新一「学園都市……?」 ミギー「らしいな」 (30)


新一「ここに『奴ら』が……!」

ミギー「ああ。『仲間』の信号をキャッチした」

ミギー「しかしシンイチ、どうする? 高い壁に囲まれているが……」

新一「飛び越える」

ミギー「成る程」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417839893


<注意>

即興でノロノロ投下していきます。
生暖かい目で見守ってください。

ーーーとある高校の近くーーー

上条「はあ……今日の夕飯は何にししよう……」

新一「おい、お前……!」

上条「あ! そうだ今日は卵とモヤシが激安だったな……。炒めるか!」

新一「おい……」

上条「そうと決まれば……あ」

上条「財布が無い……」

上条「不幸だぁぁぁああああ!!」

新一「気付けぇぇぇええええ!!」

上条「はっ!? 誰だアンタ!?」

新一「名前なんて化け物に教えてやる義理はない!」

上条「ば、化け物!?」

新一「とぼけるな!!」

ミギー「……?」

新一「? どうした、ミギー」

ミギー「シンイチ……。こいつ、脳が生き残ってる」

新一「え? じゃ、じゃあ……仲間か!?」

上条「なんのことだかさっぱりなんですが……」

新一「……おい。ミギー……こいつ、解らないみたいだぞ?」

ミギー「待て。シンイチ……。! そもそも、仲間じゃない……おまえ、『何だ』!?」

竜王の顎『ばれてしもたか』

ミギー(の、脳内に直接……!?)

竜王の顎『吾輩は「竜王の顎」。名前はまだあらへん』

ミギー(いったい、『貴方』は……!?)

竜王の顎『ワイはこいつの右手に寄生してるんや。ま、アンタらと似たようなもんかもわからんな』

ミギー(いえ、貴方のようなお方と、わたし達を同列視するなど……畏れ多い)

竜王の顎『まあ、「世界」にはまだワイの正体を知られてはならんのや。このツンツン頭にも教えるなよ?』

ミギー(わかりました……)

竜王の顎『ほんじゃあ』

ミギー(失礼します)

ミギー(……はっ!)

ミギー(『アレ』は……何だ!? 強い……圧倒的に)

ミギー(帰ったらインターネットで調べよう)


新一「……と、言うわけなんだ」

上条「そんな奴らが……」

ミギー「シンイチ。何故全て教えた……?」

新一「えっ? あ! いや……あはは」

ミギー「まぁいいよ。この男は信頼出来そうだ」

新一「珍しいな。ミギーがそんなこと言うなんて」

ミギー「ともかく、電話番号位は交換しといた方がいい」

上条「あ、そうだな。いつでも連絡くれよ。すぐにいくから」

新一「ああ……ありがとう」

新一「いやー、なんか、良い奴だったな」

ミギー「そうだな」

ミギー「! シンイチ……何か、来る!!」

新一「何ィッ!?」

一方通行「あァ……うるせェなァ」

打ち止め「あ、次はあのお店行きたーいってミサカはミサカは上目遣い!」

新一「あれ、は……!」

ミギー「そう……『ロリコン』だよ」

ミギー「しかも……相当強い!」

一方通行「? あァ……!?」ギロッ

新一「くそっ、気付かれた!」ダッ

一方通行「おい、クソガキ……。黄泉川ン所帰ってろ……」

打ち止め「え、なんでー! ってミサカはミサカは抗議してみたり!」

一方通行「うるせェ。帰れ」タッ

打ち止め「っあ……行っちゃった」ショボーン


新一「ハァッ、ハァ……。ここまで来れば大丈夫か?」

ミギー「大丈夫だ。所詮は人間だ……ッ!? 避けろ! シンイチ!!」

新一「!!?」ヒュンッ

一方通行「……ほォ、今のを避けるか……」

新一「お前……何なんだ!?」

一方通行「そりゃァこっちの台詞だ。オマエ、一体何ンだ?」

一方通行(能力じゃねェ……。そもそも、この学園の野郎じゃねェ。能力を微塵も感じねェからな……)

一方通行「面白ェな、オマエ」

新一「あ?」

一方通行「ギィアハハハ!」ドウッ!

新一(本当に人間かよ!? パラサイト程じゃないけど、速い!!)トンッ…

一方通行(跳躍力も常人の比じゃねェ……)

一方通行(なら、向こうからきてもらうか)

一方通行「どォした? 怖じ気づいたかァ?」

新一「何を……! やるぞ、ミギー!」ダッッ

一方通行(ミギーだァ?)

ミギー「良いのか!?」

一方通行(!!!?)

一方通行「……あ?」

新一「はぁぁあああ!!」ガッ

新一「……ッ!」

新一「はね返された……!?」

一方通行「おい……オマエら。話を聞かせろ」

新一「は?」


新一「かくかくしかじか」

一方通行「人間を喰う寄生生物か……」

新一「信じられないか?」

一方通行「いや、別段驚く様な事じゃねェな。その右手っつゥ証拠もあるしな」

ミギー「そうか」

一方通行「それよりよォ……」

新一「?」

一方通行「面白ェな……面白ェよ」

一方通行「人間を喰うだァ? ンなもン、逆に食い尽くしてやンよ。殺してやるぜ……。久々に楽しめそォだなァ! ぎゃはは! あははははははははは!!!」

新一「なあミギー。俺、正直こいつの方が危ないと思う」

ミギー「奇遇だな。わたしもそう思う」

新一「今のうちに行こう」


ーーー夜ーーー

新一「どこで寝るかな……」

青髪「あれ? 見ない顔やねぇ。どしたん?」

新一「あ、その……宿を探してて……」

青髪「それなら、ボクの家に停まっていきひん?」

新一「え? いいんですか?」

青髪「ええってええって。さ、ほな行こか」

新一「え、あ、ちょっと……」ズルズル


ーーー上条宅ーーー

インデックス「スー……スー……」

パラサイト(こいつにしよう)

ズッ…

インデックス「……ムニャ……!!?」

インデックス「とう、ま! とうまぁ……!!」

上条「んだよ、インデックス……」

インデックス「……いや、なんでもない」

上条「そうかよ。眠ぃ……」

インデックス「……」
      
パラサイト(よし。成功だ……)

ーーー朝ーーー

新一「……」

新一(眠れなかった……。何だこいつ。寝てる時にすりよってきて、気持ち悪かった……)

新一「今のうちに出ていく」ガラッ スタッ

青髪「ああ……上やぁん……そこは駄目やってぇ……ムニャ」



パラサイト(……しかし、どうしたんだ? 何故だ……異常に食欲がわいてくる)

パラサイト(とりあえず人間の食事でもして考えるか)

インデックス「お腹……すい……た」

上条「はいはい。今作るから」


インデックス「バクッ! ……ムシャ、パク」

上条「だーかーら。もっとゆっくり食えっての」

インデックス「……ムシャ」

パラサイト(何故だ……全く足りない!)

パラサイト(仕方ない。この人間を……)

グパァ

上条「……あ?」

インデックス「いた……だきます」

上条「ああ!? ああ、ああああ! あああぁぁぁぁああああああああ!!?」

パラサイト「」グァ!

上条「ッ!」ガッ

上条(これが……、パラサイトって奴か!!?)

ヒュン!

上条(クソ、クソ、クソ! 何でだ!? 何でインデックスなんだ!! 他にもいるだろうが!!?)ヒュッ

上条「何でだよぉぉぉぉおおおおおお!!!」バキッ

パラサイト「ぐお…」

上条(何で、よりによって、こんな! こんな!!)

上条(くそっ! まずはあいつに……)ピッ

プルルル

新一「はい。何だ? ……え」

ミギー「……なに?」

新一「『奴ら』が出た! 行くぞ!!」ダッッ!

新一「上条!!」

上条「泉!」バキ!

パラサイト「グオォ……」

新一「……おい」

上条「ハァッ、ハアッ……何だ?」

新一「いや、おかしいだろ……。色々と」

上条「何が?」

新一「いやお前強すぎるだろ!? パラサイトと互角ってどういうことだよ!」

上条「自慢じゃないが、第三次世界対戦を終わらせたこともある」

新一「へぇ……。え?」

ミギー「シンイチ! 前!!」

新一「ぐっっ……!?」ガキィ!

キン! ガキィ! ガンッ!

上条「す、すげえ……」

新一「あ、上条! コイツ、お前の知り合いなのか!?」ガッ

上条「あ、ああ! そうだ!」

新一「……『殺して』いいのか!?」

上条「え……?」

新一「パラサイトを殺せば本体も死ぬ!! 良いのか!?」

上条「まっ……待ってくれ! せめて、致命傷に留めてくれないか……!?」

新一「解っ……た! ミギー!!」ビュン

ミギー「……!!!」ザクッ!

パラサイト「」ガクッ…

上条「くっ、魔術ならなんとかできるか……?」

上条「ピッ ……神裂か!? 頼む! すぐ来てkピッ は?」

バードウェイ「おいおい……。私がいるじゃないか?」

上条「いやお前どっから湧いてきた!?」

バードウェイ「お前の隣の部屋からだ。安心しろ、隣人は人様には言えない様なことをして転がしてある」

上条「土御門ォォォォおおおおお!!!」

バードウェイ「大切な人間を失おうとしてなお、コミカル路線は捨てないのか。いい性格だな」

上条「そうだ! バードウェイ、コイツ、治るのか?」

バードウェイ「難しいな……というか、お前、私以外もわすれていることに気づいているか?」

上条「え?」

オティヌス「あきれたものだな、人間」

上条・新一「「うわっ」」

上条「ごめん忘れてた。……でもさ、オティヌスはもう、『魔神』じゃないんだろ?」

バードウェイ「ああ、そうだったな。それと、魔導図書館……インデックスか。助かるぞ、これは」

上条「本当か!?」

バードウェイ「ああ。ようは、この気持ち悪い妙な奴の細胞だけを死滅させれば良い。簡単な事だ」ヒュッ


上条「そうか……!」

パァァァ

インデックス「ん……うぅ……」

バードウェイ「あとは、高速で細胞分裂、成長。本来の状態に戻せばOKだ」

インデックス「とう……ま……?」

上条「インデックス……!」

新一「す、すごい……何だこれ……」

ミギー「……、」

ミギー(何だ……何なんだ!? この人間達は……!!?)

新一(おいおい……待てよ。こんなの、反則だろ? もう、パラサイトにのっとられたなら、死ぬしかないんだ! 殺されるしかないんだ!)

新一(ふざけるなよ……。こんな! 人の命なんて、簡単に……)

新一(……いや、解ってる。嫉妬だ。これは……)

新一(救えなかった俺の、救えてしまった上条への)

新一(俺だって、出来れば助けたかったんだ。だから……上条を責めることなんて、出来ない)

新一「もう母さんは死んだんだ……乗り越えなきゃ」ボソッ

ミギー「『魔神』? 『魔導図書館』? ……なんだ? それは一体……」

オティヌス「私が説明しよう。……というか、お前も何なんだ?」

ミギー「そちらの話が終わった後に」



上条「好奇心旺盛な方々の説明合戦は、正午過ぎまで続いた」

ミギー「……ふむ。『魔術』、か。人間というのは、本当に興味深いな」

オティヌス「『魔術』でも『科学』でもない、『パラサイト』……。いや、そちらの方が興味をそそられるよ」

新一(だ、駄目だ……。話についていけない)

上条「じゃ、とにかく。また何かあったら……、ってお前寝るところあるのか? あと、いつまでここにいるんだ?」

新一「ああ……。ここには、強い力を持つパラサイトがいるらしいんだ。そうだよな? ミギー」

ミギー「うん」

新一「だから、そいつを殺すまでは帰らないつもりだ」

上条「じゃあ、それまでここに住めよ」

新一「え?」

上条「そんで、とりあえずうちの学校に通え。昼間に歩いてると補導されちまうからな」

新一「じゃあ……お言葉に甘えさせてもらうか」

ミギー「その方が良い」

上条「決まりだな! ……って! 登校時間すぎてんじゃねえか!! 行くぞ泉!」ダッ

新一「あ、ああ!」ダッ

バードウェイ「……おい魔神」

オティヌス「なんだ?」

バードウェイ「あいつ、そろそろヤミ金にでも手を染めそうだよな」

オティヌス「だがそれでも『不幸だ』でのりきるのがアレのすごいところだ」

コナン「毛利蘭と毛利蘭のファンは死ね!」

阿笠「新蘭キモイ 」

元太「新一×蘭キモい」

コナン「蘭ファンキモい」

光彦「蘭が好きなやつは韓流ドラマが好きなクソババア」

コナン「毛利蘭キモスギワロタwwwwwwwwwwwwww」

小五郎「毛利蘭死ね!キモい蘭」

園子「毛利蘭 コンクリート女子高生」

青子「毛利蘭 ブサイク 不人気 需要なし 早く死ね 消えろ」

快斗「毛利蘭のファンであるクソババアどもは早く消えろ 新蘭キモスギ うんこカップリング 菅野智之」

コナン「蘭キモい 蘭ブス」

光彦「不正投票でたった一週間で4位から1位になった毛利蘭と毛利蘭のファンキモスギワロタwwwwww」

元太「蘭ファンは首吊れよwww塩酸かけられろwwww蘭ゴリラ」

ーーーとある高校ーーー

新一「泉新一です。よろしく……」

月詠「はーい。それでは皆さん、さっき上条ちゃんの言った通りなのですよー」

月詠「今日から泉ちゃんがこのクラスに加わりますよー」

生徒「「「はーい」」」

吹寄「この時期に転入……?」

青髪・土御門「「か、かみやん……。ついに男までも……ゴクリ」」

上条「殺すぞお前ら。……っつーか、土御門お前、バードウェイに何もされてねーのか?」

土御門「むしろされてみたい気もするけどにゃー。あの女がいきなり来た時は驚いたけど、普通に暮らしてぜい」

上条「いつ来たんだ?」

土御門「一週間前」

上条「なぜ気づかなかった俺……?」

青髪「というか、この間家に泊めてあげた子やん!」

新一「ああ。その時はどうも」

姫神「ふふ。こうして。私の影はどんどん薄くなっていく」

ーーー昼休みーーー

ワイワイ ガヤガヤ

青髪「いやぁ、まさかまた会うとは思ってへんかったよ」

新一「そ、そうだな……」

上条「あ、そういや、お前の飯……」

新一「大丈夫だ。金は持ってきたから」

上条「そうか」ホッ…

土御門「そういえばかみやん。金髪碧眼の美少女との同棲にはなれたかにゃー?」

青髪「」ガタッ

新一(ああ……あの小さいのか)

上条「その言い方は止めろ! まるで上条さんが家に女つれこむ様な暴漢みたいに思われるから!!」

青髪「てめええ! 今度は家に外人さんつれこんでんのか!? 今度こそ殺してやらぁぁぁああああああ!!!」

上条「待って! 青髪お前関西弁が剥がれ落ちてるぞっていうかヤメロ誤解だ!!!」

土御門「毎晩毎晩かみやんの部屋からはそれはそれは艶やかな声が……」

上条「はぁ!? 盛ってんじゃねえこの野郎!」

青髪「つまり。同棲は本当だと」

上条「……ぁ」

青髪「OKもうクラス中のお盛んな高校生男子諸君にメールは一斉送信したで」

青髪「『リア充を駆逐せよ』、と」

上条「……」チラッ

男子生徒「「「コロス……」」」ゴゴゴゴゴ

上条「不幸だぁぁぁアアぁぁァァァああああああ!!!」


ミギー「シンイチ」

新一「何だ、ミギー?」

ミギー「……平和だな」

新一「……、ああ……」

ーーー放課後ーーー

新一「はぁー……。お前のクラス、賑やかだな」

上条「賑やかすぎんのも困るけどな」ハハ…

新一「はは。確かにな」

上条「……、」

新一「あ? どした?」

上条「いや……。最近……一週間くらい、ビリビリを見ねえなと思って……」

新一「ビリビリ?」

上条「ああ、体から電撃を出す中学生だ」

新一「この街ってイカれてるな」

上条「……まあな」ギリ

新一(……? なんだ、なんでコイツはこんなに悔しそうな顔してるんだ……?)

新一(まるで、大切な何かを守れなかったような……)

新一(そう。あの時……母さんを殺された時の俺みたいに)

ミギー「もしかして、『仲間』にやられたんじゃないのか?」

上条「笑えねえ冗談だな……。ま、あいつが簡単にやられるとは思わないし、帰りうちだろ」

ミギー「確かに、流石に私達でも電撃には耐えられないからな」

上条「だろ?」



黒子「お姉様ー!」ダキッ

御坂「あ、黒子」

黒子「!!?」

黒子(お姉様が拒否なさらない!? これは一体……!?)

黒子(でもまぁ、お姉様と戯れられるなら、黒子はそれでいいですの)ウヘヘ

御坂「……、」

御坂(よし。この体の操縦方法は大体解った。一週間じっくりと学んだ甲斐があったな)

御坂(……となると、だ。そろそろ……)

黒子「お姉様ぁ~♪」スリスリ

御坂「最初はコイツだな」

黒子「へ?」

グバァ!

黒子「……お、姉……様?」

パラサイト「」ワラッ

黒子「ひ、ひぃぃ……」



バクッ

ーーー1週間前ーーー

パクン

御坂「次こそは……必ず……ムニャ」

パラサイト(コイツニシヨウ)ニュル

御坂「ムニュ……ムゥ」バチッ

パラサイト「!?」サッ

パラサイト(ナンダ……? 微弱ナ電気ヲ放出シテイルノカ?)

黒子「ウニュ……? ッ! む、虫! おのれ私のお姉様に近づくんじゃありませんの!!」

パラサイト(マズイ!)

御坂「うる……っさい、黒子!」ビリィッ!

パラサイト(! 電圧ガ1点ニ集中シテイル! 今ノ内ニ……針の様ニ細クナッテ……)ズッ…

御坂「痛ッ!? ……何? 今の虫に刺されたのかな……。ま、大丈夫でしょ。眠……ッがァ!?」

黒子「ど、どうなさいましたお姉様!!?」

御坂「が……ぁ、アあ……ッ。……ダイ、ジョうブ……だ」

黒子「? それならいいのですが……。おやすみなさいませ」

御坂「おヤ……すみ」

パラサイト(成功ダ……)

ーーー現在ーーー

上条「それでさぁ、俺10032回殺されたんだよ」

新一「すごいな……」

ミギー「ん……」ピク

新一「どうした?」

ミギー「シンイチ……『仲間』だ」

新一「何!?」

上条「またかよ!?」

ミギー「近づいてくるぞ!」

ザザザザザザ!

ミギー「! 上だ……ッ!」

ッッッドン!

上条「げほ! かはっ、けほ……」

浜面「ははは! 大将、元気か?」

上条「浜、面……!?」

浜面「ま、元気とかなんとかどうでも良いか! アンタ今から……」グパ

浜面「食われんだしさぁ」ファフ…

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2015年01月17日 (土) 19:10:44   ID: CZBiKe3L

きっと21は不細工でどうしようもない三十路すぎのニートなんだろうな。この負け組が!

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom