春香「プロデューサー最強説」(13)

千早「え?」

春香「え?じゃないよ千早ちゃん。プロデューサーさん最強説だよ」

千早「え?」

千早「最強説……?」

春香「ほら、プロデューサーさんってずっと働き詰めでしょ?」

千早「えぇ、確かに。ほとんど休みなんて無いわよね」

春香「一応休暇はあるけど、その日もなんか書類整理しに来てるし」

千早「音無さんを手伝ったりしてるわよね」

春香「先々週はやよいの家で家事手伝いでしょ?」

千早「高槻さん、喜んでたわね」

春香「その前は亜美真美と遊園地でしょ?」

千早「ジェットコースターが楽しかったって二人とも大はしゃぎしながら話してたわよね」

春香「その前はラーメンその前はジョギングその前はお菓子作りその前は迷子送迎えとせとらっ!」

千早「うん、確かに休みが見あたらないわね」

春香「それでもプロデューサーさんは……あんな感じに」ピッ





p「~♪」カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

小鳥「プロデューサーさん、この書類ここに置いておきますね」

p「あぁ、ありがとうございます」








春香「鼻歌混じりに仕事……」

千早「元気そうね……」

春香「で、こないだもしかしたらやせ我慢かと思って聞いてみたの」



p『え?疲れてるかって?いや別に?』

p『心配してくれたのか?ははは、ありがとうな春香』ナデナデ



春香「すごくにこやかに撫でられました」

千早「プロデューサー!お疲れじゃないですか!?」

p「おぉう!?」

千早「ふふふ……」

春香「撫でられたのに対してトリップするのはいいけど、話を続けていいかな?」

千早「えぇ(キリッ」

春香「この間のことなんだけど……私とあずささ「くっ」千早ちゃん?」

千早「何かしら?」

春香「名前出しただけでくやしがるのはやめよう?」

千早「そうね、きっとプロデューサーも小さいの好きよね」

春香「並くらいが好きだと思うけどなぁ」

春香「で、あずささんとグラビア撮え「くっ」千早ちゃん?」

千早「あぁ、ごめんなさい……話を続けて」

春香「グラビア撮影に行ったんだよ。ほら、こないだの」

千早「あぁ、1ヶ月位前のね」

春香「あずささんの撮影シーンで水辺に寝転がるシーンがあってね?」

千早「くっ」

春香「千早ちゃん?」

春香「千早ちゃん、そんなにくっくくっく連発してもキャラは立たないよ?」

千早「?」

春香「あぁ、無意識か……で、そのシーン実際に水辺でやったんだよね」

千早「この寒いのに?」

春香「なんか手違いがあったみたいでね、小さな袋とじだし五枚位で終わるって話だったから我慢したの」

千早「私寒いの苦手なのよね」チラッチラッ

春香「プロデューサーに視線を送っても暖めてはくれないよ?」

春香「でも生憎の海でさ、荒れに荒れてたんだ」

千早「それは危険ね……プロデューサーはどうしてたの?」

春香「私達に風邪を引かせないように豚汁を作りながらストーブたいてゆたんぽ作ってた」

千早「あぁ、プロデューサー特製豚汁のことね」

春香「あれ美味しいよねー」

千早「本当に美味しいわよね」

春香「冬場の現場に行くと必ず出てくるんだよね」

春香「話戻すよ?」

千早「えぇ」

春香「で、ちょっとだけ目を離した隙になんかちょっとした津波が起きてあずささん流されちゃったの」

千早「えぇっ!?そ、そんな軽いノリで話していいことかしら!?」

春香「水着のまま流されて、残ったのはビキニの上だけ」

千早「……つまり?」

春香「ポロリどころかモロリ」

千早「oh……」

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2015年07月21日 (火) 17:18:47   ID: 0BpyODCh

るのゆな

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom