リッケルト「グリフィス!僕は女装なんか嫌だよ!」(11)

グリフィス「すまない。資金難なんだ」

ガッツ「お前の尻は、かなり高く売れるんだとよ」

リッケルト「えっ?」

グリフィス「すまない」

リッケルト「それって!?」

ガッツ「あぁ。そう言う事だ」

リッケルト「嫌だ! 嫌だよ! 酷いよグリフィス! ガッツ!」

グリフィス「すまない。出来る事なら、俺達が代わってやりたいんだが……」

ガッツ「残念ながら、客は初物を要求してるんだとさ……」

リッケルト「えっ? ……初……物?」

グリフィス「あぁ。俺とガッツは……」

ガッツ「恥ずかしながら、もう中古品だ」

リッケルト「…………」

グリフィス「だから、この仕事を任せられるのはリッケルト。お前しか……」

リッケルト「まっ、待ってよ! グリフィス!」

グリフィス「リッケルト。残念だろうが、諦めてくれ」

ガッツ「あぁ。黙って天井のシミでも数えてりゃ、案外早く終わるもんだぜ」

リッケルト「違うよ。えっと……あの……そうじゃなくて……」

グリフィス「ん?」

ガッツ「何だ? リッケルト」

リッケルト「……僕……」

ガッツ「?」

リッケルト「……僕。初物じゃない……」

グリフィス「……え?」

リッケルト「…………」

ガッツ「……おい。冗談だろ?」

リッケルト「……冗談じゃない」

グリフィス「どういう事だ? リッケルト?」

リッケルト「…………」

ガッツ「リッケルト……」

リッケルト「こっ、この前の夜……」

ガッツ「…………」

リッケルト「……お酒に酔ったコルカスに、無理矢理……」

グリフィス「……コル……カス?」

ガッツ「……あの……バカ……」

リッケルト「…………」

グリフィス「リッケルト。それは本当なのか?」

リッケルト「……うん。ごめんなさい」

ガッツ「チッ」

グリフィス「…………」

リッケルト「グリフィス……」

グリフィス「マズイな」

ガッツ「あぁ。マズイ」

リッケルト「え?」

ガッツ「客にはもう、初物の尻を用意したって伝えちまってるんだ」

リッケルト「そんな……」

グリフィス「…………」

ガッツ「今更、初物は無理ですじゃあ、話が収まらねぇよな……」

グリフィス「あぁ。鷹の団の信用にかかわるだろうな……」

リッケルト「…………」

グリフィス「……仕方がないな」

ガッツ「?」

グリフィス「質はかなり落ちるが、ここはコルカスに責任をとってもらう」

ガッツ「……マジか?」

グリフィス「あぁ。リッケルト。コルカスには、入れられただけだな?」

リッケルト「えっ?」

ガッツ「お前はケツを貸しただけで、コルカスにナニを突っ込んでねぇんだろって事だ」

リッケルト「うっ……うん……。僕は、まだ童貞……」

ガッツ「そうか。ならコルカスは、たぶんまだ処女だ」

グリフィス「よし。それならいい」

リッケルト「…………」

ガッツ「……でも、本当にコルカスでいいのか? アレはさすがに客に失礼じゃ……」

グリフィス「だが、他に方法も無いだろう?」

ガッツ「そらぁ、まぁな……」

リッケルト「……コルカス……」

その夜

ガッツ「ほらよ。注文の品だ」

ドサッ

麻袋「フガーッ! モガーッ!」

貴族「ほっほっほっ。これはイキが良いですなぁ」

ガッツ「あぁ。なるべく薄暗い場所で使ってくれ」

貴族「ほっほっほっ?」

麻布「もががーっ!? ほがーっ!?」

………
……


コルカス「アーッ!」

………
……


ジュドー「……やれやれ。隠れてて正解だったな」

ピピン「…………」

キャスカ「おい。何があったんだ?」

ジュドー「ごめん。言えない」

キャスカ「……?」

おわり

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom