妹「私はあなたとは違いますから」 (20)

妹「お野菜とか食べなくても大丈夫な体ですから」

兄「そうかそうか、分かったから食べなさい」

妹「いやいいんで…ホント結構なんで」

兄「なるほどなうん、よく分かった…はい食べなさい」

妹「いいって」

兄「食べなさい」

妹「いらねぇつってんだろ!!!!」

兄「アァッ!!??ネジ込むぞテメェボケカスコラッ!!!!」

妹「やってみろや!!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1411928993

兄「上等じゃオラッ!!」ガバッ!

妹「ムグッ!?」ジタバタ

兄「味わえ!!しっかり味わって食え!!!」

妹「ムグッォ!?ムグムグ!!」ゴクッ

兄「うまいか!!うまいだろ!!」

妹「まじゅい!!!!」

兄「そうかうまいか!!よかったよかった!」

妹「ふぇぇ……ピーマン苦いよぉぉ」

兄「体に良い証拠だ!」

妹「……お兄ちゃんのバカッ!ジェイソンに八つ裂きにされて死ねっ!!!」ダッ

兄「おい!忘れてるぞ!」

妹「ごちそうさま!!!」


ガチャ バタン!!



兄「……まったく」

ーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーー
ーーーーーー

兄「と、言うことなんだが…もうあいつも子供じゃぁ無いんだ、そろそろ野菜嫌いを何とかしたい」

女「…なるほどね」

兄「何か妙案でも無いものか…」

女「…やっぱり…好きになってもらうのが1番手っ取り早いんじゃないの?」

兄「…好きになってもらう…か」ウーン

女「………ねぇ」

兄「ん?」

女「私って料理得意じゃない?」

兄「お、おう?」

女「得意なのよねぇ…うん…とっても」

兄「…………」

ーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーー
ーーーーーー
自宅

兄「ただいま」

トタタタッ

妹「おかえりなさ…誰?」

兄「あぁ…えっとな」

女「こいつのクラスメイトですっ!始めまして妹ちゃん!!」

妹「…………」

女「あ…あれっ?」

兄「…悪いな、人見知りなんだ…ほら、返事」

妹「……始めまして」

兄「よし、ほら…上がってくれ」

女「う、うん」

ーーーーーーーーーーーー

兄「今日は彼女がメシを作ってくれるそうだ」

妹「…どうして?」

兄「お前の野菜嫌いを克服させるためだよ」

女「楽しみにしててね!…逆に大好きにさせてあげるから!」

兄「だとよ」

妹「……………」

兄「まぁ…よろしく頼むよ」

女「うん!まかせてね!」

女「じゃあ早速台所借りるね」

兄「ああ」




女「……あれ…油は?」

兄「…!そうだ切れてたんだった…忘れてた」

女「ありゃりゃ…材料はさっき買ってきたけど」

兄「油が無いと始まらないな…よし、買ってくる」

女「私が行こうか?」

兄「いいって…買ってくるまでゆっくりしててくれ」

女「うん、わかった」

兄「じゃ…行ってくる」



妹「……………」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーー

女「……行っちゃった」

妹「……………」

女「二人っきりになっちゃったね…あはは」

妹「……………」

女「……………」


シーーーン


女「えっと…あ、あのさ」

妹「………なんですか?」

女「……あいつとは…仲いいの?」

妹「……はい」

女「そ、そうなんだ…うん…よかった」

妹「……………」

女「……………」

女「そ、そう言えばあいつ…バッテラ好きなんだってね!今日も買って来たんだよ!…おっさんかよって…はは」

妹「…………」

女「…妹ちゃんは何が好きなの?」

妹「…………ハヤシライス」

女「え!本当に!?…私も私も!!美味しいよね!ハヤシライス!」.

妹「………」

女「今日作るのはハヤシライスじゃないけど…今度楽しみにしててね!」

妹「…………」

妹「………あの」

女「ん?何?」

妹「…お兄ちゃんとは…付き合ってるんですか?」

女「!!??ち、違うよ!そんなんじゃないって!!」

妹「………本当に?」

女「ホントホント!!学校じゃいつも妹ちゃんの事ばっかり!私の事なんか見向きもしてくれないんだから!」

妹「!」

女「……羨ましいくらいだよ…妹ちゃんが」

妹「………えへへ」

女「…………」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーー

兄「今日はありがとな…美味しかったよ」

女「気にしないで!私も妹ちゃんと話せて楽しかったし」

妹「……………」

兄「……あんなにうまそうにこいつが野菜食ってた姿、初めて見たぜ」

妹「……美味しかった。です」

女「そっかそっか!よかった!」

兄「…じゃあ、俺は片付けやっとくから…妹、近くの駅まで女を送ってやってくれ」

妹「うん」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーー



コツコツコツコツ



女「ごめんね、送って貰っちゃって」

妹「…いえ」

女「それにしても…本当に仲イイよね…あいつと妹ちゃん」

妹「…べ、別にそんなことは」

女「…さっきの食事中も…完全に2人の世界だったし…私空気だったなぁ…」

妹「……………」

女「いいなぁ…本当に羨ましい…」

妹「…好きなんですか?」



ピタッ



女「……………」

妹「……………」

女「……好きだよ、すごく」

妹「………」

女「だからあなたがうらやましい…いっつもあいつと一緒にいれるあなたが」

妹「…………」

女「だから………ねぇ妹ちゃん…あのさ…」







女「その居場所…譲ってくれない?」スッ…



ゴスッ!


ドサッ…







ゴンッ!!ガンッ!!


バキバキ!!メキャッ!!!


グシャッ…!!!

ーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーー
ーーーーーー
自宅



ガチャ


兄「おう、おかえり」




妹「ただいま」





兄「ちゃんと送ってくれたか?」

妹「うん」

兄「そうか、風呂沸いてるから入っていいぞ」

妹「うん、ありがとう」

兄「おう」


ーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーー
ーーーーーー



女「」



ポツ……ポツポツ


女「」


……ザァァァァァァァァァァァ


女「」








女「」ギョロッ…!




このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom