男「ヤンデレのサキュバスに監禁されて精液を絞りとられ続ける生活」(32)

っての誰か書けない?

サキュバス「ふふ、ふふ……わ、私と言うものがありながら、他の女の子と、しゃ…………喋るなんて…………」

男「いや、でもちょこっと…………喋っただけだよ?それに抱きつくには構わないけど力緩めて?君力強いから」

サキュバス「だ、だめですよぉ…………だめなんです……私はあなたが居ないとダメなんですから……あなたも私が居ないとダメにしますからね……?」

男「また…………催眠なんですか?」

サキュバス「ぅ…………仕方ないですよね?あなたが悪いんです、あなたが私だけを見るようにしないといけないんです……催眠に抵抗が出来てますからじっくりあなたを虜にしていきますからね……?」

男「逃げたい……」

サキュバス「そ……そんな事言わないで…………もう決めたんですから……」

土台は出来たんだから誰か他に書いてよ

サキュバス「これから……じゃあ、まず、ベッドに座って……私の目を見てください」

男「はい」ジー

サキュバス「わ、私の事好きにな~る好きにな~る」ジー

男「……」

サキュバス「……ん」チュ

男「何故キス」

サキュバス「だ、だって…………あなたがなんの反応もしてくれないから……」

男「うん」

サキュバス「う~……うぐ……ん~!」ギュゥ

男「窮したら抱き付く君のクセは直したほうがいいよ」

サキュバス「わた、私、私のおっぱいが小さいからダメなんですか……?」

男「ダメとは言ってないよ?ただね、君以外の女の子と金輪際一生涯かけて話すなって言うのは生きている限り無理なわけで……」

サキュバス「私はあなた以外の男の人とは絶対口きかないですよ……?だからあなたも…………じゃないと……」

男「じゃないと?」

サキュバス「私だけが…………寂しい……ですもん…………」

君には期待している。
必ず完成させたまえ。

支援を送ろう、これで少しは楽になるはずだ。

頑張ってはみるが我こそはと言う者はわりかしマジで代わってくれ

男(……あ~…………そう言う事言われてキュンと来る男も居るんだよ。催眠とか使うよりも)

サキュバス「…………?」

男「可愛いな君は」

サキュバス「で、ですよね!?ですから、です、なら、他の女を視界に入れないでくださいね……!?」

男「いや、うん、だから、それは無理やわ~」

サキュバス「ならやっぱり…………調教ですよね……それ……しかないですもんね……ん!!」

男「んむ……!?」

サキュ「ン・・・チュ・・・」

男「ンム・・・プハッ・・・いきなりだな・・・」

サキュ「フフ・・・良いじゃないですか。さあ、服を脱いで・・・」

男「嫌だ・・・・・・・っていってもするんだろ?」

サキュ「はい。脱がないなら私がしてあげますね・・・まあ///これわ/////」

男「いや仕方ないよ見た目は綺麗なんだからそうなるのわ・・・」

サキュ「む・・・見た目はってなんですか!・・・フフフそうゆう男さんはこうです!」カプッ
そういって彼女は俺のいきりたつものをくわえた

男「うぐ・・・」(やばい・・・気持ちいい・・・)
何か違う・・・



サキュバス「これは……あ、あなたのためなんです……仕方ないんです……」コスコス

男「っく、ぁ……」

サキュバス「そ、そうですよね……やっぱりそうなんですよね……こうやって節操なく勃っちゃうあなたのおちんちんがいけないんですよね……」ムギュ

サキュバス「わ、私が……私が絞りとって……他の女の子を見ても、勃たなくすればいいんですよね……」シュコシュコ

男「し、絞りとるって……」

サキュバス「え、ええ……あ、あぁ、で、でも!あ、あなたがイキ過ぎて気絶してもチャームで起こしてあげますから!あ、安心してくださいねっ!」

男(い、いや……安心させるどころか、腹上死させるつもりだよね、サキュバスさん……っ!?)

サキュバス「んしょっ、んしょっ……」コスコス

男「ち、ちょ、っとっ……そ、それ、や、ばいっ、て……!」

サキュバス「んっ……腰が浮いて……気持ち良さそうに顔を赤らめて……可愛いですね……」

いいぞ、老兵は去るのみだ。あとは頼んだ

 柔らかく微笑む彼女は淫魔と呼ぶに相応しい淫らな顔だった。手淫を止めるつもりはないらしく、いきり立った彼の肉棒を撫で上げる。
 時に激しく擦りあげ、時に包み込むように優しく撫でる……強弱のつけ具合は流石淫魔といったところか、絶妙だった。

男「う、ぁぅ……」

 とうに抵抗する気力すらない彼は彼女の手による快楽に静かに沈み込んでいた。
 当然だろう。淫魔の熟練したテクニックは確かに男を快感に狂わせる。その証明に、彼はもう達しかけていた。

サキュバス「ん、っは……ふぅ……」

 健気に奉仕する彼女とは相反する、彼女の手つき。彼の弱い所は全て知りつくし、その部分ばかり執拗に責めている。
 裏筋に嫋やかな指先を這わせたり、カウパーが溢れる亀頭には掌全体で我慢汁を塗りたくり、か弱い力で押し潰す。
 場慣れした娼婦の如く、経験豊かな手淫。もはや、彼は我慢の箍は壊れかけていた。

男「く、っぅううっ……も、もう……!」

サキュバス「……い、イキそうなんですね?い、いいですよ、私の……顔に……精液、下さい……!」


男「う、ぁ……ぁうっっっ!!!」


 顔を鬼灯色に染めて愛らしい表情で自分の子種を強請る彼女の顔を見た瞬間、理性と我慢のダムが決壊した。人外とはいえ、絶世の美少女が自らの精液を発情した面持ちで求めてくるのだ。今まで踏み止まっていた彼もこれには敵わなかった。

―――――――ブビュルルルルル、ビュクッ!ビュクンッ!!

 粘度の強い黄ばんだ精液が、彼女の絹のような髪に、可愛らしい顔に、尖った耳や、口元にまで降りかかった。

サキュバス「んんぅううっ!!あ、あつぅっ……!」

後は任せた

誰か……続きを

誰か、まだなのか…

男「はぁ・・・。結局昨日は8回も絞り取られてしまった・・・」
男「いったいいつまで続くんだろうな、こんな生活・・・」

女「逃げたい?ここから」
男「そんなの当たりまえ・・・って誰だ!?」
女「サキュバスよ、私も。サキュbと呼んで」
男「いったいどこから・・・いや、そんなことより逃がしてくれるのか?」
サキュb「逃がしてあげるわ。あなたが望むなら」
サキュb「ただし貰うけど。え・い・よ・う」
男「・・一度だけでいいなら」
サキュb「契約成立」

サキュb「いただきます」
男「っ!?いきなり口でっ!?」
サキュb「ん・・おもっはよひ、おおひぃ」
男「うぉっ!舌が・・まるで蛇がとぐろを巻くみたい、根元から先っぽまでくまなく絡み付いて・・」
男「とろけるぅぅぅ!!」
サキュb「ジュポ・・ひもひぃ?ジュクッジュポッ・・」
男「あぁ・・最高だぁ・・」
サキュb「ふふ・・。このまま絞ってもいいけど」
男「んあっ!?いきなり玉を揉むな!!」
サキュb「もう少しここに溜めてからの方が好き」
サキュb「だから乳首もいぢめてあげる」
男「ふあぁ・・触れるか触れないかの絶妙な指さばきが・・もどかしいのに気持ちいぃ・・」
サキュb「でも油断してると・・・ギュッ」
男「んぐっ!!」
サキュb「抓られる」
男「んんんっ!!やめっ!!なんでっ!!」
サキュb「ふふ・・。でもその後でまたさっきみたいにフェザータッチすると・・」
男「んあぁぁっ!!さっきより敏感になってるから!!気持ちいぃぃぃ!!」
サキュb「油断してる?」
男「ひぃっ!?し、してないっ!油断してないっ!!」
サキュb「そ・・。でも抓る」
男「んがぁぁぁっ!!!」

会話だけで成り立たせるのって難しいんだな
書けるかと思ったが無理そうなので後は頼んだ

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2015年02月24日 (火) 17:14:05   ID: jfpwWKLv

他人頼みなら書くなよカス

2 :  SS好きの774さん   2015年05月09日 (土) 00:15:12   ID: TDuffnhH

じゃああああああああああああああああああああああああああっく

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom