ラディッツ「ご、悟天だと…?」(36)

孫悟飯「そうじゃ。お前さんの名前は、今日から孫悟天じゃ」

ラディッツ(幼少)「ふ、ふざけるな…!俺の名前はラディッツだ!」

孫悟飯「地球で暮らすからには、地球人としての名前を持たなければならん。ちなみに、この子の名前は悟空じゃからな」

カカロット「おぎゃああぁ」

ラディッツ「勝手に決めるな!このジジイ!!」

孫悟飯「ほっほっほ、嫌なら力づくで止めさせてみるんじゃな」

ラディッツ「く…!(くそ…!サイヤ人の戦士であるこの俺が……こんな地球人のジジイに手も足もだせんとは……!)」

――惑星ベジータで戦士としての修業を積んでいたサイヤ人、ラディッツ。

いつものように他の星への侵略行為をしていたある日

強烈なテレパシーのようなものがラディッツの頭の中に響いた


嫌な予感がしたラディッツは侵略行為を中断、急ぎ惑星ベジータへと戻っていった

悟空「…」スヤスヤ

ラディッツ(…ふん、人の気も知らないで、ぐっすり眠ってやがる)

孫悟飯「ほほ、かわいい寝顔じゃのお」

ラディッツ「カカロットに近寄るな!ジジイ!!」

孫悟飯「ジジイなんて乱暴な呼び方はよさんか」

ゴチンッ

ラディッツ「ぐっ…」

孫悟飯「せめて、じっちゃんと呼ばんか、じっちゃんと」

ラディッツ「ふざけるな………クソジジイ」

孫悟飯「むう。随分と気の強い子供じゃな…まあ、良い」

孫悟飯「ほれ、飯を用意したぞ。何も食っとらんのじゃろ」

ラディッツ「…! か、下等生物の飯など食えるか!!」ギュルルル…

孫悟飯「…ほっほ、腹は正直なようじゃな」

ラディッツ「ぐ……ぬ…」

ムシャムシャ ガツガツ

ラディッツ「………いつか殺してやる」ムシャムシャ

孫悟飯「ほいほい」

孫悟飯「…それで、お前さん達は何者なんじゃ?空から落ちてきたが………空にも人は住んどるのか?」

ラディッツ「…貴様に話す事などない」

孫悟飯「かわいくない子供じゃの」

孫悟飯「…お前さんの親御さんはどうしたんじゃ?また別の場所におるのかの?」

ラディッツ「………」ムシャムシャ

孫悟飯「………むう」

ラディッツ(…親父め……カカロットを見捨てて逃げたのか…?それとも惑星ベジータで死んだのか…?まあ、今となってはどうでもいい事だ……)

ラディッツ兄弟が孫悟飯に拾われて数日が経った

ラディッツは相変わらず悟飯に心を許さず、好きあらば命を狙おうとしていた…


孫悟飯「ふんふふふーん…♪」

悟空「だぁだぁ」

ラディッツ「くたばれジジイ!」ブンッ

孫悟飯「おっと」ヒョイッ

ラディッツ「ぬ!…このっ!!」ブンッブンッ

孫悟飯「ほいほい」ヒョイッヒョイッ

ラディッツ「はあ、はあ…くそっ」

悟空「きゃはははは」

孫悟飯「おお、悟空が喜んどるぞ。もっとやれ、もっと」

ラディッツ「き……!貴様…!馬鹿にしやがって…!!絶対に殺すっ!!」

孫悟飯「ほっほっほっ」


そんなやり取りが何日も続く内に、お互いの心の距離は少しづつ縮まっていった…

それでもラディッツは執拗に悟飯の命を狙う

ラディッツ「今度こそくたばれ!」ブゥンッ

孫悟飯「鈍いのぉ」パシッ

ラディッツ「く……くそ…!」

孫悟飯「動きに無駄が多すぎるんじゃ。そんなんじゃ、寿命の方が先にわしを殺してしまうな」

ラディッツ「……!ぐぬぬ…動きに無駄が多いだとぉ…?」

孫悟飯「こういう時はじゃな。こうして…こうするのが……」

ラディッツ「…」

ラディッツは無意識に、孫悟飯に修業をつけられていくのであった

悟空も成長し、自分で歩き始めるようになった頃…

ラディッツ、そして孫悟飯に危機が訪れる


ラディッツ「…ジジイ、帰ったぞ」

孫悟飯「おう、初めての狩りはどうじゃった」

ラディッツ「…ふん、ここらの獣なんかに俺が手こずるとでも思ったか」ドサッ

孫悟飯「おお、結構な大物を仕留めたの」

ラディッツ「……ん?ジジイ、カカロットは何処だ?」

孫悟飯「おや?悟空ならさっきまでそこにいたんじゃがな」

ラディッツ「まさか、外に出たのか!?」

孫悟飯「かもしれんな。わしもちょっと離れておったからな…」

ラディッツ「馬鹿め!!」

孫悟飯「!?な、なんじゃ?大きな声をあげて……」

ラディッツ「今夜は満月なんだぞ!!」

孫悟飯「え?あ、ああ。確かそうじゃったな…だが、それがどうしたんじゃ?」

ラディッツ「もし、カカロットが月を見たとしたら……!!」


「グオオオオーーッ!!!」

ラディッツ「!」

孫悟飯「!?なんじゃ???」

ラディッツ(マズイ…!!)ダッ

孫悟飯「こ、こりゃ!待たんか!!」

満月を見て大猿と化した悟空は、山の中で大暴れしていた

大猿「グオオオオーーッ!!」

タッタッタッ…

ラディッツ「カ、カカロット…!」

ラディッツ(カカロットの戦闘力は大した数ではないが、大猿になっては別物だ。俺で止められるか…?)

タッタッタッ

孫悟飯「な、なんじゃ!この化け物は!?こんな化け物が山におったとは……!」

ラディッツ「ジジイ!あれはカカロットだ!!」

孫悟飯「な?ご、悟空じゃと?」

ラディッツ「俺達、サイヤ人は満月を見ると大猿に変身するんだ!」

孫悟飯「サ、サイヤ人?なんじゃそれは…」

ラディッツ「後で説明してやる!今はカカロットを止めるのが先だ!」

孫悟飯「わ、わかった…!」

ラディッツと悟飯は直ぐ様、大猿悟空の背後に周り、弱点である尻尾を切断する事に成功した

ラディッツ「はあ、はあ…」

悟空「…」

孫悟飯「お、おお…本当に悟空じゃ……」

ラディッツ(…また大猿になってしまっては大変だ。この星で生きていくのに尻尾は邪魔かもしれん)

ラディッツ「…カカロット、少し痛いぞ」

ボゥッ
悟空「!」ジュッ

孫悟飯「!い、今のは…」

ラディッツ「…尻尾の切り口を焼いた。これで尻尾は生えてこない」

ラディッツ「ジジイ、俺の尻尾も切断しろ。うっかり満月を見てしまったら危ないからな」

孫悟飯「………お主、「気」を使えるのか…」

ラディッツ「……キ?」

ラディッツは悟飯に自分達が何者か、どういう経緯で地球に来たかを話した。

全てを知った上で、悟飯は改めてラディッツ達を自分の養子にすると申し出る

行く宛のないラディッツは、弟の悟空の事もあるので渋々承諾した…

孫悟飯「ほっほ、よろしくな。悟天」

ラディッツ「俺はラディッツだっ!」




悟飯に修業をつけられながら、ラディッツと悟空は逞しく育っていく。

悟空はラディッツよりも狂暴な性格をしていたが、悟飯とラディッツの躾により、徐々に落ち着きを持つ性格へと変わっていった…


それから数年後、兄弟はドラゴンボールを求める少女ブルマと出会い、様々な冒険、沢山の仲間と巡り会うのであった。

ラディッツは悟飯に自分達が何者か、どういう経緯で地球に来たかを話した。

全てを知った上で、悟飯は改めてラディッツ達を自分の養子にすると申し出る

行く宛のないラディッツは、弟の悟空の事もあるので渋々承諾した…

孫悟飯「ほっほ、よろしくな。悟天」

ラディッツ「俺はラディッツだっ!」




悟飯に修業をつけられながら、ラディッツと悟空は逞しく育っていく。

悟空はラディッツよりも狂暴な性格をしていたが、悟飯とラディッツの躾により、徐々に落ち着きを持つ性格へと変わっていった…


それから数年後、兄弟はドラゴンボールを求める少女ブルマと出会い、様々な冒険、沢山の仲間と巡り会うのであった。

――時間は大きくさかのぼる

ラディッツが弟カカロットを救う為、惑星ベジータへと向かっている間…

惑星ベジータの宇宙(そら)では、一人のサイヤ人の戦士が命をかけた戦いを繰り広げていた。


サイヤ人の戦士の名はバーダック

ラディッツ、カカロットの父親であった



バーダック「うおおおおぉーーっ!!!」

フリーザ「ほっほっほっ、中々頑張りますねぇ」

ザーボン「戦闘民族と呼ばれているだけはありますね…」

ドドリア「情けねえ部下どもが…戦闘力10000ちょっとのサイヤ人も倒せねえとはよ」

ドドリア「フリーザ様、このままでは無駄に駒を失うだけです。奴の始末は私にお任せください」

フリーザ「それもそうですね。…そろそろ見飽きた所です。ドドリアさん、あなたに任せましょう」

ドドリア「はっ!すぐに片付けて参ります」





フリーザの部下「な、なんだこいつ…!サイヤ人の癖に…」

フリーザの部下「つ、強い…!強すぎる!!」

バーダック「どけ雑魚共おぉぉっ!!」

ズドオオウッ
フリーザの部下「ぎゃああっ!!」

ドゴオオォォン……!!!

バーダック「はあっ、はあっ…!」

バーダック(フリーザはあの宇宙船にいやがる…!)

バーダック(待っていやがれ…!貴様は必ず俺が……!


「なかなかやるじゃねえか!バーダック!!」

バーダック「!」

ドドリア「下級戦士のてめえがここまでやるとはよ。驚いたぜ」

バーダック「ドドリア…!」

ドドリア「だが、てめえの独り舞台もここで終いだ。フリーザ様も見飽きたそうなんでな」

バーダック「てめえが…てめえがトーマ達を……!!」

ドドリア「ん?…ああ、その通りよ。奴等は俺様が皆殺しにしてやったぜ」

ドドリア「笑いが止まらなかったぜ!万が一にも勝てねえ相手に無駄な抵抗をしやがってよ!!奴等の必死の表情はまさに傑作だったぜ!!!」

バーダック「……………ッ」

ドドリア「はーっはっはっ!安心しなバーダック!今すぐてめえも奴等の元に送ってやるからよ!」

バーダック「ウオオオオォォァァァーッッ!!!!!!!」

―プチッ

ボウッ

ドドリア「!!?」

シュイン シュイン シュイン シュイン…!

バーダック「…」



フリーザ「!?」

ザーボン「な…?なんだ……?」



ドドリア「な……。へっ、脅かしやがって」

ドドリア「そんな姿になった所で俺様に勝てるわけがね――――

バーダック「…」シャッ

ズドッ

ドドリア「!!?…が、はぁっ……!?な、な………」

バーダック「先に逝ってろ、グズ野郎…」キィィィン…

ドドリア「ま、待…!」
ズドオオウッッッ……!!!

フリーザ「……!」

ザーボン「ば、馬鹿な?ドドリアがサイヤ人なんかに……!」

フリーザ「…」

フリーザ(まさか……あれは………!!)スッ

ザーボン「フ、フリーザ様?」

フリーザ「ザーボンさん、宇宙船を後退させなさい。私が出ます」

ザーボン(フリーザ様自ら、戦われるだと!?)

ザーボン「…で、ですが、サイヤ人ごときにフリーザ様がお出になる事はないかと。ここは私に…」

フリーザ「あなたでは相手にならないと言っているんですよ。さっさとしなさい」

ザーボン「! しょ、承知しました…」


フリーザ(あれがもし、伝説のスーパーサイヤ人だとしたら………あれの存在は許されない…!)

シュイン シュイン シュイン…

バーダック「……」

フリーザの部下「う、嘘だろ……あのドドリアさんが…い、一撃で……!!」

フリーザの部下「お、俺達が敵う相手じゃねえ…!」

バーダック「……」

バーダック「一度しか言わねえから、よく聞け」ギロッ

フリーザの部下「「「!!!!!」」」

バーダック「俺に消し飛ばされたくなけりゃ、さっさと道を開けろ」

フリーザの部下「ひ、ひいいぃぃっ!!!」


ザザザザッ

バーダック「…」

バーダック「出てこい!フリーザァァァ!!!」


宇宙船を見上げ、バーダックは叫ぶ

ゴオオオォォ…!

それに応えるように、小型のマシンに乗ったフリーザがバーダックの前に現れる

フリーザ「…」

バーダック「フリーザ…!」


パチ パチ パチ パチ…

フリーザ「ほっほっほっ…いや、お見事でしたよ。バーダックさん」

フリーザ「あのドドリアさんをいとも簡単に消し去ってしまうとは……さすがは、スーパーサイヤ人に目覚めただけはありますね」

バーダック「スーパーサイヤ人だと…?……どうでもいい、貴様は俺の手で殺す」

バーダック「ドドリアと一緒に、あの世でトーマ達に詫びを入れてこい!!!」

フリーザ「ほっほっほっ………。……調子に乗るなよ、サイヤ人ごときがあぁっ!!!」

ドオンッ!!!

気を開放したフリーザ、その衝撃によりマシンは破壊された


ビリビリビリ…ッ

フリーザの部下達「ひ、ひいぃ…!」

バーダック「…」

フリーザ「さあ、来い、スーパーサイヤ人!!貴様は在ってはならない存在だ!!!!」

バーダック「ぅうおおおぉぉーー!!!!」


バーダックがフリーザに襲い掛かる


凄まじい衝撃音が宇宙(そら)中に響く


フリーザの部下「な、なんだ?音だけが聞こえる…!」

フリーザの部下「ま、全く見えない………!!!」




フリーザ(こ、こいつ…!私の動きが見えているだと…!)

バーダック(殺れる……!今の俺ならこいつを……!!!)

暫くの攻防の後、フリーザとバーダックは距離をとる

シャッ

フリーザの部下「あ、あそこだ!」

フリーザ「…」ッ…

バーダック「はあ、はあっ…!」

フリーザの部下「う、嘘だろ!?フリーザ様が流血してる…!!」



バーダック「はあ、はあ…」

フリーザ「はあ、はあ…やりますね……この私に血を流させるとは…!」

バーダック「次は…はあ、粉々にしてやるぜ…!…はあ、はぁっ」

フリーザ「おや、お疲れのようですね?」

バーダック「…!」

フリーザ「確かに、恐ろしい戦闘力の上昇ではありますが……身体にかかる負担も相当のようだ」

バーダック(く……!力が…抜けてきやがる…!)

フリーザ「ほっほっほっ、所詮は下級戦士。目覚めた力を完全に使いきれていないようですねぇ」

バーダック「……!!」

バーダック(…頼む、俺の身体よ……!もう少しだけもってくれ…!後少しで…こいつを……

フリーザ「――今、後少し押せば私を倒せる……と思ったでしょう?」

バーダック「!」

フリーザ「まあ、私もここまで傷を負ってしまうのは予想外でしたよ。この『姿』でこのまま戦い続ければ、あなたが勝つ可能性もあるでしょう」

バーダック「……姿だと?」

フリーザ「…ニヤリ」

フリーザ「久しぶりに楽しい運動が出来ましたよ。お礼と言ってはなんですが、面白い物をお見せしましょう」

バーダック「…!?」

フリーザ「はああああぁっ!!!!」

ボコボコボコッ

バーダック「な、なんだと…!?」

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom