日向・苗木・左右田「「「運命の人発見装置?」」」モノクマ「そうだよ!」 (151)


・このスレはダンガンロンパの二次創作だよ!!
・ダンロン、スーダン、ダンゼロ、ダン切、絶絶のネタバレがあるよ!
・通常ではあまり考えられないCPが成立する可能性があるよ!!
・主人公は苗木くん日向くんモブの三人だよ
・アッー!な展開にはならないよ?………多分ね


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1414257748





希望ヶ峰学園―体育館




???「うぷぷ、うぷぷぷぷぷぷぷぷぷ!!」

???「ぶひゃーっ、ひゃっひゃっひゃっひゃ!!とうとう完成したぞ、この悪魔の機械が!!!」

???「名付けて!運命の人発見装置―!!(例のBGM)」

???「………おいこら画面の前のオマエラ!今「なーんだ、ただの好感度スレか」と思ったでしょ!!このボクの発明したこの装置をただの好感度測定器と侮って貰っちゃあ困る」

???「あ、いやすみません。絶望とかそういうの抜きで謝ります。偉大なる先人様達のおかげでこのスレは成り立ってますですはい、もう何番煎じか分からないなんて絶望的です………」

???「だけどですね。私様は常々こうも思っておりました、こんな好感度の測り方で「今後」ひいては「未来」まで測れるのか?と………」

???「その「好感度」はあくまでも今のもの………その人をどう思ってるかなんてそれこそホンの些細な事で変わってしまうものです、親子だろうが親友だろうが恋人だろうが………絶望的ですねぇ」

???「つー訳でよ。私様の作ったこの機械は過去も、今も、未来も、そして運命まで測れちまう絶望的なまでに優れた装置なんだがよ?未だ人体実験には至ってねぇ訳だ」

































苗木「………だから僕達を実験台として拉致したの?江ノ島さん」

江ノ島「うぅ………こんなに早く正体がバレるなんて絶望的です………音声も変えたし、暗幕で体を覆ってるし、一見してバレないと思ってたんですけどねぇ………」



日向「いや、音声が変わっててもあんな喋り方してモノクマ両腕で抱いてたら誰だって分かるだろ………」

左右田「つーか俺モノクマに連れ去られたんだが………これでお前じゃなかったら誰なんだよ………キッズか?お前の姉か??………お前の姉はねぇな、モノクマをここまで上手く動かせるとは思えねぇし」

江ノ島「残念だからな」

苗木「戦刃さんは銃器とかの機械分野なら得意そうだと思うけどね………はぁ………また江ノ島さんのわがままに付き合わされるのか………」

日向「同じクラスだと苦労してそうだよな………それにしても人選が分からないな。俺、苗木は………まぁなんとなく分かるとして、左右田はどういう人選だ?やっぱ俺のソウルフレンドだからか?」

左右田「それ以上に分からねぇのが数だな。江ノ島なら全員拉致って「混沌で絶望じゃー!!」くらいやりそうなもんだが」

江ノ島「あ~、それでも良かったんだけどよ」

苗木「途中で飽きちゃわないように人数を絞ったの?」

江ノ島「いや~ん♪流石苗木きゅん、私様の事をよーく分かっててくれますなぁ。仮にもこういう場に出した以上、途中で投げ出すこたぁ出来ねぇからな。飽きたのにやめられないなんて絶望的ですね………」

左右田「要するにある程度やれば良いっていう保険じゃねーか!!」

日向「ま、まぁ今後どれだけ人が増えるなんて分かんないしなぁ………所で左右田の人選はどうしてだ?」

江ノ島「いやぁ、こことは違う世界戦に私様がちょっとアクセスした時私様が取った安価のせいでそこのモブが悲惨な目にあってな………それのちょっとしたお詫びってやつ」

左右田「え、何悲惨な事って!!その世界の俺に何があったの!!?」

江ノ島「………グスッ」

左右田「泣くな!怖いから!!」

苗木(と言うかそのスレと同じ方式ならこの世界でも悲劇を生みかねないって江ノ島さんは分かってるのかな………)

日向(苗木、逆だ。分かっててやってるんだ)








???「つー訳で最初の測定者だぜい!!↓2」

すみません、女子限定でお願いします、最安価↓2



舞園「な、苗木くん!今さっき江ノ島さんから苗木くんが悪漢に攫われたって連絡があったんですが………!!」

苗木「ま、舞園さん!!?」

江ノ島「おっ!最初のモルモットご到着~く!!」

日向「ただ好感度とかを測ったりするだけだろ………別に人体実験する訳じゃ無いんだからそう言う言い方はよせよ………」

左右田「ある意味で人体実験並みのダメージ負う可能性はあっけどな」

舞園「な、苗木くん!!?それに江ノ島さんまで!!?あ、あのこれは一体どういう事ですか?なんで苗木くんが椅子に日向先輩と左右田先輩と一緒に背中合わせでぐるぐる巻きに!!?」

江ノ島「とりあえず記念すべき第一回!!」ポチッ



舞園との「今」の好感度


↓1~6


舞園→苗木
苗木→舞園
舞園→日向
日向→舞園
舞園→左右田
左右田→舞園



舞園との「今」の好感度、

舞園→苗木 48
苗木→舞園 55
舞園→日向 95
日向→舞園 11
舞園→左右田 05
左右田→舞園 15


舞園「えっ?」

日向「えっ?」

江ノ島「ほうほうこれはこれは………」

左右田「ふーん、意外な結果だな………つーかソウルフレンドテメェよぉ………」

苗木「向こうからも悪くは思われて無いようで良かったよ………そして日向くん………」

舞園「あ、あの、日向先輩………」

日向「ま、待て待て待て待て!!!何だよこれどうなってんだ!!?」

江ノ島「興味深い結果が出たから次「過去」の好感度見てみましょうか」

江ノ島「こうなった「原因」が分かるかもしれません」




舞園との「過去」の好感度



↓1~6


舞園→苗木
苗木→舞園
舞園→日向
日向→舞園
舞園→左右田
左右田→舞園

早速こうなった原因の話を考えてますがかなり捻らなければならない展開に早速頭がバグりそうです………会話、と言うか、初期好感度からどうしてこうなったか、の話をしてから未来(運命)の測定をしますのでもう明日までお待ちを………

基本的に

①今の好感度
②過去の好感度
③なんで過去の好感度から今の好感度になったかの説明
④未来の測定
⑤まとめ
⑥次

となります


説明し忘れていましたが、お互いに85超だとイベント①90超でイベント②95超でイベント③100でスペシャル希望イベントが発生します

ざっくりで構わないから好感度の目安が知りたいな
85から上が恋愛っぽい感じに見えるけど
05みたいな低コンマだと嫌い、憎いってレベルになるのか?

再開します

>>34 憎いっつーよりそれを通り越して「関わりたくない」ですね



舞園との「過去の」好感度

舞園→苗木 38
苗木→舞園 05
舞園→日向 17
日向→舞園 85
舞園→左右田 29
左右田→舞園 53


舞園「」

江ノ島「コメントしがたすぎて絶望的だなぁおい!!つーか舞園がショックで気絶したぞ!」

左右田「突っ込みどころ満載じゃねーか!!?つーか俺過去の好感度自体それほど高くねぇ!!?いや今の俺からの好感度も17だから俺の言える事じゃねぇかもしんねぇけど日向⇔舞園間の好感度が今と真っ逆さまってどういう事だこれ!?そして舞園→苗木はまぁ普通に分かるけど苗木お前仮にも中学時代のクラスメイトの好感度05ってなに!!?」

苗木「えっ、えっとその………ほ、ほら!舞園さんはその時からスーパーアイドルで忙しくて忙しくてボクなんかと絡む暇なかったからさ………その「凄い人とクラスメイトなんだな」って位で直接関わりがあったわけじゃ………」

江ノ島「まぁ「浮く」よなぁ………んでピュアでビビリな苗木きゅんは声かけるだけで精一杯だったと」

日向「希望ヶ峰に来て少人数クラスメイト制になって関わりが前よりもっと出来てからは互の事をよく知り合えて友達になった。って具合か」

苗木「ま、まぁそんな所かな………それより日向くん、君舞園さんの事………」

日向「………正直ファンだったよ。何回かライブにも行ってる………」



舞園「なんで、どうして………!!あの日自分の身を呈して私を守ってくれた日向先輩はどこに………」(ブツブツ)

江ノ島「あ、復活した。つーかんな事あったのかよオマエラ」

日向「ああ、まぁ。街に出かけた舞園が絡まれてる所をちょっとな………でもそっからが、その………」










舞園「どうして………!?週5は必ず夕御飯の1品を差し入れに、部屋に上がらせてくれた時は隅ずみまで掃除を掛けてピカピカにして、エッチな本には一切手をつけないでおく気配り具合。ライブがある際には毎回必ず特等席を用意してるのに………!!!」




苗木「………」

左右田「………」

日向「………その、な」

江ノ島「ふっつーに「ヤンデレお断り」って言えば良いじゃんくだらねぇ」

苗木(僕ルートじゃなくて本当に良かった………)

左右田(まぁソウルフレンドと関わりのある俺はここまで知ってたから今の好感度なんだがな。舞園からの好感度が低いのは日向との関係を邪魔してっからか?むしろ俺がブレーキになってなかったらやばい事になってるっつーの)

江ノ島(そのうち針入りおはぎ食わせられそうだな………オシオキリストに追加しとこ)

日向「完全に好意だから断りにくいんだよ………」



江ノ島「まぁそんじゃあ肝心の「運命度」見てみましょっか」

苗木「確か、未来にも関わるんだっけ?」

江ノ島「イグザクトリィ!!正確には「この人とこの人は「これだけの仲良し度を保ったまま未来に進めるでしょう」って判定だな。今までが最低でもここで高い数値が出りゃあ今後結ばれる可能性もあるし、逆に今までが最高でもここで低けりゃあ台無しになる可能性があるっつー訳だ!」

江ノ島「まさに希望と絶望がせめぎ合う総合判定!結果はこのようになります!!」


安価↓1~3

苗木⇔舞園
日向⇔舞園
左右田⇔舞園



苗木⇔舞園 27
日向⇔舞園 62
左右田⇔舞園 63


江ノ島「………うわぁつっまんねー………」

舞園「人の心をここまで殺しておいてさらに追い打ちですか!?」

苗木「あ、あはは………とりあえず僕と舞園さんが結ばれる可能性は低そうかな………希望ヶ峰を卒業後は疎遠にでもなっちゃうのかな………少し寂しいな」

左右田「ま、まぁ普通のクラスメイトなんてそんなもんだろ。まして舞園は(あれでも)超高校級のアイドルなんだし」

舞園「私苗木君の事は忘れません!!(ニコッ)」

江ノ島(どうしよう、コロス前の宣言にしか見えん)

日向「俺と左右田の数値が1違いか………左右田、俺の為に………!!」

左右田「何を感極まってるのかしらねーけど違うからな?」

江ノ島「んーとですね。この数値はあくまでも可能性の高さを示すものなので………総合で考えると、日向くんが舞園さんに押し勝った場合、結ばれる可能性はさらに低くなりますが、押し負けた場合結ばれる可能性がさらに跳ね上がります」

舞園「!!!?」

江ノ島「なのでまだチャンスはありますよ?良かったですね舞園さん(ニコッ)」

日向(この野郎!!絶対に良い意味で言ってねぇ!!)

左右田(むしろ惨劇を期待してる気がすんな………)

舞園「私、日向くんだけの女の子に戻ります!!」

苗木「日向くん、僕の大切なクラスメイトを宜しくね」

日向「なえぎぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」




江ノ島「さってと、舞園を返して次は>>48

日向「まだだ、まだ慌てるような時間じゃない………俺⇔女子間で高コンマを出せば………」

苗木(それはそれで惨劇が待ってる気がする………)

ソニア
このスレ、連投はアリなの?



>>48 無しでお願いします。ただコンマの時は別です


ソニア「who!!苗木さん日向さん左右田さん、こんな所で何を?」

左右田「うぉおおおおおおおおおおおおおお!!!ソニアさん来たぁあああああああああ!!!」

日向「ソウルフレンド声デカい!!」

苗木「そ、ソニアさんはどうしてここに………?」

ソニア「はい!私はこの教室に人の心と運命を見る事が出来るオーパーツがあると聞いて………」










田中「俺様と共にやって来たという訳だ」

日向「お、田中までいるのk「はぁあああああああああああああああ!!!?何で田中がいんだよ!!?どういう事だ説明しろ江ノ島!!」」





江ノ島「このSSでは露骨に原作が押しているトリオ、もしくはコンビがいる場合、相方が出た場合問答無用で出ます。オマエラ注意してね♪」





左右田「誰に言った誰に!!?つーかSSってなんの事だよ!!?」

田中「SSだと………!!?馬鹿な!既にこの世界は高位の神々の操り人形になって………くっ!運命の門(シュタインズ・ゲート)はどこだ!!牝猫を連れてこの次元から脱出せねば!!」

苗木「ごめん、何言ってるのかさっぱり分からないや………」

江ノ島「お目当てのオーパーツだけどこれの事な?はいじゃあソニアこのボタン押してみよー!」

ソニア「いいともー!!」


ソニアとの「今の」好感度


ソニア→苗木
苗木→ソニア
ソニア→日向
日向→ソニア
ソニア→左右田
左右田→ソニア
ソニア→田中
田中→ソニア









日向(………これ、ソニア→左右田間で低コンマ出たら左右田自殺しかねないんじゃないか………?)

↓1〜6が出てへんのはミス?

まぁ左右田からの好感度も並なんでこれならそこまでダメージは無いかな

江ノ島「>>54 絶望的にミスですすみません………>>1には「絶対完結スレ主」のオシオキをしておきますね(効果、立てたスレが絶対に完結するようになる)」



ソニア→苗木 97
苗木→ソニア 54
ソニア→日向 58
日向→ソニア 58
ソニア→左右田 12
左右田→ソニア 48
ソニア→田中 95
田中→ソニア 83


苗木「えっ///」

田中「ほう………」

ソニア「す、凄いですよ苗木さん田中さん!!私の心境がそのまま数字になって出てきました!!これは間違いなく希望と絶望を測定し、数々の世界線を混沌の渦に巻き込んだと言う伝説を持つ品です!!」

苗木「た、田中くんへの好感度は予想出来てたけどソニアさん、それ以上に僕の事を………?」

田中(牝猫からの好感度が悪くない数値で………悪くない、悪くないぞ!!)

日向「そ、左右田からの好感度が平均値だと………!?」

江ノ島「日向⇔ソニア間何だよこれ!!1/10000引き当てるとかどんな奇跡だよ!オマエラ仲良しか!!」

左右田「あ~、やっぱあんまよく思われて無かったか………まぁ止むを得ねぇな」

日向「ち、違う………こんなの左右田じゃない!!

左右田「失礼だテメェ!!」





江ノ島「………まぁごちゃごちゃ考察してても意味ねぇし。過去の測ってくか」



安価↓一~8

ソニア→苗木
苗木→ソニア
ソニア→日向
日向→ソニア
ソニア→左右田
左右田→ソニア
ソニア→田中
田中→ソニア



ソニア→苗木 92
苗木→ソニア 58
ソニア→日向 78
日向→ソニア 60
ソニア→左右田 49
左右田→ソニア 04
ソニア→田中 37
田中→ソニア 26


苗木「え、えええええええええ!?」

日向「待て待て待て待て!混乱する!!何がどうなってんだ!?つーかこの数値からなんで今の数値に!!?」

田中「面白い………面白いぞ牝猫!過去と今をつなぐ架け橋でここまで混沌を呼び起こすとは!!」

左右田「お前ら落ち着けよ………一つ一つ片付けてこうぜ?」

江ノ島「モブが一番冷静とか絶望的です………つーかソニアは苗木に一目惚れっつー事で良い訳?」

ソニア「一目惚れ?いえ、あれは運命の出会いです!苗木さんが入学してきたあの日。アワレウッカリ階段を踏み外してしまった私を優しく抱きとめ、気遣い、小柄ながらにも一生懸命に私を背負い、保健室まで連れて行ってくださった苗木さんの



「大丈夫ですか」



と言う温かい言葉、笑顔。そしてそのアンテナのような髪、いたって普通な顔をしつつも人を引き付ける「何か」を感じた私は確信したのです………ああ、この人は我が国に伝わる「希望の勇者その人である」と………」

苗木「………あ!そういえば確かにそんな事があったような………」

ソニア「覚えていてくださったのですね苗木さん!いつかあの時のお礼をキチンと………」

苗木「い、良いって。そんな気を使わなくても………」

ソニア「いいえ、大和撫子は恩と恨みを忘れないと言います!是非ともいつか我が国に………」

江ノ島「流石ですねぇ、初代ハーレム属性持ちの主人公は続編主人公の女まで奪っていくと」

苗木「なんかすごく誤解されそうな事言ってない!?」

田中「特異点と牝猫の数値が若干下がっているのは………」

日向「多分だけど、ソニアが苗木とお前に構って話す機会が減ったから、か?まぁそれでも良い友達だよ。つーか数値だけで言えば田中とソニアの好感度の方が変動凄いぞ!?37→95、26→83だから」

江ノ島「差が58と57だな。半分以上上がってやがる」

ソニア「………正直最初は怪しげな黒い服に不気味なストール、しかも異世界の言葉と警戒するに十分なお方で、正直近寄り難かったのですが………なぜあそこまで動物に好かれているのかが気になり、話を分かりやすく解析していく内に田中さんの良さをたくさん見つける事が出来ました。そして確信したのです!この方は我が国に伝わる「神獣を操りし心優しき覇王」に違いないと!!」

田中「ふむ、牝猫の国にまで俺様の覇道が伝わっていたか………ふっ、どうも我が覇気は強すぎてその力を隠すことが出来ぬらしい………なに牝猫、気にするな。俺様も最初は貴様の事を世を知らぬ籠姫としか認識してはいなかったからな。関わっていく内に、だ。我が慧眼もまだまだよ………」

日向「そして一番の疑問をぶつけるぞ?左右田お前ソニアの事嫌いだったのか!?」

左右田「んあ?んー、嫌いっつーか………「興味無い」?なんか面倒臭そうな人だったし変な言動してるからさー。関わりたくねぇなって。でもソニアさんってグイグイくるタイプじゃん?入学式の時なんか俺に30回以上話しかけてきたしさ………のらりくらりと躱すなんて出来そうになかったからいっそチャラ男演じてこっちから近づけば向こうから引いてくれるかなーって。………まぁ話してく内に「なんだ普通の人じゃん」って分かったって感じかな。人を見かけで判断して遠ざけた俺の落ち度だよ………本気で後悔してる。普通に友達やっときゃよかった………恋愛相談とか乗ってくれそうだったのになぁ………」

田中「雑種貴様クズだな………まぁしかしながら牝猫の内なる良さを見抜けなかった俺様が言えることではないか………「進んだ」か「後退した」か。それが貴様と俺様の違いか」

苗木「と言うか、え!?今までのアプローチ全部演技!?」

左右田「本気で好きな人にあんなアホなアプローチかますバカどこにいんだよ………ノリでやったのも見かけで判断したのも後悔してます………ソニアさんすみません」

ソニア「………」

江ノ島「さてさて、意外とも言える過去と今がしれた所で今後の測定しましょうかねぇ………果たして苗木と田中はソニアと良い関係を続ける事が出来るのか!そして左右田は許されるのか!!運命の測定でーす!!」



安価↓1~8


苗木⇔ソニア
日向⇔ソニア
左右田⇔ソニア
田中⇔ソニア

1~8? 



の順を略したんだろ

>>79 アホですね


アホですね>>1………

苗木とソニアに何があった

すみません、とんでもないミス(安価ミスと安価>>1取り)したので

① コンマやり直す
② >>79 >>80 >>82 のコンマ数値で続行

先に3票入った方


では今度こそ


安価↓1~4


苗木⇔ソニア
日向⇔ソニア
左右田⇔ソニア
田中⇔ソニア



苗木⇔ソニア  53
日向⇔ソニア  01
左右田⇔ソニア  37
田中⇔ソニア  55


江ノ島「何とも言えねぇ数値だなおい!!絶望的じゃなくてこれむしろ残念な方だよ!!」

日向「」

???(ビクッ!!)

江ノ島「お前(はまだ出番)じゃねぇ座ってろ」

苗木「えっと………数値だけ見ると田中くんが一番良いのかな?」

左右田「苗木との差も2しかないけど………うーん、これは機械があってもなくても「分かんない」な………まぁ若干だが中は回復するの………か?江ノ島これどうなんだ??」

江ノ島「んっとねぇ………左右田に関しては微妙すぎて分からん。仲良くなれる可能性もあるけど今のままの可能性のが高いな。苗木と田中に関しては田中からソニアへの好感度が高い分田中のが可能性はあるけど苗木がソニアを好きになった場合オッズは完全にフィフティ。日向?高確率で険悪な仲になんじゃねぇの?少なくとも結べれる事は無いな。希望を1点に集中してエントロピーをねじ曲げてなんとか………」

日向「某円卓の神様に頼らなきゃいけないの!?どんだけ奇跡なの!!?」

???「まどかちゃんと聞いt」

江ノ島「お前でもねぇし外の人違いだ座ってろ」

ソニア「私、出会った時は日向さんの事を伝説の勇者だと思ってました………」

日向「なんかもう好感度が下がり始めてないか!!?」




江ノ島「さて、ソニアと田中は帰らせたから次っと」

左右田「友達になれっかなぁ………うーんどうする」

日向「なんかさっきから俺ばっかダメージ負ってる気がするぞ………」

苗木「あはは………なんか田中君からさり際に




田中「………正位置なる幸運の申し子よ………その時は我誇りと決意を持って貴様と戦おう!!………その時が来れば、の話だが」




苗木「………とか言われたんだけど………」

左右田「完全に「やめて、私のために争わないで!」のパターンだな」

江ノ島「次は>>102だぜ!!」

終里

近すぎたけどこのまま行きます。



終里「あん?なんでテメーらもここにいんだ!?」

日向「次は終里か………ってちょっと待て、ソニアのパターン考えると………」

弐大「おう、お前さん達もトレーニングか!?たしか江ノ島が監督って話じゃが………いやはや感心じゃあ!!わしらも付き合いにやってきたぞい!!」

左右田「だよな。弐大いるよな………」

苗木「と言うかトレーニングって何?江ノ島さんが監督ってどういう事???」

終里「ああ、何でも「心を鍛える精神的トレーニング」をするって話だろ?弐大のおっさんも「精神トレーニング」は普通のそれと一線を越す変わった修行で鍛えるって言ってたけどよ………それがトレーニングか?椅子にぐるぐる巻きにされて座らされてるようにしか見えねぇんだが」

日向「だったら助けてくれると助かるんだけど………」

弐大「瞑想の一種ではないのか?体を固定し心を鎮める事で精神力を高めるんじゃあ!!」

終里「えー、俺そういうの向いてねぇよ………」

江ノ島「安心しなよ………その精神(こころ)を暴いても自分を保てるか、の修行だからさぁ!!」

左右田「覚悟しろよ………場合によっては被害でかいぞ………」



安価↓1~8のコンマ


終里→苗木
苗木→終里
終里→日向
日向→終里
終里→左右田
左右田→終里
終里→弐大
弐大→終里

円卓の神様って円環の理のことか?



>>109 そうです、本当にダメな>>1だね!!


終里→苗木 42
苗木→終里 59
終里→日向 21
日向→終里 92
終里→左右田 82
左右田→終里 50
終里→弐大 36
弐大→終里 47


左右田「え?」

日向「なぁ俺切れて良いか?さっきから俺被害被りまくりじゃねぇか何だよこれ!?そしてソウルフレンドテメェええええええ!!!」

苗木「い、意外な結果だね………色んな意味で………そして日向くん君終里さんの事………」

弐大「ふむ、終里お主、わしのトレーニングそこまで好いてはいなかったのか………」

終里「何だぁ、この数値………?つーか好感度ってなんだ?旨いのか??」

江ノ島「はい待った待った。まず先に過去の測ってから議論開始な」


安価↓1~8


終里→苗木
苗木→終里
終里→日向
日向→終里
終里→左右田
左右田→終里
終里→弐大
弐大→終里

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom