンは、6体までしか連れて歩けないと決まっているんですよ」

レッド「そうだったんだ…」

デスタムーア「で、どうするんじゃ?またジムがなくなってしまったぞ」

レッド「…」

エリカ「大丈夫ですわ。恐らくキョウさんでしたら、ご自慢の忍術で…」


レッド「忍術…?」

エリカ「えぇ。キョウさんは忍者の末裔だそうで、それはそれはお強いのですよ」

「父上えええぇぇぇぇ!!」

一同「?」

キョウ「ごほっ…!ゆ、油断したわ…」

アンズ「父上!気を確かに!」

キョウ「アンズよ…父のことなど気にせず…強くなるのだぞ…っ!」


アンズ「父上!?」

キョウ「アンズっ…ぐふっ」

アンズ「父上えええぇぇぇぇ!!」

レッド「あれ…忍者っぽいけど…キョウって人じゃ……?」

エリカ「えぇと……参りましょうか」

レッド「…」コクリ

エリカ「次はヤマブキがよろしいですわ」


ヤマブキシティ

デスタムーア「今度は入れたな」

ゾーマ「だが…なにやら重苦しい空気が漂っておるぞ?」

エリカ「何事でしょうか…?」

青年「アンタ達、旅の人か?」

レッド「…」コクリ


青年「だったら今は、ヤマブキにはいない方がいいおもうよ。なんてたって、あのロケット団がシルフカンパニーに乗り込んでいるんだ」

レッド「ロケット団…!!」

青年「噂じゃ、リーダーのサカキまで来ているらしい…面倒なことに巻き込まれないうちに、別の町に行った方が……あれ?」

レッド「!」タッタッタッ

ゾーマ「忠告は有難いが…悪いが少しばかり事情があってな」


シルフカンパニー

1階

レッド「ミルドラース、エリカを頼む…」

ミルドラース「それは暗に、私は戦闘には参加させないと言っているのか?」

レッド「…ゾーマ、デスタムーア、上に向かって全力でメラゾーマ」


ゾーマ・デスタムーア「…」

ゾーマと デスタムーアは メラゾーマを となえた!

シルフカンパニー かくかいの てんじょうを つきやぶっていく!

レッド「シドー…!」

シドー「グギャアアアアァァァァ!!」ゴウッ


11階

ゴゴゴゴゴゴッ!!

シドー「グギャアアアアァァァァ!!!」

レッド「!!」

グリーン「おぉ、待ってたぜレッド!ここで待ってればくるんじゃねえかと―――」

レッド「ピサロ、アストロン…!」

グリーン「」

レッド「エスタークっ…!!」ダッ


社長室

バンッ!

レッド「…」

サカキ「おぉ?君はアジトの…また会ったな。私は今、シルフの社長と仕事の話をしているんだ。大人の世界に口を挟まないでもらいたい」

レッド「モンスターボール…!」

サカキ「ふむ…ではどうしてもというのであれば、痛い目にあってもらうぞ!」

レッド「ピサロ…!」


ピサロ「私か」

サカキ「サイホーン、行け」

サイホーン「グフゥ!」

レッド「斬る」

ピサロは しんそくの けんぎで サイホーンに きりかかる!

サイホーンは いけずくりに なった!

サイホーン「」


サカキ「戻れ、サイホーン…ニドクイン!」

ニドクイン「グオオォォ!」

レッド「氷結斬り」

ピサロは けんに こおりの ちからを まとわせ きりかかった! こうかは ばつぐんだ!

ニドクイン「」

サカキ「くっ…行け、ペルシアン!」

ペルシアン「ペルニャ~ン」


レッド「火炎斬り」

ピサロは けんに ほのおの ちからを まとわせ きりかかった!

ペルシアン「」

サカキ「ぐぅ…やはり敵わないか……仕方ないな。では、私も本当の姿で戦うとしよう」

レッド「?」

ゴゴゴゴゴゴッ!!


悪の化身竜王「ふははっ!これがわしの本来の姿。わしは王の中の王である竜王である!ここからが本番であるぞ!」

なんと サカキの しょうたいは りゅうおう だった!

りゅうおうは ベギラゴンを となえた!

レッド「竜王…ドラゴンには、氷…氷結斬り」

ピサロは けんに こおりの ちからを まとわせ きりかかった! こうかは ばつぐんだ!

竜王「ぐふっ…自分で受けると、改めて威力の高さがうかがえるな…ベホマ!」

りゅうおうの たいりょくが かいふくする!


レッド「…マホトーン」

ピサロは マホトーンを となえた! りゅうおうの じゅもんを ふうじこめた!

竜王「しまっ…!?」

りゅうおうは ベギラゴンを となえた! しかし じゅもんは ふうじられている!

レッド「氷結斬りで…滅多斬れ」

ピサロは けんに こおりの ちからを まとわせ れんぞくで きりかかった!

こうかは ばつぐんだ!


竜王「ぬおっ!かはっ!ぐふっ…!ま、待てっ…分かった!わしの負けだ…お主にこのモンスタボールを返そう」

レッドは モンスターボールを とりかえした!

竜王「おのれ…この姿になっても勝てぬとは……しかし覚えておくのだな!すべてのポケモンは、ロケット団の為に存在するのだ!そのことを忘れるでない!」

レッド「…」

サカキ「はぁぁ…では、私は失礼するとしよう」

サカキは キメラの つばさを なげた!

レッド「あっ…!」


社長「おぉ、少年よ!助けてくれてありがとう!」

レッド「?」

社長「ロケット団がここを占拠した時はどうなる事かと思ったが…うむ!私は、我が社のピンチを救ってくれた君の事を、決して忘れることはないだろう!」

レッド「いや…別に、助けようと思って、助けた訳じゃ……」

ゾーマ「まぁ、良いではないか。結果的には助けたのだ」

社長「おぉ、そうだ!そんな恩人の君には、なにかお礼をしなくては…」

レッド「お礼…」


社長「私は太っ腹であるからして…ほれ、こーんなものではどうかな?」

レッドは しゃちょうから しんかの ひほうを もらった!

レッド「?」

ピサロ「そ、それは…!!」

社長「それは…どこで買う事もできない、秘密の試作品である進化の秘宝!それをポケモンに使うと、飛躍的に能力がアップするというものだ!」

レッド「…」

社長「こっそりと……つかってくれたまえ」


シルフカンパニー前

レッド「これ…なに?」

ピサロ「だからそれこそが、私の求めていた進化の秘宝だ!」

エリカ「まぁ…これが」

レッド「そうなんだ…じゃあ、ピサロに」


レッドは ピサロに しんかの ひほうを もたせた!

ピサロ「おぉ…!!」

エリカ「では、ヤマブキジムに参りましょうか」

レッド「…」コクリ


ヤマブキジム前

レッド「…」

「やっと来たわね…」

レッド「?」

エリカ「あら、ナツメさん!お久しぶりですね」

ナツメ「ん?エリカ…?なんでエリカまで…予知にはエリカの姿はなかったけど……まぁ、いいわ。この男には違いないのだから」

レッド「あの…?」


エリカ「レッドさん、何を隠そう、この女性…ナツメさんこそが、このヤマブキジムのジムリーダーなのですよ」

レッド「じゃあ…!」

ナツメ「残念だけど、今の私はジムリーダーじゃないわ」

エリカ「えっ…?」

ナツメ「ずっと私はあなたが来るのを待っていたのよ…レッド」

レッド「! 何で、名前…?」


ナツメ「私は予知能力があるの。だから、あなたがここにくることは、最初から分かっていた…数多くの大魔王を引き連れて」

ゾーマ「ふむ…それで、レッドを待っていたというのは?」

ナツメ「エリカの言うように、元々は私がヤマブキの正当なジムリーダーだったわ…あの得体のしれないオカマみたいな奴が、隣の格闘道場に現れるまではね」

ピサロ「得体のしれない…」

デスタムーア「オカマじゃと…?」


ナツメ「えぇ。あいつは突然現れて、私にジムの座を賭けて勝負を挑んできたわ…そして私は負けてしまった……」

エリカ「まぁ…まさかナツメさんが…」

ナツメ「結果、私はジムリーダーではなくなったわ」

レッド「…」

ナツメ「まぁ、アレがただのオカマなら、私も自分の実力不足だったと思ってあきらめもつくわ…だけど、アレは邪悪な存在。放っておいては、やがては世界を滅ぼすわ」

レッド「!」

ナツメ「アレを倒そうと、一度は再び挑んでみたわ…だけど、アレを止めようにも、アレは私がちょっとばかり鍛えた程度で、叶う相手じゃない……!」


ゾーマ「だから、勝てる力を持った者を探していたという訳か」

デスタムーア「それがレッドじゃったのか?」

ナツメ「えぇ。あなたたち大魔王を率いるレッドなら、あのオカマにも勝てると見えた…だから待っていたのよ」

レッド「…」

ナツメ「まぁ、こうして忠告せずとも…ジムを巡っているようだから、勝手に戦ってくれたとも思うけど…念のためにね」

ピサロ「たしかにそうだな」

レッド「…」スタスタ


格闘道場前

レッド「…」ガチャガチャ

レッド「…」

レッド「…開かない」

エリカ「鍵がかかっていますの?」

レッド「うん…困った」

ナツメ「あぁ、ここはアレが魔法で…ちょっと待ってね…」


ナツメは アバカムを となえた!

ナツメ「これで開くわよ」

レッド「?」ガチャッ

レッド「開いた…凄い…!」

ナツメ「これくらい、凄くなんてないわよ」


シーン…

レッド「…誰もいない?」

ゾーマ「ふむ、気配すら感じぬな…」

ナツメ「出てきなさい!オルゴ・デミーラ!」

魔王オルゴ・デミーラ「…あらぁ?誰かと思えば、私に負けたデク人形じゃなのぉ…また性懲りもなく、私に負けに来たのかしら?」

ナツメ「残念だけど、今度はアンタを葬り去りにきたのよ」

オルゴ・デミーラ「オホホホホ!この私を?葬り去る?やっぱりデク人形は、いつまでたってもデク人形なのねぇ…お前達、こいつらをやっておしまい!」


カラテ王達「オスッ!」ゾロゾロ

ナツメ「ふんっ!」

ナツメは メラゾーマを となえた!

カラテ王「」プスプス

ナツメ「レッド、雑魚は私が片付けておくわ。だからあなたは、存分にそのオカマと戦って!」

レッド「…」コクリ

オルゴ・デミーラ「あらぁ…今回はこっちの坊やが相手なの?じゃあ、いらっしゃい。坊やに、美とは何かを教えてあげるわよ」


レッド「折角取り返したから、エスターク…」

ピサロ「いや、待ってくれレッドよ。ここは私にしてはくれないか?」

レッド「…いいけど、なんで?」

ピサロ「なに、この進化の秘宝の力を試してみたいのだ」

レッド「…」コクリ

ピサロ「では…!」

ピサロは しんかの ひほうを つかった!


ピサロ「おぉ…おぉ!力がみなぎってくるぞ!!ぐはああああぁぁぁぁ!」

ピサロの すがたが みるみる かわって ゆく!

レッド「ピサロ…!?」

魔族の王デスピサロ「はぁ…はぁ…大丈夫だ…やはり進化の秘宝とは素晴らしいものだったぞ……!さぁ、こい!」

オルゴ・デミーラ「やっと終わったの?じゃあ…行くわよッ!!」

オルゴ・デミーラは メラゾーマを となえた!

レッド「メラゾーマごと、切り裂いて」


デスピサロは するどい ツメで きりさいた! メラゾーマを うちけした!

オルゴ・デミーラ「ぐっ…!やるわね…ならこれなどうかしら?」

オルゴ・デミーラは はげしく もえさかる ほのおを なげつけて きた!

レッド「しゃくねつじゃないなら、怖くない…輝く息」

デスピサロは かがやくいきを はいた!

オルゴ・デミーラ「ぐああああぁぁぁぁ……!?」

ナツメ「アレを圧倒してる…!」


レッド「…」

オルゴ・デミーラ「はぁ…オホホホホ、それで私を倒したつもり…?お馬鹿さんに程があるわね…私の美は不滅なのよ!!」

ゴゴゴゴゴゴッ!!

天魔王オルゴ・デミーラ「我が名はオルゴ・デミーラ。万物の王にして天地を束ねるもの。そろそろ遊びは終わりだ…さぁ、来るがよい。我が名をそなたらのむくろに刻んでくれよう」

オルゴ・デミーラは しっぽを ふりまわした!

デスピサロ「ぬんっ!」ガシッ

レッド「つかんだら、たたきつける…!」


デスピサロ「はぁ!!」

オルゴ・デミーラの きょたいが かくとう どうじょうの てんじょうを はかいし じめんに たたき つけられる!

ナツメ「おっと」ヒュンッ

ドゴオオォォッ!!

オルゴ・デミーラ&カラテ王「がはっ!!??」

デスピサロ「ふん…ぬっ?」

オルゴ・デミーラ「はっはっはっ、油断したな」


オルゴ・デミーラの まきつく!

デスピサロ「ぐおぉ…!!」

オルゴ・デミーラ「これでは手も足も出まい!このまま絞め殺してくれる!」グイグイ

レッド「……ゼロ距離で、輝く息」

オルゴ・デミーラ「なに…?」

デスピサロは かがやくいきを はいた!

オルゴ・デミーラ「ぬおおおおぉぉぉぉ!!わ、我の体が…!」


オルゴ・デミーラを こおらせた!

ナツメ「や、やったわ!レッド、止めよ!」

レッド「えっ…?でも、ポケモンだから、捕まえたい…」

ナツメ「いいから!」

レッド「う…デスピサロ、切り裂く」

デスピサロの きりさく!

オルゴ・デミーラは くだけっちた!


ナツメ「か、勝った…!あのオルゴ・デミーラに……!」

レッド「ポケモンが……」

デスピサロ「いや、待て…まだ奴の気配が……」

ナツメ「えっ?」

オルゴ・デミーラ(ゾンビ形態)「ぐおおおおぉぉぉぉ…!ば、馬鹿なっ!我が…貴様らのようなデク人形に滅ぼされるなど……えぇい!こうなれば道連れだ!お主らごと、この世界を封印してくれるわ!!」

デスタムーア「むっ!封印じゃと…?まずいぞレッド!何とかせよ!」


レッド「えぇ…!?で、デスピサロ、輝く息…!」

デスピサロは かがやくいきを はいた! しかし なにかに はじかれた!

オルゴ・デミーラ「ふはははっ!我の命を削って防御壁を作っておいた。これならたとえ貴様らと言えど、そう簡単には破れまい……くははっ!そこで自分たちが封印されるのを、指を咥えてみてるがよい!!」ゴゴゴゴゴッ

エリカ「どうするのですかレッドさん…?」

レッド「簡単に破れない…だから、破れない訳じゃ、ない…」

ゾーマ「…そうだな」


レッド「じゃあ…全員で、マダンテ」

オルゴ・デミーラ「……えっ?」

レッド「全員で、マダンテなら…きっと、行ける…!」

デスタムーア「フォッフォッフォッ、たしかに、これだけの面子のマダンテに耐えられるモノなど、そうはないわ!」

ゾーマ「では…」

ナツメ「それなら、私も協力するわ」

レッド「えっ?」


ナツメ「マダンテって、魔力を全部解き放つだけなのよね?だったら私にも、たぶん出来るわ…私も、アイツに一矢報いたいのよ」

レッド「い、いいけど…マダンテって…そんなに簡単な、魔法なの…?」

デスタムーア「いや、一応…究極の大呪文じゃ」

レッド「…ナツメって、ポケモンだったのかな……?」ジーッ

ナツメ「?」

ミルドラース「ほれ!無駄口を叩いてる暇はないぞ!」

レッド「うん…あっ、じゃあエスタークも」ポーン


エスターク「グゴゴゴ…!」

レッド「…それじゃあ、ミナダンテ…お願い」

オルゴ・デミーラ「えっ……?」

ゾーマ・シドー・デスタムーア・エスターク・ミルドラース・デスピサロ・ナツメは すべての まりょくを ときはなった!

ぼうそうした まりょくが だいばくはつを ひきおこす!

オルゴ・デミーラ「な、なんだと!?我の作りし防御壁が一瞬で…!?ば、馬鹿な!こんなはずではあああああぁぁぁぁぁ!!!」

カントーの だいぶぶんを けしさった!


(おそらく)ヤマブキシティ

ナツメ「やった…今度こそやったわよね!」

デスピサロ「奴の魔力は……あぁ、感じぬな」

エリカ「では、ナツメさんも晴れてジムリーダーに復帰ですね」

ナツメ「いや、ジムはもうないんだけどね」

デスタムーア「ジムと言うか、一面荒野じゃな」


レッド「…」

ゴソッ…

レッド「?」

レッド「…」チラッ

一同「―――」ワイワイ

レッド「…」コソコソ


レッド「!」

オルゴ・デミーラ「わ、私の……美は…不滅…」ボロボロ

レッド「…」ジーッ

レッド「…」ポーン

レッド「…」ドキドキ

やったー! オルゴ・デミーラを つかまえたぞ!

レッド「!」パァ


しかし レッドの てもちは いっぱいだった!

オルゴ・デミーラは ボックス1に おくられた!

ナツメ「…あら?何してるのレッド?」

レッド「! な、なんでもない…」

ナツメ「そう?ならいいのだけど…でも、あがとうレッド。あなたのおかげで、世界は救われたわ!」

レッド「…」テレテレ

ナツメ「何かお礼が出来ればいいのだけど……」


ミルドラース「むっ?おい、アレはなんだ?」

ゴゴゴゴゴッ……!!

レッド「アレ? エスターク、何か見える…?」

エスターク「巨大な波が、こちらに押し寄せているな」

レッド「…波?」

デスタムーア「アレじゃな…先の爆発でだいぶ地面を抉ったからな…時期にここは海の底じゃ」

ゾーマ「…それはまずくないか?」


デスタムーア「まずいのう。わしらはともかく、レッド達は死ぬじゃろうな」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴッ!!!

ナツメ「って、なに呑気な事言ってるのよ!?もう波がすぐそこまで来てるじゃないの!あぁ、ほら、みんな私につかまって!」

レッド「…じゃあ、一旦、全員ボールに」

ゾーマ「致し方ないな」

エリカ「あらあら…」

ナツメ「早く!」


ナツメ「じゃあ行くわよ!」

エリカ「えぇ」

レッド「…」コクリ

ナツメ「はっ!」ヒュン

ナツメの テレポート!

ザッバアアアアァァァァァン!!!


ヒュン!

ナツメ「はぁ…間に合った」

レッド「ここ…どこ?」

エリカ「えぇと…この景色はたしか……」

ナツメ「グレンタウンね。さすがにここまでは、爆発が及んでなかったみたい」

レッド「ここが、グレンタウン……うわっ…!」


ボンッ!!

ピサロ「あぁ、窮屈だ!」

シドー「グギャアアアアァァァァ!!!」

デスタムーア「まったく、年寄りをあんな狭い空間に押し込むとは……レッドは鬼じゃな」

ミルドラース「いや、そこまで言うほどの事ではあるまい」

ゾーマ「ふむ…しかし、なにやらここは暑いな」

島民「!!??」ビクッ


ナツメ「グレンタウンは火山島だから、仕方ないわ」

レッド「…」ジーッ

エリカ「まぁ、ニュースですわ」

テレビ『緊急速報です。さきほど発生した大規模な爆発により、カントー地方はマサラ・グレン・トキワを除いた全ての街が、壊滅的な被害を―――』

レッド「…」

テレビ『政府は、この爆発をロケット団による破壊活動の一環とみて、首謀者であると思われるサカキを緊急指名手配し―――』


レッド「…」

エリカ「あら…ロケット団はまったく関わっていなのですけど……」

デスタムーア「別に良いではないか?」

レッド「…この街に、ジムはある?」

ナツメ「えぇ、あるわよ」

レッド「…」スタスタ


グレンジム前

レッド「…」ガチャガチャ

レッド「…また、開いてない」

エリカ「カツラさんはお留守なんでしょうか?」

青年「あぁ、カツラさんなら、ポケモン屋敷にいるはずだよ」

レッド「?」


青年「その隣のお屋敷さ。なんでもカツラさんは、この今の惨状を何とかするために、あの屋敷で伝説の魔人を召喚する儀式を行うらしいんだ」

ゾーマ「魔人の召喚…?」

レッド「伝説の、ポケモン…!」キラキラ

青年「気になるなら見に行ってみるといい。あっ、ただ、儀式の邪魔はしないようにね」

レッド「行こうっ…!」

ナツメ「レッドの目が、キラキラと輝いているわ…」

ゾーマ「いつものことだ」


ポケモン屋敷

レッド「…」

エリカ「なんだか、空気が重いですね…」

ナツメ「えぇ、邪悪な気が漂っているわ…カツラさんの呼ぼうとしてる魔神って一体……」

ガタッ!

ナツメ「!」


ナツメは ベギラゴンを となえた!

ベトベター&ドガース「」プスプス

ナツメ「なんだ…さっ、行きましょ」

レッド「…ゾーマ」

ゾーマ「なんだ?」

レッド「ナツメに…モンスターボール、投げていい…?」

ゾーマ「…止めておけ」


3階

カツラ「…」

レッド「…」

ゾーマ「む?あれがカツラとやらか?」

エリカ「ですね。カツラさん!」

カツラ「ん?うおおーす!エリカにナツメか!久しぶりだな」

ナツメ「はぁ、相変わらずの暑苦しいテンションね…それで、魔神を呼ぶとか聞いたけど……」


カツラ「うむ!この惨状を何とかするには、こうするほかないとわしは考えた!っと、儀式の途中だった…皆は祈りでも捧げていてくれ」

レッド「…」ワクワク

カツラ「では…ごほんっ!マハ トラーナ ソテミシア レギダントラン ヒガンテ パラシコロヒーア!」

レッド「…なにあの呪文」

ゾーマ「わしに聞かれてもな…」


ゴゴゴゴゴゴゴゴッ!!

魔神ダークドレアム「私を呼ぶものは誰だ…?」

レッド「!」キラキラ

カツラ「おぉ、現れたか!わしの声が聞こえるか?もし聞こえるのならわしの願いを……」

ダークドレアム「私は誰の命令も受けぬ……」

カツラ「なっ!?」

ダークドレアム「私は破壊と殺戮の化身。すべてを無に帰すのみ…」


カツラ「そんなっ!頼む!頼むからこの惨状を……!」

ダークドレアム「…」

カツラ「この、わしの頭の惨状をなんとかしてくれ!!」

一同「………えっ?」

ダークドレアムは ギガデインを となえた!

カツラ「昔のようにフサフサnぎょえーーっっ!!」


ナツメ「…えっ?カツラさんの何とかするって…自分の髪の事!?」

エリカ「み、みたいですね…そんなに気にしていたなんて……」

ナツメ「なんでたかが髪の事で、魔神なんて召喚してるのよ……レッド、これはなんとかしないとまずいわよ」

レッド「…デスタムーア、行って」

デスタムーア「えっ…わ、わしがか?いや…出来れば、こやつの相手だけは遠慮したいのじゃが…」

レッド「…なんで?」

デスタムーア「わしが戦うと…嫌な予感しかせんのじゃ」


レッド「…分かった。じゃあ、エスターク…!」ポーン

エスターク「グゴゴゴゴ…!」

ダークドレアム「ほう…この私と戦うと言うのか…では…はあああぁぁぁ!!」

ダークドレアムは みも こおりつくような おぞましい おたけびを あげた!

エスターク「ぬぐぅ…!」

レッド「ビックバン…!」


エスタークは ビックバンを ひきおこした!

ポケモンやしきは ふきとんだ!

ダークドレアム「はぁっ!」

ダークドレアムの めにもとまらぬ はやわざ!

レッド「受け流して、切り伏せる…!」

エスターク「ふっ…ぬんっ!」

エスタークは ていおうの いちげきを はなった!


ダークドレアム「ぐおっ…!?く、くくっ…ふはははっ!愉快だ、実に愉快だ!この私と、差しで互角に渡り合う者がいようとは…これほど心躍るのは久しぶりだっ!!」

ダークドレアムは いのりを こめて じゅうじを きった!

しんくうの やいばが きょだいな じゅうじかとなって エスタークを おそう!

エスターク「ぬううぅぅ…!」

エスタークは グレンジムに たおれこんだ! グレンジムが エスタークによって おしつぶされる!

ダークドレアムは バイキルトを となえた! ダークドレアムの こうげきりょくが 2ばいになった!

ダークドレアム「はああああぁぁぁぁ!!」


ダークドレアムは そらたかく まいあがり エスターク めがけて つきさした!

レッド「! メラガイアー…!」

エスタークは メラガイアーを となえた!

ダークドレアム「なにっ…ぐっ!!」

ドゴオオォォォ!!

ダークドレアムは ポケモンけんきゅうじょに げきとつ!

エスターク「はぁぁ…ぬぅ…」


レッド「エスターク、瞑想…」

エスタークは しずかに めいそうを はじめた… なんと エスタークの きずが みるみる ふさがっていく!

ダークドレアム「うぅ…む?ほう、ここは火山があるのか……なれば!」

ダークドレアムは だいちの そこから マグマを よびだした!

ゴゴゴゴゴッ…ドゴオオオォォォォン!!

なんと グレンじまの かざんが ふんかした!

レッド「…マグマなんて、輝く息で…凍らせる…!」


エスタークは かがやくいきを はいた!

かざんごと マグマを こおらせた!

ダークドレアムは ギガデインを となえた!

レッド「ドルマドン…」

エスタークは ドルマドンを となえた!

ギガデインと ドルマドンが しょうとつ! しょうげきで グレンじまが あとかたもなく ふきとんだ!

ザバアアアァァァン!!


ダークドレアム「邪魔な水だ…はっ!」

ダークドレアムは みも こおりつくような おぞましい おたけびを あげた!

なんと みるみる うみの みずが ひいていく!

ダークドレアム「これでまた、しばらくは心置きなく戦える。まぁ、海水が戻る前に決着をつけるつもりだが……ふんっ!」

ダークドレアムは かまいたちを はなった!

レッド「…竜巻」

エスタークは じごくの たつまきを まきおこした!


ダークドレアム「くっ…ぐおぉっ!?」

ダークドレアムは こらえきれずに ふっとばされた!

ふたごじまに げきとつ!

フリーザー「!!??」バサッバサッ

フリーザーの れいとうビーム!

ダークドレアム「ぐぅ…む?なんだ、私の顔が凍りついていく…!?」


フリーザー「キュー!!」

フリーザーの ふぶき!

ダークドレアム「ぐおっ…!今度は体まで…どういう事だ…?この私を凍らせるなど……!」

フリーザー「キューキュー!」バサッバサッ

フリーザーは にげだした!

ダークドレアム「」カチンコチン


エスターク「むっ、これは…?」

レッド「…凍ってる」

ゾーマ「何が起こって…む?あの青いのは……」

レッド「良く分からないけど、チャンス……行け、モンスターボール!」ポーン

エスターク「…」

レッド「…」ドキドキ

やったー! ダークドレアムを つかまえたぞ!

レッド「!」パァ


ゾーマ「やったな」

レッド「うん…!あれ…?他の、皆は…?」

ゾーマ「あぁ、凄まじい攻防だった故、巻き込まれんようにナツメがテレポートでマサラに避難させたのだ」

レッド「…気が付かなった」

ゾーマ「集中しておったからな」

エスターク「レッドよ。私は少々疲れた。悪いがボールに戻してくれ」


レッド「あっ、うん…お疲れ様」ポーン

エスターク「グゴゴゴ…」zzz

ゾーマ「さて、ではわしらもマサラに戻るとするか」

レッド「…」コクリ

ゾーマは ルーラを となえた!


マサラタウン

レッド「…」

ナツメ「あっ!やっと来たわね」

デスタムーア「それで、どうじゃった?アレには勝てたのか?」

レッド「…捕まえた」

エリカ「まぁ、本当ですか?」

レッド「…」ポーン


ダークドレアム「…ん?ここは…むっ、お前は…」

レッド「…」

ダークドレアム「そうか、私はお前の僕に敗れ、捕まったと言う訳か……いいだろう。この私を負かしたのだ、これから私はお前のモノとなろう」

レッド「ボールに、戻る…?」

ダークドレアム「あぁ、私の事は用があるときだけ呼ぶようにしてくれ」

レッド「…」コクリ

オーキド「おぉ、レッド!良く戻ってきた!」


レッド「…」

オーキド「レッドの活躍は、エリカさんやナツメさんから聞いたぞ!頑張っているようじゃな」

レッド「…あっ、博士」

オーキド「なんじゃ?」

レッド「ポケモンって…博士の所に、行ってますか…?」

オーキド「おぉ、レッドの捕まえたポケモンなら、わしの所に送られ来ておる」

レッド「じゃあ、今、手持ちが7匹なので…1匹預かって、もらえますか…?」


オーキド「お安いご用じゃ。誰を預けるのかな?」

レッド「……ミルドラース」

ミルドラース「私か!?」

レッド「だって……ううん、何でも、ない…」

ミルドラース「弱からならば、はっきりと言ってくれ……」

レッド「…」


ナツメ「次は…トキワジムかしら?」

レッド「うん…そういえば…ナツメは、いつまでついてくるの…?」

ナツメ「あら、私は着いて行ってはダメなの?」

レッド「それは、全然いいけど…」

ナツメ「私としてはジムも無くなっちゃったし、あなたへのお礼もまだだし…もう少しレッド達と一緒にいたいのだけど…」

レッド「…分かった」


トキワシティ

トキワジム前

レッド「また、来た…」

ゾーマ「今度こそ、ここのジムは開いてあるだろうな」

デスタムーア「と言うか、開いてないともう行くところがないぞ…」

レッド「…」ガチャ

レッド「…開いてる」


トキワジム

レッド「…」

ゾーマ「むっ、この気配はどこかで……」

「よく来たなレッドよ」

レッド「!」

竜王「驚いたか?このわしこそが、トキワジムのジムリーダーなのだ」

レッド「…」


竜王「本来ならば、ポケモンを繰り出し戦うところだが…そなた相手には無駄であろう。最初からこのわしが相手になろう」

レッド「…ゾーマ」

ゾーマ「うむ」

竜王「レッドよ、一つ提案だが……わしの、ロケット団の仲間にならぬか?」

レッド「…?」

竜王「もしわしの仲間になれば、世界の半分をやろう。どうじゃ?わしの仲間になるか?」

レッド「…断る」


竜王「ふんっ、愚か者め!思い知るがよい!」

りゅうおうは ベギラゴンを となえた!

レッド「マホカンタ…」

ゾーマは マホカンタを となえた! ゾーマの まえに ひかりのかべが あらわれる!

ベギラゴンを はねかえした!

竜王「ぐっ…ベホ」


レッド「マホトーン…」

ゾーマは マホトーンを となえた! りゅうおうの じゅもんを ふうじこめた!

竜王「マ!」

りゅうおうは ベホマを となえた! しかし じゅもんは ふうじられている!

竜王「お、おのれぇ…」

レッド「前回と、変わらない…ゾーマ、マヒャド」

ゾーマは マヒャドを となえた!


こうかは ばつぐんだ!

竜王「ぐあっ…!!」

デスタムーア「なんじゃ…拍子抜けするくらい弱いのう」

ナツメ「レベルが違い過ぎるのね…」

レッド「…とどめに、メラゾーマ」

竜王「とどめじゃと…?このわしを舐めるなぁ!!」


りゅおうの すがたが きょだいな ドラゴンへと かわってゆく!

闇の覇者竜王「グァオオオオォォォォ!!」

トキワジムが しょうげきで くずれおちる!

ピサロ「ほう…竜王と言うだけのことはあるな…凄まじい威圧感だ…」

りゅうおうは しゃくねつを はいた! こうかは ばつぐんだ!

レッド「…輝く息」

ゾーマは かがやくいきを はいた! こうかは ばつぐんだ!


りゅうおうの こうげき! つうこんの いちげき!

ゾーマ「うぐっ…!こ、これは…」

レッド「! 交代、する…?」

ゾーマ「いや、かまわぬ……」

レッド「そう…じゃあ、瞑想…からマヒャド…!」

ゾーマ「うむ」

ゾーマは しずかに めいそうを はじめた… なんと ゾーマの きずが みるみる ふさがっていく!


ゾーマは マヒャドを となえた! こうかは ばつぐんだ!

竜王「グァ…グァオオオオオオオォォォォォォォ!!!!」ゴゴゴゴゴッ

りゅうおうは やみの はどうを はなった!

ゾーマ「ぬおっ…!」

レッド「ゾーマ…!」

トキワシティは むに きした!


ゴオオオオォォォォ……

竜王「…グァ」

レッド「ゾーマ…輝く息」

竜王「!?」

ゾーマ「はああぁぁ!!」

ゾーマは かがやくいきを はいた! こうかは ばつぐんだ!

竜王「グァオオオォォォ…!」


レッド「……行け、モンスターボール!」ポーン

竜王「!!??」

レッド「…」ドキドキ

やったー! りゅうおうを つかまえたぞ!

レッド「!」パァ

エリカ「まぁ…レッドさんったら、ロケット団のボスを捕まえてしましたわ…」

ナツメ「えっ?アイツ、ロケット団のボスだったの…?」


デスタムーア「むっ?おいレッドよ。そこの竜王のいた玉座の横に、宝箱がないか?」

レッド「?」ゴソゴソ

レッド「…あった」

ゾーマ「竜王はレッドのモノになったのだ。開けても構わんだろ」

レッド「…鍵……ナツメ」

ナツメ「はいはい…アバカム」

レッドは たからばこを あけた! なんと! やみのころもを みつけた!


レッドは やみのころもを てにいれた!

ゾーマ「そ、それはわしの闇の衣!!」

竜王「なんだ、そなたのだったのか…」

レッド「うわっ…!」

ゾーマ「なぜこれをお主が……」

竜王「少し前に部下が何処からか持ってきたのじゃ。凄まじい魔力が篭っていたから、わしが身に纏おうかと思ったのだが…わしでは装備できんかったわ」

ゾーマ「当たり前だ。それを身に着けられるのは世界でわしだけだ」


竜王「ふむ…まぁ、そういう訳で、捨てるのも勿体なく感じ、そこの宝箱にしまっておいたのじゃ。欲しければやろう」

レッド「…じゃあ、ゾーマに」

レッドは ゾーマに やみのころもを もたせた!

ゾーマの のうりょくが ひやくてきに アップした!

ゾーマ「おぉ…!喜べレッドよ!これでわしにもはや弱点はない!」

レッド「無敵…!」キラキラ

ゾーマ「あっ、いや…一つだけあったな…光の玉が」


竜王「光の玉か…残念だがそれはわしも持っておらん。部下に探させてはおったのだがな……あれさえあれば、再び世界を恐怖に陥れられたものを」

エリカ「それでレッドさん。トキワジムも勝ち抜きましたし、次はいよいよポケモンリーグですわね」

レッド「!」

デスタムーア「途中からバッジが集まってない気がするがな…」

ナツメ「まぁ、問題がれば…私がちょいちょいっと工作してあげるわ」

レッド「ポケモンリーグ…!」ワクワク


22番路

レッド「…」スタスタ

グリーン「おぉ、レッド!こんな所であうなんて奇遇だな!って、じゃあ…お前もポケモンリーグに行くのか…?」

レッド「…」コクリ

グリーン「そ、そうか…よ、よし!お前がポケモンリーグに通用するかどうか、俺が試してやるぜ!」

レッド「…ゾーマ」

グリーン「あっ、いや…今回は趣向を凝らしてダブルバトルと行こうぜ」


レッド「ダブルバトル…?」

グリーン「ポケモンを2体出して同時に戦うんだよ」

レッド「…」コクリ

グリーン「よしっ!」

グリーン(レッドのポケモンは馬鹿みたいに強いが、どうやらレッドはダブルバトルは初めて…いくらポケモンが強くても、指示がもたつけば俺でも勝てる!くくくっ、今回こそは俺がもらったぜ!)


グリーン「行けっ、ギャラドス!フーディン!」ポーン

ギャラドス「グオオオオォォォォ!!」

フーディン「フッ!」

レッド「…強そう」

グリーン「強そうじゃなくて、つ・よ・い!んだよ」


エスターク「グゴゴゴ…!」ゴゴゴゴゴッ

ダークドレアム「私の出番か…」ゴゴゴゴゴッ

グリーン「…oh」

ギャラドス「勝てる気がしない」

フーディン「大丈夫だ。負ける未来しか見えない」

一行抜けてた
>>469の一番上に
レッド「そう…エスターク、ダークドレアム、行って…!」ポーン


グリーン「はっ!い、いや、レッドのポケモンが強いってのは分かりきってんだ。ここは当初の目的通りコンビネーションで…ギャラドス!フーディン!まずは相手の出方を窺うぞ!」

ギャラドス「ぐ、グオォ……」

フーディン「フッ…」

レッド「こないなら、こっちから…エスタークは、竜巻…ダークドレアムは、グランドクロス…」


エスタークは じごくの たつまきを まきおこした!

ダークドレアムは いのりを こめて じゅうじを きった!

しんくうの やいばが きょだいな じゅうじかとなって ギャラドスと フーディンを おそう!

ギャラドス・フーディン「」

ついでに 22ばん どうろは こうやと かした!

グリーン「ギャラドスうううぅぅぅぅ!フーデイイイイィィィィン!」


デスタムーア「相も変わらず弱いのう…」

ナツメ「コンビネーションではカバーしきれない、圧倒的なレベルの差ね」

竜王「と言うか、あのトレーナーはなぜ無事なのだ……?」

レッド「…次は?」

グリーン「あー、いやぁ…わ、悪い、今はちょっと事情があって、手持ちがこの2匹しかいないんだ…」

レッド「そう、なの…?」


ナツメ(逃げた)

エリカ(逃げましたわ)

グリーン「そういう事だから、今回は不戦敗ってことで…じゃ、じゃーな!俺は先にポケモンリーグで待ってるぜ!」

レッド「…」

ダークドレアム「終わったのなら、私は戻らせてもらおう」

エスターク「では私も…グゴゴゴ…」zzz

レッド「…行こう」ポーン


23番道路

レッド「…」

ナツメ「えっと…たしかここの道すがらで、各ジムのバッジを確認されるんだけど……」

ピサロ「先程のレッドの攻撃で、こちらも跡形もなくっているな」

デスタムーア「なんじゃ、手間が省けてよかったの」

エリカ「では、後はチャンピオンロードだけですね」

レッド「…」コクリ


チャンピオンロード

レッド「…」

ゾーマ「ほう…チャンピオンロードと言うだけあって、なにやら厳かな雰囲気だな」

竜王「ふんっ、雰囲気だけで、とてもわしらに敵う相手がおるとは思えぬがの」

ピサロ「分からんぞ?最後のダンジョンだ…中々骨の折れる相手が潜んでいるやもしれぬではないか」

竜王「どうだかの…」

レッド「…?なんか、いる…!」


ゾーマ「ん?どれ……おぉ?」

ファイヤー「ギャー!!」

デスタムーア「なんじゃこの鳥は…」

ゾーマ「なにやら火を纏っているが…まさか不死鳥か?だとすればレッド、心してかからねばならぬぞ!」

レッド「分かった…竜王」

竜王「わしか?まぁ、仕方ないな…」

ファイヤー「ギャース!!」


ファイヤーの かえんほうしゃ! こうかは いまひとつ!

レッド「…闇の波動」

竜王「闇の波動?こんなの相手に本気か…?」

レッド「ゾーマが、心してかかれって言った…だから、最初から大技で、いく…」

竜王「はぁ…まぁ、ここがどうなろうとわしの知ったことではないか……では」

りゅうおうは きょだいな ドラゴンへと すがたを かえた!

竜王「グァオオオオォォォォ!!」


りゅうおうは やみの はどうを はなった!

ファイヤー「!!??」

ゴゴゴゴゴゴッ!!

チャンピオンロードが もろくも くずれおちて ゆく!

レッド「…やった?」

竜王「さぁなぁ…消し去ったんじゃないのか?」


ファイヤー「ギャース!」バサッバサッ

レッド「!」

ファイヤーは とんでいった!

レッド「…逃げた」

竜王「ふむ、よもや討ち損じるとは…まさか本当に、アレは不死鳥だったのか…?」

レッド「…逃げたから、どっちでもいい……それより、早く行こう…!」


セキエイ高原

レッド「着いた…!」ワクワク

ナツメ「ワクワクしているところに水を差して悪いけど、今日はもう日も暮れる…リーグへの挑戦は明日にしたほうがいいと思うわよ?」

エリカ「そうですわね。皆さんも、万全の体調で臨んだ方がいいと思いますし…今日はこのポケモンセンターで休みませんか?」

レッド「…それも、そっか……じゃあ、今日はここで」

竜王「では適当に部屋を取るか…おい、そこの!」

ジョーイ「はい…ひっ…!?」パタッ


竜王「なんじゃこの女子は…わしの姿を見て気絶しよったぞ」

レッド「…竜王、ドラゴンの姿のまま…」

竜王「おぉ?あぁ、そういう訳か…ふっと」シュゥゥゥ

デスタムーア「しょうがない、適当に部屋を借りるとしよう」

レッド「…」コクリ


レッドの部屋

レッド「…いよいよ」

レッド「勝てるかな……?」

レッド「…」

コンコン…

レッド「?」


『レッドさん、夜分遅くにすみません…エリカです』

レッド「…」ガチャ

エリカ「えっと、こんばんは…起こしてしまいましたか?」

レッド「起きてたから、大丈夫…どうぞ……」

エリカ「失礼いたします」

レッド「それで、なにか用…?」


エリカ「いえ、大した用はないのですが…レッドさんが、リーグ挑戦を前にして緊張なされているのではと思いまして…せしたら、私が少しでも和らげて差し上げれればと……」

レッド「…」

エリカ「えぇと…ご迷惑でしたか?」

レッド「ううん、そんな事はない…ありがとう」

エリカ「まぁ…あの、お隣に座ってもよろしいですか?」

レッド「…いいよ」


エリカ「では、失礼いたします…」ギシッ

レッド「…」

エリカ「…」ピトッ

レッド「…えっと、エリカ…近い……」

エリカ「あら…レッドさんは、私にくっつかれるのはお嫌ですか?」

レッド「いや、嫌じゃないけど…」

エリカ「でしたら問題ありませんわ」


レッド「…」

エリカ「…」スリスリ

レッド「え、エリカ…変なところ、触らないで…」ビクビク

エリカ「私をはしたない女とお思いなりますか?ですけど、レッドさんの緊張を和らげるには、こうしてポケモンの事を、ひと時の間だけ忘れてもらうことでしか出来ないと思ったのです…」スリスリ

レッド「んっ…そんな…こと…」アタフタ

エリカ「ふふっ、やはりレッドさんは可愛らしいですわぁ…思わず食べてしまいたいくらい///」ハァハァ


ナツメ「ったく、エリカ…なに幼気な子供に無理やり迫ってるのよ?」ヒュン

レッド「! ナツメ…助け…っ!」

エリカ「まぁ、ナツメさんったら…夜伽に割り込むだなんて、無粋ですわよ?」

ナツメ「はぁ…まさかエリカに先を越されるとは……呑気にお風呂なんて入ってるじゃなかったわ」

エリカ「あら…では、ナツメさんも同じ目的で?」

ナツメ「まぁ…///」

レッド「!?」


ナツメ「レッド…私はあなたにお礼をしたいと思っていたわ。だけど、お礼をしようにも、私にはジムがなくなってしまって何もないわ……だから、私自身をレッドに捧げようかと……///」

レッド「!」フルフル!

エリカ「仕方ありませんわ…ここは、仲良くレッドさんをいただくといたしませんか?」

ナツメ「…分かったわ」

レッド「!?」ウルウル


レッド「!」ジタバタ

エリカ「大丈夫ですよレッドさん。お姉さんたちに任せていれば、何も心配することはありませんわ///」ハァハァ

ナツメ「えぇ、天井のシミを数えている間には終わるわ///」ハァハァ

レッド「!!」フルフルッ!


ゾーマ「むっ…?何やら、レッドの身に危機が迫っているような…」

デスタムーア「レッドに危機じゃと?フォッフォッフォッ、万が一の時は、あの帝王と魔神がおるんじゃ。心配はいらぬじゃろう」

ピサロ「ふむ…だがいよいよもって、明日が決戦か…腕が鳴るな」

竜王「ふんっ、たとえ四天王やチャンピオンと言えど、わしらの相手にはならぬと思うがな」

デスタムーア「しかし…レッドは1人で1部屋で、わしら4人で1部屋とは…不公平ではないか?」

ゾーマ「レッドはわしらのトレーナーだ。と言うよりそもそも、ボールの中を嫌がるわしらの為に部屋を取ってくれるだけありがたいと思え」

竜王「まぁ、一理あるな」


ジョーイ「おはようございます。昨夜はお楽しみでしたね」

レッド「…」ゲッソリ

エリカ・ナツメ「♪」ツヤツヤ

ゾーマ「レッドよ…なにやら疲れた顔をしておるが……大丈夫か?」

レッド「……問題、ない」

ゾーマ「そうか?なら良いのだが……」


ピサロ「最後の戦いなのだ、しっかりしせよ」

レッド「…」コクリ

エリカ「四天王との戦いは、1人に勝つごとに次の四天王と戦えるという方式ですわ」

レッド「…」ビクッ

ナツメ「そうして4人のすべてに勝てば、いよいよチャンピオンね」

レッド「う、うん…」ビクビク

ゾーマ「?」

竜王「ほれ、とっとと行くぞ」


カンナの部屋

レッド「…水が」

カンナ「ポケモンリーグへようこそ」

レッド「!」

カンナ「私が四天王の1人、カンナ。氷ポケモンを使わせたら、右に出る者はいなわ」

ゾーマ「ほう、氷か…」

カンナ「相手を凍らせるって、とっても強力よ。だって凍っちゃったらあんたのポケモン、全然動けないんだもの」


レッド「…」

カンナ「あははっ!じゃあ、覚悟はいいかしら!」

カンナが しょうぶを しかけてきた!

カンナ「ラプラス!」

ラプラス「キュー!」

ゾーマ「レッドよ。わしが行こう」

レッド「…」コクリ


カンナ「見たことないポケモンね…タイプも分からない……ラプラス、取りあえず冷凍ビーム!」

ラプラスの れいとうビーム! しかし ゾーマには こうかが なようだ…

カンナ「えぇっ!?ラプラスの冷凍ビームが、効果がないですって!?」

ゾーマ「なんだ、氷を得意とするように言っておったから、少しは期待していたのだが…この程度か」

カンナ「な、なんですって…!だったら本気の氷技を見せてあげるわよ!ラプラス、ふぶき!」

ラプラスの ふぶき! こうかは いまひとつ!


ゾーマ「これが本気か…やはり期待外れだな。良いか?本当の氷技とは、こういう事をいうのだ」

レッド「マヒャデドス」

ゾーマは マヒャデドスを となえた!

ラプラス「」

カンナ「っ!?」

ゾーマ「ふむ、やはり闇の衣があると、最上級魔法も楽に詠唱できるな」


レッド「次は…?」

カンナ「いえ…もう私の負けよ……私のラプラスが氷で負けるだなんて、勝ち目がないわ」

レッド「じゃあ…」

カンナ「次の部屋への扉は開いているわ…でも、ポケモンリーグの強さは、まだまだこんなものじゃないわ…せいぜい頑張ってきなさい」

レッド「…」コクリ


シバの部屋

レッド「…」

シバ「ん?まさか挑戦者か?知らせは受けていたが、まかさもうカンナを破ったのか……」

レッド「…」コクリ

シバ「ほほう、それは楽しませてくれそうだな…俺は四天王のシバ!人もポケモンも戦い鍛えれば、どこまでも強くなる!俺はそんな鍛え抜かれたポケモンと共に生きてきた。そしてこれからもな!」

レッド「…」


シバ「レッドと言ったな!俺達のスーパーパワーを受けてみるがいい!ウー!ハーッ!」

シバが しょうぶを しかけてきた!

シバ「行け!カイリキー!」

カイリキー「リッキッ!」

レッド「格闘…デスタムーア、第二形態で…」

デスタムーア「第二形態?まぁ、分かったぞ…はぁ!」


ゾーマ「なぜ態々、格闘タイプっぽいデスタムーアの第二形態なのだ?」

レッド「その方が…燃える?」

ピサロ「言ったお主がなぜ疑問形なのだ…」

デスタムーア(第二形態)「ほれ、何処からでもかかってくるがよい」

シバ「格闘タイプか…その筋肉、そうとう鍛えていると見える!カイリキー、俺達も負けていないと見せつけねば!地獄車だ!」

カイリキー「リッキッ!…り、リキッ?」グイグイ

デスタムーア「なんじゃ?このわしを持ち上げようとでもしておるのか?フォッフォッフォッ、愚か者めが」


レッド「バイキルト、から…とっしん」

デスタムーアは バイキルトを となえた! デスタムーアの こうげきりょくが 2ばいに なった!

デスタムーアは とげの かたを いからせ カイリキーめがけて とっしんしたっ!

シバ「カイリキー!?」

カイリキー「」

デスタムーア「フォッフォッフォッ、デカいだけの図体で、大したことないのう」

シバ「俺のカイリキーが一撃か…では行け!サワムラー!」


サワムラー「サワッ!」

シバ「メガトンキック!」

サワムラーの メガトンキック!

デスタムーア「おぉ、なにかしたのか?」

サワムラー「!?」

レッド「回し蹴り…」

デスタムーアは まわしげりを はなった!


サワムラー「」

シバ「くっ…ではエビワラー!」

エビワラー「エビッ!」

シバ「メガトンパンチ!」

エビワラーの メガトンパンチ! デスタはムーアは わらっている!

レッド「…正拳突き」

デスタムーアは こしを ふかく おとし まっすぐ あいてを ついた!


エビワラー「」

シバ「なんだと…サワムラーとエビワラーが、それぞれキックとパンチで負かされるなんて……」

レッド「…終わり?」

シバ「あぁ、俺のポケモンはこれでお終いだ…だが!」

レッド「?」

シバ「最後はこの俺が相手だ!ウー!ハーッ!!」

シバの とっしん!


デスタムーア「おぉ!?」

シバの じごくぐるま!

デスタムーア「ぐおぉ!!」

シバの たたきつける!

ドッシイイイィィィン!

デスタムーア「がはっ!!」


シバ「どうだ!」

レッド「…イオグランデ」

デスタムーア「ぬぅ…まぁ、お主のポケモンの技よりは、ちぃとは効いたぞ。はぁ!!」

デスタムーアは イオグランデを となえた!

シバ「ぬわーーーーっ!!」


デスタムーア「…終わりじゃな」

レッド「…」コクリ

シバ「み、見事だ…この俺が、負けちまうとは……次に、行くといい…ぐふっ」

レッド「…」スタスタ


キクコの部屋

レッド「…」

キクコ「よく来たね…あたしは四天王のキクコ。アンタ、オーキドのじじいに可愛がられてるんだって?」

レッド「…」

キクコ「じじいも、昔は強くていい男だった…今じゃ見る影もないけどね」

レッド「…」


キクコ「ポケモン図鑑なんて作ってるようじゃダメだ!ポケモンは戦わせるものさ」

レッド(…ポケモン図鑑?)

キクコ「レッド!あんたにも、本当の闘いってものを教えてやる!」

キクコが しょうぶを しかけてきた!

キクコ「行きな、ゲンガー!」

ゲンガー「ゲンゲーン!」


レッド「ピサロ」

ピサロ「むっ?私か…」

キクコ「ゲンガー、催眠術!」

ゲンガーの さいみんじゅつ!

レッド「かわして、ゾンビ斬り…」

ピサロの ゾンビ斬り! こうかは ばつぐんだ!

ゲンガーは じょうぶつ した!


キクコ「ゲンガーッ…!ゴルバット!」

ゴルバット「ギャーギャー!」

レッド「稲妻斬り…」

ピサロは けんに いなずまの ちからを まとわせ きりかかった!

こうかは ばつぐんだ!

ゴルバット「」


キクコ「なっ…行きな、アーボック!」

アーボック「シャーボック!」

ピサロ「ふむ、そろそろ私も、本気で行くとするか…はぁぁ!」

ピサロは しんかの ひほうを つかった!

キクコ「このタイミングで進化かい…アーボック、ようかいえき!」

アーボックの ようかいえき!

レッド「輝く息…」


デスピサロは かがやくいきを はいた! ようかいえき もろとも アーボックを こおらせた!

アーボック「」カチンコチン

キクコ「くっ…これで最後だよ…ゲンガー!」

ゲンガー「ゲーン!」

デスピサロ「むっ?最初のポケモンと同じポケモンか…」

キクコ「最初のゲンガーと同じと思ってもらっちゃ困るよ…ゲンガー、シャドーボール!」


レッド「メラガイアー」

ゲンガーの シャドーボールと デスピサロの メラガイアーが ぶつかり ばくはつが おこる!

ゴオオオオォォォォ…

キクコ「何も見えないね…」

レッド「見えなくても、構わない…しゃくねつ」


デスピサロは しゃくねつを はいた!

シュウウウウゥゥゥゥ…

キクコ「な、何が…っ!?」

ゲンガー「」プスプス

キクコ「ゲンガーッ…!ふんっ、アンタの勝ちだ。じじいが目をつけるだけのことはあるね…あたしがいう事はもうない。次の部屋に進みな!」

レッド「…」コクリ


ワタルの部屋

レッド「…」

ワタル「そうか…君がレッドか。俺は四天王の大将!ドラゴン使いのワタルだ」

竜王「ほほう…ドラゴン使いとな」

ワタル「知っているだろう?ドラゴンは聖なる伝説の生き物だ」

竜王「うむうむ。なかなか分かっておるではないか」


ワタル「捕まえるのは難しいが、上手く育てりゃ強さは天下一品だ!体も丈夫だし、小手先の攻撃も無駄さ」

竜王「その通りじゃ」

ワタル「さてと…そろそろ始めよう!」

ワタルが しょうぶを しかけてきた!

竜王「ここはわしが行くぞ。竜族が王として、ドラゴン使いとやらの強さ…身をもって確かめてやろうぞ」

レッド「…」コクリ


レッド「…」コクリ

竜王「はぁ!」

りゅうおうは きょだいな ドラゴンへと すがたを かえた!

ワタル「おぉ…!見たことのないドラゴンポケモン…これは俺も腕が鳴るぜ!行けっ、カイリュー!」

カイリュー「ぎゃおおおおん!」

ワタル「ドラゴンクロー!」


カイリューの ドラゴンクロー! こうかは ばつぐんだ!

竜王「グァオオォォ…」

レッド「じゃあ…こっちも、ドラゴンクロー…」

りゅうおうは するどい つめで カイリューを きりさいた! こうかは ばつぐんだ!

カイリュー「」ズタボロ

ワタル「か、カイリュー…!戻れ!行けっ、カイリュー!」

カイリュー「ぎゃおおおおん!」


ワタル「大文字!」

カイリューの だいもんじ!

レッド「しゃくねつで、はねかえす…」

りゅうおうは しゃくねつを はいた! だいもんじは しゃくねつに のみこまれ いりょくを まして カイリューを おそう!

カイリューは じょうずに やかれた!

カイリュー「」

ワタル「カイリュー…くっ、行けっ、カイリュー!」


カイリュー「ぎゃおおおおん!」

ワタル「かみなりだ!」

カイリューの かみなり! こうかは いまひとつ!

レッド「…かみつく」

りゅうおうは カイリューを くいちぎった!

カイリュー「」ズタボロ

ワタル「カイリュウううぅぅ!!くそっ、行け、カイリュー!」


カイリュー「ぎゃおおおおん!」

ワタル「ドラゴンには氷!ふぶきだ!」

カイリューの ふぶき!

レッド「大文字と、一緒で…輝く息」

りゅうおうは かがやくいきを はいた! ふぶきは かがやくいきに のみこまれ いりょくを まして カイリューを おそう!

こうかは ばつぐんだ!

カイリュー「」カチンコチン


ワタル「うぅ、カイリュー……お前達の敵は討つ!任せたぞカイリュー!」

カイリュー「ぎゃおおおおん!」

ワタル「竜の息吹!」

カイリューの りゅうのいぶき! こうかは ばつぐんだ!

竜王「グァオ?」


レッド「ベギラゴン…」

りゅうおうは ベギラゴンを となえた! こうかは いまひとつ!

カイリュー「」

ワタル「うぐっ…俺のドラゴンポケモンがことごとく一撃で……仕方ない、これが俺の切り札だ!」

レッド「…」ワクワク


ワタル「行って来い!カイリュー!!」

カイリュー「ぎゃおおおおん!」

レッド「…」

ワタル「破壊光線!!」

レッド「全力で、闇の波動…!」

竜王「グォオオオオォォォォ!!」


カイリューの はかいこうせん!

りゅうおうは やみの はどうを はなった!

はかいこうせんは あっけなく やみの はどうに おしまけた!

カイリュー「」

ワタル「か、カイリュウううううううううぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!」

レッド「…勝った」


レッド「…勝った」

竜王「グァオォ……はぁ、おいレッド、なんなのだコイツ」シュゥゥ

レッド「…」

竜王「全部同じって…どれだけカイリューが大好きなんだ……」

レッド「…」


ワタル「うぅっ…カイリュウぅ…ごめんよカイリュウううぅぅ…!!」

レッド「…えっと」

ナツメ「扉も開いてるし、ほっといていきましょ」

エリカ「ですわね。さっ、参りましょう」

レッド「…」コクリ


チャンピオンの部屋

レッド「…」

グリーン「ん…?げぇ!レッド!も、もう来たのかよ…って、ご、ごほんっ!ま、まぁ、ライバルのお前が弱くちゃ俺も張り合いがないよな。うん」

レッド「…」

グリーン「レッド、俺は図鑑を集めながら完璧なポケモンを探した。色んなタイプのポケモンに勝ちまくるようなコンビネーションを探した」

レッド「…」


グリーン「そして今!俺はポケモンリーグの頂点にいる!レッド、この意味が分かるか?」

レッド「…」

グリーン「この俺様が!世界で一番!強いってことなんだよ!」

グリーンが しょうぶを しかけてきた!

グリーン「行け、ピジョット!」

ピジョット「ピジョー!!」


レッド「…ゾーマ」

ゾーマ「やはり最後はわしか…任せよ」

レッド「…メラゾーマ」

ゾーマは メラゾーマを となえた!

グリーン「はんっ!今回はそう簡単に焼き鳥にはさせないぜ!オウム返しだ!!」

ピジョットの オウムがえし! ピジョットは メラゾーマを となえた!

ゾーマ「なんと!鳥よ…お主、メラゾーマを唱えられるおようになったのか…成長したな」


ピジョット「ピジョッ!」

グリーン「へへーん!どうだ?これならお前のポケモンの、馬鹿みたいな威力の攻撃にも対抗できるぜ!」

レッド「なら…メラガイアー、でも?」

ゾーマは メラガイアーを となえた!

グリーン「何をしても同じこと!ピジョット、もう一度オウム返し!」

ピジョットの オウムがえし! ピジョットは メラガイアーを となえた!

しかし mpが たりない!


グリーン「えっ…?」

ピジョットは あえなく やきとりに なった!

ピジョット「」プスプス

グリーン「ピジョットおおおおぉぉぉぉ!」


ゾーマ「ふむ…まぁ、鳥だからな。賢くないは致し方あるまい」

グリーン「mpってなんだよぉ……行けっ、サイドン!」

サイドン「グゥオオオオォォォォ!!」

グリーン「こうなったら一撃必殺だ!サイドン、角ドリル!」

ゾーマ「む?」

サイドンの つのドリル! しかし ゾーマには ぜんぜん きいてない!


グリーン「あ、あれ?当たったのになんで……」

ナツメ「単純に、レベルがゾーマの方が上ってだけでしょ」

レッド「…マヒャデドス」

ゾーマは マヒャデドスを となえた! こうかは ばつぐんだ!

サイドン「」

グリーン「サイドンんんんんんんんん!」


グリーン「くそっ、お前のポケモンの方がレベルが上なのかよ……行けっ、ギャラドス!」

ギャラドス「グオオオオォォォォ!!」

グリーン「素の能力で勝てないなら、能力を上げればいいんだ!ギャラドス、竜の舞でパワーアップだ!」

レッド「…」

ギャラドスの りゅうのまい!

ギャラドスの こうげきが あがった! ギャラドスの すばやさが あがった!


レッド「…ためる」

ゾーマの ためる! ゾーマの テンションが 5に あがった!

グリーン「もう一丁!」

ギャラドスの りゅうのまい!

ギャラドスの こうげきが あがった! ギャラドスの すばやさが あがった!

レッド「…ためる」

ゾーマの ためる! ゾーマの テンションが 10に あがった!


グリーン「もっとだ!」

ギャラドスの(ry

レッド「…ためる」

ゾーマの(ry


レッド「…ためる」

ゾーマの ためる! ゾーマの テンションは これいじょう あがらない!

グリーン「ダメ押しだ!」

ギャラドスの りゅうのまい!

ギャラドスの こうげきは これいじょう あがらない! ギャラドスの すばやさは これいじょう あがらない!


グリーン「よしっ!これで―――」

レッド「…いてつくはどう」

ゾーマの ゆびさきから いてつくはどうが ほとばしる!

すべての こうかを けしさった!

グリーン「」


ゾーマ「まぁ、わしの凍てつく波動は、わし自身の効果も打ち消すのだがな」

レッド「問題ない…ジゴスパーク」

ゾーマは じごくから いかずちを よびよせた! こうかは ばつぐんだ!

ギャラドス「」プスプス

グリーン「ギャラドスうううぅぅぅぅ!」


レッド「…」

グリーン「迂闊だった…レッドのポケモンは、効果を消せる技を持ってるんだった……行けっ、ウインディ!」

ウインディ「ガウガウッ!」

グリーン「あなをほるだ!」

ウインディは ちちゅうに もぐった!

グリーン「どうだ!地面に潜っちまえば、お前の攻撃も当たらないだろう!」


レッド「…地面に、ビックバン」

グリーン「えっ?」

ゾーマは ビックバンを ひきおこした! じめんが ふきとび ウインディが ちゅうを まう!

ドシイイイィィィン!!

ウインディ「」

グリーン「ウインディいいいいぃぃぃぃ!」


グリーン「なんだよぉ…地面ごと吹き飛ばすなんてありかよぉ……フーディン!」

フーディン「フッ」

グリーン「あー…あっ!そうだフーディン!テレポートだ!テレポートしまくって、相手をかく乱するんだ!」

フーディン「フッ!」ヒュンッ

フーディンの テレポート! フーディンの テレポート! フーディンの(ry

ゾーマ「むっ?むむっ?」

グリーン「タイミングを見て、シャドーボール!」


レッド「…」

フーディン「フウゥッ!!」

フーディンの シャドーボール!

ゾーマ「ぬぅ…!」

グリーン「効いた…!その調子でどんどん体力を削れ!」


フーディンの テレポート! フーディンの シャドーボール!

フーディンの テレポート! フーディンの シャドーボール!

グリーン「あっはっはっ!今度こそ!これなら今度こそ!お前のポケモンの攻撃も当たらねーだろ!」

ゾーマ「おいレッド…これは別に痛くはないが、正直非常に疎ましいぞ」

グリーン「なっ…!?」


レッド「…イオグランデ」

ゾーマは イオグランデを となえた!

フーディン「フッ!?」ヒュン

しつない ぜんたいに だいばくはつが おこる!

フーディン「」

グリーン「フーディイイイイィィィィン!」


グリーン「くそっ!一体どうしたらお前のポケモンは倒せるんだよぉ…これで最後だ、行けっ!フシギバナ!」

フシギバナ「バナアアァァ!!」

ゾーマ「おぉ…お主も大きくなったな…最初の姿とは見違えたぞ」

グリーン「フシギバナ!日本晴!」

フシギバナの にほんばれ! ひざしが つよくなった!

ゾーマ「むっ…」


グリーン「草タイプ最強の技を見せてやれ!ソーラービームだ!!」

フシギバナの ソーラービーム!

ゾーマ「ぐっ…」

レッド「…」

グリーン「どうだ!俺のフシギバナのソーラービームは半端な威力じゃないぜ…これをまともにくらって、倒れない奴なんていないはずだ!」

レッド「…」

ゾーマ「ほぅ…まぁ、言うだけのことはあるぞ。闇の衣をまとったわしに、少しばかりであるがダメージが来た…見事だな」


グリーン「なん…だと…!?」

レッド「輝く息…!」

ゾーマは かがやくいきを はいた! こうかは ばつぐんだ!

フシギバナは みごとな はくせいに なった!

グリーン「フシギバナああああああぁぁぁぁぁぁ!!!」


レッド「…勝った」

ゾーマ「うむ」

グリーン「ば、馬鹿な…本当に終わったのか…?お前に勝てるよう、全力をかけたってのに負けた……折角ポケモンリーグの頂点に立ったのによう!もう俺様の天下は終わりかよ!?」

レッド「…」

グリーン「……いや…俺は諦めないぜ」


レッド「?」

ゾーマ「なんだ?お主のポケモンは全て倒した…この期に及んで何を申すか」

グリーン「レッド!俺はもう、お前を倒すためなら手段は選ばねーぜ!お前を倒すためなら、世界がどうなろうと知ったこっちゃねぇ!」

レッド「? なにを、する気…」

グリーン「これが何だかわかるか?」

グリーンは つえを とりだした!

ナツメ「ん?あれ…その杖、どこかで見たような…って!それは神鳥の杖!!なんでアンタがそれを!」


グリーン「なんだ、もしかしてこれお前のか?そう言われれば、これを拾ったのはヤマブキシティあたりだったような……まぁ、そんなのはいいぜ」

ナツメ「良くないわよ!それには邪悪な魔物の魂が封じられて…あぁ、もう!あの爆発で、その厄介な杖も吹っ飛んでくれたと思ってたのに…!」

グリーン「レッド…ここに来てからこの杖が語りかけてるんだよ…この、チャンピオンの部屋にある女神像を壊せってな…」

レッド「…」

ナツメ「はっ!レッド、その女神像と言うのを壊させてはダメよ!何としてでも阻止して―――」


グリーン「いや、もう女神像はレッド攻撃で壊れてるんだけどな」

ナツメ「えっ…」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴッ!!

きょだいな なにかの しゅつげんに よって ポケモンリーグの てんじょうが くずれおちる!

暗黒神ラプソーン「はああぁぁ…我こそは暗黒神ラプソーン…人間よ、我の身体を取り戻させてくれたこと、まずは礼を言おう」

ナツメ「あぁ、なんてこと…あのオカマ並に厄介なのが……」


ラプソーン「そして喜ぶがよい。この世界に新たなる神が生まれたのだ。新たなる神の名は暗黒神ラプソーン!さぁ、我を崇めよ!身を引き裂くような激しい悲しみを我にささげよ!!」

グリーン「な、なんだよこのデカいの……れ、レッド!どうなってんだよこれ!?」

レッド「?」

ナツメ「さっきまではグリーンは、杖に操られていたのね…」

エリカ「まぁ…ですから、先程の戦いでもレッドさん相手に、無駄とは言えが戦略が立てられていたのですね」

ラプソーン「ふははっ、何という力か…わが魂は、ついに最強の力を持つ肉体を手に入れた!」


グリーン「お、おい!なんとかしろよレッド!」

レッド「じゃあ…てっとり早く、倒すために…ミナダンテで」

ラプソーン「いまの我に、なにをしても無駄ことだ」

レッド「…エスターク、ダークドレアムも」ポーン

エスターク「グゴゴゴ…!!」

ダークドレアム「ふむ」


デスタムーア「フォッフォッフォッ、わしはいつでも大丈夫じゃぞ」

デスピサロ「私もだ」

竜王「グァオオオオォォォォ!!」

レッド「…」コクリ

ゾーマ「うむ」


ゾーマ・デスタムーア・エスターク・デスピサロ・竜王・ダークドレアムは すべての まりょくを ときはなった!

ぼうそうした まりょくが だいばくはつを ひきおこす!

ラプソーン「ぐ、ぐおおおぉぉぉ!我は闇の結界に守られているはずだ…だと言うのになぜ我が身は…滅び行くのだ…!?な、なぜだああああぁぁぁぁ!!!」

こんどこそ カントーは ぜんいきが ふきとんだ!

グリーン「あー…こりゃ俺なんかが勝てない訳だぁ……」


マサラタウン

オーキド研究所

オーキド「レッド!ポケモンリーグ制覇、心からおめでとう!いやいや、レッドは大人になった!」

レッド「…」テレテレ

ゾーマ「しかし…よくマサラだけは何事無く無事だったな」


ミルドラース「私達がいるのだ、ここがなくなる訳がないだろう」

シドー「グギャアアアアァァァァ!!!」

エルギオス「ふんっ」

オルゴ・デミーラ「オホホホ」

ナツメ「えっ!?」


レッド「えっと、博士これ…預かって、もらえますか…」

オーキド「ん?あぁ、お安いご用じゃ」

レッドは オーキドに ラプソーンを あずけた!

オーキド「おほんっ!レッドよ、本当はリーグにて殿堂入りの記録をしたいところなんじゃが…いかんせんそのポケモンリーグがなくなってしまったかならな…しかし、レッド!お前は激しい戦いの末リーグチャンピオンとなった!それは紛れもない事実じゃ!」

レッド「…」コクリ


ゾーマ「だがレッドよ、これでお主の…ポケモンマスターになるという夢は叶ったのか?」

レッド「…まだ」

ゾーマ「ほう?」

レッド「まだまだ、もっと…いろんなポケモンにあって、捕まえて…ゾーマ達のことも、強くしたい…!」

グリーン「これ以上強くなってどうすんだよ…世界でも征服する気かよ…」

オーキド「うむ!よう言ったレッド!チャンピオンになっても、なお向上心を失わないとは見上げたモノじゃ!!じゃったら、今度はジョウト地方へと行くがよい」


レッド「ジョウト…」

エリカ「まぁ、ジョウトですか…たしか、あちらにはカントーでは見られないポケモンもいるそうですね?」

オーキド「うむ」

レッド「ポケモン…!」キラキラ

オーキド「22番道路から南下し、トージョウの滝を進めばジョウト地方じゃ」

レッド「行くっ…!」ワクワク

オーキド「まぁまぁ、そう焦るでない…今日くらいは家で休んでいけ。レッドのお母さんも、心配しておるじゃろうからな」


レッド「…」コクリ

ゾーマ「では、わしらはこの研究所で休んでおるぞ」

レッド「…」コクリ

エリカ「では、レッドさんのお宅に参りましょうか」ガシッ

レッド「…えっ」

ナツメ「レッドのお義母様にあいさつしないとね」ガシッ


レッド「えっ、字が…あぅ、離し…ゾーマ、助け…!」ズルズル

ゾーマ「?」

エリカ「流石に、レッドさんのお宅にあがるのは初めてですから…襲ったりはいたしませんわ」

ナツメ「えぇ、健全に愛でるだけよ」

レッド「…」ウルウル

レッドの たびは まだまだ つづく!

おわり
短編のつもりがこんなに長くなってしまった

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2014年08月06日 (水) 16:41:11   ID: CyZ8_f8w

スッゲー面白かった。続き書いてくれるといいなー。

2 :  SS好きの774さん   2014年08月14日 (木) 22:50:44   ID: hlIXIcx-

すごい面白かったジョウト騙はよ

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom