ミドナ「リンク!久しぶりだな!!」無双リンク「…?」(257)

無双リンク「…??」

ミドナ「おいおい全く変わってないなお前!ボーッとしやがって!!」

無双リンク「……」

ミドナ「つーかなんだそのマフラー?前から思ってたがお前私服のセンス最悪だな!」

無双リンク「…あの」

ミドナ「ん?」

無双リンク「はじめましてだよね?俺たち」

ミドナ「え?」

ミドナ「おいおいなにいってんだよリンク?私だ!影の王国の麗しき姫君ミドナだぞ?」

無双リンク「…いや、知らないです」

ミドナ「…は?」

ミドナ「お前…何をふざけて…」

無双リンク「すまない、何か勘違いしてるようだが俺は君の事を知らない」

ミドナ「え?…だって」

ミドナ「そんな…忘れちまったのかリンク!?」

無双リンク「…人違いだ…俺も君も戦いで疲れてるんだ…君も休んでくれ」

無双リンク「それじゃ」スタスタ

ミドナ「あ…」

ミドナ「…リンク」



ミドナ「…」(急に影の王国に現れた魔物…そして私の事を知らないというリンク…何が起きてるんだ)

ミドナ「…」(いや…あの男は確実にリンクだ…ならなぜアイツは私を知らないと言う?あの時の事を怒ってるのか?)

ミドナ「…」(あの時…)


ミドナ『それじゃ私は影の王国に帰るからな』

ゼルダ『もう行ってしまうのですか?もう少し休んで行かれては?』

ミドナ『いや、そうしたいが王女が王国を長く開けておくというのも示しがつかないからな…影の王国は今ズタボロだ…それは私のせいでもあるからすぐに建て直さなくちゃな』

リンク『…』

ゼルダ『影の王国とハイラル…上手くやっていけるでしょうか…』

ミドナ『やっていけるさ、ハイラルにはゼルダをはじめ良い奴がたくさんいることをリンクとの旅で私は知った…それを影の王国の皆にわかってもらえれば…』

ゼルダ『ミドナ…』

ミドナ『おい!リンク!!』

リンク『…ミドナ』

ミドナ『は!何女々しい顔してんだお前は!』

リンク『だって…』

ミドナ『はぁ~…あのなここに鏡があるかぎり影の王国とハイラルの出入りは自由!何度だって会えるんだぞ?本当に情けない奴だ…』

リンク『…』

ミドナ『……まあ、そんなアンタに助けられて世界は今平和なんだけどな』

リンク『俺は言われたことをやっただけだよ…』

ミドナ『いや、アンタの勇気が無くては私もゼルダもザントやガノンに負けてたかもしれない…』

ミドナ『アンタはスゴいよ、アンタは本当の勇者だ』

リンク『…照れるな』

三人『……』

リンク『…なあ』ミドナ『…それじゃ…やるか』

リンク『…?』

陰りの鏡『…』ゴゴゴゴゴ

ミドナ『…この鏡が影の王国とハイラルを繋ぎ…悲劇を生んだ』

ゼルダ『…!』

ミドナ『光と影は表裏一体…本来交わってはいけないモノ』

ゼルダ『…ミドナ…あなたまさか!』

リンク『え?え??』

パリィイイイン…

ミドナの目から伝った涙は鏡の方へとフワフワ漂い、鏡に到達すると…

光の世界と影の世界を繋ぐ陰りの鏡を跡形もなく破壊した

鏡によって生み出された二つの世界を繋ぐワープホールが少しずつ小さくなる
ミドナが小走りでワープホールに向かう

リンク『ミドナ!!!!』

ミドナ『リンク…』


ミドナ『またな』

リンク『ミドナあああああ!!!!!』

ブゥン…

ミドナは世界を繋ぐ穴の中へと消え、その場には二人の男女と無惨に破壊された鏡が散乱していた

回想終わり

ミドナ「…確かにあの時は悪いことをしたが…忘れた振りをするまで怒ってるとは思わなかったな…」

ミドナ「しかも中々辛辣だったし……せっかく奇跡的に再会出来たというのに…あまりにもなあ…」

影狼「クゥ~ン」

ミドナ「おぉ~ヨシヨシ…」サスサス

ミドナ「どうっすっかな~…」

その頃

リンク「…」

プロクシィ「アッオウどうしたのリンク?さっきの女の子の事?」

リンク「う~ん……彼女に話しかけられた時…なんかこう…胸がドキドキして…ああ~モヤモヤする…」

プロクシィ「リンクってああいう趣味なんだ…」

リンク「いや…そうでなくてな?彼女…俺の事を知ってたみたいだろ?」

プロクシィ「うん、名前だけでなくファッションセンスの無さも知ってたね」

リンク「いや…この服はゼルダ様とインパ隊長が無理矢理…」

プロクシィ「その服のことインパさんとゼルダ様は伝説の勇者がどうのこうの言ってたね」

リンク「ああ…そうだっけ?聞いてなかった」

プロクシィ「リンク……それはともかくミドナって人も服に反応してたし伝説の勇者について調べれば何か分かるんじゃないかな?」

リンク「なるほど…じゃあ明日インパ隊長とこ行ってみるか」

プロクシィ「それがいいよ」

リンク「じゃ寝るわ」

プロクシィ「あんた見張り番でしょーが」

今日ここまで

ゼルダ無双やっててミドナとリンクの掛け合いが少なかったので勢いで立てた


これはダルニアとルトもどう思ったんだろうな
・・・と思ったがトワプリ時空なら場合によってはリンクと出会ってないのか?

>>13
話が広がりすぎちゃうんで出会ってないということで

翌朝

インパ「…」(…各地の地形の変形…これまでに無い魔物の大群…魔女シアの存在…もうどうすればいいのだ…)

インパ「…」(頼みの綱のゼルダ様は…)

ゼルダ「あ~///リンクが訓練してた時に着てた服…いいにおい///におい覚えなきゃ」クンカクンカ

インパ「…はぁ」(リンクと出会ってからというものずっとコレだ…)

インパ「…」(正直苦手なんだよなあの青年…ぶっちゃけ私より強いのハタから見て明らかだしな…このままリンクがマスターソードとか手にしたら本気で私の立場が危ういし…)

ダルニア「ここは俺たちの住む世界の遥か未来みたいゴロ」

ルト「訳が分からんゾラ」

アゲハ「蝶々さん待って~」

ラナ「タッターンタカタカターン♪」

インパ「この部隊は私の手に負えない…」

ミドナ「リンクの寝てるテントはここだな?」

ミドナ「私をからかった罰だ…寝込みを襲わせてもらおうじゃないか」

ミドナ「うおらっ!!」バサッ

テント「」

ミドナ「いないし」

岩影にて

リンク「危ねぇ…今あの人に会ったらまた面倒くさいことになるとこだった…」

プロクシィ「危なかったね…さあ早くインパさんのとこに行こう!!」

リンク「おう」

ミドナ「お前たち!手分けしてリンクを探してきな!」

影狼軍団「アオーン」

ミドナ「行けっ!」

影狼軍団「バウッ!!」シュタタタ

リンク「そろそろインパさんのテントだな」

プロクシィ「インパさんいるかな」

リンク「どうだろ…ッ!!何か来る!!隠れるぞ!!」

プロクシィ「え?!」

影狼「ぐるる」

プロクシィ「なにあれ」

リンク「…あの人が乗ってた狼だ…俺を捕まえに来たのか…」

プロクシィ「ええ!?どうするのリンク?」

リンク「隠れながら移動するしか…ん?」

影狼2「…」ジ~

プロクシィ・リンク「アッオウ」

リンク「逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ」スタタタタ

影狼「アオーン」シュタタタタタタタ

リンク「はええし」

影狼「ワンワン」ガシッ

リンク「捕まったし」

プロクシィ「呑気なこと言ってないで早くふりほどくのよ!!」

リンク「わかったって!!今やるから!!……ん?」

影狼「ガジガジ」

リンク「…狼…影……」

リンク「なんだ?急に頭が…」

ズル…ズル…

…………誰かに引きずられてる?

何処だ…ここは……?…檻か?

なんだか目線が低くなって……動きづら………檻の外に誰か…いる?

何だ…急に眠気が…………

………


???「見つけた!!」

プロクシィ「リンク!!剣を抜いて!!」

リンク「!!」ガバッ

リンク「エアー!!」ズババ

影狼「」シュウゥ…

プロクシィ「消えちゃった…」

リンク「今の内にインパさんのとこへ行こう…」

プロクシィ「あ!うん!」

リンク「…」(なんだったんだ今のは)

リンク「…」(…ま、いいか)

インパのテント

インパ「誰だ」

リンク「リンクです」

インパ「貴様か…生意気な訓練兵……本当ならお前の様な命令を無視して突っ込んでいく様な奴は私のテントに近づいた時点で即刻処罰だが…お前はゼルダ様のお気に入りだからな…歯がゆい…」

リンク「嫌われてんなあ俺」

プロクシィ「まあリンクの態度はインパさんみたいな真面目な人には合わないだろうからね」

インパ「妖精とおしゃべりは良いから用件を言え」

リンク「ハッ!昔ハイラルを救った伝説の勇者について質問が「その話は止めろ」

リンク「え?」

インパ「伝説の勇者の話はやめろ」(マスターソードか!?そろそろマスターソードを手に入れようとしてるのか!??)

リンク「え、なんで」

インパ「訳は話せん」

リンク「あの」

インパ「切るぞ」

リンク「」

インパ「帰れ」

リンク「はい」

ガサガサ…

インパ「…」(勝った)

リンク「怖かったな…」

プロクシィ「伝説の勇者とインパさんの間に一体何が…」

リンク「伝説の勇者…謎は深まるばかりだな…」

プロクシィ「どうしよっか…」

リンク「まあ別の手を探すか」

プロクシィ「てかあのミドナって人に直接聞けばいいんじゃないの?」

リンク「いやだってあの人完全に知り合い顔で来たじゃん?それで俺が『すいません誰ですか?』ってそれはちょっと失礼だろう」

プロクシィ「すでに色々失礼だよ…」

その頃

ゼルダ「…くんくん…くんくん…ムムッ!?」

ガサッ

ゼルダ「インパ!!ここにリンク来なかった!?」

インパ「キテマセン」

ゼルダ「…そっかー……私もまだまだね…」

インパ「…」(ゼルダ様…)

 休憩
今さらだがネタバレ注意

ラネール渓谷にて

魔物「イィー!!」

リンク「エアー!!」ズバババ

プロクシィ「敵が多すぎるよ!!」

インパ「どうしたリンク!?もうへばったか?」

リンク「ハァ…ハァ…まだまだ!!」

魔物「ぎぃい!!」ブゥン

プロクシィ「リンク後ろ!!」

リンク「え?」

ドゴオオオ!!!

インパ「リンク!!!!」

リンク「…何がおこった?」

リンクが上を見上げると、黄色い巨大な腕が魔物達を掴んでいた
そして、その豪腕は魔物達をまるでゴミの様に放り投げた

ミドナ「おいおい…だらしないぞリンク」

リンク「…!」

ミドナ「さあ立ちな!あいつらに私達の恐ろしさを見せてあげようじゃないか!」

そう叫ぶと彼女は敵の方へと突っ込んでいき、髪の毛で出来た腕で魔物をなぎ倒していった

プロクシィ「…スゴい」

リンク「…」

リンクはしばらくそれを呆然と眺めていた

シア「フフフ…さあ行けお前たち!奴等を殺せ!!」

魔物「イイー!」「アアー!」「ウウー!」

ゼルダ「くっ…仕方ありません…撤退です!!」

インパ「クソッ!魔女め!!皆の者!!撤退だ!!!」

リンク「お…撤退か~…疲れた…」

プロクシィ「お疲れ」

ラナ「…シア」

……………………………………………………

ミドナ「ククッ…押してダメならもっと押してみよと言うからな…私の強さを見せつけてやったら流石にしらばっくれることは出来ないだろう…ククッ」

ミドナ「さてと…今日はリンクがテントに入るのを確認してから寝込みを押そうとしよう……ククッ」

ハイラル軍キャンプにて

ゼルダ「魔女シアは一筋縄ではいきませんね…」

インパ「ええ…頼みの綱はリンクにマスターソードを託すことだけでっ……」

ゼルダ「…」

インパ「いえ、今のは冗談で…」(しまったあああああ)

ゼルダ「…インパ」ガシッ

インパ「…ハ…ハイ?」

ゼルダ「リンクを私のテントに呼んでください」

インパ「?!」

ゼルダ「いいですか?これは世界の危機です仕方のないことなのです
破壊を続ける魔女シアにうち勝つ為にも勇気のフォースを持つ者とマスターソードの力は絶対に必要なのです
歴代の王女も勇者に重要な頼みをするときはまず寝室に呼んで色仕掛けをしてきました
いや別に下心はありませんよ?あくまで世界を危機から救うためハイラルの未来の為にです
分かってくれますよね?分かりましたね? イ ン パ ?」

インパ「ハイワカリマシタ」

ゼルダ「では行ってください」

インパ「イッテキマス」ガサッ

リンク「さてと…別の手を考えるにしてもどうすっかな…まずテントに戻るか…」

リイィンクゥ……

リンク「なんか聞こえた?」

プロクシィ「聞こえた」

インパ「リンク!!!!!」

リンク「どっどうしたんですか?!インパさん?汗だくですよ?!」

インパ「…ハアハア…ゼルダ…様がお前をお呼びだ…ハア…ゼルダ様のテントへ行け…」フラフラ

リンク「ええ!?何でですか!?」

インパ「理由はゼルダ様から聞け……それと一つ!!ゼルダ様に手を出したら…殺す…ぞ……」フラフラ

インパ「…」ドサッ

リンク「倒れちゃった…」

プロクシィ「とりあえず行ってみようか」

リンク「インパさん放置?」

リンク「ゼルダ様のテントはここか…」

プロクシィ「あまり話したこと無かったから緊張するね」

リンク「失礼します!!ゼルダ様!!訓練兵のリンクと申し「入って」

リンク「あ、はい…失礼します」(さえぎられた)

ゼルダ「いらっしゃい、待ってましたわ」

リンク「何か御用でしょうか」

ゼルダ「それなんですが…あの……そこの妖精さんはちょっと外に出ててくれますか?大事な話なので」

プロクシィ「あ…分かりました、リンク!先にテントで待ってるね」ガサッ

リンク「おう」

ゼルダ「…」

リンク「…」

リンク「あの」

ゼルダ「不思議ですね…」

リンク「え?」

ゼルダ「私…あなたを見ると懐かしい気持ちになるの」

リンク「…そうですか」(ゼルダ様ってちょっと電波だな)

ゼルダ「私…あなたを初めて見た時…胸がドキドキしました…だってあなた…おばあさまがよく話してた伝説の勇者の特徴とそっくりなんですもの」

リンク「…伝説の勇者」

ゼルダ「ねぇ…勇者君」ヌギヌギ

リンク「…ッ?!!??!」

ゼルダ「いいことしない?」

その頃 リンクのテントの物陰にて

ミドナ「アイツ来ねえな…」

プロクシィ「あ」

ミドナ「ん?」

リンク「ななななな何をしているんですかゼルダ様!??」

ゼルダ「大きな声出さないで////」ガシッ

リンク「ぬおっ!?」(力強ッ)

ゼルダ「ハア…////…可愛い…」ペロペロ

リンク「あヘェ…じゃなくて誰かー!プロクシィー!」

ゼルダ「暴れちゃダメッ!!」ゴキッ

リンク「ぬがああああ」(力強ッ!!)

ゼルダ「…知りたいんでしょ?伝説の勇者の事…」ヒソヒソ

リンク「!!」ピタッ

ゼルダ「教えてあげよっか?君が知らなくて、私が知ってること」ヒソヒソ

リンク「……」

ゼルダ「知りたいなら…言うことを聞いてね?」

その頃

プロクシィ「…」(この人リンクのこと待ってたの?何故?)

ミドナ「お前…確かリンクと一緒にいた…」

プロクシィ「私はプロクシィよミドナ」(私のことは知らないのかな?)

ミドナ「お、私の名前覚えてたのか?」

プロクシィ「あなたは強いから、ここじゃもう有名人よ」

ミドナ「ふーん…キョーミないけどね」

プロクシィ「ねえ…あなたは何者なの?」

ミドナ「私か?私は…そうだな……」

ミドナ「リンクの相棒だ」

プロクシィ「え?」

一旦休憩

ゼルダのキャラをぶっとびさせすぎたな…
反省はしてない

リンク「…」(何故だ…)

ゼルダ「ふんふんふ~ん♪」

リンク「…」(何故俺はゼルダ様に耳掃除をされているんだ?)

ゼルダ「お!大きいのはっけ~ん♪見る?」

リンク「…いいです…それより早く伝説の勇者について教えて下さい」

ゼルダ「ん~リンクきゅんマスターソードって知ってる?」

リンク「マスターソード…伝説の退魔の剣ですか?ハイラル王国建国の時に女神から人々に与えられた剣をある青年が聖なる炎によって完成させたという…」

ゼルダ「詳しいんだね、まあそのマスターソードはハイラルに危機が訪れる度に選ばれし勇者の手に渡ってたんだけどさ」

リンク「では伝説の勇者も?」

ゼルダ「次、反対の耳」

リンク「あ、はい」

ゼルダ「どこまで話したっけ…そうそうその伝説の勇者もマスターソードに選ばれたの」

リンク「マスターソード…伝説の勇者は一体何と戦ったんですか?」

ゼルダ「影の王国の軍勢よ」

リンク「!!」(影の王国?)

ゼルダ「まあ正確には古の魔王の率いる影の王国の魔物と地上の魔物達ってとこかな?」

リンク「そんなことが…」(じゃあミドナは伝説の勇者の敵だったのか?)

ゼルダ「あ、あと伝説の勇者はリンクきゅんが着てるのと同じ緑衣を纏ってたのよ」

リンク「ていうかリンクきゅんて何ですか」

ゼルダ「嫌かしら?嫌なら教えるの辞めるけど」

リンク「嫌じゃないです」

ゼルダ「よろしい」

ゼルダ「あ~…あと文献によると勇者には相棒がいたらしいの」

リンク「相棒ですか?」

ゼルダ「そうそう…確か文献には『勇者は黄昏の姫君』とかいう長身の美人と冒険を共にしてたらしいの」

リンク「『黄昏の姫君』…長身の美人……」(少なくともミドナは違うが…気になるな)

リンク「勇者についてもっと詳しく教えてくれませんか?!」

ゼルダ「ええ、でもこれ以上知りたいならもっとスゴい事させてくれなきゃダメだよ?」

リンク「分かりました」

ゼルダ「あら素直」

リンク「もうなんでもいいかな~なんて」

ゼルダ「じゃあ何やろうかな~リンクきゅんの為に色々用意したからな~」ゴソゴソ

ゼルダ「これはまだいいかな~んん~迷う~…」ゴソゴソ

リンク「…」(耳掃除と来たら次は添い寝か?いやいや…まさか本番!?!?ヤバイぞ…SEXってどうやるんだ!??まずキスか?上から脱がすのか??下からか???うおおプロクシィに色々聞いておくんだったあああていうか俺まだ心の準備が…)

ゼルダ「お!あったあった!」

リンク「ゼルダ様!まだ俺まだ心の準備が!」

ゼルダ「え?何?」←右手にムチ、左手に蝋燭

リンク「え」

ゼルダ「…私も初めてだから色々間違っちゃうかもしれないけど…私頑張るから!リンクきゅんも頑張って!」

リンク「いやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいや頑張るどうこうの問題ではなくていや俺そんな趣味はあのいやえっとあの」

ゼルダ「…」スパァン!!

リンク「いっだああああああああああああああああああああああああああああああいいいいいいいいあああああああ」

その頃

プロクシィ「リンクの相棒ってどういうこと?」

ミドナ「そのままの意味さ、私はリンクと一緒に冒険をしてきた」

プロクシィ「何を言っているの?リンクと一緒に冒険をしているのは私よ!?」

ミドナ「私がいなくなって心細くなってテキトーに捕まえたんじゃないか?」

プロクシィ「ふざけたこと言わないで!!子猫みたいな体して!」

ミドナ「子…猫……だと…!?」

プロクシィ「大体あなたおかしいのよ!急に現れて私達を襲って…味方になったと思ったらリンクにつっかかって影でできた狼でまた私達を襲って!!」

ミドナ「影狼で追い回したのは悪かったよ…だがリンクが私を忘れたフリをするのも悪い!!」

プロクシィ「だーかーら!リンクの相棒はこの私!!リンクに前の相棒なんていないわ!」

ミドナ「わけのわからんことを…」

プロクシィ「わけわからんのはあなたの方よ!」

プロクシィ「あなたまさか魔女シアの手先なんじゃないの!?」

ミドナ「誰があんなTHE変態みたいな格好してる女の手先になるか!アホか!お前こそ魔法かなんかでリンクの記憶をいじくってるんじゃないか!?」

魔物「ぶもぶも」

プロクシィ「なああああんですってえええええこの性悪変態お尻女アアアアアアア」

ミドナ「バーカ!バーカ!お前のかーちゃん時オカの大妖精~!!」

魔物「ぶもぶも?」

プロクシィ「なんだとこらあああああああ大妖精様なめてんのかコラアアアアアアア」

魔物「ぶおおおお!!」

ミドナ・プロクシィ「うるせえ死ねええええええ!!!」

魔物軍団「ぶも?」「ぶー」「ぶももも!」「ふがふが」

ミドナ・プロクシィ「アッオウ」

魔物軍団「ぶもおおおおおおおおお」

ミドナ「うわわわわわわ」フワフワ

プロクシィ「あわわわ!ちょっと!なんでこんなとこに魔物わいてんのよ!見張りはどうしたのよ~!」フワフワ

プロクシィ「あ、この時間の見張り番リンクだわ」フワフワ

ミドナ「アイツかよ!」フワフワ

魔物「ぶお!」ブン

プロクシィ「あぶなっ!ねえミドナ!いつもみたいに凪ぎ払えないの!?」フワフワ

ミドナ「昼間の戦いでMP使い果たした」フワフワ

プロクシィ「ぬがああああリンク助けてええええ」フワフワ

ミドナ「うおおおリンク早くこいいいいい!!!」フワフワ

魔物軍団「ぶもおおおおおおおお」

ミドナ・プロクシィ「あああああああああ!!!」

その頃

ゼルダ「ああん!リンクきゅん!」パシィッ パシィッ

リンク「」(はやく終われはやく終われはやく終われはやく終われはやく終われはやく終われはやく終われはやく終われはやく終われ)

ゼルダ「ハア…///ハア…///リンクきゅん…蝋燭足らすね?」ポタポタ

リンク「」(あっつああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ)

ゼルダ「気持ちいい?リンクきゅん気持ちいい?私は気持ちいいよ?気持ちいいよね?気持ちいいから交互にやるよ?」ポタポタ パシィッ ポタポタ パシィッ

リンク「キモチイイデス」(あばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばば)

ゼルダ「リンクきゅんかわいい////はいご褒美!」チュッ

リンク「」(ハイラル人にとってこの上なく嬉しいことなんだろうが…なんかこう…なんも感じねえ…)

ゼルダ「あ~ なんかムチと蝋燭だけじゃ飽きちゃったな~…」

リンク「…あの…そろそろ黄昏の姫君について……」

ゼルダ「うーん…あ!良いこと思いついた!」ゴソゴソ

リンク「?」(次はなんだ?)

ゼルダ「ごまだれ~!寄生甲殻虫ゴーマの幼生~!」

リンク「?!???!!」

ゼルダ「これね~今は体長5cmぐらいだけど生物に寄生して一時間立てば養分を吸って3mぐらいになるんだよ!」

リンク「ゼルダ様…何を?」

ゼルダ「あのね?このゴーマの幼生をね…///その…///……リンクきゅんの耳に入れたいんだけどいいかな?」

リンク「え」

ゼルダ「じゃ、いれるね?」ググッ

リンク「止めて止めて止めてやめてくださいお願いしますマジで本当にやめてくださいやめてくださいそれだけは無理無理無理無理ムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリ」バタバタ

ゼルダ「リンクきゅん…////」ググググ
リンク「ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

スポッ

今日はここまで
ゼルダの伝説シリーズで一番好きなソフトは『夢を見る島DX』です

…………ここは?

俺…なにしてたっけ?

俺?僕?…なんだろうこの洞窟……

ナビィはどこにいるんだ…ナビィ?ナビィって誰だ?

???「ゴーマ様…ごーまんなさい……なんちて」

あ、これ夢か

魔物軍団「ぶもももも!!」「ぶも!」「ぶもー!」

ミドナ「追い詰められちまったな…」

プロクシィ「うわああん!こんな最期考えてなかったよ~!」

魔物「ぶもおおおお!!!」グアッ

ミドナ・プロクシィ「ひっ!!」

キィイイン!!

ミドナ「……」

プロクシィ「……」

ミドナ「あり?死んでない?」

プロクシィ「ミドナ!魔物達が!!」

二人が見ると魔物軍団は皆キレイに真っ二つにされていた
そしてそこには月の光を浴びて輝く鮮やかな青と紫のマントを羽織る人影が…

ミドナ「誰だお前?」

ファイ「私は『ファイ』女神から使われし天剣の精霊…あなた方二人が命の危機に瀕していると判断し、魔物をうち払いました」

ミドナ「ほお~…剣の精霊ね…」

プロクシィ「カッコいい…」

ファイ「認証開始…あなた方をマスターの大切な人物と判断…マスターがあなた方を信頼している確率95%」

ミドナ「なんだこいついきなり変な事言い始めたぞ」

プロクシィ「マスター…もしかしてリンクの事?」

ファイ「イエス…リンクもといマスターは勇気のトライフォースを宿す勇者…そして私はその勇者を導く者」

ミドナ「なんだ?お前もリンクの相棒論争に参加したいのか?」

プロクシィ「も~…わけが分からないよ」

ファイ「その事に関してですが…」

魔物「ヌウウウ」「ギイイイ」

ミドナ「うわ!?またわいてきた!?」

ファイ「会話を一時中断しこの事態を兵士達のリーダーであるインパ様もしくはゼルダ様に報告することを推奨」

プロクシィ「インパ様は気絶してるからゼルダ様の所まで逃げよう!」

ミドナ「おい!ファイとやら!!」フワフワ

ファイ「なんでしょう?」フワフワ

ミドナ「お前さっき何か言おうとしてたが…何を言おうとしたんだ?」フワフワ

ファイ「今、あなたにその事を伝えれば…あなたの心に大きなショックを与える確率85%…今は聞かず魔物から逃げる事に専念することを推奨」

ミドナ「いちいちイラつく喋り方をするヤローだ…まあいいさ…お前は何か知ってるみたいだから後でたっぷり聞かせてもらおうじゃないか」

プロクシィ「ミドナ!助けて貰ったのにその言い草は無いよ!さっきはありがとうファイ!」フワフワ

ミドナ「チッ…まあ助かったよ」フワフワ

ファイ「いえ…当然の事と判断したまで」

ミドナ「そこはどういたしましてだろう」

ファイ「『どういたしまして』」

ファイ「…」(ありがとう…懐かしい言葉)

ゼルダ「リンクきゅん寝ちゃった?…ちょっと休憩しようか」

リンク「…」ガックリ

……………………………………………………

……………どうして…『またね』と言ったのに……

どうして?…どうしてあんな事をしたの?…●●●…なぜ鏡を割ってしまったの?

あれ?誰だっけ?ナビィ?ナビィて誰だ?チャット??チャット???誰だ誰だ?僕は?

僕は誰?なぜ僕は選ばれた?どうして僕のとこにだけ妖精が来ないの?
なんで!?どうして???どうして僕だけが違う??僕は世界なんて救いたかったわけじゃない…
森の皆とずっと一緒にいたかっただけなのに…デクの樹様…
どうして肝心なことは誰も教えてくれないのさ?
誰も僕の事を覚えてない…あんなに頑張った僕に誰も感謝してくれない…
………誰か…僕を見つけて……

誰か…

ミドナ……

……僕?俺?…俺?

ここは……なんだ?俺はどうなった?

ああ…寝よ………

……………………………………………………

「リンク!」

リンク「…うん?」

プロクシィ「大丈夫?」

ファイ「昏睡状態からの帰還を確認」

ミドナ「耳に入ってた変なのは私の髪の毛で引っ張り出したからな」

リンク「俺は一体…?」

ゼルダ「急に倒れてしまったので心配しましたよリンク」

リンク「うっ…すみませんゼルダ様」(前後の記憶が無い…ゼルダ様に耳かきされていたとこまでは覚えてるが…)

ゼルダ「リンクきゅ…リンク…今夜はここで休んでいて下さい」

リンク「え?いいのですか?でも見張り番が…」

プロクシィ「ゼルダ様!ゼルダ様がそんなことをなさらなくても…」

ゼルダ「これは私の責任です…リンクは私が看病します決定事項です」

ミドナ「………でもよ姫さんよ~現れた魔物はどうすんだ?」

ゼルダ「ひとまず代わりの見張りをたて明日本格的に対策をたてます…あなたたちも休んで下さい」

ファイ「ここはゼルダ様のご命令に従うことを推奨」

ミドナ「…じゃ戻るか」

プロクシィ「リンク…早く元気になってね」

リンク「心配かけてごめんな」

帰り道

ミドナ「なあ?ファイはリンクとはずっと前から知り合いなのか?」

ファイ「そうとも言えるしそうでないとも言えます」

ミドナ「はぁ?」

ファイ「ですがマスターはいつでも変わらぬマスターです…私は変わらぬマスターを信じています」

ミドナ「よくわからんな」

ファイ「私もよく分かりません」

プロクシィ「ふああ…あ、寂しいから二人ともリンクのテントで一緒に寝ない?」

ファイ「ファイはテントの出口側を所望」

ミドナ「私に散々暴言吐いた奴の発言とは思えんな」

プロクシィ「お互い様でしょーが」

ファイ「ファイはテントの出口側を所望」

ミドナ「分かったつーの」

その頃

ゼルダ「リンク…本当に何も覚えてないの?」

リンク「はい…耳かきのところから先の記憶が全く…」

ゼルダ「そう…」(ラッキーのようなアンラッキーのような)

リンク「すみません…」

ゼルダ「いいのよリンク…また一から教えてあげるから!何を知りたい?」

リンク「マスターソードと黄昏の姫君について教えて下さい」

ゼルダ「じゃあまずマスターソードについてだけど~…」

二時間後

ゼルダ「ここまでが今伝わってるマスターソードについての伝承で…まあここまでは物知りなリンクならもう知ってたかな?」

リンク「ええ…まあ……」(話なげええええええ)

ゼルダ「あ、じゃあここから私の見解を踏まえて一から話すけど」

リンク「え!?いやもうその」(うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ)

さらに二時間後

ゼルダ「だからつまりね?勇気のトライフォースを宿した者だけがマスターソードを台座から引き抜くことが出来るの!それで今回魔女シアの力に対抗するためにリンクにマスターソードを台座から引き抜き、魔物達に立ち向かってほしいの!ここまで分かった?」

リンク「…は……い………」プスプス

ゼルダ「で、次はねリンクの知りたがってた黄昏の姫君についてだけど」

リンク「ゼルダ様……明日にしましょう……もう…」プスプス

ゼルダ「あ、つい話しすぎちゃった…ごめんねリンク…お詫びに隣で寝てあげる」ゴソゴソ

リンク「」(ハイリア人の男達にとってはフルボッキモノのシチュエーションなんだろうが疲れでなんにも…感じねえ…)

ゼルダ「♪」

リンクのテント内

ファイ「マスターに危機が訪れている可能性95%!!」ガバッ

ファイ「直ちに…救助………に行く事を……推奨…」ドサッ

ファイ「ぐーぐー」スヤァ…

ミドナ「…」(コイツの寝言凄まじいな)

プロクシィ「すーすー」←空きビンの中で寝ている

ミドナ「…」(こいつら面白いな)

ミドナ「…」(私は何をしているんだ…リンク追っかけ共と一緒にリンクのテントで寝るとか変態以外の何者でもないぞ)

ミドナ「…」(リンクまだ怒ってんのかな…今日は謝れなかったな…)

ミドナ「…寝よ」

今日はここまで
ゼルダ史上最高のヒロインは大地の汽笛のゼルダです

翌日

リンク「ハアアアッッ!!」ズバババ

ファイ「マスター、相当な睡眠不足を確認…早急に睡眠を取ることを推奨」キィイイン

リンク「いやいや戦場で寝られるかっての」ズバッ

ファイ「ナイスなツッコミですマスター」キンキィイインッ

リンク「なぜそんな持ち上げるんだファイさん」エアー

ファイ「ファイさんではなく気さくにファイでお願いしますマスター」

リンク「じゃあそっちもマスターはやめてくれなんか変な気分だ」

ファイ「ずっと前からこの呼び方だったので」

リンク「…」

ファイ「ハイラル兵の中継基地付近の魔物の殲滅を確認、ゼルダ様に報告することを推奨」

リンク「…ああ」

リンク「…なあ…ファイ」

ファイ「何でしょうマスター」

リンク「初めて会った時、お前は言ったな…『私のマスターと異なるも同じと確認』ってさ」

ファイ「イエスマスター、確かにそう発言しました」

リンク「マスターはやめろって」

ファイ「すみませんマスター」

リンク「まあいいや…異なるも同じってなんだ?ミドナも俺を違う誰かと勘違いしてるし…俺は何人もいるのか?」

ファイ「マスターはこの世にたった一人です…ただ時代の移り変わりによってマスターは少しずつ変わっていきます」

リンク「???」

ファイ「マスターは魂の保存を信じますか?輪廻を信じますか?」

リンク「魂の保存?…輪廻?」

ファイ「イエス…この世の全ての人間にはフォースが宿っています…フォースの強さには個人差があり、より強いフォースを宿す者は生命力、魔力、運も強いのです」

リンク「それは知ってるけどそれがどういう…」

ファイ「フォースは本来、肉体に宿ります。なので奪おうとすれば簡単に肉体からフォースを引き剥がすことが可能です。しかしフォースを抜かれたからといってそれ以降フォースが無くなってしまう訳ではありません」

ファイ「フォースは魂の中に眠る『魂の記憶』によって再生するのです」

リンク「そーなの?」

ファイ「さらに…死んでしまった生き物は肉体は朽ちますが魂はそのまま残り…その後神々に回収されます。そして100年後、500年後に新しい存在としてこの地に下り立つ事が出来るのです。これが『魂の保存と輪廻』です」

リンク「…」

ファイ「また…輪廻もまた強いフォースの記憶を魂に宿す者ほど前世の肉体と記憶を忠実に再現する事が出来るのです…そしてマスター、あなたは勇気のトライフォースをその魂に宿している」

リンク「…まさか…」

ファイ「イエスマスター…あなたの肉体、魂はハイラル建国の時から脈々と受け継がれてきたのです」

リンク「……あ…最近見る変な夢は……もしかして前世の…?」

ファイ「その夢については深くは知りませんが恐らくそうかと」

リンク「俺は何回繰り返してるんだ…?」

ファイ「ファイには把握しきれません…」

リンク「…………ふ……ふふ………まるで…自分の肉体が自分のモノじゃないみたいだ…」

リンク「なあ…ファイ……お前のマスターはもう何千年も前に死んでんだろ?」

ファイ「解析開始…解析完了…私のマスターがすでに死んでいる確率は100%」

リンク「な?…だからさ……もうマスターって呼ぶなよ…俺のこと」

ファイ「ですがマスター…」

リンク「どいつもこいつも俺の知らない人間を!!!勝手に俺と重ねるな!!!」

ファイ「マスター…落ち着いて下さい」

リンク「どいつもこいつも……ミドナもお前も!!ゼルダ様も!!!」

リンク「なんなんだよ…お前ら見てると何故か泣きそうになるんだよ!!何も覚えてないのに!!お前らなんて知らないはずなのに!!懐かしくて頭がおかしくなっちまいそうだ!!」

ファイ「マスター…」

リンク「うあああああ!!!!」ダッ

ファイ「マスター、何処へ?」

リンク「ついてくるな!!」

ファイ「…イエス……マスター…」

物心ついた時からそうだった

いつも何かを忘れた様な、何かを落としてしまった様な、そんな感情がいつも脳裏にあった
そのせいか「お前はいつもボーッとしてるな」とよく言われた

ビンに入れられて売られている妖精を見ると持っているルピー全てで買えるだけ買って、森へ返してやっていた

自分でも何をしているか分からなかった

吸い込まれる様に兵士に志願して、感じるままに剣をふるって「100年に一人の天才」なんて言われた

コッコを見かけると鳥肌がたった
ツボを見ると割りたくなった
プロクシィと初めて出会った時、泣きそうになった
ミドナと初めて出会った時、怒りと嬉しさが込み上げた
ファイが剣から飛び出してきた時、感謝の心で胸がいっぱいになった

ゼルダ様と初めてあった時

色々な感情がゴッチャになってしばらく動けなかった

でもそれは、偽物だった

本当の俺の気持ちじゃなかった

誰だか分からない見たこともない勇者達の記憶から生まれた虚構の感情だった

『私の所へいらっしゃい』

走った

『私が傷ついたお前の心を癒してやろう』

走り続けた

『さあ、おいでリンク』

走って走って走り続けた

『私の所へ…』

魔女の声に導かれて

今日はここまで

コッコ怖い

その日の夜

ゼルダ「リンクが脱走したそうです」

ミドナ「は?」

プロクシィ「へい?」

ファイ「…」

インパ「あの小僧…自らの使命の重圧に耐えられず脱走したか…」

ミドナ「リンクはそんなことしない!」

プロクシィ「うんうん!」(いや微妙なとこかな)

ゼルダ「それはともかくリンクを探さなくては…このマスターソードを扱えるのは彼しかいないのだから…あと個人的に距離が離れすぎて死にそう」

ミドナ「くそ!…何でそんなことを…」(私がしつこく追い回したからだな…)

プロクシィ「でもリンクはどこに行ったのかな?」

ファイ「マスターの気配は既に記憶しております、その気配を追ってダウジングが出来ます」

プロクシィ「スゴい!スゴいよファイ!」

ゼルダ「それで!?それでリンクは何処に!?」

ファイ「ラネール渓谷の魔女のアジトの方角にマスターの気配を感知」

インパ「な!?よりによって敵である魔女シアの所へ行ったのか!?何を考えているのだあの若者は!?」

ミドナ「…あんな変態オッパイ魔女の所へ…?」

プロクシィ「きっとやむを得ない事情があるんだよ!行こう!」

ゼルダ「ええ、皆で助けにいきましょう!」

インパ「いや、ゼルダ様は残ってて下さい」

ゼルダ「ええ~…」

インパ「仮にもこの兵団のリーダーでしょ!?」

ゼルダ「はぁ~…リンクきゅん…」

インパ「全く…ですので私が奴を連れて帰って来ます」

ゼルダ「…ぶー」

ミドナ「いや、この姫さんだけじゃ心配だ、アンタも残るべきだ」

インパ「いやいや、それでは誰がラネール侵攻の作戦の指揮をするのだ」

ミドナ「私は影の王国の王女ミドナ様だぞ?戦争なんてお手のものだしウチの影の兵士は貧弱なハイラル兵とは一味違う。私がいくよ」

インパ「…うーん……」

ゼルダ「ミドナ…いいのですか?」

ミドナ「ああ…ハイラルも影の王国も…困った時はお互い様だろ?あの時も今もな」

ゼルダ「ミドナ…ありがとう」(やはりあなたは伝説の勇者の…)

プロクシィ「私も行っていい?」

ファイ「ええ」

プロクシィ「やったあ!」

ゼルダ「ではミドナ…コレをリンクに」

ミドナ「コレはマスターソードじゃねえか…なぜアンタが」

ゼルダ「リンクに抜かせるハズだったのですが剣の刺さってた所に下見に行ったときに抜けちゃいまして…」

ミドナ「…ま、いいや」

ラナ「ねぇ!私も連れてって!」

プロクシィ「あ!謎の美少女ラナ!でも実はその正体は魔女シアの良心だったラナ!」

ラナ「シアとは決着つけなきゃいけなかったし良い機会だなーってね!」

ファイ「頼りになります」

ミドナ「よし…行くか……バカを連れて帰りに」

プロクシィ「うん!」

ファイ「イエス」

ラナ「イエーイ!」(あの部屋見られたらマズイな…見られないようになんとかしなきゃ…)

少し時間を遡り…
魔女シアのアジト 門前にて

リンク「…」

リンク「…」(来てしまった…何をしてるんだ俺は)

リンク「…」(敵である魔女のアジトにノコノコやってくるなんて自殺行為だ)

リンク「…」(あの魔女のことだ…そこらじゅうに罠を仕掛けて魔物を召喚して…俺は殺されるな…でも……)

リンク「…」(生きる理由も思いつかないしな)

リンク「最期は敵のアジトで囲まれてギタギタにされて死ぬのもいいかもしれないな…」

シア「あら?そうならそうと言ってくれれば罠なりなんなり仕掛けたのに」

リンク「うわあああ?!」

いつの間にか真後ろに魔女シアが立っていた

シア「フフ…そんなに驚いてもらえるとこっちも驚かしたかいがあるよ」

シア「走り続けて疲れたろう?さあ、中へお入り」

リンク「…え?戦わない…のか?」

シア「何を言っているんだい?私はあなたに会いたかっただけさ」

リンク「…俺に?」(怪しすぎる…)

シア「そう…ずっと前から…ずっとね…」

リンク「…何を言ってやが」グウウ…

シア「ご馳走もあるけどどうする?」

リンク「…お邪魔します」(どうにでもなれ)


ギイイイィ…ガシャン!!

屋敷の廊下を進みある部屋へとたどり着いた時、リンクは声を失った。

リンク「なっ……え……?」

その荘厳な佇まいの部屋には窓は一つも無く、代わりにあるのはおびただしい数のリンクの絵画、写真、銅像だった。

リンク「…な……なんだよ…これ」

シア「私のコレクションさ」

リンク「コ…レクション?……」

シア「私はいろいろな時代の変動を異次元から監視してきた…そのなかでリンク…あなたに出会った」

リンク「…は?」

シア「大切な人を助ける為に、女神から与えられた剣に宿る精霊と共に空を、大地を駆けるあなたを」

シア「小さな体に大きな使命を一身に背負い、妖精と共に時すらも超えて戦ったのに、その事実は消えて大切な妖精とも離ればなれになり、孤独に押し潰されたあなたを」ズイッ

リンク「…っ!?」ズザッ

シア「突然呪いで狼の姿に変えられ、呪いに苦しみながらも黄昏の姫君と共に世界を蘇りし闇の勢力を打ち倒したあなたを」ズイッ

リンク「…やめろ」

シア「私はあなたを知っている」

リンク「来るな…来るなあああ」

シア「私だけがあなたを理解してあげられる」ダキッ

リンク「…!?」(え?抱きつかれ…?…え??)

シア「苦しかったでしょ?辛かったでしょ?…大丈夫」

リンク「…うぅ……」

シア「私が守ってあげる」

リンク「…」

シアは仮面をとった。仮面をとった彼女の微笑みは割と可愛かった

今回ここまで
シア結構可愛かったよな?

ちなみに時系列は
SS→時オカ→トワプリ→無双

リンク「これうまいな」モグモグ

シア「そりゃリンクが産まれたときから監視してるから好物くらい知ってるさ」

リンク「怖いぞ…それにしても本当にこの館は俺だらけだな」

シア「これだけのものを集めるのは本当に大変だったよ」

リンク「だから怖いって…」モグモグモグモグ

シア「そんな慌てて食べなくても…あ、リンクの好きな飲み物あるけど」

リンク「へ?何?」

シア「ごまだれ~牛乳~♪」

リンク「いや、牛乳を好きか嫌いかで考えたことそんなにないよ」

シア「まあ飲んでみなさい」

リンク「…ん」ゴクッ ゴクッ

リンク「…」ゴクッ ゴクッ

シア「どう?」

リンク「ぷはーーーーー!!うまい!!」

シア「ふふ、そうだろう?ワザワザ過去に遡って買ってきたかいがあったよ」

リンク「これ!どこに売ってるの?!」

シア「魂に聞いてみな」

リンク「…あ、もう無いのか……」

シア「ああ…ごめんなさい…さあ!もっと食べて!!スープもあるよ!」

リンク「……ああ」モグモグ

シアが出す料理は全て自分の好物だった
前世の俺が食べてて俺が見たことのない食べ物もなぜか懐かしく感じた
前世の俺が好きだった料理は俺も好きなんだな

リンク「ごちそうさん」

シア「ふふ…落ち込んでたわりにはたくさん食べたね」

リンク「俺でもよくわからない」

リンク「…なあ…俺ってなんで生きてるのかな……」

シア「…ワイン飲むかい?」

リンク「…ん」

シアがワインを持ってきてから質問に答えた

シア「女神様はこう言うだろうね…『大いなる使命を果たすため』…てね」

リンク「…使命」

シア「でもさ、そんなの可笑しいと思わない?なんで誰かに自分の人生の意味を勝手に決めつけられなきゃならないのかしら?」

リンク「……」

シア「人は弱いわ、一人じゃ何も出来ないし神様や勇者様に頼りっきり。……でもね、そんな弱い人間でも持ってる絶対的な力…知ってる?」

リンク「フォース?」

シア「全然違う」

リンク「じゃ何?」

シア「…ふう………『自らの進むべき道を選択する力』よ」

シア「誰かに決められた人生はもしかしたら楽かもしれない、名声も得られるかもしれない…でも与えられた使命を終えたらどうかしら?残るのは空しさだけよ…そんなの嫌でしょ?私も嫌よ」

シア「だから抵抗するの…人はね、自分の進むべき道を選択し、誰かを傷つけ、壊して、失って、それでも進むの…それが人生よ」

シア「昔、自身の生まれた砂漠を抜け出し、憧れ続けたハイラルの大地を手に入れようとした男がいたわ…男は結果、あらゆるモノを奪い、ハイラルの大地を汚してしまったけど、それも一つの人生なのよ」

シア「選択した道全てが正しいとは限らない、でも選択しなきゃ始まらない…あなたもいじけるヒマがあるなら選択してみれば?」

リンク「…」

シア「女神の操り人形はもう嫌でしょう?」


シア「というわけでしばらく外で考えてきて」

リンク「え?」

シア「ワープ魔法」ブウン

リンク「え?ちょ」

リンクは突然現れたワープホールに吸い込まれていった

シア「頑張れリンク…私も抵抗してみるから」

ガノンドロフ「ほう、一体誰に抵抗するのだ?魔女よ」

シア「…あなた以外にいないわよ」

シア「いい加減私を操ろうと魔力を送り続けるのは止めてくれないかしら?特にリンクと話してる最中は」

ガノンドロフ「せっかくお前が望む状況を生み出したというのにその言い方は悲しいなあ…」

シア「リンクに悪夢を見せたりしたのはあなたなのね?」

ガノンドロフ「それはどうかね」

シア「ま、いいわ…リンクが自分の人生を生きる為にもあなたは最高に邪魔…私がここで倒す!!」

シア「地獄の業火に燃えろ!」

シアの周囲から燃え盛る炎が現れ、ガノンドロフに向かって飛んでいく

ガノンドロフ「ああ…素晴らしい火力…さすが黒の魔女といったところか…」

ガノンドロフ「だが」

ヒュン ドゴッ

シア「…え?」(いつの間に後ろに?)

ガノンドロフ「砂漠に吹く熱風に比べればそよ風の如き涼しさよ…」

シア「…そんな」ドサッ

ガノンドロフ「貴様の持つ力のトライフォース…返してもらうぞ」スッ

ガノンドロフ「あとは我が真の地獄の業火で葬ってくれよう」

シア「リ……ンク…」

ガノンドロフ「さらばだ、恋する乙女よ」


ボッ…!!

今回はここまで
自分が最初考えてた以上にシリアスになってきた

シュウウ…

ザント「流石ガノンドロフ様…あの魔女がこうも呆気なく死ぬとは…」

ギラヒム「力のトライフォースを手に入れたとすればハイラル征服など簡単ですな」

ガノンドロフ「ごたくはいい、ザント…ギラヒム、貴様らはこちらに向かってくる軍勢を迎え撃て…我は知恵のトライフォースの回収に向かう」

ギラヒム「ハッ!」シュンッ

ザント「御意に…」ブゥンッ

ガノンドロフ「…今度こそ…今度こそは全てを手に入れてみせる…」

ラナ「…ッ!?」グラッ

ミドナ「おい!?大丈夫か?」ガシッ

ラナ「…あ、大丈夫…ありがとう…」

プロクシィ「どうかしたの?」

ラナ「シアの気配が消えた…」

ミドナ「え!?死んだってことか?!」

ラナ「分からない…」

プロクシィ「リンクが倒したのかな…?」

ファイ「判断材料が欠けています…マスターがシアを討伐した確率は40%」

ミドナ「…先に進もう…ファイ!方角は?!」

ファイ「このまま前進すれば一時間程でマスターの……???」

ミドナ「どうした?」

ファイ「マスターの気配を見失いました…もう一度ダウジングを開始します」

プロクシィ「ええ!?」

ミドナ「どうなってんだ…一体」

ザント「キツネにでも化かされているのでは無いか?」

ミドナ「え?」

ヒュン!!

ミドナの背後に現れた仮面の男は奇妙な形をした剣でミドナの首を切りつけようとした

ファイ「ミドナ!!」キィン!!

ザント「ほう…この一撃を防いだか…なかなかやるな剣の精霊…ファイとやら」ググッ

ザント「だが!!神から与えられたこの力!!誰が勝てようか!?」ググググッ 

ファイ「くっ…あああっ!!」ドゴオオ

プロクシィ「ファイが吹っ飛んだ!?」

ザント「これが影の力よ!欲望の力よおお!!」

ファイ「くっ…」(動けない…)ググッ

ザント「サヨナラだ」ヒュン

ミドナ「てめえ…ザントオオオオオオオオオ!!!!」ドゴオオ!!

ミドナの髪の腕はファイにとどめを刺そうとした仮面の男をいとも簡単に宙に投げ飛ばした

ザント「…くっ…ぬうう…」フラフラ

ミドナ「てめえ…ザントォ…何でてめえがここにいる?!てめえは私が殺したはず!!」

ザント「なるほど…あのまま貴様らを迎え撃っていれば私は殺されていたのか…我ながら悲しき運命よ…」

ミドナ「何を言ってやがる!?」

ザント「教えてほしいか!?つまり私はミドナ!貴様に殺される少し前の世界からこの世界へ飛んだのだ!!ガノンドロフ様のお役にたつために!!」

ミドナ「それならおあいにくだな!お前はここで殺されるんだからなああ!!」

ザント「行け!影の兵よ!!」

影の兵「…」ズズズズズズズズズ…

プロクシィ「あわわ…あんなたくさん魔物が……」

ミドナ「てめえ…また国民をそんな姿に…」

ミドナ「ファイ!お前はさっさとリンクの居場所を探しだしてこのマスターソードをアイツに届けろ!」

ファイ「既に実行中…解析完了…リンクの居場所を地図に写し出します…」

ミドナ「さあ!行け!プロクシィ!ラナ!お前らもだ!」

ファイ「!」

ギラヒム

ファイ「!」

ギラヒム…

ギラヒム「ん~…久しぶりだね~…君…名前忘れたけど…」

ギラヒム「ん!初対面の子もいるようだね…君たち!私は魔族長ギラヒム!気さくに『ギラヒム様』と呼びたまえ!」

ファイ「名乗る名はありません、ソコをどく事を推奨」

ギラヒム「聞いてないよそんなこと?私は君の持ってるマスターソードが欲しいんだ」

ファイ「マスターソードを?これは渡せませんね」

プロクシィ「知り合い?」

ファイ「元カレのようなモノです。倒したのに引き際が悪くて困ります」

ギラヒム「あ、今のムカつくな…今すぐ渡せば全治100年にしておいてあげるよ?」

ファイ「ソコをどくことを推奨…変な髪型」

ギラヒム「死ねええええええ!!!」ギイインッ!!

ファイ「二人とも地図と剣を持ってマスターの元に行ってください」

ラナ「無茶よファイ!ソイツ強そうよ!」

ファイ「私はこの変な髪型の10倍強いです」キインッ キインッ

ファイ「今マスターソードを奪われればハイラルに未来は有りません」

ラナ「ファイ…」

プロクシィ「…行こうラナ!!リンク所へ!!」

ラナ「…うん!」ダッ

プロクシィ「ファイ!…負けないでね…」フワフワ~

ギラヒム「逃がさねえぞ虫けらがあああ!!行け魔物共!!あいつらを捕まえろおおお!!!」

魔物軍団「ムゴゴゴゴオオオ!!」ズズズズズ

キイイイイイイイン…

魔物「グモッ!?」ドサッ

ファイ「今ここに剣でラインを書きました…ここから先に進もうとしたものから排除します」

ギラヒム「てめえ…」

ファイ「私があなたに負ける確率0%」

その頃

リンク「…ん?……ここは……」

気がつくと辺り一面霧に覆われていた、ここは何処だろうか

リンク「確かシアと一緒にいて…それで…突然ワープして…」

リンク「ん…?…あっちになんかある…行ってみるか…」スタスタ

それは2つならんだ石碑のようだった

リンク「…これは…墓か?」

リンク「文字が書いてある…」

●●●
僕の大切な友達、ここに眠る

リンク「…もう一つの方は……何も書いてない…ん?」

墓の向こうにうっすらと小屋の様な建物が見えた

リンク「…行ってみよう…シアがワザワザ飛ばしたんだ…何か意味があるはずだ」

リンク「ここでなにかが見つかるはず…」

今回はここまで
ザントさんは仮面を取らなければイケメン

小屋に入ると目に止まったのは大量の分厚い本の山だった
その本の山は机だけでなく床にも積み重なっていた

リンク「…なんなんだこの小屋は…」

机の上に置いてある一冊のノートを手に取った

リンク「…これは…何かの研究ノート?それとも日記?」

適当にペラペラとめくってみた

リンク「あ…今のが最後のページか…最後のページの少し前から読んでみるか…どれどれ」

 月 日 

このノートに日々の暮らしや変化について書き始めてどれほどの月日がたっただろうか

少なくともあの骸骨剣士に教わった剣術を使えなくなるくらいの月日はたっただろう

それなのに未だに研究は進まない
私は今、とても焦っている
研究を早く進めなければ…

リンク「日記か…日にちが書いてないけどノートに番号が乗ってるな…この本は…」

記録ノート No,4

リンク「4番か…他はどうだ?」

リンクはNo,4を机におき、同じようなノートを手に取った

リンク「次は…No,2か…」ペラッ

3月 5日 快晴

この森にたどり着いて5年たった
研究は進まない
やはりハイラルと違う次元に出入りするには相当な魔力だけではなく特別な道具も必要なのは明らかだ

4月 25日 

しばらく日記を書いていなかったな

砂漠の処刑場にあった陰りの鏡の破片は誰かに回収されたようで少ししか採集は出来なかった

一体誰が回収したのだろうか?精霊?賢者?

リンク「…陰りの鏡……?」

リンク「この後も同じようなことしか書いてないな…一体なんの研究だ?」

リンク「最初の方の日記を読むか…」

リンクはNo,1と書かれたノートを手に取った

リンク「…?」

 月 日

日記をつける為にノートを買ってみたが失敗だった
日にちとかコッチの世界と違くてよく分からん。

ま、アイツの金だしいいけど
日記なんてあんま続かないしな

 月 日

順調に精霊石集めが進んでいる
順調すぎるくらいにだ
アイツの働きっぷりは予想以上だった
やはり見込んだ通りの男…いや狼だしオスかな?

アイツにはこの調子で利用されていてもらいたいものだ

私の復讐の為にもな…

リンク「ウッ!?頭が…」フラッ

リンク「急に…眠く……いや!ここで寝ちゃダメだ…何か思いだしそうなんだ!」

リンク「続きを…読まなきゃ」ペラペラ

 月 日

私はとんでもない思い違いをしていた
私がリンクを利用しているように、リンクも私を利用していると思ってた

でも違った…アイツは私を利用しようとかそういうのは全く考えていなかった
アイツは死にそうになった私を助けるために必死にゼルダの所まで連れていってくれた
アイツも死にそうだったのに…アイツは私を…

私は自分の復讐の為にアイツを利用した自分が恥ずかしい

こんなクソッタレな私でも、今からならやり直せるのかな?
いや、アイツと一緒なら絶対に変われる

リンク「…」ペラペラ

 月 日

ガノンドロフを倒した、ザントも倒した
もうここにいる必要は無さそうだ

明日、陰りの鏡を使って影の王国に帰るとゼルダとリンクに伝えた

ただ、同じ惨劇を繰り返さない為に陰りの鏡を壊すことは言わなかった
最初は言うつもりだったけど途中から言うのが怖くなった

隣でリンクとゼルダが寝ている
野宿も日記もこれで最後か

多分、一生のうちにこんなに別れが辛いなんてことは…もう二度と無いだろう

もう寝よう

リンク「……」ペラ

 月 日

リンクへ
これを読んでいるってことは私はもう影の王国に帰ったんだな
悪かったよ、最後の最後で騙しちゃって
まあ、あれだ…もしこの世界を創造した女神様が私達の頑張りを空から見ててくれて…1つだけ願いを叶えてくれるなら私は空に願うよ

もう一度会いたいってさ

またなリンク、今までありがとう


 5月 8日

ミドナのノートを借りて日記をつけることにした

これからどうすればいいかあまり考えてないが、取り合えずワープ魔法の原理と影の王国や陰りの鏡の伝承について調べてみようと思う

待ってろミドナ

影の世界への行き方を見つけて俺は絶対に会いに行く、例え何年かかろうとも

ペラッ ペラッ ペラッ ペラッ……

リンクはNo,1をおき、No,3を取った

リンク「…この辺りはずっと研究について書かれてるだけか」スッ

残るはNo,5のみだった

リンク「…多分これが最後のノート」ペラッ

月 日

影の王国とこの場所を繋げる3445回目の実験に失敗

陰りの鏡の金属と同じ金属を錬成し、膨大な魔力を鏡に送り込んだ…何故失敗する?何が間違っている?

陰りの鏡を再現すればいいという考えが最初から間違っているのか?神の作った道具を人間ごときが真似でしないとでも言うのか?
もうはじめからやり直すのは不可能だ、もう時間がないのだ

気づけばこの肉体もずいぶんと老いてしまった

リンク「…そうか……これが自分の人生を生きたモノの末路か?大切な人に会う為に必死に研究したのに…結局は一人で死ぬ………ん?」

リンク「外に何か気配が…?」

???「……」

その頃 ハイラル兵 中継基地

ガノンドロフ「…ふん、雑魚め」

兵士「…アガ…」ドサッ

兵士隊長「…ひいい…」

ゼルダ「ハイラルの兵士が…たった一人相手にほとんど全滅だなんて…」

インパ「ゼルダ様!お逃げ下さい!奴の狙いはあなたの知恵のトライフォースです!」

ゼルダ「あなたたちをおいて逃げるわけにはいきません!私も戦います!」

インパ「ゼルダ様…」

ガノンドロフ「ふん…そうだ…それでこそハイラルの王女というものだ…」

ガノンドロフ「だが力がなければその勇気も…知恵も…何の意味もない」

ゼルダ「やってみなければ分かりませんよ!!はあああ!!」ダッ

インパ「ゼルダ様!!」

ガノンドロフ「…哀れなり…力なき者よ」

今回ここまで
ガノンドロフは復活するたびに新しいリンクを見てどう思ってるんでしょうかね

狼「………」

リンク「………」

リンクが外に出ると、金色に輝く狼が2つの石碑の前に立っていた

リンクはこの狼を知っていた

狼「自己紹介が必要かな?」

リンク「いや、いいよ…覚えてるから」

狼「ふむ…魂の記憶がより鮮明になってきたようだな…」

リンク「ミドナと一緒に黄昏に包まれた世界を救った時の事は全て思い出した…あの小屋の日記のおかげでね」

狼「私からならった剣術はどうだね?」

リンク「…少しは」

狼「君と話がしたい…そして君に剣術を思い出させたい…しかし時間も無い…ガノンドロフが復活してしまったからな」

リンク「ガノンドロフ…」

狼「…そうだ、我々がこの地に復活するということは同時に、ハイラルに何かしらの危機が迫っていることを示す」

狼「ことは一刻を争うのだ……稽古とお喋り…同時にやるぞ」

リンク「へ?」

そう言って狼は軽く吠えると、狼は鎧をきた骸骨に変身した

リンク「…骸骨剣士」

骸骨剣士「早速行くぞ少年」ダッ

リンク「ッ!!」サッ

リンク「し…質問があります!」ヒュッ

骸骨剣士「うむ」キィン ヒュッ

リンク「その石碑は?!」ガキィンッ

骸骨剣士「友達の墓だ」ブゥンッ

リンク「もう1つの方は!?」ガッ ヒュン

骸骨剣士「…誰の墓でもない」キィン ヒュン

リンク「あなたのでは!?」ガッ

骸骨剣士「…元々はその筈だった…だが」ブゥンッ

ドゴッ

リンク「がっ!?」ヨロヨロ

骸骨剣士「盾アタックだ…忘れたか?」

リンク「…うおお!!」キィン キィン

骸骨剣士「私はここから遠い場所で死んでな…この墓には何も埋まっちゃいない」ガンッ ガンッ

リンク「あなたの友達は何故死んだのです!?」ガンッ キィン キィン ガァンッ!!

骸骨剣士「ぐっ!?」ドサッ

リンク「聞かせてください…一旦稽古をやめてから…」

骸骨剣士「…ナヴィと言ってな…ナヴィは私の旅の相棒だった…一心同体という奴だ…だが、旅が終わった時、ナヴィは私の元を離れていった」

リンク「何故?」

骸骨剣士「私はハイリア人だったが…コキリ族という大人にならない種族の住む森で育った…」

骸骨剣士「コキリ族は心も体も子供のまま成長しない…だから森の妖精達に助けてもらって生きていた」

骸骨剣士「無論…ハイリア人である私の元に妖精は現れなかった…しかし、ある日突然現れた妖精ナヴィが私の相棒となったのだ」

リンク「…」

骸骨剣士「ナヴィは言っていた…『デクの樹サマの命令で相棒になった』とな…そう言われた時、察したよ」

骸骨剣士「ナヴィはいつか…私の元を離れてしまうのだとな…」

リンク「…」

骸骨剣士「そして私は大地を駆け、未来に行き、ガノンドロフを打ち倒して元の時間に戻った」

骸骨剣士「私は長い旅の中で大きく成長した」

骸骨剣士「天から与えられし使命も全うした」

骸骨剣士「妖精は一生子供のままのコキリ族を助ける為に存在する…成長した者と一緒にいてはならないのだ」

骸骨剣士「ナヴィはどこかへ飛んでいってしまった」

骸骨剣士「私は必死に探した…探し続けた…ハイラル中を探し回り…やっと見つけた時には遅かった」

骸骨剣士「私はこの森で弱ったナヴィを見つけた…私が呼ぶとこちらへフラフラと飛んできてな…」

骸骨剣士「私の足の下にポトッと音を立てて落ちたのだ」スクッ

それまで座りこんでいた骸骨剣士は立ち上がった

骸骨剣士「その後私はここに2つ墓を作り…ここに住むことにした…ナヴィの魂を汚させないためにな」

リンク「…」

骸骨剣士「ずいぶんと長く生きた…そろそろ自分もナヴィと同じ場所に行くかと思われた時だった…」

骸骨剣士「感じたのだ…ガノンドロフの気配を…何処かでまだ生きている…そう思った」

骸骨剣士「しかし無論、私に奴ともう一度戦う力は残っていなかった…そこで私は新たな勇者が現れるのを信じてハイラル中に自分の思念をばらまいた」

リンク「思念を…?」

骸骨剣士「そうだ…魂を持つ者の思念はその場所に何かしらの影響をあたえる…その結果、私の思念は…」

リンク「黄昏の勇者に剣術を授けた…か…」

骸骨剣士「そうだ…そして新たな勇者はその剣術をもってガノンドロフを打ち倒した」

骸骨剣士「だが…そこをガノンドロフに目をつけられていたようだ」

リンク「どういうことだ?」

骸骨剣士「ガノンドロフは黄昏の勇者に打ち倒される前に、ハイラル中に自らの魂のカケラをばらまいていたのだ」

リンク「え?」

骸骨剣士「魂は再生するものだ…魂は時間をかけて再生した」

リンク「それがこの世界に現れたガノンドロフ…」

骸骨剣士「そう…そしてそのガノンドロフを倒せるのはお前だけだ」

リンク「ふ~…よし…倒しに行こう」

骸骨剣士「意外だな…使命に振り回されたくないのでは?」

リンク「与えられた使命をそのままやるんじゃない…」

リンク「なんの為に使命を全うするのか?それが問題だろ」

骸骨剣士「……」

リンク「つまり俺が戦う理由は3つ『皆を守りたい』『先代の勇者の痛みを癒しに変える』『この輪廻を終わらせる』」

骸骨剣士「ふっ……その道の方からまお前の友が来ている…早く行ってやれ」

リンク「ありがとう…ああ!そうだ!」

骸骨剣士「…?」

リンクは何も書かれていない墓標に何かを書き込んだ

リンク「何も無くちゃ味気ないだろ?」

時の勇者 ハイラルの大地に眠る

骸骨剣士「…早く行け」

リンク「終わったら花束をやりに来るよ」

骸骨剣士「早く…行け…」プルプル

リンク「ああ…行ってくるよ」

リンク「全部終わらせにな」

今回ここまで

黄昏の勇者→トワプリンク
骸骨剣士→時オカリンクの思念

ミドナ「…ん」

ミドナ「私は…柱に縛り付けられてるのか……確か…ザントと戦って…」

ミドナ「そうだ…いきなり黒い何かが現れたんだ…そいつが私を…ん?」

ファイ「目覚めましたかミドナ」

ミドナ「ファイ!?お前も捕まったのか?」

ファイ「どうやら私達だけではないようです」

ミドナ「あ!ゼルダ!?なぜここに!?」

ゼルダ「…」

ファイ「眠っているようです」

ミドナ「しかし私達を捕まえて柱に縛り付けるなんて…一体……」

ザント「フォッフォッ…目覚めましたかミドナよ」

ミドナ「ザント!」

ギラヒム「やはりお前たちなど復活した魔王様にかかれば虫ケラ同然…」

ファイ「ギラヒム…」

ミドナ「魔王…だと?…ん?」

ミドナ「あ…あれは……」

ファイ「………」

ファイとミドナはギラヒムとザントの羨望の視線の先に立つ者を見て声を失った

ガノンドロフ「……目覚めたか…影の王女よ…そして女神の剣の精霊…」

ミドナ「ガ…ガノンドロフ…」

ファイ「終焉の者…」

ガノンドロフ「ふん…この懐かしい面々で同窓会でも開きたいところだな」

ガノンドロフ「…だが、それには一人足りん」

ミドナ「…リンクか」

ガノンドロフ「そうだ…少年がここに来た時、お前たちが役に立つ」

ミドナ「何?」

ザント「つまり、あなた方は人質なのです」

ミドナ「はっ!天下の魔王もコスいことするね!!」

ザント「ええい!黙りなさい!!」

ガノンドロフ「そうだな…我も臆病になったものだな」

ガノンドロフ「だが…知恵と力…この2つのトライフォースをもってしても…恐らく我はあの少年には勝てんのだ」

ガノンドロフ「今度こそ…今度こそは全てを手に入れなければならんのだ…この忌まわしい輪廻から解放されなければ…」

ギラヒム「魔王様…」

ファイ「…」

ガノンドロフ「少年はきっとここに来るだろう」

ガノンドロフ「そしてその時こそ…ハイラルは我が物になるのだ」

その頃

プロクシィ「…ねえ!ラナ見てあれ!!」

ラナ「ああ!!リンク!!」

リンク「二人共…」

プロクシィ「このバカ!!心配したじゃない!!」

ラナ「シアと戦ってたの?」

リンク「いや…戦うなんてありえないよ」

リンク「彼女は俺の心の恩人だ」

ラナ「…どういうこと」

リンク「そのままの意味だよ」

プロクシィ「…?ああ!リンク!!そんなことより大変なの!変態二人が集団でミドナとファイを襲って!!それでなんかどす黒い気配も感じて!!」アワアワ

リンク「落ち着いてくれプロクシィ…ラナ…それはマスターソードだな?」

ラナ「うん!ミドナとファイが渡してくれって」

ラナ「はい、どうぞ」スッ

ズシッ…

受け取ったその剣は…とても重かった

これが…背負いし使命の重さか…

でも俺はそんな重さに負けない

俺は俺だ 

この剣で皆を守り、魂を癒し、全てを終わらせる

俺はその為に戦う

リンク「ありがとう…二人とも…行こう…皆の元へ」

ラナ「うん」

プロクシィ「うん!」

マスターソードを手に入れた!!魔をうち払う退魔の剣!!

ファイ「……」

ミドナ「………もうすぐ夜が明けるな」

ファイ「あと二時間四十分程度で日の出です」

ミドナ「前にあいつと見た夕日…キレイだったなあ」

ファイ「…ミドナ……あなたに伝えたい事が…」

ミドナ「なんだ?」

ファイ「……今のマスターと…あなたと旅をしたマスターは別人なのです」

ミドナ「………」

ファイ「知ってたのに黙っていてしまって…申し訳ありません」

ミドナ「…ああ、やっぱりそうか…」

ファイ「気づいてたのですか?」

ミドナ「あいつのテントにさ…マジックロッドあったろ?」

ファイ「色々な魔法が飛び出す杖ですね」

ミドナ「私と旅をしていたリンクはな…魔法なんて使えないんだよ」

ファイ「そうだったんですね…」

ゼルダ「んん…ここは…え!?なんで私縛られてるの!?縛られる趣味は無いのに!!」

ミドナ「お~起きたか姫さん」

ゼルダ「ええ~!?二人も縛られてるのですか!?」

ミドナ「あそこの三人組の仕業だよ」

ゼルダ「…はあ…」

ミドナ「どうした?」

ゼルダ「知恵のトライフォースを宿す者が…情けない」

ゼルダ「ああ…兵士達は大丈夫でしょうか…」

ミドナ「まあ落ち着けよ…リンクがあいつを倒すからよ」

ゼルダ「私達を倒した三人ですよ!?さらに大量の魔物軍団ときたらいくらリンクきゅんでも…」

ファイ「マスターが奴等に負ける確率0%」

ミドナ「ほらな?安心しろって」

ゼルダ「…そうですか……」

ファイ「マスターを信じましょう」

人質三人「ザワザワペチャクチャ」

ザント「ええい!うるさいぞ貴様ら!!魔王様が精神統一しているというのに!!」

ギラヒム「君もうるさいよ顔面ホラー君」

ザント「なんですとこのデクの棒が!!」

ギラヒム「誰がデクの棒だコラアア!!」

ゼルダ「あなたたちのほうがうるさいじゃない」

ファイ「変な髪型」

ミドナ・ガノンドロフ「もうお前ら黙れ」

ピタッ

ミドナ「全く…」

ミドナ「……」(なあ…リンク…)

ミドナ「……」(私の願いは結局…叶わなかったみたいだな)

その頃 荒野にて

インパ「…ゼル…ダ様……今…私が助けに…」フラフラ

インパ「あなたはこの国の…希望…」フラフラ

インパ「…うっ…」ドサッ

インパ「動け…動け!…動かんかああ…」ググググ

リンク「…」

プロクシィ「インパさん!!」

ラナ「だいじょうぶですか!?」

インパ「…お前…どこにいっていた…ゼルダ様が連れ去られたというのに…貴様は…」ググググ

インパ「うあ…」ドサッ

リンク「大丈夫です、ゼルダ様は俺が必ず助けだします」

インパ「黙れ!!この青二才が!!」

インパ「…私が…どれだけの…修羅場を潜り抜けてきたと思っているのだ…?」ググ…

インパ「お前が勇気のトライフォースを宿そうが…そんなものは関係無い…」ググググ…

インパ「お前はすっこんでいろ!!」フラフラ

プロクシィ「インパさん…」

リンク「ラナ」

ラナ「なに?」

リンク「インパさんを安全なところで治療していてくれ」

インパ「なに…」フラフラ

ラナ「わかったよリンク」

インパ「お前は…自分が何を言っているのか分かっているのか?」フラフラ

インパ「ぐうっ…?!」ドサッ

ラナ「インパさん!そんな体では戦うなんて無理です!」

インパ「関係ない…私はゼルダ様が生まれた時からあの人に仕えてきた…こんなときに私が行かなくてどうする…?」

ラナ「もう立つことも出来ないじゃないですか!」

インパ「行かなくては…行かなくてはならんのだ…私は…」グググ…

リンク「インパさん…聞いてください」

インパ「黙れ…」

リンク「たかが魔王とその手下二人なんて…俺とプロクシィで余裕ですよ」

プロクシィ「うんうん」

インパ「…な…?」

リンク「だから怪我人は大人しく寝ていてくださいな」

インパ「…ふふ…ふははははは!!」

インパ「この大バカ者め…リンク!!ゼルダ様を頼んだぞ!!」

リンク「はい!インパさん!」

インパ「私も…すぐ……行…く…」ドサッ

ラナ「気絶しちゃった」

リンク「インパ様を頼んだぞラナ」

ラナ「うん」

リンク「行くぞプロクシィ!!」

プロクシィ「うん!!」

インパ「………」(たかが魔王とその手下くらい余裕か……)


インパ「………」(フフ…何があったかしらんが調子づきおって…)


インパ「………」(あの大胆さ…ゼルダ様が惚れるワケだ……)


インパ「………」(あいつならゼルダ様を守れる…これなら私も…安心して眠れる…)


インパ「………」(ゼルダ様を頼んだぞ…リンク…)

ヒュウウゥゥウ……


リンク「…よう…ガノンドロフ」



ガノンドロフ「…来たか…小僧」


リンク・ガノンドロフ「久しぶりだな」

今日はここまで

ミドナ「リンク!!てめえどこいってたんだよ!!」

ファイ「お帰りなさいませマスター」

ゼルダ「リンク…」

ガノンドロフ「ふっ…モテモテだな小僧」

リンク「嫉妬か?」

ガノンドロフ「いいや…これからお前が死ぬと思うとあの者達が哀れでな」

リンク「死ぬのはお前だよ、ガノンドロフ」

ガノンドロフ「ほう…相変わらずいい目でにらみおる…」

リンク「相変わらずって…俺たち初対面だろ」

ガノンドロフ「そちらがそうでもこちらはお前に倒されまくっているのでな…だがお前も私を知っているようだな?」

リンク「色々あってな」

ガノンドロフ「…そうか」

リンク「お前を見てると…なんかな…怒りとか憎しみとかそんなんじゃなくて…懐かしい気持ちになるな」

ザント「魔王様……そろそろ…」

ガノンドロフ「いや、もう少しこの小僧と話がしたい…どうやら今までの女神の操り人形とは違うようだ」

リンク「その通り…俺は俺の思う大切なモノの為に戦う!与えられた使命をこなすだけの人形じゃない!俺は俺だ!」

プロクシィ「…」(こんなリンク初めて見た…いつもボーッとしてるリンクとは…)

ガノンドロフ「なるほどな…それなら…証明してみせよ」

リンク「うおお!!」ダッ

ギラヒム「おっと!!待ちなさい!こちらには人質がいるんですよ?」

リンク「ッ!」

プロクシィ「なんて卑怯なの!」

ザント「卑怯?狡猾と言ってほしいですねぇ」

リンク「…クソ」

ザント「マスターソードを捨てなさい」

ミドナ「リンク!!私達の事はいい!!思いきりやっちまえ!!」

ギラヒム「おおっとぉ!!人質は黙ってなさい!!」ガッ

ギラヒムは縛られたミドナのお腹に思いきり蹴りを入れた

ミドナ「ぐっうう!?」

リンク「ミドナ!!」

ファイ「ギラヒム…」

ゼルダ「あなた後で覚えてなさい!!」

ガノンドロフ「…リンクよ…マスターソードと仲間…どちらか選ぶがいい」

リンク「…ガノンドロフ…!!」ピキピキ

ガノンドロフ「ギラヒム!我が剣となれ」

ギラヒム「ハッ!!」

そういうとギラヒムは瞬く間にまがまがしい魔剣に姿を変え、ガノンドロフはそれを手に取った

ガノンドロフ「さしずめ…闇のマスターソードと言ったところか…」

ガノンドロフ「小僧…さぁ早く選べ…心優しいお前なら迷わずマスターソードを捨てるハズだ…違うか?」

ガノンドロフ「お前は孤独に耐えられないからなあ?旅の途中に別れた仲間を探そうとして骸骨になるような男だからなああ…」

リンク「…!」

ガノンドロフ「早くしろ…それとも…仲間の首の断面図がそんなに見たいのか?」

リンク「くっそおお!!」ヒュンッ

カランッ!! カラーン…カラーン…

リンク「捨てたぞ!!さあみんなを離せ!!」

ガノンドロフ「ふふ…ふははははははは!!!!!!!」

リンク「なんだ!?何がおかしい!!」

ガノンドロフ「小僧オオオオオ!!!いつ誰が剣を捨てれば仲間は離すといったのだああああ!!!!?????」

リンク「…は?」

ガノンドロフ「ああ…確かにお前は今までとは一味違うな…今までで一番!!救えない勇者だ!!」

リンク「な…」

ガノンドロフ「死ねいっ!!」ブゥンッ



ブシャアアッ

ゼルダ・ミドナ「リンク!!!!」

ファイ「いや、マスターは無事のようです」

ミドナ・ゼルダ「え?」

ガノンドロフ「……貴様…ザントを盾に…」

リンク「…お前も同じようなことをしたんだ…仕返しだ」

ザント「…カハッ……魔…王様……」ドサッ

ミドナ「ギリギリでザントを盾にしたのか…」

ゼルダ「……」(そんな残虐なリンクきゅんもいいかも)

ガノンドロフ「だが…もう同じ手は出来ん…次で終わりだ」

ガノンドロフ「フンッ!!」ブゥン

リンク「がはっ!」ドサアアア…

リンク「……くっ…」(斬撃というより打撃に近い…まともに喰らえばヤバかった…)

ガノンドロフ「次だ」ブゥン

ヒュンッ

リンク「…」(危なかった…)

ガノンドロフ「ほう…避けたか」

ガノンドロフ「ならば!」

そこからガノンドロフの怒濤の攻撃が始まった

ブゥンッ ブンッ ドゴッ

その巨体から繰り出される連撃は、容赦なくリンクの体力を奪っていく

リンク「ッ!」ヒュンッ ヒュンッ

そして、重い一撃が

ガノンドロフ「オォラアアアア!!」ドゴオオオッ

リンク「グフッ!?」

リンクを空高く吹き飛ばした

ゼルダ「あああ!!リンクが死んじゃう!!」

ミドナ「リンクはどうして他の武器を使わないんだ!?」

ファイ「マスターは知っているのでしょう、彼の者には半端な武器は通用しないことを」

ミドナ「そんな…」

プロクシィ「皆!!」

ゼルダ「プロクシィ!!」

ミドナ「お前いつの間に!」

プロクシィ「私がこの縄をほどくからじっとしてて!!」

ミドナ「ああ!頼む!」

ファイ「流石です」

ゼルダ「…」(せっかく体が縛りプレイに対応してきたのに…)

プロクシィ「うんしょ!うんしょ!」(リンク…耐えて…)

リンク「…」

なんだ?空が赤い? いや、赤いのは自分の方か

死ぬ、殺される

今まで勝ってきたのだから次も勝てる
そう思ってた 先代の勇者達はいつだって命がけだった
その上で勝ち取った勝利だったんだ

死にたくない

使命とか、戦う理由とか、考えている暇が無い

ガノンドロフ「終わりか?小僧」

来る…避けろ…死ぬぞ?盾なんかじゃ受けきれない

マスターソードが投げ出された左手の先にあるのが見えた

ガノンドロフ「待ち望んだ勝利だが…これほど呆気ないとはな…」

届け届け届け届け届け届け届け届け

ガノンドロフがゆっくりと剣を上にあげる

このまま降り下ろせば俺の首が吹っ飛ぶだろう

マスターソードなら受けきれるかもしれない

人質の約束は破綻した様なものだ 掴みさえすれば

マスターソードへと腕を伸ばす

リンク「はぁ…はぁ…ゲホッ…ああ…」ググッ

ガノンドロフ「さよならだ」


みんな、ごめん


シア「サヨナラすんのはアンタだよ、ガノンドロフ」

突然、天から雷が落ち、ガンドロフへと直撃した

バリバリバリバリバリ!!!

ガノンドロフ「ぐおおおおおおおお!!!???」

シア「不意打ちがこんなに上手くいくなんてね…」

ミドナ「シア!?」

ファイ「黒の魔女…」

ゼルダ「何故ここに…」

シア「あらあら、あなたたち…そんな体たらくで世界の平和が守れるのかしら」

ミドナ「やっぱむかつく奴だな…でも何故ガノンドロフを攻撃する?」

シア「惚れた男を世話したくなっちゃう性分なのよ」

ファイ「理解しました」

ゼルダ「まあ味方となれば頼もしいですね」(惚れた男…ですって…?)

ガノンドロフ「…貴様…燃やし殺してやったハズ……何故生きておる…」

シア「魔女はね…何でもありだから魔女なのよ?」

ガノンドロフ「…なるほど……通りで手応えが無かったハズだ」

ガノンドロフ「ならば…ここでちゃんと殺してやろう!!」ブゥンッ

ザクッ

ガノンドロフ「ふん…他愛ない」

シア「何か?」

ガノンドロフ「なっ!?」(今、完全に体を突き刺したはず…)

シア「リンク!聞こえるかい?」

リンク「…シ…ア…?…なんでここに…」

シア「誰かさんが背中押してやったのにどうもフラフラしてるから、本体に帰れずに戻ってきちゃったのさ」

リンク「ごめん…」(本体…ラナの事か…)

ガノンドロフ「…そうか…シア…貴様は元々白の魔女ラナの闇の部分を写し出したもの…実体のある思念だったのだな…攻撃を通すことは出来ても殺す事は出来ないといったところか」

シア「あら、わりと頭の回転良いのね子豚さん♪でも今私リンクと話してるから邪魔しないでね」

ガノンドロフ「…」

シア「リンク、私はもうラナの所に帰らなきゃいけないの」

リンク「…」

シア「でも、あなたに伝えなきゃいけないことがあるのよ」

リンク「…シア…それどころじゃ…」

シア「聞いて」

リンク「…うん」

シア「リンク、愛してる」ダキッ

ゼルダ「!?!???!?!!!?!?!!???!」

ミドナ「ほー…」

ファイ「マスターは昔から変なのに好かれますから」

シア「…でもね…私は…ラナは魔女として世界を監視するのが仕事…あなたは人間」

シア「だから一緒にはなれない…叶わない恋って奴よ」

リンク「……あ!…シア!体が透けてる」

シア「…もうすぐ帰らなきゃいけない……ねえ…ひとつだけ願いを聞いてほしいの」

リンク「……なに?」

シア「『負けないで』………あなたが死んじゃった世界なんて監視したくないもの」

リンク「!!」ドキッ

シア「時間稼ぎはここまで、体力は回復してあげるからさっさとそのマスターソードで豚を倒しちゃって」

リンク「わかってるよ」

リンクに密着していたシアの体は光を放ち始め、そして…

シア「忘れないで、リンクはリンク…これはあなた自身の戦い…」

シア「サヨナラ…」スゥーー…

リンク「…シア」ポロポロ

ガノンドロフ「なるほどなるほど…実に感動的なストーリーではないか…我もあの女の心と行動には敬意を表する」

リンク「………」

ガノンドロフ「お前は叶えてやらねばならんと思っているな?…彼女の願いを…」

ガノンドロフ「違うな…彼女の願いを叶えてやったところで、彼女は戻って来はしない」

ガノンドロフ「あの魔女を生み出したのは我だ…つまり、我だけがお前と魔女を再会させられることが…」

ザクッ

ガノンドロフ「…は?」

ガノンドロフの胸に、後ろからマスターソードが突き刺さっていた

リンク「…」

ガノンドロフ「ガハッ!!」(いつの間に後ろに…?)ドサッ

リンク「…もうすぐ…夜が明けるな」

ひゅうう…

ガノンドロフ「…ハア…ハア…グフッ…」

リンク「お前に明日を生きる権限は無い」

ガノンドロフ「な…んだと…?」

リンク「夜が明ける前に…」

リンク「お前を殺す」

今日はここまで

ザントさんはいい感じの死に方を思いつかなくて仕方なく盾にしました
すまんザント

ガノンドロフ「我を…日が昇らぬうちに倒す…だと…?…はあ…はあ…」

ガノンドロフ「嘗めるなよ小僧…我を…俺を誰だと思っている?…俺は砂漠の盗賊王ガノンドロフ!!この世界を手に入れる男!!」

ガノンドロフ「ハイラルの全てが俺のモノ!!朝日さえも俺のモノだ!!日を見ぬうちに死ぬのは小僧!!お前だ!!!!」ゴゴゴゴゴ

リンク「!!」(形態が変化していく…本気モードになるつもりか…)

ガノンドロフ「ウウウウ…おおお…魔物共!!人質共を殺してしまえ!!」ゴゴゴゴゴ

魔物軍団「イィーー!!」ドドドド

リンク「危ない皆!!」

キイイィイン…

魔物軍団「」

リンク「魔物が一瞬で大量に死んだ…?」

ミドナ「おいおい、人質なんて…」

ゼルダ「どこにいるのでしょうか?」

ファイ「少なくとも私達の事では無いことは確かです」

リンク「え!?縄ほどけてたの?!」

ミドナ「プロクシィがほどいてくれたんだよ」

プロクシィ「間に合って良かった!」

ファイ「マスター…いや、リンク…魔物軍団は私達に任せてリンクは豚退治を」

ゼルダ「さてと、暴れるわよー!」

プロクシィ「私もリンクと一緒に戦うよ!」

リンク「ありがとう…皆」

ゴオオオオオオオオ…

先程までガノンドロフが立っていた場所に、まがまがしい黒い竜巻が起こっていた

プロクシィ「この中にガノンドロフが?」

リンク「…ああ」

直感した

この中にいるガノンドロフは待っている、最後の戦いの時を…

自らを倒さんとする勇者を待っている

リンク「行こう、プロクシィ」

プロクシィ「うん…」

二人は闇の中へと消えていった

ゴオオオオオオオ…

プロクシィ「あわわ…」

リンク「来たぞ…ガノンドロフ…いや…」

「…オオオォォオ」ズシン…ズシン…

黒い巨体が二人の方へと近づいてくる

豚のような、獅子のような、猿のような、大きな大きな獣が、そこにいた

リンク「ガノン!!」

ガノン「オオオオオオオオオォォォォオオオォオオオオオ!!!!!!!!」

ビュウウウウ!!

吠えただけで体を支えるのがやっとの強風が吹く

リンク「うう……おおおお!!!」ダッ

リンクはガノンの懐へ潜り込もうと走り出す

リンク(あんなに大きい体をしているんだ…動きは大した事は…)

リンク(あ…でも前世では…)

ドゴッ

気づくと空中へ投げ飛ばされていた

プロクシィ「リンク!」

リンク「グハッ!」(そうだ…あの図体で動きの速さは山猫並みの速さだったな…)

ガノン「グルルルル…」ズシンズシン

リンク「…」(でも…)チラッ

リンク「…よいしょっと…」(弱点は恐らくさっき開けた胸の穴だろう)

リンク「…」(…なんとか懐へ潜り込んで胸の穴を攻撃すれば…)

リンク「はあああ!!」(勝機はある!!)ダッ

ガノン「グオオ!!」ブオオッ

プロクシィ「危ない!!また来たよ!」

リンク「!!」(来た!さっきと同じ右腕の凪ぎ払い…!)

ゴオオオオオ!!!!

リンク「おおお!!」(これをジャンプで避ける!)ビュンッ

ガノン「グウウ…」グラッ

リンク「あんな大振りじゃあ攻撃した直後は好きだらけだ!!」(ここで懐へ!)ダッ

ガノン「すうぅぅう…」

プロクシィ「!!リンク!下がって」

リンク「っ!?」

ガノン「ガアアアアア!!!」ボオオオオオオオオ!!!

リンク「炎!?」ズザアア…

プロクシィ「危なかった…」

リンク「…くそ…これじゃ懐へ潜れん…」

………
…………
……………

ミドナ「ほとんど片付いたか?」

ファイ「敵軍の89%を殲滅、敵軍の11%の敗走を確認」

ゼルダ「後は…」

黒い竜巻「ゴオオオオオ…」

ミドナ「あの戦いだけか…」

ファイ「日の出まで後5分です」

ゼルダ「リンク…」

……………
…………
………

バキィッ!  ドサッ… ドゴオオ!! ドサッ…

リンク「…はあ…はあ…」フラフラ

プロクシィ「…リンク……」

ガノン「グルルルル…」ズシン ズシン

リンク「はあはあ…」フラフラ

プロクシィ「…」(このままじゃリンクが死んじゃう…なんとかしなきゃ…私も戦うって言ったのに…)

プロクシィ「…」(どうすれば?なんとかしてリンクがアイツの懐に潜り込めれば…アイツに隙が出来れば…)

プロクシィ「!」(そうだ!)

ガノン「コゾウ…ソロソロ夜明ケダナ…」ズシン……

リンク「……」フラフラ

ガノン「次ノ攻撃デオワラセテモラオウ…」

リンク「……俺…は…」

プロクシィ「うわああああ!!」フワァ~

突然、プロクシィはガノンの方へ飛んでいき、ガノンの目をつつき始めた

ガノン「グオオオ!?」ジタバタ

リンク「プロクシィ…!!」

プロクシィ「リンク今よ!弱点を切りまくって!!」

ガノン「ゴワアア!!」ブゥンッ

ポコッ

プロクシィ「きゃ!」

ガノン「ぐるる…」

ガノン「…!!」

ガノンが下を覗くと、リンクは既にガノンの懐へと潜り込んでいた

リンク「……」

ドサッ

プロクシィ「」

ガノンの右足の後ろの方で、プロクシィが地面に転がっているのが見えた

リンク「プロクシィ…お前は最高だよ…死ぬかもしれないのに…本当にお前って奴は…」グッ…

思わずマスターソードを強く握った

ガノン「グウオオオ!」(まずい!!)

リンク「遅い!!!」

ザシュザシュザシュザシュザシュ

目にも止まらぬ速さで胸を切り込んでいく

止まるな 切れ 切れ! 切れ!!

リンク「うおおおおおおお!!!!!」

プロクシィが作ってくれたチャンスを無駄にしてたまるか!!

ザシュザシュザシュザシュザシュザシュ

ピシッ…ビキビキビキ!!

ビキィイイイイイイン…

ガノン「グオオオオオオオオオオオオ」ドサアアア…

黒い竜巻が消えていく

ガノン「ガアアアアアア!!!!!」シュウウウ……

黒い獣が小さくなっていく

ミドナ「竜巻が晴れた!!」

ファイ「マスターとプロクシィが勝ったようです」

ゼルダ「リンク!!プロクシィ!!!」

リンク「…はあはあ」

ガノンドロフ「…が……ぐ………」

リンク「…変身はとけたか…」

ガノンドロフ「…この……俺が…『また』…またしても負けるのか…?…こんな小僧一人に…?」

リンク「…そうだ…お前は負けたんだ…俺たちに」

ガノンドロフ「………力よ」

ガノンドロフ「力と知恵のトライフォースよ!!!!!俺にィ!!俺に闇の力をおおおお!!!」バッ

ガノンドロフはその手を掲げる、しかし2つの光は少しずつ薄らいでいき、ついには消えてしまった

ガノンドロフ「…あ……」

リンク「…」

その代わり、リンクの手に3つの三角が光を放ち、浮かび上がっていた

リンク「お前の負けだよ…ガノンドロフ」

ガノンドロフ「………そうか…負けたのか」

ミドナ「…」

ガノンドロフ「…俺はもうすぐ死ぬのだな…感じる…」

ファイ「…」

ガノンドロフ「…俺は囚われていた…ハイラルの美しさに…その美しさを全て自分の物にしたかった…だが、ハイラルの大地は俺のような薄汚い親父は好かんようだ…」

ゼルダ「…」

ガノンドロフ「きっと…世界を駆け巡るあの風は…命の息吹き感じさせる草や木々は…世界を照らす太陽は……ハイラルに生きる全ての命は……お主らのような希望に溢れた者が好みなんだろうな…」

ガノンドロフ「ガハッ!!」フラッ

ガノンドロフ「勇者よ…お前たち勇者の魂と俺の戦いはここで終わりだ…お前の望み通りにな…」

ガノンドロフ「夜が明けるな…俺は眼をつぶっていよう…ハイラルの夜明けは俺にとっては明るすぎる……日の出は見ないようにこのまま死のう……」

リンク「ガノンドロフ、眼を開けろ」

ガノンドロフ「…こうして眼を瞑ると風の流れがよくわかる…」

ゼルダ「ガノンドロフ、眼を開けなさい…こんな美しい夜明けは見ないと未練になって成仏できませんよ」

ガノンドロフ「……だが…」

ゼルダ「眼を開けなさい!!」

ガノンドロフ「な…」

ミドナ「……」

ファイ「……」

リンク「……」

ゼルダ「さあ…」

ガノンドロフ「…仕方ない……」

ガノンドロフ「……」スゥ…

ああ、やはり、初めてハイラルの時から変わらない…



ガノンドロフ「…やはり…美しいな…」

ガノンドロフ「…ふふ…ふはははは……」



ガノンドロフ「…」




ガノンドロフ「…」



ドサッ

今回ここまで

間違ったとこがあります

『ああ、やはり、初めてハイラルに来た時から変わらない』に訂正

ガノンドロフ「」

ゼルダ「…終わったのですね……全て…」

ミドナ「これからどうするよ?」

ゼルダ「まずはハイラル城に…」

ゼルダ様~…

ゼルダ「?」

インパ「ゼルダ様ーー!!」ドドドド

ハイラル軍「うおお!!ゼルダ様アアアア!!!」ダダダダ

ラナ「ちょっと皆!!まだ体が完全に回復してないよ!!」

ゼルダ「インパ!!皆!!生きていたのですね!!」

インパ「我々はあなたに忠誠を誓い、心臓を捧げる覚悟があるのです!!あなたをおいて死ねません!!そうだろ?!お前達!!」

ハイラル軍「ウオオオオオオオオオオ!!!!」

インパ「さあ!!敵は!?敵はどこに!!このインパが打ち取ってくれましょう!!」

ゼルダ「あ、リンクがもう倒しました」

インパ「え?」

ゼルダ「だから戦争は終わりです、兵士を撤退させて下さい」

インパ「」

ミドナ「…ドンマイ」

インパ「お前たち、撤退だ…」

ハイラル軍「…」ゾロゾロ

ファイ(かわいそう)

…………………………………………………………………………………………

リンク「プロクシィ大丈夫か?」

プロクシィ「リンク…私は大丈夫……アイツは?」

リンク「倒したよ…」

プロクシィ「そう…やっぱりリンクは強いね」

リンク「…いや、俺の力だけじゃ到底及ばなかった…プロクシィが頑張ったおかげだ」

プロクシィ「……」

プロクシィ「…あのね……」

リンク「なに?」

プロクシィ「…リンク…私……役に立ちたかった…皆みたいに…リンクと一緒に戦いたかった…」

プロクシィ「…でも、私…妖精だから戦えなかった…リンクが血を流してるのに…なにも…」

プロクシィ「……私なりに何かやろうと…思ったけど…何も出来なくて…ごめんねリンク…」ポロポロ

プロクシィ「…ごめんなさい…ごめんなさい」ポロポロ

リンク「…」

……………………………………………………

ナヴィ「私『ナヴィ』デクの樹サマの言いつけで今日から私があなたの相棒よ」

ナヴィ「私逃げない!!次は私も一緒に戦う!!」

ナヴィ「さよなら…リンク」

……………………………………………………

リンク「自分が役に立ってない?何を寝言言ってるのさ」

プロクシィ「え?」

リンク「直接何かしなくたっていい…ただ俺を励ましてくれるだけででいい…俺の無事を祈ってくれるなら俺は嬉しくて仕方ない」

リンク「ありがとう…プロクシィ……本当にありがとう…それしか言葉が見つからない…」ポロポロ

プロクシィ「…リンク…う…うわああああん!うわあああああん!!!」ドバー

リンク「ラナ…プロクシィの怪我を治してやってくれ」

ラナ「はいはーい!」

リンク「…さてと」

ギラヒム(剣)「…」

リンク「生きているんだろ?ギラヒム」

ギラヒム「チッ…ばれたか…」

リンク「当たり前だ…どうする?主は死んだぞ?まだ戦うか?」

ファイ「抵抗をしないことを推奨」

ギラヒム「…抵抗などしないよ」

シャキン

ギラヒム(剣)「私は魔王様についていく」

リンク「!!」

ファイ「ギラヒム、あなたまさか…」

ギラヒム「主が死して尚、剣として側にいられればそれほど本望な事はない…そう思わないかい?」ピシッ

リンク「お前…」

ギラヒム(剣)「君との赤い糸…どうやらここで切れてしまうようだ…」ピシピシピキッ

ファイ「…」

ギラヒム(剣)「さらばだ虫けら共」


ガシャーーーン!!! パリン…

リンク「…」

ファイ「道は違いますが、同じく主に支える剣の精霊としてあなたの最期に敬意を払います」

剣はバラバラに弾けとび、周りには破片が散乱していた

リンク「剣も死ぬんだな…」

ファイ「剣は修繕をすれば死にませんが、剣は主の魂が消えた時に同時に自らも死ぬのがしきたりです」

リンク「…そっか」

ゼルダ「来て皆!!大変なの!」

リンク「?」

ファイ「なんでしょうか…?」

リンク「いってみよう 」

……………………………………………………

時空ホール「ごううううん」

リンク「これは?」

ミドナ「私やファイはこの穴でここに連れてこられたのさ」

リンク「じゃあここを通れば皆はもとの世界へ帰れるのか?」

ゼルダ「おそらくは…」

ファイ「つまりお別れの時ですね」

ミドナ「うーん早かったような短かったような」

リンク「……」(ここでお別れ?)

リンク「ミドナ」

ミドナ「ん?なんだよ」

リンク「実は俺は…ミドナの知ってるリンクじゃないんだ…」

ミドナ「知ってるよそんなこと」

リンク「ええ?」

ミドナ「勘違いして悪かったなリンク」

リンク「………」ポカーン

ファイ「…」(ミドナ…)

ミドナ「もう…いいんだよ…もう二度と会えなくなることを覚悟して陰りの鏡を割ったんだから…」

リンク「…ミドナ」

ミドナ「あんなことしたんだ…アイツは怒ってるに決まってる…でも………でもそれでいいんだ!泣かれたりすると別れが辛くなる…」

ミドナ「お前と会って分かった…私はアイツに恋をしていたんだ…」

ミドナ「もう会えないけどさ」

ミドナ「アイツがあの後どんな人生を送ったか知らないけど…私を恨んでるだろうな…」

リンク「ミドナ…」

ミドナ「それじゃ、私はもう帰るよ」

ゼルダ「もう少しいればいいのに…」

ミドナ「仮にも一国の王女がそう何度も国を留守にしちゃいかんだろーよ」

ミドナ「ふー…それじゃ行くぜ…」

時空ホール「ごおおおおおおおお」

ミドナは影の狼にまたがり、少しずつ時空ホールの方へと歩いて行く

これでいいのか?

スタ… スタ…

時空ホール「ごおおおおおおおおおおおおお」

こんな別れでいいのか?

スタ…スタ…

時空ホール「ごおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

こんな悲しい話があってたまるか

リンク「…!」

左腕の聖なる三角形が輝いている

聖地に眠る三つの光、全てを手に入れし者のどんな願いも叶える

リンク「…あ………そうだ…」

スタ…スタ…

リンク「待ってくれ!!!!!!!ミドナ!!!!!」

ゼルダ「リンク?」

ファイ「マスター?」

プロクシィ「え?どうしたの?」フワフワ

ラナ「プロクシィ動いちゃダメだって!」


ミドナ「…」(振り返るな…別れが悲しくなるだけだ……)スタ…スタ…

リンク「止まってくれ!!!!!!今度は…今回は無視しないでくれ!!!!!!」

ミドナ「!!!!」

リンク「ミドナ!!!!行かないでくれ!!」

ミドナ「…なんだよ?引き留めてどうすんだよ?」

リンク「君の願いを…」

ミドナ「…?」(え?)

リンク「君の願いを…彼の願いを叶えよう…」

ミドナ「何を言ってるんだ?リンク…?」

リンク「神々のトライフォースよ!!!聞いてくれええ!!!」バッ

リンク「離ればなれになった二人を!!!」

リンク「ミドナと黄昏の勇者を!!!!」

リンク「会えないはずの二人をもう一度!!」

リンク「その尊き力によって奇跡の再会を!!!!!」

突然、ミドナは暖かい光に包まれ始めた

ミドナ「リンク!?」(これはワープ魔法?いや違う?)

リンク「今まで世話になったお礼だよ」

リンク「受け取ってくれ…ミドナ」

ファアアアアア……

今日はここまで

あと少しで終わり

恐らく今回で終わり

………………………
……………………
…………………


ミドナ「…」


ミドナ「……ん?…ここは…どこだ…」


ミドナ「…森か?霧が深い…」


ミドナ「………ここにアイツがいるってのか?」


ミドナ「全く…余計なことしやがって…」


ミドナ「まあ…少しそこらへん歩いてみるか…」

………………
…………………
……………………

………………………
……………………
…………………

ファイ「行ってしまいましたね」

プロクシィ「ミドナ…ミドナの大切な人に会えるかな…」

リンク「…きっと会えるよ」

リンク「トライフォースはなんでも願いを叶えるから…願う人の心がキレイであればあるほど確実に…」

ゼルダ「ミドナがあちらがわに行ってしまいましたが…ミドナはそこから帰れるのですか?」

リンク「恐らくは願いが叶えられれば
あっちにこっちと同じような時空ホールが開いてミドナは元々いた場所に帰れるはずだ」

プロクシィ「ええ!?それじゃ、私達とミドナはもう会えないの!?」

リンク「…多分」

プロクシィ「そんな…せっかく友達になれたのに…」

リンク「…」

ファイ「大丈夫ですよ、プロクシィ」

プロクシィ「え?」

ファイ「友達という関係で大切な事は『どれだけ会えるか』ではなく…『どれだけお互いの事を思っているか』です」

ファイ「ミドナは大切な人にやっと会えるかもしれません、友達がそれを喜ばないでどうしましょう」

プロクシィ「うん…」

ファイ「今のは…私の大切な人が大切な人を助ける為の長い旅の中で教えてくれたことです」

ファイ「どれだけ離れててもきっと繋がっている…この空がどの場所でも同じように存在しているように…」

プロクシィ「うん!そうだね!」

ファイ「だから…私がもとの世界へ帰っても悲しまないでくださいね」

プロクシィ「え?」

ファイ「私には世界の成り行きを剣から見守る使命があります」

ファイ「その使命をほっといてここに来てしまったのです…早く戻らねばなりません」

プロクシィ「…そんな、ファイまで…リンクもなんとか言ってよ!!」

リンク「………」

リンク「ファイ」

ファイ「なんでしょう、マスター」

リンク「自分の居るべき場所がそこだと言うなら誰も止めないよ」

プロクシィ「リンク!?」

リンク「元気でな、ファイ」

ファイ「了解しました、マスター」

リンク「いい加減マスターなんて止めてくれよ…」

ファイ「すいません…リンク」

リンク「まあ、改めて…またな…」

時空ホール「ごおおおおおおお…」

ファイ「…皆さん、私がこの世に降りたってから今までで…人々の会話の中でも最も人の心を癒す言葉を最後に送ります」

リンク「なんだ?」

プロクシィ「うわあああん…ファイいいいい…」

ゼルダ「ファイ…」

ファイ「………」

時空ホール「ごおおおおおおおおおおおおお…」

ファイ「ありがとう」

ブウウウウン…

………

…………

……………

リンク「…こちらこそありがとう……」

プロクシィ「うわああああああああん!!!!」

ゼルダ「…また別れですか」

ラナ「…」

ラナ「あ~…じゃあ、私も行くね…私のアジトめちゃくちゃになってるし…」

プロクシィ「ラナ!今度遊びに行くね!!」

ゼルダ「あなたもお元気で」

ラナ「うん!ありがとう!部屋綺麗にして待ってるね!!」

リンク「ラナ…」

ラナ「…なに?」

リンク「シアによろしく」

ラナ「!…うん…」(シア…リンクに思いを伝えるのは止めとくよ…)

ラナ「皆…元気でね」キュイーン

ブウウウン…

ヒュウウゥゥ…

リンク「…………」

ゼルダ「三人だけになりましたね…」

プロクシィ「うわあああああああああああああん!!!!」

リンク「そうですね…ゼルダ様」

ゼルダ「ゼルダでいいよ」

リンク「滅相もない…」

リンク「これからどうします?」*

ゼルダ「帰ろうか…ハイラルへ…」

リンク「そうですね、プロクシィ行くぞ」

プロクシィ「うわああああああああああああん!!!!!あああああああああああんん!!!!!」

リンク「…」(ミドナ…会えたかな…)

…………………………………………………………………………………………

 月 日
謎の病にかかって一週間がたった
今日も高熱が出たり冷めたりをくりかえしている
病のせいか目も失明してしまった
研究などもう出来ない
私はもうすぐ死ぬ

私はただ彼女に会いたかっただけなのに

死にたくない、少なくともこのまま独りで死にたくない

…………………………………………………………………………………………

老人「…ふう」

老人「散歩でもするか…」

もう何十年もこの森に住んでいるのだ
今更失明したからといって迷ったりはしないだろう

老人「…ゴホッ」

老人「……」

老人「真っ暗だな…」

老人「ん?」ピクッ

老人「…何かいる?」

老人「……ゴホッ…この感じ…まさか…」

走り出した

走るといっても若かった頃に比べれば全く速く無いが

ただ必死に走った

ミドナ「ここはフィローネの森か?…いや、フィローネよりもっと暗いか…」

ミドナ「一体ここはどこなんだ?」

ミドナ「ん?なんか倒れて………おい!!じいさん大丈夫か!?」

老人「…ゥウ」

見ると一人のヒゲを蓄えた老人が池の畔(ほとり)で倒れていた
ミドナはすぐさま老人を抱き起こした

ミドナ「おい大丈夫かじいさん…ひどく疲れているみたいだが」

老人「…ゴホ……すまない若者よ…久しぶりに激しく運動をしてしまってな…」

ミドナ「そうか…ってアンタ…目が見えてないのか?」

老人「ああよく分かったな…この通り私は目が見えん」

ミドナ「そうか、大変だな」

老人「いや、目が見えないのはあまり困らんのだ」

ミドナ「?」

老人「何故なら私はもう何十年もここに住んでるからのお…ここの地形は頭の中に入っておる」

ミドナ「わからねえな…どうしてこんな所に何十年も?」

老人「…ある研究をしててな…」

ミドナ「研究?なんの研究だ?」

老人「質問が多いぞ、こちらも質問させてもらおう…お前さんこそ何をしにここへ?」

ミドナ「大切な人に会いにきたのさ」

老人「ほう…そやつの名前は?特徴は?この近くにいるのならばすぐわかるが…」

ミドナ「いや、先にさっきの質問に答えろ…ここでなんの研究をしている?」

老人「………ゴホッ」

ミドナ「答えろ」

老人「その大きな態度、私の昔の友達に似ているな…お前さん、影の世界を知っているか?」

ミドナ「え…?」

老人「影の世界はな、この世界の裏側に存在していて、地上とは全く違う原理で生きる生物がいるのだ」

ミドナ「…」(まさか)

老人「私は、昔別れた友達と会うためにー…………は!?」(この気配は…)

ミドナ「質問があるんだが…」

老人「私もだ…」

ミドナ「…なあ、アンタ…誰かに会いたいのか?その人の名前は?」

老人「お前さんの探している人の名前は?」

『またな…リンク』

老人「答えろ…」

『リンク、アンタと一緒ならガノンドロフなんて余裕で倒せるよ』

ミドナ「そっちが先に答えろ!!!アンタの探している人の名前はなんだ!!!!」

『そこの狼!私と協力しないか!?』

老人「いい加減に答えろミドナ!!!」

ミドナ「大きな声を出すな!!!リンク!!!」

「……………」

「………………」

「…………………」

リンク「やっぱり…ミドナなんだね?そこにいるのは…?」ポロポロ

ミドナ「リンクなんだな?リンクなんだよな??」ポロポロ

リンク「ずっと…ずっと…ずっと君と再会することだけを…ゴホッ…考えてきた…ずっと…この日を待っていたんだ…」ポロポロ

ミドナ「私もだよ…私も同じだよ…リンク……」ポロポロ

リンク「…ミドナ」

ミドナ「リンク…」

リンク「ミドナ!!!」

ミドナ「リンク!!!」

リンク「う…あああああああああああああああああ!!!!!!!ミドナああああああ!!!!」ダキッ

ミドナ「うわあああああん!!!!!あああああああん!!!!リンク…!ぅ…あああああ!!!」ダキッ

リンク「僕は…ゲホッ君のことが見えないけど…わかる…分かるよ…忘れるものか…」

ミドナ「うん…リンク…こんな年寄りになっちまって……う…うあああ…」

二人は泣き続けた
霧がかかった深い森の中でたった二人…
長い長い時の旅の中でやっと再開した二人は…
ただただ泣き続けた


そして、二人が落ち着いたころ

ミドナ「…あれは」

時空ホール「ごおおおおおおおおお」

ミドナ「あれで帰れってことか」

リンク「…どうしたんだい?…ミドナ」

ミドナ「すまない、もうすぐ私は帰らなきゃいけないんだ…久しぶりに会えたのに…」

リンク「そうか…もう…いってしまうのか…」

ミドナ「せっかく会えたのにごめん…」

リンク「大丈夫、僕はいつもここにいる…もう二度と会えなくなっても…僕がここにいることを思い出してほしい」

ミドナ「ああ、そうするよ」

ミドナ「会えて良かった」

リンク「僕もさ」

時空ホール「ごおおおおお…」

ミドナ「穴が小さくなってきた…」

リンク「早く行くんだミドナ!!」

ミドナ「リンク…」

リンク「言っただろ?僕はいつもここにいるって!だから安心してくれ…」

リンク「きっとまた会える!!」

ミドナ「……うん!!またね!!」

ゴオオオオオオオオオ…

ブゥンッ

リンク「…気配が消えた…行ったのか…」

リンク「ありがとう神様…もう悔いは無い…これでやっと………」

リンク「いや…もう少し…もう少しだけ…生きてみようかな…」

また涙が出そうになって思わず上を見た
満天の星空がこの枯れた体を照らしていた

リンク「…ゴホッ」


影の世界に帰ってきたようだ

このジメッとした感じが懐かしい

今回の旅は色々なことがあった 良いことも悪いこともあった

私はたくさんの出会いと別れを経験した

思わず上を見た 満点の星空はないけれど、ハイラルで見た星を思い出した

私はまた泣いていた


私は今回の旅を一生忘れない


すべての運命に、すべての出会いに、すべての別れに私なりに感謝します


ミドナ「ありがとう……リンク」



    ~完~

ここで終わり
予想の四倍くらい長くなってしまった

もしかしたらまたゼルダss書くかも

このSSまとめへのコメント

1 :  SS好きの774さん   2015年10月13日 (火) 00:55:23   ID: zbmZNjha

面白かったぁ………ってトワプリのあの骸骨剣士、時オカリンクだったのぉぉぉぉぉ???!!!

2 :  SS好きの774さん   2016年05月12日 (木) 20:28:33   ID: s6Rmw8DJ

ミドナとの再開に感動

名前:
コメント:


未完結のSSにコメントをする時は、まだSSの更新がある可能性を考慮してコメントしてください

ScrollBottom