ツンデレ風暴力ヒロイン「えっ ぜ、全治3ヶ月……?!」(231)


友「ああ、少なくともそれぐらいは掛かるそうだ」

暴力ヒロイン「う、うそ……」

友「あいつが、男が目標に頑張っていた一ヶ月後の大会もパーだ」

暴力ヒロイン「そんな……」

友「……今回ばっかりはあいつの友達である俺も怒っている」

暴力ヒロイン「……」

暴力ヒロイン「……ごめんなさい」

友「謝る相手が違うだろ!!謝るなら男に面と向かってにしろよ!!!」

暴力ヒロイン「っ……それは……」


お嬢ヒロイン「ふん、この子には無理ですわね」

お嬢ヒロイン「この子にとっては常日頃から馬鹿にして罵声を浴びせ暴力を振るうような相手ですもの」

暴力ヒロイン「……!」

お嬢ヒロイン「そんな相手に謝るなんてこんなプライドの高い娘に出来るはずありませんわ」

クールヒロイン「……」ウンウン

暴力ヒロイン「……違う!そうじゃない!!」グズッ

優等生ヒロイン「お嬢さん!言い過ぎです!」

優等生ヒロイン「暴力さんだって男さんのことが大切なんです!ただ素直になれないから……」

お嬢ヒロイン「素直になれないから相手を意味もなく傷つけるんですの?大切な相手にあんな大怪我させるんですの?」

優等生ヒロイン「それは……」

お嬢ヒロイン「私達が男さんと接する度、あなたは男さんにキツくあたって」

暴力ヒロイン「そ、それは……あいつが、お、男がデレデレして不埒だから……」

お嬢ヒロイン「はぁ?あなたいつもいつも男さんの何のつもりですの?彼女でも無いのに!」

暴力ヒロイン「…・…っ」


お嬢ヒロイン「とにかく もう男さんに付きまとわないでくださいまし」

お嬢ヒロイン「これ以上男さんが理不尽な暴力に晒されるのは見てられませんので」

暴力ヒロイン「……っ」ブルブル

暴力ヒロイン「……ひっ……ひぐっ……」ポロポロ

暴力ヒロイン「……うっ……ひぐっ……わっわたしそういうつもりじゃなくて……えぐっ……うぇぇええん!!!」ボロボロ

優等生ヒロイン「暴力さん……」

暴力ヒロイン「おっ、男にあんな怪我させちゃって……えぇええええん!!」ボロボロ

お嬢ヒロイン「泣けば済むと思っていますの?本当に幼稚ですのね」

暴力ヒロイン「ち、ちがう…‥ひぐっ……」ボロボロ

クールヒロイン「男は毎日もっと辛い思いしてる 今は更にもっと」

暴力ヒロイン「うぇ、うぇぇぇぇん…‥!!」ボロボロ

優等生ヒロイン「暴力さん、行きましょう……男さんに……謝りに……」

-病院-

コンコン

優等生ヒロイン「男さん……?入りますね……」ガラガラ


男「……」

暴力ヒロイン「男……」

男「……」

男「……全治三ヶ月だってさ」

暴力ヒロイン「……」

男「……さっき先生と話したんだけどさ」

男「来月の大会どころかは今シーズンはもう絶望的だって」

暴力ヒロイン「……っ」

男「ははは……参ったよなぁ……俺あんなに練習してたのにさ……」

暴力ヒロイン「男……」

男「……?」

暴力ヒロイン「ごめんなさいっ」

男「え?」

暴力ヒロイン「わたし……男にこんな怪我させるつもりじゃなくて……」

男「……」

男「あんま気にするなよ」ニコッ

暴力「……え?」

男「いつもお前が俺にしてくることは」

男「お前なりのコミュニケーションだって、俺はわかってるからさ、へへ」

暴力ヒロイン「男……」ジワッ

暴力ヒロイン「(男……!私のこと許してくれるの……!?)」

男「でもな」

暴力ヒロイン「え」

男「こんな怪我までさせられたら……な……はは……」

男「なんていうかさ……流石に愛想も尽きたっていうかさ……」

暴力ヒロイン「え……」



男「すまん」




男「正直、俺もうお前の顔も見たくないわ」


暴力ヒロイン「!!!」

暴力ヒロイン「……え……うそ……」

男「だからさ、早くここから出てってくれないか」

優等生ヒロイン「男さん……」

暴力ヒロイン「(うそだ……男が私のこと……こんな風に扱うなんて……)」

暴力ヒロイン「(私……男に嫌われちゃった……?)」ガクガク


暴力ヒロイン「いや……」ボソッ

暴力ヒロイン「いやああああ!!!!!」

男・優等生ヒロイン「!?」

暴力ヒロイン「男……!!」

男「お、おおう なんだよ」

暴力ヒロイン「ごめんなさい!!ごめんなさい……!!!」

男「!」

暴力ヒロイン「謝るから!!もう絶対暴力振らないから許して!!」


暴力ヒロイン「お願い……嫌いにならないで……」

暴力ヒロイン「私を見捨てないで……」

男「……」

男「すまん」

男「許すとか許さないとかそういうんじゃないんだ……」

男「とにかくお前の顔はもう見たくな」

暴力ヒロイン「何でもするから!!」

暴力ヒロイン「男の言うこと何でも聞くから……!お願いだから嫌いにならないで……」

優等生ヒロイン「暴力さん……」






男「ん?」







男「今何でもするって言ったよね?」






.


暴力ヒロイン「……!」

暴力ヒロイン「そうよ!男の為なら何でもするわ!」

暴力ヒロイン「だから……だから嫌いにならないで!!」

男「……じゃ、えっと、りあえずジュース買って来てくれるか」

暴力ヒロイン「! うんわかったわ 何を買ってくればいいの……?」

男「……」チラッ

男「……あー、病院の自販機のやつは不味いからさ」

男「近くのコンビニで俺が飲んでるいつもの100%オレンジなー」

男「あと適当にお菓子も頼むわ」

暴力ヒロイン「わかったわ!すぐ買ってくるから!」ダッ

優等生ヒロイン「あっ病院じゃ走っちゃいけませんよ……行っちゃいました」

男「行ったか……」


?「行ったな……」ノソッ

男「ああ、これで本当にうまくいくのか?友」


友「ああ……俺のっぷっふぅwwwwww」

友「全部俺の筋書き通りだわwwwww」

お嬢ヒロイン「全く、よくこんなこと考えましたわね」ガラララ

クールヒロイン「ほんと……」スッ

優等生ヒロイン「(二人ともカーテンの裏に居たの?!)」

友「でもさぁwwwあの暴力娘にお灸を据えるのにはいい計画だったっしょwww」

友「なぁ男wwww」

男「うん……まぁ正直俺もあいつの意味の分からない暴力には困ってたしな」

男「最近は段々とエスカレートしてたし」

男「……なぁ、これ付けてないとダメか?」

友「いやいやwww男くぅんwwwそれ付けてないと意味ないっしょwwww」

お嬢ヒロイン「……ほんとよく出来てますわねそのメイク」

お嬢ヒロイン「それに知り合いの病院の病室まで借りるなんて大袈裟なことを……」ハァ…

クールヒロイン「でもお嬢もノリノリだった」ボソッ

お嬢ヒロイン「それは……まぁ本音をぶつける良い機会でもありましたので」

お嬢ヒロイン「暴力さんをこのままにしていたら」

お嬢ヒロイン「男さんが本当にこんな怪我をすることもありえますのよ」

友「そうそうwwwww」

優等生ヒロイン「でもあんなに落ち込んでる暴力さん初めて見ました……」

友「いやーwwwあれは貴重だわwwwwあの暴力娘があんな狼狽えてwwww」

男「俺もあんな暴力ヒロイン見たの、小さい時一週間くらい絶交してたの以来だ」

優等生ヒロイン「あ、あの……」


優等生ヒロイン「流石にもう真実を話してあげていいんじゃ……」

優等生ヒロイン「暴力さんも反省していたようですし……」

男「うーんそうだな」

友「それはダメダーメwwwwwwwダメダネダネフシャフシャwwwwwwww」

友「ここでネタばらししたら全て台無しwwww」

友「ネタばらししたらあの暴力娘は絶対怒り狂ってwww俺たちがフルボッコにされるだけwwww」

男「あー……それは想像出来るな、ってか考えたら確実にそうなるな……」

友「だから男wwwwお前はまだまだ暴力娘にあんな感じに接してwwww」

友「あいつが完全に大人しくなるまで調教するべしwwwwww」

男「友、お前……」

友「一番の被害者はお前だけどwwww俺もあいつの暴力食らってたしwwww」

友「幾らでも協力するから頼ってくれwwwwww」

男「あ、ああ……(そっかこいつも結構蹴り上げられたりぶっ飛ばされたりしてたな……)」

優等生ヒロイン「……」


お嬢ヒロイン「はぁ……友さんの"ノリ"には付いていけませんわ……」

クールヒロイン「同感……」

お嬢ヒロイン「まぁこれで男さんが理不尽な暴力に晒されることが無くなるなら ですわね」

クールヒロイン「うん……」

友「しっかしあいつの泣き顔傑作だったなwwww」

友「お前に顔も見たくないって言われた時のあいつwwwwwwげひゃひゃひゃwwww」

友「大体、練習とか大会とかシーズンとかって何だよwwwwwww」

友「男は部活も何もやってないのになwwwww何でそんなのもわかんねえんだよあいつwwww」

友「ヤバい過呼吸になるわwwwwwふごっふごごごっwwwwwふごごwwwふごごごごごごごwwwwwwwww」

看護師「病院ではお静かに!!!!!!」ガラッ

友「すみません」

男「……」

ガラッ

暴力ヒロイン「男!買って来たわ!」ゼェゼェ

クールヒロイン「暴力ヒロイン……」

暴力ヒロイン「あ……、みんな……来てたんだ……」ゼェゼェ

男「ああ、さっき来てくれたんだ」

男「ってかお前そんなに急いで買って来たのか……」

暴力ヒロイン「男を待たせたら悪いと思って……」

男「そっか、ありがふがっ」

友「ハイストップーwwww」ボソボソ

男「……何すんだよ?友」ボソボソ

友「そんないつもみたいに甘い言葉を漏らしちゃダーメwwww」ボソボソ

友「暴力娘を反省させるにはそういう言葉絞らないとwwww意味無いwww」ボソボソ

男「?なんでだ?」ボソボソ


友「お前ほんとアホだなwwwお前がいつものように接したらwww」ボソボソ

友「お前が許してくれたと思ってすぐ元に戻るだろwwww」ボソボソ

男「……そうか……まぁ……そうなるかな……」

暴力ヒロイン「……男?」

男「ん、ああ……そこに置いてくれ」

暴力ヒロイン「うん……」

暴力ヒロイン「男、次は何すればいい……?」

男「え、そうだな……」

男「(なんか調子狂うなー……)」

友「ほらほら男殿wwww奴隷がご主人様の命令をお待ちですぞwwww」ボソボソ

男「おいおい奴隷って……」ボソボソ

暴力ヒロイン「男?」

男「ん、うん……」タジタジ

優等生ヒロイン「……」

友「……チッ」

-次の日 登校路-

男「(友と話し合ってこの怪我人の真似は続けることにしたけど)」

男「やっぱ片腕だけだとちょっと不便だなー」

暴力ヒロイン「男、おはよう……」

男「!?」

男「お、おう おはよう (いつのまに……)」

暴力ヒロイン「あの……ごめんなさい昨日は……本当に……」

男「いいよいいよきにす、」

男「(おっと、許してないオーラで行かないといけないんだった)」


暴力ヒロイン「鞄……持ち辛いよね……」

男「え、おう あ、そう怪我のせいでな」

暴力ヒロイン「! そう私のせい……」

暴力ヒロイン「だから私が持つから貸して……!」

男「え?ああ、いいよ 鞄くらいは持てるから」

男「(ここは突っぱねたほうがいいの……か?)」

暴力ヒロイン「昨日私何でも聞くって言ったの覚えてる?」

男「え?」

暴力ヒロイン「私男の言うことならなんでも聞くから」


男「……?」

暴力ヒロイン「私が男に怪我をさせたんだから……」

暴力ヒロイン「今までのことも含めて私が全部責任取らなきゃって思ったの」

男「……!」

男「(気付かなかったけど……なんて顔をしてるんだ……)」

男「(まさか昨日帰った後も泣き続けたのか……?)」

暴力ヒロイン「だから、ほら鞄貸して」グイッ

男「お、おわ」ヒョッ

ヒロインがヘロインに見えてきた

書き溜めるから後日

友「お前ほんとアホだなwwwお前がいつものように接したらwww」ボソボソ

友「お前が許してくれたと思ってすぐ元に戻るだろwwww」ボソボソ


ほんとこれ
リアルに大怪我してもこれ

>>28
それぞれ娘とか子とかに省略した方がいい?


暴力ヒロイン「男、他に、なにかやることある?」

男「い、いや ねえよ それに今登校中だろなおさらねえよ……」

暴力ヒロイン「そ、そう、それもそうよね」

暴力ヒロイン「で、でも私に出来ることがあったら何でも言ってね、男」

男「お、おう……」ゾクゾク

男「(こんなしおらしい暴力ヒロインは新鮮というか違和感半端無いと言うか……)」

男「(とにかく落ち着かないな……)」


友「よーっす 二人とも」

男「お、友」ホッ

暴力ヒロイン「あ、友……おはよう」


友「怪我の具合はどうだ?」

暴力ヒロイン「……」

男「ん、まぁ こんなもんだな」

友「……しっかし」


友「早速鞄持たせてんのなwwwお前www」ボソボソ

男「……そんなんじゃねーよ」

男「断ったけどあいつが持つからって無理矢理取られたんだ」

友「おっほぉwwwまだ乱暴なのは変わらんようですなwww」ボソボソ


お嬢ヒロイン「皆さん、ごきげんよう」

クールヒロイン「おはよう」

男「ん、二人とも こっちからだっけ?」

お嬢ヒロイン「今日は男さんが心配なので回り道をしてきたのですわ」

暴力ヒロイン「……」

お嬢ヒロイン「あら、暴力さん 男さんの鞄を持って差し上げてるの?」

暴力ヒロイン「……そうよ」

お嬢ヒロイン「まぁ当然ですわね あなたが男さんを怪我させたのですから」


暴力ヒロイン「っ……そう」

暴力ヒロイン「だ、だから男が困ってることは全部 私が代わりにやるから……」

男「……」

お嬢ヒロイン「全部?大した自信ですこと」

お嬢ヒロイン「まぁいい心掛けですわ そうでないと贖罪にはなりませんしね」

お嬢ヒロイン「そうやって今までの罪をしっかりと償うといいですわ」

お嬢ヒロイン「まぁ いつまで続くものかわかりませんけどね」

クールヒロイン「お嬢」ボソボソ

クールヒロイン「(ちょっとやり過ぎ)」フルフル

お嬢ヒロイン「ハッ」

暴力ヒロイン「……」ブルブル

お嬢ヒロイン「……?」

お嬢ヒロイン「(前ならここで暴れて喚き散らしていたところですのに)」

お嬢ヒロイン「(……少しは進歩したようですわね)」

-学校 玄関-

暴力ヒロイン「男、はい」スッ

男「あ、ああ」

モブ「暴力さんが男に上履きを取って上げてる……?!」

モブ「何があったんだ……?」

モブ「あれっ?男くん怪我したの?」

モブ「困ってることがあったら何でも言ってね?」

ガヤガヤ

男「(困ったな しばらくこんな感じか……)」

暴力ヒロイン「お、男の世話は私が全部するから!!!」

モブs「ひっ」

モブs「(何もそんなムキにならなくても……)」

友「w」ニヤニヤ

-廊下-

暴力ヒロイン「……」スタスタ

男「(いつも以上にピッタリ付いてくる……)」

暴力ヒロイン「……」スタスタ

モブ「ヒソヒソ」

モブ「ヒソヒソ」

男「(なんか気恥ずかしいな……)」ポリポリ


不良ヒロイン「ん?オイ男!!なんだよその怪我!」

男「お、おう 不良女 この怪我は……まぁちょっとな」

不良ヒロイン「誰がやったんだ?!俺がちょっくらぶっ殺してやるから言え!!」

男「いやいやマジでそういうのいいって!大丈夫だから落ち着けって!」


不良ヒロイン「……ん?」

暴力ヒロイン「……っ」

友「……w」ニヤニヤ

不良ヒロイン「……あ」

不良ヒロイン「……ま、困ったことがあったら何でも言えよ男」

不良ヒロイン「……じゃあな」バシッ


男「……なぁ、友」ボソボソ

友「ん?wwなになにww?どしたwww?」ボソボソ

男「これ下手したらどんどん大事になっていくんじゃないか……?」ボソボソ

友「wwwww」


友「ダイジョーブダイジョーブwwww問題にはならないようにちゃんと計画立ててっからwww」ボソボソ

男「ほんとか?頼むぞマジで……」


-教室-

男「委員長 おはよ」

優等生ヒロイン「おはようございます 男さん 暴力さん 友さん」

暴力ヒロイン「おはよう」

友「おはよ」

暴力ヒロイン「お、男、教科書机に入れとくね?」

男「ああ……」

優等生ヒロイン「……」

-昼休み 屋上-

男「なー友……」

友「ん?どうした男wwww」

男「俺これちょっとキツいぞ……」

友「ちょwwww早過ぎるっしょwwww」

男「なんつーか……暴力ヒロインだけじゃなくてみんなまで騙してて」

男「罪悪感がさー……」

友「んんwwww」


男「それに何より、俺暴力ヒロインのあんなしおらしいってか……」

男「まるで怯えてるみたいな姿、見てられないっていうか……」

男「さっきの授業中でもめっちゃ気遣ってくるしさぁ……」

友「男」

男「ん?」


友「お前は優しい」


友「優し過ぎんだよ」

友「そんなだから暴力ヒロインちゃんは付け上がって」

友「お前に遠慮しないで暴力を振るうんだ」

男「うーん……」

男「でもあいつと俺幼馴染だからなぁ……俺ぐらいしか気を許せる相手が居ないのかも……」

友「男」

友「幼馴染でも親友でもやっていいこととやっちゃいけないことのラインがあるんだ」

友「本人の為にもしっかりああいうとこは矯正しておかないとダメだと 俺は思う」

男「そう……まぁそうだな……」



男「……そういや今朝は久々に不良ヒロインと喋ったな」

男「前は一緒にみんなで帰ったりしてたのにどうしたんだろうなあいつ」

友「さぁwwwwなんかあるんじゃないのwwwww?」

ガチャ

暴力ヒロイン「男!」

男「ん?」

暴力ヒロイン「よ、よかったやっぱりここに居た……」

男「……?」

男「なんだ?」

暴力ヒロイン「え、えっとそのね……」

暴力ヒロイン「うちの学校の購買部ってお昼は激戦でしょ……?」

暴力ヒロイン「怪我してる今の男には大変だと思って、ね……」

暴力ヒロイン「その……男の分のお弁当作ってきたんだけど……」

暴力ヒロイン「……もし……もしよかったら食べる……?」

男「……!?」

男「マジか……」ズキッ


暴力ヒロイン「……わ、私が作ったお弁当なんて要らないんだったら、い、いいから」

男「いや、貰うわ」


暴力ヒロイン「……」キョドキョド

男「はふっはふっ」パクパク

暴力ヒロイン「……」キョドキョド

暴力ヒロイン「(今までずっと一緒だったけどお弁当作ってあげたのなんて初めて……)」

暴力ヒロイン「(味大丈夫かな……?)」

男「……うまい」

暴力ヒロイン「え?」

男「暴力ヒロイン、うまいぞこれ」

暴力ヒロイン「!」パァ

友「……チッ」

~~~

男「ぷはぁー、うまかったわー」

暴力ヒロイン「(よ、よかった……//)」

男「お前こんなに料理うまかったんだな……」

暴力ヒロイン「//」

友「男」チョイチョイ

男「ん?」

友「あんま褒めすぎちゃダメなりよwwwwその子すぐ調子に乗っちゃうから」ボソボソ

男「あ、うーん……」

暴力ヒロイン「あの……男……?」

男「ん?」

友「……」

暴力ヒロイン「も、もしよかったら……」

暴力ヒロイン「男の怪我が治るまで、わ、私が男のお弁当作ろうか……?」


男「……!」

男「ああ、頼むわ」

暴力ヒロイン「!」 パァ!

暴力ヒロイン「う、うん!じゃ、じゃあ明日から毎日作ってくるね」

暴力ヒロイン「男の好物とか入れてくるから!」

友「……ハァ」

暴力ヒロインにはこっからドン底を味わってもらいたい
書き溜めるのでまた後日

暴力ヒロインの暴行で主人公が洒落にならない怪我をしたらどうなるんだろうって思い付きで書いてるから
みんながすぐに思い浮かぶ既存の暴力ヒロインのレベルでいいと思う

少し投下する

-廊下-

先輩ヒロイン「おや」

暴力ヒロイン「!」

男「あ、先輩 こんにちは」

先輩ヒロイン「ああ こんにちは、男くん」ニコ

男「.///」

友「ちっす生徒会長」

先輩ヒロイン「ああ、君達もこんにちは」

暴力ヒロイン「……」


先輩ヒロイン「男くん、その怪我は一体どうしたんだい?」

男「あ、いや、これはちょっとですね……」

暴力ヒロイン「……」

先輩ヒロイン「……私にも話せないのかい?」

男「(あまり事を大きくしない方がいいよな……)」


男「いや、ちょっと転んでやっちゃっただけですよ」

暴力ヒロイン「っ……」

先輩ヒロイン「そう……」

先輩ヒロイン「困ってることがあったら私に何でも言ってね」

男「ははは、先輩に迷惑は掛けないっすよ」ポリポリ

ピトッ

先輩ヒロイン「そんなこと言わないで」

男「せ、先輩……?//」カァ

暴力ヒロイン「!!!」


男「せ、せせ先輩//ちょちょっちょ近いです///」

先輩ヒロイン「本当にいつでも私を頼ってくれていいんだよ?」

先輩ヒロイン「君の頼みなら私は何でもするつもりだ……//」ギュ

男「ぁ……////」

暴力ヒロイン「せ、先輩!」

先輩ヒロイン「ん?」

暴力ヒロイン「男が困ってるからやめてください!!」

先輩ヒロイン「……」


先輩ヒロイン「(いつもなら、ここで男くんに向けてドロップキックが飛んで来て)」

先輩ヒロイン「(それを私が制する という流れのハズだが……)」

先輩ヒロイン「(……流石にいくらこの子でも怪我してる男くんにそんなことはしないか)」

先輩ヒロイン「……ふむ」パッ

男「///」ホッ

先輩ヒロイン「(……いや、この"怪我"はそういうことか)」


先輩ヒロイン「……」チラッ

暴力ヒロイン「!……」

友「……!?w」

先輩ヒロイン「……繰り返し言うけど、困ったことがあれば私に何でも言うんだよ?男くん」

男「//……ま、気持ちは受け取っておきますよ」

暴力ヒロイン「……」

先輩ヒロイン「それじゃ、また」ニコ

男「あ、はい//」


「男にあんなに馴れ馴れしくして……」ボソボソ


「やっぱり……あの女は邪魔……いずれ……」ボソッ


男「暴力ヒロイン?友?教室行くぞー」

暴力ヒロイン「……うん」

友「おう、次の授業なんだったか」

-1週間後-

暴力ヒロイン「男っおはよ!」

男「おう」

暴力ヒロイン「今日もちゃんとお弁当作ってきたから!」

男「おう」

暴力ヒロイン「今日は男の好きな物たくさん詰めてきたから」

友「お二人さんグッモーニンー」

男「おう友」

暴力ヒロイン「おはよー」

暴力ヒロイン「あ、男鞄持つわね」

男「いいよ別に普通に持てるから」

暴力ヒロイン「で、でも」

男「じゃあ命令 鞄は自分で持たせてくれ」

暴力ヒロイン「そう言うなら……」

友「……」

そのうち書き溜めて投下する、こんなの乗っ取る奴居ないと思うけどスローペースだから酉付けとく


??ヒロイン「あ、あ、お、男先輩!お、おはようございます!」

暴力ヒロイン「!」

男「ん、後輩か」

後輩ヒロイン「え、えっと!今日はいい天気ですね!あはは……」

男「え?ん……」チラッ

男「(……めっちゃ曇ってるんだけど)」

後輩ヒロイン「あ、あの!男先輩!」

後輩ヒロイン「き、今日の、ほ、放課後お時間頂けますか?!」

暴力ヒロイン「……」

男「ん?別にいいけど」

後輩ヒロイン「よ、よかったぁ……!」パァァ

後輩ヒロイン「そ、それじゃあお願いします!放課後!校門前で待ってますね!」


後輩ヒロイン「……えっとえっと、そ、それでは私今日日直なので!」タタタタッ

暴力ヒロイン「……」ジッ



友「おっほぉwww相変わらずモテっぱなしですなぁww男殿www」

男「そんなんじゃねーよ」

友「というとwww?」

男「後輩からは学校のこととか勉強とかで色々相談受けてるから」

男「少し頼られてるだけだって」

友「でもお前今まで何回相談受けてんだよwwwww」

友「あっちがお前にが気がないわけないじゃんwww」

男「いや、そんなんで俺に気があるわけないだろ?」


友「(相変わらずの朴念仁っぷりwwwwこいつマジ終わってるwwww)」

友「お前は向けられてる好意にちゃんと気付くべきwwww」

友「じゃないといつかお前痛い目に合うぞwwwwwww」

男「は、俺なんかを好きな奴なんて居るわけないだろ、アホか」

友「(こいつマジwwwwwwwwwwwwwwwww)」

男「ってかモテるって言うならお前こそだろ」

友「んwwwwww」


男「お前、この間も女子から告白されてただろ?」

男「お前は彼女作ったりしないのかよ」

友「俺はwwww心に決めた人居るからwwww」

友「wwwwww俺超一途wwwwwww」

男「ふーん、そうか」


男「ってかよくお前俺が後輩から結構相談受けてるって知ってたな」

友「親友だからwwww男のことは何でも知ってるってwwww」

男「きめえ」

友「いや実際は今みたいな感じのやりとりよく見てるだけだから……」

男「そうか」

-学校 昼休み-

暴力ヒロイン「男、はいお弁当!」

男「おう」

男「いただきます」パカッ

暴力ヒロイン「ふふっ、どーぞ」


お嬢ヒロイン「あれ以来、暴力さんはすっかり大人しくなって」

クールヒロイン「……罪滅ぼしとは言えあの献身ぶりは」

お嬢ヒロイン「くっ……認めたくないですけれども……」

お嬢ヒロイン「以前よりまるで……夫婦みたいですわ……」

クールヒロイン「うん……」

クールヒロイン「DV妻と旦那だったのが、ちゃんとした夫婦になった感じ……」



お嬢ヒロイン「……クール!私達だって負けてられませんのよ!!」

クールヒロイン「……うん、何か行動を」


お嬢ヒロイン「そうですわね……」

お嬢ヒロイン「そう、まずはライバルの手の内を知るべきですわ」

クールヒロイン「……賛成」


暴力ヒロイン「男、おいしい?」

男「ああ、うまい」

暴力ヒロイン「そう!よかった!えへへ……」デレデレ

お嬢ヒロイン「そんなに美味しいんですの?」

クールヒロイン「暴力ヒロインの作ったお弁当気になる」

男「ん?ああ、うまいぞ」

お嬢ヒロイン「1つ味見させて頂けませんこと?」


暴力ヒロイン「駄目よ、男の為に作ってきたのに!」

暴力ヒロイン「男の分が減っちゃうじゃない!」プンプン

男「……暴力ヒロイン、なんか飲み物買って来てくれないか?」

暴力ヒロイン「えっあっそうね飲み物が無いと食べにくいわよね……」

暴力ヒロイン「待ってて男!すぐ買ってくるわ!!」

ダダダッ

男「……」

男「食べてみるか、二人とも?」

お嬢ヒロイン「え、はい」

クールヒロイン「うん」コクコク

男「ほら」

お嬢ヒロイン「いただきますわ」ヒョイ

クールヒロイン「いただきます」パクッ


お嬢&クール「……」





お嬢ヒロイン「……うっぷ」

お嬢ヒロイン「(なんですのコレ……!??)」

クールヒロイン「……」モグモグ

クールヒロイン「(´;ω;`)」


お嬢ヒロイン「(男さんはこれを美味しいと言って食べてますの?!)」ガビーン

クールヒロイン「(そんな……男の味覚って……)」ガーン


男「二人とも……」


男「そうだよな、やっぱちょっとアレだよなぁ……暴力ヒロインの弁当……」

お嬢&クール「えっ?!」

お嬢ヒロイン「??男さん、どういうことですの?」

クールヒロイン「……これをわざわざ美味しいって言って食べるなんて意味不明」

クールヒロイン「それもわざわざ毎日作らせて持ってこさせるなんて」

男「ははっ、いや、これでも一週間前よりは上達してるんだぞ?」

お嬢ヒロイン「暴力さんに嘘を言ってまで作らせてる言ってる理由がわかりませんの」

クールヒロイン「うん……」コクコク

男「……いや、俺はさ」

男「あいつが俺のへの罪滅ぼしのつもりで何かやらなきゃって思ってくれるなら、」

男「とりあえず今はそれだけでいいって思ってるんだ」

お嬢&クール「……」


男「幼馴染だからわかるんだけどさ、あいつ不器用だから」

男「あいつなりにどうにか俺に許してもらいたいって色々考えたと思うんだ」

男「それで、弁当を毎日俺に作ってくることがとりあえずでもあいつの贖罪のつもりなら」

男「俺は、それを甘んじて受けようってこと」

男「まぁ、ぶっちゃけると反省させるって言っても騙してまで色んなことさせるのは気が引くからさ」

男「これが俺の落とし所って感じなんだけどな」

お嬢ヒロイン「……はぁ、そうですの」

クールヒロイン「……」

クールヒロイン「(だからってこんな危険物級のお弁当を毎日……)」

友「ふーん、へー」

男「お、友居たのか」

友「今北wwwwwwwwwww」


お嬢ヒロイン「どうやら男さんと暴力さんの関係は私達が想像してた以上のようですわね……」

クールヒロイン「うん……」

お嬢ヒロイン「でもまだ負けは決まってませんの……何か行動を…・…」

クールヒロイン「うん……」

-放課後-

暴力ヒロイン「男、そろそろ帰る?」

男「いや、俺後輩と約束してるから……」

暴力ヒロイン「……あ、そうだったわね」

暴力ヒロイン「じゃ、私先に帰ってるね」

男「ああ」


暴力ヒロイン「……」


-校門前-

男「ん?」キョロキョロ

男「(?居ないな、いつもなら先に待ってるんだけど)」

???「あ、男先輩ですよね……?」

男「ん?」


後輩友「あの、私、後輩の友達です」

男「あ、うん」

後輩友「あの、その後輩から伝言頼まれて」

男「え?」

後輩友「『放課後の予定は無しにしてください、すみません』って」

男「うん、あ、わざわざありがと」

男「(何か用事でも出来たのか?)」

後輩友「……」

後輩友「あの、男先輩……」

男「ん、何?」

後輩友「実は、後輩が今日来れないのは……」

-教室-

後輩ヒロイン「うっ……ひっぐ……ぐすっ……」

モブ後輩A「泣かないで後輩ヒロイン……よしよし……」

モブ後輩B「酷い……誰がこんなこと……」

ダッダッダッダッダダッ

ガラッ

男「後輩!」

後輩ヒロイン「……あ、……お、男先輩……ぐすっ……」

男「後輩……お前……」

後輩ヒロイン「あれっ……私、後輩友に伝言頼みましたよねっ……ひっぐ……」

後輩ヒロイン「今日は相談いいって伝わってませんでしたか……?ぐすっ……うっ……」

男「後輩……何があったんだ……教えてくれないか……?」

後輩ヒロイン「男先輩……!うぇぇぇん……うぇぇぇぇぇえん……!!」ポロポロ

後輩友「男先輩、それ……」

男「!?」

男「(ズタズタにされた女子の制服……!?後輩のか…・…!?)」

後輩友「……私達が短時間清掃でジャージに着替えてる間にこうされてたんです」

男「……一体誰が」

後輩友「わかりません……教室には誰でも入れる状態でしたから……」

後輩ヒロイン「ひっひっぐ……うっ……ぐすっ……」

男「ちくしょう……許せねえ……」

友「男、何があったんだ?」

男「友……」

友「血相変えて走って行くお前が見えてな」 チラッ

後輩「うっ……ぐすっ……」

友「……なるほど、状況はわかった」


男「くそっ……誰がこんな非道なことを……」

友「……後輩友ちゃん、失礼なのはわかってるけど」

友「……後輩ちゃんに恨みを持ってる子とか心当たりある?」

後輩友「そんな、そんなの居ませんよ!後輩はいい子でみんなから好かれています!!」

モブ後輩B「恨みは絶対無いよね、後輩可愛いから嫉妬とかかも……」

友「うーむ……」

モブ後輩A「嫉妬……、そうだよ……!先輩!」

男「……え?俺?何?」

モブ後輩A「これやったの先輩の周りの人なんじゃないですか?!!」ギロ

男「?!」


モブ後輩A「後輩と先輩が仲良くしてるのに嫉妬して!」

モブ後輩A「先輩の周りの人がこういうことしたんじゃないんですか!!」

男「ちょ、ちょっと待って意味がわからない」

モブ後輩B「……先輩、可愛い女の子達を周りに侍らせ取り巻きにみたいにしてるって言われてるんですよ」

男「え、俺そんな風に思われてるの……?!!」

友「(んんwwwwww安定の自覚無しwwwww)」

モブ後輩B「……私も先輩の周りの人がやったのかもって真っ先に考えたんです」

モブ後輩A「……そうよ、言ってしまえば先輩のせいよ!後輩がこんな目にあったのは……」

後輩ヒロイン「やめて!!みんなやめて!!!!」

モブ後輩A&B「……後輩」

後輩ヒロイン「やった人が誰でも男先輩は何にも悪くない……男先輩を責めないで……」

男「……」


後輩ヒロイン「男先輩……ごめんなさい……私……とにかく今日は……」

男「ああ……なんか……俺こそごめん」

後輩ヒロイン「男先輩、謝らないでください……!!」

男「……」

男「とにかくすまん……じゃあな……」ガラッ

友「……男」


男「……」トボトボ

友「……」

友「……あの後輩って子は俺の情報網でも悪い噂は微塵も聞かない」

友「普段の生活で他人から恨みや辛みを買うってのありえない」

友「男、俺だって考えたくもないが……」

男「……!」

友「やったのはいつもの集まりの中の誰かかもしれない……」

男「そ、そんなわけないだろ……」

友「男、俺は昔から言ってるぞ、もう少し自分の立場を理解すべきだって」

友「犯人はいつもの集まりの中にしろじゃないにしろ」

友「お前に好意を向けている人物である可能性は高い」

男「そんな……」


暴力ヒロイン「あっ男!」

男「あっ暴力ヒロイン……」

友「……!」

男「……先に帰ったんじゃなかったのか?」

暴力ヒロイン「ちょっと忘れ物しちゃったのよ」

暴力ヒロイン「もう取ってきたんだけどね」

暴力ヒロイン「それより男は後輩ちゃんと約束あるんじゃなかったの?」

男「……いや、それはちょっと無しになったんだ」


暴力ヒロイン「ふーん、そう」

暴力ヒロイン「それじゃ、一緒に帰れるわね」ニコ

男「ああ……」

友「……」

暴力ヒロイン「男、鞄持つわよ?」

男「いや、だからそれはいいって……」

とりあえずここまで・・・

いや、俺は「友」好きだぜ、俺が暴力ヒロインに感じている怒りを
「友」が代弁してくれてすっきり
ありがとう、「友」

こんな思い付きで書いてるだけの駄SSもっと肩の力抜いて読んでくれていいのよ?

~~~

暴力ヒロイン「あ、着いちゃった」

友「っとここまでか、じゃあなー」ヒラヒラ

男「おう」

暴力ヒロイン「男、明日もちゃんと弁当作ってくるからー」

男「ああ」

友「お前らご近所同士で羨ましいなー」スタスタ

男「……そういや、あいつん家ってどこなんだ?」

暴力ヒロイン「へ?さぁ?」


-翌日 登校路-

暴力ヒロイン「おはよう男」

友「うぃっす男」

男「おう」

暴力ヒロイン「今日もちゃんとお弁当作ってきたからね」

暴力ヒロイン「今日のお弁当はね……」

ヒソヒソ

男「……?」

ヒソヒソ……

男「……」チラッ

ピタッ

男「(何だ……?この感じ……)」

暴力ヒロイン「男……?」オドオド

友「男、走るぞ」


男「友?」

友「ほれ鞄貸せ、走れ!」ダッ

暴力ヒロイン「あっ男の鞄なら私が!」ダッ

男「なんなんだよもう……!」ダダッ



男「はぁはぁ」

暴力ヒロイン「はぁ、友、さっきのは何なのよ?」

友「……」

友「さっきのは一年の女子グループだ」

男「……!」

暴力ヒロイン「はぁ?1年の子たちがどう関係あるのよ」

夜また投下する

男「そっか……、もう噂が」

暴力ヒロイン「噂……?」

友「事態は結構深刻かもな……」

暴力ヒロイン「もう!私にもちゃんと説明しなさいよ!」

-教室-

ヒソヒソ ヒソヒソ

お嬢ヒロイン「はぁ、もう何ですの」イライラ

ヒソヒソ ヒソヒソ

お嬢ヒロイン「言いたいことがあるならハッキリと言えばよろしいのに……」イライラ

クールヒロイン「……?」キョロキョロ オドオド


優等生ヒロイン「あの、今日は集会があるので」

優等生ヒロイン「整列して体育館に集まるようにと……」

-翌日 学校 体育館-

教頭「えー……我が校の生徒間で何か問題が発生してるようで」

教頭「えー、現在調査中ですが……」

教頭「えー……心当たりのある生徒や何か事情を知っている生徒は……」

教頭「担任の先生方に報告するように……」

教頭「それから……」

……

>>169 すまん翌日ってのミス

-学校 体育館-

教頭「えー……我が校の生徒間で何か問題が発生してるようで」

教頭「えー、現在調査中ですが……」

教頭「えー……心当たりのある生徒や何か事情を知っている生徒は……」

教頭「担任の先生方に報告するように……」

教頭「それから……」

……

……

体育教師「……はい、集会はここまで、各自教室に戻れ」


ガヤガヤ

ヒソヒソ

モブA「さっきの教頭の話ってC組の後輩ちゃんが」ヒソヒソ
モブB「えっあの後輩ちゃん?そういや今日休んでるし……」ヒソヒソ
モブA「なんでも後輩ちゃんとあの例の男先輩が仲良いのに嫉妬してー」ヒソヒソ
モブA「男先輩の取り巻きの人がやったらしいとか聞いたよー」ヒソヒソ
モブC「え、なにそれマジ?」ヒソヒソ

ヒソヒソ


お嬢ヒロイン「……要は私達にあらぬ疑惑がかけられているということですわね」

クールヒロイン「……」

優等生ヒロイン「そんな……」

暴力ヒロイン「……」


-放課後-

男「……よし」ガタッ

友「男、行くのか?」

男「ああ、って俺が何しにいくのかわかってるのかよお前」

友「わぁーってるってwwwどーせ昨日の事について調べに行くんだろwwww?」

男「……ああ」

男「俺は勿論あいつらのことを信じてるけど」

男「やっぱり疑惑は晴らさないとスッキリしないからな」

友「ま、……疑いは晴らしたいよな」

友「よし、俺も付き合うわ」


友「じゃあ、まずは後輩ちゃんの教室行ってみるか」

男「……聞き込みか?」

友「そーいうこと、ってか男」

友「お前は直接後輩ちゃんの知り合いとかと話すのは気不味いだろ」

男「ん、まぁ……そりゃな……」

友「だったらこっちは俺に任せて、お前は別の方向から当たってくれ」

男「え?あ、ああ……」

友「それじゃなんかわかったら合流しようぜ」


-学校 廊下-

男「別の方向って言ってもな……」

男「やっぱり俺も地道に聞き込みするしか無いんじゃないか?」ブツブツ

男「……ん?」


先輩ヒロイン「そう、じゃあ君はあの時間には部活動をしていたんだね?」

モブ「あ、はい」

風紀委員長「ほう、では何か……怪しい人物などは見なかったか?」

モブ「いえ、見てないです……」

先輩ヒロイン「わかった、ありがとう もういいよ」


男「先輩」

風紀委員長「あ、貴様!」

先輩ヒロイン「男くん」ニコ

男「あの……、先輩……何されてるんですか?」

風紀委員長「貴様に話す必要は……」

先輩ヒロイン「君も察しの通り、事件のことで聞き込みをしているんだ」


先輩ヒロイン「我が校の生徒の間で何か問題事が発生しているのなら」

先輩ヒロイン「我々生徒会は動かざるを得ないからね」

風紀委員長「そういうことだ!わかったか!」

先輩ヒロイン「立場上、事件と被害者のことは聞いている」

男「……」

先輩ヒロイン「君も何か出来ないかと聞き込みをしようとしていたのだろう?」

男「まぁ……そんなとこッス」


先輩ヒロイン「うん……そうだ、じゃあ」

先輩ヒロイン「君も我々を手伝ってくれないかい?」

男「え……?」

風紀委員長「なっ、会長!」

先輩ヒロイン「男くん、君は衆目が気になって動き辛いのではないかい」

男「はぁ、まぁ多少は」

先輩ヒロイン「なら、生徒会として調査している私と一緒に行動することで」

先輩ヒロイン「君も多少は動きやすくなるだろう?」

男「そう……でしょうか」

男「(なんかどこか強引な気もするけど)」

男「……わかりました」


風紀委員長「会長!こんな風紀の乱れの権化のような輩と行動を共にするなど!」

先輩ヒロイン「風紀委員長はこのままここ周辺で聞き込みをしてくれるかい?」

風紀委員長「あ、はい」

先輩ヒロイン「じゃあ、頼んだよ」

風紀委員長「は、はい」

先輩ヒロイン「行こうか、男くん」

男「……はい」

風紀委員長「……くっ、いつか報いを受けさせてやるぞ……男……」


風紀委員長「……うえええん会長~;;」

モブ「(うわっなんだこの人)」サッ

最初は友とか居なくて男が草生やしたり計画考えるキャラで
怪我のフリを利用して、嫌われないように許してもらえるようにと必死な暴力ヒロインに色んな命令してウハウハで
でもひょんなこと(危機に陥って暴力ヒロイン助けようとして)で怪我が嘘なのバレて
男は「(やべっ……!バレた……!殺される……!)」ガクガクってなって
暴力ヒロインが抱き着いて来て男「(絞め殺される……)」ブクブクって思ってたら
暴力ヒロイン「よかった……!ぐすっ……私っ……男に本当に怪我させちゃったと思って……ぐすっ……
男が怪我してなくて本当によかった……」ってなって男も反省する
それから暴力ヒロインはしおらしくなり暴力癖も無くなるも男に所構わずベタ付くようになってしまって
男は嬉しいやら恥ずかしいやらでハッピーエンドっての考えてたんだけど今何書いてんだ俺

とりあえず今度からペース上げる今日はここまで

このSSまとめへのコメント

このSSまとめにはまだコメントがありません

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom